山本 卓Takashi Yamamoto

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院理学研究科 生命理学講座 教授
ホームページ
メールアドレス
tybighiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目3番1号理学部A棟406号室
TEL:0824-24-7446 FAX:0824-24-7498

基本情報

主な職歴

  • 1992年08月01日, 2002年05月31日, 熊本大学, 理学部, 助手
  • 2002年06月01日, 2003年10月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 講師
  • 2003年11月01日, 2004年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 助教授
  • 2004年04月01日, 広島大学, 大学院理学研究科, 教授
  • 2014年04月01日, 鳥取大学, 客員教授
  • 2014年04月01日, 熊本大学, 客員教授
  • 2017年04月01日, 大学院理学研究科共同研究講座, 教授(併任)

学歴

  • 広島大学, 理学研究科, 動物学専攻, 日本, 1991年04月, 1992年07月
  • 広島大学, 理学研究科, 動物学専攻, 日本, 1989年04月, 1991年03月
  • 広島大学, 理学部, 日本, 1985年04月, 1989年03月

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 理学修士 (広島大学)

教育担当

  • 理学部:生物科学科, 理学研究科:数理分子生命理学専攻, 理学研究科:数理分子生命理学専攻

研究分野

  • 総合生物 / ゲノム科学 / ゲノム生物学
  • 総合生物 / ゲノム科学 / システムゲノム科学
  • 生物学 / 生物科学 / 発生生物学

研究キーワード

  • ゲノム編集
  • 遺伝子改変
  • 棘皮動物
  • 発生
  • ゆらぎ
  • 遺伝子ネットワーク

所属学会

  • 日本ゲノム編集学会, 2016年
  • 日本分子生物学会, 1995年
  • 日本発生生物学会, 1992年
  • 日本進化学会, 2000年

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, セメスター(後期), *生物科学概説B【理】
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), システムバイオロジー
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 先端生物学
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 基礎生物科学A
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 発生生物学A
  6. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 分子遺伝学演習
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  8. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  9. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), Recent Developments in Biological Sciences
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 数理分子生命理学特別研究
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 数理分子生命理学特別研究
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生命理学概論
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), ゲノミクス
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子遺伝学セミナー
  15. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分子遺伝学セミナー
  16. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 数理分子生命理学特別研究
  17. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 数理分子生命理学特別研究
  18. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 分子遺伝学セミナー
  19. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 分子遺伝学セミナー

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Microhomology-mediated end-joining-dependent integration of donor DNA in cells and animals using TALENs and CRISPR/Cas9, NATURE COMMUNICATIONS, 5巻, NOV 2014
  2. ★, Efficient TALEN construction and evaluation methods for human cell and animal applications, GENES TO CELLS, 18巻, 4号, pp.315-pp.326, APR 2013
  3. ★, Repeating pattern of non-RVD variations in DNA-binding modules enhances TALEN activity, SCIENTIFIC REPORTS, 3巻, NOV 29 2013
  4. ★, Zinc-finger nuclease-mediated targeted insertion of reporter genes for quantitative imaging of gene expression in sea urchin embryos, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 109巻, 27号, pp.10915-pp.10920, JUL 3 2012
  5. ★, Multiplex genome engineering in human cells using all-in-one CRISPR/Cas9 vector system, SCIENTIFIC REPORTS, 4巻, JUN 23 2014
  6. Cas9, Cpf1 and C2c1/2/3-What's next?, BIOENGINEERED, 8巻, 3号, pp.265-pp.273, 2017
  7. Establishment of expanded and streamlined pipeline of PITCh knock-in - a web-based design tool for MMEJ-mediated gene knock-in, PITCh designer, and the variations of PITCh, PITCh-TG and PITCh-KIKO, BIOENGINEERED, 8巻, 3号, pp.302-pp.308, 2017
  8. Highly efficient biallelic genome editing of human ES/iPS cells using a CRISPR/Cas9 or TALEN system, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 45巻, 9号, pp.5198-pp.5207, MAY 19 2017
  9. Culture time of vitrified/warmed zygotes before microinjection affects the production efficiency of CRISPR-Cas9-mediated knock-in mice, BIOLOGY OPEN, 6巻, 5号, pp.706-pp.713, MAY 15 2017
  10. PAX2 is dispensable for in vitro nephron formation from human induced pluripotent stem cells, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, JUL 3 2017
  11. Germ cell regeneration-mediated, enhanced mutagenesis in the ascidian Ciona intestinalis reveals flexible germ cell formation from different somatic cells, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 423巻, 2号, pp.111-pp.125, MAR 15 2017
  12. Participation of androgen and its receptor in sex determination of an amphibian species, PLOS ONE, 12巻, 6号, JUN 5 2017
  13. Hox-mediated endodermal identity patterns pharyngeal muscle formation in the chordate pharynx, DEVELOPMENT, 144巻, 9号, pp.1629-pp.1634, MAY 1 2017
  14. MMEJ-assisted gene knock-in using TALENs and CRISPR-Cas9 with the PITCh systems, Nature Protocols, 11巻, pp.118-pp.133, 2016
  15. Gene cassette knock-in in mammalian cells and zygotes by enhanced MMEJ, BMC GENOMICS, 17巻, NOV 28 2016
  16. Ultra-superovulation for the CRISPR-Cas9-mediated production of gene-knockout, single-amino-acid-substituted, and floxed mice, BIOLOGY OPEN, 5巻, 8号, pp.1142-pp.1148, AUG 15 2016
  17. Establishment of Functional Genomics Pipeline in Epiblast-Like Tissue by Combining Transcriptomic Analysis and Gene Knockdown/Knockin/Knockout, Using RNA Interference and CRISPR/Cas9, HUMAN GENE THERAPY, 27巻, 6号, pp.436-pp.450, JUN 2016
  18. In vivo tracking of histone H3 lysine 9 acetylation in Xenopus laevis during tail regeneration, GENES TO CELLS, 21巻, 4号, pp.358-pp.369, APR 2016
  19. C-Type Lectin Receptor DCAR Recognizes Mycobacterial Phosphatidyl-Inositol Mannosides to Promote a Th1 Response during Infection, IMMUNITY, 45巻, 6号, pp.1245-pp.1257, DEC 20 2016
  20. Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Podocytes Mature into Vascularized Glomeruli upon Experimental Transplantation, JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY, 27巻, 6号, pp.1778-pp.1791, JUN 2016
  21. Efficient modification of myostatin gene in porcine somatic cells and generation of knockout piglets, Molecular Reproduction and Development, 83巻, pp.61-pp.70, 2016
  22. Efficient modification of the myostatin gene in porcine somatic cells and generation of knockout piglets, MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 83巻, 1号, pp.61-pp.70, JAN 2016
  23. Detailed analysis of targeted gene mutations caused by the Platinum-Fungal TALENs in Aspergillus oryzae RIB40 strain and a ligD disruptant, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 123巻, 3号, pp.287-pp.293, MAR 2017
  24. Highly multiplexed CRISPR-Cas9-nuclease and Cas9-nickase vectors for inactivation of hepatitis B virus, GENES TO CELLS, 21巻, 11号, pp.1253-pp.1262, NOV 2016
  25. Functional investigation of a non-coding variant associated with adolescent idiopathic scoliosis in zebrafish: elevated expression of the ladybird homeobox gene causes body axis deformation, PLoS Genetics, 12巻, pp.e1005802, 2016
  26. Functional Investigation of a Non-coding Variant Associated with Adolescent Idiopathic Scoliosis in Zebrafish: Elevated Expression of the Ladybird Homeobox Gene Causes Body Axis Deformation, PLOS GENETICS, 12巻, 1号, JAN 2016
  27. Involvement of aspartoacylase in tremor expression in rats, EXPERIMENTAL ANIMALS, 65巻, 3号, pp.293-pp.301, JUL 2016
  28. Systematic Cellular Disease Models Reveal Synergistic Interaction of Trisomy 21 and GATA1 Mutations in Hematopoietic Abnormalities, CELL REPORTS, 15巻, 6号, pp.1228-pp.1241, MAY 10 2016
  29. Rapid and efficient analysis of gene function using CRISPR-Cas9 in Xenopus tropicalis founders, GENES TO CELLS, 21巻, 7号, pp.755-pp.771, JUL 2016
  30. Generation of a Nonhuman Primate Model of Severe Combined Immunodeficiency Using Highly Efficient Genome Editing, CELL STEM CELL, 19巻, 1号, pp.127-pp.138, JUL 7 2016
  31. Depdc5 knockout rat: A novel model of mTORopathy, NEUROBIOLOGY OF DISEASE, 89巻, pp.180-pp.189, MAY 2016
  32. Cilia play a role in breaking left-right symmetry of the sea urchin embryo, GENES TO CELLS, 21巻, 6号, pp.568-pp.578, JUN 2016
  33. Single-Cell-State Culture of Human Pluripotent Stem Cells Increases Transfection Efficiency, BIORESEARCH OPEN ACCESS, 5巻, 1号, pp.127-pp.136, MAY 2016
  34. Quadruple zebrafish mutant reveals different roles of Mesp genes in somite segmentation between mouse and zebrafish, DEVELOPMENT, 143巻, 15号, pp.2842-pp.2852, AUG 2016
  35. Transcriptional regulation of a horizontally transferred gene from bacterium to chordate, PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 283巻, 1845号, DEC 28 2016
  36. Functional consequence of fibulin-4 missense mutations associated with vascular and skeletal abnormalities and cutis laxa, MATRIX BIOLOGY, 56巻, pp.132-pp.149, DEC 2016
  37. Establishment of In Vitro FUS-Associated Familial Amyotrophic Lateral Sclerosis Model Using Human Induced Pluripotent Stem Cells, STEM CELL REPORTS, 6巻, 4号, pp.496-pp.510, APR 12 2016
  38. Temporal effects of Notch signaling and potential cooperation with multiple downstream effectors on adenohypophysis cell specification in zebrafish, Genes to Cells, 21巻, 492号, pp.492-pp.504, 2016
  39. Temporal effects of Notch signaling and potential cooperation with multiple downstream effectors on adenohypophysis cell specification in zebrafish, GENES TO CELLS, 21巻, 5号, pp.492-pp.504, MAY 2016
  40. Non-RVD mutations that enhance the dynamics of the TAL repeat array along the superhelical axis improve TALEN genome editing efficacy, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, NOV 24 2016
  41. Report on the Conference on Transposition and Genome Engineering 2015 (TGE 2015): advancing cutting-edge genomics technology in the ancient city of Nara, GENES TO CELLS, 21巻, 5号, pp.392-pp.395, MAY 2016
  42. Cloning-free CRISPR/Cas system facilitates functional cassette knock-in in mice, GENOME BIOLOGY, 16巻, APR 29 2015
  43. The Expression of TALEN before Fertilization Provides a Rapid Knock-out Phenotype in Xenopus laevis Founder Embryos, PLoS One, 2015
  44. The Expression of TALEN before Fertilization Provides a Rapid Knock-Out Phenotype in Xenopus laevis Founder Embryos, PLOS ONE, 10巻, 11号, NOV 18 2015
  45. Robust In Vitro Induction of Human Germ Cell Fate from Pluripotent Stem Cells, CELL STEM CELL, 17巻, 2号, pp.178-pp.194, AUG 6 2015
  46. Simultaneous live imaging of the transcription and nuclear position of specific genes., Nucleic Acids Res, 43巻, 19号, pp.e127, 2015
  47. Simultaneous live imaging of the transcription and nuclear position of specific genes, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 43巻, 19号, OCT 30 2015
  48. Homologous Recombination-Independent Large Gene Cassette Knock-in in CHO Cells Using TALEN and MMEJ-Directed Donor Plasmids., Int J Mol Sci, 16(10):23849-66巻, 10号, pp.23849-pp.23866, 2015
  49. Homologous Recombination-Independent Large Gene Cassette Knock-in in CHO Cells Using TALEN and MMEJ-Directed Donor Plasmids, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 16巻, 10号, pp.23849-pp.23866, OCT 2015
  50. Generation of mutant mice via the CRISPR/Cas9 system using FokI-dCas9, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, JUN 9 2015
  51. Targeted gene correction of RUNX1 in induced pluripotent stem cells derived from familial platelet disorder with propensity to myeloid malignancy restores normal megakaryopoiesis., Experimental Hematology, 43巻, pp.849-pp.857, 2015
  52. Production of knockout mice by DNA microinjection of various CRISPR/Cas9 vectors into freeze-thawed fertilized oocytes, BMC BIOTECHNOLOGY, 15巻, MAY 22 2015
  53. Precise in-frame integration of exogenous DNA mediated by CRISPR/Cas9 system in zebrafish, SCIENTIFIC REPORTS, 5巻, MAR 5 2015
  54. Smarcal1 promotes double-strand-break repair by nonhomologous end-joining, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 43巻, 13号, pp.6359-pp.6372, JUL 27 2015
  55. Genome Editing in Mouse Spermatogonial Stem Cell Lines Using TALEN and Double-Nicking CRISPR/Cas9, STEM CELL REPORTS, 5巻, 1号, pp.75-pp.82, JUL 14 2015
  56. The Microtubule-Depolymerizing Activity of a Mitotic Kinesin Protein KIF2A Drives Primary Cilia Disassembly Coupled with Cell Proliferation, CELL REPORTS, 10巻, 5号, pp.664-pp.673, FEB 10 2015
  57. Tailor-made TALEN system for highly efficient targeted gene replacement in the rice blast fungus, BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING, 112巻, 7号, pp.1335-pp.1342, JUL 2015
  58. Forcible destruction of severely misfolded mammalian glycoproteins by the non-glycoprotein ERAD pathway, JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 211巻, 4号, pp.775-pp.784, NOV 23 2015
  59. Hox10-regulated endodermal cell migration is essential for development of the ascidian intestine, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 403巻, 1号, pp.43-pp.56, JUL 1 2015
  60. A High Excision Potential of TALENs for Integrated DNA of HIV-Based Lentiviral Vector, PLOS ONE, 10巻, 3号, MAR 17 2015
  61. Homeolog-specific targeted mutagenesis in Xenopus laevis using TALENs, In Vitro Cellular & Developmental Biology - Animal, 51巻, pp.879-pp.884, 2015
  62. Homeolog-specific targeted mutagenesis in Xenopus laevis using TALENs, IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL, 51巻, 9号, pp.879-pp.884, OCT 2015
  63. Precise Correction of the Dystrophin Gene in Duchenne Muscular Dystrophy Patient Induced Pluripotent Stem Cells by TALEN and CRISPR-Cas9, STEM CELL REPORTS, 4巻, 1号, pp.143-pp.154, JAN 13 2015
  64. Unliganded Thyroid Hormone Receptor alpha Regulates Developmental Timing via Gene Repression in Xenopus tropicalis, ENDOCRINOLOGY, 156巻, 2号, pp.735-pp.744, FEB 2015
  65. Epithelial DLD-1 cells with disrupted E-cadherin gene retain the ability to form cell junctions, Cell Structure and Function, 40巻, pp.79-pp.94, 2015
  66. Epithelial DLD-1 Cells with Disrupted E-cadherin Gene Retain the Ability to Form Cell Junctions and Apico-basal Polarity, CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 40巻, 2号, pp.79-pp.94, 2015
  67. Desmocollin-2 alone forms functional desmosomal plaques, with the plaque formation requiring the juxtamembrane region and plakophilins, Journal of Biochemistry, 158巻, pp.339-pp.353, 2015
  68. Desmocollin-2 alone forms functional desmosomal plaques, with the plaque formation requiring the juxtamembrane region and plakophilins, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 158巻, 4号, pp.339-pp.353, OCT 2015
  69. Relative contribution of four nucleases, CtIP, Dna2, Exo1 and Mre11, to the initial step of DNA double-strand break repair by homologous recombination in both the chicken DT40 and human TK6 cell lines, GENES TO CELLS, 20巻, 12号, pp.1059-pp.1076, DEC 2015
  70. Targeted gene correction of RUNX1 in induced pluripotent stem cells derived from familial platelet disorder with propensity to myeloid malignancy restores normal megakaryopoiesis, EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 43巻, 10号, pp.849-pp.857, OCT 2015
  71. TALEN-mediated single-base-pair editing identification of an intergenic mutation upstream of BUB1B as causative of PCS ( MVA) syndrome, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 111巻, 4号, pp.1461-pp.1466, JAN 28 2014
  72. EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step, JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 206巻, 3号, pp.347-pp.356, AUG 4 2014
  73. FAST-id system for enrichment of cells with TALEN-induced mutations and large deletions, GENES TO CELLS, 19巻, 5号, pp.419-pp.431, MAY 2014
  74. Stochastic promoter activation affects Nanog expression variability in mouse embryonic stem cells, SCIENTIFIC REPORTS, 4巻, NOV 20 2014
  75. Highly efficient targeted mutagenesis in one-cell mouse embryos mediated by the TALEN and CRISPR/Cas systems, SCIENTIFIC REPORTS, 4巻, JUL 16 2014
  76. Application of Oocyte Cryopreservation Technology in TALEN-Mediated Mouse Genome Editing, EXPERIMENTAL ANIMALS, 63巻, 3号, pp.349-pp.355, JUL 2014
  77. Simple knockout by electroporation of engineered endonucleases into intact rat embryos, SCIENTIFIC REPORTS, 4巻, OCT 1 2014
  78. Sterol Side Chain Reductase 2 Is a Key Enzyme in the Biosynthesis of Cholesterol, the Common Precursor of Toxic Steroidal Glycoalkaloids in Potato, PLANT CELL, 26巻, 9号, pp.3763-pp.3774, SEP 2014
  79. TALEN-induced gene knock out in Drosophila, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 56巻, 1号, pp.86-pp.91, JAN 2014
  80. Down syndrome-associated haematopoiesis abnormalities created by chromosome transfer and genome editing technologies, SCIENTIFIC REPORTS, 4巻, AUG 27 2014
  81. Targeted mutagenesis of multiple and paralogous genes in Xenopus laevis using two pairs of transcription activator-like effector nucleases, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 56巻, 1号, pp.108-pp.114, JAN 2014
  82. Transcription activator-like effector nucleases efficiently disrupt the target gene in Iberian ribbed newts (Pleurodeles waltl), an experimental model animal for regeneration, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 56巻, 1号, pp.115-pp.121, JAN 2014
  83. Screening Methods to Identify TALEN-Mediated Knockout Mice, EXPERIMENTAL ANIMALS, 63巻, 1号, pp.79-pp.84, JAN 2014
  84. Versatile strategy for isolating transcription activator-like effector nuclease-mediated knockout mutants in Caenorhabditis elegans, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 56巻, 1号, pp.78-pp.85, JAN 2014
  85. Targeted gene disruption by use of transcription activator-like effector nuclease (TALEN) in the water flea Daphnia pulex, BMC BIOTECHNOLOGY, 14巻, NOV 18 2014
  86. Tissue-specific and ubiquitous gene knockouts by TALEN electroporation provide new approaches to investigating gene function in Ciona, DEVELOPMENT, 141巻, 2号, pp.481-pp.487, JAN 15 2014
  87. Targeted mutagenesis in sea urchin embryos using TALENs, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 56巻, 1号, pp.92-pp.97, JAN 2014
  88. Germ Cell Mutations of the Ascidian Ciona intestinalis With TALE Nucleases, GENESIS, 52巻, 5号, pp.431-pp.439, MAY 2014
  89. Efficient gene targeting by TAL effector nucleases coinjected with exonucleases in zygotes, SCIENTIFIC REPORTS, 3巻, FEB 13 2013
  90. Enhancer activity sensitive to the orientation of the gene it regulates in the chordate genome, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 375巻, 1号, pp.79-pp.91, MAR 1 2013
  91. Efficient Targeted Mutagenesis in Medaka Using Custom-Designed Transcription Activator-Like Effector Nucleases, GENETICS, 193巻, 3号, pp.739-pp.+, MAR 2013
  92. High efficiency TALENs enable F0 functional analysis by targeted gene disruption in Xenopus laevis embryos., Biol Open, 2巻, pp.448-pp.452, 20130301
  93. Production of Sry knockout mouse using TALEN via oocyte injection, SCIENTIFIC REPORTS, 3巻, NOV 5 2013
  94. Quantitative assay for TALEN activity at endogenous genomic loci, BIOLOGY OPEN, 2巻, 4号, pp.363-pp.367, APR 15 2013
  95. The 3 ' UTR of nanos2 directs enrichment in the germ cell lineage of the sea urchin, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 377巻, 1号, pp.275-pp.283, MAY 1 2013
  96. Efficient targeted mutagenesis of the chordate Ciona intestinalis genome with zinc-finger nucleases, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 54巻, 5号, pp.535-pp.545, JUN 2012
  97. Targeted disruption of exogenous EGFP gene in medaka using zinc-finger nucleases, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 54巻, 5号, pp.546-pp.556, JUN 2012
  98. Equarin is involved as an FGF signaling modulator in chick lens differentiation, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 368巻, 1号, pp.109-pp.117, AUG 1 2012
  99. Nucleosome exclusion from the interspecies-conserved central AT-rich region of the Ars insulator, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 151巻, 1号, pp.75-pp.87, JAN 2012
  100. Non-transgenic genome modifications in a hemimetabolous insect using zinc-finger and TAL effector nucleases, NATURE COMMUNICATIONS, 3巻, AUG 2012
  101. HpSumf1 is involved in the activation of sulfatases responsible for regulation of skeletogenesis during sea urchin development, DEVELOPMENT GENES AND EVOLUTION, 221巻, 3号, pp.157-pp.166, AUG 2011
  102. Implication of HpEts in Gene Regulatory Networks Responsible for Specification of Sea Urchin Skeletogenic Primary Mesenchyme Cells, ZOOLOGICAL SCIENCE, 27巻, 8号, pp.638-pp.646, AUG 2010
  103. Targeted mutagenesis in the sea urchin embryo using zinc-finger nucleases, GENES TO CELLS, 15巻, 8号, pp.875-pp.885, AUG 2010
  104. Dicer is Required for the Normal Development of Sea Urchin, Hemicentrotus pulcherrimus, ZOOLOGICAL SCIENCE, 27巻, 6号, pp.477-pp.486, JUN 2010
  105. HpSulf, a heparan sulfate 6-O-endosulfatase, is involved in the regulation of VEGF signaling during sea urchin development, MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 127巻, 3-4号, pp.235-pp.245, MAR-APR 2010
  106. Mammalian arylsulfatase A functions as a novel component of the extracellular matrix, CONNECTIVE TISSUE RESEARCH, 51巻, 5号, pp.388-pp.396, OCT 2010
  107. Suppressor of Hairless (Su(H)) is Required for Foregut Development in the Sea Urchin Embryo, ZOOLOGICAL SCIENCE, 26巻, 10号, pp.686-pp.690, OCT 2009
  108. Role of the Nanos Homolog During Sea Urchin Development, DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 238巻, 10号, pp.2511-pp.2521, OCT 2009
  109. Analysis of cis-regulatory elements controlling spatio-temporal expression of T-brain gene in sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus, MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 125巻, 1-2号, pp.2-pp.17, JAN-FEB 2008
  110. RSF governs silent chromatin formation via histone H2Av replacement, PLOS GENETICS, 4巻, 2号, FEB 2008
  111. The Ars insulator facilitates I-SceI meganuclease-mediated transgenesis in the sea urchin embryo, DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 237巻, 9号, pp.2475-pp.2482, SEP 2008
  112. DNA variations within the sea urchin Otx gene enhancer, FEBS LETTERS, 581巻, 27号, pp.5234-pp.5240, NOV 13 2007
  113. Unichrom, a novel nuclear matrix protein, binds to the Ars insulator and canonical MARs, ZOOLOGICAL SCIENCE, 23巻, 1号, pp.9-pp.21, JAN 2006
  114. Developmental expression of HpNanos, the Hemicentrotus pulcherrimus homologue of nanos, GENE EXPRESSION PATTERNS, 6巻, 5号, pp.572-pp.577, JUN 2006
  115. Organ-specific and age-dependent expression of insulin-like growth factor-I (IGF-I) mRNA variants: IGF-IA and IB mRNAs in the mouse, ZOOLOGICAL SCIENCE, 22巻, 9号, pp.1011-pp.1021, SEP 2005
  116. The Otx binding site is required for the activation of HpOtxL mRNA expression in the sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus, Development= Growth and Differentiation, 46巻, 1号, 20040201
  117. Sexually dimorphic expression of a teleost homologue of Mullerian inhibiting substance during gonadal sex differentiation in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 322巻, 2号, pp.508-pp.513, SEP 17 2004
  118. Identification of two teleost homologs of the Drosophila sex determination factor, transformer-2 in medaka (Oryzias latipes), MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 121巻, 7-8号, pp.991-pp.996, JUL 2004
  119. The Otx binding site is required for the activation of HpOtxL mRNA expression in the sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 46巻, 1号, pp.61-pp.69, FEB 2004
  120. A new G-stretch-DNA-binding protein, Unichrom, displays cell-cycle-dependent expression in sea urchin embryos, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 46巻, 4号, pp.335-pp.341, AUG 2004
  121. Utilization of a particle gun DNA introduction system for the analysis of cis-regulatory elements controlling the spatial expression pattern of the arylsulfatase gene (HpArs) in sea urchin embryos, DEVELOPMENT GENES AND EVOLUTION, 213巻, 1号, pp.44-pp.49, FEB 2003
  122. Abnormal spermatogenesis at low temperatures in the Japanese red-bellied newt, Cynops pyrrhogaster: Possible biological significance of the cessation of Spermatocytogenesis, MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 66巻, 1号, pp.60-pp.66, SEP 2003
  123. Low temperature promotes annexin V expression in newt testis, ZOOLOGICAL SCIENCE, 20巻, 6号, pp.733-pp.735, JUN 2003
  124. T-brain homologue (HpTb) is involved in the archenteron induction signals of micromere descendant cells in the sea urchin embryo, DEVELOPMENT, 129巻, 22号, pp.5205-pp.5216, NOV 2002
  125. Follicle-stimulating hormone is indispensable for the last spermatogonial mitosis preceding meiosis initiation in newts(Cynops pyrrhogaster), Biology of Reproduction, 66巻, 1号, pp.14-pp.20, 20020401
  126. Promotion of cathepsin L activity in newt spermatogonial apopotosis induced by prolactin, FEBS Letters, 521巻, 1-3号, pp.43-pp.46, 20020401
  127. Human recombinant stem cell factor promotes spermatogonial proliferation, but not meiosis initiation in organ culture of newt testis fragments, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 294巻, 3号, pp.695-pp.699, 20020401
  128. Caspase activity in newt spermatogonial apoptosis induced by prolactin and cycloheximide., Molecular Reproduction and Development, 52巻, 2号, pp.209-pp.214, 20010401
  129. Expression of a novel matrix metalloproteinase gene during Cynops early embryogenesis, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 288巻, 2号, pp.380-pp.384, 20010401
  130. Cold Suppression of follicle-stimulating hormone activity on proliferation and survival of newt spermatogonia, General and Comparative Endocrinology, 122巻, 3号, pp.296-pp.303, 20010401
  131. Mammalian follicle-stimulating hormone (FSH) and insulin-like growth factor I (IGF-I) up-regulate IGF-I gene expression in organ culture of newt testis, Molecular Reproduction and Development, 60巻, 1号, pp.56-pp.64, 20010401
  132. Cloning of dynein Intermediate chain cDNA of the newt Cynops pyrrhogaster, DNA Research, 8巻, 2号, pp.81-pp.84, 20010401
  133. Conversion from mitosis to meiosis-morphology and expression of PCNA and Dmc1 during newt spermatogenesis, Development= Growth and Differentiation, 42巻, 2号, pp.603-pp.612, 20000401
  134. Prolactin induces apotosis in the penultimate spermatogonial stage of the testes in Japanese red-bellied Newt (Cynops pyrrhogaster), Endocrinology, 141巻, 6号, pp.2027-pp.2032, 20000401
  135. Molecular cloning, functional characterization and gene expression of a follicle-stimulating hormone receptor in the testis of newt, Cynops pyrrhogaster, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 275巻, 1号, pp.121-pp.128, 20000401
  136. Cloning of cDNA for Xenopus prolactin receptor and its metamorphic expression profile, Development= Growth and Differentiation, 42巻, 2号, pp.167-pp.174, 20000401
  137. IGF-I, IGF-II and insulin promote differentiation of spermatogonia to primary spermatocytes in organ culture of newt testes, International Journal of Developmental Biology, 43巻, 4号, pp.343-pp.348, 19990401
  138. Newt Rad51-Cloning of cDNA and analysis of gene expression during the spermatogenesis, Development= Growth and Differentiation, 41巻, 4号, pp.401-pp.406, 19990401
  139. Cloning of cDNA for newt WT1 and the differential expression during spermatogenesis of the Japanese newt, Cynops pyrrhogaster, Development= Growth and Differentiation, 40巻, 6号, pp.599-pp.608, 19980401
  140. Cloning and expression of a cDNA encoding a prolactin receptor of the Japanese red-bellied newt, Cynops pyrrhogaster, Zoological Science, 15巻, 5号, pp.741-pp.747, 19980401
  141. Genesis of axial fiber of newt sperm-cDNA cloning and expression of a 29 kDa protein, a major component of the axial fiber, during the spermatogenesis, International Journal of Developmental Biology, 40巻, pp.1109-pp.1118, 19960401
  142. A triplex DNA structure of the polypyrimidine-polypurine stretch in the 5’ flanking region of the sea urchin arylsulfatase gene, Zoological Science, 13巻, pp.105-pp.109, 19960401
  143. Expression of activin beta subunit genes in Sertoli cells of newt testes, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 224巻, pp.451-pp.456, 19960401
  144. Differential expression of annexin V during spermatogenesis in Cynops pyrrhogaster, Development Genes and Evolution, 206巻, pp.64-pp.71, 19960401
  145. A long polypyrimidine-polypurine sequence in 5’ flanking region of arylsulfatase gene of sea urchin embryo, International Journal of Developmental Biology, 38巻, pp.337-pp.344, 19940401
  146. Corrected structure of the 5’ flanking region of arylsulfatase gene of the sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus, Development= Growth and Differentiation, 36巻, 6号, pp.633-pp.636, 19940401
  147. cis-Elements and protein factors related to regulation of transcription of arylsulfatase gene during sea urchin development, Development= Growth and Differentiation, 35巻, 6号, pp.703-pp.710, 19930401
  148. Cis-acting elements for proper ontogenic expression of arylsulfatase gene of sea urchin embryo, Development= Growth and Differentiation, 34巻, 6号, pp.719-pp.729, 19920401

著書等出版物

  1. Current Overview of TALEN Construction Systems, Methods Mol Biol, Springer, 2017年, 共著, 1630, 25-36
  2. Construction and Evaluation of Zinc Finger Nucleases, Methods Mol Biol, Springer, 2017年, 共著, 1630, 1-24
  3. Genetic Tools for Self-Organizing Culture of Mouse Embryonic Stem Cells via Small Regulatory RNA-Mediated Technologies, CRISPR/Cas9, and Inducible RNAi, Methods Mol Biol, Springer, 2017年, 共著, 1622, 269-292
  4. All-in-One CRISPR-Cas9/FokI-dCas9 Vector-Mediated Multiplex Genome Engineering in Cultured Cells, In Vitro Mutagenesis, Methods Mol Biol, Springer, 2017年, 共著, 1498, 41-56
  5. A Simple Protocol for Loss-of-Function Analysis in Xenopus tropicalis Founders Using the CRISPR-Cas System, Methods Mol Biol, Springer, 2017年, 共著, 1630, 189-203
  6. エピゲノム編集, 実験医学別冊「エピジェネティクス実験スタンダード」(牛島俊和, 眞貝洋一, 塩見春彦編), 羊土社, 2017年, 345-352
  7. ゲノム編集とはどんな技術なのか, 日本化学会バイオテクノロジー部会ニュースレター, 日本化学会, 2017年, 共著, 20(2), 3-6
  8. ゲノム編集技術の進展, 日本臨床(Japanese Journal of Clinical Medicine), 日本臨床社, 2017年, 75, 778-782
  9. ゲノム編集入門, 2016年, 編著
  10. All About ゲノム編集, 2016年, 編著
  11. ゲノム編集の基礎と応用, 臨床血液, 2016年, 共著, 57, 1869-1873
  12. ゲノム編集成功の秘訣Q&A(山本卓編集), 2015年, 編著
  13. Engineering Customized TALENs Using the Platinum Gate TALEN Kit, Methods Mol Biol., Springer, 2016年, 1338, 61-70
  14. ZFN, TALEN, CRISPR/Cas9システムとは, 進化するゲノム編集技術, NTS, 2015年, 共著, p11-14
  15. 相同組換えに依存しない簡便・正確・高効率な遺伝子ノックイン法:PITChシステム, 進化するゲノム編集技術, NTS, 2015年, 共著, p59-66
  16. ツメガエルにおけるゲノム編集, 進化するゲノム編集技術, NTS, 2015年, 共著, p179-187
  17. 学習システム促進プロジェクト(第1年次報告) : 専門科学者との共同研究プロジェクト, 広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト報告書, 2015年, 調査報告書, 共著, 13巻
  18. Targeted Genome Editing Using Site-Specific Nucleases: ZFNs, TALENs, and the CRISPR/Cas9 System (Ed by Yamamoto T), Springer, 2015年, 単行本(学術書), 編著
  19. Genome editing using zinc-finger nucleases (ZFNs) and transcription activator-like effector nucleases (TALENs), Targeted Genome Editing Using Site-Specific Nucleases: ZFNs, TALENs, and the CRISPR/Cas9 System (Ed by Yamamoto T), Springer, 2015年, 単行本(学術書), 共著, p3-24
  20. CRISPR/Cas9: The Leading Edge of Genome Editing Technology, Targeted Genome Editing Using Site-Specific Nucleases: ZFNs, TALENs, and the CRISPR/Cas9 System (Ed by Yamamoto T), Springer, 2015年, 単行本(学術書), 単著, p25-41
  21. ゲノム編集技術の現状と展望, 再生医療, メディカルビュー社, 2015年, 共著, Vol.14(1)、p34-40
  22. ゲノム編集の基礎, 医学のあゆみ, 医歯薬出版株式会社, 2015年, 共著, Vol.252(2)、p147-151
  23. “all-in-one”CRISPR/Cas9ベクターシステムを用いた多重ゲノム編集, 実験医学, 羊土社, 2014年, 共著, Vol.33(6)、p959-965
  24. 今すぐ始めるゲノム編集(実験医学別冊), 序, 羊土社, 2014年, 単行本(学術書), 編著
  25. ゲノム編集の原理と応用, 今すぐ始めるゲノム編集(実験医学別冊), 羊土社, 2014年, 共著, p14-20
  26. TALENやCRISPR/Cas9を自作するには, 今すぐ始めるゲノム編集(実験医学別冊), 羊土社, 2014年, 共著, p23-28
  27. TALENやCRISPR/Cas9の活性評価法と変異の検出法, 今すぐ始めるゲノム編集(実験医学別冊), 羊土社, 2014年, 共著, p29-35
  28. TALENやCRISPR/Cas9によるターゲティング戦略, 今すぐ始めるゲノム編集(実験医学別冊), 羊土社, 2014年, 共著, p36-41
  29. Analysis of the effect on HBV life cycle by HBV genome editing using TALEN and CRISPR/Cas9 systems, HEPATOLOGY, 2014年, 共著, Vol.60, 1028A
  30. 部位特異的ヌクレアーゼを利用したゲノム編集技術, 整形・災害外科, 2014年, Vol.57, p1609-1614
  31. 高活性型Platinum TALENおよびCRISPR/Cas9を用いたゲノム編集, DNA鑑定, 2014年, Vol.6
  32. Suppression of anuran metamorphosis by synthetic chemical compounds, Frogs: Genetic Diversity, Neural Development and Environmental Influences (Ed by Lambert H), 2014年, 単著, p73-88
  33. 部位特異的ヌクレアーゼを利用したゲノム編集, 月刊バイオインダストリー, 2014年, 共著, 11月号
  34. Targeted genome editing., Dev Growth Differ, 2014年, 共著, 56: p1
  35. ゲノム編集による遺伝子改変技術, THE LUNG perspectives, 2014年, 共著, Vol.22(4), p71-75
  36. 部位特異的ヌクレアーゼによるゲノム編集と動物における利用, 生物の科学「遺伝」, NTS, 2014年, 共著, Vol.68(2), p130-134
  37. TALENによる遺伝子ターゲティング, ES・iPS細胞実験スタンダード(実験医学別冊), 羊土社, 2014年, 共著, p324-336
  38. 人工ヌクレアーゼを用いた培養細胞や動物でのゲノム編集, 細胞, 2014年, 共著, Vol.46(2), p92-95
  39. 部位特異的ヌクレアーゼを基盤とするゲノム編集技術, ウイルス, 2014年, 共著, Vol.64(1), p75-82
  40. ゲノム編集革命(細胞工学特集), 基礎の基礎, 細胞工学, 秀潤社, 2013年, 編著
  41. ゲノム編集技術を用いた遺伝子発現の定量的イメージング, ゲノム編集革命(細胞工学特集), 秀潤社, 2013年, 共著, p538-542
  42. TALENの効率的な作製と動物個体への応用, ゲノム編集革命(細胞工学特集), 秀潤社, 2013年, 共著, p510-514
  43. 標的遺伝子の改変を可能にする人工ヌクレアーゼの開発、化学工業, 化学工業社, 2013年, 単行本(学術書), 共著, p260-264
  44. 動物におけるゲノム編集技術の現状と可能性, バイオサイエンスとインダストリー, バイオインダストリー協会, 2013年, 共著, Vol.71(4), p365-368
  45. 人工ヌクレアーゼを用いたゲノム編集研究の歴史と現状, DNA鑑定, 2013年, Vol.5
  46. TALE nuclease (TALEN)を用いた培養細胞におけるゲノム編集、実験医学, 羊土社, 2013年, 01, 単行本(学術書), 共著, p95-100
  47. 人工ヌクレアーゼを用いたゲノム編集, 北降館/ニューサイエンス社ーMedical Science Digest, 2012年, 07, 単行本(学術書), 共著
  48. インスレーター, 生化学, 2008年, p675
  49. 高大連携による生命科学教材の開発とその実践的研究, 学部・附属学校共同研究紀要, 2008年, その他, 共著, 36号
  50. DNA Structure, Chromatin and Gene ExpressionChapter 14, "Involvement of nuclear matrix and chromatin loop formation in the function of insulators.", Transworld Research Network, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共編著, Akasaka K. , 8178952289
  51. Involvement of nuclear matrix and chromatin loop formation in the function of insulators (DNA structure, chromatin and gene expression) , Transworld Research Network, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 坂本 尚昭 山本 卓 赤坂 甲治 , 8178952289, 252
  52. 2001年, Initiation of meiosis in organ culture of newt testes by IGF-I , Perspective in Comparative Endocrinolog, 2001年, 調査報告書, s.-i.abe yamamoto t. y.nakayama
  53. 1998年, 両生類の発生生物学 , 北海道大学図書刊行会, 1998年, 単行本(学術書), 安部真一 山本 卓
  54. 両生類における精子分化機構. 「生殖細胞の発生と性分化」, 共立出版ー蛋白質・核酸・酵素, 1988年, 08, 単行本(学術書), 共編著, 43(4), 446-453.
  55. 1997年, Proliferation of newt spermatogonia in vitro and expression of activin β subunit genes by Sertoli Cells. , J. Reprod. Dev., 1997年, 調査報告書, s.-i.abe yamamoto t. 山本 卓
  56. 1996年, Expression of activin beta subunit and type II receptor genes during newt spermatogenesis. , Inhibin= Activin and Follistatin, 1996年, 調査報告書, yamamoto t. y.nakayama shin-ichi abe 山本 卓

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Genome editing in cultured cells and animals, Academic Workshop by Hiroshima University and Cairo University, 2017年03月, 招待, 英語
  2. MMEJ経路を利用したゲノム編集技術の開発, 第13回生命資源研究・支援センターシンポジウム, 2017年03月, 招待, 日本語
  3. ゲノム編集技術におけるオフターゲット作用とモザイク性, 第16回日本再生医療学会総会,“再生医療におけるゲノム編集”, 2017年03月, 招待, 日本語
  4. ゲノム編集技術の基本原理と医学研究での利用, 第16回日本再生医療学会総会“ゲノム編集と遺伝子治療”, 2017年03月, 招待, 日本語
  5. ゲノム編集技術の様々な分野での可能性, 産総研中国センターシンポジウム, 2017年02月, 招待, 日本語
  6. ゲノム編集技術の基本原理と応用, 山口大学時間生物学研究所セミナー, 2017年03月, 招待, 日本語
  7. ゲノム編集の基本原理と研究動向, JBAセミナー「ゲノム編集技術の最近の動向と規制・特許について」, 2017年03月, 招待, 日本語
  8. 誰もが使いこなすゲノム編集-基本原理と様々な分野での可能性, 住友化学生物環境科学研究所セミナー, 2016年12月, 招待, 日本語
  9. ゲノム編集技術の基本原理と様々な分野での可能性, NEDO“スマートセルインダストリーの実現に向けて”, 2016年11月, 招待, 日本語
  10. ゲノム編集とはどんな技術なのか-治療や品種改良での大きな可能性-, 第10回広島大学ホームカミングデー(霞部局企画), 2016年11月, 招待, 日本語
  11. ゲノム編集技術の様々な分野での可能性, 第9回DNA鑑定学会, 2016年11月, 招待, 日本語
  12. ゲノム編集の基本原理と限りない可能性, 第36回日本実験動物技術者協会 九州支部発表会, 2016年10月, 招待, 日本語
  13. ゲノム編集の基礎と応用, 池田理化再生医療分野若手研究者交流会, 2016年10月, 招待, 日本語
  14. ゲノム編集の基本原理と医学分野での利用, 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会, 2016年10月, 招待, 日本語
  15. ゲノム編集の基本原理と限りない可能性, 日本植物学会第80回大会シンポジウム“ゲノム編集〜現在と未来”, 2016年09月, 招待, 日本語
  16. ゲノム編集の基本原理と医学分野での可能性, Molecular Cardiovascular Conference II, 2016年09月, 招待, 日本語
  17. ゲノム編集の基本原理と最近の研究動向, 日本学術会議公開学術講演会「ゲノム編集の技術と将来展望」, 2016年08月, 招待, 日本語
  18. Basics and recent topics of genome editing technology, The 27th Annual Meeting of the Japanese Society of Oral Pathology, 2016年08月, 招待, 英語
  19. Basics and medical applications of genome editing technology, The 34th Annual Meeting of the Japanese Society of Bone and Mineral Research, 2016年07月, 招待, 日本語
  20. ゲノム編集の基本原理と様々な分野での可能性, ゲノム編集2016, 2016年05月, 招待, 日本語
  21. ゲノム編集の基本原理と研究動向, JBAセミナー「ゲノム編集技術の最近の動向と規制・特許について」, 2016年03月, 招待, 日本語
  22. ゲノム編集研究の最近の動向, 第2回 KBRP ワークショップ, 熊本大学, 2016年01月, 招待, 日本語
  23. ゲノム編集の基本原理と研究動向, BMB2015島津ランチョンセミナー, 2015年12月, 招待, 日本語
  24. ゲノム編集とその派生技術の現状と可能性, 国立がん研究センターセミナー, 2015年11月, 招待, 日本語
  25. ゲノム編集の応用と将来, 平成27年度広島バイオフォーラム, 2015年11月, 招待, 日本語
  26. ゲノム編集技術の基本原理と限りない可能性, 日本DNA多型学会第24回学術集会, 2015年11月, 招待, 日本語
  27. ゲノム編集の基本原理と医学分野での可能性, 日本人類遺伝学会第60回大会, 2015年10月, 招待, 日本語
  28. ゲノム編集の可能性, バイオガレージセミナー(リバネス), 2015年10月, 招待, 日本語
  29. ゲノム編集の基本原理と研究動向, 新化学技術推進協会(JACI)講演会, 2015年09月, 招待, 日本語
  30. ゲノム編集技術の基本原理と可能性, 自治医科大学大学院特別講義, 2015年08月, 招待, 日本語
  31. ゲノム編集研究の現状と可能性, 2015年生物工学若手研究者の集い・夏セミナー, 2015年07月, 招待
  32. ゲノム編集技術の開発とその応用(基盤技術から遺伝子治療・生物育種まで), 平成27年度先端技術研修(特許庁), 2015年06月, 招待, 日本語
  33. ゲノム編集が生命科学に革命を起こす, 読売テクノフォーラム, 2015年06月, 招待, 日本語
  34. ゲノム編集研究の現状と可能性, 第17回KMU研究推進セミナー(金沢医科大学), 2015年06月, 招待, 日本語
  35. TALENやCRISPR/Casを用いたゲノム編集研究の現状と動向, 遺伝子・デリバリー研究会第15回シンポジウム, 2015年05月, 招待, 日本語
  36. 部位特異的ヌクレアーゼを用いた培養細胞や動物でのゲノム編集, 第62回日本実験動物学会総会シンポジウム, 2015年05月, 招待, 日本語
  37. ゲノム編集の基本原理と研究の現状, 第88回日本内分泌学会, 2015年04月, 招待, 日本語
  38. Targeted genome editing in cultured cells and animals, BRI International Symposium, 2015年03月, 招待, 英語
  39. ゲノム編集技術の基本原理と研究の現状, 酒類総合研究所セミナー, 2015年03月, 招待, 日本語
  40. 部位特異的ヌクレアーゼを用いた培養細胞や動物でのゲノム編集, 第11回生命資源研究支援センターシンポジウム(熊本大学), 2015年03月, 招待, 日本語
  41. ゲノム編集技術の現状と可能性, 日本薬学会第135年会, 2015年03月, 招待, 日本語
  42. 部位特異的ヌクレアーゼを用いた培養細胞や動物でのゲノム編集, 第11回生命資源研究センターシンポジウム(熊本大学), 2015年03月, 招待, 日本語
  43. ゲノム編集研究の現状と可能性, 第20回分子複合医薬研究会, 2015年02月, 招待, 日本語
  44. ゲノム編集が世界を変える〜遺伝子操作 最前線〜, かんさい熱視線, NHK関西局, 2014年, 招待, 日本語
  45. ゲノム編集技術の基本原理と研究の現状, DNA鑑定学会第7回大会, 2014年12月, 招待
  46. 部位特異的ヌクレアーゼを用いた培養細胞や動物でのゲノム編集, 骨軟骨フロンティア, 2014年11月, 招待, 日本語
  47. ゲノム編集技術の基本原理と研究の現状, 第37回日本分子生物学会ランチョンセミナー(アジレント), 2014年, 招待, 日本語
  48. 部位特異的ヌクレアーゼを用いた培養細胞や動物でのゲノム編集, 全国大学遺伝子研究支援施設連絡協議会総会, 2014年11月, 招待, 日本語
  49. Genome editing in cultured cells and animals using TALENs and CRISPR/Cas, The 3rd “International Institute for Advanced Studies”, Conference of Novel Developments on the Study of Life and Biological Systems Based on Genome Engineering and Imaging Science, 2014年10月, 招待, 英語
  50. 高活性型TALEN(Platinum TALEN)を利用した動物でのゲノム編集, 2014年10月, 招待, 日本語
  51. ゲノム編集技術の最近の研究動向, 鳥取大学染色体工学センターセミナー, 2014年, 招待, 日本語
  52. ゲノム編集技術の限りない可能性, NEXT FORUM 2014, 2014年10月, 招待, 日本語
  53. ゲノム編集の基本原理と研究の現状, 日本生化学会フォーラム「次世代ゲノム編集技術の展開」, 2014年10月, 招待, 日本語
  54. Genome editing in cultured cells and animals using TALENs, JARI&ISEV Japan 6th Annual meeting,“Genome editing makes new RNA world”, 2014年08月, 招待, 英語
  55. ゲノム編集技術の基本原理と現状, 第6回遺伝子組換え実験安全研修会, 2014年08月, 招待, 日本語
  56. ゲノム編集技術を利用した培養細胞や動物での遺伝子改変, 京大ウイルス研潮流シリーズセミナー, 2014年, 招待, 日本語
  57. Genome editing using Platinum TALENs, “Application of haploid cell lines and innovative genome-editing technologies in cell biology”, The 66th Annual Meeting of the Japanese Society for Cell Biology, 2014年06月, 通常, 英語
  58. ゲノム編集研究の現状と可能性, 第12回日本再生歯科医学会学術大会総会教育講演, 2014年08月, 招待, 日本語
  59. ゲノム編集を利用した培養細胞や動物での標的遺伝子改変, 第10回肝免疫・ウイルス・フロンティア, 2014年04月, 招待, 日本語
  60. TALENおよびCRISPR/Cas9を用いた標的ゲノム編集, The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, 2014年, 招待, 英語
  61. Genome editing in cultured cells and animals using site-specific nucleases, Kyoto Univ. Cancer course colloquium, 2014年, 招待, 英語
  62. ゲノム編集技術の最近の研究動向, 産業総合研究所セミナー, 2014年, 招待, 日本語
  63. ゲノム編集を利用した培養細胞と動物における遺伝子改変, ゲノム編集の現状と可能性, 2014年, 通常, 日本語
  64. ゲノム編集技術の基本原理と可能性, コスモバイオ(株)セミナー, 2014年, 通常, 日本語
  65. The possibility of genome editing technology with site-specific nucleases, The 8th international symposium on the frontiers of industrial and environmental biotechnology, 2014年, 招待
  66. ゲノム編集を利用した培養細胞や動物での遺伝子改変, 平成26年度「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」公開シンポジウム, 2014年08月, 招待, 日本語
  67. ゲノム編集技術の限りない可能性, 鳥取大学染色体工学研究センター研究成果発表会, 2014年, 招待, 日本語
  68. TALEN 研究の最先端とゲノム編集, 山本 卓, 第54回日本植物生理学会年会, 2013年03月, 招待, 日本語
  69. ゲノム編集とは, 国際医療センター研究所セミナー, 2014年, 招待, 日本語
  70. 人工ヌクレアーゼを用いた培養細胞および動物におけるゲノム編集, 第38回中国地区放射線影響研究会, 2013年, 招待, 日本語
  71. Platinum TALENの開発と様々な動物におけるゲノム編集, 山本 卓, 理研シンポジウム「ゲノムデザイン技術と疾患モデル研究」, 2013年06月, 招待, 日本語
  72. 人工ヌクレアーゼを用いた両生類でのゲノム編集, 山本 卓, 日本動物学会第84回大会シンポジウム「生物実験材料としてのネッタイツメガエルの長所と有用性」, 2013年09月, 招待, 日本語
  73. ゲノム編集技術を利用した培養細胞や動物での遺伝子改変, 山本 卓, 第15回京都心血管代謝セミナー, 2013年12月, 招待, 日本語
  74. 人工酵素ZFNを利用した非モデル生物での遺伝子改変, 山本 卓, 発生分化再生医学特別大学院セミナー・徳島大学, 2010年06月, 招待, 日本語
  75. ゲノム編集技術を利用した培養細胞および動物個体での標的遺伝子改変, 山本 卓, 奈良県立医科大学講演会, 2013年11月, 招待, 日本語
  76. 人工ヌクレアーゼを利用したゲノム編集研究の現状と展開, 花王生物科学研究所セミナー, 2013年, 招待, 日本語
  77. Genome editing with engineered nucleases, The 2nd BioDental Colloquium, 2013年, 招待, 英語
  78. ゲノム編集技術を用いた様々な生物や培養細胞での標的遺伝子の改変, 大阪大学薬学部セミナー, 2013年, 招待, 日本語
  79. 人工ヌクレアーゼを用いた培養細胞および動物におけるゲノム編集, 山本 卓, 第248回川崎医学会講演会, 2013年01月, 招待, 日本語
  80. ゲノム編集技術を用いた様々な生物や培養細胞での標的遺伝子の改変, 山本 卓, 第110回理研BRCセミナー, 2013年02月, 招待, 日本語
  81. 人工ヌクレアーゼを用いた両生類でのゲノム編集, 日本動物学会第84回大会シンポジウム「生物実験材料としてのネッタイツメガエルの長所と有用性」, 2013年, 招待, 日本語
  82. ゲノム編集技術を用いた様々な生物での遺伝子改変, 岐阜大学連合獣医研究科若手研究者育成プログラム, 2013年, 招待, 日本語
  83. ゲノム編集技術を利用した培養細胞および動物での遺伝子改変, フェニックスバイオ(株)セミナー, 2013年, 招待, 日本語
  84. 次世代ゲノム編集技術の現状と今後, 国立医薬品食品衛生研究所講演会, 2013年, 招待, 日本語
  85. 高活性型TALENの開発と哺乳類培養細胞および動物での標的遺伝子改変, 山本 卓, 第65回日本生物工学会シンポジウム「次世代の植物バイオテクノロジー」, 2013年09月, 招待, 日本語
  86. 人工ヌクレアーゼを用いた動物や培養細胞でのゲノム編集, ヒューマンサイエンス財団セミナー, 2013年, 招待, 日本語
  87. ゲノム編集を用いた培養細胞や動物における標的遺伝子の改変, 群馬大学・脳神経発達統御学講座セミナー, 2013年, 招待, 日本語
  88. Targeted genome editing using highly-active TALENs, 山本 卓, 京都大学iPS研究所セミナー, 2013年07月, 招待, 日本語
  89. ゲノム編集技術を利用した動物での遺伝子改変, 第200回CARDセミナー(熊本大学), 2013年, 招待, 日本語
  90. 高活性型TALENを用いたゲノム編集, 日本分子生物学会ワークショップ「ゲノム編集研究の新展開」, 2013年, 招待, 日本語
  91. ゲノム編集技術を用いた培養細胞や動物での標的遺伝子改変, 第26回細胞情報セミナー(東京大学薬学研究科), 2013年, 招待, 日本語
  92. Platinum TALENを用いた培養細胞や動物での高効率な遺伝子改変-ゲノム編集技術の現状と未来-, 和光純薬工業(株)講演会, 2013年, 招待, 日本語
  93. ゲノム編集技術を用いた培養細胞や動物における標的遺伝子の改変, 慶応義塾大学医学部セミナー, 2013年, 招待, 日本語
  94. ゲノム編集革命ー人工ヌクレアーゼを利用した遺伝子改変技術の開発, 山本 卓, 平成25年度広島バイオフォーラム「ここまで進んだゲノム科学とその活用」, 2013年11月, 招待, 日本語
  95. 高活性型TALENの開発と様々な動物におけるゲノム編集, 山本 卓, 第118回関西実験動物研究会, 2013年06月, 招待, 日本語
  96. 人工ヌクレアーゼを利用したゲノム編集技術の現状, 山本 卓, 日本学術振興会植物デザイン第178委員会研究会, 2012年01月, 招待, 日本語
  97. 人工ヌクレアーゼを利用した様々な生物での標的遺伝子の改変, 山本 卓, 新学術領域研究「秩序形成ロジック」テクニカルセミナー・東京大学, 2012年02月, 招待, 日本語
  98. ゲノム編集技術を用いた培養細胞や動物での標的遺伝子改変, 山本 卓, 九州大学医学研究院セミナー, 2012年11月, 招待, 日本語
  99. 人工ヌクレアーゼを利用した様々な生物でのゲノム編集, 山本 卓, 関西学院大学理工学部講演会, 2012年04月, 招待, 日本語
  100. 人工ヌクレアーゼを基盤とする動物におけるゲノム編集, 山本 卓, 日本学術会議公開シンポジウム, 2012年05月, 招待, 日本語
  101. 人工ヌクレアーゼを用いた様々な生物や培養細胞でのゲノム編集, 山本 卓, 熊本大学遺伝子実験施設技術講習会, 2012年06月, 招待, 日本語
  102. 人工ヌクレアーゼ(ZFNやTALEN)を用いたゲノム編集研究の現状と可能性, DNA鑑定学会第5回総会・大会, 2012年, 招待, 日本語
  103. 人工ヌクレアーゼを用いた培養細胞および動物でのゲノム編集, 山本 卓, 熊本大学理学部セミナー, 2012年07月, 招待, 日本語
  104. ラット遺伝子改変技術としてのZFN/TALEN技術の開発, 第5回ラットリソースリサーチ研究会, 2012年, 招待, 日本語
  105. 人工ヌクレアーゼを基盤とする動物や培養細胞におけるゲノム編集, 山本 卓, 大阪大学大学院医学系研究科セミナー, 2012年08月, 招待, 日本語
  106. 人工ヌクレアーゼを基盤とした培養細胞および動物でのゲノム編集, 山本 卓, 日本動物学会第83回大会「胚誘導と形態形成/イモリネットネットワーク共催シンポジウム」, 2012年09月, 招待, 日本語
  107. ZFN法とTALEN法を用いたゲノム編集時代の到来, 山本 卓, 第35回日本分子生物学会シンポジウム「比較ゲノムから、ゲノム編集/デザインの時代へ」, 2012年12月, 招待, 日本語
  108. 人工ヌクレアーゼを利用した様々な生物での標的遺伝子改変, 埼玉大学生体制御学セミナー, 2012年, 招待, 日本語
  109. TALEN を用いた培養細胞でのゲノム編集, 山本 卓, 第85回日本生化学会大会バイオインダストリーセミナー, 2012年12月, 招待, 日本語
  110. 動物におけるゲノム編集技術の開発と応用, 山本 卓, 「新植物育種技術(New plant breeding techniques)に関する技術開発の現状とその産業利用へ向けての課題」セミナー, 2012年11月, 招待, 日本語
  111. 人工ヌクレアーゼを基盤とするゲノム編集技術の現状と可能性, 山本 卓, 第6回家畜DNA西郷シンポジウム, 2012年10月, 招待, 日本語
  112. 様々な生物での標的遺伝子改変を可能にするゲノム編集技術とその可能性, 山本 卓, 日本発生生物学会秋季シンポジウム2011, 2011年12月, 招待, 日本語
  113. ジンクフィンガーヌクレアーゼを用いた標的遺伝子の改変, 京都大学・生物物理セミナー, 2011年, 招待, 日本語
  114. 人工ヌクレアーゼを用いた遺伝子改変技術の開発とその利用, 山本 卓, 下田臨海セミナー・筑波大学, 2011年07月, 招待, 日本語
  115. 遺伝子改変および治療法のための人工酵素の開発, 山本 卓, 徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター講演会, 2011年11月, 招待, 日本語
  116. Genome editing in cultured cells and various organisms using engineered nucleases, 山本 卓, 国立遺伝学研究所 1615th Biological Symposium, 2012年11月, 招待, 英語
  117. 様々な生物での標的遺伝子改変を可能にする人工ヌクレアーゼの開発, 山本 卓, 生命機能研究科セミナー・大阪大学, 2011年09月, 招待, 日本語
  118. 人工酵素ZFNを用いた標的遺伝子の改変, 第44回生命科学フォーラム, 2010年, 招待, 日本語
  119. 多細胞生物の発生過程における遺伝子発現のゆらぎ, 山本 卓, 数理分子生命理学専攻シンポ・明治大学広島大学GCOEキックオフフォーラム, 2009年09月, 招待, 日本語
  120. SSHによる高大連携の実践と大学が高校生に期待すること, 山本 卓, 鳥取東高校SSH成果報告会, 2009年01月, 招待, 日本語
  121. SSHによる高大連携の実践, 山本 卓, AO入試が開く科学者へトビラ(神戸大学サイエンスショップ主催), 2009年03月, 招待, 日本語
  122. プロジェクト研究を取り入れた数理科学と生命科学の融合教育, 山本 卓, 日本農芸化学会2008年度大会・農芸化学における魅力ある大学教育とJABEE, 2008年03月, 招待, 日本語
  123. 数理生命科学ディレクター養成プログラム, 熊本大学・魅力ある大学院教育イニシアティブシンポジウム, 2007年, 通常, 日本語
  124. プロジェクト研究を取入れた数理科学と生命科学の融合教育, 徳島大学・大学院改革支援セミナー, 2007年, 招待, 日本語
  125. 遺伝子ネットワークの解明を目指した実験生物学の取組み, 山本 卓, 数理分子生命理学専攻シンポジウム「生命科学と数理科学の融合」, 2006年08月, 招待, 日本語
  126. 両生類における精子形成のメカニズム, 第23回遺伝子実験施設セミナー, 2002年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2017年05月26日, Experimental Animals最優秀論文賞, (公社)日本実験動物学会
  2. 2016年11月14日, Blue Flame Award, (NPO) Addgene
  3. 2013年09月11日, 第21回日本生化学会論文賞, 公益社団法人日本生化学会会長, Nucleosome exclusion from the interspecies conserved central AT-rich region of the Ars insulator.
  4. 2007年12月, 平成19年度広島大学学長表彰
  5. 1999年09月, 日本動物学会論文賞, 日本動物学会, 日本産アカハライモリのプロラクチン受容体遺伝子のクローニングと発現

作品・演奏・競技等

  • ・ゲノム編集 社会の理解が欠かせない, 中国新聞オピニオン, 2017年
  • ・ゲノム編集ってなに?⑤ゲノム編集技術の課題, 中国新聞セレクト, 2016年
  • ・ゲノム編集, 平成28年版理科年表, 936, 2016年
  • ・ゲノム編集ってなに?④品種改良での利用, 中国新聞セレクト, 2015年
  • ・ゲノム編集ってなに?③医学分野での利用, 中国新聞セレクト, 2015年
  • ・ゲノム編集ってなに?②遺伝子組み換えとの違い, 中国新聞セレクト, 2015年
  • ・ゲノム編集ってなに?①仕組み, 中国新聞セレクト, 2015年
  • ・新春展望2015「ゲノム編集技術の開発と応用は新しいステージへ」, 日経バイテクオンライン, 2015年
  • ・新春展望2014「ゲノム編集からエピゲノム編集へ」, 日経バイテクオンライン, 2014年
  • ・DNA結合ドメインを含むポリペプチド(特願2013-166768), 山本 卓他, 2013年08月
  • ・核酸挿入用ベクター(特願2013-230349), 山本 卓他, 2013年09月
  • ・PPRモチーフを利用したDNA結合性蛋白質の設計方法及びその利用(特願2013-88940), 山本 卓他, 2013年04月, その他
  • ・ヌクレアーゼを発現させるためのベクターおよびベクターセット、ならびに変異導入を受けた細胞の取得方法(特願2013-098724), 山本 卓他, 2013年05月
  • ・新規DNA結合ドメインおよびそれを含む新規DNA切断酵素(特願2011-242250), 山本 卓他, 2011年11月
  • ・「数理生命科学ディレクター養成プログラム」取組報告書, 山本 卓他, 2007年04月

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. JST産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA), ゲノム編集による革新的な有用細胞・生物作成技術の創出, 2016年09月01日, 2021年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), あらゆる遺伝性疾患を再現可能にするゲノム編集プラットフォームの開発, 2017年, 2021年
  3. 難治性疾患実用化研究事業, TALENプラスミドの設計及び作製およびiPS細胞へのゲノム編集実験の技術指導, 2015年11月16日, 2016年03月31日
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ゲノム編集を利用した遺伝子ノックイン新技術の開発, 2014年, 2016年
  5. 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP), 次世代農林水産業創造技術」(ゲノム編集技術等を用いた農水産物の画期的育種改良)
  6. 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP), 次世代農林水産業創造技術」(ゲノム編集技術と開花促進技術の普及と高度化), 2014年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(S))(分担), In vivo, in situ突然変異検出系を用いた環境および放射線リスク評価, 2015年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(A))(分担), 遺伝学的アプローチによる小脳機能障害の解明, 2014年, 2017年
  9. 厚生労働科学研究(分担), 原発性免疫不全症候群の病態解明と新規治療法開発への応用に関する研究, 2014年06月02日, 2015年03月31日
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B))(分担), 人工ヌクレアーゼによる食細胞異常症由来ヒトiPS細胞の遺伝子修復に関する研究, 2013年, 2015年
  11. 厚生労働科学研究, 次世代バイオテクノロジー技術応用食品等の安全性確保に関する研究, 2013年
  12. 厚生労働科学研究, 革新的な動物モデルや培養技術の開発を通じたHBV排除への創薬研究, 2012年
  13. 脳神経発達へ影響を及ぼす甲状腺ホルモンかく乱化学物質のスクリーニングシステム開発, 2011年
  14. (財)大川情報通信基金, 発生を制御する遺伝子ネットワーク構造の解明, 2008年04月, 2009年03月
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 発生のロバストネス(頑強性)を支える細胞間相互作用の定量的解析, 2009年, 2011年
  16. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究課題提案型)), 細胞分化における遺伝子発現のゆらぎとその制御, 2008年, 2010年
  17. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 抗がん剤が誘発する巨大DNA付加体の修復と致死効果, 2008年, 2009年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 発生過程の特異的遺伝子発現を担う遺伝子ネットワークの解明, 2005年, 2007年
  19. 数理生命科学ディレクター養成プログラム(魅力ある大学院教育イニシアティブ), 2005年
  20. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 棘皮動物Otx遺伝子の転写調節機構の解明, 2004年, 2005年
  21. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 棘皮動物オーガナイザー因子の同定, 2002年, 2003年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 精原細胞における減数分裂開始とアポトーシスとの分化選択機構, 2000年, 2001年
  23. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 精原細胞の増殖と分化における骨形成タンパク質(BMP)の働き, 2000年, 2001年
  24. 民間からの助成金, DNAメチル化による精子形成制御機構の解明, 2000年
  25. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), シグナルトラップ法を用いたイモリ精巣からの増殖・分化因子のクローニング, 1998年, 1999年
  26. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), プロラクチンによる両生類精原細胞のアポトーシス誘起機構, 1997年, 1999年
  27. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 両生類精巣における成長因子の探索と精子分化に対するその生理活性, 1996年, 1996年
  28. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), カルシウム結合蛋白質アネキシンの減数分裂における働き, 1995年, 1995年
  29. 科学研究費助成事業(重点領域研究), 減数分裂誘導因子の研究, 1995年, 1995年
  30. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), in vitro培養系を用いた減数分裂の開始機構の解析, 1993年, 1995年
  31. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), ゲノム編集技術を利用した極限的乾燥耐性遺伝子の同定と機能解析, 2013年, 2016年
  32. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 人工ヌクレアーゼによる食細胞異常症由来ヒトiPS細胞の遺伝子修復に関する研究, 2013年, 2015年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 会長, 2016年, 日本ゲノム編集学会
  2. 将来計画委員会委員長, 2016年, 日本ゲノム編集学会
  3. 理事, 2017年, 日本分子生物学会
  4. キャリアパス委員会委員, 2017年, 日本分子生物学会
  5. 運営会議委員, 2016年05月, 2019年03月, 自然科学研究機構基礎生物学研究所
  6. 第39回日本分子生物学会 プログラム委員, 2016年, 日本分子生物学会
  7. 新たな育種技術を用いた水産物の開発・実用化に関する検討委員会委員, 2015年11月, 2016年03月, 国立研究開発法人水産総合研究センター
  8. 代表, 2012年, ゲノム編集コンソーシアム
  9. 第38回日本分子生物学会年会(BMB2015)プログラム委員, 2015年, 日本分子生物学会
  10. 第37回日本分子生物学会年会 ポスター編成委員, 2014年, 日本分子生物学会
  11. ライフサイエンス・臨床医学分野俯瞰活動に伴う俯瞰委員, 2014年, JST-CRDS
  12. ゲノム編集ワーキンググループメンバー, 2013年10月, 2014年03月, 全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会
  13. ナショナルバイオリソース事業ラット運営委員会, 2013年
  14. マリンバイオ共同推進機構共同利用・共同研究委員会委員, 2015年04月, 2017年03月, 筑波大学
  15. マリンバイオ共同推進機構共同利用・共同研究委員会委員, 2013年04月, 2015年03月, 筑波大学
  16. マリンバイオ共同推進機構共同利用・共同研究委員会委員, 2011年04月, 2013年03月, 筑波大学
  17. マリンバイオ共同推進機構共同利用・共同研究委員会委員, 2009年12月, 2011年03月, 筑波大学
  18. 欧米における新たな育種技術の開発・規制政策や開発動向に関する調査業務検討会委員, 2013年08月, 2014年03月, (社)農林水産・食品産業技術振興協会
  19. 農林水産・食品分野と異分野との連携に係る研究戦略検討会メンバー, 2013年06月, 2014年03月, 農林水産省農林水産技術会議事務局
  20. 新たな植物育種技術勉強会講師兼コメンテーター, 2012年12月, 2013年03月, 農林水産省農林水産技術会議事務局
  21. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 京都大学ウイルス研究所
  22. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 鳥取大学
  23. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 鳥取大学
  24. 客員教員, 2015年04月, 2016年03月, 熊本大学
  25. 客員教員, 2014年04月, 2015年03月, 熊本大学
  26. 非常勤講師, 2010年04月, 2011年03月, 徳島大学
  27. 課題研究型学習講師, 2014年, 兵庫県立豊岡高校
  28. インスパイアハイスクール講師, 2010年, 2012年, 兵庫県立豊岡高校
  29. 自然科学実験セミナー講師, 2011年, 2015年, 鳥取県立鳥取東高等学校
  30. 佐賀県専門研修会講師, 2011年, 佐賀県教育センター
  31. 青年のための科学の祭典出展, 2007年
  32. スーパーサイエンスハイスクール実習講師, 2003年, 2010年, 鳥取県立鳥取東高等学校
  33. サイエンスパートナーシッププログラム講師, 2004年, 広島県立神辺旭高等学校
  34. 自然観察会講師, 2005年, 2014年, 大柿自然環境体験学習交流館(さとうみ科学館)
  35. 研究顧問, 2015年, エディットフォース株式会社
  36. 倫理委員会委員, 2015年04月, 2017年03月, 遺伝子検査ジーンリサーチ
  37. 理事, 2007年, 2015年, 尚志会

学術会議等の主催

  1. 日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年09月
  2. Conference on Transposition and Genome Engineering 2015, 2015年11月, 2015年11月
  3. 第4回ゲノム編集研究会, ゲノム編集コンソーシアム, 2014年10月
  4. International Symposium on RNAi and Genome Editing Methods, 2014年03月, 2014年03月
  5. 第3回ゲノム編集研究会, ゲノム編集コンソーシアム, 2013年10月
  6. 第2回ゲノム編集研究会, ゲノム編集コンソーシアム, 2012年10月
  7. 第1回ゲノム編集研究会, ゲノム編集コンソーシアム, 2012年02月
  8. 人工ヌクレアーゼ作製講習会(第1回〜第8回), 2011年, 2014年
  9. 遺伝子機能解析の最先端 -ZFNおよびTALENを用いた遺伝子改変の実際-, 2011年
  10. 第39回日本発生生物学会大会, 大会実行委員, 2006年06月
  11. 第31回日本発生生物学会大会, 大会実行委員, 1998年05月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 細胞たちの話を邪魔してみよう, 大柿町教育委員会, 自然観察会, 2003年/03月/01日, 2003年/03月/01日, パネリスト
  2. 遺伝子と形質, 鳥取東高校, スーパーサイエンススクール, 2003年/09月/01日, 2003年/09月/01日, 司会
  3. からだにはミネラルが必要, 大柿町教育委員会, 自然観察会, 2004年/03月/01日, 2004年/03月/01日
  4. 生物進化のしくみ, 神辺旭高校, サイエンスパートナーシッププログラム, 2004年/07月/01日, 2004年/09月/20日, 司会
  5. 生命と科学, 広島大学, 数理科学夏季セミナー, 2004年/08月/01日, 2004年/08月/01日
  6. ウニの観察, 江田島市教育委員会, 自然観察会, 2005年/03月/13日, 2005年/03月/13日, パネリスト
  7. 「ウニの卵を使って海水の汚れを調べてみよう」, 江田島市教育委員会, 自然観察会, 2006年/03月/19日, 2006年/03月/19日
  8. 「遺伝子を見る」, 神辺旭高校, サイエンスパートナーシッププログラム, 2006年/09月/08日, 2006年/09月/08日
  9. 「遺伝子と形質」, 鳥取東高校, スーパーサイエンスハイスクール, 2006年/09月/24日, 2006年/09月/25日
  10. 「ウニの遺伝子を見てみよう」, 江田島市教育委員会, 自然観察会, 2007年/03月/17日, 2007年/03月/17日
  11. ウニの発生, 江田島市教育委員会, 自然観察会, 2008年/03月/16日, 2008年/03月/16日, パネリスト
  12. ウニの研究からわかること, 江田島市教育委員会, 自然科学フェア, 2009年/03月, 2009年/03月, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, Nature Communications
  2. 2015年, Genome Biology
  3. 2015年, Biotechnology & Bioengineering
  4. 2014年, Genes to Cells
  5. 2014年, Development, Growth & Differentiation, Guest Editor
  6. 2013年, Methods
  7. 2013年, Genes to Cells
  8. 2012年, Molecular Reproduction and Development
  9. 2009年, Gene expression patterns
  10. 2009年, Zoological Science
  11. 2008年, Gene expression patterns
  12. 2008年, Mechanisms of Development