二川 浩樹Hiroki Nikawa

Last Updated :2022/05/09

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 教授
自己紹介
よく遊びよく学べがモットーです

基本情報

主な職歴

  • 1999年04月01日, 1998年06月30日, 広島大学, 歯学部, 助手
  • 1992年07月01日, 1992年12月30日, 香港大学, 歯学部, 客員研究員
  • 1998年07月01日, 2005年03月31日, 広島大学病院 講師, 附属病院, 講師
  • 2005年04月01日, 2006年03月31日, 広島大学, 歯学部, 教授
  • 2006年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学大学院, 医歯薬学総合研究科, 教授
  • 2014年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院, 医歯薬保健学研究院, 教授
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 教授

学歴

  • 広島大学, 歯学研究科, 日本, 1986年04月, 1990年03月
  • 広島大学, 歯学部, 歯学科, 日本, 1980年04月, 1986年03月

学位

  • 歯学博士 (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 口腔健康科学科 : 口腔工学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 口腔保健学プログラム
  • 口腔工学プログラム
  • 歯学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 補綴・理工系歯学

研究キーワード

  • バイオフィルム|シグムトロピズム
  • stem cell
  • 滲出液|カンジダアルビカンス
  • プロバイオティクス|乳酸菌
  • バクテリア|カンジダアルビカンス
  • proliferation|antibacterial peptide
  • カンジダアルビカンス
  • カリエス
  • カリエス
  • 付着素

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 4ターム, 全身の健康と口腔科学II[1歯]
  2. 2022年, 学部専門, 2ターム, 歯冠修復保健工学II
  3. 2022年, 学部専門, 2ターム, 成人・高齢者歯科学
  4. 2022年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療管理学示説A
  5. 2022年, 学部専門, 1ターム, スポーツ歯科・顎関節症保健学
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 夏季特別実習
  7. 2022年, 学部専門, 4ターム, 歯冠修復保健工学I
  8. 2022年, 学部専門, 3ターム, 有床義歯保健工学(全部床義歯)
  9. 2022年, 学部専門, 1ターム, 顎口腔機能学
  10. 2022年, 学部専門, 2ターム, 歯冠修復保健工学II
  11. 2022年, 学部専門, 3ターム, 歯冠修復保健工学III
  12. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  13. 2022年, 学部専門, 3ターム, 審美歯科学
  14. 2022年, 学部専門, 2ターム, 成人・高齢者歯科学
  15. 2022年, 学部専門, 1ターム, スポーツ歯科・顎関節症保健学
  16. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔工学概論
  17. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健工学臨床的実習
  18. 2022年, 学部専門, 3ターム, メディカルデザイン工学I
  19. 2022年, 学部専門, 4ターム, メディカルデザイン工学II
  20. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  21. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔保健工学臨床的実習
  22. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  23. 2022年, 学部専門, 4ターム, 歯学概論
  24. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健工学臨床的実習
  25. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  26. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 栄養学
  27. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔健康科学特論
  28. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔健康科学特講Ⅰ
  29. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔健康科学特講Ⅱ
  30. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔インプラント工学特論
  31. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔工学特論
  32. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔工学演習A
  33. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 口腔工学演習A
  34. 2022年, 学部専門, 2ターム, 歯の形態学実習
  35. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔工学演習B
  36. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 口腔工学演習B
  37. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 口腔工学特別研究
  38. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 応用口腔生物工学特別演習
  39. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 応用口腔生物工学特別演習
  40. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔リハビリテーション工学特別演習
  41. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔リハビリテーション工学特別演習
  42. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 応用口腔生物・リハビリテーション工学特別研究
  43. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 応用口腔生物・リハビリテーション工学特別研究
  44. 2022年, 学部専門, 2ターム, 成人・高齢者歯科学
  45. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 特別科目
  46. 2022年, 学部専門, 4ターム, 臨床歯科学概論
  47. 2022年, 学部専門, 2ターム, 歯の形態学実習
  48. 2022年, 学部専門, 4ターム, 歯冠修復保健工学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. デンチャープラークと義歯性口内炎の臨床的検討, 補綴臨床, 19880401
  2. Effects of salivary or serum pellicles on the Candida albicans growth and biofilm formation on soft lining materials in vitro, J Oral Rehabil, 24巻, pp. 594-604, 19970401
  3. Quantification of thigmotropism (contact sensing) of Candida albicans and Candida tropicalis, Mycopathologia, 138巻, pp. 13-19, 19970101
  4. Effects of dietary sugars and, saliva and serum on Candida biofilm formation on acrylic surfaces, Mycopathologia, 139巻, pp. 87-91, 19970401
  5. The role of saliva and serum in Candida albicans biofilm formation on denture acrylic surfaces, Microbial Ecology in Health and Disease, 9巻, pp. 35-48, 19960401
  6. Perforation of dental gloves during prosthodontic treatments as assessed by the conductivity and water inflation tests, Int. J. Prosthodont., 9巻, 4号, pp. 362-366, 19960401
  7. Composition and effect of denture base resin surface primers for reline acrylic resins, J. Prosthet. Dent., 75巻, pp. 457-462, 19960401
  8. Effect of addition of ethyl alcohol on gelation and viscoelasticity of tissue conditioners, J Oral Rehabil, 28巻, pp. 48-54, 20010401
  9. Growth of Candida species on commercial denture adhesives in vitro, Int. J. Prosthodont., 14巻, pp. 48-52, 20010401
  10. Candida albicans growth on thermal cycled materials for maxillofacial prostheses in vitro, J Oral Rehabil, 28巻, pp. 526-533, 20010401
  11. Candida albicans colonization on thermal cycled maxillofacial polymeric materials in vitro, J Oral Rehabil, 28巻, pp. 755-765, 20010401
  12. Non-Specific adherence of Candidaspecies of surfaee-modified glass, J. Med. Vet. Mycol., 19890401
  13. Antifungal activity of Histatin-5 against non-albicans Candida species, Oral Microbiol Immunol, 16巻, pp. 250-252, 20010401
  14. Alteration of the coadherence of Candida albicans with oral bacteria by dietary sugars, Oral Microbiol Immunol, 16巻, pp. 279-283, 20010401
  15. Sub-therapeutic exposure to polyene antimycotics elicits a post-antifungal effect (PAFE) and depresses the cell surface hydrophobicity of oral Candida albicans isolates, Journal of Oral Pathology & Medicine, 29巻, pp. 206-213, 20000401
  16. Exposure to subtherapeutic concentrations of polyene antifungals suppresses the adherence of Candida species to denture acrylic, Chemotherapy, 46巻, 4号, pp. 267-274, 20000401
  17. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials, salivary and serum pellicles and Candida albicans in vitro. Part Ⅰ. Effects on fungal growth, J Oral Rehabil, 27巻, pp. 41-51, 20000401
  18. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials, salivary and serum pellicles and Candida albicans in vitro. Part Ⅱ. Effects on fungal colonization, J Oral Rehabil, 27巻, pp. 124-130, 20000401
  19. Effect of serum concentration on Candida biofilm formation on acrylic surfaces, Mycoses, 43巻, pp. 139-143, 20000401
  20. A review of in vitro and in vivo methods to evaluate the efficacy of denture cleansers, Int. J. Prosthodont., 12巻, 2号, pp. 153-159, 19990201
  21. Effects of modified pellicles on Candida biofilm formation on acrylic surfaces, Mycoses, 42巻, pp. 37-40, 19990401
  22. Relationship between thigmotropism and Candida biofilm formation in vitro, Mycopathologia, 144巻, pp. 125-129, 19990401
  23. 接着性レジンを用いた修復とプラーク付着, 日歯評論, 19890401
  24. Incidence of occlusal contacts with complete dentures during mastication using a 6-channel telemetry system: preliminary measurements, J Oral Rehabil, 26巻, pp. 918-922, 19990401
  25. Occlusal force distribution on the dental arch during various levels of clenching, J Oral Rehabil, 26巻, pp. 932-935, 19990401
  26. Rheology of tissue conditioners, J. Prosthet. Dent., 79巻, 1号, pp. 188-199, 19980101
  27. Viscoelastic properties of tissue conditioners ミinfluence of molecular weight of polymer powders and powder/liquid ratio and the clinical implications, J Oral Rehabil, 25巻, pp. 621-629, 19980401
  28. The effect of saliva or serum on Streptococcus mutans and Candida albicans colonization of hydroxylapatite beads, Journal of Dentistry, 26巻, 1号, pp. 31-37, 19980101
  29. Denture plaque -past and recent concerns-, Journal of Dentistry, 26巻, 4号, pp. 299-304, 19980401
  30. Commercial denture cleansers?Cleansing efficacy against Candida albicans biofilm and compatibility with soft denture lining materials?, Int. J. Prosthodont., 8巻, 5号, pp. 434-444, 19950501
  31. Cleansing efficacy of commercial denture cleansers : Ability to reduce Candida albicans biofilm activity, Int. J. Prosthodont., 8巻, 6号, pp. 527-534, 19950601
  32. Effect of components of resilient denture-lining materials on the growth, acid production and colonization of Candida albicans, J Oral Rehabil, 22巻, pp. 817-824, 19950401
  33. Modulation of the anti-Candida activity of apo-lactoferrin by dietary sugar and tunicamycin in vitro, Archs oral Biol, 40巻, 6号, pp. 581-584, 19950601
  34. Binding of salirary of serum proteins to Candida albicans in vitro, Arch. Oral Biol., pp. 35, 19900401
  35. The effects of of antifungal agents on the in vitro susceptibility of Candida albicans to apo lactoferrin, Archs oral Biol, 39巻, pp. 921-923, 19940401
  36. Growth and/or acid production of Candida albicans on soft lining materials in vitro, J Oral Rehabil, 21巻, pp. 585-594, 19940401
  37. Effects of denture cleansers on direct soft denture lining materials, J. Prosthet. Dent., 72巻, 6号, pp. 657-662, 19941201
  38. Perforation and proteinaceous contamination of dental gloves during prosthodontic treatments, Int. J. Prosthodont., 7巻, 6号, pp. 559-566, 19940601
  39. Interactions between denture-lining material, protein pellicles and Candida albicans, Archs oral Biol, 38巻, 7号, pp. 631-634, 19930701
  40. The fungicidal effect of human lactoferrin on Candida albicans and Candida krusei, Archs oral Biol, 38巻, 12号, pp. 1057-1063, 19931201
  41. An in vitro evaluation of simplified quantitative diagnostic aids for detection of Candida albicans, J. Prosthet. Dent., 68巻, 4号, pp. 629-633, 19920101
  42. In vitro evaluation of Candida albicans adherence to soft denture lining materials, J. Prosthet. Dent., 68巻, 5号, pp. 804-808, 19921101
  43. Factors involved in the adherence of Candida albicans and Candida tropicalis to protein-absorbed surfaces. An in vitro study using immobilized protein, Mycopathologia, 118巻, pp. 139-145, 19920401
  44. Denture stomatitis and ABO blood types, J. Prosthet. Dent., 66巻, 3号, pp. 391-394, 19910901
  45. Denture stomatitis and ABO blood types, J. Prosthet. Dent., pp. 66, 19910401
  46. Binding of salivary or serum proteins to Candida albicans in vitro, Archs oral Biol, 35巻, 7号, pp. 571-573, 19900701
  47. Non-specific adherence of Candida species to surface modified glass, J. Med. Vet. Mycol., 27巻, pp. 269-271, 19890401
  48. Non-specific adherence of Candida species to modified glasses, 12th EPA proceeding, 19890401
  49. Non-specific adherence of Candida species to surface-modified glass., J. Med. Vet. Mycol(Sabouraudia), 27巻, pp. 269-271, 19890401
  50. Denture stomatitis and ABO blood types., J. Prosthet. Dent., 66巻, pp. 391-394, 19910401
  51. Factors involved in the adherence of Candida albicans and Candida tropicalis to protein-absorbed surfaces. An in vitro study using immobilized protein., Mycopathologia, 118巻, pp. 139-145, 19920401
  52. Cleaning efficiency of commercial denture cleansers: Ability to reduce Candida albicans biofilm activity., Int. J. Prosthodont., pp. 527-534, 19950401
  53. Effect of addition of ethyl alcohol on gelation and viscoelasticity of tissue conditioners, J Oral Rehabil, 28巻, pp. 48-54, 20010401
  54. Growth of Candida species on commercial denture adhesives in vitro, Int. J. Prosthodont., 14巻, pp. 48-52, 20010401
  55. Candida albicans growth on thermal cycled materials for maxillofacial prostheses in vitro, J Oral Rehabil, 28巻, pp. 526-533, 20010401
  56. Factors involved in the adherence of Candida albicans and Candida tropicalis to protein-adsorbed surface, An invitro study using immobilized protein., Mycopathologia, 19920401
  57. Candida albicans colonization on thermal cycled maxillofacial polymeric materials in vitro, J Oral Rehabil, 28巻, pp. 755-765, 20010401
  58. Antifungal activity of Histatin-5 against non-albicans Candida species, Oral Microbiol Immunol, 16巻, pp. 250-252, 20010401
  59. Alteration of the coadherence of Candida albicans with oral bacteria by dietary sugars, Oral Microbiol Immunol, 16巻, pp. 279-283, 20010401
  60. デンチャープラークとオーラルヘルスケア., 補綴誌, 45巻, pp. 561-581, 20010401
  61. Sub-therapeutic exposure to polyene antimycotics elicits a post-antifungal effect (PAFE) and depresses the cell surface hydrophobicity of oral Candida albicans isolates, Journal of Oral Pathology & Medicine, 29巻, pp. 206-213, 20000401
  62. Exposure to subtherapeutic concentrations of polyene antifungals suppresses the adherence of Candida species to denture acrylic, Chemotherapy, 46巻, 4号, pp. 267-274, 20000401
  63. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials, salivary and serum pellicles and Candida albicans in vitro. Part Ⅰ. Effects on fungal growth, J Oral Rehabil, 27巻, pp. 41-51, 20000401
  64. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials, salivary and serum pellicles and Candida albicans in vitro. Part Ⅱ. Effects on fungal colonization, J Oral Rehabil, 27巻, pp. 124-130, 20000401
  65. Effect of serum concentration on Candida biofilm formation on acrylic surfaces, Mycoses, 43巻, pp. 139-143, 20000401
  66. A review of in vitro and in vivo methods to evaluate the efficacy of denture cleansers, Int. J. Prosthodont., 12巻, 2号, pp. 153-159, 19990201
  67. An in vitro evaluation of sensitivity and ability of quantitative detection for Candida albicans of simplified diagnostic aid, J. Prosthet. Dent., 19920401
  68. Effects of modified pellicles on Candida biofilm formation on acrylic surfaces, Mycoses, 42巻, pp. 37-40, 19990401
  69. Relationship between thigmotropism and Candida biofilm formation in vitro, Mycopathologia, 144巻, pp. 125-129, 19990401
  70. Incidence of occlusal contacts with complete dentures during mastication using a 6-channel telemetry system: preliminary measurements, J Oral Rehabil, 26巻, pp. 918-922, 19990401
  71. Occlusal force distribution on the dental arch during various levels of clenching, J Oral Rehabil, 26巻, pp. 932-935, 19990401
  72. In vitro susceptibility of Candida species to lactoferrin., Medical Mycol, 37巻, pp. 35-41, 19990401
  73. Rheology of tissue conditioners, J. Prosthet. Dent., 79巻, 1号, pp. 188-199, 19980101
  74. Viscoelastic properties of tissue conditioners ミinfluence of molecular weight of polymer powders and powder/liquid ratio and the clinical implications, J Oral Rehabil, 25巻, pp. 621-629, 19980401
  75. The effect of saliva or serum on Streptococcus mutans and Candida albicans colonization on hydroxylapatite beads., Journal of Dentistry, 26巻, 4号, pp. 31-37, 19980401
  76. Denture plaque - past and recent concerns -., Journal of Dentistry, 26巻, pp. 299-304, 19980401
  77. Perforation of dental gloves during prosthodontic treatments as assessed by the conductivity and water inflation tests, Int. J. Prosthodont., 9巻, 4号, pp. 362-366, 19960401
  78. In vitro analysis of Candida albicans adherence to soft denture lining materials., J. Prosthet. Dent., 19920401
  79. Perforation and proteinaceous contamination of dental bloves during prosthodontic treatmentsof dental gloves during prosthodontic treatments, Int. J. Prosthodont., 7巻, 6号, pp. 559-566, 19940401
  80. Effect of addition of ethyl alcohol on gelation and viscoelasticity of tissue conditioners, Journal of Oral Rehabilitation, 28巻, pp. 48-54, 20010401
  81. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials, salivary and serum pellicles and Candida albicans in vitro. Part I. Effects on fungal colonization, Journal of Oral Rehabilitation, 27巻, pp. 124-130, 20000401
  82. Rheology of tissue conditioners, The Journal of Prosthetic Dentistry, 79巻, pp. 188-199, 19980101
  83. Viscoelastic properties of tissue conditioners -influence of molecular weight of polymer powders and powder/liquid ratio and the clinical implications, Journal of Oral Rehabilitation, 25巻, pp. 621-629, 19980401
  84. The effect of saliva or serum on Streptococcus mutans and Candida albicans colonization of hydroxylapatite beads, Journal of Dentistry, 26巻, 1号, pp. 31-37, 19980101
  85. Antifungal effect of zeolite-incorporated tissue conditioner against Candida albicans growth and/or acid production, Journal of Oral Rehabilitation, 24巻, pp. 350-357, 19970401
  86. Candida albicans colonization on thermal cycled maxillofacial polymeric materials in vitro, J Oral Rehabil, 28巻, pp. 755-765, 20010401
  87. Alteration of the coadherence of Candida albicans with oral bacteria by dietary sugars, Oral Microbiol Immunol, 16巻, pp. 279-283, 20010401
  88. 義歯安定剤溶出液がヒト歯肉線維芽細胞に与える影響, 日本補綴歯科学会誌, 45巻, pp. 403-411, 20010401
  89. Candida albicansおよびCandida tropicalisの特異的付着に関する研究-固定化糖による解析-, 補綴誌, 19920401
  90. Growth of Candida species on commercial denture adhesives in vitro, Int. J. Prosthodont., 14巻, pp. 48-52, 20010401
  91. Candida albicans colonization on thermal cycled maxillofacial polymeric materials in vitro, J Oral Rehabil, 28巻, pp. 755-765, 20010401
  92. Antifungal activity of Histatin-5 against non-albicans Candida species, Oral Microbiol Immunol, 16巻, pp. 250-252, 20010401
  93. Alteration of the coadherence of Candida albicans with oral bacteria by dietary sugars, Oral Microbiol Immunol, 16巻, pp. 279-283, 20010401
  94. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials, salivary and serum pellicles and Candida albicans in vitro. Part Ⅱ. Effects on fungal colonization, J Oral Rehabil, 27巻, pp. 124-130, 20000401
  95. Effect of serum concentration on Candida biofilm formation on acrylic surfaces, Mycoses, 43巻, pp. 139-143, 20000401
  96. Adhesion of Candida albicans to Intact and Denatured Collagen., J. Dent. Res., 79(special issue)巻, pp. 522, 20000401
  97. Candida albicans colonization on thermocycled maxillofacial polymeric materials.?, J. Dental Research, 79(special issue)巻, pp. 478, 20000401
  98. A review of in vitro and in vivo methods to evaluate the efficacy of denture cleansers., Int. J. Prosthodont., pp. 153-159, 20010401
  99. Denture plaque - past and recent concerns -., Journal of Dentistry, pp. 299-304, 19980401
  100. 義歯性口内炎の臨床的研究。第1報 デンチャープラークと義歯口内炎との関係, 日本補綴歯科学会雑誌, 33号, pp. 208-214, 19890401
  101. Changes in surface roughness and colour stability of soft denture lining materials caused by denture cleansers, Journal of Oral Rehabiliation, 30巻, 3号, pp. 125-130, 20031101
  102. A novel technique to evaluate the adhesion of Candida species to gingival epithelial cells., Mycoses, 46巻, pp. 384-389, 20030401
  103. In vitro cariogenic potential of Candida albicans, Mycoses, 46巻, pp. 471-478, 20030401
  104. 臨床実習評価へのOSCE導入の試み-歯冠補綴および架工義歯の臨床実習-, 広島大学歯学雑誌, 33巻, pp. 67-70, 20010401
  105. Compatibility with Dental Stones and Changes in Surface Roughness with Time of Tissue Conditioners, J. Prosthet. Dent., 93巻, pp. 274-281, 20050401
  106. Thyroid hormone enhances aggrecanase-2/ADAM-TS5 expression and proteoglycan degradation in growth plate cartilage., Endocrinology, 144巻, 6号, pp. 2480-2488, 20030401
  107. Physical properties and compatibility with dental stones of current alginate impression materials, J Oral Rehabil, 31巻, pp. 1115-1122, 20040401
  108. 口腔Candidaと抗菌性ペプチド・ヒスタチン, デンタルダイヤモンド, 26巻, 356号, pp. 85-90, 20010401
  109. 義歯安定剤(材)の生物学的特性, the Quintessence, 20巻, 11号, pp. 155-163, 20010401
  110. 新規細胞外基室蛋白群 Matrilin Family, 広島大学歯学雑誌, 33巻, pp. 119-126, 20010401
  111. 義歯性口内災の臨床的研究。第2報 義歯の取り扱いと義歯性口内災との関係, 日本補綴歯科学会雑誌, 34号, pp. 202-207, 19900401
  112. CAT21bufを用いた安静時唾液の緩衝能検査に関する研究, 広島歯誌, 29巻, pp. 29-33., 20010401
  113. 金属アレルギー被疑患者におけるパッチテスト検査について, 広島歯誌, 29巻, pp. 38-42, 20010401
  114. Integrin and cancer metastasis, Surabaya Dental Journal, 34巻, pp. 32-34, 20010401
  115. Potent role of histatin in natural defense system against oral candidiasis, Surabaya Dental Journal, 34巻, pp. 47-51,, 20010401
  116. Impact of components of denture acrylic resin on gingival cell growth and sensitivity to Candida albicans adhesion, Mycoses, 45巻, 8号, pp. 300-5, 20020401
  117. Susceptibility of Candida albicans isolates from the oral cavities of HIV-positive patients to histatin-5, J. Prosthet. Dent., 88巻, 3号, pp. 263-7., 20020401
  118. Bacterial and Candida adhesion to intact and denatured collagen in vitro, Mycoses, 45巻, 9-10号, pp. 389-92, 20020401
  119. Cell-associated collagenolytic activity by Candida albicans., Mycopathologia, 153巻, 3号, pp. 125-8., 20020401
  120. Differences in Candida albicans adhesion to intact and denatured type I collagen in vitro., Microbiol. Immunol., 17巻, 2号, pp. 129-31, 20020401
  121. Candida albicans による口腔上皮細胞の細胞応答, Bacterial Adherence & Biofilm研究会講演録, 15巻, pp. 39-45, 20020401
  122. 弾性印象材の練和条件が硬化時間および応力緩和に及ぼす影響について, 広島大学歯学雑誌, 23号, pp. 308-312, 19910401
  123. Biofilm formation of Candida albicans on the surfaces of deteriorated soft denture lining materials caused by denture cleansers in vitro., J Oral Rehabil, 30巻, 3号, pp. 243-50, 20030401
  124. Changes in surface roughness and colour stability of soft denture lining materials caused by denture cleansers., J Oral Rehabil, 30巻, 2号, pp. 125-30, 20030401
  125. A novel technique to evaluate the adhesion of Candida species to gingival epithelial cells., Mycoses, 46巻, 9-10号, pp. 384-9, 20030401
  126. In vitro cariogenic potential of Candida albicans., Mycoses, 46巻, 11-12号, pp. 471-8, 20030401
  127. Thyroid hormone enhances aggrecanase-2/ADAM-TS5 expression and proteoglycan degradation in growth plate cartilage., Endocrinology, 144巻, 6号, pp. 2480-8, 20030401
  128. Correlation between maximum bite force and craniofacial morphology of young adults in Indonesia., J Oral Rehabil, 30巻, pp. 1109-17, 20030401
  129. 歯科医療における誤嚥の診断・予防およびその対策, 日本歯科医学会誌, 22巻, pp. 43-50, 20030401
  130. ロイテリ菌入りヨーグルトにう蝕予防効果あると聞きました.これに関する知見を教えてください., デンタルフロンティアQA, 25号, pp. 56-58, 20030401
  131. バイオフィルムと義歯性口内炎, Bacterial Adherence & Biofilm研究会講演録, 17号, pp. ,95-10, 20030401
  132. 金属アレルギー被疑患者のパッチテスト・元素分析の過去5年間の集計, 広島歯誌, 31巻, pp. 23-30, 20030401
  133. Candidaの固体表面に対する仮説的付着機構-修飾ガラスによる解析-, 日本補綴歯科学会雑誌, 36号, pp. 980-987, 19920401
  134. Lactobacillus reuteri in bovine milk fermented decreases the oral carriage of mutans streptococci., nternational Journal of Food Microbiology, 195巻, 2号, pp. 219-223, 20041101
  135. Fungicidal effect of three new synthetic cationic peptide s against Candida albicans., Oral Disease, 10巻, 4号, pp. 221-228, 20041101
  136. Physical properties and compatibility with dental stones of current alginate impression materials., J Oral Rehabil, 31巻, 11号, pp. 1115-22, 20040401
  137. ロイテリ菌によるプロバイオティクスと歯科領域への応用., 日本歯科評論64・739号2004年5月号, pp. 159-170, 20040401
  138. 義歯洗浄剤の新しい概念, デンタルマガジン, 112号, pp. 50-58, 20040401
  139. 光触媒を応用した義歯洗浄剤と義歯洗浄の新しい概念, 広島歯誌, 32巻, pp. 1-11, 20040401
  140. Candida albicans感染時の口腔上皮細胞におけるIntercellular Adhesion Molecule 1を介したInterleukin 8の発現, Bacterial Adherence & Biofilm研究会講演録, pp. 48-53, 20040401
  141. Intercellular adhesion molecule 1-dependent activation of interleukin 8 expression in Candida albicans-infected human gingival epithelial cells., Infect. Immun., 73巻, 1号, pp. 622-6, 20050101
  142. ラクトバチルスロイテリによるカリエスリスク減少の試み, 食品工業, 48巻, 20号, pp. 37-52, 20051001
  143. 義歯のメインテナンス.義歯安定剤の効用-義歯安定剤は有用であるか否か, The Quintessence 2005年 YEARBOOK, 20050401
  144. Interactions between denture lining material, protein pellicles and Candida albicans., Archives of Oral biology, 38巻, 7号, pp. 631-634, 19930401
  145. 口腔カンジダの付着およびバイオフィルム形成, 日本医真菌雑誌, 46号, pp. 233-242, 20050401
  146. 本校におけるこれまでの歯科技工士養成に関する分析と四年制移行による変化, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 1号, pp. 52-58, 20060601
  147. Impact of components of denture acrylic resin on gingival cell growth and sensitivity to Candida albicans adhesion., Mycoses, 45巻, pp. 300-305, 20020401
  148. CAT21buf?を用いた安静時唾液の緩衝能検査に関する研究, 広島歯科医学雑誌, 29巻, pp. 29-33, 20010401
  149. Bacterial and Candida adhesion to intact and denatured collagen in vitro., Mycoses, 45巻, pp. 389-392, 20020401
  150. 市販義歯安定剤の生物学的特性, the Quintessence, 20巻, pp. 2319-2327, 20010401
  151. Cell-associated collagenolytic activity by Candida albicans., Mycopathologia, 153巻, pp. 125-128, 20010401
  152. Comprehensive analysis of chemotactic factors for bone marrow mesenchymal stem cells, Stem Cells Develop, 16巻, pp. 119-129, 20070401
  153. The effect of saliva or serum on bacterial and Candida albicans colonization on type I collagen., J Oral Rehabil, 33巻, pp. 767-774, 20060401
  154. Comprehensive analysis of chemotactic factors for bone marrow mesenchymal stem cells., Stem Cells and Developmen, 16巻, 1号, pp. 119-29, 20070201
  155. The fungicidal effect of human lactoferrin on Candida albicans and Candida krusei, Archives of Oral biology, 38巻, 12号, pp. 1057-1063, 19930401
  156. 義歯製作法を応用した指部プロテーゼ製作実習の導入, 広島大学歯学雑誌, 39巻, 2号, pp. 134-139, 20071201
  157. 生物学的根管治療を達成するための根管内細菌嫌気培養検査, 日歯内療誌, 28巻, 1号, pp. 1-8, 20070131
  158. Impact of components of denture acrylic resin on the gingival cells growth and sensitivity to Candida albicans adhesion., Mycoses, 45巻, 8号, pp. 300-305, 20020401
  159. Susceptibility of Candida albicans isolates from oral cavities of HIV positive patients to Histatin-5., Journal of Prosthetic Dentistry, 88巻, 3号, pp. 263-267, 20020901
  160. Immobilization of Octadecyl Ammonium Chloride on the Surface of Titan and Its Effects on Microbial Biofilm Formation In Vitro., Dental Materials Journal, 24巻, 4号, pp. 570-582, 20051101
  161. Intercellular Adhesion Molecule 1-Dependent Activation of Interleukin 8 Expression in Candida albicans?Infected Human Gingival Epithelial Cells., Infection and Immunity, 73巻, 1号, pp. 622-626, 20051101
  162. Surface Roughness Accelerates RANKL-dependent Differentiation in the Osteoclast Precursor Cell Line, RAW264.7, Dental Materials Journal, 26巻, pp. 739-745, 20071101
  163. Bacterial and candidal adhesion to intact and denatured collagen in vitro., Mycoses, 45巻, pp. 389-392, 20021101
  164. Susceptibility of Candida albicans isolates from oral cavities of HIV positive patients to Histatin-5., Journal of Prosthetic Dentistry, 88巻, 3号, pp. 263-267, 20020901
  165. 金属アレルギー被疑患者に対するパッチテストと元素分析の有効性, 広島歯誌, 33巻, pp. 32-36, 20051101
  166. 歯科補綴における感染防護, 広島大学歯学雑誌, 25号, pp. 365-366, 19930401
  167. 口腔カンジダの付着およびバイオフィルム形成, 日本医真菌学会雑誌, 46巻, pp. 233-242, 20051101
  168. 機能性食品の虫歯予防効果 -特にロイテリ菌の検討から, 機能性食品と薬理栄養, 3巻, 5号, pp. 309-317, 20061101
  169. 唾液検査キット総覧, デンタルハイジーン, 27巻, 2号, pp. 182-187, 20070401
  170. 浜田泰三 Candida albicans付着後の口腔上皮細胞の初期免疫応答, 第20回Bacterial Adherence & Biofilm講演録, 20巻, pp. 70-77, 20061101
  171. An in vitro evaluation of the adhesion of Candida species to oral and lung tissue cells., Mycoses, 49巻, 1号, pp. 14-17, 20060101
  172. 歯科関連企業を対象とした歯科技工士の需要および教育に関するアンケート調査, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 1号, pp. 43-51, 20060620
  173. 本校におけるこれまでの歯科技工士養成に関する分析と四年制移行による変化―学生に関する調査―, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 1号, pp. 52-58, 20060620
  174. 歯科衛生士学校の臨床実習の分析ー大学病院における実習の学生による評価ー, 日本歯科医学教育学会雑誌, 23巻, 2号, pp. 191-198, 20070820
  175. Lactobacillus reuteri in bovine milk fermented decreases the oral carriage mutans streptococci, Int. J. Food Microbiology, 95巻, pp. 219-223, 20040306
  176. 生物学的根管治療を達成するための根管内細菌嫌気培養検査, 28巻, 1号, pp. 1-8, 20070131
  177. 補綴臨床におけるプラスチック手袋の汚損に関する実態調査, 補綴臨床, 26号, pp. 738-745, 19930401
  178. In vitro Mechanisms of Interleukin 8 Response of Human Gingival Epithelial Cells to Candida albicans Infection., J. Med. Microbiol, 296巻, 4-5号, pp. 301-11, 20060801
  179. PRPのスキルアップセミナー Part II.英語論文の書き方, 補綴誌, 50巻, pp. 171-179, 20060401
  180. 臨床歯科理工講座. 補綴物の抗菌コート剤「ニカバイオガード ○R」 -その効果と特徴について-, 日本歯科ヒョーロン, 768巻, 66(10)号, pp. 103-110, 20061001
  181. Contribution of Finite Element Modeling to Assessment of Mandibular Movements, 2nd Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, pp. 17-22, 20071006
  182. Chewing Gum Containing Citric Acid Reduces the Burden of Periodontal pathogens., The Open Food Science Journal, 2号, pp. 29-32, 20081001
  183. Impact of the microgravity environment in a three-dimensional clinostat on osteoblast- and osteoclast-like cells., Cell Biology International, 32号, pp. 1176-1181, 20081101
  184. The pre-surgical modification of the provisional over-denture through 3-dimensional image analysis supports the mini dental implant treatment: A clinical report., International Chinese Journal of Dentistry, 8号, pp. 39-41, 20080901
  185. 三次元光造形モデルの口腔外科臨床への応用, 広大歯誌, 40号, pp. 50-61, 20080301
  186. 嚥下機能模型の製作, 解剖学雑誌, 83巻, 2号, pp. 51-57, 20081001
  187. プロバイオティクスの口腔への応用, Bacterial Adherence & Biofilm研究会講演録, 21巻, 20070101
  188. The effects of antifungal agents on the in vitro susceptibility of Candida albicans to apo-lactoferrin., Arch. Oral Biol., 39巻, pp. 921-923, 19940401
  189. リハビリメイクの現場から, かづき通信, 70巻, 0821号, 20081201
  190. 広島大学病院歯科における歯科用金属アレルギー被疑患者を対象としたパッチテストおよび元素分析の過去10年間の集計, 広大歯誌, 20080401
  191. 耳小骨機能模型の製作, 解剖学雑誌, 84巻, 2号, pp. pp.41-46, 20090601
  192. 異汗性湿疹の手指症状が口腔内金属の除去治療により緩和された症例, 日本口腔検査学会誌, 1巻, 1号, pp. 31-36, 20090330
  193. 広島大学病院歯科における歯科用金属アレルギー被疑患者を対象としたパッチテストおよび元素分析の動向ー第一報 過去10年間の業績ー, 広大歯誌, 40巻, pp. 124-128, 20081006
  194. Evaluation of single liquid primers with organic sulfur compound for bonding between indirect composite material and silver-palladium-copper-gold alloy, Dental Materials Journal, VOL.29巻, (1)号, pp. pp.25-29, 20100201
  195. Research Projects related to Complete Dentures Published in 2008 by Members of the Japan Prosthodontic Society: A Review, Journal of Prosthodontic Research, 53巻, pp. 103-106, 20090701
  196. Impact of titanium ions on osteoblast- osteoclast- and gingival epithelial-like cells., Journal of Prosthodontic Research, 54巻, pp. 1-6, 20100401
  197. Immobilized-OPG-Fc on a titanium surface inhibits RANKL-dependent osteoclast differentiation in vitro, vitro Journal of Materials Science: Materials in Medicine, 21巻, pp. 647-653, 20100401
  198. 光切断法を用いた顔面計測とその応用, 広島大学歯学雑誌, 41巻, (2)号, pp. 107-113, 20090401
  199. Growth and/or acid production of Candida albicans on soft lining materials in vitro., J Oral Rehabil, 21巻, pp. 585-594, 19940401
  200. 口腔由来乳酸菌株によるmutans streptococciの阻止作用, 機能性食品と薬理栄養, 6巻, (2)号, pp. 157-162, 20100401
  201. 口腔インプラント周囲炎とその対応, 広島大学歯学雑誌, 41巻, pp. 165-169, 20090401
  202. むし歯菌・歯周病菌を抑制する乳酸菌を用いたヨーグルトの開発, 食品工業, 3巻, pp. 62-68, 20100401
  203. インフルエンザの拡大リスクを軽減する化合物, ケミカルエンジニアリング, 55巻, 8号, pp. 41-47, 20100801
  204. 耳小骨機能模型の製作, 解剖学雑誌, 84巻, 2号, pp. pp.41-46, 20090601
  205. ★, Research projects related to complete dentures published in 2008 by members of the Japan Prosthodontic Society:Nikawa H., Makihira S., J Prosthodont Res, 53号, pp. 103-106, 20090401
  206. 口腔インプラント周囲炎とその対応, 広大歯誌, 41号, pp. ,165-169, 20090401
  207. 第5回 義歯洗浄剤を再考する 連載 長く・快適に義歯を使用するためのソリューション, 補綴臨床, 42号, pp. ,585-592, 20090401
  208. 非接触式三次元形状計測装置を用いた歯型彫刻製作物の客観的評価の試み-体積と特徴点のずれの定量化-, 日本歯科医学教育学会雑誌, 26巻, 2号, pp. 248-252, 20100301
  209. 歯工連携 現在と未来(Part1) -歯のMQL加工-, 日本歯科技工学会雑誌, 28巻, 1号, pp. 15-18, 20070601
  210. Perforation and proteinaceous contamination of dental gloves during prosthodontic treatments., Int. J. Prosthodont., 7巻, pp. 559-566, 19940401
  211. 三次元形状データを用いた歯型彫刻制作物の客観的評価ー主観的評価との比較ー, 日本歯科理工学会雑誌, 30巻, 3号, pp. 202-206, 20110501
  212. Titanium immobilized with an antimicrobial peptide derived from histatin accelerates the differentiation of osteoblastic cell line, MC3T3-E1., Int J Mol Sci., 11巻, 4号, pp. 1458-1470, 20100401
  213. 職能教育としての臨床実習に対する授業評価質問紙の構築, 日本歯科医学教育学会雑誌, 26巻, 1号, pp. 32-39, 20100401
  214. Three-dimensional finite element analysis of cartilaginous tissues in human temporomandibular joint during prolonged clenchingpp, Archives of Oral biology, 55巻, pp. 8 79 – 8 86, 20100701
  215. ★, Bovine milk fermented with Lactobacillus rhamnosus L8020 decreases the oral carriage of mutans streptococci and the burden of periodontal pathogens., Journal of Investigative and Clinical Dentistry 2, 2巻, 2号, pp. 1-10, 20110301
  216. Growth factor-defined culture medium for human mesenchymal stem cells., Int J Dev Biol, pp. 181-187, 20110301
  217. Evaluation of trabecular bone formation in a canine model surrounding a dental implant fixture immobilized with an antimicrobial peptide derived from histatine., Journal of Materials Science: Materials in Medicine, 22巻, 12号, pp. 2765-2772, 20110401
  218. Triphosphatase-α1 with Ouabain and Vanadate Suppresses Cell-Cell Fusion during RANKL-mediated Osteoclastogenesis., European Journal of Pharmacology, 670巻, 2-3号, pp. 409-18, 20110501
  219. 「むし歯菌・歯周病菌を抑えるヨーグルト」の研究開発, 生物工学会誌, pp. 133, 20110601
  220. 4面観撮影用鏡装置の開発, 広島大学歯学雑誌, 43巻, 1号, pp. 27-30, 20110501
  221. Effects of denture cleansers on direct soft lining materials., J. Prosthet. Dent., 72巻, pp. 657-662, 19940401
  222. 口腔保健工学学生による職能教育としての臨床実習評価, 広島大学歯学雑誌, 20110301
  223. 脱落した口腔インプラント体の表面および付着物の解析, 広島大学歯学雑誌, 43巻, 2号, pp. 31-38, 20110601
  224. 三次元形状データを用いた歯型彫刻製作物の客観的評価ー主観的評価との比較ー, 日本歯科理工学会誌, 30巻, 3号, pp. 202-206, 20110501
  225. ジルコニアの接着における表面処理の有効性と歯冠用コンポジットレジンの接着特性, 日本歯科技工学会雑誌, 34巻, 1号, pp. 1-7, 20130701
  226. Construction of orthodontic setup models on a computer, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics, 141巻, 6号, pp. 806-813, 20120601
  227. Comparative analyses of pediatric dental measurements using plaster and three-dimensional digital models, Eur J Paediatr Dent, 15巻, 2号, pp. 137-142, 20140601
  228. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials, salivary and serum pellicles and Candida albicans in vitro. Part I. Effects on fungal growth, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 27巻, 1号, pp. 41-51, 200001
  229. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials, salivary and serum pellicles and Candida albicans in vitro: Part II. Effects on fungal colonization, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 27巻, 2号, pp. 124-130, 200002
  230. Sub-therapeutic exposure to polyene antimycotics elicits a post-antifungal effect (PAFE) and depresses the cell surface hydrophobicity of oral Candida albicans isolates, JOURNAL OF ORAL PATHOLOGY & MEDICINE, 29巻, 5号, pp. 206-213, 200005
  231. Exposure to subtherapeutic concentrations of polyene antifungals suppresses the adherence of Candida species to denture acrylic, CHEMOTHERAPY, 46巻, 4号, pp. 267-274, 2000
  232. 各種義歯洗浄剤の特徴と使用上の要点, 19940401
  233. Effect of serum concentration on Candida biofilm formation on acrylic surfaces, MYCOSES, 43巻, 3-4号, pp. 139-143, 2000
  234. Growth of Candida species on commercial denture adhesives in vitro, INTERNATIONAL JOURNAL OF PROSTHODONTICS, 14巻, 1号, pp. 48-52, 2001
  235. Effect of addition of ethyl alcohol on gelation and viscoelasticity of tissue conditioners, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 28巻, 1号, pp. 48-54, 200101
  236. Candida albicans colonization on thermal cycled maxillofacial polymeric materials in vitro, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 28巻, 6号, pp. 526-533, 200106
  237. Antifungal activity of histatin-5 against non-albicans Candida species, ORAL MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 16巻, 4号, pp. 250-252, 200108
  238. Candida albicans growth on thermal cycled materials for maxillofacial prostheses in vitro, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 28巻, 8号, pp. 755-765, 200108
  239. Alteration of the coadherence of Candida albicans with oral bacteria by dietary sugars, ORAL MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 16巻, 5号, pp. 279-283, 200110
  240. Cell-associated collagenolytic activity by Candida albicans, MYCOPATHOLOGIA, 153巻, 3号, pp. 125-128, 2002
  241. Differences in Candida albicans adhesion to intact and denatured type I collagen in vitro, ORAL MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 17巻, 2号, pp. 129-131, 200204
  242. Susceptibility of Candida albicans isolates from the oral cavities of HIV-positive patients to histatin-5, JOURNAL OF PROSTHETIC DENTISTRY, 88巻, 3号, pp. 263-267, 200209
  243. プロポリスを含有した義歯洗浄剤(スパデント)について, 19940401
  244. Impact of components of denture acrylic resin on gingival cell growth and sensitivity to Candida albicans adhesion, MYCOSES, 45巻, 8号, pp. 300-305, 200210
  245. Bacterial and Candida adhesion to intact and denatured collagen in vitro, MYCOSES, 45巻, 9-10号, pp. 389-392, 200211
  246. Changes in surface roughness and colour stability of soft denture lining materials caused by denture cleansers, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 30巻, 2号, pp. 125-130, 200302
  247. Biofilm formation of Candida albicans on the surfaces of deteriorated soft denture lining materials caused by denture cleansers in vitro, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 30巻, 3号, pp. 243-250, 200303
  248. Thyroid hormone enhances aggrecanase-2/ADAM-TS5 expression and proteoglycan degradation in growth plate cartilage, ENDOCRINOLOGY, 144巻, 6号, pp. 2480-2488, 200306
  249. Correlation between maximum bite force and craniofacial morphology of young adults in Indonesia, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 30巻, 11号, pp. 1109-1117, 200311
  250. A novel technique to evaluate the adhesion of Candida species to gingival epithelial cells, MYCOSES, 46巻, 9-10号, pp. 384-389, 200310
  251. In vitro cariogenic potential of Candida albicans, MYCOSES, 46巻, 11-12号, pp. 471-478, 200312
  252. Fungicidal effect of three new synthetic cationic peptides against Candida albicans, ORAL DISEASES, 10巻, 4号, pp. 221-228, 200407
  253. Physical properties and compatibility with dental stones of current alginate impression materials, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 31巻, 11号, pp. 1115-1122, 200411
  254. 義歯洗浄剤によるティッシュコンディショナーの劣化-過酸化物,pH及び可塑剤の影響-, 19940401
  255. Lactobacillus reuteri in bovine milk fermented decreases the oral carriage of mutans streptococci, INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY, 95巻, 2号, pp. 219-223, 20040901
  256. Intercellular adhesion molecule 1-dependent activation of interleukin 8 expression in Candida albicans-infected human gingival epithelial cells, INFECTION AND IMMUNITY, 73巻, 1号, pp. 622-626, 200501
  257. An in vitro evaluation of the adhesion of Candida species to oral and lung tissue cells, MYCOSES, 49巻, 1号, pp. 14-17, 200601
  258. Immobilization of octadecyl ammonium chloride on the surface of titanium and its effect on microbial colonization in vitro, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 24巻, 4号, pp. 570-582, 200512
  259. The effect of saliva or serum on bacterial and Candida albicans colonization on type I collagen, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 33巻, 10号, pp. 767-774, 200610
  260. In vitro mechanisms of interleukin-8-mediated responses of human gingival epithelial cells to Candida albicans infection, INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICAL MICROBIOLOGY, 296巻, 4-5号, pp. 301-311, 200608
  261. Comprehensive analysis of chemotactic factors for bone marrow mesenchymal stem cells, STEM CELLS AND DEVELOPMENT, 16巻, 1号, pp. 119-129, 200702
  262. Titanium surface roughness accelerates RANKL-dependent differentiation in the osteoclast precursor cell line, RAW264.7, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 26巻, 5号, pp. 739-745, 200709
  263. Impact of the microgravity environment in a 3-dimensional clinostat on osteoblast- and osteoclast-like cells, CELL BIOLOGY INTERNATIONAL, 32巻, 9号, pp. 1176-1181, 200809
  264. Immobilized-OPG-Fc on a titanium surface inhibits RANKL-dependent osteoclast differentiation in vitro, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE-MATERIALS IN MEDICINE, 21巻, 2号, pp. 647-653, 201002
  265. A novel method to study the hyphal phase of Candida albicans and to evaluate its hydrophobicity., Oral Microbiol Immnol., 10巻, pp. 110-114, 19950401
  266. Evaluation of single liquid primers with organic sulfur compound for bonding between indirect composite material and silver-palladium-copper-gold alloy, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 29巻, 1号, pp. 25-29, 201001
  267. Titanium Immobilized with an Antimicrobial Peptide Derived from Histatin Accelerates the Differentiation of Osteoblastic Cell Line, MC3T3-E1, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 11巻, 4号, pp. 1458-1470, 201004
  268. Differentiation Capability Evaluation of Osteoblast by Functionalized DLC Thin Films with Plasma Processing, JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 23巻, 4号, pp. 591-594, 2010
  269. Compatibility of tissue conditioners and denture cleansers: Influence on surface conditions, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 29巻, 4号, pp. 446-453, 201007
  270. Titanium ion induces necrosis and sensitivity to lipopolysaccharide in gingival epithelial-like cells, TOXICOLOGY IN VITRO, 24巻, 7号, pp. 1905-1910, 201010
  271. Three-dimensional finite element analysis of cartilaginous tissues in human temporomandibular joint during prolonged clenching, ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY, 55巻, 11号, pp. 879-886, 201011
  272. Biomimetic Diamond-like Carbon coated Titanium Inhibits RANKL-dependent Osteoclast Differentiation in vitro, JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 25巻, 4号, pp. 523-528, 2012
  273. Influence of filler on bite impression material in transillumination method for occlusal examination, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 32巻, 1号, pp. 144-149, 201301
  274. Involvement of ERK and p38 MAPK pathways on Interleukin-33-induced RANKL expression in osteoblastic cells, CELL BIOLOGY INTERNATIONAL, 38巻, 5号, pp. 655-662, 201405
  275. Comparative analyses of paediatric dental measurements using plaster and three-dimensional digital models, EUROPEAN JOURNAL OF PAEDIATRIC DENTISTRY, 15巻, 2号, pp. 137-142, 201406
  276. Modulation of the anti-Candida activity of apo-lactoferrin by dietary sugar and tunicamycin., Archs oral Biol, 40巻, pp. 581-584, 19950401
  277. Impact of Biomimetic Diamond-like Carbon coated Titanium on Osteoblast and Osteoclast Differentiation in vitro, JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 27巻, 3号, pp. 373-378, 2014
  278. Protein Kinase C-Induced Early Growth Response Protein-1 Binding to SNAIL Promoter in Epithelial-Mesenchymal Transition of Human Embryonic Stem Cells, STEM CELLS AND DEVELOPMENT, 23巻, 18号, pp. 2180-2189, 20140915
  279. Application of three-dimensional digital models for the morphometric analysis of predentition plasters: accuracy and precision, EUROPEAN JOURNAL OF PAEDIATRIC DENTISTRY, 15巻, 4号, pp. 360-366, 2014
  280. Effect of thione primers on adhesive bonding between an indirect composite material and Ag-Pd-Cu-Au alloy, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 33巻, 5号, pp. 681-688, 201410
  281. Inhibition of RANKL-dependent cellular fusion in pre-osteoclasts by amiloride and a NHE10-specific monoclonal antibody, CELL BIOLOGY INTERNATIONAL, 39巻, 6号, pp. 696-709, 201506
  282. Synergistic effects of FGF-2 and Activin A on early neural differentiation of human pluripotent stem cells, IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL, 51巻, 8号, pp. 769-775, 201509
  283. Increase in receptor activator of nuclear factor kappa B ligand/osteoprotegerin ratio in peri-implant gingiva exposed to Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide, JOURNAL OF DENTAL SCIENCES, 11巻, 1号, pp. 8-16, 201603
  284. Bone morphogenetic protein 4 promotes craniofacial neural crest induction from human pluripotent stem cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 60巻, 1-3号, pp. 21-28, 2016
  285. Differentiation of Osteoblast and Osteoclast Cells on Hydrogenated-Tetrahedral Amorphous Carbon Coated Titanium, JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 29巻, 3号, pp. 413-418, 2016
  286. Human odontogenic epithelial cells derived from epithelial rests of Malassez possess stem cell properties, LABORATORY INVESTIGATION, 96巻, 10号, pp. 1063-1075, 201610
  287. Commercial denture cleansers-Cleansing efficacy against Candida albicans biofilm and compatibility with soft denture lining materials-., Int. J. Prosthodont., 8巻, pp. 434-444, 19950401
  288. Accuracy of a three-dimensional dentition model digitized from an interocclusal record using a non-contact surface scanner, EUROPEAN JOURNAL OF ORTHODONTICS, 38巻, 4号, pp. 435-439, 201608
  289. Prediction of Differentiation Tendency Toward Hepatocytes from Gene Expression in Undifferentiated Human Pluripotent Stem Cells, STEM CELLS AND DEVELOPMENT, 25巻, 24号, pp. 1884-1897, 20161215
  290. 新しい固定化抗菌剤の抗菌・抗ウイルス作用, 日本歯科理工学会雑誌DE, 34巻, pp. 265-268 268
  291. Accelerating effects of cellulase in the removal of denture adhesives from acrylic denture bases, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 61巻, 2号, pp. 185-192, 201704
  292. Three-dimensional longitudinal changes of maxilla and mandible morphology during the predental period, EUROPEAN JOURNAL OF PAEDIATRIC DENTISTRY, 18巻, 2号, pp. 139-144, 2017
  293. Comparison of the bone regeneration ability between stem cells from human exfoliated deciduous teeth, human dental pulp stem cells and human bone marrow mesenchymal stem cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 497巻, 3号, pp. 876-882, 20180311
  294. Impact of titanium ions on osteoblast-, osteoclast- and gingival epithelial-like cells, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 54巻, 1号, pp. 1-6, 201001
  295. Effect of bovine milk fermented with Lactobacillus rhamnosus L8020 on periodontal disease in individuals with intellectual disability: a randomized clinical trial, JOURNAL OF APPLIED ORAL SCIENCE, 27巻, 2019
  296. Occlusal support is associated with nutritional improvement and recovery of physical function in patients recovering from hip fracture, GERODONTOLOGY, 37巻, 1号, pp. 59-65, 202003
  297. 歯科からのイノベーション, 歯機器誌, 24巻, pp. 12-20
  298. Cleansing efficacy of commercial denture cleansers. -Removal ability of denture cleansers on Candida albicans biofilm., Int. J. Prosthodont., 8巻, pp. 527-534, 19950401
  299. 歯科からのイノベーション, 日本口腔感染症学会誌, 26巻, pp. 3-15
  300. L8020乳酸菌と特許ビジネス, 生物工学会誌, 97巻, pp. 230-233
  301. Simulation and navigation of living donor hepatectomy using a unique three-dimensional printed liver model with soft and transparent parenchyma, Surg Today
  302. 持続型抗菌成分エトキシシラン系消毒薬 (Etak(R)) を主成分とした抗菌剤使用によるウィルス感染予防効果, 医学と薬学, 76巻, pp. 1331-1334
  303. 固定化抗菌・ウイルス剤Etakによるスポーツマウスガードへの抗真菌効果付与, 広大歯誌, 51巻, pp. 1-6
  304. 口腔内状態良好な集団における歯科保健行動と口腔内状態との関連 -8020達成者が50%を超えた時代における歯科保健指導について, 広大歯誌, 51巻, 2号, pp. 15-22
  305. 研修歯科医による研修初期の大学新入生歯科健診 -研修歯科医が健診を行うことの意義-, 日本歯科医学教育学会雑誌, 35巻, 3号, pp. 113-120
  306. 被虐待経験の有無による小学生の行動特徴に関する研究, 広島大学歯学雑誌, 51巻, 2号, pp. 104-111
  307. Cytotoxicity assay using a human pluripotent stem cell-derived cranial neural crest cell model, IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL, 56巻, 7号, pp. 505-510, 202008
  308. Comprehensive analysis of transcriptional profiles in oral epithelial-like cells stimulated with oral probiotic Lactobacillus spp., ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY, 118巻, 202010
  309. Effect of components of resilient denture lining materials on the growth, acid production and colonization of Candida albicans., J Oral Rehabil, 22巻, pp. 817-824, 19950401
  310. Developing New Information Sheets for Evacuees and Evacuation Centers to be Used During All Natural Disaster Phases, PREHOSPITAL AND DISASTER MEDICINE, 35巻, 6号, pp. 683-687, 202012
  311. In Vivo Efficacy of Lacticaseibacillus rhamnosus L8020 in a Mouse Model of Oral Candidiasis, JOURNAL OF FUNGI, 7巻, 5号, 202105
  312. 抗菌性ゼオライトの床用レジンへの添加・応用に関する研究, 日本補綴歯科学会雑誌, 39巻, pp. 919-926, 19950401
  313. Growth factor-defined culture medium for human mesenchymal stem cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 55巻, 2号, pp. 181-187, 2011
  314. 義歯床下粘膜の炎症, Dental Diamond, 20巻, pp. 19-20, 19950401
  315. リベースHの臨床応用, DE, 114巻, pp. 12-16, 19950401
  316. 義歯洗浄剤, DE, 114巻, pp. 19-30, 19950401
  317. The role of salivary or serum pellicle in the colonization process of Candida albicans on denture acrylic in vitro., Microbial Ecol Health & Dis, 9巻, pp. 35-48, 19960401
  318. Non-Specific adherence of Candida species to modified-glasses., Journal of Dental Research, 67巻, SI号, pp. 723, 19880401
  319. The effect of human lactoferrin on Candida albicans and Candida krusei., Journal of Dental Research, 73巻, SI号, pp. 391, 19940401
  320. A novel method for determining hydropholicity of Candida albicans hyphae., Journal of Dental Research, 73巻, SI号, pp. 392, 19940401
  321. Candida albicans および Candida tropicalis の固定化タンパクおよび固定化糖に対する付着について, Bacterial adherence 研究会講演録, 4巻, pp. 93-102, 19900401
  322. Candida albicans の義歯表面への定着におけるペリクルの役割, Bacterial adherence 研究会講演録, 8巻, pp. 25-31, 19940401
  323. Composition and effect of denture base resin surface primer for reline acrylic resin., J. Prosthet. Dent., 75巻, pp. 457-462, 19960401
  324. Blocking of sodium and potassium ion-dependent adenosine triphosphatase-alpha 1 with ouabain and vanadate suppresses cell-cell fusion during RANKL-mediated osteoclastogenesis, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 670巻, 2-3号, pp. 409-418, 20111130
  325. Perforation of dental gloves during prosthodontic treatments as assessed by conductivity test and water inflation technique., Int. J. Prosthodont., 9巻, pp. 362-366, 19960401
  326. デンチャープラーク, 補綴臨床別冊(口腔ケアのためのフォローアップシステム), pp. 225-227, 19960401
  327. Antifungal effect of zeolite incorporated tissue conditioner against candida albicans growth and/or acid production, J Oral Rehabil, 24巻, pp. 350-357, 19970401
  328. Effects of dietary sugars and, saliva and serum on Candida biofilm formation on acrylic surfaces., Mycopathologia, 139巻, pp. 87-91, 19970401
  329. 咬合診査に最適なクレンチング強さの検討-咬合力と咬合接触状態との関係-, 広島歯誌, 25巻, pp. 6-10, 19970401
  330. Effects of salivary or serum pellicles on the Candida albicans growth and biofilm formation on soft lining materials in vitro., J. Oral Rehabilitation, 24巻, pp. 594-604, 19970401
  331. Quantification of thigmotropism (contact sensing) of Candida albicans and Candida tropicalis., Mycopathologia, 138巻, pp. 13-19, 19970401
  332. Denture plaque -past and recent concerns-., J Dentistry, 26巻, pp. 299-304, 19980401
  333. Rheology of tissue conditioners., J Prosthetic Dentistry, 79巻, pp. 188-199, 19980401
  334. 脳性麻痺による肢体不自由患者が本の頁をめくるために補助的マウススティックの一例, 障害者歯科, 19巻, pp. 313-320, 19980401
  335. Evaluation of trabecular bone formation in a canine model surrounding a dental implant fixture immobilized with an antimicrobial peptide derived from histatin, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE-MATERIALS IN MEDICINE, 22巻, 12号, pp. 2765-2772, 201112
  336. 新しい義歯洗浄剤(さわやかコレクト)の洗浄効果の評価, 歯界展望, 92巻, pp. 1177-1183, 19980401
  337. Viscoelastic properties of tissue conditioners-influence of molecular weight of polymer powders and powder/liquid ratio, and clinical implication, J Oral Rehabil, 25巻, pp. 621-629, 19980401
  338. In vitro susceptibility of candida species to lactoferrin, Medical Mycol, 37巻, pp. 35-41, 19990401
  339. Effects of modified pellicles on Candida biofilm formation, Mycoses, 42巻, pp. 37-40, 19990401
  340. Incidence of occlusal contacts with complete dentures during mastication in 6-channel telemetry system : preliminary measurements., J Oral Rehabil, 26巻, pp. 918-922, 19990401
  341. Efficacy of Commercial Denture Cleansers, Dental Journal, 31巻, pp. 177-182, 19980401
  342. The effect of saliva or serum on Candida albicans colonization of denture acrylic and composite resin surfaces, Dental Journal, 31巻, pp. 27-31, 19980401
  343. 歯槽堤吸収・再生研究の進歩, 広島歯誌, 27巻, pp. 1-16, 19990401
  344. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials,salivary and serum pellicles and Candida albicans on in vitro.Part (]G0001[).Effects on fungal growth., J Oral Rehabil, 27巻, pp. 41-51, 20000401
  345. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials,salivary and serum pellicles and Candida albicans on in vitro.Part (]G0002[).Effects on fungal colonozation., J Oral Rehabil, 27巻, pp. 124-130, 20000401
  346. リベースHの臨床応用, DE, 114巻, pp. 12-16, 19950401
  347. Effect of serum concentration on Candida biofilm formation on acrylic., Mycoses, 43巻, pp. 139-143, 20000401
  348. Sub-therapeuic exposure to polyene antimycotics elicts a post-antifungal effect (PAFE) and depresses the cell surface hydrophobicity of oral Candida albicans isolates., J Oral Pathol Med, 29巻, pp. 206-213, 20000401
  349. Exposure to sub-therapeutic concentrations of polyene antifungals suppressess the adherence of Candida species to denture acrylic., Chemother, 46巻, pp. 267-274, 20000401
  350. Role of denture pellicles in Candida albicans biofilm development in vitro., J. Dent. Res., 74巻, SI/号, pp. 447#371, 19950401
  351. Interactions between denture pellicles,soft liners and Candida albicans., J. Dent. Res., 75巻, SI/号, pp. 206#1508, 19960401
  352. Streptococcus and Candida colonization on protein-coated hydroxylapatite., J. Dent. Res., 76巻, SI/号, pp. 106#742, 19970401
  353. Quantification of thigmotropism of Candida albicans and Candida tropicalis., J. Dent. Res., 76巻, SI/号, pp. 439#3401, 19970401
  354. Interactions between Candida albicans,pellicles and thermocycled semipermanent soft liners., J. Dent. Res., 77巻, pp. 677#360, 19980401
  355. Effects of endogenous proteins on Candida biofilm formation on acrylic., J. Dent. Res., 77巻, pp. 988#2855, 19980401
  356. Factors involved in Candida biofilm formation on acrylic surfaces, J. Dent. Res., 77巻, pp. 988#2856, 19980401
  357. 弾性印象材の練和条件が硬化時間および応力緩和に及ぼす影響について, 広島大学歯学雑誌, 23巻, 2号, pp. 308-312, 19910401
  358. Bacterial and Candida colonization of protein coated type (]G0001[) collagen., J. Dent. Res., 78巻, SI/号, pp. 107#16, 19990401
  359. Candida albicansの(]G0001[)型コラーゲンおよび変性(]G0001[)型コラーゲンへの付着に関する研究, Bacterial Adherence研究会講演録, 13巻, pp. 39-45, 19990401
  360. 金属修復物の口腔内腐食について., 歯科技工, 14巻, pp. 879-885, 19860401
  361. 歯科用レジンの残留モノマーに関する研究.第3報 重合方法と残留モノマーについて, 広大歯誌, 19巻, pp. 471-474, 19870401
  362. 在宅高齢者の総義歯を考える-複製義歯の有効性について-, 日本歯科医師会雑誌, 52巻, pp. 1484-1490, 20000401
  363. デンチャープラークの病原性とそのコントロール-全身・口腔の健康のために-, 歯界展望増刊号 歯科医学と健康の創造, pp. 324, 20000401
  364. 金属アレルギー被疑者のパッチテストについて, 広島歯誌, 28巻, pp. 43-48, 20000401
  365. 金属アレルギー患者来院時の留意点, 広歯月報 平成12年11月号, 546号, pp. 12-13, 20000401
  366. Effect of addition of ethyl alcohol on gelation and viscoelasticity of tissue conditioners., J Oral Rehabil, 28巻, pp. 48-54, 20010401
  367. Growth of Candida species on commercial denture adhesives in vitro., Int. J. Prosthodont., 14巻, pp. 48-52, 20010401
  368. 義歯洗浄剤, DE, 114巻, pp. 19-30, 19950401
  369. Antifungal activity of Histatin-5 against non-albicans Candida species., Oral Microbiol Immunol, 16巻, pp. 250-252, 20010401
  370. 口腔Candidaと抗菌性ペプチド・ヒスタチン., デンタルダイヤモンド, 26巻, pp. 85-90, 20010401
  371. Potent role of histatin in nartural defence system against oral candidiasis., Dental Journal, 34巻, pp. 47-51, 20010401
  372. Growth and/or acid production of Candida albicans on soft liners., J. Dent. Res., 73巻, SI/号, pp. 898#20, 19940401
  373. Composition of soft liners on Candida growth and acid production, J. Dent. Res., 73巻, SI/号, pp. 898#21, 19940401
  374. Impacts of PAFE on the relative CSH of Candida albicans., J. Dent. Res., 79巻, SI/号, pp. 151#64, 20000401
  375. Candida albicans colonization on thermalcycled maxillofacial polymeric materials., J. Dent. Res., 79巻, SI/号, pp. 478#2676, 20000401
  376. Adhesion of Candida albicans to intact and denatured collagen, J. Dent. Res., 79巻, SI/号, pp. 522#3030, 20000401
  377. ポリエン系抗真菌剤が引き起こすCandida albicansのpostantifungal effect(PAFE)と菌体表面疎水性の変化について, Bacterial Adherence研究会講演録, 14巻, pp. 34-39, 20000401
  378. Antifungal effect of zeolite-incorporated tissue conditioner against Candida albicans growth and/or acid production, J Oral Rehabil, 24巻, pp. 350-357, 19970401

著書等出版物

  1. 2019年10月01日, 聞くに聞けない補綴治療100, 第4章コンプリートデンチャー,総義歯のホームケアとプロケア, デンタルダイヤモンド, 2019年, 10, 単行本(学術書), 共著, 208, 3
  2. 1997年, 義歯床下粘膜の炎症. Dd診断力テスト(野口俊英編) , デンタルダイヤモンド社, 1997年, 単行本(学術書), 共編著, 玉本 光弘 二川 浩樹 浜田泰三 , 128
  3. 1996年, デンチャープラーク , 補綴臨床別冊 口腔ケアのためのフォローアップシステム, 1996年, 単行本(学術書), 共著, 二川 浩樹 浜田泰三
  4. 1991年, デンチャー プラーク , 医歯薬出版株式会社, 1991年, 単行本(学術書), 共著, 浜田泰三 二川 浩樹 , 150
  5. 2017年.8月.1日, 基礎から学ぶCAD/CAMテクノロジー, 医歯薬出版株式会社, 2017年, 教科書, 共著, 浅野真吾・井川知子・今田智秀・瓜生博伺・大久保力廣・小川匠・小田豊・金村清孝・上鵜瀬美奈・木原琢也・木村健二・木本克彦・黒田聡一・近藤尚知・佐藤琢也・新谷明一・鈴木俊男・荘村泰治・髙橋英和・田中晋平・中村隆志・二川浩樹・西山弘崇・橋場千織・馬場一美・伴清治・星憲幸・堀田康弘・丸尾勝一郎・三浦宏之・水木信之・宮前守寛・村山長・山下恒彦・横山大一郎, ISBN978-4-263-43362-1
  6. 2016年, 衛生製品とその材料開発, 第7節 新しい固定化抗菌剤の開発とその抗菌・抗ウィルス作用, 衛生材料 抗菌剤 抗ウイルス剤, 技術情報協会, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 349, 8
  7. 2014年, 「抗菌・抗ウィルス性材料の開発・評価と加工技術」, 第1章第19節新しい固定化抗菌剤の開発とその抗菌・抗ウィルス作用・効果, 株式会社技術情報協会, 2014年, 単行本(学術書), 共著
  8. 2015年, 歯科抗菌考, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 二川浩樹, 128
  9. 2013年, 抗菌・抗ウィルス材料の開発・評価と加工技術, 新しい固定化抗菌剤の開発とその抗菌・抗ウィルス作用・効果」, 技術情報協会, 2013年, 11, 単行本(学術書), 共著, 363, 7 7
  10. 2003年, 第5章 I.高齢者の口腔内衛生環境 デンチャープラークの病原性とオーラルヘルスケア , 高齢者歯科ガイドブック298-312.医歯薬出版, 2003年, 単行本(学術書), 共著, 浜田泰三 二川 浩樹
  11. 2003年, GPのための金属アレルギー、金属アレルギーの症例 , デンタルダイヤモンド社, 2003年, 単行本(学術書), 共著, 浜田泰三 二川 浩樹
  12. 2002年, 義歯の洗浄 デンチャープラークフリーの最前線 , デンタルダイヤモンド社, 2002年, 単行本(学術書), 共著, 浜田泰三 二川 浩樹 夕田貞之 , 137

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. L8020乳酸菌とEtakのライセンスビジネスの展開, 二川浩樹, 2020年12月01日, 招待, 日本語, 中国地域ニュービジネス協議会 岡山支部, 岡山市
  2. デンチャープラークと義歯洗浄剤について, 二川浩樹, 2017年06月11日, 招待, 日本語
  3. 義歯洗浄剤 何を使ったら良いのでしょうか?, 二川浩樹, 日本補綴歯科学会第126回学術大会, 2017年06月30日, 招待, 日本語
  4. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 九州お茶の水会学術講演会, 2017年07月08日, 招待, 日本語
  5. お口の健康への新しいアプローチ!, dhcoax 2017, 2017年07月30日, 招待, 日本語
  6. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 第9回国際歯周内科学研究会秋期カンファレンス, 2017年10月15日, 招待, 日本語
  7. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 長崎県保険医協会学術講演会, 2017年10月21日, 招待, 日本語
  8. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 佐世保歯科医師会 学術研究会, 2017年11月08日, 招待, 日本語
  9. 義歯の微生物研究から始まった産学連携, 二川浩樹, 2017年12月22日, 招待, 日本語
  10. Etakによるデンチャープラークコントロール, メディア・セミナー 歯科増患サポートセミナー, 2017年12月10日, 招待, 日本語
  11. 虫歯・歯周病を抑えるL8020乳酸菌を利用 産学連携で新しいタブレットが誕生, 二川浩樹, 広島大学記者説明会, 2017年06月01日, 通常, 日本語
  12. ママと赤ちゃんのお口のための乳酸菌, 二川浩樹, 2020年02月07日, 招待, 日本語, 公益財団法人母子衛生研究会, 東京
  13. お口の健康への新しいアプローチ, 二川浩樹, 平成27年度広島工学同窓会秋季学術大会, 2015年10月30日, 招待, 日本語
  14. 口腔の健康のためのバイオフィルムコントロール, 二川浩樹, 平成27年顎口腔顔面技工研究会, 2015年09月26日, 招待, 日本語
  15. お口の健康への新しいアプローチ, 二川浩樹, 平成27年度日本補綴歯科学会中国四国支部会, 2015年09月02日, 招待, 日本語
  16. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 東北大学インターフェイス口腔健康科学学術フォーラム講座, 2015年09月01日, 招待, 日本語
  17. デンチャープラークと義歯洗浄剤, 二川浩樹, 第33回日本顎咬合学会, 2015年06月28日, 招待, 日本語
  18. 乳酸菌由来抗菌ペプチドがヒト歯肉線維芽細胞の炎症性サイトカインおよびケモカインの発現に及ぼす影響, 梅本知佳,三村純代,石井仁美,引地陽介,峯 裕一,首藤崇裕,木原琢也,河原和子,田地豪,二川浩樹, 日本組織培養学会第88回大会, 2015年05月27日, 通常, 日本語
  19. お口の健康への新しいアプローチ, 二川浩樹, 福山市母子歯科保健中高年歯科保健合同講演会, 2020年11月08日, 招待, 日本語, 福山市歯科医師会, 福山
  20. 水素量低減DLCコーティングチタン上における骨芽細胞および破骨細胞分化に関する研究, 才崎菜都美, 首藤崇裕, 三村純代, 岡本圭司, 田地 豪, 中谷達行, 二川浩樹, 日本組織培養学会第88回大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語
  21. 乳児期における口蓋および歯槽部の三次元的成長変化に関する縦断研究, 岩前里子,海原康孝,神戸千恵,木原琢也,新里法子,桑原未代子,二川浩樹,天野秀昭,香西克之, 第53回日本小児歯科学会大会, 2015年05月21日, 通常, 日本語
  22. Lactobacillus rhamnosus由来抗菌ペプチドKog1の抗炎症作用, 梅本知佳,三村純代,岡田千明,木原琢也,二川浩樹, 2015年05月21日, 通常, 日本語
  23. 固定化抗菌剤の特性とその抗菌・抗ウイルス効果, 二川浩樹, 技術情報協会 セミナー, 2015年05月14日, 招待, 日本語, 技術情報協会, 東京
  24. 透過法を用いた咬合接触定量化システムの開発, 木原琢也,井川知子,平井真也,田地 豪,小川 匠,二川浩樹, 2015年04月25日, 通常, 日本語
  25. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 広島市歯科医師会市民公開講座, 2015年04月05日, 招待, 日本語, 広島市歯科医師会, 広島
  26. 患者固有の大動脈瘤シリコンモデルの製作と血流シミュレーション, 木原琢也,黒崎達也,二宮伸治,田地 豪,末田泰二郎,二川浩樹, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2015年03月27日, 通常, 日本語
  27. 「口腔健康科学―バイオフィルムの研究~歯工連携へ」, 二川 浩樹, 平成21年度大阪歯科大学同窓会広島支部第1回学術講演会 (広島), 2010年, 招待, 日本語
  28. L8020乳酸菌とイータックってご存知ですか?, 二川浩樹, メディショナルナノテク研究会, 2020年10月01日, 招待, 日本語, 広島市立大学, 広島
  29. A novel strategies for oral health from biofilm research. New Vision in Oral Health -Present and Future-, 二川 浩樹, Joint Scientific Meeting in Dentistry (Surabaya, Indonesia), 2010年, 招待, 日本語
  30. 「口腔健康科学―バイオフィルムの研究~歯工連携へ」, 二川 浩樹, 広島県製薬協会平成21年度学術講演会, 2010年, 招待, 日本語
  31. 21世紀の歯科医療を担う口腔保健工学とかづきメイク, 二川 浩樹, 第5回外観先端医療シンポジウム フェイシャルセラピスト協会, 2009年, 招待, 日本語
  32. Antimicrobial and biologically active surface treatment of titanium for dental implants, 二川 浩樹, NADST(タイ バンコク), 2009年, 招待, 日本語
  33. お口のバイ菌の研究と派生したもの, 二川 浩樹, 広島大学イーブニングセミナー, 2009年, 招待, 日本語
  34. お口の健康がお菓子で守れたら…いいな!, 二川 浩樹, 広島大学・県立大学連携シンポジウム~考えよう食と健康~, 2009年, 招待, 日本語
  35. A cleanser or detergent containing immobilizing disinfectant, 二川 浩樹, チュラロンコン大学-広島大学ジョイントセミナー(タイ バンコク), 2009年, 招待, 日本語
  36. Antimicrobial treatment of titanium, glass and ceramic surfaces., 二川 浩樹, ローザンヌ総合病院.18年度日瑞医療ミッション( Jetro ,広島県主催 ローザンヌ), 2006年11月, 招待, 日本語
  37. Innovation from Biofilm Studies, 二川 浩樹,  チューリッヒ大学 18年度日瑞医療ミッション( Jetro,広島県主催 チューリッヒ), 2006年11月, 招待, 日本語
  38. 抗菌コート義歯洗浄剤, 二川 浩樹,  東京リエゾンフェア (東京), 2006年10月, 招待, 日本語
  39. 固定化抗菌剤Etakとウイルス感染について, 二川浩樹, 淡路島歯科医師会(Web開催), 2020年09月12日, 招待, 日本語
  40. 「バイオフィルムの研究からの発展」, 二川 浩樹, 日本歯科補綴学会中四国支部会 特別講演  松山, 2006年09月, 招待, 日本語
  41. チタン・ガラス・セラミック表面の抗菌・抗カビ処理 , 二川 浩樹, 平成 18年度 医療社会連携センターがコーディネートするマッチングフェア  広島., 2006年09月, 招待, 日本語
  42. 金属アレルギーの診断の進め方と元素分析について , 二川 浩樹, 安佐歯科医師会講演 広島, 2006年09月, 招待, 日本語
  43. 「技工士教育における教員研修(FD)を考える」 大学における個人評価から , 二川 浩樹, 全国技工士教育協議会シンポジウム  全国技工士教育協議会総会 名古屋., 2006年05月, 招待, 日本語
  44. PRPのスキルアップセミナー 英語論文の作成, 二川 浩樹, 日本歯科補綴学会研究教育研修 補綴学会 東京支部会  2006(東京)., 2006年03月, 招待, 日本語
  45. 「デンチャープラークの病原性とそのコントロール」, 二川 浩樹, 厚生労働省・長寿科学総合研究事業打ち合わせ 九州歯科大学,小倉, 2006年02月, 招待, 日本語
  46. PRPのスキルアップセミナー 英語論文の作成, 二川 浩樹, 日本歯科補綴学会研究教育研修 補綴学会 東関東支部会  2006(幕張), 2006年02月, 招待, 日本語
  47. PRPのスキルアップセミナー 英語論文の作成, 二川 浩樹, 日本歯科補綴学会研究教育研修 補綴学会 関越支部会  2006(高崎市), 2006年01月, 招待, 日本語
  48. ・ A Study of an Oral Health Promotion Program for Junior High School Students using an Intra-Oral Scanner System. , 二川 浩樹,  Amano H, Hara K, Fujimoto H, Sugiyama M, Takemoto T, Matsumoto A, Niitani Y, Nikawa H, Satoda T, Murayama T, Tamamoto M, Makihira S, Shimoe S, Kawamura M and Okada M,アジア小児歯科学会,高雄,中国., 2006年, 招待, 日本語
  49. Chewing Gum Containing Citric acid Reduces the Burden of Periodontopathogens. , 二川 浩樹,  Nikawa H, Igarashi S, Takasu O, Harano F, Shinohara S, Tamamoto M, Takemoto N, Shimoe S, Hara K, Matsumoto A, Niitani H, Fujimoto T, Murayama T, Satoda M, Sugiyama M, Amano H, Kurihara H & Samaranayake LP. 第84回IADR,ブリスベン, 2006年, 招待, 日本語
  50. 今こそ注目!固定化抗菌剤Etak, 二川浩樹, 2020年03月26日, 招待, 日本語, メディア株式会社, Web
  51. 歯科補綴における感染対策, 二川 浩樹, 広島県歯科医師会 第2回AIDS研修会, 2001年01月, 招待, 日本語
  52. 入れ歯洗浄剤について, 二川 浩樹, 第26回日本補綴歯科学会中国四国支部学会, 2000年08月, 招待, 日本語
  53. 総義歯患者が来たら何をするか?, 二川 浩樹, 広島大学同窓会山口県支部, 1998年07月, 招待, 日本語
  54. 口腔から分離したLactobacillus rhamnosus由来の塩基性抗菌ペプチドKog1の立体構造と抗菌効果, 岡田千明,三村純代,梅本知佳,木原琢也,二川浩樹, 第53回日本小児歯科学会大会, 通常, 日本語
  55. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 明石歯科医師会学術講演会, 2016年02月06日, 招待, 日本語, プレプリント
  56. 入れ歯のお手入れとお口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 倉敷市民フォーラム, 2016年02月14日, 招待, 日本語, 倉敷市歯科医師会, 倉敷市, その他
  57. 歯科からのイノベーション, 二川浩樹, ナノデバイステクノロジーワークショップ 2016, 2016年03月02日, 招待, 日本語, その他
  58. 新しいコンセプトの義歯洗浄剤「Etak Oral Care 24 義歯防菌スプレー」について, 二川浩樹, 第25回日本有病者歯科医療学会, 2016年03月06日, 招待, 日本語, 東京, その他
  59. 固定化抗菌剤の特性と効果, 二川浩樹, 抗菌・抗ウイルス材の表面固定化技術による耐久性向上のための講習会, 2016年06月10日, 招待, 日本語, 技術情報協会, 東京, その他
  60. デンチャープラークと義歯洗浄剤について, 二川浩樹, 第34回日本顎咬合学会 学術大会・総会, 2016年06月11日, 招待, 日本語, その他
  61. デンチャープラークと義歯洗浄剤について, 二川浩樹, 日本訪問歯科協会, 2020年01月16日, 招待, 日本語, 日本訪問歯科協会, 東京
  62. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 京都府歯科医師会学術大会, 2016年07月02日, 招待, 日本語, 京都府歯科医師会, 京都, その他
  63. 歯科口腔抗菌学, 二川浩樹, 沼田利根歯科医師会学術講演会, 2016年07月30日, 招待, 日本語, 沼田利根歯科医師会, 沼田市, その他
  64. 新しいコンセプトの義歯洗浄剤「Etak Oral Care 24義歯防菌スプレー」について, 二川浩樹, 第69回北海道歯科学術大会, 2016年08月21日, 招待, 日本語, その他
  65. 新しいコンセプトの義歯洗浄剤「Etak Oral Care 24 義歯防菌スプレー」, 二川浩樹, 日本歯科衛生学会 第11回学術大会, 2016年09月19日, 招待, 日本語, その他
  66. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 釧路歯科医師会学術大会, 2016年09月24日, 招待, 日本語, その他
  67. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 香川県保険医協会学術大会, 2016年09月29日, 招待, 日本語
  68. 新しいコンセプトの義歯洗浄剤「Etak Oral Care 24 義歯防菌スプレー」, 二川浩樹, 第68回近畿北陸地区歯科医学大会DENTAL SHOW 2016 in 大阪, 2016年10月08日, 招待, 日本語, その他
  69. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 広島県婦人歯科医会, 2016年10月15日, 招待, 日本語
  70. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 豊橋市歯科医師会学術大会, 2016年10月21日, 招待, 日本語, その他
  71. 新しいコンセプトの義歯洗浄剤「Etak Oral Care 24 義歯防菌スプレー」, 二川浩樹, 第23回日本歯科医学会総会, 2016年10月23日, 招待, 日本語, その他
  72. 新しいコンセプトの義歯洗浄剤「Etak Oral Care 24 義歯防菌スプレー, 二川浩樹, 第16回日本訪問歯科医学会, 2016年11月06日, 招待, 日本語, その他
  73. 新しいコンセプトの義歯防菌スプレーについて, 二川浩樹, 日本口腔インプラント学会第36回近畿北陸支部学術大会, 2016年12月18日, 招待, 日本語
  74. 2017年05月27日, 通常, 英語
  75. 2017年05月27日, 通常, 英語, その他
  76. 通常, 英語, その他
  77. 超音波洗浄によるCandida albicans バイオフィルムの除去効果, 藤井亜衣,松村美沙,三村純代,木原琢也,首藤崇裕,田地 豪,二川浩樹, 日本老年歯科医学会第28回総会・学術大会, 2017年06月14日, 通常, 日本語
  78. 固定化抗菌剤EtakのCandida albicansのバイオフィルム形成抑制効果および遺伝子発現への影響, 實利一輝,橋田竜閲,三村純代,河原和子,田地 豪,二川浩樹, 日本補綴歯科学会第126回学術大会, 2017年06月30日, 通常, 日本語
  79. 口腔由来乳酸菌が歯肉上皮細胞におけるタイトジャンクションに与える影響, 遠藤希実佳,首藤崇裕,三村純代,田地 豪,木原琢也,河原和子,二川浩樹, 2017年06月30日, 通常, 日本語
  80. 連携機能を活用した歯学教育高度化プログラム, 竹石龍右,加来咲子,天雲太一,冨士岳志,三村純代,首藤崇裕,石田陽子,秋葉奈美,魚島勝美,小野和宏,髙橋信博,二川浩樹,加藤功一,佐々木啓一,前田健康, 第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2017年07月28日, 通常, 日本語
  81. 固定化抗ウイルス剤Etakはネコカリシウイルスを不活化する, 末廣智也,三村純代,藤田啓介,笹原妃佐子,田地 豪,熊谷 宏,佐々木正和,二川浩樹, 平成29年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2017年08月27日, 通常, 日本語
  82. 歯科用CAD/CAMシステムを用いて作製した支台歯形態に関する応力解析, 神田まりか,木原琢也,藤川佳也,三村純代,首藤崇裕,笹原妃佐子,熊谷 宏,佐々木正和,田地 豪,二川浩樹, 平成29年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2017年08月27日, 通常, 日本語
  83. 課題解決型高度医療人材養成プログラム~歯科技工士による手術支援プログラムの現況と評価~, 田地 豪,西村瑠美,深田恵里,松本厚枝,杉山 勝,二川浩樹, 2017年10月29日, 通常, 日本語
  84. 課題解決型高度医療人材養成プログラム~デイサービス施設・大学病院におけるチーム医療実践プログラムの現状~, 西村瑠美,田地 豪,深田恵里,松本厚枝,二川浩樹,杉山 勝, 第56回広島県歯科医学会・第101回広島大学歯学会, 2017年10月29日, 通常, 日本語
  85. 水素量低減DLCコーティングチタンの骨芽細胞および破骨細胞分化制御に関する研究, 才崎菜都美,三村純代,中谷達行,岡本圭司,國次真輔,熊谷宏,田地 豪,二川浩樹, 第56回広島県歯科医学会・第101回広島大学歯学会, 2017年10月29日, 通常, 日本語
  86. 食塊粒度解析による咀嚼能力の定量的評価, 木原琢也,井川知子,重本修伺,重田優子,伊藤光彦,伊藤崇弘,二川浩樹,小川 匠, 日本歯科人間ドック学会第20回学術大会, 2017年12月09日, 通常, 日本語
  87. 新しいコンセプトの義歯洗浄剤について, 二川浩樹, 広島大学歯学部同窓会兵庫県支部 学術講演会, 2017年02月04日, 招待, 日本語
  88. お口の健康への新しいアプローチ!, 二川浩樹, 大分県佐伯市歯科医師会学術大会, 2017年02月18日, 招待, 日本語
  89. お口の健康への新しいアプローチ!, 東京歯科大学同窓会学術大会, 2017年04月08日, 招待, 日本語
  90. 広島大学における口腔工学とデジタルデンティストリーの展開, 木原琢也,二川浩樹, 日本デジタル歯科学会第8回学術大会, 2017年04月22日, 招待, 日本語

受賞

  1. 2017年11月30日, 知的資産経営フォーラム2017 第4回知的財産活用表彰, 日本弁理士会
  2. 2013年04月16日, 平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門), 文部科学大臣
  3. 2013年09月08日, 優秀研究論文賞, 一般社団法人日本歯科技工学会会長
  4. 2010年03月, 第14回 ひろしまベンチャー大賞 奨励賞 銀賞 固定化抗菌剤(Etak)を配合した抗インフルエンザ加工できる消毒薬および洗剤の製品化 
  5. 2006年12月, 第7回バイオビジネスコンペJAPAN 審査員特別賞, ばい菌・生体成分・材料の「3本の矢」による口腔バイオフィルム感染症予防プロジェクト
  6. 2002年05月, 第5回同窓会奨励賞 , 臨床系論文著者の部
  7. 2010年03月, 平成21年度医歯薬学総合研究科長賞 
  8. 2014年09月21日, 平成26年日本歯科技工学会優秀論文 若手研究者優秀論文賞, 一般社団法人日本歯科技工学会会長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費 基盤研究(C), 生体活性HiPIMS-DLCによるインプラント周囲炎の制御 研究課題
  2. 地域イノベーション創出研究開発事業, ナノ表面改質による早期骨組織再生型多孔質インプラントの開発, 2009年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 抗NHA2モノクローナル抗体を用いた顎堤骨吸収抑制効果の解析, 2009年, 2011年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 間葉系幹細胞の増殖能をもつ塩基性抗菌ペプチドJH8194の固定化と骨分化能の解析, 2008年, 2010年
  5. 顕在化ステージ, 新規微小マイクロコイルによる3テスラMRIを用いた診断支援用有限要素解析システムの開発, 2007年
  6. 日系研修員事業 日系研修員受入, 2006年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 分子認識機構によるβデフェンシンの口腔内誘導を利用した歯周病関連細菌の抑制, 2006年, 2007年
  8. 権利化試験A, 抗菌ペプチドを用いた再生医療用幹細胞の大量増殖技術の開発, 2004年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔乾燥症患者に適する保湿性軟質義歯裏装材の開発, 2004年, 2005年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 痴呆性高齢者の義歯装着が,痴呆症状,全身的健康状態およびQOLに及ぼす影響の検討, 2004年, 2007年
  11. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 金属アレルギーの分子生物学的診断法の開発, 2002年, 2004年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 水素化テトラへドラルアモルファスカーボンの骨芽細胞および破骨細胞分化に与える影響, 2015年, 2017年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 微生物に対する歯周組織の分子認識機構と補綴予後診断システムの開発, 2002年, 2003年
  14. 委託研究, 義歯装着は本当に誤嚥性肺炎のリスクファクターか?, 2001年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ラクトフェリシンの抗菌作用と抗炎症性作用, 2001年, 2002年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), デンチャープラークの齲蝕原性に関する研究-口腔内微生物によるコラーゲン分解能についての検討-, 1999年, 2000年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 炎症・ホルモン・環境ホルモンがプラーク微生物に及ぼす影響-in vitro における分子生物学的検討-, 1999年, 2000年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 高齢化に悩む離島無歯科医師村に対する補綴巡回治療システムの確立, 1999年, 2001年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 機能性軟質義歯裏装材の開発, 1998年, 2001年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 高齢者の顎堤および義歯形態の三次元的評価法の開発とその応用, 1998年, 1999年
  21. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), Candida albicansとプラーク細菌との相互付着の解析, 1998年, 1999年
  22. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), デンチャープラーク形成機構の解明, 1997年, 1998年
  23. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), プロバイオティクスを利用した歯周病原細菌によるバクテレミア予防のための基礎的研究, 2015年, 2017年
  24. 科学研究費助成事業(国際学術研究), 機能性義歯裏装材の開発, 1996年, 1998年
  25. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), Candida albicansの歯冠・歯根表面へのバイオフィルム形成, 1996年, 1997年
  26. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), Condida albicansの義歯用高分子材料内への侵入機構の解析, 1995年, 1995年
  27. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), Candida albicansのコロナイゼーションの解析(菌系と酵母の相互作用におけるペリクルの役割), 1994年, 1994年
  28. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 軟性裏装材の微生物学的汚れに関する研究, 1993年, 1993年
  29. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 試作生薬配合義歯洗浄剤による義歯洗浄効果の評価に関する研究, 1991年, 1992年
  30. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), Candida albicansのデンチャ-ペリクルに対する付着機構, 1989年, 1990年
  31. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 生体活性HiPIMS-DLCによるインプラント周囲炎の制御, 2020年, 2022年
  32. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 乳酸菌由来因子による歯周およびインプラント周囲炎症コントロール, 2014年, 2016年
  33. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 水素量低減DLCを応用したインプラント周囲骨リモデリングの制御, 2012年, 2014年
  34. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 革新的モーショントラッキング解析に基づいた新しいエピテーゼ製作法の開発, 2011年, 2013年
  35. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 咀嚼刺激による脳由来神経栄養因子を介した生活習慣病抑制効果に関する研究, 2010年, 2012年
  36. 歯科医療を取り巻く業務形態のあり方について, 2009年
  37. 地域イノベーション創出研究開発事業, 関節機能のFEM解析による診察 ・治療 最適化システムの開発, 2009年

社会活動

委員会等委員歴

  1. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2020年07月, 2021年03月, 広島県立西条農業高等学校
  2. 非常勤講師, 2020年09月, 2020年09月, 大阪大学
  3. 非常勤講師, 2020年04月, 2020年09月, 長崎大学歯学部
  4. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2019年06月, 2020年03月, 広島県立西条農業高等学校
  5. 学位審査会専門委員, 2017年04月01日, 2020年03月31日, 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構
  6. 2018年06月23日, 2020年06月22日, 日本歯科技工学会
  7. 非常勤講師, 2019年04月, 2020年03月, 東京医科歯科大学
  8. 非常勤講師, 2019年04月, 2019年09月, 長崎大学歯学部
  9. CM出演者, 2019年04月, 2020年03月, (株)フジッコ
  10. 非常勤講師, 2019年04月, 2019年09月, 大阪大学
  11. 取締役技術顧問, 2019年04月, 2027年03月, 株式会社Campus Medico
  12. 歯科衛生士向け補綴学テキスト編集委員, 2018年08月, 2019年12月, 永末書店
  13. 広島県立西条農業高等学校, 2018年06月, 2019年03月, スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員
  14. 東京医科歯科大学, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤講師
  15. 非常勤講師, 2018年04月, 2018年09月, 大阪大学
  16. 非常勤講師, 2018年04月, 2018年09月, 長崎大学歯学部
  17. 非常勤講師, 2017年10月, 2018年03月, 九州大学歯学部
  18. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2017年05月, 2018年03月, 広島県立西条農業高等学校
  19. 非常勤講師, 2017年04月, 2018年03月, 東京医科歯科大学
  20. 非常勤講師, 2017年04月, 2017年09月, 長崎大学歯学部
  21. 非常勤講師, 2021年04月, 2022年03月, 東京医科歯科大学
  22. 非常勤講師, 2017年04月, 2017年09月, 大阪大学
  23. 非常勤講師, 2016年10月, 2017年03月, 九州大学歯学部
  24. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2016年07月, 2017年03月, 広島県立西条農業高等学校
  25. 非常勤講師, 2016年04月, 2016年09月, 大阪大学
  26. 非常勤講師, 2016年04月, 2016年09月, 長崎大学歯学部
  27. 非常勤講師, 2016年04月, 2017年03月, 東京医科歯科大学
  28. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 広島県立西条農業高等学校
  29. 活動評価委員会委員, 広島大学産学官連携推進研究協力会
  30. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2015年06月, 2016年03月, 広島県立西条農業高等学校
  31. 活動評価委員会委員, 2015年05月, 2017年03月, 広島大学産学官連携推進研究協力会
  32. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2021年06月, 2022年03月, 広島県立西条農業高等学校
  33. 非常勤講師, 2015年10月, 2016年03月, 大阪大学
  34. 非常勤講師, 2015年04月, 2015年09月, 長崎大学歯学部
  35. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 東京医科歯科大学
  36. 非常勤講師, 2014年10月, 2015年03月, 鹿児島大学
  37. 非常勤講師, 2014年10月, 2015年03月, 九州大学
  38. 医療・福祉課題解決に向けたデバイス開発パイロット事業共同研究推進委員会委員, 2014年07月, 2015年02月, 公益財団法人ひろしま産業振興機構
  39. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2014年06月, 2015年03月, 広島県立西条農業高等学校
  40. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 大阪大学
  41. 非常勤講師, 2014年04月, 2014年09月, 長崎大学歯学部
  42. 医療・福祉課題解決に向けたデバイス開発パイロット事業共同研究推進委員会委員, 2013年08月, 2014年02月, 公益財団法人ひろしま産業振興機構
  43. 創発的研究支援事業事前評価における外部専門家, 2021年06月, 2022年12月, 国立研究開発法人科学技術振興機構
  44. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2013年06月, 2014年03月, 広島県立西条農業高等学校
  45. 活動評価委員会委員, 2013年06月, 2015年03月, 広島大学産学官連携推進研究協力会
  46. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, 九州大学
  47. 非常勤講師, 2013年04月, 2013年09月, 大阪大学
  48. 非常勤講師, 2013年04月, 2013年09月, 長崎大学歯学部
  49. 非常勤講師, 2013年04月, 2014年03月, 東京医科歯科大学
  50. 代表取締役社長(発起人), 2009年04月, 2019年04月, 株式会社Campus Medico
  51. 非常勤講師, 2021年04月, 2021年10月, 大阪大学
  52. 非常勤講師, 2021年04月, 2021年09月, 長崎大学歯学部
  53. 発起人・代表取締役社長, 2021年01月, 2027年03月, (株)NYKY
  54. 代表取締役会長, 2020年04月, 2027年03月, 株式会社Campus Medico

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. RCCテレビ「イマナマ!」, 「今大注目のイータック 実は広島生まれなんです」, RCCテレビ, RCCテレビ「イマナマ!」, 2021年/01月/29日, 2021年/01月/29日, RCCテレビ「イマナマ!」, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  2. テレビ新広島, 子供のコロナ対策はウイルスに強いマスク, テレビ新広島, ニュースプライム, 2020年/04月/16日, 2020年/04月/16日, ニュースプライム, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  3. 広島ホームテレビ, コロナ対策と偽物対策 キャンパスメディコ, 広島ホームテレビ, 広島ホームテレビ 5up, 2020年/03月/18日, 2020年/03月/18日, 広島ホームテレビ(テレビ朝日系列)5UP, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  4. 上海東方テレビ, 日本の優れた消毒薬イータックについて, 上海東方テレビ, 日本:网红“消毒卡”热卖 专家称有“夸大宣传”嫌疑, 2020年/03月/03日, 2020年/03月/03日, 上海東方テレビ ニュース番組, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  5. RCCラジオ, 中国地域ニュービジネス大賞について, 本名正憲のおはようラジオ ニュースエクスプレスのコーナー, 2020年/06月/15日, 2020年/06月/15日, 本名正憲のおはようラジオ ニュースエクスプレスのコーナー, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  6. F Mチューピー, 新型コロナ時代を生き抜くために, F Mチューピー, F Mチューピー, 2020年/10月/31日, 2020年/11月/07日, F Mチューピー, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  7. 中国新聞, にぎわい復活へ 感染対策をP R 広島・流川360店の協議会, 中国新聞, 中国新聞, 2020年/11月/03日, 2020年/11月/03日, 中国新聞8面, インタビュイー, 新聞・雑誌
  8. 中国新聞, タクシー車内どう予防 事業者向けコロナ講習会, 中国新聞, 中国新聞, 2020年/10月/24日, 2020年/10月/24日, 中国新聞9面, インタビュイー, 新聞・雑誌
  9. 中国新聞, 地域発の抗菌剤車両消毒に活用 広島電鉄, 中国新聞, 中国新聞, 2020年/08月/25日, 2020年/08月/25日, 中国新聞9面, 取材協力, 新聞・雑誌
  10. 日本経済新聞, ニュービジネス大賞に広大発新興, 日本経済新聞, 日本経済新聞, 2020年/06月/04日, 2020年/06月/04日, 日本経済新聞25面, インタビュイー, 新聞・雑誌
  11. 中国新聞, 抗菌成分入り消毒薬贈る, 中国新聞, 中国新聞, 2020年/05月/18日, 2020年/05月/18日, 中国新聞17面, 出演, 新聞・雑誌
  12. 広島テレビ, 広島・流川地区 飲食店関係者が“安心”環境づくり, 広島テレビ, 広島テレビニュース, 2020年/10月/30日, 2020年/10月/30日, 広島テレビニュース, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  13. 朝日新聞, 青鉛筆 教授のマウススプレー, 朝日新聞, 朝日新聞, 2020年/05月/06日, 2020年/05月/06日, 朝日新聞24面, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  14. 中国新聞, 中国NBC大賞 キャンパスメディコ受賞, 中国新聞, 中国新聞, 2020年/04月/24日, 2020年/04月/24日, 中国新聞8面, インタビュイー, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  15. 日本経済新聞, キャンパス発この1品 猫の虫歯予防するスナック―広島大 魚主原料で乳酸菌入り, 日本経済新聞, 日本経済新聞, 2020年/02月/05日, 2020年/02月/05日, 日本経済新聞31面, 情報提供, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  16. 中国新聞16面, ウイルスと闘うイータック 広島大学の二川教授開発, 中国新聞16面, 中国新聞16面, 2021年/01月/01日, 中国新聞16面, 実演, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  17. 広島tss, 「安心して流川に来てほしい」店舗用”コロナ対策ビデオ”自前制作, 広島tss, tssニュース, 2020年/10月/29日, 2020年/10月/29日, tssニュース, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  18. 広島ホームテレビ, 広島・流川地区 飲食店関係者が“安心”環境づくり, 広島ホームテレビ, 広島ホームテレビニュース, 2020年/10月/29日, 2020年/10月/29日, 広島ホームテレビニュース, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  19. N H K, タクシー事業者向け感染防止策の講習会 講師二川浩樹広島大教授, NHK, N H Kニュース, 2020年/10月/23日, 2020年/10月/23日, N H Kニュース, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  20. RCC, 広島大学が開発した抗ウイルス剤「イータック」配合の消毒液を県知事に寄贈, RCC, R C Cニュース, 2020年/06月/25日, 2020年/06月/25日, R C Cニュース, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  21. R C C, 広島・流川地区 飲食店関係者が“安心”環境づくり, RCC, R C Cニュース, 2020年/10月/29日, 2020年/10月/29日, R C Cニュース, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  22. 広島テレビ, 県内で開発の新消毒薬を県知事に寄贈, 広島テレビ, テレビ派, 2020年/06月/25日, 2020年/06月/25日, テレビ派, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  23. N H K, 中国地域ニュービジネス大賞を広島大学発ベンチャーのCampusMedicoが受賞, N H K, お好みワイド広島, 2020年/06月/03日, 2020年/06月/03日, お好みワイド広島, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2007年, Prosthodontic Research and Practice, 編集員, 編集委員
  2. 2007年, 日本補綴歯科学会雑誌, 編集員, 編集委員