田城 翼TSUBASA TASHIRO

Last Updated :2024/06/05

所属・職名
大学院医系科学研究科(保) 助教
メールアドレス
tsubasatashiro716hiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1丁目2番3号 広島大学霞キャンパス保健学科棟809
TEL:082-257-5417
自己紹介
スポーツ現場でのトレーナー経験に基づき、スポーツ傷害後に生じる筋や腱といった筋骨格系組織の変化を超音波画像診断装置を用いて調査しています。国際共同研究にも力を注いでいきたいと考えます。

基本情報

主な職歴

  • 2023年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 医系科学研究科, 総合健康科学専攻 博士課程後期, 日本, 2020年04月, 2023年03月
  • 広島大学, 医歯薬保健学研究科, 保健学専攻 博士課程前期, 日本, 2018年04月, 2020年03月
  • 九州栄養福祉大学, リハビリテーション学部理学療法学科, 日本, 2014年04月, 2018年03月

学位

  • 修士(保健学) (広島大学)
  • 博士(保健学) (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 理学療法学プログラム

研究分野

  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究キーワード

  • 理学療法、スポーツ外傷・障害予防、健康増進

所属学会

  • 日本スポーツ理学療法学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本体力医学会
  • 日本アスレティックトレーニング学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 日本理学療法士協会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 4ターム, 人の健康と社会[旧パッケージ]
  2. 2024年, 教養教育, 2ターム, 健康スポーツ科学[1医理,1医作]
  3. 2024年, 学部専門, 1ターム, スポーツ医学(スポーツ栄養学を含む)
  4. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 運動系理学療法学
  5. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 運動系理学療法学実習
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 補装具学
  7. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), スポーツ外傷理学療法学実習
  8. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 補装具学演習
  9. 2024年, 学部専門, 1ターム, スポーツ外傷理学療法学総論
  10. 2024年, 学部専門, 2ターム, スポーツ外傷理学療法学各論
  11. 2024年, 学部専門, ターム外(前期), コンディショニング科学
  12. 2024年, 学部専門, ターム外(前期), トレーニング科学
  13. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 研究プロジェクト演習II
  14. 2024年, 学部専門, 集中, 救命救急法及びリスク管理
  15. 2024年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  16. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 保健科学特論Ⅲ(実験研究)
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 理学療法学・作業療法学教育特論Ⅰ
  18. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 理学療法学・作業療法学教育特論Ⅱ
  19. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心身機能生活制御科学特別研究
  20. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心身機能生活制御科学特別研究
  21. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心身機能生活制御科学特別研究
  22. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), スポーツリハビリテーション学特論
  23. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), スポーツリハビリテーション学特論
  24. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), スポーツリハビリテーション学特別演習
  25. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), スポーツリハビリテーション学特別演習
  26. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), スポーツリハビリテーション学特別演習
  27. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), スポーツリハビリテーション学特別演習
  28. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 通年, スポーツリハビリテーション学特別研究
  29. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), スポーツリハビリテーション学特講
  30. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), スポーツリハビリテーション学特講
  31. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), スポーツリハビリテーション学特講演習
  32. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), スポーツリハビリテーション学特講演習
  33. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), スポーツリハビリテーション学特講演習
  34. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), スポーツリハビリテーション学特講演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 日本の女子ラグビー振興を考える:指導者に対するインタビュー調査から, 理学療法の臨床と研究, 34巻, 2024
  2. ボール位置によりバレーボールのスパイクジャンプ着地時における膝関節運動学および運動力学は変化するか, 理学療法の臨床と研究, 34巻, 1号, 2024
  3. バーチャルリアリティーを用いた卓球の素振り練習が返球精度に及ぼす効果, Journal of Athletic Rehabilitation, 20巻, 1号, pp. 3-18, 2024
  4. 大学野球選手の静止立位時の胸椎後弯角が投球速度に与える影響, Journal of Athletic Rehabilitation, 20巻, 1号, pp. 17-22, 2024
  5. 前腕屈筋群の筋厚と投球時の肘関節外反トルクの関係, Journal of Athletic Rehabilitation, 20巻, 1号, pp. 9-16, 2024
  6. ★, A quantitative assessment of the anterior tibiofibular gap with and without weight-bearing in healthy adults: An ultrasound-based study, J Orthop Sci, 2024
  7. ★, First tarsometatarsal joint mobility in hallux valgus during gait: A synchronized ultrasound and three-dimensional motion capture analysis, J Med Ultrasonics, 2024
  8. Effectiveness of Metaverse Space-Based Exercise Video Distribution in Young Adults: A Randomized Controlled Trial, JMIR m Health and uHealth, 12巻, pp. e46397, 20240116
  9. 月経痛に対する対処行動と効果への満足度に関する調査, 運動器リハビリテーション, 34巻, 4号, 2024
  10. バトントワーリング選手に対する傷害調査, 日本ダンス医科学研究会学術雑誌, 6巻, 1号, 2023
  11. 大学スポーツ現場におけるフィジカルチェックの実施について, 日本アスレティックトレーニング学会誌, 9巻, 1号, 2023
  12. Selective strength training changes the morphology and ankle strength of the peroneus longus and peroneus brevis, Journal of Human Kinetics, in press巻, 2023
  13. Relationship between Foot morphologic characteristic and postural control after jump landing in youth competitive athletes, J Back Musculoskelet Rehabil, in press巻, 2023
  14. Acute effects of local vibration and visual feedback on the pelvic floor muscle training in Japanese healthy adults: a cross-over study, Isokinetics and Exercise Science, 31巻, 3号, pp. 171-179, 2023
  15. Immediate association of navicular bone height and plantar intrinsic muscle size with toe flexion task: An ultrasound-based study, Isokinetics and Exercise Science, 31巻, 4号, pp. 243-249, 2023
  16. Effect of a 4-week static stretching program for plantar flexor muscles on physical performance and muscle properties, Isokinet Exerc Sci, 31巻, 2号, pp. 149-156, 2023
  17. Effect of flexion-resist and extension-assist knee orthosis on electromyographic activities of quadriceps during lateral stepping, Prosthet Orthot Int, 47巻, 2号, pp. 168-171, 2023
  18. Quality of life by dysmenorrhea severity in young and adult Japanese females: A web-based cross-sectional study, PLoS One, 18巻, 3号, pp. e0283130, 2023
  19. Head impact in blind football during the Tokyo Paralympics: Video-based observational study, Am J Phys Med Rehabil, 102巻, 2号, pp. 836-839, 2023
  20. Characteristics of wheelchair basketball falls during the Tokyo 2020 Paralympics by sex and physical impairment classification: A video-based observational study, Am J Phys Med Rehabil, 102巻, 9号, pp. 840-845, 2023
  21. The features of foot morphology and intrinsic foot muscle property in adolescent swimmers: an ultrasound-based study, J Hum Kinet, 87巻, 1号, pp. 95-103, 2023
  22. The effects of the tension of figure-8 straps of a soft ankle orthosis on the ankle joint kinematics while walking in healthy young adults: A pilot study, Gait Posture, 98巻, 1号, pp. 210-215, 2022
  23. Acute effects of local vibration and visual feedback on the pelvic floor muscle training in Japanese healthy adults: a cross-over study, Isokinet Exerc Sci, 31巻, 3号, pp. 171-179, 2022
  24. Analysis of wheelchair falls in team sports at the Paralympic Games: Video-based comparison between the Rio 2016 and Tokyo 2020 games, BMJ Open, 12巻, 8号, pp. e060937, 2022
  25. ★, Characteristics of Falls Among Men's Wheelchair Rugby Players in the Rio 2016 and Tokyo 2020 Summer Paralympic Games: A Video Analysis, J Hum Kinet, 84巻, 1号, pp. 233-237, 2022
  26. Spatial distribution pattern of the electromyographic potential in the vastus medialis and lateralis muscles for three knee flexion angles during isometric knee extension, J Mech Med Biol, 22巻, 5号, pp. 2250031, 2022
  27. ★, Quantitative evaluation of the vertical mobility of the first tarsometatarsal joint during stance phase of gait, Sci Rep, 12巻, 1号, pp. 9246, 2022
  28. ★, Association between sedentary behavior and depression among Japanese medical students during the COVID-19 pandemic: A cross-sectional online survey, BMC Psychiatry, 22巻, 1号, pp. 348, 2022
  29. Effect of thoracic expansion restriction on scapulothoracic and glenohumeral joint motion during shoulder external rotation, J Back Musculoskelet Rehabil, 35巻, 6号, pp. 1399-1406, 2022
  30. ★, Factors associated with injuries and gender difference in Japanese adolescent athletes returning to sports following the COVID-19 restriction, J Mens Health, 18巻, 8号, pp. 175, 2022
  31. The relationship between the severity of perimenstrual symptoms and a regular exercise habit in Japanese young women: A cross-sectional online survey, BMC Womens Health, 22巻, 1号, pp. 200, 2022
  32. The application of balance exercise using virtual reality for rehabilitation, Healthcare, 10巻, 4号, pp. 680, 2022
  33. Does the sesamoid rotation angle change differently in subjects with hallux valgus considering foot position during assumed walking?: A pilot study, Foot, 51巻, pp. 101911, 2022
  34. Investigation of the Relationship Between the Morphology of the Toe Flexor Muscles in Ballet Dancers and the Postural Stability during Standing on Demi-pointe: A Cross-Sectional Study, J Dance Med Sci, 26巻, 4号, pp. 205-212, 2022
  35. Willingness to Receive the COVID-19 Vaccination and the Psychological State of Japanese University Students: A Cross-Sectional Study, Int J Environ Res Public Health, 19巻, 3号, pp. 1654, 2022
  36. Morphological and functional characteristics of the peroneus muscles in patients with lateral ankle sprain: An ultrasound-based study, Medicina, 50巻, 1号, pp. 70, 2022
  37. Effect of a 4-week static stretching program for plantar flexor muscles on physical performance and muscle properties, Isokinet Exerc Sci, pre-press巻, pp. 1-8, 2021
  38. The relationship between modified short physical performance battery and falls: a cross-sectional study of older outpatients, Geriatrics, 6巻, 4号, pp. 106, 2021
  39. Effect of acute static stretching on the activation patterns using high-density surface electromyography of the gastrocnemius muscle during ramp-up task, Sensors, 21巻, 14号, pp. 4841, 2021
  40. ★, Tensiomyographic neuromuscular response of the peroneus longus and tibialis anterior with chronic ankle instability, Healthcare, 9巻, 6号, pp. 707, 2021
  41. Effect of 4-week cyclic stretching program on muscle properties and physical performance in healthy adult men, J Sports Med Phys Fitness, 60巻, 1号, pp. 37-44, 2020
  42. Predicting ability of modified Short Physical Performance Battery, Int J Gerontol, 14巻, 3号, pp. 212-216, 2020
  43. 足関節内反捻挫既往の有無で前脛骨筋の形態および機能に違いはあるか​, 運動器リハビリテーション, 34巻, 1号, pp. 45-50, 2023
  44. 女性アスリートの月経に伴う症状によるスポーツ活動への影響とコンディショニングについて:オンラインアンケート調査, スポーツ理学療法学, 1巻, 1号, pp. 7-12, 2023
  45. 足関節捻挫後の主観的な不安定感は前方と側方ストップ動作の床反力に影響するか, Journal athletic rehabilitation, 19巻, 1号, pp. 25-30, 2022
  46. 学校の部活動や地域のスポーツクラブに所属する女性アスリートの月経随伴症状とスポーツ活動制限の関係について, Journal athletic rehabilitation, 19巻, 1号, pp. 3-8, 2022
  47. 東京2020パラリンピック車いすバスケットボール競技決勝リーグにおける転倒発生と勝敗との関係について~転倒予防の重要性を考える~, 臨床スポーツ医学会, 31巻, 1号, pp. 131-136, 2022
  48. Virtual reality映像の傾斜と実際の床面の傾斜が案成立維持の足圧中心に与える影響, 運動器リハビリテーション, 33巻, 1号, pp. 49-54, 2022
  49. 新型コロナウイルス感染症流行による部活動自粛後の傷害発生の実態と自粛中と自粛後の練習時間の差が傷害発生に及ぼす影響について, 日本アスレティックトレーニング学会誌, 8巻, 1号, pp. 111-116, 2022
  50. 東京2020パラリンピック競技大会における車いすラグビーのコート区分別での転倒調査:ビデオ分析, 広島スポーツ医学研究会誌, 23巻, 1号, 2022
  51. 脊椎圧迫骨折後の腰部多裂筋の筋断面積と体幹伸展筋力の関係, 理学療法の臨床と研究, 32巻, 1号, pp. 15-19, 2022
  52. 飼い犬の看取り経験の有無による健康管理および動物に対する理学療法への意識の違い, 理学療法の臨床と研究, 32巻, 1号, pp. 26-29, 2022
  53. 脊椎椎体骨折後の椎体圧潰変化と体幹伸展筋力の経時的変化, 運動器リハビリテーション, 33巻, 3号, pp. 247-251, 2022
  54. 女性バレエダンサーの足部内在筋および外在筋の筋力と筋形態の特徴, ダンス医科学研究, 5巻, 1号, 2022
  55. 足関節内反捻挫既往者の腓骨筋群の形態的および機能的な特徴, J athletic rehabilitation, 18巻, 1号, pp. 3-10, 2021
  56. Cyclic Stretching 実施時間の違いが足関節背屈角度変化に与える影響について, J athletic rehabilitation, 18巻, 1号, pp. 11-16, 2021
  57. 体幹傾斜角度と腰椎弯曲角度がシッティングバレーボールを想定した座位姿勢での選択反応時間におよぼす影響, 理学療法の臨床と研究, 30巻, 1号, pp. 47-52, 2021
  58. 若年女性成人バレエダンサーの傷害発生状況に睡眠時間は影響するか, ダンス医科学研究, 4巻, 1号, 2021
  59. 「ふらし構造を有するガードル」が歩行に関する諸指標と昇段動作時の筋活動量に及ぼす影響, 運動器リハビリテーション, 31巻, 3号, pp. 262-268, 2020
  60. サッカーのゴールキーパーの突き指に着目した実態調査, J Athletic Rehabilitation, 17巻, 1号, pp. 15-20, 2020
  61. 足関節捻挫をどのように予防するか, 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌, 45巻, 2号, pp. 526-527, 2020
  62. 体幹傾斜角度の違いがシッティングバレーボールを想定した座位姿勢の選択反応時間に及ぼす影響, J Athletic Rehabilitation, 16巻, 1号, pp. 27-32, 2020
  63. 支持脚のバランス能力がサッカーのキック精度に与える影響, J Athletic Rehabilitation, 16巻, 1号, pp. 39-44, 2020
  64. 足関節捻挫治療の実態調査, 広島スポーツ医学会誌, 20巻, 1号, pp. 36-39, 2019
  65. 大学男子サッカー選手における足関節捻挫受傷後の受療行動に関する調査, 理学療法の臨床と研究, 29巻, 1号, pp. 83-87, 2020

著書等出版物

  1. 2023年08月03日, スポーツ理学療法学 動作に基づく外傷・障害の理解と評価・治療の進め方 第3版, アスリートの傷害予防, メジカルビュー社, 2023年, 教科書, 共著, 浦辺幸夫、田城翼, 978-4-7583-2085-6, 440, 3
  2. 2021年02月01日, 臨床スポーツ医学 2021年2月号(38巻2号), 臨スポOPINION、足関節捻挫の予防に向けてできること, 文光堂, 2021年, 単行本(学術書), 分担執筆, 田城 翼、浦辺幸夫, 9784011003802, 112, 221-223

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2023年度中四国学生アメリカンフットボール秋季リーグ戦でのトレーナー活動, 長尾拓海, 小宮 諒,石原萌香,前田慶明,田城 翼,浦辺幸夫,石井良昌,寺花史朗,茶川孝志, 第35回広島スポーツ医学研究会, 2024年02月03日, 通常, 日本語, 広島県スポーツ医師会, 広島
  2. 広島大学体育会部活動を対象としたフィジカルチェック内容の再検討について, 寺尾 唯, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,安部倉健,河井美樹,長尾拓海,渡部智也,海老沼真衣,貝塚崚輔,出口達也,浦辺幸夫, 第35回広島スポーツ医学研究会, 2024年02月03日, 通常, 日本語, 広島県スポーツ医師会, 広島
  3. 立位と車いす座位のテニスサーブ動作における肩関節外旋運動と肩甲帯および胸郭運動との関連, 吉見光浩, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,安部倉健,田村佑樹,浦辺幸夫, 第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会, 2024年01月06日, 通常, 日本語, 日本スポーツ理学療法士協会, 埼玉
  4. 中四国地域のバトントワーリング選手に対する傷害調査, 寺尾 唯, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,有馬知志,石原萌香,河井美樹,長尾拓海,浦辺幸夫, 第27回広島県理学療法士学会, 2023年12月16日, 通常, 日本語, 広島県理学療法士協会, 広島
  5. ランニング時の足角およびプロネーション角度は扁平足の有無で変化するか-スマートシューズを用いて-, 河井美樹, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,石田礼乃,浦辺幸夫, 第27回広島県理学療法士学会, 2023年12月16日, 通常, 日本語, 広島県理学療法士協会, 広島
  6. ガイドライン付きインソールの装着が歩行動作に与える影響, 石田礼乃, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,貝塚崚輔,河井美樹,浦辺幸夫, 第27回広島県理学療法士学会, 2023年12月16日, 通常, 日本語, 広島県理学療法士協会, 広島
  7. 足底へのテーピングがランニング時の着地動作に与える効果, 尾上仁志, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,河井美樹,石田礼乃,浦辺幸夫, 第27回広島県理学療法士学会, 2023年12月16日, 通常, 日本語, 広島県理学療法士協会, 広島
  8. 家庭用高周波治療器が主観的な肩こり症状の強度と僧帽筋上部繊維の筋硬度に与える即時効果, 安部倉健, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,有馬知志,海老沼真衣,浦辺幸夫, 第27回広島県理学療法士学会, 2023年12月16日, 通常, 日本語, 広島県理学療法士協会, 広島
  9. Survey on self-care for menstrual pain and satisfaction with their effectiveness, Yoshiara R, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Mizuta R, Oda S, Urabe Y, 2023 Asia-Singapore Conference on Sport Science, 2023年12月05日, 通常, 英語, East Asia Research, Singapore
  10. Interview survey with coaches for the promotion of women'srugby in Japan, Ebinuma M, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Ishida A, Urabe Y, 2023 Asia-Singapore Conference on Sport Science, 2023年12月05日, 通常, 英語, East Asia Research, Singapore
  11. Does stroke training with a virtual reality improve hitting accuracy of table tennis for beginners?, Nagao T, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Tamura Y, Urabe Y, 2023 Asia-Singapore Conference on Sport Science, 2023年12月05日, 通常, 英語, East Asia Research, Singapore
  12. Survey for injury situations in Japanese baton twirlers, Terao Y, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Arima S, Ishihara H, Kawai M, Nagao T, Urabe Y, Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2023 (ACPT), 2023年11月25日, 通常, 英語, Asian Confederation for Physical Therapy, Thailand
  13. Differences in knee valgus and trunk lateral bending angle to different ball striking positions during spiking action in volleyball, Kawai M, Maeda N, Komiya M, Tsutsumi S, Ishihara H, Watanabe T, Urabe Y, Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2023 (ACPT), 2023年11月25日, 通常, 英語, Asian Confederation for Physical Therapy, Thailand
  14. Relationship between forearm muscle thickness and elbow valgus torque during baseball pitching, Kaizuka R, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Yoshimi M, Abekura T, Shigekuni Y, Kawai M, Urabe Y, Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2024 (ACPT), 2023年11月25日, 通常, 英語, Asian Confederation for Physical Therapy, Thailand
  15. Effects of different running styles on foot strike patterns for runners, Ishida A, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Watanabe T, Urabe Y, Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2023 (ACPT), 2023年11月25日, 通常, 英語, Asian Confederation for Physical Therapy, Thailand
  16. 胸郭拡張運動の制限の有無が肩関節外旋時の肩甲帯の運動にもたらす変化, 吉見光浩, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,金田和輝,有馬知志,堤 省吾,安部倉健,浦辺幸夫, 第29回日本基礎理学療法学会学術大会, 2023年12月02日, 通常, 日本語, 日本理学療法士協会, 広島
  17. 膝関節屈曲角度と運動強度の違いによる内側広筋と外側広筋の筋活動動態の違い, 小宮 諒, 前田慶明,西川裕一,田城 翼,浦辺幸夫, 第29回日本基礎理学療法学会学術大会, 2023年12月02日, 通常, 日本語, 日本理学療法士協会, 広島
  18. 運動習慣の有無による月経周辺期症状の重症度の比較:若年女性を対象とした横断的オンラインアンケート調査, 水田良実, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,鈴木雄太,浦辺幸夫, 第9回日本ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法研究会学術大会, 2023年11月25日, 通常, 日本語, 日本理学療法士協会, 岡山
  19. 日本語版Groin Injury Screening Questionnaireの妥当性と信頼性, 田村佑樹, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,石田礼乃,浦辺幸夫, 第34回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2023年11月12日, 通常, 日本語, 日本臨床スポーツ医学会, 横浜
  20. 長腓骨筋と単腓骨筋の選択的レジスタンストレーニング後の筋腫脹と筋肥大の関係, 小田さくら, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,有馬知志,田村佑樹,浦辺幸夫, 第34回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2023年11月12日, 通常, 日本語, 日本臨床スポーツ医学会, 横浜
  21. The investigation of the effect of the forced turnout on the first tarsometatarsal joint mobility, Ishihara H, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Arima S, Kawai M, Tamura Y, Urabe Y, International Association for Dance Medicine & Science Annual Conference 2023, 2023年10月12日, 通常, 英語, International Association for Dance Medicine & Science, USA
  22. Effects of 8-weeks selective training on the peroneus longus and peroneus brevis morphologies, Yukio Urabe, Satoshi Arima, Sakura Oda, Tsubasa Tashiro, Rami Mizuta, Makoto Komiya, Noriaki Maeda, The Annual Meeting of the European Society of Movement Analysis for Adults and Children 2023, 2023年09月18日, 通常, 英語, European Society of Movement Analysis for Adults and Children, Greece
  23. Gender differences in distance between the talus and lateral malleolus during gait using ultrasound in healthy adults, Tsubasa Tashiro, Noriaki Maeda, Satoshi Onoue, Miki Kawai, Ayano Ishida, Shogo Tsutsumi, Satoshi Arima, Makoto Komiya, Yukio Urabe, The Annual Meeting of the European Society of Movement Analysis for Adults and Children 2023, 2023年09月18日, 通常, 英語, European Society of Movement Analysis for Adults and Children, Greece
  24. Acute muscle swelling and muscle hypertrophy are associated with resistance training to the peroneus muscles, Oda S, Maeda N, Arima S, Tamura Y, Komiya M, Tashiro T, Urabe Y, The Annual Meeting of the European Society of Movement Analysis for Adults and Children 2023, 2023年09月18日, 通常, 英語, European Society of Movement Analysis for Adults and Children, Greece
  25. Association between the occurrence of falls and winning and losing in the final tournament of wheelchair basketball at the Tokyo 2020 paralympic games: a cross-sectional video analysis study, Mizuta R, Maeda N, Sasadai J, Shimizu R, Suzuki A, Komiya M, Fukui K, Tashiro T, Tsutsumi S, Yoshimi M, Urabe Y, The Annual Meeting of the European Society of Movement Analysis for Adults and Children 2023, 2023年09月18日, 通常, 英語, European Society of Movement Analysis for Adults and Children, Greece
  26. Acute effects of vibration and thermal stimulation on the pelvic floor muscle training in healthy Japanese women, Oda S, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Mizuta R, Ishihara H, Urabe Y, The 13th Asia Conference on Kinesiology, 2023年08月24日, 通常, 英語, Asia Conference on Kinesiology, Tsukuba, Japan (Online)
  27. Characteristics of sports injuries in senior badminton players: a cross-sectional study using an online survey, Tamura Y, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Mizuta R, Urabe Y, The 13th Asia Conference on Kinesiology, 2023年08月24日, 通常, 英語, Asia Conference on Kinesiology, Tsukuba, Japan (Online)
  28. Comparison of the distance between the talus and lateral malleolus during stance phase of gait in individuals with and without chronic ankle instability, Onoue S, Maeda N, Tashiro T, Tsutsumi S, Arima S, Ishida A, Kawai M, Komiya M, Urabe Y, The 13th Asia Conference on Kinesiology, 2023年08月24日, 通常, 英語, Asia Conference on Kinesiology, Tsukuba, Japan (Online)
  29. The first tarsometatarsal joint mobility during fundamental ballet movement in dancers, Ishihara H, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Arima S, Kawai M, Tamura Y, Urabe Y, The 13th Asia Conference on Kinesiology, 2023年08月24日, 通常, 英語, Asia Conference on Kinesiology, Tsukuba, Japan (Online)
  30. The width of the tibiofibular syndesmosis and dynamic balance during forward jump landing for each menstrual cycle: an observational study, Mizuta R, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Kawai M, Oda S, Ishida A, Urabe Y, The 13th Asia Conference on Kinesiology, 2023年08月24日, 通常, 英語, Asia Conference on Kinesiology, Tsukuba, Japan (Online)
  31. Effect of elbow joint valgus stress on the humeroradial joint mobility, Shigekuni Y, Miyashita K, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Yoshimi M, Abekura T, Urabe Y, International Society of Biomechanics 2023, 2023年07月30日, 通常, 英語, International Society of Biomechanics, Fukuoka, Japan
  32. Relationship between knee valgus angle and lateral trunk bending angle during volleyball spike jump, Kawai M, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Ishihara H, Watanabe T, Urabe Y, International Society of Biomechanics 2023, 2023年07月30日, 通常, 英語, International Society of Biomechanics, Fukuoka, Japan
  33. The Investigation of The Mobility in The First Tarsometatarsal Joint in Forced Turnout of Ballet Dancers, Ishihara H, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Arima S, Kawai M, Tamura Y, Urabe Y, International Society of Biomechanics 2023, 2023年07月30日, 通常, 英語, International Society of Biomechanics, Fukuoka, Japan
  34. Effect of restricted thoracic expansion during shoulder external rotation on scapulothoracic and glenohumeral joint motion, Yoshimi M, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Kaneda K, Arima S, Tsutsumi S, Abekura T, Urabe Y, International Society of Biomechanics 2023, 2023年07月30日, 通常, 英語, International Society of Biomechanics, Fukuoka, Japan
  35. Does viewing tilting virtual reality images change the center-of-gravity sway in the sitting position?, Watanabe T, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Fukui K, Tsuchida K, Terada T, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語, World Physiotherapy, Dubai
  36. Influence of ball positions in volleyball spike jump on knee valgus angle at landing, Kawai M, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Watanabe T, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語, World Physiotherapy, Dubai
  37. Relationship between muscle cross-sectional area of the lumbar multifidus muscle and trunk extensor strength in patients with after vertebral fracture, Onoue S, Maeda N, Tashiro T, Tsutsumi S, Niitani M, Komiya M, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語, World Physiotherapy, Dubai
  38. Acute effects of local vibration and visual feedback on the pelvic floor muscle training in Japanese healthy adults: cross-over study, Mizuta R, Maeda N, Komiya M, Ishihara H, Tashiro T, Yoshimi M, Oda S, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語, World Physiotherapy, Dubai
  39. Comparison of foot morphology and intrinsic foot muscle property between adolescent swimmers and other athletes in Japan, Kaneda K, Maeda N, Tashiro T, Tsutsumi S, Arima S, Komiya M, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語, World Physiotherapy, Dubai
  40. Video analysis of head impact situations during blind football game in Tokyo 2020 paralympic, Tsutsumi S, Sasadai J, Maeda N, Arima S, Tashiro T, Kaneda K, Yoshimi M, Mizuta R, Ishihara H, Esaki H, Tsuchida K, Terada T, Komiya M, Suzuki A, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語, World Physiotherapy, Dubai
  41. Tibiofibular clear space widening associated with ankle dorsiflexion in patients with chronic ankle instability: an ultrasonographic study, Tashiro T, Maeda N, Tsutsumi S, Abekura T, Esaki H, Tsuchida K, Oda S, Komiya M, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語, World Physiotherapy, Dubai
  42. Foot arch dynamics is related to dynamic postural stability after landing in adolescent competitive athletes, Maeda N, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Arima S, Kaneda K, Yoshimi M, Mizuta R, Ishihara H, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語, World Physiotherapy, Dubai
  43. The survey on helmet wearing rate in Niseko ski report, Urabe Y, Tashiro T, Tamura Y, Kawai M, Maeda N, Komiya M, Morikawa M, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語, World Physiotherapy, Dubai
  44. 月経痛の重症度別にみた暖かい衣服の着用頻度に関する調査, 吉荒瑠莉奈, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,小田さくら,浦辺幸夫, 第10回日本予防理学療法学会学術大会, 2023年10月28日, 通常, 日本語, 日本理学療法士協会, 北海道函館市
  45. 振動刺激と温熱刺激を用いた骨盤底筋運動が骨盤底筋群の筋活動に及ぼす影響, 小田さくら, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,石原萌香,三上幸夫,浦辺幸夫, リハビリテーション・ケア合同研究大会, 2023年10月26日, 通常, 日本語, 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会 一般社団法人 回復期リハビリテーション病棟協会 一般社団法人 全国デイ・ケア協会 一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会 全国地域リハビリテーション支援事業連絡協議会 全国地域リハビリテーション研究会, 広島県広島市
  46. シニアバドミントン選手の傷害の特徴―年代と性別ごとの調査―, 田村佑樹, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,三上幸夫,浦辺幸夫, リハビリテーション・ケア合同研究大会, 2023年10月26日, 通常, 日本語, 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会 一般社団法人 回復期リハビリテーション病棟協会 一般社団法人 全国デイ・ケア協会 一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会 全国地域リハビリテーション支援事業連絡協議会 全国地域リハビリテーション研究会, 広島県広島市
  47. 棘下筋トレーニング後の筋腫脹評価は高齢者の肩関節傷害予防に応用できるか, 安部倉健, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,三上幸夫,浦辺幸夫, リハビリテーション・ケア合同研究大会, 2023年10月26日, 通常, 日本語, 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会 一般社団法人 回復期リハビリテーション病棟協会 一般社団法人 全国デイ・ケア協会 一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会 全国地域リハビリテーション支援事業連絡協議会 全国地域リハビリテーション研究会, 広島県広島市
  48. 地域在住高齢者の生活活動範囲と基本チェックリストの関連, 田城 翼, 前田慶明,小宮 諒,安部倉健,石田礼乃,小田さくら,三上幸夫,浦辺幸夫, リハビリテーション・ケア合同研究大会, 2023年10月26日, 通常, 日本語, 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会 一般社団法人 回復期リハビリテーション病棟協会 一般社団法人 全国デイ・ケア協会 一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会 全国地域リハビリテーション支援事業連絡協議会 全国地域リハビリテーション研究会, 広島県広島市
  49. 二重課題が若年成人の歩行指標に与える影響―スマートシューズを用いた検討―, 村田菜奈子, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,河井美樹,石田礼乃,重國佳寛,浦辺幸夫, 第11回日本運動器理学療法学会学術大会, 2023年10月13日, 通常, 日本語, 日本運動器科学会, 福岡県福岡市
  50. 静止立位時および挙上時の胸椎後弯角による投球速度の違い, 浜地奏多, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,田村佑樹,長尾拓海,重國佳寛,浦辺幸夫, 第50回日本肩関節学会・第20回日本肩の機能研究会, 2023年10月13日, 通常, 日本語, 日本肩関節学会, 東京都新宿区
  51. 立位と車いす座位でのバドミントンスイング動作の比較, 田村佑樹, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,吉見光浩,安部倉健,浦辺幸夫, 第50回日本肩関節学会・第20回日本肩の機能研究会, 2023年10月13日, 通常, 日本語, 日本肩関節学会, 東京都新宿区
  52. Hybrid Assistive Limb®によって歩行練習距離が増加した回復期脳卒中患者9例の特徴, 平戸大悟, 鈴木雄太,前田慶明,小宮 諒,田城 翼,白川泰山,浦辺幸夫, 第21回日本神経理学療法学会学術大会, 2023年09月09日, 通常, 日本語, 日本神経理学療法学会, 神奈川県横浜市
  53. ランニング中の着地衝撃と足部・足関節角度の関係:スマートシューズを用いた検討, 渡部智也, 田城 翼,前田慶明,小宮 諒,石田礼乃,小田さくら,浦辺幸夫, 第37回日本靴医学会学術集会, 2023年09月02日, 通常, 日本語, 日本靴医学会, 宮城県仙台市
  54. ランニング走法の違いが足部衝撃に与える影響―スマートシューズを用いた調査―, 小田さくら, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,石田礼乃,渡部智也,浦辺幸夫, 第37回日本靴医学会学術集会, 2023年09月02日, 通常, 日本語, 日本靴医学会, 宮城県仙台市
  55. フィットネスルームシューズの着用が歩行動作に与える効果の検証, 石田礼乃, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,浦辺幸夫石田礼乃,前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,浦辺幸夫, 第37回日本靴医学会学術集会, 2023年09月02日, 通常, 日本語, 日本靴医学会, 宮城県仙台市
  56. 女子ラグビーの普及を目的としたインタビュー調査―指導者が考える課題に着目してー, 海老沼真衣, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,石田礼乃,浦辺幸夫, 第36回中国ブロック理学療法士学会, 2023年09月02日, 通常, 日本語, 広島県理学療法士協会, 広島県広島市
  57. 地域高齢者を対象とした足部形態とSAFE-Qを用いた身体機能および日常生活指標の関連, 河井美樹, 前田慶明,生田祥也,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,尾上仁志,平田和彦,鳥山 実,三上幸夫,浦辺幸夫, 第2回日本老年療法学会学術集会, 2023年09月02日, 通常, 日本語, 日本老年療法学会, 鹿児島県奄美市
  58. フレイルと非フレイルでFall Risk Indexを用いた転倒リスクの評価, 尾上仁志, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,小田さくら,石田礼乃,水田良実,河井美樹,仁井谷学,浦辺幸夫, 第2回日本老年療法学会学術修会, 2023年09月02日, 通常, 日本語, 日本老年療法学会, 鹿児島県奄美市
  59. 月経痛に対する対処行動と効果への満足度に関する調査, 吉荒瑠莉奈, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,小田さくら,村田菜奈子,浦辺幸夫, 第34回日本運動器科学会, 2023年07月08日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本臨床整形外科学会, 東京
  60. 女子大学生の月経痛は抑うつ症状や身体活動量に影響を与えるか, 小田さくら, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,浦辺幸夫, 第34回日本運動器科学会, 2023年07月08日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本臨床整形外科学会, 東京
  61. 足関節外果の形態異常を有する成長期アスリートの動的姿勢制御能, 石原萌香, 前田慶明,小宮 諒,堤 省吾,有馬知志,田城 翼,浦辺幸夫, 第34回日本運動器科学会, 2023年07月08日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本臨床整形外科学会, 東京
  62. 女子大学生の月経痛の有病率に関する実態調査および睡眠の質と月経痛の関係, 小田さくら, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,浦辺幸夫, 第60回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2023年06月29日, 通常, 日本語, 日本リハビリテーション医学会, 福岡
  63. 外反母趾予防の観点から考える足部肢位とバレエダンサーの第1足根中足関節の動態, 石原萌香, 前田慶明,小宮 諒,田城翼,堤 省吾,浦辺幸夫, 第4回足の構造と機能研究会学術集会, 2023年05月27日, 通常, 日本語, 足の構造と機能研究会, 新潟
  64. 英語論文への挑戦, 田城翼, 第9回日本スポーツ理学療法学会学術集会, 2022年12月10日, 通常, 日本語, 東京
  65. 超音波を用いた足部動態評価, 生田祥也, 中佐 智幸, 前田 慶明, 田城翼, 石原 萌香, 安達伸生, 生田祥也, 中佐 智幸, 前田 慶明, 田城翼, 石原 萌香, 安達伸生, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語, 広島
  66. 健常成人の歩行立脚期での距骨−外果間距離の動態に性差があるか?, 田城 翼、前田慶明、尾上仁志、河井美樹、石田礼乃、有馬知志、小宮 諒、生田祥也、中佐智幸、安達伸生、浦辺幸夫, 田城 翼、前田慶明、尾上仁志、河井美樹、石田礼乃、有馬知志、小宮 諒、生田祥也、中佐智幸、安達伸生、浦辺幸夫, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語, 日本スポーツ整形外科学会, 広島
  67. 広島大学での体育会部活動選手へのフィットネスチェックの試み-柔道部、サッカー部、バレーボール部での比較-, 小宮 諒, 前田慶明, 生田祥也, 河井美樹, 重國佳寛, 田城 翼、大林弘宗, 平田和彦, 安達伸生, 浦辺幸夫, 小宮 諒, 前田慶明, 生田祥也, 河井美樹, 重國佳寛, 田城 翼、大林弘宗, 平田和彦, 安達伸生, 浦辺幸夫, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語, 日本スポーツ整形外科学会, 広島
  68. ジュニアアスリートの慢性足関節不安定症の有無が足部アライメントならびに動的姿勢制御に与える影響, 前田慶明、生田祥也、有馬知志、堤 省吾、石原萌香、田城 翼、小宮 諒、三上幸夫、中佐智幸、安達伸生、浦辺幸夫, 前田慶明、生田祥也、有馬知志、堤 省吾、石原萌香、田城 翼、小宮 諒、三上幸夫、中佐智幸、安達伸生、浦辺幸夫, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語
  69. 野球経験の有無が肘関節外反時の内側裂隙開大距離と腕橈関節の可動性に与える影響, 重國佳寛,宮下浩二,前田慶明,小宮 諒,田城 翼,吉見光浩,安部倉健,浦辺幸夫, 重國佳寛,宮下浩二,前田慶明,小宮 諒,田城 翼,吉見光浩,安部倉健,浦辺幸夫, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語
  70. 打点位置の違いによりスパイクジャンプ着地時の膝関節運動は変化するか, 河井美樹,前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,石原萌香,渡部智也,浦辺幸夫, 河井美樹,前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,石原萌香,渡部智也,浦辺幸夫, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語
  71. 開眼片脚立位と開眼片脚つま先立ちにおける足関節外側の動態評価, 尾上仁志,前田慶明,田城 翼,堤 省吾,有馬知志,河井美樹,石田礼乃,小宮 諒,生田祥也,中佐智幸,安達伸生,浦辺幸夫, 尾上仁志,前田慶明,田城 翼,堤 省吾,有馬知志,河井美樹,石田礼乃,小宮 諒,生田祥也,中佐智幸,安達伸生,浦辺幸夫, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語
  72. バレエダンサーの第1足根中足関節可動性に対する強制Turnoutの影響, 石原萌香,前田慶明,生田祥也,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,有馬知志,河井美樹,中佐智幸,安達伸生,浦辺幸夫, 石原萌香,前田慶明,生田祥也,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,有馬知志,河井美樹,中佐智幸,安達伸生,浦辺幸夫, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語
  73. ジュニア競泳選手の足内側縦アーチの形成に関与する足部内在筋の検討, 金田和輝,前田慶明,生田祥也,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,有馬知志,中佐智幸,安達伸生,浦辺幸夫, 金田和輝,前田慶明,生田祥也,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,有馬知志,中佐智幸,安達伸生,浦辺幸夫, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語
  74. 足関節捻挫後におけるGiving wayの残存がリバウンドジャンプ動作に与える影響, 堤 省吾,前田慶明,田城 翼,有馬知志,石原萌香,河井美樹,渡部智也,小宮 諒,浦辺幸夫, 堤 省吾,前田慶明,田城 翼,有馬知志,石原萌香,河井美樹,渡部智也,小宮 諒,浦辺幸夫, 日本スポーツ整形外科学会2023, 2023年06月29日, 通常, 日本語
  75. 女子大学生の月経痛の有病率に関する実態調査および睡眠の質と月経痛の関係, 小田さくら,前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,浦辺幸夫, 小田さくら,前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,浦辺幸夫, 第60回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2023年06月29日, 通常, 日本語
  76. Does viewing tilting virtual reality images change the center-of-gravity sway in the sitting position?., Watanabe T, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Fukui K, Tsuchida K, Terada T, Urabe Y, Watanabe T, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Fukui K, Tsuchida K, Terada T, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語
  77. Influence of ball positions in volleyball spike jump on knee valgus angle at landing., Kawai M, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Watanabe T, Urabe Y, Kawai M, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Watanabe T, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語
  78. Acute effects of local vibration and visual feedback on the pelvic floor muscle training in Japanese healthy adults: cross-over study., Mizuta R, Maeda N, Komiya M, Ishihara H, Tashiro T, Yoshimi M, Oda S, Urabe Y, Mizuta R, Maeda N, Komiya M, Ishihara H, Tashiro T, Yoshimi M, Oda S, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語
  79. Comparison of foot morphology and intrinsic foot muscle property between adolescent swimmers and other athletes in Japan., Kaneda K, Maeda N, Tashiro T, Tsutsumi S, Arima S, Komiya M, Urabe Y, Kaneda K, Maeda N, Tashiro T, Tsutsumi S, Arima S, Komiya M, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語
  80. Video analysis of head impact situations during blind football game in Tokyo 2020 paralympic., Tsutsumi S, Sasadai J, Maeda N, Arima S, Tashiro T, Kaneda K, Yoshimi M, Mizuta R, Ishihara H, Esaki H, Tsuchida K, Terada T, Komiya M, Suzuki A, Urabe Y, Tsutsumi S, Sasadai J, Maeda N, Arima S, Tashiro T, Kaneda K, Yoshimi M, Mizuta R, Ishihara H, Esaki H, Tsuchida K, Terada T, Komiya M, Suzuki A, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語
  81. Foot arch dynamics is related to dynamic postural stability after landing in adolescent competitive athletes., Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Arima S, Kaneda K, Yoshimi M, Mizuta R, Ishihara H, Urabe Y, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Tsutsumi S, Arima S, Kaneda K, Yoshimi M, Mizuta R, Ishihara H, Urabe Y, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語
  82. The survey on helmet wearing rate in Niseko ski report., Urabe Y, Tashiro T, Tamura Y, Kawai M, Maeda N, Komiya M, Morikawa M, Urabe Y, Tashiro T, Tamura Y, Kawai M, Maeda N, Komiya M, Morikawa M, World Physiotherapy Congress 2023, 2023年06月02日, 通常, 英語
  83. New Dynamic Ultrasound Assessment for Foot and Ankle Injuries, Tashiro T, Maeda N, Komiya M, Ishihara H, Urabe Y, The 13th Asia Conference on Kinesiology, 2023年08月24日, 招待, 英語, Asia Conference on Kinesiology, Tsukuba, Japan (Online)
  84. Foot and Ankle Joint Injuries in Adolescent Athletes, Ishihara H, Maeda N, Komiya M, Tashiro T, Urabe Y, The 13th Asia Conference on Kinesiology, 2023年08月24日, 招待, 英語, Asia Conference on Kinesiology, Tsukuba, Japan (Online)
  85. ブラインドサッカー中の頭部接触状況はパラリンピック競技大会間で異なるか―映像分析 に基づいた考察―, 堤 省吾, 笹代純平,前田慶明,有馬知志,金田和輝,吉見光浩,水田良実,石原萌香,田村佑樹,長尾拓海,渡部智也,福井一輝,小宮 諒,田城 翼,鈴木 章,浦辺幸夫, 第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会, 2024年01月06日, 通常, 日本語, 日本スポーツ理学療法士協会, 埼玉
  86. スポーツ参加の有無が脊髄損傷者のソーシャルキャピタルに与える影響, 金田和輝, 前田慶明,村田菜奈子,長尾拓海,田城 翼,小宮 諒,浦辺幸夫, 第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会, 2024年01月06日, 通常, 日本語, 日本スポーツ理学療法士協会, 埼玉
  87. 足関節内がえし捻挫後の長腓骨筋と短腓骨筋の形態的特徴の違い, 有馬知志, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,浦辺幸夫, 第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会, 2024年01月06日, 通常, 日本語, 日本スポーツ理学療法士協会, 埼玉
  88. 若年成人を対象とした YouTube での運動動画配信による身体活動量の変化について:縦断 的研究, 水田良実, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,鈴木雄太,石田礼乃,小田さくら,渡部智也,田村佑樹,浦辺幸夫, 第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会, 2024年01月06日, 通常, 日本語, 日本スポーツ理学療法士協会, 埼玉
  89. アーチェリー経験の有無がドローイング動作におけるフルドロー時の肩関節キネマティクスと肩峰骨頭間距離に与える影響, 安部倉健, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,有馬知志,浦辺幸夫, 第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会, 2024年01月06日, 通常, 日本語, 日本スポーツ理学療法士協会, 埼玉
  90. 足部内在筋エクササイズによる舟状骨高と足部内在筋の筋腫脹への即時効果, 石原萌香, 小宮 諒,前田慶明,田城 翼,石田礼乃,浦辺幸夫, 第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会, 2024年01月06日, 通常, 日本語, 日本スポーツ理学療法士協会, 埼玉
  91. バレーボールスパイクジャンプ時のボール位置がジャンプ着地時の膝関節外反角度に与える影響, 河井美樹, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,堤 省吾,石原萌香,渡部智也,浦辺幸夫, 第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会, 2024年01月06日, 通常, 日本語, 日本スポーツ理学療法士協会, 埼玉
  92. 大学女子ソフトボール選手のスイング速度に関連する身体及び体力要素について, 長尾拓海, 前田慶明,小宮 諒,田城 翼,水田良実,安部倉健,河井美樹,渡部智也,浦辺幸夫, 第10回日本スポーツ理学療法学会学術大会, 2024年01月06日, 通常, 日本語, 日本スポーツ理学療法士協会, 埼玉

受賞

  1. 2023年11月26日, Second Runner-up, ACPT2023, Relationship between forearm muscle thickness and elbow valgus torque during baseball pitching
  2. 2023年10月12日, Student Research Award, IADMS2023, The investigation of the effect of the forced turnout on the first tarsometatarsal joint mobility
  3. 2023年09月03日, ルーキー優秀演者賞, 第37回日本靴医学会学術集会, フィットネスルームシューズの着用が歩行動作に与える効果の検証
  4. 2023年08月25日, Young Investigators Award, The 13th Asia Conference on Kinesiology in 2023, The width of the tibiofibular syndesmosis and dynamic balance during forward jump landing for each menstrual cycle: an observational study
  5. 奨励賞, スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会第39回研修会
  6. 奨励賞, 第12回日本ダンス医科学研究会学術集会
  7. 若手研究者奨励賞, 第11回日本アスレティックトレーニング学会学術大会
  8. Young Investigator Award, Asia Conference on Kinesiology 2022
  9. Young Investigator Award, Asia Conference on Kinesiology 2021

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 学生による学術研究への研究資金助成, 審美系アスリートのリスフラン関節の動態評価と足部障害のメカニズムの解明-超音波画像装置と三次元動作解析システムの同期解析ー, 2023年, 2024年
  2. 研究活動スタート支援, 足関節捻挫の予防につなげる研究:3D超音波による新たな筋サイズ評価法の開発, 2023年, 2024年
  3. 広島大学基金児玉派遣留学 2022年度後期奨学生, 2022年03月
  4. 広島大学 創発的次世代研究者育成・支援プログラム, 外反母趾の根本的治療に向けた評価技術イノベーション -新技術応用による歩行動作中の第一足根中足関節の動態解析-, 2021年10月, 2023年03月
  5. サタケ基金研究助成金, アキレス腱炎患者における筋腱ダイナミクスの解明―超音波画像装置と三次元動作解析システムの同期解析―, 2022年
  6. 勇美財団研究助成事業, 在宅要介護高齢者の身体活動量やソーシャルキャピタルの向上につながるオンラインホームエクサイズの開発, 2022年, 2023年
  7. 公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団,スポーツチャレンジ助成事業, Virtual realityを利用したビジョントレーニングが身体機能と眼球運動に与える効果, 2023年, 2024年

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. ケアスル介護, 高齢者の転倒予防をするためには?予防法や対策について解説, Speee, ケアスル介護, 2024年/01月/31日, web (https://caresul-kaigo.jp/column/articles/33797/), 寄稿, インターネット, 社会人・一般