和田正信MasanobuWada

Last Updated :2019/08/01

所属・職名
大学院総合科学研究科行動科学講座教授
ホームページ
メールアドレス
wadahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山1-7-1総合科学研究科A107
TEL:082-424-6584 FAX:082-424-6584
自己紹介
 筋生理学を専門としています.近年は,特に筋疲労のメカニズムに興味を持って研究を進めています.

基本情報

主な職歴

  • 1996年04月01日, 広島大学, 総合科学部, 助教授
  • 2006年04月01日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 教授
  • 1988年11月01日, 1996年03月31日, 広島大学, 総合科学部, 講師
  • 2004年04月01日, 2006年03月31日, 広島大学, 総合科学部, 教授

学歴

  • 筑波大学, 大学院体育科学系, コーチ学, 日本, 1985年04月, 1987年03月
  • 岐阜大学, 教育学部, 体育学科, 日本, 1978年04月, 1982年03月

学位

  • 博士(体育科学)(筑波大学)
  • 体育学修士(筑波大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 総合科学科
  • 【博士課程前期】 総合科学研究科 : 総合科学専攻
  • 【博士課程後期】 総合科学研究科 : 総合科学専攻

担当主専攻プログラム

  • 総合科学プログラム

研究分野

  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究キーワード

  • 筋疲労
  • 骨格筋
  • 興奮収縮連関
  • 運動
  • アイソフォーム
  • 筋小胞体

所属学会

  • 日本体力医学会
  • 運動生理学会, 1996年
  • アメリカ生理学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 集中, スポーツ実習A(ゴルフ)
  2. 2019年, 教養教育, 3ターム, スポーツ演習(ジョギング)
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, スポーツ健康科学実験法B
  4. 2019年, 学部専門, 2ターム, スポーツ健康科学実験B
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, スポーツ健康科学演習C
  6. 2019年, 学部専門, 1ターム, 筋生理生化学
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 身体運動生化学
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 身体運動科学研究演習
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 身体運動科学研究演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ヒト骨格筋におけるミオシン重鎖と軽鎖との親和性, Pfl(]E88DB[)gers Archive, 416巻, pp. 689-693, 19900401
  2. 持続的な運動に伴うミオシン重鎖および軽鎖の変化, Integration of Medical and Sport Sciences, pp. 309-317, 19920401
  3. ラットおよびラビット単一速筋線維におけるアルカリ軽鎖とミオシン重鎖の関係, European Journal of Biochemistry, 214巻, pp. 157-161, 19930401
  4. 選択交配法による筋線維組成の遺伝性, European Journal of Applied Physiology, 66巻, pp. 85-89, 19930401
  5. 収縮活動増大に伴う筋線維タイプの移行, 体育の科学, 44巻, pp. 809-816, 19940401
  6. 後肢宙づりに伴うラットヒラメ筋におけるミオシン重鎖IIdの発現, Acta Physiol. Scand, 143巻, pp. 131-132, 19910401
  7. ラビット骨格筋の単一筋線継、IIB,IID,IIAにおけるアイソミオシンのパターン, Journal of Muscle Research and Cell Motility, 16巻, pp. 237-242, 19950401
  8. 骨格筋におけるミオシンアイソフォームの分布-その種類・収縮特性との関連およびトレーニングによる変化-, 体力科学, 44巻, 5号, pp. 483-502, 19950401
  9. Expression of hybrid isomyosins in human Skeletal muscle, Amenican Journal of Physiology, 271巻, pp. C1250-C1255, 19960401
  10. 疲労困憊に至る運動が筋小胞体ATPaseに及ぼす影響-短時間運動と長時間運動の比較-, 体力科学, 47巻, 1号, pp. 63-72, 19980401
  11. 伸張性収縮による筋小胞体膜の損傷, Acta Physiol. Scand, 161巻, pp. 581-582, 19970401
  12. 尾部懸垂によるラットヒラメ筋におけるミオシンアイリフォームの分布の変化, 体力科学, 46巻, 3号, pp. 279-288, 19970401
  13. 尾部懸垂が負荷されたラットヒラメ筋におけるミオシン重鎖・軽鎖発現に及ぼす年齢の影響, J. Appl. Physiol., 86巻, pp. 1483-1489, 19990401
  14. 競泳トレーニング中の発汗量および水分摂取量に関する研究, 広島スポーツ科学研究, 12巻, pp. 29-35, 20020401
  15. Sarcoplasmic reticulum function of rat diaphragm following five-day inactivity, Adv. Exerc. Sports Physiol., 7巻, pp. 27-32, 20010401
  16. Altered sarcoplasmic reticulum function in rat diaphragm after high-intensity exercise, Acta Physiol. Scand, 176巻, pp. 227-232, 20020401
  17. Effects of endurance training and acute exercise on sarcoplasmic reticulum function rat fast- and slow-twitch skeletal muscles, Eur. J. Appl. Physiol., 89巻, pp. 142-149, 20030401
  18. Endurance training-induced in alkali light chain patterns in type IIB fibers of the rat, J. Appl. Physiol., 94巻, 923-929号, 20030401
  19. Oxidation of sarcoplasmic reticulum Ca2+-ATPase induced by high-intensity exercise, Pflügers Arch., 446巻, pp. 394-399, 20030401
  20. Different time course of changes in sarcoplasmic reticulum and myosin isoforms in rat soleus muscle at early stage of hyperthyroidism, Acta Physiol. Scand, 2004巻, pp. 79-87, 20040401
  21. N-acetylcysteine fails to modulate the in vitro function of sarcoplasmic reticulum of diaphragm in final phase of fatigue, Acta Physiol. Scand, 184巻, pp. 195-202, 20050401
  22. Effects of reduced glycogen on structure and in vitro function of rat sarcoplasmic reticulum, Pflügers Arch., 452巻, pp. 117-123, 20060401
  23. 筋小胞体の構造および筋活動に伴うその機能の変化, 体育学研究, 46巻, pp. 443-459, 20010401
  24. ★, 筋収縮における乳酸の役割, 体育学研究, 51巻, pp. 229-239, 20060401
  25. ★, Myofibrillar protein oxidation and contractile dysfunction in hyperthyroid rat diaphragm, Journal of Applied Physiology, 102巻, pp. 1850-1855, 20070201
  26. Effects of high-intensity training and acute exercise on in vitro function of rat sarcoplasmic reticulum, European Journal of Applied Phsiplogy, 99巻, pp. 641-649, 20070101
  27. ★, Time course of changes in in vitro sarcoplasmic reticulum Ca2+-handling and Na+-K+-ATPase activity during repetitive contractions, Pflügers Arch, 456巻, pp. 601-609, 20080601
  28. ★, No relationship between enzyme activity and structure of nucleotide binding site in sarcoplasmic reticulum Ca2+-ATPase from short-term stimulated rat muscle, Acta Physiol, 196巻, pp. 401-409, 20090201
  29. Effect of dithiothreitol on Ca2+-ATPase activity of sarcoplasmic reticulum in rat skeletal muscle after high-intensity exercise, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 50巻, 3号, pp. 325-331, 200106
  30. Altered sarcoplasmic reticulum function in rat diaphragm after high-intensity exercise, ACTA PHYSIOLOGICA SCANDINAVICA, 176巻, 3号, pp. 227-232, 200211
  31. Endurance training-induced changes in alkali light chain patterns in type IIB fibers of the rat, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 94巻, 3号, pp. 923-929, 200303
  32. Effect of endurance training and acute exercise on sarcoplasmic reticulum function in rat fast- and slow-twitch skeletal muscles, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 89巻, 2号, pp. 142-149, 200304
  33. Oxidation of sarcoplasmic reticulum Ca2+-ATPase induced by high-intensity exercise, PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 446巻, 3号, pp. 394-399, 200306
  34. Different time course of changes in sarcoplasmic reticulum and myosin isoforms in rat soleus muscle at early stage of hyperthyroidism, ACTA PHYSIOLOGICA SCANDINAVICA, 180巻, 1号, pp. 79-87, 200401
  35. Effects of thyroid hormone on sarcoplasmic reticulum Ca2+ uptake and contractile properties in rat soleus muscle, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 53巻, 5号, pp. 509-517, 200410
  36. N-acetylcysteine fails to modulate the in vitro function of sarcoplasmic reticulum of diaphragm in the final phase of fatigue, ACTA PHYSIOLOGICA SCANDINAVICA, 184巻, 3号, pp. 195-202, 200507
  37. Oxidation of myosin heavy chain and reduction in force production in hyperthyroid rat soleus, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 100巻, 5号, pp. 1520-1526, 200605
  38. Effects of reduced glycogen on structure and in vitro function of rat sarcoplasmic reticulum Ca2+-ATPase, PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 452巻, 1号, pp. 117-123, 200604
  39. Changes in sarcoplasmic reticulum Ca2+-sequestering capacity during recovery following high-intensity exercise: comparisons between fast- and slow-twitch muscles, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 55巻, 5号, pp. 503-511, 200610
  40. Effects of high-intensity training and acute exercise on in vitro function of rat sarcoplasmic reticulum, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 99巻, 6号, pp. 641-649, 200704
  41. Myofibrillar protein oxidation and contractile dysfunction in hyperthyroid rat diaphragm, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 102巻, 5号, pp. 1850-1855, MAY 2007
  42. Relationship between oxidation of myofibrillar proteins and contractile properties in soleus muscles from hyperthyroid rat, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 56巻, 5号, pp. 473-480, 200710
  43. Alterations in in vitro function and protein oxidation of rat sarcoplasmic reticulum Ca2+-ATPase during recovery from high-intensity exercise, EXPERIMENTAL PHYSIOLOGY, 93巻, 3号, pp. 426-433, 20080301
  44. Time course of changes in in vitro sarcoplasmic reticulum Ca(2+)-handling and Na(+)-K(+)-ATPase activity during repetitive contractions, PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 456巻, 3号, pp. 601-609, 200806
  45. Effect of high-intensity training and acute exercise on Ca(2+)-sequestering function of sarcoplasmic reticulum: Role of oxidative modification, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 57巻, 3号, pp. 327-338, 200806
  46. Chicken breast attenuates high-intensity-exercise-induced decrease in rat sarcoplasmic reticulum Ca2+ handling, INTERNATIONAL JOURNAL OF SPORT NUTRITION AND EXERCISE METABOLISM, 18巻, 4号, pp. 399-411, 200808
  47. No relationship between enzyme activity and structure of nucleotide binding site in sarcoplasmic reticulum Ca2+-ATPase from short-term stimulated rat muscle, ACTA PHYSIOLOGICA, 196巻, 4号, pp. 401-409, 200908
  48. A Novel Glycerophosphodiester Phosphodiesterase, GDE5, Controls Skeletal Muscle Development via a Non-enzymatic Mechanism, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 285巻, 36号, pp. 27652-27663, 20100903
  49. EFFECTS OF ECCENTRIC CONTRACTIONS ON IN VITRO Na+-K+-ATPase ACTIVITY AND SARCOPLASMIC RETICULUM Ca2+-SEQUESTERING IN RAT SKELETAL MUSCLE, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 59巻, 4号, pp. 337-348, 201008
  50. Increased fatigue resistance linked to Ca2+-stimulated mitochondrial biogenesis in muscle fibres of cold-acclimated mice, JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON, 588巻, 21号, pp. 4275-4288, 20101101
  51. The effects of eccentric contraction on myofibrillar proteins in rat skeletal muscle, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 110巻, 5号, pp. 943-952, 201011
  52. ★, Three calpain isoforms are autolyzed in rat fast-twitch muscle after eccentric contractions, JOURNAL OF MUSCLE RESEARCH AND CELL MOTILITY, 35巻, 2号, pp. 179-189, 201404
  53. ★, Contribution of impaired myofibril and ryanodine receptor function to prolonged low-frequency force depression after in situ stimulation in rat skeletal muscle, JOURNAL OF MUSCLE RESEARCH AND CELL MOTILITY, 36巻, 3号, pp. 275-286, 201506
  54. Muscle dysfunction associated with adjuvant-induced arthritis is prevented by antioxidant treatment, SKELETAL MUSCLE, 5巻, 20150709
  55. ★, Calcium kinetics of sarcoplasmic reticulum and muscle fatigue, J. Phys. Fitness Sports Med., 2巻, pp. 169-178, 2013
  56. ★, Enhanced activity of eccentric contraction induces alterations in in vitro sarcoplasmic reticulum Ca2+ handling in rat hindlimb muscles, J. Phys. Fitness Sports Med., 4巻, pp. 117-127, 2015
  57. ★, 筋グリコーゲンがリアノジン受容体の開口確率に及ぼす影響, 日本運動生理学雑誌, 23巻, pp. 29-36, 2016
  58. ★, Predominant cause of prolonged low-frequency force depression changes during recovery after in situ fatiguing stimulation of rat fast-twitch muscle, AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-REGULATORY INTEGRATIVE AND COMPARATIVE PHYSIOLOGY, 311巻, 5号, pp. R919-R929, 201611
  59. ★, Role of calpain in eccentric contraction-induced proteolysis of Ca2+ regulatory proteins and force depression in rat fast-twitch skeletal muscle, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 122巻, 2号, pp. 396-405, 201702
  60. Neuromuscular electrical stimulation prevents skeletal muscle dysfunction in adjuvant-induced arthritis rat, PLOS ONE, 12巻, 6号, 20170621
  61. Time Course Analysis of Skeletal Muscle Pathology of GDE5 Transgenic Mouse, PLOS ONE, 11巻, 9号, 20160922
  62. L-arginine ingestion inhibits eccentric contraction-induced proteolysis and force deficit via S-nitrosylation of calpain, PHYSIOLOGICAL REPORTS, 6巻, 2号, 201801
  63. The efficacy of microcurrent therapy on eccentric contraction-induced muscle damage in rat fast-twitch skeletal muscle, Open J. Appl. Sci., 8巻, pp. 89-102, 2018
  64. ★, Ingestion of soy protein isolate attenuates eccentric contraction-induced force depression and muscle proteolysis via inhibition of calpain-1 activation in rat fast-twitch skeletal muscle, Nutrition, 58巻, pp. 23-29, 2018
  65. Nutritional aspects of a year-long wheelchair dance intervention in bedridden individuals with severe athetospastic cerebral palsy rated to GMFCS level V, Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche, 177巻, pp. 360-366, 2018
  66. Neuromuscular electrical stimulation prevents preferential skeletal muscle myosin loss in steroid-denervation rats, Frontiers in Physiology, in press巻, 2018
  67. Preconditioning contractions prevent the delayed onset of myofibrillar dysfunction after damaging eccentric contractions, J. Physiol., 596巻, pp. 4427-4442, 2018
  68. ★, Thermal pretreatment facilitates recovery from prolonged low-frequency force depression in rat fast-twitch muscle, Physiol Rep, 6巻, 17号, 2018
  69. ★, Endurance training-based tapering fails to improve fatigue resistance of rat skeletal muscle, Adv. Exerc. Sports Physiol., 21巻, pp. 37-45, 2015
  70. Myosin heavy chain expression and oxidative modifications in diabetic rat hearts, Open J. Appl. Sci., 2巻, pp. 248-256, 2012
  71. Treatment with EUK-134 improves sarcoplasmic reticulum Ca2+ release but not myofibrillar Ca2+ sensitivity after fatiguing contraction of rat fast-twitch muscle, AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-REGULATORY INTEGRATIVE AND COMPARATIVE PHYSIOLOGY, 316巻, 5号, pp. R543-R551, 201905

著書等出版物

  1. 2007年04月, 運動生理学入門 第3版 , 杏林書院, 2007年, 04, 単行本(学術書), 編著, 勝田 茂 松永 智 , 150
  2. 1997年, 入門運動生理学 , 杏林書院, 1997年, 和田 正信
  3. 1999年, 運動生理学20講 , 朝倉書店, 1999年, 和田 正信
  4. 2001年06月, 入門運動生理学第2版 , 杏林書院, 2001年, 06, 教科書, 共著, 勝田茂 和田 正信 松永智 , 123
  5. 2005年, 筋パワー;人間の許容限界 , 朝倉書店, 2005年, 単行本(学術書), 共編著, 和田 正信
  6. 2000年, 運動と収縮タンパク質;運動分子生物学 , NAP, 2000年, 単行本(学術書), 共編著, 和田 正信
  7. 2015年, 運動生理学20講, 筋の肥大と萎縮, 朝倉書店, 教科書, 単著
  8. 2015年03月01日, 入門運動生理学第4版, 杏林書院, 2015年, 3, 教科書, 共著, 日本語, 勝田茂、和田正信、松永 智, 164, 164
  9. 2015年04月01日, 運動生理学20講第3版, 朝倉書店, 2015年, 4, 教科書, 共著, 187
  10. 2017年07月20日, 運動と疲労の科学-疲労を理解する新たな視点-, 大修館書店, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 221
  11. 2018年10月, ステップアップ運動生理学, 杏林書院, 教科書, 編著, 日本語, 和田正信,長谷川 博,松永 智,奥本 正, 177, 177

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 伸張性収縮がカルパイン活性および筋小胞体Ca2+-ATPaseに及ぼす影響, 和田 正信, 第64回日本体力医学会, 2009年, 通常, 日本語
  2. 高血糖状態が心筋筋小胞体Ca2+-ATPaseに及ぼす影響, 和田 正信, 第64回日本体力医学会, 2009年, 通常, 日本語
  3. 骨格筋における収縮特性の制御, 和田正信, 2013年09月, 招待, 英語, 実験データ
  4. トロポニンIのS-glutathinylationの減少が低頻度疲労を誘起する, 渡辺大樹,和田正信, 第44回ヨーロッパ筋学会, 2015年09月, 通常, 英語
  5. 筋グリコーゲンの増加がSERCAの機能に及ぼす影響, 三島隆章,渡邊大樹,和田正信, 第44回ヨーロッパ筋学会, 2015年09月, 通常, 英語, ワルシャワ
  6. ブラックジンジャー摂取が骨格筋の収縮力に及ぼす影響, 渡邊大樹,和田正信, 2015年11月, 通常, 英語, 実験データ
  7. 2016年, 通常, 英語, 実験データ
  8. 2016年, 通常, 英語
  9. 2013年, 招待, 英語
  10. 低頻度疲労とその要因, 和田正信、渡邊大輝, 第69回日本体力医学会, 2014年, 招待, 日本語, 日本体力医学会
  11. 低頻度疲労に伴う筋小胞体Ca2+放出機能低下のメカニズム-Ca2+漏出に着目して-, 渡邊大輝,和田正信, 第71回日本体力医学会, 2016年, 通常, 日本語, 日本体力医学会, 盛岡
  12. L-アルギニンの摂取が伸張性収縮後の骨格筋の機能低下に及ぼす影響, 神崎圭太,渡邊大輝,川上祐生,高橋吉孝,和田正信, 第71回日本体力医学会, 2016年, 通常, 日本語, 日本体力医学会, 盛岡
  13. 熱刺激によるプレコンディショニングが筋の疲労耐性に及ぼす影響, 相原千尋,渡邊大輝,瀬戸口稜二,平野勝俊,和田正信, 第71回日本体力医学会, 2016年, 通常, 日本語, 日本体力医学会, 盛岡
  14. 筋グリコーゲンの増加が筋小胞体Ca2+-ATPaseのタンパク量に及ぼす影響, 城本 淳,渡邊大輝,大森 肇,和田正信, 第71回日本体力医学会, 2016年, 通常, 日本語, 日本体力医学会
  15. Mechanisms underlying increases in Ca2+ leakage from sarcoplasmic reticulum with prolonged low-frequency force depression in rat skeletal muscle., Watanabe, D. and Wada, M., Europhysiology 2018, 2018年09月, 通常, 英語, European Physiological Society, London
  16. 2018年09月, 通常, 英語

受賞

  1. 2009年09月, 平成21年度体力医学会学会賞, 日本体力医学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新規リン脂質代謝酵素GDE5の生理機能の解明、およびその応用, 2011年, 2013年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), カルノシン摂取が筋疲労を軽減させる作用機序の解明, 2010年, 2011年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 脊髄損傷者の麻痺部筋肉トレーニングの効果に関する研究, 2009年, 2011年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 伸張性収縮による筋発揮張力の減少とその後の回復に筋小胞体機能変化は関与するか?, 2009年, 2012年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新規酵素群グリセロホスホジエステルホスホジエステラーゼを分子標的とする基盤研究, 2008年, 2010年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 神経因性疼痛と二次的な筋の変性に対する予防の実験的研究, 2005年, 2006年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 疲労困憊に至る筋収縮後における筋疲労回復遅延の要因, 2005年, 2007年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), トレーニングが高強度運動による筋小胞体ATPaseタンパクの酸化を防御できるか?, 2004年, 2006年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 抗酸化剤が筋疲労時における筋小胞体の機能に及ぼす影響, 2001年, 2003年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 持久性トレーニングおよび一過性の運動が筋小胞体の機能に及ぼす影響, 1999年, 2000年
  11. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), スポーツ選手のコンディショニングとパフォーマンスに関する運動生理学的研究, 1994年, 1996年
  12. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), ラット骨格筋における発育に伴うミオシン重鎖の変化, 1994年, 1994年
  13. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 異なる強度の走運動が骨格筋筋小胞体の機能に及ぼす影響, 1993年, 1993年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), どのような温熱刺激が低頻度疲労の軽減に有効か?, 2015年, 2017年
  15. 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費), 低頻度疲労の発生メカニズムとその対処法, 2016年, 2017年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 硝酸塩摂取により伸張性収縮後の筋収縮力や筋小胞体機能の減退を抑制できるか?, 2015年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 中国四国学生陸上競技連盟, 2014年04月
  2. 日本体力医学会, 1996年04月
  3. 日本運動生理学会
  4. 会長, 2018年04月, 中国四国学生陸上競技連盟

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 中高年のランニング教室, スポーツ科学センター, 2006年, 2009年