田中 純子JUNKO TANAKA

Last Updated :2017/11/15

所属・職名
大学院医歯薬保健学研究科(医) 医学講座 教授
ホームページ
メールアドレス
jun-tanakahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 医学部基礎研究棟7階研究室
TEL:082-257-5160 FAX:082-257-5164
自己紹介
疾病予防と制御を目的とする疫学は、衛生学・公衆衛生学に含まれる社会医学の一つです。社会医学は臨床医学と基礎医学の社会応用とも言えます。私たちの研究室では、疾病予防と制御の実践のために理論構築と方法論を模索し実学応用しています。病因論に基づく疫学データ解析が一助となり、肝炎・肝癌の対策が進んでいます。さまざまな疾病対策への応用や、国際比較疫学研究も始めています。研究マインドを持った医療人の育成も、科せられた課題です

基本情報

主な職歴

  • 1981年11月24日, 1987年03月31日, 広島大学, 医学部, 助手
  • 1990年04月01日, 1995年07月31日, 広島大学, 医学部, 助手
  • 1990年04月01日, 1995年07月31日, 広島大学, 学校教育学部, 非常勤講師
  • 1991年03月01日, 1991年08月31日, 米国 ミネソタ大学, 公衆衛生学部医学統計学, 客員助教授
  • 1995年08月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 医学部, 講師
  • 1995年08月01日, 2000年03月31日, 広島大学, 学校教育学部, 併任講師
  • 2002年04月01日, 2004年05月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 講師
  • 2004年06月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助教授
  • 2007年04月01日, 2009年02月28日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 准教授
  • 2009年03月01日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 教授

学歴

  • お茶の水女子大学, 理学部, 数学科, 日本, 1976年04月, 1980年03月

学位

  • 医学博士 (広島大学)

教育担当

  • 医学部:医学科, 医歯薬保健学研究科:医歯科学専攻, 医歯薬保健学研究科:医歯薬学専攻

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 社会医学 / 疫学・予防医学

研究キーワード

  • 疫学
  • 疾病制御
  • 理論疫学
  • 肝炎ウイルス
  • 検診
  • がん
  • 血清疫学
  • データヘルス
  • 医学統計

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, 4ターム, 社会医学と疾病対策[P1C,PN8]
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 医療行動学
  3. 2017年, 学部専門, 集中, 社会医学
  4. 2017年, 学部専門, 2ターム, 医学研究序論
  5. 2017年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 予防医学・健康指導特論Ⅰ
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 予防医学・健康指導特論Ⅰ
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 予防医学・健康指導特論Ⅱ
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 予防医学・健康指導特論Ⅱ
  10. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 臨床腫瘍学総論
  11. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 臨床腫瘍学総論
  12. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 臨床腫瘍学総論
  13. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 臨床腫瘍学総論
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(疫学・疾病制御学)
  15. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学特別研究(疫学・疾病制御学)
  16. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学演習(疫学・疾病制御学)
  17. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学演習(疫学・疾病制御学)
  18. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 疫学基礎論
  19. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床研究方法論
  20. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生物統計学・臨床統計学基礎論
  21. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医学統計パッケージ演習
  22. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 疫学調査分析演習
  23. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 公衆衛生学特別研究(疫学)
  24. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 公衆衛生学特別研究(疫学)
  25. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 公衆衛生学特別研究(生物統計学)
  26. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 公衆衛生学特別研究(生物統計学)
  27. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 疫学・疾病制御学特別演習
  28. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 疫学・疾病制御学特別演習
  29. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 臨床研究の基礎および実践
  30. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 疫学・疾病制御学特別実験
  31. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 疫学・疾病制御学特別実験
  32. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 初期被ばく・内部被ばく・疫学演習
  33. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 初期被ばく・内部被ばく・疫学演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ビットローテーションを用いたハッチングパターン発生方式, 情報処理学会論文誌, 24巻, 3号, pp.373-pp.375, 19830401
  2. Fatigue of workers judged from Subjective Symptoms, XI Asian Conference on Occupational Health, pp.346-pp.351, 19850401
  3. A Recommendation Concerning Toxicity Test on Fish for Various Metals, Toxicology of Metals Clinical and Experimental Research, pp.133-pp.134, 19870401
  4. The Effects of School Life on Smoking Behavior in Youth, 6Th World Conference on Smoking and Health, pp.561-pp.563, 19870401
  5. A study on the Connected Items of smoking Habit in Youth and its Countermeasures., Hiroshima J. Med. Sci., 37巻, 1号, pp.37-pp.40, 19880401
  6. Fatigue Caused by Visual Display Terminal Work ; An Experimental Investigation, Hiroshima J. Med. Sci., 38巻, 2号, pp.2, 19890401
  7. A Report of Fatigue in Japanese Contemporary Workers Based on Subjective Symptoms., Journal of UOEH, 11巻, pp.622-pp.630, 19890401
  8. Toxicity to Medaka of Solutions of Fenitrothion degradated by strong Alkali, Environmental Pollution, 58巻, pp.35-pp.42, 19890401
  9. Effects of Diphenylether Herbicide (CNP) on Mouse Fetuses, Hiroshima J. Med. Sci., 38巻, 3号, pp.125-pp.130, 19890401
  10. The effects of Fenitrothion Emulsion (organic phosphorous pesticide) and Its Degraded Solution on Mice, Hiroshima J. Med. Sci., 38巻, 4号, pp.209-pp.212, 19890401
  11. VDT作業者の自覚的疲労と生活・仕事条件との関連について, 広島大学医学雑誌, 37巻, 5号, pp.665-pp.680, 19890401
  12. Toxicity to Fenitrothion Degradation to medaka(oryzias Latipes), Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology, 44巻, 2号, pp.210-pp.215, 19900401
  13. 輸血後C型肝炎, 肝胆膵, 24巻, 1号, pp.85-pp.94, 19920401
  14. C型肝炎の疫学と予防, 公衆衛生, 56巻, 12号, pp.33-pp.38, 19920401
  15. Branched DNA assayによる血中HCV RNA量と血中HCVコア抗原活性との対比(速報), 肝臓, 34巻, 10号, pp.67, 19930401
  16. 覚醒剤常用者におけるB型肝炎ウイルスおよびC型肝炎ウイルスの感染状況についての検討(速報), 肝臓, 34巻, 4号, pp.63, 19930401
  17. C型肝炎ウイルスの夫婦間感染に関する調査研究 -遺伝子配列に基づくウイルス型分類を用いた検討-(短報), 肝胆膵, 27巻, 6号, pp.1059-pp.1062, 19930401
  18. 供血者集団におけるHCV抗体,HBs抗原陽性率の特性についての検討 -初回供血者, 実供血者, 延べ供血者群別にみた陽性率の比較-, 日本公衆衛生雑誌, 40巻, 7号, pp.540-pp.546, 19930401
  19. Comparison of HCV core antigen activity by ELISA and amount of HCV RNA by branched DNA assay, International Hepatology Communications, 2巻, pp.175-pp.177, 19940401
  20. 共働き夫婦の疲労について, 産業医学, 29巻, 6号, pp.486-pp.493, 19950401
  21. 小児のHBV感染率の変遷, 肝胆膵, 30巻, 5号, pp.801-pp.805, 19950401
  22. Ultrasound biomicroscopic study of ciliary body thickness after topical application of pharmacologic agents, American Journal of Ophthalmology, 121巻, (3)号, pp.319-pp.321, 19960401
  23. Very low incidence rates of community-acquired hepatitis C virus infection in company employees, long-term inpatients, and blood donors in Japan, Journal of Epidemiology, 6巻, 4号, pp.198-pp.203, 19960401
  24. 供血者集団の資料を元にした広島県および日本におけるHBVキャリア数、HCVキャリア数の推計の試み, 日本公衆衛生雑誌, 44巻, 10号, pp.788-pp.796, 19970401
  25. 肝炎ウイルス持続感染と慢性肝疾患死亡との関連-死亡小票に基づいた調査-, 厚生の指標, 45巻, 10号, pp.8-pp.12, 19980401
  26. Epidemiology of hepatitis C virus in Japan, Intervirology, 42巻, pp.153-pp.158, 19990401
  27. Screening for gastroenterological malignancies in new and maintenance dialysis patients, Journal of Gastroenterology, 34巻, pp.35-pp.40, 19990401
  28. Factors influencing arteriovenous fistula dysfunction in Japanese patients on chronic hemodialysis, The International Journal of Artificial Organs, 22巻, 1号, pp.14-pp.17, 19990401
  29. High incidence of extrahepatic manifestations in an HCV hyperendemic area, HEPATOLOGY RESEARCH, 22巻, 1号, pp.27-pp.36, JAN 2002
  30. ★, Natural histories of hepatitis C virus infection in men and women simulated by the markov model, Journal of Medical Virology, 70巻, pp.378-pp.386, 20030401
  31. Effect of polymorphism of the endothelial nitric oxide synthase and apolipoprotein E genes on carotid atherosclerosis in hemodialysis patients, AMERICAN JOURNAL OF KIDNEY DISEASES, 41巻, 4号, pp.822-pp.832, APR 2003
  32. Natural histories of hepatitis C virus infection in men and women simulated by the Markov model, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 70巻, 3号, pp.378-pp.386, JUL 2003
  33. Lack of epidemiological evidence for a role of resolved hepatitis B virus infection in hepatocarcinogenesis in patients infected with hepatitis C virus in Japan, INTERVIROLOGY, 46巻, 3号, pp.171-pp.176, MAY-JUN 2003
  34. Sex- and age-specific carriers of hepatitis B and C viruses in Japan estimated by the prevalence in the 3,485,648 first-time blood donors during 1995-2000, INTERVIROLOGY, 47巻, 1号, pp.32-pp.40, 2004
  35. Titration of hepatitis C virus in chimpanzees for determining the copy number required for transmission, INTERVIROLOGY, 47巻, 1号, pp.57-pp.64, 2004
  36. Association between ENOS gene polymorphism and cardiovascular events in nondiabetic hemodialysis patients; A prospective study, AMERICAN JOURNAL OF KIDNEY DISEASES, 44巻, 1号, pp.112-pp.120, JUL 2004
  37. Early dynamics of hepatitis C virus in the circulation of chimpanzees with experimental infection, INTERVIROLOGY, 48巻, 2-3号, pp.120-pp.123, 2005
  38. National prevention of hepatocellular carcinoma in Japan based on epidemiology of hepatitis C virus infection in the general population, INTERVIROLOGY, 49巻, 1-2号, pp.7-pp.17, 2005
  39. 肝炎ウイルス検診の実施と今後に残された課題, 日本消化器病学会雑誌, 102巻, 9号, pp.1123-pp.1131, 20050401
  40. Hepatitis C virus infection in 2,744 hemodialysis patients followed regularly at nine centers in Hiroshima during November 1999 through February 2003, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 76巻, 4号, pp.498-pp.502, AUG 2005
  41. Prediction of outcomes of assisted reproduction treatment using the calcium ionophore-induced acrosome reaction, HUMAN REPRODUCTION, 20巻, 2号, pp.469-pp.475, FEB 2005
  42. Hepatitis B Virus (HBV) screening strategy to ensure the safety of blood for transfusion through a combination of immunological testing and nucleic acid amplification testing - Japanese experience, JOURNAL OF CLINICAL VIROLOGY, 36巻, pp.S56-pp.S64, MAY 2006
  43. Liver disease in hepatitis C virus carriers identified at blood donation and their outcomes with or without interferon treatment: Study on 1019 carriers followed for 5-10 years, HEPATOLOGY RESEARCH, 37巻, 12号, pp.994-pp.1001, 2007
  44. Epidemiological survey of oral lichen planus among HCV-infected inhabitants in a town in Hiroshima Prefecture in Japan from 2000 to 2003, ONCOLOGY REPORTS, 18巻, 5号, pp.1177-pp.1181, NOV 2007
  45. Incidence rates of hepatitis B and C virus infections among blood donors in Hiroshima, Japan, during 10 years from 1994 to 2004, INTERVIROLOGY, 51巻, 1号, pp.33-pp.41, 2008
  46. Comparative study on the morphology and the composition of the otoliths in the teleosts, ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 128巻, 8号, pp.846-pp.855, 2008
  47. HCV感染の疫学の変化:現況と将来, 肝胆膵, 57巻, 5号, pp.707-pp.715, 20080401
  48. Titration of Hepatitis B Virus Infectivity in the Sera of Pre-Acute and Late Acute Phases of HBV Infection: Transmission Experiments to Chimeric Mice With Human Liver Repopulated Hepatocytes, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 80巻, 12号, pp.2064-pp.2068, 2008
  49. Minimum infectious dose of hepatitis B virus in chimpanzees and difference in the dynamics of viremia between genotype A and genotype C, TRANSFUSION, 48巻, 2号, pp.286-pp.294, 2008
  50. 肝がん予防策としてのウイルス性肝炎対策の効果, 公衆衛生, 73巻, 12号, pp.6, 20091201
  51. A novel hepatitis B virus surface antigen immunoassay as sensitive as hepatitis B virus nucleic acid testing in detecting early infection, TRANSFUSION, 49巻, 3号, pp.585-pp.595, 2009
  52. Regular surveillance by imaging for early detection and better prognosis of hepatocellular carcinoma in patients infected with hepatitis C virus, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 45巻, 1号, pp.105-pp.112, 2010
  53. Transcatheter chemoembolization for unresectable hepatocellular carcinoma and comparison of five staging systems, HEPATOLOGY RESEARCH, 40巻, 11号, pp.1082-pp.1091, 2010
  54. Predictive value of tumor markers for hepatocarcinogenesis in patients with hepatitis C virus, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 46巻, 4号, pp.536-pp.544, 2011
  55. Endogenous estrogen may prevent bone loss in postmenopausal hemodialysis patients throughout life, OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL, 22巻, 5号, pp.1573-pp.1579, MAY 2011
  56. Evaluation of Rebound Tonometer for Measuring Intraocular Pressure at Deviated Angle and Position, CURRENT EYE RESEARCH, 36巻, 5号, pp.422-pp.428, 2011
  57. ★, Total Numbers of Undiagnosed Carriers of Hepatitis C and B Viruses in Japan Estimated by Age- and Area-Specific Prevalence on the National Scale, INTERVIROLOGY, 54巻, 4号, pp.185-pp.195, 2011
  58. Interferon Alone or Combined with Ribavirin for Acute Prolonged Infection with Hepatitis C Virus in Chimpanzees, INTERVIROLOGY, 54巻, 4号, pp.229-pp.232, 2011
  59. Association of Serum Anti-Periodontal Pathogen Antibody with Ischemic Stroke, CEREBROVASCULAR DISEASES, 34巻, 5-6号, pp.385-pp.392, 2012
  60. Morning blood pressure is useful for detection of left ventricular hypertrophy in hemodialysis patients, CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY, 16巻, 6号, pp.921-pp.929, 2012
  61. Intraocular Pressure Measurement Using Rebound Tonometer for Deviated Angles and Positions in Human Eyes, CURRENT EYE RESEARCH, 37巻, 2号, pp.109-pp.114, 2012
  62. Follow up of the 987 blood donors found with hepatitis C virus infection over 9-18 years, HEPATOLOGY RESEARCH, 42巻, 7号, pp.637-pp.647, 2012
  63. Corneal displacement during tonometry with a noncontact tonometer, JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 56巻, 3号, pp.273-pp.279, 2012
  64. Comprehensive miRNA Expression Analysis in Peripheral Blood Can Diagnose Liver Disease, PLOS ONE, 7巻, 10号, 2012
  65. 肝炎ウイルス検査の受診状況等に関する聞き取り調査報告, 肝臓, 53巻, 11号, pp.707-pp.720
  66. わが国におけるB型肝炎・C型肝炎ウイルスキャリアの現状, 化学療法の領域, 28巻, 1号, pp.18-pp.27
  67. Improvement of glycated hemoglobin in Japanese subjects with type 2 diabetes by resolution of periodontal inflammation using adjunct topical antibiotics: Results from the Hiroshima Study, DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE, 100巻, 1号, pp.53-pp.60, 2013
  68. Clinicopathological features of liver injury in patients with type 2 diabetes mellitus and comparative study of histologically proven nonalcoholic fatty liver diseases with or without type 2 diabetes mellitus, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 48巻, 4号, pp.515-pp.525, 2013
  69. The Applicability of Ganglion Cell Complex Parameters Determined From SD-OCT Images to Detect Glaucomatous Eyes, JOURNAL OF GLAUCOMA, 22巻, 9号, pp.713-pp.718, DEC 2013
  70. Prognosis of chronic spontaneous urticaria in 117 patients not controlled by a standard dose of antihistamine, ALLERGY, 68巻, 2号, pp.229-pp.235, FEB 2013
  71. Characteristics of elderly hepatitis C virus-associated hepatocellular carcinoma patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 28巻, 2号, pp.357-pp.364, 2013
  72. Effect of nucleos(t)ide analogue therapy on hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis B patients: A propensity score analysis, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 58巻, 3号, pp.427-pp.433, MAR 2013
  73. A tilting embryo culture system increases the number of high-grade human blastocysts with high implantation competence, REPRODUCTIVE BIOMEDICINE ONLINE, 26巻, 3号, pp.260-pp.268, 2013
  74. Report from a Viral Hepatitis Policy Forum on implementing the WHO framework for global action on viral hepatitis in North Asia, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 59巻, 5号, pp.1073-pp.1080, NOV 2013
  75. Evaluation of strategies for control and prevention of pandemic influenza (H1N1pdm) in Japanese children attending school in rural town Simulation using mathematical models, 日本公衆衛生雑誌, 60巻, 4号, pp.204-pp.211
  76. 血液透析患者における肝炎ウイルス感染率と生命予後, 日本透析医会雑誌, 28巻, 1号, pp.161-pp.166
  77. 献血推進のための効果的な広報戦略, 公衆衛生, 77巻, 8号, pp.612-pp.618
  78. Inner retinal layer comparisons of eyes with exudative age-related macular degeneration and eyes with age-related macular degeneration and glaucoma, GRAEFES ARCHIVE FOR CLINICAL AND EXPERIMENTAL OPHTHALMOLOGY, 252巻, 4号, pp.563-pp.570, 2014
  79. Using the Early Postoperative Intraocular Pressure to Predict Pressure Control After a Trabeculectomy, JOURNAL OF GLAUCOMA, 23巻, 6号, pp.410-pp.414, 2014
  80. Changes in hepatitis C virus genotype distribution in Japan, EPIDEMIOLOGY AND INFECTION, 142巻, 12号, pp.2624-pp.2628, DEC 2014
  81. Quantitative Effect of Natural Killer-Cell Licensing on Hepatocellular Carcinoma Recurrence after Curative Hepatectomy, CANCER IMMUNOLOGY RESEARCH, 2巻, 12号, pp.1142-pp.1147, 2014
  82. Width of abnormal ganglion cell complex area determined using optical coherence tomography to predict glaucoma, JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY, 58巻, 1号, pp.47-pp.55, 2014
  83. Validation and limitation of age-period-cohort model in simulating mortality due to hepatocellular carcinoma from 1940 to 2010 in Japan, HEPATOLOGY RESEARCH, 44巻, 7号, pp.713-pp.719, 2014
  84. High-sensitivity Lens culinaris agglutinin-reactive alpha-fetoprotein assay predicts early detection of hepatocellular carcinoma, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 49巻, 3号, pp.555-pp.563, MAR 2014
  85. ★, Estimating numbers of persons with persistent hepatitis B virus infection transmitted vertically and horizontally in the birth cohort during 1950-1985 in Japan, HEPATOLOGY RESEARCH, 44巻, 10号, pp.E181-pp.E188, 2014
  86. Cost-effectiveness of the introduction of low-dose CT screening in Japanese Smokers aged 55 to 74 years old, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 63巻, 1-3号, pp.13-pp.22
  87. Validation of Rapid Point-of-Care (POC) Tests for Detection of Hepatitis B Surface Antigen in Field and Laboratory Settings in the Gambia, Western Africa, JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY, 53巻, 4号, pp.1156-pp.1163, 2015
  88. Seroprevalence, genotypic distribution and potential risk factors of hepatitis B and C virus infections among adults in Siem Reap, Cambodia, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 4号, pp.480-pp.487, 2015
  89. Effect of increasing respiratory rate on airway resistance and reactance in COPD patients, RESPIROLOGY, 20巻, 1号, pp.87-pp.94, JAN 2015
  90. High prevalences of hepatitis B and C virus infections among adults living in Binh Thuan province, Vietnam, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 3号, pp.259-pp.268, 2015
  91. Estimated numbers of patients with liver disease related to hepatitis B or C virus infection based on the database reconstructed from medical claims from 2008 to 2010 in Japan, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 12号, pp.1228-pp.1240, 2015
  92. Hepatitis B virus infection in hemodialysis patients in Japan: Prevalence, incidence and occult hepatitis B virus infection, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 12号, pp.1211-pp.1219, 2015
  93. The association of hepatitis C virus infection with the prognosis of chronic hemodialysis patients: A retrospective study of 3,064 patients between 1999 and 2010, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 87巻, 9号, pp.1558-pp.1564, 2015
  94. Hepatitis E Virus in Cambodia: Prevalence among the General Population and Complete Genome Sequence of Genotype 4, PLOS ONE, 10巻, 8号, 2015
  95. Historical epidemiology of hepatitis C virus (HCV) in select countries - volume 3, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 22巻, pp.4-pp.20, DEC 2015
  96. The present and future disease burden of hepatitis C virus infections with today's treatment paradigm - volume 3, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 22巻, pp.21-pp.41, DEC 2015
  97. Strategies to manage hepatitis C virus infection disease burden - volume 3, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 22巻, pp.42-pp.65, DEC 2015
  98. Intraocular pressure readings obtained through soft contact lenses using four types of tonometer, CLINICAL OPHTHALMOLOGY, 9巻, pp.1875-pp.1881, 2015
  99. Sustained virological response to antiviral therapy improves survival rate in patients with recurrent hepatitis C virus infection after liver transplantation, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 11号, pp.1047-pp.1054, 2015
  100. 疫学的視点から見た肝炎ウイルス感染者の状況とその対策, 最新医学, 70巻, 9号, pp.1763-pp.1769, 2015
  101. B型肝炎感染者の最新の疫学, 肝胆膵, 71巻, 6号, pp.1021-pp.1029, 2015
  102. Predicting future blood supply and demand in Japan with a Markov model: application to the sex-age specific probability of blood donation., Transfusion, in press巻, in press号
  103. Systematic review and meta-analysis of hepatitis C virus infection in the Democratic Republic of Congo., Public Health
  104. Mustard gas exposure and mortality among retired workers at a poisonous gas factory in Japan: A 57-year follow-up cohort study., Occupational and Environmental Medicine
  105. Effect of nucleos(t)ide analogue therapy on hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis B patients: A propensity score analysis, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 58巻, 3号, pp.427-pp.433, 2013
  106. Report from a Viral Hepatitis Policy Forum on implementing the WHO framework for global action on viral hepatitis in North Asia, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 59巻, 5号, pp.1073-pp.1080, 2013
  107. The Applicability of Ganglion Cell Complex Parameters Determined From SD-OCT Images to Detect Glaucomatous Eyes, JOURNAL OF GLAUCOMA, 22巻, 9号, pp.713-pp.718, 2013
  108. High-sensitivity Lens culinaris agglutinin-reactive alpha-fetoprotein assay predicts early detection of hepatocellular carcinoma, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 49巻, 3号, pp.555-pp.563, 2014
  109. Report from a Viral Hepatitis Policy Forum on implementing the WHO framework for global action on viral hepatitis in North Asia (vol 59, pg 1073, 2013), JOURNAL OF HEPATOLOGY, 60巻, 4号, pp.902-pp.903, 2014
  110. Barrier assessment in establishing comprehensive client-level coordination for treatment and medical welfare of people living with hemophilia and HIV/AIDS in Japan, HAEMOPHILIA, 20巻, pp.164-pp.164, 2014

著書等出版物

  1. 1994年04月, HCV抗体スクリーニングの成果とキャリア数の推計. C型肝炎の最新ガイド、p33-39,1994. , 南江堂, 1994年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子、吉澤浩司, 7
  2. 1994年04月, C型肝炎の疫学. C型肝炎(カレント内科 No1)、p23-29,1994. , 金原出版, 1994年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子、守屋尚、長神英聖、水井正明、小山富子、吉澤浩司, 7
  3. 1996年04月, HCVキャリア:献血者 健常者集団内に潜在するHCVキャリア-キャリア数の推計とその病態-. C型肝炎-診療の進歩-(消化器病セミナー64)、p41-51,1996., へるす出版, 1996年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子、守屋尚、水井正明、吉澤浩司, 11
  4. 1999年04月, 日本人のHCV感染. ウイルス肝炎(メディコピア39)、p83-95,1999. , 富士レビオ, 1999年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子、守屋尚、水井正明、吉澤浩司, 13
  5. 2001年04月, 肝炎ウイルスと感染者数の推移. 慢性肝炎診療マニュアル、p5-11,2001. , 医学書院, 2001年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子、吉澤浩司, 7
  6. 2001年04月, B型肝炎ウイルス感染の疫学(1). B型肝炎の新しい展開、p9-13,2001. , アークメディア, 2001年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 吉澤浩司、田中純子、小山富子、水戸英寿、水井正明, 5
  7. 2003年04月, わが国における肝炎ウイルスキャリアの動向. ウイルス性肝炎の現状と展望(別冊 医学のあゆみ)、p3-8,2003. , 医歯薬出版, 2003年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 片山恵子、田中純子、水井正明、吉澤浩司, 6
  8. 2004年04月, わが国のHCV感染の現状. C型慢性肝炎治療の新たなストラテジー、p24-29,2004.  , 先端医学社, 2004年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子、吉澤浩司, 6
  9. 2004年04月, A National Project for the Management of Viral Hepatitis toward Prevention of Hepatocellular Carcinoma in Japan. International Kilmer Conference Proceedings,247-264,2004. , Polyscience Publications Inc., 2004年, 04, 調査報告書, 共編著, Yoshizawa H, Tanaka J, 18
  10. 2004年04月, 現在の肝がん検診の問題点とこれからの検診計画. がん検診計画ハンドブック、p110-113,2004. , 南江堂, 2004年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子、吉澤浩司, 14
  11. 2005年04月, ウイルス肝炎の疫学. ウイルス性肝炎、p16-21,2005. , 最新医学社, 2005年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 小宮裕、田中純子、吉澤浩司, 6
  12. 2007年04月, 我が国における肝硬変の疫学. 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC44 消化器6 肝硬変、p14-20,2007. , 最新医学社, 2007年, 04, 単行本(学術書), 単著, 田中純子, 7
  13. 2009年03月, 節目検診と肝炎・肝がん対策. 肝炎のインターフェロン治療 up to date 2009、p120-128,2008. , 日本メディカルセンター, 2009年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子, 9
  14. 2009年04月, 肝炎ウイルス感染発生時の対処と再発防止策. 透析療法ネクストⅧ 感染症対策、p92-98,2009., 医学図書出版株式会社, 2009年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子、吉澤浩司, 7
  15. 2010年04月, スクリーニングの理論.予防医学指導士テキスト、p145-150,2010. , 2010年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子, 6
  16. 2010年04月, 医用データと統計的推測の考え方. 予防医学指導士テキスト、p151-156,2010, 2010年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子、秋田智之
  17. 2010年04月, 医学研究のデザイン. 予防医学指導士テキスト、p157-159,2010., 2010年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田中純子
  18. 2011年03月, 肝炎ウイルスの感染予防について. ガイドライン/ガイダンス 慢性肝炎、2011., 日本医事新報社, 2011年, 03, 単行本(学術書), 共著, 田中純子
  19. 2011年05月, Ⅱ.C型肝炎 我が国におけるC型肝炎の疫学ー国際比較を含めてー ,日本臨牀 増刊号 新時代のウイルス性肝炎学, p15-22, 日本臨牀社, 2011年, 05, 単行本(学術書), 共著, 田中純子、片山惠子
  20. 2011年05月, Ⅲ.B型肝炎 我が国におけるB型肝炎の疫学ー国際比較を含めてー,日本臨牀 増刊号 新時代のウイルス性肝炎学, p327-334, 日本臨牀社, 2011年, 05, 単行本(学術書), 共著, 田中純子、松尾順子
  21. 2012年08月, B型肝炎に関する疫学調査の最新情報,B型肝炎 最新治療コンセンサス(別冊・医学のあゆみ), p5-12, 医歯薬出版株式会社, 2012年, 08, 単行本(学術書), 共著, 田中純子
  22. 2013年01月, 肝炎・肝癌の疫学, Annual Review 消化器, p88-93, 中外医学社, 2013年, 01, 単行本(学術書), 共著, 片山惠子、田中純子
  23. 2013年, わが国におけるHBV感染の疫学, de novo B型肝炎, p14-29, 医薬ジャーナル社, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子、片山惠子、松尾順子
  24. 2013年09月, ウイルス肝炎 最新の疫学, 診断と治療, p1287-1292, 診断と治療社, 2013年, 09, 単行本(学術書), 共著, 片山惠子、田中純子
  25. 2013年, HBV感染症のインパクト, HEPATOLOGY PRACTICE, p27-35, 文光堂, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子
  26. 2013年, 疫学, 新しい診断と治療のABC 44 消化器6 肝硬変, p20-30, (株)最新医学社, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子、片山惠子
  27. 2014年, HCV感染の疫学・感染経路, HEPATOLOGY PRACTICE, p15-22, 文光堂, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子
  28. 2014年, HCV感染の疫学の現況と今後, 肝疾患 2014-2015 Review, p27-33, 日本メディカルセンター, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子
  29. 2014年, 疫学的視点からみた肝炎対策-肝炎の地域連携,公費助成制度-, 診断と治療, p1681-1688, 診断と治療社, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子
  30. 2015年, 日本における肝癌の疫学的動向・概論, 日本臨牀 増刊号 最新肝癌学, p51-58, 日本臨牀社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子、片山惠子
  31. 2015年, 肝がんの疫学,肝がん,103号p21-29, 最新医学社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子、秋田智之
  32. 2015年, わが国における肝癌の動向,肝がん白書,p8-11, 日本肝臓学会, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子
  33. 2015年, 日本におけるC型肝炎の疫学ー国際比較ー, 日本臨牀 増刊号 新ウイルス性肝炎学, 73巻増刊号9、p89-97, 日本臨牀社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子、相崎秀樹、内田茂治
  34. 2015年, 日本におけるB型肝炎の疫学ー国際比較ー, 日本臨牀 増刊号 新ウイルス性肝炎学, 73巻増刊号9、p321-329, 日本臨牀社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 田中純子
  35. 2016年, 各都道府県における肝疾患対策取り組みの現状「広島県における肝炎、肝癌対策に対する取り組み」 肝臓クリニカルアップデート 2巻1号 p101-105, 医学図書出版株式会社, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 川上由育、茶山一彰、田中純子、西田ルリコ

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 自覚症状からみた現代労働者の疲労, 田中 純子, 第19回広島県産業安全衛生大会講演.広島, 1990年, 通常, 日本語
  2. Relationship between Life conditions and Stress in Japanese Small-to-medium sized Enterprises, Tanaka J, Hiraoka Y, Okuda H, The 22th International Congress of Applied Psychology, 1990年07月, 通常, 英語
  3. Sero-diagnosis of acute and chronic viral hepatitis, Tanaka J, The 2nd Japan-Korea Biometrics Conference, 1992年02月, 通常, 英語
  4. Seroepidemiology of viral hepatitis in Hiroshima prefecture, Tanaka J, Nakanishi T, Mizui M, Sugiyama Y, Moriya T, Yoshizawa H, The 2nd Japan-Korea Biometrics Conference, 1992年02月, 通常, 英語
  5. 広島県における肝がん死亡と肝炎ウイルスマーカーの地理的分布に関する疫学的検討, 田中 純子, 守屋尚、水井正明、長神英聖、佐々木富美子、吉澤浩司, 第51回 日本公衆衛生学会総会 , 1992年10月23日, 通常, 日本語, 東京
  6. 供血者集団を対象とした血清疫学的手法に関する一考察, 田中 純子, 守屋尚、佐々木富美子、長神英聖、水井正明、吉澤浩司, 第3回 日本疫学会総会, 1993年01月21日, 通常, 日本語, 栃木(宇都宮)
  7. 健常人におけるHCV抗体陽転率に関する一考察  −一般供血者集団におけるPHA法によるHCV抗体測定結果から−, 田中 純子, 守屋尚、佐々木富美子、中西敏夫、長神英聖、水井正明、吉澤浩司, 第52回 日本公衆衛生学会総会, 1993年10月22日, 通常, 日本語, 福岡(小倉)
  8. 健常人におけるHCV抗体の陽転率に関する一考察, 田中 純子, 守屋尚、佐々木富美子、長神英聖、水井正明、吉澤浩司, 第4回 日本疫学会総会, 1994年01月27日, 通常, 日本語, 宮城(仙台)
  9. 肝炎の疫学 ーわが国におけるHCV感染の疫学的考察ー, 田中 純子, 生物統計学宮崎ワークショップ, 1994年11月, 通常, 日本語
  10. HCV感染高度浸淫地区の血清疫学的調査および慢性肝死亡の経年的推移と対比, 田中 純子, 山内雅弥、佐々木富美子、片山恵子、守屋尚、吉澤浩司, 第5回 日本疫学会総会, 1995年01月26日, 通常, 日本語, 大阪
  11. 水平感染によるHCVの新規キャリア化率に関する調査研究, 田中 純子, 水井正明、長神英聖、平岡政隆、田丸隆二、寺田喜子、片山恵子、佐々木富美子、守屋尚、吉澤浩司, 第31回 日本肝臓学会総会, 1995年07月21日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 福岡(福岡)
  12. Healthy Carriers of Hepatitis C Virus in Japan, Tanaka J, Yoshizawa H, The 3rd Korea-Japan Biometrics Conference, 1996年05月, 通常, 英語
  13. Incidence rate of HCV infection among voluntary blood donors in Hiroshima, Tanaka J, Yoshizawa H, 第14回 国際疫学会, 1996年08月, 通常, 英語
  14. 日本におけるHCV・HBVキャリア数の推計の試み, 田中 純子, 水井正明、守屋尚、佐々木富美子、片山惠子、濱本嘉昭、吉澤浩司, DDW-Japan1997 第33回 日本肝臓学会総会, 1997年04月18日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 愛知(名古屋)
  15. 肝炎ウイルスの持続感染と慢性肝疾患との関連  −死亡小票に基づいた調査−, 田中 純子, 佐々木富美子、片山恵子、守屋尚、濱本嘉昭、香川治子、山内雅弥、吉澤浩司, 第56回 日本公衆衛生学会総会, 1997年10月17日, 通常, 日本語, 神奈川(横浜)
  16. Hepatocellular Carcinoma Cases Identified by Blood Screening, Tanaka J, Yoshizawa H, The 3rd International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Pacific Rim, 1998年03月, 通常, 英語
  17. Epidemiology of viral hepatitis in Japan., Tanaka J, Yoshizawa H, The 3rd International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Pacific Rim, 1998年03月, 通常, 英語
  18. 地域住民検診からみた高年齢層におけるHCV抗体陽性率, 田中 純子, 守屋尚、片山惠子、吉澤浩司、山根博文、田原克志, 第57回 日本公衆衛生学会総会, 1998年10月29日, 通常, 日本語, 岐阜
  19. Epidemiology of Hepatitis C virus infection in Japan. (C型肝炎と肝がんの疫学), 田中 純子, HIWC( Hiroshma International Women's Club), 2000年10月, 通常, 日本語
  20. HCVキャリアの自然史解明の試み  −マルコフモデルを用いた検討−, 田中 純子, 長神英聖、水井正明、片山惠子、熊谷純子、小宮裕、吉澤浩司, 第60回 日本公衆衛生学会総会, 2001年11月01日, 通常, 日本語, 香川(高松)
  21. 第13分科会 感染症, 田中 純子, 第60回 日本公衆衛生学会総会, 2001年11月01日, 通常, 日本語, 香川(高松)
  22. 健常者集団に潜在するHBV、HCVキャリア数推計の試み, 田中 純子, 片山恵子、長神英聖、熊谷純子、小宮裕、水井正明、吉澤浩司, 第61回 日本公衆衛生学会総会, 2002年10月24日, 通常, 日本語, 埼玉(大宮)
  23. わが国の健常者集団におけるHBV、HCVキャリア数の推計, 田中 純子, 片山恵子、熊谷純子、小宮裕、吉澤浩司, 第2回 日本予防医学会 学術総会, 2004年12月04日, 通常, 日本語, 広島(東広島)
  24. HBV screening, Further improvement of blood safety.  -based on the knowledge deduced from the results on analysis of the donor’s sera positive for HBV DNA by NAT as well as the results of experimental HBV infection to Chimpanzees-, Tanaka J, Yoshizawa H, SoGAT XVIII, 2005年05月, 通常, 英語
  25. Impact of pooled HBV NAT blood screening in Japan. -Contribution to blood safety, epidemiology of HBV infection and constitution of a new concept on natural course of HBV infection for further improvement of blood safety-, Tanaka J, Yoshizawa H, ISBT 国際輸血学会 Satellite Symposium New Insights in HBV Testing of Blood Products, 2005年07月, 通常, 英語
  26. Epidemiology of Hepatitis B virus (HBV) and Hepatitis C virus (HCV) infection in Japan, Tanaka J, Yoshizawa H, The 19th International Symposium Foundation for Promotion of Cancer Research (平成18年度 日本癌学会シンポジウム), 2006年02月, 通常, 英語
  27. Chimpanzee Infectious Dose and in vitro Concentration of HBV DNA, Tanaka J, Yoshizawa H, SoGAT XIX, 2006年06月, 通常, 英語
  28. わが国におけるC型肝炎ウイルス持続感染者集団の予後予測に関する研究−Markov modelを用いた検討−, 田中 純子, 片山恵子、小宮裕、吉澤浩司, 第3回 日本予防医学会 学術総会, 2006年12月10日, 通常, 日本語, 日本予防医学会, 山口(宇部)
  29. Liver disease in hepatitis C virus carriers found at the occasion of blood donation and outcomes with or without interferon treatment : A study on 1019 carriers followed for 5-10 years , Tanaka J, Katayama K, Mizui M, Yoshizawa H, DDW 2007, 2007年05月21日, 通常, 英語, USA(ワシントン)
  30. Minimum infectious does of HBV required for establishing infection to human hepatocyte transplanted chimera mice, Tanaka J, Yoshizawa H, SoGAT XX, 2007年06月, 通常, 英語
  31. 献血者集団におけるHBV・HCV新規感染率からみた一般集団におけるincidenceの推定, 田中 純子, 水井正明、片山惠子、田渕文子、吉澤浩司, 第4回 日本予防医学会 学術総会, 2007年11月24日, 通常, 日本語, 日本予防医学会, 鹿児島(指宿)
  32. Session 5: Infectivity & Risk Experimental transmission of HCV to human hepatocyte transplanted chimera mice to examine the neutralizing activity of HCIG (candidate) fractionated from human pooled plasma with high titer of anti-HCVenv antibody, Tanaka J, Yoshizawa H, IPFA/PEI (The 15th Workshop on "Surveillance and Screening of Blood Borne Pathogens"), 2008年05月, 通常, 英語
  33. Session 1 cont'd: Hepatitis B Virus Experimental transmission of HBV to susceptible model animals -Summary of the present status and perspectives-, Tanaka J, Yoshizawa H, IPFA/PEI (The 15th Workshop on "Surveillance and Screening of Blood Borne Pathogens"), 2008年05月, 通常, 英語
  34. わが国の肝がん撲滅を目ざした肝炎ウイルス検診5年間の成果、有効性と展望, 田中 純子, 吉澤浩司, 第12回 日本肝臓学会大会 ワークショップ, 2008年10月, 招待, 日本語
  35. 我が国の肝がん死亡撲滅を目指した肝炎ウイルス検診5年間の成果, 田中 純子, 片山惠子、田渕文子、吉澤浩司, 第6回 日本予防医学会 学術総会, 2008年11月30日, 通常, 日本語, 日本予防医学会, 東京
  36. 我が国のB型肝炎ウイルス(HBV)感染の疫学, 田中 純子, 小山富子、吉澤浩司, 第13回 日本肝臓学会大会 DDW-Japan2009 基調講演, 2009年10月, 通常, 日本語
  37. C型肝炎ーその他2, 田中 純子, 小山富子、吉澤浩司, 第13回 日本肝臓学会大会(JDDW), 2009年10月14日, 通常, 日本語, 京都
  38. 患者個人情報の取扱いに関する諸問題, 田中 純子, インターフェロン研究事業事例検討会, 2010年01月21日, 招待, 日本語, 厚生労働省, 東京
  39. スクリーニングの理論と医療統計学−データを用いた実践予防医学−, 田中 純子, 第1回予防医学指導士養成特別研修会, 2010年09月23日, 招待, 日本語, 日本予防医学会, 東京
  40. C型肝炎(治療)24, 田中 純子, 第14回 日本肝臓学会大会(JDDW), 2010年10月14日, 招待, 日本語, 神奈川(横浜)
  41. ウイルス肝炎の疫学, 田中 純子, 第28回日本医学会総会 特別講演, 2011年04月08日, 招待, 日本語, 日本医学会, 東京
  42. Infectivity of HBV, 田中 純子, IPFA/PEI (18th Workshop on "Surveillance and Screening of Blood Borne Pathogens", 2011年05月24日, 招待, 英語, アイルランド(アイルランド)
  43. 感染を知らないまま潜在している肝炎ウイルスキャリアの推計について, 田中 純子, 第39回日本肝臓学会西部会, 2011年12月10日, 通常, 日本語, JSH, 岡山
  44. 肝がん死亡推移の予測のための数理疫学モデルの構築-出生年別キャリア率と肝がん死亡との関連性について-, 田中 純子, 秋田智之、佐藤友紀、松尾順子、片山惠子, 第22回日本疫学会学術総会, 2012年01月27日, 通常, 日本語, 日本疫学会, 東京
  45. 日本肝炎肝癌疫学, 田中 純子, 中日肝病臨床実践検討会, 2012年03月26日, 通常, 日本語, 日中医学交流中心, 東京
  46. 我が国における肝炎ウイルス感染者数の推計について-社会における存在状態4分類別にみた検討-, 田中 純子, 第48回日本肝臓学会総会 ワークショップ, 2012年06月08日, 招待, 日本語, 社団法人日本肝臓学会, 金沢
  47. スクリーニングの理論と医用統計学 検診の有効性・有用性の評価, 田中 純子, 第3回予防医学指導士養成研修会, 2012年07月09日, 招待, 日本語, 日本予防医学会, 東京
  48. 疫学的視点からみたウイルス肝炎の現状, 田中 純子, 第17回日本医療政策機構朝食会, 2012年07月27日, 招待, 日本語, 日本医療政策機構, 東京
  49. topics on hepatitis C and hepatitis B from an epidemiological viewpoint, 田中 純子, ACCJ(American Chamber of Commerce in Japan) Luncheon speech, 2012年07月27日, 招待, 英語, ACCJ(American Chamber of Commerce in Japan), 東京
  50. 肝炎ウイルス持続感染者の病態推移に関する数理疫学的研究, 田中 純子, 小山富子、池田健次, 第16回日本肝臓学会大会 シンポジウム, 2012年10月10日, 招待, 日本語, 社団法人日本肝臓学会, 神戸
  51. Epidemiological studies from Japan, 田中 純子, Viral hepatitis policy forum and workshop -North Asia-(CEVHAP), 2012年10月15日, 招待, 英語, Coalition to Eradicate Viral Hepatitis in Asia Pacific Ltd (CEVHAP), 台湾(台北)
  52. 第12分科会 感染症, 田中 純子, 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012年10月25日, 通常, 日本語, 山口
  53. 臨床疫学研究のための基礎知識, 田中 純子, 第64回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2012年10月27日, 招待, 日本語, 日本皮膚科学会西部支部, 広島
  54. Hepatitis C in Japan, 田中 純子, The 10th JSH Single Topic Conference, 2012年11月21日, 招待, 英語, 社団法人日本肝臓学会, 東京
  55. エビデンスに基づいた疾病対策-健康増進、予防対策、治療戦略-, 田中 純子, 第10回日本予防医学会学術総会, 2012年11月25日, 招待, 日本語, 一般社団法人日本予防医学会, 広島
  56. 臨床疫学研究のための基礎知識, 田中 純子, 第59回広島麻酔医学会 特別講演, 2013年01月26日, 招待, 日本語, 広島麻酔医学会, 広島
  57. 肝炎ウイルス感染の現状と長期予後の疫学, 田中 純子, 第15回NTT西日本産業保健研究会 特別講演, 2013年07月11日, 招待, 日本語, 広島
  58. 肝炎対策の取り組み 広島県におけるフォローアップシステム, 田中 純子, 第10回厚生労働省肝炎対策推進協議会, 2013年07月25日, 招待, 日本語, 厚生労働省, 東京
  59. 肝癌死亡率の予測に関するAPCモデルを用いた解析の試み, 田中 純子, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月05日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜
  60. 第1分科会 疫学・保険医療情報, 田中 純子, 第72回日本公衆衛生学会総会, 2013年10月23日, 通常, 日本語, 三重
  61. ウイルス肝炎の疫学と対策最前線, 田中 純子, 第46回日本臨床衛生検査技師会中四国支部医学検査学会, 2013年11月09日, 招待, 日本語, 一般社団法人臨床衛生検査技師会, 広島
  62. 肝炎ウイルス健診、新しいHCV検査手順と今後の展望, 田中 純子, 第46回日本臨床衛生検査技師会中四国支部医学検査学会 ランチョンセミナー, 2013年11月10日, 招待, 日本語, 一般社団法人臨床衛生検査技師会, 広島
  63. 研究マインドをもった医療人の育成-数学から医学・疫学研究へ-蓋然性probabilityと必然性necessity, 田中 純子, 第4回大阪大学RDSDセミナー, 2014年02月05日, 招待, 日本語, 大阪大学免疫学フロンティア研究センター, 大阪
  64. 大規模データからみた感染を知らないままでいる肝炎ウイルスキャリアとその動向について, 田中 純子, 第11回厚生労働省肝炎対策推進協議会, 2014年03月17日, 招待, 日本語, 厚生労働省, 東京
  65. 肝がん制圧をめざした肝炎ウイルスキャリア対策 -疫学的視点からみた検討-, 田中 純子, 東京内科医会学術講演会, 2014年04月26日, 招待, 日本語, 東京内科医会, 東京
  66. 広島県における肝炎ウイルス検査の普及啓発効果と医療連携「広島県肝疾患患者フォローアップシステム」について, 田中 純子, 海嶋照美、坂口孝作、茶山一彰、中西敏夫, 第50回日本肝臓学会総会 ワークショップ, 2014年05月30日, 招待, 日本語, 一般社団法人日本肝臓学会, 東京
  67. 肝炎ウイルスキャリアと患者数の動向について, 田中 純子, 第12回厚生労働省肝炎対策推進協議会, 2014年07月08日, 招待, 日本語, 厚生労働省, 東京
  68. わが国の肝炎ウイルスと肝癌 最新疫学情報, 田中 純子, 第23回 赤十字血液シンポジウム, 2014年08月02日, 招待, 日本語, 日本赤十字社, 広島
  69. Hepatitis C and B virus screening in Japan and its control, Tanaka J, AASLD/EASL Special Conference on Hepatitis C, 2014年09月12日, 通常, 英語, AASLD/EASL, アメリカ(ニューヨーク)
  70. 我が国の肝炎ウイルス感染の疫学:現状と課題, 田中 純子, 第38回日本血液事業学会総会, 2014年10月30日, 招待, 日本語, 日本赤十字社中国四国ブロック血液センター, 広島
  71. "Viral Hepatitis and Liver Diseases in Asia and Africa""Epidemiology of Viral Hepatitis and Liver Diseases: Country Report", 田中 純子, The 14th MMRF(Miyakawa Memorial Research Foundation) workshop, 2014年11月16日, 招待, 日本語, 公益財団法人 宮川庚子記念研究財団, 広島
  72. Epidemiology of hepatitis B in Japan, 田中 純子, The 11th JSH Single Topic Conference, 2014年11月20日, 招待, 英語, 一般社団法人日本肝臓学会, 広島
  73. An estimate of hepatitis C virus (HCV) disease burden in Japan, Tanaka J, Estes Chris, Razavi Homie, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月21日, 通常, 英語, 社団法人 日本肝臓学会, 熊本
  74. 肝炎ウイルス感染の疫学:肝炎ウイルスキャリア数の動向について, 田中 純子, 第51回日本肝臓学会総会 基調講演, 2015年05月21日, 招待, 日本語, 社団法人 日本肝臓学会, 熊本
  75. わが国の肝炎ウイルス感染の疫学:現状と課題, 田中純子, 田中純子, 第63回日本輸血・細胞治療学会総会, 2015年05月29日, 招待, 第63回日本輸血・細胞治療学会総会
  76. 肝炎ウイルスキャリアと患者数の動向について:2000年と2011年の比較, 田中純子, 田中純子、大久真幸、永島 慎太郎、山本 周子、秋田智之、片山惠子、, 第23回日本消化器関連学会(JDDW2015), 2015年10月08日, 通常
  77. 疫学的視点からみた肝炎ウイルス患者に関する現状と対策, 田中純子, 田中純子, 第62回日本臨床検査医学会学術集会, 2015年11月22日, 招待, 第62回日本臨床検査医学会学術集会
  78. 肝疾患の疫学, 田中純子, 田中純子, 第41回日本肝臓学会西部会後期教育講演会, 2015年12月04日, 招待, 日本肝臓学会西部会
  79. ワークショップ5「ウイルス性肝炎患者の受験・受領率の向上を目指して」, 田中純子, 田中純子, 第41回日本肝臓学会西部会, 2015年12月03日, 招待, 日本肝臓学会西部会
  80. Disease Burden of Chronic Hepatitis C Virus(HCV) Infection in Japan, Tanaka J, Tanaka J,Raxavi H, Estes CR, APASL(Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2016) , 2016年02月22日, 通常
  81. Reducing the Burden of Hepatocellular Carcinoma(HCC) in Japan through Treatment of Chronic Hepatitis C Virus(HCV) Infection in Japan, J.Tanaka, J.Tanaka, C Estes, H Razavi, 51th the international liver congress 2016 (EASL), 2016年04月16日, 通常, 英語, EASL, Spain(Barcelona)
  82. B型肝炎の疫学, 田中純子, 第102回日本消化器病学会総会, 2016年04月22日, 招待, 日本語, 第102回日本消化器病学会総会, 東京
  83. 肝がんの疫学, 田中純子, 第24回日本がん検診・診断学会総会, 2016年09月16日, 招待, 日本語, NPO法人日本がん検診・診断学会, 東京
  84. C型肝炎の疫学:最前線, 田中純子, 第40回日本血液事業学会総会 共催セミナー3「肝炎ウイルスの最前線」, 2016年10月04日, 招待, 日本語, 第40回日本血液事業学会総会 , 愛知
  85. C型肝炎撲滅のために、今、調剤薬局に求められていること, 田中純子, 第10回 日本薬局学会学術総会 シンポジウム2, 2016年10月30日, 招待, 日本語, 一般社団法人日本薬局学会 一般社団法人日本保険薬局協会, 京都

受賞

  1. 1990年10月, 第49回日本公衆衛生学会 レイアウト賞, 日本公衆衛生学会, 自覚症状からみた労働者の疲労 週休2日の疲労
  2. 1994年02月, (財)ウイルス肝炎研究財団 奨励賞, (財)ウイルス肝炎研究財団, 慢性肝疾患死亡と肝炎ウイルス持続感染との関連に関する疫学的研究
  3. 2008年03月, Teacher of The Year, 2007, 広島大学医学部長

社会活動

委員会等委員歴

  1. 厚生労働省 全国肝炎総合対策推進懇談会委員, 2008年06月, 2010年05月, 厚生労働省
  2. 厚生労働省 肝炎対策推進協議会委員, 2010年06月, 2018年05月, 厚生労働省健康局疾病対策課
  3. 厚生労働省 薬事・食品衛生審議会専門委員, 2009年06月, 2019年01月, 厚生労働省医薬食品局総務課
  4. 厚生労働省 肝機能障害の評価に関する検討会構成員, 2008年10月, 2009年08月, 厚生労働省
  5. 厚生労働省 肝臓機能障害の認定基準に関する検討会構成員, 2015年05月, 2016年03月, 厚生労働省
  6. 肝疾患情報提供検討委員会委員, 2008年11月, 2015年03月, 国立国際医療センター
  7. 肝炎・免疫研究センター長補佐, 2016年04月, 2018年03月, 国立研究開発法人国立国際医療研究センター
  8. 日本学術システム研究センター研究員, 2015年04月, 2017年03月, 独立行政法人日本学術振興会
  9. (財)ウイルス肝炎研究財団評議員, 2013年07月, 2018年06月, (財)ウイルス肝炎研究財団
  10. 広島県地域保健対策協議会 理事, 2010年04月, 2012年03月, 広島県地域保健対策協議会
  11. 広島県地域保健対策協議会 慢性肝疾患対策専門委員会委員, 1990年04月, 2009年04月, 広島県地域保健対策協議会
  12. 広島県地域保健対策協議会 健康危機管理対策委員会委員, 2015年06月, 2017年03月, 広島県地域保健対策協議会
  13. 広島県建築審査会委員, 2009年01月, 2018年05月, 広島県
  14. (財)広島県健康福祉センター評議員, 2009年06月, 2012年03月, (財)広島県健康福祉センター
  15. (財)広島県地域保健医療推進機構 評議員, 2012年04月, 2018年03月, (財)広島県地域保健医療推進機構
  16. 広島県肝炎対策協議会委員, 2009年09月, 2018年03月, 広島県
  17. 広島県まち・ひと・しごと創生総合戦略外部評価会議委員, 2016年06月, 2018年03月, 広島県
  18. 広島県総合計画審議会委員, 2014年06月, 2016年06月, 広島県
  19. 広島県公害審査会委員, 2009年12月, 2018年12月, 広島県
  20. 広島県がん対策推進協議会がん検診推進部会委員, 2010年10月, 2017年03月, 広島県
  21. 広島県がん検診精度管理評価会議委員, 2011年10月, 2017年03月, (財)広島県地域保健医療推進機構
  22. 広島県がん検診精度管理評価会議胃がん・大腸がん検診部会委員, 2014年09月, 2017年03月, (財)広島県地域保健医療推進機構
  23. 広島県がん予防・検診推進会議委員, 2016年03月, 2017年03月, 広島県
  24. 広島県合同輸血療法委員会, 2011年05月, 2017年05月, 広島県
  25. 広島県感染症・疾病管理センター検討委員会委員, 2011年11月, 2017年03月, 広島県
  26. 広島県感染症・疾病管理センター感染症専門員, 2013年04月, 2018年03月, 広島県
  27. 広島県感染症予防研究調査会委員, 2013年04月, 2018年03月, 広島県
  28. 広島県 肝疾患患者フォローアップシステム構築検討委員会委員, 2012年06月, 2014年03月, 広島県
  29. 広島県医療・介護等にかかる情報に関する検討会委員, 2012年09月, 2015年03月, 広島県
  30. (財)広島県環境保健協会 評議員, 2013年04月, 2017年06月, (財)広島県環境保健協会
  31. 看護研究倫理審査委員会委員, 2013年06月, 2017年06月, (社)広島県看護協会
  32. 広島県医師会 禁煙推進委員会委員長, 2016年08月, 2018年06月, 広島県医師会
  33. 広島市環境審議会 委員, 2000年04月, 2012年10月, 広島市環境局環境政策課
  34. 広島市環境審議会 副委員長, 2012年11月, 2017年04月, 広島市環境局環境政策課
  35. 広島市環境審議会 臭気規制検討部会委員, 2002年04月, 2003年03月, 広島市環境局環境政策課
  36. 広島市環境審議会 地球温暖化防止などに関する条例検討部会 部会長, 2007年04月, 2008年03月, 広島市環境局環境政策課
  37. 広島市衛生研究所機関評価委員会委員, 2000年04月, 2003年03月, 広島市衛生研究所
  38. 広島市がん検診精度管理連絡会議委員, 2014年02月, 2018年01月, 広島市健康福祉局
  39. 研究利益相反審査委員会外部委員・受託研究審査委員会外部委員・倫理審査委員会外部委員, 2010年10月, 2017年03月, 独立行政法人国立病院機構呉医療センター中国がんセンター

学術会議等の主催

  1. 第2回日本予防医学会, 大会実行委員, 2004年12月
  2. 第10回日本予防医学会, 大会長, 2012年11月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 国立保健医療科学院講演, ウイルス肝炎と肝がんの疫学:病論的アプローチ, 国立保健医療科学院技術評価部, 2004年/11月, 2004年/11月
  2. がん検診精度向上検討委員会研修会(学習会), 肝がん及び各種がん検診の有効性について, 広島県西部地域保健対策協議会, 2005年/02月, 2005年/02月
  3. 第18回 「肝臓週間」ウイルス肝炎に関するパネルディスカッション「肝炎・肝癌対策最前線」, B型・C型肝炎の疫学, 公益財団法人 ウイルス肝炎研究財団, 2008年/07月/24日, 2008年/07月/24日
  4. 生活習慣病予防活動支援プログラム研修会, 特定健診・特定保健指導の企画・立案・評価とデータ分析, 社団法人広島県看護協会, 2008年/07月/20日, 2008年/07月/20日
  5. JICA平成20年度第1回「肝炎の疫学、予防及び治療」研修, C型肝炎の疫学, JICA, 2008年/09月/09日, 2008年/09月/09日
  6. 平成20年度  厚生労働省 肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会 班長報告, 肝炎状況・長期予後の疫学に関する研究, 厚生労働省, 2009年/03月/07日, 2009年/03月/07日
  7. 広島県女性医師の会総会, 肝炎ウイルス感染と肝がんの疫学, 広島県女性医師の会, 2009年/06月, 2009年/06月
  8. 豊田・竹原学校保健会養護部会夏期研修会, 近年の感染症の現状と学校における感染症予防対策, 豊田・竹原学校保健会養護部会, 2009年/08月, 2009年/08月
  9. JICA平成21年度第2回「肝炎の疫学、予防及び治療」研修, C型肝炎の疫学, JICA, 2009年/11月, 2009年/11月
  10. 平成21年度  厚生労働省 肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会 班長報告, 肝炎状況・長期予後の疫学に関する研究, 厚生労働省, 2010年/03月/06日, 2010年/03月/06日
  11. 高大連携公開講座『先端医療は今-広島から世界へ2010』, 病因論に基づいた医学研究、疫学研究, 広島大学, 2010年/06月/12日, 2010年/06月/12日
  12. JICA平成22年度第3回「肝炎の疫学、予防及び治療」研修, C型肝炎の疫学, JICA, 2010年/09月, 2010年/09月
  13. 第1回都道府県肝疾患診療連携拠点病院間連絡協議会および平成22年度第1回研修会, 肝炎に関する最新の疫学, 国立国際医療研究センター肝炎・疫学研究センター肝炎情報センター, 2010年/06月, 2010年/06月
  14. JICA平成22年度第3回「肝炎の疫学、予防及び治療」研修, C型肝炎の疫学, JICA, 2010年/09月, 2010年/09月
  15. 独立行政法人国立病院機構呉医療センター地域医療研修センター特別講演会, わかりやすい統計学・疫学-具体例を通して-, 国立病院機構呉医療センター, 2010年/09月, 2010年/09月
  16. 平成22年度保健指導者研修, ウイルス性肝炎の疫学, 広島県庁, 2011年/02月/28日, 2011年/02月/28日
  17. 平成22年度  厚生労働省 肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会 班長報告, 肝炎ウイルス感染状況・長期経過と予後調査及び治療導入対策に関する研究, 厚生労働省, 2011年/03月/05日, 2011年/03月/05日
  18. 広島県健康増進事業研修会, 健康増進事業の評価について, 広島県健康福祉局健康対策課, 2011年/12月/27日, 2011年/12月/27日
  19. 第89回市町村職員を対象とするセミナー 「血液事業において市町村に期待すること」 基調講演, 献血推進に関する効果的な広報戦略等の開発に関する研究報告, 厚生労働省, 2012年/02月/10日, 2012年/02月/10日
  20. 平成23年度  厚生労働省 肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会 班長報告, 肝炎ウイルス感染状況・長期経過と予後調査及び治療導入対策に関する研究, 厚生労働省, 2012年/03月/03日, 2012年/03月/03日
  21. 平成23年度  広島県合同輸血療法研修会, 輸血療法に関するアンケート 調査報告, 広島県合同輸血療法委員会, 2012年/03月/10日, 2012年/03月/10日
  22. 日本肝臓学会 肝がん撲滅週間 市民公開講座, 肝がんになりやすいグループを認識する, 日本肝臓学会, 2012年/07月/07日, 2012年/07月/07日
  23. 肝炎対策普及啓発事業 知って肝炎プロジェクト, トークセッション(演題名無し), 厚生労働省, 2012年/07月/18日, 2012年/07月/18日
  24. 第22回「肝臓週間」 肝炎ウイルスの克服と肝がん予防, ウイルス肝炎・肝がんの疫学, 公益財団法人 ウイルス肝炎研究財団, 2012年/07月/28日, 2012年/07月/28日
  25. 平成24年度 ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, ウイルス肝炎に関する疫学, 広島県健康福祉局, 2012年/08月/26日, 2012年/08月/26日
  26. JICA平成24年度第5回「肝炎の疫学、予防及び治療」研修, C型肝炎の疫学, JICA, 2012年/09月/11日, 2012年/09月/11日
  27. 平成24年度 ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, ウイルス肝炎に関する疫学, 広島県健康福祉局, 2012年/09月/15日, 2012年/09月/15日
  28. 地域肝疾患アドバイザー養成研修会 特別講演, 肝炎ウイルスの疫学:現状と課題, 公益財団法人岩手県予防医学協会, 2012年/10月/06日, 2012年/10月/06日
  29. 知って肝炎プロジェクト Letter Songs, 厚生労働省, 知って肝炎プロジェクト Letter Songs, 2012年/10月/27日, 2012年/10月/27日
  30. 厚生労働省、公益財団法人ウイルス肝炎研究財団 平成24年度肝炎ウイルスに関する相談員養成研修, 肝炎ウイルス(B型・C型)感染と肝がんの疫学肝炎、肝がん対策:これまでの総括と今後の展開, 厚生労働省健康局疾病対策課肝炎対策推進室 公益財団法人ウイルス肝炎研究財団, 2012年/11月/01日, 2012年/11月/01日
  31. 広島県合同輸血療法研修会, 輸血療法に関するアンケート調査報告, 広島県合同輸血療法委員会, 2013年/02月/02日, 2013年/02月/02日
  32. 平成24年度  厚生労働省 肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会 班長報告, 肝炎ウイルス感染状況・長期経過と予後調査及び治療導入対策に関する研究, 厚生労働省, 2013年/03月/02日, 2013年/03月/02日
  33. WHA 広島県訪問ミーティング, Hepatitis C and Hepatitis B in Japan Epidemiological point of view, 広島県, 2013年/04月/12日, 2013年/04月/12日
  34. 第8回JA広島北部女性部通常総代会, B型肝炎・C型肝炎の疫学, JA広島北部女性部, 2013年/04月/18日, 2013年/04月/18日
  35. 第67回地方衛生研究所全国協議会 中国四国支部会議, B型・C型肝炎ウイルス感染の疫学, 2013年/05月/16日, 2013年/05月/16日
  36. 廿日市市市制施行25周年事業第33回山陽女子短期大学公開講座, 肝炎・肝癌の予防を考える, 2013年/06月/08日, 2013年/06月/08日
  37. 平成25年度静岡県 肝がん撲滅運動 市民公開講座, 肝臓がんは日本人に多いがんでしょうか?, 日本肝臓学会、順天堂大学医学部附属静岡病院・消化器内科, 2013年/06月/29日, 2013年/06月/29日
  38. 生物化学分析部門化学免疫領域合同研修会, 新たなC型肝炎ウイルス検査の手順について, 広島県, 2013年/07月/06日, 2013年/07月/06日
  39. 基町高校進路研究セミナー, 疫学・健康とは何か, 広島県, 2013年/07月/17日, 2013年/07月/17日
  40. 広島県輸血療法委員会, 輸血用血液の安全性向上への変遷 -疫学的資料を基に-, 広島県健康福祉局, 2013年/07月/27日, 2013年/07月/27日
  41. 第3回かすみMedi-Cafe, 疫学研究を読み解く 基礎知識編, 広島大学 , 2013年/07月/29日, 2013年/07月/29日
  42. JA研修会(佐伯), B型肝炎・C型肝炎の疫学, JA佐伯, 2013年/07月/24日, 2013年/07月/24日
  43. JA研修会(三次), B型肝炎・C型肝炎の疫学, JA三次, 2013年/08月/20日, 2013年/08月/20日
  44. 平成25年度 感染症・疾病管理センター研修会(CDC疫学コース), 保健統計と健康水準, 広島県感染症・疾病管理センター, 2013年/08月/20日, 2013年/08月/20日
  45. 平成25年度 ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, ウイルス肝炎に関する疫学, 広島県健康福祉局, 2013年/09月/01日, 2013年/09月/01日
  46. 広島県肝疾患フォローアップシステム医療機関説明会, 広島県肝疾患患者フォローアップシステムの導入について, 広島県健康福祉局, 2013年/09月/05日, 2013年/09月/05日
  47. 広島県肝疾患フォローアップシステム医療機関説明会, 広島県肝疾患患者フォローアップシステムの導入について, 広島県健康福祉局, 2013年/09月/11日, 2013年/09月/11日
  48. 平成25年度 感染症・疾病管理センター研修会(CDC疫学コース), 疫学の基礎知識, 広島県感染症・疾病管理センター, 2013年/09月/24日, 2013年/09月/24日
  49. 平成25年度 ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, ウイルス肝炎に関する疫学, 広島県健康福祉局, 2013年/09月/28日, 2013年/09月/28日
  50. 岡山県肝炎医療従事者研修会, ウイルス肝炎の疫学と対策, 岡山大学病院・岡山県肝炎対策協議会・岡山県肝疾患診療連携拠点病院等連絡協議会・岡山県医師会・岡山県・岡山市, 2013年/09月/29日, 2013年/09月/29日
  51. JICA平成25年度第6回「肝炎の疫学、予防及び治療」研修, C型肝炎の疫学, JICA, 2013年/10月/01日, 2013年/10月/01日
  52. 厚生労働省、公益財団法人ウイルス肝炎研究財団 平成25年度肝炎ウイルスに関する相談員養成研修, 肝炎ウイルス感染と肝がんの疫学 肝炎、肝がん対策, 厚生労働省健康局疾病対策課肝炎対策推進室 公益財団法人ウイルス肝炎研究財団, 2013年/11月/07日, 2013年/11月/07日
  53. 広島県肝疾患フォローアップシステム, C型肝炎ウイルス検査手順の改正について, 広島県健康福祉局, 2013年/11月/13日, 2013年/11月/13日
  54. 平成25年度 感染症・疾病管理センター研修会(CDC疫学コース), 疫学演習, 広島県感染症・疾病管理センター, 2014年/01月/21日, 2014年/01月/21日, 講師
  55. 平成25年度北広島町肝疾患講習会, ウイルス性肝炎に関する疫学について C型肝炎ウイルス検査手順の改正について, 2014年/01月/31日, 2014年/01月/31日, 講師
  56. 平成25年度 感染症・疾病管理センター研修会(CDC疫学コース), 感染症疫学dataの施策への応用, 広島県感染症・疾病管理センター, 2014年/02月/04日, 2014年/02月/04日, 講師
  57. 平成25年度 厚生労働省 肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会 班長報告, 急性感染も含めた肝炎ウイルス感染状況・長期経過と治療導入対策に関する研究 , 厚生労働省, 2014年/03月/01日, 2014年/03月/01日, 講師
  58. 平成25年度広島県献血推進協議会, 効果的な献血推進施策のための要因分析, 広島県, 2014年/03月/20日, 2014年/03月/20日, 講師
  59. 広島県 平成26年度 肝炎に関する講習会, 肝炎ウイルス検査の重要性と肝炎対策, 広島県, 2014年/07月/27日, 2014年/07月/27日, 講師
  60. 平成26年度がん検診精度管理推進事業 市町担当従事者研修会, がん検診の精度管理の必要性とその指標について, 広島県, 2014年/08月/27日, 2014年/08月/27日, 講師
  61. 平成26年度 感染症・疾病管理センター研修会(CDC疫学コース), 疫学の基礎知識 保健統計と健康水準, 広島県感染症・疾病管理センター, 2014年/08月/28日, 2014年/08月/28日, 講師
  62. 平成26年度 ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, ウイルス性肝炎に関する疫学について, 広島県健康福祉局, 2014年/09月/07日, 2014年/09月/07日, 講師
  63. 平成26年度 感染症・疾病管理センター研修会(CDC疫学コース), 疫学の基礎知識 保険計画の立て方, 広島県感染症・疾病管理センター, 2014年/09月/24日, 2014年/09月/24日, 講師
  64. 平成26年度 ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, ウイルス性肝炎に関する疫学について, 広島県健康福祉局, 2014年/09月/27日, 2014年/09月/27日, 講師
  65. 厚生労働省、公益財団法人ウイルス肝炎研究財団 平成26年度肝炎ウイルスに関する相談員養成研修, ウイルス肝炎に関する疫学について, 厚生労働省健康局疾病対策課肝炎対策推進室 公益財団法人ウイルス肝炎研究財団, 2014年/10月/30日, 2014年/10月/30日, 講師
  66. 平成26年度 厚生労働省 肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会 班長報告, 急性感染も含めた肝炎ウイルス感染状況・長期経過と治療導入対策に関する研究 , 厚生労働省, 2015年/02月/28日, 2015年/02月/28日, 講師
  67. 広島大学病院 人を対象とする医学系研究セミナー, 広島大学で医学系研究を行う手順について, 病院総合医療研究推進センター 教育相談広報部門, 2015年/07月/08日, 2015年/07月/08日, 講師
  68. 高大連携公開講座 先端医療は今 -広島から世界へ2015, 肝炎の撲滅のために:疫学的視点に基づいた肝炎・肝癌対策, 広島大学, 2015年/07月/25日, 2015年/07月/25日, 講師
  69. 平成27年度感染症・疾病管理センター研修会, 疫学の基礎知識 保健統計と健康水準, 広島県感染症・疾病管理センター, 2015年/08月/24日, 2015年/08月/24日, 講師
  70. 世羅町で“がん”を考える会, 意外と知らない肝炎・肝がんのお話, 世羅町・ひろしま健康づくり県民運動推進会議, 2015年/08月/30日, 2015年/08月/30日, 講師
  71. 平成27年度 ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, ウイルス性肝炎に関する疫学, 広島県健康福祉局, 2015年/09月/06日, 2015年/09月/06日, 講師
  72. 広島大学病院 人を対象とする医学系研究セミナー, 広島大学で医学系研究を行う手順について-パート2-, 広島大学病院, 2015年/09月/15日, 2015年/09月/15日, 講師
  73. 平成27年度感染症・疾病管理センター研修会, 疫学の基礎知識 保健計画の立て方, 広島県感染症・疾病管理センター, 2015年/09月/28日, 2015年/09月/28日, 講師
  74. 第38回肝炎ウイルスセミナー in 国府台, 疫学的視点からみた肝炎ウイルス感染, 国立研究開発法人国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究センター, 2015年/09月/30日, 2015年/09月/30日, 講師

学術雑誌論文査読歴

  1. 2004年, Hiroshima journal of medical sciences(広大医雑誌), 1
  2. 2005年, Journal of Epidemiology, 1
  3. 2006年, Journal of Occupational Health (JOH)(日本産業衛生学会), 1
  4. 2007年, BMC BioMed Central BMC Public Health, 2
  5. 2007年, Hiroshima journal of medical sciences(広大医雑誌), 1
  6. 2007年, Hepatology Research, 2
  7. 2007年, Journal of Occupational Health (JOH)(日本産業衛生学会), 1
  8. 2008年, Journal of Epidemiology, 1
  9. 2008年, Hepatology Research, 1
  10. 2008年, 日本肝臓学会肝臓, 1
  11. 2008年, Journal of Occupational Health (JOH)(日本産業衛生学会), 2
  12. 2009年, Japanese Journal of Infectious Diseases (JJID)(国立感染症研究所), 1
  13. 2009年, Hiroshima journal of medical sciences(広大医雑誌), 1
  14. 2009年, 日本肝臓学会肝臓, 2
  15. 2010年, Environmental Health and Preventive Medicine (EHPM)(日本衛生学会), 1
  16. 2010年, Journal of Epidemiology, 1
  17. 2010年, Hepatology Research, 1
  18. 2010年, 日本肝臓学会肝臓, 1
  19. 2011年, Environmental Health and Preventive Medicine (EHPM)(日本衛生学会), 編集委員, 4
  20. 2011年, Hiroshima journal of medical sciences(広大医雑誌), 2
  21. 2011年, Journal of Epidemiology, 5
  22. 2011年, Hepatology Research, 4
  23. 2011年, 日本肝臓学会肝臓, 2
  24. 2012年, Environmental Health and Preventive Medicine (EHPM)(日本衛生学会), 編集委員, 1
  25. 2012年, VIrologyJournal, 4
  26. 2012年, Hiroshima journal of medical sciences(広大医雑誌), 2
  27. 2012年, Journal of Epidemiology, 2
  28. 2012年, Hepatology Research, 4
  29. 2013年, Environmental Health and Preventive Medicine (EHPM)(日本衛生学会), 編集委員, 1
  30. 2013年, Asia-Pacific Journal of Public Health, 2
  31. 2013年, BioMed Research International, 1
  32. 2013年, BMC BioMed Central BMC Public Health, 1
  33. 2013年, Hiroshima journal of medical sciences(広大医雑誌), 2
  34. 2013年, Journal of Epidemiology, 1
  35. 2013年, Hepatology Research, 2
  36. 2013年, 日本肝臓学会肝臓, 1
  37. 2014年, Environmental Health and Preventive Medicine (EHPM)(日本衛生学会), 編集委員, 1
  38. 2014年, BMC BioMed Central BMC Public Health, 2
  39. 2014年, BMC Infectious Disease, 1
  40. 2014年, Japanese Journal of Infectious Diseases (JJID)(国立感染症研究所), 1
  41. 2014年, Microbiology and Immunology(日本細菌学会), 2
  42. 2014年, Journal of Epidemiology, 3
  43. 2014年, Hepatology Research, 編集委員, 6
  44. 2014年, 日本予防医学会雑誌・Journal of preventive medicine, 副編集長, 1
  45. 2015年, Journal of Applied Microbiology, 1
  46. 2015年, Journal of Medical Virology, 1
  47. 2015年, The Lancet Infectious Diseases, 1
  48. 2015年, PLOSOne, 1
  49. 2015年, Vaccine, 1
  50. 2015年, Environmental Health and Preventive Medicine (EHPM)(日本衛生学会), 編集委員, 1
  51. 2015年, Journal of Epidemiology, 2
  52. 2015年, Hepatology Research, 編集委員, 2
  53. 2016年, Environmental Health and Preventive Medicine (EHPM)(日本衛生学会), 編集委員, 2
  54. 2016年, Hepatology Research, 編集委員, 2
  55. 2016年, 日本肝臓学会肝臓, 1