櫻井 里穂RIHO SAKURAI

Last Updated :2019/07/01

所属・職名
教育開発国際協力研究センター 教育開発国際協力研究センター 准教授
ホームページ
メールアドレス
rihohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目5番1号 IDEC Building604
TEL:082-424-7111
自己紹介
比較教育学・教育政策・教育開発

基本情報

主な職歴

  • 1995年04月, 1998年03月, (在メキシコ)日本人学校, 教諭
  • 2005年09月, 2007年03月, (在フランス)国連教育科学文化機関(ユネスコ), インターン・コンサルタント/コンサルタント
  • 2007年10月, 2009年03月, 京都大学, 教育学研究科グローバルCOE「心が活きる教育のための国際的拠点」 , ポスドク研究員
  • 2009年04月01日, 広島大学, 教育開発国際協力研究センター, 准教授

学歴

  • ペンシルバニア州立大学, 大学院教育理論政策学, 比較国際教育学専攻博士課程, アメリカ合衆国, 2000年09月, 2005年08月
  • スタンフォード大学, 教育学研究科, 国際比較教育学専攻修士課程, アメリカ合衆国, 1999年09月, 2000年08月
  • 津田塾大学, 学芸学部, 英文学科, 日本, 1991年04月, 1995年03月

学位

  • 博士(教育理論政策学・国際比較教育学) (ペンシルバニア州立大学)
  • 修士(国際関係学) (早稲田大学)
  • 修士(国際比較教育学) (スタンフォード大学)

研究分野

  • 社会科学 / 教育学 / 教育社会学

研究キーワード

  • 子どもの自尊心
  • インクルーシブ教育政策
  • 学校調査
  • 子どもの労働
  • 国際比較調査

所属学会

  • 比較国際教育学会
  • 日本比較教育学会
  • 日本教育社会学会
  • 日本教育学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 集中, ダイバーシティの理解
  2. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎教育開発論
  3. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 教育開発国際協力論演習
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 教育開発国際協力論演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Child labour and education, UNESCO Global Monitoring Report Background Paper
  2. Recognizing a Problem: The Impact of Global Politics on Child , International Journal of Education Policy, Research and Practice, 2巻, 3号, pp.267-pp.286, 200110
  3. 2. 中学生の生活満足度について : 日本の一地方都市の事例から(II-9部会 【一般部会】中高生,研究発表II), 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 64号, pp.162-pp.163, 2012
  4. 子どもの「自尊心」から解くいじめ・学校教育への示唆(IV-8部会 学校の内部過程,研究発表IV), 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 66号, pp.456-pp.457, 2014
  5. 幸福感の国際比較研究:―13カ国のデータ―, 心理学評論, 55巻, 1号, pp.70-pp.89, 2012
  6. インクルーシブ教育の理念を再考ーサラマンカ宣言の精神に関連してーブータンと日本の小・中学校調査から―, 福祉労働, 162巻, Spring 2019号, pp.151-pp.160, 201903
  7. Impacts of Reent Education Reforms i Japan: VOices from Junior High Schools in Japan, Journal of International Cooperation in Education, 18巻, 2号, pp.55-pp.65, 20161001
  8. Challenges for implementing Inclusive Education in Bhutan, Journal of International Cooperation in Education, 19巻, 2号, pp.71-pp.81, 20171001
  9. Preserving National Identity and Fostering Happiness in an Era of Globalization: A Comparative Exploration of Values and Moral Education in Bhutan and Japan, Journal of International Cooperation in Education, Vol.14巻, No.2号, pp.169-pp.188, 201110
  10. 働く小学生の自尊心に関する一考察 ―ケニア都市部の事例から―, 国際教育協力論集, 15巻, 1号, pp.105-pp.116, 201204
  11. ブータンにおける青少年の生活満足度に関する一考察 ―働きながら学校に通う子どもの自尊心に注目して―, 国際教育協力論集, 12巻, 2号, pp.143-pp.153, 200910

著書等出版物

  1. 2009年, 児童労働と義務教育--メキシコおよびペルーの事例より, 京都大学大学院教育学研究科紀要 / 京都大学大学院教育学研究科 [編], 杉本 均;櫻井 里穂;工藤 瞳
  2. 2012年04月, 働く小学生の自尊心に関する一考察 : ケニア都市部の事例から, 国際教育協力論集 / 広島大学教育開発国際協力研究センター 編, 櫻井 里穂
  3. 2009年10月, ブータンにおける青少年の生活満足度に関する一考察--働きながら学校に通う子どもの自尊心に注目して, 国際教育協力論集 / 広島大学教育開発国際協力研究センター 編, 櫻井 里穂
  4. 2012年, 幸福感の国際比較研究:―13カ国のデータ―, 心理学評論, 子安 増生;楠見 孝;de Carvalho Filho Moisés Kirk;橋本 京子;藤田 和生;鈴木 晶子;大山 泰宏;Becker Carl;内田 由紀子;Dalsky David;Mattig Ruprecht;櫻井 里穂;小島 隆次
  5. 2012年10月25日, 2. 中学生の生活満足度について : 日本の一地方都市の事例から(II-9部会 【一般部会】中高生,研究発表II), 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 櫻井 里穂
  6. 2014年09月01日, 子どもの「自尊心」から解くいじめ・学校教育への示唆(IV-8部会 学校の内部過程,研究発表IV), 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 櫻井 里穂
  7. 2009年03月31日, 児童労働と義務教育 : メキシコおよびペルーの事例より, 京都大学大学院教育学研究科紀要, 京都大学大学院教育学研究科, 杉本, 均;櫻井, 里穂;工藤, 瞳
  8. 2009年10月31日, ブータンにおける青少年の生活満足度に関する一考察 : 働きながら学校に通う子どもの自尊心に注目して, 国際教育協力論集, 広島大学教育開発国際協力研究センター, 櫻井, 里穂
  9. 2012年04月30日, 働く小学生の自尊心に関する一考察 : ケニア都市部の事例から, 国際教育協力論集, 広島大学教育開発国際協力研究センター, 櫻井, 里穂
  10. 2009年10月, 編集後記, 国際教育協力論集, 広島大学, 櫻井里穂
  11. 2012年04月30日, 働く小学生の自尊心に関する一考察 : ケニア都市部の事例から, 国際教育協力論集, 広島大学, 櫻井里穂
  12. 2009年10月, ブータンにおける青少年の生活満足度に関する一考察 : 働きながら学校に通う子どもの自尊心に注目して, 国際教育協力論集, 広島大学, 櫻井里穂
  13. 2012年10月25日, 2. 中学生の生活満足度について : 日本の一地方都市の事例から(II-9部会 【一般部会】中高生,研究発表II), 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 不明, 櫻井,里穂
  14. 2014年09月01日, 子どもの「自尊心」から解くいじめ・学校教育への示唆(IV-8部会 学校の内部過程,研究発表IV), 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 不明, 櫻井,里穂
  15. 2012年, テキスト国際開発論 : 貧困をなくすミレニアム開発目標へのアプローチ, ミネルヴァ書, 勝間靖編著, 9784623061396

社会活動

学術会議等の主催

  1. 国際教育協力日本フォーラム, 総合司会, 2012年02月, 2017年02月
  2. ブータン、日本、ドイツにおけるインクルーシブ教育に関する国際セミナー, 2014年10月, 2014年10月
  3. アフリカアジア大学間会議, 2010年06月, 2017年06月