渡邉 研志KENSHI WATANABE

Last Updated :2021/02/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
kwatanabehiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2016年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院先端物質科学研究科, 細胞機能化学研究室, 特任助教

学歴

  • 広島大学, 大学院先端物質科学研究科, 分子生命機能科学, 日本, 2013年04月, 2016年03月
  • 広島大学, 大学院先端物質科学研究科, 分子生命機能科学, 日本, 2011年04月, 2013年03月
  • 広島大学, 工学部, 第三類(化学・バイオ・プロセス系), 日本, 2007年04月, 2011年03月

学位

  • 修士(理学) (広島大学)
  • 博士(工学) (広島大学)

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 応用微生物学

研究キーワード

  • 脂質工学
  • タンパク質工学

所属学会

  • 日本生物工学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本油化学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎化学実験
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 生物工学実験I
  3. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生命機能科学セミナー
  4. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分子生命機能科学セミナー
  5. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  6. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物工学特別演習A
  7. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  8. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物工学特別演習A
  9. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物工学特別演習B
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物工学特別演習B

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Detection of acyl-CoA derivatized with butylamide for in vitro fatty acid desaturase assay, Journal of Oleo Science, 65巻, 2号, pp. 161-167, 2016
  2. ★, Identification of amino acid residues that determine the substrate specificity of mammalian membrane-bound front-end fatty acid desaturases, Journal of Lipid Research, 57巻, 1号, pp. 89-99, 2016
  3. 脂肪酸の多様な生理活性〜細身の体に秘める力〜, 生物工学会誌, 93巻, 4号, pp. 216, 2015
  4. Utilization of waste syrup for production of polyunsaturated fatty acids and xanthophylls by Aurantiochytrium, Journal of Oleo Science, 62巻, pp. 729-736, 2013
  5. A Possible Trifunctional β-Carotene Synthase Gene Identified in the Draft Genome of Aurantiochytrium sp. Strain KH105, Genes
  6. Efficient conversion of mannitol derived from brown seaweed to fructose for fermentation with a thraustochytrid, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 125巻, 2号, pp. 180-184, 201802
  7. Isolation of High Carotenoid-producing Aurantiochytrium sp Mutants and Improvement of Astaxanthin Productivity Using Metabolic Information, JOURNAL OF OLEO SCIENCE, 67巻, 5号, pp. 571-578, 201805
  8. Growth and fatty acid profiles of Halophytophthora vesicula and Salispina spinosa from Philippine mangrove leaves, LETTERS IN APPLIED MICROBIOLOGY, 69巻, 3号, pp. 221-228, 201909
  9. Metabolite Profile Analysis of Aurantiochytrium limacinum SR21 Grown on Acetate-based Medium for Lipid Fermentation, Journal of Oleo Science, 68巻, 6号, pp. 541-549, 20190606

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ラビリンチュラ類オーランチオキトリウム属の酢酸資化時のメタボローム解析と脂肪酸生産性向上に向けた育種標的探索, 渡邉研志, Charose M.T. Perez 、廣谷蘭、中島田豊、岡村好子、秋庸裕, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019年03月24日, 通常, 日本語, 東京
  2. Improvement of valuable lipid productivity of Aurantiochytrium sp. based on metabolome analysis, Watanabe, K., Watanabe K., The 2nd International Symposium on Fuels and Energy, 2018年07月03日, 通常, 英語
  3. オーランチオキトリウム属キサントフィル高生産変異株の作出とメタボローム情報による生産性向上, 渡邉 研志, アラフィレス キム、東 莉沙、岡村 好子、田島 誉久、松村 幸彦、中島田 豊、松山 惠介、秋 庸裕, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月17日, 通常, 日本語, 名古屋
  4. メタボローム解析によるオーランチオキトリウム属のドコサヘキサエン酸及びアスタキサンチン生産性の改善, 渡邉研志, Kim Hazel V. Arafiles, Yoshiko Okamura, Takahisa Tajima, Yukihiko Matsumura, Yutaka Nakashimada, Keisuke Matsuyama, Tsunehiro Aki, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月14日, 通常, 日本語
  5. Improvement of docosahexaenoic acid and astaxanthin productivity of Aurantiochytrium sp. through metabolome analysis, Kenshi Watanabe, Kim Hazel V. Arafiles, Yoshiko Okamura, Takahisa Tajima, Yukihiko Matsumura, Yutaka Nakashimada, Keisuke Matsuyama, Tsunehiro Aki, The Asian conference on Oleo Science 2017, 2017年09月11日, 通常, 英語, Tokyo
  6. Value-added lipid production by Aurantiochytrium sp. using sugars derived from macroalgae., Kenshi Watanabe, Kim Hazel V. Arafiles, Yoshiko Okamura, Takahisa Tajima, Yukihiko Matsumura, Yutaka Nakashimada, Keisuke Matsuyama, Tsunehiro Aki, Asia-Pacific marine biotechnology conference 2017, 2017年05月24日, 招待, 英語
  7. ラビリンチュラ類Aurantiochytrium属のメタボローム解析による育種標的の探索と脂質生産量の向上, 渡邉 研志, Kim Hazel V. Arafiles,岡村 好子,田島 誉久,松村 幸彦,中島田 豊,秋 庸裕, 農芸化学会大会2017年度大会, 2017年03月19日, 通常, 日本語, 京都
  8. Bioconversion of marine biomass into value-added lipids by thraustochytrids, Kenshi Watanabe, K.H.V. Arafiles, Yoshiko Okamura, Takahisa Tajima, Yukihiko Matsumura, Yutaka Nakashimada, Tsunehiro Aki, The 3rd Japan-Hawaii Joint Workshop, 2016年10月31日, 通常
  9. ラビリンチュラ類Aurantiochytrium属のメタボローム解析による育種標的の探索, 渡邉 研志, Kim Hazel V. Arafiles、岡村 好子、田島 誉久、松村 幸彦、中島田 豊、秋 庸裕, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月30日, 通常, 日本語
  10. ラビリンチュラ類Aurantiochytrium属のメタボローム解析による育種標的の探索, 渡邉 研志, Kim Hazel V. Arafiles、岡村 好子、田島 誉久、松村 幸彦、中島田 豊、 秋 庸裕, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月28日, 通常, 日本語
  11. ラビリンチュラ類Aurantiochytrum属のカロテノイド生合成機構の解析, 渡邉 研志, 野村夏矢、畑 浩介、長野 亜希子、佐藤 亮太、岩坂 宏明、小柳 亮、佐藤 矩行、秋 庸裕, 第3回 ラビリンチュラ・シンポジウム〜オーランチオキトリウムとその仲間たちの生物学と産業応用〜, 2016年07月09日, 通常, 日本語
  12. 膜結合型脂肪酸不飽和化酵素の基質識別に関与するアミノ酸残基の特定, 渡邉 研志,大野 洵,秋 庸裕, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月26日, 通常
  13. Δ6及びΔ5脂肪酸不飽和化酵素の基質特異性を規定するアミノ酸残基の同定, 渡邉 研志,大野 洵,秋 庸裕, 2014年度第5回学際的脂質創生研究部会講演会, 2015年01月23日, 通常
  14. Purification of membrane-bound fatty acid desaturase, Kenshi Watanabe, Makoto Ohno, Tsunehiro Aki, 1st Asian Conference on Oleo Science, 2014年09月08日, 通常, 英語
  15. 膜結合型脂肪酸不飽和化酵素の基質選択機構の解明, 渡邉 研志,大野 洵,秋 庸裕, 第65回日本生物工学会大会, 2013年09月18日, 通常
  16. 膜結合型脂肪酸不飽和化酵素の精製, 渡邉 研志,大野 洵,秋 庸裕, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月24日, 通常
  17. Valuable oil production from various biomass by Aurantiochytrium, 渡邉研志, 1st Joint Workshop of ADSM, Hiroshima University and Balittas, Indonesia for efficient utilization of renewable bioresources, 2018年10月22日, 招待, 英語, 広島
  18. 脂質代謝酵素の機能及び代謝ネットワークに関する研究と脂質発酵生産への応用, 渡邉 研志, 第75回広島大学バイオマスイブニングセミナー, 2019年06月13日, 招待, 日本語, 広島大学エネルギー超高度利用研究拠点, 広島
  19. Isolation of high carotenoid-producing Aurantiochytrium sp. mutants and improvement of astaxanthin productivity using metabolic information, Kenshi Watanabe, Kim Hazel V. Arafiles, Risa Higashi, Okamura, Yoshiko Okamura, Takahisa Tajima, Yukihiko Matsumura, Yutaka Nakashimada, Keisuke Matsuyama, Tsunehiro Aki, Marine Biotechnology Conference 2019, 2019年09月12日, 通常, 英語, Shimizu, Japan

受賞

  1. 2015年12月, 2015年度日本生物工学会西日本支部学生賞, 日本生物工学会

社会活動

学術会議等の主催

  1. 2017年度第8回学際的脂質創生研究部会講演会, 事務局(会計、懇親会), 2018年01月
  2. 生物工学若手研究者の集い夏のセミナー2017, 生物工学若手研究者の集い夏のセミナー2017実行委員会, 2017年09月