辻 敏夫Toshio Tsuji

Last Updated :2017/03/01

所属・職名
大学院工学研究院 電気電子システム数理部門 教授
ホームページ
メールアドレス
tsujibsys.hiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目4番1号大学院工学研究科A1棟523号室
TEL:082-424-7677 FAX:082-424-2387
自己紹介
1985年広島大学大学院工学研究科博士課程前期修了.同年広島大学工学部助手.1994年同助教授を経て2002年より同大学大学院工学研究科教授.現在,同大学大学院工学研究院教授.工学博士.計測自動制御学会学術奨励賞(1986),論文賞(2002, 2008),バイオメカニズム学会論文賞(1990),日本義肢装具学会論文賞(2000),日本医科械器学会論文賞(2003, 2005, 2007, 2009, 2013),日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門学術業績賞(2004),IEEE Robotics & Automation Society The K. S. Fu Memorial Best Transactions Paper Award(2004)などを受賞.人間とロボットの運動制御,生体信号解析,ニューラルネット,ヒューマン・マシンシステムなどの研究に従事.

基本情報

主な職歴

  • 1985年04月01日, 1994年04月30日, 広島大学, 工学部, 助手
  • 1994年05月01日, 2001年03月31日, 広島大学, 工学部, 助教授
  • 2002年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究科, 教授

学歴

  • 広島大学, 工学研究科, システム工学, 日本, 1982年04月, 1985年03月
  • 広島大学, 工学部, 第二類(電気系)経営工学課程, 日本, 1978年04月, 1982年03月

学位

  • 工学博士 (広島大学)
  • 工学修士 (広島大学)

教育担当

  • 工学部:第二類(電気・電子・システム・情報系), 工学研究科:システムサイバネティクス専攻, 工学研究科:システムサイバネティクス専攻

担当主専攻プログラム

  • 電気電子工学プログラム

研究分野

  • 複合領域 / 人間医工学 / 医用システム
  • 工学 / 機械工学 / 知能機械学・機械システム

研究キーワード

  • バイオミメティックシステム
  • 人間-機械系
  • 人間運動

所属学会

  • IEEE, 1989年
  • Institute of Complex Medical Engineering
  • バイオメカニズム学会, 1997年
  • 日本ロボット学会, 1988年
  • 日本人間工学会, 1984年
  • 日本機械学会, 1992年
  • 計測自動制御学会, 1982年
  • 電子情報通信学会, 1988年
  • 電気学会, 1984年

教育活動

授業担当

  1. 2016年, 学部専門, セメスター(前期), 生体システム工学
  2. 2016年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクス講究II
  3. 2016年, 博士課程・博士課程後期, 通年, システムサイバネティクス講究III
  4. 2016年, 修士課程・博士課程前期, 集中, サイバネティクス応用特論
  5. 2016年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクス講究I
  6. 2016年, 博士課程・博士課程後期, 年度, システムサイバネティクス講究III
  7. 2016年, 博士課程・博士課程後期, 通年, システムサイバネティクス講究V
  8. 2016年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクスセミナーI
  9. 2016年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクスセミナーII

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A log-linearized arterial viscoelastic model for evaluation of the carotid artery., Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc, 2013巻, pp.2591-pp.2594, 20130701
  2. Monitoring of peripheral vascular condition using a log-linearized arterial viscoelastic index during endoscopic thoracic sympathectomy, Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc, 2013巻, pp.2587-pp.2590, 20130701
  3. A Quasi-Optimal Channel Selection Method for Bioelectric Signal Classification Using a Partial Kullback-Leibler Information Measure, IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL ENGINEERING, 60巻, 3号, pp.853-pp.861, MAR 2013
  4. A novel noninvasive and simple method for assessment of endothelial function: Enclosed zone flow-mediated vasodilation (ezFMD) using an oscillation amplitude measurement, ATHEROSCLEROSIS, 229巻, 2号, pp.324-pp.330, AUG 2013
  5. Bioassay System Based on Behavioral Analysis and Bioelectric Ventilatory Signals of a Small Fish, IEEE TRANSACTIONS ON INSTRUMENTATION AND MEASUREMENT, 62巻, 12号, pp.3265-pp.3275, DEC 2013
  6. A Comparison Between the Human Sense of Smell and Neural Activity in the Olfactory Bulb of Rats, Chemical Senses, 39巻, 2号, pp.91-pp.105, 20131119
  7. Haptic rendering of needle penetration by enhancing the real force response of a base object, Haptics Symposium, IEEE, USA, pp.357-pp.360, 20140223
  8. Unloading muscle activation enhances force perception, Augmented Human 2014, ACM, Japan, pp.DOI:10.1145/2582051.2582055, 20140307
  9. Human muscular mobility ellipsoid: End-point acceleration manipulability measure in fast motion of human upper arm, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 9巻, 3号, pp.1-pp.12, 20141226
  10. Hydrodynamic characteristics of a membrane oxygenator: modeling of pressure-flow characteristics and their influence on apparent viscosity, Perfusion, 20141202
  11. Vehicle Active Steering Control System Based on Human Mechanical Impedance Properties of the Arms, IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, 15巻, 4号, pp.1758-pp.1769, 20140801
  12. A Recurrent Probabilistic Neural Network with Dimensionality Reduction Based on Time-series Discriminant Component Analysis, IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems, 99号, pp.DOI: 10.1109/TNNLS.2015.2400448, 20150219
  13. Analysis of Operational Comfort in Manual Tasks Using Human Force Manipulability Measure, IEEE Transactions on Haptics, 8巻, 1号, pp.8-pp.19, 20150301
  14. Fingertip force estimation based on the deformation of the fingertip, International Digital Human Modeling Symposium (DHM2014), pp.16, 20140520
  15. Haptic rendering of tissue stiffness by the haptic enhanced reality method, Eurohaptics 2014, 68号, 20140624
  16. Chemotaxis Simulation of Caenorhabditis Elegans Using an Active cord Mechanism in an Actual Environment, C. elegans Development, Cell Biology and Gene Expression Meeting in association with The 6th Asia-Pasific C. elegans Meeting, 198号, 20140715
  17. Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity, International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, pp.1187-pp.1189, 20140719
  18. Design of Steering Wheel characteristics based on Human Arm Mechanical Properties, Proceedings of the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.508-pp.513, 20141223
  19. Development of a Continuous Sphygmomanometer Using Electromagnetic Induction, 2014 IEEE Biomedical Circuit and System Conference Proceedings, pp.444-pp.447, 20141022
  20. Fingertip force estimation based on the deformation of the fingertip, AsiaHaptics2014, pp.A-11, 20141118
  21. Wearable pseudo-haptic interaction by using electrical muscle stimulation, AsiaHaptics2014, pp.A-14, 20141118
  22. Hydrodynamic characteristics of a membrane oxygenator: modeling of pressure-flow characteristics and their influence on apparent viscosity, PERFUSION-UK, 30巻, 6号, pp.478-pp.483, 20150901
  23. Model-Based Evaluation of Reactive Hyperemia Using Strain-Gauge Plethysmography and Log-Linearized Viscoelastic Indices, JOURNAL OF BIOMATERIALS AND TISSUE ENGINEERING, 5巻, 4号, pp.334-pp.341, 20150401
  24. A simple accurate chest-compression depth gauge using magnetic coils during cardiopulmonary resuscitation, REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 86巻, 12号, 20151201
  25. Electromyographic prosthetic hand using grasping-force-magnification mechanism with five independently driven fingers, ADVANCED ROBOTICS, 29巻, 24号, pp.1586-pp.1598, 20151005
  26. 未学習クラス推定ニューラルネットの提案と筋電義手制御への応用, 日本ロボット学会誌, 33巻, 4号, pp.275-pp.284, 20150615
  27. 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく交感神経活動の定量化と皮膚電気刺激に対する客観的疼痛評価への応用, 計測自動制御学会論文集, 51巻, 9号, pp.627-pp.633, 20151008
  28. 人間の上肢力学特性に基づく自動車ステアリングホイールの操作性解析, 日本機械学会論文集, 81巻, 831号, 20151125
  29. Head-up tilt試験を利用したパーキンソン病患者の自律神経機能診断支援法の提案, 医療機器学, 85巻, 6号, pp.569-pp.576, 20160130
  30. Development of the Bio-Remote Adaptive Human Interface with Novel Glasses-based Operation, Proceedings of 9th international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology (i-CREATe2015), pp.2.2_110, 20150811
  31. Computer Simulation of Chemotaxis in Caenorhabditis Elegans in Consideration of Whole-body Movements, SAI Intelligent Systems Conference 2015, pp.651-pp.656, 20151110
  32. A neural network model of Caenorhabditis Elegans and simulation of Chemotaxis-related Information Processing, SAI Intelligent Systems Conference 2015, pp.668-pp.673, 20151110
  33. Change over time of infants' movements based on motion analysis: Comparison with changes in General Movements and the body sway, Physiotherapy, 101巻, pp.e1388, 20150501
  34. The Bio-Remote Environmental Control System Using a Bayesian Network-based Prediction Model, Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'15), pp.1160-pp.1163, 20150825
  35. A blood viscosity estimation method based on pressure-flow characteristics of an oxygenator during cardiopulmonary bypass and its clinical application, Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'15), pp.5525-pp.5528, 20150825
  36. Haptic force augmentation on a 3D printed surgical training phantom, 50th Golden Anniversary Congress of the European Society for Surgical Research, 20150610
  37. Effort Cube: a real-time muscle effort visualization system, ADVANCES IN ROBOTICS (AIR2015), 20150702
  38. Computer simulation of neuronal signals controlling the pharyngeal pumping motion in Caenorhabditis elegans, 20th International C. elegans Meeting Full Abstracts, 20150624
  39. A Non-Gaussian Approach for Biosignal Classification Based on the Johnson SU Translation System, IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications, pp.115-pp.120, 20151106
  40. Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.1A1-102015, 20151205
  41. Influence of visual and tactile feedback on haptic sensation by muscle electric stimulation, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.1P2-072015, 20151205
  42. Human interface design method based on the estimation of muscle effort by a musculoskeletal model, IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2015), pp.480-pp.485, 20151010

著書等出版物

  1. 2005年, 新版ロボット工学ハンドブック , コロナ社, 2005年, 単行本(学術書), 共編著
  2. 2014年12月01日, Handbook of Research on Advancements in Robotics and Mechatronics, EMG-based control of a multi-joint robot for operating a glovebox, IGI Global, 2014年, 12, 単行本(学術書), 共著, 英語, 9781466673878, 993, 36-52, Chapter 3
  3. 2015年06月30日, Haptic Interaction: Perception, Devices and Applications, Wearable Pseudo-Haptic Interaction by Using Electrical Muscle Stimulation, Springer Japan, 2015年, 06, 単行本(学術書), 共著, 英語, Takaaki Ishikawa, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, 978-4-431-55690-9_25, 319, 135-140
  4. 2015年06月30日, Haptic Interaction: Perception, Devices and Applications, Fingertip Force Estimation Based on the Deformation of the Fingertip, Springer Japan, 2015年, 06, 単行本(学術書), 共著, 英語, Akihito Kibita, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, 978-4-431-55690-9_39, 319, 201-205

受賞

  1. 1987年02月, 計測自動制御学会学術奨励賞, 計測自動制御学会, 筋運動制御系のインピーダンス調節機構と手先操作性
  2. 1991年02月, バイオメカニズム学会論文賞, バイオメカニズム学会, 三次元運動解析システムと束縛動作への応用
  3. 2000年04月, "Best Manipulation Paper Award, IEEE International Conference on Robotics and Automation", IEEE International Conference on Robotics and Automation, Manipulation of enveloping familyに関する研究
  4. 2000年10月, 日本義肢装具学会第2回土屋和夫論文賞, 日本義肢装具学会, 体内力源能動義肢ハンドの開発
  5. 2002年08月, 計測自動制御学会論文賞, 計測自動制御学会, 仮想キャッチング作業に対する人間の作業準備インピーダンスの解析
  6. 2003年05月, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門 ベストプレゼンテーション表彰, 日本機械学会, 人間のインピーダンス知覚能力の解析
  7. 2003年06月, 日本医科器械学会平成15年度論文賞, 日本医科器械学会, ヒトの運動解析に基づく義手に関する研究
  8. 2004年04月, IEEE 2003 King-Sun Fu Memorial Best Transactions Paper Award, President of IEEE Robotics and Automation Society, A Human-Assisting Manipulator Teleoperated by EMG Signals and Arm Motions
  9. 2005年03月, 日本人間工学会中国・四国支部優秀論文賞(2005), 日本人間工学会中国・四国支部長, 血管状態診断支援システムの開発
  10. 2004年10月, Finalist for Best Conference Paper Award in 2003 IEEE, International Conference on Roboitcs and Automation, Touching Stomach by Air
  11. 2004年11月, ロボティクス・メカトロニクス部門学術業績賞, 日本機械学会, ヒトのインピーダンス特性の解明とそのロボット制御への応用
  12. 2005年10月, 生体医工学シンポジウム2005ベストリサーチアワード, 人工心臓用空心型経皮エネルギー伝送システム-体外情報による出力電圧の安定化制御-
  13. 2005年09月, "13th International Congress of the European Association for Endoscopic Surgery (EAES),Best Poster Award", Outcome Prediction for Endoscopic Thoracic Sympathetic Block using a Neural Network Judgement Assessing Vascular System Status
  14. 2005年04月, 日本医科器械学会平成16年度論文賞(2005), EMG信号を利用した食事支援マニピュレータの制御
  15. 2006年09月, 日本放射線影響学会優秀論文発表賞, 日本放射線影響学会第49回学術大会会長, 線虫のfood-NaCl連合学習に対するγ線照射効果
  16. 2006年10月, グッドデザイン賞, グッドデザイン賞審議委員会, サイバネティック・インタフェース:バイオリモート
  17. 2007年04月, 日本人間工学会中国・四国支部優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部長, 非接触筋電計を用いた電動車椅子の制御
  18. 2007年06月, 計測自動制御学会SI2006優秀講演賞, 計測自動制御学会, 人間-機械系の等価インピーダンス特性解析システム
  19. 2007年07月, 日本医科器械学会平成18年度論文賞, 確率ニューラルネットを利用したオンライン血液循環状態診断支援システムの開発
  20. 2008年10月, 日本人間工学会中国・四国支部優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部長
  21. 2008年08月, 計測自動制御学会論文賞友田賞, 計測自動制御学会
  22. 2009年05月15日, 日本医療機器学会平成20年度論文賞, 日本医療機器学会, 磁気センサを利用した指タップ運動機能評価システムに関する研究内容を学術論文として投稿した結果、その研究内容および新規性・有用性が高く評価され、今後の日本医療機器学会の発展に寄与するものとして評価
  23. 2011年03月31日, 中国・四国支部優秀論文賞, 日本人間工学会, 「疲労度モニタリングシステムを有する自動車用シートの開発」
  24. 2012年03月31日, 第44回日本人間工学会中国・四国支部大会・第32回日本人間工学会九州・沖縄支部大会合同支部大会 優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部長
  25. 2013年03月31日, 日本人間工学会中国・四国支部 優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部支部長
  26. 2012年10月04日, 日本味と匂学会 論文賞, 日本味と匂学会会長
  27. 2012年07月03日, The 2012 International Conference on Complex Medical Engineering Best Student Paper Finalist, Conference Chair, Institute of Complex Medical Engineering , Conference Chair, Institute of Complex Medical Engineering
  28. 2013年06月07日, 日本医療機器学会平成24年度論文賞, 一般社団法人日本医療機器学会理事長
  29. 2014年03月31日, 日本人間工学会中国・四国支部優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部支部長
  30. 日本人間工学会中国・四国支部優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部
  31. 計測自動制御学会論文賞, 計測自動制御学会
  32. 2015年12月16日, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015優秀講演賞, 第16回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長 プログラム委員長 表彰委員長
  33. 2015年12月07日, Honorable Mention International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM) 2015, ICAM2015 General Chair
  34. 2015年12月16日, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015優秀講演賞, 第16回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長 プログラム委員長 表彰委員長

取得

  1. 特許権, 特許3816762, 2006年06月16日, ニューラルネットワーク、ニューラルネットワークシステム及びニューラルネットワーク処理プログラム
  2. 特許権, 特許4590630, 2010年09月24日, 血管壁モニタリング装置、制御プログラム、プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
  3. 特許権, 特許4815594, 2011年09月09日, 演奏インターフェース
  4. 特許権, 特許4830097, 2011年09月30日, 血管状態測定装置、制御プログラム、記録媒体
  5. 特許権, 特許4923256, 2012年02月17日, 知覚特性測定システム
  6. 特許権, 特許4934813, 2012年03月02日, 入力情報処理装置、入力情報処理方法、入力情報処理プログラムおよびこれを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
  7. 特許権, 特許4941659, 2012年03月09日, 車両用操作反力制御装置
  8. 特許権, 特許4992145, 2012年05月18日, 血管壁モニタリング装置、血管壁モニタリング用プログラム及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体
  9. 特許権, 特許5062809, 2012年08月17日, 血管壁インピーダンス推定装置
  10. 特許権, 特許5288375, 2013年06月14日, 印加力推定装置及び方法
  11. 特許権, 特許5363795, 2013年09月13日, 血管内皮機能評価装置及び血管内皮機能評価方法
  12. 特許権, 特許5399832, 2013年11月01日, 血管内皮機能評価装置
  13. 特許権, 特許5476546, 2014年02月21日, 腹部大動脈瘤検出装置
  14. 特許権, 特許4055477, 2007年12月21日, ドア操作性評価のためのシミュレーション装置、シミュレーション方法及び制御プログラム
  15. 特許権, 特許4110247, 2008年04月18日, 生体信号を利用した人工発声装置及び方法
  16. 特許権, 2010年09月24日, 血管壁モニタリング装置,制御プログラム,プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
  17. 特許権, 生体信号を利用した作業支援マニピュレータシステ ム
  18. 特許権, 特許4078419, 2008年02月15日, ポインティングデバイス
  19. 特許権, 生体信号を利用したfMRI環境用仮想運動装置及び方法並びにプログラム
  20. 特許権, 3699996, 2005年07月22日, 生体信号を利用したリモートコントローラ
  21. 特許権, U. S. Patent No. 8,574,173, 2013年11月05日, Motor Function Estimating System, Motor Function Estimating Method And Program
  22. 特許権, US 8,814,801 B2, 2014年08月26日, VESSEL WALL MONITORING APPARATUS
  23. 特許権, 8827911, 2014年09月09日, 血管内皮機能評価装置及び血管内皮機能評価方法
  24. 特許権, 8814801, 2014年08月26日, 血管壁モニタリング装置、血管壁モニタリング用プログラム及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体
  25. 9161695, 2015年10月20日, 血管内皮機能評価装置

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本ロボット学会論文賞選考小委員会委員, 2014年04月, 2016年03月, 一般社団法人 日本ロボット学会
  2. 評議員, 2014年05月, 2016年03月, バイオメカニズム学会