関川 清一Kiyokazu Sekikawa

Last Updated :2020/12/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(保) 准教授
メールアドレス
sekikawahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(保健学) (広島大学)
  • 修士(保健学) (広島大学)

研究分野

  • 複合領域 / 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 内部障害リハビリテーション学
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 内部障害リハビリテーション学実習
  3. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 運動系理学療法学
  4. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 運動系理学療法学実習
  5. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 生活技術学
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 生活技術学実習
  7. 2020年, 学部専門, 3ターム, 理学療法研究法
  8. 2020年, 学部専門, 集中, 臨床見学実習
  9. 2020年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  10. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 内部障害リハビリテーション学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. リハビリテーションによって特発性脊柱側弯症に伴う無気肺が改善した症例, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 29巻, pp. 154-157, 2020
  2. 最大運動回復時の酸素吸入が呼吸循環および運動筋酸素動態に与える影響, 保健医療学雑誌, 11巻, 1号, pp. 1-8, 20200401
  3. Effect of the use of passive trunk exercise equipment on oxygen consumption and self-efficacy for performing exercise in patients with type 2 diabetes, Journal of Diabetes Investigation, 11巻, 5号, pp. 1265-1271, 20200212
  4. Clinical Significance of Cough Peak Flow and Its Non-Contact Measurement via Cough Sounds: A Narrative Review, APPLIED SCIENCES-BASEL, 10巻, 8号, 202002
  5. 円背姿勢での非支持性上司挙上運動が換気諸量に及ぼす影響, 理学療法の臨床と研究, 28巻, pp. 61-65
  6. 空気圧免荷式トレッドミルを用いた運動負荷試験が推定最大酸素摂取量に与える影響, 理学療法の臨床と研究, 28巻, pp. 41-45
  7. 咳嗽力の評価の臨床的意義と今後の研究, 理学療法の臨床と研究, 28巻, pp. 9-14
  8. L-cysteine improves blood fluidity impaired by acetaldehyde: In vitro evaluation, PLOS ONE, 14巻, 3号, 20190329
  9. 呼吸リハビリテーションに関するステートメント, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27巻, 2号, pp. 95-114, 2018
  10. Effect of body weight support on predicted locomotive physical activity, J. Phys. Ther. Sci., 30巻, pp. 759-763, 2018
  11. Estimation of Cough Peak Flow Using Cough Sounds, Sensors, 18巻, 7号, 2018
  12. Estimation of Cough Peak Flow Using Cough Sounds, SENSORS, 18巻, 7号, JUL 2018
  13. A Mobile Cough Strength Evaluation Device Using Cough Sounds, SENSORS, 18巻, 11号, 201811
  14. Effects of Hochuekkito combined with pulmonary rehabilitation in patients with chronic obstructive pulmonary disease, EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE, 16巻, 6号, pp. 5236-5242, 201812
  15. Posture and firmness changes in a pressure-relieving air mattress affect cough strength in elderly people with dysphagia, PLOS ONE, 13巻, 12号, 20181211
  16. 運動時の循環調節:基礎研究から臨床への展開, 理学療法の臨床と研究, 26巻, 1号, 2017
  17. 人工呼吸患者に対する2枚のタオルを用いた安全な腹臥位への体位変換方法の工夫, 人工呼吸, 34巻, 1号, pp. 55-60, 2017
  18. Association between aerobic capacity and the improvement in glycemic control after the exercise training in type 2 diabetes, DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME, 9巻, 20170818
  19. 咳嗽の最大流量に影響を与える因子, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26巻, 2号, pp. 200-203, 2016
  20. Effect of Different Levels of Pressure Relieving Air-Mattress Firmness on Cough Strength, PLOS ONE, 11巻, 1号, JAN 7 2016
  21. Cardiac parasympathetic outflow during dynamic exercise in humans estimated from power spectral analysis of P-P interval variability, EXPERIMENTAL PHYSIOLOGY, 101巻, 3号, pp. 397-409, MAR 1 2016
  22. The effect of exercise on blood fluidity: Use of the capillary model to assess the clogginess of blood, CLINICAL HEMORHEOLOGY AND MICROCIRCULATION, 61巻, 4号, pp. 559-569, 2016
  23. 併存疾患を有する入院期心不全患者における理学療法が機能的自立に与える影響, 理学療法の臨床と研究, 24巻, pp. 61-65, 2016
  24. 非支持上肢運動時の呼気径の違いが換気諸量に与える影響, 理学療法の臨床と研究, 24巻, pp. 55-59, 2016
  25. Effect of different levels of pressure relieving air-mattress firmness on cough strength, Plos One, 11巻, 1号, 2016
  26. 広島大学病院におけるVeno-venous Extracorporeal Membrane Oxygenation(V-V ECMO)装着患者への理学療法介入の現状, 理学療法学, 42巻, 8号, pp. 814-815, 2015
  27. 一過性睡眠制限が中強度運動時の心拍数に与える影響, 保健医療学雑誌, 6巻, 2号, pp. 21-25, 2015
  28. 当検査部門における呼吸機能検査項目の再現性に関する検討, 日本臨床検査自動化学会会誌, 40巻, 3号, pp. 219-223, 2015
  29. クーリングダウンとしてのアイシングが運動後余剰酸素消費量に与える影響, 広島スポーツ医学研究会誌, 16巻, pp. 5-8, 2015
  30. The effect of exercise on blood fluidity: use of the capillary model to assess the clogginess of blood, Clin Hemorheol Micro, 61巻, pp. 559-569, 2015
  31. Phase-dependent modulation of corticospinal excitability during the observation of the initial phase of gait, SOMATOSENSORY AND MOTOR RESEARCH, 31巻, 4号, pp. 209-213, 201412
  32. 救命救急および集中治療領域に診療従事する理学療法士育成のための専門教育モデルの構築, 第35回国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌, 35巻, pp. 102-106, 2014
  33. The effect of the addition of glucose on blood fluidity, International Joint Symposium 8th Bali Geriatric Update Symposium-21th Annual Scientific Meeting Japanese Society of Haemorheology-Kobe Women's University (Proceeding Book), pp. 14-16, 2014
  34. Cigarette Smoking does not Induce Plasma or Pulmonary Oxidative Stress after Moderate-intensity Exercise, J Phys Ther Sc, 26巻, 3号, pp. 413-415, 2014
  35. おすすめの1冊, リハビリナース, 6巻, 5号, pp. 72-72, 2013
  36. 知っておきたい呼吸リハ関連用語, リハビリナース, 6巻, 2号, pp. 61-62, 2013
  37. Plasma oxidative stress is induced by single-sprint anaerobic exercise in young cigarette smokers, CLINICAL PHYSIOLOGY AND FUNCTIONAL IMAGING, 33巻, 3号, pp. 241-244, 201305
  38. Characteristics of Patients with Severe Heart Failure Exhibiting Exercise Oscillatory Ventilation, CLINICAL AND EXPERIMENTAL HYPERTENSION, 35巻, 4号, pp. 267-272, 2013
  39. 高度救命救急センター・ICUに従事可能な理学療法士育成のための卒後研修制度(臨床教育モデル:超急性期医療促進プログラム)の紹介, 理学療法の臨床と研究, pp. 49-52, 20131201
  40. 外傷によるA型大動脈解離および多発肋骨骨折患者に対して保存療法中の体位呼吸療法と早期離床が有用であった一例, 理学療法の臨床と研究, pp. 33-35, 20131201
  41. 虚血性心疾患患者に対する経皮的冠動脈形成術後の運動耐容能の検討, 理学療法の臨床と研究, pp. 7-10, 20130301
  42. 肺動脈性肺高血圧症に対する運動療法の経験~症例報告~, 理学療法の臨床と研究, 22巻, pp. 37-41, 20130301
  43. 「臨床と研究」-理学療法士の取り巻く環境-, 理学療法の臨床と研究, 21巻, 1号, pp. 1, 2012
  44. Pulmonary Oxidative Stress Is Induced by Maximal Exercise in Young Cigarette Smokers, NICOTINE & TOBACCO RESEARCH, 14巻, 2号, pp. 243-247, 201202
  45. Attenuation of the Muscle Metaboreflex in Patients with Type 2 Diabetes, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 24巻, 8号, pp. 721-724, 201209
  46. Cigarette smoking decreases dynamic inspiratory capacity during maximal exercise in patients with type 2 diabetes., Hiroshima J Med Sci, 20120601
  47. クーリングダウンと血中乳酸濃度が血液流動性に及ぼす影響, Hemorheology and Related Research, 13巻, pp. 8-14, 20121201
  48. 飲水が中強度運動後の血液流動性に及ぼす影響, Hemorheology and Related Research, 13巻, pp. 2-7, 20121201
  49. 若年喫煙者における局所運動時の活動筋酸素動態に関する研究, 理学療法学, 39巻, 6号, pp. 359-364, 20121201
  50. 健常若年者の肺の酸化ストレスは短時間高強度運動負荷によって増大しない, 理学療法科学, 20110401
  51. 寒冷刺激下での筋代謝受容器反射が循環応答に及ぼす影響, 理学療法科学, 20110601
  52. 中強度運動負荷中の唾液中免疫グロブリンAの変化, 広島大学保健学ジャーナル, 10巻, 1号, pp. 20-25, 20111201
  53. 慢性閉塞性肺疾患における呼吸リハビリテーションの重要性と現状, 広島大学保健学ジャーナル, 10巻, 1号, pp. 1-5, 20111201
  54. クーリングダウンとしての踏み台昇降運動が乳酸除去に与える効果, 広島スポーツ医学研究会誌, 12巻, pp. 40-42, 20111201
  55. Influence of home-based pulmonary rehabilitation on muscle oxygenation in elderly patients with chronic obstructive pulmonary disease, Journal of Physical Therapy Science, 21巻, 4号, pp. 301-305, 20100101
  56. 静的運動終了後における筋代謝受容器反射が圧受容器反射感受性に及ぼす影響, 理学療法科学, 25巻, 1号, pp. 121-125, 20100301
  57. 高齢者における安静時唾液中分泌型免疫グロブリンAの生理的変動の検討, 生物試料分析, 33巻, 2号, pp. 167-172, 20100301
  58. 歩行時の吸気呼気比の調節が運動-呼吸同調に与える影響, 日本生理人類学会誌, 15巻, 1号, pp. 1-8, 20100201
  59. Analysis of secretory immunoglobulin A concentration in saliva and exhaled breath condensate, Journal of Analytical Bio-Science, 33巻, 3号, pp. 237-241, 20100601
  60. 広島県における理学療法士の特別支援学校での協働的な活動について, 理学療法の臨床と研究, 19巻, pp. 111-115, 20100301
  61. 慢性閉塞性肺疾患患者の在宅運動療法実施評価における身体活動記録計利用の試み, 理学療法の臨床と研究, 19巻, pp. 91-95, 20100301
  62. The neural influence on the occurrence of locomotor-respiratory coordination, Respiratory Physiology & Neurobiology, 173巻, 1号, pp. 23-28, 20100801
  63. 要支援高齢者における運動行動の習慣化に関わる心理社会的要因, 臨床運動療法研究会誌, 12巻, 1号, pp. 13-17, 20100801
  64. The influence of lung function on exercise capacity in patients with type 2 diabetes., Hiroshima J Med Sci, 59巻, 1号, pp. 7-13, 20100301
  65. 加圧空気処置が骨格筋酸素動態および経皮的酸素分圧に及ぼす影響, 臨床スポーツ医学, 20100901
  66. Changes in Plasma Oxidative Stress Biomarkers after Single-sprint Anaerobic Exercise, Advances in Exercise and Sports Physiology, 20101001
  67. 臨床化学検査項目の個体内変動を利用した標準化年間変化指数(SBYCI)の 特定健診保健指導への応用の新提案, 日本予防医学会雑誌, 20101101
  68. The neural influence on the occurrence of locomotor-respiratory coordination, RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY, 173巻, 1号, pp. 23-28, AUG 31 2010
  69. ベッドサイドで行う呼吸理学療法, 呼吸器&循環器ケア, 9巻, 24号, pp. 35-43, 2009
  70. 嚥下前後の呼吸コントロールが飲み込みやすさに与える影響, 理学療法科学, 24巻, 3号, pp. 381-385, 20090113
  71. 長腓骨筋と後脛骨筋エクササイズが踵上げ動作に及ぼす影響について, 体力科学, 58巻, 3号, pp. 387-394, 20090417
  72. 臨床生化学検査の生理的変動幅を利用した標準年間変化指標(SBYCI)の考案と特定検診保健指導への応用, 臨床化学, 38巻, 1号, pp. 46-53, 20090317
  73. 白内障疑似体験フィルタが視機能と視覚刺激に対する反応時間に与える影響, 理学療法ジャーナル, 43巻, 9号, pp. 837-841, 20090901
  74. Muscle blood flow and oxygen utilization measured by near-infrared spectroscopy during handgrip exercise in chronic respiratory patients, Journal of Physical Therapy Science, 21巻, 3号, pp. 231-238, 20090901
  75. 2型糖尿病患者における運動指導が行動変容に及ぼす効果, 理学療法科学, 24巻, 4号, pp. 587-592, 20090901
  76. 高齢者の視機能とビジュアルトレーニング効果, 広島大学保健学ジャーナル, 8巻, 1・2号, pp. 7-14, 20091201
  77. 低強度および中強度下肢運動時の呼吸様式の違いは運動-呼吸同調に影響を与えない, 理学療法学, 36巻, 7号, pp. 341-347, 20091201
  78. シャトルウォーキングテストを用いた最高酸素摂取量推定の妥当性, 理学療法学, 36巻, 7号, pp. 377-381, 20091201
  79. 運動後のクーリングダウンが血液流動性に及ぼす影響, 広島スポーツ医学研究会誌, 10巻, pp. 11-14, 20091001
  80. Determinants of the daily rhythm of blood fluidity, J Circadian Rhythms, 7巻, 7号, 20091201
  81. 慢性閉塞性肺疾患患者における一過性運動負荷強度の違いが唾液中分泌型免疫グロブリンAに及ぼす影響, 広島大学保健学ジャーナル, 8巻, pp. 7-14, 20091201
  82. THE EFFECTS OF EXERCISE OF THE PERONEUS LONGUS AND TIBIALIS POSTERIOR MUSCLES ON HEEL RAISE, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 58巻, 3号, pp. 387-394, 200906
  83. Muscle Blood Flow and Oxygen Utilization Measured by Near-Infrared Spectroscopy during Handgrip Exercise in Chronic Respiratory Patients, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 21巻, 3号, pp. 231-238, 200908
  84. Influence of Home-Based Pulmonary Rehabilitation on Muscle Oxygenation in Elderly Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 21巻, 4号, pp. 301-305, 200911
  85. Effect of aerobic exercise training on oxidative stress in patients with type 2 diabetes mellitus., Metabolism, 57巻, 2号, pp. 170-176, 20080110
  86. Effect of aerobic exercise training on oxidative stress in patients with type 2 diabetes mellitus., Metabolism, 57巻, 2号, pp. 170-176, 20080201
  87. ボールを用いたビジュアルトレーニングの効果, 広島スポーツ医学研究会m誌, 9巻, pp. 10-13, 20080731
  88. 長期療養高齢者の日常生活における唾液中分泌型免疫グロブリンAの変動, 体力科学, 57巻, 2号, pp. 241-248, 20081201
  89. Variabilities of salivary secretory immunoglobulin a among elderly in long-term care facilities, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 57巻, 2号, pp. 241-248, 200804
  90. Effect of aerobic exercise training on oxidative stress in patients with type 2 diabetes mellitus, METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL, 57巻, 2号, pp. 170-176, 200802
  91. 2型糖尿病における罹病期間の違いが運動時心拍応答に与える影響, 広島スポーツ医学研究会誌, 8巻, pp. 20-23, 20070201
  92. クエン酸摂取が最大運動後の血液流動性に及ぼす影響, 日本ヘモレオロジー学会誌, 10巻, pp. 31-36, 20071201
  93. 慢性閉塞性肺疾患患者における胸郭モビライゼーションの即時効果, 理学療法学, 34巻, 2号, pp. 2007, 20071201
  94. 2型糖尿病における運動療法が運動時心拍応答および副交感神経活動に与える影響, 第21回中国ブロック理学療法士学会学会誌, pp. 91-92, 20071201
  95. 水位の違いが酸素摂取量ー心拍数関係式に及ぼす影響, 運動・物理療法, 17巻, 1号, pp. 39-45, 20060101
  96. 慢性閉塞性肺疾患患者における運動筋酸素消費の特徴, 理学療法学, 33巻, 5号, pp. 296-302, 20060401
  97. Vastus Lateralis Oxygenation During Prolonged Cycling in Healthy Males, Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism, 31巻, 1号, pp. 48-55, 20060401
  98. 短時間の一過性高強度運動負荷が唾液中sIgAに及ぼす影響について, 広島スポーツ医学研究会誌, 7巻, pp. 44-47, 20061201
  99. ストレッチポールを使用したエクササイズによる腰背部の筋硬度と筋放電量の変化, 広島大学保健学ジャーナル, 6巻, 1号, pp. 52-57, 20061201
  100. カーフレイズ動作と歩行中の蹴り出しにおける長腓骨筋・後脛骨筋の筋活動の関連, 広島大学保健学ジャーナル, 6巻, 1号, pp. 58-64, 20061201
  101. 最大運動の血液流動性に及ぼす急性効果 第2報 血液流動性の変化に影響を与える因子の検討, 日本ヘモレオロジー学会誌, 9巻, pp. 15-21, 20061201
  102. Vastus lateralis oxygenation during prolonged cycling in healthy males, APPLIED PHYSIOLOGY NUTRITION AND METABOLISM-PHYSIOLOGIE APPLIQUEE NUTRITION ET METABOLISME, 31巻, 1号, pp. 48-55, 200602
  103. 携帯型加速度測定器を用いて車いす駆動中の酸素摂取量を推定できるか?, 日本臨床スポーツ医学会誌, 13巻, 3号, pp. 409-415, 20050401
  104. 2型糖尿病患者における活動筋酸素動態について, 広島スポーツ医学研究会誌, 5巻, pp. 13-16, 20041201
  105. 高血圧合併2型糖尿病患者における局所運動筋酸素動態に関する検討, 広島大学保健学ジャーナル, 3巻, 1号, pp. 69-74, 20031201
  106. Dose the coefficient of variation of the R-R intervals in diabetic patients and healthy subjects reflect the cardiovascular response during exercise ?, 広島大学保健学ジャーナル, 3巻, 1号, pp. 63-68, 20031201
  107. チルト台を用いた起立負荷時の自覚症状と循環動態, 広島大学保健学ジャーナル, 2巻, 2号, pp. 46-52, 20030301
  108. Changes in Skeletal Muscle Oxygenation during Dynamic Exercise in Patients with Respiratory Failure, J. Phys. Ther. Sci., 15巻, pp. 19-23, 20031201
  109. Influence of mild hypoxia on cardiorespiratory responses and muscle oxygenation during incremental exercise, 広島大学保健学ジャーナル, 2巻, 1号, pp. 85-89, 20020401
  110. Do the kinetics of muscle oxygenation reflect systemic oxygen intake ?, Eur. J. Appl. Physiology, 84巻, pp. 158-161, 20011201
  111. 運動中の心拍変動と換気性作業閾値との関連-MemCalc?法による検討-(第一報), 体力科学, 50巻, pp. 185-192, 20011201
  112. Do the kinetics of peripheral muscle oxygenation reflect systemic oxygen intake?, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 84巻, 1-2号, pp. 158-161, 2001
  113. Relationship between heart rate variability during exercise and ventilatory threshold - Assessment by MemCalc system - (First report), JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 50巻, 2号, pp. 185-191, APR 2001
  114. 慢性呼吸不全患者の運動時酸素吸入が運動耐容能に及ぼす影響, 総合保健学, 15巻, 3号, pp. 29-36, 19991201
  115. 在宅酸素療法患者における身体組成と呼吸機能及び運動耐容能の関連, 第12回中国ブロック理学療法士学会誌, pp. 78-80, 19981201
  116. 心筋梗塞回復期リハビリテーションの経験, 理学療法新潟, 1巻, pp. 95-96, 19951201
  117. 脳室穿破を伴った被殻出血患者の理学療法評価, 理学療法ジャーナル, 24巻, 11号, pp. 785-788, 1990
  118. The effect of exercise on blood fluidity: Use of the capillary model to assess the clogginess of blood, Clin Hemorheol Microcirc, 29号, 2014

著書等出版物

  1. 2020年11月, 移動と歩行, 運動生理学的観点からみた移動, 医学書院, 2020年, 1, 教科書, 共著, 関川清一
  2. 2005年12月, 呼吸ケア実践ハンドブック・慢性期の呼吸ケア/各論 2.運動療法の実際, 南江堂, 2005年, 12, 教科書, 共編著
  3. 2005年04月, 理学療法のとらえかた3 25.筋肉の酸素は十分か?-COPDの理学療法-, 文光堂, 2005年, 04, 教科書, 共編著
  4. 2007年10月, 呼吸器疾患の運動療法と運動負荷テスト改訂第2版. Ⅱ.運動療法6.運動療法の方法論と筋力トレーニング B.歩行., 克誠堂出版, 2007年, 10, 教科書, 共編著
  5. 2010年02月, 理学療法ハンドブック第4版, 第3巻 疾患別・理学療法基本プログラム 第67章呼吸器疾患. 455~489, 協同医書出版, 2010年, 02, 教科書, 共編著
  6. 2013年02月, 内部障害理学療法学, Ⅲ.呼吸器障害の理学療法 第6章 呼吸理学療法評価, 医学書院, 2013年, 02, 教科書, 共編著
  7. 2014年, スポーツ医活動実践マニュアル, Ⅱ.競技スポーツ選手の育成のために 3.リハビリテーション 3)内科的疾患からの復帰, 広島県医師会, 2014年, 1, 教科書, 共編著, 関川清一, 67~70
  8. 2014年01月, 病態運動学, 第2章 病態運動学・分析パラメータ Ⅴ運動代謝, 医学書院, 2014年, 1, 教科書, 共編著, 関川清一, 65-76
  9. 2014年01月, 病態運動学, 第5章 機能障害レベル Ⅸ心肺機能、代謝機能、持久性, 医学書院, 2014年, 01, 教科書, 共編著, 関川清一, 144-152
  10. 2016年04月21日, 姿勢制御と理学療法の実際, 疾患と姿勢制御 内部疾患1)慢性閉塞性肺疾患, 文光堂, 2016年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 978-4-8306-4535-8, 217-227
  11. 2016年12月20日, 内部障害理学療法学, 第2章 検査測定 3 運動負荷試験と運動処方, 羊土社, 2016年, 12, 単行本(学術書), 単著
  12. 2018年01月25日, 解剖学・生理学・運動学に基づく動作分析, 運動生理学的負荷量の調整, 医歯薬出版, 2018年, 1, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. エアマットレス上背臥位での咳の最大流量に影響を与える要因の検討, 上川紀道,松木良介,大浦啓輔,藤本圭司,對東俊介,高橋真,関川清一,濱田泰伸, 第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2012年11月23日, 通常, 日本語
  2. 高度救命救急センターにおいて理学療法実施した人工呼吸器装着患者の特徴, 對東俊介,皿田和宏,堂面彩加,額田愛子,関川清一,廣橋伸之,谷川攻一,伊藤義広,木村浩彰, 第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2012年11月23日, 通常, 日本語
  3. 2019年66月, 通常, 英語
  4. 2019年51月, 通常, 英語
  5. 2019年51月, 通常, 英語
  6. Lシステインはアセトアルデヒドにより悪化した血液流動性を改善する, 音山一歩,木村達志,濱田泰伸,難波春地,関川清一,上川紀道,梶原 照生,相澤 郁也,佐藤善信, 第19回日本血管血流学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語
  7. 在宅での実践を中心とした呼吸リハビリテーションにより身体活動性の向上が得られた特発性肺線維症の一例, 相澤郁也・関川則子・前田憲志・吉岡宏治・池上靖彦・関川清一, 第6回日本呼吸理学療法学会学術大会, 2019年11月10日, 通常, 日本語
  8. 家族の協力を得たセルフマネジメント支援が生活行動範囲の拡大に奏功した在宅慢性呼吸器疾患患者の一例, 阿部夏音,関川則子,江上真由子,関川清一, 第6回日本呼吸理学療法学会学術大会, 2019年11月10日, 通常, 日本語
  9. 咳嗽音を用いた新しい咳嗽力評価方法にて咳嗽指導を実施したディシェンヌ型筋ジストロフィー症例の一考察, 馬屋原康高,曽 智,関川清一,河江敏広,大塚彰,辻敏夫, 第6回日本予防理学療法学会学術大会, 2019年10月19日, 通常, 日本語
  10. 高齢者における3軸加速度活動量を用いた生活活動強度の計測精度, 関川清一,馬屋原康高,河江敏広, 第6回日本予防理学療法学会学術大会, 2019年10月19日, 通常, 日本語
  11. アセトアルデヒドが白血球、血小板、赤血球に及ぼす影響, 難波春地, 木村達志, 濱田泰伸, 音山一歩, 関川清一, 上川紀道, 梶原照生, 相澤郁也, 佐藤 善信, 第25回日本ヘモレオロジー学会, 2018年12月02日, 通常, 日本語, 愛知
  12. 2018年11月23日, 通常, 英語
  13. 多職種によるリハビリテーション開始提案は救命救急センター退室時の活動度を向上させる, 皿田和宏, 皿田和宏,関川清一,對東俊介,長嶺庸介,植田一幸,岡本美穂,太田浩平,大下慎一郎,三上幸夫,木村浩彰,志馬伸朗, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月04日, 通常, 日本語
  14. L-Cysteine improves blood fluidity that has been impaired by acetaldehyde, Otoyama I, Otoyama I, Kimura T, Hara K, Kamikawa M, Kajiwara T,Aizawa F, Sato Y, Namba H, Sekikawa K, Hamada H., Joint Conference of Three Societies: European Society of Clinical Hemorheology and Miclrocirculation, International Society of Biorheology, International Society of Clinical Hemorheology, 2018年07月02日, 通常, 英語
  15. 高齢者における強度別の身体活動の持続時間の実態, 梶原照生, 梶原照生, 濱田 泰伸, 関川清一, 藤家義也, 山本光, 上川紀道, 音山 一歩, 相澤郁也, 佐藤友紀, 第60回老年医学会, 2018年06月14日, 通常, 日本語
  16. 手段的日常生活動作能力障害の有無による高齢者の歩行と生活活動の活動時間について, 山本光, 山本光, 濱田泰伸, 関川清一, 梶原照生, 藤家義也, 相澤郁也, 音山 一歩, 上川紀道, 佐藤友紀, 第60回老年医学会, 2018年06月14日, 通常, 日本語
  17. 入浴動作中の経皮的動脈血酸素飽和度測定が低酸素血症軽減に有効であった特発性肺線維症の一例, 相澤郁也, 相澤郁也,関川則子,江上真由子,神田直人,阿部夏音,松村洋祐,関川清一,濱田泰伸, 第5回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会中国・四国支部会学術集会, 2018年06月09日, 通常, 日本語
  18. Lシステインは血液流動性を低下させるアセトアルデヒドの効果を阻止するか, 音山一歩, 音山一歩,木村達志,原果歩,関川清一,濱田泰伸, 第4回日本血管血流学会学術集会, 2017年11月26日, 通常, 日本語
  19. エアマットレスの硬さが誤嚥リスクを有する高齢者の咳嗽力に与える影響, 上川紀道, 上川紀道, 濱田泰伸, 関川清一, 山本光, 相澤郁也, 第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年11月17日, 通常, 日本語
  20. Factors predicting bedbound hospital status of physiotherapy patients in intensive care, Sekikawa K, Sarada K, K Ota K, Ohshimo S, Shime N, H Hamada H, The 16th Annuual scientific meeting of Indonesian Physical Medicine and Rehabilitation Association, 2017年11月15日, 通常, 英語
  21. Effects of Hochuekkito combined with pulmonary rehabilitation in patients with COPD, Hamada H, Hamada H, Sekikawa K, Murakami I, Kagawa I. Okusaki K. Awaya Y, Kondo K, Hattori N, ERS International Congress 2017, 2017年09月09日, 通常, 英語
  22. 糖尿病網膜症患者における動体視力が視覚関連QOL に及ぼす影響, 岩城大介, 岩城大介,河江敏広,中島勇樹,筆保健一,福原幸樹,廣田智弘,関川清一,米田真康,木村浩彰, 第52回日本理学療法学術大会, 2017年05月12日, 通常, 日本語
  23. 人工呼吸器患者の入院時疾患重症度は離床非達成の予測指標となるか?, 関川清一,阿部夏音,佐々木康介,皿田和宏,大下慎一郎,太田浩平,志馬伸朗,濱田泰伸, 第38回日本呼吸療法医学会学術集会, 2016年71月, 通常, 日本語, 名古屋
  24. 赤血球変形能の向上による溶血抑制効果の検討, 音山一歩, 音山一歩,木村達志,関川清一,濱田泰伸, 第23回日本へモレオロジー学会総会, 2016年11月26日, 通常, 日本語
  25. ピークフローメータの測定位置がCough Peak Flowに与える影響について, 馬屋原康高,関川清一,河江敏広,大塚彰,辻敏夫, 第26回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年10月10日, 通常, 日本語
  26. 呼吸リハビリテーションを行う慢性閉塞性肺疾患患者に対する補中益気湯の有効性の検討, 小川喬史, 小川喬史,濱田泰伸,関川清一,村上 功,香河和義,奥崎健,粟屋禎一,近藤圭一,服部 登, 第26回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年10月10日, 通常, 日本語
  27. Reduced 6-minute walking distance is associated with ADL disability in patients with respiratory failure, Sekikawa K, Sagata Y, Sekikawa N, Egami M, Kanda N, Moriwaki K, Hamada H, International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2016年10月07日, 通常, 英語
  28. Effect of Different Levels of Pressure Relieving Air-Mattress Firmness on Cough Strength, Kamikawa N, Taito S, Takahashi M, Sekikawa K, Hamada H, International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2016年10月07日, 通常, 英語
  29. Factors associated with timing of getting out of bed in patients with critical illness on mechanical ventilation, Sasaki K, Sarada K, Taito S, Kawae T, Sekikawa K, Watanabe T, Ota K, Hirohashi N, Ueda K, Ushio K, Kimura H, Shime N, Ito Y, Kataoka T, International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2016年10月07日, 通常, 英語
  30. The experiences of physical therapy for patients with veno-venous extracorporeal membrane oxygenation in hiroshima university hospital, Sarada K, Taito S, Sekikawa K, Ohshima S, Ota K, Hirohashi N, Ueda K, Mikami Y, Kimura H, Shime N, Ito Y, International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2016年10月07日, 通常, 英語
  31. The effect of body weight support using assistive devices on locomotive physical activities estimated by a triaxial accelerometer, Fujika Y, Kajiwara T, Yamamoto H, Kamikawa N, Sekikawa K, Hamada H, International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2016年10月07日, 通常, 英語
  32. 高齢者を想定した体幹・膝屈曲姿勢が3軸加速度計により測定された歩行中の運動強度に与える影響, 梶原照生, 藤家義也, 山本光, 西田優紀, 上川紀道, 関川清一, 濱田泰伸, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  33. 歩行時の免荷が3軸加速度計により算出される身体活動量に及ぼす影響, 藤家義也, 梶原照生, 山本光, 西田優紀, 上川紀道, 関川清一, 濱田泰伸, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  34. 高齢者の身体活動量評価における3軸加速度計の有用性, 西田優紀, 関川清一, 上川紀道, 濱田泰伸, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  35. 高齢者を想定した体幹・膝屈曲姿勢が3軸加速度計による生活活動時の運動強度に与える影響, 山本光, 梶原照生, 藤家義也, 西田優紀, 上川紀道, 関川清一, 濱田泰伸, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年, 通常, 日本語
  36. 運動中の休憩が血液流動性に及ぼす影響, 千歳晶子,木村達志,時永真希,音山一歩,西田優紀,関川清一,濱田泰伸, 第2回 日本血管血流学会学術集会, 2015年11月22日, 通常, 日本語
  37. フルクトースはアセトアルデヒドの添加により低下する血液流動性を改善させるか, 時永真希,木村達志,千歳晶子,音山一歩,西田優紀,関川清一,濱田泰伸, 第2回 日本血管血流学会学術集会, 2015年11月22日, 通常, 日本語
  38. EPA添加が赤血球膜に及ぼす影響, 音山一歩,木村達志,千歳晶子,時永真希,西田優紀,関川清一,濱田泰伸, 第22回日本ヘモレオロジー学会総会, 2015年11月21日, 通常, 日本語
  39. エアマットレスの硬さが咳嗽力に与える影響, 上川紀道,對東俊介,西田優紀,高橋真,関川清一,濱田泰伸, 第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2015年10月15日, 通常, 日本語
  40. 広島県医工連携推進プロジェクトで提案した専門職コメント機能付き介護・福祉用具ポータルサイトが実用化決定に至るまで多職種,多業種から構成される研究会の取り組みを中心に, 甲田 宗嗣, 久保 高行, 谷口 亮治, 平山 秀和, 石田 芳信, 井川 英明, 片山 旭, 絹川 裕次, 坂口 暁洋, 関川 清一, 田中 亮, 廣澤 隆行, 三上 亮, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  41. ヒトの運動時の心拍数調節機序の再検証―心電図 PP 間隔変動周波数解析を用いて―, 高橋真,中本智子,松川寛二,関川清一,濱田泰伸, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  42. コメディカルスタッフから主治医への理学療法開始提案は人工呼吸器装着患者の早期離床につながるか?, 佐々木康介,皿田 和宏,對東 俊介,河江 敏広,関川 清一,和田 美咲,渡邉 多恵,廣橋 伸之,谷川 攻一,伊藤 義広,木村 浩彰,片岡 健, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  43. The effect of exercise on blood fluidit, Kimura T, Hamada H, Taito S, Takahashi M, Sekikawa K., 5th International Congress of Biorheology and 8th International Conference on Clinical Hemorheology, 2015年05月24日, 通常, 英語
  44. 高齢者の生活活動量評価における3軸加速度計の有用性に関する検討, 西田優紀, 沖本優明,関川清一,濱田泰伸,奥迫紘介,兼田知可,森島利之, 第2回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会中国・四国支部会学術集会, 2015年05月16日, 通常, 日本語
  45. Relationship between spinal deformities and chest wall deformity in patients with Duchene muscular dystrophy, Umayahara Y, Nakashima M , Kuwata M, Sekikawa K, 2015 International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2015年05月01日, 通常, 英語
  46. Proposals by Paramedical Staff to Initiate Rehabilitation in Patients with Critical Illness on Mechanical Ventilation, Sasaki K, Sarada K, Taito S , Kawae T , Sekikawa K , Wada M , Watanabe T , Hirohashi N, Tanigawa K, Ito Y, Kimura H, Kataoka T, 2015 International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2015年05月01日, 通常, 英語
  47. Predictive factor for mortality in mechanically ventilated patients who undergo physical therapy in Intensive Care Unit, Sekikawa K, Sarada K, Taito S, Kawae T, Sasaki K, Ito Y, Kimura H, Hirohashi N, Tanigawa K, Hamada H, 2015 International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2015年05月01日, 通常, 英語
  48. クーリングダウンとしてのアイシングが運動後余剰酸素消費量に与える影響, 梅木聡,西田優紀,沖本優明,関川 清一,濱田 泰伸, 第26回広島スポーツ医学研究会, 2015年02月07日, 通常, 日本語
  49. Pulmonary oxidative stress is induced by smoking in young cigarette smoker, Taito S, Sekikawa K, Takahashi M, Kimura T, Hamada H, International Congress of the European Respiratory Society, 2014年09月06日, 通常, 英語
  50. 急性心筋梗塞および重症僧帽弁閉鎖不全症による心原性肺水腫に重症呼吸不全を合併した患者に対して腹臥位を含む理学療法介入が肺高血圧症緩和に有効であった一症例, 佐々木康介, 皿田和宏, 對東俊介, 河江敏広, 関川清一, 儀賀普嗣, 太田浩平, 植田一幸, 伊藤義広, 木村浩彰, 第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月30日, 通常, 日本語, 横浜
  51. 歩行速度の低下が3軸加速度計の測定精度に与える影響, 西田優紀,沖本優明,関川清一,濱田泰伸, 第1回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会中国・四国支部会学術集会, 2014年05月17日, 通常, 日本語, 広島
  52. 慢性呼吸器疾患患者における6分間歩行距離の違いに関する因子の比較検討, 第1回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会中国・四国支部会学術集会, 2014年05月17日, 通常, 日本語, 広島
  53. メディカルスタッフによるリハビリテーション開始提案は人工呼吸器装着下外傷患者の転帰を改善させるか?, 皿田和宏, 對東俊介, 河江敏広, 関川清一, 和田美咲, 板井純治, 太田 浩平, 廣橋伸之, 谷川攻一, 伊藤 義広, 第41回日本集中治療医学会学術集会, 2014年02月27日, 通常, 日本語
  54. 看護師による人工呼吸器管理患者に対する体位呼吸療法への新たな試み, 和田美咲, 岡本美穂, 太田浩平, 皿田和宏, 對東俊介, 河江敏広, 関川 清一, 伊藤義広, 川野知子, 谷川 攻一, 第41回日本集中治療医学会学術集会, 2014年02月27日, 通常, 日本語
  55. 睡眠制限が中強度運動時の心拍数に与える影響, 小柳翔太郎,関川清一,濱田泰伸, 第25回広島スポーツ医学研究会, 2014年02月01日, 通常, 日本語, 広島
  56. 慢性呼吸器疾患患者における呼吸教室の参加回数が運動耐容能およびADLに与える影響, 神田直人,関川則子,江上真由子,江田由香理,森脇功太,岩城基,宮崎こずえ,関川清一, 第24回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2014年, 通常, 日本語
  57. 急性心筋梗塞および重症僧帽弁閉鎖不全症による心原性肺水腫に重症呼吸不全を合併した患者に対して腹臥位を含む理学療法介入が肺高血圧症緩和に有効であった一症例, 佐々木康介, 皿田和宏, 對東俊介, 河江敏広, 関川清一, 儀賀普嗣, 太田浩平, 植田一幸, 伊藤義広, 木村浩彰, 第49回日本理学療法学術大会, 2014年, 通常, 日本語
  58. 慢性呼吸器疾患患者における6分間歩行距離の違いに関する因子の比較検討, 江田由香理,関川則子,江上真由子,神田直人,森脇功太,宮崎こずえ,関川清一, 第1回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会中国・四国支部会学術集会, 2014年, 通常, 日本語
  59. 歩行速度の低下が3軸加速度計の測定精度に与える影響, 西田優紀,沖本優明,関川清一,濱田泰伸, 第1回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会中国・四国支部会学術集会, 2014年, 通常, 日本語
  60. 睡眠制限が中強度運動時の心拍数に与える影響, 小柳翔太郎,関川清一,濱田泰伸, 第25回広島スポーツ医学研究会, 2014年, 通常, 日本語
  61. 集中治療領域における早期リハビリテーションを促進するための多職種連携教育モデルの開発, 對東俊介, 皿田和宏, 河江敏広, 関川清一, 和田美咲, 川野知子, 廣橋伸之, 谷川攻一, 木村 浩彰, 伊藤義広, 第45回日本医学教育学会大会, 2013年72月, 通常, 日本語
  62. 硫化アリルの添加が運動後の血液流動性に及ぼす影響, 山崎和調, 木村達志, 宗像あずさ, 関川清一, 濱田泰伸, 第20回日本ヘモレオロジー学会, 2013年11月16日, 通常, 日本語
  63. 高度救命救急センター入室中患者に対する早期呼吸リハビリテーション介入は人工呼吸器装着期間を減少させる, 對東俊介, 皿田和宏, 河江敏広, 佐々木康介, 関川清一, 和田美咲, 伊藤義広, 木村浩彰, 廣橋伸之, 谷川攻一, 第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2013年10月15日, 通常, 日本語
  64. 高度救命救急センターにおける重症度評価に着目した呼吸リハビリテーション処方因子の検討, 関川清一, 皿田和宏, 對東俊介, 河江敏広, 伊藤義広, 木村浩彰, 濱田泰伸, 太田 浩平, 廣橋之, 谷川攻一, 第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2013年10月15日, 通常, 日本語
  65. ECMO導入中の非HIVニューモシスチス肺炎患者に対し完全側臥位とTilt table立位により早期離床できた一例, 河江敏広, 皿田和宏, 對東俊介, 佐々木康介, 関川清一, 伊藤義広, 木村浩彰, 太田浩平, 廣橋伸之, 谷川攻一, 第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2013年10月15日, 通常, 日本語
  66. 心疾患を有する慢性呼吸不全患者の訪問リハビリにおける運動処方の重要性, 江田由香理, 関川則子, 江上真由子, 関川清一, 神田直人, 森脇功太, 第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2013年10月15日, 通常, 日本語
  67. The acute effect of smoking on blood fluidity. Evidence of centrally-induced cholinergic vasodilatation in skeletal muscle during voluntary one-legged cycling and motor imagery, Kimura T, Taito S, Takahashi M, Sekikawa K, Hamada H, The 37th Congress of the International Union of Physiological Sciences, 2013年07月21日, 通常, 英語
  68. 当院における心疾患患者のリハビリテーションの現状, 吉本尚樹,北本雄二,関川清一, 第27回中国ブロック理学療法士学会, 2013年, 通常, 日本語
  69. 通所リハビリテーション利用者の身体活動量と身体機能の特徴, 藤本圭司,大浦啓輔,上川紀道,對東俊介,高橋真,関川清一,濱田泰伸, 第27回中国ブロック理学療法士学会, 2013年, 通常, 日本語
  70. 喫煙者の肺および全身の酸化ストレスは最大運動により増強するか?, 對東俊介,関川清一,高橋 真,藤本圭司,松木良介,上川紀道,大浦啓輔,濱田泰伸, 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 2013年, 通常, 日本語
  71. 当院高度救命救急センターにおいて人工呼吸器装着中から理学療法介入を開始した患者の特徴, 對東俊介,皿田和宏,堂面彩加,関川清一,廣橋伸之,谷川攻一,伊藤義広,木村浩彰, 第48回日本理学療法学術大会, 2013年, 通常, 日本語
  72. 理学療法を実施した人工呼吸器装着患者における高度救命救急センター退室転帰の分析, 関川清一,皿田和宏,對東俊介,堂面彩加,谷内涼馬,伊藤義広,木村浩彰,廣橋伸之,谷川攻一,濱田泰伸, 第48回日本理学療法学術大会(名古屋, 2013年, 通常, 日本語
  73. 高度救命救急センター入室中の重症患者に対する早期呼吸理学療法介入は人工呼吸器装着期間を減少させる, 堂面彩加,皿田和宏,對東俊介,関川清一,太田浩平,廣橋伸之,谷川攻一,伊藤義広,木村浩彰, 第40回日本集中治療医学会学術集会, 2013年, 通常, 日本語
  74. 集中治療領域における理学療法臨床教育プログラムおよび多職種連携教育モデルの開発, 皿田和宏,對東俊介,堂面彩加,関川清一,岩崎泰昌,廣橋伸之,谷川攻一,木村浩彰,伊藤義広, 第40回日本集中治療医学会学術集会, 2013年, 通常, 日本語
  75. 高度救命救急センター・ICUに従事可能な理学療法士育成のための卒後研修制度(臨床教育モデル:超急性期医療促進プログラム)の紹介, 皿田和宏,對東俊介,額田愛子,堂面彩加,関川清一,岩崎泰昌,廣橋伸之,谷川攻一,木村浩彰,伊藤義広, 第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2012年11月23日, 通常, 日本語
  76. 膜型人工肺が導入されたニューモシスチスカリニ肺炎に呼吸理学療法介入が有効であった一例, 堂面彩加,皿田和宏,對東俊介,関川清一,太田浩平,廣橋伸之,谷川攻一,伊藤義広,木村浩彰, 第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2012年11月23日, 通常, 日本語
  77. Characteristics of critically ill mechanically ventilated patients receiving physical therapy in advanced emergency and critical care center, Sarada K, Taito S, Domen S, Nukada A, Sekikawa K, Hirohashi N, Tanigawa K, Ito Y, Kimura H, JAPAN-KOREA 1st Joint Conference for the partnership between JPTA and KPTA, 2012年11月17日, 通常, 英語
  78. 骨盤骨折による長期臥床と人工呼吸器管理による肺炎および無気肺に対して体位呼吸療法が有効であった一例, 對東俊介,額田愛子,皿田和宏,関川清一,廣橋伸之,谷川攻一,木村浩彰, 第39回日本集中治療医学会学術集会, 2012年02月28日, 通常, 日本語
  79. 高度救命救急センターにおける人工呼吸器装着患者への理学療法介入の現状, 額田愛子,皿田和宏,對東俊介,関川清一,廣橋伸之,谷川攻一,木村浩彰, 第39回日本集中治療医学会学術集会, 2012年02月28日, 通常, 日本語
  80. 血液濃度および血小板凝集惹起剤が血液流動性へ与える影響について, 河野晴菜,木村達志,梶智栄,高橋真,関川清一,濱田泰伸, 第19回日本ヘモレオロジー学会総会, 2012年, 通常, 日本語
  81. 喫煙が血液流動性に及ぼす急性効果, 梶智栄,木村達志,河野晴菜,對東俊介,高橋真,関川清一,濱田泰伸, 第19回日本ヘモレオロジー学会総会, 2012年, 通常, 日本語
  82. Interhemispheric effects of paired associative stimulation, Takahashi M, Yamauchi Y, Liang N, Sekikawa K, Inamizu T, XXXVI International Congress of Physiological Sciences, 2009年07月27日, 通常, 英語
  83. Motor facilitation during observation of walking, Takahashi M, Kamibayashi K, Nakajima T, Sekikawa K, Inamizu T, Akai M, Nakazawa K, 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2008年08月29日, 通常, 英語
  84. Variabilities of salivary secretory immunoglobulin a levels in pulmonary rehabilitation after acute exacerbation of chronic lung disease, Taito S, Sekikawa K, Takahashi M, Inamizu M, Sekikawa N, Uchino M, Toguchi T, Hino M, Kuraoka T, 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2008年08月29日, 通常, 英語
  85. Influence of different breathing patterns on coordination between breathing and cycling rhythms, Iwamoto E, Takahashi M, Sekikawa K, Inamizu T, 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2008年08月29日, 通常, 英語
  86. The relationship between exercise intensity and blood fluidity, Kimura T, Inamizu T, Sekikawa K, Onari K, Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science, 2007年12月06日, 通常, 英語
  87. Cardiac parasympathetic nerve activity during voluntary static exercise in humans with tetraplegia, Takahashi M, Matsukawa K, Nakamoto T, Tsuchimochi H, Sekikawa K, Inamizu T, Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science, 2007年12月06日, 通常, 英語
  88. Reliability of estimated peak oxygen uptake by incremental shuttle walking test in elderly Japanese patients with chronic obstructive pulmonary disease, Sekikawa K, Yoshida K , Odagawa J , Inamizu T , Naoki M, 15th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2007年06月02日, 通常, 英語
  89. The relationship between peroneus longus and tibialis posterior muscle activities involved in raising the heel during calf-raise and in gait, Tokuoumaru K, Inamizu T, Sekikawa K, Tabusadani M, Sota K, Kawaguchi K., 15th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2007年06月02日, 通常, 英語
  90. Effects of exercise intensity on salivary level of secretory immunoglobulin A in patients with chronic obstructive pulmonary disease, Taito S, Sekikawa K, Kawaguchi K, Inamizu T, Morita N, 15th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2007年06月02日, 通常, 英語
  91. Stages of change in exercise behavior and their connection with health-related QOL in type-2 diabetes, Kawae T, Sekikawa K, Inamizu T, Nakayama S, 15th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2007年06月02日, 通常, 英語
  92. Noninvasive measurement of forearm blood flow and oxygen consumption on handgrip working muscle in patients with chronic respiratory failure, Sekikawa K, Tabusadani M, Gotoh C, Kawaguchi K, Onari K, Tabira K, Iwashiro M, Sekikawa N, 14th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2003年06月07日, 通常, 英語
  93. The oxygen consumption response of type 2 diabetic patients at the beginning of exercise examined by the coefficient of variation of the R-R intervals, Tabusadani M, Sekikawa K, Ohno M, Kawaguchi K, Onari K, Tabira K, Iwashiro M, Sekikawa N, 14th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2003年06月07日, 通常, 英語
  94. The relationship between the oxygen availability in muscle and maximum systemic oxygen consumption during exercise, Ueoka N, Sekikawa K, Tabusadani M, Kawaguchi K, Onari K, 14th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2003年06月07日, 通常, 英語
  95. Relationship between body composition and gas indexs in patients with COPD, Sekikawa K, Kawaguchi K, Onari K, Tabira K, Sekikawa N., 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 1999年05月23日, 通常, 英語
  96. Relationship between heart rate and oxygen uptake in prolonged exercise, Hayashi Y, Onari K, Kawaguchi K, Sekikawa K, 3th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 1999年05月23日, 通常, 英語
  97. Influence of chest expansion on pulmonary function and dyspnea in patients with chronic respiratory failure, Tabira K, Sekikawa K, Kozu R, Manabe Y, Senju H, 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 1999年05月23日, 通常, 英語

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島大学医学部保健学科・大学院保健学研究科同窓会, 2006年06月, 広島大学医学部保健学科・大学院保健学研究科同窓会
  2. 広島大学校友会, 2009年04月, 広島大学校友会
  3. 広島呼吸ケア研究会世話人会, 2009年06月, 広島呼吸ケア研究会
  4. 広島人工呼吸療法セミナー世話人会, 2008年04月, 広島人工呼吸療法セミナー
  5. (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 中国・四国支部会, 2011年04月, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 中国・四国支部会
  6. (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2014年04月, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
  7. (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 広報委員会, 2014年04月, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
  8. 日本呼吸理学療法学会, 2014年04月

学術会議等の主催

  1. 第52回日本理学療法学術大会, 一般演題座長, 2017年05月, 2017年05月
  2. 第2回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会中国・四国支部学術集会, セミナー座長, 2015年05月
  3. 第2回日本呼吸理学療法学会学術集会, 会長講演座長, 2015年10月
  4. 第50回日本理学療法学術大会, シンポジウム座長, 2015年06月
  5. 第50回日本理学療法学術大会, 一般演題座長, 2015年06月
  6. 第20回広島県理学療法士学会, 学会長, 2015年12月, 2015年12月