林 利憲TOSHINORI HAYASHI

Last Updated :2020/08/03

所属・職名
両生類研究センター 教授
メールアドレス
toshih2hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
 有尾両生類に属するイモリは、極めて強い再生能力を持っています。彼らは四肢や尾、顎に加えて、角膜や網膜、脊髄、さらには脳や心臓までも再生することができます。これに対して私たちヒトやマウスの再生能力は極めて限定的です。同じ脊椎動物(背骨のある動物)でありながら、どうしてこのような大きな違いが生じるのでしょうか?  私たちは繁殖力に優れたスペイン原産のイベリアトゲイモリをモデルとして、この器官再生の機構、すなわち再生を可能とする仕組みと再生ができない原因を明らかにする研究に取り組んでいます。  また、国内外の研究者がイベリアトゲイモリを利用できるように、本種をリソース化するための研究や活動も行っています。

基本情報

学位

  • 修士(理学) (名古屋大学)
  • 博士(理学) (名古屋大学)

教育担当

  • 【学士課程】 理学部 : 生物科学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 発生生物学

研究キーワード

  • 再生生物学、器官再生、ゲノム編集、モデル生物、イベリアトゲイモリ

所属学会

  • 日本発生生物学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 1ターム, 生物の世界[1生]
  2. 2020年, 教養教育, 3ターム, 生物学入門
  3. 2020年, 教養教育, 3ターム, 両生類から見た生命システム
  4. 2020年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  5. 2020年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  6. 2020年, 学部専門, 1ターム, 再生生物学
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  8. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  9. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 両生類生物学演習
  10. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, セルダイナミクス・ゲノミクス学特論
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  13. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, ゲノム機能学概論
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 疾患モデル生物概論
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命医科学特別演習A
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命医科学特別演習A
  19. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学特別演習B
  20. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命医科学特別演習B
  21. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命医科学特別研究
  22. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  23. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Insights regarding skin regeneration in non-amniote vertebrates: Skin regeneration without scar formation and potential step-up to a higher level of regeneration, Seminars in Cell & Developmental Biology, 2019
  2. Advanced microinjection protocol for gene manipulation using the model newt Pleurodeles waltl, INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 63巻, 6-7号, pp. 281-286, 2019
  3. A comprehensive reference transcriptome resource for the Iberian ribbed newt Pleurodeles waltl, an emerging model for developmental and regeneration biology., DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes, 26巻, 3号, pp. 217-229, 2019
  4. Newts can normalize duplicated proximal-distal disorder during limb regeneration., Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists, 247巻, 12号, pp. 1276-1285, 2018
  5. Cas9 ribonucleoprotein complex allows direct and rapid analysis of coding and noncoding regions of target genes in Pleurodeles waltl development and regeneration., Developmental biology, 443巻, 2号, pp. 127-136, 2018
  6. Effects of cadmium exposure on Iberian ribbed newt (Pleurodeles waltl) testes., Journal of toxicologic pathology, 30巻, 4号, pp. 345-350, 2017
  7. Application of local gene induction by infrared laser-mediated microscope and temperature stimulator to amphibian regeneration study., Development, growth & differentiation, 57巻, 9号, pp. 601-613, 2015
  8. Transcription activator-like effector nucleases efficiently disrupt the target gene in Iberian ribbed newts (Pleurodeles waltl), an experimental model animal for regeneration., Development, growth & differentiation, 56巻, 1号, pp. 115-121, 2014
  9. Histone H3 lysine 9 methyltransferases, G9a and GLP are essential for cardiac morphogenesis., Mechanisms of development, 130巻, 11-12号, pp. 519-531, 2013
  10. Molecular genetic system for regenerative studies using newts., Development, growth & differentiation, 55巻, 2号, pp. 229-236, 2013
  11. Cell cycle regulation in mouse heart during embryonic and postnatal stages., Development, growth & differentiation, 54巻, 8号, pp. 731-738, 2012
  12. Notch prosensory effects in the Mammalian cochlea are partially mediated by Fgf20., The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 32巻, 37号, pp. 12876-12884, 2012
  13. Dynamic expression of Lgr5, a Wnt target gene, in the developing and mature mouse cochlea., Journal of the Association for Research in Otolaryngology : JARO, 12巻, 4号, pp. 455-469, 2011
  14. A method for stabilizing RNA for transfection that allows control of expression duration., Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists, 239巻, 7号, pp. 2034-2040, 2010
  15. Expression patterns of FGF receptors in the developing mammalian cochlea., Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists, 239巻, 3号, pp. 1019-1026, 2010
  16. Acheate-scute like 1 (Ascl1) is required for normal delta-like (Dll) gene expression and notch signaling during retinal development., Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists, 238巻, 9号, pp. 2163-2178, 2009
  17. Usher syndrome IIIA gene clarin-1 is essential for hair cell function and associated neural activation., Human molecular genetics, 18巻, 15号, pp. 2748-2760, 2009
  18. CLRN1 is nonessential in the mouse retina but is required for cochlear hair cell development., PLoS genetics, 5巻, 8号, pp. e1000607, 2009
  19. Fgf20 is required for sensory epithelial specification in the developing cochlea., The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 28巻, 23号, pp. 5991-5999, 2008

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 新規モデル両生類イベリアトゲイモリの精子凍結保存法の開発, 林 利憲, 土井 香菜子、平良 和夏子、竹内 隆, Cryopreservation conference 2019, 2019年11月19日, 通常, 日本語, 基礎生物学研究所IBBPセンター, 茨城県つくば市・文部科学省研究交流センター

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科研費 新学術領域研究(研究領域提案型), イモリの分子遺伝学実験系を駆使した再生原理の解明, 2013年04月01日, 2016年03月31日
  2. 科研費 若手研究(B), 細胞系譜の特定と遺伝子機能の解析に基づいた、イモリ心筋再生様式の解明, 2013年04月01日, 2016年03月31日
  3. 科研費 新学術領域研究(研究領域提案型), 精巣の新生をも可能にするイモリPGCの運命決定とその維持機構, 2016年04月01日, 2018年03月31日
  4. 科研費 基盤研究(C), イモリとマウス心臓の再生能力を規定するシグナルと心筋細胞の応答能の解明, 2016年04月01日, 2020年03月31日
  5. 科研費 基盤研究(C), 精巣の再生を可能にするシグナルと幹細胞システムの解明, 2019年04月01日, 2022年03月31日
  6. 住友財団基礎科学研究助成, 2019年11月01日, 2020年10月31日
  7. 内藤記念科学奨励金・研究助成, 2019年12月01日, 2020年11月30日
  8. 住友財団・基礎科学研究助成, 2019年12月00日, 2020年11月30日

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 日本動物学会特別企画, 動物学広場, 日本動物学会, 2019年/09月/14日, 2019年/09月/14日, 大阪府大阪市・大阪市立大学杉本キャンパス, 運営参加・支援, その他, 高校生