古武 弥一郎YAICHIRO KOTAKE

Last Updated :2020/12/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) 教授
メールアドレス
yaichirohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(薬学) (東京大学)
  • 修士(薬学) (東京大学)

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学
  • 医歯薬学 / 薬学 / 環境・衛生系薬学

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 2ターム, 衛生薬学II
  2. 2020年, 学部専門, 3ターム, 薬学概論
  3. 2020年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  4. 2020年, 学部専門, 1ターム, 衛生薬学I
  5. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 生体機能分子動態学演習
  6. 2020年, 学部専門, 3ターム, 衛生薬学III
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 社会薬学実習
  8. 2020年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  9. 2020年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  10. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎研究III
  11. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬科学特講
  12. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体機能分子動態学特別演習
  13. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体機能分子動態学特別演習
  14. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体機能分子動態学特別実験
  15. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体機能分子動態学特別実験
  16. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体機能分子動態学特別演習
  17. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体機能分子動態学特別演習
  18. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体機能分子動態学特別研究
  19. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体機能分子動態学特別研究
  20. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 薬科学特論
  21. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬科学特講
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生体機能分子動態学特論演習
  23. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生体機能分子動態学特論演習
  24. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生体機能分子動態学特別研究
  25. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生体機能分子動態学特別研究
  26. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子神経毒性学特論演習
  27. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分子神経毒性学特論演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Changes in bile acid concentrations in chimeric mice transplanted with different replacement indexes of human hepatocytes, BPB Reports, 2巻, 2号, pp. 29-34
  2. Changes in bile acid concentrations in chimeric mice transplanted with different replacement indexes of human hepatocytes, BPB Reports, 2巻, 2号, pp. 29-34, 2019
  3. ★, Carbofuran causes neuronal vulnerability to glutamate by decreasing GluA2 protein levels in rat primary cortical neurons, ARCHIVES OF TOXICOLOGY, 92巻, 1号, pp. 401-409, 201801
  4. ★, Tributyltin induces epigenetic changes and decreases the expression of nuclear respiratory factor-1, METALLOMICS, 10巻, 2号, pp. 337-345, 201802
  5. Inhibitory effects of drugs on the metabolic activity of mouse and human aldehyde oxidases and influence on drug-drug interactions, BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 154巻, pp. 28-38, 201808
  6. Neurotoxicity Mechanism of Environmental Chemicals and Its Evaluation System, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 138巻, 10号, pp. 1227-1233, 201810
  7. ★, Perfluorooctane sulfonate induces neuronal vulnerability by decreasing GluR2 expression, ARCHIVES OF TOXICOLOGY, 91巻, 2号, pp. 885-895, 201702
  8. Lead-Induced ERK Activation Is Mediated by GluR2 Non-containing AMPA Receptor in Cortical Neurons, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 3号, pp. 303-309, 201703
  9. Acetaminophen analog N-acetyl-m-aminophenol, but not its reactive metabolite, N-acetyl-p-benzoquinone imine induces CYP3A activity via inhibition of protein degradation, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 486巻, 3号, pp. 639-644, 20170506
  10. ★, Mild MPP+ exposure-induced glucose starvation enhances autophagosome synthesis and impairs its degradation, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 20170426
  11. Prenatal Exposure to Tributyltin Decreases GluR2 Expression in the Mouse Brain, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 7号, pp. 1121-1124, 201707
  12. ★, Low-Concentration Tributyltin Decreases GluR2 Expression via Nuclear Respiratory Factor-1 Inhibition, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 18巻, 8号, pp. E1754, 201708
  13. Assessment of amiodarone-induced phospholipidosis in chimeric mice with a humanized liver, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 42巻, 5号, pp. 589-596, 201710
  14. Developmental changes in drug-metabolizing enzyme expression during metamorphosis of Xenopus tropicalis, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 42巻, 5号, pp. 605-613, 201710
  15. Detection of metabolic activation leading to drug-induced phospholipidosis in rat hepatocyte spheroids, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 41巻, 1号, pp. 155-164, 201602
  16. Acetaminophen induces accumulation of functional rat CYP3A via polyubiquitination dysfunction, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 20160222
  17. Tributyltin induces G2/M cell cycle arrest via NAD(+)-dependent isocitrate dehydrogenase in human embryonic carcinoma cells, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 41巻, 2号, pp. 207-215, 201604
  18. Methoxychlor and fenvalerate induce neuronal death by reducing GluR2 expression, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 41巻, 2号, pp. 255-264, 201604
  19. Protein extracts from cultured cells contain nonspecific serum albumin, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 80巻, 6号, pp. 1164-1167, 2016
  20. ★, Mild MPP+ exposure impairs autophagic degradation through a novel lysosomal acidity-independent mechanism, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 139巻, 2号, pp. 294-308, 201610
  21. Tributyltin induces mitochondrial fission through NAD-IDH dependent mitofusin degradation in human embryonic carcinoma cells, METALLOMICS, 7巻, 8号, pp. 1240-1246, 2015
  22. Predictability of plasma concentration-time curves in humans using single-species allometric scaling of chimeric mice with humanized liver., Xenobiotica, 45(7):605-14巻, 7号, pp. 605-614, 2015
  23. Development of a simple measurement method for GluR2 protein expression as an index of neuronal vulnerability., Toxicology Reports, 2巻, pp. 450-460, 2015
  24. Development of a simple measurement method for GluR(2) protein expression as an index of neuronal vulnerability, TOXICOLOGY REPORTS, 2巻, pp. 450-460, 2015
  25. NAD-dependent isocitrate dehydrogenase as a novel target of tributyltin in human embryonic carcinoma cells, SCIENTIFIC REPORTS, 4巻, 20140805
  26. Endogenous neurotoxic dopamine derivative covalently binds to Parkinson's disease-associated ubiquitin C-terminal hydrolase L1 and alters its structure and function, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 130巻, 6号, pp. 826-838, 201409
  27. Detection of a novel neurotoxic metabolite of Parkinson's disease-related neurotoxin, 1-benzyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 39巻, 5号, pp. 749-754, 201410
  28. Fluorometric assessment of acetaminophen-induced toxicity in rat hepatocyte spheroids seeded on micro-space cell culture plates, Toxicology in Vitro, 28巻, 6号, pp. 1176-1182, 201409
  29. AMP-activated protein kinase-mediated glucose transport as a novel target of tributyltin in human embryonic carcinoma cells, METALLOMICS, 5巻, 5号, pp. 484-491, 2013
  30. Involvement of decreased glutamate receptor subunit GluR2 expression in lead-induced neuronal cell death, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 38巻, 3号, pp. 513-521, 201306
  31. Tributyltin-induced endoplasmic reticulum stress and its Ca2+-mediated mechanism, TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 272巻, 1号, pp. 137-146, 20131001
  32. Prediction of In Vivo Hepatic Clearance and Half-Life of Drug Candidates in Human Using Chimeric Mice with Humanized Liver, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 40巻, 2号, pp. 322-328, 201202
  33. Annonamine, a New Aporphine Alkaloid from the Leaves of Annona muricata, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 60巻, 2号, pp. 257-259, 201202
  34. Three new megastigmanes from the leaves of Annona muricata, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 66巻, 2号, pp. 284-291, 201204
  35. Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy, AUTOPHAGY, 8巻, 4号, pp. 445-544, 201204
  36. Molecular Mechanisms of Environmental Organotin Toxicity in Mammals, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 35巻, 11号, pp. 1876-1880, 201211
  37. Predictability of Metabolism of Ibuprofen and Naproxen Using Chimeric Mice with Human Hepatocytes, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 40巻, 12号, pp. 2267-2272, 201212
  38. Protein disulfide isomerase knockdown-induced cell death is cell-line-dependent and involves apoptosis in MCF-7 cells, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 36巻, 1号, pp. 1-7, 201102
  39. 1-Benzyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline binds with tubulin beta, a substrate of parkin, and reduces its polyubiquitination, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 114巻, 5号, pp. 1291-1301, 201009
  40. Involvement of autophagy via mammalian target of rapamycin (mTOR) inhibition in tributyltin-induced neuronal cell death, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 35巻, 2号, pp. 245-251, 201004
  41. MODULATION OF CONNEXIN 43 IN ROTENONE-INDUCED MODEL OF PARKINSON'S DISEASE, NEUROSCIENCE, 160巻, 1号, pp. 61-68, 20090421
  42. Long-term exposure to endogenous levels of tributyltin decreases GluR2 expression and increases neuronal vulnerability to glutamate, TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 240巻, 2号, pp. 292-298, 20091015
  43. Activation of AMP-activated protein kinase by tributyltin induces neuronal cell death, TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 230巻, 3号, pp. 358-363, 20080801
  44. Concentration dependence of the mechanisms of tributyltin-induced apoptosis, TOXICOLOGICAL SCIENCES, 97巻, 2号, pp. 438-447, 200706
  45. Neurotoxicity induced by environmental low-molecular-weight substances, JOURNAL OF HEALTH SCIENCE, 53巻, 6号, pp. 639-643, 200712
  46. Neurotoxicity of an endogenous amine in the brain, 1BnTIQ in organotypic slice co-culture of ventral mecensephalon and striatum., Neuroscience, 117巻, 1号, pp. 63-70, 20030101
  47. Determination method of 1-methyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline, an endogenous parkinsonism-preventing substance, by radioimmunoassay., Life Sci., 70巻, pp. 2871-2883, 20020401
  48. Dopamine transporter and catechol-O-methyltransferase activities are required for the toxicity of 1-(3’, 4’-dihydroxybenzyl)-1, 2, 3, 4-tetrahydroisoquinoline., Chem. Res. Toxicol., 13巻, pp. 1294-1301, 20000401
  49. Inhibition of dopamine receptors by endogenous amines: binding to striatal receptors and pharmacological effects on locomotor activity., Bioorg.Med.Chem.Lett., 10巻, pp. 1669-1771, 20000401
  50. Dopamine transporter and catechol-O-methyltransferase activities are required for the toxicity of 1-(3’,4’-dihydroxybenzyl)-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline., Chem. Res. Toxicol., 13巻, pp. 1294-1301, 20000401
  51. パーキンソン病発症・防御物質に関する最近の動き, 老年精神医学雑誌, 11巻, pp. 1289-1297, 20000401
  52. パーキンソン病惹起物質, 内科, pp. 461-463, 19990401
  53. Deprenyl decreases an endogenous parkinsonism-inducing compound, 1-benzyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline in mice’ in vivo and in vitro studies., Brain Res., 787巻, pp. 341-343, 19980401
  54. Tetrahydropapaveroline and its derivatives inhibit dopamine uptake through dopamine trnsporter expressed in HEK293 cells., Neurosci. Res., 30巻, pp. 87-90, 19980401
  55. Effects of various tetrahydroisoquinoline derivatives on mitochondrial respiration and the electron transfer complexes., J.Neural.Transm., 105巻, 6-7号, pp. 677-688, 19980401
  56. Chronic administration of 1-benzyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline, an endogenous amine in the brain, induces parkinsonism in a primate., Neurosci. Lett., 217巻, pp. 69-71, 19960401
  57. ★, 1-Benzyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline as a parkinsonism-inducing agent: a novel endogenous amine in mouse brain and parkinsonian CSF., J. Neurochem., 65巻, 6号, pp. 2633-2638, 19950401
  58. Inhibition of dopamine receptors by endogenous amines: binding to striatal receptors and pharmacological effects on locomotor activity., Bioorg.Med.Chem.Lett., pp. 1669-1771, 99990101
  59. Regional distribution of parkinsonism-preventing endogenous tetrahydro-isoquinoline derivatives and an endogenous parkinsonism-preventing substance-synthesizing enzyme in monkey brain., Neurosci. Lett., pp. 68-70, 99990101
  60. Inhibition of cytochrome P450 3A protein degradation and subsequent increase in enzymatic activity through p38 MAPK activation by acetaminophen and salicylate derivatives, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 509巻, 1号, pp. 287-293, 20190129
  61. Coordinated cytochrome P450 expression in mouse liver and intestine under different dietary conditions during liver regeneration after partial hepatectomy, TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 370巻, pp. 133-144, 20190501
  62. Changes in Bile Acid Concentrations after Administration of Ketoconazole or Rifampicin to Chimeric Mice with Humanized Liver, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 42巻, 8号, pp. 1366-1375, 201908
  63. CYP1A2 Downregulation by Obeticholic Acid: Usefulness as a Positive Control for the In Vitro Evaluation of Drug-Drug Interactions, JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 108巻, 12号, pp. 3903-3910, 201912

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 脳内在性パーキンソン病関連神経毒1BnTIQによるリソソーム内酵素発現量低下とリソソーム内酵素の分解メカニズムの解明, 矢吹 綺華,宮良 政嗣,梅田 香苗,岡田 奈都海,渡辺 南海子,太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常, 日本語, 京都
  2. トレハロースによるAkt発現低下とその分子機序の解明, 梅田 香苗,宮良 政嗣,畑宮 駿一,古武 弥一郎, 日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常, 日本語, 京都
  3. 低濃度パーキンソン病関連神経毒によるオートファジー阻害とp62核内蓄積, 宮良 政嗣,徳永 航,桑原 由佳,渡辺 南海子,畑宮 駿一,中西 剛,太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常, 日本語, 京都
  4. ヒト凍結肝細胞を用いたin vitro CYP1A2ダウンレギュレーション評価, 石田 千尋,佐能 正剛,古武 弥一郎, 日本薬物動態学会第34回年会, 2019年12月, 通常, 日本語, つくば
  5. ヒトアルデヒド酸化酵素タンパク質の分解メカニズム, 佐能 正剛,加藤 真帆,高岡 尚輝、大月 佑也,山﨑 ちひろ,立野 知世,田山 剛崇,杉原 数美、Mineko Terao、Enrico Garattini、太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬物動態学会第34回年会, 2019年12月, 通常, 日本語, つくば
  6. マウス肝再生能におけるリファンピシンの影響, 油野 陽香,佐能 正剛,掛田 雄基,藤野 智恵里,立野 知世,太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬物動態学会第34回年会, 2019年12月, 通常, 日本語, つくば
  7. 下水浄水処理後の塩素消毒による医薬品類の生態毒性変動, 高橋 優美,門那 里佳,久波 沙矢香,山光 翔也,清水 良,佐能 正剛,古武 弥一郎,北村 繁幸,太田 茂,杉原 数美, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月, 通常, 日本語, 高松
  8. Aldehyde ocidase低活性系統マウスでのAOX分子種の発現, 津山 成樹,東 沙也香,吉村 彰恵,清水 良,佐能 正剛,古武 弥一郎,北村 繁幸,太田 茂,杉原 数美, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月, 通常, 日本語, 高松
  9. トリフェニルスズの転写因子GA-binding protein核移行阻害を介した毒性評価, 木戸口 直弘,石田 慶士,花岡 早紀,齊木 崇史,宮良 政嗣,太田 茂,古武 弥一郎, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月, 通常, 日本語, 高松
  10. ジフェンヒドラミンおよび代謝物の心筋細胞毒性, 今子 千鶴,佐能 正剛,藤野 智恵里,宮良 政嗣,奥田 勝博,河合 秀彦,江尻 洋子,太田 茂,古武 弥一郎, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月, 通常, 日本語, 高松
  11. メチル水銀曝露によるin vitroおよびin vivo GluA2タンパク質発現減少, 武田 和己,石田 慶士,竹原 有希,太田 茂,古武 弥一郎, メタルバイオサイエンス研究会2019, 2019年10月, 通常, 日本語, 東京
  12. 2019年08月, 通常, 英語
  13. 1H-NMR metabolome解析法を用いた茶の成分解析, 末田 まどか,本永 真須美,清水 良,北村 繁幸,佐能 正剛,古武 弥一郎,太田 茂,〇杉原 数美, フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2019年08月, 通常, 日本語
  14. メチル水銀投与ラットにおけるGluA2発現低下, 竹原 有希,石田 慶士,武田 和己,太田 茂,古武 弥一郎, フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2019年08月, 通常, 日本語, 京都
  15. トレハロースによるAkt活性低下のメカニズムに関する研究, 梅田 香苗,〇宮良 政嗣,畑宮 駿一,中西 剛,太田 茂,古武 弥一郎, フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2019年08月, 通常, 日本語, 京都
  16. 2019年07月, 通常, 日本語
  17. 1H-NMRメタボローム解析を用いた漢方薬の成分比較, 本永 真須美,上地 智輝,末田 まどか,水野 優斗,佐能 正剛,古武 弥一郎,杉原 数美, 医療薬学フォーラム2019 第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年07月, 通常, 日本語, 広島
  18. 食餌成分や医薬品成分がマウス肝再生・肝機能に与える影響, 佐能 正剛,藤野 智恵里,油野 陽香,田村 優香,石田 雄二,立野 知世,太田 茂,古武 弥一郎, 医療薬学フォーラム2019 第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年07月, 通常, 日本語, 広島
  19. 環境中医薬品の下水浄水処理後の塩素消毒による毒性変動, 杉原 数美,久波 沙矢香,山光 翔也,清水 良、佐能 正剛,古武 弥一郎、北村 繁幸,太田 茂, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019年06月, 通常, 日本語, 徳島
  20. ヒト肝細胞キメラマウスにおける胆汁酸プロファイルと薬物性胆汁うっ滞の評価, 佐能 正剛,藤野 智恵里、田村 優香,菅原 豪,吉実 康美,柳 愛美,石田 雄二,立野 知世,太田 茂,古武 弥一郎, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019年06月, 通常, 日本語, 徳島
  21. トリブチルスズの転写因子NRF-1阻害を介したリソソーム機能に対する影響, 石田 慶士,中西 剛,太田 茂,古武 弥一郎, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019年06月, 通常, 日本語, 徳島
  22. AMPA型グルタミン酸受容体サブユニットの発現変動を介したメチル水銀による神経毒性メカニズム, 武田 和己,石田 慶士,竹原 有希,太田 茂,古武 弥一郎, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019年06月, 通常, 日本語, 徳島
  23. トリフェニルスズによる転写因子GA-binding proteinの核移行阻害を介した新規毒性メカニズムの解明, 木戸口 直弘,石田 慶士,花岡 早紀、齋木 崇史,太田 茂,古武 弥一郎, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019年06月, 通常, 日本語, 徳島
  24. 脳内在性パーキンソン病関連神経毒1BnTIQによるオートファジー阻害とそのメカニズム解明, 矢吹 綺華,宮良 政嗣,梅田 香苗,西尾 隆史,岡田 奈都海,山田 茂,諫田 泰成,太田 茂,古武 弥一郎, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019年06月, 通常, 日本語, 徳島
  25. 脳内在性パーキンソン病関連神経毒1BnTIQによるオートファジー阻害とそのメカニズム解明, 矢吹 綺華,宮良 政嗣,梅田 香苗,西尾 隆史,岡田 奈都海,山田 茂,諫田 泰成,太田 茂,古武 弥一郎, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019年06月, 通常, 日本語, 徳島
  26. 化学物質神経毒性の分子基盤解明と毒性評価指標の開発, 古武 弥一郎, 日本化学工業協会LRI賞受賞講演, 2019年08月30日, 招待, 日本語, 東京
  27. Yaichiro Kotake, Graduate School Lecture, GIP-TRIAD, University of Tsukuba(英語による大学院講義), 2018年11月07日, 招待, 英語, Tsukuba
  28. 環境中に存在する化学物質の神経毒性とその評価指標, 古武弥一郎, 第139回日本薬学会中国四国支部例会, 2018年06月16日, 招待, 日本語, 広島
  29. パーキンソン病関連神経毒性物質によるオートファジー阻害, 古武 弥一郎, 宮良 政嗣,太田 茂, 第44回日本毒性学会学術年会, 2017年07月, 招待, 日本語, 横浜
  30. 環境中に存在する有機スズの低濃度中枢神経影響, 古武 弥一郎, 第28回日本微量元素学会学術集会, 2017年07月, 招待, 日本語, 日本微量元素学会, 仙台
  31. 環境化学物質の神経毒性メカニズム解明およびその評価系構築に関する研究, 古武弥一郎, 日本薬学会第137年会, 2017年03月, 招待, 日本語, 日本薬学会, 仙台
  32. 特定タンパク質を指標とする化学物質の新規高感度神経毒性評価系構築, 古武弥一郎, 日本薬学会第137年会シンポジウム, 2017年03月, 招待, 日本語
  33. パーキンソン病関連神経毒によるオートファジー選択的基質p62の核内蓄積, 渡辺南海子,桑原由佳,宮良政嗣,徳永航,坂本修一朗,石田慶士,花岡早紀,古武弥一郎,太田茂, 第53回広島神経医科学研究会, 2018年03月, 通常, 日本語
  34. 薬物代謝酵素cytochromeP450 3Aおよびaldehyde oxidaseタンパク質分解に影響を与える化学物質の探索, 佐能正剛,大月佑也,加藤真帆,高岡尚輝,江尻洋子,古武弥一郎,太田茂, 日本薬学会第138年会, 2018年03月, 通常, 日本語, 金沢
  35. 低濃度パーキンソン病関連神経毒によるオートファジー阻害機序とその防御に関する研究, 宮良 政嗣,徳永 航,坂本 修一朗,桑原 由佳,渡辺 南海子,石田 慶士,古武 弥一郎,太田 茂, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 通常, 日本語, 神戸
  36. 有機スズ神経毒性のカギを握る核呼吸因子-1 の エピジェネティックな変化, 古武 弥一郎, 花岡 早紀, 石田 慶士, 田中 早紀, 坂本 修一朗, 奥田 勝博, 佐能 正剛, 太田 茂, 第5回メタロミクス研究フォーラム, 2017年11月, 通常, 日本語, 京都
  37. シトクロムP450 3Aタンパク質分解抑制を惹起する化合物の探索, 大月 佑也,佐能 正剛,山頭 征岳,江尻 洋子,古武 弥一郎,太田 茂, 日本薬物動態学会第32回年会, 2017年11月, 通常, 日本語, 東京
  38. トリブチルスズによるエピジェネティックな核呼吸因子-I発現減少メカニズムの解明, 花岡 早紀,石田 慶士,田中 早紀,古武 弥一郎,太田 茂, フォーラム2017衛生薬学・環境トキシコロジー, 2017年09月, 通常, 日本語, 仙台
  39. パーキンソン病関連神経毒によるp62核内蓄積の発見とそのメカニズム検討, 桑原 由佳,宮良 政嗣,坂本 修一朗,石田 慶士,徳永 航,古武 弥一郎,太田 茂, フォーラム2017衛生薬学・環境トキシコロジー, 2017年09月, 通常, 日本語, 仙台
  40. 化学物質によるCYP3Aタンパク質の分解抑制によるその酵素活性に与える影響, 佐能 正剛, 山頭 征岳,大月 佑也,江尻 洋子,古武 弥一郎,太田 茂, 平成29年度内外環境応答・代謝酵素研究会, 2017年09月, 通常, 日本語, 福岡
  41. PFOS発達期曝露はグルタミン酸興奮毒性に対する神経脆弱性を亢進させる, 石田 慶士,古武 弥一郎,津山 由美,佐能 正剛,太田 茂, 第44回日本毒性学会学術年会, 2017年07月, 通常, 日本語, 日本毒性学会, 横浜
  42. 肝細胞の三次元培養系およびヒト肝細胞移植キメラマウスを用いたカチノン誘導体の共通代謝物の探索, 渡部 祥子, 佐能 正剛,梅原 祥太,山頭 征岳,江尻 洋子,石田 雄二,加国 雅和,立野 知世,古武 弥一郎,太田 茂, 日本薬学会第137年会, 2017年03月, 通常, 日本語, 仙台
  43. パーキンソン病関連化学物質によるオートファジー選択的基質の核内蓄積, 桑原 由佳, 宮良 政嗣,坂本 修一朗,石田 慶士,徳永 航,古武 弥一郎,太田 茂, 日本薬学会第137年会, 2017年03月, 通常, 日本語, 仙台
  44. トリブチルスズによる局所的高メチル化を介した核呼吸因子-1発現減少, 花岡 早紀, 石田 慶士,田中 早紀,古武 弥一郎,太田 茂, 日本薬学会第137年会, 2017年03月, 通常, 日本語, 仙台
  45. PFOS Increases Neuronal Vulnerability to Excitotoxicity via Decrease of AMPA receptor Subunit GluR2 expression, Keishi Ishida, Yaichiro Kotake, Yumi Tsuyama, Seigo Sanoh, Shigeru Ohta, Society of Toxicology 56th Annual Meeting, 2017年03月, 通常, 英語, ボルチモア、アメリカ合衆国
  46. 核呼吸因子-1(NRF-1)タンパク分解機構の解明, 菅田和子, 石田慶士、坂本修一朗、古武弥一郎、太田茂, 第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2016年11月, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 岡山
  47. トリブチルスズの濃度依存的eIF2活性化, 岡村知香, 古武弥一郎,増田恭一,太田茂, 第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2016年11月, 通常, 日本語, 岡山
  48. フェネチルアミン誘導体およびカチノン誘導体のin vitro/in vivo薬物動態評 価, 佐能 正剛, 渡部 祥子、須山 翔太、梅原 祥太、奥田 勝博、石田 雄二、加国 雅和、立野 知世、古武 弥一郎、太田 茂, フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月, 通常, 日本語, 東京
  49. フェネチルアミン系危険ドラッグのトキシコフォア同定を目指した構造毒性相関研究, 古武 弥一郎, 梅原 祥太、須山 翔太、渡部 祥子、奥田 勝博、佐能正剛、太田 茂, フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月, 通常, 日本語, 東京
  50. PFOS による GluR2 発現減少を介した in vivo 神経毒性解析, 石田 慶士, 古武 弥一郎、津山 由美、齋木 崇史、佐能 正剛、太田 茂, フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月, 通常, 日本語, 東京
  51. 毒性評価系構築を目指した 3 次元神経細胞培養系の検討, 釆 洋太朗, 古武 弥一郎、江尻 洋子、佐能 正剛、太田 茂, フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月, 通常, 日本語, 東京
  52. カチノン誘導体における肝細胞三次元培養系を用いた共通代謝物の探索, 渡部 祥子, 佐能 正剛、須山 翔太、梅原 祥太、山頭 征岳、江尻 洋子、古武 弥一郎、太田 茂, フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年09月, 通常, 日本語, 東京
  53. Neurotoxicity of perfluorooctane sulfonate (PFOS) via GluR2 decrease, Keishi Ishida, Yaichiro Kotake, Yumi Tsuyama, Takashi Saiki, Seigo Sanoh, Shigeru Ohta, 2016 Japan/Korea Joint Symposium on Pharmaceutical Health Science and Environmental Toxicology, 2016年09月, 通常, 英語, Tokyo
  54. 新規GluR2発現減少化学物質カルボフランによる神経毒性評価, 梅田 香苗, 古武 弥一郎、杉山 千尋、宮良 政嗣、 石田 慶士、佐能 正剛、太田 茂, 第43回日本毒性学会学術年会, 2016年07月, 通常, 日本語, 名古屋
  55. ラット肝細胞3次元培養系を用いたカチノン誘導体の還元代謝活性, 佐能 正剛, 渡部 祥子、梅原 祥太、山頭 征岳、江尻 洋子、 古武 弥一郎、太田 茂, 第43回日本毒性学会学術年会, 2016年07月, 通常, 日本語, 名古屋
  56. Acetaminophen induces accumulation of functional rat CYP3A by altering gp78 localization, Santoh M, Sanoh S, Takagi M, Ejiri Y, Kotake Y, Ohta S, The 11th International ISSX Meeting, 2016年06月, 通常, 英語, プサン
  57. フェネチルアミン誘導体のマウス脳内モノアミンに対する影響, 梅原 祥太, 古武 弥一郎、渡部 祥子、奥田 勝博、佐能 正剛、太田 茂, 日本法中毒学会第34年会, 2015年06月26日, 通常, 日本語, 日本法中毒学会, 福岡
  58. ミトコンドリア品質管理に対するトリブチルスズの影響, 山田 茂, 古武 弥一郎、中野 瑞穂、関野 祐子、諫田 泰成, 第42回日本毒性学会学術年会, 2015年06月, 通常, 日本語, 日本毒性学会, 金沢
  59. 有機スズによるGluR2発現減少を手掛かりにした神経影響解明, 古武弥一郎, フォーラム2014 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2014年09月, 招待, 日本語, 日本薬学会環境・衛生部会, つくば
  60. Increased expression of glutamate transporter EAAT3 by rotenone, Yaichiro Kotake, Tomomi Yamamoto, Satoshi Adachi, Kouta Kouno, Shigeru Ohta, 50th Congress of the European Societies of Toxicology, 2014年09月, 通常, 英語, the European Societies of Toxicology, エディンバラ
  61. 有機スズをはじめとする環境化学物質によるGluR2発現減少とその神経毒性評価, 古武弥一郎, 第41回日本毒性学会学術年会, 2014年07月, 招待, 日本語, 日本毒性学会, 神戸
  62. 有機スズをはじめとする環境化学物質の神経毒性, 古武弥一郎, 千葉大学大学院薬学研究院大学院講義予防薬学特論・環境毒性学特論, 2019年01月22日, 招待, 日本語
  63. 合成したフェネチルアミン誘導体の薬理評価および構造毒性相関に関する研究, 須山翔太, 佐能正剛,梅原祥太,奥田勝博,太田茂、古武弥一郎, 日本法中毒学会第37年会, 2018年07月07日, 通常, 日本語
  64. メチル水銀によるGluA2発現減少を介した神経毒性メカニズム解析, 武田和己, 石田慶士,竹原有希,太田茂,古武弥一郎, 第45回日本毒性学会学術年会, 2018年07月18日, 通常, 日本語
  65. 酸化ストレスによる核呼吸因子-2の核移行阻害とその影響評価, 木戸口直弘, 石田慶士,花岡早紀,太田茂,古武弥一郎, 第45回日本毒性学会学術年会, 2018年07月18日, 通常, 日本語
  66. 核呼吸因子-1発現減少による網羅的な遺伝子発現変動, 齊木崇史, 石田慶士,太田茂,古武弥一郎, 第45回日本毒性学会学術年会, 2018年07月18日, 通常, 日本語
  67. 核呼吸因子-1発現減少による網羅的な遺伝子発現変動, 齊木崇史, 石田慶士,太田茂,古武弥一郎, 第45回日本毒性学会学術年会, 2018年07月18日, 通常, 日本語
  68. 化学合成した危険ドラッグの薬理評価と毒性化学構造同定, 須山翔太, 佐能正剛,梅原祥太,奥田勝博,太田茂、古武弥一郎, 「広島神経医科学研究会」第2回学生・若手研究者ポスター発表会, 2018年08月08日, 通常, 日本語
  69. パーキンソン病関連神経毒MPP+によるp62の核内蓄積とKeap1-Nrf2経路の破綻, 渡辺南海子, 宮良政嗣,桑原由佳,徳永航,坂本修一朗,石田慶士,太田茂,古武弥一郎, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会・第11回神経化学若手研究者育成セミナー(若手道場), 2018年09月09日, 通常, 日本語
  70. パーキンソン病関連神経毒感受性リソソームタンパク質の探索, 宮良政嗣, 三浦ゆり,徳永航,中西剛,太田茂,古武弥一郎, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会, 2018年09月09日, 通常, 日本語, 神戸
  71. アミオダロン曝露によるそのオタマジャクシへの蓄積と自然変態抑制メカニズムの解明, 佐能正剛, 森淳平,花田秀樹,柏木啓子,鈴木賢一,重田美津紀,山本卓,杉原数美,北村繁幸,柏木昭彦,太田茂,古武弥一郎, フォーラム2018 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2018年09月10日, 通常, 日本語, 佐世保
  72. Chlorpromazineの塩素消毒処理による毒性分解物の検索, 杉原数美, 岡田達司,國澤和憲,池田潔,清水良,北村繁幸,佐能正剛,古武弥一郎,太田茂, フォーラム2018 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2018年09月10日, 通常, 日本語, 佐世保
  73. 化学物質の神経評価指標に関する研究, 梅田香苗, 杉山千尋,石田慶士,津山由美,太田茂,古武弥一郎, 第4回次世代を担う若手研究者のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム, 2018年09月15日, 通常, 日本語, 東京
  74. Characterization of varidations in CYP expression during liver regeneration after partial hepatectomy in mice: possible contribution of endogeneous molecules, 2018年10月, 通常, 日本語
  75. Elucidation of the underlying mechanisms involved in the inhibition of Cytochrome P450 3A protein degradation, 2018年10月, 通常, 英語
  76. 2018年10月, 通常, 英語
  77. 核呼吸因子-1遺伝子メチル化状態に対する有機スズの影響, 古武弥一郎, 花岡早紀,石田慶士,田中早紀,坂本修一朗,奥田勝博, 佐能正剛,太田 茂, メタルバイオサイエンス研究会2018, 2018年11月16日, 通常, 日本語
  78. イメージング質量分析を用いたヒト肝細胞キメラマウスにおける薬剤性胆汁うっ滞の評価, 田村 優香, 佐能 正剛,菅原 豪,吉実 康美,柳 愛美,石田 雄二,立野 知世,太田 茂,古武 弥一郎, 第1回医薬品毒性機序研究会, 2019年01月, 通常, 日本語, 名古屋
  79. リソソーム機能亢進物質トレハロースによるAkt発現量低下とそのメカニズム検討, 梅田 香苗, 宮良 政嗣,渡辺 海南子,太田 茂,古武 弥一郎, 第55回広島神経医科学研究会、第3回学生・若手研究者のポスター発表会, 2019年02月, 通常, 日本語, 広島
  80. メチル水銀長期曝露によるAMPA型グルタミン酸受容体サブユニットへの影響, 武田 和己, 石田 慶士,竹原 有希,太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬学会第139年会, 2019年03月, 通常, 日本語
  81. 神経・肝・心筋細胞の3次元培養系の構築とジフェンヒドラミンの毒性評価, 今子 千鶴, 佐能 正剛,藤野 智恵里,大月 佑也,采 洋太朗,髙木 優志,山頭 征岳,宮良 政嗣,江尻 洋子,奥田 勝博,藤本 成明,河合 秀彦,太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬学会第139年会, 2019年03月, 通常, 日本語
  82. 核呼吸因子-1 (NRF-1)によるユビキチン結合酵素D1 (UBE2D1)の発現制御, 石田 慶士, 齋木 崇史,中西 剛,太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬学会第139年会, 2019年03月, 通常, 日本語
  83. 転写因子GA-binding protein (GABP) の制御遺伝子探索, 木戸口 直弘, 石田 慶士,花岡 早紀、齋木 崇史,太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬学会第139年会, 2019年03月, 通常, 日本語, 千葉
  84. マウス、ヒトに発現するAOタンパク質の分解系の同定, 加藤 真帆, 佐能 正剛,高岡 尚輝、大月 佑也,杉原 数美、Mineko Terao、Enrico Garattini、太田 茂,古武 弥一郎, 日本薬学会第139年会, 2019年03月, 通常, 日本語, 千葉

受賞

  1. 2015年11月17日, 広島大学Distinguished Researcher(DR: 特に優れた研究を行う若手教員)認定, 広島大学
  2. 2017年03月24日, 平成29年度日本薬学会学術振興賞, 公益社団法人日本薬学会会頭, 環境化学物質の神経毒性メカニズム解明およびその評価系構築に関する研究
  3. 2017年07月, 平成29年度日本毒性学会田邊賞, 一般社団法人日本毒性学会理事長
  4. 2016年03月23日, 平成28年度広島大学大学院医歯薬保健学研究院教員表彰, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院
  5. 2014年07月03日, 2014年度日本毒性学会ファイザー賞, 一般社団法人日本毒性学会理事長
  6. 2014年07月03日, 2014年度日本毒性学会田邊賞, 一般社団法人日本毒性学会理事長
  7. 2014年03月23日, 平成26年度第1回広島大学薬学教育研究奨励賞, 広島大学薬学部
  8. 2010年07月03日, 第4回日本トキシコロジー学会奨励賞, 日本トキシコロジー学会理事長 吉田武美, 環境汚染化学物質有機スズのグルタミン酸が関与する神経毒性
  9. 2006年10月, 平成18年度日本薬学会環境・衛生部会賞, 日本薬学会環境・衛生部会長 井手速雄, 環境中に存在する低分子化合物による神経細胞死メカニズムの解明
  10. 2002年07月, 第43回日本生化学会中四国支部奨励賞, 日本生化学会中四国支部長 井出利憲, 脳内在性パーキンソニズム保護物質1MeTIQによるGi共役型受容体-PI3K-Aktシグナルの活性化
  11. 2001年11月, 平成13年度日本薬学会中国四国支部奨励賞, 日本薬学会中国四国支部長 辻宏, テトラハイドロイソキノリン誘導体のパーキンソン病発症物質としての可能性
  12. 2019年06月27日, 2019年度日本化学工業協会LRI (Long-Range Research Initiative) 賞, 日本化学工業協会会長,日本毒性学会理事長, 化学物質神経毒性の分子基盤解明と毒性評価指標の開発
  13. 2019年06月27日, 2019年度日本毒性学会ファイザー賞, 日本毒性学会理事長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 日本化学工業協会Long-Range Initiative (LRI), 発達期神経評価指標を用いた化学物質毒性評価法の確立, 2020年03月, 2023年02月
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), フェネチルアミン系危険ドラッグのトキシコフォア同定を目指した構造毒性相関研究, 2016年, 2016年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 有機スズによる核呼吸因子-1低下を介した神経毒性解明, 2015年, 2018年
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), ロテノンによる細胞外グルタミン酸濃度上昇に対する細胞応答とその破綻による細胞死, 2014年, 2015年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 3次元培養を用いた化学物質による薬物代謝酵素の分解に伴う毒性変動評価, 2014年, 2017年
  6. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), チューブリンは環境化学物質の新規毒性標的となりうるか?, 2012年, 2013年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 熱帯地域特異的神経変性疾患の現地調査と病因に基づく新規モデル動物作製, 2012年, 2014年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ヒト型肝臓動物モデルを利用した化学物質のヒトリスク評価, 2011年, 2013年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 有機スズによるGluR2発現減少メカニズムの解明とin vivo神経影響評価, 2011年, 2013年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 発達期の神経毒性に対する脳由来ステロイドホルモンの保護作用, 2010年, 2012年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 家族性パーキンソン病発症メカニズムを規範とした孤発性パーキンソン病発症機構解析, 2008年, 2010年
  12. 平成19年度藤井研究助成基金, チューブリンのユビキチン化阻害に基づく孤発性パーキンソン病発症機構解明, 2007年
  13. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ATP産生を阻害する環境化学物質の新規メカニズムによる神経細胞死, 2007年, 2008年
  14. 2006年度薬学系研究奨励, 仏領グアデロープ島で多発するパーキンソニズムの原因物質解明, 2006年
  15. 平成18年度サタケ教育研究助成金, 低濃度の環境汚染物質による神経細胞脆弱性メカニズムの解明, 2006年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 内在性神経毒処置したP糖蛋白欠損病態モデルマウスを用いたパーキンソン病薬の開発, 2006年, 2007年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), カリブ諸島で発生したパーキンソニズムに対する環境・遺伝因子の統合的解析と疾病対策, 2006年, 2007年
  18. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 環境化学物質のグルタミン酸神経毒性メカニズムによる系統的分類と構造毒性相関, 2005年, 2006年
  19. 平成16年度研究支援金「若手研究支援型」, 環境化学物質のグルタミン酸神経毒性に関する系統的分類, 2004年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), カリブ諸島で発生しているパーキンソニズムの原因解明と他地域における予防措置, 2004年, 2005年
  21. 第5回永尾武難病研究基金, 新しい方法論によるパーキンソン病発症に関与する外因性神経毒の探索, 2003年
  22. 平成14年度サタケ教育研究助成金, 低濃度長期間神経毒曝露による神経毒性の解析, 2002年
  23. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), カリブ諸島で発生したパーキンソニズムの原因物質探索, 2002年, 2003年
  24. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), パーキンソン病防御機序仮説に基づく抗パーキンソン病薬の開発, 2002年, 2003年
  25. 2001年度笹川科学研究助成, 神経毒を用いたパーキンソン病発症に関与するタンパク質の探索, 2001年
  26. 平成13年度後期研究支援金「地球環境・食糧問題プロジェクト」, 環境化学物質の神経毒性とその代謝活性化, 2001年

社会活動

委員会等委員歴

  1. BPB Reports 編集委員, 2018年10月, 2021年03月
  2. 日本薬学会環境・衛生部会試験法出版委員会, 2019年04月
  3. Journal of Toxicological Sciences, 2019年07月
  4. 日本毒性学会編集委員会, 2019年07月
  5. 第47回日本毒性学会学術年会企画委員, 2019年04月, 2020年07月
  6. 日本薬学会環境・衛生部会若手研究者活性化小委員会委員長, 2013年04月, 2016年03月, 日本薬学会環境・衛生部会
  7. フォーラム2014 衛生薬学・環境トキシコロジー新人賞選考委員長, 2014年04月, 2015年03月, 日本薬学会環境・衛生部会
  8. 日本毒性学会評議員, 2010年07月, 2020年03月, 日本毒性学会
  9. 日本毒性学会The Journal of Toxicological Sciences査読委員, 2009年01月, 2019年06月, 日本毒性学会
  10. Fundamental Toxicological Sciences, Associate Editor, 2014年01月, 2020年03月, 日本毒性学会
  11. Frontiers in Cellular Endocrinology査読委員, 2011年01月, 2020年03月
  12. 薬学教育(4年制)参照基準作成作業部会委員, 2015年10月, 2016年03月, 日本薬学会
  13. フォーラム2015 衛生薬学・環境トキシコロジー新人賞選考委員長, 2015年06月, 2015年09月
  14. 第44回日本毒性学会学術年会企画委員, 2016年04月, 2017年07月, 日本毒性学会
  15. 日本薬学会環境・衛生部会フォーラム委員会, 2016年04月, 2022年03月, 日本薬学会環境・衛生部会
  16. 日本薬学会環境・衛生部会研究戦略委員会, 2016年04月, 2022年03月, 日本薬学会環境・衛生部会
  17. 日本薬学会環境・衛生部会財務委員会, 2016年04月, 2019年03月, 日本薬学会環境・衛生部会
  18. 財務委員会委員, 2018年07月, 2022年06月, 特定非営利活動法人薬学共用試験センター
  19. 非常勤講師, 2018年10月, 2019年03月, 千葉大学
  20. 非常勤講師, 2018年10月, 2019年03月, 筑波大学大学院人間総合科学研究科
  21. 日本毒性学会トピックスワーキンググループ委員, 2018年10月, 2021年03月
  22. 日本毒性学会生体金属部会, 2018年04月, 2021年03月

学術会議等の主催

  1. メタルバイオサイエンス研究会2019, メタルバイオサイエンス研究会2019実行委員, 2019年10月, 2019年10月
  2. フォーラム2015プレシンポジウム若手研究者の会, フォーラム2015若手研究者の会実行委員会, 2015年06月, 2015年09月
  3. フォーラム2015 衛生薬学・環境トキシコロジー, フォーラム2015 衛生薬学・環境トキシコロジー実行委員会, 2015年04月, 2015年09月
  4. 第6回メタロミクス研究フォーラム, メタロミクス研究フォーラム実行委員, 2018年07月, 2018年11月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学薬学部高大連携公開講座, 身の回りの化学物質とその毒性, 広島大学薬学部, 2014年/08月/05日, 2014年/08月/05日, 広島大学薬学部, 講師, 講演会, 高校生