三時 眞貴子MAKIKO SANTOKI

Last Updated :2023/06/01

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 准教授
メールアドレス
msanhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(教育学) (広島大学)
  • 修士(教育学) (広島大学)

研究分野

  • 社会科学 / 教育学 / 教育学

研究キーワード

  • インダストリアル・スクール
  • 福祉
  • 浮浪児

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  2. 2023年, 学部専門, 3ターム, 西洋教育史I
  3. 2023年, 学部専門, 3ターム, 西洋教育史II
  4. 2023年, 学部専門, 1ターム, 西洋教育史演習I
  5. 2023年, 学部専門, 2ターム, 西洋教育史演習II
  6. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  7. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 西洋教育史課題演習
  8. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 西洋教育史課題演習
  9. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 西洋教育史課題研究
  10. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 西洋教育史課題研究
  11. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 教育の思想と原理
  12. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 教育の思想と原理
  13. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教育学講究
  14. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教育学特別研究
  15. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教育学講究
  16. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教育学特別研究
  17. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 教職授業プラクティカムI
  18. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 教職授業プラクティカムIII
  19. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 西洋教育史特講 I
  20. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 西洋教育史特講 II
  21. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 西洋教育史演習 I
  22. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 西洋教育史演習 II
  23. 2023年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  24. 2023年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  25. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教育学共同研究講究
  26. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教職授業プラクティカム I
  27. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教職授業プラクティカム II
  28. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教職授業プラクティカム III
  29. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  30. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, From being the most vulnerable children to becoming conventional members of society: four cases from Manchester certified industrial schools, c. 1880-1920, HISTORY OF EDUCATION, 50巻, 4号, pp. 536-554, 2021
  2. 「生きること」をめぐる揺らぎ・葛藤・排除のその先, 歴史学研究, 2021
  3. 子どもの養育責任と売春婦ーマンチェスタ認定インダストリアル・スクールの入学・退校記録から, 女性とジェンダーの歴史, 6巻, pp. 15-29, 201903
  4. 紹介 安原義仁、ロイ・ロウ『「学問の府」の起源ー知のネットワークと「大学」の形成』, 化学史研究, 46巻, 2号, pp. 19-24, 2019
  5. 書評 Brown, A. and Barrett, D., Knowledge of Evil: Child Prostitution and Child Sexual Abuse in Twentieth- Century England, 4巻, pp. 78-80, 201703
  6. ★, 19-20世紀転換期マンチェスタにおける「適切な養育を受けていない」子どもの包摂と教育ーある姉妹の「経験」からー, 九州歴史科学, 45巻, pp. 1-30, 2017
  7. 家庭・教師・就労と生存保障ー「生きること」の仕組みについて考えるー, 22巻, pp. 57-62, 2017
  8. 『学問の共和国』を読む:科学史・知識社会史・教育史の視点から, 科学史研究, 55巻, 279号, pp. 256-267, 20161101
  9. ★, Management of and Local Networks for Educating Vagrant Children: A Case Study on the Manchester Certified Industrial Schools in the Late Eighteenth Century, The East Asian Journal of British History, 5巻, pp. 93-112, 201603
  10. 教職課程担当教員による大学教科書(テキスト)の執筆と編集 : 私たちの経験と解釈, 教育学研究紀要 / 中国四国教育学会 編, 60巻, pp. 559-571, 201503
  11. 書評 広田照幸・橋本伸也・岩下誠編『福祉国家と教育 : 比較教育社会史の新たな展開に向けて』, 史学雑誌, 124巻, 1号, pp. 84-92, 201501
  12. 書評 広瀬信著『イギリス技術者養成史の研究』, 教育学研究, 80巻, 3号, pp. 37-39, 201309
  13. 浮浪児の処遇と教育-19世紀後半マンチェスタを事例として-, 広島大学教育学部教育学科編『教育科学』, 29巻, pp. 5-41, 20120201
  14. 19世紀イングランドにおける救貧児童の教育-公営基礎学校への進学をめぐって-, 『愛知教育大学研究報告(教育科学)』, 60巻, pp. 125-133, 20110301
  15. 大野誠編『近代イギリスと公共圏』, 化学史研究, 38巻, 1号, pp. 46-48, 201103
  16. 18世紀後半イングランドにおける都市エリートとしての商人教育, 九州歴史科学, 33巻, pp. 14-40, 20050701
  17. 18世紀末イングランドにおける医者の社会的活動-トマス・パーシバル(Thomas Percival, 1740-1804)を中心にして-, 尚絅大学研究紀要, 26巻, pp. 33-49, 20030201
  18. ウォリントン・アカデミー(Warrington Academy,1757-86年)の設立-J.セドンの活動を中心に-, 日本の教育史学, 44巻, pp. 151-169, 20011001
  19. ウォリントン・アカデミー(1757-86年)の学生たち-社会的出自、学生生活、進路についての分析-, 広島大学大学院教育学研究科, 50巻, pp. 61-69, 20010301
  20. ウォリントン・アカデミー(Warrington Academy, 1757-86)の新たな研究に向けて, 化学史研究, 26巻, 2号, pp. 1-14, 19990901
  21. ウォリントン・アカデミー(1757-1786年)の教師たち-経歴と活動を中心に-, 中国四国教育学会『教育学研究紀要』, 43巻, 1号, pp. 355-360, 19970301
  22. 広瀬信著, 『イギリス技術者養成史の研究 技術者生成期から第二次世界大戦まで』, 風間書房刊, 2012年11月発行, B5判, 470頁, 本体価格12,600円, 教育學研究, 80巻, 3号, pp. 345-347, 20130930
  23. 『イギリス都市文化と教育-ウォリントン・アカデミーの教育社会史』昭和堂、2012年 : 自著紹介②, 『通信』Ⅱ, 1号, pp. 9-9, 20130430
  24. 『イギリス都市文化と教育-ウォリントン・アカデミーの教育社会史』昭和堂、2012年 : 自著紹介②, 『通信』Ⅱ, 1号, pp. 9-9, 20130430
  25. 『イギリス都市文化と教育-ウォリントン・アカデミーの教育社会史』昭和堂、2012年 : 自著紹介②, 『通信』Ⅱ, 1号, pp. 9-9, 20130430
  26. 教育ヴォランタリズムと「公共性」 <2014年春季大会報告>, 『通信』Ⅱ, 2号, pp. 9-11, 20140731
  27. 教育ヴォランタリズムと「公共性」 <2014年春季大会報告>, 『通信』Ⅱ, 2号, pp. 9-11, 20140731
  28. 書評 広田照幸・橋本伸也・岩下誠編『福祉国家と教育 : 比較教育社会史の新たな展開に向けて』(叢書・比較教育社会史), 史学雑誌, 124巻, 1号, pp. 84-92, 201501

著書等出版物

  1. 2021年, 「コロナ」から学校教育をリデザインする, 渓水社, 2021年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 148
  2. 2020年10月, 問いからはじめる教育史, 有斐閣, 2020年, 10, 単行本(学術書), 共著, 岩下誠、三時眞貴子、倉石一郎、姉川雄大, 978-4641150805, 279
  3. 2020年07月, ポスト・コロナの学校教育, 淡水社, 2020年, 07, 単行本(学術書), 共著, 170
  4. 2019年12月19日, 『失われた子どもたちー第二次世界大戦後のヨーロッパの家族再建』, みすず書房, 2019年, 12, 単行本(学術書), 共訳, 398
  5. 2019年02月, 教員養成を担う, 教職課程の編成原理, 溪水社, 2019年, 単行本(学術書), 単著
  6. 2017年08月14日, 「教育学」ってどんなもの?, 協同出版, 2017年, 単行本(学術書), 共編著, 小川佳万, 三時眞貴子編著, 9784319002986, 183, 183
  7. 2016年, 教育支援と排除の比較社会史 : 「生存」をめぐる家族・労働・福祉, 昭和, 単行本(学術書), 共著, 三時眞貴子 [ほか] 編, 9784812215555, 307, 46
  8. 2014年08月, 新初等教育原理, 福村出版, 2014年, 08, 教科書, 共著, Japanese, 9784571101694, 226, 13
  9. 2014年04月, 教育の歴史・理念・思想, 協同出版, 2014年, 04, 教科書, 共編著, 鈴木理恵, 三時眞貴子編著, 9784319106714
  10. 2012年11月, 近代ヨーロッパ大学史-啓蒙期から1914年まで-, 翻訳, 昭和堂, 2012年, 11, 9784812212349, 56/344
  11. 2012年02月, イギリス都市文化と教育 : ウォリントン・アカデミーの教育社会史, 昭和堂, 2012年, 2, 単行本(学術書), 単著, 三時眞貴子著, 9784812212097
  12. 2008年03月, 愛知教育大学から発信する男女平等教育, 愛知教育大学出版会, 2008年, 03, 教科書, 共編著, 9784903389240, 110
  13. 2006年02月, 国家・共同体・教師の戦略-教師の比較社会史-, 昭和堂, 2006年, 02, 単行本(学術書), 共編著, 9784812205440, 20/337
  14. 2001年09月, イギリスの教育-歴史との対話, 翻訳, 玉川大学出版部, 2001年, 09, 4472402548, 28/258
  15. 長い18世紀のイギリス都市 : 1680-1840, 法政大学出版, ジョイス・M. エリス著 ; 松塚俊三, 小西恵美, 三時眞貴子訳, 9784588022357
  16. 2023年03月20日, イギリス教育学の社会史 : 学問としての在り方をめぐる葛藤, 昭和堂, 単行本(学術書), 共訳, ゲイリー・マッカロック, スティーヴン・コーワン著 ; 小川佳万, 三時眞貴子監訳, 9784812222089, 312
  17. 2022年, 教育史, 協同出, 尾上雅信, 三時眞貴子編著, 9784319003655

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 学問研究の基盤としての知の創造と蓄積―教育学研究のこれからを考える― , 三時眞貴子, 日本教育学会 第81回大会, 2022年08月26日, 招待, 日本語
  2. 「ケア」の現場における保護と統制 ―19世紀後半から20世紀初頭イギリスにおけるインダストリアル・スクールの事例から― , 三時眞貴子, 教育史学会 第66回大会, 2022年09月24日, 招待, 日本語
  3. 前世紀転換期における「適切な養育を受けていない」少年少女の労働者として生きることをめぐる「不自由さ」―Reformatory and Refuge Unionの活動報告からー, 三時眞貴子, 社会経済史学会 第91回全国大会 , 2022年05月01日, 通常, 日本語
  4. 2015年08月11日, 招待, 英語, 日本、大阪
  5. 「浮浪児」の学業成績−19世紀末マンチェスタ認定インダストリアル・スクールの退校記録簿の分析から−, 教育史学会, 2014年10月05日, 通常, 日本語, 日本大学文理学部
  6. 「浮浪児の職業教育-マンチェスタ・アードウィック・グリーン・インダストリアル・スクールの事例から-」, 三時 眞貴子, 比較教育社会史研究会 2013年春季例会 , 2013年, 通常, 日本語
  7. 19世紀末マンチェスタにおける「浮浪児」に対する職業技術教育−公営基礎学校との比較から−, 中国四国歴史学地理学協会2014年度大会, 2014年06月08日, 通常, 日本語, 広島大学文学部
  8. ラウンドテーブル② 教職課程担当教員による大学教科書(テキスト)の執筆と編集−私たちの経験と解釈−, 佐々木司、猫田和明、三山緑、三時眞貴子, 2014年11月16日, 通常, 日本語, 広島大学
  9. 前世紀転換期マンチェスタにおける浮浪児の包摂と教育ープリース姉妹(Kate & Suzan Preece)の経験から, 九州歴史科学研究会, 2016年07月02日, 招待, 日本語

社会活動

委員会等委員歴

  1. 編集委員, 2016年10月, 教育史学会
  2. 編集委員, 2016年04月, イギリス女性史研究会