森岡 徳光Norimitsu Morioka

Last Updated :2020/05/22

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) (薬学)薬効解析科学 教授
ホームページ
メールアドレス
mnorihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1丁目2番3号薬学棟8階
TEL:082-257-5312 FAX:082-257-5314
自己紹介
神経薬理学が専門です。特に痛みとうつ病に興味があります。

基本情報

主な職歴

  • 2002年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2009年09月30日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助教
  • 2009年10月01日, 2013年03月31日, 広島大学, 医歯薬学総合研究科, 講師
  • 2013年04月01日, 2016年03月31日, 広島大学, 医歯薬保健学研究院, 准教授
  • 2016年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学 学術院, 医歯薬保健学研究院, 教授

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 生命薬学系専攻, 日本, 1999年04月, 2002年03月
  • 広島大学, 医学系研究科, 生命薬学系専攻, 日本, 1997年04月, 1999年03月
  • 広島大学, 医学部, 総合薬学科, 日本, 1993年04月, 1997年03月

学位

  • 博士(薬学) (広島大学)
  • 修士(薬学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム
  • 薬科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 薬理学一般

研究キーワード

  • 神経障害性疼痛
  • アロディニア
  • コネキシン/ギャップ結合
  • 時計遺伝子
  • HMGB1
  • アストロサイト
  • ミクログリア
  • グルタミン酸トランスポーター
  • ニコチン/ニコチン受容体

所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本薬理学会
  • 北米神経科学学会
  • 日本神経精神薬理学会
  • 日本疼痛学会
  • 日本神経化学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 3ターム, 薬理学I
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 細胞薬理学演習
  3. 2020年, 学部専門, 1ターム, 薬理学II
  4. 2020年, 学部専門, 2ターム, 薬理学III
  5. 2020年, 学部専門, 3ターム, 日本薬局方演習
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 薬理学実習
  7. 2020年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  8. 2020年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  9. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎研究III
  10. 2020年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  11. 2020年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  12. 2020年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  13. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬効解析科学特別演習
  14. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬効解析科学特別演習
  15. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬効解析科学特別実験
  16. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬効解析科学特別実験
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 薬効解析科学特論演習
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 薬効解析科学特論演習
  19. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 薬効解析科学特別研究
  20. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 薬効解析科学特別研究
  21. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬効解析科学特別演習
  22. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬効解析科学特別演習
  23. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬効解析科学特別研究
  24. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 薬効解析科学特別研究
  25. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子薬理学特論演習
  26. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分子薬理学特論演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. High-mobility group box 1-mediated microglial activation induces anxiodepressive-like behaviors in mice with neuropathic pain, PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 92巻, pp. 347-362, 20190608
  2. Role of Connexins in Chronic Pain and Their Potential as Therapeutic Targets for Next-Generation Analgesics, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 42巻, 6号, pp. 857-866, 201906
  3. Stimulation of nuclear receptor REV-ERBs suppresses production of pronociceptive molecules in cultured spinal astrocytes and ameliorates mechanical hypersensitivity of inflammatory and neuropathic pain of mice, BRAIN BEHAVIOR AND IMMUNITY, 78巻, pp. 116-130, 201905
  4. Downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to upregulation of interleukin-6 and cyclooxygenase-2 and mechanical hypersensitivity in mice, GLIA, 66巻, 2号, pp. 428-444, 201802
  5. Pharmacological Activation Gi/o Protein Increases Glial Cell Line-Derived Neurotrophic Factor Production through Fibroblast Growth Factor Receptor and Extracellular Signal-Regulated Kinase Pathway in Primary Cultured Rat Cortical Astrocytes, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 10号, pp. 1759-1766, 201710
  6. Identification of Lysophosphatidic Acid Receptor 1 in Astroglial Cells as a Target for Glial Cell Line-derived Neurotrophic Factor Expression Induced by Antidepressants, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 291巻, 53号, pp. 27364-+, 20161230
  7. Stimulation of spinal dorsal horn beta 2-adrenergic receptor ameliorates neuropathic mechanical hypersensitivity through a reduction of phosphorylation of microglial p38 MAP kinase and astrocytic c-jun N-terminal kinase, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 101巻, pp. 144-155, 201612
  8. The expression of glial cell line-derived neurotrophic factor mRNA by antidepressants involves matrix metalloproteinase-9 activation in rat astroglial cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 479巻, 4号, pp. 907-912, 20161028
  9. Lycopene ameliorates neuropathic pain by upregulating spinal astrocytic connexin 43 expression, LIFE SCIENCES, 155巻, pp. 116-122, 20160615
  10. Downregulation of the spinal dorsal horn clock gene Per1 expression leads to mechanical hypersensitivity via c-jun N-terminal kinase and CCL2 production in mice, MOLECULAR AND CELLULAR NEUROSCIENCE, 72巻, pp. 72-83, 201604
  11. Amitriptyline induces brain-derived neurotrophic factor (BDNF) mRNA expression through ERK-dependent modulation of multiple BDNF mRNA variants in primary cultured rat cortical astrocytes and microglia, BRAIN RESEARCH, 1634巻, pp. 57-67, 20160301
  12. Perineural expression of high-mobility group box-1 contributes to long-lasting mechanical hypersensitivity via matrix metalloprotease-9 up-regulation in mice with painful peripheral neuropathy, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 136巻, 4号, pp. 837-850, 201602
  13. Stimulation of nuclear receptor REV-ERBs regulates tumor necrosis factor-induced expression of proinflammatory molecules in C6 astroglial cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 469巻, 2号, pp. 151-157, 20160108
  14. Stimulation of alpha 7 nicotinic acetylcholine receptor regulates glutamate transporter GLAST via basic fibroblast growth factor production in cultured cortical microglia, BRAIN RESEARCH, 1625巻, pp. 111-120, 20151102
  15. The induction of Pen1 expression by the combined treatment with glutamate, 5-hydroxytriptamine and dopamine initiates a ripple effect on Bmal1 and Cry1 mRNA expression via the ERK signaling pathway in cultured rat spinal astrocytes, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 90巻, pp. 9-19, 201511
  16. Tumor necrosis factor-mediated downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to increased glutamatergic neurotransmission and neuropathic pain in mice, BRAIN BEHAVIOR AND IMMUNITY, 49巻, pp. 293-310, 201510
  17. Fibroblast growth factor 2 mRNA expression evoked by amitriptyline involves extracellular signal-regulated kinase-dependent early growth response 1 production in rat primary cultured astrocytes, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 135巻, 1号, pp. 27-37, 201510
  18. Proinflammatory cytokines downregulate connexin 43-gap junctions via the ubiquitin-proteasome system in rat spinal astrocytes, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 464巻, 4号, pp. 1202-1208, 20150904
  19. Tricyclic Antidepressant Amitriptyline-induced Glial Cell Line-derived Neurotrophic Factor Production Involves Pertussis Toxin-sensitive G alpha(i/o) Activation in Astroglial Cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 290巻, 22号, pp. 13678-13691, 20150529
  20. Downregulation of Connexin36 in Mouse Spinal Dorsal Horn Neurons Leads to Mechanical Allodynia, JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 93巻, 4号, pp. 584-591, 201504
  21. Selective blockade of N-methyl-D-aspartate channels in combination with dopamine receptor antagonism induces loss of the righting reflex in mice, but not immobility, PSYCHOPHARMACOLOGY, 232巻, 1号, pp. 39-46, 201501
  22. Continuous infusion of substance P into rat striatum alleviates nociceptive behavior via phosphorylation of extracellular signal-regulated kinase 1/2, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 131巻, 6号, pp. 755-766, 201412
  23. History of the G Protein-Coupled Receptor (GPCR) Assays From Traditional to a State-of-the-Art Biosensor Assay, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 126巻, 4号, pp. 302-309, 201412
  24. Amitriptyline up-regulates connexin43-gap junction in rat cultured cortical astrocytes via activation of the p38 and c-Fos/AP-1 signalling pathway, BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 171巻, 11号, pp. 2854-2867, 201406
  25. β1/2 adrenergic receptor-sensitive intracellular signaling pathway modulates CCL2 production in cultured spinal astrocytes, J. Cell. Physiol., 229巻, pp. 323-332, 201403
  26. Clock gene Per1 regulates the production of CCL2 and interleukin-6 through p38, JNK1 and NF-kappa B activation in spinal astrocytes, MOLECULAR AND CELLULAR NEUROSCIENCE, 59巻, pp. 37-46, 201403
  27. PRIMARY CULTURES OF RAT CORTICAL MICROGLIA TREATED WITH NICOTINE INCREASES IN THE EXPRESSION OF EXCITATORY AMINO ACID TRANSPORTER 1 (GLAST) VIA THE ACTIVATION OF THE alpha 7 NICOTINIC ACETYLCHOLINE RECEPTOR, NEUROSCIENCE, 258巻, pp. 374-384, 20140131
  28. Neuropathic Pain in Rats with a Partial Sciatic Nerve Ligation Is Alleviated by Intravenous Injection of Monoclonal Antibody to High Mobility Group Box-1, PLOS ONE, 8巻, 8号, 20130821
  29. The activation of P2Y6 receptor in cultured spinal microglia induces the production of CCL2 through the MAP kinases-NF-κB pathway, Neuropharmacology, 20130801
  30. Spinal astrocytes stimulated by tumor necrosis factor- and/or interferon- attenuate connexin 43-gap junction via c-jun terminal kinase activity, JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 91巻, 6号, pp. 745-756, 201306
  31. The regulation of exon-specific brain-derived neurotrophic factor mRNA expression by protein kinase C in rat cultured dorsal root ganglion neurons, BRAIN RESEARCH, 1509巻, pp. 20-31, 20130506
  32. Volume Transmission of Substance P in Striatum Induced by Intraplantar Formalin Injection Attenuates Nociceptive Responses via Activation of the Neurokinin 1 Receptor, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 121巻, 4号, pp. 257-271, 201304
  33. Volume transmission of substance P in striatum induced by intraplantar formalin injection attenuates nociceptive responses via activation of the neurokinin 1 receptor., J. Pharmacol. Sci., 20130301
  34. Antidepressant Acts on Astrocytes Leading to an Increase in the Expression of Neurotrophic/Growth Factors: Differential Regulation of FGF-2 by Noradrenaline, PLOS ONE, 7巻, 12号, 20121205
  35. Spinal astrocytes contribute to the circadian oscillation of glutamine synthase, cyclooxygenase-1 and clock genes in the lumbar spinal cord of mice, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 60巻, 8号, pp. 817-826, 201206
  36. Activation of transient receptor potential ankyrin 1 evokes nociception through substance P release from primary sensory neurons, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 120巻, 6号, pp. 1036-1047, 201203
  37. The Roles of ATP Receptors in the Regulation of Various Functions in Spinal Microglia, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 131巻, 7号, pp. 1047-1052, 20110701
  38. Tricyclic antidepressant amitriptyline activates fibroblast growth factor receptor signaling in glial cells: involvement in glial cell line-derived neurotrophic factor production., Journal of Biological Chemistry, 20110601
  39. Noradrenergic regulation of period1 expression in spinal astrocytes is involved in protein kinase A, c-Jun N-terminal kinase and extracellular signal-regulated kinase activation mediated by α1- and β2-adrenoceptors., Neuroscience, 185巻, pp. 1-13, 20110401
  40. Activation of the neurokinin-1 receptor in rat spinal astrocytes induces Ca2+ release from IP3-sensitive Ca2+ stores and extracellular Ca2+ influx through TRPC3, Neurochem. Int., 57巻, 8号, pp. 923-934, 20101001
  41. 薬物依存症の臨床各論‐最新動向‐ 大麻, 日本臨床, 68巻, 8号, pp. 1475, 20100801
  42. Noradrenaline induces clock gene Per1 mRNA expression in C6 glioma cells through beta(2)-adrenergic receptor coupled with PKA-CREB and Src-GSK-3beta., J. Pharmacol. Sci., 113巻, 3号, pp. 234-245, 20100601
  43. Noradrenaline reduces the ATP-stimulated phosphorylation of p38 MAP kinase via β-adrenergic receptors-cAMP-protein kinase A-dependent mechanism in cultured rat spinal microglia, Neurochem. Int., 55巻, 4号, pp. 226, 20090901
  44. Paclitax and vinorelbine, evoked the release of substance P from cultured rat dorsal root ganglion cells through different PKC isoform-sensitive ion channels, Neuropharmacology, 57巻, 1号, pp. 25, 20090701
  45. Glycine transporter inhibitors as a novel drug discovery strategy for neuropathic pain, Pharmacology and Therapeutics, 123巻, pp. 54-79, 20090701
  46. The regulation of glycine transporter GlyT1 is mainly mediated by protein kinase Calpha in C6 glioma cells., Neurochemical International, 53巻, pp. 248-254, 20081201
  47. Involvement of Voltage-Gated Sodium Channel Na(v)1.8 in the Regulation of the Release and Synthesis of Substance P in Adult Mouse Dorsal Root Ganglion Neurons, J. Pharmacol. Sci., 108巻, 2号, pp. 190-197, 200810
  48. Glycinergic mediation of tactile allodynia induced by platelet-activating factor (PAF) through glutamate-NO-cyclic GMP signaling in spinal cord in mice., Pain, 138巻, pp. 525-536, 20080901
  49. Spinal anti-allodynia action of glycine transporter inhibitors in neuropathic pain models in mice., J. Pharmacol. Exp. Ther., 326巻, pp. 633-645, 20080801
  50. 痛くない!?―無痛無汗症(CIPA)の症状と発症機構―, 広島大学歯学雑誌, 40巻, 1号, pp. 1-9, 20080601
  51. P2X(7) receptor stimulation in primary cultures of rat spinal microglia induces downregulation of the activity for glutamates transporter., Glia, 56巻, pp. 528-538, 20080401
  52. Cyclic ADP-ribose mediates formyl methionyl leucyl phenylalanine (fMLP)-induced intracellular Ca(2+) rise and migration of human neutrophils., J. Pharmacol. Sci., 106巻, pp. 492-504, 20080301
  53. Down-regulation of norepinephrine transporter expression on membrane surface induced by chronic administration of desipramine and the antagonism by co-administration of local anesthetics in mice., Neurochemistry International, pp. IN PRESS, 20071201
  54. グリシントランスポーターによる神経因性疼痛の制御, 日本薬理学雑誌, 130巻, 6号, pp. 458-463, 20071201
  55. 脊髄痛覚伝達制御におけるα7型ニコチン受容体の役割, 平成18年度喫煙科学財団研究年報, pp. 509-513, 20071001
  56. Down-regulation of norepinephrine transporter function induced by chronic administration of desipramine linking to the alteration of sensitivity of local anesthetics-induced convulsions and the counteraction by co-administration with localanesthetics., Brain Res., 1096巻, pp. 97-103, 20061001
  57. Analgesic action of nicotine on tibial nervw transection (TNT)-induced mechanical allodynia through enhancement of the glycinergic inhibitory system in spinal cord., Life. Sci., 80巻, pp. 9-16, 20061001
  58. 脊髄の痛覚伝導における血小板活性化因子(PAF)の役割, 日本薬理学雑誌, 127巻, pp. 18-24, 20061001
  59. 脊髄痛覚伝達制御におけるα7型ニコチン受容体の役割, 平成17年度喫煙科学財団研究年報, pp. 558-563, 20061001
  60. 脊髄痛覚伝達制御におけるα7型ニコチン受容体の役割, 平成16年度喫煙科学財団研究年報, pp. 620-625, 20051001
  61. Transport of dopamine and levodopa and their interaction in COS-7 cells heterologously expressing monoamine neurotransmitter transporters and in monoaminergic cell lines PC12 and SK-N-SH, Life Sciences, 76巻, 1号, pp. 1603-1612, 20050101
  62. Development of tactile allodynia and thermal hyperalgesia by intrathecally administered platelet-activating factor in mice, Pain, 111巻, 3号, pp. 351-359, 20041001
  63. Non-steroidal anti-inflammatory drugs potentiate 1-methyl-4-phenylpyridinium (MPP+)-induced cell death by promoting the intracellular accumulation of MPP+ in PC12 cells, The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 310巻, 2号, pp. 800-807, 20040801
  64. カテコールアミントランスポーターによるdopamineおよびMPP+輸送活性の調節, 日本神経精神薬理学雑誌, 24巻, 2号, pp. 43-47, 20040401
  65. モノアミントランスポーター阻害を有する抗うつ薬の慢性投与による局所麻酔薬痙攣発現の感作, 日本神経精神薬理学雑誌, 23巻, 6号, pp. 337, 20030901
  66. ラットドパミントランスポーター点変異体のMPP+輸送活性の解析, 日本神経精神薬理学雑誌, 22巻, pp. 385, 20021001
  67. Interleukin-1β induced substance P release from rat cultured primary afferent neurons driven by two phospholipase A2 enzymes: secretory type IIA and cytosolic type IV, J. Neurochem., 80巻, pp. 987-997, 20020401
  68. Nitric oxide synergistically potentiates interleukin-1β induced substance P increase of cyclooxygenase-2 mRNA levels, resulting in the facilitation of substance P release from primary afferent neurons :involvement of cGMP-independent mechanisms, Neuropharmacology, 48巻, pp. 868-876, 20020401
  69. インターロイキンと神経伝達ペプチド, 日本薬理学雑誌, 115巻, pp. 219-227, 20000401
  70. Interleukin-1β induces substance P release from primary afferent neurons through the cyclooxygenase-2 system, J. Neurochem., 73巻, pp. 2206-2213, 19990601

著書等出版物

  1. 2018年, 月Ja日, Nicotinic Acetylcholine Receptor Signaling in Neuroprotection, Regulation by Nicotinic Acetylcholine Receptors of Microglial Glutamate Transporters: Role of Microglia in Neuroprotection, Springer, 2018年, 01, 単行本(学術書), 共著, English, 978-981-10-8487-4
  2. 2015年,1月0,日, 生物系薬学 Ⅱ.人体の成り立ちと生体機能の調節, 体温の調節, 東京化学同人, 2015年, 10, 教科書, 共著
  3. 2009年06月, 標準医療薬学 薬理学, 医学書院, 2009年, 06, 教科書, 共編著, 9784260007047, 562
  4. 2007年, 脊髄痛覚伝達制御におけるα7型ニコチン受容体の役割 , 財団法人喫煙科学研究財団, 2007年, 調査報告書, 共著
  5. 2000年03月, インターロイキンと神経ペプチド , 日本薬理学会 日本薬理学会誌115= 219-227, 2000年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 森岡 徳光 井上 敦子

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Toll-like receptor 4の活性化はミクログリアのα7ニコチン受容体発現減少を引き起こす, 中村庸輝,木村小百合,武村昌俊,児玉景太郎,岩本桃香,中島一恵,仲田義啓,森岡徳光, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月, 通常, 日本語, 大阪
  2. マウスにおけるLPS誘発性認知機能障害におけるヒストン脱アセチル化酵素阻害薬の効果, 高田直樹,中島一恵,中村庸輝,森岡徳光, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月, 通常, 日本語, 大阪
  3. 培養ミクログリアにおける核内受容体REV-ERBsによる炎症制御の機序, 児玉景太郎,吉川 奏,武村昌俊,中村庸輝,中島一恵,森岡徳光, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月, 通常, 日本語, 大阪
  4. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける不安・うつ様行動はグリチルリチンの慢性投与で改善される, 中島一恵, 富村昌暉,吉井稔紀, 大畑一努,張 芳芳, 中村庸輝,劉 克約, 和氣秀徳,西堀正洋,仲田義啓, 森岡徳光, 第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会合同大会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本精神神経薬理学会, 東京
  5. ラット大脳皮質初代培養アストロサイトにおいてミルタザピンはGDNF産生を増加する, 高城冴花,中島一恵,渡辺慎太郎,中村庸輝,仲田義啓,森岡徳光, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2018年11月, 通常, 日本語, 鳥取
  6. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける認知機能障害とその発症メカニズムの解明, 吉井稔紀,中島一恵,大畑一努,中村庸輝,仲田義啓, 森岡徳光, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2018年11月, 通常, 日本語, 鳥取
  7. 脊髄アストロサイトにおける核内受容体REV-ERBsを介した炎症性疼痛緩和効果の検討, 吉川 奏,児玉景太郎,中村庸輝,中島一恵,仲田義啓, 森岡徳光, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2018年11月, 通常, 日本語, 鳥取
  8. アストロサイトにおけるCx43発現低下はモノアミンによる神経栄養因子産生を増強させる, 近藤 峻,原田七瀬,瀧本朋代,中村庸輝,中島一恵, 仲田義啓,森岡徳光, 第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月, 通常, 日本語, 神戸
  9. アストロサイトCx43発現低下はnoradrenaline誘導性神経栄養因子産生の亢進に寄与する, 近藤 峻,原田七瀬,瀧本朋代,中村庸輝,中島一恵, 仲田義啓,森岡徳光, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2018, 2018年08月, 通常, 日本語, 日本薬学会薬理部会, 福岡
  10. Downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to mechanical hypersensitivity through upregulation of interleukin-6 and cyclooxygenase-2 in mice, Morioka N., Kondo S., Nakamura Y., Hisaoka-Nakashima K., Nakata Y, WCP2018, 2018年07月, 通常, 英語
  11. The analysis of anxiety- and depression-related behaviors in neuropathic pain of mice - possible involvement of brain inflammation, Hisaoka-Nakashima K., Tomimura Y., Yoshii T., Zhang F.F., Nakamura Y., Liu K., Nishibori M., Nakata Y., Morioka N., WCP2018, 2018年07月, 通常, 英語
  12. Downregulation of astocytic connexin43 leads to enhancement of neurotrophic factor production in cortical astrocytes, Kondo S., Hisaoka-Nakashima K., Nakata Y., Morioka N., WCP2018, 2018年07月, 通常, 英語
  13. アストロサイトCx43発現低下による神経栄養因子産生亢進メカニズムの検討, 近藤 峻,原田七瀬,瀧本朋代,中村庸輝,中島一恵, 仲田義啓,森岡徳光, 第133回日本薬理学会近畿部会, 2018年06月, 通常, 日本語, 広島
  14. 脊髄後角アストロサイト-connexin43発現低下による神経障害性疼痛発症メカニズムの解析, 森岡徳光, 藤井志織,近藤 峻,張 芳芳, 中村庸輝, 中島一恵, 仲田義啓, 日本薬学会第138年会, 2018年03月, 通常, 日本語
  15. 神経障害性疼痛モデルマウスにおけるうつ様行動とHMGB1発現解析, 富村昌暉, 中島一恵, 吉井稔紀, 張 芳芳, 劉 克約, 西堀正洋, 仲田義啓, 森岡徳光, 第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月, 通常, 日本語
  16. 脊髄後角におけるHMGB1 による疼痛惹起メカニズムに対するIL-1βの関与. 第132回日本薬理学会近畿部会, 宮内一希, 張 芳芳, 中島一恵, 劉 克約, 西堀正洋,仲田義啓, 森岡徳光, 第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月, 通常, 日本語
  17. ラット大脳皮質由来初代培養グリア細胞においてcorticosteroneがhigh-mobility group box-1の放出を増加させる, 東 穂奈美, 中島一恵, 横江俊樹, 高城冴花,仲田義啓, 森岡徳光, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  18. 脳線条体におけるdopamine-substance P系を介した疼痛抑制メカニズムの解明, 岸田祐輝, 中村庸輝, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  19. 神経障害性疼痛モデルマウスにおけるうつ様行動と脳ミクログリア機能解析, 中島一恵, 富村昌暉,吉井稔紀, 張 芳芳, 仲田義啓, 森岡徳光, 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  20. ラット大脳皮質由来初代培養アストロサイトにおいてcorticosteroneがhigh-mobility group box-1の放出を増加させる, 東 穂奈美, 中島一恵, 横江俊樹, 高城冴花,仲田義啓, 森岡徳光, 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  21. 脊髄後角におけるHMGB1による疼痛誘発メカニズムの解明, 宮内一希, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 生体機能と創薬シンポジウム2017, 2017年08月, 通常, 日本語
  22. 神経障害性疼痛モデルマウスにおけるうつ様行動誘発メカニズムの解析, 富村昌暉, 中島一恵, 吉井稔紀, 仲田義啓, 森岡徳光, 生体機能と創薬シンポジウム2017, 2017年08月, 通常, 日本語
  23. 神経障害性疼痛モデルマウスにおけるうつ様行動と脳内炎症の検討, 富村昌暉, 中島一恵, 吉井稔紀, 仲田義啓, 森岡徳光, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017, 2017年08月, 通常, 日本語
  24. 脊髄後角HMGB1による機械的アロディニア発症メカニズムの検討, 宮内一希, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017, 2017年08月, 通常, 日本語
  25. 脊髄後角におけるHMGB1による疼痛誘発メカニズムの解明, 宮内一希, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 第131回日本薬理学会近畿部会, 2017年06月, 通常, 日本語
  26. 慢性疼痛モデルマウスにおける不安・うつ様行動と脳グリア細胞機能の解析, 富村昌暉, 中島一恵, 吉井稔紀, 張 芳芳, 仲田義啓, 森岡徳光, 第90回日本薬理学会年会, 2017年03月, 通常, 日本語, 長崎
  27. マウス脊髄後角におけるhigh mobility group box-1を介した機械的アロディニア発症メカニズムの検討, 宮内一希, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 第90回日本薬理学会年会, 2017年03月, 通常, 日本語, 長崎
  28. 脊髄グリア細胞のアドレナリンβ2受容体刺激を介した神経障害性疼痛に対する緩和効果の検討, 森岡徳光, 張 芳芳, 安部裕美, 中島一恵, 仲田義啓, 日本薬学会第137年会, 2017年03月, 通常, 日本語, 仙台市
  29. 脊髄アストロサイトにおけるconnexin43の発現低下はIL-6及びCOX-2の発現増加を介して痛みを誘発する, 藤井志織, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月, 通常, 日本語
  30. 脊髄アストロサイトにおけるRev-erbαを介した炎症反応制御の検討, 東森瑞季, 吉川 奏, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月, 通常, 日本語
  31. ラット初代培養アストロサイトにおいてリゾフォスファチジン酸がトロンボスポンジン1発現に与える効果の検討, 横江俊樹, 中島一恵, 東 穂奈美, 高城冴花, 仲田義啓, 森岡徳光, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月, 通常, 日本語
  32. アドリアマイシン耐性ヒト卵巣癌細胞の薬剤排出機能に対するアガリクス抽出物による抑制作用の検討, 青野咲希, 香川紘乃, 中島一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月, 通常, 日本語
  33. 脳ミクログリアにおけるニコチン受容体を介したグルタミン酸トランスポーター機能制御と神経保護への関与の可能性, 森岡徳光, 仲田義啓, 第46回日本神経精神薬理学会年会, 2016年07月, 通常, 日本語
  34. 神経障害性疼痛発症時における脊髄アストロサイトConnexin43の新たな役割, 藤井志織, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 第129回日本薬理学会近畿部会, 2016年06月, 通常, 日本語
  35. 慢性疼痛時での脳線条体substance Pを介した疼痛制御機構, 福重 亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第129回日本薬理学会近畿部会, 2016年06月, 通常, 日本語
  36. 脳線条体へのsubstance P持続投与により誘発される疼痛制御機構の解明, 福重 亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常, 日本語
  37. 脊髄アストロサイトConnexin43発現低下による神経障害性疼痛発症メカニズムの解析, 藤井志織, 森岡徳光, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月, 通常, 日本語
  38. 疼痛伝達制御における線条体substance P神経系の関与, 福重 亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月, 通常, 日本語
  39. 線条体サブスタンスP神経系の疼痛抑制作用とドーパミン神経系との関係, 渡部亨平, 福重 亮, 岸田祐輝, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2015年11月, 通常, 日本語
  40. 神経障害性疼痛誘発における脊髄後角での時計遺伝子Period1の役割, 佐伯宗紀, 森岡徳光, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 第128回日本薬理学会近畿部会, 2015年11月, 通常, 日本語
  41. 線条体サブスタンスP神経系による疼痛抑制作用のメカニズム, 渡部亨平, 福重 亮, 岸田祐輝, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第128回日本薬理学会近畿部会, 2015年11月, 通常, 日本語
  42. 難治性疼痛発症メカニズムに関与する新規制御因子の探索とその治療戦略, 森岡徳光, 生体機能と創薬シンポジウム2015, 2015年08月, 招待, 日本語
  43. 脊髄時計遺伝子Period1の神経障害性疼痛への関与, 佐伯宗紀, 森岡徳光, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2015, 2015年08月, 通常, 日本語
  44. 脊髄アストロサイトConnexin43発現低下による神経障害性疼痛発症メカニズムの解析, 藤井志織, 森岡徳光, 張 芳芳, 中島一恵, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2015, 2015年08月, 通常, 日本語
  45. 神経障害性疼痛モデルラットにおける脳線条体substance P神経系を介した疼痛制御機構, 福重 亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 2015年08月, 通常, 日本語
  46. 神経障害性疼痛に寄与する脊髄後角アストロサイト-connexin43発現低下, 森岡徳光、張 芳芳、北村智哉、中島一恵、仲田義啓, 日本薬学会第135年会, 2015年03月28日, 通常, 日本語
  47. 神経因性疼痛誘発における時計遺伝子Per1の関わり, 佐伯宗紀、森岡徳光、張 芳芳、中島一恵、仲田義啓, 第88回日本薬理学会年会, 2015年03月20日, 通常, 日本語
  48. 神経障害性疼痛におけるHMGB1の役割と抗HMGB1抗体の疼痛緩和効果, 森岡徳光、仲田義啓, 第88回日本薬理学会年会, 2015年03月18日, 通常, 英語
  49. 疼痛反応制御に対する脳線条体サブスタンスP-NK1受容体シグナルの役割, 森岡 徳光、中村 庸輝、仲田 義啓, 第44回日本神経精神薬理学会, 2014年11月21日, 通常, 日本語
  50. Tricyclic antidepressant amitriptyline acts on astrocytes leading to the increase in the FGF2 expression: A role of early growth response 1 signaling., Kajitani N, Hisaoka-Nakashima K, Okada-Tsuchioka M, Hosoi M, Shibasaki C, Morioka N, Nakata Y, Takebayashi M., Neuroscience 2014, 2014年11月17日, 通常, 英語
  51. 脊髄アストロサイトConnexin43の神経障害性疼痛発症への関与, 北村智哉、森岡徳光、張 芳芳、藤井志織、中島一恵、仲田義啓, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  52. マウス坐骨神経損傷による慢性疼痛における末梢HMGB1の役割, 原野さくら、森岡徳光、張 芳芳、中島一恵、西堀正洋、仲田義啓, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  53. アドリアマイシン耐性ヒト卵巣癌細胞におけるアガリクス抽出物及び抗癌剤の併用効果の検討, 田中真衣、香川紘乃、青野咲希、中島一恵、森岡徳光、仲田義啓, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  54. ラット初代培養ミクログリアにおいて三環系抗うつ薬アミトリプチリンが脳由来神経栄養因子(BDNF) mRNA発現に及ぼす効果の検討, 重藤貴大、中島一恵、梶谷直人、竹林 実、森岡徳光、仲田義啓, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  55. アミトリプチリンによるグリア細胞株由来神経栄養因子産生メカニズムの解明:マトリックスメタロプロテアーゼの関与, 安部裕美、中島一恵、岡田麻美、梶谷直人、板垣 圭、森岡徳光、竹林 実、仲田義啓, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  56. 神経障害性疼痛に対する脊髄後角におけるアストロサイトCx43の関与, 張 芳芳、森岡徳光、北村智哉、藤井志織、中島一恵、仲田義啓, 第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月24日, 通常, 日本語
  57. 抗HMGB1中和抗体の局所投与による神経障害性疼痛に及ぼす効果の検討, 原野さくら、森岡徳光、張 芳芳、中島一恵、仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014, 2014年08月30日, 通常, 日本語
  58. 脊髄アストロサイトConnexin43の神経障害性疼痛における機能解析, 北村智哉、森岡徳光、張 芳芳、中島一恵、仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014, 2014年08月30日, 通常, 日本語
  59. 脊髄アストロサイトにおける時計遺伝子の疼痛制御に対する役割, 森岡徳光、仲田義啓, 生体機能と創薬シンポジウム2014, 2014年08月29日, 通常, 日本語
  60. 脊髄アストロサイトgap junction-Cx43発現低下に対するproteasome系の役割, 張 芳芳、森岡徳光、北村智哉、藤井志織、中島一恵、仲田義啓, 第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年06月20日, 通常, 日本語
  61. 脊髄アストロサイトにおける時計遺伝子Per1による疼痛制御機構の解明, 森岡徳光、杉本達彦、中島一恵、仲田義啓, 日本薬学会第134年会, 2014年03月28日, 通常, 日本語
  62. Noradrenaline inhibits the ATP-stimulated phosphorylation of p38 MAP kinase via β-adrenergic receptors-cAMP protein kinase A-dependent mechanism in cultured rat spinal microglia, 森岡 徳光, Fukuoka Purine 2009, 2009年07月, 招待, 日本語
  63. 初代培養脊髄アストロサイトにおける時計遺伝子発現制御機構の検討, 森岡 徳光, 第115回日本薬理学会近畿部会, 2009年, 通常, 日本語
  64. 脊髄アストロサイトにおける時計遺伝子発現に対するnoradrenalineの影響, 森岡 徳光, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2009, 2009年, 通常, 日本語
  65. ラット初代培養脊髄後根神経節細胞における脳由来神経栄養因子(BDNF)発現調節機構の解析, 森岡 徳光, 第39回日本神経精神薬理学会, 2009年, 通常, 日本語
  66. ラットグリア由来C6細胞におけるノルアドレナリン誘発時計遺伝子発現上昇機構の検討, 森岡 徳光, 第116回日本薬理学会近畿部会, 2009年, 通常, 日本語
  67. 抗うつ薬‐モノアミンによる慢性疼痛緩和効果における脊髄での新たな作用メカニズムの検討, 森岡 徳光, 第48回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2009年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2010年11月, 日本薬学会中国四国支部奨励賞, 脊髄由来ミクログリアの新たな機能制御に関する薬理学的研究
  2. 2005年09月, 第47回歯科基礎医学会学術大会優秀ポスター発表賞, 非ステロイド性抗炎症薬によるMPP+誘発性細胞死増悪効果に対するmultidrug resistance proteinsの役割
  3. 2015年08月28日, 平成26年度薬理系薬学部会奨励賞, 日本薬学会薬理系薬学部会部会長
  4. 2015年03月19日, Journal of Pharmacological Sciences優秀論文賞, 公益社団法人日本薬理学会理事長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 上原記念生命科学財団平成29年度 研究推進特別奨励金, 核内受容体REV-ERB を標的とした鎮痛薬の開発, 2018年04月, 2019年04月
  2. 公益財団法人中冨健康科学振興財団平成29年度研究助成金, 慢性疼痛における核内受容体REV-ERB の機能解明と新規鎮痛薬の開発, 2018年04月, 2019年03月
  3. 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団平成29年度調査研究助成金, 核内受容体REV-ERB作動薬による疼痛制御メカニズムの解明と新規鎮痛薬の開発, 2017年12月, 2018年11月
  4. 平成29年度広島大学基金「のぞみH 基金」がん医療研究推進助成金, 抗がん薬誘発疼痛に対するhigh mobility group box-1に着目した新たな創薬展開, 2017年12月, 2019年05月
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 慢性疼痛の治療ターゲットとしての核内受容体REV-ERBの機能解析と創薬への展開, 2017年, 2019年
  6. 民間からの助成金, 核内受容体REV-ERBをターゲットにした慢性疼痛の新たな治療戦略の開発, 2016年
  7. 民間からの助成金, 脳グリアにおけるα7ニコチン受容体機能制御に立脚したアルツハイマー病治療戦略, 2016年, 2018年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 線条体と神経ペプチドとのクロストークによる新規疼痛制御システムの解明, 2015年, 2018年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 脊髄gap junction機能低下によって惹起される慢性疼痛の発現機序の解明, 2014年, 2016年
  10. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 慢性疼痛の治療標的としての脊髄アストロサイト‐gap junctionの機能解析, 2012年, 2013年
  11. 民間からの助成金, 生体リズム機構を応用したがん性疼痛緩和に対する新たな治療戦略の開発, 2011年
  12. 民間からの助成金, 脳グリアのグルタミン酸トランスポーター機能制御を介したニューロン保護に対するニコチン受容体の役割, 2011年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 知覚神経細胞の間のクロストークと神経ペプチド, 2009年, 2011年
  14. 民間からの助成金, 慢性疼痛維持に関与するgap junctionの機能制御に基づく新たな治療戦略の開発, 2009年
  15. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 時計遺伝子による疼痛制御機構の解明, 2007年, 2008年
  16. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 神経因性疼痛発症機構におけるグリシンシグナルの役割とRNA干渉による治療薬開発, 2007年, 2008年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), アロディニア発症の分子機構とその治療薬の開発に関する研究, 2006年, 2008年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新規カルシウム動員メッセンジャー環状ADPリボースの痛覚伝導における役割, 2006年, 2007年
  19. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 脊髄内神経-グリアネットワークによる疼痛制御機構-ATP受容体P2X7の役割-, 2005年, 2006年
  20. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 機械的刺激に対する細胞応答を利用した口腔組織の健康法に関する研究, 2004年, 2006年
  21. 民間からの助成金, 脊髄痛覚伝達制御におけるα7型ニコチン受容体の役割, 2004年
  22. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 脊髄グルタミン酸ホメオスタシス調節機構による疼痛制御-グルタミン酸トランスポーターの役割-, 2003年, 2004年
  23. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 神経因性疼痛発症機構における血小板活性化因子(PAF)の役割とその制御, 2003年, 2005年
  24. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 好中球における新しい情報伝達系としてのCD38/環状ADP-リボースの役割, 2003年, 2004年

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. ヒロシマ薬剤師研修会, ヒロシマ薬剤師研修会, 広島大学薬学部, 2016年/07月, 2016年/07月, 広仁会館, 企画
  2. ヒロシマ薬剤師研修会, ヒロシマ薬剤師研修会, 広島大学薬学部, 2017年/07月, 広島大学広仁会館, 企画, 講演会, その他
  3. ヒロシマ薬剤師研修会, ヒロシマ薬剤師研修会, 広島大学薬学部, 2018年/07月, 広仁会館, 企画, 講演会, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, Journal of Pharmacological Science, その他, 査読者, 2
  2. 2018年, BIOPHA, その他, 査読者, 1
  3. 2018年, Journal of Cellular Physiology, その他, 査読者, 3
  4. 2018年, Biol. Pharm. Bull., その他, 査読者, 1
  5. 2018年, Neurochem. Int., その他, 査読者, 1
  6. 2018年, Biotech. App. Biochem., その他, 査読者, 1
  7. 2018年, J. Pain Res., その他, 査読者, 1
  8. 2018年, Neuroscience, その他, 査読者, 1
  9. 2018年, Psychopharmacology, その他, 査読者, 1
  10. 2017年, J. Pharmacol. Sci., その他, 査読者, 3
  11. 2017年, Neurosci. Res., その他, 査読者, 3
  12. 2017年, Horm. Behav., その他, 査読者, 1
  13. 2017年, Br. J. Pharmacol., その他, 査読者, 1
  14. 2017年, J. Neuroinflammation, その他, 査読者, 2
  15. 2017年, FEBS OpenBio., その他, 査読者, 1
  16. 2017年, GLIA, その他, 査読者, 1
  17. 2017年, Biol. Pharm. Bull., 編集員, 7
  18. 2017年, Biol. Pharm. Bull., その他, 査読者, 2
  19. 2017年, J. Neurosci. Res., その他, 査読者, 1
  20. 2017年, Front. Cell. Neurosci., その他, 査読者, 1
  21. 2017年, J Cell. Physiol., その他, 査読者, 1
  22. 2016年, Biol. Pharm. Bull., その他, 査読者, 1
  23. 2016年, Mol. Cell. Biochem., その他, 査読者, 1
  24. 2016年, Mol. Cell. Neurosci., その他, 査読者, 1
  25. 2016年, Neurosci. Res., その他, 査読者, 1
  26. 2016年, J. Neurosci. Res., その他, 査読者, 1
  27. 2016年, J. Pharmacol. Sci., その他, 査読者, 3
  28. 2016年, Drug and Chem. Toxicol., その他, 査読者, 1
  29. 2016年, Neurochem. Res., その他, 査読者, 2
  30. 2016年, SpringerPlus, その他, 査読者, 1
  31. 2015年, Br. J. Pharmacol., その他, 査読者, 1
  32. 2015年, J. Neurochem., その他, 査読者, 1
  33. 2015年, J. Neuroinflammation, その他, 査読者, 1
  34. 2015年, Prog. Neuro-Psych&Biol Psych, その他, 査読者, 1
  35. 2015年, J. Neurosci. Res., その他, 査読者, 1
  36. 2015年, J. Pharmacol. Exp. Ther., その他, 査読者, 1
  37. 2015年, J. Biol. Chem., その他, 査読者, 1
  38. 2015年, Pain, その他, 査読者, 1
  39. 2015年, Neurochem. Res., その他, 査読者, 2
  40. 2015年, Brain Res. Bull., その他, 査読者, 1
  41. 2015年, Neurochem. Int., その他, 査読者, 1
  42. 2015年, Neurosci. Lett., その他, 査読者, 1
  43. 2015年, Life Sci., その他, 査読者, 1
  44. 2015年, Neurotox. Res., その他, 査読者, 1
  45. 2015年, Cell Proliferation, その他, 査読者, 1