上野 勝Masaru Ueno

Last Updated :2018/04/13

所属・職名
大学院先端物質科学研究科 分子生命機能科学講座 准教授
メールアドレス
scmuenohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(学術) (京都工芸繊維大学)
  • 修士(工学) (大阪府立大学)

研究分野

  • 生物学 / 基礎生物学 / 遺伝・染色体動態
  • 農学 / 境界農学 / 応用分子細胞生物学

研究キーワード

  • 酵母
  • 染色体
  • テロメア

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 生物工学実験I
  2. 2018年, 学部専門, 2ターム, 分子生物学II
  3. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 細胞科学A
  4. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生命機能科学セミナー
  5. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分子生命機能科学セミナー
  6. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), フロンティア生命機能工学
  7. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 分子生命機能科学特別研究Ⅰ
  8. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 分子生命機能科学特別研究Ⅰ
  9. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 分子生命機能科学特別研究Ⅰ
  10. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 分子生命機能科学特別研究Ⅱ

教育に関する受賞

  • 2011年.1月, 教育顕彰, 広島大学大学院先端物質科学研究科
  • 2016年12月27日, 平成28年度広島大学大学院先端物質科学研究科教育顕彰, 広島大学大学院先端物質科学研究科

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A Double Mutant between Fission Yeast Telomerase and RecQ Helicase Is Sensitive to Thiabendazole, an Anti-Microtubule Drug, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 76巻, 2号, pp.264-pp.269, FEB 2012
  2. APC/C-Cdh1-dependent anaphase and telophase progression during mitotic slippage, CELL DIVISION, 7巻, FEB 9 2012
  3. Fission Yeast RecQ Helicase Rqh1 Is Required for the Maintenance of Circular Chromosomes, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 33巻, 6号, pp.1175-pp.1187, MAR 2013
  4. Developmental changes in gonadotropin-inhibitory hormone in the quail hypothalamo-hypophysial system., J. Endocrinology, 178巻, pp.311-pp.318, 20030401
  5. ★, Fission yeast Taz1 and RPA are synergistically required to prevent rapid telomere loss., Molecular Biology of the Cell, 18巻, 6号, pp.2378-pp.2387, 20070601
  6. ★, Fission yeast Dna2 is required for generation of the telomeric single-strand overhang., Molecular and Cellular Biology, 24巻, 21号, pp.9557-pp.9567, 20041101
  7. Fission yeast Tor2 links nitrogen signals to cell proliferation and acts downstream of the Rheb GTPase, Genes to Cells, 11巻, 12号, pp.1367-pp.1379, 20061201
  8. TOR regulates late steps of ribosome maturation in the nucleoplasm via Nog1 in response to nutrients, The EMBO Journal, 25巻, 16号, pp.3832-pp.3842, 20060801
  9. A starvation-specific serine protease gene, isp6+, is involved in both autophagy and sexual development in Schizosaccharomyces pombe, Current Genetics, 49巻, 6号, pp.403-pp.413, 20060321
  10. Dual DNA recognition codes of a short peptide derived from the basic leucine zipper protein EmBP1, Bioorganic & Medicinal Chemistry, 13巻, 9号, pp.3107-pp.3116, 20050501
  11. Sequence-Specific Binding of the Schizosaccharomyces pombe His1 Protein to Fission Yeast Telomeric DNA, Chemistry & Biodiversity, 1巻, 9号, pp.1344-pp.1353, 20040923
  12. Fission yeast Arp6 is required for telomere silencing, but functions independently of Swi6, Nucleic Acids Research, 32巻, 2号, pp.736-pp.741, 20040201
  13. Synthesis and crystal structures of metal complexes with 4,5-imidazole-dicarboxylate chelates: self-assembled structures via NHOC intermolecular hydrogen bonds, Inorganic Chemistry Communications, 7巻, 11号, pp.1191-pp.1194, 20041101
  14. テロメア維持におけるDNA複製?組換え因子の役割, 生化学, 79巻, 9号, pp.868, 20070925
  15. Fission yeast Pot1 and RecQ helicase are required for efficient chromosome segregation., Mol. Cell. Biol, 31巻, pp.495-pp.506, 20110201
  16. A novel method of screening cell-cycle blockers as candidates for anti-tumor reagents by using yeast as a screening tool, Biosci. Biotech. Biochem., 74巻, 2号, pp.411-pp.414, 20100201
  17. Expression of mutant RPA in human cancer cells causes telomere shortening., Bioscience Biotechnology and Biochemistry, 74巻, 2号, pp.382-pp.385, 20100201
  18. Rpd3/HDAC complex is present at the URS1 cis-element with hyperacetylated histone H3, Biosci. Biotechnol. Biochem, 73巻, 2号, pp.378-pp.384, 20090201
  19. Fission yeast Pot1 and RecQ helicase are required for efficient chromosome segregation., Mol. Cell. Biol., 31巻, pp.495-pp.506, 20110501
  20. テロメアを標的としたかがん治療研究の展開, バイオサイエンスとインダストリー, 69巻, 5号, pp.365-pp.370, 20110901
  21. Fission yeast Taz1 and RPA are synergistically required to prevent rapid telomere loss, MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 18巻, 6号, pp.2378-pp.2387, JUN 2007
  22. The Rpd3/HDAC Complex Is Present at the URS1 cis-Element with Hyperacetylated Histone H3, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 73巻, 2号, pp.378-pp.384, FEB 2009
  23. Roles of DNA Repair Proteins in Telomere Maintenance, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 74巻, 1号, pp.1-pp.6, JAN 2010
  24. Expression of Mutant RPA in Human Cancer Cells Causes Telomere Shortening, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 74巻, 2号, pp.382-pp.385, FEB 2010
  25. Fission Yeast Pot1 and RecQ Helicase Are Required for Efficient Chromosome Segregation, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 31巻, 3号, pp.495-pp.506, FEB 2011
  26. Genetic and Metabolomic Dissection of the Ergothioneine and Selenoneine Biosynthetic Pathway in the Fission Yeast, S. pombe, and Construction of an Overproduction System, PLOS ONE, 9巻, 5号, MAY 14 2014
  27. Rad51-Dependent Aberrant Chromosome Structures at Telomeres and Ribosomal DNA Activate the Spindle Assembly Checkpoint, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 34巻, 8号, pp.1389-pp.1397, APR 2014
  28. SUMOylation regulates telomere length by targeting the shelterin subunit Tpz1(Tpp1) to modulate shelterin-Stn1 interaction in fission yeast, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 111巻, 16号, pp.5950-pp.5955, APR 22 2014
  29. 3,6-Epidioxy-1,10-bisaboladiene inhibits G(1)-specific transcription through Swi4/Swi6 and Mbp1/Swi6 via the Hog1 stress pathway in yeast, FEBS JOURNAL, 281巻, 20号, pp.4612-pp.4621, OCT 2014
  30. RSC Chromatin-Remodeling Complex Is Important for Mitochondrial Function in Saccharomyces cerevisiae, PLOS ONE, 10巻, 6号, JUN 18 2015
  31. The yeast chromatin remodeler Rsc1-RSC complex is required for transcriptional activation of autophagy-related genes and inhibition of the TORC1 pathway in response to nitrogen starvation, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 464巻, 4号, pp.1248-pp.1253, SEP 4 2015
  32. Long G2 accumulates recombination intermediates and disturbs chromosome segregation at dysfunction telomere in Schizosaccharomyces pombe, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 464巻, 1号, pp.140-pp.146, AUG 14 2015
  33. The essential function of Rrs1 in ribosome biogenesis is conserved in budding and fission yeasts, YEAST, 32巻, 9号, pp.607-pp.614, SEP 2015
  34. Fission Yeast Exo1 and Rqh1-Dna2 Redundantly Contribute to Resection of Uncapped Telomeres, PLOS ONE, 10巻, 10号, OCT 14 2015
  35. A diffusion model for the coordination of DNA replication in Schizosaccharomyces pombe, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, JAN 5 2016

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Processing of DNA double-strand break ends and telomere ends, 上野 勝, The third international fission yeast meeting、サンディエゴ、アメリカ、, 2004年08月, 招待, 日本語
  2. 一本鎖DNA結合蛋白質RPAのテロメアにおける新たな機能, 上野 勝, 第28回日本分子生物学会年会、ヤフードーム、九州, 2005年12月, 招待, 日本語
  3. Roles of fission yeast RPA in telomere end protection, 上野 勝, Telomeres and Genomic Stability2006、ビラルス、スイス、, 2006年08月, 招待, 日本語
  4. 分裂酵母pot1破壊株のテロメア消失はRecQヘリケースの破壊によって抑圧される, 上野 勝, 30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(BMB2007)、パシフィコ横浜, 2007年12月, 招待, 日本語
  5. DNA複製・修復に関与する蛋白質の染色体末端テロメアにおける役割, 上野 勝, 日本農芸化学会2007年度大会、東京、, 2007年03月, 招待, 日本語
  6. Roles of Pot1 and Rqh1 in telomere maintenance and chromosome segregation, 上野 勝, 国際シンポジウム“染色体、ゲノムの安定化と不安定性” 主催 特定領域研究(染色体サイクル) 場所:千里ライフサイエンスセンター、大阪府豊中市, 2007年11月, 招待, 日本語
  7. TELOMERE LOSS IN POT1 DISRUPTANT IS SUPPRESSED BY DELETION OF RECQ HELICASE , 上野 勝, Tolmach symposium on Chromosome Structure and DNA Repair at Washington University St. Louis 、米国、ミズーリ州、セントルイス、, 2007年11月, 招待, 日本語
  8. 環状染色体の形成および維持に必要な遺伝子, 上野勝, 日本農芸化学会2015年岡山大会, 2015年03月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 岡山
  9. 分裂酵母のテロメア構造の制御に関与する因子の解析, 上野勝, 生命動態の分子メカニズムと数理~生命動態システム科学四拠点・CREST・PRESTO合同シンポジウム~, 2015年03月, 通常, 日本語, 京都
  10. 環状染色体の形成および維持に必要な遺伝子, 上野勝, 日本農芸化学会中四国支部第 41 回講演会(例会), 2015年01月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部, 山口
  11. Rad51-dependent aberrant replication intermediates generated at rDNA loci activate spindle assembly checkpoint, 上野勝, 国際会議4Dヌクレオーム(, 2014年12月, 通常, 英語, 広島
  12. テロメアやrDNAにおける組み換え複製中間体の蓄積はM期進行を阻害する, 上野勝, 第37回日本分子生物学会年会ワークショップ「細胞周期を通じた染色体恒常性制御機構のニューフロンティア」, 2014年11月, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  13. Rad51-dependent aberrant replication intermediates generated at rDNA loci activate spindle assembly checkpoint, 上野勝, 3R Symposium, 2014年11月, 通常, 英語, 静岡
  14. Searching for new weak point of cancer using fission yeast, 上野勝, 国際会議HiHA第2回Workshop, 2014年09月, 通常, 英語, 広島
  15. 分裂酵母Rqh1のヘリケース活性はテロメア末端の削り込みに重要である, 上野勝, 酵母遺伝学フォーラム, 2014年09月, 通常, 日本語, 東京
  16. Resection of uncapped telomere in fission yeast S. pombe, 上野勝, The FASEB Yeast Chromosome Structure, Replication, and Segregation Meeting, 2014年07月, 通常, 英語, 米国コロラド
  17. Searching for cancer’s new weak points using fission yeast, 上野勝, 招待講演, 2015年01月, 招待, 英語, 沖縄科学技術大学院大学柳田充弘
  18. Searching for cancer’s new weak points using fission yeast, 上野勝, 招待講演, 2015年01月, 招待, 英語, 英国Cancer resarch UK 登田隆
  19. Fission yeast exo1 and rqh1 contribute to degradation of uncapped telomere, Masaru Ueno, The 8th international fission yeast meeting, 2015年06月, 通常, 英語, Kobe Japan
  20. Fission yeast exo1 and rqh1 contribute to degradation of uncapped telomere, Masaru Ueno, EMBO Conference on DNA Replication, Chromosome Segregation and Cell Division, 2015年07月, 通常, 英語, EMBO, Egham UK
  21. 環状染色体の形成および維持に必要な遺伝子の探索, 上野 勝, 酵母遺伝学フォーラム第 48 回研究報告会, 2015年08月, 通常, 日本語, 東広島市 広島大学
  22. Identification of genes required for the formation or maintenance of circular chromosomes, Masaru Ueno, 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会BMB2015, 2015年12月, 通常, 日本語, 分子生物学会, Kobe Japan
  23. Screening of novel factors involved in formation and maintenance of circular chromosome in S. pombe, Masaru Ueno, The 4th International Symposium of the Mathematics on Chromatin Live Dynamics, 2015年12月, 通常, 日本語
  24. 環状染色体の形成および維持に関係する遺伝子の探索, Masaru Ueno, 第33回染色体ワークショップ・第14回核ダイナミクス研究会, 2016年01月, 通常, 日本語, 松島 日本
  25. 環状染色体を持つ分裂酵母の生育を選択的に阻害する薬剤の探索, Masaru Ueno, 日本農芸化学会支部会創立15周年記念 第44回講演会(例会), 2016年01月, 通常, 日本語, 岡山
  26. 分裂酵母の環状染色体の形成および維持に関係する遺伝子の探索, Masaru Ueno, 日本農芸化学会2016年札幌大会, 2016年03月, 通常, 日本語, 札幌
  27. 分裂酵母の環状染色体の形成および維持に関係する遺伝子の探索, Masaru Ueno, 「生命動態の分子メカニズムと数理」 生命動態システム科学四拠点・CREST・PRESTO・QBiC 合同シンポジウム, 2016年03月, 通常, 日本語, 広島市
  28. 遺伝子と老化・がんについて, Masaru Ueno, 中高大連携公開講座, 2015年07月, 通常, 日本語, 広島県庄原格至高校
  29. 酵母菌を使ってがんを研究する, Masaru Ueno, 平成27年度広島大学公開講座平成27年度 高大連携公開講座 日本農芸化学会中四国支部設立15周年記念第25回市民フォーラム 「バイオテクノロジーってなあに?, 2015年07月, 通常, 日本語, 広島市
  30. 細胞ががんを防ぐ仕組みの観察, Masaru Ueno, 生物学オリンピック最先端研究室訪問, 2015年08月, 通常, 日本語, 東広島市
  31. Searching for cancer’s new weak points using fission yeast, Masaru Ueno, 生物機能化学シンポジウム, 2015年11月, 招待, 日本語, 宇治市
  32. 酵母菌を使ってがんを研究する, Masaru bUeno, ふれあい大学, 2016年01月, 招待, 日本語
  33. Understanding the workings of the Schizosaccharomyces pombe genome in three dimensions, Justin O'Sullivan, The Collaborated Seminar by 5 Graduated Schools, 2015年06月, 招待, 英語, Masaru Ueno, Higashi-Hiroshima
  34. The Smc5/6 complex, regulation of recombination and replication fork stability, Jo Murray, HiHA国際シンポジウム, 2016年03月, 招待, 英語, Higashi-hiroshima
  35. MRE11によるプロセシングはテロメア近傍DNA二本鎖切断による染色体不安定化を誘導する, 村木 慶子, 広島大学健康長寿拠点(HiHA)セミナー, 2016年03月, 招待, 英語
  36. 「生体内の単一細胞に遺伝子発現誘導する顕微鏡技術と様々な生物種への応用   ~生体イメージングにおける問題点とこれからの展開~」, 亀井 保博, クロマチン拠点セミナー, 2016年03月, 招待, 日本語, 東広島
  37. Fission yeast 9-1-1 complex is required for the maintenance of circular chromosome in the presence of 5-fluorodeoxyuridine, 上野 勝, コールドスプリングハーバーアジア DNA METABOLISM, GENOMIC STABILITY & DISEASES, 2016年06月13日, 通常, 英語, Suzhou, China
  38. Fission yeast 9-1-1 complex is required for the maintenance of circular chromosome in the presence of 5-fluorodeoxyuridine, 上野 勝, FASEB summer research conference   Yeast Chromosome Structure, Replication & Segregation, 2016年07月31日, 通常, 英語, Snowmass Village, CO USA
  39. 分裂酵母ホスファチジルイノシトール-4-キナーゼPik1はテロメア保護因子pot1破壊株の生育に必要である, 上野 勝, 酵母遺伝学フォーラム第 49 回研究報告会, 2016年09月09日, 通常, 日本語, 神戸市
  40. 格子光シート顕微鏡による細胞分裂過程の定量解析, 清末優子, 第9回HiHA Seminar, 2016年09月30日, 招待, 日本語, 上野 勝, 広島大学
  41. がん治療の現状, 上野 勝, 世羅町せら成人大学教養講座 公開講座バイオテクノロジーってなんだろう, 2016年08月27日, 招待, 日本語
  42. DNAと老化やがんとの関係について, 上野 勝, 比治山女子高等学校 出張講義, 2016年10月27日, 招待, 日本語, 比治山女子高等学校, 広島
  43. がん治療の未来像, 上野 勝, 世羅町せら成人大学教養講座 公開講座バイオテクノロジーってなんだろう, 2016年10月29日, 招待, 日本語, 広島
  44. Analysis of glucose-dependent chromosome dynamics in fission yeast, 上野 勝, 10th 3R symposium, 2016年11月13日, 通常, 英語, 島根
  45. Using single particle trajectory statistics and polymer simulations to analyze and predict changes in chromatin structure, Andrew Seeber, 第18回RcMcD融合研究セミナー, 2016年11月28日, 招待, 英語, 広島
  46. Analysis of glucose-dependent chromosome dynamics in fission yeast, 上野 勝, 第39回日本分子生物学会年会ワークショップクロマチン動態のライブイメージングによる核機能理解, 2016年11月30日, 招待, 英語, 横浜
  47. 薬剤感受性分裂酵母を用いた化学遺伝学的スクリーニング系の構築と新規低分子阻害剤の同定, 川島茂裕, 第15回HiHA Seminar, 2016年12月09日, 招待, 日本語, 広島
  48. セントロメアとテロメアのグルコース依存的動態の解析, 上野 勝, 第34回染色体ワークショップ・第15回核ダイナミクス研究会合同開催, 2017年01月11日, 通常, 日本語, 千葉
  49. 染色体の高次構造や動きの解析で見えてくる新しい染色体機能発現機構について, 上野 勝, 群馬大学未来先端研究機構・内分泌代謝学共同拠点・群馬大学Genome Damage Discussion Group共催セミナー, 2017年02月27日, 招待, 日本語, 群馬
  50. 染色体末端保護のしくみ -テロメア機能制御技術の開発とその応用 -, 小西昭充, 第17回HiHA Seminar, 2017年03月01日, 招待, 日本語, 広島
  51. The Smc5/6 complex and replication stress, Jo Murray, 第4回HiHA International Symposium, 2017年03月10日, 招待, 英語, 広島
  52. DNA repair pathway choice regulation by the small protein CYREN, Jan Karlseder, HiHA 4th International Symposium, 2017年03月10日, 招待, 日本語, 広島
  53. modeling chromatin dynamics as a polymer fiber:what we learn from single molecule tracking, Susan Gasser, 5th International Symposium of the Mathematics on Chromatin Live Dynamics in March, 2017年03月09日, 招待, 英語, 広島
  54. lattice light sheet microscopy: development and applications, Bi-Chang Chen, 5th International Symposium of the Mathematics on Chromatin Live Dynamics, 2017年03月09日, 招待, 英語, 日本
  55. Different regulation of centromere and telomere movement by glucose, medium and DNA damage in fission yeast, 上野 勝, 5th International Symposium of the Mathematics on Chromatin Live Dynamics, 2017年03月09日, 通常, 英語, 日本
  56. 分裂酵母のテロメアとセントロメアの動きを制御する要因の探索とその意義の解明, 上野 勝, 生命動態システム科学四拠点・CREST・PRESTO・QBiC合同シンポジウム2017 , 2017年03月17日, 通常, 日本語, 大阪
  57. 染色体の高次構造や動きの解析で見えてくる新しい染色体機能発現機構について, 上野 勝, 山口大学理学部講演会, 2017年03月16日, 招待, 日本語

受賞

  1. 2008年03月, 2008年度農芸化学奨励賞, 日本農芸化学会 会長, 染色体末端にはテロメアとよばれる構造が存在する。受賞者はDNA修復や複製に関係する蛋白質のテロメアにおける新しい機能を発見

社会活動

委員会等委員歴

  1. 大会実行委員会委員, 2014年07月, 2016年07月, (社)日本農芸化学会
  2. サイエンスインカレ審査委員, 2015年02月, 2015年03月, 文部科学省
  3. 第37回日本分子生物学会年会ポスター発表ディスカッサー, 2014年11月, 2014年11月, 日本分子生物学会
  4. 翻訳者, 2015年12月, 2016年01月, (株)ブリタニカ・ジャパン
  5. サイエンス・インカレ審査員, 2015年11月, 2016年03月, (株)朝日広告社
  6. 酵母遺伝学フォーラム第 48 回研究報告会, 2015年04月, 2015年09月, 酵母遺伝学フォーラム
  7. 日本農芸化学会中四国支部会参与会, 2015年04月, 2016年03月, 日本農芸化学会中四国支部会
  8. 広島発酵会, 2015年04月, 2016年03月, 広島発酵会
  9. せら成人大学講師, 2016年06月, 2016年10月, 世羅町教育委員会
  10. 翻訳者, 2016年12月, 2016年12月, (株)ブリタニカ・ジャパン
  11. ポスター発表審査員, 2016年12月01日, 2016年12月01日, 第39回日本分子生物学会年会
  12. 日本農芸化学会中四国支部会参与会, 2016年04月, 2017年03月, 日本農芸化学会中四国支部

学術会議等の主催

  1. 第23回染色体ワークショップ, 大会実行委員, 2006年01月
  2. 第32回YEAST WORKSHOP, 実行委員長, 2014年11月
  3. HiHA第2回Workshop, 実行委員, 2014年09月
  4. 広島大学健康長寿研究拠点(HiHA)第6回ワークショップ, 2016年07月, 2016年07月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. DNA複製・修復に関与する蛋白質の染色体末端テロメアにおける役割, 東京都臨床研 正井久雄 , 臨床研セミナー , 2007年/03月, 2007年/03月, 研究者
  2. 分裂酵母DNA複製因子RPAのテロメアにおける新たな機能, 真核微生物交流会, 真核微生物交流会, 2006年/06月, 2006年/06月, 研究者
  3. 分裂酵母の新規テロメア関連蛋白質の探索と機能解析、, 癌研究会 癌化学療法センター 化学療法部 清宮啓之 , 2004年/04月, 2004年/04月, 研究者
  4. 分子生命機能科学共同セミナー, セントロメアncRNA複合体による染色体動態の制御, 2015年/03月/10日, 2015年/03月/10日, 広島大学 先端物質科学研究科4階401N
  5. 分子生命機能科学共同セミナー, 次世代シーケンサなど先端機器の産業応用, 2014年/10月/24日, 2014年/10月/24日, 広島大学 先端物質科学研究科4階401N
  6. 公開講座, 酵母菌を使ってがんを研究する , 2014年/08月/02日, 広島県民文化センター
  7. 平成28年度広島大学公開講座 バイオテクノロジーってなあに?, 酵母菌を使ってがんを研究する, 2016年/07月, 2016年/07月, 広島大学大学院先端物質科学研究科, 講師, 講演会, 社会人・一般