冲中 泰Yasushi Okinaka

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科生生・食品衛生微生物学(生生支援室)准教授
ホームページ
メールアドレス
okinaka(at)hiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2007年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 准教授
  • 2004年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 助教授
  • 2002年11月01日, 2004年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 講師
  • 1999年11月01日, 2002年10月31日, 米国カリフォルニア大学, リバーサイド校, ポスドク研究員
  • 1997年04月01日, 1999年10月31日, 京都大学, 大学院農学研究科, リサーチアソシエイト
  • 1990年04月01日, 1993年03月31日, 協和発酵工業(株), 筑波研究所, 研究員

学歴

  • 北海道大学, 理学研究科, 生物科学, 日本, 1993年04月, 1997年03月
  • 北海道大学, 農学研究科, 農学, 日本, 1988年04月, 1990年03月
  • 北海道大学, 農学部, 農学科, 日本, 1984年04月, 1988年03月

学位

  • 博士(理学)(北海道大学)
  • 修士(農学)(北海道大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 水圏応用科学 / 水圏生産科学

研究キーワード

  • 宿主因子
  • 病原性
  • 魚類ウイルス
  • 魚病

所属学会

  • アメリカ微生物学会, 2002年
  • 日本ウイルス学会, 2002年
  • 日本水産学会, 2002年12月
  • 日本魚病学会, 2002年12月
  • 日本動物遺伝育種学会, 2011年

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 基礎生物学実験I
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 外書講読
  4. 2019年, 学部専門, 2ターム, 微生物学入門
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 生物生産リサーチフロント
  6. 2019年, 学部専門, 4ターム, 水族病理学
  7. 2019年, 学部専門, 集中, 海洋生物生産学実験I
  8. 2019年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  9. 2019年, 学部専門, 集中, (AIMS) Fish Production
  10. 2019年, 学部専門, 3ターム, Fish Production
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 水圏生物生産学実験実習
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 水族病原微生物学I
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 水族病原微生物学II
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品衛生微生物学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Susceptibilities of medaka (Oryzias latipes) cell lines to a betanodavirus, VIROLOGY JOURNAL, 7巻, JUL 12 2010
  2. Production of biologically active Atlantic salmon interferon in transgenic potato and rice plants, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 110巻, 2号, pp. 201-207, 2010
  3. Identification of RNA regions that determine temperature sensitivities in betanodaviruses, ARCHIVES OF VIROLOGY, 155巻, 10号, pp. 1597-1606, 43018
  4. Genetic heterogeneity of betanodaviruses in juvenile production trials of Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis (Temminck & Schlegel), JOURNAL OF FISH DISEASES, 32巻, 10号, pp. 815-823, 43017
  5. Phylogenetic Analysis of Betanodavirus RNA2 Identified from Wild Marine Fish in Oceanic Regions, FISH PATHOLOGY, 43巻, 1号, pp. 19-27, 42802
  6. Comparison among the complete genomes of the four types of betanodaviruses, Diseases of Aqucitic Organisms, 80巻, pp. 113-121, 20080707
  7. Variable region of RNA2 is sufficient to determine host specificity in betanodaviruses, Diseases of Aqucitic Organisms, 79巻, pp. 199-205, 20080508
  8. Screening of freshwater fish species for their susceptibility to a betanodavirus, Diseases of Aqucitic Organisms, 77巻, pp. 119-125, 20070914
  9. Plylogenetic analysis of betanodavirus RNA2 identified from wild marine fish in oceanic regionNi, 魚病研究, 43巻, 1号, pp. 19-27, 20070501
  10. Upper temperature limits for the multiplication of betanodaviruses., Fish Pathol., 42巻, 4号, 20071215
  11. Betanodavirus infection in the freshwater model fish medaka (Oryzias latipes)., J. Gen. Virol., 87巻, pp. 2333-2339, 20060801
  12. Development of betanodavirus infection systems in the freshwater model fish medaka (Oryzias latipes)., Innovative Technology for the Sustained Development of Fishery and Agriculture, 20061212
  13. PCR-based detection of betanodaviruses from cultured and wild marine fish with no clinical signs., J. Fish Dis., 27巻, pp. 603-608, 20041001
  14. Aquabirnavirus-induced protection of marine fish against piscine nodavirus infection., 魚病研究, 40巻, 2号, pp. 125-131, 20050601
  15. Characterization of Striped jack nervous necrosis virus subgenomic RNA3 and biological activities of its encoded protein B2, J. Gen. Virol., 86巻, pp. 2807-2816, 20050601
  16. Identification of host-specificity determinants in betanodaviruses using reassortants between striped jack nervous necrosis virus and sevenband grouper nervous necrosis virus., J. Virol., 78巻, 3号, pp. 1256-1262, 20040201