日山 亨Tooru Hiyama

Last Updated :2017/09/22

所属・職名
保健管理センター 保健管理センター 准教授
メールアドレス
tohiyamahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山1-7-1 広島大学保健管理センター
TEL:082-424-6191 FAX:082-422-7156

基本情報

主な職歴

  • 2012年06月01日, 広島大学, 保健管理センター, 准教授
  • 2007年04月01日, 2012年05月30日, 広島大学, 保健管理センター, 助教
  • 2002年10月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 保健管理センター, 助手
  • 1999年04月01日, 2002年09月30日, 国立療養所賀茂病院, 内科, 医師
  • 1993年04月01日, 1995年03月31日, 三次地区医師会三次地区医療センター, 内科, 医師
  • 1991年06月01日, 1993年03月01日, 広島大学, 医学部附属病院(内科), 研修医

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 内科系専攻, 日本, 1996年04月, 1999年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1985年04月, 1991年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 消化器内科学

研究キーワード

  • 医療リスクマネジメント
  • 大学保健管理
  • 消化器内視鏡

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, 1ターム, 学生生活概論-生き方と暮らし方のヒント-

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Early diagnosis of Helicobacter pylori infection in Vietnamese patients with acute peptic ulcer bleeding: a prospective study, Gastroenterol Res Pract, 2017巻, pp.3845067, 2017
  2. 過敏性腸症候群に関するメタ解析論文のオーバービュー, 総合保健科学, 32巻, pp.71-pp.76, 2016
  3. 検査項目オーダーミスが関係した事例, 病院安全教育, 3巻, 5号, pp.88-pp.90, 2016
  4. 食道ステント挿入が関係した事例, 病院安全教育, 3巻, 6号, pp.30-pp.32, 2016
  5. Causes of delayed diagnoses of cancers in Japan from the viewpoint of malpractice litigations, Dig Liver Dis, 48巻, pp.687-pp.691, 2016
  6. The performance of a modified Glasgow Blatchford Score in predicting clinical interventions in patients with acute nonvariceal upper gastrointestinal bleeding: a Vietnamese prospective multi center cohort study, Gut Liver, 10巻, 3号, pp.375-pp.381, 2016
  7. Long-term prognosis after endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer in super-elderly patients, Surg Endosc Other Interevent Tech, 30巻, 10号, pp.4321-pp.4329, 2016
  8. Risk factors for esophageal stenosis after entire circumferential endoscopic submucosal dissection for superficial esophageal squamous cell carcinoma, Surg Endosc Other Inetervent Tec, 30巻, 9号, pp.4049-pp.4056, 2016
  9. ワクチン接種による事故事例, 病院安全教育, 4巻, 1号, pp.78-pp.79, 2016
  10. 消化器内視鏡関連の偶発症に関する第6回全国調査報告 2008年〜2012年までの5年間, Gastroenterol Endosc, 58巻, 9号, pp.1466-pp.1491, 2016
  11. 緊急透析の際のインフォームド・コンセントが問題となった事例, 病院安全教育, 4巻, 2号, pp.80-pp.82, 2016
  12. 2010〜14年度の短期留学STARTプログラム中の病院受診に関する検討, 第46会中国四国大学保健管理研究集会報告書, pp.90-pp.91, 2016
  13. 非循環器専門医の心電図判定が問題となった事例, 病院安全教育, 4巻, 3号, pp.69-pp.71, 2016
  14. The number of criminal prosecutions of physicians for medical negligence related to gastroenterology is on the rise in Japan, Scand J Gastroenterol, 50巻, 5号, pp.619-pp.620, 2015
  15. Rate of unintended Helicobacter pylori eradication in the Vietnamese, Helicobacter, 20巻, pp.156-pp.157, 2015
  16. 世界各国の医療系大学生のインターフェロンγ放出アッセイによる結核感染率, 総合保健科学, 31巻, pp.83-pp.87, 2015
  17. 鎮静に関連する訴訟の現状とガイドラインの運用について, 臨床消化器内科, 30巻, 5号, pp.595-pp.599, 2015
  18. ガイドラインと医療訴訟, 消化器内視鏡, 27巻, 3号, pp.374-pp.375, 2015
  19. 転倒による骨折事例, 消化器最新看護, 19巻, 6号, pp.95-pp.97, 2015
  20. 35歳以上留学生に対するスクリーニング腹部超音波検査, CAMPUS HEALTH, 52巻, 1号, pp.106-pp.108, 2015
  21. 入浴中の事故, 消化器最新看護, 30巻, 1号, pp.88-pp.91, 2015
  22. 入浴中の事故事例, 消化器最新看護, 20巻, 1号, pp.88-pp.91, 2015
  23. 胃内視鏡検査の際の同意が問題となった事例, 消化器最新看護, 20巻, 2号, pp.102-pp.104, 2015
  24. 輸液ポンプからのリドカイン急速注入により死亡した事例, 消化器最新看護, 20巻, 4号, pp.92-pp.94, 2015
  25. 2013年度・2014年度の新規留学生健診の結果について, 第45回中国四国大学保健管理研究集会報告書, pp.84-pp.85, 2015
  26. 訴訟事例からまとめたチェックリストとその活用, 消化器最新看護, 20巻, 5号, pp.100-pp.103, 2015
  27. 解熱鎮痛薬投与直後、患者が急変した事例, 病院安全教育, 3巻, 3号, pp.30-pp.32, 2015
  28. 薬剤投与後、中毒性表皮誘拐壊死症(TEN)を発症した事例, 病院安全教育, 3巻, 4号, pp.30-pp.32, 2015
  29. Interobserver and intraobserver agreement for gastric mucosa atrophy, BMC Gastroenterol, 15巻, pp.95, 2015
  30. Differences in K-ras and mitochondrial DNA mutations and microsatellite instability between colorectal cancers of Vietnamese and Japanese patients, BMC Gastroenterol, 14巻, pp.203, 2014
  31. Clinical outcomes of endoscopic submucosal dissection for superficial Barrett's adenocarcinoma, Gastrointest Endosc, 80巻, 2号, pp.239-pp.245, 2014
  32. Value of a new stick-type rapid urine test for the diagnosis of Helicobacter pylori infection in the Vietnamese population, World J Gastroenterol, 20巻, 17号, pp.5087-pp.5091, 2014
  33. 胃がん検診:現状と今後の展望, 成人病と生活習慣病, 44巻, pp.641-pp.645, 2014
  34. 保健管理施設の総合大学の教育における役割, CAMPUS HEALTH, 51巻, 2号, pp.9-pp.14, 2014
  35. ESDのリスクマネージメント, 消化器内視鏡, 26巻, pp.1233-pp.1237, 2014
  36. 大腸内視鏡検査前処置による腸管穿孔死事例, 消化器最新看護, 18巻, 6号, pp.86-pp.89, 2014
  37. 医療事故での看護師に対する刑事責任, 消化器最新看護, 19巻, 2号, pp.81-pp.83, 2014
  38. 下部消化管出血, 診断と治療, 102(増刊)巻, pp.273-pp.277, 2014
  39. 訴訟事例からみるトラブルにならない消化器診療のポイント, 消化器の臨床, 17巻, pp.255-pp.260, 2014
  40. 医療訴訟例からみた内視鏡診療における心得, 消化器内視鏡, 26巻, pp.809-pp.813, 2014
  41. 早期胃癌診断にまつわる訴訟リスク, 消化器内視鏡, 26巻, pp.1137-pp.1139, 2014
  42. 注腸造影検査用バルーンカテーテルの誤挿入事例, 消化器最新看護, 19巻, 3号, pp.96-pp.98, 2014
  43. 胃内視鏡前投薬によるショック死事例, 消化器最新看護, 19巻, 4号, pp.83-pp.85, 2014
  44. 留学生の尿所見の有所見率-日本人学生との比較-, 第44回中国四国大学保健管理研究集会報告書, pp.85-pp.86, 2014
  45. EST後に重症急性膵炎を発症し死亡した事例, 消化器最新看護, 19巻, 5号, pp.82-pp.84, 2014
  46. Outcome of endoscopic submucosal dissection for gastric neoplasm in relationship to endoscopic classification of submucosal fibrosis, Gastric Cancer, 16巻, 3号, pp.404-pp.410, 2013
  47. Clinicopathologic features of Japanese hyperplastic/serrated polyposis syndrome, J Gastroenterol Hepatol, 28巻, 11号, pp.1693-pp.1698, 2013
  48. Relationship between Endoscopic and Histologic Gastric Atrophy and Intestinal Metaplasia, HELICOBACTER, 18巻, 2号, pp.151-pp.157, 2013
  49. 消化器がん検診における利益・不利益, 総合保健科学, 29巻, pp.87-pp.91, 2013
  50. 高等教育の障害学生支援における体系的支援と個別支援−保健管理施設の役割と連携について−, CAMPUS HEALTH, 50巻, 2号, pp.137-pp.142, 2013
  51. 便中DNA・RNAマーカーを用いた大腸がん検診の可能性について¬−英語論文のレビューから−, 総合保健科学, 29巻, pp.93-pp.100, 2013
  52. 抗血栓薬,止めるリスク, 止めないリスク-医療事故訴訟の観点から-, 消化器内視鏡, 25巻, pp.26-pp.29, 2013
  53. 内視鏡室のリスクマネジメント-訴訟における診療ガイドラインの取り扱い-, CLINICIAN, 60巻, pp.84-pp.88, 2013
  54. 内視鏡鎮静に関連する訴訟の現状と対策-ICのあり方も併せて-, 消化器内視鏡, 25巻, pp.530-pp.534, 2013
  55. 摂食障害の回復過程に関与する因子の検討, 総合保健科学, 29巻, pp.1-pp.6, 2013
  56. 発達障害と二次的障害を抱える学生の進路状況, CAMPUS HEALTH, 50巻, 2号, pp.85-pp.89, 2013
  57. 大学新入生のうつ傾向に関する検討, 総合保健科学, 29巻, pp.7-pp.11, 2013
  58. ★, Change in malpractice claims in Japanese gastroenterological practice, Am J Gastroenterol, 107巻, 1号, pp.143-pp.144, 2012
  59. Compliance with standard precautions among gastrointestinal endoscopists and andendoscopy nurses in Japan, Am J Infect Control, 40巻, 1号, pp.80, 2012
  60. Removal of a sewing needle penetrating the wall of the third portion of the duodenum by double- balloon endoscopy, Clin J Gastroenterol, 5巻, 1号, pp.79-pp.81, 2012
  61. Clinical validity of endoscopic submucosal dissection for submucosal invasive gastric cancer: a single-center study, Gastric Cancer, 15巻, 1号, pp.97-pp.105, 2012
  62. Clinical features of pharyngeal intraepithelial neoplasias and outcomes of treatment by endoscopic submucosal dissection, Gastrointest Endosc, 76巻, 6号, pp.1095-pp.1103, 2012
  63. 教育における内部障害学生の修学支援と配慮, 総合保健科学, 27巻, pp.73-pp.80, 2012
  64. Diagnostic yield of capsule endoscopy vs. double-balloon endoscopy for patients who have undergone total enteroscopy with obscure gastrointestinal bleeding, Hepatogastroenterology, 59巻, 116号, pp.955-pp.959, 2011
  65. Advantages of endoscopic submucosal dissection versus endoscopic oblique aspiration mucosectomy for superficial esophageal tumors, J Gastroenterol Hepatol, 26巻, 2号, pp.275-pp.280, 2011
  66. Genetic pathways of multiple esophageal squamous cell carcinomas, Oncol Rep, 25巻, 2号, pp.453-pp.459, 2011
  67. Prevalence and impact of musculoskeletal pain in Japanese gastrointestinal endoscopists: A controlled study, World J Gastroetnerol, 17巻, 11号, pp.1488-pp.1493, 2011
  68. 当院におけるカプセル内視鏡検査の現況, 広島医学, 64巻, 8号, pp.375-pp.381, 2011
  69. 内視鏡検診で発見された未分化型早期胃癌の2例, 日本消化器がん検診学会雑誌, 49巻, 6号, pp.1121-pp.1126, 2011
  70. Characteristics of esophageal squamous cell carcinomas and lugol-voiding lesions in patients with head and neck squamous cell carcinoma, J Clin Gastroenterol, 44巻, 2号, pp.e27-33, 2010
  71. Synchronous and subsequent lesions of serrated adenomas and tubular adenomas of the colorectum, Pathobiology, 77巻, 5号, pp.273-pp.277, 2010
  72. Natural Course of Lugol-Voiding Lesions in Patients with Superficial Esophageal Squamous Cell Carcinoma, Digestion, 82巻, 1号, pp.60-pp.65, 2010
  73. Oxazolon腸炎モデルにおける粉砕Konjac Glucomannanの経口摂取の効果, 消化器内科, 51巻, 4号, pp.349-pp.352, 2010
  74. Antibodies to Helicobacter pylori and CagA protein are associated with the response to antibacterial therapy in patients with H. pylori-positive API2-MALT1-negative gastric MALT lymphoma, Cancer Sci, 100巻, 6号, pp.1075-pp.1081, 20091001
  75. Metachronous multiple esophageal squamous cell carcinomas and Lugol-voiding lesions after endoscopic mucosal resection, ENDOSCOPY, 41巻, 4号, pp.304-pp.309, APR 2009
  76. Meta-analysis used to identify factors associated with the effectiveness of proton pump inhibitors against non-erosive reflux disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 24巻, 8号, pp.1326-pp.1332, AUG 2009
  77. Cheilitis granulomatosa as an early manifestation of Crohn's disease, Clin J Gastroenterol, 2巻, pp.190-pp.193, 20091001
  78. ★, Trend in Japanese malpractice litigation involving gastrointestinal endoscopy, Am J Gastroenterol, 104巻, 1号, pp.251-pp.252, 20090101
  79. 消化管発癌に対するミトコンドリアDNA変異の関与を探る, G I Research, 17巻, 2号, pp.44-pp.49, 20091001
  80. 偶発症が教えてくれるもの, 消化器内視鏡, 21巻, 1号, pp.674-pp.677, 20091001
  81. マウス Oxazolone 腸炎に対する粉砕 Konjac glucomannan (PKGM) の効果, 消化器と免疫, 46巻, pp.168-pp.171, 20091001
  82. 大腸癌の診断術, Medicina, 46巻, 7号, pp.1105-pp.1108, 20091001
  83. 大腸がんのリスクファクターとサーベイランス, 診断と治療, 97巻, 11号, pp.2277-pp.2283, 20091101
  84. 遺伝子多型は胃癌のハイリスク群の選定に用い得るか??メタ解析論文のレビューから?, 日本消化器がん検診学会雑誌, 47巻, 6号, pp.675-pp.682, 20091101
  85. Rapid progression of Epstein -Barr-virus-positive gastric diffuse large B-cell lymphoma during chemoradiotherapy: a case report, Clin J Gastroenterol, 1巻, pp.105-pp.109, 20081218
  86. ★, The number of criminal prosecutions against physicians due to medical negligence is on the rise in Japan, Am J Emerg Med, 26巻, 1号, pp.105-pp.106, 20080117
  87. Genetic polymorphisms and head and neck cancer risk (Review), Int J Oncol, 32巻, pp.945-pp.973, 20080430
  88. Strategy for treatment of nonerosive reflux disease in Asia, World J Gastroenterol, 14巻, 20号, pp.3123-pp.3128, 20080724
  89. 臨床検査としてのオステオポンチン, 総合保健科学, 24巻, 20080301
  90. 第3章 患者へのインフォームド・コンセントに関するQ&A No.14 同意書は検査のたびに毎回得る必要があります?についての回答, こんなときどうする?内視鏡室Q&A, 田村君英編, 中山書店, 東京, 2008, pp.32-pp.33, 20080114
  91. 鎮静剤使用の場合の同意書, こんなときどうする?内視鏡室Q&A, 田村君英編, 中山書店, 東京, 2008, pp.33, 20080114
  92. 第3章 患者へのインフォームド・コンセントに関するQ&A No.16 緊急時の内視鏡検査で,本人の意識がなく,家族・同伴者もいない場合,インフォームド・コンセントと同意書はどのように扱えばよいでしょうか?に対する回答, こんなときどうする?内視鏡室Q&A, 田村君英編, 中山書店, 東京, 2008, pp.36-pp.37, 20080114
  93. 第3章 患者へのインフォームド・コンセントに関するQ&A No.26 リドカイン(キシロカイン)の濃度によって副作用の発生に差がありますか?に対する回答 , こんなときどうする?内視鏡室Q&A, 田村君英編, 中山書店, 東京, 2008, pp.66-pp.68, 20080114
  94. 第6章 内視鏡検査・治療後の管理に関するQ&A No40 鎮静剤使用後の患者の安全確認の方法を教えてください.に対する回答, こんなときどうする?内視鏡室Q&A, 田村君英編, 中山書店, 東京, 2008, pp.122-pp.125, 20080114
  95. 第6章 内視鏡検査・治療後の管理に関するQ&A No42 日帰り内視鏡手術の際の術後管理はどのようにしたらようでしょうか?に対する回答, こんなときどうする?内視鏡室Q&A, 田村君英編, 中山書店, 東京, 2008, pp.130-pp.131, 20080114
  96. 医療機器の取扱い説明書を読んでいますか, Medical Practice, 25巻, 4号, pp.709, 20080331
  97. 医療事故防止に向けての広島大学病院光学医療診療部の取り組み, 広島県医師会速報(第2022号), pp.2-pp.4, 20080925
  98. がん告知をめぐる問題?訴訟事例の検討もふまえて?, 厚生連尾道総合病院医報, 18号, pp.22-pp.26, 20081201
  99. モサプリド 消化管障害治療薬として(英語論文本翻), Drugs 日本語版(論文要約), 68巻, 7号, pp.981-pp.991, 20080724
  100. 消化器領域の医療訴訟、患者側はどこに問題があったと訴えてきているか, Medical Practice, 25巻, 3号, pp.539, 20080318
  101. 交通外傷後に急性腹症にて発症したアレルギー性紫斑病の1例, 日本消化器病学会雑誌, 105巻, 4号, pp.566-pp.571, 20080731
  102. 大腸腫瘍性病変に対する narrow band imaging (NBI) の有用性, 胃と腸, 43巻, 6号, pp.881-pp.891, 20080624
  103. 非びらん性胃食道逆流症 (NERD) に対する薬物治療アルゴリズム?プロトンポンプ阻害薬と消化管運動機能改善薬の併用投与の意義?, 診断と治療, 96巻, 3号, pp.585-pp.589, 20080331
  104. 7. 小腸腫瘍性疾患の内視鏡診断, 胃と腸, 43巻, 4号, pp.477-pp.488, 20080613
  105. 1. 小腸腫瘍性疾患 5)脂肪腫, 胃と腸, 43巻, 4号, pp.553-pp.558, 20080613
  106. 腸型Behcet病・単純性潰瘍, 消化器内視鏡, 20巻, 8号, pp.1293-pp.1299, 20080124
  107. その「胸やけ」の原因は?非びらん性胃食道逆流症 (NERD) の背景と治療を考える, Medi Cafe, 3巻, 4号, pp.3-pp.5, 20081020
  108. 大学における実験室等の安全衛生管理に関する取り組みについて, 総合保健科学 広島大学保健管理センター研究論文集, 24巻, pp.21-pp.25, 20080301
  109. Immunohistochemical molecular markers as predictors of curability of endoscopically resected submucosal colorectal cancer, World J Gastroenterol, 13巻, 28号, pp.3829-pp.3835, 20070101
  110. Involvement of Kr?ppel-like factor 6 (KLF6) mutation in the development of nonpolypoid colorectal carcinoma, World J Gastroenterol, 13巻, 29号, pp.3932-pp.3938, 20070801
  111. クローン病における mucosal healing(粘膜治癒)の重要性, IBD Research, 1巻, 2号, pp.120-pp.124, 20070201
  112. 大腸癌:診断と治療の進歩  1.  大腸癌 (直腸癌を含む) の疫学, 日本内科学会雑誌, 96巻, 2号, pp.4-pp.10, 20070201
  113. 大腸鋸歯状病変の内視鏡診断, 胃と腸, 42巻, 3号, pp.312-pp.320, 20070301
  114. 判例検討を通してのリスクマネージメント, 消化器科, 44巻, 1号, pp.25-pp.29, 20070101
  115. Lymphatic vessel density at the site of deepest penetration as a predictor of lymph node metastasis in submucosal colorectal cancer, Dis Colon Rectum, 50巻, 1号, pp.13-pp.21, 20070601
  116. Reduction in gastric cancer mortality by screening based on serum pepsinogen concentration: A case-control study, Scand J Gastroenterol, 42巻, pp.760-pp.764, 20070601
  117. Immunohistochemical molecular markers as predictors of curability of endoscopically resected submucosal colorectal cancer., World J Gastroenterol., 13巻, 28号, pp.3829-pp.3835, 20070701
  118. Meta-analysis of the effects of prokinetic agents in patients with functional dyspepsia, J Gastroenterol Hepatol, 22巻, pp.304-pp.310, 20070301
  119. Involvement of Kruppel-like factor 6 (KLF6) mutation in the development of nonpolypoid colorectal carcinoma, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 29号, pp.3932-pp.3938, AUG 7 2007
  120. Treatment of functional dyspepsia with serotonin agonists: a meta-analysis of randomized controlled trials, J Gastroenterol Hepatol, 22巻, pp.1566-pp.1570, 20071001
  121. Genetic polymorphisms and esophageal cancer risk, Int J Cancer, 121巻, pp.1643-pp.1658, 20070801
  122. Narrow Band Imaging (NBI) 拡大観察が範囲診断に有用であった Barrett 食道腺癌の1例, 消化管の臨床, 13巻, pp.31-pp.37, 20070401
  123. 医療過誤に関連した医師の刑事責任の現状は?, Medical Practice, 24巻, 19号, pp.1641, 20070913
  124. 内視鏡診療   -医療安全と事故対策-, Current Therapy, 25巻, 6号, pp.72-pp.79, 20070531
  125. 化学物質,特に有機溶剤や発がん物質による健康障害が関係した裁判事例の検討, 総合保健科学, 23巻, pp.19-pp.24, 20070331
  126. 大学における授業・研究活動等に伴う事故の防止に向けて -訴訟事例の検討から-, CAMPUS HEALTH, 44巻, pp.234, 20070301
  127. 学校の施設の設置管理に瑕疵があるとされた裁判事例の検討 -大学における事故の防止に向けて-, CAMPUS HEALTH, 44巻, pp.77-pp.82, 20070301
  128. 裁判例にみる保健管理担当者の責務, 第37回中国・四国大学保健管理研究集会報告書, pp.34-pp.37, 20071101
  129. 判例検討を通してのリスクマネージメント, 消化器科, 44巻, pp.25-pp.29, 20070101
  130. 下部消化管内視鏡検査,EMR時のセデーション, 消化器内視鏡, 19巻, pp.215-pp.218, 20070201
  131. スクリーニング上部消化管内視鏡検査におけるリスクマネジメント -民事裁判例の検討から-, 日消がん検誌, 45巻, pp.317-pp.322, 20070301
  132. 消化器内視鏡が関係した刑事裁判判決の検討, Gastroenterol Endosc, 49巻, pp.1648-pp.1652, 20070720
  133. Helicobacter pylori 検査を検診に導入する意義は?, Helicobacter Res, 11巻, pp.530-pp.535, 20070601
  134. 消化器内視鏡検査・治療が関係した民事裁判判決の検討 -第2報-, Gastroenterol Endosc, 49巻, pp.2947-pp.2952, 20071220
  135. A case of Crohn’s disease with hydronephrosis caused by ureteropelvic junction obstruction, Eur J Gastroemterol Hepatol, 18巻, 9号, pp.1015-pp.1017, 20060901
  136. Clinicopathologic and genetic characteristics of gastric cancer in young male and female patients, Oncol Rep, 16巻, 1号, pp.11-pp.15, 20060501
  137. Genetic progression and divergence in superficial esophageal squamous cell carcinoma by loss of heterozygosity analysis, Oncol Rep, 16巻, pp.685-pp.691, 20061201
  138. Defensive medicine practices among gastroenterologists in Japan, World J Gastroenterol, 12巻, 47号, pp.7671-pp.7675, 20061201
  139. Lymphatic vessel density at the site of deepest penetration as a predictor of lymph node metastasis in submucosal colorectal cancer, Dis Colon Rectum, 50巻, 1号, pp.13-pp.21, 20060101
  140. Nuclear and mitochondrial DNA microsatellite instability in gastrointestinal stromal tumors., Pathobiology., 73巻, 2号, pp.93-pp.97, 20060901
  141. ★, Medical malpractice litigation in gastroenterological practice in Japan: A-22-Yr review of civil court cases, Am J Gastroenterol, 101巻, pp.1951-pp.1953, 20060901
  142. Medical malpractice litigation related to gastrointestinal endoscopy in Japan: A two-decade review of civil court cases, World J Gastroenterol, 12巻, 42号, pp.6857-pp.6860, 20061201
  143. 広島県のがん検診 大腸癌, 広島県内科会会誌, 7号, pp.47-pp.48, 20060401
  144. ダブルバルーン内視鏡が診断に有用であった空腸癌の 1例, 胃と腸, 41巻, 12号, pp.1707-pp.1711, 20061201
  145. EMR・ESD の標準的適応 ?EMRと ESD の使い分け?, 消化器内視鏡, 18巻, 7号, pp.1158-pp.1165, 20060701
  146. 広島県のがん検診 胃癌, 広島県内科会会誌, 7号, pp.45-pp.46, 20060401
  147. 大腸EMR,ESDの標準的適応。, 消化器内視鏡, 18巻, pp.1158-pp.1165, 20060401
  148. 抗ウィルス剤と白血球除去療法の併用にて粘膜の改善を認めた難治性潰瘍性大腸炎の1例, 広島医学, 59巻, 6号, pp.719-pp.722, 20060601
  149. 上部消化管内視鏡検診の現状および受診者側の期待度 ?内視鏡検診の標準的方法の策定に向けて?, 日消がん検診誌, 44巻, 4号, pp.406-pp.416, 20060401
  150. 臨床経過からみた食道 sm 癌に対する EMRの有用性, 消化器科, 43巻, 5号, pp.423-pp.428, 20060501
  151. 難治性口内炎に対するエカベトナトリウムの効果の検討, 新薬と臨牀, 55巻, 10号, pp.46-pp.54, 20061001
  152. Loss of heterozygosity on chromosome 10p14-p15 in colorectal carcinoma, Pathobiology, 72巻, pp.220-pp.224, 20050901
  153. Infliximab therapy for Crohn’s disease in a patient with chronic hepatitis B., Dig Dis Sci, 50巻, pp.163-pp.166, 20050401
  154. Somatic mutations of mitochondrial DNA in digestive tract cancers., J Gastroenterol Hepatol., 20巻, 11号, pp.1679-pp.1684, 20051101
  155. A combination of the Helicobacter pylori stool antigen test and urea breath test is useful for clinical evaluation of eradication therapy: a multicenter study, J Gastroenterol Hepatol, 20巻, pp.1241-pp.1245, 20050801
  156. 異状死だ!届け出は誰がする?, Medical Practice, 22巻, 10号, pp.1802, 20050401
  157. 安全な検査のための術前,術中,術後全身状態の管理?クリニカルパスも含めて, 早期大腸癌, 9巻, 5号, pp.417-pp.421, 20050501
  158. ハンケツブンの活用, Medical Practice, 22巻, 1号, pp.151, 20050401
  159. 座談会特集 早期診断と臨床検査;臨床検査を早期診断に生かす, 日本内科学会雑誌, 94巻, 12号, pp.2566-pp.2586, 20050401
  160. 潰瘍性大腸炎治療における免疫抑制剤(Azathioprine)の有用性, 広島医学, 58巻, 8号, pp.472-pp.477, 20050801
  161. 大腸内視鏡に関するヒヤリ・ハットの経験, 早期大腸癌, 9巻, 5号, pp.480, 20050501
  162. ヘリコバクター・ピロリ感染と胃癌発生からみた胃内視鏡検診間隔, 日消集検誌, 43巻, pp.449-pp.457, 20050401
  163. スキルス胃癌の見逃しに対する裁判所の判断について, Gastroenterol Endosc, 47巻, 11号, pp.2493-pp.2500, 20051101
  164. 新規治療法、いつ説明する?, Medical Practice, 22巻, 6号, pp.1056, 20050401
  165. Characteristics and trends of clarithromycin-resistant Helicobacter pylori isolates in Japan over a decade, Pathobiology, 71巻, pp.159-pp.163, 20040901
  166. 広島大学における40歳以上の学生の健康管理について, 第33回中国・四国大学保健管理研究集会報告書, 20040401
  167. Clinicopathologic and endoscopic features of colorectal serrated adenoma:differences between polypoid and superficial types, Gastrointest Endosc, 59巻, 2号, pp.213-pp.219, 20040201
  168. Expression of human telomerase reverse transcriptase mRNA in esophageal cancers and precancerous lesions., Oncol.Rep., 11巻, pp.51-pp.55, 20040401
  169. Clinical significance of angiopoietin-2 expression at the deepest invasive tumor site of advanced colorectal carcinoma, Int J Oncol, 24巻, pp.539-pp.547, 20040201
  170. Chromosomal and microsatellite instability in sporadic gastric cancer, J Gastroenterol Hepatol, 19巻, pp.756-pp.760, 20040501
  171. Clinicopathologic features and endoscopic resection of early primary nonampullary duodenal carcinoma, J Clin Gastroenterol, 37巻, 5号, pp.381-pp.386, 20040501
  172. Mutation of the von hippel-lindau(VHL)gene in human colorectal carcinoma: association with cytoplasmic accumulation of hypoxia-inducible factor(HIF)-1α, Cancer Sci, 95巻, 2号, pp.149-pp.153, 20040201
  173. Frequent loss of heterozygosity on chromosome 10p14-p15 in esophageal dysplasia and squamous cell carcinoma, Oncol Rep, 12巻, pp.333-pp.337, 20040401
  174. ペプシノゲンとH.Pylori 感染胃癌, H.Pylori発癌のエビデンス,菅野健太郎,榊 信廣編,医学書院,東京,2004, pp.20-pp.29, 20040401
  175. 消化管粘膜下腫瘍の治療 1) 内視鏡的治療, 胃と腸, 39巻, 4号, pp.511-pp.520, 20040401
  176. ありふれた疾患に潜むリスク-民事裁判例の検討から-, 広島医学, 57巻, 2号, pp.139-pp.144, 20040401
  177. いま、健康診断・検診に求められているもの-裁判例の検討から-, CAMPUS HEALTH, 41巻, 2号, pp.87-pp.92, 20040401
  178. BCGとは何か, 総合保健科学広島大学保健管理センター研究論文集, 20巻, pp.77-pp.83, 20040401
  179. 患者への説明には、医師の思考過程も十分に, Medical Practice, 21巻, 12号, pp.2099, 20040401
  180. 血清ペプシノゲン測定はどのような胃癌の発見に役立つのか?, Medical Practice, 21巻, 1号, pp.77-pp.81, 20040401
  181. 広島大学保健管理センター職員に対するセンター内結核感染対策マニュアル, 総合保健科学広島大学保健管理センター研究論文集, 20巻, pp.93-pp.98, 20040401
  182. 大腸sm 癌における浸潤度の臨床診断 -拡大内視鏡診断を中心に-, 胃と腸, 39巻, 10号, pp.1363-pp.1373, 20040401
  183. 医師の説明に対する期待と法的に求められる医療水準, 広島医学, 57巻, 11号, pp.901-pp.907, 20041101
  184. 血清ペプシノゲン測定はどのような胃癌の発見に役立つのか?, Medical Practice, 21巻, 1号, pp.77-pp.81, 20040101
  185. 炎症性腸疾患患者における妊娠出産に関する検討, 広島医学, 57巻, 11号, pp.883-pp.886, 20041101
  186. 内視鏡治療のみで経過観察可能な大腸 sm 癌の条件 臨床経過からの検証, 胃と腸, 39巻, 13号, pp.1731-pp.1743, 20041201
  187. 消化器内視鏡検査・治療が関係した民事裁判判決の検討, Gastroenterol Endosc, 46巻, 4号, pp.911-pp.918, 20040401
  188. 胃MALTリンパ腫に対するH.Pylori除菌治療後にdiffuse large B-cell lymphomaが出現した1例, 胃と腸, 39巻, 3号, pp.316-pp.322, 20040301
  189. Nodular gastritis in adults is caused by Heliccobacter pylori infection., Dig Dis Sci, 48巻, pp.968-pp.975, 20030401
  190. Frequnet loss of heterozygosity onchromosome 10p15, a putative telomerase repressor・senescence gene locus, in gastric cancer., Oncol.Rep., 10巻, pp.1297-pp.1299, 20030401
  191. Minute depressed colon cancer with submucosal invasion., Gastrointest Endosc, 57巻, pp.564-pp.565, 20030401
  192. Hypoxia-inducible factor-1alpha expression and angiogenesis in gastrointestinal stromal tumor of the stomach., Oncol.Rep., 10巻, pp.797-pp.802, 20030401
  193. Somatic mutation of mitochondrial DNA in Helicobacter pylori-associated chronic gastritis in patients with and without gastric cancer., Int. J. Mol. Med., 12巻, pp.169-pp.174, 20030401
  194. Clinicopathologic features and endoscopic resection of early primary nonampullary duodenal carcinoma, J.Clin.Gastroenterol., 37巻, 5号, pp.381-pp.386, 20030401
  195. p53 expression, K-ras gene mutation and microsatellite instability in gastric B-cell lymphomas, J Gastroeterol Hepatol, 18巻, 9号, pp.1047-pp.1053, 20030401
  196. Somatic mutation of mitochondrial DNA in Helicobacter pylori-associated chronic gastritis in patients with and without gastric cancer, Int. J. Mol. Med., 12巻, 2号, pp.169-pp.174, 20030401
  197. Clinical significance of thrombospondin-1 expression in relation to vascular endothelial growth factor and interleukin-10 expression at the deepest invasive tumor site of advanced colorectal carcinoma., Int J Oncol, 23巻, pp.901-pp.911, 20030401
  198. Clinical significance of Fhit expression in development of colorectal carcinoma of various macroscopic types., Int. J. Mol. Med., 12巻, pp.437-pp.442, 20030401
  199. Prevalence of Helicobacter pylori resistance to clarithromycin and metronidazole determined by 23S ribosomal RNA and rdxA gene analyses in Hiroshima, Japan., J Gastroenterol Hepatol., 18巻, pp.1202-pp.1207, 20030401
  200. Somatic mutation in mitochondrial DNA and nuclear microsatellite instability in gastric cancer, Oncol.Rep., 10巻, pp.1837-pp.1841, 20030401
  201. Necessity of multiple gastric biopsies from different sites for detection of clarithromycin-resistant Helicobacter pylori strains., Scand. J. Gastroenterol., 38巻, pp.942-pp.946, 20030401
  202. VDT(Visual Display Terminals)作業による健康障害とその予防対策, 総合保健科学-広島大学保健管理センター研究論文集-, 19巻, pp.97-pp.100, 20030401
  203. 再生不良性貧血経過中に発症した再燃緩解型潰瘍性大腸炎の1例, 広島医学, 56巻, 11号, pp.704-pp.708, 20030401
  204. 大腸内視鏡治療後の遺残再発例の内視鏡的特徴像, 消化器内視鏡, 15巻, 7号, pp.945-pp.950, 20030401
  205. 重症型逆流性食道炎の臨床像, 消化管の臨床, 9巻, pp.103-pp.106, 20030401
  206. H. pylori 感染とK-ras 遺伝子の関与, 日本臨床, 61巻, pp.46-pp.49, 20030401
  207. 大学における摂食障害学生に対するチーム医療の検討 -精神科と内科の連携の重要性-, 広島大学保健管理センター研究論文集, 19巻, pp.7-pp.12, 20030401
  208. 末梢小型肺腺癌(CT画像と病理組織) -スリガラス陰影を何故,呈するか-, 広島医学, 56巻, pp.665-pp.667, 20030401
  209. ペプシノゲン法による胃がん検診の有効性と評価について, 日本がん検診・診断学会, 10巻, 2号, pp.72-pp.75, 20030401
  210. High incidence of B-cell monoclonality in follicular gastritis: a possible association between follicular gastritis and MALT lymphoma., Virchows Arch., 440巻, 4号, pp.376-pp.380, 20020401
  211. Human telomerase reverse transcriptase, p53 and Ki-67 expression and apoptosis in colorectal serrated adenoma., Scand. J. Gastroenterol., 37巻, pp.1194-pp.1200, 20020401
  212. K-ras mutation in helicobacter pylori-associated chronic gastritis in patients with and without gastric cancer., Int J Cancer, 97巻, pp.562-pp.566, 20020401
  213. p53 codon 72 polymorphism in gastric cancer susceptibility in patients with Helicobacter pylori-associated chronic gastritis., Int J Cancer, 100巻, pp.304-pp.308, 20020401
  214. 拡大内視鏡観察が深達度診断に有用であった大腸sm癌の1例, 消化器の臨床, 8巻, pp.93-pp.96, 20020401
  215. B-cell monoclonality inHelicobacter pylori-associated chronic atrophic gastritis., Virchows arch, 438巻, pp.232-7, 20010401
  216. Helicobacter pylori eradication therapy for high-grade mucosa-associated lymphoid tissue lymphomas of the stomach with analysis of p53 and K-ras alteration and microsatellite instability., Int J Oncol, 18巻, pp.1207-12, 20010401
  217. c-myc gene mutation in gastric mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma and diffuse large B-cell lymphoma., Oncol.Rep., 8巻, pp.289-pp.292, 20010401
  218. Microsatellite instability at D18S61 is associated with no regression of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma after Helicobacter pylori eradication, Oncol.Rep., 8巻, pp.293-pp.297, 20010401
  219. Clinicopathological features of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma: A comparison with diffuse large B-cell lymphoma without a mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma component, J Gastroen Hepatol, 16巻, pp.734-pp.739, 20010401
  220. Microsatellite instability is a genetic marker for the development of multiple gastric cancers, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 95巻, 6号, pp.350-pp.353, NOV 20 2001
  221. 肺結核を合併した精神分裂病患者への抗結核薬投与によるハロペリドール血中濃度の推移, 精神医学, 43巻, pp.1001-pp.1005, 20010401
  222. Dieulafoy 潰瘍に対する内視鏡的止血術後に胃壁膿瘍を形成した1例, 消化器内視鏡, 13巻, pp.1107-pp.1110, 20010401
  223. 結節性硬化症における多発性直腸過誤腫性ポリープ, 消化器内視鏡, 13巻, pp.708-pp.709, 20010401
  224. Microsatellite instability is a genetic marker for the development of multiple gastric cancers., Int J Cancer., 95巻, 6号, pp.350-pp.353, 20011101
  225. Eradication therapy of Helicobacter pylori for low-grade mucosa-associated lymphoid tisue lymphomas of the stomach., Exp.Oncol., 22巻, pp.78-pp.81, 20000401
  226. 胃MALTリンパ腫の発育進展における遺伝子異常, 血液・腫瘍科, 41巻, pp.40-pp.46, 20000401
  227. 大腸鋸歯状腺腫の特徴 -特に隆起型・表面型の相違を中心に-, 消化器内視鏡, 12巻, pp.1097-pp.1105, 20000401
  228. Alteration of p73 preferentialy occur in gastric adenocarcinomas with foveolar epithelial phenotype., Int J Cancer, 83巻, pp.192-pp.196, 19990401
  229. 大腸 serrated adenoma の臨床病理学的検討 -隆起型、表面型の比較を中心に-, 消化管の臨床, 5巻, pp.43-pp.54, 19990401
  230. Overexpression of human telomerase RNA is an early event in oesophageal carcinogenesis., Virchows arch, 434巻, pp.483-7, 19990401
  231. 胃瘻チューブの胃壁固定用バルーンに増殖した真菌, 消化器内視鏡, 11巻, pp.1056-pp.1057, 19990401
  232. 最大径10mm以下の小進行大腸癌の特徴に関する臨床病理学的検討, Gastroenterol. Endosc., 41巻, pp.2358-pp.2367, 19990401
  233. In situ mRNA hybridization technique for analysis of human telomerase RNA in gastric precancerous and cancerous lesions, Japanese Journal of Cancer Research, 89巻, 11号, pp.1187-pp.1194, 19980401
  234. 内視鏡的ポリペクトミーを施行した大腸 Inflammatory Fibroid Polyp の1例., 広島医学, 51巻, pp.189-pp.192, 19980401
  235. 直腸Inflammatory myoglandular polyp の1例, Gastroenterol. Endosc., 40巻, pp.2010-pp.2014, 19980401
  236. 粘膜と粘膜下層から成る有茎性分類不能大腸ポリープの2例, 消化器内視鏡, 10巻, pp.646-pp.650, 19980401
  237. In situ hybridization 法を用いた胃前癌性病変および癌におけるテロメラーゼRNA発現の検索., 日本臨症, 56巻, pp.1190-pp.1193, 19980401
  238. DNA replication error の検討を行った家族性胃癌の4例, Gastroenterol. Endosc., 40巻, pp.1986-pp.1991, 19980401
  239. 胃癌診断とテロメラーゼ, 消化器科, 27巻, pp.261-pp.266, 19980401
  240. 多発性骨髄腫の化学療法後に全胃の全層性壊死を来した胃ムーコル症の1剖検例., 広島医学, 50巻, pp.757-pp.761, 19970401
  241. ボタン型胃瘻チューブ先端の機械的刺激による出血性胃潰瘍の1例., 広島医学, 50巻, pp.983-pp.986, 19970401
  242. 胃原発T細胞性悪性リンパ腫の1例., Gastroenterol. Endosc., 39巻, pp.2272-pp.2278, 19970401
  243. 経皮内視鏡的胃瘻造設患者の長期観察例の検討., 広島医学, 50巻, pp.827-pp.829, 19970401
  244. Cell proliferation in polypoid type and superficial type serrated adenomas of the colorectum., In Recent Advances in Gastroenterological Carcinogenesis= Monduzzi Editore= Bologna, I巻, pp.773-pp.778, 19960401
  245. 脂腺上皮腫の1例., 広島医学, 49巻, pp.577-pp.578, 19960401
  246. 三次地区医療センターにおける大腸結節集簇様病変の内視鏡所見と病理像との退対比., 広島医学, 49巻, pp.1385-pp.1387, 19960401
  247. DNA replication error の検討を行った遺伝性非ポリポーシス大腸癌の3例., 広島医学, 49巻, pp.1190-pp.1194, 19960401
  248. 三次地区医療センターにおける内視鏡的大腸ポリペクトミー症例に関する臨床的検討., 広島医学, 47巻, pp.1090-pp.1094, 19940401

著書等出版物

  1. 2016年11月, 訴訟にならない内視鏡診療 虎の巻, 東京医学社, 2016年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 日山 亨,日山恵美,田中信治,吉原正治
  2. 2014年11月, プリセプターナースのリスクマネジメント・BOOK, 新興医学出版社, 2014年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 日山 亨,倉本富美
  3. 2013年01月, 訴訟事例から学ぶ看護業務のリスクマネジメント パート2, 新興医学出版社, 2013年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 日山 亨,楠見朗子,倉本富美, 4880027359, 68
  4. 2012年03月, 訴訟事例から学ぶ看護業務のリスクマネジメント, 新興医学出版社, 2012年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 日山 亨,楠見朗子,倉本富美, 4880027316, 63
  5. 2011年04月, 内科医のための訴訟事例から学ぶ日常診療のクリティカルポイント 入院・医療従事者の健康管理編, 新興医学出版社, 2011年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 日山 亨,日山恵美,吉原正治, 4880027170, 111
  6. 2010年10月, 内科医のための訴訟事例から学ぶ日常診療のクリティカルポイント 外来・刑事責任編, 新興医学出版社, 2010年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 日山 亨,日山恵美,吉原正治, 4880027073, 121
  7. 2005年04月, 判例に学ぶ消化器医療のリスクマネジメント , 判例に学ぶ消化器医療のリスクマネジメント,日本メディカルセンター,東京,2005, 2005年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 日山 亨,日山恵美,吉原正治,田中 信治, 7187

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 臨床医のために医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, Next Symposium 5th Anniversary in Tokushima, 2016年11月17日, 招待, 日本語
  2. みんなで考える医療のリスクマネジメントー訴訟事例を題材にー, 日山 亨, 平成28年度 公益社団法人広島県看護協会 三原・尾道支部研修会, 2016年11月12日, 招待, 日本語
  3. ヒューマンエラー(うっかりミス)による医療事故を起こさないために, 日山 亨, 平成28年度北海道遠軽医師会学術講演会, 2016年10月26日, 招待, 日本語
  4. 内視鏡技師のための医療リスクマネジメントー訴訟事例を題材にー, 日山 亨, 第11回山口県消化器内視鏡技師研究会, 2016年10月16日, 招待, 日本語
  5. みんなで考える医療のリスクマネージメントートラブル事例を題材にー, 日山 亨, 島根県・公益社団法人島根県看護協会主催 平成28年度医療安全推進研修会, 2016年10月08日, 招待, 日本語
  6. ヒューマンエラー(うっかりミス)による医療事故を起こさないために, 日山 亨, 平成28年度広島市西区医師会医療安全研修会, 2016年09月01日, 招待, 日本語
  7. 耳鼻咽喉科医のための医療リスクマネジメントー訴訟事例を題材にー, 日山 亨, 平成28年度日本耳鼻咽喉科学会広島県地方部会医療安全講習会, 2016年08月27日, 招待, 日本語
  8. 内視鏡室スタッフのための医療リスクマネジメント, 日山 亨, 第19回関東消化器内視鏡技師会レベルアップ講習会, 2016年07月31日, 招待, 日本語
  9. ヒューマンエラーによる医療事故を減らすために, 日山 亨, 平成28年度広島市中区医師会医療安全研修会, 2016年07月19日, 招待, 日本語
  10. 臨床医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 酸関連疾患セミナー in 東広島, 2016年07月15日, 招待, 日本語
  11. 整形外科医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 平成28年度広島臨床整形外科医会, 2016年07月09日, 招待, 日本語
  12. 実例、医療訴訟−クリニックでのよりよい医療のために−, 日山 亨, 平成28年度広島県音戸地区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2016年06月28日, 招待, 日本語
  13. 臨床医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 平成28年度明石医師会内科医会学術講演会, 2016年05月19日, 招待, 日本語
  14. 整形外科医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 運動器疾患/骨・関節フォーラム岡山会場, 2016年04月16日, 招待, 日本語
  15. 内視鏡室スタッフのための医療リスクマネジメント, 日山 亨, 第35回大腸内視鏡検査法研究会, 2016年02月25日, 招待, 日本語
  16. 医療従事者のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 平成27年度広島市西区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2016年02月24日, 招待, 日本語
  17. 臨床医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 酸関連疾患セミナー in Yonago, 2016年02月23日, 招待, 日本語
  18. 消化器内科医のためのリスクマネジメント, 日山 亨, 第14回出雲研究会, 2016年02月20日, 招待, 日本語
  19. 実例、医療訴訟-よりよい医療のために-, 日山 亨, 平成27年度広島市南区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2016年02月19日, 招待, 日本語
  20. 判例に学ぶ医療のリスクマネジメントについて, 日山 亨, 平成27年度沖縄県中部地区医師会学術講演会, 2016年02月18日, 招待, 日本語
  21. 実例、医療訴訟-よりよい医療のために-, 日山 亨, 第17回広島市東区医療安全・院内感染対策研修会, 2016年02月12日, 招待, 日本語
  22. 診療放射線技師のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 平成27年度第4回広島県診療放射線技師会研修会, 2016年02月11日, 招待, 日本語
  23. こんな時、どうする? こんな時、どうなる? 医療安全に向けて, 日山 亨, 平成27年度広島県安芸地区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2016年01月14日, 招待, 日本語
  24. 臨床医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 平成27年度佐賀県医師会学術講演会, 2016年01月13日, 招待, 日本語
  25. 医療訴訟ー最近の特徴と事故調時代のこれからー, 日山 亨, 平成27年度広島県内科会講演会, 2015年11月13日, 招待, 日本語
  26. 整形外科医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 運動器疾患/骨・関節フォーラム横浜会場, 2015年10月31日, 招待, 日本語
  27. 医療訴訟ー最近の特徴と事故調時代のこれからー, 日山 亨, 平成27年度新潟県医師会学術講演会, 2015年10月29日, 招待, 日本語
  28. 医療訴訟ー最近の特徴と事故調時代のこれからー, 日山 亨, HDDオープンカンファレンス, 2015年10月28日, 招待, 日本語
  29. 内視鏡技師のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 第75回日本消化器内視鏡技師学会, 2015年10月10日, 招待, 日本語
  30. 医療訴訟ー最近の特徴と事故調時代のこれからー, 日山 亨, Next Forum in Sanda, 2015年09月16日, 招待, 日本語
  31. みんなで考える医療のリスクマネジメントー訴訟事例を題材にー, 日山 亨, 松江地区医療安全講演会, 2015年07月30日, 招待, 日本語
  32. 訴訟事例に学ぶートラブルのないよりよい医療のためにー, 日山 亨, 平成27年度北海道遠軽医師会学術講演会, 2015年07月14日, 招待, 日本語
  33. 医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 平成27年度広島県山県郡医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2015年07月09日, 招待, 日本語
  34. 臨床医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 第2回ACID Meeting in NARA, 2015年06月27日, 招待, 日本語
  35. 医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, Nexium Symposium, 2015年06月23日, 招待, 日本語
  36. 臨床医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, Doctors Active Conference in Sennan II, 2015年06月13日, 招待, 日本語
  37. 実例,医療訴訟ー医療安全の視点からー, 日山 亨, 第14回広島市中区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2015年06月08日, 招待, 日本語
  38. 臨床医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, Next Seminar in Osaka, 2015年05月09日, 招待, 日本語
  39. 実例,医療訴訟ートラブルのない医療を目指してー, 日山 亨, Next TV Symposium 2015, 2015年04月15日, 招待, 日本語
  40. 臨床医のための医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 琵琶湖消化器疾患シンポジウム, 2015年04月11日, 招待, 日本語
  41. 医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, 平成27年度岩国内科医会, 2015年04月10日, 招待, 日本語
  42. みんなで考える訪問看護・介護のリスクマネジメント, 日山 亨, 平成26年度広島県安芸地区医師会訪問看護・介護研修会, 2015年03月06日, 招待, 日本語
  43. みんなで考える在宅医療のリスクマネジメント, 日山 亨, 沖縄県北部地区医師会学術講演会, 2015年02月17日, 招待, 日本語
  44. 臨床医に置ける医療訴訟リスクマネジメント, 日山 亨, Next TV SYmposium 2015, 2015年01月29日, 招待, 日本語
  45. ちょっと気になる医療訴訟−リスクマネジメントの視点から−, 日山 亨, 平成26年度広島市南区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2015年01月26日, 招待, 日本語
  46. ちょっと気になる医療訴訟ーリスクマネジメントの視点から−, 日山 亨, 第24回日本消化器内視鏡学会四国支部セミナー, 2015年01月25日, 招待, 日本語
  47. 実例,医療訴訟−医療安全の視点から−, 日山 亨, ネキシウム発売3周年講演会, 2015年01月14日, 招待, 日本語
  48. 内視鏡診療におけるリスクマネジメント, 日山 亨, 第24回日本消化器内視鏡学会中国支部セミナー, 2015年01月12日, 招待, 日本語
  49. 訴訟事例から学ぶ−医療安全−, 日山 亨, 平成26年度広島県佐伯地区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2014年12月22日, 招待, 日本語
  50. ちょっと気になる医療訴訟, 日山 亨, 平成26年度広島市東区医師会・広島市東区地域保健対策協議会 医療安全・管理研修会, 2014年12月05日, 招待, 日本語
  51. 訴訟事例から学ぶ, 日山 亨, 平成26年度広島県大竹市医療安全・院内感染対策研修会, 2014年11月07日, 招待, 日本語
  52. みんなで考える医療のリスクマネジメント, 日山 亨, 平成26年度広島県東広島地区医師会学術講演会兼医療安全研修会, 2014年10月29日, 招待, 日本語
  53. ちょっと気になる医療訴訟, 日山 亨, 循環器クリニカルセミナー, 2014年09月18日, 招待, 日本語
  54. 訴訟事例から学ぶ, 日山 亨, 平成26年度広島市西区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2014年09月11日, 招待, 日本語
  55. 訴訟事例から学ぶ, 日山 亨, 平成26年度広島県安芸区医師会音戸支部医療安全・院内感染対策研修会, 2014年06月22日, 招待, 日本語
  56. ちょっと気になる医療訴訟, 日山 亨, 第13回広島市中区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2014年05月23日, 招待, 日本語
  57. ちょっと気になる医療訴訟, 日山 亨, ベネット75mg錠発売1周年記念講演会, 2014年04月10日, 招待, 日本語
  58. みんなで考える医療リスクマネジメント−訴訟事例を題材に−, 日山 亨, 平成26年度広島市東区医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2014年02月24日, 招待, 日本語
  59. ちょっと気になる医療訴訟−医療安全の視点から−, 日山 亨, 平成26年度広島市医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2014年02月17日, 招待, 日本語
  60. みんなで考える医療のリスクマネジメント−訴訟事例を題材に−, 日山 亨, 平成25年度広島市安佐医師会医療安全・院内感染対策研修会, 2014年01月23日, 招待, 日本語
  61. ちょっと気になる医療訴訟−リスクマネジメントに向けて−, 日山 亨, 第112回出雲医師会消化器病研究会, 2014年01月22日, 招待, 日本語
  62. みんなで考える内視鏡診療のリスクマネジメント−訴訟事例を題材に−, 日山 亨, 第4回神戸無床内視鏡診療研究会, 2014年01月16日, 招待, 日本語
  63. みんなで考える消化器医療のリスクマネジメント−訴訟事例を題材に−, 日山 亨, 京都消化器医会定例学術講演会, 2014年01月11日, 招待, 日本語
  64. 消化器内視鏡のリスクマネジメント, 日山 亨, 第110回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2013年06月, 招待, 日本語
  65. 訴訟にならないための内視鏡検査, 日山 亨, 第37回日本消化器内視鏡学会セミナー, 2013年05月, 招待, 日本語
  66. がん検診と医療訴訟, 日山 亨, 平成24年度群馬県医師会子宮がん検診従事者講習会・医療安全対策研修会, 2013年03月, 招待, 日本語
  67. 内視鏡医が知っておきたいリスクマネジメント-訴訟事例に学ぶ-, 日山 亨, 第89回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会, 2012年11月, 招待, 日本語
  68. 胃がん・大腸がん検診におけるリスクマネジメント-訴訟事例の検討から-, 日山 亨, 平成23年度群馬県胃がん・大腸がん検診従事者講習会合同研修会, 2012年03月, 招待, 日本語
  69. 消化器内視鏡検査と治療における偶発症とインフォームドコンセント (IC), 日山 亨, 第146回日本消化器内視鏡学会東北支部例会, 2012年02月, 招待, 日本語
  70. 消化器内視鏡のリスクマネジメント-訴訟事例に学ぶ-, 日山 亨, 第20回日本消化器内視鏡学会四国セミナー, 2012年01月, 招待, 日本語
  71. 胃がん・大腸がん検診におけるリスクマネジメント-訴訟事例の検討から-, 日山 亨, 第56回山口県消化器がん検診講習会, 2011年10月, 招待, 日本語
  72. 訴訟事例に学ぶ臨床検査技師のリスクマネージメント, 日山 亨, 第13回広島臨床検査技師会東部地区学会, 2011年01月, 招待, 日本語
  73. 内視鏡診療のリスクマネジメント-ハンケツブン活用のすすめ-, 日山 亨, 第10回日本実地医家消化器内視鏡研究会, 2009年06月, 招待, 日本語
  74. 胃がん・大腸がん検診におけるリスクマネジメント, 日山 亨, 平成20年度大分県医師会がん精密検診協力医療機関研修会, 2009年02月, 招待, 日本語
  75. 内視鏡のリスクマネジメント, 日山 亨, 第18回日本消化器内視鏡学会中国支部セミナー, 2009年01月, 招待, 日本語
  76. ヘリコバクター・ピロリ感染と胃がん発生からみた胃内視鏡検診間隔について, 日山 亨, 第38回日本消化器がん検診学会東海北陸地方会, 2008年11月, 招待, 日本語
  77. Western vs. Eastern in FD and NERD, 日山 亨, Round Table Meeting for Directors of Korean Society for Neurogastroenterology and Motility, 2008年05月, 招待, 英語
  78. 判例に学ぶ消化器内視鏡のリスクマネジメント, 日山 亨, 第98回日本消化器内視鏡学会中国地方会, 2007年06月, 招待, 日本語
  79. 判例による消化器疾患のリスクマネジメント, 日山 亨, 第20回日本消化器内視鏡学会近畿セミナー, 2007年01月, 招待, 日本語
  80. 内視鏡関連医療裁判の判決, 日山 亨, 第18回日本消化器内視鏡学会東北セミナー, 2006年12月, 招待, 日本語
  81. 判例検討を通してのリスクマネジメント-広島大学光学医療診療部の取り組み-, 日山 亨, 第88回日本消化器内視鏡学会北陸地方会, 2006年11月, 招待, 日本語
  82. Prokinetics in the treatment of functional dyspepsia, 日山 亨, 13th Annual Conference of the Korean Society of Gastrointestinal Endoscopy (Busan-KyungNam branch), 2006年07月, 招待, 英語
  83. 判例に学ぶ 消化器内視鏡診療のリスク・マネ?ジメント, 日山 亨, 第71回日本消化器内視鏡学会総会, 2006年05月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2006年03月, 平成18年度学術奨励賞, 日本消化器がん検診学会, ヘリコバクター・ピロリ感染と胃癌発生から見た胃内視鏡検診間隔の検討

社会活動

委員会等委員歴

  1. 胃部レントゲン読影委員, 2015年04月, 2016年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  2. がん対策専門委員会胃がん・大腸がん検診推進ワーキンググループ委員, 2014年08月, 2015年03月, 広島県地域保健対策協議会
  3. 自浄作用活性化委員会委員, 2014年08月, 2016年06月, 広島市医師会
  4. 喫煙防止対策検討委員会委員, 2014年06月, 2016年06月, (社)東広島地区医師会
  5. 胃部レントゲン読影委員, 2014年04月, 2015年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  6. 胃がん・大腸がん専門委員会委員, 2013年04月, 2016年03月, (財)広島県地域保健医療推進機構
  7. 胃部レントゲン読影委員, 2013年04月, 2014年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  8. 自浄作用活性化委員会委員, 2013年04月, 2014年02月, 広島市医師会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, Gastric Cancer, 編集員
  2. 2015年, Journal of Gastroenterology, 編集員
  3. 2014年, Journal of Gastroenterology, 編集員
  4. 2013年, Journal of Gastroenterology, 編集員
  5. 2012年, Journal of Gastroenterology, 編集員
  6. 2011年, Journal of Gastroenterology, 編集員
  7. 2010年, Journal of Gastroenterology, 編集員