石原 康宏YASUHIRO ISHIHARA

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院総合科学研究科 行動科学講座 助教
ホームページ
メールアドレス
ishiyasuhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目7番1号B307
TEL:082-424-6500 FAX:082-424-0759

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月01日, 2007年03月31日, 徳島文理大学, 香川薬学部 薬理学講座, 助手
  • 2007年04月01日, 2011年03月31日, 徳島文理大学, 香川薬学部 薬理学講座, 助教
  • 2007年04月01日, 2011年03月31日, 大川地区准看護学院, 非常勤講師
  • 2011年04月01日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 助教
  • 2012年07月30日, 2012年09月28日, カリフォルニア大学, デービス校, 客員研究員

学歴

  • 大阪大学, 理学研究科, 生物科学専攻, 日本, 2001年04月, 2006年03月
  • 関西学院大学, 理学部, 化学科, 日本, 1997年04月, 2001年03月

学位

  • 博士(理学) (大阪大学)
  • 修士(理学) (大阪大学)

担当主専攻プログラム

  • 総合科学プログラム
  • 生命科学プログラム

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学
  • 医歯薬学 / 薬学 / 環境・衛生系薬学
  • 医歯薬学 / 薬学 / 薬理系薬学
  • 農学 / 農芸化学 / 食品科学

研究キーワード

  • グリア細胞
  • 環境化学物質
  • 酸化ストレス
  • 虚血
  • ステロイドホルモン

所属学会

  • 日本薬理学会, 2001年
  • 日本薬学会, 2004年
  • 日本生化学会, 2004年
  • 日本酸化ストレス学会, 2007年
  • 国際フリーラジカル学会, 2007年
  • 日本毒性学会, 2012年
  • 国際内分泌学会, 2012年
  • 日本内分泌学会, 2012年
  • 米国生化学分子生物学会, 2015年

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, 2ターム, 生命科学概論
  2. 2017年, 学部専門, 2ターム, 基礎生化学
  3. 2017年, 学部専門, 1ターム, 生命科学実験C
  4. 2017年, 学部専門, 1ターム, 生命科学実験法C
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Effects of sex steroid hormones and their metabolites on neuronal injury elicited by oxygen-glucose deprivation/reoxygenation in organotypic hippocampal slice cultures., Steroids., 113巻, pp.71-pp.77
  2. Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase phosphatase (CaMKP/PPM1F) interacts with neurofilament L and inhibits its filament association., Biochem. Biophys. Res. Commun., 477巻, pp.820-pp.825
  3. A simple method for detection of multiple chemical-specific IgGs in serum based on dot blotting., Health., In Press巻
  4. Involvement of reactive oxygen species amplified in mitochondria in oxidative neuronal injury elicited by methylmercury., J. Clin. Biochem. Nutr, In Press巻
  5. Transcription factor activation in rat primary astrocytes exposed to methylmercury., Fundam. Toxicol. Sci., 3巻, 2号, pp.63-pp.65
  6. Monitoring Theophylline Concentrations in Saline Using Terahertz ATR Spectroscopy, APPLIED SCIENCES-BASEL, 6巻, 3号, MAR 2016
  7. ★, Dual Role of Superoxide Dismutase 2 Induced in Activated Microglia OXIDATIVE STRESS TOLERANCE AND CONVERGENCE OF INFLAMMATORY RESPONSES, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 290巻, 37号, pp.22805-pp.22817, SEP 11 2015
  8. Beneficial Effects of Supplementation of the Rare Sugar D-allulose" Against Hepatic Steatosis and Severe Obesity in Lep(ob)/Lep(ob) Mice", JOURNAL OF FOOD SCIENCE, 80巻, 7号, pp.H1619-pp.H1626, 2015 July
  9. Neuroprotection elicited by nerve growth factor and brain-derived neurotrophic factor released from astrocytes in response to methylmercury, ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY AND PHARMACOLOGY, 40巻, 1号, pp.199-pp.205, 2015 July
  10. Prevention of status epilepticus-induced brain edema and neuronal cell loss by repeated treatment with high-dose levetiracetam, BRAIN RESEARCH, 1608巻, pp.225-pp.234, 2015 May
  11. Protective Actions of 17 beta-Estradiol and Progesterone on Oxidative Neuronal Injury Induced by Organometallic Compounds, OXIDATIVE MEDICINE AND CELLULAR LONGEVITY, 2015巻, pp.343706, 2015 March
  12. Selective estrogen-receptor modulators suppress microglial activation and neuronal cell death via an estrogen receptor-dependent pathway, JOURNAL OF STEROID BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 145巻, pp.85-pp.93, 2015 January
  13. Glycolytic genes are targets of the nuclear receptor Ad4BP/SF-1, NATURE COMMUNICATIONS, 5巻, APR 2014
  14. Suppressive effects of 17 beta-estradiol on tributyltin-induced neuronal injury via Akt activation and subsequent attenuation of oxidative stress, LIFE SCIENCES, 99巻, 1-2号, pp.24-pp.30, MAR 18 2014
  15. Noninvasive mapping of the redox status in septic mouse by in vivo electron paramagnetic resonance imaging, MAGNETIC RESONANCE IMAGING, 31巻, 1号, pp.130-pp.138, 2013
  16. De Novo Synthesized Estradiol Protects against Methylmercury-Induced Neurotoxicity in Cultured Rat Hippocampal Slices, PLOS ONE, 8巻, 2号, 2013
  17. Allopregnanolone-mediated protective effects of progesterone on tributyltin-induced neuronal injury in rat hippocampal slices, JOURNAL OF STEROID BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 135巻, pp.1-pp.6, 2013
  18. Involvement of brain oxidation in the cognitive impairment in a triple transgenic mouse model of Alzheimer's disease: Noninvasive measurement of the brain redox state by magnetic resonance imaging, FREE RADICAL RESEARCH, 47巻, 9号, pp.731-pp.739, 2013
  19. An Active C-Terminally Truncated Form of Ca2+/Calmodulin-Dependent Protein Kinase Phosphatase-N (CaMKP-N/PPM1E), BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 2013
  20. Pentylentetrazole-induced loss of blood-brain barrier integrity involves excess nitric oxide generation by neuronal nitric oxide synthase, BRAIN RESEARCH, 1530巻, pp.44-pp.53, 2013
  21. Contribution of Reductase Activity to Quinone Toxicity in Three Kinds of Hepatic Cells, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 35巻, 4号, pp.634-pp.638, 2012
  22. Sulfaphenazole Attenuates Myocardial Cell Apoptosis Accompanied With Cardiac Ischemia-Reperfusion by Suppressing the Expression of BimEL and Noxa, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 119巻, 3号, pp.251-pp.259, 2012
  23. Accumulation of cytochrome P450 induced by proteasome inhibition during cardiac ischemia, ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 527巻, 1号, pp.16-pp.22, 2012
  24. Effects of Sulfaphenazole after Collagenase-Induced Experimental Intracerebral Hemorrhage in Rats, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 35巻, 10号, pp.1849-pp.1853, 2012
  25. Tributyltin induces oxidative stress and neuronal injury by inhibiting glutathione S-transferase in rat organotypic hippocampal slice cultures, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 60巻, 8号, pp.782-pp.790, 2012
  26. Dual regulation of hepatocyte apoptosis by reactive oxygen species: increases in transcriptional expression and decreases in proteasomal degradation of BimEL., JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY, 226巻, 4号, pp.1007-pp.1016, 2011
  27. Increased expression of c-fos by ERK activation under sustained oxidative stress elicits BimEL upregulation and hepatocyte apoptosis., FEBS JOURNAL, 278巻, 11号, pp.1873-pp.1881, 2011
  28. Crucial role of cytochrome P450 in hepatotoxicity induced by 2,3-dimethoxy-1,4-naphthoquinone in rats., JOURNAL OF APPLIED TOXICOLOGY, 32巻, 2号, pp.173-pp.178, 2011
  29. Antioxidant properties of rare sugar D-allose: Effects on mitochondrial reactive oxygen species production in Neuro2A cells, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 112巻, 6号, pp.638-pp.642, 2011

著書等出版物

  1. 2016年04月01日, 基礎化学実験 改訂第5版, 大学教育出版, 2016年, 教科書, 共著, 石田 敦彦、石原 康宏、伊藤 隆夫、ヴィレヌーヴ 真澄美、太田 伸二、大村 尚、佐久川 弘、清水 典明、竹田 一彦、手島 圭三、布目 陽子、根平 達夫、平野 哲男、山﨑 岳.
  2. 2015年, 比較内分泌学Vol. 41, 解糖系遺伝子群は核内受容体Ad4BP/SF-1により制御される, 2015年, 共著, 馬場 崇、大竹 博之、佐藤 哲也、宮林 香奈子、宍戸 祐里菜、Chia-Yih Wang、嶋 雄一、木村 宏、八木 美佳子、石原 康宏、日野 信次郎、小川 英知、中尾 光善、山崎 岳、康 東天、大川 恭行、須山 幹太、Bon-Chu Chung、諸橋 憲一郎, 85-88
  3. 2014年, Fifty Years of Cytochrome P450 Research, Neurosteroids: regional steroidogenesis., 2014年, 単行本(学術書), 共著, Yamazaki T, Ishihara Y
  4. 2014年, 基礎化学実験 改訂第4版, 大学教育出版, 2014年, 教科書, 共著, 石田 敦彦、石原 康宏、伊藤 隆夫、ヴィレヌーヴ 真澄美、太田 伸二、大村 尚、佐久川 弘、清水 典明、竹田 一彦、手島 圭三、根平 達夫、早瀬 光司、平野 哲男、山﨑 岳.
  5. 2013年, 薬学雑誌 チトクロムP450阻害によるキノン肝毒性の亢進., 日本薬学会, 2013年, 08, 共編著, 133(8) 873-878
  6. 2011年, 脳関門破綻と脳神経疾患との関連 -アルツハイマー病モデルマウスと小動物用MRI-, 研成社, 2011年, 02, 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 活性化したミクログリアで発現が上昇するSOD2の病態生理的意義の解明, 石原 康宏, 日本薬学会第136年会, 2016年, 招待, 日本語
  2. 有機スズによる酸化的神経障害とその内因性防御因子としてのニューロステロイド., 石原 康宏, 日本薬学会第135年会, 2015年, 招待, 日本語
  3. 有機スズによる神経障害とステロイドによる保護作用, 石原 康宏, メタルバイオサイエンス研究会2013, 2013年, 招待, 日本語
  4. チトクロムP450阻害によるキノン肝毒性の亢進, 石原 康宏, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年, 招待, 日本語
  5. 活性酸素によるシグナル伝達と細胞障害, 石原 康宏, 関西学院大学 理工学部 セミナー, 2011年, 招待, 日本語

受賞

  1. 2014年12月05日, 平成26年度メチル水銀研究ミーティング 若手研究奨励賞
  2. 2014年03月26日, Young Investigator Award(17th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research International)
  3. 2012年11月10日, 平成24年度日本薬学会中国四国支部奨励賞, チトクロムP450阻害によるキノン肝毒性の亢進
  4. 2010年06月, 日本酸化ストレス学会学術奨励賞, 心臓再灌流障害における活性酸素生成源の同定

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)), メチル水銀による酸化ストレス誘導メカニズムの解明とそのin vivo神経影響評価, 2016年
  2. 労災疾病臨床研究事業費補助金, 化学物質特異的IgGのアレルギー診断と曝露モニタリングへの有用性に関する調査, 2015年, 2016年
  3. 広島大学産学連携若手研究者支援プログラム, 事業所の作業環境評価を指向した血液中化学物質抗体検出法の開発, 2015年
  4. 民間からの助成, ドコサヘキサエン酸の脳内エストラジオール合成促進を介した神経機能改善作用, 2015年
  5. 民間からの助成, ドコサヘキサエン酸の脳内ステロイド合成促進を介した脳機能改善作用, 2014年
  6. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), メチル水銀による酸化ストレス誘導メカニズムの解明とそのin vivo神経影響評価, 2014年, 2015年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 飼育環境による、化学物質に対する中枢神経保護システムへの影響, 2013年, 2015年
  8. 民間からの助成金, 有機スズによる神経内分泌系のかく乱と神経機能障害, 2012年
  9. 民間からの助成金, 選択的エストロゲン受容体調節薬によるミクログリア活性化抑制作用, 2012年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 発達期の神経毒性に対する脳由来ステロイドホルモンの保護作用, 2010年, 2012年
  11. 科学研究費助成事業(若手研究(スタートアップ)), 心臓再灌流障害における活性酸素生成源の同定と薬物治療への応用, 2007年, 2008年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 学術評議員, 2014年, 日本薬理学会
  2. 編集委員, 2015年, Fundamental Toxicological Sciences

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 一般向け講演会, 抗酸化”で健康に過ごす!? ―賢い酸素との付き合い方―, サロン・ド・K, 2015年/11月/25日, 大阪グランフロント・ナレッジキャピタル