中村 庸輝YOKI NAKAMURA

Last Updated :2018/11/01

所属・職名
大学院医歯薬保健学研究科(薬) 薬科学講座 助教
メールアドレス
nakayokihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 薬学研究棟802
TEL:082-257-5312

基本情報

主な職歴

  • 2018年02月01日, 広島大学 学術院, 医歯薬保健学研究科, 助教
  • 2013年11月01日, 2018年01月22日, 米国国立薬物乱用研究所, 細胞病理生物学分野, 客員研究員
  • 2013年04月01日, 2013年10月31日, 広島大学, 医歯薬保健学研究院, 広島大学特別研究員

学歴

  • 広島大学, 医歯薬学総合研究科, 薬学専攻 博士後期課程, 日本, 2010年04月, 2013年03月
  • 広島大学, 医歯薬学総合研究科, 薬学専攻 博士前期課程, 日本, 2008年04月, 2010年03月
  • 福山大学, 薬学部, 薬学科, 日本, 2004年04月, 2008年03月

学位

  • 博士(薬学) (広島大学)
  • 修士(薬学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 薬理系薬学

研究キーワード

  • 神経障害性疼痛、アロディニア、薬物依存、精神疾患、シグマ受容体、HMGB1

所属学会

  • 日本薬理学会
  • 日本薬学会
  • 日本疼痛学会
  • 日本神経精神薬理学会
  • 北米神経科学学会

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to upregulation of interleukin-6 and cyclooxygenase-2 and mechanical hypersensitivity in mice., Glia, 66巻, 2号, 2018
  2. シグマ-1受容体研究の最前線 - 神経変性疾患におけるシグマ-1受容体の多彩な役割 -, 基礎老化研究, 41巻, 2017
  3. Downregulation of the spinal dorsal horn clock gene Per1 expression leads to mechanical hypersensitivity via c-jun N-terminal kinase and CCL2 production in mice., Molecular and cellular neurosciences, 72巻, 2016
  4. The Sigma-1 Receptor as a Pluripotent Modulator in Living Systems., Trends in pharmacological sciences, 37巻, 4号, 2016
  5. Lycopene ameliorates neuropathic pain by upregulating spinal astrocytic connexin 43 expression., Life sciences, 155巻, 2016
  6. Stimulation of spinal dorsal horn β2-adrenergic receptor ameliorates neuropathic mechanical hypersensitivity through a reduction of phosphorylation of microglial p38 MAP kinase and astrocytic c-jun N-terminal kinase., Neurochemistry international, 101巻, 2016
  7. Downregulation of connexin36 in mouse spinal dorsal horn neurons leads to mechanical allodynia., Journal of neuroscience research, 93巻, 4号, 2015
  8. Tumor necrosis factor-mediated downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to increased glutamatergic neurotransmission and neuropathic pain in mice., Brain, behavior, and immunity, 49巻, 2015
  9. Perineural expression of high-mobility group box-1 contributes to long-lasting mechanical hypersensitivity via matrix metalloproteinase-9 upregulation in mice with painful peripheral neuropathy., Journal of neurochemistry, 2015
  10. A β1/2 adrenergic receptor-sensitive intracellular signaling pathway modulates CCL2 production in cultured spinal astrocytes., Journal of cellular physiology, 229巻, 3号, 2014
  11. Continuous infusion of substance P into rat striatum alleviates nociceptive behavior via phosphorylation of extracellular signal-regulated kinase 1/2., Journal of neurochemistry, 131巻, 6号, 2014
  12. Primary cultures of rat cortical microglia treated with nicotine increases in the expression of excitatory amino acid transporter 1 (GLAST) via the activation of the α7 nicotinic acetylcholine receptor., Neuroscience, 258巻, 2014
  13. Volume transmission of substance P in striatum induced by intraplantar formalin injection attenuates nociceptive responses via activation of the neurokinin 1 receptor., Journal of pharmacological sciences, 121巻, 4号, 2013
  14. The regulation of exon-specific brain-derived neurotrophic factor mRNA expression by protein kinase C in rat cultured dorsal root ganglion neurons., Brain research, 1509巻, 2013
  15. The activation of P2Y6 receptor in cultured spinal microglia induces the production of CCL2 through the MAP kinases-NF-κB pathway., Neuropharmacology, 75巻, 2013
  16. Neuropathic pain in rats with a partial sciatic nerve ligation is alleviated by intravenous injection of monoclonal antibody to high mobility group box-1., PloS one, 8巻, 8号, 2013
  17. Activation of transient receptor potential ankyrin 1 evokes nociception through substance P release from primary sensory neurons., Journal of neurochemistry, 120巻, 6号, 2012
  18. Spinal astrocytes contribute to the circadian oscillation of glutamine synthase, cyclooxygenase-1 and clock genes in the lumbar spinal cord of mice., Neurochemistry international, 60巻, 8号, 2012
  19. Paclitaxel and vinorelbine, evoked the release of substance P from cultured rat dorsal root ganglion cells through different PKC isoform-sensitive ion channels., Neuropharmacology, 57巻, 1号, 2009

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 脊髄後角アストロサイト-connexin43 発現低下による神経障害性疼痛発症メカニズムの解析, 森岡 徳光, 藤井 志織, 近藤 峻, 張 芳芳, 中村 庸輝, 中島 一恵, 仲田 義啓, 日本薬学会第 138 年会, 2018年, 通常, 日本語
  2. アストロサイトCX43発現低下は抗うつ薬による脳由来神経栄養因子産生の増強に寄与する, 近藤俊、原田七瀬、瀧本朋代、中村庸輝、中島一恵、仲田義啓、森岡徳光, 第 53 回広島神経医科学研究会, 2018年, 通常, 日本語
  3. アストロサイト Cx43 発現低下による神経栄養因子産生亢進メカニズムの検討, 近藤峻、原田七瀬、瀧本朋代、中村庸輝、中島一恵、仲田義啓、森岡徳光, 第 133 回日本薬理学会近畿部会, 2018年, 通常, 日本語
  4. Downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to mechanical hypersensitivity through upregulation of interleukin-6 and cyclooxygenase-2 in mice, Morioka N, Kondo S, Nakamura Y, Hisaoka-Nakashima K, Nakata Y, 第91回日本薬理学会年会・第18 国際薬理学・臨床薬理学会議, 2018年, 通常, 英語
  5. Cocaine Regulates Endocannabinoids-Containing Extracellular Vesicles Release in Ventral Tegmental Area via Sigma-1 Receptor and ADP-Ribosylation Factor 6 Pathway, Nakamura Y, Dryanovski D, Jackson S, Tsai SY, Woods A, Lupica C, Su TP, 第91回日本薬理学会年会・第18 国際薬理学・臨床薬理学会議, 2018年, 通常, 英語
  6. The analysis of anxiety-and depression-related behaviors in neuropathic pain of mice -possible involvement of brain inflammation, Hisaoka-Nakashima K, Tomimura Y, Yoshii T, Zhang FF, Nakamura Y, Liu K, Nishibori M, Nakata Y, Morioka N, 第91回日本薬理学会年会・第18 国際薬理学・臨床薬理学会議, 2018年, 通常, 英語
  7. アストロサイト Cx43 発現低下は noradrenaline 誘導性神経栄養因子産生の亢進に寄与する, 近藤 峻、原田 七瀬、瀧本 朋代、中村 庸輝、中島 一恵、仲田 義啓、森岡 徳光, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2018, 2018年, 通常, 日本語
  8. 脳線条体における dopamine-substance P 系を介した疼痛抑制メカニズムの解明, 岸田祐輝, 中村庸輝, 中島一恵, 仲田義啓, 森岡徳光, 第 56 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年, 通常, 日本語
  9. Cocaine regulates extracellular vesicle release in mouse midbrain, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2017年, 通常, 英語
  10. Cocaine stimulation causes the release of the sigma-1receptor chaperone into the extracellular space, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, KEYSTONE SYMPOSIA-Exosomes/Microvesicles: Novel Mechanisms of Cell-Cell Communication (E4)-, 2016年, 通常, 英語
  11. Psychostimulant cocaine causes microvesicle release by activating sigma-1 receptor and ARF6, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2016年, 通常, 英語
  12. 脳線条体への substance P 持続投与により誘発される疼痛制御機構の解明, 福重亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 日本薬学会第 136 年会, 2016年, 通常, 日本語
  13. 慢性疼痛時での脳線条体 substance P を介した疼痛制御機構, 福重亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 129 回日本薬理学会近畿部会, 2016年, 通常, 日本語
  14. 疼痛伝達制御における線条体 substance P 神経系の関与, 福重 亮、中村庸輝、森岡徳光、仲田義啓, 第 89 回日本薬理学会年会, 2016年, 通常, 日本語
  15. Cocaine evokes microvesicle release by activating sigma-1 receptor and ARF6, Nakamura Y, Tsai SY, Li Y, Lin DT, and Su TP, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2015年, 通常, 英語
  16. The role of spinal astrocytic Cx43 in the maintenance of neuropathic pain, Zhang FF, Morioka N, Nakamura Y, Fujii S, Hisaoka-Nakashima K, Nakata Y, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2015年, 通常, 英語
  17. コカインはシャペロン蛋白質である シグマ-1 受容体を 細胞外へ遊離する, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, 第 88 回日本薬理学会年会, 2015年, 通常, 日本語
  18. 神経障害性疼痛モデルラットにおける脳線条体 substance P 神経系を介した疼痛制御機構, 福重亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2015年, 通常, 日本語
  19. 線条体サブスタンス P 神経系による疼痛抑制作用のメカニズム, 渡部亨平, 福重亮, 岸田祐輝, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 128 回日本薬理学会近畿部会, 2015年, 通常, 日本語
  20. 線条体サブスタンスP神経系の疼痛抑制作用とドーパミン神経系との関係, 渡部亨平, 福重 亮, 岸田祐輝, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 54 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2015年, 通常, 日本語
  21. Cocaine stimulating the release of the ER chaperone sigma-1 receptor into the extracellular vesicles as an emerging role in cocaine-induced neuroplasticity, Nakamura Y, Tsai SY, Su TP, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2014年, 通常, 英語
  22. 脊髄アストロサイトにおけるJNK活性及び炎症性ケモカインCCL2産生に対するアドレナリンβ受容体を介した調節機構, 森岡徳光、安部裕美、荒木亮祐、張 芳芳、中村庸輝、中島一恵、仲田義啓, 第 87 回日本薬理学会年会, 2014年, 通常, 日本語
  23. 亜急性疼痛時におけるラット脳線条体 substance P 神経系の関与, 福重亮, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 126 回日本薬理学会近畿部会, 2014年, 通常, 日本語
  24. 疼痛反応制御に対する脳線条体サブスタンス P‐NK1 受容体シグナルの役割, 森岡徳光, 中村庸輝, 福重亮,中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 24 回 日本臨床精神神経薬理学会・第 44 回 日本神経精神薬理学会合同年会, 2014年, 通常, 日本語
  25. ラット坐骨神経部分結紮によって脊髄後角で増加するHigh mobility group box 1は神経因性疼痛を維持させる, 中村庸輝, 森岡徳光, 張 芳芳, 安部裕美, 中島(久岡)一恵, 劉克約, 西堀正洋, 仲田義啓, 第 86 回日本薬理学会年会, 2013年, 通常, 日本語
  26. 脊髄アストロサイトにおけるサイトカイン処置によるCx43-gap junction機能低下に対するJNKの役割, 張 芳芳, 森岡徳光, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 86 回日本薬理学会年会, 2013年, 通常, 日本語
  27. ホルマリン誘発性疼痛時における線条体リン酸化 ERK の機能, 泉宏樹, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 123 回日本薬理学会近畿部会, 2013年, 通常, 日本語
  28. TNF‐α 及び IFN‐γ による脊髄アストロサイトにおける Cx43‐gap junction の発現制御機構, 張芳芳, 森岡徳光, 北村智哉, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 123 回日本薬理学会近畿部会, 2013年, 通常, 日本語
  29. ホルマリン誘発性疼痛時における線条体リン酸化ERKの機能, 泉 宏樹, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 123 回日本薬理学会近畿部会, 2013年, 通常, 日本語
  30. アドレナリンβ受容体を介した疼痛制御における脊髄アストロサイト-JNKの役割, 荒木亮祐, 森岡徳光, 張 芳芳, 中村庸輝, 安部裕美, 中島一恵, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2013年, 通常, 日本語
  31. Substance P release occurs from the rat striatum after intraplantar formalin injection to suppress nociceptive responses via activation of neurokinin 1 receptor, Nakamura Y, Izumi H, Morioka N, Hisaoka-Nakashima K, Takebayashi M, Nakata Y, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2012年, 通常, 英語
  32. 一次知覚神経に発現するTransient Receptor Potential Ankyrin 1 受容体の活性化が誘発する疼痛反応はリン酸化p38 mitogen-activated protein kinase を介したサブスタンスP遊離により惹起される, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 34 回日本疼痛学会, 2012年, 通常, 日本語
  33. ホルマリン後肢足蹠投与による脳・線条体 substance P 神経活動は疼痛反応抑制効果を示す, 中村庸輝, 泉弘樹, 清水拓海, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2012年, 通常, 日本語
  34. アストロサイトの機能阻害が及ぼす脊髄概日リズムへの影響, 杉本達彦, 森岡徳光, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2012年, 通常, 日本語
  35. 一次知覚神経における Transient Receptor Potential Ankyrin1 受容体を介した疼痛反応には p38 依存的なサブスタンス P 遊離が関与する, 森岡徳光, 中村庸輝,中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 22 回 日本臨床精神神経薬理学会・第 42 回 日本神経精神薬理学会合同年会, 2012年, 通常, 日本語
  36. 仮性疼痛反応時における脳・線条体 substance P 神経活動は疼痛反応抑制効果を示す, 中村庸輝, 泉弘樹, 清水拓海, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 122 回日本薬理学会近畿部会, 2012年, 通常, 日本語
  37. 脊髄概日リズム形成におけるアストロサイトの関与の可能性, 杉本達彦, 森岡徳光, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 122 回日本薬理学会近畿部会, 2012年, 通常, 日本語
  38. 脳線条体神経ペプチドの疼痛反応への影響, 清水拓海, 中村庸輝, 泉 宏樹, 中島(久岡)一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 51 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2012年, 通常, 日本語
  39. ラット脊髄後根神経節細胞における脳由来神経栄養因子(BDNF)発現増大機構の解析, 吉田洋介, 森岡徳光, 中村庸輝, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第 51 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2012年, 通常, 日本語
  40. Transient receptor potential ankyrin 1 mediated release of substance P in primary sensory neurons is dependent on calcium and p38 mitogen activated protein kinase activation, Nakamura Y, Une Y, Abe H, Miyano K, Hisaoka K, Morioka N, Nakata Y, Society for Neuroscience Annual Meeting, 2011年, 通常, 英語
  41. ラット脊髄後根神経節初代培養細胞におけるTRPA1受容体活性化によるサブスタンスP遊離へのp38MAP kinaseの関与, 中村庸輝, 宇根裕次郎, 安部裕美, 久岡一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 84 回日本薬理学会年会, 2011年, 通常, 日本語
  42. ラット脊髄後根神経節初代培養細胞における TRPA1 受容体活性化による substance P 遊離メカニズムの解明, 中村庸輝, 宇根裕次郎, 安部裕美, 久岡一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2011年, 通常, 日本語
  43. 炎症性サイトカインによる脊髄アストロサイトのGap junction-connexin43発現制御機構の検討, 張芳芳, 森岡徳光, 中村庸輝, 徳原昌人, 中島(久岡)一恵, 仲田義啓, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2011年, 通常, 日本語
  44. TRPA1 刺激による知覚神経からの substance P 遊離機構の解明, 宇根裕次郎, 中村庸輝, 安部裕美, 久岡一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 118 回日本薬理学会近畿部会, 2010年, 通常, 日本語
  45. 初代培養ラット脊髄アストロサイトにおけるアドレナリン β 受容体を介した TNF‐α誘発性 JNK リン酸化の制御, 安部裕美, 森岡徳光, 中村庸輝, 徳原昌人, 杉本達彦, 久岡一恵, 仲田義啓, 第 118 回日本薬理学会近畿部会, 2010年, 通常, 日本語
  46. マイクロダイアリシス法を用いたラット脳線条体サブスタンスP遊離によるホルマリン誘発疼痛反応への影響, 中村庸輝, 宇根裕次郎,安部裕美, 宮野加奈子, 森岡徳光, 仲田義啓, 第 83 回日本薬理学会年会, 2010年, 通常, 日本語
  47. マイクロダイアリシス法を用いたホルマリン誘発性疼痛時におけるラット脳線条体のサブスタンスP遊離解析とその役割の検討, 中村庸輝, 清水拓海, 久岡一恵, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2010年, 通常, 日本語
  48. 培養ラットアストロサイトにおけるTNF-α誘発性JNKリン酸化に対するアドレナリン受容体を介した制御メカニズムの解明., 安部裕美, 森岡徳光, 中村庸輝, 徳原昌人, 杉本達彦, 久岡一恵, 仲田義啓, 第 50 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2010年, 通常, 日本語
  49. 脊髄後根神経節初代培養細胞におけるパクリタキセルおよびビノレルビンのサブスタンスP遊離に対する効果, 宮野加奈子, 中村庸輝, 唐 和斌, 森岡徳光, 井上敦子, 仲田義啓, 第 82 回日本薬理学会年会, 2009年, 通常, 日本語
  50. ラット脳からのサブスタンスP遊離-マイクロダイアリシス法による評価-, 中村庸輝, 唐 和斌, 宮野加奈子, 森岡徳光, 井上敦子, 仲田義啓, 第 82 回日本薬理学会年会, 2009年, 通常, 日本語
  51. 抗腫瘍薬により惹起されるラット脊髄後根神経節細胞からのsubstance P遊離機構の解明, 宮野加奈子, 中村庸輝, 森岡徳光, 仲田義啓, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2009年, 通常, 日本語
  52. マイクロダイアリシス法を用いたラット脳線条体からのサブスタンス P 遊離と脳機能, 中村庸輝, 唐和斌, 森岡徳光, 井上敦子, 仲田義啓, 第 114 回日本薬理学会近畿部会, 2008年, 通常, 日本語

受賞

  1. 第 19 回 Journal of Pharmacological Sciences 優秀論文賞, 日本薬理学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 研究活動スタート支援, 2018年08月24日, 2020年03月31日
  2. 日本学術振興会海外特別研究員 (NIH), 2015年01月01日, 2016年12月31日

社会活動

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, Biological Pharmaceutical Bulletin, 査読者, 1
  2. 2017年, Biological Pharmaceutical Bulletin, 査読者, 1