田中 亮RYO TANAKA

Last Updated :2024/06/04

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
ホームページ
メールアドレス
ryotanahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
専門はリハビリテーション科学です。加齢や疾病による運動機能(筋機能や関節機能など)、および、基本的動作能力(歩行能力など)の低下を予防したり改善させることに役立つ研究を行っています。生物医学的な要因のみならず、心理社会的要因にも注目し、それらと身体活動との関係を調べています。障害の予防や健康寿命の延伸を目的とした根拠に基づく実践(Evidence-Based Practice)への貢献を目指しています。

基本情報

学位

  • 修士(マネジメント) (広島大学)
  • 博士(マネジメント) (広島大学)

研究分野

  • 複合領域 / 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学
  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学

研究キーワード

  • リハビリテーション
  • 理学療法
  • 身体運動
  • 運動療法
  • ウォーキング
  • 痛み
  • 高齢者
  • 変形性関節症
  • 介護予防
  • 疫学

所属学会

  • 日本理学療法士協会
  • 日本運動器科学会
  • 日本ペインリハビリテーション学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 2ターム, スポーツ実習B(アダプテッドスポーツ)
  2. 2024年, 教養教育, 3ターム, スポーツ実習B(アダプテッドスポーツ)
  3. 2024年, 学部専門, 4ターム, 健康福祉学
  4. 2024年, 学部専門, 1ターム, スポーツ健康科学実験法A
  5. 2024年, 学部専門, 1ターム, スポーツ健康科学実験A
  6. 2024年, 学部専門, 3ターム, スポーツ健康科学演習A
  7. 2024年, 学部専門, 4ターム, スポーツ統計学演習
  8. 2024年, 学部専門, 1ターム, 身体運動科学概論 II
  9. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 運動適応学
  10. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 特別研究(2024年4月博士課程前期入学生用)
  11. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 特別研究(2024年4月博士課程後期入学生用)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Does frequent use of an exoskeletal upper limb robot improve motor function in stroke patients?, DISABILITY AND REHABILITATION, 45巻, 7号, pp. 1185-1191, 20230327
  2. Effects of Non-Face-to-Face and Noncontact Interventions on Knee Pain and Physical Activity in Older Adults With Knee Osteoarthritis: A Systematic Review and Meta-Analysis, JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY, 31巻, 2号, pp. 319-329, 202304
  3. Relationship between the affective dimension of pain and site of the disorder: A cross-sectional study, JOURNAL OF BACK AND MUSCULOSKELETAL REHABILITATION, 36巻, 1号, pp. 253-259, 20230104
  4. A simplified clinical prediction rule for prognosticating dependent daily living in patients with thoracic spinal cord injury: A multicenter nationwide Japan registry study, EUROPEAN NEUROLOGY, 20230711
  5. Diagnostic Accuracy of Physical Examination Tests for Suspected Acute Anterior Cruciate Ligament Injury: A Systematic Review and Meta-Analysis, INTERNATIONAL JOURNAL OF SPORTS PHYSICAL THERAPY, 17巻, 5号, pp. 742-752, 20220801
  6. Predicting the prognosis of unilateral spatial neglect using magnetic resonance imaging in patients with stroke: A systematic review, BRAIN RESEARCH, 1789巻, 20220815
  7. 高齢者を対象にした理学療法研究における研究デザインと統計解析の選択, 理学療法の臨床と研究, 31巻, pp. 11-19, 20220331
  8. Self-reported physical activity is related to knee muscle strength on the unaffected side and walking ability in patients with knee osteoarthritis awaiting total knee arthroplasty: a cross-sectional study, PHYSIOTHERAPY THEORY AND PRACTICE, 38巻, 3号, pp. 441-447, 20220304
  9. Identifying Target Values of Body Composition for Preventing Frailty: A Descriptive Study in Older Adults, GERONTOLOGY AND GERIATRIC MEDICINE, 8巻, 20220103
  10. The effectiveness of group education in people over 50 years old with knee pain: A systematic review and meta-analysis of randomized control trials, MUSCULOSKELETAL SCIENCE AND PRACTICE, 62巻, 202212
  11. Clinical Prediction Rule for Identifying the Stroke Patients who will Obtain Clinically Important Improvement of Upper Limb Motor Function by Robot-Assisted Upper Limb, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 31巻, 7号, 202207
  12. Effects of gait training with the Hybrid Assistive Limb on gait ability in stroke patients: A systematic review of randomized controlled trials, JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE, 101巻, pp. 186-192, 202207
  13. Developing a Clinical Prediction Rule for Gait Independence at Discharge in Patients with Stroke: A Decision-Tree Algorithm Analysis, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 31巻, 6号, 202206
  14. Diagnostic Test Accuracy of Physical Examination Tests in Suspected Patellofemoral Osteoarthritis: A Systematic Review, INTERNATIONAL JOURNAL OF GERONTOLOGY, 16巻, 2号, pp. 83-88, 202204
  15. Development of a clinical prediction rule for patients with cervical spinal cord injury who have difficulty in obtaining independent living, SPINE JOURNAL, 22巻, 2号, pp. 321-328, 202202
  16. A cutoff value for body composition on the severity of locomotive syndrome in Japanese older women: A cross-sectional study, HEALTH CARE FOR WOMEN INTERNATIONAL, 2022
  17. The effects of walking training with poles on walking ability: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials, PM&R, 202208
  18. Early Initiation of Exoskeletal Robotic Gait Training Improves Functional Outcomes in the Patients with Stroke: A Retrospective Observational Study, EUROPEAN NEUROLOGY, 86巻, 2号, pp. 121-127, 20221214
  19. Effects of Combining Online Anodal Transcranial Direct Current Stimulation and Gait Training in Stroke Patients: A Systematic Review and Meta-Analysis, FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE, 15巻, 20211210
  20. Machine Learning Algorithm Identifies the Importance of Environmental Factors for Hospital Discharge to Home of Stroke Patients using Wheelchair after Discharge, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 30巻, 8号, 20210831
  21. 保存療法中の変形性膝関節症患者を対象とした観察に基づく歩行異常性評価の構築に向けた研究;評価の項目特性、因子妥当性、併存的妥当性および検者間信頼性, 理学療法ジャーナル, 55巻, pp. 922-933, 20210815
  22. A systematic review of the usefulness of magnetic resonance imaging in predicting the gait ability of stroke patients, SCIENTIFIC REPORTS, 11巻, 1号, 20210712
  23. Reductions in Muscle Strength and Range of Motion Cause Locomotion Disability via Locomotion-Related Functional Limitation in Japanese Older Adults: A Cross-Sectional Study, JOURNAL OF AGING RESEARCH, 2021巻, 20210708
  24. Healthcare-seeking behavior and recognition of physical therapy among Japanese residents in Thailand: A descriptive study, Journal of Physical Therapy Science, 20210531
  25. Relationship between Mobility-Related Activities of Daily Living and Health-Related Quality of Life among Healthy Older Adults: A Cross-Sectional Study Using Structural Equation Modeling, GERONTOLOGY AND GERIATRIC MEDICINE, 7巻, 20210531
  26. A clinical prediction rule for predicting a delay in quality of life recovery at 1 month after total knee arthroplasty: a decision tree model, Journal of Orthopaedic Science, 26巻, pp. 415-402, 20210506
  27. Decision Tree Algorithm Identifies Stroke Patients Likely Discharge Home After Rehabilitation Using Functional and Environmental Predictors, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 30巻, 4号, 20210430
  28. 高齢者の膝関節痛の疫学, 理学療法ジャーナル, 55巻, 1号, pp. 8-18, 20210115
  29. Clinical Features for Identifying the Possibility of Toileting Independence after Convalescent Inpatient Rehabilitation in Severe Stroke Patients: A Decision Tree Analysis Based on a Nationwide Japan Rehabilitation Database, Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 30巻, 2号, pp. 105483, 20201127
  30. Comparison of Supervised Machine Learning Algorithms for Classifying of Home Discharge Possibility in Convalescent Stroke Patients: A Secondary Analysis, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 30巻, 10号, 202110
  31. Development and Validation of Machine Learning-Based Prediction for Dependence in the Activities of Daily Living after Stroke Inpatient Rehabilitation: A Decision-Tree Analysis, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 29巻, 12号, 20201231
  32. The Effects of Vestibular Rehabilitation on Gait Performance in Patients with Stroke: A Systematic Review of Randomized Controlled Trials, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 29巻, 11号, 20201130
  33. A model used to consider lower extremity range of motion to identify fall experience in community-dwelling older women: a retrospective study, International Journal of Gerontology, 14巻, 4号, pp. 304-309, 20201101
  34. Effects of exoskeletal lower limb robot training on the activities of daily living in stroke patients: re-post comparison using propensity score matched analysis, Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 29巻, 10号, pp. 105176, 20201031
  35. Clinical prediction rule for early recovery of knee range of motion after total knee arthroplasty: A prospective study, Physical Therapy Research, 23巻, 2号, pp. 202-208, 20200928
  36. Reliability of a markerless motion capture system to measure the trunk, hip and knee angle during walking on a flatland and a treadmill, Journal of Biomechanics, 109巻, pp. 109929, 20200826
  37. Prediction models considering psychological factors to identify pain relief in conservative treatment of people with knee osteoarthritis: A multicenter, prospective cohort study, Journal of Orthopaedic Science, 25巻, pp. 618-626, 20200630
  38. The Effects of a Multicomponent Lower Extremity Training Technique on Physical Function in Healthy Older Adults: A Randomized Controlled Trial, GERONTOLOGY AND GERIATRIC MEDICINE, 6巻, 20200622
  39. Efficient predictors for the decline of activities of daily living in patients with hip fracture one year after surgery: A multicenter prospective cohort study, JOURNAL OF BACK AND MUSCULOSKELETAL REHABILITATION, 33巻, 4号, pp. 553-560, 20200620
  40. Effect of an intensive functional rehabilitation program on the recovery of activities of daily living after total knee arthroplasty: a multicenter, randomized, controlled trial, Journal of Orthopaedic Science, 25巻, pp. 285-290, 20200530
  41. Self-reported physical activity is related to knee muscle strength on the unaffected side and walking ability in patients with knee osteoarthritis awaiting total knee arthroplasty: a cross-sectional study, Physiotherapy Theory and Practice, 21巻, pp. 1-7, 20200521
  42. Factors associated with health-related quality of life in Japanese patients with hip osteoarthritis: A cross-sectional study, JOURNAL OF ORTHOPAEDICS TRAUMA AND REHABILITATION, 27巻, 2号, pp. 113-118, 20200430
  43. Does body mass index influence quality-of-life recovery in individuals who underwent total knee arthroplasty: A prospective study, JOURNAL OF ORTHOPAEDICS TRAUMA AND REHABILITATION, 27巻, 2号, pp. 107-112, 20200423
  44. 膝関節の機能解剖学的特性からみた理学療法実践, 理学療法, 37巻, 3号, pp. 226-245, 20200331
  45. 理学療法に関するガイドラインupdate—膝関節疾患, 理学療法ジャーナル, 53巻, 5号, pp. 280-290, 20190315
  46. Can muscle weakness and disability influence the relationship between pain catastrophizing and pain worsening in patients with knee osteoarthritis? A cross-sectional study, Brazilian Journal of Physical Therapy, 23巻, 3号, pp. 266-272, 201905
  47. Measurement of the total body center of gravity during sit-to-stand motion using a markerless motion capture system., Medical Engineering & Physics, 66巻, pp. 91-95, 201904
  48. Accuracy of classifying the movement strategy in the functional reach test using a markerless motion capture system, Journal of Medical Engineering and Technology, 43巻, 2号, pp. 133-138, 201902
  49. Factors related to psychological distress in young and middle-aged Japanese residents in Thailand: a cross-sectional study, Journal of Public Health and Rehabilitation, 17巻, pp. 49-57, 2019
  50. Can the amount of interventions during the convalescent phase predict the achievement of independence in activities of daily living in stroke patients? A retrospective cohort study, Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 27巻, 9号, pp. 2436-2444, 201809
  51. Effective exercise intervention period for improving body function or activity in patients with knee osteoarthritis undergoing total knee arthroplasty: a systematic review and meta-analysis, Brazilian Journal of Physical Therapy, 22巻, 4号, pp. 265-275, 201807
  52. Effect of Continuous Compression Stimulation on Pressure-Pain Threshold and Muscle Spasms in Older Adults With Knee Osteoarthritis: A Randomized Trial, Journal of manipulative and physiological therapeutics, 41巻, 4号, pp. 315-322, 201805
  53. Validity of the total body center of gravity during gait using a markerless motion capture system, Journal of Medical Engineering and Technology, 30巻, pp. 1-7, 201804
  54. Validity of time series kinematical data as measured by a markerless motion capture system on a flatland for gait assessment, Journal of Biomechanics, 11巻, 71号, pp. 281-285, 201804
  55. Accumulation of advanced-glycation end products (AGEs) accelerates arthrogenic joint contracture in immobilized rat knee, Journal of Orthopaedic Research, 36巻, 3号, pp. 854-863, 201803
  56. Association of Pain Quality with Pain Catastrophizing and Self-efficacy in People with Knee Osteoarthritis, Progress in Rehabilitation Medicine, 3巻, 201802
  57. Clinical Prediction Rule for Declines in Activities of Daily Living at 6 Months After Surgery for Hip Fracture Repair, Archives of Physical Medicine and Rehabilitation, 97巻, 12号, pp. 2076-2084, 201612
  58. Cyclooxygenase-2 inhibitor celecoxib attenuates joint contracture following immobilization in rat knees, BMC musculoskeletal disorders, 17巻, 1号, pp. 1-10, 201610
  59. Effects of exercise therapy on walking ability in individuals with knee osteoarthritis: a systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials, Clinical Rehabilitation, 30巻, 1号, pp. 36-52, 201601
  60. Does exercise therapy improve the health-related quality of life of people with knee osteoarthritis? A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials, Journal of Physical Therapy Science, 27巻, 10号, pp. 3309-3314, 201510
  61. Psychological Factors Associated with Pain Worsening in Individuals with Knee Osteoarthritis? A Systematic Review, Journal of Novel Physiotherapies, 5巻, pp. 268, 201506
  62. Interaction between gastrocnemius muscle weakness and moderate exercise deteriorates joint integrity in rat knee, Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports, 25巻, 11号, pp. e11-e19, 201502
  63. 変形性膝関節症罹患者に対する運動療法は治療開始150日を超えても有効か? システマティックレビュー, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 51巻, 11号, pp. 724-737, 201412
  64. Effect of the Frequency and Duration of Land-based Therapeutic Exercise on Pain Relief for People with Knee Osteoarthritis: A Systematic Review and Meta-analysis of Randomized Controlled Trials, Journal of Physical Therapy Science, 26巻, 7号, pp. 969-975, 201407
  65. Efficacy of strengthening or aerobic exercise on pain relief in people with knee osteoarthritis: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials, Clinical Rehabilitation, 27巻, 12号, pp. 1059-1071, 201312
  66. Amount of torque and duration of stretching affects correction of knee contracture in a rat model of spinal cord injury, Clinical Orthopaedics and Related Research, 471巻, 11号, pp. 3626-3636, 201311
  67. Does Exercise Intervention Improve Muscle Strength and Balance of Japanese Subjects with Osteoporosis? : a Systematic Review and Meta-analysis of Randomized Controlled Trials, Journal of Physical Therapy Science, 25巻, 4号, pp. 397-401, 201305
  68. Evidence of Improvement in Various Impairments by Exercise Interventions in Patients with Knee Osteoarthritis: A Systematic Review and Meta-analysis of Randomized Clinical Trials, Journal of the Japanese Physical Therapy Association = Rigaku ryoho, 16巻, 1号, pp. 7-21, 201301
  69. Exercise Intervention to Improve the Bone Mineral Density and Bone Metabolic Markers as Risk Factors for Fracture in Japanese Subjects with Osteoporosis: a Systematic Review and Meta-analysis of Randomized Controlled Trials, Journal of Physical Therapy Science, 24巻, 12号, pp. 1349-1353, 201212

著書等出版物

  1. 2023年03月01日, 理学療法エビデンスの❝つかいかた・つくりかた・つたえかた❞, 2023年, 03, 教科書, 共著, 日本語
  2. 2022年10月24日, 地域理学療法学 第5版 (標準理学療法学専門分野), 2022年, 10, 教科書, 共著, 日本語
  3. 2019年07月26日, 理学療法エビデンス大事典 現場で使える実践ガイド, 西村書店, 2019年, 201907, 事典・辞書, 監修, ダイアン・V・ジュエル 著 森山英樹 総監訳 田中 亮、他、監訳
  4. 2014年, 極める変形性膝関節症の理学療法-保存的および術後理学療法の評価とそのアプローチ-, 文光堂, 2014年, 斎藤秀之、加藤浩、山田英司(編集)、田中亮、他
  5. 2014年, 理学療法研究の進めかた, 文光堂, 2014年, 教科書, 共著, 森山英樹(編集)、田中亮、他
  6. 2013年, 理学療法評価学Ⅰ, 中山書店, 2013年, 教科書, 共著, 石川朗、森山英樹、田中亮

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. スマートフォンカメラで撮影した歩行動画の解析による変形性膝関節症の重症度の判別可能性, 山科俊輔、田中亮、井上優、山崎諒, 第28回日本基礎理学療法学術大会, 2023年12月02日, 通常, 日本語
  2. Effect of gait modification on knee pain: A systematic review and meta-analysis., Tanaka R, Tamura H, Hirohama K, Hamada K, Imura T, Mitsutake T, 16th Asian Confederation for Physical Therapy Congress, 2023年11月25日, 通常, 英語
  3. 脳卒中患者に対する上肢への介入と心理的介入の併用に関するエビデンスの質 -ランダム化比較試験のシステマティックレビュー, 岩本優士、瀧慎伍、猪村剛史、光武翼、田中亮, 第57回 日本作業療法学会, 2023年11月10日, 通常, 日本語
  4. ロコモティブシンドロームの新規発生および進行に関する危険因子:システマティックレビュー, 岩本義隆,猪村剛史,平田和彦,生田祥也,牛尾会,高橋真,三上幸夫,安達伸生,田中亮, 第7回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2023年11月05日, 通常, 日本語
  5. 遷延性術後痛のリスクがある人工膝関節全置換術後患者に対する患者教育の効果, 西元淳司、出口直樹、田中繁治、井上優、田中亮, 第10回日本予防理学療法学会学術大会, 2023年10月28日, 通常, 日本語
  6. 体組成がフレイルに与える影響:システマティックレビュー, 濱田和明、光武翼、堀智成、岩本義隆、出口直樹、猪村剛史、田中亮, 第10回日本予防理学療法学術大会, 2023年10月28日, 通常, 日本語
  7. 人工股関節全置換術患者における術前の年代別サルコペニアの有病率, 篠永篤志、松本浩実、上川真奈、掛屋咲葵、古市州郎、三谷茂、田中繁治、出口直樹、田中亮, 第50回日本股関節学会学術集会, 2023年10月27日, 通常, 日本語
  8. 2 次元動作解析ソフトウェアから算出した歩行中の体幹側方傾斜角度の妥当性, 小野晃路、井上優、山﨑諒、山科俊輔、小野伊風生、岩本義隆、高橋真, 田中亮, 第36回中国ブロック理学療法士学会, 2023年09月02日, 通常, 日本語
  9. 外来理学療法を受ける変形性膝関節症例のQOLの治療反応性を予測するClinical Prediction Rule導出の試み, 山科俊輔、天野徹哉、田中繁治、井上優、田中亮, 第36回中国ブロック理学療法士学会, 2023年09月02日, 通常, 日本語
  10. 人工股関節全置換術患者における軽度認知障害と術後早期の疼痛および疼痛関連項目の関係, 廣濱賢太、村尾竜次、池田悦子、井上優、田中繁治、田中亮, 第36回中国ブロック理学療法士学会, 2023年09月02日, 通常, 日本語
  11. 域在住高齢者におけるロコモティブシンドロームの判別のための臨床予測ルールの temporal validation, 田中亮、田中繁治、鄭勳九、平田和彦、牛尾会、生田祥也、三上幸夫、安達伸生, 第34回日本運動器科学会, 2023年07月08日, 通常, 日本語
  12. 生物心理社会モデルに基づく術後膝痛予防プログラムが人工膝関節全置換術後の遷延性術後痛に及ぼす影響, 西元淳司、出口直樹、田中繁治、井上優、田中亮, 第27回日本ペインリハビリテーション学会学術大会, 2023年06月24日, 通常, 日本語
  13. 睡眠衛生は若年者の運動器の痛みを緩和させるか?, 田中亮、 渡邊夏未、 鄭勳九、光武翼、猪村剛史、田中繁治、出口直樹、濱田和明、廣濱賢太, 第27回 日本ペインリハビリテーション学会学術大会, 2023年06月24日, 通常, 日本語
  14. ロコモティブシンドロームを呈した地域在住女性高齢者におけるサルコペニア肥満とフレイルリスクの関連, 出口 直樹, 田中 亮, 鄭 勳九, 生田 祥也, 安達 伸生, 第96回日本整形外科学会学術総会, 2023年05月11日, 通常, 日本語
  15. 地域在住高齢者におけるロコモティブシンドロームとサルコペニア、プレサルコペニアおよびダイナぺニアとの関連, 鄭勳九、田中 繁治 、田中亮 、生田 祥也、安達 伸生, 第96回日本整形外科学会学術総会, 2023年05月11日, 通常, 日本語
  16. 歩行の運動学的特徴からロコモティブシンドロームの重症度を判別するモデルの作成, 山﨑諒、井上優、鄭勳九、田中亮、生田祥也、安達伸生, 第96回日本整形外科学会学術総会, 2023年05月11日, 通常, 日本語
  17. 生物心理社会的要因が人工膝関節全置換術後の遷延性疼痛に及ぼす影響 -前向きコホート研究-, 西元淳司、田中繁治、井上優、田中亮, 第53回日本人工関節学会, 2023年02月17日, 通常, 日本語
  18. 変形性股関節症罹患者における軽度認知障害と疼痛、身体機能、疼痛関連項目との関連, 廣濱賢太, 村尾竜次、波谷春花、町田恵、宮崎晃輔、市加裕弥、吉本光佑、堀田寛史、田中繁治、井上優、田中亮, 第26回広島県理学療法士学会, 2022年12月04日, 通常, 日本語, 広島県理学療法士学会
  19. 地域在住高齢者における体力指標の基準範囲の作成-ブートストラップ法を用いたシミュレーション推定-, 山科俊輔, 田中繁治、鄭勳九、井上優、東有明、田中亮, 第9回日本地域理学療法学会学術大会, 2022年12月03日, 通常, 日本語, 日本地域理学療法学会
  20. 片脚立位時の運動学的データを用いたロコモティブシンドローム判別モデル:横断研究, 濱田和明, 井上優、田中繁治、鄭勳九、山科俊輔、廣濱賢太、山﨑諒、田中亮, 第9回日本地域理学療法学会学術大会, 2022年12月03日, 通常, 日本語, 日本地域理学療法学会
  21. Relationship between observation-based gait abnormality assessment and physical activity after one year in patients with knee osteoarthritis, Yamashina S, Harada K, Tanaka R, Inoue Y, ISPRM 2022, 2022年07月03日, 通常, 英語, International Society of Physical and Rehabilitation Medicine
  22. The relationship between frailty and body composition in older adults, Tanaka S, Jung H, Tanaka R, ISPRM 2022, 2022年07月03日, 通常, 英語, International Society of Physical and Rehabilitation Medicine
  23. Minimal clinically important differences of the Japanese knee injury and osteoarthritis outcome score (J-KOOS) in patients who underwent total knee arthroplasty, Nishimoto J, Tanaka S, Inoue Y, Tanaka R, World Physiotherapy Asia Western Pacific Regional Congress with HKPA Conference, 2022年06月19日, 通常, 英語, World Physiotherapy World Physiotherapy Asia Western Pacific Regional Congress
  24. The effects of walking training with poles on walking ability: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials, Ono K, Nishimoto J, Imura T, Mitsutake T, Inoue Y, Tanaka S, Tanaka R, World Physiotherapy World Physiotherapy Asia Western Pacific Regional Congress with HKPA Conference 2022, 2022年06月19日, 通常, 英語, World Physiotherapy World Physiotherapy Asia Western Pacific Regional Congress
  25. Development of a prediction model for therapeutic effects of robot-assisted gait training for stroke patients, Taki S, Imura T, Mitsutake T, Iwamoto Y, Degami A, Imada N, Araki H, Araki O, Tanaka R, World Physiotherapy World Physiotherapy Asia Western Pacific Regional Congress with HKPA Conference 2022, 2022年06月19日, 通常, 英語, World Physiotherapy World Physiotherapy Asia Western Pacific Regional Congress
  26. Clinical prediction rule for identifying the stroke patients who will obtain clinically important improvement of upper limb motor function by robot-assisted upper limb rehabilitation, Iwamoto Y, Tanaka R, Imura T, Mitsutake T, Jung H, Suzukawa T, Taki S, Imada N, Inagawa T, Araki H, Araki O, World Physiotherapy World Physiotherapy Asia Western Pacific Regional Congress with HKPA Conference 2022, 2022年06月19日, 通常, 英語, World Physiotherapy World Physiotherapy Asia Western Pacific Regional Congress
  27. 脳卒中患者の歩行能力へのHybrid Assistive Limbの有効性の検討 無作為化比較試験を対象としたシステマティックレビュー, 瀧慎伍, 岩本優士,猪村剛史,光武翼,田中亮, STROKE 2022, 2022年03月17日, 通常, 日本語, 日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、スパズム・シンポジウム
  28. 変形性膝関節症に罹患して人工膝関節全置換術を施行された患者に対する運動介入と心理的介入の併用が心理的要因に及ぼす影響 -ランダム化比較試験のシステマティックレビューおよびメタアナリシス-, 西元淳司, 小野晃路,猪村剛史,光武翼,田中繁治,井上優,田中亮, 第7回日本精神・心理領域理学療法研究会学術集会, 2022年03月13日, 通常, 日本語, 日本精神・心理領域理学療法研究会
  29. Clinical Prediction Rule for Pain Relief in Conservative Treatment of Patients with Knee Osteoarthritis, Tanaka R, Ozawa J, International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM) 2018 Conference (Paris), 2018年, 通常, 英語
  30. Effect of an Intensive Functional Rehabilitation Program on the Recovery of Activities of Daily Living after Total Knee Arthroplasty -A Multicenter, Randomized, Controlled Trial-, Tanaka R, Hayashizaki T, Taniguchi R, Kobayashi J, Umehara T, WCPT-AWP & PTAT Congress 2017 (Bangkok), 2017年, 通常, 英語
  31. マーカレスモーションキャプチャシステムを用いて推定された身体重心の基準関連妥当性, 田中亮,石井芳樹,山﨑貴博, ), 第6回日本支援工学理学療法学大会(北九州市, 2017年, 通常, 日本語
  32. The Influence of Catastrophizing on Pain Worsening Via Disuse and Disability in Patients with Symptomatic Knee Osteoarthritis., Tanaka R, Hirohama K, Ozawa J, The Asian Confederation for Physical Therapy (ACPT) 2016 Conference (Kuala Lumpur), 2016年, 通常, 英語
  33. 立位における下肢関節中心のKinect測定値の信頼性, 田中亮,山﨑貴博, 第30回中国ブロック理学療法士学会(倉敷市), 2016年, 通常, 日本語
  34. 理学療法を行っても疼痛が緩和しない変形性膝関節症罹患者の臨床予測ルール作成の試み, 田中亮,永見達朗,村尾竜次,中村悠一,野曽麻衣香,蔵重雄基,田中健次郎,蔵重奈菜,清水麻美, 第21回ペインリハビリテーション学会(名古屋市), 2016年, 通常, 日本語
  35. 大腿骨近位部骨折術後6ヶ月のADL低下を予測する臨床予測ルールの開発-コホート研究-, 田中亮, 第43回日本股関節学会学術集会(大阪市), 2016年, 通常, 日本語
  36. 大腿骨近位部骨折患者に対する免荷式リフトを使用した歩行練習が術後2週の移乗と歩行の自立度に及ぼす影響-非ランダム化比較試験-, 田中亮, 第43回日本股関節学会学術集会(大阪市), 2016年, 通常, 日本語
  37. 立ち上がり動作におけるKinect測定値の基準関連妥当性, 田中亮,山﨑貴博, 第21回広島県理学療法士学会(広島市), 2016年, 通常, 日本語
  38. Does Exercise Therapy Improve Health-related Quality of Life in People with Knee osteoarthritis? : A Systematic Review, Tanaka R, Ozawa J, Kito N, Moriyama, H, The European League Against Rheumatism (EULAR) 2015 (Roma), 2015年, 通常, 英語
  39. 立位における体幹および下肢関節角度のKinect測定値の信頼性-予備的研究-, 田中亮,山﨑貴博,岡本利秀,東有明,中島典子,川西弘通,アレハンドロ・ディエス, 第20回広島県理学療法士学会(広島市), 2015年, 通常, 日本語
  40. Effects of Exercise Therapy on Walking Ability in Individuals with Knee Osteoarthritis: A Systematic Review and Meta-analysis of Randomised Controlled Trials, Tanaka R, Ozawa J, Kito N, Moriyama, H, Asia-Oceanian Conference of Physical and Rehabilitation Medicine 2014 (Bangkok), 2014年, 通常, 英語
  41. 変形性膝関節症罹患者の機能障害,活動制限,健康関連QOL低下に対する運動療法は治療開始150日を超えても有効か?―ランダム化比較試験のシステマティックレビューおよびメタアナリシス―, 田中亮,小澤淳也,木藤伸宏,森山英樹, 第48回日本理学療法学術大会(名古屋市), 2013年, 通常, 日本語
  42. 変形性膝関節症を伴う疼痛に対する運動介入の短期的効果は非荷重位筋力増強運動が最も高い─ランダム化比較試験に対するメタアナリシス─, 田中亮,小澤淳也,木藤伸宏,森山英樹, 第47回日本理学療法学術大会(神戸市), 2012年, 通常, 日本語
  43. Land-based Exercises Duration or Frequency does not Influence Effectiveness of Reducing Pain in Osteoarthritis of the Knee : A meta-analysis., Tanaka R, Ozawa J, Kito N, World Physical Therapy 2011 (Amsterdam), 2011年, 通常, 英語
  44. 変形性膝関節症の疼痛軽減に対する運動療法の効果は介入頻度および介入期間によって異なるか?─ランダム化比較試験に対するメタアナリシス─, 田中亮,小澤淳也,木藤伸宏, 第46回日本理学療法学術大会(宮崎市), 2011年, 通常, 日本語
  45. 変形性膝関節症罹患者に対する運動療法の疼痛軽減効果のエビデンスレベル-GRADEシステムを用いた検討-, 田中亮,小澤淳也,木藤伸宏,森山英樹,金村尚彦, 第16回広島県理学療法士学会(広島市), 2011年, 通常, 日本語
  46. 変形性膝関節症の疼痛軽減に対する運動療法の効果は介入内容によって異なるか?-ランダム化比較試験に対するメタアナリシス-, 田中亮,小澤淳也,木藤伸宏, 第15回広島県理学療法士学会(三原市), 2010年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2017年, 教職員表彰, 広島国際大学
  2. 2016年, 最優秀賞, 第21回日本ペインリハビリテーション学会学術大会
  3. 2011年, 奨励賞, (社)広島県理学療療法士会
  4. 2008年, 大会奨励賞, 第42回日本理学療法学術大会
  5. 2007年, 学術賞, (社)広島県理学療療法士会
  6. 2005年, 学術奨励賞, (社)広島県理学療療法士会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業 基盤(C), ICTを導入したハイブリッド型支援のフレイル予防の有効性と社会インパクトの評価, 2021年04月01日, 2024年03月31日
  2. 科学研究費助成事業 基盤(C), 非薬物的介入を行っても効果が得られない難治性膝痛を有す高齢者の個人特性の解明, 2020年, 2022年
  3. 中冨健康科学振興財団 研究助成, 変形性膝関節症による膝痛に対する段階的治療戦略の効果と適応, 2019年
  4. 三井住友海上福祉財団 研究助成, 人工知能(AI)を使った新しい歩行年齢推定モデルの作成, 2019年, 2020年
  5. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 長寿科学研究開発事業, 大腿骨近位部骨折術後1年の要介護状態ハイリスク患者に対する介護予防や要介護度の重度化予防, 2015年, 2016年
  6. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B), 理学療法を行っても疼痛が緩和しない変形性膝関節症罹患者の臨床予測ルールの作成, 2014年, 2016年
  7. 厚生労働省 長寿科学研究開発事業, 大腿骨近位部骨折術後1年の要介護状態ハイリスク患者に対する介護予防や要介護度の重度化予防, 2014年, 2015年
  8. 日本理学療法士協会 助成研究, 変形性膝関節症罹患者に対する運動療法は治療開始150日を超えても有効か?-システマティックレビューおよびメタアナリシスを用いたエビデンスレベルの検討-, 2011年, 2012年
  9. 中冨健康科学振興財団 研究助成, 変形性膝関節症罹患者の機能改善に有効な運動療法プログラムモデルの提案-メタ回帰分析を併用したシステマティックレビュー-, 2011年, 2012年

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 歩行動作解析から学ぼう!, 広島市スポーツ協会, 2024年/02月/16日, マエダハウジング東区スポーツセンター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  2. ALL HIROSHIMA SPORTS SUMMIT 健康寿命とロコモティブシンドローム, 広島大学スポーツセンター 中央生涯学習センターシンポジウム, 2024年/02月/03日, サンスクエア東広島, 講師, 講演会, 社会人・一般
  3. 健康ウォーキング講座, 安芸保健センター, 2023年/12月/04日, 広島市安芸区スポーツセンター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  4. 歩き方が変われば人生が変わる, 中央生涯学習センター, 2023年/11月/29日, 2023年/12月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  5. ロコモティブシンドロームの予防改善-健康寿命延伸のトレーニング-, 広島市スポーツ協会, 2023年/11月/10日, 広島市安佐南区スポーツセンター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  6. 瀬野川ウォーク, 広島市スポーツ協会, 2023年/10月/14日, 広島市安芸区スポーツセンター, 助言・指導, フェスティバル, 社会人・一般
  7. ロコモティブシンドローム防止のための最新の研究成果, 第6地区健康づくりのための運動普及推進協議会, 2023年/09月/30日, 呉市・鶴岡一人記念スポーツ会館, 講師, 講演会, 社会人・一般
  8. 動作解析で歩き方をチェック!健康ウォーキング教室, 広島市中区地域支えあい課, 2023年/09月/22日, 2023年/10月/06日, 舟入公民館, 講師, 講演会, 社会人・一般
  9. 広島大学教養教育授業実践事例集, 2023年/06月/08日, 寄稿
  10. 歩き方講座, 東広島市, 2023年/03月/08日, 原地域センター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  11. 歩行動作解析から学ぼう!, 広島市スポーツ協会, 2023年/02月/17日, 2023年/02月/24日, マエダハウジング東区スポーツセンター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  12. 歩行姿勢測定会, 広島市南区地域支えあい課, 2023年/01月/27日, 広島市南区役所, 講師, 講演会, 社会人・一般
  13. 動作解析で歩き方をチェック!健康ウォーキング教室, 広島市中区地域支えあい課, 2022年/10月/14日, 2022年/10月/28日, 竹屋公民館, 講師, 講演会, 社会人・一般
  14. 瀬野川ウォーク, 広島市スポーツ協会, 2022年/10月/01日, 広島市安芸区スポーツセンター, 助言・指導, フェスティバル, 社会人・一般
  15. ウォーキングの効能(再確認)と自分の「クセ」を知る, 第6地区健康づくりのための運動普及推進協議会, 2022年/09月/15日, 呉市・鶴岡一人記念スポーツ会館, 講師, 講演会, 社会人・一般
  16. 転倒予防と正しいウォーキングフォーム, 東広島市, 2022年/08月/25日, 2022年/09月/30日, 入野地域センター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  17. 動作解析で歩き方をチェック!健康ウォーキング教室, 広島市中区地域支えあい課, 2022年/05月/17日, 広島市中区スポーツセンター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  18. 歩き方 講座ー地域で健康長寿を目指してー, 東広島市, 2022年/03月/09日, 原地域センター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  19. 歩行姿勢測定会, 広島市南区地域支えあい課, 2022年/02月/04日, 広島市南区役所, 講師, 講演会, 社会人・一般
  20. 科学的根拠に基づくウォーキング講座, 東広島市, 2022年/01月/21日, 豊栄生涯学習センター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  21. 歩行動作解析から学ぼう!, 広島市スポーツ協会, 2021年/12月/10日, 2021年/12月/17日, マエダハウジング東区スポーツセンター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  22. 科学的根拠に基づくウォーキング講座, 東広島市, 2021年/12月/07日, 河内保健福祉センター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  23. 動作解析で歩き方をチェック!健康ウォーキング教室, 広島市中区地域支えあい課, 2021年/10月/13日, 中央公民館, 講師, 講演会, 社会人・一般
  24. ウォーキング講座~歩行動作を解析して、無理のない歩き方を学ぼう!~, 広島市スポーツ協会, 2021年/02月/18日, マエダハウジング東区スポーツセンター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  25. 男性のための健康講座-ロコモ予防教室-, 東広島市, 2020年/12月/04日, 寺西地域センター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  26. 動作解析で歩き方をチェック!健康ウォーキング教室, 広島市中区地域支えあい課, 2020年/10月/16日, 吉島公民館, 講師, 講演会, 社会人・一般
  27. 「健康長寿を目指したロコモ予防講座」~自分の足腰の状態を知って運動を続けよう~, 広島市東地域交流センター, 2020年/08月/24日, 広島市東地域交流センター(あいあいプラザ, 講師, 講演会, 社会人・一般
  28. ウォーキング講座, スポーツ科学センター, 2019年/11月/23日, 広島市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  29. ウォーキング講座, スポーツ科学センター, 2019年/11月/18日, 広島市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  30. ウォーキング講座, スポーツ科学センター, 2019年/11月/06日, 呉市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  31. ウォーキング講座, スポーツ科学センター, 2019年/10月/16日, 広島市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  32. 美ゅーてぃーウォーク教室, 広島市, 2019年/10月/11日, 2019年/10月/25日, 広島市中区, 講師, 講演会, 社会人・一般
  33. ウォーキング講座, スポーツ科学センター, 2019年/10月/03日, 広島市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  34. ウォーキング講座, スポーツ科学センター, 2019年/10月/01日, 安芸郡, 講師, 講演会, 社会人・一般
  35. 健康科学リサーチセミナー, スポーツ科学センター, 2019年/09月/14日, 広島市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  36. ウォーキング講座, スポーツ科学センター, 2019年/09月/04日, 広島市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  37. ウォーキング講座, スポーツ科学センター, 2019年/09月/03日, 東広島市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  38. 美ゅーてぃーウォーク教室, 広島市, 2019年/05月/14日, 2019年/05月/28日, 広島市中区, 講師, 講演会, 社会人・一般
  39. 市民セミナー, 健康のために ~運動の実践を通して健康生活を~, 広島市, 2018年/12月/19日, 2018年/12月/19日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  40. スポーツを通した健康学セミナー, ウォーキング(実技), スポーツ科学センター, 2018年/10月/09日, 2018年/10月/09日, 広島大学西体育館, 講師, 講演会, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2019年, 理学療法学, その他, 1