半井 健一郎KENICHIRO NAKARAI

Last Updated :2017/09/23

所属・職名
大学院工学研究科 構造工学講座 准教授
メールアドレス
nakaraihiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2002年10月16日, 2006年08月15日, 東京大学, 大学院工学系研究科, 助手
  • 2006年08月16日, 2007年03月31日, 群馬大学, 工学部, 講師
  • 2007年04月01日, 2008年10月31日, 群馬大学, 大学院工学研究科, 講師
  • 2008年11月01日, 2012年03月31日, 群馬大学, 大学院工学研究科, 准教授
  • 2012年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究院, 准教授

学歴

  • 東京大学, 大学院工学系研究科, 社会基盤工学専攻修士課程, 日本, 2000年04月, 2002年03月
  • 東京大学, 工学部, 土木工学科, 日本, 1998年04月, 2000年03月
  • 東京大学, 教養学部, 理科1類, 日本, 1996年04月, 1998年03月

学位

  • 博士(工学) (東京大学)
  • 修士(工学) (東京大学)

研究分野

  • 工学 / 土木工学 / 構造工学・地震工学・維持管理工学

研究キーワード

  • コンクリート工学
  • 耐久性
  • コンクリート構造
  • セメント改良土
  • 放射性廃棄物処分

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 社会基盤環境工学実験
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 材料力学
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 鉄筋コンクリート構造・演習
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 社会基盤環境デザイン
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), コンクリート構造特論
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Advanced Structural Concrete
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究I
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究II
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 社会基盤環境工学講究II
  10. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 社会基盤環境工学講究III
  11. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 社会基盤環境工学講究V
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーI
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーII
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 社会基盤環境工学セミナーII

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. コンクリートの収縮問題と耐久性力学, セメント・コンクリート, 795号, pp.11-pp.16, 2013,5
  2. 香港における長大橋梁と香港アルプス, プレストレストコンクリート, 55巻, 5号, pp.47-pp.52, 2013,09
  3. コンクリート構造物の表層品質測定を対象とした非破壊試験, プレストレストコンクリート, 56巻, 6号, pp.20-pp.24, 2014,11
  4. コンクリートの表層品質評価における水の活用, セメント・コンクリート, 812巻, pp.74-pp.78, 201410
  5. ベトナムにおける高速道路建設技術者の養成, プレストレストコンクリート, 56巻, 3号, pp.67-pp.72, 201405
  6. 放射性物質の封じ込めとコンクリート材料の安全利用について, コンクリート工学, 52巻, 11号, pp.984-pp.991, 201411
  7. コンクリートのサステイナビリティに関する国際ワークショップ, コンクリート工学, 52巻, 8号, pp.691-pp.692, 201408
  8. 表層透気試験(トレント法)の実務展開, コンクリート工学, 52巻, 7号, pp.595-pp.600, 201407
  9. 高炉スラグ微粉末混入モルタルの直接引張強度特性, コンクリート工学年次論文集, 22巻, 2号, pp.505-pp.510, 2000,6
  10. 実プレローディド・プレストレスト(PL・PS)補強土橋脚の固有振動数, ジオシンセティックス論文集, 15巻, pp.302-pp.311, 2000,12
  11. ラチェット機能付きプレストレス維持装置を使用したプレローディド・プレストレスト補強土構造物共振時の動的応答特性, ジオシンセティックス論文集, 15巻, pp.284-pp.293, 2000,12
  12. プレローディド・プレストレスト補強土構造物のレベルⅡ地震動に対する動的応答特性, ジオシンセティックス論文集, 15巻, pp.274-pp.283, 2000,12
  13. 改良型プレストレス維持装置を用いたPL・PS補強土橋台の模型振動台実験, ジオシンセティックス論文集, 16巻, pp.45-pp.52, 2001,12
  14. 免震基礎としてのPLPSジオテキスタイル補強盛土の振動台実験, ジオシンセティックス論文集, 17巻, pp.41-pp.48, 2002,12
  15. PL・PS補強土橋台の三次元模型振動台実験, ジオシンセティックス論文集, 17巻, pp.33-pp.40, 2002,12
  16. 立体支持条件を考慮したディープビームの3次元非線形解析と検証, コンクリート工学年次論文集, 25巻, pp.1051-pp.1056, 2003,7
  17. 開削トンネルの隅角部付近の耐荷機構分析と耐震性能,構造工学論文集, 構造工学論文集, 50A巻, pp.969-pp.978, 2004,3
  18. 液状化を生じる地盤におけるRC杭基礎の非線形応答に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集, 26巻, 2号, pp.1177-pp.1182, 2004,7
  19. 異なる温度環境下におけるセメント水和と空隙構造の相互依存性, コンクリート工学年次論文集, 26巻, 1号, pp.567-pp.572, 2004,7
  20. セメント硬化体空隙組織の形成および劣化との連成によるカルシウム溶出解析, コンクリート工学年次論文集, 27巻, 1号, pp.715-pp.720, 2005,7
  21. ベントナイトおよび周辺地盤との連成によるセメント系複合材料からのカルシウム溶脱解析, コンクリート工学年次論文集, 27巻, 1号, pp.859-pp.864, 2005,7
  22. 離散配置されたせん断補強筋の効果と数値評価, コンクリート工学年次論文集, 27巻, 2号, pp.805-pp.810, 2005,7
  23. 地盤中におけるRC杭基礎の非線形動的応答に関する3次元有限要素解析, コンクリート工学年次論文集, 27巻, 2号, pp.925-pp.930, 2005,7
  24. セメント硬化体組織構造の温度依存性に基づく熱力学連成解析の高度化, 土木学会論文集, 802巻, V69号, pp.61-pp.78, 2005,11
  25. セメント系多孔体の水和組織形成とイオン平衡を考慮した強相関カルシウム溶脱連成解析, 土木学会論文集, 802巻, V69号, pp.79-pp.96, 2005,11
  26. セメント系複合材料-自然地盤連成系を対象とする多相物理化学モデル, 土木学会論文集, 802巻, V69号, pp.137-pp.154, 2005,11
  27. フライアッシュコンクリートの空隙形成と水分移動・平衡の連成解析に基づく収縮特性評価, コンクリート工学年次論文集, 28巻, 1号, pp.539-pp.544, 2006,7
  28. 熱力学連成モデルによる人工バリアの性能評価, コンクリート工学年次論文集, 28巻, 1号, pp.761-pp.766, 2006,7
  29. Modeling of Calcium Leaching from Cement Hydrates Coupled with Micro-Pore Formation, Journal of Advanced Concrete Technology, 4巻, 3号, pp.395-pp.407, 2006,10
  30. Multi-scale Physicochemical Modeling of Soil-Cementitious Material Interaction, Soils and Foundations, Soils and Foundations, 46巻, 5号, pp.653-pp.663, 2006,10
  31. Enhanced Thermodynamics Analysis Coupled with Temperature-Dependent Microstructures of Cement Hydrates, Cement and Concrete Research, 37巻, 2号, pp.139-pp.150, 2007,2
  32. 離散配置補強筋による既設RC部材のせん断補強効果, 土木学会論文集E, 63巻, 1号, pp.116-pp.126, 2007,2
  33. FRPを補強材に用いたCPCはりにおける仕事量一定則の適用性, コンクリート工学年次論文集, 29巻, 1号, pp.513-pp.518, 2007,7
  34. 異なる養生下での各種コンクリート材料の空隙構造変化に基づく物質移動解析, コンクリート工学年次論文集, 29巻, 1号, pp.723-pp.728, 2007,7
  35. ポリマーセメントモルタルで表面保護されたコンクリートの塩化物イオン浸透性, コンクリート工学年次論文集, 29巻, 1号, pp.975-pp.980, 2007,7
  36. 高炉スラグ微粉末で置換したPCグラウトを用いたPPCはりの曲げ性状, コンクリート工学年次論文集, 29巻, 3号, pp.451-pp.456, 2007,7
  37. 粒度の異なる高炉スラグ微粉末を用いたPCグラウトのフレッシュ性状, セメント・コンクリート論文集, 61/2007巻, pp.142-pp.147, 2008,2
  38. 粒度の異なる高炉スラグ微粉末を用いたPCグラウトの高強度化, セメント・コンクリート論文集, 61/2007巻, pp.148-pp.153, 2008,2
  39. アーウィン系セメントを用いた低アルカリ性コンクリートのフレッシュ性状および硬化特性, セメント・コンクリート論文集, 61/2007巻, pp.248-pp.254, 2008,2
  40. 床版に膨張コンクリートを用いた鋼合成桁の膨張および曲げひび割れ性状, セメント・コンクリート論文集, 61/2007巻, pp.624-pp.631, 2008,2
  41. 複数の物理化学的分析を組み合わせた硬化コンクリートの配合推定方法の提案, コンクリート工学年次論文集, 30巻, 1号, pp.537-pp.542, 2008,7
  42. ベントナイトへの炭酸水素ナトリウムの混合がセメント系材料の溶脱に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, 30巻, 1号, pp.717-pp.722, 2008,7
  43. 異なる径の引張鉄筋を用いたPPCはりの曲げひび割れ性状, コンクリート工学年次論文集, 30巻, 3号, pp.541-pp.546, 2008,7
  44. 比抵抗を用いた各種コンクリートの塩分浸透評価, 材料, 57巻, 10号, pp.1005-pp.1010, 2008,10
  45. 材齢初期の乾燥および炭酸化がセメント硬化体の細孔構造および物質移動抵抗性へ与える影響に関する一考察, セメント・コンクリート論文集, 62/2008巻, pp.128-pp.134, 2009,2
  46. 拘束の小さい膨張コンクリートへの仕事量一定則の適用手法, セメント・コンクリート論文集, 62/2008巻, pp.189-pp.196, 2009,2
  47. アーウィン系低アルカリ性セメントを用いたモルタルおよびコンクリートの長期硬化特性, セメント・コンクリート論文集, 62/2008巻, pp.283-pp.288, 2009,2
  48. ポーラスなセメント系材料のCa溶脱挙動における単位セメント量・骨材粒径・養生日数の影響, コンクリート工学年次論文集, 31巻, 1号, pp.841-pp.846, 2009,7
  49. 材齢初期からの乾燥および炭酸化がセメント硬化体の水和生成物と酸素拡散係数に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, 31巻, 1号, pp.961-pp.966, 2009,7
  50. 乾燥収縮ひび割れがRCはりのせん断耐力に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, 31巻, 2号, pp.751-pp.756, 2009,7
  51. 材齢初期からの炭酸化がセメント硬化体の細孔構造および酸素拡散係数に与える影響に関する2, 3の考察, セメント・コンクリート論文集, 63/2009巻, pp.99-pp.106, 2010,2
  52. 若材齢時の炭酸化によるセメント系硬化体の組成と空隙構造の変化が酸素拡散係数に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, 32巻, 1号, pp.617-pp.622, 2010,7
  53. 隣接ベントナイトへの炭酸塩の混合がセメント系材料の溶脱に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, 32巻, 1号, pp.713-pp.718, 2010,7
  54. 収縮応力および収縮ひび割れがRC はりのせん断耐力に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, 32巻, 2号, pp.673-pp.678, 2010,7
  55. Physical Properties of Mortar and Concrete Using Low-Alkalinity Cement Based on Sulphoaluminate Clinker, Journal of the Chinese Ceramic Society, 38巻, 9号, pp.1623-pp.1630, 2010,9
  56. 若材齢時から炭酸化したセメント硬化体の細孔構造および酸素拡散係数に及ぼすCO2濃度の影響, セメント・コンクリート論文集, 64/2010巻, pp.111-pp.118, 2011,2
  57. 低鉄筋比領域における膨張コンクリートのなす仕事量の再評価, セメント・コンクリート論文集, 64/2010巻, pp.154-pp.161, 2011,2
  58. 若材齢時の炭酸化がセメント硬化体の酸素拡散係数の深度分布に及ぼす影響, セメント・コンクリート論文集, 64/2010巻, pp.370-pp.376, 2011,2
  59. 供試体の寸法および乾燥期間がセメント系硬化体の中性化進行に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, 33巻, 1号, pp.725-pp.730, 2011,7
  60. セメント系硬化体の酸素拡散係数に及ぼす養生温度の影響, コンクリート工学年次論文集, 33巻, 1号, pp.731-pp.736, 2011,7
  61. カルシウム溶脱によるウッドチップ混入ポーラスモルタルの曲げ強度変化, コンクリート工学年次論文集, 33巻, 1号, pp.1493-pp.1498, 2011,7
  62. 膨張コンクリートを用いた鋼合成桁における床版の膨張性状, コンクリート工学年次論文集, 33巻, 2号, pp.1201-pp.1206, 2011,7
  63. 鋼製軽量型枠を用いた膨張コンクリートの簡易性能評価に関する仕事量による考察, セメント・コンクリート論文集, 65/2011巻, pp.209-pp.216, 2012,2
  64. ユーグレナを用いた光合成コンクリートの二酸化炭素固定性状, セメント・コンクリート論文集, 65/2011巻, 536号, pp.543, 2012,2
  65. 再生骨材を用いたポーラスコンクリートの蒸発冷却効果, コンクリート工学年次論文集, 34巻, 1号, pp.1468-pp.1473, 2012,7
  66. 軽量型枠法を用いた膨張コンクリートの性能評価における自己収縮の影響, コンクリート工学年次論文集, 34巻, 1号, pp.1906-pp.1911, 2012,7
  67. Adsorptivity of heavy metals CuII, CdII, and PbII on woodchip-mixed porous mortar, Chemical Engineering Journal, 215-216巻, pp.202-pp.208, 2013,1,15
  68. コンクリートの体積変化がRCはりのせん断耐力に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, 35巻, 2号, pp.649-pp.654, 2013,7
  69. 放射性セシウムによって生ずるコンクリート外壁の汚染とその評価に関する基礎研究, コンクリート工学年次論文集, 35巻, 2号, pp.1939-pp.1944, 2013,7
  70. 長期有効曲げ剛性式によるPC箱桁橋の長期たわみ評価, コンクリート工学年次論文集, 35巻, 2号, pp.469-pp.474, 2013,7
  71. 塩分含有廃瓦粗骨材によるコンクリートの内部養生効果, コンクリート工学年次論文集, 35巻, 2号, pp.643-pp.648, 2013,7
  72. ごみ熔融スラグ細骨材を用いたコンクリートの力学特性に対する養生条件の影響, コンクリート工学年次論文集, 35巻, 2号, pp.1585-pp.1590, 2013,7
  73. モルタル中のセシウムの浸透および溶出挙動における含水状態および浸せき条件の影響, セメント・コンクリート論文集, 67巻, pp.210-pp.215, 2014,2
  74. 樹脂で補修したRC部材のテンションスティフニング効果, コンクリート工学年次論文集, 36巻, 2号, pp.397-pp.402, 2014,7
  75. 寸法および鉄筋比の異なる膨張RCはりのせん断強度評価, コンクリート工学年次論文集, 36巻, 2号, pp.445-pp.450, 2014,7
  76. RCはりのせん断強度に及ぼす収縮および破壊エネルギーの影響, コンクリート工学年次論文集, 36巻, 2号, pp.451-pp.456, 2014,7
  77. 樹脂注入による豆板補修工法の提案と各種材料強度の評価, 土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造), 70巻, 2号, pp.252-pp.271, 2014,6
  78. 重金属添加方法の異なるセメントペースト内での重金属の捕集, セメント・コンクリート論文集, 68巻, pp.375-pp.381, 2015,2
  79. 飽和水酸化カルシウム水溶液作用下における無機材料混合ベントナイトの膨潤挙動, 地盤工学ジャーナル, 10巻, 1号, pp.45-pp.55, 2015,3
  80. はり下面に豆板補修箇所を有するRCはりのせん断破壊挙動に関する実験的検討, 構造工学論文集, 61A巻, pp.715-pp.724, 2015,3
  81. Pozzolanic reaction of fly ash cement paste in the presence of alkali activator, Proceedings of JCI Annual Convention, 37巻, 1号, pp.157-pp.162, 2015,7
  82. コンクリート構造物の表層品質を対象とした各種試験の比較, コンクリート工学年次論文集, 37巻, 1号, pp.673-pp.678, 2015,7
  83. 柱の基部に豆板補修部を有するRC柱の曲げせん断破壊, コンクリート工学年次論文集, 37巻, 2号, pp.1231-pp.1236, 2015,7
  84. Effect of carbonation on strength development of cement-treated Toyoura silica sand, Soils and Foundations, 55巻, 4号, pp.857-pp.865, 2015,8
  85. Effect of internal alkali activation on pozzolanic reaction of low-calcium fly ash cement paste, Materials and Structures, 49巻, 8号, pp.3039-pp.3053, AUG 2016
  86. A study on pozzolanic reaction of fly ash cement paste activated by an injection of alkali solution, Construction and Building Materials, 94巻, pp.28-pp.34, 2015,9
  87. Shear strength of reinforced concrete beams: concrete volumetric change effects, Journal of Advanced Concrete Technology, 14巻, pp.229-pp.244, 2016,5
  88. Effect of internal alkali activation on pozzolanic reaction of low-calcium fly ash cement paste, MATERIALS AND STRUCTURES, 49巻, 8号, pp.3039-pp.3053, AUG 2016
  89. Shear Strength of Reinforced Concrete Beams: Concrete Volumetric Change Effects, JOURNAL OF ADVANCED CONCRETE TECHNOLOGY, 14巻, 5号, pp.229-pp.244, MAY 2016
  90. 正負繰返し載荷によるRCはり豆板補修部の界面剥離挙動の分析と提案補修工法の検証, 土木学会論文集E2, 71巻, 4号, pp.365-pp.384
  91. 群馬県でコンクリート構造物の品質確保に関する試行を開始, コンクリートテクノ, 34巻, 11号, pp.14-pp.17
  92. Strength development of cement-treated soils: Effects of water content, carbonation, and pozzolanic reaction under drying curing condition, CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS, 134巻, pp.703-pp.712, MAR 1 2017
  93. ★, Shear Strength of Reinforced Limestone Aggregate Concrete Beams, ACI STRUCTURAL JOURNAL, 114巻, 4号, pp.1007-pp.1017, JUL-AUG 2017
  94. 廃瓦骨材と塩分を併用したコンクリートの圧縮強度に及ぼす早期脱型の影響, コンクリート工学年次論文集, 38巻, 1号, pp.603-pp.608
  95. セメント系固化材を用いた改良土の炭酸化における強度特性およびエコロジカル評価, コンクリート工学年次論文集, 38巻, 1号, pp.2241-pp.2246
  96. 石灰石骨材を用いたRCはりのせん断強度に及ぼす寸法,収縮および特性長さの影響, コンクリート工学年次論文集, 38巻, 2号, pp.271-pp.276
  97. せん断補強筋のないRCはりのせん断耐荷挙動に及ぼすコンクリートの収縮の影響, 土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造), 73巻, 1号, pp.50-pp.69
  98. Internal curing of Class-F fly-ash concrete using high-volume roof-tile waste aggregate, Materials and Structures, 50巻, 203号, 2017.7.21
  99. カルシウムアルミネートを用いた改良土の特性と炭酸化における強度変化, コンクリート工学年次論文集, 39巻, 1号, pp.2005-pp.2010
  100. Long-term pore structure of internally cured fly ash cement paste by an injection of water, コンクリート工学年次論文集, 39巻, 1号, pp.109-pp.114

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 第69回セメント技術大会, 2015年05月12日, 通常, 英語, セメント協会, 東京都
  2. セメント系固化材を用いた粘性土の炭酸化による強 度特性, 佐々木 崇    , 庄司 慎、渡辺 雅昭、半井 健一郎, 第69回セメント技術大会, 2015年05月12日, 通常, 日本語, セメント協会, 東京都
  3. コンクリート構造物の表層品質を対象とした 3 段階検査システムの構築に向けた基礎的研究, 森 優太, 山中 翔太、半井 健一郎、舌間 孝一郎、西尾 壮平、上田 洋、酒井 雄也、岸 利治、原 克則、永塚 健、後藤 剛、宮田 嗣実, 第 67 回 平成 27 年度土木学会中国支部研究発表会, 2016年05月23日, 通常, 日本語, 土木学会, 山口県宇部市
  4. 材料強度および寸法の異なる RC はりのせん断強度に対する特性長さを用いた考察, 佐々木 優, 阪本 祐人、川井 菜緒、半井 健一郎, 第 67 回 平成 27 年度土木学会中国支部研究発表会, 2015年05月23日, 通常, 日本語, 土木学会, 山口県宇部市
  5. RC はりのせん断挙動に及ぼす載荷速度の影響に関する基礎的研究, 高淵 稔貴, 半井 健一郎, 第 67 回 平成 27 年度土木学会中国支部研究発表会, 2015年05月23日, 通常, 日本語, 土木学会, 山口県宇部市
  6. セメント種の異なるコンクリートの表層品質評価に関する各手法の比較, 森 優太, 山中 翔太、半井 健一郎、西尾 壮平, 平成27年度土木学会全国大会 第70回年次学術講演会, 2015年09月16日, 通常, 日本語, 土木学会, 岡山県岡山市
  7. コンクリート構造物に生じた豆板の内部確認手法の検討, 佐々木 尚美, 小林 薫、半井 健一郎, 平成27年度土木学会全国大会 第70回年次学術講演会, 2015年09月16日, 通常, 日本語, 土木学会, 岡山県岡山市
  8. ボックスカルバートおよび附属試験体における表層品質測定, 半井  健一郎, 森 優太、舌間 孝一郎、西尾 壮平、上田 洋, 平成27年度土木学会全国大会 第70回年次学術講演会, 2015年09月18日, 通常, 日本語, 土木学会, 岡山県岡山市
  9. 群馬県における新設コンクリート構造物の表層品質調査, 舌間  孝一郎, 半井 健一郎、山田 真次、西尾 壮平、上田 洋, 平成27年度土木学会全国大会 第70回年次学術講演会, 2015年09月18日, 通常, 日本語, 土木学会, 岡山県岡山市
  10. コンクリート構造物の鉛直面における散水時の水の流下現象による表層品質の簡易評価, 西尾 壮平, 上田 洋、岸 利治、半井 健一郎, 平成27年度土木学会全国大会 第70回年次学術講演会, 2015年09月18日, 通常, 日本語, 土木学会, 岡山県岡山市
  11. 品質確保の全国への展開, 半井健一郎, 専門技術講習会, 2015年08月19日, 招待, 日本語
  12. セメント系材料の溶脱と超長期耐久性問題, 半井健一郎, 第 49 回 セメント協会 研究所講演会, 2015年08月18日, 招待, 日本語, セメント協会

受賞

  1. 2003年11月11日, 年次学術講演会優秀講演賞, 土木学会
  2. 2004年10月28日, 年次学術講演会優秀講演賞, 土木学会
  3. 2004年05月28日, 吉田研究奨励賞, 土木学会
  4. 2005年06月22日, 年次論文奨励賞, 日本コンクリート工学協会
  5. 2005年07月11日, セメント技術大会優秀講演者賞, セメント協会
  6. 2005年07月22日, 地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞, 地盤工学会
  7. 2005年12月26日, 年次学術講演会優秀講演賞, 土木学会
  8. 2006年05月26日, 論文奨励賞, 土木学会
  9. 2007年05月22日, 奨励賞, 日本コンクリート工学協会
  10. 2007年06月08日, 前田工学賞, 前田記念工学振興財団
  11. 2008年05月29日, 論文奨励賞, 地盤工学会
  12. 2008年12月10日, 年次学術講演会優秀講演賞, 土木学会
  13. 2009年04月14日, 科学技術分野文部科学大臣表彰若手科学者賞, 文部科学省
  14. 2009年05月08日, ベストティーチャー賞優秀賞, 群馬大学
  15. 2010年02月05日, 横山科学技術賞, 横山科学技術賞委員会
  16. 2010年07月09日, 年次論文奨励賞, 日本コンクリート工学協会
  17. 2011年07月07日, セメント技術大会優秀講演者賞, セメント協会
  18. 2015年05月13日, 論文賞, セメント協会, 重金属添加方法の異なるセメントペースト内での重金属の捕集
  19. 2015年12月01日, 年次学術講演会優秀講演賞, 土木学会