池上 浩司KOJI IKEGAMI

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)解剖学及び発生生物学教授
ホームページ
メールアドレス
k-ikegamihiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 教授
  • 2018年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 教授
  • 2011年08月01日, 2018年03月31日, 浜松医科大学, 准教授
  • 2008年08月01日, 2011年07月31日, 浜松医科大学, 特任助教
  • 2007年04月01日, 2008年07月31日, 三菱化学生命科学研究所, 副主任研究員
  • 2004年04月01日, 2007年03月31日, 三菱化学生命科学研究所, 特別研究員
  • 2001年04月01日, 2004年03月31日, 日本学術振興会, 特別研究員

学歴

  • 北海道大学, 大学院理学研究科(博士課程), 生物科学専攻, 日本, 2001年04月, 2004年03月
  • 北海道大学, 大学院理学研究科(修士課程), 生物科学専攻, 日本, 1999年04月, 2001年03月
  • 北海道大学, 理学部, 生物科学科, 日本, 1995年04月, 1999年03月

学位

  • 博士(理学)(北海道大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム
  • 生命科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)
  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学

研究キーワード

  • 細胞骨格
  • 繊毛・鞭毛
  • 細胞外小胞

所属学会

  • 日本解剖学会, 2011年04月
  • 日本細胞生物学会, 2005年04月
  • 日本顕微鏡学会, 2015年04月
  • 日本臨床分子形態学会, 2017年04月
  • 日本神経化学会, 1999年04月
  • American Society for Cell Biology, 2006年06月

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 3ターム, 人間理解のための人体解剖学I[1医医,1薬 ,1歯]
  2. 2019年, 教養教育, 4ターム, 人間理解のための人体解剖学II[1医医,1薬 ,1歯]
  3. 2019年, 教養教育, 1ターム, 初修生物学(受講場所:東広島キャンパス)
  4. 2019年, 教養教育, 1ターム, 初修生物学(受講場所:霞キャンパス)[1医,1歯,1薬]
  5. 2019年, 学部専門, 2ターム, 人体構造学実習I
  6. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 人体構造学実習II
  7. 2019年, 学部専門, 2ターム, 医学研究序論
  8. 2019年, 学部専門, 4ターム, 脳神経医学I
  9. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  10. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 人体構造学
  11. 2019年, 学部専門, 2ターム, 人体構造学実習I
  12. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 人体構造学実習II
  13. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の構造
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 人体解剖学実習
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学演習(解剖学及び発生生物学)
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学演習(解剖学及び発生生物学)
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(解剖学及び発生生物学)
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学特別研究(解剖学及び発生生物学)
  20. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 解剖学及び発生生物学特別演習
  21. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 解剖学及び発生生物学特別演習
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  24. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 解剖学及び発生生物学特別実験
  25. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 解剖学及び発生生物学特別実験
  26. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  27. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  28. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  29. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  30. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  31. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  32. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の構造
  33. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 人体解剖学実習
  34. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 解剖学及び発生生物学特別演習
  35. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 解剖学及び発生生物学特別演習
  36. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 解剖学及び発生生物学特別研究
  37. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 解剖学及び発生生物学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 線毛由来小胞の放出機構と機能, 腎と透析, 87巻, 5号, pp. 692-696, 2019
  2. 一次繊毛を光学顕微鏡で観ると見えるもの, 顕微鏡, 54巻, 2号, pp. 85-90, 2019
  3. Live cell imaging of dynamic behaviors of motile cilia and primary cilium, MICROSCOPY, 68巻, 2号, pp. 99-110, 2019
  4. An in vitro model of region-specific rib formation in chick axial skeleton: Intercellular interaction between somite and lateral plate cells, Mechanisms of Development, 159巻, pp. 103568, 2019
  5. Preferential Incorporation of Administered Eicosapentaenoic Acid Into Thin-Cap Atherosclerotic Plaques, Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, 39巻, 9号, pp. 1802-1816, 2019
  6. Three-dimensional tracking of microbeads attached to the tip of single isolated tracheal cilia beating under external load, Scientific Reports, 8巻, pp. 15562, 2018
  7. グリシン付加, 生体の科学, 69巻, 5号, pp. 482-483, 2018
  8. グルタミン酸付加, 生体の科学, 69巻, 5号, pp. 478-479, 2018
  9. 線毛軸糸の翻訳後修飾変化による粘液線毛機能制御, Therapeutic Research, 39巻, 6号, pp. 533-535, 2018
  10. ★, 繊毛由来小胞に特異的なタンパク質をいかにして捉えるか, 実験医学, 36巻, 6号, pp. 968-969, 2018
  11. UBL3 modification influences protein sorting to small extracellular vesicles, Nature Communications, 9巻, pp. 3936, 2018
  12. Role of caveolin-1 in hepatocellular carcinoma arising from non-alcoholic fatty liver disease, Cancer Science, 109巻, 8号, pp. 2401-2411, 2018
  13. Environmental responsiveness of tubulin glutamylation in sensory cilia is regulated by the p38 MAPK pathway, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 1号, pp. 8392, 2018
  14. Stearate-to-palmitate ratio modulates endoplasmic reticulum stress and cell apoptosis in non-B non-C hepatoma cells, Cancer Science, 109巻, 4号, pp. 1110-1120, 2018
  15. A targeted next-generation sequencing panel reveals novel mutations in Japanese patients with primary ciliary dyskinesia, Auris Nasus Larynx, 45巻, 3号, pp. 585-591, 2018
  16. Impaired airway mucociliary function reduces antigen-specific IgA immune response to immunization with a claudin-4-targeting nasal vaccine in mice, Scientific Reports, 8巻, 1号, pp. 2904, 2018
  17. ★, Proper cytoskeletal architecture beneath the plasma membrane of red blood cells requires Ttll4, Molecular Biology of the Cell, 28巻, 4号, pp. 535-544, 2017
  18. ★, Increase in α-tubulin modifications in the neuronal processes of hippocampal neurons in both kainic acid-induced epileptic seizure and Alzheimer's disease, Scientific Reports, 7巻, pp. 40205, 2017
  19. ★, Dynamic Remodeling of Membrane Composition Drives Cell Cycle through Primary Cilia Excision, Cell, 168巻, 1-2号, pp. 264-279, 2017
  20. 線毛運動と機能の制御メカニズム, 呼吸器内科, 31巻, 5号, pp. 481-486, 2017
  21. Ttll9-/- mice sperm flagella show shortening of doublet 7, reduction of doublet 5 polyglutamylation and a stall in beating, Journal of Cell Science, 129巻, 14号, pp. 2757-2766, 2016
  22. Accumulation of arachidonic acid-containing phosphatidylinositol at the outer edge of colorectal cancer, Scientific Reports, 6巻, pp. 29935, 2016
  23. Direct profiling of the phospholipid composition of adult Caenorhabditis elegans using whole-body imaging mass spectrometry, Analytical and Bioanalytical Chemistry, 407巻, 25号, pp. 7589-7602, 2015
  24. Mechanical Stimulation by Postnasal Drip Evokes Cough, PloS One, 10巻, 11号, pp. e0141823, 2015
  25. Single-cell time-of-flight secondary ion mass spectrometry reveals that human breast cancer stem cells have significantly lower content of palmitoleic acid compared to their counterpart non-stem cancer cells, Biochimie, 107巻, A号, pp. 73-77, 2014
  26. Single cell lipidomics of SKBR‐3 breast cancer cells by using time‐of‐flight secondary‐ion mass spectrometry, Surface and Interface Analysis, 46巻, S1号, pp. 181-184, 2014
  27. Application of 2,5‐dihydroxyacetophenone with sublimation provides efficient ionization of lipid species by atmospheric pressure matrix‐assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry, Surface and Interface Analysis, 46巻, 12-13号, pp. 1219-1222, 2014
  28. Adventitial vasa vasorum arteriosclerosis in abdominal aortic aneurysm, PloS One, 8巻, 2号, pp. e57398, 2013
  29. Lysophosphatidylcholine acyltransferase 1 altered phospholipid composition and regulated hepatoma progression, Journal of Hepatology, 59巻, 2号, pp. 292-299, 2013
  30. Cytosolic carboxypeptidase 5 removes α- and γ-linked glutamates from tubulin, The Journal of Biological Chemistry, 288巻, 42号, pp. 30445-30453, 2013
  31. ★, Cytosolic carboxypeptidase 1 is involved in processing α- and β-tubulin, The Journal of Biological Chemistry, 287巻, 9号, pp. 6530-6517, 2012
  32. ★, Ciliary and flagellar structure and function--their regulations by posttranslational modifications of axonemal tubulin, International Review of Cell and Molecular Biology, 294巻, pp. 133-170, 2012
  33. チューブリン翻訳後修飾酵素による繊毛の構造・運動制御, 生物物理, 52巻, 4号, pp. 178-181, 2012
  34. Axonal gradient of arachidonic acid-containing phosphatidylcholine and its dependence on actin dynamics, The Journal of Biological Chemistry, 287巻, 8号, pp. 5290-5300, 2012
  35. CEP41 is mutated in Joubert syndrome and is required for tubulin glutamylation at the cilium, Nature Genetics, 44巻, 2号, pp. 193-199, 2012
  36. Submolecular-scale imaging of α-helices and C-terminal domains of tubulins by frequency modulation atomic force microscopy in liquid, Biophysical Journal, 101巻, 5号, pp. 1270-1276, 2011
  37. SIRT1 Regulates Thyroid-Stimulating Hormone Release by Enhancing PIP5Kgamma Activity through Deacetylation of Specific Lysine Residues in Mammals, PloS One, 5巻, 7号, pp. e11755, 2010
  38. Detection of characteristic distributions of phospholipid head groups and fatty acids on neurite surface by time-of-flight secondary ion mass spectrometry, Medical Molecular Morphology, 43巻, 3号, pp. 158-164, 2010
  39. Imaging mass spectrometry of gastric carcinoma in formalin-fixed paraffin-embedded tissue microarray, Cancer Science, 101巻, 1号, pp. 267-273, 2010
  40. ★, Unique post-translational modifications in specialized microtubule architecture, Cell Structure and Function, 35巻, 1号, pp. 15-22, 2010
  41. 気道上皮繊毛の機能的運動非対称性におけるチューブリンポリグルタミン酸化修飾の重要性, 実験医学, 28巻, 18号, pp. 2979-2982, 2010
  42. Developments and applications of mass microscopy, Medical Molecular Morphology, 43巻, 1号, pp. 1-5, 2010
  43. Identification of tubulin deglutamylase among Caenorhabditis elegans and mammalian cytosolic carboxypeptidases (CCPs), The Journal of Biological Chemistry, 285巻, 30号, pp. 22936-22941, 2010
  44. ★, Tubulin polyglutamylation is essential for airway ciliary function through the regulation of beating asymmetry, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 107巻, 23号, pp. 10490-10495, 2010
  45. Imaging of lipids in cultured mammalian neurons by matrix assisted laser/desorption ionization and secondary ion mass spectrometry, Surface and Interface Analysis, 42巻, 10-11号, pp. 1606-1611, 2010
  46. Recombinant mammalian tubulin polyglutamylase TTLL7 performs both initiation and elongation of polyglutamylation on beta-tubulin through a random sequential pathway, Biochemistry, 48巻, 5号, pp. 1084-1093, 2009
  47. ★, TTLL10 can perform tubulin glycylation when co-expressed with TTLL8, FEBS Letters, 583巻, 12号, pp. 1957-1963, 2009
  48. ★, TTLL10 is a protein polyglycylase that can modify nucleosome assembly protein 1, FEBS Letters, 582巻, 7号, pp. 1129-1134, 2008
  49. ★, タンパク質ポリグルタミン酸化酵素とポリグリシン化酵素の発見, 実験医学, 26巻, 15号, pp. 2395-2402, 2008
  50. Transmembrane and ubiquitin-like domain-containing protein 1 (Tmub1/HOPS) facilitates surface expression of GluR2-containing AMPA receptors, PloS One, 3巻, 7号, pp. e2809, 2008
  51. Enhancement of Trk signaling pathways by the cholestane amide conjugate MCC-257, Journal of Pharmacological Sciences, 108巻, 1号, pp. 131-134, 2008
  52. 多段階質量顕微鏡法の臨床化学研究―脳神経外科領域応用の考察, 臨床化学, 37巻, 4号, pp. 354-360, 2008
  53. ★, Loss of alpha-tubulin polyglutamylation in ROSA22 mice is associated with abnormal targeting of KIF1A and modulated synaptic function, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104巻, 9号, pp. 3213-3218, 2007
  54. ★, TTLL7 is a mammalian beta-tubulin polyglutamylase required for growth of MAP2-positive neurites, The Journal of Biological Chemistry, 281巻, 41号, pp. 30707-30716, 2006
  55. Hypo-osmotic shock induces nuclear export and proteasome-dependent decrease of UBL5, Biochemical and Biophysical Research Communications, 350巻, 3号, pp. 610-615, 2006
  56. N-alpha-p-tosyl-L-lysine chloromethyl ketone (TLCK) suppresses neuritic degeneration caused by different experimental paradigms including in vitro Wallerian degeneration, Brain Research, 1030巻, 1号, pp. 81-93, 2004
  57. ★, Non-apoptotic neurite degeneration in apoptotic neuronal death: Pivotal role of mitochondrial function in neurites, Neuroscience, 122巻, 3号, pp. 617-626, 2003
  58. Membrane depolarization-mediated survival of sympathetic neurons occurs through both phosphatidylinositol 3-kinase- and CaM kinase II-dependent pathways, Brain Research, 866巻, 1-2号, pp. 218-226, 2000

著書等出版物

  1. Analysis of Post-Translational Modifications and Proteolysis in Neuroscience, Humana Press, 2016年, 単行本(学術書), 共著, English, 1493934708
  2. 実験医学「見つける、量る、可視化する! 質量分析実験ガイド」, 羊土社, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 4758101868
  3. Imaging mass spectrometry - protocols for mass microscopy, Springer, 2010年, 単行本(学術書), 共著, English, 4431094245
  4. レーヴン・ジョンソン生物学〈上〉, 培風館, 2006年, 教科書, 共訳, 日本語, 4563077968

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 管腔に直立する線毛と細胞外粒子について, 池上浩司, 第18回心臓血管発生研究会, 2019年10月27日, 招待, 日本語
  2. Localization of Delta3 Form of α Tubulin in the Mouse Central Nervous System, 重政祐司, IJAZ Faryal, 池上浩司, 第74回日本解剖学会中国四国支部学術集会, 2019年10月26日, 通常, 日本語
  3. からだの中の『毛』 ~『毛』を元気にして健康に~, 池上浩司, 第50回広島大学白菊会総会, 2019年10月23日, 招待, 日本語
  4. 解剖学への招待~からだの形づくりや機能に関わるミクロな毛~, 池上浩司, 広島市立基町高校進路研修セミナー, 2019年07月10日, 招待, 日本語
  5. Localization of delta3-alpha-tubulin in the mouse central nervous system, IJAZ Faryal, 重政祐司, 池上浩司, 第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会, 2019年06月25日, 通常, 日本語, 神戸
  6. ナノスケールの線毛と細胞外小胞が見せるクロストーク, 池上浩司, 第6回CarMEN Conference, 2019年06月01日, 招待, 日本語, 東京
  7. 培養腎臓髄質集合管上皮細胞におけるInpp5e依存的なエクソソーム放出, 二宮昌彦, 瀬藤光利, 池上浩司, 第124回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2019年03月27日, 通常, 日本語, 新潟
  8. ニワトリ胚を用いた発生時温度低下による発生異常の形態学的解析, 坂本信之, 池上浩司, 第124回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2019年03月27日, 通常, 日本語, 新潟
  9. 線毛異常を新たな視点で理解できないか, 池上浩司, 第一回日本医学会連合Rising Starリトリート, 2019年03月05日, 通常, 日本語, 千葉
  10. 管腔面に生える『毛』の機能と新動態, 池上浩司, 第59回日本脈管学会総会, 2018年10月26日, 招待, 日本語, 日本脈管学会, 広島
  11. 細胞骨格微小管の翻訳後修飾と線毛に関するイメージング研究, 池上浩司, 第73回日本解剖学会中国四国支部学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 徳島
  12. 生体膜マイクロドメインとしての一次線毛とその動態, 池上浩司、瀬藤光利, 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2018年03月28日, 通常, 日本語, 日本解剖学会, 東京
  13. 線毛軸糸の翻訳後修飾変化による粘液線毛機能制御, 池上浩司, 第44回難治性気道疾患研究会, 2018年01月27日, 招待, 日本語, 東京
  14. Lipoquality-mediated regulation of primary cilia dynamics, Ikegami Koji, Setou Mitsutoshi, International Symposium on Imaging Frontier 2017, 2017年07月09日, 通常, 英語, Tokyo
  15. 細胞外小胞放出器官として機能しうる一次繊毛, 池上浩司, 第69回日本細胞生物学会大会, 2017年06月13日, 通常, 日本語, 日本細胞生物学会, 仙台
  16. Evidence for release of ciliary components into extracellular fluid, Ikegami Koji, Setou Mitsutoshi, The 28th CDB meeting, 2016年11月29日, 通常, 英語, Kobe
  17. Release of cilia components into extracellular space, Ikegami Koji, Ireland – Japan Joint Seminar, 2016年10月12日, 招待, 英語, Tokyo
  18. 「生命を『操作』する時代の到来」~医療や農畜産業の将来像~, 池上浩司, 第24回浜松市民アカデミー, 2016年09月30日, 招待, 日本語, 浜松市まちづくり推進課, 浜松
  19. 刺激に対する繊毛のレスポンス, 池上浩司, 琉球大学医学部リサーチカンファランス, 2016年06月10日, 招待, 日本語, 沖縄
  20. Regulation of mammalian flagellar and ciliary motility by post-translational modifications of axonemal microtubules, 池上浩司、瀬藤光利, 第53回日本生物物理学会年会, 2015年09月13日, 通常, 英語, 日本生物物理学会, 金沢
  21. 分子から見た粘液線毛機能~疾患モデルに関する考察~, 池上浩司, 第16回浜松呼吸器感染症セミナー, 2014年10月18日, 招待, 日本語, 浜松
  22. 軸糸微小管の翻訳後修飾と 繊毛・鞭毛の構造・機能, 池上浩司、瀬藤光利, 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2014年03月28日, 通常, 日本語, 日本解剖学会, 栃木
  23. Posttranslational polymodifications of tubulin and other Targets, Ikegami Koji, Albert Einstein College of Medicine Special Seminar, 2013年07月01日, 通常, 英語, New York
  24. Analysis of Polymodification-performing Enzymes with Raster Image Correlation Spectroscopy, Ikegami Koji, IMB-Olympus Microscopy Suite Opening Ceremony, Live Cell Imaging Seminer, 2011年05月, 招待, 英語, IMB/Olympus, Singapore
  25. 共焦点顕微鏡が拓く新たな分子イメージングの世界 -生細胞内での分子相互作用解析-, 瀬藤光利、堤弘次、池上浩司, 第62回日本細胞生物学会大会, 2010年05月, 招待, 日本語, 日本細胞生物学会, 大阪
  26. Tubulin polyglutamylation for structural and functional asymmetry of cilia, Ikegami Koji, Sato Shobu, Nakamura Kenji, Setou Mitsutoshi, ASCB/JSCB/RIKEN CDB Meeting, 2009年09月, 通常, 英語, ASCB, Kyoto
  27. チューブリンポリグルタミン酸化と繊毛機能, 池上浩司、瀬藤光利, 第61回日本細胞生物学会大会, 2009年06月, 通常, 日本語, 日本細胞生物学会, 名古屋
  28. 神経突起から繊毛へ-翻訳後修飾による奇妙なつながり-, 池上浩司, 2009年03月, 通常, 日本語, 札幌
  29. Loss of tubulin polyglutamylation is associated with a lack of central apparatus in tracheacilia axoneme, dysregulated cilia beating, and severe ceaseless cough in TTLL1-deficient mouse, Ikegami Koji, Sato Shobu, Setou Mitsutoshi, 47th ASCB Annual Meeting, 2007年12月, 通常, 英語, ASCB, Washington DC

受賞

  1. 日本細胞生物学会 若手最優秀発表賞, 日本細胞生物学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 戦略的創造研究推進事業(さきがけ), 一次繊毛由来微粒子の多次元動態と制御, 2017年10月, 2021年03月
  2. 基盤研究C, 一次繊毛由来細胞外小胞(pc-ECV)の生理機能解析, 2017年04月, 2020年03月
  3. 新学術領域研究, CRISPRシステムを用いた一次シリア情報発信の実証と分子基盤解析, 2015年04月, 2017年03月
  4. 新学術領域研究, 軸糸微小管翻訳後修飾による軸糸ダイニンの運動活性変化, 2015年04月, 2017年03月
  5. 挑戦的萌芽研究, 翻訳後修飾の未標識ダイレクトイメージング, 2014年04月, 2016年03月
  6. 新学術領域研究, 一次シリアからの情報発信, 2013年04月, 2015年03月
  7. 武田科学振興財団:医学研究奨励, ポリグルタミン酸化修飾制御破綻による網膜視細胞変性の分子機盤, 2012年10月, 2014年03月
  8. 新学術領域研究, ポリグルタミン酸化修飾イメージングの基盤技術開発, 2011年04月, 2013年03月
  9. 基盤研究C, チューブリンポリグルタミン酸化修飾による一次繊毛構造・機能調節機構とその破綻, 2011年04月, 2014年03月
  10. 上原記念生命科学財団:研究奨励金, 微小管修飾異常による小脳変性の分子基盤, 2011年02月, 2012年03月
  11. 若手研究B, NAD過剰産生マウス(Wlds系統)を利用した神経回路網老化関連タンパク質の探索, 2005年04月, 2007年03月
  12. 特別研究員奨励費, 神経細胞死における神経突起変性・崩壊メカニズムの解析, 2001年04月, 2004年03月

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本解剖学会 若手育成委員会委員, 2019年03月, 日本解剖学会
  2. Cell Structure and Function, Associate Editor, 2019年01月, 2020年12月, 日本細胞生物学会
  3. 日本解剖学会 代議員, 2018年08月, 日本解剖学会
  4. 日本細胞生物学会 代議員, 2018年06月, 2020年06月, 日本細胞生物学会
  5. 表面化学分析技術国際標準化委員会・バイオアナリシスWG 幹事, 2017年04月, 2018年03月, 表面化学分析技術国際標準化委員会・バイオアナリシスWG
  6. 表面化学分析技術国際標準化委員会・国内業務委員会 委員, 2017年04月, 2018年03月, 表面化学分析技術国際標準化委員会・国内業務委員会
  7. 日本細胞生物学会 代議員, 2016年06月, 2018年06月, 日本細胞生物学会
  8. 日本細胞生物学会 代議員, 2015年06月, 2016年06月, 日本細胞生物学会
  9. 日本細胞生物学会 評議員, 2014年04月, 2015年06月, 日本細胞生物学会

学術会議等の主催

  1. 第5回繊毛研究会, 2014年05月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第50回広島大学白菊会総会, 2019年/10月/23日, 講師, 講演会, 市民団体
  2. 広島市立基町高等学校 進路研究セミナー, 2019年/07月/10日, 講師, 出前授業, 高校生
  3. 第24回浜松市民アカデミー, 浜松市まちづくり推進課, 2016年/09月, 浜松, 講師, 講演会, 社会人・一般
  4. 第16回浜松呼吸器感染症セミナー, 2014年/10月, 浜松, 講師, 講演会, その他