外丸祐介YusukeSotomaru

Last Updated :2019/10/01

所属・職名
自然科学研究支援開発センター生命科学実験部門(霞)教授
ホームページ
メールアドレス
sotomaruhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 霞動物実験施設305室
TEL:082-257-5106
自己紹介
実験動物・家畜等の哺乳動物における生殖工学・発生工学分野の研究、特に顕微操作技術を用いたクローン動物の作出と初期胚発生機構の解明を専門とする。

基本情報

主な職歴

  • 1995年04月01日, 1996年03月30日, 日本クレア(株), (財)実験動物中央研究所凍結保存センター
  • 1998年04月01日, 1999年03月31日, 近畿大学, 動物発生工学研究所, 助手
  • 2001年04月01日, 2004年03月31日, (財)実験動物中央研究所, 飼育技術研究室, 研究員
  • 2004年04月01日, 2005年02月15日, (財)実験動物中央研究所, 生殖研究室, 室長
  • 2005年02月16日, 2007年03月31日, 広島大学, 自然科学研究支援開発センター, 助教授
  • 2007年04月01日, 2011年03月31日, 広島大学, 自然科学研究支援開発センター, 准教授
  • 2011年04月01日, 広島大学, 自然科学研究支援開発センター, 教授
  • 2013年04月01日, 広島大学, (併)自然科学研究支援開発センター副センター長

学歴

  • 近畿大学, 農学系研究科, 畜産学, 日本, 1996年04月, 1998年03月
  • 東京農業大学, 農学研究科, 畜産学, 日本, 1991年04月, 1993年03月
  • 東京農業大学, 農学部, 畜産学科, 日本, 1987年04月, 1991年03月

学位

  • 博士(生物環境調節学)(東京農業大学)
  • 修士(畜産学)(東京農業大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム

研究分野

  • 総合生物 / 実験動物学 / 実験動物学

研究キーワード

  • 生殖工学
  • 核移植
  • 哺乳動物

所属学会

  • 日本分子生物学会, 2000年04月
  • 日本実験動物学会, 2001年04月
  • 日本畜産学会, 1992年04月
  • 日本繁殖生物学会, 1992年04月
  • 日本実験動物技術者協会, 2018年
  • 日本卵子学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 研究方法概論
  2. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 研究方法概論
  3. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 研究方法概論
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 研究方法概論
  5. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  6. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  7. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  16. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 研究方法論B
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 研究方法論A
  19. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生命科学特別演習
  20. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生命科学特別演習
  21. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生命科学特別研究
  22. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. XY oocytes of sex-reversed females with a Sry mutation deviate from the normal developmental process beyond the mitotic stage., Biol Reprod., 201810
  2. The Role of Cysteine String Protein alpha Phosphorylation at Serine 10 and 34 by Protein Kinase C gamma for Presynaptic Maintenance, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 38巻, 2号, pp. 278-290, 20180110
  3. Quality of common marmoset (Callithrix jacchus) oocytes collected after ovarian stimulation, THERIOGENOLOGY, 106巻, pp. 221-226, 20180115
  4. Transgenic mice specifically expressing amphiregulin in white adipose tissue showed less adipose tissue mass, GENES TO CELLS, 23巻, 3号, pp. 136-145, 201803
  5. Overexpression of microRNAs from the Gtl2-Rian locus contributes to postnatal death in mice, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 26巻, 19号, pp. 3653-3662, 20171001
  6. KRAS mutation leads to decreased expression of regulator of calcineurin 2, resulting in tumor proliferation in colorectal cancer, ONCOGENESIS, 5巻, 201608
  7. Transcriptional regulator Bhlhe40 works as a cofactor of T-bet in the regulation of IFN-gamma production in iNKT cells, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 113巻, 24号, pp. E3394-E3402, 20160614
  8. Gasdermin C Is Upregulated by Inactivation of Transforming Growth Factor beta Receptor Type II in the Presence of Mutated Apc, Promoting Colorectal Cancer Proliferation, PLOS ONE, 11巻, 11号, 20161111
  9. Chlorinated Water Modulates the Development of Colorectal Tumors with Chromosomal Instability and Gut Microbiota in Apc-Deficient Mice, PLOS ONE, 10巻, 7号, 20150717
  10. Dynamics of genomic 5-hydroxymethylcytosine during mouse oocyte growth, GENES TO CELLS, 19巻, 8号, pp. 629-636, 201408
  11. Developmental expression of GPR3 in rodent cerebellar granule neurons is associated with cell survival and protects neurons from various apoptotic stimuli, NEUROBIOLOGY OF DISEASE, 68巻, pp. 215-227, 201408
  12. A study on cryoprotectant solution suitable for vitrification of rat two-cell stage embryos, CRYOBIOLOGY, 68巻, 1号, pp. 147-151, 201402
  13. Characterization of common marmoset (Callithrix jacchus) bone marrow-derived mesenchymal stem cells, FOLIA HISTOCHEMICA ET CYTOBIOLOGICA, 51巻, 4号, pp. 292-299, 2013
  14. Long-term serial cultivation of mouse induced pluripotent stem cells in serum-free and feeder-free defined medium, INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 57巻, 9-10号, pp. 715-724, 2013
  15. Development of Lymphoproliferative Diseases by Hypoxia Inducible Factor-1alpha Is Associated with Prolonged Lymphocyte Survival, PLOS ONE, 8巻, 4号, 20130412
  16. Establishment of ES Cells from Inbred Strain Mice by Dual Inhibition (2i), JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 58巻, 1号, pp. 77-83, 201202
  17. Contribution of Intragenic DNA Methylation in Mouse Gametic DNA Methylomes to Establish Oocyte-Specific Heritable Marks, PLOS GENETICS, 8巻, 1号, 201201
  18. Neoplastic transformation by TERT in FGF-2-expanded human mesenchymal stem cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 39巻, 1号, pp. 5-11, 201107
  19. Gene Targeting and Subsequent Site-Specific Transgenesis at the beta-actin (ACTB) Locus in Common Marmoset Embryonic Stem Cells, STEM CELLS AND DEVELOPMENT, 20巻, 9号, pp. 1588-1600, 201109
  20. Incisor Enamel Formation is Impaired in Transgenic Rats Overexpressing the Type III NaPi Transporter Slc20a1, CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL, 89巻, 3号, pp. 192-202, 201109
  21. Identification of Inappropriately Reprogrammed Genes by Large-Scale Transcriptome Analysis of Individual Cloned Mouse Blastocysts, PLOS ONE, 5巻, 6号, 20100630
  22. Over-expression of Runx1 transcription factor impairs the development of thymocytes from the double-negative to double-positive stages., Immunology. 2010 Jun;130(2):243-53. doi: 10.1111/j.1365-2567.2009.03230.x. Epub 2010 Jan 19, 130巻, 2号, pp. 243-253, 20100119
  23. Preimplantation Development of Somatic Cell Cloned Embryos in the Common Marmoset (Callithrix jacchus), CLONING AND STEM CELLS, 11巻, 4号, pp. 575-583, 200912
  24. Deletion of Gtl2, imprinted non-coding RNA, with its differentially methylated region induces lethal parent-origin-dependent defects in mice, HUMAN MOLECULAR GENETICS, 18巻, 10号, pp. 1879-1888, 20090515
  25. Developmental Ability of Trophoblast Stem Cells in Uniparental Mouse Embryos, PLACENTA, 30巻, 5号, pp. 448-456, 200905
  26. Identification of the mouse paternally expressed imprinted gene Zdbf2 on chromosome 1 and its imprinted human homolog ZDBF2 on chromosome 2, GENOMICS, 93巻, 5号, pp. 461-472, 200905
  27. Generation of transgenic non-human primates with germline transmission, NATURE, 459巻, 7246号, pp. 523-U50, 20090528
  28. Protocol for the production of viable bimaternal mouse embryos, NATURE PROTOCOLS, 3巻, 2号, pp. 197-209, 2008
  29. Exploration of the genes responsible for unlimited proliferation of immortalized lung fibroblasts, EXPERIMENTAL LUNG RESEARCH, 34巻, 7号, pp. 373-390, 2008
  30. Identification of genes aberrantly expressed in mouse embryonic stem cell-cloned blastocysts, BIOLOGY OF REPRODUCTION, 78巻, 4号, pp. 568-576, 200804

著書等出版物

  1. 2018年10月31日, マーモセットラボマニュアル はじめての取扱いから研究最前線まで, 発生工学, アドスリー, 2018年, 10, 単行本(一般書), 共著, 978-4-904419-78-6, 166-175
  2. 2010年03月10日, こころの働きと病・覚醒剤-2007~2009世界脳週間の講演より-, 脳研究に応用される遺伝子改変動物の作り方―マウスの行動から脳の機能を探る―, 株式会社 クバプロ, 2010年, 3, 単行本(一般書), 共著, 978-4-87805-107-4, 125-142
  3. 2001年11月01日, 幹細胞・クローン研究プロトコール 中辻憲夫編, 卵母細胞の核移植, 羊土社, 2001年, 1, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 4-89706-935-1, 231-239

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ニホンザル体外受精卵のガラス化保存と冷蔵保存について, 外丸祐介, 外丸祐介, 江藤智生,信清麻子, 畠山照彦,兼子明久,宮部貴子,岡本宗裕., Cryopreservation Conference 2018, 2018年10月25日, 通常, 日本語, Cryopreservation Conference, 岡崎
  2. サル類における基盤的発生工学技術との凍結保存技術について, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、岡本宗裕, 第7回日本マーモセット研究会大会, 2018年01月16日, 招待, 日本語, 日本マーモセット研究会, 京都
  3. サル類の体外培養系受精卵の作製について, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、岡本宗裕, 第35回動物生殖工学研究会(2017.12.2、川崎)(口頭), 2017年12月02日, 通常, 日本語, 動物生殖工学研究会, 川崎
  4. A mutation of the spinocerebellar ataxia gene CACNA1G induces cerebellar Purkinje cell death and ataxia in mice., Y. Matsuda, Y. Matsuda, H. Morino, T. Kurashige, T. Matsuoka, Y. Sotomaru, K. Hashimoto, and H. Kawakami., SFN2017, 2017年11月11日, 通常, 英語, 北米神経科学学会, Washington, DC, USA
  5. サル類における体外培養系受精卵の作製について., 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子, 第51回日本実験動物技術者協会総会, 2017年10月13日, 招待, 日本語, 日本実験動物技術者協会総会, 山形
  6. Parental origin-derived primary memories are erased in Zfp57-deficient embryonic stem cells., Keisuke Sasaki, Keisuke Sasaki, Ai Nakajima, Kanako Morohaku, Yuta Asamura, Yusuke Sotomaru, Tomohiro Kono, Yayoi Obata., WCRB2017, 2017年09月28日, 通常, 英語, 日本繁殖生物学会, 宜野湾
  7. Techniques for creating genetically identical animalsin the non-human primates., Yusuke Sotomaru, 2017 Asia-Oceania Regional Meeting for Marmoset Research, 2017年03月16日, 招待, 英語
  8. 様々な核の組合せにより作製したマーモセット4倍体胚の発生能について, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、吉岡みゆき、畠山照彦、黒滝陽子、平川玲子、佐々木えりか, 第6回日本マーモセット研究会大会, 2016年12月12日, 通常, 日本語, 日本マーモセット研究会大会, 東京
  9. Potineurin, a causative gene of amyotrophic lateral sclerosis, is involved in interferon beta production., Fukushi M, Fukushi M, Ohsawa R, Kurashige T, Maruyama H, Sotomaru Y, Kawakami H, Sakaguchi T, 第45回日本免疫学会学術集会, 2016年12月05日, 通常, 英語, 日本免疫学会学術集会, 宜野湾市
  10. 霊長類における受精卵と精子の凍結保存, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、吉岡みゆき、畠山照彦、印藤頼子、兼子明久、岡本宗裕、今井啓雄、平井啓久, Cryopreservation Conference 2016, 2016年11月10日, 通常, 日本語, 自然科学研究機構 基礎生物学研究所 IBBPセンター, 岡崎
  11. 霊長類における受精卵と精子の凍結保存, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、吉岡みゆき、畠山照彦、印藤頼子、兼子明久、岡本宗裕、今井啓雄、平井啓久, Cryopreservation Conference 2016, 2016年11月10日, 通常, 日本語, 自然科学研究機構 基礎生物学研究所 IBBPセンター, 岡崎
  12. 霊長類における遺伝的相同個体の作製技術について, 外丸祐介, 第63回日本実験動物学会総会, 2016年05月20日, 招待, 日本語, 日本実験動物学会, 川崎
  13. マーモセットにおける非侵襲的受精卵採取法を実施して, 信清麻子, 信清麻子,野尻智子,吉岡みゆき,外丸美代子,畠山照彦,小迫千華,西本瞳,外丸祐介, 第5回日本マーモセット研究会大会, 2016年01月27日, 通常, 日本語, 日本マーモセット研究会大会, 東京
  14. コモンマーモセットの膣スメアを指標にした性周期解析について, 神田暁史, 神田暁史,信清麻子,坂谷滋子,吉岡みゆき,小迫千華,西本瞳,野尻智子,外丸祐介, 第5回日本マーモセット研究会大会, 2016年01月27日, 通常, 日本語, 日本マーモセット研究会大会, 東京
  15. 霊長類受精卵のガラス化保存, 外丸祐介, 外丸祐介, 信清麻子, 吉岡みゆき,畠山照彦,印藤頼子,兼子明久,岡本宗裕,岡原純子,佐々木えりか, Cryopreservation Conference 2015, 2015年10月28日, 通常, 日本語, 自然科学研究機構 基礎生物学研究所 IBBPセンター, 岡崎
  16. 卵巣刺激処置により得られたコモンマーモセット卵子のクオリティの検討, 神田暁史, 神田暁史、信清麻子、吉岡みゆき、畠山照彦、外丸祐介, 第62回日本実験動物学会総会, 2015年05月29日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 京都
  17. コモンマーモセット凍結保存精子の運動性と体外受精能, 外丸祐介、畠山照彦、吉岡みゆき、信清麻子, 外丸祐介、畠山照彦、吉岡みゆき、信清麻子, 第62回日本実験動物学会総会, 2015年05月29日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 京都
  18. 霊長類における体外受精卵作製に関わる生殖工学技術について, 外丸祐介, 第4回日本マーモセット研究会大会、Session1「マーモセット研究の最前線」, 2015年01月22日, 招待, 日本語, 日本マーモセット研究会, 犬山
  19. マーモセットにおける低侵襲な性周期把握方法の検討 —膣インピーダンス測定、膣垢検査—, 信清麻子, 信清麻子、西本瞳、野尻智子、坂谷滋子、外丸祐介, 第4回日本マーモセット研究会大会, 2015年01月22日, 通常, 日本語, 日本マーモセット研究会, 犬山
  20. ゲノム編集技術による簡便迅速かつ高効率な次世代染色体工学の開発, 野村淳, 野村淳、佐久間哲史、神田暁史、岸本恵子、前田知花、外丸祐介、山本卓、内匠透, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月, 通常, 日本語, 日本分子生物学会
  21. ゲノム編集技術による簡便迅速かつ高効率な次世代染色体工学の開発, 野村淳, 野村淳、佐久間哲史、神田暁史、岸本恵子、前田知花、外丸祐介、山本卓、内匠透, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月25日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  22. Dlk1-Dio3ドメインBAC-TGマウスに認められる発生異常, 野村圭代, 野村圭代、藤原真、高橋望、雉岡めぐみ、隈本 宗一郎、外丸 祐介、河野友宏, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月25日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  23. 希少霊長類遺伝資源の保存方法の確立, 今井啓雄, 今井啓雄、岡本宗裕、印藤頼子、外丸祐介、信清麻子、神田暁史、伊佐正、永野昌志、柳川洋二郎、高江洲昇、北島龍之介、今村公紀、平井啓久, Cryopreservation Conference 2014 超低温保存研究の新たな挑戦, 2014年10月23日, 通常, 日本語, Cryopreservation Conference
  24. ニホンザル凍結保存精子の体外受精能, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、畠山照彦、吉岡みゆき、神田暁史、印藤頼子、兼子明久、永野昌志、柳川洋二郎、高江洲昇、岡本宗裕, Cryopreservation Conference 2014 超低温保存研究の新たな挑戦, 2014年10月23日, 通常, 日本語, Cryopreservation Conference
  25. ニホンザル凍結保存精子の体外受精能, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、畠山照彦、吉岡みゆき、神田暁史、印藤頼子、兼子明久、永野昌志、柳川洋二郎、高江洲昇、岡本宗裕, Cryopreservation Conference 2014 超低温保存研究の新たな挑戦, 2014年10月23日, 通常, 日本語, Cryopreservation Conference
  26. 霊長類の体外培養系卵子について, 外丸祐介, 霊長類への展開に向けた幹細胞・生殖細胞・エピゲノム研究, 2014年08月27日, 通常, 日本語, 犬山
  27. ニホンザルにおける体外培養系受精卵の作製, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、畠山照彦、吉岡みゆき、印藤頼子、兼子明久、高江洲昇、柳川洋二郎、永野昌志、岡本宗裕, 日本実験動物科学技術 さっぽろ2014/第61回日本実験), 2014年05月16日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会総会 日本実験動物技術者協会総会, 札幌
  28. ニホンザルにおける卵巣刺激処置の効果について, 信清麻子, 信清麻子、印藤頼子、兼子明久、石上暁、山中淳史、畠山照彦、吉岡みゆき、岡本宗裕、外丸祐介, 日本実験動物科学技術 さっぽろ2014/第61回日本実験動物学会総会 第48回日本実験動物技術者協会総会, 2014年05月16日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会総会 日本実験動物技術者協会総会, 札幌
  29. 霊長類における遺伝的相同個体の作製技術について, 外丸祐介, 3回日本マーモセット研究会大会、Symposium I「マーモセットの基盤研究の現状」, 2013年12月12日, 通常, 日本語, 日本マーモセット研究会大会, 福岡
  30. マーモセットにおける指向性の高い補助食について, 信清麻子, 信清麻子、西本瞳、野尻智子、外丸祐介, 第3回日本マーモセット研究会大会, 2013年12月12日, 通常, 日本語, 日本マーモセット研究会, 福岡
  31. マーモセットにおける固形飼料の給餌方法の影響, 西本瞳, 西本瞳、信清麻子、野尻智子、外丸祐介, 第3回日本マーモセット研究会大会, 2013年12月12日, 通常, 日本語, 日本マーモセット研究会, 福岡
  32. マウス12番染色体非コードインプリント遺伝子の過剰発現モデルにおける表現型解析, 藤原真, 藤原真、高橋望、平田裕、外丸祐介、河野友宏, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月04日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸
  33. マウス卵子形成過程における5‑hydroxymethylcytosine のダイナミクス, 坂下陽彦, 坂下陽彦、小林久人、井関陽介、若井拓哉、外丸祐介、河野友宏, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月04日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸
  34. 体外受精に用いるマウス卵子の超低温保存方法の開発, 江藤智生, 江藤智生、神田暁史、上迫努、外丸祐介, 日本実験動物技術者協会総会第47回総会 in 晴れの国 岡山, 2013年09月28日, 通常, 日本語, 日本実験動物技術者協会, 岡山
  35. マーモセットにおける受精卵および体細胞クローン胚の発生能, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、吉岡みゆき、畠山照彦、神田暁史、西本瞳、野尻智子、佐々木恵理か、岡原純子, 第54回日本卵子学会, 2013年09月23日, 通常, 日本語, 日本卵子学会, 東京
  36. セメント芽細胞が発現するF-spondinの抗炎症作用に関する検討, 北川雅恵, 北川雅恵、宮内睦美、岡広子、外丸祐介、高田隆, 歯科基礎医学会, 2013年09月22日, 通常, 日本語, 歯科基礎医学会, 岡山
  37. 霊長類におけるクローン技術の開発, 外丸祐介, 外丸祐介、佐々木えりか, 第60回日本実験動物学会、シンポジウムIII, 2013年05月15日, 招待, 日本語, 日本実験動物学会, つくば
  38. マウス未受精卵の超低温保存の検討, 江藤智生, 江藤智生、神田暁史、上迫努、外丸祐介, 日本実験動物学会総会, 2013年05月15日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, つくば
  39. 2iLIF培地で長期培養したマウスES細胞のキメラ形成能の検討, 神田暁史, 神田暁史、外丸祐介, 日本実験動物学会総会, 2013年05月15日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, つくば
  40. コモンマーモセットの体外受精における射出精子の採取手段および調整方法の検討, 畠山照彦, 畠山照彦、信清麻子、西本瞳、野尻智子、外丸祐介, 日本実験動物学会総会, 2013年05月15日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, つくば
  41. コモンマーモセットにおけるクローン胚の発生能, 外丸祐介, 外丸祐介、信清麻子、吉岡みゆき、畠山照彦、神田暁史、西本瞳、野尻智子、佐々木えりか、岡原純子、島田亜希子、塩澤誠司, 第2回日本マーモセット研究会大会, 2013年02月27日, 通常, 日本語, 日本マーモセット研究会, 東京
  42. Characterization of common marmoset (Callithrix jacchus) bone marrow-derived cells., Akifumi Kanda, Akifumi Kanda, Seiji Shiozawa, Asako Nobukiyo, Teruhiko Hatakeyama, Emi Yamaoka, Eiso Hiyama, Yusuke Sotomaru, International Society for Stem Cell Research, 2012年06月14日, 通常, 英語, 横浜
  43. マーモセット骨髄由来細胞の性状解析, 神田暁史, 神田暁史、塩澤誠司、信清麻子、畠山照彦、山岡絵美、檜山英三、外丸祐介, 日本実験動物科学・技術 九州2012/第59回日本実験動物学会総会, 2012年05月26日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 別府
  44. コモンマーモセットにおける体細胞および受精卵クローン胚の発生能, 外丸祐介, 外丸祐介、吉岡みゆき、大中麻子、畠山照彦、神田暁史、西本瞳、野尻智子、島田亜希子、大岩亮、高橋誠司、岡原純子、塩澤誠司、岡野栄之、佐々木えりか, 日本実験動物科学・技術 九州2012/第59回日本実験動物学会総会, 2012年05月25日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 別府
  45. ラット初期胚を用いた体外培養培地およびガラス化保存溶液の安定供給の検討, 柳美穂, 柳美穂、上迫努、青砥利裕、安齋政幸、金子武人、後藤元人、外丸祐介、滝澤明子、Jacob Howard J.、川辺敏晃、常吉梨沙、東雅志、倉持隆司、江藤智生, 日本実験動物科学・技術 九州2012/第59回日本実験動物学会総会, 2012年05月25日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 別府
  46. Effect of Donor-cell type on developmental potential of clone embryos in the common marmosets, Sotomaru Y, Sotomaru Y, Yoshioka M, Nobukiyo A, Sasaki E., Marmoset –Frontiers in Biomedical Researches on Marmosets as a Primate Model, 2012年02月21日, 通常, 英語, 東京
  47. Use of an adhesion barrier for preventing postoperative adhesion in common marmosets that underwent oocyte collection, Hatakayama T, Hatakayama T, Nobukiyo A, Nishimoto H, Nojiri T, Yoshioka M, Sotomaru Y., Marmoset –Frontiers in Biomedical Researches on Marmosets as a Primate Model, 2012年02月21日, 通常, 英語, 日本マーモセット研究会, 東京
  48. マウス配偶子における全ゲノム包括的DNAメチロール解析, 小林久人, 小林久人、桜井隆順、今井美咲、高橋望、福田 篤、尾畑やよい、佐藤俊、中村一彦、秦健一郎、外丸祐介、鈴木穣、河野友宏, 第34回日本分子生物学会総会, 2011年12月16日, 通常, 日本語
  49. マウス配偶子における全ゲノム包括的DNAメチロール解析, 小林久人, 小林久人、桜井隆順、今井美咲、高橋望、福田 篤、尾畑やよい、佐藤俊、中村一彦、秦健一郎、外丸祐介、鈴木穣、河野友宏, 第34回日本分子生物学会総会, 2011年12月16日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会
  50. コモンマーモセットの未受精卵採取における癒着防止材の使用, 信清麻子, 信清麻子、西本瞳、野尻智子、畠山照彦、吉岡みゆき、外丸祐介, 第45回日本実験動物技術者協会全国総会, 2011年10月01日, 通常, 日本語, 日本実験動物技術者協会, 盛岡
  51. Application of ES/somatic cell cloning technique to the production of genetically modified marmoset., Sotomaru Y, Sotomaru Y, Sasaki E, Okano H., The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,, 2011年09月17日, 招待, 英語, Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 横浜
  52. マウス配偶子における全ゲノム包括的DNAメチロール解析, 小林久人, 小林久人、桜井隆順、今井美咲、高橋望、福田 篤、尾畑やよい、佐藤俊、中村一彦、秦健一郎、外丸祐介、鈴木穣、河野友宏, 第104回日本繁殖生物学会総会, 2011年09月16日, 通常, 日本語, 日本繁殖生物学会, 盛岡市
  53. Establishment of ES cells of inbred strain mice by dual inhibition (2i), 神田暁史, 神田暁史、塩澤誠司、外丸祐介, 第33回日本分子生物学会総会, 2010年12月10日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸
  54. Bisulfite Shotgun Sequencing法によるマウス生殖細胞の包括的DNAメチル化解析, 小林久人, 小林久人, 櫻井隆順, 高橋望, 福田篤, 尾畑やよい, 佐藤俊, 中林一彦, 秦健一郎, 外丸佑介, 鈴木穣, 河野友宏, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同学会, 2010年12月08日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会・日本生化学会, 神戸
  55. Whole genome bisulphate shotgun sequencing in mouse germ cells, Kobayashi H, Kobayashi H, Sakurai T, Takahashi N, Obata Y, Nakabayashi K, Hata K, Sotomamru Y, Suzuki Y, Kono T, International Symposium on “Epigenome Network, Development and Reprogramming of Germ Cells”, 2010年11月24日, 通常, 英語, 文部科学省特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」, 福岡
  56. コモンマーモセットの卵巣刺激法および未成熟卵子体外成熟法の検討, 吉岡みゆき, 吉岡みゆき、信清麻子、畠山照彦、西本瞳、野尻智子、神田暁史、佐々木えりか、外丸祐介, 第103回日本繁殖生物学会大会, 2010年09月03日, 通常, 日本語, 日本繁殖生物学会, 十和田
  57. マーモセットの生殖工学・クローン技術, 外丸祐介, 外丸祐介, 平成22年度「包括脳ネットワーク」夏のワークショップ, 2010年07月27日, 招待, 日本語, 包括脳ネットワーク, 札幌
  58. マーモセットクローン胚作製におけるクロマチン修飾処置の効果について, 神田暁史, 神田暁史、吉岡みゆき、塩澤誠司、佐々木えりか、外丸祐介, 平成22年度「包括脳ネットワーク」夏のワークショップ, 2010年07月27日, 通常, 日本語, 包括脳ネットワーク, 札幌
  59. コモンマーモセット卵巣刺激法の検討, 吉岡みゆき, 吉岡みゆき、信清麻子、畠山照彦、西本瞳、野尻智子、神田暁史、佐々木えりか、外丸祐介, 平成22年度「包括脳ネットワーク」夏のワークショップ, 2010年07月27日, 通常, 日本語, 包括脳ネットワーク, 札幌
  60. コモンマーモセットクローン胚の発生能へのドナー細胞種および細胞周期の影響, 外丸祐介, 外丸祐介、吉岡みゆき、塩澤誠司、信清麻子、佐々木えりか, 第57回日本実験動物学会総会, 2010年05月12日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 京都
  61. 2iを使用した近交系マウス由来ES細胞株の樹立の検討, 神田暁史, 神田暁史、外丸祐介, 第57回日本実験動物学会総会, 2010年05月12日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 京都
  62. マウスガラス化加温胚の低温輸送方法〜四季を通じた輸送の試み〜, 佐藤晃, 佐藤晃、外丸祐介、江藤智生, 第43回日本実験動物技術者協会総会, 2009年10月10日, 通常, 日本語, 日本実験動物技術者協会, 新潟
  63. マウスクローン胚におけるドナー細胞特異的な遺伝子発現プロファイル, 福田篤, 福田篤、曹峰、森田慎之介、山田かおり、越後貫成美、井上貴美子、小倉淳郎、外丸祐介、河野友宏, 第102回日本繁殖生物学会大会, 2009年09月11日, 通常, 日本語, 日本繁殖生物学会, 奈良
  64. DNA脱メチル化剤によるマウスES細胞と初期胚への影響, 神田暁史, 神田暁史、外丸祐介, 第56回日本実験動物学会総会, 2009年05月15日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, さいたま
  65. マウス受精卵作製業務に使用する体外受精用培地の比較検討, 畠山照彦, 畠山照彦、外丸祐介, 平成20年度京都大学総合技術研究会, 2009年03月10日, 通常, 日本語, 京都大学総合技術研究会, 京都
  66. 単為発生胚を用いた新規インプリント遺伝子の探索:マウス1番染色体のZdbf2遺伝子は父由来アレル特異的に発現するインプリント遺伝子である, 小林久人, 小林久人、山田かおり、森田慎之介、樋浦仁、福田篤、鏡雅代、緒方勤、外丸祐介、河野友宏, 32回日本分子生物学会年会, 2008年12月12日, 通常, 日本語, 神戸
  67. 単為発生胚を用いた新規インプリント遺伝子の探索:マウス1番染色体のZdbf2遺伝子は父由来アレル特異的に発現するインプリント遺伝子である, 小林久人, 第32回日本分子生物学会年会, 2008年12月11日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸
  68. マーモセット ES 細胞における標的遺伝子組み換え技術の確立, 塩澤誠司, 第32回日本分子生物学会年会, 2008年12月11日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸
  69. マイクロアレイ法を用いた単一マウスクローン胚盤胞の網羅的遺伝子発現解析, 曹峰, 第101回日本繁殖生物学会大会, 2008年09月20日, 通常, 日本語, 日本繁殖生物学会, 福岡
  70. 単為発生胚を用いた新規インプリント遺伝子の探索:マウス1番染色体のZdbf2遺伝子は父由来アレル特異的に発現するインプリント遺伝 子である, 小林 久人, 日本繁殖生物学会, 2008年09月18日, 通常, 日本語
  71. ガラス化加温胚の低温輸送方法について, 佐藤晃, 佐藤晃、外丸祐介、江藤智生, 第55回日本実験動物学会総会, 2008年05月17日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 仙台
  72. コモンマーモセット体細胞クローン胚の発生能に影響する要因の検討, 外丸祐介, 外丸祐介、平川玲子、島田亜樹子、塩澤誠司、佐々木えりか, 第55回日本実験動物学会総会, 2008年05月16日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 仙台
  73. 性成熟過程における雄マウス体外受精能の検討, 畠山照彦, 畠山照彦、外丸祐介, 第42回日本実験動物技術者協会総会, 2008年05月16日, 通常, 日本語, 日本実験動物技術者協会, 仙台
  74. 雄核発生胚構築において体内及び体外発生由来前核と形成後の時間差が発生に及ぼす影響, 福田篤, 福田篤、外丸祐介、河野友宏, 第100回日本繁殖生物学会大会, 2007年10月21日, 通常, 日本語, 日本繁殖生物学会, 東京
  75. コモンマーモセット体細胞クローン胚の体外発生能, 外丸祐介, 外丸祐介、平川玲子、島田亜樹子、塩澤誠司、佐々木えりか, 第54回日本実験動物学会総会, 2007年05月24日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 東京
  76. コモンマーモセット卵子成熟に及ぼす輸送の影響について, 平川玲子, 平川玲子、島田亜樹子、大岩亮、佐々木えりか、外丸祐介, 第54回日本実験動物学会総会, 2007年05月23日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会総会, 東京
  77. ラット由来Embryonic Germ cell樹立の試み, 平牧強, 平牧強、外丸祐介、伊藤守, 第53回日本実験動物学会総会, 2006年05月12日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 神戸
  78. ICSIおよびROSIによるC57BL/6Jオスマウスからの胎子作出, 武田知仁、外丸祐介、江藤智生、上迫努、保谷奈那子、日置恭司、伊藤守, 武田知仁、外丸祐介、江藤智生、上迫努、保谷奈那子、日置恭司、伊藤守, 第98回日本繁殖生物学会(静岡) I, 2005年09月16日, 通常, 日本語, 日本繁殖生物学会, 静岡
  79. マウス卵子における生殖器採取時の経過時間による受精の影響, 上迫努, 上迫努、外丸祐介、江藤智生、保谷奈那子、日置恭司, 第39回日本実験動物技術者協会, 2005年06月24日, 通常, 日本語, 日本実験動物技術者協会, 金沢
  80. ラット2細胞期胚のガラス化保存方法の検討, 江藤智生, 江藤智生、外丸祐介、上迫努、日置恭司, 第52回日本実験動物学会, 2005年05月18日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 東京
  81. コモンマーモセットにおける卵子成熟に及ぼすFSHおよびhCGの影響について, 平川玲子, 平川玲子、谷岡功邦、外丸祐介、江藤智生、上岡美智子、大岩亮、島田亜樹子、佐々木えりか, 第52回日本実験動物学会, 2005年05月18日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 東京
  82. 顕微授精による近交系幼若オスマウスからの胎子獲得法の検討, 武田知仁, 武田知仁、外丸祐介、日置恭司、伊藤守, 第52回日本実験動物学会, 2005年05月18日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 東京
  83. 各種近交系マウス由来ES細胞の樹立の試み, 平牧強, 平牧強、佐々木正史、外丸祐介、伊藤守, 第52回日本実験動物学会, 2005年05月18日, 通常, 日本語, 日本実験動物学会, 東京

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業基盤研究(C), 胚盤胞補完法による臓器特異的疾患モデルマウスの開発, 2018年04月03日, 2020年
  2. 国家課題対応型研究開発推進事業(脳科学研究戦略推進プログラム・脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト), 遺伝子改変マーモセットの効率的生産に向けた生殖工学技術の整備・開発, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  3. 日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患等実用化研究事業 難治性疾患実用化研究事業, 希少難治性疾患に対する画期的な医薬品医療機器等の実用化に関する研究:薬事承認を目指すシーズ探索研究(ステップ0), 2017年03月30日, 2019年
  4. 脳科学研究戦略推進プログラム, 遺伝子改変マーモセットの効率的生産に向けた生殖工学技術の整備・開発, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  5. 科学研究費助成事業基盤研究(C), ウイルス感染は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の発症に関与するか?, 2016年, 2018年
  6. 脳科学研究戦略推進プログラム, 遺伝子改変マーモセットの汎用性拡大および作出技術の高度化とその脳科学への応用, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 一細胞解析法を応用した小児腫瘍のCancer fluid biopsyの確立, 2015年, 2018年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), マトリックスタンパク質オステオポンチンの重合ー線維化形成における意義解明ー, 2015年, 2018年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 生殖系列における性特異的エピゲノム制御の解明, 2015年
  10. 国家課題対応型研究開発推進事業(脳科学研究戦略推進プログラム・脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト), 遺伝子改変マーモセットの汎用性拡大および作出技術の高度化とその脳科学への応用, 2014年04月01日, 2015年03月31日
  11. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 高次脳機能研究モデルとしての一卵性多子ニホンザルの作成, 2013年, 2014年
  12. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 細胞周期特異的局在性を利用した卵子特異的リプログラミング因子の網羅的探索, 2013年, 2015年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), ゲノミクスとセロミクスを用いた小児腫瘍の分子標的探索―がん幹細胞を標的として―, 2012年, 2014年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(S)), 次世代シークエンサーを用いた生殖系列のエピゲノム修飾とトランスクリプトーム解析, 2010年, 2014年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 新規大腸癌転移マウスモデル実験系の構築と臓器特異的転移関連バイオマーカーの同定, 2010年, 2013年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 日本小児肝がんスタディグループの新たな治療戦略のための分子基盤の構築, 2010年, 2012年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 次世代シークエンサーを用いた生殖細胞におけるエピゲノム修飾の全ゲノムマッピング, 2010年, 2010年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ゲノミクスとセロミクスを用いた神経芽腫・肝芽腫の発生機序解明と分子標的療法, 2009年, 2011年
  19. 国家課題対応型研究開発推進事業(キーテクノロジー研究開発の推進)脳科学研究戦略推進プログラム, 先端的遺伝子導入・改変技術による脳科学研究のための独創的霊長類モデルの開発と応用, 2008年, 2012年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 神経芽腫のがん幹細胞研究:分化・退縮と発生・増殖・進展の二極化規定因子か?, 2007年, 2008年
  21. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 単為発生マウスをモデルとしたインプリント遺伝子による個体発生制御機構の解明, 2006年, 2008年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 体細胞核移植由来胚性幹(ES)細胞を用いた再生医療前臨床試験システムの構築, 2006年, 2007年
  23. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), クローン技術を応用した遺伝子組み換えラット作出に関する研究, 2004年, 2005年
  24. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 網羅的遺伝子解析による体細胞クローン発生異常の追究, 2004年, 2005年
  25. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 重度免疫不全NOGマウスを用いた再生治療モデル開発に関する基礎研究, 2003年, 2004年
  26. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), マウス胚性幹(ES)細胞の遺伝学的・微生物学的品質管理システムの構築に関する研究, 2003年, 2005年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 遺伝子組換え動物委員会委員, 2012年07月, 2014年05月, 国立大学法人動物実験施設協議会
  2. 調査委員会委員, 2012年07月, 2014年05月, 国立大学法人動物実験施設協議会
  3. 調査委員会委員, 2014年09月, 2016年05月, 国立大学法人動物実験施設協議会
  4. 教育研修委員会委員, 2014年09月, 2016年05月, 国立大学法人動物実験施設協議会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 新たな動物実験に向けて(実験動物の開発、動物実験の開発), 財団法人実験動物中央研究所, 2006年/02月, 2006年/02月