石井 抱Idaku Ishii

Last Updated :2017/10/10

所属・職名
大学院工学研究科 サイバネティクス応用講座 教授
メールアドレス
iishiirobotics.hiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(工学) (東京大学)

研究分野

  • 工学 / 電気電子工学 / 計測工学

研究キーワード

  • センシング
  • ハイスピード・ビジョン
  • ロボティクス

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, 1ターム, 研究指導IIB
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 電子回路
  3. 2017年, 学部専門, 集中, センシング工学
  4. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分野融合セミナーⅠ
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分野融合セミナーⅡ
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分野融合セミナーⅠ
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分野融合セミナーⅡ
  8. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分野融合セミナーⅢ
  9. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分野融合セミナーⅢ
  10. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分野融合セミナーⅣ
  11. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分野融合セミナーⅣ
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 医用機器工学演習B
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 医用機器工学演習B
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 電子・システム概論
  15. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクス講究I
  16. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 年度, システムサイバネティクス講究I
  17. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクス講究II
  18. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 通年, システムサイバネティクス講究IV
  19. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクスセミナーI
  20. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 年度, システムサイバネティクスセミナーI
  21. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクスセミナーII

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Cyclic Motion Design and Analysis for a Passive Object Manipulation Using an Active Plate, Advanced Robotics, 29巻, 7号, pp.493-pp.503, 20150422
  2. Simultaneous Vision-Based Shape and Motion Analysis of Cells Fast-Flowing in a Microchannel, IEEE Transactions on Automation Science and Engineering, 12巻, 1号, pp.204-pp.215, 20150501
  3. Real-Time Image Mosaicing System Using a High-Frame-Rate Video Sequence, Journal of Robotics and Mechatronics, 27巻, 1号, pp.12-pp.23, 20150220
  4. 4ピンホール視点変換アイリスを用いた単眼ステレオ計測, 日本機械学会論文集, 80巻, 819号, pp.DR0322, 20141125
  5. 複数の空気噴流による平面上物体の非接触操作 (連続的噴流を用いた小変位操作の実験的検討), 日本機械学会論文集, 80巻, 817号, pp.DR0264, 20140925
  6. High-Frame-Rate Structured Light 3-D Vision for Fast Moving Objects, Journal of Robotics and Mechatronics, 126巻, 3号, pp.311-pp.320, 201406
  7. A High-Frame-Rate Vision System with Automatic Exposure Control, IEICE Transactions on Information and Systems, E97-D巻, 4号, pp.936-pp.950, 20140401
  8. Concrete Surface Strain Measurement Using Moire fringes, Construction and Building Materials, doi:10.1016/j.conbuildmat2013.12.035 (online first)巻, 20140114
  9. 500-fps Face Tracking System, Journal of Real-Time Image Processing, 8巻, 4号, pp.379-pp.388, 2013
  10. Dynamics-Based Stereo Visual Inspection Using Multidimensional Modal Analysis, IEEE Sensors Journal, 13巻, 12号, pp.4831-pp.4843, 2013
  11. A Real-Time Microscopic PIV System Using Frame Straddling High-Frame-Rate Vision, Journal of Robotics and Mechatronics, 25巻, 4号, pp.586-pp.595, 2013
  12. Fast Tracking System for Multi-colored Pie-shaped Markers, International Journal of Optomechatronics, 7巻, 3号, pp.160-pp.180, 2013
  13. High Frame-rate Tracking of Multiple Color-patterned Objects, Journal of Real-Time Image Processing, doi: 10.1007/s11554-013-0349-y (online first) 巻, 2013
  14. Fast FPGA-Based Multi-Object Feature Extraction, IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology, 23巻, 1号, pp.30-pp.45, 2013
  15. A Self-Projected Light-Section Method for Fast Three-Dimensional Shape Inspection, International Journal of Optomechatronics, 6巻, 4号, pp.289-pp.303, 2012
  16. Real-Time Optical Flow Estimation Using Multiple Frame-Straddling Intervals, Journal of Robotics and Mechatronics, 24巻, 4号, pp.686-pp.698, 2012
  17. 振動ベースド画像特徴量を用いた高速ターゲットトラッキング, 日本機械学会論文集(C編) , 78巻, 788号, pp.1143-pp.1153, 2012
  18. Accuracy of Gradient-Based Optical Flow Estimation in High-Frame-Rate Video Analysis, IEICE Transactions on Information and Systems, E95-D巻, 4号, pp.1130-pp.1141, 2012
  19. A Fast Multi-Object Extraction Algorithm Based on Cell-Based Connected Components Labeling, IEICE Transactions on Information and Systems, E95-D巻, 2号, pp.636-pp.645, 2012
  20. High-Frame-Rate Optical Flow System, IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology, 22巻, 1号, pp.105-pp.112, 2012
  21. HFR-Video-Based Machinery Surveillance for High-Speed Periodic Operations, Journal of System Design and Dynamics, 5巻, 6号, pp.1310-pp.1325, 2011
  22. Algorithm for Automatic Behavior Quantification of Laboratory Mice Using High-Frame-Rate Videos, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, 4巻, 5号, pp.322-pp.331, 2011
  23. A Structural Damage Quantification Method for HFR-Video-Based Modal Testing, Journal of System Design and Dynamics, 5巻, 4号, pp.624-pp.641, 2011
  24. An Intelligent High-Frame-Rate Video Logging System for Abnormal Behavior Analysis, Journal of Robotics and Mechatronics, 123巻, 1号, pp.53-pp.65, 2011
  25. Simultaneous Dynamics-Based Visual Inspection Using Modal Parameter Estimation, Journal of Robotics and Mechatronics, 23巻, 1号, pp.180-pp.195, 2011
  26. 多面ミラーを用いた三次元形状計測, 日本機械学会論文集(C編), 76巻, 772号, pp.3405-pp.3413, 2010
  27. 視点変換アイリス機構に基づく単眼ステレオシステム, 日本機械学会論文集(C編), 76巻, 770号, pp.2584-pp.2591, 2010
  28. リモートセンシングのためのモアレ縞を用いた加速度可視化マーカ, 日本機械学会論文集(C編), 76巻, 770号, pp.2592-pp.2597, 2010
  29. 高速ビデオ画像を用いた心筋梗塞モデルラットの心運動解析, 計測自動制御学会論文集, 46巻, 9号, pp.547-pp.554, 2010
  30. 表面反射特性推定に基づく実時間光沢面スキャナの開発, 日本機械学会論文集(C編), 76巻, 763号, pp.603-pp.610, 2010
  31. 腹腔鏡手術のためのバードビューカメラシステム, 生体医工学, 48巻, 2号, pp.189-pp.196, 2010
  32. 高速実時間オプティカルフローシステム, 電子情報通信学会論文誌D, J93-D巻, 1号, pp.29-pp.38, 2010
  33. 内視鏡外科用器具のためのモアレ縞を用いた力可視化メカニズム, 日本コンピュータ外科学会誌, 11巻, 4号, pp.447-pp.456, 2009
  34. 高速実時間オプティカルフローシステム, 電子情報通信学会論文誌D, J93-D巻, 1号, pp.29-pp.38, 2010
  35. ビデオ画像を利用した新生児運動のマーカーレス・モニタリングシステム, 計測自動制御学会論文集, 45巻, 4号, pp.224-pp.232, 2009
  36. Real-time Scratching Behavior Quantification System for Laboratory Mice Using High-speed Vision, Journal of Real-Time Image Processing, 4巻, 2号, pp.181-pp.190, 2009
  37. 高フレームレート三次元画像計測のためのコード化パターン光投影法, 電子情報通信学会論文誌D, J91-D巻, 5号, pp.1359-pp.1368, 2008
  38. 高速ビジョンを活用した構造物のアクティブ制振技術に関する検討, 土木学会論文集A, 64巻, 2号, pp.542-pp.555, 2008
  39. Automatic Scratching Pattern Detection for Laboratory Mice using High-speed Video Images, IEEE Transactions on Automation Science and Engineering, 5巻, 1号, pp.176-pp.182, 2008
  40. Dynamic Capturing Strategy for a 2-D Stick-Shaped Object Based on Friction Independent Collision, IEEE Transactions on Robotics, 23巻, 3号, pp.541-pp.552, 2007
  41. Identification of Equine Subclinical Lameness Induced by Pressure to the Sole of Fore- or Hindlimb, Journal of Equine Veterinary Science, 27巻, 10号, pp.429-pp.434, 2007
  42. A Sensitive Gait Parameter for Quantification of Arthritis in Rats, Journal of Pharmacological Sciences, 103巻, 2号, pp.113-pp.116, 2007
  43. コンタクトプローブを用いた眼剛性センシング, 計測自動制御学会論文集, 43巻, 4号, pp.143-pp.249, 2007
  44. Higher Order Autocorrelation Vision Chip, IEEE Transactions on Electron Devices, 153巻, 8号, pp.1797-pp.1804, 2006
  45. 高速ビデオ画像を用いた実験用マウスの擦過行動パターン検出, 電子情報通信学会論文誌D, J89-D巻, 7号, pp.1534-pp.1545, 2006
  46. 高速ビジョンを用いた実時間指先タッピングインタフェース, 電子情報通信学会論文誌D, J90-D巻, 2号, pp.544-pp.555, 2006
  47. 高解像度ビジョンチップのためのCFPEアーキテクチャ, 電子情報通信学会論文誌D, J89-D巻, 1号, pp.56-pp.63, 2006
  48. Non-Dimensional Analysis Based Design on Tracing Type Legged Robots, Journal of Robotics and Mechatronics, 18巻, 3号, pp.333-pp.339, 2006
  49. 二重旋回機構を備えた4本指ロボットの開発, 日本ロボット学会誌, 24巻, 7号, pp.813-pp.819, 2006
  50. 摩擦不感型衝突に基づく二次元棒状物体の動的捕獲戦略, 日本ロボット学会誌, vol.24, no.5 (2006) , 24巻, 5号, 2006
  51. 眼剛性センシング, 計測自動制御学会論文集, 42巻, 2号, pp.103-pp.110, 2006
  52. 高速非侵襲計測による生体眼エイジング効果の発見, 計測自動制御学会論文集, 42巻, 10号, pp.1093-pp.1099, 2006
  53. 川原知洋, 戸舎稚詞, 石井抱, 金子真, 位相差強調型腫瘍イメージャ ~ VATSへの応用 ~, 日本コンピュータ外科学会誌, 8巻, 2号, pp.89-pp.96, 2006
  54. 高速視覚を用いた実時間三次元追跡システム, 電子情報通信学会論文誌, J88-D-II巻, 12号, pp.2331-pp.2340, 2005
  55. シリアルリンクロボットの跳躍パターン生成, 日本ロボット学会誌, 23巻, 8号, pp.1002-pp.1010, 2005
  56. 高速ビジョンを用いた弾性はりのダイナミック接触力推定, 計測自動制御学会論文集, 41巻, 8号, pp.630-pp.636, 2005
  57. 無次元解析に基づくなぞり型脚式ロボットの設計, 日本機械学会論文集(C編), 71巻, 704号, pp.230-pp.236, 2005
  58. Network Visual Haptizingシステム, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 9巻, 3号, pp.227-pp.234, 2004
  59. Moment feature-based three-dimensional tracking using two high-speed vision systems, Advanced Robotics, 17巻, 10号, pp.1041-pp.2056, 2003
  60. 高次自己相関ビジョンチップの設計, 電子情報通信学会論文誌D-Ⅱ, J86-D-Ⅱ巻, 8号, pp.1205-pp.1211, 2003
  61. ポリゴンマッチングビジョンチップの設計, 電子情報通信学会論文誌C, J86-C巻, 8号, pp.745-pp.751, 2003
  62. A Digital Vision Chip Specialized for High-speed Target Tracking, IEEE Transaction on Electron Devices, 50巻, 1号, pp.191-pp.199, 2003
  63. 高速センサフィードバックに基づく把握行動, 日本ロボット学会誌, 20巻, 7号, pp.707-pp.716, 2002
  64. マイクロビジュアルフィードバックシステム, 電子情報通信学会誌 D-II, J84-D-II巻, 6号, pp.994-pp.1002, 2001
  65. 実時間視覚処理のためのビジョンチップシステムの開発, 電子情報通信学会誌 D-II, J84-D-II巻, 6号, pp.976-pp.984, 2001
  66. Device and System Development of General Purpose Digital Vision Chip, Journal of Robotics and Mechatronics, 2巻, 5号, pp.515-pp.520, 2001
  67. 高速対象追跡ビジョンチップ, 電子情報通信学会論文誌D-I, J84-D-II巻, 1号, pp.75-pp.82, 2001
  68. 1ms Sensory-Motor Fusion System, IEEE Transactions On Mechatoronics, 5巻, 3号, pp.244-pp.252, 2000
  69. ディジタルビジョンチップのためのモーメント計算法, 電子情報通信学会論文誌 D-II, J82-D-II巻, 8号, pp.7333-pp.1740, 2000
  70. 高速ビジョンのためのSelf Windowing,, 電子情報通信学会論文誌 D-II, J82-D-II巻, 12号, pp.2280-pp.2287, 1999
  71. 1msビジュアルフィードバックシステムのための高速対象追跡アルゴリズム, 日本ロボット学会誌, 17巻, 2号, pp.195-pp.201, 1999
  72. 高速ビジョンのための直線抽出法, 電子情報通信学会論文誌 D-II, J81-D-II巻, 8号, pp.1920-pp.1926, 1998
  73. 視触覚モダリティ変換を用いたリアルタイム実環境仮想接触システム, 電子情報通信学会論文誌 D-II, J81-D-II巻, 5号, pp.918-pp.924, 1998
  74. 汎用プロセッシングエレメントを用いた超並列・超高速ビジョンチップの設計, J81-D-1 巻, 2号, pp.70-pp.76, 1998
  75. 超並列・超高速ビジョンを用いた1msターゲットトラッキングシステム, 日本ロボット学会誌, 15巻, 3号, pp.417-pp.421, 1997
  76. 分布型触覚センサを用いた触覚パターン獲得のための能動的触運動, 日本ロボット学会誌, 15巻, 5号, pp.795-pp.801, 1997
  77. LOC-Based High-Throughput Cell Morphology Analysis System, IEEE TRANSACTIONS ON AUTOMATION SCIENCE AND ENGINEERING, 12巻, 4号, pp.1346-pp.1356, 20151001
  78. A SELF-PROJECTED STRUCTURED LIGHT SYSTEM FOR FAST THREE-DIMENSIONAL SHAPE INSPECTION, INTERNATIONAL JOURNAL OF ROBOTICS & AUTOMATION, 30巻, 5号, pp.458-pp.470, 2015
  79. High frame-rate tracking of multiple color-patterned objects, JOURNAL OF REAL-TIME IMAGE PROCESSING, 11巻, 2号, pp.251-pp.269, 201602

著書等出版物

  1. 2012年03月14日, Advanced Image Acquisition, Processing Techniques and Applications I (D. Ventzas ed.), In this chapter, a spatio-temporal selection type coded structured light projection method is proposed for the acquisition of three-dimensional images at a high frame rate. The proposed method can select adaptive space encoding types accoding to the temporal changes in the code images, Our proposed method was verified off-line using a testbed that was composed of a high-speed camera and ahigh-speed projector. We evaluated its effectiveness by producing experimental results for various three-dimensional objects moving quickly, at a high frame rate such as 1000 fps, which is too fast for the human eye to observe their three-dimensional motion in detail., A Coded Structured Light Projection Method for High-Frame-Rate 3D Image Acquisition, INTECH, 2012年, 3, 単行本(学術書), 共著, English, Idaku Ishii, 178, 16
  2. 2012年05月02日, Human-Centric Machine Vision (M. Chessa, F. Solari and S.P. Sabatini, eds.), In this chapter, We have developed a real-time scratching behavior quantification system for laboratory mice; for this purpose, we introduced a specially designed high-speed vision system that can calculate the frame-to-frame difference for a 640 × 400 pi image at a rate of 240 fps. An improved scratching quantification algorithm is implemented in the system and demonstrated experiment for detecting scratching behavior for 20min in 4 ICR mice. The analysis results demonstrate the system's effectiveness wih regard to accurate mice scratching quantification for real-time and long-time observation. For next step, the current method will be improved and an automated system will be developed for objective and quantitative evaluations of laboratory animal behaviors for practiealuse such as the development of new drugs for various diseases including atopic dermatitis., Automatic Scratching Analyzing System for Laboratory Mice: SCLABA-Real, INTECH, 2012年, 5, 単行本(学術書), 共著, English, Yuman Nie, Idaku Ishii, Akane Tanaka and Hiroshi Matsuda, 188, 18
  3. 2003年12月12日, ビークル(金井喜美雄他著,計測自動制御学会編), 自動車,航空機,ヘリコプタ,ロケットおよび宇宙機の航法と運動,誘導,制御技術を述べ,これらの特徴とミッションを示し,運行(移動)を安全・正確に実行するための画像処理,移動体の位置認識および経路計画技術・手法を論じる。, ビーグルと画像処理, コロナ社, 2003年, 12, 単行本(学術書), 共著, 金井喜美雄、 石井抱、石川正俊、 川口淳一郎、河内啓二、 川邊武俊、坪内孝司 、登尾啓史、吉田和哉, 230, 18
  4. 2000年, Robotics Research (J.M. Hollerbach and D.E. Koditschek eds.), 1ms Sensory-Motor Fusion System , Springer, 2000年, 単行本(学術書), 共著, English, Masatoshi Ishikawa, Takashi Komuro, Akio Namiki, and Idaku Ishii, 6

受賞

  1. 2011年08月24日, 公益財団法人中国電力技術研究財団優秀研究賞, 公益財団法人中国電力技術研究財団理事長 清水 希茂
  2. 2011年10月14日, 社団法人計測自動制御学会 計測部門論文賞, 社団法人計測自動制御学会 計測部門長 寺本 顕武, 「高速ビデオ画像を用いた心筋梗塞モデルラットの心運動解析」
  3. 2011年11月03日, ISOT2011 Best Student Paper Award, Yeung Yam General Chair, ISOT2011, 2000-FPS Multi-Object Recognition using SHIFT-Invariant Features
  4. 2010年06月15日, (社)日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ROBOMEC表彰, (社)日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門部門長
  5. 2012年11月03日, 日本コンピュータ外科学会 論文賞(工学賞), 一般社団法人日本コンピュータ外科学会理事長
  6. 第2回IPデザインアワードIP優秀賞
  7. 計測自動制御学会 技術賞・友田賞
  8. 高度自動化技術振興財団本賞
  9. 第3回ロボティクスシンポジア最優秀論文賞
  10. 日本ロボット学会学術奨励賞
  11. IEEE Solid-State Circuits Society, Japan Chapter奨励賞
  12. 第4回 LSI IP デザインアワード IP賞
  13. 2005年, 第11回ロボティクスシンポジア最優秀論文賞
  14. 3次元画像カンファレンス2004優秀論文賞
  15. 日本ロボット学会論文賞
  16. 2007年12月, SI2007優秀講演賞, 第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長 プログラム委員長, 「把持装置のためのモアレ縞を用いた力可視化メカニズム」
  17. 2009年03月, 第14回ロボティクス・シンポジア優秀論文賞, 第14回ロボティクス・シンポジア実行委員長 プログラム委員長, 「高速ビジョンプラットフォームH3 Visionの開発」
  18. 2008年03月, 2007年度講演論文賞, 日本コンピュータ外科学会理事長, 内視鏡外科用器具のための力可視化メカニズム
  19. Video Award Finalist, IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation
  20. 2012年05月28日, 一般社団法人日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門 ROBOMEC表彰/, 一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門長
  21. 2012年05月17日, IEEE ROBOTICS AND AUTOMATION SOCIETY,Best Automation Paper Award-Finalist, General Chair,ICRA2012・Awards Chair,ICRA2012
  22. 2013年04月19日, 日本機械学会日本機械学会賞(論文), 一般社団法人日本機械学会会長
  23. 2013年05月23日, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ROBOMEC表彰, 一般社団法人日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門部門長
  24. 2013年08月20日, SCMT3 Paper Selected for Journal, SCMT3 International Organizing Committee
  25. 2014年04月18日, 2013年度日本機械学会賞(論文), 一般社団法人日本機械学会会長, 振動ベースド画像特徴量を用いた高速ターゲットトラッキング
  26. 2015年05月18日, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ROBOMEC表彰, 一般社団法人日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門部門長, 格子パターンの改良によるひずび可視化シールの高精度化
  27. 2015年12月13日, Best Student Paper Award IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2015) , General Chair Award Chair