相澤 秀紀HIDENORI AIZAWA

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)神経生物学教授
ホームページ
メールアドレス
haizawahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学)(千葉大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 総合生物 / 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般

研究キーワード

  • 手綱核、うつ病、モノアミン、ストレス、左右非対称、左右差、ゼブラフィシュ

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 3ターム, 人間理解のための人体解剖学I[1医医,1薬 ,1歯]
  2. 2019年, 教養教育, 4ターム, 人間理解のための人体解剖学II[1医医,1薬 ,1歯]
  3. 2019年, 教養教育, 2ターム, 細胞科学[1医医]
  4. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  5. 2019年, 学部専門, 2ターム, 医学研究序論
  6. 2019年, 学部専門, 4ターム, 脳神経医学I
  7. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 脳神経医学II
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 人体構造学
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の構造
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学演習(神経生物学)
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学演習(神経生物学)
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(神経生物学)
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学特別研究(神経生物学)
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  16. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 神経生物学特別演習
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 神経生物学特別演習
  18. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 神経生物学特別実験
  19. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 神経生物学特別実験
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  22. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  23. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  24. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  25. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  26. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の構造
  27. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, バイオメディカルサイエンスの創生展開
  28. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, バイオメディカルサイエンスの創生展開
  29. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 神経生物学特別演習
  30. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 神経生物学特別演習
  31. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 神経生物学特別研究
  32. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 神経生物学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Neuronal Heterotopias Affect the Activities of Distant Brain Areas and Lead to Behavioral Deficits, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 35巻, 36号, pp. 12432-12445, 20150909
  2. Astroglial Glutamate Transporter Deficiency Increases Synaptic Excitability and Leads to Pathological Repetitive Behaviors in Mice, NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 40巻, 7号, pp. 1569-1579, 2015
  3. Glial Dysfunction in the Mouse Habenula Causes Depressive-Like Behaviors and Sleep Disturbance, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 34巻, 49号, pp. 16273-16285, 2014
  4. The Habenulo-Raphe Serotonergic Circuit Encodes an Aversive Expectation Value Essential for Adaptive Active Avoidance of Danger, NEURON, 84巻, 5号, pp. 1034-1048, 2014
  5. The Synchronous Activity of Lateral Habenular Neurons Is Essential for Regulating Hippocampal Theta Oscillation, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 33巻, 20号, pp. 8909-+, 2013
  6. Hyperactivation of the habenula as a link between depression and sleep disturbance, FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE, 7巻, 2013
  7. Reward-Modulated Motor Information in Identified Striatum Neurons, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 33巻, 25号, pp. 10209-10220, 2013
  8. Habenula and the asymmetric development of the vertebrate brain, Anatomical science international, 88巻, 1号, pp. 1-9, 2013
  9. Fear and Anxiety Regulation by Conserved Affective Circuits, NEURON, 78巻, 3号, pp. 411-413, 2013
  10. Imaging of Neural Ensemble for the Retrieval of a Learned Behavioral Program, NEURON, 78巻, 5号, pp. 881-894, 2013
  11. Molecular characterization of the subnuclei in rat habenula, JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY, 520巻, 18号, pp. 4051-4066, 2012
  12. Genetic dissection of the zebrafish habenula, a possible switching board for selection of behavioral strategy to cope with fear and anxiety, DEVELOPMENTAL NEUROBIOLOGY, 72巻, 3号, pp. 386-394, 2012
  13. Phylogeny and ontogeny of the habenular structure, FRONTIERS IN NEUROSCIENCE, 5巻, 2011
  14. The habenula is crucial for experience-dependent modification of fear responses in zebrafish, NATURE NEUROSCIENCE, 13巻, 11号, pp. 1354-1356, 2010
  15. Genetic manipulation of mammalian lateral and medial habenula homolog in zebrafish: Toward functional analysis of the habenula, NEUROSCIENCE RESEARCH, 71巻, pp. E271-E271, 2011
  16. Activation of distinct neural ensemble in zebrafish telencephalon following the go/no-go rule change in the goal directed active avoidance learning, NEUROSCIENCE RESEARCH, 68巻, pp. E68-E68, 2010
  17. Identification of the Zebrafish Ventral Habenula As a Homolog of the Mammalian Lateral Habenula, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 30巻, 4号, pp. 1566-1574, 2010
  18. Development of the Mouse Amygdala as Revealed by Enhanced Green Fluorescent Protein Gene Transfer by Means of In Utero Electroporation, JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY, 513巻, 1号, pp. 113-128, 2009
  19. Genetic inactivation of the habenulo-interpeduncular projection enhances the conditioned fear response in zebrafish, NEUROSCIENCE RESEARCH, 65巻, pp. S66-S66, 2009
  20. Microcircuitry coordination of cortical motor information in self-initiation of voluntary movements, NATURE NEUROSCIENCE, 12巻, 12号, pp. 1586-U140, 2009
  21. Transgenic technology for visualization and manipulation of the neural circuits controlling behavior in zebrafish, Development, growth & differentiation, 50巻, pp. S167-S175, 2008
  22. Temporally regulated asymmetric neurogenesis causes left-right difference in the zebrafish habenular structures, DEVELOPMENTAL CELL, 12巻, 1号, pp. 87-98, 2007
  23. Visualization of two distinct classes of neurons by gad2 and zic1 promoter/enhancer elements in the dorsal hindbrain of developing zebrafish reveals neuronal connectivity related to the auditory and lateral line systems, DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 236巻, 3号, pp. 706-718, 2007
  24. Genetic single-cell mosaic analysis implicates ephrinB2 reverse signaling in projections from the posterior tectum to the hindbrain in zebrafish, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 27巻, 20号, pp. 5271-5279, 2007
  25. Development of the mouse amygdala as revealed by labeling with EGFP gene transfer and molecular markers, NEUROSCIENCE RESEARCH, 58巻, pp. S38-S38, 2007
  26. 恐怖と不安 : 脅威に対する動物の適応行動選択とその克服 (特集 脳と心の謎はどこまで解けたか), 生体の科学, 66巻, 1号, pp. 29-32, 201501
  27. うつ病の病態生理における手綱核神経回路の役割 (特集 精神疾患の病理機構), 生体の科学, 65巻, 1号, pp. 12-15, 201401
  28. 脳の局所興奮性によるストレス感受性の制御, 上原記念生命科学財団研究報告集, 28巻, pp. 1-4, 2014
  29. 手綱核神経回路と脳の非対称性, 解剖學雜誌, 87巻, 3号, pp. 57-58, 20120901
  30. ゼブラフィッシュ脳の左右非対称性とその発生機構 (特集 生物はなぜ左右非対称なのか?--その仕組みを探る), 細胞工学, 27巻, 6号, pp. 576-582, 200806
  31. 神経回路形成の分子基盤 ゼブラフィッシュを使った情動系神経回路網の可視化と操作--手綱核神経投射の左右差の成り立ちとその意味を求めて (神経の分化,回路形成,機能発現) -- (神経回路の形成), 蛋白質核酸酵素, 53巻, 4号, pp. 475-481, 200803
  32. 気になる脳部位(第1回)手綱核, 分子精神医学, 8巻, 2号, pp. 134-138, 200804
  33. 脳の神経回路の左右差, メディカルバイオ, 4巻, 6号, pp. 82-88, 200709
  34. Special Review 透明な魚で探る脳の左右非対称性, 細胞工学, 25巻, 7号, pp. 780-784, 200607
  35. 15. 維持的無痙攣電撃療法が奏効した難治性うつ病の1例(第982回千葉医学会例会・第16回精神科集談会), 千葉医学雑誌, 76巻, 1号, 20000201
  36. Gene cassette knock-in in mammalian cells and zygotes by enhanced MMEJ, BMC GENOMICS, 17巻, 20161128
  37. Impaired striatal dopamine release in homozygous Vps35 D620N knock-in mice, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 25巻, 20号, pp. 4507-4517, 20161015
  38. Sodium butyrate abolishes lipopolysaccharide-induced depression-like behaviors and hippocampal microglial activation in mice, BRAIN RESEARCH, 1680巻, pp. 13-38, 20180201
  39. Region-specific deletions of the glutamate transporter GLT1 differentially affect seizure activity and neurodegeneration in mice, GLIA, 66巻, 4号, pp. 777-788
  40. Alternative splicing in the C-terminal tail of Cav2.1 is essential for preventing a neurological disease in mice., Hum Mol Genet., 26巻, 16号, pp. 3094-3104, 2017
  41. 手綱核, 分子精神医学, 19巻, 1号, pp. 45-47

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Dopamine metabolism and coping behaviors under the tail suspension stress, Hidenori. Aizawa, Wanpeng Cui, Tomomi Aida, Hikaru Ito, Kenta Kobayashi, Yusaku Wada, Takashi Nakano, Shigeki Kato, Kohichi Tanaka, Kazuto Kobayashi, Tadashi Isa, 日本神経科学会, 2017年07月21日, 通常, 英語, 日本神経科学会, Chiba
  2. 脳内モノアミン代謝における手綱核神経回路の役割と気分障害の病態生理, 相澤秀紀, 日本睡眠学会, 2017年06月30日, 招待, 日本語, 日本睡眠学会, 横浜
  3. Effect of TSPO-targeting compound ONO-2952 on the mouse behaviors under the chronic social defeat stress, 野﨑 香菜子、伊藤 日加瑠、扇谷 昌宏、加藤 隆弘、北島 貴司、勝又 清至、山脇 洋輔、山脇 成人、相澤 秀紀, 第41回日本神経科学大会, 2018年07月28日, 通常, 英語, 日本神経科学会, 神戸
  4. ゼブラフィッシュ臓器の近接性と左右軸の一貫性, 田口 慧、秋枝 政志、寺井 はるひ、相澤 秀紀, 第41回日本神経科学大会, 2018年07月27日, 通常, 英語, 日本神経科学会, 神戸
  5. TSPO-targeting compound ameliorates the abnormal behaviors of mice received social defeat stress, Kanako Nozaki, Hikaru Ito, Masahiro Ohgidani, Yosuke Yamawaki, Takashi Kitajima, Seishi Katsumata, Shigeto Yamawaki, Takahiro Kato, Hidenori Aizawa, 9th Fedaration of the Asian and Oceanian Physiological Societies, 2019年03月29日, 通常, 英語, Asian and Oceanian Physiological Societies, 神戸

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科研費, 新学術領域(研究領域提案型)計画研究, 2014年, 2018年
  2. 科研費, 基盤研究(C), 2014年, 2016年
  3. 科研費, 新学術領域(研究領域提案型)公募研究, 2014年
  4. 三井生命厚生事業団医学研究特別助成, 2014年
  5. ブレインサイエンス振興財団研究助成, 2014年
  6. 稲盛財団研究助成, 2014年
  7. 科学研究費助成事業(国際共同研究加速基金(国際活動支援班)), 行動適応を担う脳神経回路の機能シフト研究を推進するための国際連携活動, 2015年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本解剖学会 賞・研究費候補者選考委員会委員, 2016年.3月, 日本解剖学会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2015年, Development, Growth and Differentiation, その他, Reviewer, 1
  2. 2015年, Journal of Physiology, その他, Reviewer, 1