千田 隆Takashi Senda

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
メールアドレス
tsendahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(経済学) (ジョンズ・ポプキンス大学)
  • 経済学修士 (神戸大学)

研究分野

  • 社会科学 / 経済学 / 金融・ファイナンス

研究キーワード

  • 金融政策

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, 情報・データ科学入門[1総総,1教,1経昼]
  2. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 研究指導IB
  3. 2022年, 学部専門, 1ターム, 研究指導IIB
  4. 2022年, 学部専門, 1ターム, 金融論1
  5. 2022年, 学部専門, 2ターム, 金融論2
  6. 2022年, 学部専門, 通年, 演習
  7. 2022年, 学部専門, 通年, 卒業論文
  8. 2022年, 学部専門, 集中, 卒業論文
  9. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 金融論
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, マクロ金融分析
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 特別研究
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 特別研究
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 経済学プログラム特別演習Ⅰ
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 経済学プログラム特別演習Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Inflation history and the sacrifice ratio: Episode-specific evidence, CONTEMPORARY ECONOMIC POLICY, 26巻, 3号, pp. 409-419, 200807
  2. ★, Essays on the New Keynesian Economics, The Johns Hopkins University(Ph. D. 論文), 19980401
  3. Why Does the NAIRU Change Over Time? -Identifying Histeresis in Unemployment and Inflation’s Grease Effects on the NAIRU-, 広島大学経済論叢, 23巻, 3号, pp. 39-73, 20000401
  4. 相対価格の変動と一般物価上昇率:展望, 広島大学経済論叢, 22巻, 4号, pp. 111-124, 19990401
  5. Why Is the Aggregate Supply Carve Non-Linear? -Asymmetric Effects of Money Supply Shocks and a Sticky Price theory-, 広島大学経済論叢, 22巻, 2-3号, pp. 25-56, 19990401
  6. ★, Asymmetric Effects of Money Supply Shocks and Trend Inflation, Journal of Money, Credit, and Banking, 33巻, 1号, pp. 65-89, 20010201
  7. 少子高齢化社会、貯蓄率、および金融資産選択行動, 郵便貯金に関する委託研究報告書, 20021101
  8. バランス・シートで考える郵便貯金の将来像, 郵便貯金に関する委託研究報告書, 20050401
  9. ★, Determining Output and Inflation Variability: Are the Phillips Curve and the Monetary Policy Reaction Function Reaponsible?, Economic Inquiry, 43巻, 2号, pp. 439-453, 20050401
  10. Determining Output and Inflation Variability with Forward-Looking and Open-Economy Models, 広島大学経済論叢, 3号, pp. 83-100, 20060301
  11. ゼロ金利下における金融政策のアナウンスメント効果―金融政策当局による政策金利変更効果と声明効果―, 広島大学経済論叢, 30巻, 1号, pp. 11-24, 20060701
  12. 日本の労働市場構造と失業の問題について, 廣島大學經濟論叢, 23巻, 4号, pp. 59-73, 200003
  13. 為替レ-ト変動と金融政策ル-ル, 廣島大學經濟論叢, 24巻, 2号, pp. 81-86, 200011
  14. フィリップス曲線の傾きはなだらかになったか : 展望, 廣島大學經濟論叢, 31巻, 2号, pp. 91-98, 20071130
  15. 主成分を用いた賃金フィリップス曲線の推定, 広島大学経済論叢, 34巻, 3号, pp. 119-129, 201103
  16. How Can the Public Monitor Monetary Policy?, American Journal of Economics and Business Administration, 9巻, 2号, pp. 38-46, 20170706
  17. ゼロ金利政策と自然利子率について, 同志社商学, 70巻, 6号, pp. 203-219, 20190315
  18. Wage Inflation and Labor Market Pressure: A Principal Components Approach, Inflation: Causes and Effects, pp. 121-136, 2009

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Fiscal Remedies for Open Economies in a Liquidity Trap, 千田 隆, Western Economic Association International, 12th International Conference, 2016年01月07日, 通常, 英語, Western Economic Association International, 南洋理工大学,シンガポール
  2. Fiscal Remedies for Open Economies in a Liquidity Trap, 千田 隆, 第 17 回世界経済史会議, 2015年08月07日, 通常, 英語, 世界経済史会議, 国立京都国際会館