堀内 浩幸Hiroyuki Horiuchi

Last Updated :2019/09/13

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 生生・応用動物生命科学(生生支援室) 教授
ホームページ
メールアドレス
hhori10hiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1992年01月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 生物生産学部, 助手
  • 2007年04月01日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 助教
  • 2010年04月01日, 広島大学, 准教授
  • 2012年05月01日, 7225年78月10日, 広島大学, 教授

学歴

  • 広島大学, 生物圏科学研究科, 生物生産学, 日本, 1988年04月, 1990年03月
  • 広島大学, 生物生産学部, 生物生産, 日本, 1983年04月, 1988年03月

学位

  • 博士(学術) (広島大学)
  • 農学修士 (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 分子細胞機能学プログラム

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 統合動物科学

研究キーワード

  • ニワトリ
  • 栓球
  • サイトカイン
  • 膜タンパク
  • 胚性幹細胞
  • 多能性幹細胞
  • 生殖細胞
  • ゲノム編集
  • 認知症

所属学会

  • 日本分子生物学会, 1994年04月
  • 日本ゲノム編集学会, 2016年04月

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 1ターム, 分子生物学入門
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 基礎生物学実験I
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 外書講読
  4. 2019年, 学部専門, 3ターム, 免疫生物学
  5. 2019年, 学部専門, 集中, 免疫生物学実験
  6. 2019年, 学部専門, 2ターム, 動物細胞工学
  7. 2019年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 発展テーマ型PBL
  9. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 研究エグゼクティブセミナー(3)
  10. 2019年, 学部専門, 集中, 特別コース海外演習
  11. 2019年, 学部専門, 集中, 特別コース専門実験実習(1)
  12. 2019年, 学部専門, 集中, 特別コース専門実験実習(2)
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生命開発学実験
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用免疫学
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用免疫学演習
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用動物生命科学Ⅰ
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用動物生命科学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Comparison of sex determination mechanism of germ cells between birds and fish: Cloning and expression analyses of chicken forkhead box L3-like gene., Developmental Dynamics, 248巻, 9号, pp. 826-836, 20190902
  2. Zymosan A enhances humoral immune responses to soluble protein in chickens, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 79巻, 8号, pp. 1335-1341, 201708
  3. Expression of ayu antimicrobial peptide genes after LPS stimulation, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 79巻, 6号, pp. 1072-1080, 2017
  4. Induction of non-specific suppression in chicks by specific combination of maternal antibody and related antigen, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 77巻, 11号, pp. 1363-1369, 2015
  5. Studies on Morphology and Cytochemistry in Blood Cells of Ayu Plecoglossus altivelis altivelis, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 76巻, 5号, pp. 693-704, 2014
  6. ★, Manipulating the avian epiblast and epiblast-derived stem cells, Methods Mol. Biol., 1074巻, pp. 151-173, 201311
  7. Molecular cloning of chicken interleukin-5 receptor alpha-chain and analysis of its binding specificity, DEVELOPMENTAL AND COMPARATIVE IMMUNOLOGY, 37巻, 42798号, pp. 354-362, 2012
  8. ★, Characteristics of Novel Chicken Embryonic Stem Cells Established Using Chicken Leukemia Inhibitory Factor, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 48巻, 1号, pp. 64-72, 2011
  9. ★, Construction of an Insertion Vector for Gene Targeting of Chicken Lens-specific Gene, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 47巻, 2号, pp. 144-148, 2010
  10. Allergenicity study of EGFP-transgenic chicken meat by serological and 2D-DIGE analysis, FOOD AND CHEMICAL TOXICOLOGY, 48巻, 5号, pp. 1302-1310, 2010
  11. ★, ニワトリの万能細胞”ES細胞”とその遺伝子組換え, 化学と生物, 48巻, 4号, pp. 237-242, 2010
  12. Induction of immune suppression in the chick by an optimal dose of an immunizing antigen in the presence of its specific maternal antibody., J. Vet. Med. Sci., 72巻, 3号, pp. 276-262, 20090601
  13. Prolonged suppression of chick humoral immune response by antigen specific maternal antibody., J. Vet. Med. Sci., 71巻, 4号, pp. 417-424, 20090401
  14. Generation and characterization of chicken monoclonal antibodies against human LOX-1., MAbs., 1巻, 4号, pp. 357-363, 20090401
  15. Chicken antibody against a restrictive epitope of prion protein distinguishes normal and abnormal prion proteins., Biologicals, 35巻, 4号, pp. 303-308, 20071025
  16. ★, Cloning of the chicken interleukin-13 receptor alpha 2 gene and production of a specific monoclonal antibody., Developmental and Comparative Immunology, 31巻, 4号, pp. 394-406, 20070510
  17. Development of recombinant chicken IgY from single chain fragment of variable region for diagnosis of BSE., Biologicals, 35巻, 1号, pp. 31-34, 20070301
  18. ★, ニワトリにおける抗体エンジニアリングとトランスジェニックテクノロジー, FFIジャーナル, 211巻, 11号, pp. 948-954, 20061101
  19. ★, Effect of novel monoclonal antibodies on LIF-induced signaling in chicken blastodermal cells., Dev. Comp. Immunol., 30巻, 5号, pp. 513-522, 20060401
  20. Characterization and expression analysis of a chicken interleukin-6 receptor alpha., Dev. Comp. Immunol., 30巻, 4号, pp. 419-429, 20060401
  21. ★, Maintenance of chicken embryonic stem cells in vitro., In Methods in Molecular Biology (Embryonic Stem Cell Protocols; Second Edition Vol. 1), 329巻, pp. 17-34, 20060401
  22. Humanization of chicken monoclonal antibody using phage-display system., Mol. Immunol., 43巻, 6号, pp. 634-642, 20060201
  23. Tributyltin disturbs bovine adrenal steroidogenesis by two modes of action., Steroids, 70巻, 14号, pp. 913-921, 20051201
  24. Inhibition of prion propagation in scrapie-infected mouse neuroblastoma cell lines using mouse monoclonal antibodies against prion protein., Biochem. Biophys. Res. Commun., 335巻, 1号, pp. 197-204, 20050901
  25. Stable production of recombinant chicken antibody in CHO-K1 cell line., Biologicals, 33巻, 3号, pp. 169-174, 20050901
  26. Biological activity of recombinant chicken interleukin-6 in chicken hybridoma cells., Vet. Immunol. Immunopathol., 106巻, 42737号, pp. 97-105, 20050601
  27. Generation of a mouse monoclonal antibody against chicken interleukin-6., Hybridoma (Larchmt)., 24巻, 2号, pp. 115-117, 20050501
  28. ★, Excision of foreign gene product with cathepsin D in chicken hepatoma cell line., Biochem. Biophys. Res. Commun., 330巻, 2号, pp. 533-539, 20050501
  29. Characterization and expression analysis of the chicken interleukin-11 receptor alpha chain., Dev. Comp. Immunol., 29巻, 4号, pp. 349-359, 20050401
  30. Genomic organization of the chicken T-cell receptor beta chain D-J-C region., The Journal of Veterinary Medical Science, 66巻, 12号, pp. 1509-1515, 20041201
  31. Expression vectors for chicken-human chimeric antibodies, Biologicals, 32巻, 4号, pp. 213-218, 20041201
  32. Cloning and characterization of a chicken leukemia inhibitory factor, Avian Immunology Research Group, 8巻, pp. 80, 20040904
  33. Characteruzation and expression analysis of the chicken interleukin-11 receptor alpha., Avian Immunology Research Group, 8巻, pp. 82, 20040904
  34. Biological activities of recombinant chicken interleukin-6 on chicken hybridoma cells., Avian Immunology Research Group, 8巻, pp. 85, 20040904
  35. Establishment of a chicken monoclonal antibody panel against mammalian prion protein, The Journal of Veterinary Medical Science, 66巻, 7号, pp. 807-814, 20040801
  36. ★, Chicken leukemia inhibitory factor maintains chicken embryonic stem cells in the undifferentiated state, The Journal of Biological Chemistry, 279巻, 23号, pp. 24513-24520, 20040601
  37. Molecular cloning and characterization of chicken tumor necrosis factor (TNF)-superfamily ligands, CD30L and TNF-related apoptosis inducing ligand (TRAIL), The Journal of Veterinary Medical Science, 66巻, 6号, pp. 643-650, 20040601
  38. ★, A monoclonal antibody against chicken thrombocytes reacts with the cells of thrombocyte lineage, The Journal of Veterinary Medical Science, 66巻, 3号, pp. 243-250, 20040301
  39. Molecular study on chicken tumor necrosis factor receptor-II and tumor necrosis factor receptor-associated factor-5., Vet. Immunol. Immunopathol., 98巻, 42737号, pp. 31-41, 20040301
  40. Chicken peripheral blood CD3+CD4-CD8- cells are regulated by endocrine and immune systems., J. Vet. Med. Sci., 66巻, 2号, pp. 143-148, 20040201
  41. Immunobiology of chicken germinal center: II. Accumulation of apoptotic cells within the germinal center, Cell Tissue Res., 314巻, 2号, pp. 215-221, 20031101
  42. Two expression vectors for the phage-displayed chicken monoclonal antibody, Journal of Immunological Methods, 280巻, 42737号, pp. 157-164, 20030901
  43. Flow cytometric analysis of chicken NK activity and its use on the effect of restraint stress, Journal of Veterinary Medical Science, 65巻, 9号, pp. 995-1000, 20030901
  44. 遺伝子組み換え技術を活用した有用鶏開発の現状と将来, 養鶏の友, 9巻, 20030901
  45. Generation of antibodies against prionprotein by scrapie-infected cell immunization of PrP0/0 mice, HYBRIDOMA and HYBRIDOMICS, 22巻, 4号, pp. 263-266, 20030801
  46. Development of Peyerユs Patch and Cecal Tonsil in Gut-Associated Lymphoid Tissues in the Chicken Embryo., J. Vet. Med. Sci., 65巻, 5号, pp. 607-614, 20030501
  47. Immunobiology of chicken germinal center: I. Changes in surface Ig class expression in the chicken splenic germinal center after antigen stimulation, Developpmental and Comparative Immunology, 27巻, 2号, pp. 159-166, 20030201
  48. ニワトリサイトカイン探索とその応用, 家畜栄養生理研究会報, 46巻, 2号, pp. 137-149, 20021201
  49. トランスジェニック・ニワトリの作出に向けて, ブレインテクノニュース, 90巻, pp. 1-4, 20020315
  50. ★, Cloning and characterization of a chicken platelet-derived growth factor B-chain cDNA., Dev. Comp. Immunol., 26巻, 1号, pp. 73-83, 20020101
  51. Establishment of monoclonal antibodies against chicken GP130, Veterinary Immunology Symposium, 6巻, pp. 106, 20010715
  52. ★, Characterization and expression of three forms of cDNA encoding chicken platelet-derived growth factor-A chain, Gene, 272巻, 42737号, pp. 181-190, 20010711
  53. Role of bursin in the development of B lymphocytes in chicken embryonic Bursa of Fabricius, Developpmental and Comparative Immunology, 25巻, 42861号, pp. 485-493, 20010601
  54. CD3+CD4-CD8- cells present in chicken peripheral blood are regulated by aging and stress, CURRENT PROGRESS ON AVIAN IMMUNOLOGY RESEARCH, 6巻, pp. 315-321, 20001008
  55. Construction of recombinant chicken monoclonal antibody using phage display system, CURRENT PROGRESS ON AVIAN IMMUNOLOGY RESEARCH, 6巻, pp. 335-340, 20001001
  56. Construction of recombinant monoclonal antibodies from a chicken hybridoma line secreting specific antibody., Cytotechnology, 32巻, pp. 191-198, 20000401
  57. cDNA cloning and mRNA expression of PDGF in chicken thrombocyte, Proceedings of the International Veterinary Cytokine and Vaccine Conference, pp. 234-237, 20000316
  58. Expression of chicken gp130 mRNA in various chicken organs and cells, Proceedings of the International Veterinary Cytokine and Vaccine Conference, pp. 330-333, 20000316
  59. Chicken monoclonal antibodies against synthetic bovine prion protein peptide., J. Vet. Med. Sci., 60巻, 6号, pp. 777-779, 19980601
  60. ★, 卵とバイオテクノロジー-ニワトリの胚操作とトランスジェニックニワトリの作出-, 栄養と健康のライフサイエンス, 3巻, 4号, pp. 39-44, 19980401
  61. 鶏ファブリキウス嚢の構造, 鶏病研究会報, 34巻, pp. 11-19, 19980401
  62. Ontogeny of thrombocytes in chicken embryos, The challenges of Lower Vertebrates to Immunology, pp. 99, 19971113
  63. Two chicken B cell lines resistant to ouabain for the production of chicken monoclonal antibodies, The Journal of Veterinary Medical Science, 58巻, 11号, pp. 1053-1056, 19961101
  64. Identification of the gene encoding VP7 of serotype G3 equine rotavirus, Journal of Equine Science, 7巻, 1号, pp. 17-20, 19960401
  65. ニワトリ脾臓single germinal centerにおけるapoptosisの解析, 日本獣医病理学会会報, 特集号巻, pp. 4-7, 19960401
  66. Detection of growth factor(s) in chicken thrombocytes., Avian Immunology Research Group, 19940320
  67. ★, ビトロネクチン, Annual Review 血液 1993, pp. 201-208, 19930401
  68. Establishment of chicken B hybridomas and their applications, Avian Immunology in Progress, pp. 91-96, 19930401
  69. ★, Identification of fibronectin in chicken thrombocytes, Cell Structure and Function, 17巻, 2号, pp. 93-98, 19920417
  70. Vibrio virulence factors and the quantitative analysis of cytotoxiicity elaborated by environmental isolates, Cytobios, 66巻, 266-267号, pp. 143-151, 19910401
  71. ★, Preliminary evidence of growth factor(s) from chicken thrombocytes- Growth effects of chicken fibroblasts cultures, Japanese Journal of Veterinary Science, 52巻, 3号, pp. 559-565, 19900601

著書等出版物

  1. 2017年11月30日, 動物細胞培養・自動化におけるトラブル発生原因と対策, 分離・精製のポイントとトラブル対策, 株式会社 技術情報協会, 2017年, 単行本(学術書), 共著, J, 堀内浩幸, 978-4-86104-674-2, 526, 69-73
  2. 2016年12月, 実験医学増刊号 All About ゲノム編集, ニワトリでのゲノム編集, ニワトリ 胚性幹細胞 始原生殖細胞, 羊土社, 2016年, 12, その他, J, 江崎僚, 堀内浩幸, 978-4-7581-0359-6, 234, 4
  3. 2014年04月, 《最新》動物細胞培養の手法と細胞死・増殖不良・細胞変異を防止する技術, ニワトリの胚性幹細胞研究と培養技術, 技術情報協会, 2014年, 4, 単行本(学術書), 共著, J, 堀内浩幸, 4861045002, 584, 5
  4. 2009年03月, 分子から見た生命の不思議, 広大生物圏出版会, 2009年, 3, 教科書, 共編著, 4925221191, 148
  5. 2003年09月, 遺伝子組み換え技術を活用した有用鶏開発の現状と将来, 養鶏の友, 2003年, 9, 単行本(一般書), 共著, 松田 治男 堀内 浩幸 古澤 修一
  6. 2002年03月, ブレインテクノニュ-ス第90号, ブレインテクノニュ-ス第90号, 2002年, 3, 単行本(学術書), 共著, 堀内 浩幸 古澤 修一 松田 治男, 4
  7. 2001年03月, 海と大地の恵みのサイエンス, 共立出版, 2001年, 3, 教科書, 共著, 4
  8. 1998年01月, 鶏病研究会報 34, 鶏病研究会報, 1998年, 1, 単行本(学術書), 共著, 古澤 修一 堀内 浩幸 松田 治男, 9
  9. 1993年01月, Annual Review 血液 1993, 中外医学社, 1993年, 1, 教科書, 共著, 堀内 浩幸 林 正男 松田 治男, 8

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ニワトリ生殖細胞の運命決定機構の解析, 松本紘明, 江崎僚, 梶原亮太, 松崎芽衣, 古澤修一, 堀内浩幸, 第4回日本ゲノム編集学会, 2019年06月05日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 東京
  2. ゲノム編集技術を用いたニワトリの性決定機構の解析, 岡座悠輝, 山脇まゆ子, 江崎僚, 松崎芽衣, 古澤修一, 堀内浩幸, 第4回日本ゲノム編集学会, 2019年06月04日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 東京
  3. アレルゲンのない卵をつくる, 堀内 浩幸, 広島大学卓越大学院プログラム×OPERA「ゲノム編集」産学共創コンソーシアム 「キックオフシンポジウム」, 2018年12月10日, 招待, 日本語, 広島大学, 東京
  4. 急速進行性認知症疾患のおける新規バイオマーカーに関する研究, 佐貫友亮, 田中祐美,江崎 僚, 古澤修一, 西田教行, 佐藤克也, 堀内浩幸, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  5. PITChシステムを用いたプロモーター挿入による標的遺伝子の強制発現, 安井幸輔,江崎僚,古澤修一,堀内浩幸, 第41回日本分子生物学会, 2018年11月29日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  6. ニワトリ foxl3 遺伝子の解析による、鳥類―魚類間における生殖細胞の性決定機構の比較, 市川健之助,江崎 僚,古澤修一, 堀内浩幸, 第41回日本分子生物学年会, 2018年11月28日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  7. ニワトリ多能性幹細胞の生殖細胞分化誘導に関する研究, 上畠さち, 平野朝子, 江崎僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月28日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  8. Functional analysis of DAZL in avian primordial germ cells using genome-editing tool, Kennosuke Ichikawa, Haruto Masaki, Ryo Ezaki, Shuichi Furusawa, Hiroyuki Horiuchi, 第3回日本ゲノム編集学会, 2018年06月20日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市
  9. ニワトリにおける性決定関連遺伝子の機能解析, 山田智香子, 中川祐樹, 江崎僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第3回日本ゲノム編集学会, 2018年06月20日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市
  10. ゲノム編集ツールを用いた鳥類始原生殖細胞における DAZL の機能解析, 正木 陽登, 市川 健之助, 江崎僚, 古澤 修一, 堀内 浩幸, 第3回日本ゲノム編集学会, 2018年06月19日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市
  11. ニワトリにおける MMEJ を介した PITCh システムの応用, 江崎僚, 亀山文子, 古澤修一, 堀内浩幸, 第3回日本ゲノム編集学会, 2018年06月19日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市
  12. 鳥類始原生殖細胞におけるDAZLの機能解析, 正木陽登, 江崎 僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸市
  13. ゲノム編集技術を用いた鳥類性決定機構に関する研究, 岡座悠輝,江﨑僚, 古澤修一,堀内浩幸, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸市
  14. Isolation, culture and characterization of chicken amniotic mesenchymal stem cells, Karina Saheki, Ryo Ezaki, Fumiya Hirose, Shuichi Furusawa and Hiroyuki Horiuchi, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月07日, 通常, 英語, 日本分子生物学会, 神戸市
  15. ゲノム編集技術を用いた鳥類性決定機構の解析, 岡座悠輝,中川祐樹, 江﨑僚, 古澤修一,堀内浩幸, 第2回日本ゲノム編集学会, 2017年09月29日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 大阪
  16. Cloning and expression analyses of chicken forkhead box L3, Kennosuke Ichikawa, Ryo Ezaki, Shuichi Furusawa, Hiroyuki Horiuchi, The Fourth World Congress of Reproductive Biology, 2017年09月27日, 通常, 英語, The Society for Reproduction and Development, Okinawa, Jaoan
  17. ゲノム編集を用いた家禽の品種改良技術の開発, 堀内浩幸, JST産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)研究領域 「ゲノム編集による革新的な有用細胞・生物作成技術の創出」キックオフ・シンポジウム, 2017年03月17日, 招待, 日本語, ゲノム編集産学共創コンソーシアム, 広島市
  18. プリオン病診断におけるバイオマーカーに関する研究, 田中祐美,江崎 僚,古澤修一, 松田治男, 西田教行,佐藤克也,堀内浩幸, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月01日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜市,日本
  19. アポトーシス阻害剤を活用したニワトリ始原生殖細胞の新規培養方法, 江崎 僚, 廣瀬文哉, 古澤修一, 堀内浩幸, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月01日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜市,日本
  20. ニワトリエピブラスト幹細胞はナイーブ型かプライム型か?, 平野朝子, 江崎 僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜市,日本
  21. ニワトリFoxL3遺伝子のクローニングおよび発現解析, 市川健之助, 江崎 僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜市,日本
  22. ニワトリ始原生殖細胞への効果的なゲノム編集, 中川祐樹, 江﨑僚, 廣瀬文哉, 古澤修一,佐久間哲史, 黒岩麻里, 山本卓, 堀内浩幸, 第1回日本ゲノム編集学会, 2016年09月06日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市日本
  23. ニワトリ多能性幹細胞に対するCRISPR/Cas9によるゲノム編集, 亀山文子, 江﨑僚, 古澤修一,堀内浩幸, 第1回日本ゲノム編集学会, 2016年09月06日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市, 日本
  24. Establishment and preservation of embryonic stem cells from Onagadori, Teruo Maeda, Qian Sun, Ryo Ezaki, Hiroyuki Horiuchi, The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies Animal Science Congress, 2016年08月22日, 通常, 英語, Fukuoka, JAPAN
  25. Stable and simple culture protocol for chicken primordial germ cells using apoptosis inhibitor, Ryo Ezaki, Fumiya Hirose, Shuichi Furusawa, Hiroyuki Horiuchi, The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies Animal Science Congress, 2016年08月22日, 通常, 英語, Fukuoka, JAPAN
  26. Establishment of quail ES-like cells, Mikiharu Nakano, Saki Soeda, Hiroyuki Horiuchi, Yoichi Matsuda, 2016 PSA Annual Meeting, 2016年07月11日, 通常, 英語
  27. Establishment of high-sensitivity detection method of FABP3 in cerebrospinal fluid of CJD patients, Yumi Tanaka, Ryo Ezaki, Shuich Furusawa, Noriyuki Nishida, Haruo Matsuda, Katusya Satoh, Hiroyuki Horiuchi, PRION 2016, 2016年05月10日, 通常, 英語
  28. Establishment of quail ES-like cells, Mikiharu Nakano, Saki Soeda, Hiroyuki Horiuchi, Yoichi Matsuda, Avian Model Systems 9, 2016年03月28日, 通常, 英語, Taipei, TAIWAN
  29. Study on male sex determination gene in the bird using genome editing technology., Yuki Nakagawa, Ryo Ezai, Tetsushi Sakuma, Asato Kuroiwa, Takashi Yamamoto, Hiroyuki Horiuchi., Biochemistry and Molecular Biology 2015, 2015年12月04日, 通常, 日本語, Kobe, JAPAN
  30. 鳥類多能性幹細胞の遺伝子改変技術の現状とこれから, 堀内浩幸, 第2回実験動物科学シンポジウム, 2013年12月, 招待, 日本語, 日本実験動物学会, 名古屋
  31. 鳥類多能性幹細胞を用いた鶏卵の低アレルゲン化, 堀内浩幸, 第1回タマゴシンポジウム, 2013年05月, 招待, 日本語, タマゴ科学研究会, 東京
  32. アレルゲンフリー・遺伝子組換え鶏卵の作出, 堀内浩幸, 平成24年度市民公開シンポジウム, 2012年11月, 招待, 日本語, 日本植物細胞分子生物学会, 東京
  33. 鳥類多能性幹細胞を用いた遺伝子操作技術とその応用, 堀内浩幸, 動物衛生研究所シンポジウム, 2012年10月, 招待, 日本語, 農業・食品産業技術総合研究機構, 東京
  34. 遺伝子改変ニワトリの開発, 200910, 第6回たまご研究会, 2009年10月, 招待, 日本語, たまご研究会, 京都
  35. 遺伝子組換えニワトリを用いた機能性卵・試薬・医薬品の開発, 堀内 浩幸, 平成19年度「動植物工場」研究交流会, 2008年03月, 招待, 日本語
  36. トランスジェニック技術を活用した鶏卵の新規応用展開技術の開発, 堀内 浩幸, 日本生物工学会 平成19年度産業クラスターフォーラム事業/ 特別シンポジウム, 2007年09月, 招待, 日本語
  37. トランスジェニック技術を活用した鶏卵の新規応用展開技術の開発, 堀内 浩幸, 産業クラスター・知的クラスター(中国地域)合同成果発表会&バイオセミナー, 2007年03月, 招待, 日本語
  38. ニワトリサイトカイン探索とその応用, 堀内 浩幸, 家畜栄養生理研究会 平成14年秋季集談会, 2003年11月, 招待, 日本語
  39. 鳥類始原生殖細胞におけるDAZLの機能解析, 通常, 日本語
  40. リコンビナントニワトリInterleukin-5の生理活性, 渡邊 天海、岡野 勇佑、堀内 浩幸、古澤 修一, 第162回日本獣医学会学術集会, 2019年09月10日, 通常, 日本語, 日本獣医学会, つくば

受賞

  1. 2011年10月26日, 10th Transgenic Technology (TT) meeting,Best Poster Award, Dr. Lluis Montoliu ISTT Executive Committee, President, Florida (USA), October 24-26 (2011)で開催された10th Transgenic Technology (TT) meetingでポスター発表を行い,発表の内容,ポスターのレイアウト等が高く評価
  2. 2015年12月03日, BMB2015 若手優秀発表賞, 日本分子生物学会・日本生化学学会, ゲノム編集技術を用いた鳥類性決定関連遺伝子の解析
  3. 2016年12月01日, 第39回日本分子生物学会年会 優秀ポスター賞, 日本分子生物学会, ニワトリエピブラスト幹細胞はナイーブ型かプライム型か?

取得

  1. 特許権, 特許3723839, 2005年09月30日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  2. 特許権, US:7029664, 2006年04月18日, ニワトリの白血病因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  3. 特許権, EP:1264889, 2006年06月07日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  4. 特許権, US:7250275, 2007年07月31日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  5. 特許権, 特許4029153, 2007年10月26日, 核酸、当該核酸を含むニワトリ由来モノクローナル抗体及びこれを用いたプリオンタンパク質の検出方法
  6. 特許権, 特許4273230, 2009年03月13日, 鳥類を標的とする遺伝子置換ベクター、およびその利用
  7. 特許権, 特許4304274, 2009年05月15日, ニワトリ-ヒトキメラ抗体発現用ベクターおよびこれを用いたニワトリ-ヒトキメラ抗体生産方法、並びにその利用
  8. 特許権, US:7619080, 2009年11月17日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  9. 特許権, 特許4452884, 2010年02月12日, 抗体およびその利用
  10. 特許権, US:7691589, 2010年04月06日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  11. 特許権, US:7771714, 2010年08月10日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  12. 特許権, 特許4691650, 2011年03月04日, ニワトリ型モノクローナル抗体の生産方法、および当該生産方法によって生産されるニワトリ型モノクローナル抗体
  13. 特許権, 特許4830115, 2011年09月30日, ニワトリ型一本鎖可変領域断片(scFv)から組換えニワトリ型二価抗体を製造する方法によって得られた抗体
  14. 特許権, 特許4892717, 2012年01月06日, ニワトリキメラ抗体およびその利用
  15. 特許権, US:8198082, 2012年06月12日, ニワトリ胚性幹細胞およびその評価方法
  16. 特許権, 特許5408618, 2013年11月15日, ニワトリ胚性幹細胞およびその評価方法
  17. 特許権, EP:2143791, 2014年04月23日, ニワトリ胚性幹細胞およびその評価方法
  18. 2143791, 2014年04月23日, ニワトリ胚性幹細胞およびその評価方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 鳥類におけるゲノム編集技術の確立, 2013年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ニワトリES細胞株の基礎と応用に関する研究, 2007年, 2009年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ニワトリ胚性幹細胞を用いた遺伝子ノックイン・アウト技術の確立, 2004年, 2005年
  4. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), リコビナントgp130を用いたニワトリIL6とLIFのクローニング, 2000年, 2001年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 胚中心におけるT細胞セレクション機構の解析, 1999年, 2000年
  6. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), ニワトリ栓球由来細胞増殖因子の遺伝子解析, 1996年, 1996年
  7. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), ニワトリ型単クローン抗体を用いた主要組織適合(MHC)遺伝子の解析, 1995年, 1995年
  8. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), ニワトリ型単クローン抗体を用いた主要組織適合(MHC)遺伝子の解析, 1994年, 1994年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 日本ゲノム編集学会第三回大会, 準備委員, 2017年07月, 2018年07月