田代 聡Satoshi Tashiro

Last Updated :2019/09/19

所属・職名
原爆放射線医科学研究所 放射線障害機構研究部門 教授
メールアドレス
ktashirohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学
  • 総合生物 / 腫瘍学 / 腫瘍生物学

研究キーワード

  • ゲノム修復
  • クロマチン構造変換
  • 高次核構造
  • 核内ドメイン

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 2ターム, 医学研究序論
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 医科歯科分子生物学
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 研究方法概論
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 研究方法概論
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 研究方法概論
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 研究方法概論
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線統合医科学
  13. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線統合医科学
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線統合医科学
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線統合医科学
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の機能
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学演習(細胞修復制御学)
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学演習(細胞修復制御学)
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(細胞修復制御学)
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学特別研究(細胞修復制御学)
  21. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞修復制御学特別演習
  22. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞修復制御学特別実験
  23. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞修復制御学特別実験
  24. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  25. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞修復制御学特別演習
  26. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  27. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  28. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  29. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  30. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  31. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  32. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  33. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の機能
  34. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 研究方法論A
  35. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 研究方法論B
  36. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 放射線統合医科学
  37. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞修復制御学特別演習
  38. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞修復制御学特別演習
  39. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞修復制御学特別研究
  40. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞修復制御学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. FANCI phosphorylation functions as a molecular switch to turn on the Fanconi anemia pathway, NATURE STRUCTURAL & MOLECULAR BIOLOGY, 15巻, 11号, pp. 1138-1146, 200811
  2. Investigation on circular asymmetry of geographical distribution in cancer mortality of Hiroshima atomic bomb survivors based on risk maps: analysis of spatial survival data, RADIATION AND ENVIRONMENTAL BIOPHYSICS, 51巻, 2号, pp. 133-141, 201205
  3. Involvement of ribonucleotide reductase-M1 in 5-fluorouracil-induced DNA damage in esophageal cancer cell lines, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 42巻, 6号, pp. 1951-1960, 201306
  4. Involvement of homologous recombination in the synergism between cisplatin and poly (ADP-ribose) polymerase inhibition, CANCER SCIENCE, 104巻, 12号, pp. 1593-1599, 201312
  5. ★, Rad51 accumulation at sites of DNA damage and in postreplicative chromatin., J. Cell Biol., 150巻, 2号, pp. 283-291, 20000701
  6. Instability of chromosome 7 in colony forming cells of patients with aplastic anemia., Int. J. Hematol, 70巻, pp. 13-19, 19990401
  7. A new system for laser-UVA-microirradiation of living cells., J Microsc., 209巻, pp. 71-75, 20030401
  8. Chromosome order in HeLa cells changes during mitosis and early G1, but is stably maintained during subsequent interphase stages., J. Cell Biol., 160巻, pp. 685-697, 20030401
  9. DNA修復機構と核高次構造., 遺伝子医学, 5巻, pp. 73-77, 20010401
  10. 核高次構造と核機能:染色体領域ムクロマチン間領域モデルを中心として., 細胞工学, 10巻, pp. 1154-1156, 20020401
  11. 白血病発生と染色体異常・癌遺伝子, 臨床成人病, 20巻, 11号, 19901101
  12. CML細胞株におけるInterferon-alphaによるc-myc,c-myb,HLA-B7発現量の検討, 新薬と臨床, 43巻, 8号, 19940801
  13. 無ガンマグロブリン血症で発症し、慢性活動性EBウイルス感染症に悪性リンパ腫を合併した一女児例, 日本小児血液学会雑誌, 4巻, pp. 109-113, 19900401
  14. 神経芽細胞腫後発症した骨髄異形成症候群, 日本小児科学会雑誌, 99巻, pp. 862-867, 19950401
  15. 乳児白血病とMLL-1遺伝子再構成 pp. 10-12, 1994., 厚生省がん研究助成金:難治性小児がん特に難治性白血病及び類縁疾患の病態の解明と診断・治療法の開発報告書  平成3年度, pp. 10-12, 19940401
  16. Heme regulates gene expression by triggering Crm1-dependent nuclear export of Bach1, EMBO J., 23巻, pp. 2544-2553, 20040401
  17. 思春期における腹痛と消化管運動異常-マーカー法を用いて-., Therapeutic Research, 16巻, pp. 294-300, 19950401
  18. 過敏性腸症候群に対するマレイン酸トリメブチンの効果-放射線非透過性マーカー法を用いて-., Progress in Medicine, 15巻, pp. 875-877, 19950401
  19. Conotruncal anomalies and Neurocristopathy following maternal excess Tretinoin exposure., Birth Defects Res Part A Clin and Mol Teratol, 73巻, 5号, pp. 361, 20050501
  20. ガンマ線照射並びにTretinoin投与による円錐動脈幹異常と神経堤障害症候群, Proceedings of the 48th Annual Meeting of the Japan Radiation Research Society/the first Asian Congress of Radiation Research., pp. 121, 20051101
  21. Embryonic lethality and teratogenic effects in rats of fast neutrons and gamma-rays following maternal exposure on day 9 of gestation., Birth Defects Res Part A Clin and Mol Teratol, 76巻, 5号, pp. 386, 20060501
  22. Polycomb group gene mel-18 regulates early T progenitors expansion by maintaining Hes-1 expression., The Journal of Immunology, 174巻, pp. 2507-2516, 20050401
  23. DNA修復とクロマチン構造変換, 蛋白質核酸酵素, 51巻, 4号, pp. 310-4, 20061115
  24. 白血病のゲノム不安定性, 日本臨床, 65巻, 1号, pp. 105-8, 20061108
  25. マルチカラー技術を用いたFISH法と免疫蛍光染色, 蛋白質核酸酵素, 51巻, 4号, pp. 1978-1980, 20061101
  26. ゲノム修復と細胞核ダイナミクス, 放射線生物研究, 41巻, 2号, pp. 182-195, 20061201
  27. Dynamics and induction of the BACH2 gene by imatinib mesylate in chronic myeloid leukemia cells, Genes Chromosomes and Cancer, 46巻, pp. 67-74, 20070110
  28. Regulation of heme oxygenase-1 by transcription factor Bach1 in the mouse brain., Neuroscience Letters, 440巻, 2号, pp. 160, 20080801
  29. Histone H2AX participates the DNA damage-induced ATM activation through interaction with NBS1., 生化的生物物理学的研究報告集, 20090320
  30. The mobility of Bach2 nuclear foci is regulated by SUMO-1 modification., Experimental cell research., 4巻, 314号, pp. 903, 20080215
  31. DNA damage-dependent acetylation and ubiquitination of H2AX enhances chromatin dynamics., Mol Cell Biol., 27巻, 20号, pp. 7028, 20071027
  32. 染色体転座形成の分子機構, 放射線生物研究, 44巻, 4号, pp. 419-430, 20091201
  33. Dynamics and induction of the BACH2 gene by imatinib mesylate in chronic myeloid leukemia cells, Genes Chromosomes and Cancer 2007, 46巻, pp. 67-74, 20070301
  34. 広島原爆被爆者コホート1970~2010年におけるリスク地図の推定., 広島医学, 65巻, pp. 255-258, 20120101
  35. Investigation on circular asymmetry of geographical distribution of mortality risk in Hiroshima atomic bomb survivors, IPSHU English Research Report Series, 28巻, pp. 57-65, 20120401
  36. 広島原爆被爆者における直爆被爆線量では説明できないリスクの地理分布について, 長崎医学会雑誌, 87巻, pp. 176-180, 20120901
  37. 広島原爆被爆者における黒い雨降雨地域の死亡危険度について, 長崎医学会雑誌, 87巻, pp. 186-190, 20120901
  38. Rad51 accumulation at sites of DNA damage and in postreplicative chromatin, JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 150巻, 2号, pp. 283-291, 20000724
  39. A role for RAD54B in homologous recombination in human cells, EMBO JOURNAL, 21巻, 1-2号, pp. 175-180, 20020115
  40. Activation of Maf/AP-1 repressor Bach2 by oxidative stress promotes apoptosis and its interaction with promyelocytic leukemia nuclear bodies, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 277巻, 23号, pp. 20724-20733, 20020607
  41. Hemoprotein Bach1 regulates enhancer availability of heme oxygenase-1 gene, EMBO JOURNAL, 21巻, 19号, pp. 5216-5224, 20021001
  42. Cadmium induces nuclear export of Bach1, a transcriptional repressor of heme oxygenase-1 gene, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 278巻, 49号, pp. 49246-49253, 20031205
  43. XRCC3 deficiency results in a defect in recombination and increased endoreduplication in human cells, EMBO JOURNAL, 23巻, 3号, pp. 670-680, 20040211
  44. Heme regulates the dynamic exchange of Bach1 and NF-E2-related factors in the Maf transcription factor network, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 101巻, 6号, pp. 1461-1466, 20040210
  45. Repression of PML nuclear body-associated transcription by oxidative stress-activated Bach2, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 24巻, 8号, pp. 3473-3484, 200404
  46. The transcriptional programme of antibody class switching involves the repressor Bach2, NATURE, 429巻, 6991号, pp. 566-571, 20040603
  47. Polycomb group gene mel-18 regulates early T progenitor expansion by maintaining the expression of Hes-1, a target of the notch pathway, JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 174巻, 5号, pp. 2507-2516, 20050301
  48. Dynamic cytoplasmic anchoring of the transcription factor Bach1 by intracellular hyaluronic acid binding protein IHABP, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 137巻, 3号, pp. 287-296, 200503
  49. Plasmacytic transcription factor Blimp-1 is repressed by Bach2 in B cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 281巻, 50号, pp. 38226-38234, 20061215
  50. Nuclear positioning of the BACH2 gene in BCR-ABL positive leukemic cells, GENES CHROMOSOMES & CANCER, 46巻, 1号, pp. 67-74, 200701
  51. Non-SCN5A related Brugada syndromes: Verification of normal splicing and trafficking of SCN5A without exonic mutations, ANNALS OF HUMAN GENETICS, 71巻, pp. 8-17, 200701
  52. Co-repressor SMRT and class II histone deacetylases promote bach2 nuclear retention and formation of nuclear foci that are responsible for local transcriptional repression, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 141巻, 5号, pp. 719-727, 200705
  53. The human actin-related protein hArp5: Nucleo-cytoplasmic shuttling and involvement in DNA repair, EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 315巻, 2号, pp. 206-217, 20090115
  54. Histone H2AX participates the DNA damage-induced ATM activation through interaction with NBS1, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 380巻, 4号, pp. 752-757, 20090320
  55. DIDS, a chemical compound that inhibits RAD51-mediated homologous pairing and strand exchange, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 37巻, 10号, pp. 3367-3376, 200906
  56. Essential role of Tip60-dependent recruitment of ribonucleotide reductase at DNA damage sites in DNA repair during G1 phase, GENES & DEVELOPMENT, 24巻, 4号, pp. 333-338, 20100215
  57. The putative nuclear localization signal of the human RAD52 protein is a potential sumoylation site, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 147巻, 6号, pp. 833-842, 201006
  58. p130Cas, Crk-Associated Substrate Plays Essential Roles in Liver Development by Regulating Sinusoidal Endothelial Cell Fenestration, HEPATOLOGY, 52巻, 3号, pp. 1089-1099, 201009
  59. ATM Modulates the Loading of Recombination Proteins onto a Chromosomal Translocation Breakpoint Hotspot, PLOS ONE, 5巻, 10号, 20101027
  60. Bach2 represses plasma cell gene regulatory network in B cells to promote antibody class switch, EMBO JOURNAL, 29巻, 23号, pp. 4048-4061, 20101201
  61. Regulation of Homologous Recombination by RNF20-Dependent H2B Ubiquitination, MOLECULAR CELL, 41巻, 5号, pp. 515-528, 20110304
  62. Methionine Adenosyltransferase II Serves as a Transcriptional Corepressor of Maf Oncoprotein, MOLECULAR CELL, 41巻, 5号, pp. 554-566, 20110304
  63. Halenaquinone, a chemical compound that specifically inhibits the secondary DNA binding of RAD51, GENES TO CELLS, 16巻, 4号, pp. 427-436, 201104
  64. Synaptonemal complex protein SYCP3 impairs mitotic recombination by interfering with BRCA2, EMBO REPORTS, 13巻, 1号, pp. 44-51, 201201
  65. A Modified System for Analyzing Ionizing Radiation-Induced Chromosome Abnormalities, RADIATION RESEARCH, 177巻, 5号, pp. 533-538, 201205
  66. A Nonsynonymous Polymorphism in Semaphorin 3A as a Risk Factor for Human Unexplained Cardiac Arrest with Documented Ventricular Fibrillation, PLOS GENETICS, 9巻, 4号, 201304
  67. A functional deficiency of TERA/VCP/p97 contributes to impaired DNA repair in multiple polyglutamine diseases, NATURE COMMUNICATIONS, 4巻, 201305
  68. Activation of the SUMO modification system is required for the accumulation of RAD51 at sites of DNA damage, JOURNAL OF CELL SCIENCE, 126巻, 22号, pp. 5284-5292, 20131115
  69. Role of DNA Damage in Cardiovascular Disease, CIRCULATION JOURNAL, 78巻, 1号, pp. 42-50, 201401
  70. Nap1 stimulates homologous recombination by RAD51 and RAD54 in higher-ordered chromatin containing histone H1, SCIENTIFIC REPORTS, 4巻, 20140506
  71. Reorganization of Damaged Chromatin by the Exchange of Histone Variant H2A.Z-2, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 89巻, 4号, pp. 736-744, 20140715
  72. Smoking Cessation Reverses DNA Double-Strand Breaks in Human Mononuclear Cells, PLOS ONE, 9巻, 8号, 20140805
  73. The transcription repressors Bach2 and Bach1 promote B cell development by repressing the myeloid program, NATURE IMMUNOLOGY, 15巻, 12号, pp. 1171-1180, 201412
  74. Structural Basis for Ubiquitin Recognition by Ubiquitin-Binding Zinc Finger of FAAP20, PLOS ONE, 10巻, 3号, 20150323
  75. The International Nucleome Consortium, NUCLEUS, 6巻, 2号, pp. 89-92, 2015
  76. Regulation of homologous recombinational repair by lamin B1 in radiation-induced DNA damage, FASEB JOURNAL, 29巻, 6号, pp. 2514-2525, 201506
  77. hCAS/CSE1L regulates RAD51 distribution and focus formation for homologous recombinational repair, GENES TO CELLS, 20巻, 9号, pp. 681-694, 201509
  78. Relaxed Chromatin Formation and Weak Suppression of Homologous Pairing by the Testis-Specific Linker Histone H1T, BIOCHEMISTRY, 55巻, 4号, pp. 637-646, 20160202
  79. Cytogenetic effects of radioiodine therapy: a 20-year follow-up study, RADIATION AND ENVIRONMENTAL BIOPHYSICS, 55巻, 2号, pp. 203-213, 201605
  80. Enhanced gefitinib-induced repression of the epidermal growth factor receptor pathway by ataxia telangiectasia-mutated kinase inhibition in non-small-cell lung cancer cells, CANCER SCIENCE, 107巻, 4号, pp. 444-451, 201604
  81. Antagonizing effect of CLPABP on the function of HuR as a regulator of ARE-containing leptin mRNA stability and the effect of its depletion on obesity in old male mouse, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR AND CELL BIOLOGY OF LIPIDS, 1861巻, 11号, pp. 1816-1827, 201611
  82. A new application of the phase-field method for understanding the mechanisms of nuclear architecture reorganization, JOURNAL OF MATHEMATICAL BIOLOGY, 74巻, 1-2号, pp. 333-354, 201701
  83. Common Variant Near HEY2 Has a Protective Effect on Ventricular Fibrillation Occurrence in Brugada Syndrome by Regulating the Repolarization Current, CIRCULATION-ARRHYTHMIA AND ELECTROPHYSIOLOGY, 9巻, 1号, 201601
  84. DNA damage in lymphocytes induced by cardiac CT and comparison with physical exposure parameters, EUROPEAN RADIOLOGY, 27巻, 4号, pp. 1660-1666, 201704
  85. Evaluation of ATM heterozygous mutations underlying individual differences in radiosensitivity using genome editing in human cultured cells, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 20170720
  86. SUMO modification system facilitates the exchange of histone variant H2A.Z-2 at DNA damage sites, NUCLEUS, 9巻, 1号, pp. 87-94, 20180101
  87. Distinct roles of ATM and ATR in the regulation of ARP8 phosphorylation to prevent chromosome translocations, ELIFE, 7巻, 20180508
  88. Exploration of genetic basis underlying individual differences in radiosensitivity within human populations using genome editing technology, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 59巻, 201804
  89. Estimation of the effects of medical diagnostic radiation exposure based on DNA damage, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 59巻, 201804
  90. XRCC3 polymorphism is associated with hypertension-induced left ventricular hypertrophy, HYPERTENSION RESEARCH, 41巻, 6号, pp. 426-434, 201806
  91. RELATIVE BIOLOGICAL EFFECTIVENESS OF NEUTRONS DERIVED FROM THE EXCESS RELATIVE RISK MODEL WITH THE ATOMIC BOMB SURVIVORS DATA MANAGED BY HIROSHIMA UNIVERSITY, RADIATION PROTECTION DOSIMETRY, 180巻, 1-4号, pp. 346-350, 201808
  92. Chromosomal Abnormalities in Human Lymphocytes after Computed Tomography Scan Procedure, RADIATION RESEARCH, 190巻, 4号, pp. 424-432, 201810
  93. 放射線の人体への影響, 小児内科, 44巻, 3号, pp. 492-494, 20120301
  94. Nucleome研究の世界動向, 実験医学, 35巻, 1号, pp. 78-82, 20170101
  95. 放射能汚染による健康リスク③ ー福島原発:甲状腺がんをめぐる論争, 環境による健康リスク, 146巻, (2)号, pp. S148-S150, 20171015
  96. ヌクレオームコンソーシアム, 生物物理, 58巻, 4号, pp. 221-222, 201808
  97. ヌクレオーム解析時代の幕開け, 細胞工学, 35巻, 1号, pp. 66-69, 20151222
  98. Cancer-associated mutations of histones H2B, H3.1 and H2AZ1 affect the structure and stability of the nucleosome, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 46巻, 19号, pp. 10007-10018, 20181102
  99. DNA Damage and Senescence-Associated Inflammation in Cardiovascular Disease, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 42巻, 4号, pp. 531-537, 201904
  100. 放射線と染色体異常, 実験医学, 36巻, 27号, pp. 192-196, 2018,11,01
  101. 放射線災害と子ども, 小児内科, 50巻, pp. 411-413

著書等出版物

  1. 2001年12月, バイオサイエンスの新世紀、第1章 ゲノムの高次構造と転写制御 , 共立出版, 2001年, 12, 共編著, 田代 聡
  2. 2001年02月, 遺伝子医学、DNA修復機構と核高次構造 , メディカルドウ, 2001年, 02, 共編著, 田代 聡
  3. 1996年10月, 臨床染色体診断、II-3.環境変異原と染色体異常. C.ウイルスと染色体異常. , 金原出版, 1996年, 10, 共編著, 田代 聡
  4. 1995年08月, 遺伝子診断実践ガイド、3)血液腫瘍疾患、2.AML-M3とt(15;17) , 中外医学社, 1995年, 08, 共編著, 田代 聡
  5. 1995年12月, 組織培養、急性前骨髄球性白血病と15;17転座 , ニューサイエンス社, 1995年, 12, 共編著, 田代 聡
  6. 1994年08月, 臨床成人病、遺伝子診断はどこまで有用か , 東京医学社, 1994年, 08, 共編著, 田代 聡
  7. 1994年06月, 医学のあゆみ、情報伝達系の異常と疾患、レチノイン酸受容体遺伝子と急性前骨髄球性白血病 , 医歯薬出版株式会社, 1994年, 06, 共編著, 田代 聡
  8. 1992年05月, Medical Practice、急性白血病にみられる染色体転座の分子生物学、t(15;17)の分子生物学 , 文光堂, 1992年, 05, 共編著, 田代 聡
  9. 1991年07月, 実験医学、急性前骨髄球性白血病の15;17転座とレチノイン酸受容体遺伝子 , 羊土社, 1991年, 07, 共編著, 田代 聡
  10. 2002年10月, 核高次構造と核機能:染色体領域―クロマチン間領域モデルを中心として , 細胞工学, 2002年, 10, 単行本(学術書), 共著, 小野 厚 五十嵐 和彦 田代 聡 , 3
  11. 2004年09月, 酸化ストレスにより転写因子Bach2はPMLボディ周辺の遺伝子発現を特異的に抑制する. , 実験医学, 2004年, 09, 単行本(学術書), 共著, 五十嵐 和彦 田代 聡 , 2
  12. 2004年04月, 染色体DNAの分子イメージング. 細胞核のダイナミクス. , Springer, 2004年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 田代 聡 , 4
  13. 2007年03月, 1-5)放射線による細胞死(放射線医科学 -生体と放射線・電磁波・超音波-)、(近藤、平岡、松本、宮川、宮越編) , 学会出版センター, 2007年, 03, 教科書, 共著, 前澤 博 立花 章 三浦雅彦 窪田宣夫 小松賢志 宮川 清 田代 聡 安部由直 難波裕幸 法村俊之 神谷 研二 高橋昭久 小野哲也 田内 広 桑原幹典 細井義夫 松本英樹 松本義久 内海博司 鈴木 文男 , 9784762230554, 148
  14. 2016年10月21日, 新版 放射線医科学 -生体と放射線・電磁波・超音波-, 新版 放射線医科学 -生体と放射線・電磁波・超音波-, 医療科学社, 2016年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大西 武雄 (監修), 松本 英樹 (監修), 近藤 隆 (編集), 島田 義也 (編集), 田内 広 (編集), 平岡 真寛 (編集), 三浦 雅彦 (編集), 宮川 清 (編集), 宮越 順二 (編集) 執筆者 63名, ISBN978-4-86003-481-8, 189, 58-60
  15. 2018年03月, 最新Body CT診断, CTにおける被ばくの生物学的影響, メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 2018, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 福本 航、石田 万里、田代 聡 編集 粟井 和夫、陣崎 雅弘, 978-4-89592-907-3, 380

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Dynamics of BACH2 nuclear foci regualted by SUMOylation., 田代 聡, International Symposium on Functional Organization of the Nucleus., 2007年01月, 招待, 日本語
  2. Dynamics of higher order nuclear architecture upon DNA damage., The 7th Japan-France Workshop on Radiation Biology., 2008年10月, 招待, 日本語
  3. ATM modulates the loading of recombination proteins onto a chromosomal translocation breakpoint hotspot in therapy-related leukemia., 田代 聡, The 3rd International Open Laboratory Workshop., 2009年03月, 招待, 日本語
  4. 小児甲状腺被ばく線量スクリーニングの実際と問題点, 田代聡, 第20回日本災害医学会総会・学術集会, 2015年02月27日, 通常, 日本語, 日本集団災害医学会, たましんRISURUホール(立川市市民会館),  広島、長崎の原爆被爆者には、熱傷、消化器障害や造血障害などの放射線による急性障害とともに、被爆数年後から白血病や固形腫瘍の発症増加が認められた。特に、小児では白血病の増加が認められている。一方、チェルノブイリ原発事故では、放射性ヨウ素に汚染された牛乳を摂取した小児に、甲状腺がんの発症が認められている。このため、原発事故では、小児の甲状腺被ばく線量を把握することが非常に重要である。しかし、放射性ヨウ素は半減期が短いため、事故発生直後の非常に混乱した時期にできるだけ正確に甲状腺被ばく線量の把握を行わなくてはならないという問題がある。  福島第一原発事故では、政府現地対策本部医療班が、原子力安全委員会の助言を参考に、福島県の協力をえて合計1149名に小児甲状腺被ばく線量のスクリーニングを行なった。その結果、スクリーニングレベルを超える者は認められなかった。小児の甲状腺被ばく線量スクリーニングの実際と問題点について、討論したい。
  5. 放射線の健康影響について, 田代聡, 放射線の健康影響等に関する住民セミナー(栃木県), 2015年03月07日, 招待, 日本語, 公益財団法人原子力安全研究協会, 栃木県大田原市市民交流センター
  6. 放射線の人体に与える影響 ー染色体異常の形成機構ー, 田代聡, 東北大学医学部RI再教育, 2015年03月12日, 招待, 日本語, 東北大学, 東北大学
  7. ゲノム修復と細胞核高次構造, 田代聡, 東北大学加齢医学研究所セミナー, 2015年03月12日, 招待, 日本語, 東北大学加齢研究所, 東北大学, 白血病・悪性リンパ腫では、疾患特異的染色体転座の存在が知られています。これら免疫系細胞由来悪性腫瘍の染色体転座の形成には、免疫グロブリンやT細胞受容体遺伝子の生理的な遺伝子再構成システムが深くかかわっていることが示されています。一方、骨髄性白血病や固形腫瘍にも疾患特異的染色体転座は存在しますが、これらの染色体転座形成の分子機構について詳細は未だ不明です。染色体転座の形成には、遺伝子の核内配置と切断された遺伝子をつなぎ合わせるゲノム修復機構が深くかかわっていると考えられます。本セミナーでは、染色体転座の形成機構について、細胞核構造とゲノム修復の観点から討論したいと思います。
  8. ゲノム修復における 動的クロマチン構造変換, 田代聡, 第3回動的クロマチン班会議, 2015年05月09日, 通常, 日本語, ルスツリゾート, ゲノム修復機構の制御では、損傷クロマチンの再構成が重要な役割を果たしている。損傷部位近傍では、ヒストンH2AXのリン酸化などの翻訳後修飾やヒストンバリアント交換反応などによるクロマチン構造の再構成が、ゲノム修復関連タンパク質の損傷部位周辺への効率的な集積に必要であると考えられている。しかし、最も重篤なゲノム損傷であるDNA二本鎖切断(DSBs)修復の制御に関わるヒストン交換反応については不明な点が多い。  本領域の計画班員原田らは、ヒストンH2A.ZにH2A.Z-1とH2A.Z-2の二つのH2A.Zアイソフォームが存在することを報告した。そこで、我々は、H2A.Zアイソフォームのゲノム修復制御における役割を検討した。紫外線マイクロ照射法とFluorescence recovery after photobleaching (FRAP)解析を組み合わせることにより、DSBs誘導直後のH2A.Zアイソフォームの動態解析を行った結果、H2A.Z-2は損傷部位で交換反応が促進されていたが、H2A.Z-1の動態変化は認められなかった。さらに、H2A.Z-2遺伝子欠失DT40細胞株やH2A.Z-2発現抑制U2OS細胞では、DSBs修復に関わるRAD51フォーカス形成が抑制されること、放射線感受性が増大することが明らかになり、H2A.Z-2が損傷クロマチンの再構成を介して、ゲノム修復の制御に係わっていることが示された。興味深いことに、H2A.Z-2の損傷依存的交換反応には、翻訳後修飾システムの一つであるSUMO化修飾システムが関与しているという知見が得られた。SUMO化修飾システムによる動的クロマチン構造変換の制御とゲノム修復機構の関連について討論したい。
  9. Regulation of DNA repair and nuclear lamina, 田代 聡, Institute for Protein Research (IPR) Seminar Nuclear organization and actin-dependent mechanisms in genome stability, 2015年05月18日, 招待, 英語
  10. 放射線の健康影響と小児, 田代聡, 第53回 日本小児歯科学会大会, 2015年05月22日, 通常, 日本語, 日本小児歯科学会, 広島市国際会議場, 生物は、宇宙からの放射線や地上の岩石、食物などに含まれる放射性物質からの自然放射線が存在する地球上の環境で生存しています。放射線が人体を通過するときに、細胞核の中にある染色体DNAを傷つけてしまうことがあります。このため、生物には、染色体DNAの損傷から遺伝子の情報を守るための2つの仕組み、「細胞死」と「DNA修復」が備わっています。  ヒトなどの多細胞生物では、新陳代謝により古くなった細胞が自然に「細胞死」を起こして新しい細胞と入れ替わります。強い放射線被ばくによる多数の損傷が入った染色体DNAを持つ細胞では、細胞を「殺す」ことにより細胞ごと損傷された遺伝情報を体から排除します。しかし、死細胞の割合があまりにも多くなってしまうと臓器や組織の機能が著しく障害され、皮膚では「やけど」、血液では「貧血」などの障害が引き起こされます。このことが、放射線被ばくの直後から認められる急性障害の原因と考えられています。このような障害は、ある強さ(しきい値)以上の放射線被ばくで必ず発症するため「確定的影響」と呼ばれ、その重症度は被ばくの程度に比例します。  一方、「細胞死」が誘導されるほどの重篤な放射線被ばくではない場合、もともと細胞に備わっているDNAの修復機構により染色体DNAの傷は修復されます。しかし修復機構も完璧ではなく、多数の損傷を受けた場合には染色体DNAを100パーセント元通りに修復することは困難であり、被ばく線量の強さに相関して一定の頻度で修復のエラーが発生することが知られています。そして、染色体DNAの修復エラーから染色体異常や遺伝子点変異などの遺伝情報の書き換えが起こってしまいます。細胞にとって重要な機能や増殖などの制御に関連する遺伝子の情報が書き換えられてしまい、さらにそのような異常な遺伝情報がある程度以上に蓄積してしまうことが、白血病やがんの発症に繋がるとされています。このため白血病やがんの発症には明確なしきい値はなく、発症の頻度が放射線被ばく線量による遺伝情報の書き換え頻度に相関するため、このような放射線障害のことを「確率的影響」と呼びます。  一般に、活発な細胞分裂を行う細胞や未分化な幹細胞は、放射線の影響を強く受けることが知られています。これらの細胞の特長は、成長するために細胞の増殖が盛んな小児の特徴と一致しているため、小児は成人に比べて放射線に対する感受性が高いと考えられています。実際、チェルノブイリ事故や原爆被爆者では、放射線被ばくが成人より小児に大きな人体影響を与えたことが報告されています。このため、私たちは小児については成人以上に不必要な放射線被ばくについて注意しなければいけません。一方で、原爆や原発事故では、放射線被ばくに対する精神的、心理的ストレスが非常に大きな問題となることも知られています。このため、放射線の健康障害についての情報をしっかりと理解した上で、総合的に小児の健康をどうやって守っていくか考えていく必要があると考えられます。
  11. Nuclear topography of homologous recombinational repair, The 15th International Congress of Radiation Research, 2015年05月28日, 招待, 英語
  12. 臨床医学と基礎医学研究の間で, 田代聡, 広島大学医学部創立70周年・広島大学広仁会創立60周年記念式典  学生企画会 , 2015年06月13日, 通常, 日本語, リーガロイヤル広島
  13. Biological estimation of the DNA damage induced by CT scan, 田代 聡, The 15th International Congress of Radiation Research, 2015年06月27日, 招待, 英語, kyoto
  14. Regulation of DNA Repair and Nuclear Lamina, 田代 聡, International Symposium on Chromatin Structure, Dynamics, and Function, 2015年08月25日, 通常, 英語
  15. 放射線の健康障害について, 田代聡, 広島市南ロータリークラブ, 2015年08月28日, 招待, 日本語, 広島市南ロータリークラブ, リーガロイヤルホテル広島
  16. 染色体の研究から細胞核の研究へ, 田代聡, 第7回光塾, 2015年09月06日, 招待, 日本語, 広島大学東広島キャンパス 理学部E棟
  17. Biological estimation of DNA damage induced by CT scan - Application of biodosimetry to medicine -, 田代 聡, Future of Biodosimetry in Asia: Promoting a Regional Network NIRS/IAEA Technical Meeting, 2015年09月16日, 招待, 英語
  18. 染色体転座のメカニズム ー細胞核構造、ゲノム修復との関連についてー, 田代聡, 第3回免疫科学コアセンターセミナー, 2015年10月02日, 招待, 日本語, 東北大学大学院, 東北大学, 白血病・悪性リンパ腫では、疾患特異的染色体転座の存在が知られています。これら免疫系細胞由来悪性腫瘍の染色体転座の形成には、免疫グロブリンやT細胞受容体遺伝子の生理的な遺伝子再構成システムが深くかかわっていることが示されています。一方、骨髄性白血病や固形腫瘍にも疾患特異的染色体転座は存在しますが、これらの染色体転座形成の分子機構について詳細は未だ不明です。染色体転座の形成には、遺伝子の核内配置と切断された遺伝子をつなぎ合わせるゲノム修復機構が深くかかわっていると考えられます。本セミナーでは、染色体転座の形成機構について、細胞核構造とゲノム修復の観点から討論したいと思います。
  19. Regulation of homologous recombinational repair by nuclear structure-associated proteins, 田代 聡, 74th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, 2015年10月10日, 通常, 英語, 日本癌学会学術総会
  20. 漢方とフリーラジカルについて, 田代聡, 日本東洋医学会中四国支部総会, 2015年11月01日, 招待, 日本語, 日本東洋医学会, 福山市福山大学, 高脂血症、動脈硬化や糖尿病合併症などの疾患の発症、増悪には、酸化ストレスが深く関与していると考えられている。そして、これらの疾患の治療では、漢方薬の有用性が示されてきた。しかし、その作用機構については不明な点が多い。これまで、漢方薬の抗酸化作用についての基礎研究は、主にモデル動物や化学的解析を用いて行われてきたが、細胞生物学的な検討はほとんどなされていない。そこで我々は、活性酸素検出蛍光試薬を用いて、酸化ストレスに対する漢方の抗酸化作用について細胞生物学的検討を行った。その結果、黄連解毒湯、桂枝茯苓丸料、人参養栄湯は、過酸化水素による細胞内酸化ストレスを濃度依存的に軽減することが明らかになった。これらの知見とともに、漢方薬の持つ酸化ストレス抑制効果について討論したい。
  21. 放射線誘発核内ドメインの構造構築, 田代 聡, 第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月04日, 通常, 英語, 日本分子生物学会 日本生化学会, 神戸ポートアイランド, 放射線や抗がん剤が誘導するDNA二重鎖切断(DSBs)は、最も重篤なゲノムストレスの一つである。DSBsの修復過程で何らかのエラーが発生すると、染色体転座などの染色体異常が形成される。染色体異常などにより遺伝情報が改変されてしまうことが、原爆被ばく数年から数十年後に認められるがんや白血病の発症に繋がると考えられている。一方、放射線などにより誘導されたDSBsの修復に関与する多くのタンパク質は損傷クロマチン周辺に順次集積し、放射線誘発核内ドメインと呼ばれる高次構造体を構築することが知られている。放射線誘発核内ドメインが形成されることは、ゲノム修復タンパク質の損傷局所での濃度が上昇するため効率的なゲノム修復につながる一方で、DNA組換え活性などの上昇はゲノム安定性にとっての脅威にもなりえる。しかし、核内フォーカスの形成機構については不明な点が多い。我々は、DSBsの相同組換え修復に重要な役割を果たしているRAD51が形成する核内フォーカスに着目し、タンパク質翻訳後修飾機構の一つであるSUMO化反応の損傷クロマチン周辺での活性化や、核内構造関連タンパク質がRAD51フォーカス形成に関わることを明らかにしてきた。さらに、放射線誘発核内ドメインが「どこに」「どのように」形成されるかについて、我々は最近新たな知見を得た。これらの知見をもとに、ゲノム修復と核内フォーカス形成など細胞核高次構造の関連について討論したい。
  22. ゲノム修復と核ラミナ, 田代聡, 孫継英、井倉毅, 第33回染色体ワークショップ・第14回核ダイナミクス研究会, 2016年01月12日, 通常, 日本語, 第33回染色体ワークショップ・第14回核ダイナミクス研究会事務局, 松島一の坊
  23. 放射線の健康障害について, 田代聡, 放射線の健康影響に関する栃木住民セミナー, 2016年02月27日, 招待, 日本語, 原子力安全研究協会 放射線環境影響研究所, 栃木県那須塩原市黒磯公民館
  24. DNA損傷依存的ヒストンバリアント交換反応の制御機構, 田代聡, 第3回ヒストンバリアント研究会, 2016年02月28日, 招待, 日本語, 早稲田大学総合研究機構、新学術領域研究 動的クロマチン構造と機能, 早稲田大学先端生命医科学センター
  25. Detection of Translocations by the Fluorescence in Situ Hybridization (FISH) Technique Using Whole Chromosone Painting DNA Probes-Detection of Dicentric and Ring Chromosomes by the FISH Using Cnetromere and Telomere PNA Probes, 田代聡、児玉嘉明, IAEA 3rd (final) Research Coordination Meeting, 2016年03月08日, 招待, 英語, オーストリア ウィーン IAEA 本部
  26. CT scan-induced DNA damage in children measured using molecular markers and nanoscope technology, 田代 聡, 14th International Workshop on Radiation Damage to DNA, 2016年03月22日, 通常, 英語
  27. 真球度を用いた、核内構造体の形状の定量的評価, 田代聡, 生命動態システム科学四拠点・CREST・PRESTO・QBiC 合同シンポジウム, 2016年03月25日, 通常, 日本語, 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 「生命動態システム科学推進拠点事業」, シェラトンホテル広島
  28. Regulation of homologous recombinational repair by lamin B1 in radiation-induced DNA damage, 田代 聡, Nuclear Organization & Function, 2016年05月03日, 通常, 英語
  29. Nuclear Topography of Homologous Recombinational Repair, 田代 聡, Genomic Instability & Cancer Genetics Research Program Meeting, 2016年05月09日, 通常, 英語
  30. ゲノム修復における動的クロマチン構造変換, 田代聡, 新学術領域 第4回班会議「動的クロマチン構造と機能」, 2016年07月09日, 通常, 日本語, 文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究 動的クロマチン構造と機能 , ルスツリゾート
  31. Cytogenetic effects of radioiodine therapy and CT scan -Application of biodosimetry to medicine-, 田代 聡, IAEA-Consultants Meeting on Clinical applications of biodosimetry and BIODOSE/RADBIO lab concept, 2016年07月12日, 招待, 英語
  32. Regulatory mechanism of the exchange of histone variant H2A,Z-2 at DNA damaged sites, 田代聡・福戸敦彦, 福戸敦彦, 第9回広島-明治-龍谷合同合宿, 2016年08月30日, 招待, 日本語, 広島大学大学院 理学研究科 数理分子生命理学専攻 明治大学大学院 先端数理科学研究科 現象数理学専攻 龍谷大学大学院 理工学研究科 数理情報学専攻, グリーンピアせとうち
  33. 細胞のロバストネスを規定するタンパク質複合体のダイナミクス, 田代聡・井倉毅・本橋ほづみ・古谷寛治・白木琢磨, 井倉毅・本橋ほづみ・古谷寛治・白木琢磨, 第89回日本生化学会大会, 2016年09月26日, 通常, 日本語, 日本生化学会, 仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス
  34. Nuclome Analysis of DNA repair, 田代聡, 第39回日本分子生物学会, 2016年12月01日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, パシフィコ横浜
  35. Radiation, chromosome and FISH, 田代 聡, IAEA・HICARE協働センターによる先進的放射線治療に関する国際医療研修, 2017年02月02日, 招待, 英語, 広島大学原爆放射線医科学研究所
  36. ゲノム機能制御と細胞核構造ー腎疾患治療への応用を目指してー, 田代聡, 広島腎臓内科セミナー2017, 2017年02月23日, 招待, 日本語, 協和発酵キリン株式会社
  37. Nuclear topography of DNA repair, 田代 聡, 4D Nuclome The Cell Nucleus in Space and Time, 2017年05月16日, 通常, 英語
  38. 学協会連携による放射線防護の協働研究イニシアティブ, 田代聡, 日本保健物理学会第50回研究発表会・日本放射線安全管理学会第16回学術大会 合同大会, 2017年06月29日, 招待, 日本語, 一般社団法人日本保健物理学会 一般社団法人日本放射線安全管理学会, ホルトホール大分
  39. ゲノム修復における動的クロマチン構造変換, 田代聡, 第5回動的クロマチン班会議, 2017年07月14日, 通常, 日本語, 文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究 動的クロマチン構造と機能 動的クロマチン班会議事務局, ルスツリゾート(北海道)
  40. 肺小細胞癌細胞におけるATM 阻害剤によるgefitinib のEGFR 経路活性抑制の増強, 田代 聡, 三隅啓三、孫継英、岡田守人, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月29日, 通常, 英語, 日本癌学会, パシフィコ横浜
  41. 医療放射線被ばくと染色体, 田代 聡, 染色体学会年会の市民公開講座「広島の地で考える、高・低線量放射線の被ばくと染色体解析の意味」, 2017年10月07日, 招待, 日本語, 染色体学会, 広島
  42. Medical radiation exposure and DNA damage, 田代 聡, 第45回日本放射線技術学会秋季学術大会 (ICRST), 2017年10月21日, 通常, 英語, 広島
  43. Nuclear Topography of homologous recombinational repair, 田代 聡, Friedrich Miescher Institute Seminar, 2017年11月06日, 招待, 英語, バーゼル(スイス)
  44. ATM regulates phosphorylation of ARP8 to repress the loading of INO80 and RAD51 to chromosome translocation breakpoint hotspots, 田代 聡, 第33回京都大学放射線生物研究センター国際シンポジウム「放射線腫瘍生物学の最前線」, 2017年12月05日, 通常, 英語, 京都大学放射線生物研究センター, 京都
  45. 細胞核高次構造によるゲノム修復機構の制御, 田代 聡, 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (第40回日本分子生物学会年会, 第90回日本生化学会大会), 2017年12月07日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会、日本生化学会
  46. 放射線被ばくの健康影響とそのメカニズム, 田代 聡, 平成29年度原子爆弾被爆者指定医療機関当医師研究会, 2018年02月24日, 招待, 日本語, 広島
  47. Nuclear topography of homologous recombinational repair, 田代 聡, The 3rd Hiroshima International Symposium on Future Science "Frontiers in Bioimagining Based Life Science", 2018年03月21日, 通常, 英語, 広島大学大学院理学研究科、クロマチン動態数理研究拠点(RcMcD), ひろしま国際プラザ
  48. 放射線被ばくによる染色体異常, 田代 聡, 第91回日本整形外科学会学術総会, 2018年05月24日, 招待, 日本語, 日本整形外科学会, 神戸
  49. DNA修復のヌクレオソ-ム研究, 田代 聡, 第18回日本抗加齢医学会総会, 2018年05月25日, 招待, 日本語, 日本抗加齢医学会, 大阪
  50. Radiation, chromosome and FISH, 田代 聡, HICARE研修, 2018年06月26日, 通常, 英語
  51. 低線量放射線照射による染色体異常の誘導, 田代 聡, 物質・デバイス領域共同研究拠点H29年度成果報告会, 2018年06月28日, 通常, 日本語, 物質・デバイス領域共同研究拠点, 北海道大学
  52. Radiation, chromosome and FISH, 田代 聡, HICARE研修, 2018年07月26日, 通常, 英語
  53. 放射線生物学の基礎, 田代 聡, 放射線健康リスク夏季セミナー, 2018年08月03日, 通常, 日本語, 広島
  54. 医療放射線被ばくと染色体異常, 田代 聡, 広島腫瘍セミナー2018, 2018年08月16日, 招待, 日本語
  55. Prevention of chromosome translocations through ARP8 phosphorylation by ATM, 田代 聡, EMBO/EMBL Symposia, 2018年09月07日, 通常, 英語, ハイデルベルク(ドイツ)
  56. Mechanism of accurate DNA repair to prevent chromosome translocations, 田代 聡, プロテイン・アイランド・松山(PIM)2018 第16回松山国際学術シンポジウム, 2018年09月12日, 招待, 英語, 愛媛大学プロテオサイエンスセンター, 松山(愛媛)
  57. クロマチンの動態と調節を新技術で捉える試み, 田代 聡, 第91回日本生化学会大会, 2018年09月24日, 通常, 日本語
  58. SUMO化修飾によるDNA損傷依存的ヒストンバリアントH2A.Z-2の交換的反応制御, 田代 聡, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月28日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 大阪
  59. 染色体異常を防ぐゲノム修復制御, 田代 聡, 日本環境変異原学会第47回大会, 2018年11月02日, 通常, 日本語, 日本環境変異原学会, 京都
  60. 放射線誘発核内ドメイン構築の時空間的制御, 田代 聡, 日本放射線影響学会第61回大会, 2018年11月08日, 通常, 日本語, 日本放射線影響学会, 長崎
  61. Regulation of ARP8 phosphorylation by ATM to prevent chromosome translocations, 田代 聡, 7th Meeting of the Asian Forum of Chromosome and Chromatin Biology, 2018年11月16日, 招待, 英語, バンガロール(インド)
  62. ゲノム修復核内ドメインの構造構築, 田代 聡, 第41回日本分子生物学会大会, 2018年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  63. Radiation, chromosome and FISH, 田代 聡, HICARE研修, 2018年12月04日, 通常, 英語
  64. 放射線被ばくによる染色体異常の形成, 田代 聡, 理研 科学技術ハブシンポジウム, 2019年01月10日, 招待, 日本語, 理化学研究所, 和光(埼玉)
  65. Radiation, chromosome and FISH, 田代 聡, HICARE研修, 2019年02月14日, 通常, 英語
  66. Clinical Application of Cytogenetical Analysis in Patients Receiving CT Scan Exam and Radiotherapy, 田代 聡, IAEA RCM Meeting, 2019年02月19日, 通常, 英語, IAEA, レシフェ(ブラジル)

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業, PNA-FISH法を用いたハイスループット生物学的線量評価法の開発, 2015年10月01日, 2016年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), ゲノム修復における動的クロマチン構造変換, 2014年, 2015年
  3. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), ゲノム損傷部位輸送機構の解明, 2013年, 2014年
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), ゲノムストレス記憶・継承システムの解明, 2011年, 2012年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 染色体転座形成におけるDNA組換え修復関連タンパク質の関与, 2011年, 2013年
  6. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), スモ修飾システムとクロマチン再構成による修復場形成制御機構の解明, 2011年, 2012年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), DNA損傷修復蛋白を分子標的とした食道癌に対する新規化学放射線療法の開発, 2010年, 2012年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ゲノム修復関連高次構造体形成の分子メカニズムの解明, 2010年, 2012年
  9. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), スモ修飾システムによる修復関連核内ドメイン形成制御機構の解明, 2009年, 2011年
  10. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 白血病治療によるゲノムストレスの記憶機構, 2008年, 2009年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 放射線応答における細胞核高次構造変換, 2007年, 2009年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 放射線応答に係わる細胞核高次構造のダイナミクス, 2005年, 2006年
  13. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 核内ドメインの局在・動態制御機構の解明, 2004年, 2008年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 構造転写因子Bachの遺伝子回路による血液細胞分化制御, 2003年, 2004年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 白血病細胞における細胞死誘導および薬剤耐性獲得機構の解明, 2003年, 2004年
  16. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 核内オーファンプロテインネットワークの解明, 2002年, 2002年
  17. 科学研究費助成事業(特定領域研究(C)), 核内オーファンプロテインネットワークの解明, 2001年, 2001年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 構造転写因子による遺伝子発現と核構造の制御, 2001年, 2002年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新しいマルチカラーFISH法を用いた先天異常および小児悪性腫瘍の染色体解析, 2001年, 2002年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 抗MLL遺伝子蛋白抗体を用いた間接免疫蛍光抗体法の確立, 2001年, 2002年
  21. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 急性前骨髄球性白血病における15;17染色体転座形成分子機構の研究, 1996年, 1996年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 再生不良性貧血および骨髄異形成症候群におけるモノソミ-7に関する研究, 1996年, 1996年
  23. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 小児期骨髄増殖性疾患でのテロメラーゼ活性の検討, 1996年, 1997年
  24. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 分子雑種形成法による小児白血病における11q23転座に関する研究, 1995年, 1995年
  25. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 急性前骨髄球性白血病の15;17転座における染色体転座形成分子機構の研究, 1995年, 1995年
  26. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 分子雑種形成法による小児白血病の微少残存白血病細胞検出に関する研究, 1994年, 1994年
  27. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 急性前骨髄球性白血病の15;17転座における染色体転座形成分子機構の研究, 1994年, 1994年
  28. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 小児急性リンパ性白血病の微少残存白血病の検出に関する研究, 1993年, 1993年
  29. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 放射線による染色体構造異常の形成機構の解明, 2015年, 2017年
  30. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), ゲノム修復における動的クロマチン構造変換, 2016年, 2017年
  31. 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業, PNA-FISH法を用いたハイスループット生物学的線量評価法の開発, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  32. 国家課題対応型研究開発推進事業(英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業), PNA-FISH法を用いたハイスループット生物学的線量評価法の開発, 2017年04月01日, 2018年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 幹事, 2016年01月, 2017年03月, 放射線被曝者医療国際協力推進協議会
  2. 理事, 2016年04月, 2018年03月, 日本放射線影響学会
  3. 低線量率放射線に対する分子細胞応答影響実験調査委員会委員, 2016年06月, 2017年03月, (財)環境科学技術研究所
  4. 運営委員会委員, 2016年04月, 2018年03月, 京都大学放射線生物研究センター
  5. 加齢医学研究所共同利用・共同研究委員会委員, 2016年04月, 2018年03月, 東北大学
  6. 幹事, 2017年04月, 2019年03月, 放射線被曝者医療国際協力推進協議会
  7. 低線量率放射線に対する分子細胞応答影響実験調査委員会委員, 2017年07月, 2018年03月, (財)環境科学技術研究所
  8. 運営委員会委員, 2018年04月, 2020年03月, 京都大学放射線生物研究センター