片桐 清文KIYOFUMI KATAGIRI

Last Updated :2020/09/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 教授
ホームページ
メールアドレス
kktgrhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
有機、無機にとらわれることなく、複数の物質の機能や構造を融合した革新的な機能性材料の創成に関わる研究を遂行している。

基本情報

主な職歴

  • 2003年02月10日, 2004年03月31日, オーストラリア連邦メルボルン大学, 研究員
  • 2004年04月01日, 2006年03月31日, 日本学術振興会, 特別研究員
  • 2006年04月01日, 2007年03月31日, 名古屋大学, 大学院工学研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2011年12月31日, 名古屋大学, 大学院工学研究科, 助教
  • 2012年01月01日, 2014年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究院, 助教
  • 2014年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 准教授
  • 2014年08月01日, 2016年07月31日, 文部科学省, 研究振興局, 学術調査官
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究科, 教授
  • 2020年04月01日, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 教授

学歴

  • 奈良先端科学技術大学院大学, 物質創成科学研究科, 博士後期課程物質創成科学専攻, 日本, 2000年04月, 2002年09月
  • 奈良先端科学技術大学院大学, 物質創成科学研究科, 博士前期課程物質創成科学専攻, 日本, 1998年04月, 2000年03月
  • 大阪府立大学, 工学部, 機能物質科学科, 日本, 1994年04月, 1998年03月

学位

  • 博士(工学) (奈良先端科学技術大学院大学)
  • 修士(工学) (奈良先端科学技術大学院大学)

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系)
  • 【博士課程前期】 工学研究科 : 応用化学専攻
  • 【博士課程後期】 工学研究科 : 応用化学専攻

担当主専攻プログラム

  • 応用化学プログラム

研究分野

  • 化学 / 材料化学 / 無機工業材料
  • 工学 / 材料工学 / 無機材料・物性
  • 化学 / 材料化学 / 有機・ハイブリッド材料
  • 総合理工 / ナノ・マイクロ科学 / ナノ材料化学
  • 化学 / 材料化学 / デバイス関連化学
  • 複合領域 / 人間医工学 / 生体医工学・生体材料学

研究キーワード

  • 構造発色性材料
  • 有機-無機ハイブリッド材料
  • ナノハイブリッド材料
  • 水熱合成
  • ナノ粒子
  • ゾル-ゲル法
  • 交互積層法
  • 複合アニオン化合物

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 4ターム, 基礎無機化学
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 化学実験II
  3. 2020年, 学部専門, 通年, 卒業論文
  4. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用化学講究IIA
  5. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用化学講究IIB
  6. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用化学セミナーIIA
  7. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用化学セミナーIIB
  8. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, ハイブリッド材料化学論
  9. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 応用化学特別研究
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 応用化学特別演習A
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用化学特別演習A
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 応用化学特別演習B
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用化学特別演習B
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 応用化学特別研究

教育に関する受賞

  • 2013年12月12日, 広島大学大学院工学研究科・工学部教育顕彰, 広島大学大学院工学研究科, 理解度とモチベーション向上のための演習テキストの改修と講義工夫

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 泳動電着法による微粒子集積型構造色コーティング, 色材協会誌, 92巻, 12号, pp. 355-361, 20191220
  2. ★, Preparation of LaTiO2N Using Hydrothermally Synthesized La2Ti2O7 as a Precursor and Urea as a Nitriding Agent, EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY, 9号, pp. 1257-1264, 20190307
  3. ★, Ammonolysis-free synthesis of La2O2CN2 by cyanamidation of La(OH)3 using urea, and its photoluminescence properties, CERAMICS INTERNATIONAL, 45巻, 7号, pp. 9325-9329, 20190501
  4. Magnetically Navigated Intracellular Delivery of Extracellular Vesicles Using Amphiphilic Nanogels, BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 30巻, 8号, pp. 2150-2155, 20190821
  5. Preparation of pH-Responsive Hollow Capsules via Layer-by-Layer Assembly of Exfoliated Layered Double Hydroxide Nanosheets and Polyelectrolytes, JOURNAL OF NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY, 18巻, 1号, pp. 110-115, 20180101
  6. ZrO2 Nanocrystals As Catalyst for Synthesis of Dimethylcarbonate from Methanol and Carbon Dioxide: Catalytic Activity and Elucidation of Active Sites, LANGMUIR, 34巻, 1号, pp. 23-29, 20180109
  7. ★, Structurally colored coating films with tunable iridescence fabricated via cathodic electrophoretic deposition of silica particles, RSC ADVANCES, 8巻, 20号, pp. 10776-10784, 20180316
  8. メソポーラスシリカで包含した光触媒粒子複合体の機能, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan, 25巻, 394号, pp. 156-161, 20180501
  9. ★, Mechanistic Insight on the Formation of GaN:ZnO Solid Solution from Zn-Ga Layered Double Hydroxide Using Urea as the Nitriding Agent, INORGANIC CHEMISTRY, 57巻, 21号, pp. 13953-13962, 20181105
  10. 白いシリカ粒子と黒いカーボン粒子からなる構造色コーティング膜, NEW GLASS, 124巻, 33号, pp. 9-12, 20180701
  11. ★, Structural color coating films composed of an amorphous array of colloidal particles via electrophoretic deposition, NPG ASIA MATERIALS, 9巻, pp. 7-7, 201703
  12. SiO2 shell formation mechanism and enlargement on hydrophobized nanoparticles via a reverse microemulsion process, JOURNAL OF SOL-GEL SCIENCE AND TECHNOLOGY, 84巻, 1号, pp. 110-117, 201710
  13. Photocatalytic reduction of carbon dioxide by strontium titanate nanocube-dispersed mesoporous silica, JOURNAL OF ASIAN CERAMIC SOCIETIES, 5巻, 3号, pp. 255-260, 20170901
  14. ナノ・メソスケールで構造制御した複合光触媒の開発, セラミックデータブック, 45巻, 59号, pp. 111-116, 20171207
  15. ★, Magnetically Guided Protein Transduction by Hybrid Nanogel Chaperones with Iron Oxide Nanoparticles, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 55巻, 38号, pp. 11377-11381, 20160906
  16. Enhanced photocatalytic activity of Pt/WO3 photocatalyst combined with TiO2 nanoparticles by polyelectrolyte-mediated electrostatic adsorption, CATALYSIS SCIENCE & TECHNOLOGY, 5巻, 2号, pp. 1163-1168, 20150201
  17. ★, Anti-Reflective Coatings Prepared via Layer-by-Layer Assembly of Mesoporous Silica Nanoparticles and Polyelectrolytes, Polymer Journal, 47巻, 2号, pp. 190-194, 201502
  18. Controlled radical polymerization of styrene with magnetic iron oxides prepared through hydrothermal, bioinspired, and bacterial processes, RSC ADVANCES, 5巻, 63号, pp. 51122-51129, 20150602
  19. Light-induced saturation change in the angle-independent structural coloration of colloidal amorphous arrays, J. Mater. Chem. C, 2巻, pp. 344-348, 20140114
  20. ★, Development and Potential Theranostic Applications of a Self-Assembled Hybrid of Magnetic Nanoparticle Clusters with Polysaccharide Nanogels, CHEMPLUSCHEM, 79巻, 11号, pp. 1631-1637, 201411
  21. ナノサイズの直方体を自在に並べる 自己組織化によって鎖,シート,ブロックへと集積!, 月刊化学, 69巻, 8号, pp. 62-63, 20140718
  22. 疎水化ITOナノ粒子とパーヒドロキシポリシラザンを用いた高強度赤外線遮断コーティング, NEW GLASS, 29巻, pp. 31-36, 20140701
  23. 無機ナノ粒子を用いたハイブリッド材料 -バイオメディカル応用を中心として-, セラミックデータブック, 42巻, pp. 103-108, 201411215
  24. Templated nucleation of hybrid iron oxide nanoparticles on polysaccharide nanogels, COLLOID AND POLYMER SCIENCE, 291巻, 6号, pp. 1375-1380, JUN 2013
  25. Preparation and photocatalytic activity of strontium titanate nanocube-dispersed mesoporous silica, JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 407巻, pp. 282-286, OCT 1 2013
  26. ★, Robust Infrared-Shielding Coating Films Prepared Using Perhydropolysilazane and Hydrophobized Indium Tin Oxide Nanoparticles with Tuned Surface Plasmon Resonance, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 5巻, 20号, pp. 10240-10245, OCT 2013
  27. 外部刺激に応答して内包物を放出する有機-無機ハイブリッドカプセル, Colloid & Interface Communication, 38巻, pp. 13-16, 2013
  28. Robust Infrared-Shielding Coating Films Prepared Using Perhydropolysilazane and Hydrophobized Indium Tin Oxide Nanoparticles with Tuned Surface Plasmon Resonance, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 5巻, 20号, pp. 10240-10245, 2013
  29. ★, Preparation of Hollow TiO2 Spheres of the Desired Polymorphs by Layer-by-Layer Assembly of a Water-Soluble Titanium Complex and Hydrothermal Treatment, EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY, 2012巻, 20号, pp. 3267-3272, JUL 2012
  30. Preparation of hollow titania and strontium titanate spheres using sol-gel derived silica gel particles as templates, JOURNAL OF SOL-GEL SCIENCE AND TECHNOLOGY, 63巻, 3号, pp. 366-372, SEP 2012
  31. An amorphous array of poly(N-isopropylacrylamide) brush-coated silica particles for thermally tunable angle-independent photonic band gap materials, NEW JOURNAL OF CHEMISTRY, 36巻, 11号, pp. 2171-2175, NOV 2012
  32. Molecular selective photocatalytic decomposition of alkylanilines by crystalline TiO2 particles and their nanocomposites with mesoporous silica, RSC ADVANCES, 2巻, 29号, pp. 11132-11137, 20121121
  33. 水溶性チタン錯体を用いたTiO2およびチタン酸化合物の形態制御合成, 化学工業, 63巻, 10号, pp. 758-763, 201210
  34. 外部シグナルに応答して内包物を放出する有機―無機ハイブリッドカプセル, 機能材料, 32巻, 5号, pp. 14-21, 201205
  35. Synthesis of green emission upconversion phosphor nanosheets (LaNb2O7) doped with Er3+ and Yb3+, Journal of Luminescence, 173巻, pp. 130-134, 201605
  36. 自己組織性を利用した有機-無機複合材料の開発, バイオインダストリ-, 18巻, 4号, pp. 19-25, 200104
  37. Robust infrared-shielding coating films prepared using perhydropolysilazane and hydrophobized indium tin oxide nanoparticles with tuned surface plasmon resonance., Robust infrared-shielding coating films prepared using perhydropolysilazane and hydrophobized indium tin oxide nanoparticles with tuned surface plasmon resonance., 5巻, 20号, 2013

著書等出版物

  1. 2011年, Bio-Inspired Materials Synthesis, Functionalized organic-inorganic hybrid hollow spheres fabricated via bioinspired processing, Research Signpost, 2011年, 単行本(学術書), 共著, English, Kiyofumi Katagiri, 978-81-308-0401-9, 405, 20
  2. 2013年05月15日, Handbook of Advanced Ceramics, Second Edition: Materials, Applications, Processing and Properties, Organic-Inorganic Hybrid Materials Prepared through Supramolecular Assembly, Academic Press, 2013年, 05, 単行本(学術書), 共著, English, Kiyofumi Katagiri and Kunihito Koumoto, 978-0-12-385469-8, 1229, 13
  3. 2013年03月12日, 最先端メディカルエンジニアリング, 外部シグナルに応答して内容物を放出するスマートカプセル, 一粒書房, 2013年, 03, 単行本(学術書), 日本語, 片桐 清文, 978-4-86431-159-5, 209, 5
  4. 2014年02月24日, ゾル-ゲル法の最新応用と展望, オンデマンドで内包物を放出するハイブリッドスマートカプセル, シーエムシー出版, 2014年, 02, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 片桐 清文, 978-4-7813-0931-6, 320, 7
  5. 2014年02月24日, ゾル-ゲル法の最新応用と展望, 水溶性前駆体を用いた酸化物材料の形態制御合成, シーエムシー出版, 2014年, 02, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 片桐 清文, 978-4-7813-0931-6, 320, 9
  6. 2014年10月31日, マイクロ/ナノカプセルの調製、徐放性制御と応用事例, オンデマンドで内包物を放出するハイブリッドスマートカプセル, 技術情報協会, 2014年, 10, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 片桐 清文, 978-4861045592, 510, 7
  7. 2016年02月08日, ナノ空間材料ハンドブック, 粒子(触媒成分)との複合化, 株式会社エヌ・ティー・エス, 2016年, 02, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 犬丸 啓、片桐 清文, 978-4-86043-433-5, 548, 9
  8. 2017年07月31日, ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向, 無機ナノ粒子を用いた機能性複合材料の合成, シーエムシー出版, 2017年, 07, 単行本(学術書), 単著, Japenese, 片桐 清文, 978-4-7813-1258-3, 416, 227-237
  9. 2016年10月26日, Supra-materials Nanoarchitectonics 1st Edition, Organic-Inorganic Hybrid Nanoarchitecture at Mesoscale, Elsevier, 2016年, 10, 単行本(学術書), 単著, English, Kiyofumi Katagiri, 9780323378291, 346, 117–133
  10. 2016年11月24日, 中空微粒子の合成と応用, 交互積層法による中空粒子の合成, シーエムシー出版, 2016年, 11, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 片桐 清文; 松田 厚範, 978-4-7813-1181-4, 199, 11-20

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. アルコキシド由来ゲルと尿素を用いた金属酸窒化物固溶体の合成と色彩特性評価, 吉行里紗・岡田凌輝・片桐清文・犬丸 啓, 第38回無機高分子研究討論会, 2019年11月07日, 通常, 日本語, 高分子学会無機高分子研究会, 東京理科大学森戸記念館(東京都新宿区)
  2. Structurally Colored Coating Films Prepared via the Electrophoretic Deposition Method, Kiyofumi Katagiri, 2019 NCU-HU Joint Symposium, 2019年11月01日, 招待, 英語, National Central University, Taiwan, National Central University, Taiwan
  3. Robust Structurally Colored Coating Films Prepared via the Electrophoretic Deposition Method, Kiyofumi Katagiri, Ryo Uesugi, Kensuke Uemura, Kei Inumaru, Tetsuo Uchikoshi, Yukikazu Takeoka, Tetsuo Uchikoshi, Yukikazu Takeoka, The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PacRim13), 2019年10月30日, 通常, 英語, The Ceramic Society of Japan, Okinawa Convention Center(Okinawa, Japan)
  4. CO2 release behaviors of layered double hydroxide nanoparticles in repeated adsorptiondesorption cycles, Mio Kawashimo, Ayaka Okuda, Kiyofumi Katagiri, Kei Inuamru, The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PacRim13), 2019年10月30日, 通常, 英語, The Ceramic Society of Japan, Okinawa Convention Center (Okinawa, Japan)
  5. 近紫外励起が可能な希土類オキシシアナミド赤色蛍光体のアンモニアフリー合成法の開発, 川西航大・岡田凌輝・片桐清文・犬丸 啓, 第9回CSJ化学フェスタ, 2019年10月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, タワーホール船堀(東京都江戸川区)
  6. 電気泳動堆積法を利用した微粒子集積型構造色コーティング膜, 片桐 清文,上杉 遼,上村健祐,犬丸 啓,打越 哲郎,竹岡 敬和, 打越 哲郎,竹岡 敬和, 第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 招待, 日本語, 高分子学会, 福井大学 文京キャンパス (福井県福井市)
  7. 固体窒素源を用いた窒素含有複合アニオン化合物合成法の開発, 片桐 清文,林 優樹,岡田 凌輝,川西 航大,犬丸 啓, 第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 招待, 日本語, 高分子学会, 福井大学 文京キャンパス (福井県福井市)
  8. 層状複水酸化物ナノ粒子CO2吸着剤の繰り返し特性と構造変化の解析, 川下 実央,奥田 彩花,片桐 清文,犬丸 啓, 第124回触媒討論会, 2019年09月19日, 通常, 日本語, 触媒学会, 長崎大学 文教キャンパス (長崎県長崎市)
  9. アルコキシド由来ゲルと尿素を前駆体とするペロブスカイト型酸窒化物の合成, 吉行 里紗,岡田 凌輝,片桐 清文,犬丸 啓, 日本ゾル-ゲル学会第17回討論会, 2019年08月06日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 東京理科大学 葛飾キャンパス (東京都葛飾区)
  10. 種々の固体窒素源によるGaN:ZnOの合成と71Ga 固体NMR法による解析, 藤井 侑樹,林 優樹,片桐 清文,犬丸 啓,鱒渕 友治,木下 誠志,野田 泰斗,三好 亮暢,前田 和彦, 鱒渕 友治,野田 泰斗,前田 和彦, 日本ゾル-ゲル学会第17回討論会, 2019年08月06日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 東京理科大学 葛飾キャンパス (東京都葛飾区)
  11. Ammonolysis-free synthesis strategy of metal oxynitrides and oxycyanamides , Kiyofumi Katagiri, Ryoki Okada, Kodai Kawanishi, Kei Inumaru, 2nd Global Forum on Advanced Materials and Technologies for Sustainable Development (GFMAT-2) and the 4th International Conference on Innovations in Biomaterials, Biomanufacturing and Biotechnologies (Bio-4), 2019年07月22日, 招待, 英語, The American Ceramic Society, Toronto, Canada
  12. 電気泳動堆積法による塗装応用を志向した構造色コーティング, 片桐 清文, 日本化学会研究会「低次元系光機能材料研究会」第8回研究講演会, 2019年06月21日, 招待, 日本語, 日本化学会研究会「低次元系光機能材料研究会」, 化学会館 (東京都千代田区)
  13. Ammonolysis-Free Synthesis of GaN:ZnO Solid Solution from Zn-Ga Layered Double Hydroxide Using Urea as the Nitriding Agent, Kiyofumi Katagiri, Yuki Hayashi, Risa Yoshiyuki, Kei Inumaru, Tomoki Uchiyama, Noriyuki Nagata, Yoshiharu Uchimoto, Akinobu Miyoshi, Kazuhiko Maeda, 内山智貴, 内本喜晴, 前田和彦, The 2019 Spring Meeting of the European Materials Research Society (E-MRS), 2019年05月28日, 通常, 英語, the European Materials Research Society, Nice, France
  14. 尿素を用いた金属酸シアナミド(RE2O2CN2:Eu3+(RE=Y,La))蛍光体の新規合成プロセスの開発, 川西航大・岡田凌輝・片桐清文・犬丸 啓, 日本セラミックス協会 2019年年会, 2019年03月26日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 工学院大学, RE2O2CN2:Eu3+ (RE = Y, La) phosphors were prepared from the mixture of RE(OH)3:Eu3+ and urea after calcination under N2 flow. Through the optimization of reaction conditions, including content of urea and heat-treatment temperature, single-phase La2O2CN2:Eu3+ and Y2O2CN2:Eu3+ could be obtained without any impurities. The photoluminescence properties of obtained La2O2CN2:Eu3+ and Y2O2CN2:Eu3+ were investigated in detail.
  15. 種々の固体窒素源を用いたGaN:ZnOの合成とキャラクタリゼーション, 藤井侑樹,林 優樹,片桐清文,犬丸 啓,鱒渕友治,木下誠志,野田泰斗,三好亮暢,前田和彦, 鱒渕友治,野田泰斗,前田和彦, 日本セラミックス協会2019年年会, 2019年03月25日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 工学院大学, A solid solution of GaN and ZnO (GaN:ZnO) is promising as a photocatalyst for overall water splitting under visible light irradiation. Recently, we have developed a preparation process of GaN:ZnO by using Zn-Ga layered double hydroxide as a precursor and urea as a nitriding agent. In this study, we have attempted preparation of GaN:ZnO by using various nitriding agents, such as melamine and C3N4. GaN:ZnO obtained thus was characterized by several techniques, including 71Ga solid-state NMR spectroscopy.
  16. メソポーラスシリカ包含TiO2粒子の光触媒活性に与える有機物吸着能の効果, 定森早紀,國崎佑介,片桐清文,犬丸 啓, 日本セラミックス協会 2019年年会, 2019年03月25日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 工学院大学
  17. 層状複水酸化物ナノ粒子のCO2放出挙動とその繰り返し特性, 川下実央,奥田彩花,片桐清文,犬丸 啓, 日本セラミックス協会2019年年会, 2019年03月25日, 通常, 日本語
  18. Robust structurally colored coatings prepared via cathodic electrophoretic deposition of SiO2 particles, Kiyofumi Katagiri, Kensuke Uemura, Ryo Uesugi, Kei Inumaru, Tetsuo Uchikoshi, Yukikazu Takeoka, Tetsuo Uchikoshi, Yukikazu Takeoka, 6th International Conference on Multifunctional, Hybrid and Nanomaterials, 2019年03月14日, 通常, 英語, Elsevier, Meliá Sitges
  19. 固体窒素源として尿素を用いたペロブスカイト型酸窒化物SrTaO2Nの合成, 岡田 凌輝・片桐 清文・犬丸 啓, 第57回セラミックス基礎科学討論会, 2019年01月16日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会基礎科学部会, 仙台国際センター
  20. CaCN2を窒素源とする金属酸窒化物合成法の開発, 片上裕太・片桐清文・犬丸 啓, 第57回セラミックス基礎科学討論会, 2019年01月16日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会基礎科学部会, 仙台国際センター
  21. 層状複水酸化物のCO2吸収・放出特性に与える金属元素とナノ粒子化の効果, 奥田 彩花,片桐 清文,犬丸 啓, 第57回セラミックス基礎科学討論会, 2019年01月16日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会基礎科学部会, 仙台国際センター
  22. 尿素を固体窒素源として用いたSrNbO2Nの合成, 岡田凌輝,片桐清文,犬丸 啓, 第25回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会中国四国支部, 鳥取大学
  23. 層状複水酸化物と尿素を用いたGaN:ZnO合成における窒化メカニズムの解明と形態制御, 吉行里紗,林 優樹,片桐清文,犬丸 啓, 第25回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会中国四国支部, 鳥取大学
  24. 蛍光ナノ粒子-メソポーラスシリカ複合体の合成と有機配位子を用いた発光特性制御, 川下実央,片桐清文,犬丸 啓, 第25回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会中国四国支部, 鳥取大学
  25. Preparation of Robust Structurally Colored Coating Films Formed with Arrays of Monodisperse CeO2 Particles and Perhydropolysilazane-Derived SiO2, Ryo Uesugi, Kiyofumi Katagiri, Kensuke Uemura, Kei Inumaru, and Yukikazu Takeoka, Yukikazu Takeoka, 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), 2018年12月06日, 通常, 英語, The Society of Polymer Science, Japan, International Conference Center Hiroshima
  26. 耐摩擦特性を有するシリカ粒子集積型構造色コーティング膜の作製, 片桐清文,上杉 遼,上村健祐,犬丸 啓,打越哲郎,竹岡敬和, 打越哲郎,竹岡敬和, 第37回無機高分子研究討論会, 2018年11月09日, 通常, 日本語, 高分子学会無機高分子研究会, 東京理科大学
  27. 酸化チタン光触媒の有機物分解選択性に及ぼすシリカ被覆の効果と有機修飾による機能化, 定森早紀,國崎佑介,片桐清文,犬丸 啓, 第122回触媒討論会, 2018年09月28日, 通常, 日本語, 触媒学会, 北海道教育大学函館校
  28. 層状複水酸化物ナノ粒子のCO2吸収・放出挙動に与える金属元素と粒径の効果, 奥田彩花,飯尾奈々,片桐清文,犬丸 啓, 第122回触媒討論会, 2018年09月27日, 通常, 日本語, 触媒学会, 北海道教育大学函館校
  29. 水溶性シリコン原料を用いたMFI型ゼオライトの合成, 冨田佳誉,定金正洋,佐野庸治,津野地直,片桐清文, 第122回触媒討論会, 2018年09月27日, 通常, 日本語, 触媒学会, 北海道教育大学函館校
  30. 尿素を窒素源として用いた金属酸化物および水酸化物の酸窒化物への転換法の開発, 片桐 清文・林 優樹・岡田 凌輝・犬丸 啓, 第67回高分子討論会, 2018年09月12日, 招待, 日本語, 高分子学会, 北海道大学
  31. 泳動電着法による微粒子集積型構造色コーティング膜の作製, 片桐 清文・上村健祐・上杉 遼・犬丸 啓・打越 哲郎・竹岡 敬和, 打越 哲郎・竹岡 敬和, 第67回高分子討論会, 2018年09月12日, 招待, 日本語, 高分子学会, 北海道大学
  32. 固体窒素源を用いた金属酸窒化物の新規合成プロセスの開発, 片上裕太・林 優樹・片桐清文・犬丸 啓, 日本セラミックス協会 第31回秋季シンポジウム, 2018年09月05日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋工業大学, etal oxynitrides are expected as novel functional materials, including photocatalysts and dielectric materials. Conventionally, metal oxynitrides are prepared under harmful NH3 flow at high temperatures. Therefore, development of a preparation procedure without using NH3 is desired. We have explored solid state compounds which can be utilized as nitriding agents. In this work, preparation of CaTaO2N by using calcium cyanamide is investigated in detail.
  33. 無機微粒子を元素ブロックとする機能性材料の創出, 片桐 清文, 日本セラミックス協会 第31回秋季シンポジウム, 2018年09月05日, 招待, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋工業大学, Inorganic particles possess a number of features which are advantageous for applications in the various fields. In this study, novel inorganic particle-based hybrid materials have been employed as element-blocks for development of novel functional materials. We have firstly developed hybrids formed with lipid-coated photon upconverting nanoparticles (UCNPs) incorporating C70 fullerene. These nanohybrids were exploited as photosensitizers for photodynamic therapy by near infrared irradiation. Next, structural color coatings are prepared by an electrophoretic deposition (EPD) of SiO2 and carbon black (CB) particles. The arrangement of particle array is controlled by varying the deposition condition. The angular dependence of the structural color is drastically changed with the arrangement of particle array. In addition, robust structurally colored coating films with high abrasion resistance were prepared by the cathodic EPD method using monodispersed SiO2 particles, black substances and Mg2+ ions.
  34. ペロブスカイト型太陽電池の電子輸送層のためのTiO2ナノ粒子の水熱合成, 國吉望月,Shahiduzzaman Md,磯村雅夫,片桐清文,小林 亮,垣花眞人,冨田 恒之, 冨田 恒之, 日本セラミックス協会 第31回秋季シンポジウム, 2018年09月05日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋工業大学
  35. 単分散SiO2粒子のカソード電着による高い耐摩擦性を有する構造色コーティング膜の作製, 上杉 遼,上村 健祐,竹岡 敬和,片桐 清文,犬丸 啓, 竹岡 敬和, 日本ゾル-ゲル学会第16回討論会, 2018年08月07日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 関西大学, Recently, we have developed the strategy for preparation of structurally colored coating films formed with array of SiO2 particles by the electrophoretic deposition (EPD) technique. However, the coating films have poor abrasion resistance. In this study, structurally colored coating films with excellent abrasion resistance were prepared by cathodic EPD method using monodispersed SiO2 particles, black substances and metal cations.
  36. Eu3+ドープ蛍光ナノ粒子–メソポーラスシリカ複合体の合成と有機配位子修飾による励起波長の長波長化, 川下 実央・片桐 清文・犬丸 啓, 日本ゾル-ゲル学会第16回討論会, 2018年08月07日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 関西大学, LaF3:Eu3+ nanoparticles (NPs) were successfully prepared as fluorescent NPs via hydrothermal process. Composites formed with these NPs and mesoporous silica (MPS) were prepared to maintain high specific surface area of NPs. Fluorescent properties of composites, especially excitation wavelength, were investigated in detail. Modification of NPs in the composites by organic ligands enables emission of red fluorescence from the composites via near-UV excitation.
  37. Zn-Ga 層状複水酸化物ナノ結晶の液相合成とGaN:ZnO固溶体への転換, 吉行 里紗・林 優樹・片桐 清文・犬丸 啓・徳留 靖明, 徳留 靖明, 日本ゾル-ゲル学会第16回討論会, 2018年08月07日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 関西大学, In this study, we have demonstrated the facile preparation of Zn-Ga LDH nanocrystals as precursors for GaN:ZnO. We have investigated the reaction conditions including the quantities of reagents, and the reaction temperature to obtain the LDH with smaller crystallite size. Liquid phase synthesis of precursor LDH provides GaN:ZnO nanocrystals with uniformity in its atomic composition of Zn and Ga in each position of the samples.
  38. Bioinspired structurally colored coating films with tunable iridescence fabricated by electrophoretic deposition of silica particles, Kiyofumi Katagiri, Kensuke Uemura, Ryo Uesugi, Kei Inumaru, Yukikazu Takeoka, 竹岡敬和, 17th International Conference on Organized Molecular Films, 2018年07月26日, 通常, 英語, NYU TANDON SCHOOL OF ENGINEERING, New York
  39. Robust Structural Color Coatings Prepared via Electrophoretic Deposition, Kiyofumi Katagiri, 日本化学会 第98春季年会 (2018), 2018年03月23日, 招待, 英語, 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス
  40. CeO2粒子集積体とSiO2の複合構造からなる高強度構造色コーティング膜, 上杉 遼,上村 健祐,片桐 清文,犬丸 啓,竹岡 敬和, 竹岡 敬和, 日本セラミックス協会 2018年年会, 2018年03月16日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 東北大学川内北キャンパス
  41. Zn-Ga 層状複水酸化物ナノ結晶の合成と尿素を用いたGaN:ZnOへの転換, 吉行 里紗,林 優樹,片桐 清文,犬丸 啓,徳留 靖明, 徳留 靖明, 日本セラミックス協会 2018年年会, 2018年03月16日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 東北大学川内北キャンパス
  42. シリカで表面被覆したTiO2粒子の分子選択的光触媒作用, 定森 早紀,國崎 佑介,片桐 清文,犬丸 啓, 日本セラミックス協会 2018年年会, 2018年03月16日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 東北大学川内北キャンパス
  43. 尿素を窒素源とするZn-Ga層状複水酸化物からGaN:ZnOへの転換反応のメカニズムの解明, 林 優樹,片桐 清文,犬丸 啓,前田 和彦,山本 梨乃,川上 望美,内山 智貴,内本 喜晴,定 尚樹,大瀧 壮,鱒渕 友治, 前田 和彦,内山 智貴,内本 喜晴,鱒渕 友治, 日本セラミックス協会 2018年年会, 2018年03月16日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 東北大学川内北キャンパス
  44. 尿素を用いたLa2Ti2O7からLaTiO2Nへの窒化反応のメカニズムの解析, 岡田 凌輝,片桐 清文,犬丸 啓,定 尚樹,大瀧 壮太,鱒渕 友治, 鱒渕 友治, 日本セラミックス協会 2018年年会, 2018年03月15日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 東北大学川内北キャンパス
  45. 耐摩擦特性を有する微粒子集積型構造色コーティング膜の泳動電着法による作製, 上村健祐,上杉 遼,竹岡敬和,打越哲郎,片桐清文,犬丸 啓, 竹岡敬和,打越哲郎, 第56回セラミックス基礎科学討論会, 2018年01月12日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会 基礎科学部会, つくば国際会議場
  46. 窒素源として尿素を前駆体に用いたLaTiO2Nの合成, 岡田 凌輝,片桐 清文,犬丸 啓, 第24回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国, 2017年12月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会 中国四国支部, 広島大学 東広島キャンパス
  47. 単分散SiO2粒子を用いたカソード型泳動電着による構造色コーティング膜の作製, 上村健祐,竹岡敬和,片桐清文,犬丸 啓, 竹岡敬和, 第24回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国, 2017年12月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会 中国四国支部, 広島大学 東広島キャンパス
  48. 層状複水酸化物を前駆体とした高品質GaN:ZnO固溶体酸窒化物の合成, 林 優樹, 片桐 清文, 犬丸 啓, 第24回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国, 2017年12月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会 中国四国支部, 広島大学 東広島キャンパス
  49. Synthesis and characterization of homogeneous (Ga1-xZnx) (N1-xOx) using layered double hydroxides and urea as precursors, Yuki Hayashi, Kiyofumi Katagiri, Kei Inumaru, The 34th International Japan-Korea Seminar on Ceramics, 2017年11月23日, 通常, 日本語, Hamamatsu, Japan
  50. 単分散シリカ粒子の泳動電着によって作製した構造色コーティング膜の発色特性と構造解析, 片桐清文,上村健祐,上杉 遼,竹岡敬和,犬丸 啓, 竹岡敬和, 第36回無機高分子研究討論会, 2017年11月10日, 通常, 日本語, 高分子学会 無機高分子研究会, 東京理科大学 神楽坂キャンパス
  51. Structural color coatings prepared via the electrophoretic deposition of monodispersed SiO2 particles, Kiyofumi Katagiri, JSPM International Conference ~ 60th Anniversary ~ (JSPMIC2017), 2017年11月08日, 招待, 英語, 粉体粉末冶金協会, 京都大学 百周年時計台記念館
  52. 水溶性チタン錯体を用いたLa2Ti2O7の水熱合成と尿素を用いたLaTiO2Nへの転換, 岡田 凌輝,片桐 清文,犬丸 啓, 第7回CSJ化学フェスタ, 2017年10月19日, 通常, 日本語, 日本化学会, タワーホール船堀
  53. 層状複水酸化物と尿素を前駆体とした (Ga1-xZnx)(N1-xOx)の合成とキャラクタリゼーション, 林 優樹, 片桐 清文, 犬丸 啓, 第7回CSJ化学フェスタ, 2017年10月18日, 通常, 日本語, 日本化学会, タワーホール船堀
  54. SiO2粒子のカソード型泳動電着による角度依存性の制御が可能な構造色コーティング, 上村健祐,竹岡敬和,片桐清文,犬丸 啓, 竹岡敬和, 第7回CSJ化学フェスタ, 2017年10月17日, 通常, 日本語, 日本化学会, タワーホール船堀
  55. Structural Color Coating Films Composed of an Amorphous Array of Silica and Carbon Black Particles by Electrophoretic Deposition, Kiyofumi Katagiri, Electrophoretic Deposition VI: Fundamentals and Applications, 2017年10月02日, 招待, 英語, Engineering Conferences International, Hotel Hyudai Gyeongju, 慶州, 韓国
  56. 単分散SiO2粒子のカソード電着によって作製した構造色コーティング膜の発色特性と構造解析, 上村健祐,上杉 遼,片桐清文,犬丸 啓,竹岡敬和,打越哲郎, 竹岡敬和,打越哲郎, 日本セラミックス協会 第30回秋季シンポジウム, 2017年09月21日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会 , 神戸大学 六甲台地区
  57. 尿素と水溶性金属錯体を前駆体に用いたペロブスカイト型酸窒化物の合成, 岡田 凌輝,片桐 清文,犬丸 啓, 日本セラミックス協会 第30回秋季シンポジウム, 2017年09月21日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会 , 神戸大学 六甲台地区
  58. Structurally Colored Coating Films Composed of Monodispersed SiO2 Particles via Electrophoretic Deposition, Kiyofumi Katagiri, Kensuke Uemura, Yuuki Tanaka, Kei Inumaru, Yukikazu Takeoka, Yukikazu Takeoka, The 19th International Sol-Gel Conference, 2017年09月04日, 通常, 英語, International Sol-Gel Society, Palais des Congrès, Liege, Belgium
  59. ポリカチオンを用いたSiO2粒子のカソード電着による構造色コーティング膜の作製, 上村健祐・竹岡敬和・片桐清文・犬丸 啓, 竹岡敬和, 日本ゾル-ゲル学会第15回討論会, 2017年08月08日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 大阪府立大学 I-Siteなんば
  60. 材料合成法としてのゾル-ゲル法 ~基礎・応用・新展開~, 片桐 清文, 日本ゾル-ゲル学会第15回討論会, 2017年08月07日, 招待, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 大阪府立大学 I-Siteなんば
  61. Arrayal of black and white particles as colorful coatings by electrophoretic deposition, Kiyofumi Katagiri, 3rd International Conference NANOAPP 2017, 2017年06月15日, 招待, 英語, Institute for Environmental Protection and Sensors Ltd., Hotel Golf, Bled, Slovenia
  62. 泳動電着法によるコロイドアモルファス型構造色コーティング, 片桐 清文・田中 祐樹・竹岡 敬和・犬丸 啓, 竹岡 敬和, 第67回コロイドおよび界面化学討論会, 2016年09月24日, 通常, 日本語, 日本化学会コロイドおよび界面化学部会, 北海道教育大学旭川校
  63. メソポーラスシリカ-SrTiO3ナノキューブ複合光触媒の合成およびCO2光還元反応, 大橋智実, 三好佑樹, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  64. 溶性プロセスによる希土類酸化物アップコンバージョン蛍光体の合成と特性評価, 小川哲志, 田村沙也佳, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  65. バイオメディカル応用のためのオレイン酸修飾ナノ粒子の合成と水分散性の付与, 杉野貴大, 坂田拓也, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本セラミックス協会2015年年会, 2015年03月19日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 岡山
  66. TiO2 とFe3O4 の複数種ナノ粒子をメソポーラスシリカで包含した複合体の合成と機能, 阿久根隆之, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本セラミックス協会2015年年会, 2015年03月19日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 岡山
  67. 交互積層法を用いた単分散SiO2-TiO2コア-シェル粒子の合成, 田中祐樹, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本セラミックス協会2015年年会, 2015年03月19日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 岡山
  68. 疎水化無機ナノ粒子@シリカ型コア-シェル粒子の形成プロセスの解析, 楢原雅也, 佐古香, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本セラミックス協会2015年年会, 2015年03月19日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 岡山
  69. 高輝度化に向けたトンネル構造を有するアップコンバージョン蛍光体の合成, 田村紗也佳, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 日本セラミックス協会2015年年会, 2015年03月18日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 岡山
  70. Nanohybrid Cluster for Photodynamic Therapy by Near Infrared Irradiation, Kiyofumi Katagiri, Isao Shimizu, Tomoki Ishida, Koji Tomita, Atsushi Ikeda, Kei Inumaru, Fourth International Conference on Multifunctional, Hybrid and Nanomaterials, 2015年03月12日, 通常, 英語, Elsevier, Sitges, Spain
  71. 近赤外光による光線力学療法のためのアップコンバージョン蛍光粒子含有ナノハイブリッドの作製と評価, 清水勇夫, 石田兼基, 池田篤志, 冨田恒之, 片桐清文, 犬丸 啓, 第53回セラミックス基礎科学討論会, 2015年01月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 京都
  72. ナノ粒子を用いたハイブリッド材料の機能開拓, 片桐清文, 第5回セラミックスの基礎学問研修会, 2014年11月20日, 招待, 日本語, 日本セラミックス協会, 岡山
  73. 交互積層法を用いたWO3-TiO2複合体の合成および光触媒特性の評価, 大橋智実, 杉本高志, 佐古 香, 片桐清文, 犬丸 啓, 第4回CSJ化学フェスタ2014, 2014年10月15日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  74. 酸化物-メソポーラスシリカ複合体による二酸化炭素還元反応, 田中祐樹, 三好佑樹, 片桐清文, 犬丸 啓, 第4回CSJ化学フェスタ2014, 2014年10月15日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  75. 水溶液プロセスによる希土類タングステン酸塩系アップコンバージョン蛍光体の探索, 田村紗也佳, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 鹿児島
  76. 複合酸化物ナノシートアップコンバージョン蛍光体の合成と応用, 髙杉壮一, 飯田陸, 冨田恒之, 片桐清文, 長田実, 垣花眞人, 日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム, 2014年09月10日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 鹿児島
  77. アルコキシド由来ゲルを前駆体に用いたTiO2高圧相の単相合成, 片桐清文, 谷口祐基, 福岡 宏, 犬丸 啓, 日本ゾル-ゲル学会第12回討論会, 2014年08月08日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, つくば
  78. Nanohybrid Materials Formed with Hydrophobized Inorganic Nanoparticles for Practical Applications, Kiyofumi Katagiri, Asian International Symposium - Colloid and Surface Chemistry -, The 94th Annual Meeting of The Chemical Society of Japan, 2014年03月28日, 招待, 英語, 日本化学会, 名古屋
  79. BNCT用含ホウ素希土類金属酸化物合成における粒径制御因子, 飯塚俊輔, 湯川寛子, 河崎 陸, 片桐清文, 冨田恒之, 切畑光統, 長崎 健, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 名古屋
  80. アップコンバージョン蛍光体をベースとするナノハイブリッドの近赤外光照射一重項酸素発生特性, 清水勇夫, 石田兼基, 片桐清文, 犬丸 啓, 冨田恒之, 池田篤志, 日本セラミックス協会2014年年会, 2014年03月18日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 横浜
  81. 近赤外領域に表面プラズモン共鳴を有するCuSナノ粒子の集積化と応用, 上中康平, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本セラミックス協会2014年年会, 2014年03月18日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 横浜
  82. 交互積層法によるWO3-TiO2複合体の合成および光触媒特性の評価, 大橋智実, 杉本高志, 佐古 香, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本セラミックス協会2014年年会, 2014年03月18日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 横浜
  83. 水溶液プロセスを用いた並列合成法による複合酸化物アップコンバージョン蛍光体の合成と評価, 田村紗也佳, 小川哲史, 成瀬則幸, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 日本セラミックス協会2014年年会, 2014年03月18日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 横浜
  84. 水溶性プロセスによるYNbO4の合成とアップコンバージョン発光特性評価, 小川哲志, 田村沙也佳, 成瀬則幸, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 日本セラミックス協会2014年年会, 2014年03月18日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 横浜
  85. ゾル-ゲル由来前駆体を用いたTiO2高圧相の合成とその光触媒活性, 谷口祐基, 片桐清文, 福岡 宏, 犬丸 啓, 日本セラミックス協会2014年年会, 2014年03月17日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 横浜
  86. メソポーラスシリカ-SrTiO3ナノキューブ複合光触媒を用いたCO2の光還元特性, 三好佑樹, 田中祐樹, 片桐清文, 犬丸 啓, 第 52回セラミックス基礎科学討論会, 2014年01月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋
  87. 液相プロセスによって合成される有機修飾希土類酸化物ナノ粒子の構造と機能, 坂田拓也, 片桐清文, 犬丸 啓, 第 52回セラミックス基礎科学討論会, 2014年01月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋
  88. ナノ粒子@シリカ型コア-シェル粒子の構造制御と特性評価, 佐古 香, 片桐清文, 犬丸 啓, 第 52回セラミックス基礎科学討論会, 2014年01月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋
  89. オレイン酸修飾ナノ粒子をコアとしたコア-シェル粒子のシェル厚の制御, 佐古 香, 片桐清文, 犬丸 啓, 第20回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国, 2013年12月20日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 岡山
  90. 均一沈殿法を用いたナノからマイクロ無機蛍光体材料の合成と形態制御, 成瀬則幸, 冨田恒之, 岩岡道夫, 片桐清文, 長﨑健, 垣花眞人, 無機マテリアル学会第127回講演会, 2013年11月14日, 通常, 日本語, 無機マテリアル学会, 山形
  91. 疎水化ITOナノ粒子とパーヒドロポリシラザンを用いた高強度赤外線カットコーティング, 片桐清文, 高畑隆一, 犬丸 啓, 第32回無機高分子研究討論会, 2013年11月07日, 通常, 日本語, 高分子学会, 東京
  92. バイオ・メディカル応用に向けた微粒子アップコンバージョン蛍光体の合成, 小川哲志, 田村紗也佳, 成瀬則幸, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 平成25年度神奈川県ものづくり技術交流会, 2013年10月24日, 通常, 日本語, 神奈川県産業技術センター, 神奈川
  93. 水溶性チタン錯体を前駆体とする多孔質酸化チタン合成プロセスの開発, 清水勇夫, 片桐清文, 犬丸 啓, 第3回CSJ化学フェスタ2013, 2013年10月23日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  94. 近赤外光照射により一重項酸素を発生するナノハイブリッドクラスター, 片桐清文, 石田兼基, 犬丸 啓, 冨田恒之, 飯塚達也, 秋山元英, 池田篤志, 第62回高分子討論会, 2013年09月13日, 招待, 日本語, 高分子学会, 金沢
  95. 水溶性プロセスによる希土類-Nb/Ta複合酸化物アップコンバージョン蛍光体の合成, 小川哲志, 田村沙也佳, 成瀬則幸, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 第29回日本セラミックス協会関東支部研究発表会, 2013年09月12日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 埼玉
  96. 様々な二酸化チタン結晶多形の合成と色素増感太陽電池への応用, 古江美和子, 冨田恒之, 下山夕貴, 功刀義人, 梅津信二郎, 垣花眞人, 第29回日本セラミックス協会関東支部研究発表会, 2013年09月11日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 埼玉
  97. 新規がん治療のためのホウ素含有蛍光ナノ融合マテリアル, 冨田恒之, 成瀬則幸, 片桐清文, 湯川寛子, 長﨑健, 日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム, 2013年09月05日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 長野
  98. 並列合成プロセスによる高輝度複合酸化物アップコンバージョン蛍光体の探索, 田村紗也佳, 成瀬則幸, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム, 2013年09月05日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 長野
  99. オレイン酸修飾希土類ホウ酸塩ナノ粒子の液相合成とキャラクタリゼーション, 坂田拓也, 片桐清文, 犬丸 啓, 冨田恒之, 佐々木善浩, 秋吉 一成, 日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム, 2013年09月04日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 長野
  100. シリカをベースとした機能性コア-シェル粒子の作製とキャラクタリゼーション, 佐古 香, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム, 2013年09月04日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 長野
  101. 並列合成プロセスによる高輝度複合酸化物アップコンバージョン蛍光体の探索, 田村紗也佳, 成瀬則幸, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム, 2013年09月04日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 長野
  102. Infrared Cut Coating films Prepared from Perhydropolysilazane and Hydrophobized ITO Nanoparticles, Kiyofumi Katagiri, Ryuichi Takabatake, Kei Inumaru, XVII International So-Gel Conference (Sol-Gel 2013), 2013年08月27日, 通常, 英語, International Sol-Gel Society, Madrid
  103. メソポーラスシリカ-SrTiO3ナノキューブ複合光触媒の合成と機能, 三好佑樹, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本ゾル-ゲル学会第11回討論会,, 2013年08月02日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 広島
  104. 水溶性チタン錯体を前駆体とする多孔質酸化チタンの低環境負荷合成法の開発, 清水勇夫, 片桐清文, 犬丸 啓, 日本ゾル-ゲル学会第11回討論会, 2013年08月02日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 広島
  105. 機能性ナノ粒子へのシリカ/脂質マルチシェル形成によるコア-シェル粒子の合成, 佐古 香, 片桐清文, 犬丸 啓,, 日本ゾル-ゲル学会第11回討論会, 2013年08月02日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 広島
  106. 有機修飾希土類ホウ酸塩ナノ粒子の作製とキャラクタリゼーション, 坂田拓也, 片桐清文, 犬丸 啓, 冨田恒之, 佐々木善浩, 秋吉一成, 日本ゾル-ゲル学会第11回討論会, 2013年08月02日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 広島
  107. 無機ナノ粒子の液相合成とハイブリッド化による機能材料への展開, 片桐清文, 日本ゾル-ゲル学会 第10回セミナー, 2013年06月07日, 招待, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 大阪
  108. Nanoparticle-based colloidal hybrids for biomedical applications, Kiyofumi Katagiri, 10th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (PACRIM 10), 2013年06月05日, 招待, 英語, The Ameeican Ceramic Society, San Diego
  109. 水熱法およびソルボサーマル法によるフッ化物アップコンバージョンナノクリスタル蛍光体の合成, 成瀬則幸, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 日本希土類学会第30回希土類討論会, 2013年05月23日, 通常, 日本語, 日本希土類学会, 福岡
  110. 希土類ドープCeO2の合成およびアップコンバージョン発光特性評価, 小川哲志, 小柳優, 成瀬則幸, 冨田恒之, 片桐清文, 垣花眞人, 日本希土類学会第30回希土類討論会, 2013年05月23日, 通常, 日本語, 日本希土類学会, 福岡
  111. 粒子集積型構造色コーティングの金属カチオンを用いた泳動電着による成膜プロセスの検討, 上杉 遼・片桐清文・上村健祐・犬丸 啓・竹岡敬和, 竹岡敬和, 第38回無機高分子研究討論会, 2019年11月08日, 通常, 日本語, 高分子学会無機高分子研究会, 東京理科大学森戸記念館(東京都新宿区)
  112. 種々の固体窒素源によるGaN:ZnOの合成と固体NMR法による構造解析, 藤井侑樹・林優樹・片桐清文・犬丸 啓・鱒渕 友治・木下 誠志・野田 泰斗・三好 亮暢・前田 和彦, 鱒渕 友治・野田 泰斗・前田 和彦, 第26回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国, 2019年12月07日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会中国四国支部, 香川大学(香川県高松市)
  113. アルコキシド由来ゲルと尿素を用いたSrTaO2N系固溶体の合成と色彩評価, 吉行里紗・岡田凌輝・片桐清文・犬丸啓, 第26回ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国, 2019年12月07日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会中国四国支部, 香川大学(香川県高松市)
  114. 複合構造を有する粒子集積型構造色コーティング膜の泳動電着法による作製とその構造発色性, 上杉 遼・樽谷直紀・片桐清文・犬丸 啓・竹岡敬和, 第58回セラミックス基礎科学討論会, 2020年01月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会基礎科学部会, ウインクあいち(愛知県名古屋市)
  115. 金属アルコキシド由来ゲルと尿素を前駆体に用いた酸窒化物系固溶体の合成と特性評価, 吉行里紗・岡田凌輝・坂田拓也・樽谷直紀・片桐清文・犬丸 啓, 第58回セラミックス基礎科学討論会, 2020年01月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会基礎科学部会, ウインクあいち(愛知県名古屋市)

受賞

  1. 2017年07月31日, 平成28年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)及び国際事業委員会書面審査員表彰, 独立行政法人日本学術振興会
  2. 2018年08月07日, 日本ゾル-ゲル学会第16回討論会ベストポスター賞, 日本ゾル-ゲル学会, Zn-Ga 層状複水酸化物ナノ結晶の液相合成とGaN:ZnO固溶体への転換

取得

  1. 特許権, 特許5515082, 2014年04月11日, 磁場応答性リポソーム及び磁場応答性薬剤放出システム

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 自己組織化を階層的に利用したナノユニット集積型複合光触媒材料の創成, 2017年04月01日, 2021年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(新学術領域研究), 層状複水酸化物を前駆体とするGaN:ZnO固溶体酸窒化物の新規合成法の開拓, 2017年04月01日, 2019年03月31日
  3. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), ロバストな構造色コーティング膜の作製プロセスの開拓, 2018年06月29日, 2021年03月31日
  4. 科学研究費助成事業(新学術領域研究), 固体窒素源による金属酸窒化物合成法の開拓 ~窒化メカニズムの解明と微細構造解析~, 2019年, 2020年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 中国四国化学と工業懇話会 運営委員会 委員, 2019年04月, 2020年03月, 中国四国化学と工業懇話会
  2. 運営委員, 2020年04月, 2022年03月, (社)高分子学会無機高分子研究会
  3. 日本ゾル-ゲル学会 理事, 2019年08月, 2020年07月, 日本ゾル-ゲル学会
  4. 行事企画委員会 委員, 2018年06月, 2019年03月, 日本セラミックス協会
  5. 日本ゾル-ゲル学会 理事, 2019年08月, 2020年07月, 日本ゾル-ゲル学会
  6. 高分子学会 無機高分子研究会 運営委員, 2019年04月, 2020年03月, 高分子学会
  7. The Board of Director, 2019年04月, 2020年03月, International Sol-Gel Society
  8. Secretariat, 2019年04月01日, 2020年03月, International Sol-Gel Society
  9. Secretariat, 2018年04月, 2019年03月, 国際ゾル-ゲル学会
  10. Secretariat, 2017年09月, 2018年03月, 国際ゾル-ゲル学会
  11. The Board of Director, 2018年04月, 2019年03月, 国際ゾル-ゲル学会
  12. The Board of Director, 2017年09月, 2018年03月, 国際ゾル-ゲル学会
  13. 行事企画委員会 委員, 2017年06月, 2018年05月, (公社)日本セラミックス協会
  14. 行事企画委員会 委員, 2018年06月, 2020年03月, (公社)日本セラミックス協会
  15. 高分子学会 無機高分子研究会 運営委員, 2018年04月, 2019年03月, (社)高分子学会
  16. 日本セラミックス協会 行事企画委員, 2010年04月, 2012年03月, 日本セラミックス協会
  17. 日本セラミックス協会 行事企画委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本セラミックス協会
  18. 文部科学省 学術調査官, 2014年08月, 2016年07月, 文部科学省研究振興局
  19. The Board of Director, 2020年04月, 2021年03月, International Sol-Gel Society
  20. 中国四国化学と工業懇話会 産学連携フォーラム世話人, 2019年04月, 2020年03月, 中国四国化学と工業懇話会

学術会議等の主催

  1. 第114回触媒討論会, 現地実行委員, 2013年04月, 2015年03月
  2. 日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム, セッションオーガナイザー, 2012年09月, 2013年09月
  3. 日本ゾル-ゲル学会 第11回討論会, 現地委員, 2012年11月, 2013年08月
  4. 日本セラミックス協会 第25回秋季シンポジウム, セッションオーガナイザー, 2011年09月, 2012年09月
  5. 日本セラミックス協会 第25回秋季シンポジウム, 現地実行委員, 2011年04月, 2012年09月
  6. 日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム・第61回高分子討論会ジョイントサテライトシンポジウム“革新的ハイブリッド材料研究討論会”, オーガナイザー代表, 2012年04月, 2012年09月
  7. International Symposium on Zeolites and MicroPorous Crystals (ZMPC2012), Local Organizing Committee, 2012年01月, 2012年12月
  8. The XVIII edition of the International Sol-Gel Conference, Local Organizing Committee, 2013年09月, 2016年03月
  9. The international Sol-Gel Conference SOLGEL 2021, International Committee, 2019年06月, 2020年12月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学第9回体験科学講座~女子高生特別コース~, 広島大学男女共同参画推進室, 2013年/03月/09日, 2013年/03月/09日, 広島大学東広島キャンパス, 講師, サイエンスカフェ, 高校生