武田 正明MASAAKI TAKEDA

Last Updated :2019/11/14

所属・職名
病院(医) 脳・神経・精神診療科 助教

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 脳神経外科学

所属学会

  • 日本脳神経外科学会, 1998年05月
  • 日本脊髄外科学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本臨床神経生理学会
  • American Association of Neurological Surgeons
  • Congress of Neurological Surgeons
  • 日本神経学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学I
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Simultaneous cranial and spinal subdural hematoma., Neurol Med Chir (Tokyo), 45巻, 12号, pp. 645-649, 2005
  2. Novel electrical stimulation sets the cultured myoblast contractile function to 'on'., Pathobiology, 73巻, 6号, pp. 288-294, 2006
  3. Multi-detector-row CT angiography as a preoperative evaluation for spinal arteriovenous fistulae., Neurosurg Rev, 30巻, 4号, pp. 321-326, 2007
  4. Penetrating injury of the upper cervical spine by a chopstick--case report., Neurol Med Chir (Tokyo), 47巻, 7号, pp. 328-330, 2007
  5. Intravenous administration of bone marrow stromal cells increases survivin and Bcl-2 protein expression and improves sensorimotor function following ischemia in rats., Neurosci Lett, 430巻, 2号, pp. 109-114, 2008
  6. Multiple concurrent anastomotic procedures in the management of moyamoya disease: a case report with review of literature., Hiroshima J Med Sci, 57巻, 1号, pp. 47-51, 2008
  7. Posterolateral protrusion of the vertebral artery over the posterior arch of the atlas: quantitative anatomical study using three-dimensional computed tomography angiography., J Neurosurg Spine, 9巻, 2号, pp. 167-174, 2008
  8. Spinal epidural granulocytic sarcoma in a child precedent to clinical manifestation of acute myeloid lymphoma: case report., Neurol Med Chir (Tokyo), 49巻, 5号, pp. 221-224, 2009
  9. Accuracy and pitfalls of multidetector-row computed tomography in detecting spinal dural arteriovenous fistulas., J Neurosurg Spine, 12巻, 3号, pp. 243-248, 2010
  10. Simulated microgravity maintains the undifferentiated state and enhances the neural repair potential of bone marrow stromal cells., Stem Cells Dev., 20巻, 5号, pp. 893-900, 2011
  11. Utility of Direct Stimulation of Roots in Spinal Surgery, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 51巻, 5号, pp. 356-360, MAY 2011
  12. Lateral buttock congenital dermal sinus tract., Neurol Med Chir (Tokyo), 51巻, 6号, pp. 460-462, 2011
  13. Electrical stimulation enhances neurogenin2 expression through β-catenin signaling pathway of mouse bone marrow stromal cells and intensifies the effect of cell transplantation on brain injury., Neurosci Lett, 533巻, pp. 71-76, 2013
  14. Application of 4D-CTA using 320-row area detector computed tomography on spinal arteriovenous fistulae: initial experience., Neurosurg Rev, 36巻, 2号, pp. 289-296, 2013
  15. Interactive effects of cell therapy and rehabilitation realize the full potential of neurogenesis in brain injury model., Neurosci Lett, 555巻, pp. 73-78, 2013
  16. Interactive effects of cell therapy and rehabilitation realize the full potential of neurogenesis in brain injury model, NEUROSCIENCE LETTERS, 555巻, pp. 73-78, OCT 25 2013
  17. Application of 4D-CTA using 320-row area detector computed tomography on spinal arteriovenous fistulae: initial experience, NEUROSURGICAL REVIEW, 36巻, 2号, pp. 289-296, APR 2013
  18. Simulated microgravity facilitates cell migration and neuroprotection after bone marrow stromal cell transplantation in spinal cord injury, STEM CELL RESEARCH & THERAPY, 4巻, APR 1 2013
  19. Electrical stimulation enhances neurogenin2 expression through beta-catenin signaling pathway of mouse bone marrow stromal cells and intensifies the effect of cell transplantation on brain injury, NEUROSCIENCE LETTERS, 533巻, pp. 71-76, JAN 15 2013
  20. Gowers' intrasyringeal hemorrhage associated with Chiari type I malformation in Noonan syndrome., Surg Neurol Int, 5巻, 2014
  21. Visualization of regional cerebrospinal fluid flow with a dye injection technique in focal arachnoid pathologies, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 22巻, 5号, pp. 554-557, MAY 2015
  22. The characteristics of human cranial bone marrow mesenchymal stem cells, NEUROSCIENCE LETTERS, 606巻, pp. 161-166, OCT 8 2015
  23. Ginkgo leaf sign: a highly predictive imaging feature of spinal meningioma, JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE, 23巻, 5号, pp. 642-646, NOV 2015
  24. Somatosensory evoked potentials in carotid artery stenting: Effectiveness in ascertaining cerebral ischemic events, JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE, 30巻, pp. 71-76, AUG 2016
  25. Surgical resection of large encephalocele: a report of two cases and consideration of resectability based on developmental morphology, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 33巻, 3号, pp. 541-545, MAR 2017
  26. Preoperative simulation of the running course of the abducens nerve in a large petroclival meningioma: a case report and literature review, NEUROSURGICAL REVIEW, 40巻, 2号, pp. 339-343, APR 2017
  27. The Position and Role of Four-Dimensional Computed Tomography Angiography in the Diagnosis and Treatment of Spinal Arteriovenous Fistulas, WORLD NEUROSURGERY, 103巻, pp. 611-619, JUL 2017
  28. Neurologic Decline in an Older Patient with Repaired Myelomeningocele Complicated with Lumbar Canal Stenosis, WORLD NEUROSURGERY, 103巻, JUL 2017
  29. Review of Current Evidence Regarding Surgery in Elderly Patients with Meningioma, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 57巻, 10号, pp. 521-533, OCT 2017
  30. Epidemiology and Overview of the Clinical Spectrum of Degenerative Cervical Myelopathy, NEUROSURGERY CLINICS OF NORTH AMERICA, 29巻, 1号, pp. 1-+, JAN 2018
  31. ★, Intraoperative Neurophysiologic Monitoring for Degenerative Cervical Myelopathy, NEUROSURGERY CLINICS OF NORTH AMERICA, 29巻, 1号, pp. 159-+, JAN 2018
  32. Multivariate risk factor analysis and literature review of postoperative deterioration in Karnofsky Performance Scale score in elderly patients with skull base meningioma, NEUROSURGICAL FOCUS, 44巻, 4号, APR 2018
  33. Rat Cranial Bone-Derived Mesenchymal Stem Cell Transplantation Promotes Functional Recovery in Ischemic Stroke Model Rats, STEM CELLS AND DEVELOPMENT, 27巻, 15号, pp. 1053-1061, AUG 2018
  34. Usefulness of Preoperative Simulation in Skull Base Approach: A Case Report, JOURNAL OF NEUROLOGICAL SURGERY PART B-SKULL BASE, 79巻, pp. S378-S382, OCT 2018
  35. Factors Related to Frailty Associated with Clinical Deterioration After Meningioma Surgery in the Elderly, WORLD NEUROSURGERY, 119巻, pp. E167-E173, 201811
  36. Isolated Tuberculoma Mimicking Foramen Magnum Meningioma in the Absence of Primary Tuberculosis: A Case Report, NEUROSPINE, 15巻, 3号, pp. 277-282, 201809
  37. Asymptomatic spinal dural arteriovenous fistula: case series and systematic review., J Neurosurg Spine, 19巻, 5号, pp. 1-9, 2019
  38. Cauda Equina Occupation Ratio as a New Imaging Parameter for the Evaluation of Spinal Dural Arteriovenous Fistulae., World Neurosurg, 12巻, 19号, pp. 31975-31978, 2019
  39. Concurrent Schwannoma and Meningioma Arising in the Same Spinal Level: A Report of Two Cases., NMC Case Rep J, 5巻, 4号, pp. 105-109
  40. Application of Compound Action Potential of Facial Muscles Evoked by Transcranial Stimulation as a Reference Waveform of Motor-evoked Potential in Spinal Surgery., Hiroshima J Med Sci., 66巻, 1号, pp. 1-5, 2017

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 脊椎インスツルメンテーション手術における術中モニタリングの応用, 武田正明、山口 智、光原崇文、森重水貴、栗栖 薫, 第29回日本脊髄外科学会, 2014年06月13日, 通常, 日本語, 新百合ヶ丘総合病院 低侵襲脊髄手術センター 水野順一, 東京ステーションコンファレンス
  2. 脊椎脊髄手術における術中脊髄機能モニタリング, 武田正明, 第29回日本脊髄外科学会総会, 2014年06月13日, 招待, 日本語, 新百合ヶ丘総合病院 低侵襲脊髄手術センター 水野順一, 東京ステーションコンファレンス
  3. Diagnosis and surgical management of bilateral thoracic outlet syndrome – a case report -, The 5th Annual Meeting of Asia Spine, 2014年06月14日, 通常, 英語, Masanori Ito Department of Neurosurgery, Juntendo University Urayasu Hospital, Station Conference Tokyo, 20140614
  4. 大槽内に発生した副神経鞘腫の1例, 武田正明、山口智、栗栖薫, 第26回日本頭蓋底外科学会, 2014年06月20日, 通常, 日本語, 千葉大学脳神経外科 佐伯 直勝, 幕張メッセ
  5. 両側性胸郭出口症候群に対する治療経験, 武田正明, 山口 智, 栗栖 薫, 第3回痛み・しびれの研究会, 2014年06月28日, 通常, 日本語, オリエンタルホテル広島
  6. 椎弓根スクリュー挿入時の神経根間接刺激, 武田正明、山口 智, 第49回日本脊髄障害医学会, 2014年09月12日, 通常, 日本語
  7. 胸郭出口症候群に対する治療経験, 武田正明、山口 智、落合淳一郎、栗栖 薫, 第67回広島医学会総会, 2014年11月09日, 通常, 日本語, 広島県医師会館
  8. 脊椎脊髄外科のインプラント手術における神経根間接刺激, 武田 正明, 山口 智, 森重 水貴, 栗栖 薫, 日本脳神経外科学会第73回学術集会, 2014年10月11日, 通常, 日本語
  9. 胸郭出口症候群に対する治療経験, 武田正明、山口 智、栗栖 薫, 第6回中国四国脊髄外科症例検討会, 2014年10月25日, 通常, 日本語
  10. 2014年11月15日, 通常, 英語
  11. 椎弓根スクリュー設置における神経根間接刺激, 武田 正明、山口 智、森重 水貴、栗栖 薫, 第44回日本臨床神経生理学会学術大会, 2014年11月20日, 通常, 日本語, 旭川グランドホテル
  12. 頭蓋底、脊椎脊髄手術における髄液漏の予防, 武田正明、山口 智、栗栖 薫, 第19回関西脳神経外科手術研究会, 2014年12月20日, 通常, 日本語, オーバルホール
  13. 胸郭出口症候群に対する治療経験, 武田正明、山口 聡、栗栖 薫, 第7回中国四国脊髄外科症例研究会, 2015年04月25日, 通常, 日本語
  14. 胸郭出口症候群に対する治療経験, 武田正明、山口 智、栗栖 薫, 第30回日本脊髄外科学会, 2015年06月25日, 通常, 日本語
  15. 神経伝導検査による胸郭出口症候群の評価, 武田正明、山口 智、栗栖 薫, 第45回日本臨床神経生理学会, 2015年11月05日, 通常, 日本語
  16. 術中脊髄機能モニタリング, 武田正明、山口 智, 第5回九州山口ニューロスパイン研究会, 2015年11月14日, 通常, 日本語
  17. 胸郭出口症候群に対する神経伝導検査での評価, 武田正明、山口 智, 第50回日本脊髄障害医学会, 2015年11月19日, 通常, 日本語
  18. 尺骨神経麻痺を来した 胸郭出口症候群の1例, 武田正明、山口 智, 第8回中国四国脊髄外科症例検討会, 2015年12月12日, 通常, 日本語
  19. 神経伝導検査による神経原性と血管原性胸郭出口症候群の鑑別, 武田正明, 脳神経外科学会総会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 仙台, 胸郭出口症候群(TOS)は診断基準に乏しいうえ、神経原性と血管原性TOSは治療方針も異なるため、正確な診断が必要である。 現在我々は自覚症状、理学所見、画像診断に加え、神経伝導検査を用いてTOSの診断を行っている。これまで13側の神経原性TOS、2側の血管原性TOSに対して外科的治療を行った。外科治療を行った神経原性TOSはいずれもdisputed neurogenic TOSで、血管原性TOSは左鎖骨下動脈狭窄に伴うものであった。 術前の電気生理学的診断には正中・尺骨神経のMCV(motor conduction velocity)、F-wave、内側前腕皮神経(MAC)のSCV(sensory conduction velocity)を用いた。 神経原性TOS症例は術前にF-wave、MAC SCVに異常所見を認めたが、血管原性TOS症例の神経伝導検査は正常であった。神経原性TOSは術後神経伝導検査で改善傾向を示したが、血管原性TOSは術前後の変化は認められなかった。 True neurogenic TOSの電気生理診断にはMAC SCVが最も信頼性が高いとされている。しかし、disputed neurogenic TOSの電気生理的診断法は確立していない。F-waveを含めた多数のモダリティを用いた神経伝導検査はdisputed neurogenic TOSの確定診断に有用と思われる。また、血管原性TOSの鑑別にも神経伝導検査は有用であった。
  20. 神経伝導検査を用いた神経原性と血管原性胸郭出口症候群の鑑別, 武田正明, 日本脊髄外科学会, 2018年06月15日, 通常, 日本語
  21. Spinal subdural hematoma secondary to cerebral subdural hematoma triggered by Japanese drum “wadaiko” performance, Masaaki Takeda, 9th Asia Spine, 2018年06月09日, 通常, 英語
  22. 和太鼓演奏を契機に発症した頭蓋内硬膜下血腫由来の脊髄硬膜下血腫の一例, 武田正明, 第52回日本脊髄障害医学会, 2017年11月16日, 通常, 日本語
  23. Nonterminal myelocystoceleに対する治療経験, 武田正明, 第9回九州山口ニューロスパイン, 2017年11月11日, 通常, 日本語
  24. F波を用いた胸郭出口症候群の診断と術後評価, 武田正明, 第76回日本脳神経外科学会総会, 2017年10月13日, 通常, 日本語
  25. Intraoperative neurophysiological monitoring during spine surgery, Masaaki Takeda, 1st-international-and-5th-annual-conference of Nepalese Society of Neurosurgeons, 2017年03月10日, 通常, 英語
  26. 頚動脈ステント留置術における体性感覚誘発電位測定, 武田正明, 第53回日本臨床神経生理学会, 2016年10月27日, 通常, 日本語
  27. 脊髄手術における下肢MEPモニタリングのための至適刺激点の検討, 武田正明, 第75回日本脳神経外科学会総会, 2016年10月01日, 通常, 日本語
  28. 胸郭出口症候群に対する顕微鏡下鎖骨上アプローチによる斜角筋切離術, 武田正明, 第6回低侵襲・内視鏡脊髄外科研究会, 2016年07月22日, 通常, 日本語
  29. 頚椎手術時の体位変換に伴うSEP波形変化, 武田正明, 第21回日本脳神経モニタリング学会, 2016年07月02日, 通常, 日本語
  30. 正中刺激による経頭蓋刺激-下肢MEPモニタリング, 武田正明, 第31回日本脊髄外科学会, 2016年06月09日, 通常, 日本語
  31. 末梢神経, 武田正明, 第3回中国四国脊椎脊髄セミナー, 2016年06月25日, 招待, 日本語
  32. 末梢神経, 武田正明, 第5回中国四国脊椎脊髄セミナー, 2017年07月08日, 招待, 日本語
  33. 末梢神経, 武田正明, 第7回中国四国脊椎脊髄セミナー, 2018年06月30日, 招待, 日本語

受賞

  1. 2014年11月09日, 第67回広島医学会総会優秀ポスター賞, 広島医学会, 胸郭出口症候群に対する治療経験

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業, 脊髄損傷ラットに対する微小重力環境培養を行った頭蓋骨由来間葉系幹細胞移植, 2019年, 2021年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第10回中国四国脊髄外科症例検討会, 2016年12月, 2016年12月
  2. 第33回日本生体磁気学会, 事務局長, 2018年06月, 2018年06月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学模擬授業, 脳神経外科:基礎研究との関わりと臨床について, 三津田学問探訪, 2014年/09月/24日, 2014年/09月/24日, 実演, 出前授業, 高校生

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, 脊髄外科, その他, 1
  2. 2019年, 脊髄外科, その他, 3