千原 崇裕TAKAHIRO CHIHARA

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院理学研究科 動物科学講座 教授
ホームページ
メールアドレス
tchiharahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
ショウジョウバエ遺伝学を用いて、神経回路形成と維持の謎を解き明かします。

基本情報

主な職歴

  • 2016年03月, 広島大学, 大学院理学研究科 生物科学専攻, 教授
  • 2013年10月, 東京大学, 大学院薬学系研究科, 准教授
  • 2010年08月, 東京大学, 大学院薬学系研究科, 講師
  • 2009年10月, 2013年03月, 科学技術振興機構, さきがけ「脳神経回路の形成・動作と制御」, さきがけ研究員〔兼任)
  • 2007年04月, 東京大学, 大学院薬学系研究科, 助教
  • 2006年04月, 東京大学, 大学院薬学系研究科, 助手
  • 2006年02月, Stanford University, Department of Biological Science, スタンフォード大学ポスドクフェロー
  • 2004年02月, Stanford University, Department of Biological Science, 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2002年02月, Stanford University, Department of Biological Science, JST長期在外若手研究員
  • 2001年04月, 国立遺伝学研究所, 無脊椎動物遺伝研究室, 日本学術振興会特別研究員(PD)

学位

  • 修士(薬学) (熊本大学)
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 発生生物学
  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学
  • 総合生物 / 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般

研究キーワード

  • 神経発生、個体行動、神経回路、シナプス、嗅覚系神経回路、樹状突起、Meigo、小胞体ストレス応答、Hippo、Strip、小胞輸送、遺伝学的モザイク法、ショウジョウバエ

所属学会

  • 日本発生生物学会、日本神経化学会、日本神経科学会、日本分子生物学会、日本生化学会、日本細胞生物学会、北米神経科学会、北米遺伝学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 生物の世界[1生]
  2. 2017年, 教養教育, セメスター(後期), *生物科学概説B【理】
  3. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 教養ゼミ
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 先端生物学
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 細胞生物学演習
  6. 2017年, 学部専門, 通年, 生物科学インターンシップ
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  8. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  9. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 分子細胞情報学
  10. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), Recent Developments in Biological Sciences
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 遺伝・進化
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 細胞生物学演習
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 細胞生物学演習
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生物科学特別研究
  15. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生物科学特別研究
  16. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞生物学演習
  17. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞生物学演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Dendritic Eph organizes dendrodendritic segregation in discrete olfactory map formation in Drosophila, GENES & DEVELOPMENT, 31巻, 10号, pp.1054-pp.1065, MAY 15 2017
  2. Role of the STRIPAK complex and the Hippo pathway in synaptic terminal formation, Neural Regen Res, 12巻, pp.578-pp.579
  3. ★, The Strip-Hippo pathway regulates synaptic terminal formation by modulating actin organization at the Drosophila neuromuscular synapses, Cell Reports, 16巻, pp.2289-pp.2297, 2016
  4. Biallelic TBCD Mutations Cause Early-Onset Neurodegenerative Encephalopathy, Am J Hum Genet, 99巻, 4号, pp.950-pp.961, OCT 6 2016
  5. Familial Amyotrophic Lateral Sclerosis-linked Mutations in Profilin 1 Exacerbate TDP-43-induced Degeneration in the Retina of Drosophila melanogaster through an Increase in the Cytoplasmic Localization of TDP-43., J Biol Chem, 291巻, pp.23464-pp.23476
  6. Function of pioneer neurons specified by the basic helix-loop-helix transcription factor atonal in neural development., Neural Regen Res, 11巻, pp.1394-pp.1395, 2016
  7. Tissue non-autonomous effects of fat body methionine metabolism on imaginal disc repair in Drosophila., Proc Natl Acad Sci U S A, 113巻, pp.1835-pp.1840, 2016
  8. ★, Hierarchical axon targeting of Drosophila olfactory receptor neurons specified by the proneural transcription factors Atonal and Amos., Genes to Cells, 21巻, pp.53-pp.64, 2016
  9. ★, A STRIPAK component Strip regulates neuronal morphogenesis by affecting microtubule stability., Scientific Reports, 5巻, pp.17769, 2015
  10. The roles of tubulin-folding cofactors in neuronal morphogenesis and disease., Neural Regeneration Research, 10巻, 9号, pp.1388-pp.1389, 2015
  11. ★, Linking cell surface receptors to microtubules: tubulin folding cofactor D mediates Dscam functions during neuronal morphogenesis., The Journal of Neuroscience, 35巻, 5号, pp.1979-pp.1990, 2015
  12. Drosophila Strip serves as a platform for early endosome organization during axon elongation., Nature Communications, 5巻, pp.5180, 2014
  13. ★, Caspase inhibition in select olfactory neurons restores innate attraction behavior in aged Drosophila., PLOS Genetics, 10巻, 6号, pp.e1004437, 2014
  14. ★, Development of olfactory projection neuron dendrites that contribute to wiring specificity of the Drosophila olfactory circuit., Genes and Genetic Systems, 89巻, 1号, pp.17-pp.26, 2014
  15. RNA binding mediates neurotoxicity in the transgenic Drosophila model of TDP-43 proteinopathy, Hum. Mol. Genet., 22巻, pp.4474-pp.4484, 2013
  16. ★, Meigo governs dendrite targeting specificity by modulating Ephrin level and N-glycosylation, Nature Neuroscience, 16巻, pp.683-pp.689, 2013
  17. Prevention of apoptosis by mitochondrial phosphatase PGAM5 in the mushroom body is crucial for heat shock resistance in Drosophila melanogaster, PLOS ONE, 7巻, pp.e30265, 2012
  18. Histon deacetylase Rpd3 regulates olfactory projection neuron dendrite targeting via the transcription factor Prospero, The Journal of Neuroscience, 21巻, pp.9939-pp.9946, 2010
  19. Lineage-specific effects of Notch/Numb signaling in post-embryonic development of the Drosophila brain, Development, 137巻, pp.43-pp.51, 2010
  20. ★, Organelles in developing neurons: essential regulators of neuronal morphogenesis and function, Int. J. Dev. Biol., 53巻, pp.19-pp.27, 2009
  21. ★, Cytoplasmic and mitochondrial protein translation in axonal and dendritic terminal arborization, Nature Neuroscience, 10巻, pp.828-pp.837, 2007
  22. Wiring stability of the adult Drosophila olfactory circuit after lesion, The Journal of Neuroscience, 26巻, pp.3367-pp.3376, 2006
  23. Hedgehog and Decapentaplegic instruct polarized growth of cell extensions in the Drosophila trachea, Development, 131巻, pp.5253-pp.5261, 2004
  24. Like poles repel: Molecular mechanisms of dendritic tiling, Cell, 119巻, pp.148-pp.149, 2004
  25. Rac promotes epithelial cell rearrangement during tracheal tubulogenesis in Drosophila, Development, 130巻, pp.1419-pp.1428, 2003
  26. Control of tracheal tubulogenesis by Wingless signaling, Development, 127巻, pp.4433-pp.4442, 2000
  27. Myeloid ELF-1-like factor up-regulates lysozyme transcription in epithelial cells, The Journal of Biological Chemistry, 274巻, pp.20098-pp.20102, 1999

著書等出版物

  1. 2017年.8月, スタンフォード神経生物学, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2017年, 8月, 教科書, 共訳

社会活動

委員会等委員歴

  1. 学術調査官, 2017年.8月, 文部科学省研究振興局
  2. 日本生物学オリンピック本選作題委員会委員, 2017年04月, 2017年08月, 国際生物学オリンピック日本委員会