中村 庸輝YOKI NAKAMURA

Last Updated :2021/11/15

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) 助教
ホームページ
メールアドレス
nakayokihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 薬学研究棟802
TEL:082-257-5312
自己紹介
慢性疼痛、中枢神経疾患の病態解明を基盤とした新規治療薬の開発を目標に研究しています。最近は、神経因性疼痛の新規治療法の開発と老年期における脳内ミクログリアの機能解明に注力しています。

基本情報

主な職歴

  • 2019年04月01日, 広島大学大学院, 医系科学研究科, 助教
  • 2018年02月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院, 医歯薬保健学研究科, 助教
  • 2013年11月01日, 2018年01月22日, 米国国立薬物乱用研究所, 細胞病理生物学分野, 客員研究員
  • 2013年04月01日, 2013年10月31日, 広島大学大学院, 医歯薬保健学研究院, 広島大学特別研究員

学歴

  • 広島大学, 医歯薬学総合研究科, 薬学専攻 博士後期課程, 日本, 2010年04月, 2013年03月
  • 広島大学, 医歯薬学総合研究科, 薬学専攻 博士前期課程, 日本, 2008年04月, 2010年03月
  • 福山大学, 薬学部, 薬学科, 日本, 2004年04月, 2008年03月

学位

  • 博士(薬学) (広島大学)
  • 修士(薬学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科 : 薬学プログラム
  • 【学士課程】 薬学部 : 薬科学科 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 薬理系薬学

研究キーワード

  • ミクログリア、神経障害性疼痛、三叉神経ニューロパチー、細胞老化、薬物依存、精神疾患、シグマ受容体、HMGB1

所属学会

  • 日本薬理学会 (学術評議員)
  • 日本薬学会 (薬理系薬学部会若手世話人)
  • 日本疼痛学会
  • 日本神経精神薬理学会
  • 日本基礎老化学会
  • 北米神経科学学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 薬理学実習
  2. 2021年, 学部専門, 3ターム, 日本薬局方演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Stimulation of nuclear receptor REV-ERBs suppresses inflammatory responses in spinal microglia, Neurochemistry International, 151巻, 2021
  2. Lysophosphatidic acid induces thrombospondin-1 production in primary cultured rat cortical astrocytes., Journal of Neurochemistry, 158巻, 4号, pp. 849-864, 2021
  3. p-Nitroterphenyl Units for Near-Infrared Two-Photon Uncaging of Calcium Ions, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 409巻, pp. 113154, 2021
  4. Genomic Action of Sigma-1 Receptor Chaperone Relates to Neuropathic Pain, Molecular Neurobiology, 58巻, 6号, pp. 2523-2541, 2021
  5. Downregulation of connexin43 potentiates noradrenalineinduced expression of brain-derived neurotrophic factor in primary cultured cortical astrocytes., Journal of Cellular Physiology, 2021
  6. Perineural high-mobility group box 1 induces mechanical hypersensitivity through activation of spinal microglia: involvement of glutamate-NMDA receptor dependent mechanism in spinal dorsal horn., Biochemical Pharmacology, 186巻, pp. 114496, 2021
  7. Pretreatment with high mobility group box-1 monoclonal antibody prevents the onset of trigeminal neuropathy in mice with a distal infraorbital nerve chronic constriction injury., Molecules, 26巻, 7号, pp. 2035-2035, 2021
  8. Treatment with histone deacetylase inhibitor attenuates peripheral inflammation-induced cognitive dysfunction and microglial activation: the effect of SAHA as a peripheral HDAC inhibitor., Neurochemical Research, 2021
  9. Decreased connexin43 expression in the hippocampus is related to the antidepressant effect of amitriptyline in neuropathic pain mice, Biochemical and Biophysical Research Communications, 2021
  10. Corticosterone Induces HMGB1 Release in Primary Cultured Rat Cortical Astrocytes: Involvement of Pannexin-1 and P2X7 Receptor-Dependent Mechanisms., Cells, 9巻, 5号, 2020
  11. Stimulation of toll-like receptor 4 downregulates the expression of alpha7 nicotinic acetylcholine receptors via histone deacetylase in rodent microglia., Neurochemistry International, 138巻, 2020
  12. Continuous infusion of substance P into rat striatum relieves mechanical hypersensitivity caused by a partial sciatic nerve ligation via activation of striatal muscarinic receptors, Behavioural Brain Research, 391巻, 2020
  13. TLR4-TAK1-p38 MAPK pathway and HDAC6 regulate the expression of sigma-1 receptors in rat primary cultured microglia, Journal of Pharmacological Sciences, 144巻, 1号, pp. 23-29, 2020
  14. Continuous infusion of substance P inhibits acute, but not subacute, inflammatory pain induced by complete Freund's adjuvant, Biochemical and Biophysical Research Communications, 533巻, 4号, pp. 971-975, 2020
  15. Cocaine-induced endocannabinoid signaling mediated by sigma-1 receptors and extracellular vesicle secretion, eLIFE, 8巻, 20191009
  16. High-mobility group box 1-mediated microglial activation induces anxiodepressive-like behaviors in mice with neuropathic pain, Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, 92巻, pp. 347-362, 2019
  17. Stimulation of nuclear receptor REV-ERBs suppresses production of pronociceptive molecules in cultured spinal astrocytes and ameliorates mechanical hypersensitivity of inflammatory and neuropathic pain of mice, Brain, Behavior, and Immunity, 78巻, pp. 116-130, 2019
  18. Role of Connexins in Chronic Pain and Their Potential as Therapeutic Targets for Next-Generation Analgesics, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 42巻, 6号, pp. 857-866, 2019
  19. Spinal high-mobility group box-1 induces long-lasting mechanical hypersensitivity through the toll-like receptor 4 and upregulation of interleukin-1 beta in activated astrocytes, Journal of neurochemistry, 150巻, 6号, pp. 738-758, 2019
  20. Mirtazapine increases glial cell line-derived neurotrophic factor production through lysophosphatidic acid 1 receptor-mediated extracellular signal-regulated kinase signaling in astrocytes, European Journal of Pharmacology, 860巻, 2019
  21. Downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to upregulation of interleukin-6 and cyclooxygenase-2 and mechanical hypersensitivity in mice, Glia, 66巻, 2号, pp. 428-444, 2018
  22. シグマ-1受容体研究の最前線 - 神経変性疾患におけるシグマ-1受容体の多彩な役割 -, 基礎老化研究, 41巻, 2017
  23. Downregulation of the spinal dorsal horn clock gene Per1 expression leads to mechanical hypersensitivity via c-jun N-terminal kinase and CCL2 production in mice., Molecular and cellular neurosciences, 72巻, 2016
  24. The Sigma-1 Receptor as a Pluripotent Modulator in Living Systems., Trends in pharmacological sciences, 37巻, 4号, 2016
  25. Lycopene ameliorates neuropathic pain by upregulating spinal astrocytic connexin 43 expression., Life sciences, 155巻, 2016
  26. Stimulation of spinal dorsal horn β2-adrenergic receptor ameliorates neuropathic mechanical hypersensitivity through a reduction of phosphorylation of microglial p38 MAP kinase and astrocytic c-jun N-terminal kinase., Neurochemistry international, 101巻, 2016
  27. Downregulation of connexin36 in mouse spinal dorsal horn neurons leads to mechanical allodynia., Journal of neuroscience research, 93巻, 4号, 2015
  28. Tumor necrosis factor-mediated downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to increased glutamatergic neurotransmission and neuropathic pain in mice., Brain, behavior, and immunity, 49巻, 2015
  29. Perineural expression of high-mobility group box-1 contributes to long-lasting mechanical hypersensitivity via matrix metalloproteinase-9 upregulation in mice with painful peripheral neuropathy., Journal of neurochemistry, 2015
  30. A β1/2 adrenergic receptor-sensitive intracellular signaling pathway modulates CCL2 production in cultured spinal astrocytes., Journal of cellular physiology, 229巻, 3号, 2014
  31. Continuous infusion of substance P into rat striatum alleviates nociceptive behavior via phosphorylation of extracellular signal-regulated kinase 1/2., Journal of neurochemistry, 131巻, 6号, 2014
  32. Primary cultures of rat cortical microglia treated with nicotine increases in the expression of excitatory amino acid transporter 1 (GLAST) via the activation of the α7 nicotinic acetylcholine receptor., Neuroscience, 258巻, 2014
  33. Volume transmission of substance P in striatum induced by intraplantar formalin injection attenuates nociceptive responses via activation of the neurokinin 1 receptor., Journal of pharmacological sciences, 121巻, 4号, 2013
  34. The regulation of exon-specific brain-derived neurotrophic factor mRNA expression by protein kinase C in rat cultured dorsal root ganglion neurons., Brain research, 1509巻, 2013
  35. The activation of P2Y6 receptor in cultured spinal microglia induces the production of CCL2 through the MAP kinases-NF-κB pathway., Neuropharmacology, 75巻, 2013
  36. Neuropathic pain in rats with a partial sciatic nerve ligation is alleviated by intravenous injection of monoclonal antibody to high mobility group box-1., PloS one, 8巻, 8号, 2013
  37. Spinal astrocytes contribute to the circadian oscillation of glutamine synthase, cyclooxygenase-1 and clock genes in the lumbar spinal cord of mice., Neurochemistry international, 60巻, 8号, 2012
  38. Activation of transient receptor potential ankyrin 1 evokes nociception through substance P release from primary sensory neurons., Journal of neurochemistry, 120巻, 6号, 2012
  39. Paclitaxel and vinorelbine, evoked the release of substance P from cultured rat dorsal root ganglion cells through different PKC isoform-sensitive ion channels., Neuropharmacology, 57巻, 1号, 2009

著書等出版物

  1. 2019年11月01日, ファルマシア, シグマ-1受容体の新たな内因性リガンド: コリンの新たな役割, 2019年, 11, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 中村庸輝
  2. 2019年07月10日, 別冊 BIO Clinica 慢性炎症と疾患, 慢性疼痛時の HMGB1 の役割, (株)北隆館, 2019年, 07, 共著, 日本語, 中村 庸輝, 中島 一恵, 森岡 徳光, 0919-8237, 150, 110-113

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ミトコンドリア機能障害はミトコンドリア DNA を介してミクログリアの炎症応答を変化させる, 岩本 桃香、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第140回日本薬理学会近畿部会, 2021年11月13日, 通常, 日本語
  2. Connexin43発現低下アストロサイトにおける抗うつ薬Amitriptyline誘導性脳由来神経栄養因子発現亢進メカニズムの解析, 徳永 希、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第140回日本薬理学会近畿部会, 2021年11月13日, 通常, 日本語
  3. 脊髄ミクログリアにおけるRORγを介した疼痛制御機構の検討, 鶴田 真帆、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2021年10月23日, 通常, 日本語
  4. ラット初代培養軟骨細胞におけるREV-ERBagonistの炎症抑制効果の検討, 橋爪 宥樹、元成 初寧、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2021年10月23日, 通常, 日本語
  5. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける海馬での神経可塑性変化に関する検討, 吉本 夏輝、中島 一恵、中村 庸輝、吾郷 由紀夫、森岡 徳光, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2021年10月23日, 通常, 日本語
  6. 末梢ヒストン脱アセチル化酵素阻害は炎症反応が誘発する認知機能障害を改善する, 池田 圭佑、中村 庸輝、中島 一恵、高岡 尚輝、佐能 正剛、古武 弥一郎、 森岡 徳光, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2021年10月23日, 通常, 日本語
  7. Connexin43発現低下アストロサイトにおける抗うつ薬アミトリプチリン誘導性脳由来神経栄養因子発現亢進機序の解明, 徳永 希、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2021年10月23日, 通常, 日本語
  8. Connexin43発現低下アストロサイトにおけるAmitriptylineによる脳由来神経栄養因子発現増強機構の解明, 徳永 希、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2021, 2021年08月28日, 通常, 日本語
  9. HMGB1はパーキンソン病関連性疼痛の維持に寄与する, 佐藤 史爽、中村 庸輝、麻 思萌、河内 貴弘、中島 一恵、王 登莉、劉 克約、西堀 正洋、森岡 徳光, 次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2021, 2021年08月28日, 通常, 日本語
  10. ミクログリアにおいて細胞質mtDNAはinterferon-β の産生を増強する, 岩本 桃香、中村 庸輝、池田 圭佑、中島 一恵、森岡 徳光, 次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2021, 2021年08月28日, 通常, 日本語
  11. ミクログリアの細胞内小器官に着目した α7-ニコチン性アセチルコリン受容体の発現解析, 中村 庸輝、武村 昌俊、松田 陸玖、中島 一恵、森岡 徳光, 生体機能と創薬シンポジウム 2021, 2021年08月26日, 通常, 日本語
  12. ミトコンドリア機能障害が誘発する細胞質へのミトコンドリア DNA 漏出はミクログリアの炎症応答を変化させる, 岩本 桃香, 中村 庸輝, 池田 圭佑, 中島 一恵, 森岡 徳光, 第35回創薬・薬理フォーラム岡山, 2021年07月17日, 通常, 日本語
  13. 神経障害性疼痛マウスの認知機能低下に対するHMGB1中和抗体の効果に関する検討, 吉本 夏輝, 大畑 一努, 中島 一恵,中村 庸輝, 吾郷 由希夫, 王 登莉, 劉 克約, 和氣 秀徳, 西堀 正洋, 森岡 徳光, 第35回創薬・薬理フォーラム岡山, 2021年07月17日, 通常, 日本語
  14. 神経障害性疼痛により生じる認知機能低下に対するHMGB1の関与, 中島 一恵, 大畑 一努, 森脇 航大, 吉本 夏輝, 中村 庸輝, 王 登莉, 劉 克約, 和氣 秀徳, 西堀 正洋, 森岡 徳光, 第43回 日本生物学的精神医学会 第51回 日本神経精神薬理学会 合同年会, 2021年07月15日, 通常, 日本語
  15. ミクログリアにおけるミトコンドリア機能不全が炎症応答へ及ぼす影響, 中村 庸輝, 岩本 桃香, 池田 圭佑, 中島 一恵, 森岡 徳光, 第43回 日本生物学的精神医学会 第51回 日本神経精神薬理学会 合同年会, 2021年07月14日, 通常, 日本語
  16. 慢性疼痛によるストレスがもたらす情動・認知機能異常へのhigh mobility box-1とミクログリアの関与, 森岡 徳光, 中島 一恵, 中村 庸輝, 第43回 日本生物学的精神医学会 第51回 日本神経精神薬理学会 合同年会, 2021年07月14日, 通常, 日本語
  17. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける脳内ミトコンドリア由来DAMPs発現変化とミトコンドリア機能障害に関する検討, 吉本 夏輝、中島 一恵、中村 庸輝、森岡 徳光, 第139回日本薬理学会近畿部会, 2021年06月26日, 通常, 日本語
  18. 胎生期バルプロ酸投与マウスは熱刺激およびカプサイシン誘発痛の増大と機械的アロディニアを示す, 今戸 瑛二、浅野 智志、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光、津賀 一弘、入舩 正浩、田熊 一敞、吾郷 由希夫, 第139回日本薬理学会近畿部会, 2021年06月26日, 通常, 日本語
  19. 末梢炎症により誘発される認知機能障害における末梢ヒストン脱アセチル化酵素の役割, 池田 圭佑、中村 庸輝、中島 一恵、高岡 尚輝、佐能 正剛、古武 弥一郎、森岡 徳光, 日本薬学会第141年会, 2021年03月29日, 通常, 日本語
  20. 核内受容体RORγはミクログリアにおける炎症を制御する, 鶴田 真帆、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 日本薬学会第141年会, 2021年03月29日, 通常, 日本語
  21. パーキンソン病に付随する疼痛に対する high mobility group box-1 の役割, 佐藤 史爽、中村 庸輝、麻 思萌、河内 貴弘、中島 一恵、王 登莉、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、森岡 徳光, 日本薬学会第141年会, 2021年03月28日, 通常, 日本語
  22. ミクログリアにおけるミトコンドリア機能不全は炎症性刺激による interferon-β の産生を増強する, 岩本 桃香、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 日本薬学会第141年会, 2021年03月28日, 通常, 日本語
  23. Connexin43発現が低下したアストロサイトにおける抗うつ薬アミトリプチリンによる脳由来神経栄養因子発現増強メカニズムの解析, 徳永 希、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 日本薬学会第141年会, 2021年03月28日, 通常, 日本語
  24. 神経障害性疼痛モデルマウスの脳におけるミトコンドリア由来DAMPsの発現変化に関する検討, 吉本 夏輝、中島 一恵、中村 庸輝、森岡 徳光, 日本薬学会第141年会, オンライン開催, 2021年03月28日, 通常, 日本語
  25. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける疼痛閾値の低下と認知機能低下に対する抗マウスIL-6受容体抗体MR16-1の効果, 森脇 航大、中島 一恵、吉井 稔紀、中村 庸輝、森岡 徳光, 日本薬学会第141年会, 2021年03月27日, 通常, 日本語
  26. α7ニコチン性アセチルコリン受容体はシグマ-1受容体と物理的に相互作用する, 中村 庸輝、武村 昌俊、池田 圭佑、中島 一恵、森岡 徳光, 第94回日本薬理学会年会, 2021年03月09日, 通常, 英語
  27. 抗マウスIL-6受容体抗体 (MR16-1) は神経障害性疼痛モデルマウスにおける疼痛閾値の低下と認知機能低下を改善する, 森脇 航大、中島 一恵、吉井 稔紀、中村 庸輝、森岡 徳光, 第94回日本薬理学会年会, 2021年03月09日, 通常, 英語
  28. パーキンソン病における痛覚過敏へのhigh mobility group box-1中和抗体の抑制効果, 佐藤 史爽、中村 庸輝、麻 思萌、河内 貴弘、中島 一恵、王 登莉、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、森岡 徳光, 第94回日本薬理学会年会, 2021年03月09日, 通常, 英語
  29. ミクログリアにおけるミトコンドリア機能不全が炎症誘発性I型インターフェロン発現に及ぼす影響, 岩本 桃香、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第94回日本薬理学会年会, 2021年03月09日, 通常, 英語
  30. パーキンソン病モデルマウスにおいて脳脊髄液中 high mobility group box-1 増加は知覚異常を惹起する, 佐藤 史爽、中村 庸輝、麻 思萌、河内 貴弘、中島 一恵、王 登莉、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、森岡 徳光, 第33回創薬・薬理フォーラム岡山, 2020年12月26日, 通常, 日本語
  31. アストロサイトのconnexin43発現低下による抗うつ効果増強メカニズムの検討, 瀧本 朋代、近藤 峻、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2020年12月07日, 通常, 日本語
  32. 神経障害性疼痛マウスの認知機能低下に対するHMGB1の役割に関する検討, 大畑 一努、中島 一恵、森脇 航大、吉本 夏輝、中村 庸輝、王 登莉、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、森岡 徳光, 第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2020年12月07日, 通常, 日本語
  33. ラット大脳皮質由来初代培養アストロサイトにおけるcorticosterone誘導性 highmobility group box 1放出増加メカニズムの検討, 石川 史奈、中島 一恵、竹内 佑香、東 穂奈美、中村 庸輝、王 登莉、劉 克約、和気 秀徳、西堀 正洋、仲田 義啓、森岡 徳光, 第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2020年12月07日, 通常, 日本語
  34. 坐骨神経におけるhigh mobility group box-1は脊髄後角NMDA受容体を介して疼痛を惹起する, 宮下 佳大、中村 庸輝、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、森岡 徳光, 第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2020年12月07日, 通常, 日本語
  35. アルツハイマー病新規治療戦略に向けたα7ニコチン性アセチルコリン受容体とシグマ1受容体相互作用メカニズムの解明, 武村 昌俊、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2020年12月07日, 通常, 日本語
  36. 三叉神経ニューロパチー発症に対する抗 high mobility group box‒1 中和抗体の予防効果, 中村 庸輝、河内 貴弘、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、入舩 正浩、森岡 徳光, 第42回日本疼痛学会年会, 2020年12月04日, 通常, 日本語
  37. 神経障害性疼痛における high mobility group box-1 の多彩な役割と創薬への展開, 森岡 徳光、中村 庸輝、中島 一恵, 第138回日本薬理学会近畿部会, 2020年11月14日, 招待, 日本語
  38. HMGB1中和抗体はパーキンソン病モデルマウスに付随する疼痛を緩和する, 佐藤 史爽、中村 庸輝、麻 思萌、河内 貴弘、中島 一恵、王 登莉、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、森岡 徳光, 第138回日本薬理学会近畿部会, 2020年11月14日, 通常, 日本語
  39. TLR4-TAK1-p38 MAPK 経路 と HDAC6 はミクログリアにおけるシグマ1受容体発現を低下させる, 岩本 桃香、武村 昌俊、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第138回日本薬理学会近畿部会, 2020年11月14日, 通常, 日本語
  40. Corticosterone 処置によるラット大脳皮質由来初代培養アストロサイトからの high-mobility group box 1 放出機構の検討, 石川 史奈、中島 一恵、東 穂奈美、中村 庸輝、王 登莉、劉 克約、和気 秀徳、西堀 正洋、仲田 義啓、森岡 徳光, NPBPPP 2020 合同年会, 2020年08月21日, 通常, 日本語
  41. ミクログリアのシグマ 1 受容体発現は TLR4-TAK1-p38 MAPK 経路と HDAC6 により制御される, 岩本 桃香、武村 昌俊、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, NPBPPP 2020 合同年会, 2020年08月21日, 通常, 日本語
  42. HMGB1 中和抗体の局所投与はマウス遠位眼窩下神経慢性絞扼により発生する 顔面感覚異常の発症を予防する, 河内 貴弘、中村 庸輝、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、入舩 正浩 、森岡 徳光, 第137回日本薬理学会近畿部会, 2020年06月20日, 通常, 日本語
  43. ミクログリアにおける炎症性刺激は p38 MAP キナーゼ及び HDAC6 を介 してシグマ1受容体発現低下を引き起こす, 武村 昌俊、岩本 桃香、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 日本薬学会第140年会, 2020年03月27日, 通常, 日本語
  44. 神経障害性疼痛におけるグリア細胞制御を介したhigh mobility group box-1の多彩な役割, 森岡 徳光、中村 庸輝、中島 一恵, 日本薬学会第140年会, 2020年03月27日, 通常, 日本語
  45. High mobility group box-1 は三叉神経ニューロパチーを誘発する, 中村 庸輝、河内 貴弘、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、入舩 正浩、森岡 徳光, 日本薬学会第140年会, 2020年03月26日, 通常, 日本語
  46. Toll-like receptor 4 の活性化はミクログリアにおいてシグマ1受容体発現減少を引き起こす, 岩本 桃香、武村 昌俊、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第93回日本薬理学会年会, 2020年03月18日, 通常, 英語
  47. 眼窩下神経慢性絞扼モデルマウスに対する神経傷害部位へのHMGB1中和抗体投与は三叉神経領域における疼痛様行動を抑制する, 河内 貴弘、中村 庸輝、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、入舩 正浩、森岡 徳光, 第93回日本薬理学会年会, 2020年03月16日, 通常, 英語
  48. ラット大脳皮質由来初代培養アストロサイトにおけるcorticosterone誘導性high-mobility group box 1放出機構の解明, 石川 史奈、中島 一恵、東 穂奈美、中村 庸輝、森岡 徳光, 第32回創薬・薬理フォーラム岡山, 2019年12月21日, 通常, 日本語
  49. ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤は末梢炎症に起因する認知機能障害を改善する, 高田 直樹、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第32回創薬・薬理フォーラム岡山, 2019年12月21日, 通常, 日本語
  50. ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬は脳内炎症の抑制を介して末梢炎症誘発性の認知機能障害を改善する, 高田 直樹、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第136回日本薬理学会近畿部会, 2019年11月23日, 通常, 日本語
  51. ミクログリアにおける核内受容体 REV-ERBs の炎症制御機構の解明, 児玉 景太郎、鶴田 真帆、武村 昌俊、岩本 桃香、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第136回日本薬理学会近畿部会, 2019年11月23日, 通常, 日本語
  52. LPS誘発性炎症反応はHDACの活性化を介してミクログリアα7ニコチン受容体発現を低下させる, 木村 早百合、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月10日, 通常, 日本語
  53. Cx43発現低下アストロサイトにおけるnoradrenaline誘導性BDNF発現増強メカニズムの検討, 原田 七瀬、近藤 峻、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語
  54. ラット大脳皮質初代培養アストロサイトにおけるリゾホスファチジン酸によるトロンボスポンジン-1発現増加機構の検討, 渡辺 慎太郎、中島 一恵、横江 俊樹、中村 庸輝、仲田 義啓、森岡 徳光, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語
  55. 坐骨神経におけるhigh mobility group box-1を介した仏痛誘発メカニズムの検討, 福田 紋子、中村 庸輝、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、森岡 徳光, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語
  56. The possibility of HMGB1 as a therapeutic target for neuropathic pain., Nakamura Y, Nakashima K, Morioka N, 9th International DAMPs and Alarmins Symposium, 2019年11月06日, 招待, 英語
  57. Perineural treatment with anti-HMGB1 antibody alleviates trigeminal neuropathy in mouse with chronic constriction injury of distal infraorbital nerve., Kochi T, Nakamura Y, Nakashima K, Liu K, Wake H, Nishibori M, Irifune M, Morioka N., 9th International DAMPs and Alarmins Symposium, 2019年11月06日, 通常, 英語
  58. Peripheral inflammation induced cognitive impairment is attenuated by the regulation of activated glial cells and histone deacetylase, Takada N, Nakamura Y, Nakashima K, Morioka N, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2019年10月23日, 通常, 英語
  59. Sigma-1 receptor control of cocaine-induced endocannabinoid signaling via inhibition of extracellular vesicle release in the ventral tegmental area, Dryanovski D, Nakamura Y, Su TP, Lupica C, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2019年10月22日, 通常, 英語
  60. Effects of nuclear receptor reverb on proinflammatory responses in cultured microglia, Kodama K,Yoshikawa K, Takemura M, Nakamura Y, Nakashima K, Morioka M, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2019年10月22日, 通常, 英語
  61. Cocaine Increases Endocannabinoids-Containing Extracellular Vesicles Release from Dopaminergic Neurons via Sigma-1 Receptor and ADP-Ribosylation Factor 6 Pathway, Nakamura Y, Dryanovski D, Lupica C, Su TP, 6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, 2019年10月13日, 通常, 英語
  62. Systemic inflammation-induced memory disfunction is prevented by blockade either microglia activation or histone deacetylase, Takada N, Nakamura Y, Nakashima K, Morioka N, 6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, 2019年10月12日, 通常, 英語
  63. High mobility group box-1 は三叉神経傷害に起因する痛覚異常の発症に寄与する, 中村 庸輝、河内 貴弘、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、入舩 正浩、森岡 徳光, 生体機能と創薬シンポジウム2019, 2019年08月29日, 通常, 日本語
  64. HMGB1坐骨神経局所投与は脊髄ミクログリアの活性化を介して機械的アロディニアを引き起こす, 福田 紋子、中村 庸輝、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、 森岡 徳光, 第31回創薬・薬理フォーラム岡山, 2019年07月27日, 通常, 日本語
  65. HMGB1中和抗体の局所投与が三叉神経ニューロパチーモデルマウスの疼痛行動に与える影響の検討, 河内 貴弘、中村 庸輝、中島 一恵、劉 克約、和氣 秀徳、西堀 正洋、入舩 正浩、森岡 徳光, 第31回創薬・薬理フォーラム岡山, 2019年07月27日, 通常, 日本語
  66. LPS 誘発性炎症反応はHDAC の活性化を介してミクログリアα7 ニコチン受容体発現を減少させる, 中村 庸輝、木村 小百合、髙田 直樹、武村 昌俊、児玉 景太郎、岩本 桃香、中島 一恵、仲田 義啓、森岡 徳光, 第135回日本薬理学会近畿部会, 2019年06月21日, 通常, 日本語
  67. シグマ -1 受容体 -ARF 6 系を介したコカインの細胞外ベシクル遊離機構の解明, 中村 庸輝、SU Tsung-Ping, 日本薬学会第139年会, 2019年03月21日, 通常, 日本語
  68. 培養ミクログリアにおける核内受容体REV-ERBsによる炎症制御の機序, 児玉 景太郎、吉川 奏、武村 昌俊、中村 庸輝、中島 一恵、森岡 徳光, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月16日, 通常, 英語
  69. マウスにおけるLPS誘発性認知機能障害におけるヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の効果, 高田 直樹、中島 一恵、中村 庸輝、森岡 徳光, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月16日, 通常, 英語
  70. Toll-like receptor 4 の活性化はミクログリアの α7 ニコチン受容体発現減少を引き起こす, 中村 庸輝、木村 小百合、武村 昌俊、児玉 景太郎、岩本 桃香、中島 一恵、仲田 義啓、森岡 徳光, 第 92 回日本薬理学会年会, 2019年03月14日, 通常, 英語
  71. マウスにおける LPS 誘発性認知機能障害に対する HDAC 阻害剤の効果, 高田 直樹, 中村 庸輝, 中島 一恵, 森岡 徳光, 第55回広島神経医科学研究会, 2019年02月18日, 通常, 日本語
  72. Sigma-1 Receptor Control of Extracellular Vesicle Release and Cocaine-Induced Endocannabinoid Signaling in the Ventral Tegmental Area (VTA), Dryanovski D, Nakamura Y, Su TP, Lupica C, 2019 WINTER CONFERENCE ON BRAIN RESEARCH, 2019年01月31日, 通常, 英語
  73. ミクログリアにおける炎症反応に対する核内受容体REV-ERBsによる制御, 児玉景太郎, 吉川奏, 武村昌俊, 中村庸輝, 中島一恵, 森岡徳光, 第30回創薬・薬理フォーラム岡山, 2018年12月22日, 通常, 日本語
  74. 神経障害性疼痛マウスの不安・うつ様行動に対するHMGB1中和抗体の効果に関する検討, 大畑 一努, 中島 一恵,吉井 稔紀, 中村 庸輝, 劉 克約, 和氣 秀徳, 西堀 正洋, 仲田 義啓, 森岡 徳光, 第30回創薬・薬理フォーラム岡山, 2018年12月22日, 通常, 日本語
  75. アストロサイトにおけるCx43発現低下はモノアミンによる神経栄養因子産生を増強させる, 近藤峻, 原田七瀬, 瀧本朋代, 中村庸輝, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月23日, 通常, 日本語
  76. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける不安・うつ様行動はグリチルリチンの慢性投与で改善される, 中島一恵, 富村昌暉, 吉井稔紀, 大畑一努, 張 芳芳, 中村庸輝, 劉克約, 和氣秀徳, 西堀正洋, 仲田義啓, 森岡徳光, 第28回日本臨床精神神経薬理学会第・48回日本神経精神薬理学会 合同年会, 2018年11月16日, 通常, 日本語
  77. シグマ-1受容体はADP-Ribosylation Factor 6を介して細胞外ベシクル遊離量を調節する, 中村 庸輝, SU Tsung-Ping, 第28回日本臨床精神神経薬理学会第・48回日本神経精神薬理学会 合同年会, 2018年11月16日, 通常, 日本語
  78. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける認知機能障害とその発症メカニズムの解明, 吉井稔紀,中島一恵,大畑一努,中村庸輝,仲田義啓,森岡徳光, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  79. ラット大脳皮質初代培養アストロサイトにおいてミルタザピンは GDNF 産生を増加する, 高城冴花,中島一恵,渡辺慎太郎,中村庸輝,仲田義啓,森岡徳光, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  80. 脊髄アストロサイトにおける核内受容体 REV-ERBs を介した炎症性疼痛緩和効果の検討, 吉川奏,児玉景太郎,中村庸輝,中島一恵,仲田義啓,森岡徳光, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  81. アストロサイト Cx43 発現低下は noradrenaline 誘導性神経栄養因子産生の亢進に寄与する, 近藤 峻、原田 七瀬、瀧本 朋代、中村 庸輝、中島 一恵、仲田 義啓、森岡 徳光, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2018, 2018年08月25日, 通常, 日本語
  82. ラット大脳皮質由来初代培養アストロサイト及びミクログリアにおける corticosterone 誘導性 high-mobility group box 1 放出機構, 中島一恵, 東穂奈美, 石川史奈, 中村庸輝, 仲田義啓, 森岡徳光, 第29回創薬・薬理フォーラム岡山, 2018年07月14日, 通常, 日本語
  83. Downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to mechanical hypersensitivity through upregulation of interleukin-6 and cyclooxygenase-2 in mice, Morioka N, Kondo S, Nakamura Y, Hisaoka-Nakashima K, Nakata Y, 第91回日本薬理学会年会・第18 国際薬理学・臨床薬理学会議, 2018年07月03日, 通常, 英語
  84. The analysis of anxiety-and depression-related behaviors in neuropathic pain of mice -possible involvement of brain inflammation, Hisaoka-Nakashima K, Tomimura Y, Yoshii T, Zhang FF, Nakamura Y, Liu K, Nishibori M, Nakata Y, Morioka N, 第91回日本薬理学会年会・第18 国際薬理学・臨床薬理学会議, 2018年07月03日, 通常, 英語
  85. Cocaine Regulates Endocannabinoids-Containing Extracellular Vesicles Release in Ventral Tegmental Area via Sigma-1 Receptor and ADP-Ribosylation Factor 6 Pathway, Nakamura Y, Dryanovski D, Jackson S, Tsai SY, Woods A, Lupica C, Su TP, 第91回日本薬理学会年会・第18 国際薬理学・臨床薬理学会議, 2018年07月02日, 通常, 英語
  86. アストロサイト Cx43 発現低下による神経栄養因子産生亢進メカニズムの検討, 近藤峻、原田七瀬、瀧本朋代、中村庸輝、中島一恵、仲田義啓、森岡徳光, 第 133 回日本薬理学会近畿部会, 2018年06月01日, 通常, 日本語
  87. 脊髄後角アストロサイト-connexin43 発現低下による神経障害性疼痛発症メカニズムの解析, 森岡 徳光, 藤井 志織, 近藤 峻, 張 芳芳, 中村 庸輝, 中島 一恵, 仲田 義啓, 日本薬学会第 138 年会, 2018年03月26日, 通常, 日本語
  88. アストロサイトCX43発現低下は抗うつ薬による脳由来神経栄養因子産生の増強に寄与する, 近藤俊、原田七瀬、瀧本朋代、中村庸輝、中島一恵、仲田義啓、森岡徳光, 第 53 回広島神経医科学研究会, 2018年03月13日, 通常, 日本語
  89. 脳線条体における dopamine-substance P 系を介した疼痛抑制メカニズムの解明, 岸田祐輝, 中村庸輝, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 第 56 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年11月21日, 通常, 日本語
  90. Cocaine regulates extracellular vesicle release in mouse midbrain, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2017年11月13日, 通常, 英語
  91. Sigma1 receptor modulates cocaine-induced endocannabinoid signaling in the mouse ventral tegmental area, Dryanovski DI, Nakamura Y, Su TP, Lupica CR, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2017年11月13日, 通常, 英語
  92. Cocaine stimulation causes the release of the sigma-1receptor chaperone into the extracellular space, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, KEYSTONE SYMPOSIA-Exosomes/Microvesicles: Novel Mechanisms of Cell-Cell Communication (E4)-, 2016年, 通常, 英語
  93. Psychostimulant cocaine causes microvesicle release by activating sigma-1 receptor and ARF6, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2016年, 通常, 英語
  94. 脳線条体への substance P 持続投与により誘発される疼痛制御機構の解明, 福重亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 日本薬学会第 136 年会, 2016年, 通常, 日本語
  95. 慢性疼痛時での脳線条体 substance P を介した疼痛制御機構, 福重亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 129 回日本薬理学会近畿部会, 2016年, 通常, 日本語
  96. 疼痛伝達制御における線条体 substance P 神経系の関与, 福重 亮、中村庸輝、森岡徳光、仲田義啓, 第 89 回日本薬理学会年会, 2016年, 通常, 日本語
  97. Cocaine evokes microvesicle release by activating sigma-1 receptor and ARF6, Nakamura Y, Tsai SY, Li Y, Lin DT, and Su TP, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2015年, 通常, 英語
  98. The role of spinal astrocytic Cx43 in the maintenance of neuropathic pain, Zhang FF, Morioka N, Nakamura Y, Fujii S, Hisaoka-Nakashima K, Nakata Y, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2015年, 通常, 英語
  99. コカインはシャペロン蛋白質である シグマ-1 受容体を 細胞外へ遊離する, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, 第 88 回日本薬理学会年会, 2015年, 通常, 日本語
  100. 神経障害性疼痛モデルラットにおける脳線条体 substance P 神経系を介した疼痛制御機構, 福重亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2015年, 通常, 日本語
  101. 線条体サブスタンス P 神経系による疼痛抑制作用のメカニズム, 渡部亨平, 福重亮, 岸田祐輝, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 128 回日本薬理学会近畿部会, 2015年, 通常, 日本語
  102. 線条体サブスタンスP神経系の疼痛抑制作用とドーパミン神経系との関係, 渡部亨平, 福重 亮, 岸田祐輝, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 54 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2015年, 通常, 日本語
  103. Cocaine stimulating the release of the ER chaperone sigma-1 receptor into the extracellular vesicles as an emerging role in cocaine-induced neuroplasticity, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2014年, 通常, 英語
  104. 脊髄アストロサイトにおけるJNK活性及び炎症性ケモカインCCL2産生に対するアドレナリンβ受容体を介した調節機構, 森岡徳光、安部裕美、荒木亮祐、張 芳芳、中村庸輝、中島一恵、仲田義啓, 第 87 回日本薬理学会年会, 2014年, 通常, 日本語
  105. 亜急性疼痛時におけるラット脳線条体 substance P 神経系の関与, 福重亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 126 回日本薬理学会近畿部会, 2014年, 通常, 日本語
  106. 疼痛反応制御に対する脳線条体サブスタンス P‐NK1 受容体シグナルの役割, 森岡徳光, 中村庸輝, 福重亮,中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 24 回 日本臨床精神神経薬理学会・第 44 回 日本神経精神薬理学会合同年会, 2014年, 通常, 日本語
  107. ラット坐骨神経部分結紮によって脊髄後角で増加するHigh mobility group box 1は神経因性疼痛を維持させる, 中村庸輝, 森岡徳光, 張 芳芳, 安部裕美, 中島(久岡)一恵, 劉克約, 西堀正洋, 仲田義啓, 第 86 回日本薬理学会年会, 2013年, 通常, 日本語
  108. 脊髄アストロサイトにおけるサイトカイン処置によるCx43-gap junction機能低下に対するJNKの役割, 張 芳芳, 森岡徳光, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 86 回日本薬理学会年会, 2013年, 通常, 日本語
  109. ホルマリン誘発性疼痛時における線条体リン酸化 ERK の機能, 泉宏樹, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 123 回日本薬理学会近畿部会, 2013年, 通常, 日本語
  110. TNF‐α 及び IFN‐γ による脊髄アストロサイトにおける Cx43‐gap junction の発現制御機構, 張芳芳, 森岡徳光, 北村智哉, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 123 回日本薬理学会近畿部会, 2013年, 通常, 日本語
  111. ホルマリン誘発性疼痛時における線条体リン酸化ERKの機能, 泉 宏樹, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 123 回日本薬理学会近畿部会, 2013年, 通常, 日本語
  112. アドレナリンβ受容体を介した疼痛制御における脊髄アストロサイト-JNKの役割, 荒木亮祐, 森岡徳光, 張 芳芳, 中村庸輝, 安部裕美, 中島一恵, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2013年, 通常, 日本語
  113. Substance P release occurs from the rat striatum after intraplantar formalin injection to suppress nociceptive responses via activation of neurokinin 1 receptor, Nakamura Y, Izumi H, Morioka N, Hisaoka-Nakashima K, Takebayashi M, Nakata Y, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2012年, 通常, 英語
  114. 一次知覚神経に発現するTransient Receptor Potential Ankyrin 1 受容体の活性化が誘発する疼痛反応はリン酸化p38 mitogen-activated protein kinase を介したサブスタンスP遊離により惹起される, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 34 回日本疼痛学会, 2012年, 通常, 日本語
  115. ホルマリン後肢足蹠投与による脳・線条体 substance P 神経活動は疼痛反応抑制効果を示す, 中村庸輝, 泉弘樹, 清水拓海, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2012年, 通常, 日本語
  116. アストロサイトの機能阻害が及ぼす脊髄概日リズムへの影響, 杉本達彦, 森岡徳光, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2012年, 通常, 日本語
  117. 一次知覚神経における Transient Receptor Potential Ankyrin1 受容体を介した疼痛反応には p38 依存的なサブスタンス P 遊離が関与する, 森岡徳光, 中村庸輝,中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 22 回 日本臨床精神神経薬理学会・第 42 回 日本神経精神薬理学会合同年会, 2012年, 通常, 日本語
  118. 仮性疼痛反応時における脳・線条体 substance P 神経活動は疼痛反応抑制効果を示す, 中村庸輝, 泉弘樹, 清水拓海, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 122 回日本薬理学会近畿部会, 2012年, 通常, 日本語
  119. 脊髄概日リズム形成におけるアストロサイトの関与の可能性, 杉本達彦, 森岡徳光, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 122 回日本薬理学会近畿部会, 2012年, 通常, 日本語
  120. 脳線条体神経ペプチドの疼痛反応への影響, 清水拓海, 中村庸輝, 泉 宏樹, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 51 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2012年, 通常, 日本語
  121. ラット脊髄後根神経節細胞における脳由来神経栄養因子(BDNF)発現増大機構の解析, 吉田洋介, 森岡徳光, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 51 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2012年, 通常, 日本語
  122. Transient receptor potential ankyrin 1 mediated release of substance P in primary sensory neurons is dependent on calcium and p38 mitogen activated protein kinase activation, Nakamura Y, Une Y, Abe H, Miyano K, Hisaoka K, Morioka N, Nakata Y, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2011年, 通常, 英語
  123. ラット脊髄後根神経節初代培養細胞におけるTRPA1受容体活性化によるサブスタンスP遊離へのp38MAP kinaseの関与, 中村庸輝, 宇根裕次郎, 安部裕美, 久岡一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 84 回日本薬理学会年会, 2011年, 通常, 日本語
  124. ラット脊髄後根神経節初代培養細胞における TRPA1 受容体活性化による substance P 遊離メカニズムの解明, 中村庸輝, 宇根裕次郎, 安部裕美, 久岡一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2011年, 通常, 日本語
  125. 炎症性サイトカインによる脊髄アストロサイトのGap junction-connexin43発現制御機構の検討, 張芳芳, 森岡徳光, 中村庸輝, 徳原昌人, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2011年, 通常, 日本語
  126. TRPA1 刺激による知覚神経からの substance P 遊離機構の解明, 宇根裕次郎, 中村庸輝, 安部裕美, 久岡一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 118 回日本薬理学会近畿部会, 2010年, 通常, 日本語
  127. 初代培養ラット脊髄アストロサイトにおけるアドレナリン β 受容体を介した TNF‐α誘発性 JNK リン酸化の制御, 安部裕美, 森岡徳光, 中村庸輝, 徳原昌人, 杉本達彦, 久岡一恵, 仲田義啓, 第 118 回日本薬理学会近畿部会, 2010年, 通常, 日本語
  128. マイクロダイアリシス法を用いたラット脳線条体サブスタンスP遊離によるホルマリン誘発疼痛反応への影響, 中村庸輝, 宇根裕次郎,安部裕美, 宮野加奈子, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 83 回日本薬理学会年会, 2010年, 通常, 日本語
  129. マイクロダイアリシス法を用いたホルマリン誘発性疼痛時におけるラット脳線条体のサブスタンスP遊離解析とその役割の検討, 中村庸輝, 清水拓海, 久岡一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2010年, 通常, 日本語
  130. 培養ラットアストロサイトにおけるTNF-α誘発性JNKリン酸化に対するアドレナリン受容体を介した制御メカニズムの解明., 安部裕美, 森岡徳光, 中村庸輝, 徳原昌人, 杉本達彦, 久岡一恵, 仲田義啓, 第 50 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2010年, 通常, 日本語
  131. 脊髄後根神経節初代培養細胞におけるパクリタキセルおよびビノレルビンのサブスタンスP遊離に対する効果, 宮野加奈子, 中村庸輝, 唐 和斌, 森岡徳光, 井上敦子, 仲田義啓, 第 82 回日本薬理学会年会, 2009年, 通常, 日本語
  132. ラット脳からのサブスタンスP遊離-マイクロダイアリシス法による評価-, 中村庸輝, 唐 和斌, 宮野加奈子, 森岡徳光, 井上敦子, 仲田義啓, 第 82 回日本薬理学会年会, 2009年, 通常, 日本語
  133. 抗腫瘍薬により惹起されるラット脊髄後根神経節細胞からのsubstance P遊離機構の解明, 宮野加奈子, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2009年, 通常, 日本語
  134. マイクロダイアリシス法を用いたラット脳線条体からのサブスタンス P 遊離と脳機能, 中村庸輝, 唐和斌, 森岡徳光, 井上敦子, 仲田義啓, 第 114 回日本薬理学会近畿部会, 2008年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2020年, Featured Paper of the Month – Apil 2020, National Institute on Drug Abuse IRP
  2. 2013年, 第 19 回 Journal of Pharmacological Sciences 優秀論文賞, 日本薬理学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 喫煙科学研究財団 研究助成 (若手研究), ミトコンドリアに発現する α7-ニコチン性アセチルコリン受容体の機能解明, 2021年, 2023年
  2. 科学研究費助成事業 (基盤研究 (C)) (分担), 前帯状皮質ミクログリアに着目した慢性疼痛の病態解明と新規創薬ターゲットの探索, 2020年, 2023年
  3. 科学研究費助成事業 (若手研究) (代表), 三叉神経ニューロパチー発症機序解明に基づく難治性疼痛予防法の開発, 2020年, 2021年
  4. 科学研究費助成事業 (研究活動スタート支援) (代表), 脳内 HMGB1 機能制御に立脚した脳移行性低分子鎮痛薬の開発, 2018年, 2019年
  5. 日本学術振興会海外特別研究員 (NIH), 2015年, 2016年

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第2回 薬効解析科学セミナー, グリアと脳機能・行動, The University of Alabama at Birmingham (USA), 土肥 栄祐 先生, 2019年/05月/28日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  2. 第1回 薬効解析科学セミナー, 記憶の選択と知識の更新, Aarhus University (Denmark), 竹内 倫徳 先生, 2018年/08月/08日, 企画, セミナー・ワークショップ, 研究者
  3. 呉医療センター精神科セミナー, NIH 研究留学 〜 Sigma-1 受容体 と 薬物依存症 〜, 2018年/05月/18日, 呉医療センター・中国がんセンター, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, Journal of Neuroimmunology, 査読者, 1
  2. 2021年, Frontiers in Cell and Developmental Biology, 査読者, 1
  3. 2021年, Cellular and Molecular Neurobiology, 査読者, 1
  4. 2020年, Frontiers in Molecular Neuroscience, 査読者, 1
  5. 2020年, European Journal of Pharmacology, 査読者, 2
  6. 2020年, International Journal of Molecular Sciences, 査読者, 1
  7. 2020年, J—Multidisciplinary Scientific Journal, 査読者, 1
  8. 2020年, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 査読者, 1
  9. 2019年, Journal of Pharmacological Sciences, 査読者, 1
  10. 2019年, YAKUGAKU ZASSHI, 査読者, 1
  11. 2019年, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 査読者, 1
  12. 2018年, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 査読者, 1
  13. 2017年, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 査読者, 1