根平 達夫Tatsuo Nehira

Last Updated :2023/02/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
メールアドレス
tnehirahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
有機合成化学と構造有機化学を基盤に、生命科学への貢献を目指している。酵素を機能特異的に認識する蛍光プローブの合成、円二色性を利用した分子の立体構造解析、天然有機化合物の構造解析をしている。

基本情報

主な職歴

  • 1997年04月01日, 1999年03月31日, コロンビア大学, 博士研究員
  • 1997年04月01日, 1998年03月31日, 上原記念生命科学財団, ポストドクトラルフェロー
  • 1999年04月01日, 1999年09月30日, 財団法人サントリー生物有機科学研究所, 博士客員研究員
  • 1999年10月01日, 2006年03月31日, 広島大学, 総合科学部, 助手
  • 2006年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2015年10月31日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 助教
  • 2012年07月24日, 2012年09月28日, ミシガン州立大学, 化学科, 客員教授
  • 2015年11月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 准教授
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 准教授

学歴

  • 東北大学, 理学研究科, 化学, 日本, 1994年04月, 1997年03月
  • 東北大学, 理学部, 化学第二, 日本, 1988年04月, 1992年03月

学位

  • 博士(理学) (東北大学)
  • 修士(理学) (東北大学)

研究分野

  • 化学 / 基礎化学 / 有機化学

研究キーワード

  • 有機小分子
  • 天然有機化合物
  • 絶対立体化学

所属学会

  • 日本化学会, 1991年
  • アメリカ化学会, 1998年
  • 日本分光学会, 2005年
  • 日本生化学会, 2010年

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, 分子から生命へ[旧パッケージ]
  2. 2022年, 教養教育, 3ターム, 分子から生命へ[旧パッケージ]
  3. 2022年, 教養教育, 4ターム, 自然科学基礎実験法・同実験B
  4. 2022年, 教養教育, 1ターム, 化学基礎A
  5. 2022年, 教養教育, 3ターム, 有機化学
  6. 2022年, 学部専門, 4ターム, 生命科学英語演習
  7. 2022年, 学部専門, 2ターム, 生命科学概論
  8. 2022年, 学部専門, 3ターム, 生命科学実験A
  9. 2022年, 学部専門, 3ターム, 生命科学実験法A
  10. 2022年, 学部専門, 集中, 臨海実習・同講義
  11. 2022年, 学部専門, 1ターム, Fundamentals of Life Science (ライフサイエンスの世界)
  12. 2022年, 学部専門, 1ターム, 有機分析化学 I
  13. 2022年, 学部専門, 1ターム, 有機分析化学 II
  14. 2022年, 学部専門, 3ターム, Inorganic and Organic Chemistry I (無機化学および有機化学 I)
  15. 2022年, 学部専門, 4ターム, Inorganic and Organic Chemistry II (無機化学および有機化学 II)
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 科学技術英語表現法
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命環境総合科学特別研究
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  22. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 総合科学系概論
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 環境機能化学
  24. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 4ターム, 統合生命総合科学演習
  25. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Isolation of Fluorescent Benzoxazines with Neuroprotective Activity from the Olive Weevil Pimelocerus perforatus, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 20221021
  2. Activated secoiridoid glucosides isolated from the fruit extract of Symplocos lucida inhibit beta-glucuronidase, CHEMICAL AND PHARMACEUTICALBULLETIN, 70巻, pp. 286-292, 20220823
  3. Crotofolane-Type Diterpenoids: Crotocascarins R-V, Rearranged Trinorcrotofolane: Crotocascarin delta and a Phorbol Derivative from the Leaves of Croton cascarilloides, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 70巻, 4号, pp. 286-292, 202204
  4. CaM kinase phosphatase (CaMKP/PPM1F/POPX2) is specifically inactivated through gallate-mediated protein carbonylation, Archives of Biochemistry and Biophysics, 720巻, pp. 109170, 20220308
  5. Detection of allelopathic activity of Chinese tallow Triadica sebifera (Euphorbiaceae) by the sandwich method, HIKOBIA, 18巻, pp. 157-163, 20211211
  6. Janohigenins: Long-chain anacardic acid derivatives with neuroprotective activity from Ophiopogon japonicus seeds, PHYTOCHEMISTRY, 191巻, 11号, pp. 112904, 202111
  7. ★, Assignment of Absolute Configuration of Bromoallenes by Vacuum-Ultraviolet Circular Dichroism (VUVCD), MOLECULES, 26巻, 5号, pp. 1296, 20210227
  8. Isolation of Three New Diterpenes from Dodonaea viseosa, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 69巻, 1号, pp. 40-47, 202101
  9. ★, Natural dolapyrrolidone: Isolation and absolute stereochemistry of a substructure of bioactive peptides, CHIRALITY, 32巻, 9号, pp. 1152-1159, 202009
  10. ★, Chiral Tetraarylmethane Derivative with Metal-Coordinating Ability, ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 9巻, 4号, pp. 652-659, 202004
  11. Nuclear magnetic resonance spectroscopy and mass spectrometry data for sulfated isoguanine glycosides, DATA IN BRIEF, 28巻, pp. 105032, 202002
  12. NMR and ESIMS data for bisabolane-type sesquiterpenoids, DATA IN BRIEF, 27巻, pp. 104780, 20191111
  13. Rare sulfated purine alkaloid glycosides from Bruchidius dorsalis pupal case, PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 35巻, pp. 10-14, 20191109
  14. Chiral Sensing of Carboxylic Acid Through a Simple Esterification Method, Chirality, 30巻, 2号, pp. 141-146, 20171108
  15. Asaroidoxazines from the Roots of Asarum asaroides Induce Apoptosis in Human Neuroblastoma Cells, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 83巻, 10号, pp. 3050-3057, 20201023
  16. ★, Phenyl-(2-pyridyl)-(3-pyridyl)-(4-pyridyl)methane: Synthesis, chiroptical properties, and theoretical calculation of its absolute configuration, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2巻, 8号, pp. 1031-1036, 2007
  17. Secondary metabolites from cultures of the ant pathogenic fungus Ophiocordyceps irangiensis BCC 2728, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 35巻, 21号, pp. 3556-3561, 20200114
  18. Lasianosides A-E: New Iridoid Glucosides from the Leaves of Lasianthus verticillatus (Lour.) Merr. and Their Antioxidant Activity, MOLECULES, 24巻, 21号, pp. 3995, 20191105
  19. Norbisabolane and bisabolane sesquiterpenoids from the seeds of Angelica keiskei, PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 33巻, pp. 94-101, 201910
  20. Altercrasins A-E, Decalin Derivatives, from a Sea-Urchin-Derived Alternaria sp.: Isolation and Structural Analysis Including Stereochemistry, MARINE DRUGS, 17巻, 4号, pp. 218, 20190411
  21. Tetradehydrohalicyclamine B, a new proteasome inhibitor from the marine sponge Acanthostrongylophora ingens, BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 29巻, 1号, pp. 8-10, 20190101
  22. Enantioselective 1,3-Dipolar Cycloaddition Reaction of Nitrones with alpha-(Acyloxy)acroleins Catalyzed by Dipeptide-Derived Chiral Tri- or Diammonium Salts, SYNLETT, 30巻, 15号, pp. 1835-1839, 20190917
  23. HPLC profiles and spectroscopic data of cassane-type furanoditerpenoids, DATA IN BRIEF, 21巻, pp. 1076-1088, 201812
  24. Hydroxylated furanoditerpenoids from pupal cases produced by the bruchid beetle Sulcobruchus sauteri inside the seeds of Caesalpinia decapetala, PHYTOCHEMISTRY, 156巻, pp. 151-158, 20181006
  25. Sulfated Purine Alkaloid Glycosides from the Pupal Case Built by the Bruchid Beetle Bruchidius dorsalis Inside the Seed of Gleditsia japonica, CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 15巻, 8号, pp. e1800154, 201808
  26. Two new secondary metabolites from a fungus of the genus Robillarda, JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 71巻, 4号, pp. 432-437, 201803
  27. Di(1-naphthyl) methanol ester of carboxylic acids for absolute stereochemical determination, CHIRALITY, 30巻, 2号, pp. 141-146, 20171108
  28. Nabscessins A and B, Aminocyclitol Derivatives from Nocardia abscessus IFM 10029(T), JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 80巻, 2号, pp. 565-568, 20170123
  29. Computationally Aided Absolute Stereochemical Determination of Enantioenriched Amines, ORGANIC LETTERS, 19巻, 6号, pp. 1362-1365, 20170317
  30. Cyclohelminthol X, a Hexa-Substituted Spirocyclopropane from Helminthosporium velutinum yone96: Structural Elucidation, Electronic Circular Dichroism Analysis, and Biological Properties, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 82巻, 11号, pp. 5574-5582, 20170602
  31. OXIDATIVE DESULFURIZATION OF ELECTRON-DONATING 5,5,7,7-TETRAARYL-5,7-DIHYDRODIBENZO[c,e]THIEPINS AND THE RELATED HETEROCYCLES: GENERATION OF DICATIONIC DYES UPON TWO-ELECTRON OXIDATION, HETEROCYCLES, 95巻, 2号, pp. 816-829, 20170125
  32. Ficusnotins A-F: Rare diarylbutanoids from the leaves of Ficus nota, PHYTOCHEMISTRY, 141巻, pp. 98-104, 201709
  33. New Prenylated ortho-Dihydroxycoumarins from the Fruits of Ficus nipponica, CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 14巻, 9号, pp. e1700196, 20170914
  34. Spontaneous emulsification and self-propulsion of oil droplets induced by the synthesis of amino acid-based surfactants, SOFT MATTER, 13巻, 37号, pp. 6450-6457, 20171007
  35. Cassane diterpenoids from the roots of Caesalpinia decapetala var. japonica and structure revision of caesaljapin, PHYTOCHEMISTRY, 121巻, pp. 50-57, 201601
  36. Homojesterones: vinylogous analogues of jesterone from Helminthosporium velutinum TS28, TETRAHEDRON, 72巻, 7号, pp. 1031-1035, 20160218
  37. Structure Revision of Caesalpinistas A and B and Isolation of a New Furanoditerpenoid from the Cotyledons of Caesalpinia decapetala var. japonica, HELVETICA CHIMICA ACTA, 99巻, 2号, pp. 133-137, 20160305
  38. Isolation, absolute structures, and biological properties of cyclohelminthols I-IV from Helminthosporium velutinum yone96, TETRAHEDRON, 72巻, 10号, pp. 1400-1405, 20160310
  39. Homopetasinic acid isolated from Diaporthe sp strain 1308-05, TETRAHEDRON LETTERS, 57巻, 10号, pp. 1117-1119, 20160309
  40. New oxygenated himachalenes in male-specific odor of the Chinese windmill butterfly, Byasa alcinous alcinous, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 30巻, 4号, pp. 406-411, 2016
  41. Petroquinones: trimeric and dimeric xestoquinone derivatives isolated from the marine sponge Petrosia alfiani, TETRAHEDRON, 72巻, 35号, pp. 5530-5540, 20160901
  42. Effects of sex steroid hormones and their metabolites on neuronal injury caused by oxygen-glucose deprivation/reoxygenation in organotypic hippocampal slice cultures, STEROIDS, 113巻, pp. 71-77, 201609
  43. Crataegusins A and B, New Flavanocoumarins from the Dried Fruits of Crataegus pinnatifida var. major (Rosaceae), NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS, 11巻, 7号, pp. 965-969, 201607
  44. Taichunamides: Prenylated Indole Alkaloids from Aspergillus taichungensis (IBT 19404), ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 55巻, 3号, pp. 1128-1132, 20151208
  45. Isolation, ECD assisted structural analyses, biosynthetic discussions, and biological activities of epi-cochlioquinones D and its derivatives, TETRAHEDRON, 71巻, 29号, pp. 4788-4794, 20150722
  46. Niphateolide A: isolation from the marine sponge Niphates olemda and determination of its absolute configuration by an ECD analysis, TETRAHEDRON, 71巻, 38号, pp. 6956-6960, 20150923
  47. Computation-Assisted Structural Elucidation of Epoxyroussoeone and Epoxyroussoedione Isolated from Roussoella japanensis KT1651, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 78巻, 7号, pp. 1505-1510, 20150625
  48. Achaetolide-II isolated from Helminthosporium velutinum TS28, TETRAHEDRON, 71巻, 41号, pp. 7900-7905, 20151014
  49. Dehydroxylation of stilbenoid oligomers: absolute configuration determination via comparison of experimental and theoretical electronic circular dichroic spectra, TETRAHEDRON LETTERS, 55巻, 2号, pp. 314-318, 20140108
  50. Neomacrophorin I, II, and III, novel drimenyl cyclohexanes with hydroxylated butanoates from Trichoderma sp 1212-03, TETRAHEDRON, 70巻, 7号, pp. 1458-1463, 20140218
  51. Acanthomanzamines A-E with New Manzamine Frameworks from the Marine Sponge Acanthostrongylophora ingens, ORGANIC LETTERS, 16巻, 15号, pp. 3888-3891, 20140801
  52. Structure elucidation of highly condensed stilbenoids: chiroptical properties and absolute configuration, TETRAHEDRON, 70巻, 35号, pp. 5640-5649, 20140902
  53. Chiroptical molecular propellers based on hexakis(phenylethynyl)benzene through the complexation-induced intramolecular transmission of local point chirality, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 12巻, 47号, pp. 9532-9538, 20140828
  54. Roussoellols A and B, Tetracyclic Fusicoccanes from Roussoella hysterioides, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 76巻, 6号, pp. 1047-1051, 20130522
  55. Reticulatins A and B and hyrtioreticulin F from the marine sponge Hyrtios reticulatus, TETRAHEDRON, 69巻, 34号, pp. 7051-7055, 20130826
  56. 7-beta- and 10-beta-Hydroxylated congeners of CAF-603; elucidation of absolute configuration of CAF-603 family, and their SAR studies in the anti-fungal activity, TETRAHEDRON, 69巻, 45号, pp. 9469-9474, 20131111
  57. Structural corrections of photinides A, B and their novel derivatives, TETRAHEDRON, 68巻, 38号, pp. 7991-7996, 20120923
  58. ★, A sensitive method based on fluorescence-detected circular dichroism for protein local structure analysis, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 430巻, 2号, pp. 179-184, 20121115
  59. Absolute Stereochemistry of Altersolanol A and Alterporriols, CHIRALITY, 24巻, 2号, pp. 137-146, 20120219
  60. Induced preference for axial chirality in a triarylmethylium o,o-dimer upon complexation with natural gamma-cyclodextrin: strong ECD signaling and fixation of supramolecular chirality to molecular chirality, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 48巻, 22号, pp. 2812-2814, 20120117
  61. "Marking" the Nitrogen Atoms of Phenyl-(2-pyridyl)-(3-pyridyl)-(4-pyridyl)-methane. Synthesis and Absolute Configuration of the Corresponding Tris(pyridine N-oxide)", CHIRALITY, 23巻, 7号, pp. 543-548, 20110526
  62. Stereochemical investigations of isochromenone and isobenzofuranone isolated from Leptosphaeria sp. KTC 727, Journal of Natural Products, 74巻, 1号, pp. 425-429, 20110101
  63. Absolute Stereochemistry of Novel Isochromanone Derivatives from Leptosphaeria sp KTC 727, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 75巻, 12号, pp. 2390-2393, 201112
  64. Halochromic Chiroptical Response of Novel Bis(9-acridinyl)-type Fluorophores with a Helical pi Framework, CHEMISTRY LETTERS, 39巻, 3号, pp. 165-167, 20100305
  65. Intramolecular Chirality Transfer in trans-5,6-Diaryl-5,6-dihydro-1,10-phenanthroline-5,6-diols: Solvato- and Halochromic Responses by Circular Dichroism, CHEMISTRY LETTERS, 39巻, 7号, pp. 695-697, 20100705
  66. Unprecedented four-way-output molecular response system based on biphenyl-2,2 '-diyldiacridiniums: induction of axial chirality through intramolecular hydrogen bonds between chiral amide groups, TETRAHEDRON LETTERS, 49巻, 5号, pp. 772-776, 20080128
  67. Fluorescence detected circular dichroism of a red-shifted exciton-coupling chromophore N,N '-carbonyl-bridged dipyrrinone derivative using an ellipsoidal device, MONATSHEFTE FUR CHEMIE, 139巻, 6号, pp. 591-595, 200806
  68. Chiral Tetrakis(2-thienyl)methane Derivative: A Possible Precursor for Cryptochiral Tetraalkylmethanes, Chemistry Letters, 37巻, 12号, pp. 1236-1237, 20081101
  69. Four-way-output molecular response system based on the dihydrodibenzo[c,g]phenanthrene skeleton: modulation of CD and FDCD activity by acid and electron-transfer, Tetrahedron Letters, 49巻, 5号, pp. 777-781, 20071201
  70. ★, Development of a Universal Ellipsoidal Mirror Device for Fluorescence Detected Circular Dichroism (FDCD) - Elimination of Polarization Artifacts, Applied Spectroscopy, 59巻, 1号, pp. 121-125, 20050101
  71. ★, Fluorescence detected circular dichroism for highly sensitive observation of exciton coupled CD, MONATSHEFTE FUR CHEMIE, 136巻, 3号, pp. 477-487, 200503
  72. Dantaxusins C and D, two novel taxoids from Taxus yunnanensis, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 65巻, 3号, pp. 371-374, 200203
  73. Dantaxusins A and B, two new taxoids from Taxus yunnanensis, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 64巻, 8号, pp. 1073-1076, 200108
  74. Cytotoxity of non-alkaloidal taxane diterpenes from Taxus chinensis against a paclitaxel-resistant cell line, Cancer Letters, 158巻, pp. 151-154, 20000701
  75. ★, Fluorescence-Detected Exciton-Coupled Circular Dichroism : Scope and Limitation in Structural Studies of Organic Molecules, Journal of the American Chemical Society, 121巻, 38号, pp. 8681-8691, 19990910
  76. ★, Chiral Phthalic Acid Amide, a Chiral Auxiliary Useful for Enantiomer Resolution and X-Ray Crystallographic Determination of the Absolute Stereochemistry of Alcohols(共著), Enantiomer, 1巻, 1号, pp. 35-39, 19960401
  77. Circular Dichroism and Absolute Stereochemistry of [8]Paracyclophane-10-Carbonitrile and Related Compounds, Enantiomer, 5巻, pp. 139-144, 20000101
  78. Total Synthesis and Absolute Stereochemistry of the Natural Atropisomer of the Biflavone 4’,4’’’, 7,7’’-Tetra-O-methylcupressuflavone, J. Org. Chem., 62巻, 21号, pp. 7222-7227, 19970101
  79. Enantioresolution and Absolute Stereochemistry of 3,3’-Diacetyl-4,4’,6,6’-tetramethoxy-2,2’-biphenyldiol, Enantiomer, 2巻, pp. 353-358, 19970301
  80. Revision of the Absolute Configuration of [8]Paracyclophane-10-Carboxylic and 15-Methyl[10]paracyclophane-12-carboxylic Acids, J. Am. Chem. Soc., 115巻, 16号, pp. 7547-7548, 19930501
  81. On the Origin of Photo-Lability of Neocartinostatin Chromophore, Tetrahedron Letters, 34巻, 36号, pp. 5753-5756, 19930601

著書等出版物

  1. 2022年11月01日, 人間の許容・適応限界事典, 一酸化炭素, 朝倉書店, 2022年, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 村木里志・長谷川博・小川景子[編], 805
  2. 2022年11月01日, 人間の許容・適応限界事典, 不活性ガス, 朝倉書店, 2022年, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 村木里志・長谷川博・小川景子[編], 805
  3. 2019年04月, 基礎化学実験(改訂第6版), 大学教育出版, 2019年, 04, 教科書, 共編著, 日本語, 石田敦彦・石原康弘・ヴィレヌーヴ真澄美・太田伸二・大村尚・佐久川弘・清水典明・竹田 一彦・手島圭三・布目陽子・根平達夫・平野哲男・ 山崎岳, 9784864290784, 135
  4. 2017年01月31日, 左と右・対称性のサイエンス, 化学における左と右 ー分子の左右が生物活性と左右する, 丸善出版, 2017年, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 佐藤高晴・中村純・根平達夫・彦坂暁・岩永誠・木庭康樹・桑島秀樹・髙谷紀夫, 176
  5. 2016年04月, 基礎化学実験(改訂第5版), 大学教育出版, 2016年, 04, 教科書, 共編著, 日本語, 石田敦彦・石原康弘・伊藤隆夫・ヴィレヌーヴ真澄美・太田伸二・大村尚・佐久川弘・清水典明・竹田 一彦・手島圭三・布目陽子・根平達夫・平野哲男・ 山崎岳, 9784864290784, 135
  6. 2015年, 基礎の有機化学 : 生命科学のために, 三共出版, 教科書, 共著, 日本語, 深宮斉彦・本田計一・石田敦彦・太田伸二・大村尚・根平達夫, 9784782707333, 234
  7. 2014年09月, 基礎化学実験(改訂第4版), 大学教育出版, 2014年, 09, 教科書, 共編著, 日本語, 石田敦彦・石原康弘・伊藤隆夫・ヴィレヌーヴ真澄美・太田伸二・大村尚・佐久川弘・清水典明・竹田 一彦・手島圭三・根平達夫・早瀬光司・平野哲男・ 山崎岳, 9784864290784, 135
  8. 2011年09月, 基礎化学実験(改訂第3版), 大学教育出版, 2011年, 09, 教科書, 共編著, 石田敦彦・伊藤隆夫・大村尚・近藤宏壮・佐久川弘・清水典明・竹田一彦・手島圭三・根平達夫・早瀬光司・平野哲男・本田計一・山崎岳, 9784864290784, 135
  9. 2010年11月, 基礎の有機化学-生命科学のために, 三共出版, 2010年, 11, 教科書, 共著, 日本語, 深宮斉彦・本田計一・石田敦彦・太田伸二・大村尚・根平達夫, 9784782706343, 232, 234
  10. 2009年03月, 大学新入生に薦める101冊の本、新版, 岩波書店, 2009年, 03, 単行本(一般書), 共編著, 278
  11. 2009年09月, 基礎化学実験(改訂第2版), 大学教育出版, 2009年, 09, 教科書, 共編著, 日本語, 石田敦彦・伊藤隆夫・大村尚・佐久川弘・清水典明・竹田一彦・手島圭三・根平達夫・早瀬光司・平野哲男・深宮齊彦・本田計一・山崎岳, 9784864290784, 135
  12. 2005年03月, 大学新入生に薦める101冊の本 , 資料解題, 岩波書店, 2005年, 03, 共編著, 難波 紘二 青木 利夫 宇佐美 広介 日下部 真一 吉村 慎太郎 吉田 光演 , 4000237632, 246
  13. 2004年08月, 基礎化学実験 , 大学教育出版, 2004年, 08, 教科書, 編著, 赤堀 興造 早瀬 光司 平野 哲男 文谷 政憲 山崎 岳 上領 達之 功刀 義人 小南 思郎 清水 典明 竹田 一彦 手島 圭三 根平 達夫 , 4887305826, 127

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Circular Dichroic Spectroscopy beyond Exciton Coupling: A Research Collection of a Small Lab, Tatsuo Nehira, Hunter College Seminar, 2022年04月01日, 招待, 英語, New York
  2. 天然キラル化合物の絶対配置決定におけるCDスペクトルの有効性, 根平達夫, HiSOR研究会, 2022年03月08日, 招待, 日本語, 東広島
  3. Chirality Measurement Systems for Excited State Molecules, Masayuki Watanabe, Ettore Castiglioni, Takunori Harada, Tatsuo Nehira, Chirality 2015 (The 27th International Symposium on Chiral Discrimination), 2015年07月28日, 通常, 英語, Boston
  4. 円二色性スペクトルによるキラル分子の絶対配置決定法, 根平達夫, 化学生態学研究会, 2015年06月13日, 招待, 日本語, 函館市
  5. Chirality Measurement Systems for Excited State Molecules, Masayuki Watanabe, Ettore Castiglioni, Takunori Harada, Tatsuo Nehira, MC2015 (Symposium on Molecular Chirality), 2015年06月12日, 通常, 英語, Tokyo
  6. Fluorescence-Detected Circular Dichroism as an Exploring Tool for Molecular Structures, Tatsuo Nehira, Hiroshima International Workshop on Circular Dichroism Spectoscopy, 2014年03月04日, 招待, 英語, Higashi-hiroshima
  7. パソコンでできるECDスペクトルシミュレーションによる有機化合物の絶対配置決定, 根平達夫,松尾光一,加藤光,塚本佐知子,伊藤哲朗,橋本勝, 第56回天然有機化合物討論会, 2014年10月14日, 通常, 日本語, 高知
  8. 新しいFDCD装置の開発〜苦悩の開発経緯と新展開〜, 根平達夫, 産業技術総合研究所・研究会, 2010年10月12日, 招待, 日本語, 産業技術総合研究所, 仙台市
  9. Protein conformational analysis by fluorescence-detected circular dichroism (FDCD), Tatsuo Nehira, Kaoru Ishihara, Hirone Ito, Keiko Masuda, Kazuyoshi Ukena, Koichi Matsuo, Shunsuke Izumi, Takeshi Yamazaki, Atsuhiko Ishida, Pacifichem 2015, 2015年12月18日, 通常, 英語, American Chemical Society, Honolulu
  10. Prospect on Fluorescence-Detected Circular Dichroism an Exploring Tool of Molecular Structure, 根平達夫, G-COE Symposium in Organic Chemistry in Fukuoka, 2011年02月26日, 招待, 英語, 福岡市
  11. Potential for protein conformational analysis provided by fluorescence-detected circular dichroism (FDCD), Tatsuo Nehira, Hirone Ito, Kaoru Ishihara, Keiko Masuda, Kazuyoshi Ukena, Koichi Matsuo, Shunsuke Izumi, Takeshi Yamazaki, Atsuhiko Ishida, CD2015, 2015年08月30日, 通常, 英語, Sapporo
  12. ユニバーサル楕円鏡FDCD測定装置の開発, 根平達夫、田中克典、Gennaro Pescitelli、Nina Berova、高桑堯、眞砂央、和田明生, 根平達夫、田中克典、Gennaro Pescitelli、Nina Berova、高桑堯、眞砂央、和田明生, 第17回基礎有機化学連合討論会, 2004年09月23日, 通常, 日本語, 仙台市
  13. A New Method of FDCD Measurement Using an Ellipsoidal Mirror Attachment, Tatsuo Nehira, Takashi Takakuwa, Chie Ohshima, Hisashi Masago, Tatsuo Nehira, Takashi Takakuwa, Chie Ohshima, Hisashi Masago, CD2003 9th International Conference on Circular Dichroism in Chemistry and Life Sciences, 2003年08月31日, 通常, 英語, ブダペスト(ハンガリー)
  14. Fluorescence-Detected Exciton-Coupled CD in Structural Studies of Organic Molecules: Designing New Model Compounds, Tatsuo Nehira, Miyuki Mizukoshi, Yasuko Kawamoto, Tatsuo Nehira, Miyuki Mizukoshi, Yasuko Kawamoto, CD2001 8th International Conference on Circular Dichroism in Chemistry and Life Sciences, 2001年09月23日, 通常, 英語, 仙台市
  15. Fluorescence-Detected Exciton-Coupled Circular Dichroism: Scope and Limitation in Structural Studies of Organic Molecules, Tatsuo Nehira, Max Planck Institute Goettingen Research Seminar, 2001年08月04日, 通常, 英語, ゲッティンゲン(ドイツ)

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 基盤共同研究, キラルアレンの汎用的な絶対立体配置決定法の開発, 2022年07月01日, 2023年03月31日
  2. 基盤共同研究, 蛍光検出円二色性による分子系の局所キラリティ観測法の研究とその機構解析, 2021年04月01日, 2022年03月31日
  3. 大学研究助成金, 非対称アレン骨格をもつ有機化合物の汎用的な立体構造解析法の開発, 2021年04月01日, 2022年03月31日
  4. 基盤共同研究, 蛍光検出円二色性による分子系の局所キラリティ観測法の研究, 2020年04月01日, 2021年03月31日
  5. 基盤共同研究, FRETによるキラリティー伝播を利用した蛍光検出円二色性の観測メカニズム解明, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  6. 基盤共同研究, FRETによるキラリティー伝播を利用した蛍光検出円二色性の観測メカニズム解明, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  7. 基盤共同研究, FRETによるキラリティー伝播を利用した蛍光検出円二色性の観測メカニズム解明, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 分子の新しい立体構造解析法を目指した蛍光検出円二色性の再定義, 2016年, 2018年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), CaMキナーゼホスファターゼを分子標的とする低毒性がん転移抑制剤創製の試み, 2015年, 2018年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新世代の蛍光検出CDによる実用的タンパク質立体構造解析法の開発, 2013年, 2015年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新世代の蛍光検出CDによるタンパク質立体構造の動的ピンポイント解析法の開発, 2010年, 2012年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), CaMキナーゼのスイッチオフとリン酸化バランス制御, 2009年, 2011年
  13. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), にせ信号のない超高感度新型測定装置によるFDCDの基礎的研究, 2004年, 2006年
  14. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), FDCDを利用した有機小分子の絶対配置決定に関する基礎的研究, 2002年, 2003年
  15. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), FDCDを利用した複合体中の特定有機化合物の選択的CD測定研究, 2000年, 2001年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 理事, 2012年05月, 2013年05月, 広島大学消費生活協同組合
  2. 理事, 2013年05月, 2014年05月, 広島大学消費生活協同組合
  3. 理事, 2014年05月, 2015年05月, 広島大学消費生活協同組合
  4. 非常勤講師, 2015年04月, 2015年09月, 安田女子大学
  5. 理事, 2015年05月, 2016年05月, 広島大学消費生活協同組合
  6. 非常勤講師, 2018年04月, 2018年09月, 安田女子大学
  7. 非常勤講師, 2019年04月, 2019年09月, 安田女子大学

学術会議等の主催

  1. シンポジウムモレキュラーキラリティー2021, ローカル実行委員, 2021年11月, 2021年11月
  2. 化学教育研究発表会, 世話人(日本化学会中国四国支部・化学教育協議会委員), 2019年11月, 2019年11月
  3. 第61回天然有機化合物討論会, 実行委員, 2019年09月, 2019年09月
  4. 令和元年度 高校・大学化学教育フォーラム, 世話人(日本化学会中国四国支部・化学教育協議会委員), 2019年08月, 2019年08月
  5. 平成30年度 高校・大学化学教育フォーラム, 世話人(日本化学会中国四国支部・化学教育協議会委員), 2018年08月, 2018年08月
  6. 第9回有機「ものつくり」研究会, 実行委員長, 2018年01月, 2018年01月
  7. 第51回日本応用動物昆虫学会大会, 実行委員, 2007年03月, 2007年03月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 化学実験指導技術向上のための講習会, 有機反応を薄層クロマトグラフィー(TLC)で追跡する, 広島県高等学校教育研究会理科部会, 2022年/09月/03日, 2022年/09月/03日, 広島県立広島国泰寺高等学校, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  2. 高大連携公開講座, 高校生のための物質科学〜生物・物理・化学の境界を越えて〜, 広島大学 高大接続・入学センター, 2022年/08月/08日, 2022年/08月/08日, 広島大学総合科学部, 出演, セミナー・ワークショップ, 高校生
  3. 広島大学オープンキャンパス模擬授業, 「夢のツール」つくります ものつくりが支える総合科学, 2022年/08月/18日, 2022年/08月/18日, 広島大学総合科学部, 出演, その他, 高校生
  4. GSCステップステージセミナー, ヒドリド還元反応の追跡 〜水素化ホウ素ナトリウムによるベンゾフェノンの還元反応〜, グローバルサイエンスキャンパス広島, 2011年/10月/17日, 2011年/10月/17日, 広島大学総合科学部, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  5. 広島大学総合科学部オープンラボ, ライブバーチャル研究室見学, 広島大学総合科学部, 広島大学総合科学部オープンラボ, 2021年/08月/17日, 2021年/08月/18日, 出演, セミナー・ワークショップ, 高校生
  6. 高大連携公開講座, 高校生のための物質科学〜生物・物理・化学の境界を越えて〜, 広島大学 高大接続・入学センター, 2021年/07月/31日, 2021年/07月/31日, 広島大学総合科学部, 出演, セミナー・ワークショップ, 高校生
  7. 広島大学総合科学部オープンラボ, ライブバーチャル研究室見学, 広島大学総合科学部, 広島大学総合科学部オープンラボ, 2020年/08月/22日, 2020年/08月/23日, 出演, セミナー・ワークショップ, 高校生
  8. 高大連携公開講座, 高校生のための物質科学〜生物・物理・化学の境界を越えて〜, 広島大学 高大接続・入学センター, 2020年/08月/01日, 2020年/08月/01日, 広島大学総合科学部, 出演, セミナー・ワークショップ, 高校生
  9. 広島大学模擬授業, 科学との向き合い方を考察する, 2009年/09月/17日, 2009年/09月/17日, 島根県立出雲高等学校, 講師, 講演会, 高校生