杉山政則MASANORISUGIYAMA

Last Updated :2019/10/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬)(薬学)未病・予防医学共同研究講座教授
ホームページ
メールアドレス
sugihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号 総合研究棟204
TEL:082-257-5280 FAX:082-257-5284
自己紹介
抗生物質をつくる微生物として知られる「放線菌」を研究して40年以上経過しました。「同じ研究を10年続ければ専門家に,一生続ければ大家になれる」と, かつて, 卒論生として所属し, その後, 助手として採用された研究室の教授から励まされながら,放線菌の「自己耐性機構」に関する研究を推進し, これまでに2つの学会賞(日本醗酵工学会, 日本放線菌学会)を受賞しました。 一方, 2003年, 文部科学省の知的クラスター創成事業, その後の産学官連携促進事業などの大型プロジェクト研究に採択され, 植物から探索分離した乳酸菌(植物乳酸菌)の保健機能性に関する基礎および実用化研究に力を注ぎ,「脂肪肝の改善や体内脂肪の蓄積抑制に有効な植物乳酸菌」を見出しました。現在は, 「生活習慣病」や「未病」の改善, 並びに「精神疾患」に有効なプロバイオティクスに関する研究に力を注いでいます。ちなみに, プロバイオティクスとは「ヒトの健康に有効な生きた微生物」のことです。杉山プロジェクトの研究成果として, 植物乳酸菌による新奇ヨーグルト製造法の開発に世界に先駆けて成功し,平成20年に文部科学大臣表彰 科学技術賞「技術部門」を受賞しました。その後, 健康長寿社会の実現に向けた先進乳酸菌科学の普及啓発活動に尽力した功績により, 平成26年に2度目の文部科学大臣表彰 科学技術賞を「理解増進部門」で受賞しました。さらに, 放線菌と乳酸菌の基礎及び応用に関する教育研究の顕著な功績により, 平成26年, 第71回中国文化賞を受賞しました。今後とも, プロバイオティクスによる健康長寿社会の実現をめざした研究を推進していきます。

基本情報

主な職歴

  • 1989年01月01日, 1992年03月31日, 広島大学, 医学部, 助教授
  • 1987年05月01日, 1988年05月31日, パリ・パスツール研究所, 生物工学部門, 研究員
  • 1992年04月01日, 広島大学, 医学部, 教授

学歴

  • 広島大学, 工学研究科, 醗酵工学, 日本, 1974年04月, 1976年03月
  • 広島大学, 工学部, 醗酵工学科, 日本, 1971年04月, 1974年03月

学位

  • 工学博士(広島大学)
  • 工学修士(広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム
  • 薬科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 天然資源系薬学

研究キーワード

  • X線結晶構造解析
  • タンパク質結晶
  • 放線菌
  • 乳酸菌
  • 分子微生物学
  • 遺伝子制御科学
  • 抗生物質
  • プロバイオティクス
  • 二次代謝産物
  • 遺伝子工学

所属学会

  • 日本生物工学会
  • 日本薬学会
  • 日本細菌学会
  • 日本放線菌学会
  • 日本乳酸菌学会
  • ASBMB (The American Society for Biochemistry and Molecular Biology)
  • バイオインダストリー協会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 健康生活科学
  2. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 健康生活科学
  3. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 健康生活科学
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 健康生活科学
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 未病・予防医学特論
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 未病・予防医学特論演習
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 未病・予防医学特論演習
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 未病・予防医学特別実習
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 未病・予防医学特別実習
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 未病・予防医学特別実習
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 未病・予防医学特別演習
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 未病・予防医学特別演習
  13. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 未病・予防医学特別実験
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 未病・予防医学特別実験
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 健康生活科学
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 未病・予防医学特論
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 未病・予防医学特論演習
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 未病・予防医学特論演習
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 未病・予防医学特別研究
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 未病・予防医学特別研究
  21. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 未病・予防医学特別演習
  22. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 未病・予防医学特別演習
  23. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 未病・予防医学特別研究
  24. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 未病・予防医学特別研究

教育に関する受賞

  • 2014年11月03日, 第71回中国文化賞, 中国新聞社

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Susceptibility of protein synthesis to streptomycin in streptomycin-producing ., FEBS Letters, 110号, pp. 250-252, 19800401
  2. Susceptibility of protein synthesis to neomycin in neomycin-producing ., Journal of General Microbiology(U. K. )=, 121号, pp. 477-478, 19800401
  3. Biosynthetic correlation between streptomycin and mucopeptide in utilization of D-glucosamine as a common precursor., Journal of Fermentation Technology, 59号, pp. 91-96, 19810401
  4. Fate of streptomycin in mycelium of the producer organism., Biotechnology Letters(U. K. ), 3号, pp. 239-244, 19810401
  5. Roles of streptomycin 6-kinase and ribosomal affinity to streptomycin in self-protection of streptomycin producer., Biotechnology Letters(U. K. ), 3号, pp. 357-362, 19810401
  6. Mechanism of protection of protein synthesis against streptomycin inhibition in a producing strain., Journal of Antibiotics, 34号, pp. 1183-1188, 19810401
  7. Binding of streptomycin to the teichoic acid of streptomycin-producing ., Journal of Fermentation Technology, 60号, pp. 13-17, 19820401
  8. The primary structure of an acidic ribosomal protein from ., Biochimica et Biophysica Acta, 701号, pp. 164-172, 19820401
  9. Assessment of competitive action of streptomycin 6-kinase and streptomycin 6-phosphatase in the in vitro protein synthesis of a streptomycin-producing microorganism., FEBS Letters, 139号, pp. 331-333, 19820401
  10. Effect of arginine of gramicidin S biosynthesis by< Bacillus>., Journal of Antibiotics, 35号, pp. 615-621, 19820401
  11. 抗生物質生産菌の自己耐性メカニズム, 化学と生物, 21号, pp. 304-311, 19830401
  12. Ribosomal resistance to streptomycin in strains regenerated from protoplasts of a streptomycin-susceptible mutant derived from a streptomycin producer., Journal of Fermentation Technology, 61号, pp. 347-351, 19830401
  13. 抗生物質生産菌の自己耐性因子, 防菌防徴誌, 11号, pp. 415-421, 19830401
  14. Mechanism of resistance to streptothricin of a producing microorganism., Biotechnology Letters(U. K. ), 5号, pp. 441-446, 19830401
  15. Protoplast formation and the regeneration of ATCC9999 and its mutants., Biotechnology Letters(U. K. ), 5号, pp. 709-714, 19830401
  16. Plasmid involvement in the degradation of polycyclic aromatic hydrocarbons by a Beijerinckia species., 生化的生物物理学的研究報告集, 111号, pp. 939-945, 19830401
  17. Purification and characterization of streptomycin 6-kinase, an enzyme implicated in self-protection of a streptomycin producing microorganism., Journal of General Microbiology(U. K. )=, 129号, pp. 1683-1687, 19830401
  18. In vivo cloning of arylsulfatase-tyramine oxidase genes in rec strains of ., Agricultural and Biological Chemistry, 47号, pp. 1807-1815, 19830401
  19. Streptothricin production by a new isolate of from Thailand soil., Journal of Fermentation Technology, 62号, pp. 19-28, 19840401
  20. Electrophoretic migration of the heliozoan, ., Cytobios(U. K. ), 40号, pp. 107-114, 19840401
  21. Intracellular accumulation of trehalose during streptomycin formation by ., Agricultural and Biological Chemistry, 48号, pp. 285-290, 19840401
  22. 遺伝子操作の基礎, 防菌防徴誌, 12号, pp. 285-292, 19840401
  23. Correlation between intracellular accumulation of peptideglycan precursors and streptomycin formation., Agricultural and Biological Chemistry, 48号, pp. 291-297, 19840401
  24. 放線菌の遺伝子操作, 防菌防徴誌, 12号, pp. 401-409, 19840401
  25. Genetic engineering & antibiotic production., Kor. J. Appl. Microbiol. Bioeng., 13号, pp. 93-101, 19850401
  26. Molecular cloning and expression in of a streptomycin 6-phosphotransferase gene from a streptomycin-producing microorganism., FEBS Letters, 181号, pp. 385-389, 19850401
  27. Isolation and properties of a puromycin acetyltransferase from puromycin-producing ., Journal of Antibiotics, 38号, pp. 1761-1766, 19850401
  28. Mechanism of self-protection in a puromycin-producing microorganism., Journal of General Microbiology(U. K. )=, 131号, pp. 1999-2005, 19850401
  29. Acetylation of blasticidin S by its producing actinomycetes., Journal of Antibiotics, 39号, pp. 827-832, 19860401
  30. The nucleotide sequence of a streptomycin 6-phosphotransferase gene from a streptomycin producer., Journal of General Microbiology(U. K. )=, 133号, pp. 1289-1296, 19870401
  31. Molecular cloning and sequence analysis of the ribosomal ’A’ protein gene from the archaebacterium, Halobacterium halobium., Biochimica et Biophysica Acta, 949号, pp. 110-118, 19880401
  32. Two genes for streptomycin phosphotransferase in ., Biology of Actinomycetes ’88= Japan Scientific Societies Press, pp. 353-358, 19880401
  33. Mechanism of self-protection and genes coding for antibiotic biosynthesis , particularly, in microorganisms which produce antibiotic inhibitors of protein synthesis., J. Kor. Agric. Chem. Soc., 31号, pp. 371-375, 19880401
  34. 抗生物質をつくる遺伝子, 実験医学, 7号, pp. 96-99, 19890401
  35. Isolation and properties of a blasticidin S acetylating enzyme from a producer organism., Journal of Antibiotics, 42号, pp. 135-137, 19890401
  36. Overproduction of human insulin-like growth factor-(]G0002[) in ., Biotechnology Letters(U. K. ), 11号, pp. 839-844, 19890401
  37. Kinetic studies of streptomycin uptake implicated in selfresistance in a streptomycin producer., Biotechnology Letters(U. K. ), 12号, pp. 1-6, 19900401
  38. Streptomycin biosynthesis and self-resistance mechanism in streptomycin-producing ., Actinomycetol., 4号, pp. 15-22, 19900401
  39. Use of the tyrosinase gene from to probe promoter sequences for ., Plasmid(U. S. A), 23号, pp. 237-241, 19900401
  40. Expression of an artificial gene coding for a human secretin precursor-like peptide in ., Journal of Fermentation and Bioengineering, 72号, pp. 179-182, 19910401
  41. High level expression of human transforming growth factor α gene in in a fusion gene system with human growth hormone gene, Journal of Fermentation and Bioengineering, 71号, pp. 216-220, 19910401
  42. 放線菌の抗生物質耐性機構に関する研究, 醗酵工学会誌, 69号, pp. 253-270, 19910401
  43. RBE of HTO to ┣D160┫D1Co Gamma-rays for cell killing of a radioresistant harboring plasmid., Journal of Radiation Research, 32号, pp. 286-295, 19910401
  44. Resistant mechanism to blasticidin S in ., Korean Biochemical Journal, 24号, pp. 327-330, 19910401
  45. Silence of streptomycin 6-phosphotransferase gene derived by incubation at a high temperature in ., Biotechnology Letters(U. K. ), 13号, pp. 537-542, 19910401
  46. Efficient purification and analysis for stability of human secretin precursor-like peptide produced in ., Biotechnology Letters(U. K. ), 13号, pp. 603-608, 19910401
  47. Isolation and properties of the axopodial cytoskelton of a heliozoan, ., European Journal of Ptotistology, 28号, pp. 214-219, 19920401
  48. Ultrastructure and calcium-dependent contraction of the myonemal network in a heterotrich ciliate, ., European Journal of Ptotistology, 28号, pp. 279-287, 19920401
  49. Structure and function of the cytoskeleton in Heliozoa : 2. Measurement of the force of rapid axopodial contraction in Echinosphaerium., European Journal of Ptotistology, 28号, pp. 430-433, 19920401
  50. Molecular cloning and expression of a sarcosine oxidase gene in ., Bioscience= Biotechnology and Biochemistry, 56号, pp. 432-436, 19920401
  51. Molecular cloning and high expression of the creatinase gene in ., Journal of Fermentation and Bioengineering, 76号, pp. 77-82, 19930401
  52. Susceptibility of methicillin-resistant clinical isolates to various antimicrobial agents. III. Novel. inducible resistance to macrolide-lincosamide-streptogramin B(MLS) antibiotics, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 42号, pp. 101-107, 19930401
  53. Susceptibility of Methicillin-resistant Staphylococcus aureus clinical isolates to various antimicrobial agents. III. Novel, inducible resistance to macrolide-lincosamide-streptogramin B(MLS) antibiotics, Hiroshima J. Med. Sci., 42巻, pp. 101-107, 19930101
  54. Cloning and expression of a 3α-hydroxysteroid dehydrogenase gene in ., Gene, 130号, pp. 137-140, 19930401
  55. Characterisation by molecular cloning of two genes from Streptomyces verticillus encoding resistance to bleomycin, Gene, 151号, pp. 11-16, 19940401
  56. Inactivation of bleomycin by an N-acetyltransferase in the bleomycin-producing strain Streptomyces verticillus, FEMS Microbiology Letters, 121巻, pp. 81-86, 19940401
  57. Susceptibility of methicillin-resistant ┣DBStaphylococcus(/)-┫DB ┣DBaureus(/)-┫DB clinical isolates to various antimicrobial agents. IV. Aminoglycoside-modifying enzyme AAC(6’)/APH(2") is responsible for bleomycin-inducible arbekacin-resistance., Hiroshima Journal of Medical Sciences, 43巻, pp. 87-92, 19940401
  58. Cloning, sequencing, and overexpression in of a sarcosine oxidase-encoding gene linked to the creatinase gene., Journal of Fermentation and Bioengineering, 77号, pp. 231-234, 19940401
  59. Expression of c-kit ligand in human keratinocytes., Arch Dermatol Res., 286号, pp. 273-277, 19940401
  60. Cloning and sequence analysis of a ┣DBStreptomyces(/)-┫DB cholesterol esterase gene, Appl. Microbiol. Biotechnol., 41号, pp. 419-424, 19940401
  61. Uracil-targeted inhibition of poly(A)-poly(U) hybridization by a zinc(II)-cyclen complex., Chem. Commun., pp. 1747-1748, 19940401
  62. Bleomycin-induced β-lactamase overxpression in ┣DBEscherichia(/)-┫DB ┣DBcoli(/)-┫DB carrying a bleomycin resistance gene from ┣DBStreptomyces(/)-┫DB ┣DBverticillus(/)-┫DB and its application to screen bleomycin analogues., FEMS Microbiology Letters, 132巻, pp. 61-66, 19950401
  63. Molecular cloning and expression in ┣DBEscherichia(/)-┫DB ┣DBcoli(/)-┫DB of bleomycin resistance gene from a methicillin resistant ┣DBStaphylococcus(/)-┫DB ┣DBaureus(/)-┫DB and its association with IS431mec., European Journal of Applied Microbiology and Biotechnology, 43巻, pp. 65-69, 19950401
  64. Overproduction of the bleomycin-binding proteins from bleomycin-producing Streptomyces verticillus and a methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Escherichia coli andtheir immunological characterisation, FEBS Lett, 362号, pp. 80-84, 19950401
  65. Human pancreatic phospholipase A┣D22┫D2 stimulates the growth of human pancreatic cancer cell line., FEBS Letters, 373巻, pp. 85-87, 19950401
  66. Human pancreatic phospholipase A2 stimulates the growth of human pancreatic cancer cell line, FEBS Letters, 373巻, pp. 85-87, 19951001
  67. Blasticidin S-producing ┣DBStreptomyces morookaensis(/)-┫DB possesses an enzyme activity which hydrolyzes puromycin., FEMS Microbiology Letters, 132巻, pp. 95-100, 19950401
  68. Ultrastructure and rapid axopodial contraction of a ┣DBHeriozoa, (/)-┫DB ┣DBRhaphidiophrys(/)-┫DB ┣DBcontractills(/)-┫DB sp. nov., J. Eukaryotic Microbiology, 42巻, pp. 283-288, 19950401
  69. Ultrastracture and rapid axopodial contraction of a heliozoa, Raphidiophrys contractilis sp. nov., Journal of Eukaryotic Microbiology, 42巻, 3号, pp. 283-288, 19950501
  70. Dimeric macrocyclic polyamines with potent inhibitory activity against human immunodeficiency virus., Antiviral Chemistry and Chemotherapy, 6巻, pp. 337-344, 19950401
  71. 抗生物質耐性を獲得するための新しい機構-抗癌抗生物質生産菌およびMRSAが産生するブレオマイシン結合タンパク質の機能-, 化学と生物, 33巻, pp. 697-699, 19950401
  72. 臨床診断用酵素の遺伝子工学的開発, 臨床病理(日本臨床検査医学会編), 43巻, 8号, pp. 765-771, 19950801
  73. Novel assay system favorable for the study of cell-to-cell transmission of HIV-1 and its application to the evaluation of anti-HIV drugs., Biological and Pharmaceutical Bulletin, 18巻, pp. 920-922, 19950401
  74. Structure-activity correlationship and strain specificity of polyoxometalates in anti-human immunodeficiency virus activity., Biological and Pharmaceutical Bulletin, 18巻, pp. 996-1000, 19950401
  75. Bacillopeptins, new cyclic lipopeptide antibiotics from ┣DBBacillus subtilis(/)-┫DB FR-2., Journal of Antibiotics, 48巻, pp. 1095-1103, 19950401
  76. The photoreceptor pigment of the unicellular organism Blepharisma generates hydroxyl radicals., Journal of Photochemistry and Photobiology, B:Biology34巻, pp. 29-33, 19960401
  77. IS431mec-mediated integration of a bleomycin-resistance gene into the chromosome of a methicillin-resistant ┣DBStaphylococcus aureus(/)-┫DB strain isolated in Japan., European Journal of Applied Microbiology and Biotechnology, 46巻, 1号, pp. 61-66, 19960401
  78. Cloning and sequence analysis of high expressed melanin-synthesizing gene from ┣DBStreptomyces castaneoglobisporus(/)-┫DB., European Journal of Applied Microbiology and Biotechnology, 45巻, pp. 80-85, 19960401
  79. Effects of methionine and Cu2+ on the expression of tyrosinase activity in Streptomyces castaneoglobisporus., J. Biochem., 120巻, 6号, pp. 1141-1145, 19961201
  80. Growth of human pancreatic cancer cells, induced by human pancreatic phospholipase A┣D22┫D2, is mediated via its specific receptor but not via its catalytic property., Inter. J. Oncology, 9巻, pp. 1219-1225, 19960401
  81. Growth of human pancreatic cancer cells, induced by human pancreatic phospholipase A2, is mediated via its specific receptor but not via its catalytic property, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 9巻, pp. 1219-1225, 19961201
  82. Development of a useful vector system that enables visual detection of inhibitor of nucleic acid synthesis, J. Ferment. Bioeng., 84巻, pp. 155-157, 19970401
  83. RIC1, a novel gene required for ribosome synthesis in ┣DBSaccharomyces cerevisiae(/)-┫DB., Gene, 187巻, pp. 171-178, 19970401
  84. Expression of multiple forms of fetal liver kinase-2 (flk-2/flk-3) ligand in cultured human keratinocytes., Arch Dermatol Res., 289巻, pp. 177-179, 19970401
  85. Activation of MAP kinase cascade induced by human pancreatic phospholipase A┣D22┫D2 in a human pancreatic cancer cell line., FEBS Lett, 407巻, pp. 343-346, 19970401
  86. ヒト膵液に含まれるホスホリパーゼA2 は膵癌細胞の増殖を促進する, 化学と生物(日本農芸化学会編), 35巻, pp. 396-398, 19970601
  87. Cloning and sequence analysis of genes encoding xlylanases and acetly xylan esterase from ┣DBStreptomyces thermoviolaceus(/)-┫DB OPC-520., Appl. Environ. Microbiol. =, 63巻, pp. 661-664, 19970401
  88. Activation of MAP kinase cascade induced by human pancreatic phospholipase A2 in a human pancreatic cancer cell line., FEBS Letters, 407巻, pp. 343-346, 19970501
  89. Crystallisation and preliminary X-ray diffraction studies of bleomycin-binding protein from bleomycin-producing ┣DBStreptomyces verticillus(/)-┫DB., accepted to Acta. Cryst. Sec. D., D54号, pp. 127-128, 19970401
  90. Production of bleomycin N-acetyltransferase in ┣DBEschericia coli(/)-┫DB and ┣DBStreptomyces verticillus(/)-┫DB., FEMS Microbiol. Lett., 153巻, pp. 83-88, 19970401
  91. Blepharismin produced by a protozoan Blepharisma functions as an antibiotic effective against methicillin-resistant Staphylococcus aureus, FEMS Microbiol. Lett., 155巻, 67号, pp. 71, 19970401
  92. Oxidative and random cleavage of DNA by the novel iron(II)complex capable of yielding an iron(III)hydroperoxide intermediate., Chem. Lett., pp. 39-40, 19980401
  93. Crystallisation and preliminary X-ray diffraction studies of bleomycin-binding protein from bleomycin-producing ┣DBStreptomyces verticillus.(/)-┫DB, Acta Cryst. Sec., D54巻, pp. 127-128, 19980401
  94. Construction of a new cloning vector utilizing a cryptic plasmid and the highly expressed melanin-synthesizing gene operon from ┣DBStreptomyces castaneoglobisporus.(/)-┫DB, FEMS Microbiol. Lett., 168巻, pp. 195-199, 19980401
  95. Purification and characterization of a puromycin-hydrolyzing enzyme from blasticidin S-producing ┣DBStreptomyces morookaensis.(/)-┫DB, J. Biochem., 123巻, pp. 247-252, 19980401
  96. Protection of mammalian cells from the toxicity of bleomycin by expression of a bleomycin-binding protein gene from Streptomyces verticillus, J. Biochem., 124巻, pp. 835-841, 19980401
  97. Characterization of the bleomycin resistance determinant ercoded on the Tn5, FEBS Lett, 442巻, pp. 34-38, 19990401
  98. Mutation of the N-terminal Proline 9 of BLMA from Streptomyces verticillus abolishes the binding affinity for bleomycin, FEBS Lett, 450巻, pp. 227-230, 19990401
  99. A mammalian vector carrying the bleomycin N-acetyltransferase gene from Streptomyces verticillus as a selective marker, J. Antibiot., 52巻, pp. 895-899, 19990401
  100. Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of bleomycin-binding protein encoded on the transposon Tn5., Acta Cryst. Sec., D55巻, pp. 1095-1097, 19990401
  101. Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of bleomycin-binding protein encoded on the transposon Tn5, Acta Crystallogr. Sect. D, 55巻, pp. 1095-1097, 19990501
  102. Synthesis, Spectroscopic, Redox Properties, and DNA cleavage Activity of Low-spin Iron((]G0003[))complexes of Bleomycin Analogues., Inorgania Chimica Acta, 294巻, pp. 56-61, 19990401
  103. A mammaliar vector carrying the bleomycin N-acetyltransferase gene from bleomycin-producing ┣DBStreptomyces verticillus(/)-┫DB as a selective marker., J. Antibiotics, 52巻, pp. 895-899, 19990401
  104. Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of Streptomyces phospholipase A┣D22┫D2 in calcium-binding form., J. Inorg. Biochem., 82巻, pp. 221-223, 20000401
  105. Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of Streptomyces phospholipase A(2) in a calcium-binding form, JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY, 82巻, 1-4号, pp. 221-223, 200011
  106. A novel approach to gene therapy of albino hair in histoculture with a retroviral Streptomyces tyrosinase gene, PIGMENT CELL RESEARCH, 13巻, 5号, pp. 345-351, 200010
  107. A convenient method for the evaluation of anti-tumor agents affecting the cell cycle, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 90巻, 5号, pp. 574-576, 200011
  108. The 1.5 angstrom crystal structure of a bleomycin resistance determinant from bleomycin-producing Streptomyces verticillus, JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 295巻, 4号, pp. 915-925, 20000128
  109. Use of bleomycin- and heat shock-induced calreticulin promoter for construction of a mammalian expression vector, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 129巻, 5号, pp. 671-674, 200105
  110. Crystal structures of the transposon Tn5-carried bleomycin resistance determinant uncomplexed and complexed with bleomycin, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276巻, 13号, pp. 9992-9999, 20010330
  111. Streptomyces Phospholipase A2: Its Use in the Enzymatic Measurement of Calcium(II) Ion Content, Actinomycetologica, 16巻, 2号, pp. 17-20, 20020401
  112. Molecular and structural biology of bleomycin and its resistance determinants., J. Bioscience and Bioengineering, 93巻, pp. 105-116, 20020401
  113. Molecular and structural biology of bleomycin and its resistance determinants, J. Biosci. Bioeng., 93巻, pp. 105-116, 20020401
  114. Molecular and structural biology of bleomycin and its resistance determinants, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 93巻, 2号, pp. 105-116, 200202
  115. Integration analysis of pSK41 in the chromosome of a methicillin-resistant Staphylococcus aureus K-1., J. Basic Microbiol., 42巻, pp. 190-200, 20020401
  116. Integration analysis of pSK41 in the chromosome of a methicillin-resistant Staphylococcus aureus K-1, JOURNAL OF BASIC MICROBIOLOGY, 42巻, 3号, pp. 190-200, 2002
  117. DNAを切断する抗生物質ブレオマイシンに対する耐性機構, 蛋白質 核酸 酵素, 47巻, 10号, pp. 1276-1284, 20020401
  118. The 1.6-A crystal structure of the copper(II)-bound bleomycin complexed with the bleomycin-binding protein from bleomycin-producing Streptomyces verticillus, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 277巻, 3号, pp. 2311-2320, 20020118
  119. A novel prokaryotic phospholipase A(2) - Characterization, gene cloning, and solution structure, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 277巻, 22号, pp. 20051-20058, 20020531
  120. The crystal structure of prokaryotic phospholipase A(2), JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 277巻, 22号, pp. 20059-20069, 20020531
  121. Physical stress by magnetic force accelerates differentiation of human osteoblasts, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 311巻, 1号, pp. 32-38, 20031107
  122. Cell differentiation and p38(MAPK) cascade are inhibited in human osteoblasts cultured in a three-dimensional clinostat., In Vitro Cell Dev Biol Anim, 39巻, 1-2号, pp. 89-97, 20030101
  123. Cell differentiation and p38(MAPK) cascade are inhibited in human osteoblasts cultured in a three-dimensional clinostat, IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL, 39巻, 1-2号, pp. 89-97, 2003
  124. 出張講義と体験学習を取り入れた「先端科学を理解する」教育プログラムの開発研究, 広島大学学部・附属共同研究機構研究紀要, 31巻, pp. 201-205, 20030301
  125. Molecular mechanism for the enhancement of arbekacin resistance in a methicillin-resistant Staphylococcus aureus, FEBS LETTERS, 546巻, 2-3号, pp. 401-406, 20030710
  126. Atomic resolution structure of the prokaryotic phospholopase A2: Molecular motion and implication for catalytic mechanism., PROTEINS: Structure= Function= and Genetics, 51巻, 3号, pp. 453-469, 20030501
  127. Atomic resolution structure of prokaryotic phospholipase A(2): Analysis of internal motion and implication for a catalytic mechanism, PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND GENETICS, 51巻, 3号, pp. 453-469, 20030515
  128. Molecular cloning of a D-cycloserine resistance gene from D-cycloserine-producing Streptomyces garyphalus, J. Antibiotics, 56巻, pp. 762-767, 20030401
  129. Molecular cloning of a D-cycloserine resistance gene from D-cycloserine-producing Streptomyces garyphalus, JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 56巻, 9号, pp. 762-767, 200309
  130. Physical stress by magnetic force accelerates differentiation of human osteoblasts, Biochem. Biophys. Res. Common, pp. 32-38, 20030401
  131. プロテオミクス時代の放線菌研究, 日本薬学会 ファルマシア, 39巻, 8号, pp. 774-775, 20030801
  132. Molecular cloning and expression of uricase gene from Arthrobacter globiformis in Escherichia coli and characterization of the gene product, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 98巻, 3号, pp. 153-158, 200409
  133. An efficient method for the overexpression and purification of active tyrosinase from Streptomyces castanepglobisporus, Protein Expr Purif, 34巻, pp. 202-207, 20040401
  134. An efficient method for the overexpression and purification of active tyrosinase from Streptomyces castaneoglobisporus, PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION, 34巻, 2号, pp. 202-207, 200404
  135. 出張講義と体験学習を取り入れた「先端科学を理解する」教育プログラムの開発研究2, 広島大学学部・附属共同研究機構研究紀要, 32巻, pp. 241-250, 20040301
  136. Self-protection mechanism in D-cycloserine-producing Streptomyces lavendulae - Gene cloning, characterization, and kinetics of its alanine racemase and D-alanyl-D-alanine ligase, which are target enzymes of D-cycloserine, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 279巻, 44号, pp. 46143-46152, 20041029
  137. Structural evidence that alanine racemase from a D-cycloserine-producing microorganism exhibits resistance to its own product, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 279巻, 44号, pp. 46153-46161, 20041029
  138. Molecular cloning and expression of uricase gene from Arthrobactor globiformis in Escherichia coli and characterization of the gene product, J. Biosc. Bioeng.=, pp. 153-158, 20040401
  139. 出張講義と体験学習を取り入れた「先端科学を理解する」教育プログラムの開発研究3, 広島大学学部・附属共同研究機構研究紀要, 33巻, pp. 283-288, 20050301
  140. A novel assay method for an amino acid racemase reaction based on circular dichroism, Biochem. J., 389巻, pp. 491-496, 20050701
  141. A novel assay method for an amino acid racemase reaction based on circular dichroism, BIOCHEMICAL JOURNAL, 389巻, pp. 491-496, 20050715
  142. 酒粕のヘルスケア機能性研究が生んだ新たな展開, 化学と工業, 58巻, 10号, pp. 1197-1200, 20051001
  143. Molecular cloning and characterization of gene encoding novel puromycin-inactivating enzyme from blasticidin S-producing Streptomyces morookaensis, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 101巻, 1号, pp. 63-69, 200601
  144. メラニン生成酵素の立体構造が明らかに, 化学, 61巻, 4号, pp. 74, 20060401
  145. ★, Purification and characterization of the second Streptomyces phospholipase A(2) refolded from an inclusion body, PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION, 50巻, 1号, pp. 82-88, 200611
  146. ★, The mitomycin C (MMC)-binding protein from MMC-producing microorganisms protects from the lethal effect of bleomycin: Crystallographic analysis to elucidate the binding mode of the antibiotic to the protein, JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 360巻, 2号, pp. 398-408, 20060707
  147. Crystallographic evidence that the dinuclear copper center of tyrosinase is flexible during catalysis, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 281巻, 13号, pp. 8981-8990, 20060331
  148. ★, Identification and kinetic study of tyrosinase inhibitors found in sake lees, JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 54巻, 26号, pp. 9827-9833, 20061227
  149. Molecular cloning and characterization of a gene encoding a novel puromycin-inactivating enzyme from blasticidin S-producing Streptomyces morookaensis., J. Biosci. Bioeng., 101巻, 1号, pp. 63-69, 20061101
  150. 抗生物質生産菌の自己防衛機構, 日本臨牀, 65巻, pp. 669-673, 20070228
  151. Effects of Citrus unshiu powder on the cytokine balance in peripheral blood mononuclear cells of patients with seasonal allergic rhinitis to pollen, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 71巻, 11号, pp. 2852-2855, 20071101
  152. ★, Effects of Citrus unshiu powder on the cytokine balance in peripheral blood mononuclear cells of patients with seasonal allergic rhinitis to pollen, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 71巻, 11号, pp. 2852-2855, 200711
  153. ★, Cloning and characterization of a Streptomyces single module type non-ribosomal peptide synthetase catalyzing a blue pigment synthesis, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 282巻, 12号, pp. 9073-9081, 20070323
  154. Transepithelial transport of hesperetin and hesperidin in intestinal Caco-2 cell monolayers, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOMEMBRANES, 1778巻, 1号, pp. 33-41, 200801
  155. ★, Molecular Cloning and Functional Analysis of minD Gene from Streptomyces lavendulae ATCC25233, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 106巻, 3号, pp. 303-305, 200809
  156. A novel transformation system using a bleomycin resistance marker with chemosensitizers for Aspergillus oryzae, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 383巻, 1号, pp. 42-47, 20090522
  157. ★, Crystal structure of SCCA1 and insight about the interaction with JNK1., Biochem. Biophys. Res. Commun., 380巻, 1号, pp. 143-147, 20090201
  158. Crystal structure of SCCA1 and insight about the interaction with JNK1, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 380巻, 1号, pp. 143-147, 20090227
  159. A novel tyrosine-phosphorylated protein inhibiting the growth of Streptomyces cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 385巻, 4号, pp. 534-538, 20090807
  160. Crystal structure and mutagenic analysis of a bacteriocin immunity protein, Mun-im, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 378巻, 3号, pp. 574-578, 20090116
  161. ★, Characterization of four plasmids harboured in a Lactobacillus brevis strain encoding a novel bacteriocin, brevicin 925A, and construction of a shuttle vector for lactic acid bacteria and Escherichia coli, MICROBIOLOGY-SGM, 155巻, pp. 1726-1737, 200905
  162. Crystal structure and mutagenic analysis of a bacteriocin immunity protein, Mun-im., Biochem. Biophys. Res. Commun., 378巻, 3号, pp. 574-548, 20090101
  163. Establishment of an in Vitro Peyer's Patch Cell Culture System Correlative to in Vivo Study Using Intestine and Screening of Lactic Acid Bacteria Enhancing Intestinal Immunity, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 33巻, 2号, pp. 289-293, 201002
  164. Improvement of constipation and liver function by plant-derived lactic acid bacteria: A double-blind, randomized trial, NUTRITION, 26巻, 4号, pp. 367-374, 201004
  165. Molecular Cloning and Heterologous Expression of a Biosynthetic Gene Cluster for the Antitubercular Agent D-Cycloserine Produced by Streptomyces lavendulae, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 54巻, 3号, pp. 1132-1139, 201003
  166. Catalytic Mechanism of Bleomycin N-Acetyltransferase Proposed on the Basis of Its Crystal Structure, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 285巻, 2号, pp. 1446-1456, 20100108
  167. Establishment of an Efficient Fermentation System of Gamma-Aminobutyric Acid by a Lactic Acid Bacterium, Enterococcus avium G-15, Isolated from Carrot Leaves, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 33巻, 10号, pp. 1673-1679, 201010
  168. Establishment of an in vitro Peyer's patch cell culture system correlative to in vivo study using intestine and screening of lactic acid bacteria enhancing intestinal immunity., Biol. Pharm. Bull., 33巻, 2号, pp. 289-293, 20100201
  169. Structural evidence that puromycin hydrolase is a new type of aminopeptidase with a prolyl oligopeptidase family fold, PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND BIOINFORMATICS, 79巻, 10号, pp. 2999-3005, 201110
  170. A Molecular Mechanism for Copper Transportation to Tyrosinase That Is Assisted by a Metallochaperone, Caddie Protein, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 286巻, 34号, pp. 30219-30231, 20110826
  171. Structural evidence that puromycin hydrolase is a new type of aminopeptidase with a prolyl oligopeptidase family fold, PROTEINS: Structure= Function= and Genetics, 79巻, 10号, pp. 2999-3005, 20110901
  172. Reduction of serum lipids by the intake of the extract of garlic fermented with Monascus pilosus: A randomized, double-blind, placebo-controlled clinical trial, CLINICAL NUTRITION, 31巻, 2号, pp. 261-266, 201204
  173. Heme Protein and Hydroxyarginase Necessary for Biosynthesis of D-Cycloserine, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 56巻, 7号, pp. 3682-3689, 201207
  174. The Obesity and Fatty Liver Are Reduced by Plant-Derived Pediococcus pentosaceus LP28 in High Fat Diet-Induced Obese Mice, PLOS ONE, 7巻, 2号, 20120217
  175. 5-aminolevulinic acid, a precursor of heme, reduces both fasting and postprandial glucose levels in mildly hyperglycemic subjects, NUTRITION, 29巻, 7-8号, pp. 1030-1036, 2013
  176. Crystallographic Study To Determine the Substrate Specificity of an L-Serine-Acetylating Enzyme Found in the D-Cycloserine Biosynthetic Pathway, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 195巻, 8号, pp. 1741-1749, 201304
  177. Crystallographic and mutational analyses of tannase from Lactobacillus plantarum, PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND BIOINFORMATICS, 81巻, 11号, pp. 2052-2058, 201311
  178. Establishment of an In Vitro D-Cycloserine-Synthesizing System by Using O-Ureido-L-Serine Synthase and D-Cycloserine Synthetase Found in the Biosynthetic Pathway, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 57巻, 6号, pp. 2603-2612, 201306
  179. An alternative allosteric regulation mechanism of an acidophilic L-lactate dehydrogenase from Enterococcus mundtii 15-1A, FEBS OPEN BIO, 4巻, pp. 834-847, 2014
  180. 酵母リボゾーム構成成分遺伝子群の転写に関与する遺伝子RICIの変異を抑圧する遺伝子の解析, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19巻, 19960801
  181. ヒト膵PLA_2(hPLA_2I)による膵癌細胞増殖促進作用はPLA_2酵素活性非依存的である, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19巻, 19960801
  182. Oxidative and Random Cleavage of DNA by the Novel Iron(II)Complex Capable of Yielding an Iron(III)Hydroperoxide Intermediate, Chemistry letters, 1998巻, 1号, pp. 39-40, 199801
  183. ヒト膵液に含まれるホスポリパーゼA_2は膵癌細胞の増殖を促進する その発見と分子メカニズム, 化学と生物, 35巻, 6号, pp. 396-398, 19970625
  184. Bacillopeptins, New Cyclic Lipopeptide Antibiotics from Bacillus subtilis FR-2, Journal of antibiotics, 48巻, 10号, pp. 1095-1103, 19951025
  185. Effects of Methionine and Cu2+ on the Expression of Tyrosinase Activity in streptomyces castaneoglobisoprus, The journal of biochemistry, 120巻, 6号, pp. 1141-1145, 19961201
  186. 臨床診断用酵素の遺伝子工学的開発, 臨床病理, 43巻, 8号, pp. 765-771, 19950825
  187. Purification and Characterization of a Puromycin-Hydrolyzing Enzyme from Blasticidin S-Producing Streptomyces morookaensis, The journal of biochemistry, 123巻, 2号, pp. 247-252, 19980201
  188. Protection of Mammalian Cells from the Toxicity of Bleomycin by Expression of a Bleomycin-Binding Protein Gene from Streptomyces verticillus, The journal of biochemistry, 124巻, 4号, pp. 835-841, 19981001
  189. A Mammalian Vector carrying the Bleomycin N-Acetyltransefrase Gene from Bleomycin-producing Streptomyces verticillus as a Selective Marker, Journal of antibiotics, 52巻, 10号, pp. 895-899, 19991025
  190. Use of Bleomycin- and Heat Shock-Induced Calreticulin Promoter for Construction of a Mammalian Expression Vector, The journal of biochemistry, 129巻, 5号, pp. 671-674, 20010501
  191. Molecular Cloning of a D-Cycloserine Resistance Gene from D-Cycloserine-producing Streptomyces garyphalus, The Journal of Antibiotics, 56巻, 9号, pp. 762-767, 2003
  192. 酒粕のヘルスケア機能性研究が生んだ新たな展開, 化学と工業 = Chemistry and chemical industry, 58巻, 10号, pp. 1197-1200, 20051001
  193. 産学連携により生まれた GABA RICH 梅酒, 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan, 107巻, 10号, pp. 769-770, 20121015
  194. RBE of HTO to ^<60>Co Gamma-Rays for Cell Killing of A Radioresistant E. coli Harboring Plasmid, Journal of Radiation Research, 32巻, 3号, pp. 286-295, 199109
  195. Molecular Cloning and Expression of Uricase Gene from Arthrobacter globiformis in Escherichia coli and Characterization of the Gene Product(GENETICS, MOLECULAR BIOLOGY, AND GENE ENGINEERING), Journal of bioscience and bioengineering, 98巻, 3号, pp. 153-158, 20040925
  196. Biosynthetic Correlation between Streptomycin and Mucopeptide in Utilization of D-Glucosamine as a Common Precursor, Journal of fermentation technology, 59巻, 2号, pp. 91-96, 19810425
  197. Binding of Streptomycin to the Teichoic Acid of Streptomycin-Producing Streptomyces griseus, Journal of fermentation technology, 60巻, 1号, pp. 13-17, 19820225
  198. Ribosomal Resistance to Streptomycin in Strains Regenerated from Protoplasts of a Streptomycin-Susceptible Mutant Derived from a Streptomycin Producer, Journal of fermentation technology, 61巻, 4号, pp. 347-351, 19830825
  199. Streptothricin Production by a New Isolate of Streptomyces from Thailand Soil, Journal of fermentation technology, 62巻, 1号, pp. 19-28, 19840225
  200. Molecular Cloning and Expression of a Streptomyces Sarcosine Oxidase Gene in Streptomyces lividans, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 56巻, 3号, pp. 432-436, 19920323
  201. High Level Expression of Human Transforming Growth Factor α Gene in Escherichia coli in a Fusion Gene System with Human Growth Hormone Gene, Journal of fermentation and bioengineering, 71巻, 4号, pp. 216-220, 19910425
  202. Expression of an Artificial Gene Coding for a Human Secretin Precursor-Like Peptide in Escherichia coli, Journal of fermentation and bioengineering, 72巻, 3号, pp. 179-182, 19910925
  203. Molecular Cloning and High Expression of the Bacillus Creatinase Gene in Escherichia coli, Journal of fermentation and bioengineering, 76巻, 2号, pp. 77-81, 19930825
  204. Cloning, Sequencing, and Overexpression in Escherichia coli of a Sarcosine Oxidase-Encoding Gene Linked to the Bacillus Creatinase Gene, Journal of fermentation and bioengineering, 77巻, 3号, pp. 231-234, 19940325
  205. Development of a Useful Vector System That Enables Visual Detection of Inhibitors of Nucleic Acid Synthesis, Journal of fermentation and bioengineering, 84巻, 2号, pp. 155-157, 19970825
  206. A Convenient Method for the Evaluation of Anti-Tumor Agents Affecting the Cell Cycle, Journal of bioscience and bioengineering, 90巻, 5号, pp. 574-576, 20001125
  207. Molecular and Structural Biology of Bleomycin and Its Resistance Determinants, Journal of bioscience and bioengineering, 93巻, 2号, pp. 105-116, 20020225
  208. 蛋白質合成阻害抗生物質生産菌のリボソームは自己生産抗生物質に対して耐性か?, 醗酵工学会誌 : hakkokogaku kaishi, 59巻, 5号, 19810525
  209. 抗生物質生合成のコントロール, 醗酵工学会誌 : hakkokogaku kaishi, 60巻, 4号, pp. 299-300, 19820725
  210. 放線菌の抗生物質耐性機構に関する研究, 醗酵工学会誌 : hakkokogaku kaishi, 69巻, 4号, pp. 253-270, 19910725
  211. Streptomyces griseusに於ける多面形質変異のマッピング(微生物-遺伝, 変異, 育種-), 日本農藝化學會誌, 62巻, 3号, 19880315
  212. 好熱性放線菌Streptomyces thermoviolaceus OPC-520株のキシラナーゼ遺伝子のクローニングおよび発現 : 酵素, 日本農藝化學會誌, 70巻, 0号, 19960305
  213. 154 放線菌プラスミドの検索とその物理化学的性質, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 57巻, 19821110
  214. 156 ストレプトマイシン生産調節に関係する2-amino-2-deoxy-D-glucose-6-phosphate ketol-isomeraseの挙動, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 57巻, 19821110
  215. 157 ストレプトマイシン感受性___-のプロトプラスト再生により誘導されるストレプトマイシン耐性復帰変異, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 57巻, 19821110
  216. 428 抗ウイルス性物質検定菌の構築, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 0巻, 19891011
  217. 354 抗癌抗生物資ブレオマイシン生産菌のblmA遺伝子の構造と機能, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 3巻, 19911010
  218. 355 ブレオマイシンにより誘導される大腸菌タンパク質の大量発現, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 3巻, 19911010
  219. 343 Phenylalanineの示すストレプトマイシン生産促進機構について, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 53巻, 19781120
  220. 450 Streptomyces griseusの細胞表層へのStreptomycinの結合について, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 54巻, 19791105
  221. 451 Streptomycin生産菌の蛋白質合成に及ぼすStreptomycinの影響, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 54巻, 19791105
  222. 131 グラミシジンS生産及びその生合成酵素生成におよぼすArginineの効果, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 55巻, 19801106
  223. 137 ストレプトマイシン生合成と細胞壁合成との関係について, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 55巻, 19801106
  224. 363 Griseorhodimの抗菌活性増強物質について, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 55巻, 19801106
  225. 409 ストレプトマイシン生産菌の自己耐性機構, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 56巻, 19811119
  226. 416 グラミシジンS合成酵素の生成におよぼすL-arginineの効果, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 56巻, 19811119
  227. 454 ___-細胞内のトレハロース及びグルタミン酸の蓄積, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 56巻, 19811119
  228. 101 ピューロマイシン生産菌の自己耐性機構, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 59巻, 19841118
  229. 103 ストレプトマイシン生産菌の自己耐性機構 : 自己生産抗生物質に対する細胞膜透過抑制機構, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 59巻, 19841118
  230. 104 ストレプトマイシン生産菌のストレプトマイシン6-キナーゼ遺伝子のクローニング, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 59巻, 19841118
  231. 161 実用抗生物質生産菌で広く発現するプラスミドベクターの開発, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 59巻, 19841118
  232. 104 A-ファクター非依存性Streptomyces griseusの多面形質変異について, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 60巻, 19851015
  233. 157 薬剤耐性遺伝子導入による抗生物質高生産株の育種, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 60巻, 19851015
  234. 426 Blasticidin S生産菌における自己生産抗生物質のアセチル化, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 60巻, 19851015
  235. 230 Aファクター非依存性Streptomyces griseusの多面形質変異について, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 62巻, 19871102
  236. 232 ストレプトマイシン生産菌における2種のストレプトマイシンキナーゼ遺伝子について, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 62巻, 19871102
  237. 148 グラミシジンS非生産株の解析とそのプラスミドについて, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 58巻, 19831107
  238. 160 ストレプトマイシン生産菌の自己耐性を支配する因子, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 58巻, 19831107
  239. 161 Streptothricin生産菌の自己体制機構, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 58巻, 19831107
  240. 142 ストレプトマイシン6 : キナーゼ遺伝子の構造解析, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 61巻, 19861117
  241. 158 Streptomyces griseusにおける試験管内転写 : 翻訳系の開発, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 61巻, 19861117
  242. 413 Blasticidin S生産菌におけるBlasticidin S acetylating enzymeの精製とその性質, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 61巻, 19861117
  243. 103 Aファクター非依存性放線菌の分化に関する遺伝学的研究, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 61巻, 19861117
  244. 207 放線菌の抗生物質耐性機構に関する研究, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 2巻, 19901010
  245. 536 膵癌細胞株MIAPaCa-2においてH_2O_2で誘導されるアポトーシスはERK経路の活性化によって阻害されている, 日本生物工学会大会講演要旨集, 11巻, 19990816
  246. 537 ピューロマイシン不活化酵素遺伝子の構造と機能, 日本生物工学会大会講演要旨集, 11巻, 19990816
  247. 538 抗結核抗生物質D-サイクロセリン産生遺伝子オペロンの構造と機能, 日本生物工学会大会講演要旨集, 11巻, 19990816
  248. 719 カルシウム結合型放線菌ホスホリパーゼA_2のX線結晶構造解析, 日本生物工学会大会講演要旨集, 11巻, 19990816
  249. 720 ブレオマイシンーブレオマイシン結合蛋白質複合体の結晶構造解析, 日本生物工学会大会講演要旨集, 11巻, 19990816
  250. 546 放射菌由来ホスホリパーゼA_2のX線結晶構造解析, 日本生物工学会大会講演要旨集, 10巻, 19980831
  251. 551 ブレオマイシン耐性遺伝子blmBの真核細胞における発現およびクローニングベクターの構築, 日本生物工学会大会講演要旨集, 10巻, 19980831
  252. 552 Site-directed mutagenesisによるBLMAの構造及び機能解析, 日本生物工学会大会講演要旨集, 10巻, 19980831
  253. 1061 D-サイクロセリン生産菌からの自己耐性遺伝子のクローニングおよび遺伝子解析, 日本生物工学会大会講演要旨集, 10巻, 19980831
  254. 1066 Tn5由来ブレオマイシン結合蛋白質(BLMT)のX線結晶構造解析, 日本生物工学会大会講演要旨集, 10巻, 19980831
  255. 1116 ヒト膵液由来Phospholipase A_2の蛋白質工学的研究, 日本生物工学会大会講演要旨集, 10巻, 19980831
  256. 123 肺線維症発症の解明を目的としたブレオマイシン誘導型遺伝子の検索, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12巻, 20000710
  257. 542 ヒト肺正常線維芽細胞におけるブレオマイシン誘導型遺伝子の解析, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13巻, 20010824
  258. 569 Bleomycin-induced arbekacin resistance in methicillin resistant Staphylococcus aureus (MRSA), 日本生物工学会大会講演要旨集, 6巻, 19941010
  259. 127. 放線菌コレステロールエステラーゼ遺伝子のクローニング, 日本生物工学会大会講演要旨集, 4巻, 19921010
  260. 156. ブレオマイシンにより誘導される大腸菌タンパク質の大量発現 (第二報), 日本生物工学会大会講演要旨集, 4巻, 19921010
  261. 111 トランスポゾンTn5由来ブレオマイシン耐性遺伝子産物の機能, 日本生物工学会大会講演要旨集, 9巻, 19970905
  262. 121 MRSAにおけるアルベカシン耐性の分子遺伝学的研究, 日本生物工学会大会講演要旨集, 9巻, 19970905
  263. 433 放線菌由来ブレオマイシン耐性遺伝子の真核細胞における発現, 日本生物工学会大会講演要旨集, 8巻, 19960905
  264. 630 新規ピューロマイシン不活化酵素の精製と諸性質, 日本生物工学会大会講演要旨集, 8巻, 19960905
  265. 946 Blepharismin, a photoreceptor pigment from Blepharisma enhances the antibacterial activity of arbekacin in MRSA, 日本生物工学会大会講演要旨集, 8巻, 19960905
  266. 649 Bleomycin (Bm)生産菌由来のBm結合タンパク質によるtac promoter制御下遺伝子の発現誘導機構, 日本生物工学会大会講演要旨集, 7巻, 19950915
  267. 650 核酸合成阻害剤を感知する機能を持つプロモーターの発見とその応用, 日本生物工学会大会講演要旨集, 7巻, 19950915
  268. 651 ブレオマイシンにより誘導される大腸菌蛋白質の大量発現 (第三報), 日本生物工学会大会講演要旨集, 7巻, 19950915
  269. 758 ピューロマイシンを不活化する新規メカニズム, 日本生物工学会大会講演要旨集, 7巻, 19950915
  270. RESISTANCE MECHANISMS TO STREPTOMYCIN IN STREPTOMYCIN-PRODUCING STREPTOMYCES GRISEUS, Journal of pharmacobio-dynamics, 4巻, 4号, pp. "s-45", 198104
  271. Novel Assay System Favorable for the Study of Cell-to-Cell Transmission of HIV-1 and Its Application to the Evaluation of Anti-HIV Drugs, Biological & pharmaceutical bulletin, 18巻, 6号, pp. 920-922, 19950615
  272. Structure-Activity Correlationship and Strain Specificity of Polyoxometalates in Anti-human Immunodeficiency Virus Activity, Biological & pharmaceutical bulletin, 18巻, 7号, pp. 996-1000, 19950715
  273. Molecular Cloning and Characterization of Gene Encoding Novel Puromycin-Inactivating Enzyme from Blasticidin S-Producing Streptomyces morookaensis(GENETICS, MOLECULAR BIOLOGY, AND GENE ENGINEERING), Journal of bioscience and bioengineering, 101巻, 1号, pp. 63-69, 20060125
  274. 広島大学の地域貢献研究と産学連携におけるビオ・ユニブ広島の展開戦略(大学発!美味しいバイオ), 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 85巻, 11号, pp. 502-503, 20071125
  275. (244) ホウレンソウ萎凋病を抑制する乳酸菌Pediococcus pentosaceus KMC05株の免疫賦活作用と植物体における定着性(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨), 日本植物病理學會報, 72巻, 4号, pp. 266-267, 20061125
  276. Molecular Cloning and Functional Analysis of minD Gene from Streptomyces lavendulae ATCC25233(GENETICS, MOLECULAR BIOLOGY, AND GENE ENGINEERING), Journal of bioscience and bioengineering, 106巻, 3号, pp. 303-305, 20080925
  277. 1G09-4 酒粕に含まれるチロシナーゼ阻害剤と酵素阻害の速度論的解析(酵素学,酵素工学,タンパク質工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 18巻, 20060803
  278. 1012 ブレオマイシン誘導型肺線維症の分子機構の解明(分析化学,生物工学一般,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 14巻, 20020925
  279. 541 ブレオマイシン耐性遺伝子によりもたらされる大腸菌の増殖速度の促進と延命 : その分子機構の解明(ペプチド工学・プロテオーム,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 14巻, 20020925
  280. 2B10-3 DCS生産菌Streptomyces lavendulaeのPTPase遺伝子 : そのクローニングと機能解析(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 16巻, 20040825
  281. 3A10-4 Arthrobacter globiformis由来遺伝子組換えウリカーゼの物理化学的性質(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 16巻, 20040825
  282. 2A16-1 D-サイクロセリン生産菌の自己耐性機構 : D-Ala-D-Ala ligaseの生化学的解析(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 16巻, 20040825
  283. 2A15-5 D-Cycloserine生産菌の自己耐性機構 : Alanine racemaseの構造生物学的解析(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 16巻, 20040825
  284. 1pB17-2 D-サイクロセリン生産菌が産生するブルー色素の生合成にかかわる遺伝子の構造と機能(遺伝子工学・核酸工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 16巻, 20040825
  285. 2H10-3 Streptomyces lavendulae ATCC11924が保有する二次代謝遺伝子クラスターの機能と遺伝子発現制御機構の解析(遺伝子工学,核酸工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 18巻, 20060803
  286. 2H10-2 Streptomyces coelicolor A3(2)におけるチロシンリン酸化タンパク質の同定と機能解析(遺伝子工学,核酸工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 18巻, 20060803
  287. 3F11-4 The Mitomycin C (MMC)-binding Protein from MMC-producing Microorganisms Protects from the Lethal Effect of Bleomycin, 日本生物工学会大会講演要旨集, 18巻, 20060803
  288. 1C10-2 青色素(indigoidine)合成を触媒する単一モジュール型非リボソーム性ペプチド合成酵素BPSAの変異体解析(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 19巻, 20070802
  289. 1C10-1 ブレオマイシンN-アセチルトランスフェラーゼの基質結合様式(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 19巻, 20070802
  290. 2E09-1 Lactobacillus brevis 925Aにおけるバクテリオシン産生とプラスミドの関係(遺伝子工学・核酸工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 19巻, 20070802
  291. 1Bp21 クラスIIbバクテリオシンbrevicin 174Aの産生制御の分子機構解明(遺伝子工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 21巻, 20090825
  292. 2Da08 D-サイクロセリン生合成に関与するセリンO-アセチルトランスフェラーゼの構造解析(酵素学・酵素工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 21巻, 20090825
  293. 2Ma06 変異導入による薔薇の香気成分を産生する植物乳酸菌の分子育種(食品科学・食品工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 21巻, 20090825
  294. 大学の第三の使命(随縁随意), 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 90巻, 9号, 20120925
  295. 1P-015 D-サイクロセリンの生合成においてN^ω-ヒドロキシ-L-アルギニンの生成に関与するdcsA遺伝子の解析(遺伝子工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 65巻, 20130825
  296. 1P-069 O-ウレイド-L-セリン合成酵素DcsDの活性発現に重要なアミノ酸残基の特定(酵素学,酵素工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 65巻, 20130825
  297. 2P-222 ロイシルブラストサイジンSを脱アミノアシル化する酵素の同定(生合成,天然物化学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 65巻, 20130825
  298. プロテオミクス時代の放線菌研究(セミナー), ファルマシア, 39巻, 8号, pp. 774-778, 20030801
  299. 1P-047 大腸菌を宿主とした抗結核薬D- サイクロセリン高生産システムの開発(遺伝子工学,一般講演), 日本生物工学会大会講演要旨集, 66巻, 20140805
  300. Improvement of constipation and liver function by plant-derived lactic acid bacteria : A double-blind, randomized trial, Nutrition, 26巻, 4号, pp. 367-374, 201004
  301. The Obesity and Fatty Liver Are Reduced by Plant-Derived Pediococcus pentosaceus LP28 in High Fat Diet-Induced Obese Mice, PLoS ONE, 7巻, 2号, 2012
  302. Intracellular accumulation of trehalose during streptomycin formation by Streptomyces griseus., Agricultural and Biological Chemistry, 48巻, 2号, pp. 285-290, 1984
  303. Correlation between intracellular accumulation of peptidoglycan precursors and streptomycin formation., Agricultural and Biological Chemistry, 48巻, 2号, pp. 291-297, 1984
  304. In vivo cloning of arylsulfatase-tyramine oxidase genes in rec strains of Klebsiella aerogenes., Agricultural and Biological Chemistry, 47巻, 8号, pp. 1807-1815, 1983
  305. Establishment of an in Vitro Peyer's Patch Cell Culture System Correlative to in Vivo Study Using Intestine and Screening of Lactic Acid Bacteria Enhancing Intestinal Immunity, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 33巻, 2号, pp. 289-293, 2010
  306. Establishment of an Efficient Fermentation System of Gamma-Aminobutyric Acid by a Lactic Acid Bacterium, Enterococcus avium G-15, Isolated from Carrot Leaves, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 33巻, 10号, pp. 1673-1679, 2010
  307. ブレオマイシン結合タンパク質 (BLMA) の結晶構造解析, 日本結晶学会誌, 38巻, 0号, pp. 108-108, 1996
  308. Bacillopeptins, New Cyclic Lipopeptide Antibiotics from Bacillus subtilis FR-2., The Journal of Antibiotics, 48巻, 10号, pp. 1095-1103, 1995
  309. Mechanism of protection of protein synthesis against streptomycin inhibition in a producing strain., The Journal of Antibiotics, 34巻, 9号, pp. 1183-1188, 1981
  310. Effect of arginine on gramicidin S biosynthesis by Bacillus brevis., The Journal of Antibiotics, 35巻, 5号, pp. 615-621, 1982
  311. Isolation and properties of a puromycin acetyltransferase from puromycin-producing Streptomyces alboniger., The Journal of Antibiotics, 38巻, 12号, pp. 1761-1766, 1985
  312. Acetylation of blasticidin S by its producing actinomycetes., The Journal of Antibiotics, 39巻, 6号, pp. 827-832, 1986
  313. Isolation and properties of a blasticidin S acetylating enzyme from a producer organism., The Journal of Antibiotics, 42巻, 1号, pp. 135-137, 1989
  314. 抗生物質生産菌の自己耐性メカニズム, 化学と生物, 21巻, 5号, pp. 304-311, 1983
  315. Streptomyces Phospholipase A2: Its Use in the Enzymatic Measurement of Calcium(II) Ion Content., 日本放線菌学会誌, 16巻, 2号, pp. 17-20, 2002
  316. Streptomycin biosynthesis and self-resistance mechanism in streptomycin-producing Streptomyces griseus., 日本放線菌学会誌, 4巻, 1号, pp. 15-22, 1990
  317. Oral lactic acid bacteria related to the occurrence and/or progression of dental caries in Japanese preschool children, Bioscience of Microbiota, Food and Health, 0巻, 0号, pp. 29-36, 2015
  318. パストゥ-ル研究所で過ごして--パリ・ドクタ-ル-通りから, 化学と生物, 27巻, 1号, pp. p28-31, 198901
  319. Magnetic Microparticleを利用したmechanical tensionによる筋芽細胞及び骨芽、破骨細胞の細胞化学的変化, 宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書, 2000巻, 1999号, pp. 196-199, 200004
  320. DNA鎖を切断する抗生物質ブレオマイシンに対する耐性機構, 蛋白質核酸酵素, 47巻, 10号, pp. 1276-1284, 200208
  321. 高発現型メラニン色素産生遺伝子のコスメトロジーへの応用, コスメトロジー研究報告, 10巻, pp. 26-29, 2002
  322. 抗生物質生産菌の自己防衛機構 (新感染症学(上)新時代の基礎・臨床研究) -- (特論), 日本臨床, 65巻, 0号, pp. 669-673, 200702
  323. 植物乳酸菌のヘルスサイエンス, ニューフードインダストリー, 53巻, 10号, pp. 7-14, 201110
  324. 産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研究を追う(22)植物乳酸菌を利用した保健機能性製品の開発, 食品と開発, 48巻, 5号, pp. 81-83, 201305
  325. Mechanism of Protection of Protein Synthesis Against Streptomycin Inhibition in a Producing Strain, Journal of Antibiotics, 34巻, 9号, pp. p1183-1188, 198109
  326. 126 ___- ___- AFK2の保有するフェナントレン分解プラスミドpHK2の広領域宿主での発現, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 56巻, 19811119
  327. 162 ___- ___-におけるストレプトマイシン非生産株の解析, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 58巻, 19831107
  328. 427 ___- ___-におけるプロトプラスト形成とその再生系の開発, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 58巻, 19831107

著書等出版物

  1. 1985年10月, 薬をつくる微生物-自己耐性と遺伝子操作- , 抗生物質の開発・自己防衛の機構・遺伝子操作の実態, 抗生物質, (株)海鳴社, 1985年, 10, 単行本(学術書), 単著, jp, 杉山 政則 , 978-4-87525-039-5 C1047, 198
  2. 1992年10月10日, 生物工学実験書, 工学系の生物工学を学ぶ学生を対象としたために、純粋な生化学、農芸化学、化学工学、分子生物学等の実験は省き、各大学で実験指導実績のある確実な内容のみを採択し、さらに各大学の実情にあった使用しやすい形式をめざし、内容の似通った実験例も取り上げている。, 培風館, 1992年, 10, 単行本(学術書), 共著, jp, 杉山 政則
  3. 1994年12月14日, marcel dekker= inc., 1994年, 12, 単行本(学術書), 共著, en, 杉山 政則 , 896
  4. 1996年10月01日, 微生物その光と陰-抗生物質と病原菌- , 抗生物質がどのような微生物で作られ,薬としてどう機能しているのか,なぜ免疫システムの巧妙さに打ち勝つ薬として使えるのか, 抗生物質,放線菌,微生物,自己耐性, 共立出版, 1996年, 10, 単行本(学術書), 単著, jp, 杉山 政則 , ISBN-10:4320054482,ISBN-13:978-4320054486, 210
  5. 2001年10月, 遺伝子とタンパク質の分子解剖 -ゲノムとプロテオームの科学- , 遺伝子操作の基本原理や遺伝情報の解読法を解説,タンパク質のアミノ酸配列や立体構造を解き明かす原理, 遺伝子操作, 共立出版, 2001年, 10, 単行本(学術書), 共著, jp, 杉山 政則 滝澤昇 久保幹 , ISBN-10:4320055799,ISBN-13:978-4320055797, 140
  6. 2003年10月, 微生物その驚異と脅威 , 三共出版, 2003年, 10, 教科書, 共著, jp, 杉山 政則 重中義信 , ISBN-10:4782704704,ISBN-13:978-4782704707, 111
  7. 2004年, 広島大学テレビセミナー 「お酒の科学」, 2004年11月から放送されたRCC番組広島大学テレビセミナー2「お酒と科学」, RCC 広島大学 共同製作, 2004年, 12, その他, その他
  8. 2007年04月, 構造生物学-ポストゲノム時代のタンパク質研究- , 共立出版, 2007年, 4, 単行本(学術書), 共編著, jp, 倉光成紀,杉山 政則, ISBN-10:4320056493,ISBN-13:978-4320056497, 261
  9. 2010年12月22日, 基礎と応用 現代微生物学, 医薬・医療分野のほか,食品学・発酵学分野,ならびに生物科学分野の学生を対象,広く微生物に関する基礎知識,微生物の特異的機能や利用法について著した, 共立出版, 2010年, 12, 単行本(学術書), 共著, jp, 杉山政則, ISBN-10:4320057090,ISBN-13:978-4320057098, 249
  10. 2012年10月31日, 植物乳酸菌の挑戦:未病および生活習慣病から化粧品まで, 「植物乳酸菌」の優れた保健機能性を解説し,病気の予防や未病の改善に向けた乳酸菌の活用戦略をまとめた, 腸管免疫,未病改善,食文化, 広島大学出版会, 2012年, 10, 単行本(学術書), 単著, jp, 杉山政則, ISBN-10:4903068269,ISBN-13:978-4903068268, 150
  11. 2013年09月10日, 遺伝子とタンパク質のバイオサイエンス, 医・薬・農・理工系学部などで生命科学を修めようとする学部生に対し,遺伝子操作の基本原理や遺伝情報の解読法を解説,タンパク質のアミノ酸配列や立体構造を解き明かす原理をわかってもらうために計画した。本書では,著者らの研究分野の周辺領域における話題を織りまぜながら,遺伝子とタンパク質の構造と機能をいかに解き明かすかを解説する。, 共立出版, 2013年, 9, 単行本(学術書), 共著, jp, 杉山政則,久保 幹, 熊谷孝則, ISBN-10:4320057279,ISBN-13:978-4320057272, 141
  12. 2012年09月, 微生物を活用した新世代の有用物質生産技術, 微生物の物質資産について,その技術,応用の最新の状況, シーエムシー出版, 2012年, 10, 単行本(学術書), 共著, jp, 穴澤秀治, ISBN-10:4781306586,ISBN-13:978-4781306582, 223, p186-193

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 40年間の微生物学研究を振り返って, 杉山政則, 第36回広島感染症研究会, 2014年11月29日, 招待, 日本語, 広島感染症研究会、Meiji Seikaファルマ株式会社, 広島市中区
  2. プロバイオティクスで生活習慣病を予防改善, 杉山政則, 第20回公開講演会, 2014年10月31日, 招待, 日本語, 一般社団法人 広島大学工学同窓会, 広島市中区
  3. 抗生物質を産生する放線菌の自己耐性機構, 杉山政則, 第23回学会賞受賞者特別講演会, 2014年01月29日, 招待, 日本語, 学校法人北里研究所, 東京都港区
  4. 「植物乳酸菌」について, 杉山政則, 一般講演, 2013年12月14日, 招待, 日本語, 一般社団法人 福祉キャリアセンター, 広島市中区
  5. 植物乳酸菌と麹菌による予防医学・未病医学への挑戦, 杉山政則, 一般講演, 2013年12月11日, 招待, 日本語, (株)荒谷建設コンサルタント, 広島市中区
  6. 乳酸菌の保健機能研究と未病改善への挑戦 (特別講演), 杉山政則, 平成25年度ヒロシマ薬剤師研修会, 2013年06月30日, 招待, 日本語, 広島県薬剤師研修協議会, 広島市南区
  7. 講演「植物乳酸菌と麹菌の挑戦 -生活習慣病から化粧品まで-」, 杉山政則, 平成24年度 第2回技術士交流研修会・講演会・懇親会, 2012年12月15日, 招待, 日本語, 広島県技術士センター, 広島市中区
  8. 出前授業, 杉山政則, 新庄高校セミナー, 2012年09月24日, 招待, 日本語, 新庄高校セミナー, 広島県山県郡北広島町
  9. 特別講演「植物乳酸菌の保健機能性とその応用」, 杉山政則, 広島文教女子大学 人間栄養学科 第29回総会特別講演, 2011年11月19日, 招待, 日本語, 広島文教女子大学
  10. 広島大学模擬授業 「微生物の光と陰」, 杉山政則, 広島市立基町高校 模擬授業, 2011年07月20日, 招待, 日本語, 広島市立基町高校, 広島市中区
  11. 植物乳酸菌の醗酵技術を利用した保健機能性食品の開発, 杉山政則, 南陽乳業 招待講演, 2011年03月29日, 招待, 日本語, 南陽乳業(韓国), 大韓民国 大田市
  12. 植物乳酸菌と麹菌の生物機能を活用した保健機能性食品の開発, 杉山政則, 文部科学省地域イノベーションクラスタープログラム 都市エリア型 (広島イノベーションクラスター研究成果発表フォーラム) 研究成果発表, 2011年03月09日, 招待, 日本語, (公)ひろしま産業振興, 広島市
  13. 植物乳酸菌の発酵技術を活用した保健機能製品の開発と事業化について (植物乳酸菌入りのヨーグルト等の食品および洗顔用石鹸の開発), 杉山政則, 平成22年度 産学官連携ビジネスマッチング交流会, 2011年01月19日, 招待, 日本語, (財)ちゅうごく産業創造センター, 広島市
  14. 食と健康とプロバイオティクス, 杉山政則, 広島大学・県立大学連携シンポジウム, 2012年02月18日, 招待, 日本語, 広島大学薬学部, 広島市南区
  15. 乳幼児の口腔内に検出される乳酸菌と齲蝕との関連性, 島田 歩*,野田正文,的場康幸,熊谷孝則,香西克之,杉山政則, 第26回バイオテクノロジー研究成果発表会, 2012年01月19日, 招待, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島市西区
  16. 杉山プロジェクト - 高原安瀬平乳業との産学官連携   , 杉山政則, 第7回ひろしまビジネスマッチングフェア2010, 2010年09月16日, 招待, 日本語, ひろしまビジネスマッチングフェア実行委員会, 広島市南区
  17. 植物乳酸菌の保健機能性と醗酵技術を活用した製品開発, 杉山政則, 平成22年度 機能性食品研究交流会 , 2010年09月02日, 招待, 日本語, (財)ちゅうごく産業創造センター, 広島市南区
  18. 植物乳酸菌の産生する機能性分子とその利用, 杉山政則, 第7回日本機能性食品医用学会集会, 2009年12月06日, 招待, 日本語, 日本機能性食品医用学会, 広島市中区
  19. 植物乳酸菌の予防医学・未病医学への応用, 杉山政則, 広島感染症研究会, 2009年11月21日, 招待, 日本語, 広島感染症研究会, 広島市中区
  20. 植物乳酸菌の保健機能性と未病医学への応用, 杉山政則, 第2回 健康食品管理士会 中国支部研修会 特別講演, 2009年10月25日, 招待, 日本語, 健康食品管理士会中国支部, 廿日市市
  21. 植物乳酸菌のバイオサイエンスと醗酵イノベーション, 杉山政則, 第62回 日本細菌学会 中国・四国支部総会, 2009年10月16日, 招待, 日本語, 日本細菌学会, 広島市南区
  22. 植物乳酸菌が切りひらく新たなヘルスケア機能性食品, 杉山政則, イノベーションジャパン2008大学見本市 新技術説明会, 2008年09月17日, 招待, 日本語, 独立行政法人 科学技術振興機構   独立行政法人 新エネルギー・農業技術総合開発機構, 東京都千代田区
  23. 酒どころ広島から生まれたバイオサイエンス(基調講演), 杉山政則, 平成20年度日本デザイン学会第55回春季研究発表大会, 2000年06月27日, 招待, 日本語, 日本デザイン学会, 広島県呉市
  24. 広島大学で行う食品機能性評価の紹介, 東川史子,杉山政則, 平成19年度第3回「機能性食品研究交流会 ~機能性食品の開発・評価・訴求~」, 2007年12月11日, 招待, 日本語, 四国テクノブリッジフォーラム, 岡山市
  25. 植物乳酸菌を活用した機能性製品開発の産学官連携プロジェクト, 野田正文, 杉山政則, 静岡県食品技術研究会第199回例会,, 2007年06月29日, 招待, 日本語, 静岡県食品技術研究会第199回例会, , 静岡
  26. 微生物と感染症, 杉山政則, 広島大学附属高校  スーパーサイエンスハイスクール  講義, 2007年06月27日, 招待, 日本語, 広島大学附属高校, 広島市南区
  27. バクテリオシンを産生する植物乳酸菌が保有するプラスミドの構造と機能, 野田正文, 杉山政則, 第21回 バイオテクノロジー研究成果発表会 , 2007年02月22日, 招待, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島市
  28. 植物性乳酸菌の機能性食品への応用, 杉山政則, 広島大学・バイオ研究発表会, 2006年07月28日, 招待, 日本語, JBA(バイオインダストリー協会) 広島大学  共催, 東京都港区
  29. 乳酸菌のヘルスケア機能 (基調講演), 杉山政則, 公開シンポジウム 科学技術と日常生活との対話 (医食同源-食を科学する-), 2005年12月03日, 招待, 日本語, 広島工業大学, 広島市中区
  30. 遺伝子の発現と増幅, 杉山政則 熊谷孝則 的場康幸, 広島大学附属高校  スーパーサイエンスハイスクール  講義, 2005年08月03日, 通常, 日本語, 広島大学附属高校, 広島市南区
  31. 抗生物質産生菌における自己防衛の機構 (教育講演), 杉山政則, 第50回日本化学療法学会   西日本支部総会, 2002年12月05日, 招待, 日本語, (公益社団法人)日本化学療法学会, 広島市南区
  32. ブレオマイシン耐性遺伝子の構造と機能 (放線菌研究における構造生物学の導入), 杉山政則, 講演会, 1999年12月10日, 招待, 日本語, 武田薬品研究所
  33. cysJ,cysKおよびcysMを破壊した大腸菌によるD-サイクロセリン高産生システムの構築, 小澤智紀,熊谷孝則,青田達明,的場康幸,野田正文,杉山政則, 2014年度日本放線菌学会大会, 2014年06月19日, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 茨城県つくば市
  34. Streptmyces cattleya JCM4925 が保有するcyclodipeptide合成酵素遺伝子ホモログscat0901の機能解析, 蒲原涼,熊谷孝則,的場康幸,野田正文,杉山政則, 2014年度日本放線菌学会大会, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 茨城県つくば市
  35. Lactobacillus plantarum由来L-シスタチオニン-β-シンターゼの構造生物学的研究, 吉田智喜,的場康幸,木原久枝,野田正文,熊谷孝則,杉山政則, 日本乳酸菌学会2014年度大会, 2014年07月17日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 広島市中区
  36. 変異体を用いた伊予柑由来乳酸菌174A株が産生する二成分バクテリオシンの特性解析, 野田正文,的場康幸,熊谷孝則,東川史子,杉山政則, 日本乳酸菌学会2014年度大会, 2014年07月17日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 広島市中区
  37. 変異体の解析を通じた植物乳酸菌Lactobacillus brevis 174Aが産生する二成分バクテリオシンの特性解析, 野田正文, 的場康幸, 熊谷孝則, 東川史子, 杉山政則, 第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会  , 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 広島市中区
  38. 大腸菌を宿主とした抗結核薬D-サイクロセリン高生産システムの開発, 熊谷孝則, 小澤智紀, 青田達明, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 第66回日本生物工学会大会, 2014年09月09日, 通常, 日本語, 第66回日本生物工学会大会, 北海道 札幌市
  39. 麴菌S-03株は歯周病菌Porphyromonas gingivalisの病原因子ジンジパインに対する阻害剤をつくる, Narandalai Danshiitsoodol, Researcher, and Masanori Sugiyama, 産学連携および研究拠点形成を推進するための第6回プロバイオティクス国際シンポジウム, 2014年03月04日, 招待, 日本語, 国立大学法人広島大学, 広島市中区
  40. 乳酸菌と大腸菌間で複製する温度感受性シャトルベクターの構築, 岡慶人, 熊谷孝則, 井手日奈子, 野田正文, 的場康幸, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2015年度大会, 2015年07月11日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 市川
  41. Lactobacillus brevis 174Aの産生する二成分バクテリオシンの特徴とその発現制御機構, 野田正文, 宮内瑠美, Narandalai Danshiitsoodol, 的場康幸, 熊谷孝則, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2015年度大会, 2015年07月11日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 市川
  42. ysJおよびcysK遺伝子の二重破壊大腸菌株の使用によるD-サイクロセリン生産性の向上, 熊谷孝則, 小澤智紀, 的場康幸, 野田正文, 杉山政則, 日本放線菌学会2015年度大会, 2015年09月07日, 通常, 日本語, 日本放線菌学会, 富山
  43. 結晶構造に基づくLactobacillus plantarumタンナーゼの耐熱化デザイン, 趙倩, 的場康幸, 田中尚見, 熊谷孝則, 野田正文, 杉山政則, 第67回 日本生物工学会大, 2015年10月26日, 通常, 日本語, 日本生物工学会, 鹿児島
  44. O-アセチル-Lセリン依存型シスタチオニン-β-シンターゼによる硫化水素産生機構の解明, 吉田智喜, 的場康幸, 木原久枝, 熊谷孝則, 野田正文, 東川史子, 杉山政則, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 高知
  45. 植物乳酸菌Lactobacillus brevis 174Aの産生する二成分バクテリオシンの特性ならびに産生制御機構の解析, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 的場康幸, 熊谷孝則, 東川史子, 杉山政則, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 高知
  46. 植物乳酸菌Pediococcus pentosaceus LP28の抗肥満作用, 水口真利江, 東川史子, 河村勇介, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 熊谷孝則, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2016年度大会, 2016年07月09日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 東京
  47. 齲蝕原性細菌のバイオフィルム形成を阻害する植物乳酸菌の作用機構とその活性物質の解明, 杉原奈穂, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2016年度大会, 2016年07月09日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 東京
  48. 植物乳酸菌Lactobacillus reuteri BM53-1による齲蝕原性細菌のバイオフィルム形成阻害の機構解明, 野田正文, 杉原奈穂, Narandalai Danshiitsoodol, 東川史子, 杉山政則, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 岡山
  49. Pediococcus pentosaceus LP28のゲノム配列特異性と菌体外多糖の特徴, 熊谷孝則, 安武哲也, 野田正文, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2017年度大会, 2017年07月10日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 福岡
  50. Isolation and characterization of the lactic acid bacteria from natural sources to screen high ornithine-producing strains, Md Rakhimuzzaman, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2017年度大会, 2017年07月10日, 通常, 英語, 日本乳酸菌学会, 福岡
  51. 飲酒に及ぼす植物乳酸菌の保健機能性, 丸山昌史, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2017年度大会, 2017年07月10日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 福岡
  52. 病原細菌の毒素産生能を阻害するLactobacillus reuteri BM53-1由来物質の特性, Narandalai Danshiitsoodol, 野田正文, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2017年度大会, 2017年07月10日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 福岡
  53. 果実より新しく分離した植物由来乳酸菌Lactobacillus paracaseiの特性, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 山野幸子, 東川史子, 林幾江, 深町光宏, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2017年度大会, 2017年07月10日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 福岡
  54. 肝機能傷害を改善する植物乳酸菌SN13T株の機能解析—アルコール中毒症状と腸内細 菌叢の改善—, 野田正文, 丸山昌史, Narandalai Danshiitsoodol, 東川史子, 杉山政則, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 徳島
  55. Quorum sensing機構を阻害する物質のスクリーニングシステムの構築とその応用, 野口詩乃, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 杉原奈穂, 東川史子, 杉山政則, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 徳島
  56. 植物乳酸菌Lactobacillus reuteri BM53-1の産生するバイオフィルム形成阻害物質の作用機構, 杉原奈穂, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 野口詩乃, 東川史子, 林幾江, 杉山政則, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 徳島
  57. アルコールに対する植物乳酸菌SN13T株の保健機能性―アルコールによる肝機能傷害と腸内細菌叢の改善―, 野田正文, 丸山昌史, Narandalai Danshiitoodol, 東川史子, 杉山政則, 日本薬学会第138年会, 2018年03月25日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 金沢
  58. Lactobacillus paracasei IJH-SONE68の産生する菌体外多糖体の炎症とアレルギーに対する機能性解析, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 山野幸子, 東川史子, 林幾江, 深町光宏, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2018年度大会, 2018年07月13日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 東京
  59. 植物由来乳酸菌Lactobacillus reuteri BM53-1の産生する緑膿菌増殖阻害物質に関する研究, Narandalai Danshiitsoodol, 野田正文, 山野幸子, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2018年度大会, 2018年07月13日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 東京
  60. 乳酸菌と生薬のコラボレーションによる新規医薬品の創生, 岡本知子, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 飯塚徳男, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2018年度大会, 2018年07月13日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 東京
  61. Weissella confusa K-28 isolated from Senna obstusofolia produces both ornithine and exopolysaccharide, Md Rakhimuzzaman, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 東川史子, 杉山政則, 日本乳酸菌学会2018年度大会, 2018年07月13日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 東京
  62. Isolation and characterization of the ornithine-high producing lactic acid bacteria (オルニチンを高生産する植物乳酸菌の分離および同定とその特徴), Md Rakhimuzzaman, 野田正文, Narandalai Danshiitsoodol, 東川史子, 杉山政則, 第32回 バイオテクノロジー研究成果発表会, 2018年02月05日, 通常, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島
  63. Mechanism for expression of the bacteriocin 174A biosynthetic gene cluster harbored in a plant-derived Lactobacillus brevis, Noda, M., Miyauchi, R., Danshiitsoodol,N., Kumagai, T., Matoba, Y., Sugiyama, M., 5th AFSLAB International Symposium, 2016年11月28日, 通常, 英語, Asian Federation of Societies for Lactic Acid Bacteria, Taipei, Taiwan
  64. Biosurfactant derived from Lactobacillus reuteri BM53-1 inhibits production of TSST-1 by Streptococcus aureus at the transcriptional level., Danshiitsoodol,N., Noda, M., Sugimoto, Y., Sugiyama, M., 5th AFSLAB International Symposium, 2016年11月28日, 通常, 英語, Asian Federation of Societies for Lactic Acid Bacteria, Taipei, Taiwan

受賞

  1. 2011年09月04日, The 14th John M. Kinney Award for General Nutrition, The Nutritional Sciences,Education & Research Fund (NSERF) と国際栄養科学雑誌「Nutrition」との連名, 植物乳酸菌が便秘と肝機能の改善に優れていることのヒト臨床試験による実証
  2. 2013年09月05日, 日本放線菌学会学会賞, 日本放線菌学会会長
  3. 2008年04月, 平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(技術部門), 文部科学大臣, 醸造副産物を増殖促進剤として利用した世界で初めての植物乳酸菌ヨーグルトの製造技術開発
  4. 1990年11月, 日本醗酵工学会(現 日本生物工学会) 斎藤賞
  5. 2008年10月, ひろしまベンチャー育成賞・金賞, 財団法人ひろしまベンチャー育成基金理事長  高橋  正, 大学発ベンチャー(株)植物乳酸菌研究所設立の新規で独創的なビジネスプラン
  6. 2005年06月, 中国地域産学官コラボレーションセンター 技術移転功労賞, 中国地域産学官コラボレーションセンター, 酒粕と植物乳酸菌を活用したヘルスケア機能製品の開発
  7. 2005年12月, 広島大学長表彰, 広島大学長
  8. 2014年04月15日, 平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門), 文部科学大臣
  9. 2014年11月03日, 第71回中国文化賞(平成26年度), 中国新聞社代表取締役社長

取得

  1. 特許権, 特許4346559, 2009年07月24日, 発酵飲料及びその製造方法
  2. 特許権, EP:1949800, 2011年04月27日, GABA含有発酵物の製造方法
  3. 特許権, AU:2006309588, 2011年11月10日, GABA含有発酵物の製造方法
  4. 特許権, 特許4883919, 2011年12月16日, 乳酸菌の発酵促進剤
  5. 特許権, US:8153175, 2012年04月10日, GABA含有発酵物の製造方法
  6. 特許権, 特許5011543, 2012年06月15日, GABA含有発酵物の製造方法
  7. 特許権, 特許5055540, 2012年08月10日, チロシナーゼ阻害剤
  8. 特許権, KR:10-1214696, 2012年12月14日, 肝機能改善剤およびその製造用ツール、ならびにこれらの利用
  9. 特許権, KR:10-1234921, 2013年02月13日, Helicobacter pyloriの生育阻害剤およびその製造方法
  10. 特許権, TW:I410494, 2013年10月01日, IL-8阻害剤およびその製造方法
  11. 特許権, 特許5413819, 2013年11月22日, 肝機能改善剤およびその製造用ツール、ならびにこれらの利用
  12. 特許権, KR:10-1359368, 2014年01月29日, GABA含有発酵物の製造方法
  13. 特許権, 特許5505298, 2014年03月28日, Helicobacter pyloriの生育阻害剤およびその製造方法
  14. 特許権, 特許5504485, 2014年03月28日, IL-8阻害剤およびその製造方法
  15. 特許権, US:8691220, 2014年04月08日, 粉末米麹抽出組成物
  16. 特許権, 特許5569710, 2014年07月04日, 肥満予防又は改善剤
  17. 特許権, 特許5626915, 2014年10月10日, γ-アミノ酪酸の製造方法
  18. 特許権, 8691220, 2014年04月08日, 粉末米麹抽出組成物
  19. 特許権, 5569710, 2014年07月04日, 肥満予防又は改善剤
  20. 特許権, 5626915, 2014年10月10日, γ-アミノ酪酸の製造方法
  21. 特許権, I461154, 2014年11月21日, 肥満予防又は改善剤

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島バイオテクノロジー推進協議会理事, 2011年07月, 2013年07月, 広島バイオテクノロジー推進協議会
  2. 代表取締役, 2012年10月, 2016年03月, 株式会社植物乳酸菌研究所
  3. 理事, 2015年04月, 2016年03月, 薬学教育協議会
  4. 理事, 2012年, 2016年03月, 校友会理事
  5. 理事, 2015年04月, 2016年03月, 薬学教育協議会
  6. 委員, 2012年04月, 2016年03月, 若手研究人材養成センター
  7. 2004年04月, 2016年03月, 組換えDNA実験安全委員会
  8. 委員, 2013年04月, 2016年03月, 薬用植物園運営委員会
  9. 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 組織委員, 2014年11月, 2014年11月, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部
  10. 2012年04月, 2016年03月, 全国薬科大学長・薬学部長会議
  11. 2012年04月, 2016年03月, 国公立大学薬学部長(科長・学長)会議

学術会議等の主催

  1. 医歯薬学領域で産学連携を推進するための日韓国際シンポジウム, 代表世話人, 2009年03月, 2009年03月
  2. 産学官連携を推進するための第2回日韓国際シンポジウム, 代表世話人, 2009年12月, 2009年12月
  3. 産学連携を推進するための第3回乳酸菌国際シンポジウム, 代表世話人, 2010年12月, 2010年12月
  4. 産学官連携を推進するための第4回日韓中国際シンポジウム, 代表世話人, 2011年12月, 2011年12月
  5. 産学官連携を推進するための第5回日韓中国際シンポジウム, 代表世話人, 2012年12月, 2012年12月
  6. 第129回日本薬学会中国四国支部例会, 世話人代表, 2013年06月, 2013年06月
  7. 2013年度(第28回)日本放線菌学会大会, 大会長, 2013年09月, 2013年09月
  8. 産学連携および研究拠点を推進するための第6回プロバイオティクス国際シンポジウム, 代表世話人, 2014年03月, 2014年03月
  9. 日本乳酸菌学会2014年度大会, 実行委員長, 2014年07月, 2014年07月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. オピニオン, 中国新聞, 2014年/07月/10日, 2014年/07月/10日, 中国新聞朝刊, 助言・指導, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  2. 生活習慣病の予防改善を! 植物由来の乳酸菌の研究を続ける杉山教授をお迎え, NHK広島放送局, 金曜夕方どぉかいの, 2014年/06月/11日, 2014年/06月/11日, NHK広島放送局, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  3. 平成25年度第23回学会賞受賞者特別講演会, 抗生物質を産生する放線菌の自己耐性機構, 学校法人北里研究所, 2014年/01月/29日, 2014年/01月/29日, 北里大学, 講師, 講演会, 社会人・一般