田村 将太SHOTA TAMURA

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 助教
メールアドレス
tamurashiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2017年03月, 2017年08月, University of Maryland, National Center for Smart Growth Research and Education, Visiting Student
  • 2018年04月01日, 2021年03月31日, 日本学術振興会, 特別研究員(DC1)
  • 2019年05月, 2019年06月, Chulalongkorn University, Faculty of Architecture, Architecture for Creative Community Research Unit, Visiting Scholar
  • 2021年04月01日, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院工学研究科, 建築学専攻博士課程前期, 日本, 2015年04月01日, 2018年03月31日
  • 広島大学, 大学院工学研究科, 建築学専攻博士課程後期, 日本, 2018年04月01日, 2021年03月31日
  • 広島大学, 工学部, 第四類(建設・環境系), 日本, 2011年04月, 2015年03月

学位

  • 博士(工学) (広島大学)
  • 修士(工学) (広島大学)

研究分野

  • 工学 / 建築学 / 都市計画・建築計画
  • 工学 / 土木工学 / 土木計画学・交通工学

所属学会

  • 日本建築学会
  • 都市計画学会
  • 土木学会
  • 地域安全学会
  • 地理情報システム学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 3ターム, 技術英語演習
  2. 2022年, 学部専門, 4ターム, 都市計画
  3. 2022年, 学部専門, 3ターム, 平和都市・建築論
  4. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 建築設計製図III
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 建築学特別演習A
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 建築学特別演習A
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 建築学特別演習A
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 建築学特別演習A
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 建築学特別演習B
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 建築学特別演習B
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 建築学特別演習B
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 建築学特別演習B
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 建築学特別研究
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 建築学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, 洪水抑制効果に着目した市街地内のグリーンインフラ導入計画シナリオ評価 -広島県呉市中央地区を対象とした配置と量の検討-, 都市計画学会論文集, 57巻, 3号, 202211
  2. ★, 機械学習の解釈手法を用いた空き家の発生要因分析 - 適材適所の空き家対策支援ツールの開発を目指して -, 都市計画学会論文集, 57巻, 3号, 202210
  3. ★, 土地の暫定利用が周辺エリアの地価に及ぼす影響に関する研究, 都市計画学会論文集, 57巻, 3号, 202210
  4. ★, 郊外山間部の広域公園におけるイノシシ被害予測マップードローン・センサー技術・GISを活用した分析とマップ作成-, 日本建築学会技術報告集, 28巻, 70号, pp. 1617-1622, 20221020
  5. ★, 新型コロナウイルス感染症による都市内の昼間滞在人口分布の変化-コロナ収束後の都市のあり方検討に向けて-, 日本建築学会技術報告集, 69号, pp. 906-911, 202206
  6. ★, 土砂災害警戒区域を考慮した市街地集約化の多面的効果に関する研究 -広島市を対象としたシナリオ作成と評価-, 土木学会論文集D3(土木計画学), 77巻, 4号, pp. 375-388, 20211220
  7. ★, 要配慮者の避難支援を主目的とした「災害にも強い地域支え合いマップ」づくりの実践と評価ー広島県三原市久井町の3地区を対象としてー, 地域安全学会論文集, 39巻, pp. 419-428, 20211101
  8. ★, 斜面市街地における空き家の発生要因に関する研究ー広島県呉市両城地区を対象として―, 都市計画論文集, 56巻, 3号, pp. 897-904, 20211025
  9. ★, 中山間地域における生活サービス拠点の機能と人々の滞在状況の関連に関する研究ー「小さな拠点」の成立条件検討に向けてー, 都市計画論文集, 56巻, 3号, pp. 1305-1312, 20211025
  10. ★, 自動車CO2排出量の視点からみた都市集約化のあり方に関する研究-都市特性の違いに着目して-, 日本建築学会技術報告集, 27巻, 65号, pp. 452-457, 202102
  11. 将来における豪雨災害リスク曝露人口分布の調査分析-広島県を対象として-, 日本建築学会技術報告集, 27巻, 65号, pp. 487-492, 202102
  12. ★, 人口分布形態指標による地方圏の同規模人口都市の類型化-人口減少適応のための都市類型別取組方針作成に向けて-, 日本建築学会技術報告集, 27巻, 65号, pp. 487-492, 202102
  13. 平成30年7月豪雨の土砂災害と水害による建物被害の特性に関する研究-広島県三原市の罹災証明書データを用いた分析-, 都市計画論文集, 55巻, 3号, pp. 851-857, 202010
  14. ★, 平成30年7月豪雨の浸水エリアにおける過去の土地利用変遷-広島県呉市、三原市、福山市を対象に-, 日本建築学会技術報告集, 26巻, 62号, pp. 325-330, 202002
  15. ★, 三原市本郷都市計画区域における平成30年7月豪雨の浸水エリアの特徴-浸水想定区域および宅地開発の変遷との関連に着目して-, 地域安全学会論文集, 35巻, pp. 287-294, 201911
  16. 平成30年7月豪雨による建物被害の地理的要因に関する研究-広島県呉市を対象として-, 都市計画論文集, 54巻, 3号, pp. 1059-1065, 201910
  17. ★, 平成30年7月豪雨被災地の災害ボランティアセンターにおけるGIS活用事例報告-三原市災害ボランティアセンターでの試み-, 日本建築学会技術報告集, 25巻, 61号, pp. 1299-1303, 201910
  18. ★, 人口密度を指標とした都市施設の立地傾向に関する調査報告-コンパクトシティ実現に向けた基礎的検討-, 土木学会論文集D(土木計画学), 75巻, 3号, pp. 172-180, 201909
  19. ★, Multiple Evaluation in the Future Population Distribution for Sustainable City, ARIC'18: Proceedings of the 1st ACM SIGSPATIAL Workshop on Advances on Resilient and Intelligent Cities, 1巻, pp. 3-7, 201811
  20. 都市構造評価指標を用いた地方都市の類型化-人口減少時代の都市類型別取組方針作成に向けた基礎的検討-, 都市計画論文集, 53巻, 3号, pp. 951-956, 201810
  21. 地方中核都市における人口増減分布の地理的要因とそれに基づく市街地集約シナリオの作成と評価-広島県東広島市における検討-, 日本建築学会計画系論文集, 83巻, 751号, pp. 1705-1714, 201809
  22. ★, The Impact of Spatial Population Distribution Patterns on CO2 Emissions and Infrastructure Costs in a Small Japanese Town, Sustainable Cities and Society, 40巻, pp. 513-523, 201807
  23. A study on the Generating Factor of No-used and Low-used Area in Small Town, Journal of Asian Urban Environment, 201610
  24. ★, 中山間地域における住民の将来の居住意向に関する研究-住民意向を考慮したコンパクトシティのシナリオ作成のための基礎的検討-, 日本建築学会環境系論文集, 81巻, 724号, pp. 553-562, 201606

受賞

  1. 2022年06月03日, 都市計画学会論文奨励賞, 都市計画学会
  2. 2021年03月, 2020年度日本建築学会中国支部研究発表会 若手優秀発表賞, 日本建築学会
  3. 2020年11月, CSIS DAYS 2020 優秀共同研究発表賞, CSIS(東京大学 空間情報科学研究センター)
  4. 2020年05月, 2019年地域安全学会論文奨励賞
  5. 2020年03月, 工学部・工学研究科学生表彰, 広島大学
  6. 2020年01月, 令和元年度エクセレントスチューデントスカラシップ, 広島大学
  7. 2019年11月, ひろしま建築学生チャレンジコンペ2019 優秀作品賞, 広島県
  8. 2019年10月, 2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演会情報システム部門 若手優秀発表賞, 日本建築学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), 人口減少適応と気候変動適応を両立する最適土地利用計画:進化計算手法による最適化, 2022年, 2024年
  2. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 人口減少に適応した水害低減型将来土地利用シナリオ作成とその多面的効果の把握, 2021年, 2022年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究), 土砂災害危険度と生活環境評価に基づく効果的な減災対策メニュー作成とその実現性評価, 2022年, 2024年
  4. 特別研究員奨励費, コンパクトシティ計画策定支援システム開発とその活用によるデザインガイドライン作成, 2018年, 2021年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本都市計画学会中国四国支部 企画・研究委員会, 2022年04月, 2024年03月, 日本都市計画学会
  2. 日本建築学会中国支部 都市計画委員会, 2021年04月, 2023年03月, 日本建築学会
  3. 環境審議会委員, 2015年06月, 2016年06月, 東広島市
  4. 平成30年(2018年)7月西日本豪雨災害調査WG, 2018年08月, 2020年03月, 日本建築学会