山口 覚博KAKUHIRO YAMAGUCHI

Last Updated :2021/09/15

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
yamakakuhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
広島大学病院で呼吸器内科医として勤務しています。肺癌、間質性肺炎、薬剤性肺障害についての研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月01日, 2017年06月30日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2017年07月01日, 広島大学, 病院, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 博士課程医歯薬学専攻医学専門プログラム, 日本, 2014年04月, 2017年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

所属学会

  • 一般社団法人日本呼吸器学会
  • 公益社団法人日本臨床腫瘍学会
  • 特定非営利活動法人日本肺癌学会
  • 特定非営利活動法人日本呼吸器内視鏡学会
  • 一般社団法人日本内科学会

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, AGER gene polymorphisms and soluble receptor for advanced glycation end product in patients with idiopathic pulmonary fibrosis., Respirology., 22巻, 5号, pp. 965-971, 2017
  2. ★, AGER rs2070600 polymorphism elevates neutrophil-lymphocyte ratio and mortality in metastatic lung adenocarcinoma, ONCOTARGET, 8巻, 55号, pp. 94382-94392, 20171107
  3. ★, Serum high-mobility group box 1 is associated with the onset and severity of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIROLOGY, 25巻, 3号, pp. 275-280, 20200301
  4. ★, Reduced endogenous secretory RAGE in blood and bronchoalveolar lavage fluid is associated with poor prognosis in idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIRATORY RESEARCH, 21巻, 1号, 20200611
  5. Bevacizumab with Single-agent Chemotherapy in Previously Treated Non-squamous Non-small-cell Lung Cancer: Phase II Study, IN VIVO, 32巻, 5号, pp. 1155-1160, 2018
  6. Serial measurements of KL-6 for monitoring activity and recurrence of interstitial pneumonia with anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibody A retrospective cohort study, MEDICINE, 97巻, 49号, 201812
  7. Chemotherapy-associated Acute Exacerbation of Interstitial Lung Disease Shortens Survival Especially in Small Cell Lung Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 39巻, 10号, pp. 5725-5731, 201910
  8. Gene expression profiling of idiopathic interstitial pneumonias (IIPs): identification of potential diagnostic markers and therapeutic targets, BMC Med Genet, 18巻, 1号, pp. 88, 2017
  9. Nivolumab-induced severe pancytopenia in a patient with lung adenocarcinoma, LUNG CANCER, 119巻, pp. 21-24, 201805
  10. Alternate-day administration of S-1 for elderly patients with advanced non-small-cell lung carcinoma: A prospective feasibility study, MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY, 9巻, 5号, pp. 539-544, 201811
  11. Anti-KL-6/MUC1 monoclonal antibody reverses resistance to trastuzumab-mediated antibody-dependent cell-mediated cytotoxicity by capping MUC1, CANCER LETTERS, 442巻, pp. 31-39, 2019
  12. High preoperative C-reactive protein level is a risk factor for acute exacerbation of interstitial lung disease after non-pulmonary surgery, MEDICINE, 98巻, 5号, 201902
  13. Cerebral embolism during edoxaban administration for venous thromboembolism in a patient with lung adenocarcinoma A case report, MEDICINE, 98巻, 12号, 201903
  14. Inhibition of PAI-1 limits chemotherapy resistance in lung cancer through suppressing myofibroblast characteristics of cancer-associated fibroblasts, JOURNAL OF CELLULAR AND MOLECULAR MEDICINE, 23巻, 4号, pp. 2984-2994, 201904
  15. Performance Status Is a Risk Factor for Depression before the Diagnosis of Lung Cancer Patients, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 7号, pp. 915-920, 2019
  16. Suplatast tosilate reduces radiation-induced lung injury in mice through suppression of oxidative stress, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 136巻, pp. 52-59, 20190520
  17. Comparison of anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibody-related and idiopathic non-specific interstitial pneumonia, RESPIRATORY MEDICINE, 152巻, pp. 44-50, 201906
  18. A Case of Non-small Cell Lung Cancer Treated by an Anti-programmed Cell Death-1 Antibody without a Flare-up of Preexisting Granulomatosis with Polyangiitis., Intern Med., 58巻, pp. 3129-3132, 2019
  19. Pre-existing interstitial lung abnormalities are risk factors for immune checkpoint inhibitor-induced interstitial lung disease in non-small cell lung cancer, RESPIRATORY INVESTIGATION, 57巻, 5号, pp. 451-459, 201909
  20. C-C Motif Chemokine Ligand 15 May Be a Useful Biomarker for Predicting the Prognosis of Patients with Chronic Hypersensitivity Pneumonitis, RESPIRATION, 98巻, 3号, pp. 212-220, 201909
  21. Non-small Cell Lung Cancer Treated by an Anti-programmed Cell Death-1 Antibody without a Flare-up of Preexisting Granulomatosis with Polyangiitis, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 21号, pp. 3129-3132, 2019
  22. Albumin-globulin ratio is a predictive biomarker of antitumor effect of anti-PD-1 antibody in patients with non-small cell lung cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 25巻, 1号, pp. 74-81, 20200101
  23. Treatment rationale and design of the PROLONG study: safety and efficacy of pembrolizumab as first-line therapy for elderly patients with non-small cell lung cancer, JOURNAL OF THORACIC DISEASE, 12巻, 3号, pp. 1079-1084, 20200301
  24. 治療抵抗性の低Na血症と低血糖で発見された肺小細胞癌下垂体転移の1例, 日本呼吸器学会誌, 2巻, 3号, pp. 279-283, 2013
  25. 胸部CTで寛解増悪を呈し,胸腔鏡下肺生検で診断したAsian variant intravascular large B-cell lymphomaの1例, 肺癌, 53巻, 2号, pp. 99-103, 2013
  26. 2次治療としてカルボプラチンとナブパクリタキセルによる化学療法が奏効した胸腺癌の1例, 日本胸部臨床, 74巻, 8号, pp. 900-908, 2015
  27. ★, Serum high-mobility group box 1 as a predictive marker for cytotoxic chemotherapy-induced lung injury in patients with lung cancer and interstitial lung disease, RESPIRATORY MEDICINE, 172巻, 20200828
  28. Extent of pulmonary fibrosis on high-resolution computed tomography is a prognostic factor in patients with pleuroparenchymal fibroelastosis, RESPIRATORY INVESTIGATION, 58巻, 6号, pp. 465-472, 20200803
  29. Coexisting TIF1 gamma-positive Primary Pulmonary Lymphoepithelioma-like Carcinoma and Anti-TIF1 gamma Antibody-positive Dermatomyositis, INTERNAL MEDICINE, 59巻, 20号, pp. 2553-2558, 20201015
  30. Association of Preexisting Interstitial Lung Abnormalities With Immune Checkpoint Inhibitor-Induced Interstitial Lung Disease Among Patients With Nonlung Cancers, JAMA NETWORK OPEN, 3巻, 11号, 20201112
  31. Clinical significance of BIM deletion polymorphism in chemoradiotherapy for non-small cell lung cancer, CANCER SCIENCE, 112巻, 1号, pp. 369-379, 20201112
  32. Correlations of forced oscillometric bronchodilator response with airway inflammation and disease duration in asthma, CLINICAL RESPIRATORY JOURNAL, 15巻, 1号, pp. 48-55, 20210914
  33. Two Cases of Cranial Nerve Metastasis Treated with Radiotherapy and Chemotherapy in Patients with Lung Adenocarcinoma, CASE REPORTS IN ONCOLOGY, 13巻, 3号, pp. 1495-1500, 20201217
  34. Alectinib-induced Immune Hemolytic Anemia in a Patient with Lung Adenocarcinoma, INTERNAL MEDICINE, 60巻, 4号, pp. 611-615, 20200930
  35. Concomitant emphysema might increase the false-negative rate of urinary antigen tests in patients with pneumococcal pneumonia: results from a retrospective study, EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY & INFECTIOUS DISEASES, 40巻, 4号, pp. 871-877, 20201104
  36. Autoantibody Positivity Is a Risk Factor for Chemotherapy-induced Exacerbation of Interstitial Pneumonia in Lung Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 41巻, 3号, pp. 1497-1506, 20210301
  37. Pulmonary lymphangitic carcinomatosis from recurrent gastric cancer 19 years after primary resection: a case report, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 14巻, 2号, pp. 484-488, 20210401
  38. Pulmonary arteriovenous malformation exhibiting recanalization >10 years after coil embolization Two case reports, MEDICINE, 99巻, 2号, 20200101
  39. Prognostic Significance of EGFR Gene Mutation in Patients With EGFR Mutated Non-small Cell Lung Cancer Who Received Best Supportive Care Alone, ANTICANCER RESEARCH, 41巻, 5号, pp. 2661-2667, 20210501
  40. ★, Predictive role of circulatory HMGB1 in postoperative acute exacerbation of interstitial lung disease in lung cancer patients, SCIENTIFIC REPORTS, 11巻, 1号, 20210512
  41. Risk factors associated with increased discontinuation rate of trimethoprim-sulfamethoxazole used as a primary prophylaxis for Pneumocystis pneumonia: A retrospective cohort study, PULMONARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 67巻, 20210208
  42. D-dimer can be a diagnostic marker for cisplatin-related aortic thrombosis A case report, MEDICINE, 100巻, 7号, 20210219
  43. A machine-learning based approach to quantify fine crackles in the diagnosis of interstitial pneumonia A proof-of-concept study, MEDICINE, 100巻, 7号, 20210219
  44. IL-18 binding protein can be a prognostic biomarker for idiopathic pulmonary fibrosis, PLOS ONE, 16巻, 6号, 20210604
  45. Quantitative parameters of lymphocyte nuclear morphology in bronchoalveolar lavage fluid as novel biomarkers for sarcoidosis, ORPHANET JOURNAL OF RARE DISEASES, 16巻, 1号, 20210703
  46. A Phase II Study to Assess the Efficacy of Osimertinib in Patients With EGFR Mutation-positive NSCLC Who Developed Isolated CNS Progression (T790M-negative or Unknown) During First- or Second-generation EGFR-TKI or Systemic Disease Progression (T790M-negative) After Treatment With First- or Second-generation EGFR-TKI and Platinum-based (WJOG12819L), CLINICAL LUNG CANCER, 22巻, 4号, pp. 376-380, 20210125

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. IgG4関連呼吸器疾患との鑑別に苦慮した多発肺嚢胞を伴う肺MALTリンパ腫の1例, 小浦智子, 棚橋弘貴, 山口覚博, 山田恭平*, 難波将史, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 福島伯泰*, 藤髙一慶, 濱田泰伸, 一戸辰夫*, 大島孝一*, 服部登, 第64回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2020年11月21日, 通常, 日本語
  2. 維持透析中の進展型小細胞肺癌患者にカルボプラチン、エトポシド、アテゾリズマブ併用療法が奏効した1例, 渡直和, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎,中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第64回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2020年11月21日, 通常, 日本語
  3. Association between glucose intolerance and chemotherapy-induced lung injury in lung cancer with interstitial pneumonia, Otani T, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2021年02月18日, 通常, 英語
  4. Association of Pre-Existing Interstitial Lung Abnormalities with Immune Checkpoint Inhibitor-Induced Interstitial Lung Disease Among Patients with Non-Lung Cancers, Shimoji K, Masuda T, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Nakashima T, MiyamotoS, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Takeno S*, Hide M*, Teishima J*, Ohdan H*, Hattori N., 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2021年02月18日, 通常, 英語
  5. 間質性肺炎合併肺癌における化学療法による間質性肺炎急性増悪発症予測因子としての血中HMGB1・sRAGEの有用性, 中尾聡志, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  6. NLRとAGRを用いたNSCLCに対するimmune checkpoint inhibitorの効果予測因子の検討, 中西雄, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 見前隆洋*, 中島拓, 宮本真太郎, 津谷康大*, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 宮田義浩*, 岡田守人*, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  7. BIM遺伝子欠失多型を有する非小細胞肺癌患者では化学放射線療法の効果が減弱する, 若林優, 益田武, 下地清史, 山口覚博, 坂本信二郎, 西村好史, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  8. PAI-1はEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌のチロシンキナーゼ阻害薬に対する耐性獲得に関与する, 徳毛健太郎, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  9. EGFR遺伝子変異はBSC患者の予後因子となるのか?-EGFR遺伝子変異陽性NSCLCにおける検討, 益田武, 若林優, 下地清史, 山口覚博, 坂本信二郎, 西村好史,宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  10. PAI-1は上皮間葉転換を介して EGFR遺伝子変異陽性肺癌の Osimertinibに対する耐性獲得に関与する, 徳毛健太郎, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第24回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2020年10月06日, 通常, 日本語
  11. 肺炎球菌尿中抗原偽陰性に関わる患者側背景因子の検討, 小林英里佳, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  12. 呼吸器疾患を有する患者におけるST合剤0.5錠連日投与のニューモシスチス肺炎予防効果 単施設後方視的検討, 大谷俊人, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 平田信太郎*, 藤高一慶, 濱田泰伸, 杉山英二*, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  13. 間質性肺炎合併肺癌における間質性肺炎急性増悪の発症予測としてのCRP/Alb比の有用性に関する検討, 中尾聡志, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登., 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  14. 肺炎患者における呼吸音定量化の試み, 堀益靖, 大下慎一郎, 菊谷知也*, 棚橋弘貴, 松本悠, 中尾聡志, 山口覚博, 坂本信二郎, 益田武, 中島拓, 宮本真太郎, 岩本博志, 藤高一慶, 貞森拓磨*, 志馬伸朗*, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  15. 小児喘息の既往を有する成人の呼吸機能の経年変化に関する検討, 三浦慎一朗, 岩本博志,大森慶太郎,山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 藤高一慶, 濱田泰伸, 横山彰仁*,服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  16. HRCT所見における線維化の広がりはPleuroparenchymal Fibroelastosisの予後不良因子である, 難波将史, 益田武, 高尾俊, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  17. 当院におけるIPF患者に対する抗線維化薬の使用経験, 中西雄, 堀益靖, 山口覚博, 坂本信二郎, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  18. 粟粒陰影を呈し、結核との鑑別に苦慮した播種性クリプトコッカス症の1症例, 小林英里佳, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2020年06月26日, 通常, 日本語
  19. 特発性肺線維症の急性増悪とBALFの細胞分画の関連についての検討, 大谷俊人,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2020年06月27日, 通常, 日本語
  20. 特発性肺線維症における急性増悪の発症予測と予後予測としてのBALF中のsRAGEの有用性に関する検討, 中尾聡志, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 通常, 日本語
  21. Fibrosing ILDとnon-fibrosing ILDにおける気管支肺胞洗浄液中M2型肺胞マクロファージ割合の比較検討, 高尾俊, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 中島拓, 宮本真太郎, 岩本博志, 藤髙一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 通常, 日本語
  22. BALFの小型円形リンパ球分画はサルコイドーシスの診断に有用である, 堀益靖, 山口覚博, 坂本信二郎, 益田武, 中島拓, 宮本真太郎, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2020年06月26日, 通常, 日本語
  23. 2020年09月17日, 通常, 英語
  24. 2020年09月17日, 通常, 英語
  25. 2020年09月17日, 通常, 英語
  26. 2020年09月05日, 通常, 英語
  27. 2020年09月05日, 通常, 英語
  28. 2020年09月05日, 通常, 英語
  29. 2020年09月05日, 通常, 英語
  30. 2020年09月05日, 通常, 日本語
  31. 2020年05月29日, 通常, 英語
  32. 2020年05月29日, 通常, 英語
  33. 2020年05月29日, 通常, 英語
  34. Serum high mobility group box 1 is associated with the onset and severity of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis, Yamaguchi K,, Iwamoto H, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., European Respiratory Society International Congress 2019, 2019年09月28日, 通常, 英語, Madrid
  35. 無症候の下肢静脈と肺動脈血栓症に対してエドキサバン投与中に多発性脳塞栓症を発症した肺腺癌の1例, 伊藤徳明,中尾聡志,益田武,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖 宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤髙一慶,濱田泰伸,服部登, 第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2017年10月28日, 通常, 日本語
  36. 肺腺癌患者のrs2070600 polymorphismとneutrophil-lymphocyte ratioの関連についての検討, 山口覚博,岩本博志,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2017年07月27日, 通常, 日本語
  37. 抗ARS抗体陽性間質性肺炎におけるKL-6のdisease-monitoring markerとしての有用性の検討, 山口覚博,岩本博志,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,藤高一慶,濱田泰伸,河野修興,服部登, 第57回日本呼吸器学会学術講演会, 2017年04月21日, 通常, 日本語, 日本呼吸器学会, 東京
  38. Decreased circulatory receptor for advanced glycation end-products is associated with poorer survival in patients with idiopathic pulmonary fibrosis., Kakuhiro Yamaguchi, Hiroshi Iwamoto, Yasushi Horimasu, Takeshi Masuda, Taku Nakashima, Shintaro Miyamoto, Shinichiro Ohshimo, Kazunori Fujitaka, Noboru Hattori, Witold Mazur, Nobuoki Kohno., THE 56TH ANNUAL MEETING OF THE JAPANESE RESPIRATORY SOCIETY, 2016年, 通常, 英語
  39. 肺腺癌における the receptor for advanced glycation end-product 遺伝子多型と疾患感受性や予後との相関に関する検討, 山口覚博, 岩本博志, 堀益  靖, 益田  武, 宮本真太郎,中島  拓, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部  登., 第 14 回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2016年, 通常, 日本語
  40. 肺腺癌の 1 次治療における Pemetrexed と Taxane 系抗癌剤の有効性の比較と薬剤選択についての検討, 山口覚博, 実綿  慶, 堀益  靖, 益田  武, 宮本真太郎,中島  拓, 岩本博志, 藤高一慶, 服部  登, 河野修興., 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015年, 通常, 日本語
  41. 膠原病肺における血清・BALF中 the receptor for advanced glycation end-product と肺機能・画像パターンの相関についての検討, 山口覚博, 岩本博志, 堀益  靖, 益田  武, 宮本真太郎,中島  拓, 藤高一慶, 服部  登, 河野修興., 第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2015年, 通常, 日本語
  42. 初診時に脳転移を有する肺腺癌症例における予後因子の検討, 山口覚博、益田  武, 中島  拓, 岩本博志, 石川暢久, 藤高一慶, 春田吉則, 村井  博, 服部  登, 河野修興., 第54回日本肺癌学会総会, 通常, 日本語
  43. Carboplatin と nab-paclitaxel による化学療法が奏効した胸腺癌の 1 例, 大谷俊人, 山口覚博, 中島 拓, 岩本博志, 石川暢久, 藤高一慶,春田吉則, 村井  博, 服部 登, 河野修興  , 内科学会地方会, 通常, 日本語
  44. 後期高齢者に発症した CADM 合併急速進行性間質性肺炎に、ステロイドと免疫抑制剤の併用療法が奏効した 1 例, 河野紘輝, 山口覚博, 益田 武, 中島 拓, 岩本博志, 藤高一慶, 春田吉則, 村井 博, 服部 登, 河野修興., 第51回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 通常, 日本語
  45. 原発性肺癌における術前気管支鏡検査の組織型正診率の検討, 山口覚博, 石川暢久, 益田  武, 中島  拓, 岩本博志, 藤高一慶, 春田吉則, 村井  博, 服部  登, 河野修興., 第37回呼吸器内視鏡学会学術集会, 通常, 日本語
  46. 毒ガス傷害者における誘発喀痰の解析, 山口覚博, 岩本博志, 益田  武, 中島  拓, 石川暢久, 藤高一慶, 春田吉則, 村井  博, 服部  登, 河野修興., 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 通常, 日本語
  47. ステロイドと免疫抑制剤による治療が奏功した抗ARS抗体症候群の1例, 熊谷真一, 山口覚博, 益田 武, 中島 拓, 岩本博志, 藤高一慶, 春田吉則, 村井 博, 服部 登, 河野修興.  , 第110回内科学会中国地方会, 通常, 日本語
  48. リツキシマブ投与後の2 次性低γグロブリン血症を伴った難治性緑膿菌肺炎の 1 例, 山口覚博, 岩本博志, 堀益  靖, 益田  武, 宮本真太郎,中島  拓, 藤高一慶, 服部  登, 河野修興., 第 113 回日本内科学会中国地方会, 2015年, 通常, 日本語
  49. ステロイドが奏功したイマチニブによる薬剤性肺障害の1例, 小畠彩子, 山口覚博, 堀益 靖, 益田 武, 中島 拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部 登, 河野修興., 呼吸器内視鏡学会中四国地方会, 2015年, 通常, 日本語
  50. 腎移植後免疫抑制療法中のROS-1陽性肺癌患者に対するクリゾチニブの使用経験, 藤井賢治, 山田貴弘、高尾俊、塩谷咲千子、益田武、山口覚博、坂本信二郎、堀益靖、宮本真太郎、中島拓、岩本博志、藤高一慶、濱田秦伸、服部登, 第57回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会, 2018年07月14日, 通常, 日本語
  51. 特発性と抗ARS抗体陽性の非特異性間質性肺炎における臨床的特徴の検討, 塩谷 咲千子, 益田 武、山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  52. 胸腔内穿破し緊急手術を要した 肺血管腫の1例, 奥本 穣,, 山口 覚博, 益田 武, 堀益 靖, 宮本 真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 服部 登, 第119回日本内科学会中国地方会, 2018年11月17日, 通常, 日本語
  53. EBUS-TBNAを行った直後の喀痰から結核菌が培養されたインドネシア人の縦隔リンパ節結核の1例, 梶原 俊毅, 山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、益田 武、中島 拓、宮本 真太郎、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第41回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2018年05月24日, 通常, 日本語
  54. 免疫チェックポイント阻害薬奏効後にサルベージ手術を施行した原発不明癌の1例, 長谷川 博司, 大道 和佳子,堀益 靖,山口 覚博,坂本 信二郎,益田 武,中島 拓,宮本 真太郎,岩本 博志,藤高 一慶,濱田 泰伸,服部 登, 第60回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2018年12月15日, 通常, 日本語
  55. 抗PD-1抗体による薬剤性間質性肺炎発症に対するリスク因子の検討, 中西 雄,, 益田 武, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 堀益 靖, 宮本真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 宮田 義浩, 岡田 守人, 服部 登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  56. リスクNSCLC患者における抗PD-1抗体の効果予測因子の検討因子の検討, 中西 雄,, 益田 武, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 堀益 靖, 宮本真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 宮田 義浩, 岡田 守人, 服部 登, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語
  57. NSCLCと他癌腫における抗PD-1抗体の投与による薬剤肺障害発症頻度の比較, 下地清史、, 山口覚博、益田武、中西雄、堀益靖、宮本真太郎、中島拓、岩本博志、藤高一慶、宮田義浩、濱田泰伸、岡田守人、服部登, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語
  58. シスプラチンおよびエトポシドを用いた化学放射線療法が奏効した浸潤性胸腺腫の1例, 角本慎治、, 下地清史、益田武、山口覚博、坂本信二郎、堀益靖、中島拓、宮本真太郎、岩本博志、藤高一慶、濱田泰伸、服部登, 第60回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2018年12月15日, 通常, 日本語
  59. IPF患者における血中endogenous secretary RAGEの検討, 山口覚博,, 岩本博志, 坂本信二郎, 堀益 靖, 益田  武, 宮本真太郎, 中島 拓, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部  登., 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  60. 既治療非扁平上皮非小細胞肺癌の2次治療以降におけるDTXもしくはPEMとBevacizumab併用療法の第2相試験, 山口覚博,, 実綿 慶, 坂本信二郎, 堀益 靖, 益田 武, 濱井宏介, 宮本真太郎, 中島 拓, 岩本博志, 岡本與平, 石川暢久, 藤高一慶, 宮田義浩, 岡田守人, 濱田泰伸, 服部 登,, 第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年07月19日, 通常, 日本語
  61. CHP患者におけるBALFおよび血中のCCL15の検討, 渡部雅子、, 堀益靖、岩本博志、山口覚博、坂本信二郎、益田武、宮本真太郎、中島拓、大下慎一郎、藤高一慶、濱田泰伸、服部登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  62. Pleuroparenchymal fibroelastosisと特発性肺線維症の臨床的相違点の検討, 難波将史,, 益田武,山口覚博,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第115回日本内科学会総会, 2018年04月13日, 通常, 日本語
  63. 2018年05月18日, 通常, 英語
  64. 難治性喘息と併存症に関する検討, 檜垣直子,, 岩本博志,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,中島拓,宮本真太郎,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第67回日本アレルギー学会学術大会, 2018年06月22日, 通常, 日本語
  65. コイル塞栓術後、長期間経過した後に再開通を来たし、脳塞栓症を発症した肺動静脈瘻の2例, 高田 祐衣、, 高尾 俊、益田 武、山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第115回 日本内科学会総会, 2018年04月14日, 通常, 日本語
  66. 肺外臓器手術後の間質性肺炎急性増悪発症に対するリスク因子の検討, 高尾 俊、, 益田 武、山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第58回 日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月29日, 通常, 日本語
  67. PAI-1はEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌のチロシンキナーゼ阻害薬に対する耐性獲得に関与する, 徳毛 健太郎、, 益田 武、山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月30日, 通常, 日本語
  68. IPFの遺伝子素因 MUC5B遺伝子多型を中心に, 堀益 靖,, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 益田 武, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 服部 登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月29日, 通常, 日本語
  69. びまん性肺疾患におけるBALFリンパ球形態解析, 堀益 靖,, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 益田 武, 中島 拓, 宮本 真太郎, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 服部 登, 第41回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2018年05月25日, 通常, 日本語
  70. 2018年05月18日, 通常, 英語
  71. すりガラス陰影の広がりは化学療法による間質性肺炎急性増悪発症のリスク因子となる SCLC患者における検討, 益田 武, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 堀益 靖, 宮本 真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 服部 登, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2020年11月07日, 第29回PneumoForum優秀賞, 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社, HMGB1に着目した間質性肺炎合併肺癌における治療関連急性増悪の病態解明と予測バイオマーカーの創出

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科研費, 肺癌患者における薬剤性肺障害の病態解明:RAGE/HMGB1 axisの視点から, 2018年, 2020年