武島 幸男Yukio Takeshima

Last Updated :2020/09/03

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 教授
ホームページ
メールアドレス
ykotakehiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号医学部基礎・社会医学棟4階
TEL:082-257-5150/5152 FAX:082-257-5154
自己紹介
形態学と分子生物学の融合によって、迅速、正確で、よりきめ細やかな病理診断につながる手法の開発を目指しています。

基本情報

主な職歴

  • 2012年07月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 病理学研究室, 教授
  • 2000年04月07日, 2012年06月30日, 広島大学, 病理学第二講座, 助教授
  • 1995年05月01日, 2000年03月31日, 広島大学, 病理学第二講座, 講師
  • 1995年04月01日, 1995年04月30日, 広島大学, 病理学第二講座, 助手(学部内講師)
  • 1991年07月31日, 1993年05月24日, 米国国立がん研究所, 人体発癌研究室, Special Volunteer
  • 1991年04月01日, 1995年03月31日, 広島大学, 病理学第二講座, 助手

学歴

  • 広島大学, 医学研究科, 病理学専攻, 日本, 1987年04月, 1991年03月
  • 広島大学, 医学部医学科, 1987年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 人体病理学

研究キーワード

  • 病理学
  • 環境発がん
  • 職業性発がん
  • 中皮腫
  • 肺癌
  • 分子生物学
  • 病理診断
  • 病理解剖
  • デジダルパソロジー

所属学会

  • 日本病理学会, 1988年
  • 日本臨床細胞学会, 1997年01月
  • 日本癌学会, 1988年04月
  • 日本肺癌学会, 1999年
  • 世界肺癌学会, 2014年04月
  • 日本石綿・中皮腫学会, 2018年12月

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 2ターム, 霞キャンパスからの平和発信
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 臨床病理学
  3. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  4. 2020年, 学部専門, 2ターム, 医学研究序論
  5. 2020年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  8. 2020年, 学部専門, 集中, 病因病態学
  9. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病理学特別実験
  10. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病理学特別実験
  11. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病理学特別演習
  12. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病理学特別演習
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  17. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  18. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  19. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  20. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  21. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 病因病態学
  22. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病理学特別演習
  23. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病理学特別演習
  24. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病理学特別研究
  25. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病理学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Retrospective immunohistological study of autopsied lungs in patients with acute exacerbation of interstitial pneumonia managed with extracorporeal membrane oxygenation, JOURNAL OF THORACIC DISEASE, 11巻, 11号, pp. 4436-4443, 201911
  2. 胸膜中皮腫, 病理と臨床, 37巻, 11号, pp. 1073-1081, 201911
  3. Synchronicity of genetic variants between primary sites and metastatic lymph nodes, and prognostic impact in nodal metastatic lung adenocarcinoma, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 145巻, 9号, pp. 2325-2333, 201909
  4. Characteristics of 5015 Salivary Gland Neoplasms Registered in the Hiroshima Tumor Tissue Registry over a Period of 39 Years, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 5号, 201905
  5. Mucin 21 is a novel, negative immunohistochemical marker for epithelioid mesothelioma for its differentiation from lung adenocarcinoma, HISTOPATHOLOGY, 74巻, 4号, pp. 545-554, 201903
  6. 肛門部低色素性悪性黒色腫の 1 例, 72巻, 7号, pp. 323-327, 2019
  7. Metastatic Malignant Lymphoma Mimicking Cerebral Toxoplasmosis with the "Target Sign", INTERNAL MEDICINE, 58巻, 8号, pp. 1157-1162, 2019
  8. Complete Response to Chemotherapy against the Recurrence of Neuroendocrine Carcinoma of the Breast in the Anterior Mediastinal Lymph Nodes of a Patient on Hemodialysis: A Case Report, CASE REPORTS IN ONCOLOGY, 12巻, 1号, pp. 205-210, 2019
  9. Immunostaining of Increased Expression of Enhancer of Zeste Homolog 2 (EZH2) in Diffuse Midline Glioma H3K27M-Mutant Patients with Poor Survival, PATHOBIOLOGY, 86巻, 2号, pp. 152-161, 2019
  10. Rare Cases of Low-Grade Appendiceal Mucinous Neoplasm: Two Case Reports and a Literature Review, CASE REPORTS IN ONCOLOGY, 12巻, 2号, pp. 488-493, 2019
  11. Glypican-1 immunohistochemistry is a novel marker to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma, MODERN PATHOLOGY, 31巻, 5号, pp. 809-815, 201805
  12. Proton Magnetic Resonance Spectroscopy Detection of High Lipid Levels and Low Apparent Diffusion Coefficient Is Characteristic of Germinomas, WORLD NEUROSURGERY, 112巻, pp. E84-E94, 201804
  13. MUC4 immunohistochemistry is useful in distinguishing epithelioid mesothelioma from adenocarcinoma and squamous cell carcinoma of the lung, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 20180109
  14. ★, miR-182 and miR-183 Promote Cell Proliferation and Invasion by Targeting FOXO1 in Mesothelioma, Front. Oncol., 2018
  15. ★, MUC21 is a novel, negative immunohistochemical marker for epithelioid mesothelioma for its differentiation from lung adenocarcinoma., Histopathology, 2018
  16. Increased risk of recurrence in resected EGFR-positive pN0M0 invasive lung adenocarcinoma., Thorac Cancer., 2018
  17. Characteristics of Benign and Malignant Bone Tumors Registered in the Hiroshima Tumor Tissue Registry, 1973-2012., JB JS Open Access., 29巻, 3号, pp. e0064, 2018
  18. Improved differentiation between high- and low-grade gliomas by combining dual-energy CT analysis and perfusion CT., Medicine (Baltimore), 97巻, 32号, pp. E11670, 2018
  19. Coexistence of gastrointestinal stromal tumor and leiomyosarcoma of the stomach presenting as a collision tumor: A case report and review of literature, Pathology International, 68巻, pp. 313-317, 2018
  20. RELA fusion-positive anaplastic ependymoma: molecular characterization and advanced MR imaging., Brain Tumor Pathol., 35巻, 1号, pp. 41-45, 2018
  21. Role for loss of nuclear PTEN in a harbinger of brain metastases., 2018
  22. The differences in histological changes among pulmonary vessels divided with an energy device., Interact Cardiovasc Thorac Surg., 2018
  23. Therapeutic strategies and genetic profile comparisons in small cell carcinoma and large cell neuroendocrine carcinoma of the lung using next-generation sequencing, ONCOTARGET, 8巻, 65号, pp. 108936-108945, 20171212
  24. 肺乳頭腺腫の1例, 広島医学, 70巻, 5号, pp. 245-246, 201705
  25. PIM1 knockdown inhibits cell proliferation and invasion of mesothelioma cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 50巻, 3号, pp. 1029-1034, 201703
  26. Utility and pitfalls of immunohistochemistry in the differential diagnosis between epithelioid mesothelioma and poorly differentiated lung squamous cell carcinoma, HISTOPATHOLOGY, 70巻, 3号, pp. 375-384, 201702
  27. ★, Identification of DAB2 and Intelectin-1 as Novel Positive Immunohistochemical Markers of Epithelioid Mesothelioma by Transcriptome Microarray Analysis for its Differentiation From Pulmonary Adenocarcinoma., Am J Surg Pathol., 2017
  28. ★, MUC4, a novel immunohistochemical marker identified by gene expression profiling, differentiates pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma., Mod Pathol, 30巻, [Epub ahead of print]号, pp. [Epub ahead of print]-[Epub ahead of print], 2017
  29. A comparison of clinicopathological features and prognosis in prostate cancer between atomic bomb survivors and control patients., Oncol Lett., 14巻, 1号, pp. 299-305, 2017
  30. Inflammatory myofibroblastic tumors of the lung carrying a chimeric A2M-ALK gene: report of two infantile cases and review of the differential diagnosis of infantile pulmonary lesions., Hum Pathol., 2017巻, 2017
  31. Multicentric Glioma Develops via a Mutant IDH1-Independent Pathway: Immunohistochemical Study of Multicentric Glioma, PATHOBIOLOGY, 84巻, 2号, pp. 99-107, 2017
  32. Prognostic implications of the subcellular localization of survivin in glioblastomas treated with radiotherapy plus concomitant and adjuvant temozolomide., J Neurosurg., 2017巻, 21号, 2017
  33. Role for loss of nuclear PTEN in a harbinger of brain metastases, Journal of Clinical Neuroscience, 2017
  34. Sellar Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor (AT/RT): A Clinicopathologically and Genetically Distinct Variant of AT/RT, Am J Surg Pathol, 41巻, 7号, pp. 932-940, 2017
  35. Prognostic Role of Subtype Classification in Small-Sized Pathologic N0 Invasive Lung Adenocarcinoma, ANNALS OF THORACIC SURGERY, 102巻, 5号, pp. 1668-1673, 201611
  36. Prognostic significance of vascular invasion in intermediate-grade subtype of lung adenocarcinoma, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 46巻, 11号, pp. 1015-1021, 201611
  37. Histone H2A T120 Phosphorylation Promotes Oncogenic Transformation via Upregulation of Cyclin D1, MOLECULAR CELL, 64巻, 1号, pp. 176-188, 20161006
  38. Pleural irregularities and mediastinal pleural involvement in early stages of malignant pleural mesothelioma and benign asbestos pleural effusion, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 85巻, 9号, pp. 1594-1600, 201609
  39. Multicentric Glioma Develops via a Mutant IDH1-Independent Pathway: Immunohistochemical Study of Multicentric Glioma., Pathobiology., 2016 Aug 24. [Epub ahead of print]巻, 2016 Aug 24. [Epub ahead of print]号, pp. 2016 Aug 24. [Epub ahead of print]-2016 Aug 24. [Epub ahead of print], 20160824
  40. Fatal pleural mesothelioma in Japan (2003-2008): evaluation of computed tomography findings, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 34巻, 6号, pp. 432-438, 201606
  41. 広島フォールアウト地域4重がん症例の肺がん組織で証明された内部被ばく, 広島医学, 69巻, 4号, pp. 359-361, 201604
  42. Computed Tomographic Features of Malignant Peritoneal Mesothelioma, ANTICANCER RESEARCH, 36巻, 3号, pp. 1067-1072, 201603
  43. ★, Differential microRNA expression profiling of mesothelioma and expression analysis of miR-1 and miR-214 in mesothelioma, International Journal of Oncology, 48巻, 4号, pp. 1599-1607, 2016
  44. ★, Use of Anti-Noxa Antibody for Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Reactive Mesothelial Hyperplasia., Pathobiology, 83巻, (1):号, pp. 33-40, 2016
  45. 広島県腫瘍登録における唾液腺腫瘍の解析, JACR Monograph, 22巻, pp. 179-181, 2016
  46. 広島県腫瘍登録における食道腫瘍の組織型別登録数・登録割合の検討(1973年-2008年), JACR Monograph, 22巻, 1号, pp. 28-37, 2016
  47. 非角化型扁平上皮癌の診断と鑑別(生検および切除組織), 病理と臨床, 34巻, 4号, pp. 332-339, 2016
  48. Magnetic resonance spectroscopy detection of high lipid levels in intraaxial tumors without central necrosis: a characteristic of malignant lymphoma, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 122巻, 6号, pp. 1370-1379, 201506
  49. 悪性中皮腫, 病理と臨床-病理診断クイックリファレンス, 33巻, (臨時増刊)号, pp. 38-38, 20150401
  50. Benign fibrous histiocytoma arising at the temporal bone of an infant-case report and review of the literature., Childs Nerv Syst, [Epub ahead of print]巻, [Epub ahead of print]号, 2015
  51. 臓側胸膜原発の悪性孤在性線維性腫瘍の1例, 広島医学, 67巻, 11号, pp. 717-718, 20141101
  52. Propensity score-matched analysis of adjuvant chemotherapy for stage I non-small cell lung cancer, JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 148巻, 4号, pp. 1179-1185, 201410
  53. Prediction for prognosis of resected pT1a-lbN0M0 adenocarcinoma based on tumor size and histological status: Relationship of TNM and IASLC/ATS/ERS classifications, LUNG CANCER, 85巻, 2号, pp. 270-275, 201408
  54. 下咽頭に発生した孤立性線維性腫瘍, 広島医学, 67巻, 6号, pp. 581-582, 20140601
  55. Role of lymphatic invasion in the prognosis of patients with clinical node-negative and pathologic node-positive lung adenocarcinoma., J Thorac Cardiovasc Surg, 147巻, 6号, pp. 1820-1826, 201406
  56. 中皮腫, 病理と臨床 - 免疫組織化学診断と治療選択の指針, 32巻, (臨時増刊)号, pp. 154-159, 20140401
  57. 胸膜悪性中皮腫の病理, 診断病理, 31巻, 1号, pp. 6-14, 20140101
  58. The prognostic role of pathologic invasive component size, excluding lepidic growth, in stage I lung adenocarcinoma, JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 146巻, 3号, pp. 580-585, 201309
  59. Treatment and survival analyses of malignant mesothelioma in Japan, ACTA ONCOLOGICA, 52巻, 4号, pp. 803-808, 201305
  60. CD9 expression as a favorable prognostic marker for patients with malignant mesothelioma, ONCOLOGY REPORTS, 29巻, 1号, pp. 21-28, 201301
  61. Role of perfusion-weighted imaging at 3 T in the histopathological differentiation between astrocytic and oligodendroglial tumors, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 81巻, 8号, pp. 1863-1869, 201208
  62. CD26 Overexpression Is Associated with Prolonged Survival and Enhanced Chemosensitivity in Malignant Pleural Mesothelioma, CLINICAL CANCER RESEARCH, 18巻, 5号, pp. 1447-1456, 20120301
  63. National survey of malignant mesothelioma and asbestos exposure in Japan, CANCER SCIENCE, 103巻, 3号, pp. 483-490, 201203
  64. Lymphomas and glioblastomas: Differences in the apparent diffusion coefficient evaluated with high b-value diffusion-weighted magnetic resonance imaging at 3 T, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 81巻, 2号, pp. 339-344, 201202
  65. Role of PROPELLER diffusion-weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the evaluation of pituitary adenomas, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 80巻, 2号, pp. 412-417, 201111
  66. Clinical, Radiological, and Pathological Investigation of Asbestosis, INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH, 8巻, 3号, pp. 899-912, 2011
  67. Overexpression of CD26/DPPIV in mesothelioma tissue and mesothelioma cell lines, ONCOLOGY REPORTS, 26巻, 6号, pp. 1369-1375, 2011
  68. Clinical Study on Mesothelioma in Japan: Relevance to Occupational Asbestos Exposure, AMERICAN JOURNAL OF INDUSTRIAL MEDICINE, 53巻, 11号, pp. 1081-1087, 201011
  69. Aberrant promoter methylation of WIF-1 and SFRP1, 2, 4 genes in mesothelioma, ONCOLOGY REPORTS, 24巻, 2号, pp. 423-431, 201008
  70. Evaluation of apoptosis and immunohistochemical expression of the apoptosis-related proteins in mesothelioma., Hiroshima Journal of Medical Sciences, 59巻, 2号, pp. 27-33, 20100601
  71. Myogenic antigen expression is useful for differentiation between epithelioid mesothelioma and non-neoplastic mesothelial cells., Histopathology, 56巻, 7号, pp. 969-74, 20100601
  72. Role of PROPELLER diffusion weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the diagnosis of sellar and parasellar lesions, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 74巻, 3号, pp. 420-427, 201006
  73. TRIGEMINAL NEUROPATHY FROM PERINEURAL SPREAD OF AN AMYLOIDOMA DETECTED BY BLINK REFLEX AND THIN-SLICE MAGNETIC RESONANCE IMAGING, MUSCLE & NERVE, 41巻, 6号, pp. 875-878, 201006
  74. Glioblastoma treated with postoperative radio-chemotherapy: Prognostic value of apparent diffusion coefficient at MR imaging, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 73巻, 3号, pp. 532-537, 201003
  75. Clinical Study on Mesothelioma in Japan: Relevance to Occupational Asbestos Exposure, AMERICAN JOURNAL OF INDUSTRIAL MEDICINE, 53巻, 11号, pp. 1081-1087, 2010
  76. Accuracy of pathological diagnosis of mesothelioma cases in Japan: Clinicopathological analysis of 382 cases, LUNG CANCER, 66巻, 2号, pp. 191-197, 200911
  77. Caveolin-1 is a novel immunohistochemical marker to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma, HISTOPATHOLOGY, 55巻, 1号, pp. 10-19, 200907
  78. ★, Value of immunohistochemistry in the differential diagnosis of pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma, HISTOPATHOLOGY, 54巻, 6号, pp. 667-676, 200905
  79. Letter to the Editor, Pathology international, 59巻, 4号, pp. 274-274, 20090401
  80. Clinicopathological and immunohistochemical features of three pilomyxoid astrocytomas: Comparative study with 11 pilocytic astrocytomas, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 59巻, 2号, pp. 80-85, 200902
  81. WIF1 expression is down-regulated by its promoter methylation in mesothelioma, JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY, 4巻, 9号, pp. S767-S767, 2009
  82. Differential diagnosis of sarcomatoid mesothelioma from true sarcoma and sarcomatoid carcinoma using immunohistochemistry, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 58巻, 2号, pp. 75-83, 200802
  83. Familial occurrence of dysembryoplastic neuroepithelial tumor-like neoplasm of the septum pellucidum: Case report, NEUROSURGERY, 63巻, 2号, pp. 370-372, 2008
  84. Immunohistochemical marker panels for distinguishing between epithelioid mesothelioma and lung adenocarcinoma, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 57巻, 4号, pp. 190-199, 200704
  85. 中皮腫の病理, 画像診断, 27巻, 1号, pp. 18-23, 20070101
  86. 中皮腫の病理診断のストラテジー, 最新医学, 62巻, 1号, pp. 64-69, 20070101
  87. Expression of vascular endothelial growth factor-C and its receptor in invasive micropapillary carcinoma of the breast, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 56巻, 5号, pp. 256-261, MAY 2006
  88. Characterization of SEZ6L2 cell-surface protein as a novel prognostic marker for lung cancer, CANCER SCIENCE, 97巻, 8号, pp. 737-745, AUG 2006
  89. 胸膜中皮腫の病理, Mebio, 23巻, 3号, pp. 42-51, 20060301
  90. Expression and localization of Reg IV in human neoplastic and non-neoplastic tissues: Reg IV expression is associated with intestinal and neuroendocrine differentiation in gastric adenocarcinoma, JOURNAL OF PATHOLOGY, 207巻, 2号, pp. 185-198, OCT 2005
  91. Gene amplification and protein expression of EGFR and HER2 by chromogenic in situ hybridisation and immunohistochemistry in atypical adenomatous hyperplasia and adenocarcinoma of the lung, JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 58巻, 10号, pp. 1076-1080, OCT 2005
  92. Increases of amphiregulin and transforming growth factor-alpha in serum as predictors of poor response to gefitinib among patients with advanced non-small cell lung cancers, CANCER RESEARCH, 65巻, 20号, pp. 9176-9184, OCT 15 2005
  93. Aberrant methylation and loss of expression of O-6-methylguanine-DNA methyltransferase in pulmonary squamous cell carcinoma and adenocarcinoma, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 55巻, 6号, pp. 303-309, JUN 2005
  94. Loss of expression of E-cadherin and beta-catenin is associated with progression of pulmonary adenocarcinoma, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 55巻, 1号, pp. 14-18, JAN 2005
  95. 組織登録からみた広島県における前立腺悪性腫瘍の推移, 58巻, 10号, pp. 580-583, 20050401
  96. Esophageal carcinosarcoma with basaloid squamous carcinoma and rhabdomyosarcoma components with TP53 mutation, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 54巻, 10号, pp. 803-809, OCT 2004
  97. Expression of MUC1, MUC2, MUC5AC, and MUC6 in atypical adenomatous hyperplasia, bronchioloalveolar carcinoma, adenocarcinoma with mixed subtypes, and mucinous bronchioloalveolar carcinoma of the lung, AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 121巻, 5号, pp. 644-653, MAY 2004
  98. Methylation of p14(ARF) gene in meningiomas and its correlation to the p53 expression and mutation, MODERN PATHOLOGY, 17巻, 6号, pp. 705-710, JUN 2004
  99. Inactivation of the p16 gene by hypermethylation and loss of heterozygosity in adenocarcinoma of the lung, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 54巻, 7号, pp. 486-489, JUL 2004
  100. Meningioma in mature cystic teratoma of the ovary, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 54巻, 7号, pp. 543-548, JUL 2004
  101. Aberrant methylation of p14(ARF), p15(INK4b) and p16(INK4a) genes and location of the primary site in pulmonary squamous cell carcinoma, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 54巻, 8号, pp. 549-555, AUG 2004
  102. Nucleosomal histone kinase-1 phosphorylates H2A Thr 119 during mitosis in the early Drosophila embryo, GENES & DEVELOPMENT, 18巻, 8号, pp. 877-888, APR 15 2004
  103. 胸膜のLocalized (solitary) fibrous tumorの病理, 文光堂、東京, 22巻, 7号, pp. 708-712, 20040701
  104. 術中細胞診にて診断に苦慮した杯細胞型細気管支肺胞上皮癌の1例, 25号, pp. 64-67, 20040401
  105. 好酸球性胸水を呈したGM-CSF, G-CSF産生悪性胸膜中皮腫の1例., 肺癌, 44巻, 1号, pp. 25-30, 20040101
  106. Myxopapillary ependymoma with anaplastic features, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 53巻, 10号, pp. 700-703, OCT 2003
  107. Meningioangiomatosis occurring in a young male without neurofibromatosis - With special reference to its histogenesis and loss of heterozygosity in the NF2 gene region, AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 26巻, 1号, pp. 125-129, JAN 2002
  108. Heterogeneity of expression of cytokeratin subtypes in squamous cell carcinoma of the lung: With special reference to CK14 overexpression in cancer of high-proliferative and lymphogenous metastatic potential, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 52巻, 4号, pp. 286-293, APR 2002
  109. Co-existence of Carcinosarcoma and Adenoid Basal Carcinoma of the Uterine Cervix with Special Reference toits Correlation with Human Papilloma Virus Infection., Int. J Gynecol Pathol., 21巻, 2号, pp. 186-190, 20020401
  110. Co-existent carcinosarcoma and adenoid basal carcinoma of the uterine cervix and correlation with human papilloma virus infection, International Journal of Gynecological Pathology, 21巻, 2号, pp. 186-190, 20020401
  111. Co-existent carcinosarcoma and adenoid basal carcinoma of the uterine cervix and correlation with human papillomavirus infection., Int. J Gynecol Pathol., 21巻, 2号, pp. 186-90, 20020401
  112. Loss of heterozygosity and microsatellite instability in epithelial hyperplasia of the breast, Journal of Experimental Therapeutics and Oncology, 2巻, 1号, pp. 9-18, 20020401
  113. Meningioangiomatosis Occurring in a Young Male without Neurofibromatosis -With Special Reference to its Histogenesis and LOH in the NF2 Gene Region-, Am. J. Surg. Pathol., 26巻, 1号, pp. 125-126, 20020101
  114. Meningioangiomatosis occurring in a young male without neurofibromatosis: with special reference to its histogenesis and loss of heterozygosity in the NF2 gene region., Am. J. Surg. Pathol., 26巻, 1号, pp. 125-129, 20020101
  115. A case of micronodular pneumocyte hyperplasia diagnosed through lung biopsy using thoracoscopy, RESPIRATION, 69巻, 3号, pp. 277-279, 2002
  116. In vivo histological changes occurring in hydroxyapatite cranial reconstruction - Case report, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 41巻, 2号, pp. 100-104, FEB 2001
  117. Heterogeneous Genetic Alterations in Ovarian Mucinous Tumors-Application and Usefulness of Laser Capture Microdissection-, Human Pathology, 32巻, 11号, pp. 1203-1208, 20011101
  118. An Extraabdominal Desmoid Tumor Presenting as an Intrathoracic Tumor (Intrathoracic Desmoid Tumor): A Case Report and Review of Literature., Pathol. Int., pp. 824-828, 20011001
  119. Loss of heterozygosity and microsatellite instability in epithelial hyperplasia of the breast, J. Exp. Ther. Oncol., 2巻, 1号, pp. 1-10, 20010901
  120. 膀胱paragangliomaの1例, 西日本泌尿器科, 63巻, 3号, pp. 151-153, 20010301
  121. Extra-abdominal desmoid tumor presenting as an intrathoracic tumor: Case report and literature review, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 51巻, 10号, pp. 824-828, 2001
  122. Correlation between genetic alterations and histopathological subtypes in bronchiolo-alveolar carcinoma and atypical adenomatous hyperplasia of the lung, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 50巻, 10号, pp. 778-785, OCT 2000
  123. Correlation between morphological heterogeneity and genetic alteration within one tumor in adenocarcinomas of the lung, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 50巻, 11号, pp. 891-896, NOV 2000
  124. 'Adenomyomatous' hamartoma of the lung, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 50巻, 12号, pp. 984-986, DEC 2000
  125. セルトリ間質細胞腫の診断と鑑別診断, 病理と臨床, 18巻, pp. 435-439, 20000401
  126. Genetic Alterations in Ovarian Mucinous Tumors -with Special Reference to the Histogenesis-, Acta Histochem Cytochem, pp. 123-129, 20000201
  127. Genetic alterations in ovarian mucinous tumors - With special reference to the histogenesis, ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA, 33巻, 2号, pp. 123-129, 2000
  128. Idiopathic granulomatous meningoencephalitis presenting as an intracranial tumor., Pathol. Int., 49巻, 12号, pp. 1084-1088, 19991201
  129. 肺アスペルギルス症を同時に合併した肺扁平上皮癌の一例, 52巻, 7号, pp. 688-690, 19990401
  130. p21WAF1/CIP1 Expression in Primary Lung Adenocarcinomas: Heterogeneous Expression in Tumor Tissues and Correlation with p53 Expression and Proliferative Activities., Carcinogenesis, 19巻, 10号, pp. 1755-1761, 19981001
  131. Microsatellite instability in breast cancers with special regerence to patients’ age and bilaterality, Hiroshima J. Med. Sci., 47巻, 3号, pp. 89-97, 19980901
  132. Angiomyofibroblastoma of the vulva : A mitotically active variant?, Pathology International, 48巻, pp. 292-296, 19980401
  133. Microsatellite instability in Breast cancers with special reference to patients’ age and bilaterality, Hiroshima J. Med. Sci., 47巻, 3号, pp. 89-107, 19980401
  134. Tubular Seminoma of the testis : Report of a Case, Patholgy International, 49巻, pp. 676-679, 19980401
  135. ★, 静止画像伝送システムを用いた術中迅速病理診断の実際と問題点, 広島医学, 51巻, 2号, pp. 200-204, 19980401
  136. 一年以上経過観察であった肺野型肺腺癌のCT像の検討, 肺癌, 13巻, 2号, pp. 85-86, 19980201
  137. 肉眼的嚢胞のない膵のsolid and cystic tumorの一例, 臨床画像, 13巻, 6号, pp. 706-713, 19970601
  138. Solitary fibrous tumor of the prostate, Pathology International, 47巻, pp. 713-717, 19970401
  139. 卵巣粘液性境界悪性腫瘍の細胞増殖能と遺伝子異常, 日本婦人科病理・コルポスコピー学会雑誌, 15巻, pp. 151-155, 19970401
  140. 静止画像伝送システムを用いた術中迅速病理診断の実際と問題点, 広島医学, 51巻, pp. 200-204, 19970401
  141. p16/CDKN2 gene and p53 gene alterations in Japanese non-smoking female lung adenocarcinoma, Jpn.J.Cancer Res., 87巻, pp. 134-140, 19960401
  142. 乳腺穿刺吸引細胞診の一例, 日臨細胞広島会報, 17巻, pp. 72-74, 19960401
  143. 静止画像伝送システムによる術中迅速病理診断の有用性, 日本農村医学会会誌, 45巻, pp. 71-76, 19960401
  144. p16/CDKN2 Gene and p53 Gene Alterations in Japanese Non-smoking Female Lung Adenocarcioma., Jpn.J.Cancer Res., pp. 134-140, 19960201
  145. Primary Carcinoid Tumor of the Kidney with Special Reference to its Histogenesis., Pathol. Int., pp. 894-900, 19960101
  146. 乳腺の上皮過形成病変におけるgenomic instabilityの検出, 乳癌の臨床, 10巻, pp. 664-665, 19950401
  147. ★, p53 mutations in lung cancers from Japanese mustard gas workers., Carcinogenesis, 15(10):2075-9.巻, 10号, pp. 2075-2079, 199412
  148. ★, p53 mutations in lung cancers from non-smoking atomic-bomb survivors., Lancet, 342巻, pp. 1520-1521, 199312
  149. p53 Protein Accumulates Frequently in Early Bronchial Neoplasia., Cancer Res., pp. 1-6, 19930701
  150. Ovarian Sex Cord Tumor with Annular Tubules - A Case Report and Review of the Literature in Japanese., Hiroshima J. Med. Sci., pp. 37-42, 19920201
  151. Quantitative risk assessment of carcinogenicity of urethane (ethyl carbamate) on the basis of long-term oral administration to B6C3F1 mice, 82号, pp. 380-385, 19910401
  152. 一般剖検例におけるPneumocystis carinii肺炎の頻度とその病理学的特徴, 42号, pp. 1644-1648, 19890401
  153. 剖検例におけるアスベスト小体沈着状態の経年的推移に関する研究, 広島医学, 42巻, pp. 1398-1405, 19890401
  154. 最近の194剖検例における肺内のアスベストに関する所見, 広島医学, 42巻, pp. 878-885, 19890401
  155. Nonenhancing peritumoral hyperintense lesion on diffusion-weighted imaging in glioblastoma: a novel diagnostic and specific prognostic indicator., J Neurosurg, 2017
  156. Prognostic Role of Subtype Classification in Small-Sized Pathologic N0 Invasive Lung Adenocarcinoma., Ann Thorac Surg., 102巻, 5号, pp. 1668-1673., 2017
  157. 孤在性線維性腫瘍, 病理と臨床-病理診断クイックリファレンス, 33巻, 臨時増刊)号, pp. 37-37, 20150401
  158. 炎症性偽腫瘍, 病理と臨床-病理診断クイックリファレンス, 33巻, (臨時増刊)号, pp. 36-36, 20150401
  159. 中皮腫の確定診断のための免疫組織化学的検査の現状と今後について, 平成26年度労災疾病臨床研究事業 胸膜中皮腫の的確な診断方法に関する研究 ー鑑別診断方法と症例収集ー, 20150331
  160. 側頭葉に発生したpapillary glioneuronal tumorの1例, 脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery, 22巻, 11号, pp. 860-865, 20131120
  161. 乳腺原発の横紋筋肉腫への分化を伴う間質肉腫の1例, 日本臨床細胞学会雑誌, 52巻, 4号, pp. 386-387, 20130722
  162. 顔面神経麻痺で発症した錐体骨 malignant fibrous histiocytoma の1例, 脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery, 22巻, 4号, pp. 306-312, 20130420
  163. 乳腺原発の横紋筋肉腫への分化を伴う間質肉腫の 1 例, 日本臨床細胞学会雑誌, 52巻, 4号, pp. 386-387, 2013
  164. 耳下腺に発生した Mucoepidermoid carcinoma arising in Warthin tumor の1例, 診断病理 : Japanese journal of diagnostic pathology, 28巻, 2号, pp. 94-98, 20110428
  165. Evaluation of Apoptosis and Immunohistochemical Expression of the Apoptosis-related Proteins in Mesothelioma, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 59巻, 2号, pp. 27-33, 201006
  166. 悪性胸膜中皮腫確定診断のための胸膜生検, 肺癌, 50巻, 2号, pp. 130-135, 2010
  167. 乳腺に発生した結節性筋膜炎の1例, 日本臨床細胞学会雑誌, 48巻, 4号, pp. 201-205, 20090722
  168. Clinicopathological and immunohistochemical features of three pilomyxoid astrocytomas : Comparative study with 11 pilocytic astrocytomas, Pathology international, 59巻, 2号, pp. 80-85, 20090201
  169. アスベストと肺がん (特集 肺がん--がん津波への備え), 綜合臨床, 57巻, 9号, pp. 2274-2277, 200809
  170. Reg IV is an independent prognostic factor for relapse in patients with clinically localized prostate cancer, Cancer science, 99巻, 8号, pp. 1570-1577, 20080810
  171. Differential diagnosis of sarcomatoid mesothelioma from true sarcoma and sarcomatoid carcinoma using immunohistochemistry, Pathology international, 58巻, 2号, pp. 75-83, 20080201
  172. A Useful Antibody Panel for Differential Diagnosis Between Peritoneal Mesothelioma and Ovarian Serous Carcinoma in Japanese Cases, AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 130巻, 5号, pp. 771-779, 2008
  173. 中皮腫の病理診断のストラテジー--免疫組織化学的染色の有用性 (特集 アスベストによる健康障害) -- (アスベスト関連疾患の診断), 最新医学, 62巻, 1号, pp. 64-69, 200701
  174. Immunohistochemical marker panels for distinguishing between epithelioid mesothelioma and lung adenocarcinoma, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 57巻, 4号, pp. 190-199, 2007
  175. アスベスト曝露による肺癌, MOOK肺癌の臨床2007-2008, pp. 49-56, 2007
  176. 病理よりみたアスベスト関連疾患の特徴と問題点 (あゆみ アスベスト関連疾患), 医学のあゆみ, 219巻, 11号, pp. 827-830, 20061223
  177. Characterization of SEZ6L2 cell-surface protein as a novel prognostic marker for lung cancer, Cancer science, 97巻, 8号, pp. 737-745, 20060810
  178. Expression of vascular endothelial growth factor-C and its receptor in invasive micropapillary carcinoma of the breast, Pathology international, 56巻, 5号, pp. 256-261, 20060501
  179. The Reversed Apical Pattern of MUC1 Expression Is Characteristics of Invasive Micropapillary Carcinoma of the Breast, Breast cancer : the journal of the Japanese Breast Cancer Society, 13巻, 1号, pp. 58-63, 20060105
  180. 胸膜中皮腫の病理, Mebio., 23巻, pp. 42-51, 2006
  181. Desmoplastic Malignant Pleural Mesotheliomaに対し術前化学療法後, 胸膜肺全摘術を施行した1例, 肺癌, 45巻, 7号, pp. 851-856, 20051220
  182. Loss of expression of E-cadherin and β-catenin is associated with progression of pulmonary adenocarcinoma, Pathology international, 55巻, 1号, pp. 14-18, 20050101
  183. Esophageal carcinosarcoma with basaloid squamous carcinoma and rhabdomyosarcoma components with TP53 mutation, Pathology international, 54巻, 10号, pp. 803-809, 20041001
  184. Inactivation of the p16 gene by hypermethylation and loss of heterozygosity in adenocarcinoma of the lung, Pathology international, 54巻, 7号, pp. 486-489, 20040701
  185. Meningioma in mature cystic teratoma of the ovary, Pathology international, 54巻, 7号, pp. 543-548, 20040701
  186. 好酸球性胸水を呈したGM-CSF,G-CSF産生性悪性胸膜中皮腫の1例, 肺癌, 44巻, 1号, pp. 25-30, 20040220
  187. 胸膜の Localized (Solitary) fibrous tumor の病理, 病理と臨床, 22巻, pp. 708-712, 2004
  188. Myxopapillary ependymoma with anaplastic features, Pathology international, 53巻, 10号, pp. 700-703, 20031001
  189. Case of clear cell ependymoma of medulla oblongata : Clinicopathological and immunohistochemical study with literature review, Pathology international, 53巻, 5号, pp. 297-302, 20030501
  190. Heterogeneity of expression of cytokeratin subtypes in squamous cell carcinoma of the lung : With special reference to CK14 overexpression in cancer of high-proliferative and lymphogenous metastatic potential, Pathology international, 52巻, 4号, pp. 286-293, 20020401
  191. Extra-abdominal desmoid tumor presenting as an intrathoracic tumor : Case report and literature review, Pathology international, 51巻, 10号, pp. 824-828, 20011001
  192. 膀胱 paraganglioma の1例, 西日本泌尿器科, 63巻, 3号, pp. 151-153, 20010320
  193. In Vivo Histological Changes Occurring in Hydroxyapatite Cranial Reconstruction, Neurologia medico-chirurgica, 41巻, 2号, pp. 100-104, 20010215
  194. Correlation between morphological heterogeneity and genetic alteration within one tumor in adenocarcinomas of the lung, Pathology international, 50巻, 11号, pp. 891-896, 20001101
  195. Correlation between genetic alterations and histopathological subtypes in bronchiolo-alveolar carcinoma and atypical adenomatous hyperplasia of the lung, Pathology international, 50巻, 10号, pp. 778-785, 20001001
  196. 症例 肺静脈の閉塞をきたした心膜悪性中皮腫の1症例:本邦56例の検討, 心臓, 32巻, 5号, pp. 438-445, 2000
  197. Idiopathic granulomatous meningoencephalitis presenting as an intracranial tumor, Pathology international, 49巻, 12号, pp. 1084-1088, 19991201
  198. 肺腺癌の組織学的構築による分類と臨床病理学的因子,p53蛋白発現および細胞増殖能との相関, 肺癌, 39巻, 7号, pp. 995-1000, 19991201
  199. Down-regulation of KAI1 Messenger RNA Expression Is Not Associated with Loss of Heterozygosity of the KAI1 Gene Region in Lung Adenocarcinoma, Japanese journal of cancer research : gann, 90巻, 9号, pp. 970-976, 19990930
  200. Tubular seminoma of the testis, Pathology international, 49巻, 7号, pp. 676-679, 199907
  201. Abstracts:THE 40TH MEMORIAL SCIENTIFIC MEETING OF THE JAPAN SOCIETY OF HISTOCHEMISTRY AND CYTOCHEMISTRY, ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA, 32巻, 6号, pp. 502-516, 1999
  202. Immunohistochemical and Molecular Pathological Analysis of Cell Cycle-related Factors in Human Multistep Carcinogenesis, Acta histochemica et cytochemica, 32巻, 6号, 1999
  203. Angiomyofibroblastoma of the vulva : A mitotically active variant?, Pathology international, 48巻, 4号, pp. 292-296, 199804
  204. 胸膜原発のSolitary Fibrous Tumor6例の病理組織学的及び免疫組織化学的検討, 肺癌, 38巻, 2号, pp. 117-122, 199804
  205. Solitary fibrous tumor of the prostate, Pathology international, 47巻, 10号, pp. 713-717, 199710
  206. Primary carcinoid tumor of the kidney with special reference to its histogenesis, Pathology international, 46巻, 11号, pp. 894-900, 199611
  207. 末梢肺の異型腺腫様過形成(AAH)の遺伝子異常の解析, 肺癌, 36巻, 5号, 19960930
  208. 肺芽腫の1例, 肺癌, 36巻, 5号, 19960930
  209. p16/CDKN2 Gene and p53 Geno Alteration in Japanese Non-smoking Female Lung Adenocarcinoma, Japanese journal of cancer research : gann, 87巻, 2号, pp. 134-140, 19960229
  210. Effects of K-ras Gene Mutations in the Development of Lung Lesions Induced by 4-(N-Methyl-N-nitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanone in A/J Mice, Japanese journal of cancer research : gann, 87巻, 1号, pp. 44-50, 19960101
  211. Alteration of the p53 gene of lung carcinomas with sarcomatous transformation (spindle cell carcinoma) : Analysis of four cases, Pathology international, 46巻, 1号, pp. 38-45, 199601
  212. PATHOLOGY OF RESPIRATORY TRACT IN FORMER WORKERS IN MUSTARD GAS FACTORY : A REVIEW, Journal of toxicologic pathology, 8巻, 4号, pp. 343-353, 19951201
  213. 肺内にクリソタイルの沈着が優位であった胸膜悪性中皮腫の一剖検例, 肺癌, 35巻, 6号, pp. 783-788, 19951020
  214. 末梢肺の異型腺腫様過形成(AAH)の遺伝子異常の解析 : 前癌病変, 肺癌, 35巻, 5号, 19950901
  215. 静止画像伝送システムによる術中迅速病理診断の有用性, 日本農村医学会雑誌, 44巻, 3号, 19950901
  216. 胸腺の異型カルチノイド3例の病理学的所見, 肺癌, 34巻, 7号, pp. 1093-1098, 19941220
  217. 肉腫様変化を伴う肺癌におけるp53癌抑制遺伝子の異常 : 癌関連遺伝子, 肺癌, 34巻, 5号, 19941010
  218. 肺の異型腺腫様過形成(AAH)における増殖能とp53遺伝子の異常の解析 : 癌関連遺伝子, 肺癌, 34巻, 5号, 19941010
  219. 肺細胞シリ-ズ-7-胸膜中皮細胞, 臨床科学, 30巻, 5号, pp. p595-603, 199405
  220. 小型肺腺癌におけるCEAの発現様式の臨床病理学的意義についての検討, 肺癌, 32巻, 7号, pp. 1049-1057, 19921220
  221. 肺の腺扁平上皮癌の臨床病理学的検討, 肺癌, 32巻, 4号, pp. 543-551, 19920820
  222. Histopathological former workers engaged in mustard gas factory, Med J Hiroshima Univ, 38巻, pp. 853-863, 1990
  223. Idipatic granulomatous meningoencepalitis presenting as an intracranial tumor, Pathology International, 49巻, pp. 1084-1088
  224. Immunohistochemical study of Ki-67 (MIB-1), p53 protein, p21WAF1, p27KIP1expression in benign, atypical, and anplastic meningiomas, Human Pathology, 32巻, pp. 970-975

著書等出版物

  1. 2020年03月31日, 令和元年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(中皮腫の遺伝子異常に基づく診断法の開発に関する調査編), 福岡大学, 2020年, 202003, 調査報告書, 共著
  2. 2020年03月31日, 令和元年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(石綿関連腫瘍―中皮腫と肺癌―の多分化能の調査編), 国際医療福祉大学, 2020年03月31日, 202003, 調査報告書, 共訳
  3. 2016年, アスベスト関連疾患日常診療ガイド アスベスト関連疾患を見逃さないために 改訂3版, 良性石綿胸水と胸膜中皮腫の病理学的鑑別, 2016, 2017年, 単行本(学術書), 共著, 武島幸男,Amatya V.J.,櫛谷 桂
  4. 2016年, 卵巣・卵管腫瘍病理アトラス 改訂・改題第2版, 性腺芽腫 gonadoblastoma, 2016年, 2016, 単行本(学術書), 単著
  5. 2016年, 卵巣・卵管腫瘍病理アトラス 改訂・改題第2版, 性分化疾患と性腺腫瘍(卵巣腫瘍), 文光堂, 2016年, 2016, 単行本(学術書), 共著
  6. 2015年, 月12日, 石綿関連疾患の病理とそのリスクコミュニケーション, 通常型中皮腫の病理, 篠原出版新社, 2015年, 12, 単行本(学術書), 共著, 武島幸男、櫛谷 桂、Amatya V.J.、井内康輝
  7. 2016年03月31日, 平成27年度 環境省請負業務石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する調査編)報告書, 広島大学, 2016年, 03, 調査報告書, 共著
  8. 2014年, 腫瘍病理鑑別診断アトラス 肺癌, 扁平上皮癌とその特殊型, 2014年, 単行本(学術書), 共著
  9. 2014年, 腫瘍病理鑑別診断アトラス 肺癌,, 扁平上皮異型性、上皮内(扁平上皮)癌, 2014年, 単行本(学術書), 共著
  10. 2014年, 腫瘍病理鑑別診断アトラス 縦隔腫瘍・胸膜腫瘍, 上皮型中皮腫、肉腫型中皮腫(線維形成型中皮腫を含む)、二相型中皮腫, 単行本(学術書), 共著
  11. 2009年03月, 画像と病理像から学ぶ 中皮腫アトラス 中皮腫の免疫組織化学的染色の見方 , 篠原出版新社, 2009年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 978488412326, 288
  12. 2008年03月, MOOK肺癌の臨床2008~2009「中皮細胞増殖の良・悪性の病理組織学的鑑別診断」, 篠原出版新社, 2008年, 03, 単行本(一般書), 共編著, 9784884126179, 417
  13. 2008年03月, 中皮腫発生に関わるエピジェネティクス. MOOK「肺癌の臨床2008~2009」 , 篠原出版新社, 2008年, 03, 単行本(学術書), 共著, 河野 秀和 武島 幸男 井内 康輝 , 9784884126179, 417
  14. 2007年03月, 中皮腫の遺伝子異常ーマイクロアレイを用いた網羅的解析「MOOK肺癌の臨床2007~2008」 , 篠原出版新社, 2007年, 03, 単行本(学術書), 共著, 武島 幸男 , 9784884126162, 281
  15. 2007年11月, 胸膜中皮腫の病理組織学的鑑別と免疫組織化学的染色の有用性 , 中外医学社, 2007年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 櫛谷 桂 , 9784498022, 211
  16. 2007年12月, 胸膜中皮腫の病理学的鑑別診断と免疫組織化学的染色の有用性, 2007年, 12, 共編著
  17. 2004年04月, 性腺芽腫(純粋型・悪性胚細胞腫を伴うもの) , 文光堂・卵巣腫瘍アトラス, 2004年, 04, 単行本(学術書), 共著, 石倉浩 手島伸一編 , 421
  18. 2007年03月, アスベスト曝露による肺癌 , 篠原出版新社, 2007年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 坂谷 暁夫 , 9784884126, 363
  19. 1991年, Sporadic, Late-Onset Case of Familial Amyloid Polyneuropathy Type I (Andrade), A Clinical Study. , Kluwer Academic Publ., 1991年, 共著
  20. 2015年03月31日, 平成26年度労災疾病臨床研究事業 胸膜中皮腫の的確な診断法保運関する研究 -鑑別診断方法と症例収集-, 中皮腫の確定診断のための免疫組織化学的点差の現状と今後について, 中皮腫、病理、免疫染色, 2016年, 0331, 調査報告書, 共著
  21. 平成27年度 厚生労働省受託研究 「毒ガスの後遺症とその予後に関する研究班」報告書, 毒ガス傷害者にみられる慢性細気管支炎を基盤とした気腫化の病理学的検討-気道上皮・肺胞上皮のDNA損傷応答を指標としてー, 毒ガス、気道、遺伝子異常, 2016年, 03, 調査報告書, 共著
  22. 2017年03月31日, 環境省請負業務石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する調査編)報告書, 環境省請負業務石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する調査編)報告書, 共著, 武島 幸男、井内 康輝、岸本 卓巳、石川 雄一、岡田 守人、Amatya V.Jeet、櫛谷 桂  、
  23. 平成28年度 厚生労働省受託研究 「毒ガスの後遺症とその予後に関する研究班」報告書, 毒ガス傷害者にみられる慢性細気管支炎を基盤とした気腫化の病理学的検討-気道上皮・肺胞上皮のDNA損傷応答を指標としてー (第2報), 20170331, 2017年, 調査報告書, 共著, 西阪隆、武島幸男
  24. 平成26-28年度労災疾病臨床研究事業 胸膜中皮腫の的確な診断法保運関する研究 -鑑別診断方法と症例収集-, 中皮腫の病理組織学的鑑別診断の為の新規免疫組織化学カーカーの探索, 2017年, 03, 調査報告書, 共著, 櫛谷桂、Amatya V. Jeet、武島幸男
  25. 2018年.3月.3日, 平成29年度 環境省請負業務石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する調査編)報告書, 2018年, 2018.3, 調査報告書, 共著, 日本語, 武島幸男、井内康輝,岸本卓巳,石川雄一,岡田守人,Amatya V.J.,研究協力者 櫛谷 桂, 52, 52
  26. 平成29年度 石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務報告書 (新たな免疫染色抗体を用いた中皮腫診断法の開発に関する調査編), 2018年.3月.3日, 2018.3., 調査報告書, 廣島健三、石川雄一,岡 輝明,大林千穂,武島幸男, 17
  27. 平成29年度 石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務報告書(肉腫型中皮腫に関する調査編), 2018年, 2018.03, 石川雄一、廣島健三,岡 輝明,大林千穂,武島幸男, 45
  28. 2019年03月29日, 平成30年度 石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務報告書 (新たな免疫染色抗体を用いた中皮腫診断法の開発に関する調査編), 網羅的遺伝子発現解析より見いだした新規中皮腫陽性マーカーPRG4と中皮腫陰性マーカーMUC21の上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断への応用, 2019年, 3, 調査報告書, 共訳

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Musashi-1 is novel immunohistochemical marker of neuroendorine carcinoma of lung, Amatya V.J., 櫛谷 桂,甲斐佑一郎,神原貴大,鈴木瑠偉,藤井祐太朗,宮田義浩,岡田守人,武島幸男, 第60回日本肺癌学会学術集会, 2019年12月06日, 通常, 日本語, 実験データ
  2. Pathological Diagnosis of Mesothelioma Using Immunohistochemistry, Yukio Takeshima, JICA project "The improvement of diagnostic ability in early phase of pneumoconiosis and asbestosis-exposure related respiratory disease", 2019年11月19日, 通常, 英語, その他
  3. 髄芽腫成分と未熟奇形腫成分が混在した第4脳室内腫瘍の臨床病理学的検討, 高野元気, 山崎文之, 米澤 潮, 田口 慧, 森岡博美, Amatya V.J.,武島幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 日本脳神経外科学会第78回学術総会, 2019年10月09日, 通常, 日本語, 実験データ
  4. 症例1〜8の解説, 武島幸男,Amatya V.J.,櫛谷 桂, 第27回中皮腫パネル, 2019年10月05日, 通常, 日本語, その他
  5. 中皮腫細胞におけるmiR-18aの増殖,遊走および抗がん剤耐性に関する検討, 鈴木瑠偉,Amatya V.J.,藤井祐太朗,櫛谷 桂,甲斐佑一郎,神原貴大,武島幸男, 第1回日本石綿・中皮腫学会, 2019年09月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  6. 脳腫瘍 (Papillary craniopharyngioma), 神原貴大,Amatya V.J.,櫛谷 桂,山崎文之,栗栖 薫,武島幸男, 第72広島病理集談会, 2019年09月07日, 通常, 日本語, 発表資料
  7. Pathological diagnosis of lung cancer, Yukio Takeshima, JICA project "The improvement of diagnostic ability in early phase of pneumoconiosis and asbestosis-exposure related respiratory disease", 2019年06月27日, 通常, 英語, その他
  8. Practice and Utility of Immunohistochemistry and genetic analysis for Pathological Diagnosis, Yukio Takeshima, JICA project "The improvement of diagnostic ability in early phase of pneumoconiosis and asbestosis-exposure related respiratory disease", 2019年06月27日, 通常, 英語, Ulaanbaatar, Mongolia, その他
  9. H3K27me3を用いたposterior fossa ependymomaの臨床像の相違, 米澤 潮, 山崎文之, 高野元気, 田口 慧, 吉廣正子, Amatya V.J.,武島幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 日本脳神経外科学会第78回学術総会, 2019年05月31日, 通常, 日本語, 実験データ
  10. 3K27me3 を用いた posterior fossa ependymoma の臨床像の相違, 米澤 潮, 山崎文之, 高野元気, 田口 慧, 吉廣正子, Amatya V.J.,武島幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第37回日本脳腫瘍病理学会, 2019年05月31日, 通常, 日本語, 発表資料
  11. EZH2免疫染色陽性はdiffuse midline glioma,H3K27M-mutantの予後不良因子である, 山崎文之, Vega K.), Amatya V.J., 高野元気, 米澤 潮, 田口 慧, 武島幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第37回日本脳腫瘍病理学会, 2019年05月31日, 通常, 日本語, 実験データ
  12. 髄芽腫成分と未熟奇形腫成分が混在した第4脳室内腫瘍の一例, 高野元気, 山崎文之, 米澤 潮, 田口 慧, 森岡博美, Amatya V.J.,武島幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第37回日本脳腫瘍病理学会, 2019年05月19日, 通常, 日本語, 発表資料
  13. ショック状態で搬入され短時間で死亡した94歳男性症例, 三善冴子,武島幸男, 2019年度福島生協病院CPC, 2019年05月14日, 通常, 日本語, 実験データ
  14. 中皮腫細胞株におけるmiR-18aおよびmiR-18bの機能解析, 鈴木瑠偉,Amatya V.J.,櫛谷 桂,甲斐佑一郎,神原貴大,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 発表資料
  15. 大脳 epithelioid glioblastoma の1例, 神原貴大,Amatya V.J.,尾上 亮,鈴木瑠偉,甲斐佑一郎,櫛谷 桂,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 実験データ
  16. 広島県腫瘍登録事業に基づく5015例の唾液腺腫瘍の臨床病理学的特徴, 仙谷和弘,小川郁子,梶原博毅,米原修治,武島幸男、安井 弥, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 実験データ
  17. Intelectin-1の大腸腫瘍における臨床病理学的意義, 勝矢脩嵩,仙谷和弘,大上直秀,Amatya V.J.,武島幸男,服部拓也,坂本直也,安井 弥, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 日本語, 実験データ
  18. 上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断における新規マーカーSOX6の有用性, 神原貴大,Amatya V.J.,鈴木瑠偉,甲斐佑一郎,櫛谷 桂,武島幸男, 第108回日本病理学会総会 , 2019年05月09日, 通常, 日本語, 実験データ
  19. Musashi-1 is a novel immunohistochemical marker of small cell carcinoma of lung, Amatya V.J.,櫛谷 桂,甲斐佑一郎,神原貴大,鈴木瑠偉,宮田義浩,岡田守人,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 実験データ
  20. Glypican-1は肺扁平上皮癌における新規陽性マーカーである, 甲斐佑一郎,Amatya V.J.,櫛谷 桂,神原貴大,鈴木瑠偉,宮田義浩,岡田守人,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 実験データ
  21. Pathological Diagnosis of Mesothelioma Using Immunohistochemistry, Yukio Takeshima, JICA project "The improvement of diagnostic ability in early phase of pneumoconiosis and asbestosis-exposure related respiratory disease", 2018年12月08日, 招待, 英語
  22. miR-182 and miR-183 promote cell proliferation and invasion by targeting FOXO1 in mesothelioma, 鈴木瑠偉,Amatya V.J.,櫛谷 桂,甲斐佑一郎,神原貴大,武島幸男, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月23日, 通常, 日本語, 発表資料
  23. Exploration of the novel immunohistochemical markers of epithelioid mesothelioma and lung adenocarcinoma, Amatya V.J.,櫛谷 桂,武島幸男, 第64回日本病理学会秋期特別総会 (JPPSコンパニオンミーティング), 2018年11月23日, 招待, 日本語, 発表資料
  24. 広島県腫瘍登録における軟部腫瘍の解析1973-2012, 重西邦浩,杉山裕美,米原修治,小笹晃太郎,梶原博毅,津谷隆史,武島幸男, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 発表資料
  25. 中皮腫規約分類刊行について-病理の立場から-, 武島幸男,石川雄一,大林千穂,河合俊明,清川貴子,櫛谷 桂,辻村 亨,鍋島一樹,廣島健三, 第25回石綿・中皮腫研究会, 2018年11月10日, 招待, 日本語, 発表資料
  26. 上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断におけるPRG4免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷 桂,甲斐佑一郎,Amatya V.J.,鈴木瑠偉,神原貴大,武島幸男, 第25回石綿・中皮腫研究会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 発表資料
  27. Pathological diagnosis of lung cancer, Yukio Takeshima, JICA project "The improvement of diagnostic ability in early phase of pneumoconiosis and asbestosis-exposure related respiratory disease", 2018年07月05日, 招待, 英語
  28. 上皮型中皮腫と非小細胞性肺癌の病理学的鑑別診断における抗Annexin-8抗体の有用性, 櫛谷 桂,Amatya V.J.,鈴木瑠偉,甲斐佑一郎,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  29. Glypican-1 is the positive marker to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma, Amatya V.J.,鈴木瑠偉,甲斐佑一郎,櫛谷 桂,宮田義浩,岡田守人,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  30. miR-182およびmiR-183の抑制は中皮腫細胞の増殖および浸潤を抑制する, 鈴木瑠偉,Amatya V.J.,Mawas A.S.,櫛谷 桂,甲斐佑一郎,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  31. 腸間膜滑膜肉腫の1例, 金子真弓,松浦博夫,木村修士,江川博彌,中島 亨,平井裕,坪川典史,向田秀則,Amatya V.J.,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  32. 胸膜中皮腫・肺腺癌の同時性重複腫瘍の遺伝子発現プロファイルに基づく新規中皮腫マーカーの探索, 中 智昭,畑中 豊,岡田宏美,畑中佳奈子,樋田泰浩,加賀基知三,武島幸男,井内康輝,三橋智子,松野吉宏, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  33. インテレクチン1の大腸癌における臨床病理学的意義, 勝矢脩嵩,仙谷和弘,大上直秀,Amatya V.J.,武島幸男,服部拓也,坂本直也,安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  34. PRG4とMUC21は上皮性中皮腫と肺腺癌の新規鑑別マーカーである, 甲斐佑一郎,Amatya V.J.,櫛谷 桂,(宮田義浩,岡田守人),鈴木瑠偉,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  35. 肺腫瘍 (Fetal adenocarcinoma, high grade), 櫛谷 桂、武島幸男, 日本病理学会中国四国支部学術集会第125回スライドカンファレンス, 2018年02月, 通常, 日本語, 実験データ
  36. 無症候性原発性胆汁性肝硬変(胆管炎)の一例, 平石純斗、長沖祐子、武島幸男, 第68回マツダ病院CPC, 2017年11月, 招待, 日本語, 実験データ
  37. Diagnostic utility of MUC4 expression to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma and squamous cell carcinoma, Amatya V.J., Mawas A.S., Kushitani K., Kai Y., Miyata Y., Okada M. and Takeshima Y., IASLC 18th World Conference on Lung Cancer, 2017年10月15日, 通常, 英語, 発表資料
  38. Identification of DAB2 and Intelection-1 as novel positive immunohistochemical markers of epithelioid mesothelioma, Kushitani K., Amatya V.J., Okada Y., Katayama Y., Mawas A.S., Miyata Y., Okada M., Inai K., Kishimoto T. and Takeshima Y., IASLC 18th World Conference on Lung Cancer, 2017年10月15日, 通常, 英語, 実験データ
  39. Usefulness of immunohistochemistry in the differential diagnosis of epithelioid mesothelioma and lung squamous cell carcinoma, Kushitani K., Amatya V.J., Okada Y., Katayama Y., Mawas A.S., Miyata Y., Okada M., Inai K., Kishimoto T. and Takeshima Y., IASLC 18th World Conference on Lung Cancer, 2017年10月15日, 通常, 英語, 発表資料
  40. Therapeutic strategies and genetic comparisons in SCLC and LCNEC of the lung using next-generation sequencing, Ito M., Miyata Y., Hirano S., Kimura S., Irisuna F., Kushitani K., Tsutani Y., Takeshima Y. and Okada M., IASLC 18th World Conference on Lung Cancer, 2017年10月15日, 招待, 英語, 発表資料
  41. 網羅的遺伝子発現解析から同定したDAB2 とIntelectin-1 の上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断における有用性, 倉岡正嗣、Amatya V.J.、櫛谷 桂、Mawas A.S.、宮田義浩、岡田守人、岸本卓巳、井内康輝、西阪 隆、末田泰二郎、武島幸男, 第24回石綿・中皮腫研究会 , 2017年10月, 通常, 日本語, 発表資料
  42. 全24回の中皮腫パネルの概略と興味深い例の供覧, 武島幸男、Amatya V. Jeet、櫛谷 桂, 第12回中皮腫細胞診セミナー, 2017年09月16日, 招待, 日本語, 中皮腫細胞診研究会, 広島市, 発表資料
  43. 肺腺癌と上皮型中皮腫の鑑別に有用な新規マーカーの探索-網羅的遺伝子発現解析から免疫組織化学的染色マーカーへの展開-, Amatya V.J.、櫛谷 桂、武島幸男, 第12回中皮腫細胞診セミナー, 2017年09月, 招待, 日本語, 発表資料
  44. 肺腫瘍 (Extraskeletal osteosarcoma of intimal origin), 櫛谷 桂,武島幸男, 第68回広島病理集談会, 2017年07月, 通常, 日本語, 実験データ
  45. Diffuse Leptomeningeal glioneuronal tumorの1例, 山崎文之, Karlowee V., 齋藤太一, 高安武志, 野坂 亮, Amatya V.J., 武島幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第35回日本脳腫瘍病理学会, 2017年05月, 通常, 日本語, 発表資料
  46. Multicentric Glioma Develops via a Mutant IDH1-Independent Pathway, Karlowee V., 山崎文之, Amatya V.J., 平野宏文, 高安武志, 野坂 亮, 武島幸男, 杉山一彦, 有田和徳, 栗栖 薫, 第35回日本脳腫瘍病理学会, 2017年05月, 通常, 英語, 発表資料
  47. 小細胞型胸膜悪性中皮腫の1例, 阪本 聖、田中信利、柏原倫子、御手洗賀世、江川博彌、谷本博利、金子真弓、武島幸男, 第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会), 2017年05月, 通常, 日本語, 実験データ
  48. 肉腫型中皮腫の病理診断についての諸問題〜中皮腫パネル検討症例を中心に〜, 武島幸男, 第106回日本病理学会総会 コンパニオンミーティング7 石綿・中皮腫研究会 中皮腫診断の最前線, 2017年04月, 招待, 日本語, 発表資料
  49. MUC4, immunohistochemical marker to differentiate lung adenocarcinoma from epithelioid mesothelioma, Amatya V.J., 櫛谷 桂、鈴木瑠偉、Mawas A.S.、武島幸男, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月, 通常, 英語, 発表資料
  50. 上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断におけるIntelectin-1, DAB2免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷 桂、Amatya V.J.、宮原 新、大岡郁子、鈴木瑠偉、Mawas A.S.、武島幸男, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月, 通常, 日本語, プレプリント
  51. 小細胞型胸膜悪性中皮腫の1例, 金子真弓、松浦博夫、江川博彌、北川浩樹、池田拓広、向田秀則、Amatya V.J.、武島幸男, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月, 通常, 日本語, 発表資料
  52. 免疫組織化学的染色による上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断, 大岡郁子、櫛谷 桂、Amatya V.J.、Mawas A.S.、鈴木瑠偉、宮原 新、武島幸男, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月, 通常, 日本語, 発表資料
  53. PIM1の抑制は中皮腫細胞の細胞増殖および浸潤を抑制する, 鈴木瑠偉、Mawas A.S.、宮原 新、大岡郁子、Amatya V.J.、櫛谷 桂、武島幸男, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月, 通常, 日本語, 発表資料
  54. MUC4 is novel markers to differentiate sarcomatoid mesothelioma from sarcomatoid carcinoma of lung, Amatya V.J.、Mawas A.S.、櫛谷 桂、武島幸男, 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016年12月19日, 通常, 日本語
  55. 上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断におけるSurvivin, BAP1 免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷 桂、Amatya V.J.、Mawas A.S.、鈴木瑠偉、武島幸男, 第23回石綿・中皮腫研究会, 2016年10月15日, 通常, 日本語
  56. 「がん」とは何か〜目で見てみよう〜, 武島幸男, 江田島ロータリークラブ主催 ロータリー財団100年記念事業 がん予防普及推進セミナー, 2016年08月23日, 招待, 日本語
  57. Search of novel markers for accurate pathological diagnosis of malignant mesothelioma, Yukio Takeshima, Global Academic Program related Meeting between Hiroshima University and the University of Texas MD Anderson Cancer Center, 2016年07月22日, 招待, 英語
  58. Differential microRNA expression profiling of mesothelioma and expression analysis of miR-1 and miR-214 in mesothelioma, Amatya V.J., Mawas A.S., Suzuki R., Kushitani K., Mouchira M. Mohi El-Din)and Takeshima Y, Global Academic Program related Meeting between Hiroshima University and the University of Texas MD Anderson Cancer Center, 2016年07月22日, 通常, 英語
  59. Functional analysis of PIM-1 expressions in mesothelioma cell lines, Mawas A.S.,Amatya V.J.,櫛谷 桂,武島幸男, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 英語
  60. 上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断における免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷 桂,岡田靖子,片山裕也,Amatya V.J., Mawas A.S.,武島幸男, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語
  61. 低分化な胸膜上皮型中皮腫と低分化型肺腺癌の鑑別診断における免疫組織化学的染色の有用性, 片山裕也,岡田靖),櫛谷 桂,Amatya V.J.,Mawas A.S.,武島幸男, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語
  62. MicroRNA profiling of mesothelioma cell lines & their biological function, Amatya V.J.、Mawas Amany S.、櫛谷 桂、武島幸男, 4, 第22回石綿・中皮腫研究会, 2015年10月31日, 通常, 英語, 石綿・中皮腫研究会, 20151031, 実験データ
  63. 肉腫型中皮腫の病理診断における免疫組織化学的染色の有用性と諸問題, 武島幸男、Amatya V.J.、櫛谷 桂, 武島幸男、Amatya V.J.、櫛谷 桂, 第22回石綿・中皮腫研究会, 2015年10月31日, 招待, 日本語, 石綿・中皮腫研究会, 川崎市, 発表資料
  64. 希少症例のFFPE組織検体から出発した悪性中皮腫の新規分子診断マーカーの探索, 中 智昭、畑中 豊、菅野宏美、畑中佳奈子、武島幸男、井内康輝、三橋智子、松中吉宏, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語
  65. 重症高血圧症・重症糖尿病による慢性腎不全が急性増悪し死亡した1例, 豊田ゆかり、矢野 潤、辻 英之、武島幸男, 第57回マツダ病院CPC, 2015年09月25日, 通常, 日本語, 実験データ
  66. 胸膜中皮腫に対する胸膜切除/肺剥皮術後、同側肺内に発症した原発性肺癌の1例, 黒川知彰、宮田義浩、鍵本篤志、甲斐佑一郎、伊藤正興、津谷康大、三村剛史、岡田守人、櫛谷 桂、武島幸男, 第109回広島がん治療研究会 , 2015年09月19日, 通常, 日本語, 実験データ
  67. 胸膜中皮腫に対する胸膜切除/肺剥皮術後、同側肺内に発症した原発性肺癌の1例, 黒川知彰、宮田義浩、鍵本篤志、甲斐佑一郎、伊藤正興、津谷康大、三村剛史、岡田守人、櫛谷 桂、武島幸男, 第109回広島がん治療研究会, 2015年09月19日, 通常, 日本語, 実験データ
  68. 肺腫瘤 (Papillary adenoma), 櫛谷 桂、城間紀之、武島幸男, 第64回広島病理集談会, 2015年07月18日, 通常, 日本語, 実験データ
  69. 広島県腫瘍登録における精巣腫瘍の解析, 西阪 隆、杉山裕美、小笹晃太郎、歌田真依、有田健一、野間 純、山田博康、津谷隆史、梶原博毅、米原修治、武島幸男、安井 弥, 地域がん登録全国協議会第24回学術集会, 2015年06月10日, 通常, 日本語, 実験データ
  70. Immunohistochemical study of multicentric glioma, カラロウェー・ヴェガ, 山崎 文之, Amatya V.J.、 高安 武志, 野坂 亮, 杉山 一彦, 栗栖 薫, 第33回日本脳腫瘍病理学会, 2015年06月10日, 通常, 英語
  71. 小脳半球に発生したlarge cell/anaplastic medulloblastomaの2例, 野坂 亮, 山崎 文之, 高安 武志, 栗栖 薫, 武島 幸男, アマティア・ヴィシュワ・ジート , 杉山 一彦, 第33回日本脳腫瘍病理学会, 2015年05月29日, 通常, 日本語, 実験データ
  72. 肺扁平上皮癌の新WHO肺癌分類における主な改訂点, 武島幸男、西阪 隆, 第104回日本病理学会総会 コンパニオンミーティング, 2015年04月30日, 招待, 日本語, 発表資料
  73. Functional analysis of miR-214 transfection on mesothelioma cell lines, Amany S.M.、Amatya V.J.、櫛谷 桂、武島幸男, 2015年04月30日, 通常, 英語, 実験データ
  74. 低分化な上皮型中皮腫と低分化な非小細胞性肺癌の鑑別診断に有用な免疫組織化学的マーカーの検討, 櫛谷 桂、内藤佑妃、島尻寛人、金子真弓、Amatya V.J.、武島幸男, 第104回日本病理学会総会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 実験データ
  75. 腺癌が併存した古典的カルチノイド合併硬化性血管腫の1例, 金子真弓、松浦博夫、江川博彌、Amatya V.J.、武島幸男, 第104回日本病理学会総会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 実験データ
  76. Functional role of mir-1, mir-145, and mir-214 in mesothelioma cell proliferation and invasion, Amatya V.J.、Amany S.M.、塩田大成、森田悟希、櫛谷 桂、武島幸男, 第104回 日本病理学会総会, 2015年04月30日, 通常, 英語, 実験データ
  77. 肺腺癌の間質浸潤部における筋線維芽細胞の増生の意義についての病理組織学的検討, 倉岡正嗣、櫛谷 桂、Amatya V.J.、武島幸男、西阪 隆, 第104回日本病理学会総会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 実験データ
  78. Fetal lung interstitial tumorの一例, 櫛谷 桂、武島幸男, 第104回日本病理学会総会  , 2015年04月30日, 通常, 日本語, 実験データ
  79. 上皮型中皮腫と非小細胞性肺癌(腺癌・扁平上皮癌)の鑑別診断への免疫組織化学的染色の応用, 内藤佑妃、島尻寛人、櫛谷 桂、Amatya V.J.、武島幸男, 第104回日本病理学会総会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 実験データ
  80. 肺炎球菌肺炎で加療中死亡した1例, 宮庄英治、楠本 優、武島幸男, 第15回福島生協病院CPC, 2015年01月14日, 招待, 日本語, 20150124, 実験データ
  81. 小脳腫瘍 (Hemangioblastoma, cellular variant), Amatya V.J.、武島幸男、(山崎文之、栗栖 薫), 第63回広島病理集談会, 2014年12月07日, 通常, 日本語, 発表資料
  82. 特異な転移形式を示した肺多形癌の一例, 宮崎こずえ、武島幸男, 吉島病院CPC, 2014年12月04日, 招待, 日本語, 発表資料
  83. 上皮型中皮腫と非腫瘍性中皮細胞におけるアポトーシス関連遺伝子発現の比較・検討と免疫組織化学への応用, 櫛谷 桂、Amatya V.J.、武島幸男, 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014年11月14日, 通常, 日本語, 発表資料
  84. 免疫組織化学的染色を用いた中皮腫の細胞・組織診断, 武島幸男, 第53回 日本臨床細胞学会秋期大会 ランチョンセミナー, 2014年11月01日, 招待, 日本語, 発表資料
  85. 肺腫瘤 (Fetal lung interstitial tumor), 櫛谷 桂、武島幸男, 日本病理学会中国四国支部学術集会第115回スライドカンファレンス, 2014年11月01日, 通常, 日本語, 発表資料
  86. 石綿関連疾患〜特に悪性中皮腫の病理について〜, 武島幸男, 地域におけるがん医療の質向上を目的とした研修会(広島赤十字・原爆病院), 2014年10月16日, 招待, 日本語, 発表資料
  87. MiRNA-182, -183 promotes cell growth, invasion, and suppresses apoptosis in mesothelioma cells, Amatya V.J.、櫛谷 桂、武島幸男, 第21回石綿・中皮腫研究会, 2014年10月11日, 通常, 日本語, 発表資料
  88. 乳癌による癌性リンパ管症から呼吸不全を来し死亡した一例, 安藤雄和、齋藤 怜、中西 雄、武島幸男, 第51回マツダ病院CPC, 2014年09月30日, 招待, 日本語, 発表資料
  89. 下咽頭腫瘍 (Solitary fibrous tumor), 櫛谷 桂、武島幸男, 第62回広島病理集談会  , 2014年07月19日, 通常, 日本語, 発表資料
  90. アスベスト関連疾患の病態と病理診断の問題点-特に悪性中皮腫の病理診断について, 武島幸男, 第123回学術講演会(広島市医師会), 2014年05月28日, 招待, 日本語, 発表資料
  91. 脳転移のメカニズムにおける核内PTENの役割, 野坂 亮, 山崎 文之, 高安 武志, 栗栖 薫, 武島 幸男, アマティア・ヴィシュワ・ジート, 杉山 一彦, 第32回日本脳腫瘍病理学会, 2014年05月23日, 通常, 日本語, 実験データ
  92. 悪性中皮腫の病理診断における免疫組織化学的染色の応用, 武島幸男, 第3回神戸免疫組織診断セミナー (いむーのセミナー), 2014年05月10日, 招待, 日本語, 発表資料
  93. MiRNA-182, -183 promotes cell growth, invasion and suppressed apoptosis in mesothelioma cells, Amatya V.J.、(相葉裕幸)、櫛谷 桂、武島幸男, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月25日, 通常, 日本語, 発表資料
  94. 高分化型乳頭状中皮腫の各種抗原発現の特徴〜中皮腫細胞過形成・上皮型中皮腫との鑑別診断への応用〜, 武島幸男、Amatya V.J.、櫛谷 桂、(金子真弓), 第103回日本病理学会総会, 2014年04月24日, 通常, 日本語, 発表資料
  95. 上皮型中皮腫と非腫瘍性中皮細胞におけるアポトーシス関連遺伝子発現の比較・検討と免疫組織化学への応用, 櫛谷 桂、(高橋佑輔)、Amatya V.J.、武島幸男, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月24日, 通常, 日本語, 発表資料
  96. 免疫組織化学的染色を中心とした中皮腫の鑑別診断, 武島 幸男, IAP教育シンポジウム, 2009年11月, 招待, 日本語
  97. 卵巣癌と悪性中皮腫の鑑別 -免疫組織化学的染色の有用性-, 武島 幸男, 第26回婦人科病理研究会, 2007年06月, 招待, 日本語
  98. 肺扁平上皮癌の組織発生と諸問題, 武島 幸男, 第25回肺癌学会ワークショップ, 2006年07月, 招待, 日本語
  99. 胸膜悪性中皮腫の病理, 武島 幸男, 第2回広島の呼吸器診療を考える会, 2006年04月, 招待, 日本語
  100. 悪性中皮腫の病理, 武島 幸男, 第4回病理・細胞診セミナー, 2006年03月, 招待, 日本語
  101. Pathology & Genetic Alterations of Respiratory Tract Lesions in Former Workers in Japanese Mustard Gas Factory, 武島 幸男, "Special Seminar in Labbafi nejad Medical Center, Tehran, Iran", 2005年06月, 招待, 日本語
  102. 悪性中皮腫の病理, 武島 幸男, 第2回中皮腫細胞診セミナー, 2005年02月, 招待, 日本語
  103. ヒトがんの多段階的発がん過程における増殖関連因子の免疫組織化学的、分子病理学的検討., 武島 幸男, 日本組織細胞化学会, 1999年12月, 招待, 日本語
  104. 肺腺癌の組織発生と遺伝子異常, 武島 幸男, 日本癌学会総会., 1999年10月, 招待, 日本語
  105. 肺癌診断の進歩 遺伝子診断:病理面から., 武島 幸男, 日本呼吸器学会中国四国地方会 第5回セミナー, 1998年07月, 招待, 日本語
  106. 境界悪性腫瘍の問題点 -基礎と臨床- 卵巣粘液性境界悪性腫瘍の細胞増殖能と遺伝子異常., 武島 幸男, 日本婦人科病理学会コルポスコピー学会学術集会, 1997年07月, 招待, 日本語
  107. 上皮型中皮腫と非小細胞性肺癌の鑑別診断におけるPRG4,Annexin-8免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷 桂,甲斐佑一郎,Amatya V.J.,鈴木瑠偉,神原貴大,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 0219年05月09日, 通常, 日本語, 実験データ
  108. V-V ECMOの間質性肺炎急性増悪剖検肺における検討, 木田佳子,大下慎一郎,Amatya V. J.,武島幸男,志馬伸朗, 20160706, 通常, 日本語

受賞

  1. 1998年11月, 平成10年度広島医学会賞受賞, 広島医学会, 静止画像伝送システムを用いた術中迅速病理診断
  2. 2000年11月, 平成12年度大久野島毒ガス傷害研究者賞(西本幸男賞), 大久野島毒ガス研究会, マスタードガス曝露者肺癌の分子病理学的研究
  3. 2014年12月23日, 労働行政関係功労者表彰, 広島労働局

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 胸膜肉腫型中皮腫の網羅的遺伝子発現解析に基づく病理鑑別診断への応用, 2014年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 網羅的遺伝子発現解析に基づく中皮腫診断の特異的マーカーの検出, 2017年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 中央環境審議会専門委員, 2013年05月, 2016年03月, 環境省総合環境政策局
  2. 石綿確定診断委員会 病理検討会委員, 2013年04月, 労働者健康福祉機構
  3. 労災協力医,石綿関連疾病協議会委員, 2014年04月, 2016年03月, 広島労働局
  4. 石綿・中皮腫研究会, 2014年04月, 石綿・中皮腫研究会
  5. 腫瘍登録実務委員会委員長, 2014年07月, 2016年06月, 広島県医師会
  6. 腫瘍登録実務委員会委員, 2014年04月, 2016年03月, 広島県医師会
  7. 地域がん登録運営委員会, 2014年06月, 広島県医師会
  8. 日本肺癌学会 病理診断委員会、病理委員会, 2014年04月, 日本肺癌学会
  9. 肺癌取扱い規約-細胞診判定基準改訂委員会, 2014年04月, 日本肺癌学会
  10. ガス障害認定審査会委員, 2015年07月, 2016年06月, 国家公務員共済組合連合会
  11. 日本病理学会中国四国支部庶務・会計委員会委員長, 2013年04月, 日本病理学会中国四国支部
  12. 日本病理学会男女共同参画委員会, 2010年04月, 2013年03月, 日本病理学会
  13. Pathology International刊行委員, 2013年04月, 日本病理学会
  14. Hiroshima J Medical Sciences 編集委員会, 2013年10月, 広島大学医学出版会
  15. 腫瘍登録実務委員会委員長, 2016年07月, 2018年06月, 広島県医師会

学術会議等の主催

  1. 第110回日本病理学会中国四国支部スライドカンファレンス, 2013年02月
  2. 第18回中皮腫パネル, 2014年.2月
  3. 第103回日本病理学会総会, 2014年04月
  4. 第19回中皮腫パネル, 2014年.9月
  5. 第62回広島病理集談会, 2014年07月, 2014年07月
  6. 第63回広島病理集談会, 2014年12月
  7. 第20回中皮腫パネル, 2015年02月, 2015年02月
  8. 第64回広島病理集談会, 2015年.7月
  9. 第21回中皮腫パネル, 2015年10月
  10. 第22回中皮腫パネル, 2016年02月, 2016年02月
  11. 第65回広島病理集談会, 2015年12月, 2015年12月
  12. 第66回広島病理集談会, 2016年07月, 2016年07月
  13. 第23回中皮腫パネル, 2016年10月, 2016年10月
  14. 第67回広島病理集談会, 第67回広島病理集談会, 2016年12月, 2016年12月
  15. 第24回中皮腫パネル, 世話人, 2017年02月, 2017年02月
  16. 第68回広島病理集談会, 2017年07月, 2017年07月
  17. 第25回中皮腫パネル, 世話人, 2017年09月, 2017年09月
  18. 第69回広島病理集談会, 2018年.3月, 2018年.3月
  19. 第70回広島病理集談会, 2018年07月, 2018年07月
  20. 第26回中皮腫パネル, 2018年09月, 2018年09月
  21. 第71回広島病理集談会, 2019年03月
  22. 第72回広島病理集談会, 2019年09月, 2019年09月
  23. 第27回中皮腫パネル, 2019年10月, 2019年10月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2014年, Pathology International, 編集員, Editorial board
  2. 2015年, Pathology International, 編集員, Editorial board
  3. 2015年, Hiroshima J Medical Sciences, 編集員
  4. 2016年, Pathobiology, その他, Reviewer, 2
  5. 2016年, Cancer Science, その他, Reviewer, 1
  6. 2016年, Pathology International, 編集員
  7. 2016年, Pathology International, その他, reviwer, 1
  8. 2016年, Hiroshima J Medical Sciences, 編集員
  9. 2017年, Pathology International, 編集員, Editor
  10. 2017年, Pathology International, 編集員, 編集員, 1