Hiroki Ohge

Last Updated :2021/01/05

Affiliations, Positions
Hiroshima University Hospital, Professor
E-mail
ohgehiroshima-u.ac.jp

Basic Information

Academic Degrees

  • Doctor of Philosophy in Medical Science, Hiroshima University

Research Fields

  • Medicine,dentistry, and pharmacy;Clinical internal medicine;Infectious disease medicine

Educational Activity

Course in Charge

  1. 2020, Liberal Arts Education Program1, 4Term, Human and microorganisms
  2. 2020, Undergraduate Education, Year, Clinical diagnosis and treatment I
  3. 2020, Liberal Arts Education Program1, 1Term, Introductory Seminar for First-Year Students
  4. 2020, Graduate Education (Doctoral Program) , First Semester, Advanced research on Infectious Diseases
  5. 2020, Graduate Education (Doctoral Program) , Second Semester, Advanced research on Infectious Diseases
  6. 2020, Graduate Education (Doctoral Program) , First Semester, Advanced seminar on Infectious Diseases
  7. 2020, Graduate Education (Doctoral Program) , Second Semester, Advanced seminar on Infectious Diseases
  8. 2020, Graduate Education (Master's Program) , 1Term, Seminar on Global Infectious Diseases
  9. 2020, Graduate Education (Doctoral Program) , First Semester, Advanced Seminar on Infectious Diseases
  10. 2020, Graduate Education (Doctoral Program) , Second Semester, Advanced Seminar on Infectious Diseases
  11. 2020, Graduate Education (Doctoral Program) , First Semester, Advanced Research on Infectious Diseases
  12. 2020, Graduate Education (Doctoral Program) , Second Semester, Advanced Research on Infectious Diseases
  13. 2020, Graduate Education (Master's Program) , First Semester, Pathophysiology

Research Activities

Academic Papers

  1. Oral vancomycin versus metronidazole for the treatment of Clostridioides difficile infection: Meta-analysis of randomized controlled trials, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 24(11), 907-914, 201811
  2. A survey on infection control in emergency departments in Japan, ACUTE MEDICINE & SURGERY, 5(4), 374-379, 201807
  3. The Efficacy of Antimicrobial-Coated Sutures for Preventing Incisional Surgical Site Infections in Digestive Surgery: a Systematic Review and Meta-analysis, JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY, 22(10), 1832-1841, 201810
  4. The first multi-centre point-prevalence survey in four Japanese university hospitals, JOURNAL OF HOSPITAL INFECTION, 99(3), 325-331, 201807
  5. Antimicrobial susceptibility of common pathogens isolated from postoperative intra-abdominal infections in Japan, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 24(5), 330-340, 201805
  6. Rapid identification of carbapenemase-type bla(GEs) and ESBL-type bla(GEs) using multiplex PCR, JOURNAL OF MICROBIOLOGICAL METHODS, 148, 117-119, 201805
  7. Invasive micropapillary carcinoma component is an independent prognosticator of poorer survival in Stage III colorectal cancer patients, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 47(12), 1129-1134, 201712
  8. Incidence and Outcomes of Central Venous Catheter-related Blood Stream Infection in Patients with Inflammatory Bowel Disease in Routine Clinical Practice Setting, INFLAMMATORY BOWEL DISEASES, 23(11), 2042-2047, 201711
  9. Pharmacokinetics of piperacillin-tazobactam in plasma, peritoneal fluid and peritoneum of surgery patients, and dosing considerations based on site-specific pharmacodynamic target attainment., International Journal of Antimicrobial Agents, 50(3), 393-398, 201709
  10. Antimicrobial susceptibility of pathogens isolated from surgical site infections in Japan: Comparison of data from nationwide surveillance studies conducted in 2010 and 2014-2015, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 23(6), 339-348, 201706
  11. Rapid discrimination of bla(IMP-1), bla(IMP-6), and bla(IMP-34) using a multiplex PCR, JOURNAL OF MICROBIOLOGICAL METHODS, 135, 8-10, 201704
  12. Two Cases of Clostridium tertium Infection and Successful Identification of the Organism by Matrix-Assisted Laser Desorption-Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry Analysis., ANNALS OF LABORATORY MEDICINE, 36(3), 281-283, 201605
  13. Perioperative Antibiotics Covering Bile Contamination Prevent Abdominal Infectious Complications After Pancreatoduodenectomy in Patients With Preoperative Biliary Drainage, WORLD JOURNAL OF SURGERY, 38(11), 2952-2959, 201411
  14. Pharmacokinetics and pharmacodynamic target attainment of intravenous pazufloxacin in the bile of patients undergoing biliary pancreatic surgery, JOURNAL OF CHEMOTHERAPY, 26(5), 287-292, 201410
  15. Population Pharmacokinetic-Pharmacodynamic Target Attainment Analysis of Imipenem Plasma and Urine Data in Neonates and Children, PEDIATRIC INFECTIOUS DISEASE JOURNAL, 32(11), 1208-1216, 201311
  16. Optimisation of imipenem regimens in patients with impaired renal function by pharmacokinetic-pharmacodynamic target attainment analysis of plasma and urinary concentration data, INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS, 40(5), 427-433, 201211
  17. Prognostic Significance of Telomerase Activity and Human Telomerase Reverse Transcriptase Expression in Ampullary Carcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 19(9), 3072-3080, 201209
  18. Recovery of Upper Gastrointestinal Bowel Movement After Rectosigmoid Cancer Surgery: A Pilot Transit Analysis, INTERNATIONAL SURGERY, 96(4), 281-285, 20111011
  19. Prognostic Impact of Perioperative Serum CA 19-9 Levels in Patients with Resectable Pancreatic Cancer, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 17(9), 2321-2329, 201009
  20. Combination of Polyglicolic Acid Felt and Fibrin Glue for Prevention of Pancreatic Fistula Following Pancreaticoduodenectomy, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 56(94-95), 1538-1541, 20090910
  21. Randomized clinical trial to assess the efficacy of ulinastatin for postoperative pancreatitis following pancreaticoduodenectomy, JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY, 98(5), 309-313, 20081001
  22. Pharmacodynamic evaluation of biapenem in peritoneal fluid using population pharmacokinetic modelling and Monte Carlo simulation, INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS, 32(4), 339-343, 200810
  23. Mixed ductal-endocrine carcinoma derived from intraductal papillary mucinous neoplasm (IPMN) of the pancreas identified by human telomerase reverse transcriptase (hTERT) expression, JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY, 97(5), 469-475, 20080401
  24. Peritoneal penetration and pharmacodynamic exposure of intravenous cefozopran in abdominal surgery patients, INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS, 30(4), 352-355, 200710
  25. Pharmacokinetic and pharmacodynamic profiling of cefepime in plasma and peritoneal fluid of abdominal surgery patients, INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS, 30(3), 270-273, 200709
  26. Intraductal papillary-mucinous neoplasms and mucinous cystic neoplasms of the pancreas differentiated by ovarian-type stroma, SURGERY, 140(3), 448-453, 200609
  27. Surgical Recurrence at Anastomotic Site After Bowel Resection in Crohn's Disease: Comparison of Kono-S and End-to-end Anastomosis, JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY, 23(2), 312-319, 201902
  28. Prosthetic Valve Endocarditis Caused by ST8 SCCmecIV1 Type Community-associated Methicillin-resistant Staphylococcus aureus, INTERNAL MEDICINE, 58(5), 743-747, 201903
  29. Multiple Intraabdominal Abscesses Caused by Mycoplasma hominis Infection Following Simultaneous Pancreas-Kidney Transplantation., Annals of Laboratory Medicine, 38(4), 381-383, 201807
  30. Corrigendum to "Antimicrobial susceptibility of common pathogens isolated from postoperative intra-abdominal infections in Japan" [J Infect Chemother 24 (2018) 330-340, Journal of Infection and Chemotherapy, 24(7), 592-595, 201807
  31. Corrigendum to 'Antimicrobial susceptibility of pathogens isolated from surgical site infections in Japan: Comparison of data from nationwide surveillance studies conducted in 2010 and 2014-2015' [J Infect Chemother 23 (2017) 339-348]., Journal of Infection and Chemotherapy, 24(2), 156-157, 201802
  32. Gastrectomy for invasive micropapillary carcinoma is associated with poorer disease-free and disease-specific survival, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 24(12), 1565-1573, 201912

Publications such as books

  1. 2013/-1, Clostridium difficile感染症の病院感染対策, 臨床検査, 大毛 宏喜;原 稔典;近藤 美穂 他;近藤 美穂
  2. 2007/-0, MRSA腸炎, 感染と抗菌薬 / ヴァンメディカル [編], 大毛 宏喜;横山 隆;末田 泰二郎
  3. 2012/-0, MRSA腸炎は存在するのか, 日本外科感染症学会雑誌, 大毛 宏喜;横山 隆;清水 亘 他;清水 亘
  4. 2005/-0, SSIの術中における予防と対策, 臨床外科, 竹末 芳生;大毛 宏喜
  5. 2004/-1, Severe sepsis患者に対する抗菌薬治療におけるDe-escalating療法の有用性, ICUとCCU : 集中治療医学, 竹末 芳生;大毛 宏喜;香山 茂平 他;香山 茂平
  6. 2005/-0, 解説レビュー(3)機器による感染の防止策 ドレーンに関する感染防止策, 感染制御, 大毛 宏喜;竹末 芳生
  7. 2014/-0, 開腹手術 vs 腹腔鏡補助手術 潰瘍性大腸炎に対する外科手術 : 腹腔鏡補助手術, 外科 = Surgey : 臨床雑誌, 大毛 宏喜;上神 慎之介;渡谷 祐介 他;渡谷 祐介
  8. 2008/-0, 潰瘍性大腸炎待機手術症例における免疫栄養療法の効果の検討, 日本外科感染症学会雑誌, 島筒 和史;大毛 宏喜;竹末 芳生 他;竹末 芳生
  9. 2008/-0, 基礎知識編 カラー写真でたどる 術後創の治癒過程と管理のワザ, 消化器外科nursing, 大毛 宏喜;曽我 祐一郎
  10. 2005/-0, 結腸・直腸手術における機械的腸管前処置の北米の現状と問題点, 日本外科感染症学会雑誌, 大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  11. 2009/-0, 外科領域感染症における耐性菌, 最新医学, 大毛 宏喜
  12. 2003/-0, 外科領域における深在性真菌症とその対応, 臨床外科 = Journal of clinical surgery, 竹末 芳生;大毛 宏喜;今村 裕司 他;今村 裕司
  13. 2006/-0, 外科領域における緑膿菌感染症, 感染と抗菌薬 / ヴァンメディカル [編], 佐々木 秀;大毛 宏喜;竹末 芳生
  14. 2011/-0, 抗菌薬と腸内細菌叢, 臨床検査, 大毛 宏喜
  15. 2014/-0, 国公立大学附属病院感染対策協議会 : 第15回総会の概要と注目トピック, Infection control : The Japanese journal of infection control, 大毛 宏喜;森 美菜子;八木 哲也 他;八木 哲也
  16. 2012/-1, 周術期感染症の対策と展望, 最新医学, 大毛 宏喜;末田 泰二郎
  17. 2012/-1, 手術手技 完全直腸脱に対する会陰式直腸S状結腸切除術, 手術, 清水 亘;大毛 宏喜;渡谷 祐介 他;渡谷 祐介
  18. 2002/-1, 手術手技 高齢者直腸脱に対する会陰式直腸S状結腸切除術, 外科治療 = Surgical therapy : 外科系臨床雑誌, 竹末 芳生;大毛 宏喜
  19. 2005, 手術のtips and pitfalls 切除不能直腸癌穿孔に対する対処, 日本外科学会雑誌 / 日本外科学会 編, 竹末 芳生;大毛 宏喜;坂下 充
  20. 2009/-0, 手術部位感染と抗菌薬の使い方, Infection control : The Japanese journal of infection control, 大毛 宏喜;末田 泰二郎
  21. 2005/-0, 手術部位感染防止において, Infection control : The Japanese journal of infection control, 大毛 宏喜;竹末 芳生
  22. 2007/-0, 消化器外科手術におけるドレーン使用の現況 広島県地区アンケート調査より, 日本外科感染症学会雑誌, 大毛 宏喜;二宮 基樹;岡島 正純 他;岡島 正純
  23. 2007/-0, 症例報告 皮下植え込み式ポートを用いた在宅中心静脈栄養法で真菌性播種性病変を来たした1例, 日本外科感染症学会雑誌, 曽我 祐一郎;大毛 宏喜;尾形 徹 他;尾形 徹
  24. 2002, 術後感染対策としてのドレーンの選択, 環境感染, 大毛 宏喜;竹末 芳生;横山 隆
  25. 2010/-1, セミナー講演 ERAS(Enhanced Recovery After Surgery)導入の問題点, 日本手術医学会誌 / 日本手術医学会 [編], 大毛 宏喜
  26. 2008/-0, 多剤耐性グラム陰性菌感染症の治療, 日本外科感染症学会雑誌, 大毛 宏喜;島筒 和史;曽我 祐一郎 他;曽我 祐一郎
  27. 2012/-0, 大学病院における外科感染症教育の現状と課題, 日本外科感染症学会雑誌, 大毛 宏喜;清水 亘;上神 慎之介 他;上神 慎之介
  28. 2008/-0, 大腸外科手術での予防抗菌薬と腸内細菌叢, 日本外科感染症学会雑誌, 大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎 他;末田 泰二郎
  29. 2010, 大腸切除術, 日本外科学会雑誌 / 日本外科学会 編, 大毛 宏喜;岡島 正純;檜井 孝夫 他;檜井 孝夫
  30. 2005/-0, 腸内硫化水素ガス--病因? ただの悪臭?, The Japanese journal of antibiotics / 日本抗生物質学術協議会 編, 大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎 他;末田 泰二郎
  31. 2011/-0, 腸管通過時間測定の現状と問題点, 消化器内科 / 消化器内科編集委員会 編, 大毛 宏喜;島谷 智彦;島筒 和史 他;島筒 和史
  32. 2013/-0, 直腸切除術におけるドレーンの適正使用, 日本外科感染症学会雑誌, 大毛 宏喜;上神 慎之介;渡谷 祐介 他;渡谷 祐介
  33. 2014/-0, 直腸脱に対するAltemeier手術, 外科 = Surgey : 臨床雑誌, 渡谷 祐介;大毛 宏喜;清水 亘 他;清水 亘
  34. 2005/-0, 直腸脱手術(経肛門的), 手術, 大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  35. 2006/-0, 直腸粘膜抜去術, 手術, 竹末 芳生;大毛 宏喜;坂下 充
  36. 2005, ドレーンの管理, EB nursing : Evidence-based nursing, 大毛 宏喜;竹末 芳生
  37. 2006/-0, ドレーンの功罪, Infection control : The Japanese journal of infection control, 大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  38. 2005/-0, 日常診療の指針 回腸嚢炎における診断基準, 外科治療, 竹末 芳生;香山 茂平;大毛 宏喜
  39. 2013/-0, 日本医師会認定産業医研修会 病院内感染対策の展望, 日本農村医学会雑誌, 大毛 宏喜;末田 泰二郎
  40. 2008/-0, 予防抗菌薬の最近の話題--有効性と耐性化予防の観点から, 臨床外科, 大毛 宏喜;首藤 毅;島筒 和史 他;島筒 和史
  41. 2008/-1, 緑膿菌耐性率を指標としたカルバペネム系薬の適正使用について, 日本外科感染症学会雑誌, 大毛 宏喜;上田 健悟;木村 佳代 他;木村 佳代
  42. 2006/-0, 臨床報告・1 腹部CT検査で偶発的に発見された腸間膜原発悪性リンパ腫の1例, 臨床外科, 茶谷 成;竹末 芳生;大毛 宏喜 他;大毛 宏喜
  43. 2015/-0, 私の診療経験から 耐性菌感染症治療の問題点, 臨牀と研究, 大毛 宏喜;繁本 憲文;鹿山 鎭男 他;鹿山 鎭男
  44. 2006/-0/3-, 分枝型膵IPMNの診断と手術適応の問題点, 日本外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;橋本 泰司;林谷 康生;首藤 毅;大毛 宏喜;竹末 芳生;檜山 英三;末田 泰二郎
  45. 2007/-0/7-, V-1-68 膵頭十二指腸切除術における上腸間膜動脈周囲神経叢を全温存したリンパ節郭清(膵2 PD,一般演題(ビデオ),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;橋本 泰司;長谷 諭;中川 直哉;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  46. 2008/-0/7-, PD-6-1-5 新規抗癌剤を用いた膵・胆道癌に対する新たな術後補助化学療法の成績(パネルディスカッション6-1 最新の消化器癌補助療法 肝胆膵,第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;中村 浩之;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  47. 2009/-0/2-, SY-5-5 膵IPMNの治療方針 : 通常型膵管癌との臨床病理学的比較検討(IPMNの外科治療-適応と術式,シンポジウム,第109回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;中村 浩之;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  48. 1998/-0/3-, 潰瘍性大腸炎におけるQOLを重視した手術基準の検討, 日本外科学会雑誌, 大毛 宏喜;竹末 芳生;横山 隆;村上 義昭;新原 主計;津村 裕昭;立本 直邦;赤木 真治;横山 雄二郎;金廣 哲也;坂下 吉弘;松浦 雄一郎
  49. 2001/-0/3-, SF26a-4 Th1/Th2 cytokine profileの解析によるCrohn病の病態解明, 日本外科学会雑誌, 今村 祐司;横山 隆;赤木 真治;小倉 良夫;大毛 宏喜;坂下 吉弘;村上 義昭;檜山 英三;竹末 芳生;末田 泰二郎
  50. 2000/-0/7-, WS6-1 予防抗菌薬としての第一世代セフェム剤の適正に関する検討, 日本消化器外科学会雑誌, 赤木 真治;竹末 芳生;今村 祐司;大毛 宏喜;横山 隆;松浦 雄一郎
  51. 1998/-0/6-, 154 胆管癌および乳頭部癌におけるCD44v6の発現とリンパ節転移、進行度、予後との相関(第52回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 横山 雄二郎;村上 義昭;檜山 英三;横山 隆;竹末 芳生;新原 主計;津村 裕昭;立本 直邦;赤木 真治;金廣 哲也;大毛 宏喜;松浦 雄一郎
  52. 2009/-0/7-, WS-7-10 尾側膵切除術における脾温存の適応と成績(ワークショップ7 尾側膵切除における脾温存の適応と成績,第64回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;中村 浩之;長谷 論;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  53. 2009/-0/7-, PD-5-6 慢性膵炎に対する膵管ドレナージ手術の長期成績(パネルディスカッション5 慢性膵炎治療の長期成績-保存的治療vs外科的治療-,第64回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;湯浅 吉夫;長谷 諭;中島 亨;中村 浩之;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  54. 2011/-0/5-, PD-5-7 大動脈周囲リンパ節転移は胆道癌根治切除のcontraindicationか?(PD5 パネルディスカッション(5)進行胆道癌に対する切除適応のコンセンサス,第111回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;近藤 成;坂部 龍太郎;湯浅 吉夫;小林 弘典;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  55. 2006/-0/3-, 膵疾患組織におけるヒトテロメラーゼ逆転写酵素(hTERT)発現の検討と臨床診断への応用, 日本外科学会雑誌, 橋本 泰司;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;大毛 宏喜;竹末 芳生;檜山 英三;末田 泰二郎
  56. 2006/-0/7-, 2171 主膵管閉塞を来たし急性膵炎にて発症した非機能性膵内分泌癌の1例(膵内分泌腫瘍2,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 中川 直哉;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  57. 2006/-0/7-, W-1-13 膵管内乳頭腫瘍(IPMN)における他臓器癌合併例の検討(同時性異時性重複癌の外科治療,ワークショップ,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;林谷 康生;首藤 毅;中川 直哉;大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  58. 2009/-0/2-, PD-1-5 幽門側胃切除術および膵頭切除術後の脂肪消化吸収機能からみたBillroth I法方式再建と十二指腸温存の意義(消化管運動から見た消化管再建術式の客観的評価,パネルディスカッション,第109回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 中村 浩之;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;湯浅 吉夫;中島 亨;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  59. 1998/-0/3-, 膵癌におけるDPC4遺伝子ヘテロ接合性消失についての検索, 日本外科学会雑誌, 金廣 哲也;檜山 英三;村上 義昭;横山 隆;津村 裕昭;立本 直邦;横山 雄二郎;竹末 芳生;新原 主計;赤木 真治;大毛 宏喜;坂下 吉弘;松浦 雄一郎
  60. 1999/-0/2-, 426 膵癌における18番染色体およびDPC4遺伝子異常についての検討, 日本消化器外科学会雑誌, 金廣 哲也;檜山 英三;村上 義昭;横山 隆;横山 雄二郎;大毛 宏喜;上村 健一郎;松浦 雄一郎
  61. 1998/-0/6-, 336 クローン病の分類とその病態との関係に関する検討(第52回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 大毛 宏喜;横山 隆;竹末 芳生;村上 義昭;新原 主計;赤木 真治;坂下 吉弘;松浦 雄一郎
  62. 2009/-0/7-, RS-6-16 膵頭十二指腸切除術後の膵外分泌機能障害における危険因子とその治療(要望演題6-4 術前術後の合併症対策と発症時の対応4,第64回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 中村 浩之;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;湯浅 吉夫;長谷 諭;中島 亨;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  63. 2009/-0/7-, PD-2-13 膵腫瘍におけるテロメラーゼ活性化機構を用いた術前診断への応用(パネルディスカッション2 消化器外科領域における分子生物学的知見の臨床応用,第64回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 中島 亨;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;中村 浩之;大毛 宏喜;末田 泰二郎;檜山 英三
  64. 2011/-0/5-, PS-015-3 十二指腸乳頭部癌におけるテロメラーゼ活性およびhTERT発現の検討(PS-015 ポスターセッション(15)胃:基礎-3,第111回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 坂部 龍太郎;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;大毛 宏喜;末田 泰二郎;檜山 英三
  65. 2002/-0/3-, テロメラーゼ活性をバイオマーカーにした新たな大腸癌病期診断の基礎研究, 日本外科学会雑誌, 今村 祐司;槍山 英三;立本 直邦;横山 隆;大毛 宏喜;金廣 哲也;村上 義昭;竹末 芳生;末田 泰二郎
  66. 2003/-0/7-, 潰瘍性大腸炎術後回腸嚢炎における内視鏡所見と病理所見からみた診断基準の問題点, 日本消化器外科学会雑誌, 香山 茂平;竹末 芳生;今村 祐司;大毛 宏喜;村上 義昭;横山 雄二郎;佐々木 秀;森藤 雅彦;横山 隆;末田 泰二郎
  67. 2005/-0/7-, 感染を伴った肛門周囲腫瘍に直腸切断術後, 大腿薄筋充填と遊離皮膚移植をした2例(大腸16, 第60回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 坂下 充;竹末 芳生;大毛 宏喜;香山 茂平;茶谷 成;末田 泰二郎
  68. 2008/-0/7-, WS-2-2-9 膵頭十二指腸切除術における膵胃吻合再建・膵管胃粘膜吻合法の成績と課題(ワークショップ2-2 膵頭十二指腸切除術の再建法,吻合法の提案と課題,第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 橋本 泰司;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;長谷 論;中島 亨;中村 浩之;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  69. 2008/-0/4-, DP-154-4 炎症性腸疾患手術における創縁保護具の感染予防効果 : prospective randomized trail(第108回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 曽我 祐一郎;大毛 宏喜;島筒 和史;藤野 豊寿;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;末田 泰二郎
  70. 2004/-0/7-, WS-2-08 Therapeutic dose monitoring(TDM)からみたMRSA治療(ワークショップ2 : MRSA患者の周術期抗生剤の使用方法と治療成績), 日本消化器外科学会雑誌, 竹末 芳生;大毛 宏喜;香山 茂平;村上 義明;横山 裕二郎;森藤 雅彦;末田 泰二郎
  71. 1998/-0/6-, 示II-397 嚢胞性膵腫瘍と鑑別を要した膵尾部epithelial cystの2例(第52回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 金広 哲也;村上 義昭;横山 雄二郎;大毛 宏喜;松浦 雄一郎;横山 隆;檜山 英三
  72. 2005/-0/7-, 新規抗癌剤を用いた胆道癌化学療法の成績(胆道13, 第60回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;森藤 雅彦;林谷 康生;首藤 毅;大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  73. 2005/-0/7-, 硫化水素産生菌の各種抗菌薬に対する感受性(小腸・大腸・肛門44, 第60回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 大毛 宏喜;竹末 芳生;香山 茂平;上村 健一郎;森藤 雅彦;村上 義昭;末田 泰二郎
  74. 2007/-0/3-, WS-4-7 膵頭十二指腸切除術周術期Ulinastatin投与の術後膵炎及びpancreatic fistula予防効果の検討, Prospective Randomized Controlled Trial(第107回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;林谷 康生;首藤 毅;中川 直哉;橋本 泰司;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  75. 2007/-0/7-, P-2-533 経肛門的直腸腫瘍切除の粘膜欠損に対し筋層縫縮術を行った1例(大腸・肛門 術式・手技2,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 矢野 雷太;大毛 宏喜;田中 智子;曽我 祐一郎;島筒 和史;首藤 毅;林谷 康生;上村 健一郎;村上 義昭;末田 泰二郎
  76. 2008/-0/7-, PD-4-5 膵頭部疾患術後の膵外分泌機能不全と消化酵素補充療法 : 13C呼気試験による検討(パネルディスカッション4 最新の消化器外科領域の術後障害に対する対策,第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 中村 浩之;村上 義昭;上村 健一郎;大毛 宏喜;林谷 康生;首藤 毅;長谷 論;中島 亨;末田 泰二郎
  77. 2009/-0/2-, VSY-2-2-8 膵頭十二指腸切除術における合併症対策とその成績 : 合併症ゼロにむけて(消化器外科領域-2 肝胆膵,術後合併症ゼロへの挑戦2),ビデオシンポジウム,第109回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 橋本 泰司;上村 健一郎;村上 義昭;林谷 康生;首藤 毅;中島 亨;中村 浩之;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  78. 2001/-0/7-, PP209020 クローン病腸管における病態別サイトカイン発現の検討 : 免疫調節療法の適応に関し, 日本消化器外科学会雑誌, 赤木 真治;竹末 芳生;檜山 英三;今村 祐司;大毛 宏喜;横山 隆;末田 泰二郎
  79. 2000/-0/7-, PP1000 侵襲下における単球IL-12産生とThl・Th2分化, 日本消化器外科学会雑誌, 今村 祐司;横山 隆;檜山 英三;竹末 芳生;村上 義昭;赤木 真治;金廣 哲也;大毛 宏喜;松浦 雄一郎
  80. 2007/-0/7-, RS-54 クローン病直腸肛門病変に対するHartmann手術の是非(要望演題11 大腸,第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 大毛 宏喜;藤野 豊寿;矢野 雷太;曽我 祐一郎;島筒 和史;首藤 毅;林谷 康生;上村 健一郎;村上 義昭;末田 泰二郎
  81. 1999/-0/6-, 1495 Crohn病腸管病変におけるstrictureplastyの適応拡大の試み, 日本消化器外科学会雑誌, 森藤 雅彦;横山 隆;竹末 芳生;今村 祐司;赤木 真治;坂下 吉弘;佐々木 秀;大毛 宏喜;松浦 雄一郎
  82. 2003/-0/4-, 感染予防を目的とした周術期管理のstate-of-the-art, 日本外科学会雑誌, 竹末 芳生;横山 隆;村上 義昭;今村 祐司;横山 雄二郎;大毛 宏喜;森藤 雅彦;佐々木 秀;香山 茂平;末田 泰二郎
  83. 2004/-0/6-, 4.ラットにおける抗菌薬とbismuthの便中硫化水素および硫化水素産生菌への影響(学位論文抄録,第481回広島大学医学集談会), 広島大学医学雑誌, 大毛 宏喜
  84. 2007/-0/3-, SF-004-2 中下部胆管癌の予後因子より見た適正切除範囲(第107回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;中川 直哉;大毛 宏喜;橋本 泰司;末田 泰二郎
  85. 2009/-0/2-, APP-108-AM bla_インテグロンカセットに存在する新規アミノグリコシド耐性遺伝子の解析(総会賞応募ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会), 日本泌尿器科學會雜誌, 小林 加直;甲田 俊太郎;加藤 文紀;藤原 環;板羽 秀之;大毛 宏喜;松原 昭郎;菅井 基行
  86. 2005/-0/4-, 高齢者に対する幽門輪温存膵頭十二指腸切除術 (PPPD) の問題点とその対策(第105回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;森藤 雅彦;林谷 康生;首藤 毅;大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  87. 1998/-0/6-, W1-9 腫瘍性膵嚢胞の手術適応と術式の選択(第52回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 村上 義昭;横山 雄二郎;大毛 宏喜;金広 哲也;松浦 雄一郎;横山 隆;檜山 英三
  88. 2007/-0/3-, DP-087-7 膵頭十二指腸切除術における感染制御 : 胆汁細菌培養に基づいた抗菌薬の選択(第107回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;中川 直哉;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  89. 2002/-0/7-, PP-2-055 骨盤内・腹腔内膿瘍に対するCTガイド下ドレナージの有用性, 日本消化器外科学会雑誌, 田中 智子;大毛 宏喜;竹末 芳生;横山 隆;末田 泰二郎
  90. 2009/-0/7-, SY-5-4 新規抗癌剤を用いた肝門部胆管癌に対する術後補助化学療法の成績(シンポジウム5 肝門部胆管癌に対する集学的治療の進歩,第64回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;中村 浩之;中島 亨;湯浅 吉夫;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  91. 2000/-0/5-, C9 小児期および思春期発症潰瘍性大腸炎症例の病態と治療方針, 日本小児外科学会雑誌, 大毛 宏喜;山岡 裕明;檜山 英三;竹末 芳生;今村 祐司;赤木 真治;佐々木 秀;森藤 雅彦;坂下 吉弘;横山 隆;松浦 雄一郎
  92. 2009/-0/2-, VSY-7-1 膵頭十二指腸切除術におけるSMA神経叢全周温存郭清と膵管胃粘膜吻合の手技と成績(膵臓外科の諸問題に対する対策,ビデオシンポジウム,第109回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;橋本 泰司;湯浅 吉夫;長谷 諭;中島 亨;中村 浩之;浦部 和秀;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  93. 2010/-0/3-, OP-064-1 膵癌における大動脈周囲リンパ節転移の意義(膵手術-4,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 繁本 憲文;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;橋本 康司;中島 亨;湯浅 吉夫;近藤 成;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  94. 2010/-0/3-, WS-7-5 胃切除術における切除範囲および再建術式と術後脂肪消化吸収機能との関連性(胃癌術後QOL向上に役立つ手技・再建法とその機能的評価,ワークショップ(7),第110回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 中村 浩之;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;湯浅 吉夫;中島 亨;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  95. 2010/-0/3-, VD-010-3 Internal stentを用いた脈管胃粘膜吻合再建膵頭十二指腸切除術の短期成績および膵液瘻発症予測因子の解析(鏡視下手術・胆膵-3,一般ビデオ,第110回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;繁本 憲文;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  96. 2010/-0/1-, 3)大腸切除術(3.鏡視下手術がもたらしたもの,<特集>消化器外科術後食に関する新しい考え方), 日本外科学会雑誌, 大毛 宏喜;岡島 正純;檜井 孝夫;池田 聡;末田 泰二郎
  97. 1999/-0/6-, S3-7 膵癌発生過程の分子生物学的検討と臨床応用における有用性, 日本消化器外科学会雑誌, 上村 健一郎;檜山 英三;村上 義昭;横山 隆;竹末 芳生;横山 雄二郎;金廣 哲也;大毛 宏喜;松浦 雄一郎
  98. 2011/-0/5-, VW-4-10 膵頭十二指腸切除術の膵消化管吻合再建における合併症を防ぐ工夫(VW4 ビデオワークショップ(4) 肝胆膵手術-合併症を防ぐ工夫,第111回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  99. 2007/-0/7-, O-2-8 クローン病による回腸十二指腸瘻の1例(小腸 炎症性疾患,潰瘍,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 藤野 豊寿;大毛 宏喜;矢野 雷太;曽我 祐一郎;島筒 和史;首藤 毅;林谷 康生;上村 健一郎;村上 義昭;末田 泰二郎
  100. 2009/-0/2-, SF-042-2 膵液細胞診におけるhTERTを用いた良悪性診断の有用性(膵(診断),サージカルフォーラム,第109回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 中島 亨;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;中村 浩之;長谷 諭;大毛 宏喜;末田 泰二郎;檜山 英三
  101. 2004, The effect of antibiotics and bismuth on fecal hydrogen sulfide and sulfate-reducing bacteria in the rat, [大毛宏喜], 大毛宏喜 [著];大毛, 宏喜
  102. 1999/-0/6-, P6-3 術後QOLからみた潰瘍性大腸炎の治療, 日本消化器外科学会雑誌, 大毛 宏喜;竹末 芳生;横山 隆;今村 祐司;赤木 真治;坂下 吉弘;佐々木 秀;森藤 雅彦;松浦 雄一郎
  103. 2004/-0/7-, VSE-2-01 潰瘍性大腸炎に対する経肛門的のみのアプローチによる直腸粘膜抜去,筋筒全層切除法(大腸1), 日本消化器外科学会雑誌, 香山 茂平;竹末 芳生;大毛 宏喜;村上 義昭;末田 泰二郎
  104. 2007/-0/3-, SF-023-3 膵内分泌腫瘍切除例の検討(第107回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 林谷 康生;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;中川 直哉;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  105. 2006/-0/7-, 2378 真菌性血流感染により重篤な呼吸器感染を併発した在宅中心静脈栄養の1例(感染症1,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 曽我 祐一郎;大毛 宏喜;尾形 徹;竹末 芳生;末田 泰二郎
  106. 2008/-0/7-, O-2-71 当科における胆道内膵液逆流症例の検討(胆道 良性,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 林谷 康生;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  107. 2010/-0/3-, OP-122-2 膵腫瘍の術前早期良悪性診断を目指したバイオマーカーの開発と臨床応用(膵癌-4,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 中島 亨;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;繁本 憲文;大毛 宏喜;末田 泰二郎;檜山 英三
  108. 2011/-0/5-, SF-013-4 胆管癌におけるTS, DPD, OPRT発現とS-1治療効果の相関についての検討(SF-013 サージカルフォーラム(13)胆管:合併症,第111回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 小林 弘典;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;大毛 宏喜;湯浅 吉夫;加藤 楽;近藤 成;坂部 龍太郎;檜山 英三
  109. 2000/-0/2-, 消化器手術におけるcefazolinの腸内細菌叢への影響, 日本消化器外科学会雑誌, 赤木 真治;竹末 芳生;横山 隆;村上 義昭;今村 祐司;横山 雄二郎;金廣 哲也;大毛 宏喜;坂下 吉弘;松浦 雄一郎
  110. 2005/-0/7-, 潰瘍性大腸炎 (UC) 術後における回腸嚢炎疑診例に対する診断と治療方針の決定(炎症性腸疾患外科治療の問題点, 第60回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 香山 茂平;竹末 芳生;大毛 宏喜;坂下 充;村上 義昭;末田 泰二郎
  111. 2006/-0/3-, Distal cholangiocarcinoma (DCC)における予後因子の臨床病理学的解析, 日本外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;大毛 宏喜;竹末 芳生;橋本 泰司;末田 泰二郎
  112. 2007/-0/3-, SF-023-2 Intraductal papillary-mucinous neoplasm(IPMN)の発癌過程におけるテロメア短縮とテロメラーゼ活性化(第107回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 橋本 泰司;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;大毛 宏喜;杉山 陽一;末田 泰二郎;檜山 英三
  113. 2008/-0/7-, RS-318 潰瘍性大腸炎J-pouch作製時における自動縫合器の選択(要望演題21-1 自動縫合器の使用法 下部,第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 片山 晃子;大毛 宏喜;島筒 和史;曽我 祐一郎;藤野 豊寿;首藤 毅;林谷 康生;上村 健一郎;村上 義昭;末田 泰二郎
  114. 2008/-0/4-, WS-13-1 新規抗癌剤による術後補助化学療法を用いた膵癌外科治療の新たな治療戦略(第108回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;浦部 和秀;橋本 泰司;中村 浩之;中島 亨;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  115. 2000/-0/7-, PP1724 全胃幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後の胃運動能の検討, 日本消化器外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;横山 隆;竹末 芳生;今村 祐司;檜山 英三;赤木 真治;金廣 哲也;大毛 宏喜;沖井 一哉;松浦 雄一郎
  116. 2005/-0/4-, MRSA感染治療に対する Therapeutic dose monitoring (TDM) からみた Teicoplanin の至的投与量についての検討(第105回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 坂下 充;竹末 芳生;大毛 宏喜;森藤 雅彦;香山 茂平;末田 泰二郎
  117. 2008/-0/4-, WS-8-7 Crohn病の腹腔内膿瘍合併症例に対する手術のタイミング(第108回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 島筒 和史;大毛 宏喜;藤野 豊寿;曽我 裕一郎;首藤 毅;林谷 康生;上村 健一郎;村上 義明;浦部 和秀;末田 泰二郎
  118. 2008/-0/4-, VD-006-3 膵胃吻合再建を伴った膵縮小手術 : 膵頭十二指腸第II部切除術と膵中央切除術の手技と成績(第108回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;橋本 泰司;長谷 論;中村 浩之;中島 亨;浦部 和秀;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  119. 2008/-0/4-, SY-5-3 自然史からみた膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の治療法の選択(第108回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;長谷 論;中島 亨;中村 浩之;大毛 宏喜;末田 泰次郎
  120. 2007/-0/7-, O-1-234 免疫能低下症例における免疫栄養療法(大腸癌 分子生物学3・他,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 島筒 和史;大毛 宏喜;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;尾形 徹;曽我 祐一郎;竹末 芳生;末田 泰二郎
  121. 2009/-0/2-, PD-3-8 Crohn病痔瘻に対するseton法の長期成績から見た課題(術後QOLと長期成績からみた炎症性腸疾患に対する外科治療,パネルディスカッション,第109回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 島筒 和史;大毛 宏喜;浦部 和秀;渡谷 祐介;片山 晃子;上村 健一郎;村上 義昭;末田 泰二郎
  122. 2011/-0/5-, PS-141-3 膵体尾部病変に対する機能温存膵切除術 : 膵中央切除術と脾温存尾側膵切除術の手技と成績(PS-141 ポスターセッション(141)膵臓:良性,第111回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;橋本 泰司;中島 亨;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  123. 2004/-1/1-, 5. 抗菌薬の適正使用 : 米国と日本の考え方の違い(<特集>周術期の院内感染対策), 日本外科学会雑誌, 竹末 芳生;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  124. 2003/-0/7-, 2.感染に対する生体防御機構 : Toll-like receptorと自然免疫(<特集>感染症と分子生物学), 日本外科学会雑誌, 竹末 芳生;大毛 宏喜;香山 茂平;今村 祐司;村上 義昭;末田 泰二郎
  125. 2005/-0/7-, 膵管内乳頭腫瘍の術前診断, 術式選択の問題点(膵臓5, 第60回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;森藤 雅彦;林谷 康生;首藤 毅;佐々木 秀;大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  126. 2005/-0/7-, 進行膵癌に対する治療戦略 : 肝転移予防としての gemcitabine 動注療法の成績と問題点(膵臓9, 第60回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;森藤 雅彦;林谷 康生;大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  127. 2012/-0/3-, WS-10-7 進行胆道癌切除症例の予後因子解析と長期生存例の検討(WS-10 ワークショップ(10)進行胆道癌(StageIII,IV)切除後長期生存例からみた治療方針), 日本外科学会雑誌, 中島 亨;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;橋本 泰司;坂部 龍太郎;小林 弘典;中川 直哉;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  128. 2002/-0/3-, 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後の胃排出遅延に関する検討, 日本外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;横山 隆;竹末 芳生;槍山 英三;今村 祐司;金廣 哲也;大毛 宏喜;佐々木 秀;森藤 雅彦;末田 泰二郎
  129. 2003/-0/7-, 腸内細菌叢の変動からみた周術期の抗菌薬使用, 日本消化器外科学会雑誌, 赤木 真治;竹末 芳生;今村 祐司;大毛 宏喜;横山 隆;末田 泰二郎
  130. 2005/-0/4-, 消化器外科における耐性菌対策 : 抗菌薬ミキシング療法(第105回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 竹末 芳生;大毛 宏喜;香山 茂平;坂下 充;沖井 一哉;村上 義昭;森藤 雅彦;上村 健一郎;林谷 康生;須藤 毅;末田 泰二郎
  131. 1997/-0/6-, I-333 膵性腹水の外科治療(<特集>第50回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 大毛 宏喜;横山 隆;竹末 芳生;今村 祐司;山東 敬弘;村上 義昭;新原 主計;津村 裕昭;立本 直邦;赤木 真治;松浦 雄一郎
  132. 2011/-0/5-, IS-3-4 血球成分除去療法をうけた潰瘍性大腸炎の予後(IS-3 国際シンポジウム(3)Progress of surgical treatment for IBD,第111回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 島筒 和史;大毛 宏喜;渡谷 祐介;清水 亘;首藤 毅;上村 健一郎;村上 義昭;末田 泰二郎
  133. 2012/-0/3-, SF-099-3 GS補助療法の成績より見た切除可能膵癌,Borderline resectable膵癌の外科治療戦略の再考(SF-099 サージカルフォーラム(99)膵 集学的治療-1,第112回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;坂部 龍太郎;近藤 成;小林 弘典;中川 直哉;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  134. 2003/-0/7-, 手術部位感染を予防する手術手技, 日本消化器外科学会雑誌, 竹末 芳生;大毛 宏喜;佐々木 秀;香山 茂平;今村 祐司;村上 義昭;横山 雄二郎;森藤 雅彦;横山 隆;末田 泰二郎
  135. 2003/-0/7-, 侵襲性カンジダ症に対するempiric therapy開始基準, 日本消化器外科学会雑誌, 竹末 芳生;大毛 宏喜;佐々木 秀;香山 茂平;今村 祐司;村上 義昭;横山 雄二郎;森藤 雅彦;横山 隆;末田 泰二郎
  136. 1997/-0/2-, II-314 嚢胞性膵腫瘍の鑑別診断 : p-53 とテロメラーゼ(<特集>第49回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 大毛 宏喜;児玉 節;檜山 英三;横山 隆;新原 主計;津村 裕明;立本 直邦;松浦 雄一郎
  137. 2012/-0/3-, SF-078-1 胆管癌におけるhENT1発現とgemicitabineによる治療効果の相関についての検討(SF-078 サージカルフォーラム(78)肝 化学療法,第112回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 小林 弘典;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;橋本 泰司;中島 亨;大毛 宏喜;湯浅 吉夫;加藤 楽;近藤 成;坂部 龍太郎;檜山 英三;末田 泰二郎
  138. 1998/-0/3-, クローン病切除腸管におけるIL-10発現の局在, 日本外科学会雑誌, 赤木 真治;竹末 芳生;檜山 英三;村上 義昭;新原 主計;津村 裕昭;立本 直邦;横山 雄二郎;金廣 哲也;大毛 宏喜;坂下 吉弘;横山 隆;松浦 雄一郎
  139. 2007/-0/7-, O-1-51 膵癌における5-FU代謝関連酵素の発現に関する検討(膵 分子生物学,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 林谷 康生;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  140. 2008/-0/7-, RS-227 膵癌手術治療における血清腫瘍マーカー値の意義(要望演題12-1 浸潤性膵管癌の長期生存例,短期再発例の特徴1,第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 中島 亨;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;中村 浩之;浦部 和秀;大毛 宏喜;末田 泰二郎;檜山 英三
  141. 2008/-0/7-, O-2-184 潰瘍性大腸炎における術前免疫抑制剤が術式に与える影響(炎症性腸疾患1,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 島筒 和史;大毛 宏喜;曽我 祐一郎;田中 智子;藤野 豊寿;首藤 毅;林谷 康生;上村 健一郎;村上 義昭;末田 楽二郎
  142. 2008/-0/7-, P-2-19 上皮内増殖型と他臓器浸潤型の2種類の発育形態を呈した膵腺房細胞癌の2切除例(胆・膵 症例3,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 長谷 諭;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;中島 亨;中村 浩之;浦部 和秀;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  143. 2000/-0/7-, VS2-10 Crohn病合併痔瘻に対する術式の選択, 日本消化器外科学会雑誌, 竹末 芳生;横山 隆;松浦 雄一郎;沖井 一哉;赤木 真治;村上 義昭;大毛 宏喜;今村 祐司;上村 健一郎;金広 哲也
  144. 2007/-0/7-, V-1-75 膵頭十二指腸切除術における膵管胃粘膜吻合の手技の工夫とその成績(膵3 膵消化管吻合,一般演題(ビデオ),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;林谷 康生;首藤 毅;中川 直哉;橋本 泰司;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  145. 2012/-0/3-, SF-029-3 Gemcitabineを用いた膵癌術後補助化学療法におけるhuman equilibrative nucleoside transporter 1とribonucleotide reductase regulatory subunit M1の有用性についての検討(SF-029 サージカルフォーラム(29)膵 化学療法,第112回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 中川 直哉;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;橋本 泰司;中島 享;近藤 成;坂部 龍太郎;小林 弘典;大毛 宏喜;檜山 英三;末田 泰二郎
  146. 2001/-0/3-, PP498 クローン病患者末梢血Tリンパ球におけるGM-CSF合成能の解析 : Flowcytometry法を用いて, 日本外科学会雑誌, 小倉 良夫;今村 祐司;大毛 宏喜;赤木 真治;村上 義昭;檜山 栄三;竹末 芳生;横山 隆;末田 泰二郎
  147. 2000/-0/7-, PP2207 潰瘍性大腸炎に対する回腸嚢肛門吻合術後の妊娠, 分娩について, 日本消化器外科学会雑誌, 坂下 吉弘;竹末 芳生;今村 祐司;赤木 真治;大毛 宏喜;佐々木 秀;森藤 雅彦;松浦 雄一郎;横山 隆
  148. 2005/-0/4-, 回腸嚢炎の病態における硫化水素ガスの関与(第105回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 大毛 宏喜;Levitt Michael D.;竹末 芳生;村上 義昭;末田 泰二郎
  149. 2011/-0/5-, PS-103-5 膵癌切除術後S-1併用Gemcitabie補助化学療法の長期予後成績の検討(PS-103 ポスターセッション(103)膵臓:化学療法,第111回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 橋本 泰司;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;中島 亨;山岡 絵美;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  150. 1999/-0/2-, O-599 胆管癌および乳頭部癌におけるCD44 (standard, variant6)の発現とリンパ節転移,進行度,予後との相関, 日本外科学会雑誌, 横山 雄二郎;村上 義昭;檜山 英三;横山 隆;竹末 芳生;佐々木 秀;上村 健一郎;坂下 吉弘;大毛 宏喜;金廣 哲也;赤木 真治;松浦 雄一郎
  151. 2001/-0/3-, SFV6-3 Crohn病合併痔瘻に対する治療方針, 日本外科学会雑誌, 大毛 宏喜;竹末 芳生;横山 隆;桧山 英三;村上 義昭;今村 祐司;赤木 真治;金廣 哲也;上村 健一郎;佐々木 秀;森藤 雅彦;末田 泰二郎
  152. 2004/-0/3-, SF-105-4 Bacterial translocation (BT)の臨床的意義 : クローン病と大腸癌における多変量回帰分析, 日本外科学会雑誌, 香山 茂平;竹末 芳生;今村 祐司;大毛 宏喜;村上 義昭;横山 雄二郎;佐々木 秀;森藤 雅彦;末田 泰二郎
  153. 1998/-0/6-, 337 炎症性腸疾患の切除腸管におけるサイトカイン発現の動向(第52回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 赤木 真治;竹末 芳生;桧山 英三;村上 義昭;新原 主計;津村 裕昭;立本 直邦;横山 雄二郎;金廣 哲也;大毛 宏喜;坂下 吉弘;横山 隆;松浦 雄一郎
  154. 2005/-0/4-, 潰瘍性大腸炎 (UC) 術後の回腸嚢炎診断における病理所見を除外した modified Pouchitis diseases activity index (mPDAI) の検証(第105回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 香山 茂平;竹末 芳生;大毛 宏喜;坂下 充;村上 義昭;上村 健一郎;森藤 雅彦;林谷 康生;末田 泰二郎
  155. 2007/-0/3-, PD-2-4 下部消化管専門施設における Surgical Site Infection Surveillance 他施設共同研究1601例の検討(第107回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 小林 美奈子;竹末 芳生;海老澤 良昭;河野 透;渡邉 聡明;高尾 良彦;渡部 通章;大毛 宏喜;柳 秀憲;池内 浩基;冨田 尚裕;楠 正人;山村 武平;名川 弘一
  156. 2007/-0/7-, O-1-134 潰瘍性大腸炎手術症例における精神疾患の関与(大腸 炎症性疾患2,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 田中 智子;大毛 宏喜;矢野 雷太;そが 祐一郎;島筒 和史;首藤 毅;林谷 康生;上村 健一郎;村上 義昭;末田 泰二郎
  157. 2010/-0/3-, OP-062-4 尾側膵切除術における膵断端膵管胃粘膜吻合による膵液瘻予防の手技と成績(膵手術-2,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;橋本 泰司;中島 亨;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  158. 2012/-0/3-, WS-9-6 十二指腸乳頭部癌および中下部胆管癌の外科治療戦略 : 予後因子解析から(WS-9 ワークショップ(9)十二指腸乳頭部癌および中下部胆管癌の治療戦略におけるpitfall), 日本外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;橋本 泰司;中島 亨;坂部 龍太郎;小林 弘典;中川 直哉;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  159. 2001/-0/3-, 術後SIRS症例における単球HLA-DR抗原測定の有用性, 日本消化器外科学会雑誌, 今村 祐司;竹末 芳生;小倉 良夫;大毛 宏喜;赤木 真治;村上 義昭;檜山 英三;横山 隆
  160. 2000/-0/3-, PP-1290 膵内分泌腫瘍とDPC4/Smad4遺伝子異常の関連性についての検討, 日本外科学会雑誌, 金廣 哲也;檜山 英三;村上 義昭;横山 隆;上村 健一郎;沖井 一哉;赤木 真治;大毛 宏喜;今村 祐司;竹末 芳生;松浦 雄一郎
  161. 2007/-0/7-, SY-8-7 新規抗癌剤を用いた胆道癌術後化学療法の成績とその意義(シンポジウム8 肝胆膵癌に対する補助療法の位置づけ,第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;中川 直哉;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  162. 2010/-0/3-, PD-8-8 潰瘍性大腸炎に対する粘膜抜去の必要性(炎症性腸疾患に対する外科的治療の標準化,パネルディスカッション,第110回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 島筒 和史;大毛 宏喜;渡谷 祐介;曽我 祐一郎;清水 亘;首藤 毅;林谷 康生;上村 健一郎;村上 義昭;竹末 芳生;末田 泰二郎
  163. 1999/-0/2-, P-737 膵癌におけるDPC4遺伝子異常についての検討, 日本外科学会雑誌, 金廣 哲也;檜山 英三;横山 隆;村上 義昭;横山 雄二郎;上村 健一郎;大毛 宏喜;赤木 真治;坂下 吉弘;佐々木 秀;竹末 芳生;松浦 雄一郎
  164. 1999/-0/2-, P-1028 膵手術における予防抗生剤術中再投与の必要性について, 日本外科学会雑誌, 大毛 宏喜;竹末 芳生;横山 隆;村上 義昭;檜山 英三;横山 雄二郎;金廣 哲也;板羽 秀之;松浦 雄一郎
  165. 2000/-0/3-, SF25b-6 膵癌発生過程の基礎と臨床応用, 日本外科学会雑誌, 上村 健一郎;檜山 英三;村上 義昭;横山 隆;竹末 芳生;今村 裕司;金廣 哲也;沖井 一哉;大毛 宏喜;松浦 雄一郎
  166. 2001/-0/7-, PP209029 Crohn病大腸多発病変に対する術式の選択, 日本消化器外科学会雑誌, 大毛 宏喜;竹末 芳生;横山 隆;村上 義昭;今村 祐司;赤木 真治;金廣 哲也;末田 泰二郎
  167. 2006/-0/7-, W-6-11 当科における膵管胃粘膜吻合の成績(膵切除後再建術の工夫-絶対漏れない吻合を目指して-,ワークショップ6,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 林谷 康生;村上 義昭;上村 健一郎;首藤 毅;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  168. 2007/-0/3-, DP-068-5 呼気中水素から見た予防的抗菌薬の腸内細菌に及ぼす影響(第107回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 田中 智子;大毛 宏喜;坂下 充;竹末 芳生;曽我 祐一郎;片山 晃子;矢野 雷太;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;末田 泰二郎
  169. 2007/-0/7-, P-2-696 解離性大動脈瘤を併存した肝門部胆管癌術後の右肝動脈瘤破裂にIVRが有効であった1例(胆 症例 悪性腫瘍5,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 長谷 諭;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;橋本 泰司;中川 直哉;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  170. 2008/-0/7-, VS-1-9 膵頭十二指腸切除術におけるSMA神経叢を全局温存したリンパ節・神経叢郭清(ビデオシンポジウム1 膵癌に対する膵頭十二指腸切除術の各種手術手技,第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;長谷 諭;中島 亨;中村 浩之;大毛 宏喜;末田 楽二郎
  171. 2011/-0/5-, PS-144-6 Levofloxacinの腸内細菌叢への影響(PS-144 ポスターセッション(144)感染,第111回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 渡谷 祐介;大毛 宏喜;島筒 和史;清水 亘;繁本 憲文;首藤 毅;上村 健一郎;村上 義昭;末田 泰二郎
  172. 2005/-0/7-, 切除不能直腸癌穿孔に対する対処(手術のtips and pitfalls), 日本外科学会雑誌, 竹末 芳生;大毛 宏喜;坂下 充
  173. 2006/-0/3-, 呼気中水素濃度測定による腸内細菌叢評価について : 潰瘍性大腸炎手術症例による検討, 日本外科学会雑誌, 坂下 充;竹末 芳生;大毛 宏喜;首藤 毅;上村 健一郎;曽我 祐一郎;村上 義昭;末田 泰二郎
  174. 2006/-0/3-, 家族性大腸腺腫症に合併した上部消化管病変に対する治療 : 膵頭十二指腸切除の適応と問題点, 日本外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  175. 2005/-0/4-, 膵管内乳頭腫瘍 (IPMN) と膵粘液性嚢胞腫瘍 (MCN) の鑑別とその特徴(第105回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, 武藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;森藤 雅彦;林谷 康生;首藤 毅;大毛 宏喜;竹末 芳生;末田 泰二郎
  176. 2001/-0/7-, PP112045 胆管結石に対する治療選択, 日本消化器外科学会雑誌, 金廣 哲也;村上 義昭;上村 健一郎;佐々木 秀;森藤 雅彦;大毛 宏喜;赤木 真治;山岡 裕明;今村 祐司;竹末 芳生;末田 泰二郎;檜山 英三;横山 隆
  177. 2000/-1/1-, 血小板減少性紫斑病に対する開腹脾摘出術後の腹腔鏡下副脾摘出術の経験, 日本消化器外科学会雑誌, 上村 健一郎;村上 義昭;横山 隆;竹末 芳生;今村 祐司;赤木 真治;金廣 哲也;大毛 宏喜;沖井 一哉;松浦 雄一郎
  178. 2001/-0/7-, PP312004 膵管胆道合流異常症の診断と治療, 日本消化器外科学会雑誌, 佐々木 秀;横山 隆;竹末 芳生;檜山 英三;村上 義昭;金廣 哲也;上村 健一郎;大毛 宏喜;森藤 雅彦;末田 泰二郎
  179. 2006/-0/7-, 2473 術後感染対策としてのドレーンの選択(重複癌5他,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 大毛 宏喜;竹末 芳生;尾形 徹;曽我 祐一郎;上村 健一郎;林谷 康生;首藤 毅;村上 義昭;末田 泰二郎
  180. 2006/-0/7-, 0939 膵縮小手術の術式適応と問題点(膵手術4,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 日本消化器外科学会雑誌, 首藤 毅;村上 義昭;上村 健一郎;林谷 康生;大毛 宏喜;末田 泰二郎
  181. 2008/-0/7-, P-2-507 肛門縁より距離のある回腸嚢内病変に対する経肛門的腫瘍切除術の1例(肛門腫瘍2,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会), 日本消化器外科学会雑誌, 藤野 豊寿;大毛 宏喜;島筒 和史;曽我 祐一郎;首藤 毅;林谷 康生;上村 健一郎;村上 義昭;末田 泰二郎

Invited Lecture, Oral Presentation, Poster Presentation

  1. Surgery-Free Survival of Kono-S Anastomoses in Patients With Crohn's Disease, N Shimada, H Ohge, R Yano, N Shigemoto, Y Watadani, S Uegami, N Nakagawa, N Kondo, K Uemura, Y Murakami, T Sueda., The American Society of Colon and Rectal Surgeons 2017 Annual Scientific Meeting, 2017/06, Without Invitation, English, Seattle
  2. Risk Factors for the Development of Postoperative Ileus Following Abdominal Surgery for Crohn's Disease, Y Watadani, H Ohge, N Shimada, S Uegami, R Yano, N Shigemoto, K Uemura, Y Murakami, T Sueda., The American Society of Colon and Rectal Surgeons 2017 Annual Scientific Meeting, 2017/06, Without Invitation, English, Seattle
  3. Relationship between Secreted Protein Acidic and Rich in Cysteine Expression and Clinical Outcomes in Patients with Resected Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Treated with Adjuvant Gemcitabine-Based Chemotherapy, R Shintakuya, N Kondo, Y Murakami, K Uemura, N Nakagawa, K Okano, H Ohge, T Sueda., The Society fot Surgery of the Alimentary Tract 58th Annual Meeting, 2017/05, Without Invitation, English, Chicago
  4. Long-term results of adjuvant gemcitabine plus S-1 chemotherapy for pancreatic carcinoma, Yoshiaki Murakami, Kenichiro Uemura, Naru Kondo, Naoya Nakagawa, Kazuhide Urabe, Hiroki Ohge, Taijiro Sueda, 2016/07/14, Without Invitation, Japanese
  5. SPARC expression and patient outcome with resected pancreatic ductal adenocarcinoma treated with adjuvant gemcitabine+S-1 chemotherapy, Ryuta Shintakuya, Naru Kondo, Yoshiaki Murakami, Kenichiro Uemura, Naoya Nakagawa, Kazuhide Urabe, Takumi Harada, Hiroki Ohge, Taijiro Sueda, 2016/06/04, Without Invitation, English
  6. Predictive factor of diabetes mellitus after pancreatoduodenectomy and distal pancreatectomy, Keisuke Okano, Yoshiaki Murakami, Kenichiro Uemura, Naru Kondo, Naoya Nakagawa, Kazuhide Urabe, Hiroki Ohge, Taijiro Sueda, 2016/06/04, Without Invitation, Japanese
  7. A case of branch duct invasive IPMC with distant lymph node metastasis, Takumi Harada, Yoshiaki Murakami, Kenichiro Uemura, Naru Kondo, Naoya Nakagawa, Kazuhide Urabe, Hiroki Ohge, Taijiro Sueda, 2016/06/03, Without Invitation, Japanese
  8. Risk Factors of a Need for Reconstruction of a Stoma in Patients with Crohn's Disease, Naoki Murao, H.Ohge, Y.Watadani, S.Uegami, N.Shigemoto, N.Shimada, R.Yano, N.Nakagawa, N.Kondo, K.Uemura, Y.Murakami, T.Sueda., The American Society of Colon and Rectal Surgeons 2016 Annual Scientific Meeting, 2016/05, Without Invitation, English, Los Angeles
  9. Impact of Preoperative Tacrolimus on the Postoperative Course in Patients with Ulcerative Colitis, Norimitsu Shimada, H.Ohge, Y.Watadani, S.Uegami, N.Shigemoto, N.Murao, R.Yano, N.Nakagawa, N.Kondo, K.uemura, Y.Murakami, T.Sueda., The American Society of Colon and Rectal Surgeons 2016 Annual Scientific Meeting, 2016/05, Without Invitation, English, Los Angeles
  10. LOOP ILEOSTOMY TAKEDOWN: COMPARISON OF ANASTOMOSIS WITH AND WITHOUT SMALL BOWEL RESECTION., R. Yano, H. Ohge, Y. Watadani, N. Shimada, H. Taogoshi, Y. Kuroo, H. Kitagawa, N. Okamoto, N. Nakagawa, N. Kondo, K. Uemura, Y. Murakami, T. Sueda, The American Society of Colon and Rectal Surgeons 2018 Annual Meeting, 2019/05/21, Without Invitation, English, Nashville
  11. Stealth type carbapenem-resistant Enterobacteriaceae in Japan, 2019/05/09, Without Invitation, Japanese
  12. The study and the clinical issues of surgical cases of ulcerative colitis with colorectal cancer., 2019/10/11, Without Invitation, Japanese
  13. LOOP ILEOSTOMY TAKEDOWN: COMPARISON OF ANASTOMOSIS WITH AND WITHOUT SMALL BOWEL RESECTION., R. Yano, H. Ohge, Y. Watadani, N. Shimada, H. Taogoshi, Y. Kuroo, H. Kitagawa, N. Okamoto, N. Nakagawa, N. Kondo, K. Uemura, Y. Murakami, T. Sueda, The American Society of Colon and Rectal Surgeons 2018 Annual Meeting, 2018/05, Without Invitation, English, Nashville

External Funds

Acceptance Results of Competitive Funds

  1. KAKENHI, 2012, 2014
  2. KAKENHI, 2015, 2018
  3. 2016/04/01, 2019/03/31

Social Activities

Organizing Academic Conferences, etc.

  1. 2017/04, 2017/04
  2. 2017/01, 2017/01
  3. 2016/11, 2016/11
  4. 2016/11, 2016/12
  5. The 78th Annual Congress of Japan Surgical Association, 2016/11, 2016/11
  6. 2016/04, 2016/04
  7. 2016/02, 2016/02