熊本 卓哉TAKUYA KUMAMOTO

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) 教授
メールアドレス
tkum632hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
有機合成化学を基盤とする研究(天然由来生物活性物質の合成研究,創薬化学)を通じて,医療・薬学に貢献することを目指しています.

基本情報

主な職歴

  • 1996年04月, 1997年03月, 名古屋大学, 理学部, 日本学術振興会 博士研究員
  • 1997年04月, 2005年03月, 千葉大学, 助手
  • 2001年08月, 2002年11月, ルーヴァンカトリック大学, 理学部, 日本学術振興会 博士研究員
  • 2005年04月, 2007年05月, 千葉大学, 講師
  • 2007年06月, 2010年03月, 千葉大学, 准教授
  • 2010年04月, 2017年03月, 武蔵野大学, 教授
  • 2017年04月01日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 教授

学位

  • 修士(薬学) (東京大学)
  • 博士(薬学) (東京大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 化学系薬学

研究キーワード

  • 有機合成化学

所属学会

  • 日本薬学会
  • 有機合成化学協会
  • 国際薬学連合
  • 日本化学会
  • 日本がん分子標的治療学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学概論
  2. 2022年, 学部専門, 3ターム, 薬学概論
  3. 2022年, 学部専門, 1ターム, 有機化学IA
  4. 2022年, 学部専門, 2ターム, 有機化学IB
  5. 2022年, 学部専門, 3ターム, 有機化学IIA
  6. 2022年, 学部専門, 4ターム, 有機化学IIB
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 薬学研究方法論演習A
  8. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 薬学研究方法論演習B
  9. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 有機反応論演習
  10. 2022年, 学部専門, 1ターム, 有機化学III
  11. 2022年, 学部専門, 集中, 有機化学III
  12. 2022年, 学部専門, 2ターム, 医薬品有機化学
  13. 2022年, 学部専門, 集中, 医薬品有機化学
  14. 2022年, 学部専門, 3ターム, 有機化学IV
  15. 2022年, 学部専門, 3ターム, 日本薬局方演習
  16. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 有機化学実習
  17. 2022年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  18. 2022年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  19. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎研究III
  20. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  21. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  22. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 創薬合成化学特論
  24. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 創薬合成化学特論演習
  25. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 創薬合成化学特論演習
  26. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 創薬合成化学特別研究
  27. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 創薬合成化学特別研究
  28. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 創薬合成化学特別演習
  29. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 創薬合成化学特別演習
  30. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 創薬合成化学特別研究
  31. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 創薬合成化学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Asymmetric Total Synthesis of Brasiliquinones B and C via Oxidative Cyclization of a Hydroquinone-Silyl Enol Ether Hybrid, Journal of Organic Chemistry, 87巻, 18号, pp. 12491-12497, 20220830
  2. ★, Total Synthesis of 6-Deoxydihydrokalafungin, a Key Biosynthetic Precursor of Actinorhodin, and Its Epimer, Molecules, 26巻, 21号, pp. 6397, 20211022
  3. ★, Total Synthesis of (±)-4-Deoxyblennolide C via Spirochromanone, Heterocycles, 103巻, 20210215
  4. Direct N1-Selective Alkylation of Hydantoins Using Potassium Bases, Chem Pharm Bull, 69巻, 4号, pp. 407-410, 20210401
  5. ★, Chemistry of Anti-Hiv Active Trimeric Pyranonaphthoquinone Conocurvone: Synthetic Studies towards Monomeric Teretifolione B and Related Compounds, Heterocycles, Vol 100, No. 2, 2020, pp. 177 - 193巻, 2号, pp. 177-193, 20191223
  6. Unveiling Two Consecutive Hydroxylations: Mechanisms of Aromatic Hydroxylations Catalyzed by Flavin‐Dependent Monooxygenases for the Biosynthesis of Actinorhodin and Related Antibiotics, ChemBioChem, 21巻, 5号, pp. 623-627, 20190918
  7. Practical and Scalable Synthesis of a Glucokinase Activator via One-pot Difluorination and Julia Olefination, Org. Process Res. Dev., 24巻, 7号, pp. 1294-1303, 20200616
  8. Possible utility of peptide-transporter-targeting [19F]dipeptides for visualization of the biodistribution of cancers by nuclear magnetic resonance imaging, International Journal of Pharmaceutics, 586巻, pp. 119575, 20200702
  9. Design, synthesis, and evaluation of polyamine-memantine hybrids as NMDA channel blockers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, 26巻, 3号, pp. 603-608, 201802
  10. ★, Preparation of Optically Active 2,2-Disubstituted 5-Hydroxychromenes by the Enzymatic Resolution of Racemic Esters, Heterocycles, 97巻, 1号, pp. 604-611, 20180518
  11. ★, 抗HIV活性三量体ベンゾクロメンConocurvoneとその単量体の化学:単量体Teretifolione Bとその関連化合物の合成研究, 有機合成化学協会誌, 76巻, 7号, pp. 722-729, 20180701
  12. ★, Asymmetric total syntheses of teretifolione B and methylteretifolione B via Diels-Alder reaction of optically active pyranobenzyne and substituted furans, TETRAHEDRON, 73巻, 34号, pp. 5063-5071, 2017
  13. ★, Total synthesis of (+)-blennolide C and (+)-gonytolide C via spirochromanone, TETRAHEDRON LETTERS, 58巻, 47号, pp. 4479-4482, 20171122
  14. Current Challenges and Potential Opportunities for the Pharmaceutical Sciences to Make Global Impact: An FIP Perspective, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 105巻, 9号, pp. 2489-2497, 2016
  15. An Insight into Different Stabilization Mechanisms of Phenytoin Derivatives Supersaturation by HPMC and PVP, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 104巻, 8号, pp. 2574-2582, 2015
  16. Synthesis and evaluation of C-11-labeled pyroglutamic acid amide derivatives for the imaging of glial cells by PET, JOURNAL OF LABELLED COMPOUNDS & RADIOPHARMACEUTICALS, 58巻, pp. S45-S45, 2015
  17. ★, SELECTIVE SYNTHESIS OF BENZYL ENOL ETHERS OF beta-DICARBONYL COMPOUNDS IN BASIC CONDITION AND THE APPLICATION TOWARDS SYNTHESIS OF NAPHTHOQUINONES, HETEROCYCLES, 88巻, 1号, pp. 817-825, 2014
  18. Catalytic Performance of Polystyrene-Bound ChibaG Derivatives as Guanidine Organobases in Asymmetric Michael Additions, HELVETICA CHIMICA ACTA, 97巻, 3号, pp. 307-314, 2014
  19. ★, Synthesis of a Natural Chromenoquinone via the Diels-Alder Reaction of Pyranobenzyne and Furan, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 62巻, 8号, pp. 820-823, 2014
  20. Synthesis of ortho-Phenylenebis(guanidine) Derivatives with Potential Chirality, HELVETICA CHIMICA ACTA, 97巻, 11号, pp. 1453-1468, 2014
  21. Quantitative analysis of miroestrol and kwakhurin for standardisation of Thai miracle herb "Kwao Keur' (Pueraria mirifica) and establishment of simple isolation procedure for highly estrogenic miroestrol and deoxymiroestrol, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 27巻, 4-5号, pp. 371-378, 2013
  22. Synthesis of the Aziridinomitosene Skeleton by Application of Guanidinium Ylide-Mediated Aziridination, HELVETICA CHIMICA ACTA, 96巻, 3号, pp. 379-388, 2013
  23. Immobilized 1,2-Bis(guanidinoalkyl)benzenes: Potentially Useful for the Purification of Arsenic-Polluted Water, SYNLETT, 24巻, 19号, pp. 2510-2514, 2013
  24. Synthesis of (-)-benzolactam-V8 by application of asymmetric aziridination, TETRAHEDRON, 68巻, 3号, pp. 878-882, 2012
  25. Synthesis of jadomycin A and related jadomycin aglycons: structural re-examination of jadomycins S and T may be needed, TETRAHEDRON LETTERS, 53巻, 4号, pp. 383-387, 2012
  26. CHIBA-G-CATALYZED INTRAMOLECULAR OXO-MICHAEL ADDITION: SYNTHETIC APPROACHES TO VITAMINE E SKELETON, HETEROCYCLES, 84巻, 2号, pp. 1045-1056, 2012
  27. New 2-Aryl-1,4-naphthoquinone-1-oxime Methyl Ether Compound Induces Microtubule Depolymerization and Subsequent Apoptosis, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 118巻, 4号, pp. 467-478, 2012
  28. Mechanism of nanoparticle formation from ternary coground phenytoin and its derivatives, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 101巻, 9号, pp. 3413-3424, 2012
  29. Enantioselective Construction of a Polyhydroxylated Pyrrolidine Skeleton from 3-Vinylaziridine-2-carboxylates: Synthesis of (+)-DMDP and a Potential Common Intermediate for (+)-Hyacinthacine A(1) and (+)-1-epi-Australine, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 77巻, 18号, pp. 7988-7999, 2012
  30. Syntheses of Prekinamycin and a Tetracyclic Quinone from Common Synthetic Intermediates, HELVETICA CHIMICA ACTA, 94巻, 4号, pp. 578-591, 2011
  31. Q172H Replacement Overcomes Effects on the Metabolism of Cyclophosphamide and Efavirenz Caused by CYP2B6 Variant with Arg262, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 39巻, 11号, pp. 2045-2048, 2011
  32. Biologically active constituents of Aglaia erythrosperma, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 25巻, 17号, pp. 1621-1628, 2011
  33. Synthesis of optically active left fragment of ambruticin via enzymatic resolution, JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS B-ENZYMATIC, 62巻, 1号, pp. 114-114, 2010
  34. Complexability of o-bisguanidinobenzenes with arsenic and phosphoric acids in solution and solid states, and the potential use of their immobilized derivatives as solid base ligands for metal salts and arsenic acid, MOLECULAR DIVERSITY, 14巻, 1号, pp. 131-145, 2010
  35. Synthetic studies on jadomycins: synthesis of dimethyljadomycin A, TETRAHEDRON LETTERS, 51巻, 9号, pp. 1338-1340, 2010
  36. Ring-opening reaction of unactivated 3-arylaziridine-2-carboxylates with nitrile reagents, TETRAHEDRON, 66巻, 21号, pp. 3836-3841, 2010
  37. Access to the nicotine system by application of a guanidine-catalyzed asymmetric Michael addition of diphenyliminoacetate with 3-pyridyl vinyl ketone, TETRAHEDRON LETTERS, 51巻, 30号, pp. 3927-3930, 2010
  38. Design of New Scaffolds for Increased Superbasicity of Bisguanidine Proton Sponges, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 83巻, 9号, pp. 1055-1057, 2010
  39. Synthetic Studies towards Kinamycin Antibiotics, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 130巻, 11号, pp. 1535-1541, 2010
  40. Synthesis, Physical Properties, and Cytotoxicity of Nitroxyl - Aziridine Hybrid, HELVETICA CHIMICA ACTA, 93巻, 11号, pp. 2109-2114, 2010
  41. Exceptional Superbasicity of Bis(guanidine) Proton Sponges Imposed by the Bis(secododecahedrane) Molecular Scaffold: A Computational Study, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 34号, pp. 6563-6572, 2010
  42. M10709, A NEW CYCLIC PEPTIDE ANTIBIOTIC FROM CLINICALLY ISOLATED STREPTOMYCES SP., HETEROCYCLES, 80巻, 1号, pp. 281-288, 2010
  43. CHARACTERIZATION OF VARIOUS O-BISGUANIDINOBENZENE-BENZOIC ACID COMPLEXES IN SOLID AND IN SOLUTION STATES, HETEROCYCLES, 80巻, 1号, pp. 303-311, 2010
  44. The structure-activity relationship between oxycoumarin derivatives showing inhibitory effects on iNOS in mouse macrophage RAW264.7 cells, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 63巻, 1号, pp. 15-20, 2009
  45. Inhibitory effect of oxycoumarins isolated from the Thai medicinal plant Clausena guillauminii on the inflammation mediators, iNOS, TNF-alpha, and COX-2 expression in mouse macrophage RAW 264.7, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 63巻, 1号, pp. 21-27, 2009
  46. Inhibitory effect of the extracts from Thai medicinal plants on iNOS expression in mouse macrophage RAW 264.7, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 63巻, 1号, pp. 107-110, 2009
  47. Insight into estrogenicity of phytoestrogens using in silico simulation, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 379巻, 1号, pp. 139-144, 2009
  48. Synthetic studies toward miroestrols: trials for elongation of the methyl group of 5-substituted 2-methyl-2-cyclohexanone to 3-methyl-2-butenyl function, TETRAHEDRON, 65巻, 4号, pp. 771-785, 2009
  49. SEMI-QUANTITATIVE APPROACHES TO THE COORDINATION ABILITY OF o-BISGUANIDINOBENZENES WITH METAL SALTS, HETEROCYCLES, 77巻, 1号, pp. 375-387, 2009
  50. DIHYDROXYLATION OF FUNCTIONALIZED COUMARIN DERIVATIVES, HETEROCYCLES, 77巻, 1号, pp. 603-610, 2009
  51. ISOLATION OF beta-SITOSTEROL AND DIGALACTOPYRANOSYL-DIACYLGLYCERIDE FROM CITRUS HYSTRIX, A THAI TRADITIONAL HERB, AS PANCREATIC LIPASE INHIBITORS, HETEROCYCLES, 78巻, 6号, pp. 1497-1505, 2009
  52. Isolation of Acridone Alkaloids and N-[(4-Monoterpenyloxy)phenylethyl]-Substituted Sulfur-Containing Propanamide Derivatives from Glycosmis parva and Their Anti-herpes Simplex Virus Activity, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 57巻, 11号, pp. 1246-1250, 2009
  53. Optical resolution of (+/-)-1,2-bis(2-methylphenyl)ethylene-1,2-diamine as a chiral framework for 2-iminoimidazolidine with 2-methylphenyl pendant and the guanidine-catalyzed asymmetric Michael reaction of tert-butyl diphenyliminoacetate and ethyl acrylate, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 73巻, 1号, pp. 133-141, 2008
  54. A new sesquiterpene and other terpenoid constituents of Chisocheton penduliflorus, ARCHIVES OF PHARMACAL RESEARCH, 31巻, 1号, pp. 21-27, 2008
  55. Oxidation of 5-methoxy-N,N-diisopropyltryptamine in rat liver microsomes and recombinant cytochrome P450 enzymes, BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 75巻, 3号, pp. 752-760, 2008
  56. Electrochemical dissolution and redeposition of electropolymerized polyindole film, CHEMISTRY LETTERS, 37巻, 2号, pp. 196-197, 2008
  57. The roles of amino acid residues at positions 216 and 219 in the structural stability and metabolic functions of rat cytochrome P450 2D1 and 2D2, CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS, 172巻, 1号, pp. 11-21, 2008
  58. Guanidine-catalyzed asymmetric synthesis of 2,2-disubstituted chromane skeletons by intramolecular oxa-Michael addition, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 16号, pp. 2759-2766, 2008
  59. Diels-Alder reactions using 4,7-dioxygenated indanones as dienophiles for regioselective construction of oxygenated 2,3-dihydrobenz[f]indenone skeleton, BEILSTEIN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 4巻, 2008
  60. Chemical constituents of Aristolochia constricta: Antispasmodic effects of its constituents in guinea-pig ileum and isolation of a diterpeno-lignan hybrid, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 71巻, 7号, pp. 1167-1172, 2008
  61. Simultaneous analysis of six phenethylamine-type designer drugs by TLC, LC-MS, and GC-MS, FORENSIC TOXICOLOGY, 26巻, 1号, pp. 6-12, 2008
  62. EPIMERIZATION OF TRANS-3-ARYLAZIRIDINE-2-CARBOXYLATES AT THE C3 POSITION, HETEROCYCLES, 76巻, 2号, pp. 1155-1170, 2008
  63. Ring-opening reactions of 3-aryl-1-benzylaziridine-2-carboxylates and application to the asymmetric synthesis of an amphetamine-type compound, HELVETICA CHIMICA ACTA, 90巻, 1号, pp. 128-142, 2007
  64. Application of ascorbic acid 2-glucoside as a solubilizing agent for clarithromycin: Solubilization and nanoparticle formation, INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 331巻, 1号, pp. 38-45, 2007
  65. Boron trichloride mediated regioselective claisen rearrangement of resorcinol derivatives: Application to resorcinol carvonyl ethers, SYNTHESIS-STUTTGART, 12号, pp. 1785-1796, 2007
  66. Practical enzymatic desymmetrization of 2-(ethoxycarbonyl)propane-1,3-diyl dihexanoate and model cyclization for the A-D ring system of lysergic acid, HELVETICA CHIMICA ACTA, 90巻, 7号, pp. 1420-1438, 2007
  67. ★, Total synthesis of (+/-)-methyl-kinamycin C, TETRAHEDRON, 63巻, 24号, pp. 5189-5199, 2007
  68. Quantum-chemical study of 1,2-bis(dimethylethyleneguanidino)benzenes, HETEROCYCLES, 71巻, 12号, pp. 2639-2658, 2007
  69. OXIDATIVE METABOLISM OF 5-MeO-DIPT BY RAT CYP2DENZYMES, DRUG METABOLISM REVIEWS, 39巻, pp. 115-116, 2007
  70. Highly diastereoselective silyl-modified Sakurai multicomponent reaction, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 45巻, 20号, pp. 3357-3360, 2006
  71. Structural Revision of the Ring-Opened Product in the ZnCl 2-Catalyzed Reactions of 1-Benzyl-2-phenylaziridine with Thiols, Synlett, pp. 362-364, 2004
  72. Synthetic studies on kinamycin antibiotics: Synthesis of a trioxygenated benz[f]indenone and its Diels-Alder reaction to a kinamycin skeleton, Helvetica Chimica Acta, 85巻, pp. 1186-1195, 2002
  73. Remarkable Stereocontrol in the Palladium-Catalysed Cyclopropanation of Vinyl- and Dienylboronates by Substituted Diazoalkanes,, Advanced Synthesis and Catalysis, 344巻, pp. 1063-1067, 2002
  74. Modified guanidines as chiral superbases: Application to asymmetric Michael reaction of glycine imine with acrylate or its related compounds, Chemical Communications, pp. 245-246, 2001
  75. ★, Synthetic studies on kinamycin antibiotics: Elaboration of a highly oxygenated D ring, Tetrahedron, 57巻, pp. 2717-2728, 2001
  76. Synthesis of enantiomeric 4-hydroxypropranolols from 1,4-dihydroxynaphthalene, Tetrahedron Asymmetry, 12巻, pp. 791-795, 2001
  77. ★, Synthetic studies on kinamycin antibiotics: Elaboration of a highly oxygenated D-ring, Tetrahedron Letters, 41巻, pp. 5693-5697, 2000
  78. Solvent effects on stereoselectivity in 2,3-dimethyl-4-chromanone cyclization by quinine-catalyzed asymmetric intramolecular oxo-Michael addition, Tetrahedron Asymmetry, 11巻, pp. 4633-4637, 2000
  79. Enantioselective total synthesis of anti HIV-1 active (+)-calanolide A through a quinine-catalyzed asymmetric intramolecular oxo-Michael addition, Tetrahedron Letters, 41巻, pp. 10229-10232, 2000
  80. An approach to anti-HIV-1 active Calophyllum coumarin synthesis: An enantioselective construction of 2,3-dimethyl-4-chromanone ring by quinineassisted intramolecular Michael-type addition, Tetrahedron Letters, 41巻, pp. 3777-3780, 1999
  81. Enantioselective Horner-Wadsworth-Emmons reaction using chiral lithium 2-aminoalkoxides, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 45巻, pp. 753-755, 1997
  82. Chiral lithium 2-aminoalkoxides as reagents for enantioselective Michael reaction, Tetrahedron Asymmetry, 5巻, 8号, pp. 1431-1432, 1994

著書等出版物

  1. 2019年04月, Chapter 1. Recent Progress in Aryne Cycloaddition Reactions, Cycloaddition Reactions: Advances in Research and Applications, NOVA SCIENCE PUBLISHERS, 2019年, 4, 単行本(学術書), 共著, 英語, 熊本卓哉,片川和明, 978-1-53615-420-7, 282, 45, Chapter 1.

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 温和な条件下における不活性型オレフィンに対する還元的ヘック反応の開発, 白井 孝弘, 右寺 勇亮,中嶋 龍,熊本 卓哉, 第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 通常, 日本語
  2. ヒドロホウ素化を利用したプレニル保護基の化学選択的除去法の開発, 中嶋 龍, 屋良 涼太,林 ルナ,白井 孝弘,熊本 卓哉, 第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2022年11月06日, 通常, 日本語
  3. Direct N1-selective alkylation of hydantoins using potassium bases, Takuya Kumamoto, Yumi Shintani, Koichi Kato, Masashi Kawami, Mikihisa Takano, FIP Seville 2022 80TH FIP WORLD CONGRESS OF PHARMACY AND PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2022年09月20日, 通常, 英語
  4. Digital science, accelerating medicine discovery, Takuya Kumamoto, FIP Seville 2022 80TH FIP WORLD CONGRESS OF PHARMACY AND PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2022年09月19日, 招待, 英語, FIP (International Pharmacy Federation), Seville, Spain
  5. ヒドロホウ素化を利用したプレニル基の化学選択的除去法の開発, 屋良 涼太、中嶋 龍、白井 孝宏、熊本 卓哉, 日本薬学会第142年会(名古屋), 2022年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, (名古屋,オンライン)
  6. Synthetic study toward natural chromenoquinone teretifolione B via chiral chromene synthesis, 熊本 卓哉, 海沼 美香,若宮 優貴,片川 和明, AIMECS 2021 13th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, 2021年11月29日, 通常, 英語, Asian Federation for Medicinal Chemistry (AFMC)
  7. Brasiliquinone 類の不斉全合成, 熊本 卓哉, 三宅 弘城,中嶋 龍, 第47回反応と合成の進歩シンポジウム, 2021年10月02日, 通常, 日本語, 日本薬学会, Zoom
  8. Synthetic study towards anticancer aromatic polyketides antibiotics, 熊本卓哉, Hiroshima University and Council of Scientific & Industrial Research JOINT INTERNATIONAL WORKSHOP​, 2021年09月30日, 招待, 英語, 広島大学,Council of Scientific & Industrial Research, Zoom
  9. Brasiliquinone 類の不斉全合成, 三宅弘城、中嶋龍、〇熊本卓哉, 第37回有機合成化学セミナー, 2021年09月16日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会中国四国支部, オンライン
  10. アクチノロジン生合成における連続水酸化反応機構の解析(第8報), 橋元誠,高﨑祐里,石川和樹,熊本卓哉,市瀬浩志, 第65回日本薬学会関東支部大会, 2021年09月11日, 通常, 日本語, 日本薬学会関東支部, オンライン
  11. Teretifolione B 全合成に向けた SNAr をもちいた光学活性ベンゾクロメン類の不斉構築, 若宮 優貴、熊本 卓哉, 日本薬学会第141年会, 2021年03月28日, 通常, 日本語
  12. Brasiliquinone B, C の不斉全合成, 三宅 弘城、中嶋 龍、熊本 卓哉, 日本薬学会第141年会, 2021年03月28日, 通常, 日本語
  13. スピロ中間体を経由した blennolide A の全合成研究, 西尾 卓哉、中上 翼、中嶋 龍、熊本 卓哉, 日本薬学会第141年会, 2021年03月27日, 通常, 日本語
  14. ルテニウム触媒による位置選択的な二重結合移動反応の開発, 白井孝宏,熊本 卓哉, 日本薬学会第141年会, 2021年03月27日, 通常, 日本語
  15. アクチノロジン生合成におけるアリールカップリング反応機構の解析(第4報), 橋元 誠、渡 進、田口 貴章、石川 和樹、熊本 卓哉、岡本 晋、市瀬 浩志, 日本薬学会第141年会, 2021年03月27日, 通常, 日本語
  16. アクチノロジン生合成におけるアリールカップリング反応機構の解析(第5報), 渡 進、橋元 誠、田口 貴章、石川 和樹、熊本 卓哉、岡本 晋、市瀬 浩志, 日本薬学会第141年会, 2021年03月27日, 通常, 日本語
  17. アクチノロジン生合成における連続水酸化反応機構の解析(第7報), 高﨑 祐里,橋元 誠、石川 和樹、熊本 卓哉、市瀬 浩志, 日本薬学会第141年会, 2021年03月27日, 通常, 日本語
  18. Synthetic study toward chromene / xanthone natural products, 熊本 卓哉, Joint Symposium between CSIR-CDRI and HiU-P-DDS, 2021年03月05日, 招待, 英語, 広島大学,CSIR-CDRI, (Zoom ミーティング)
  19. Synthetic study toward polyketide antibiotics, 熊本 卓哉, HU and BITS Pilani 2nd Joint Workshop, 2020年11月20日, 招待, 英語, 広島大学,BITS Pilani, (Zoom ミーティング)
  20. (+-)-Brasiliquinone C の全合成, 三宅 弘城,中嶋 龍,熊本 卓哉, 第64回 日本薬学会関東支部大会, 2020年09月19日, 通常, 日本語, 日本薬学会関東支部, 東京(オンライン)
  21. Introduction of SIG New Medicines, 熊本卓哉, Intro to FIP SIG: Drug Delivery & Manufacturing, New Medicines & New Generation of Pharm. Scientists, 2020年07月12日, 招待, 英語, 世界薬学連合, Zoom ミーティング
  22. 分子内 SNAr によるスピロ中間体形成を経由した Blennolide A の全合成研究, 中上 翼,西尾 卓哉,中嶋 龍,熊本 卓哉, 日本薬学会第140年会, 2020年03月28日, 通常, 日本語
  23. Brasiliquinone B の全合成研究 ~酸化的環化による4環式骨格の構築~, 三宅弘城,中嶋龍,熊本卓哉, 日本薬学会第140年会, 2020年03月26日, 通常, 日本語
  24. アクチノロジン生合成における連続水酸化反応機構の解析(第6報), 網野 祐、橋元 誠、田口 貴章、石川 和樹、熊本 卓哉、岡本 晋、市瀬 浩志, 日本薬学会第140年会, 2020年03月26日, 通常, 日本語
  25. クロメン・クロマノン系天然由来生物活性化合物の合成研究, 立命館大学 精密合成化学セミナー (第4回), 2020年02月13日, 招待, 日本語, 立命館大学薬学部, 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス, 立命館大学薬学部で開催されている精密合成化学セミナーの講師として招待され,講演を行った.
  26. 6-デオキシデヒドロカラファンギンの全合成, 熊本卓哉,海沼美香,高橋梓,松尾芳香,穴田仁洋,片川和明, 第45回 反応と合成の進歩シンポジウム, 2019年10月28日, 通常, 日本語
  27. アクチノロジン生合成に関与する二機能性酵素の同定と特性解析, 市瀬 浩志, 田口 貴章、淡川 孝義、橋元 誠、石川 和樹、片川 和明、熊本 卓哉、大西 康夫、岡本 晋, 第61回 天然有機化合物討論会, 2019年09月12日, 通常, 日本語, 広島
  28. Synthesis of Polycyclic Chromene Natural Products Based on Benzyne Cycloaddition Strategy, 片川和明, Mika Kainuma, Shun Maeda, Saki Kato, Ryusei Fukagawa, Shunsuke Sueki, Masahiro Anada, Takuya Kumamoto, 第27回国際複素環化学会議, 2019年09月03日, 通常, 英語
  29. 6-デオキシデヒドロカラファンギンの全合成, 熊本卓哉, 海沼美香,高橋梓,松尾佳香,穴田仁洋,片川和明, 第27回 国際複素環化学会議, 2019年09月03日, 通常, 英語, 国際複素環学会, 京都
  30. スピロ中間体を経由する天然由来キサントン ブレノライド類の合成研究, 中上翼, 西尾卓哉,中嶋龍,熊本卓哉, 第27回国際複素環化学会議, 2019年09月03日, 通常, 英語, 京都
  31. Synthetic Studies toward Natural Xanthones via Spiro Compounds, Takuya Kumamoto, Kanna Adachi, Sho Hasegawa, Takuya Nishio, Tsubasa Nakaue, Ryo Nakajima, and Kazuaki Katakawa, 27th 日仏精密有機合成化学協会, 2019年05月20日, 通常, 英語
  32. ブッセイヒドロキノン類の合成研究, 片川 和明 ,深川 瑠晟,前田 駿,加藤 沙紀,長谷川 賢人,山辺 果奈,末木 俊輔,穴田 仁洋,熊本 卓哉, 日本薬学会第139年会, 2019年03月21日, 通常, 日本語, 日本薬学会
  33. スピロクロマノンを経由するブレノライド類の合成研究: α-酸素化シクロヘキセノンの合成, 中上 翼,西尾 卓哉,中嶋 龍,熊本 卓哉, 日本薬学会第139年会, 2019年03月21日, 通常, 日本語
  34. P2X7 受容体のイメージングの PET トレーサーの設計と合成, 熊本 卓哉,加藤 孝一,宿里 美穂,花川 隆, 日本薬学会第139年会, 2019年03月21日, 通常, 日本語
  35. Brasiliquinone B の全合成研究, 三宅弘城,中嶋龍,熊本卓哉, 日本薬学会第139年会, 2019年03月21日, 通常, 日本語
  36. 抗 HIV 活性コノクルボンの合成研究: Diels-Alder モデル反応と三量体フランの合成研究, 森山 貴博,中嶋 龍,熊本 卓哉, 日本薬学会第139年会, 2019年03月21日, 通常, 日本語
  37. ブレノライド類の全合成研究, 西尾 卓哉,中上 翼,中嶋 龍,熊本 卓哉, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月16日, 通常, 日本語
  38. Brasiliquinone B の全合成研究, 三宅 弘城, 太田 真由,津野 文菜 ,片川 和明,中嶋 龍,熊本 卓哉, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  39. 抗 HIV 活性コノクルボンの合成研究:Diels-Alder モデル反応と三量体フランの合成研究, 森山 貴博, 中嶋 龍,片川 和明,熊本 卓哉, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  40. Blennolide C と gonytolide C の不斉全合成, 熊本卓哉, 安達栞菜、長谷川将、片川和明、西尾卓哉, 第60回天然有機化合物討論会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  41. クロメン・クロマノン系天然由来生物活性化合物の合成研究, 熊本 卓哉, 第34回 若手化学者のための化学道場(in 高知), 2018年09月14日, 招待, 日本語, 有機合成化学協会
  42. 2018年09月03日, 通常, 英語
  43. 熊本卓哉, 安達栞菜,長谷川将,片川和明, 2018年08月25日, 通常, 英語, 京都
  44. 実務・科学・教育の 融合を目指す~ 国際薬学連合 (FIP) に参画して, 熊本 卓哉, 第139回日本薬学会中国四国支部例会, 2018年06月16日, 招待, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 広島
  45. ピラノベンザインを用いるeustifoline-B の合成研究, 片川 和明,前田 駿,深川 瑠晟,穴田 仁洋,熊本 卓哉, 日本薬学会第138年会, 2018年03月27日, 通常, 日本語
  46. Actinorhodin の生合成中間体とされるDDHK の全合成研究, 高橋 梓,海沼 美香,片川 和明,穴田 仁洋,熊本 卓哉, 日本薬学会第138年会, 2018年03月26日, 通常, 日本語
  47. FIP (BPS) の紹介,FIPと日本との交流について, 熊本 卓哉, 2018年01月25日, 招待, 日本語, 国際薬学連合 社会薬学部門, (Webinar)
  48. Blennolide 類の全合成研究, 西尾 卓哉, 小竹 愛、山口 さやか、奥田 あすな、片川 和明、熊本 卓哉, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 徳島
  49. 多量体構造をもつ天然物に向けた合成研究, 熊本 卓哉, 第4回次世代の有機化学・広島シンポジウム, 2017年10月06日, 招待, 日本語, 広島
  50. Environmental impact of drug manufacturing, 熊本卓哉, 国際薬学連合 薬科学系国際会議 2017, 2017年05月24日, 招待, 英語, 国際薬学連合, ストックホルム
  51. Synthetic studies toward natural chromenes with biological activity: Asymmetric total synthesis of gonytolide C and blennolide C via spiro chromanone, Kanna Adachi, Kazuaki Katakawa, Takuya Kumamoto, the 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017, 2017年05月21日, 通常, 英語, 国際薬学連合, ストックホルム
  52. Gonytolide C と blennolide C の不斉全合成, 安達 栞奈,片川 和明,熊本 卓哉, 日本薬学会第137年会, 2017年03月25日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 仙台
  53. スピロ化合物を経由する(+)-blennolide Cの不斉全合成, 安達 栞菜,長谷川 将,片川 和明,熊本 卓哉, 第46回 天然薬物利用シンポジウム, 2016年10月27日, 通常, 日本語, 第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム実行委員会, 千葉
  54. メチルテレティフォリオンBおよびテレティフォリオンBの不斉全合成, 片川和明、海沼美香、熊本卓哉, 第46回複素環化学討論会, 2016年09月27日, 通常, 日本語, 第46回複素環化学討論会実行委員会, 金沢
  55. スピロ化合物を経由するBlennolide Cの不斉全合成, 5) 安達 栞菜・片川 和明,熊本 卓哉, 第46回 複素環化学討論会, 2016年09月26日, 通常, 日本語, 第46回複素環化学討論会実行委員会, 金沢
  56. Blennolide C の合成研究, 安達栞菜,片川和明,熊本卓哉, 第71回有機合成化学協会化合支部シンポジウム, 2016年05月14日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会関東支部, 東京
  57. ペプチドトランスポーターによって特異的に輸送される新規がん診断プローブの設計・合成と機能, 阿部 良華,山田 浩行,荒川 大,矢野 健太郎,荻原 琢男,熊本 卓哉, 第71回有機合成化学協会化合支部シンポジウム, 2016年05月14日, 通常, 日本語, 有機合成化学協会関東支部, 東京

社会活動

委員会等委員歴

  1. 薬科学系部門 創薬系部会 委員長, 2012年04月, 2019年09月, 国際薬学連合
  2. 国際交流委員会 委員, 2016年04月, 2021年03月, 日本薬学会
  3. 化教誌編集委員会 委員, 2017年02月, 2021年03月, 日本化学会
  4. 科学系部門 創薬系部会 委員長, 2019年09月, 2021年09月, 国際薬学連合
  5. 有機合成化学協会中国四国支部 支部幹事, 2020年05月, 2021年05月, 有機合成化学協会中国四国支部
  6. 日本薬学会中国四国支部支部幹事, 2020年02月, 2021年02月, 日本薬学会中国四国支部

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 高校生出張講義, 広島大学模擬授業, くすりと有機化学, 2019年/07月/10日, 2019年/07月/10日, 広島市立基町高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  2. 高校生向け講義, 広島大学模擬授業, くすりを創る化学 ~有機化学の役割~, 2019年/11月/15日, 2019年/11月/15日, 広島大学薬学部, 講師, 出前授業, 高校生