田中 智行SATOYUKI TANAKA

Last Updated :2019/01/07

所属・職名
大学院工学研究科 輸送・環境システム講座 准教授
メールアドレス
satoyukihiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2007年04月01日, 2017年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 助教
  • 2011年10月01日, 2012年08月01日, ノルウェー科学技術大学, 客員研究員(兼務)
  • 2018年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究科, 准教授

学位

  • 博士(工学) (鹿児島大学)
  • 修士(工学) (鹿児島大学)

研究分野

  • 工学 / 総合工学 / 船舶海洋工学

研究キーワード

  • 構造強度学
  • 船体構造・海洋構造物・鋼構造
  • 座屈・最終強度
  • 疲労強度・破壊力学
  • 防撓パネル・溶接継手・円筒構造
  • 計算力学・応用力学
  • 有限要素法・メッシュフリー法・粒子法・ペリダイナミクス

所属学会

  • 日本機械学会 (2002-)
  • 日本船舶海洋工学会 (2007-)
  • 日本計算工学会 (2008-)
  • 日本計算力学連合 (2014-)
  • 溶接学会 (2018-)

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 設計製図
  2. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 輸送機器環境工学プロジェクト基礎
  3. 2018年, 学部専門, 4ターム, 構造強度学
  4. 2018年, 学部専門, 1ターム, 輸送機器環境工学実験
  5. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 計算破壊力学特論
  6. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, Computational Fracture Mechanics
  7. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システム講究II
  8. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 輸送・環境システム講究III
  9. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 輸送・環境システム講究IV
  10. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 輸送・環境システム講究V
  11. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システムセミナーII
  12. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システム講究IA
  13. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システム講究IB
  14. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システムセミナーIA
  15. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システムセミナーIB

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A computational approach based on ordinary state-based peridynamics with new transition bond for dynamic fracture analysis, Engineering Fracture Mechanics, 2018
  2. き裂損傷を有する防撓パネル構造の圧縮残存強度評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 2018
  3. Numerical buckling analysis for flat and cylindrical shells including through crack employing effective reproducing kernel meshfree modeling, Engineering Analysis with Boundary Elements, 2018
  4. Application of 6-DOFs meshfree modeling to the linear buckling analysis of stiffened plates with curvilinear surfaces, Acta Mechanica, 2018
  5. 円管T継手の疲労被害度およびき裂伝播解析に基づく疲労強度評価法に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 2018
  6. Multi-inclusions modeling by adaptive XIGA based on LR B-splines and multiple level sets, Finite Elements in Analysis and Design, 2018
  7. A novel approach to evaluate mixed-mode SIFs for a through-thickness crack in a welding residual stress field using an effective welding simulation method, Engineering Fracture Mechanics, 2018
  8. Critical investigation on the influence of welding heat input and welding residual stress on stress intensity factor and fatigue crack propagation, Engineering Failure Analysis, 2018
  9. A new method to estimate ultimate strength of stiffened panels under longitudinal thrust based on analytical formulas, Marine Structures, 2018
  10. Bi-material V-notched SIFs analysis by XFEM and conservative integral approach, Computers & Structures, 196巻, pp.217-pp.232, 201802
  11. Mixed-mode dynamic stress intensity factors evaluation using ordinary state-based peridynamics, Theoretical and Applied Fracture Mechanics, 93巻, pp.97-pp.104, 201802
  12. き裂を有するパネルの有限要素法によるモデル化と最終強度解析に関する研究, 日本計算工学会論文集, 2017巻, pp.20170014, 201710
  13. Numerical analysis of 3-D solids and composite structures by an enhanced 8-node hexahedral element, Finite Elements in Analysis and Design, 131巻, pp.1-pp.16, 201709
  14. Meshfree flat-shell formulation for evaluating linear buckling loads and mode shapes of structural plates, Journal of Marine Science and Technology, 22巻, pp.501-pp.512, 201709
  15. A new cohesive crack-tip symplectic analytical singular element involving plastic zone length for fatigue crack growth prediction under variable amplitude cyclic loading, European Journal of Mechanics - A/Solids, 65巻, pp.79-pp.90, 201709
  16. Buckling analysis of stiffened plate structures by an improved meshfree flat shell formulation, Thin-Walled Structures, 117巻, pp.303-pp.313, 201708
  17. Evaluation of stress intensity factor for a surface cracked butt welded joint based on real welding residual stress, Ocean Engineering, 138巻, pp.123-pp.139, 201707
  18. Analysis of functionally graded plates by a simple locking-free quasi-3D hyperbolic plate isogeometric method, Composite Part B: Engineering, 120巻, pp.182-pp.196, 201707
  19. A simple FSDT-based meshfree method for analysis of functionally graded plates, Engineering Analysis with Boundary Elements, 79巻, pp.1-pp.12, 201707
  20. An effective meshfree reproducing kernel method for buckling analysis of cylindrical shells with and without cutouts, Computational Mechanics, 59巻, pp.919-pp.932, 201706
  21. Evaluation of crack propagation behaviors in a T-shaped tubular joint employing tetrahedral FE modeling, International Journal of Fatigue, 96巻, pp.270-pp.282, 201703
  22. Treatment of Dirichlet-type boundary conditions in the spline-based wavelet Galerkin method employing multiple point constraints, Applied Mathematical Modelling, 43巻, pp.592-pp.610, 201703
  23. Accurate evaluation of mixed-mode intensity factors of cracked shear-deformable plates by an enriched meshfree Galerkin formulation, Archive of Applied Mechanics, 87巻, pp.279-pp.298, 201702
  24. Three-dimensional adaptive multiscale extended finite element method with displacement extrapolation for simulating straight and curved cracks, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, 313巻, pp.375-pp.405, 201701
  25. In-plane material inhomogeneity of functionally graded plates: A higher-order shear deformation plate isogeometric analysis, Composite Part B: Engineering, 106巻, pp.273-pp.284, 201612
  26. Finite element seismic response analysis of a reinforced concrete pier with a fractured finite tetrahedron mesh, Journal of Earthquake & Tsunami, 10巻, pp.1640013, 201612
  27. Ordinary state-based peridynamicsによる動的応力拡大係数評価に関する研究, 日本計算工学会論文集, 20160017巻, pp.1-pp.11, 201608
  28. J-integral evaluation for 2D mixed-mode crack problems employing a meshfree stabilized conforming nodal integration method, Computational Mechanics, 58巻, pp.185-pp.198, 201608
  29. Simple method to evaluate ultimate hull girder strength of bulk carrier in alternate heavy loading condition, Journal of Ship Mechanics, 20巻, pp.849-pp.857, 201607
  30. On the high temperature mechanical behaviors analysis of heated functionally graded plates using FEM and a new third-order shear deformation plate theory, Composite Part B: Engineering, 92巻, pp.218-pp.241, 201605
  31. NURBS-based isogeometric analysis of buckling and free vibration problems for laminated composites plates with complicated cutouts using a new simple FSDT theory and level set method, Thin-Walled Structures, 101巻, pp.141-pp.156, 201604
  32. On the thermal buckling analysis of functionally graded plates with internal defects using extended isogeometric analysis, Composite Structures, 136巻, pp.684-pp.695, 201602
  33. メッシュフリー法を用いた板構造物のモデル化に関する研究 (第2報:幾何学的非線形解析), 日本機械学会論文集, 81巻, 831号, pp.1-pp.15, 201511
  34. Analysis of dynamic stress concentration problems employing spline-based wavelet Galerkin method, Engineering Analysis with Boundary Elements, 58巻, pp.129-pp.139, 201509
  35. Analysis of cracked shear deformable plates by an effective meshfree plate formulation, Engineering Fracture Mechanics, 144巻, pp.142-pp.157, 201508
  36. An extended wavelet Galerkin method with a high-order B-spline for 2D crack problems, Acta Mechanica, 226巻, pp.2159-pp.2175, 201507
  37. 完全陰解法に基づく損傷分割背応力弾塑性モデルの縮約積分法, 日本機械学会論文集, 81巻, 825号, pp.1-pp.14, 201505
  38. Simulation on progressive collaopse behavior of whole ship model under extreme waves using idealized structure unit method, Marine Structures, 39巻, pp.315-pp.334, 201501
  39. Study on crack propagation simulation of surface crack in welded joint structure, Marine Structures, 39巻, pp.315-pp.334, 201412
  40. ウェーブレットガラーキン法を用いた弾塑性破壊力学解析に関する研究, 日本機械学会論文集, 80巻, 819号, pp.1-pp.13, 201411
  41. 自由移動境界を有するボクセル固体流体連成解析, 日本計算工学会論文集, 20140011巻, pp.1-pp.10, 201409
  42. 曲面座標系を用いたRKPMによる初期不整を含む板の座屈解析, 日本船舶海洋工学会論文集, 19巻, pp.169-pp.178, 201406
  43. Evaluation of ultimate strength of stiffened panels under longitudinal thrust, Marine Structures, 36巻, pp.21-pp.50, 201404
  44. Elastic large deflection analysis of plates subjected uni-axial thrust using meshfree Mindlin-Reissner formulation, Computational Mechanics, 52巻, pp.1313-pp.1330, 201312
  45. 完全陰解法による分割背応力モデルに基づく損傷弾塑性解析, 日本機械学会論文集A編, 79巻, pp.1818-pp.1831, 201312
  46. Euler 型有限要素法による温度依存性を考慮した粘着剤の粘性―超弾性解析, 日本計算工学会論文集, 20130020巻, 201311
  47. Collapse behaviour of ship hull girder of bulk carrier under alternative heavy loading condition, International Journal of Offshore and Polar Engineering, 23巻, pp.224-pp.231, 201309
  48. Analysis of three-dimensional surface crack in welded joint structure using shell-solid mixed method, International Journal of Offshore and Polar Engineering, 23巻, pp.232-pp.239, 201309
  49. メッシュフリー法を用いた板構造物のモデル化に関する研究 (第1報:モデル化と線形解析の定式化), 日本機械学会論文集A編, 79巻, pp.891-pp.904, 201306
  50. メッシュフリー法を用いた板曲げ解析における数値積分法に関する一考察, 日本計算工学会論文集, pp.20130008, 201304
  51. Two-dimensional fracture mechanics analyses using the wavelet Galerkin method and extended finite element method, International Journal for Numerical Methods in Engineering, 93巻, pp.1082-pp.1108, 201303
  52. 節点積分を用いた安定化有限要素法によるEuler 型大変形弾塑性解析, 土木学会論文集 A2 (応用力学), 68巻, pp.199-pp.206, 201209
  53. 動的過渡解析における節点積分点を使用した四面体一次有限要素の改良, 日本機械学会論文集A編, 78巻, pp.1233-pp.1241, 201209
  54. A wavelet Galerkin method employing B-spline bases for solid mechanics problems without the use of a fictitious domain, Computational Mechanics, 50巻, pp.35-pp.48, 201206
  55. Nonlinear thin-plate bending analyses using Hermite reproducing kernel approximation, International Journal of Computational Methods, 9巻, pp.1240012, 201203
  56. Euler型有限要素法による粘着剤の粘性-超弾性解析手法, 日本機械学会論文集A編, 78巻, pp.375-pp.389, 201203
  57. Large deflection analysis for thin-plate using the Hermite Reproducing Kernel (HRK) approximation, Theoretical and Applied Mechanics Japan, 60巻, pp.205-pp.214, 201201
  58. 超高速衝突下における貫通解析に関する研究, 土木学会論文集 A2 (応用力学), 67巻, pp.191-pp.198, 201109
  59. 平均化統一解法による Euler 型固体流体連成解析手法, 日本機械学会論文集A編, 76巻, pp.1533-pp.1540, 201012
  60. ウェーブレット有限要素法を用いたき裂進展シミュレーション, 日本船舶海洋工学会論文集, 10巻, pp.167-pp.175, 200903
  61. ウェーブレットガラーキン法を用いた破壊力学解析に関する研究, 日本機械学会論文集A編, 75巻, pp.296-pp.303, 200903
  62. On the linear dependencies of interpolation functions in s-version finite element method, Journal of Computational Science and Technology, 3巻, pp.124-pp.135, 200901
  63. ウェーブレットガラーキン法による応力集中問題の解析(第4報,基底関数の一次独立性を判定するための前処理), 日本機械学会論文集A編, 74巻, pp.850-pp.857, 200806
  64. An adaptive wavelet finite element method with high-order B-spline basis functions, Key Engineering Materials, 345-346巻, pp.877-pp.880, 200708
  65. ウェーブレットガラーキン法による応力集中問題の解析(第3報,アダプティブ解析), 日本機械学会論文集A編, 73巻, pp.42-pp.49, 200701
  66. ウェーブレットガラーキン法による応力集中問題の解析(第2報,高次Bスプラインを基底関数に使用した解析), 日本機械学会論文集A編, 72巻, pp.982-pp.989, 200607
  67. ウェーブレットガラーキン法による応力集中問題の解析(第1報,定式化と境界の取り扱い), 日本機械学会論文集A編, 72巻, pp.856-pp.863, 200606
  68. Applications of s-FEM to the problems of composite materials with initial strain-like terms, International Journal for Multiscale Computational Engineering, 4巻, pp.411-pp.428, 2006
  69. 重力場と遠心力場での円盤状粒子の挙動, 傾斜機能材料論文集, 19巻, pp.13-pp.18, 2005
  70. Analysis of dispersed particle motion for forming gradient structure in the rotating drum, International Journal of Transport Phenomena, 7巻, pp.23-pp.30, 2005
  71. Experimental and theoretical study on suspended particle motion in axially rotating drum, International Journal of Transport Phenomena, 6巻, pp.189-pp.195, 2004

受賞

  1. 2018年, Phoenix Outstanding Researcher Award, 広島大学
  2. 2017年, Phoenix Outstanding Researcher Award, 広島大学
  3. 2015年, 日本計算工学会論文賞, 日本計算工学会
  4. 2014年, 日本計算力学奨励賞, 日本計算力学連合
  5. 2014年, 日本機械学会奨励賞, 日本機械学会
  6. 2012年, 日本船舶海洋工学会 若手講演優秀賞, 日本船舶海洋工学会
  7. 2007年, 日本船舶海洋工学会 ポスターセッション優秀賞, 日本船舶海洋工学会 (西部支部)

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C),代表), Peridynamicsを用いた脆性材料の動的破壊挙動の評価に関する研究, 2018年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究(B),代表), 等価分布応力下におけるき裂結合力モデルに関する研究, 2016年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B),分担), 船体構造と騒音伝達経路の関係の解明と騒音レベルを低減する構造の創生に関する研究, 2016年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(A),分担), 多軸応力影響と繰り返し載荷影響を考慮した船体桁の縦曲げ最終強度評価に関する研究, 2015年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B),分担), 建造から品質・安全性・寿命まで評価可能な四次元可視化CAEシステムの開発, 2015年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C),分担), き裂を有するパネルの圧壊挙動メカニズムの解明, 2015年
  7. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究,代表), 粒子法を用いた薄板構造の圧壊挙動解析に関する研究, 2012年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(A),分担), 大波高下における浮体構造の崩壊挙動解析法の開発と応用に関する研究, 2011年, 2014年
  9. 科学研究費助成事業(若手研究(B),代表), 極限海象下における船体構造の崩壊解析に関する研究, 2009年, 2011年
  10. 科学研究費助成事業(若手研究(スタートアップ),代表), 三次元疲労き裂進展経路予測の高効率・高精度化に関する研究, 2007年, 2008年
  11. 日本海事協会, 2018年
  12. 日本船舶海洋工学会海外共同研究促進事業, 2017年
  13. 造船学術研究推進機構, 2016年
  14. 岩谷直治記念財団, 2016年
  15. 日本溶接協会, 2016年
  16. 日揮・実吉奨学会, 2014年
  17. 笹川科学研究助成, 2014年
  18. 東燃ゼネラル石油研究奨励財団, 2014年
  19. スズキ財団海外研修助成, 2013年
  20. 造船学術研究推進機構, 2012年
  21. 財団法人JKA, 2011年
  22. The Research Council of Norway (International Scholarship), 2011年
  23. 日本科学協会 海外発表促進助成, 2011年
  24. スズキ財団 研究助成, 2011年
  25. 笹川科学研究助成, 2010年
  26. 日本船舶海洋工学会 国際学術協力に関する海外派遣事業, 2010年
  27. 立石科学技術振興財団 国際交流助成, 2008年
  28. 井上科学振興財団 国際研究集会出席旅費援助, 2008年
  29. 造船学術研究推進機構, 2008年