堀内 浩幸Hiroyuki Horiuchi

Last Updated :2024/02/08

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 教授
ホームページ
メールアドレス
hhori10hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
ニワトリ幹細胞の基礎研究を行い,ここにゲノム編集技術を融合させて様々な研究を展開しています。例えば性決定機構,生殖細胞運命決定機構,鳥インフルエンザの宿主応答,鶏卵のアレルゲンノックアウト ・バイオリアクター化など。またニワトリ抗体を認知症や慢性疾患の検知技術に活用する研究も行なっています。 

基本情報

主な職歴

  • 1992年01月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 生物生産学部, 助手
  • 2007年04月01日, 2010年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 助教
  • 2010年04月01日, 2012年04月30日, 広島大学, 准教授
  • 2012年05月01日, 広島大学, 教授

学歴

  • 広島大学, 生物圏科学研究科, 生物生産学, 日本, 1988年04月, 1990年03月
  • 広島大学, 生物生産学部, 生物生産, 日本, 1983年04月, 1988年03月

学位

  • 博士(学術) (広島大学)
  • 農学修士 (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科 : 分子農学生命科学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 分子農学生命科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 統合動物科学

研究キーワード

  • ニワトリ
  • 栓球
  • サイトカイン
  • 膜タンパク
  • 胚性幹細胞
  • 多能性幹細胞
  • 生殖細胞
  • ゲノム編集
  • 認知症

所属学会

  • 日本分子生物学会, 1994年04月
  • 日本ゲノム編集学会, 2016年04月

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 学部専門, 集中, 基礎生物学実験I
  2. 2023年, 学部専門, 1ターム, 生理学入門
  3. 2023年, 学部専門, 4ターム, 食品生命科学リサーチフロント
  4. 2023年, 学部専門, 2ターム, 病理学
  5. 2023年, 学部専門, 集中, 卒業論文
  6. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  7. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  8. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文III
  9. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文III
  10. 2023年, 学部専門, 4ターム, 高次生命科学
  11. 2023年, 学部専門, 集中, 免疫生物学実験
  12. 2023年, 学部専門, 集中, 分子農学生命科学実験III
  13. 2023年, 学部専門, 1ターム, 細胞工学
  14. 2023年, 学部専門, 4ターム, 生命物質分析学
  15. 2023年, 学部専門, 3ターム, 分子農学生命科学外書講読
  16. 2023年, 学部専門, 集中, (AIMS)Molecular Agro-life Science
  17. 2023年, 学部専門, 3ターム, Molecular Agro-life Science
  18. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  19. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  20. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  21. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  22. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  23. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 食品生命科学特別研究
  24. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用動物生命科学
  25. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  26. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, ゲノム機能学概論
  27. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 集中, iPS細胞研究所短期研修
  28. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 集中, ゲノム編集先端研究室研修
  29. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 共同研究企業インターンシップ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Wnt signaling blockade is essential for maintaining the pluripotency of chicken embryonic stem cells, Poultry Science, open access巻, open access号, pp. open access-open access, 20231207
  2. ★, Evaluation of expression systems for recombinant protein production in chicken egg bioreactors, Biotechnology Journal, 20231019
  3. ★, Lipofection with Lipofectamine™ 2000 in a heparin-free growth medium results in high transfection efficiency in chicken primordial germ cells, Biotechnology Journal, 20230804
  4. ★, Transcription activator-like effector nuclease-mediated deletion safely eliminates the major egg allergen ovomucoid in chickens, FOOD AND CHEMICAL TOXICOLOGY, 175巻, 202305
  5. ★, Fate Decisions of Chicken Primordial Germ Cells (PGCs): Development, Integrity, Sex Determination, and Self-Renewal Mechanisms, GENES, 14巻, 3号, 202303
  6. Screening of Optimal CpG-Oligodeoxynucleotide for Anti-Inflammatory Responses in the Avian Macrophage Cell Line HD11, Journal of Poultry Science, 60巻, 1号, 20230125
  7. ★, Genome editing in chickens, Gene and Genome Editing, 3-4巻, pp. 1-8, 20221112
  8. ★, Prediction of sex-determination mechanisms in avian primordial germ cells using RNA-seq analysis, Scientific Reports, 12巻, 13528号, pp. on line-on line, 20220817
  9. ★, Targeted Knock-in of a Fluorescent Protein Gene into the Chicken Vasa Homologue Locus of Chicken Primordial Germ Cells using CRIS-PITCh Method, The Journal of Poultry Science, 59巻, 2号, pp. 182-190, 20220425
  10. ★, Knock-in of the duck retinoic acid-inducible gene I (RIG-I) into the Mx gene in DF-1 cells enables both stable and immune response-dependent RIG-I expression, Biochemistry and Biophysics Reports, 27巻, on line号, pp. on line-on line, 20210726
  11. Prion protein signaling induces M2 macrophage polarization and protects from lethal influenza infection in mice, plos pathogens, 20200826
  12. ★, An improved protocol for stable and efficient culturing of chicken primordial germ cells using small-molecule inhibitors, Cytotechnology, 72巻, 3号, pp. 397-405, 20200601
  13. ★, Comparison of sex determination mechanism of germ cells between birds and fish: Cloning and expression analyses of chicken forkhead box L3-like gene., Developmental Dynamics, 248巻, 9号, pp. 826-836, 20190902
  14. Zymosan A enhances humoral immune responses to soluble protein in chickens, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 79巻, 8号, pp. 1335-1341, 201708
  15. Expression of ayu antimicrobial peptide genes after LPS stimulation, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 79巻, 6号, pp. 1072-1080, 2017
  16. Induction of non-specific suppression in chicks by specific combination of maternal antibody and related antigen, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 77巻, 11号, pp. 1363-1369, 2015
  17. Studies on Morphology and Cytochemistry in Blood Cells of Ayu Plecoglossus altivelis altivelis, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 76巻, 5号, pp. 693-704, 2014
  18. ★, Manipulating the avian epiblast and epiblast-derived stem cells, Methods Mol. Biol., 1074巻, pp. 151-173, 201311
  19. Molecular cloning of chicken interleukin-5 receptor alpha-chain and analysis of its binding specificity, DEVELOPMENTAL AND COMPARATIVE IMMUNOLOGY, 37巻, 42798号, pp. 354-362, 2012
  20. ★, Characteristics of Novel Chicken Embryonic Stem Cells Established Using Chicken Leukemia Inhibitory Factor, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 48巻, 1号, pp. 64-72, 2011
  21. ★, Construction of an Insertion Vector for Gene Targeting of Chicken Lens-specific Gene, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 47巻, 2号, pp. 144-148, 2010
  22. Allergenicity study of EGFP-transgenic chicken meat by serological and 2D-DIGE analysis, FOOD AND CHEMICAL TOXICOLOGY, 48巻, 5号, pp. 1302-1310, 2010
  23. ★, ニワトリの万能細胞”ES細胞”とその遺伝子組換え, 化学と生物, 48巻, 4号, pp. 237-242, 2010
  24. Induction of immune suppression in the chick by an optimal dose of an immunizing antigen in the presence of its specific maternal antibody., J. Vet. Med. Sci., 72巻, 3号, pp. 276-262, 20090601
  25. Prolonged suppression of chick humoral immune response by antigen specific maternal antibody., J. Vet. Med. Sci., 71巻, 4号, pp. 417-424, 20090401
  26. Generation and characterization of chicken monoclonal antibodies against human LOX-1., MAbs., 1巻, 4号, pp. 357-363, 20090401
  27. Prolonged Suppression of Chick Humoral Immune Response by Antigen Specific Maternal Antibody, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 71巻, 4号, pp. 417-424, 2009
  28. Construction of chicken-mouse chimeric antibody and immunogenicity in mice, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 70巻, 4号, pp. 397-400, 2008
  29. Chicken antibody against a restrictive epitope of prion protein distinguishes normal and abnormal prion proteins., Biologicals, 35巻, 4号, pp. 303-308, 20071025
  30. ★, Cloning of the chicken interleukin-13 receptor alpha 2 gene and production of a specific monoclonal antibody., Developmental and Comparative Immunology, 31巻, 4号, pp. 394-406, 20070510
  31. Development of recombinant chicken IgY from single chain fragment of variable region for diagnosis of BSE., Biologicals, 35巻, 1号, pp. 31-34, 20070301
  32. ★, ニワトリにおける抗体エンジニアリングとトランスジェニックテクノロジー, FFIジャーナル, 211巻, 11号, pp. 948-954, 20061101
  33. ★, Effect of novel monoclonal antibodies on LIF-induced signaling in chicken blastodermal cells., Dev. Comp. Immunol., 30巻, 5号, pp. 513-522, 20060401
  34. Characterization and expression analysis of a chicken interleukin-6 receptor alpha., Dev. Comp. Immunol., 30巻, 4号, pp. 419-429, 20060401
  35. ★, Maintenance of chicken embryonic stem cells in vitro., In Methods in Molecular Biology (Embryonic Stem Cell Protocols; Second Edition Vol. 1), 329巻, pp. 17-34, 20060401
  36. Humanization of chicken monoclonal antibody using phage-display system., Mol. Immunol., 43巻, 6号, pp. 634-642, 20060201
  37. Tributyltin disturbs bovine adrenal steroidogenesis by two modes of action., Steroids, 70巻, 14号, pp. 913-921, 20051201
  38. Inhibition of prion propagation in scrapie-infected mouse neuroblastoma cell lines using mouse monoclonal antibodies against prion protein., Biochem. Biophys. Res. Commun., 335巻, 1号, pp. 197-204, 20050901
  39. Stable production of recombinant chicken antibody in CHO-K1 cell line., Biologicals, 33巻, 3号, pp. 169-174, 20050901
  40. Biological activity of recombinant chicken interleukin-6 in chicken hybridoma cells., Vet. Immunol. Immunopathol., 106巻, 42737号, pp. 97-105, 20050601
  41. Generation of a mouse monoclonal antibody against chicken interleukin-6., Hybridoma (Larchmt)., 24巻, 2号, pp. 115-117, 20050501
  42. ★, Excision of foreign gene product with cathepsin D in chicken hepatoma cell line., Biochem. Biophys. Res. Commun., 330巻, 2号, pp. 533-539, 20050501
  43. Characterization and expression analysis of the chicken interleukin-11 receptor alpha chain., Dev. Comp. Immunol., 29巻, 4号, pp. 349-359, 20050401
  44. Genomic organization of the chicken T-cell receptor beta chain D-J-C region., The Journal of Veterinary Medical Science, 66巻, 12号, pp. 1509-1515, 20041201
  45. Expression vectors for chicken-human chimeric antibodies, Biologicals, 32巻, 4号, pp. 213-218, 20041201
  46. Cloning and characterization of a chicken leukemia inhibitory factor, Avian Immunology Research Group, 8巻, pp. 80, 20040904
  47. Characteruzation and expression analysis of the chicken interleukin-11 receptor alpha., Avian Immunology Research Group, 8巻, pp. 82, 20040904
  48. Biological activities of recombinant chicken interleukin-6 on chicken hybridoma cells., Avian Immunology Research Group, 8巻, pp. 85, 20040904
  49. Establishment of a chicken monoclonal antibody panel against mammalian prion protein, The Journal of Veterinary Medical Science, 66巻, 7号, pp. 807-814, 20040801
  50. ★, Chicken leukemia inhibitory factor maintains chicken embryonic stem cells in the undifferentiated state, The Journal of Biological Chemistry, 279巻, 23号, pp. 24513-24520, 20040601
  51. Molecular cloning and characterization of chicken tumor necrosis factor (TNF)-superfamily ligands, CD30L and TNF-related apoptosis inducing ligand (TRAIL), The Journal of Veterinary Medical Science, 66巻, 6号, pp. 643-650, 20040601
  52. ★, A monoclonal antibody against chicken thrombocytes reacts with the cells of thrombocyte lineage, The Journal of Veterinary Medical Science, 66巻, 3号, pp. 243-250, 20040301
  53. Molecular study on chicken tumor necrosis factor receptor-II and tumor necrosis factor receptor-associated factor-5., Vet. Immunol. Immunopathol., 98巻, 42737号, pp. 31-41, 20040301
  54. Chicken peripheral blood CD3+CD4-CD8- cells are regulated by endocrine and immune systems., J. Vet. Med. Sci., 66巻, 2号, pp. 143-148, 20040201
  55. Immunobiology of chicken germinal center: II. Accumulation of apoptotic cells within the germinal center, Cell Tissue Res., 314巻, 2号, pp. 215-221, 20031101
  56. Two expression vectors for the phage-displayed chicken monoclonal antibody, Journal of Immunological Methods, 280巻, 42737号, pp. 157-164, 20030901
  57. Flow cytometric analysis of chicken NK activity and its use on the effect of restraint stress, Journal of Veterinary Medical Science, 65巻, 9号, pp. 995-1000, 20030901
  58. 遺伝子組み換え技術を活用した有用鶏開発の現状と将来, 養鶏の友, 9巻, 20030901
  59. Generation of antibodies against prionprotein by scrapie-infected cell immunization of PrP0/0 mice, HYBRIDOMA and HYBRIDOMICS, 22巻, 4号, pp. 263-266, 20030801
  60. Development of Peyerユs Patch and Cecal Tonsil in Gut-Associated Lymphoid Tissues in the Chicken Embryo., J. Vet. Med. Sci., 65巻, 5号, pp. 607-614, 20030501
  61. Immunobiology of chicken germinal center: I. Changes in surface Ig class expression in the chicken splenic germinal center after antigen stimulation, Developpmental and Comparative Immunology, 27巻, 2号, pp. 159-166, 20030201
  62. ニワトリサイトカイン探索とその応用, 家畜栄養生理研究会報, 46巻, 2号, pp. 137-149, 20021201
  63. トランスジェニック・ニワトリの作出に向けて, ブレインテクノニュース, 90巻, pp. 1-4, 20020315
  64. ★, Cloning and characterization of a chicken platelet-derived growth factor B-chain cDNA., Dev. Comp. Immunol., 26巻, 1号, pp. 73-83, 20020101
  65. Establishment of monoclonal antibodies against chicken GP130, Veterinary Immunology Symposium, 6巻, pp. 106, 20010715
  66. ★, Characterization and expression of three forms of cDNA encoding chicken platelet-derived growth factor-A chain, Gene, 272巻, 42737号, pp. 181-190, 20010711
  67. Role of bursin in the development of B lymphocytes in chicken embryonic Bursa of Fabricius, Developpmental and Comparative Immunology, 25巻, 42861号, pp. 485-493, 20010601
  68. CD3+CD4-CD8- cells present in chicken peripheral blood are regulated by aging and stress, CURRENT PROGRESS ON AVIAN IMMUNOLOGY RESEARCH, 6巻, pp. 315-321, 20001008
  69. Construction of recombinant chicken monoclonal antibody using phage display system, CURRENT PROGRESS ON AVIAN IMMUNOLOGY RESEARCH, 6巻, pp. 335-340, 20001001
  70. Construction of recombinant monoclonal antibodies from a chicken hybridoma line secreting specific antibody., Cytotechnology, 32巻, pp. 191-198, 20000401
  71. cDNA cloning and mRNA expression of PDGF in chicken thrombocyte, Proceedings of the International Veterinary Cytokine and Vaccine Conference, pp. 234-237, 20000316
  72. Expression of chicken gp130 mRNA in various chicken organs and cells, Proceedings of the International Veterinary Cytokine and Vaccine Conference, pp. 330-333, 20000316
  73. Chicken monoclonal antibodies against synthetic bovine prion protein peptide., J. Vet. Med. Sci., 60巻, 6号, pp. 777-779, 19980601
  74. ★, 卵とバイオテクノロジー-ニワトリの胚操作とトランスジェニックニワトリの作出-, 栄養と健康のライフサイエンス, 3巻, 4号, pp. 39-44, 19980401
  75. 鶏ファブリキウス嚢の構造, 鶏病研究会報, 34巻, pp. 11-19, 19980401
  76. Ontogeny of thrombocytes in chicken embryos, The challenges of Lower Vertebrates to Immunology, pp. 99, 19971113
  77. Two chicken B cell lines resistant to ouabain for the production of chicken monoclonal antibodies, The Journal of Veterinary Medical Science, 58巻, 11号, pp. 1053-1056, 19961101
  78. Identification of the gene encoding VP7 of serotype G3 equine rotavirus, Journal of Equine Science, 7巻, 1号, pp. 17-20, 19960401
  79. ニワトリ脾臓single germinal centerにおけるapoptosisの解析, 日本獣医病理学会会報, 特集号巻, pp. 4-7, 19960401
  80. Detection of growth factor(s) in chicken thrombocytes., Avian Immunology Research Group, 19940320
  81. ★, ビトロネクチン, Annual Review 血液 1993, pp. 201-208, 19930401
  82. Establishment of chicken B hybridomas and their applications, Avian Immunology in Progress, pp. 91-96, 19930401
  83. ★, Identification of fibronectin in chicken thrombocytes, Cell Structure and Function, 17巻, 2号, pp. 93-98, 19920417
  84. Vibrio virulence factors and the quantitative analysis of cytotoxiicity elaborated by environmental isolates, Cytobios, 66巻, 266-267号, pp. 143-151, 19910401
  85. ★, Preliminary evidence of growth factor(s) from chicken thrombocytes- Growth effects of chicken fibroblasts cultures, Japanese Journal of Veterinary Science, 52巻, 3号, pp. 559-565, 19900601

著書等出版物

  1. 2024年01月01日, 明日の食品産業2024 1・2, ゲノム編集技術を用いたアレルギー低減鶏卵の開発, 食品産業センター, 2024年, 1, その他, 共著, 日本語, 堀内浩幸,寺田拓実,松崎芽衣,江崎僚, 60
  2. 2023年12月01日, 鶏の研究, 早期判定・家禽での雌雄の産み分け, 木香書房, 2023年, 12, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 堀内浩幸, 0029-0785
  3. 2023年10月01日, 鶏の研究, 「鶏卵でのものづくり」, 木香書房, 2023年, 10, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 堀内浩幸, 0029-0785, 94
  4. 2023年08月31日, ゲノム編集の最新技術と医薬品・遺伝子治療・農業・水畜産物・有用物質生産への活用, Platinum TALENを用いたアレルゲンの除去技術, 技術情報協会, 2023年, 8, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 堀内浩幸,松崎芽衣,江崎僚, 978-4-86104-978-1, 605, 10
  5. 2023年08月31日, ゲノム編集の最新技術と医薬品・遺伝子治療・農業・水畜産物・有用物質生産への活用, 家畜の雌雄の性決定機構の解析技術, 情報技術協会, 2023年, 8, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 堀内浩幸,市川健之助, 978-4-86104-978-1, 605, 5
  6. 2023年08月01日, 鶏の研究, アレルゲンを低減させた鶏, 家禽,鶏,オボムコイド,アレルゲン,ゲノム編集, 木香書房, 2023年, 8, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 堀内浩幸, ISSN0029-0785, 94
  7. 2023年06月01日, 鶏の研究, 家禽でのゲノム編集で何ができるのか, 家禽,ニワトリ,ウズラ,ゲノム編集, 木香書房, 2023年, 6, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 堀内浩幸, ISSN0029-0785, 93
  8. 2023年04月20日, アグリバイオ特集「健康的な食事」, 家禽におけるゲノム編集の現状と未来, 家禽,ゲノム編集,始原生殖細胞,アレルゲンノックアウト, (株)北隆館, 2023年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 堀内浩幸,渡邊天海,江崎僚,市川健之助,松崎芽衣, ISSN2432-5511, 104
  9. 2023年04月01日, 鶏の研究, 家禽でのゲノム編集, 家禽,ニワトリ,ウズラ,ゲノム編集, 木香書房, 2023年, 4, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 堀内浩幸, ISSN0029-0785, 90, 17-20
  10. 2023年02月15日, 鶏の研究2月号, ゲノム編集技術とは何か, 品種改良 ゲノム編集 遺伝子組換え, 木香書房, 2023年, 3, その他, 単著, J, 堀内浩幸, ISSN 0029-0785
  11. 2023年01月23日, ゲノム編集技術~実験上のポイント/産業利用に向けた研究開発動向と安全性周知, 第1節 ゲノム編集技術適用による安全性について, ゲノム編集技術 遺伝子組換え 医療分野 農学分野, 株式会社 情報機構, 2023年, 1, 単行本(学術書), 分担執筆, J, 堀内浩幸, 978-4-86502-242-1, 316, 7
  12. 2023年10月20日, 月刊細胞, 家禽のゲノム編集のこれから, 家禽 ゲノム編集, ニューサイエンス社, 2023年, 10, その他, 共著, 日本語, 堀内浩幸,渡邊天海,江崎僚,市川健之助,松崎芽衣, 04127-01, 72, 3
  13. 2022年11月10日, つくると食べるをつなぐサイエンス, 第1章 1-4 ニワトリの卵で薬を創る, ニワトリ ウズラ ゲノム編集 アレルギー, 株式会社 恒星社厚生閣, 2022年, 11, 単行本(学術書), 分担執筆, J, 堀内浩幸 松崎芽衣, 9784769916857, 130
  14. 2022年08月23日, アグリバイオ 2022年9月号 フードテックの現状, 家禽におけるゲノム編集の現状と未来, 家禽,ゲノム編集,始原生殖細胞,アレルゲンノックアウト,ノックイン, 株式会社 北隆館,株式会社 ニューサイエンス社, 2022年, 8, その他, 共著, J, 堀内 浩幸・渡邊 天海・江崎 僚・市川 健之助・松崎 芽衣, 01327-09, 106, 4
  15. 2021年11月30日, SDGsに向けた生物生産学入門, 1章14:ゲノム編集とは何か, ゲノム編集, 共立出版, 2021年, 11, 教科書, 分担執筆, J, 堀内浩幸, 9784320058316, 244, 58-62
  16. 2021年02月08日, 最新のゲノム編集技術と用途展開, 第23章 ゲノム編集技術を用いてニワトリの性決定機構を解析する, ゲノム編集,性決定,ニワトリ, 株式会社シーエムシー出版, 2021年, 2, 単行本(学術書), 共著, J, 堀内浩幸,松崎芽衣,江崎僚, ISBN978-4-7813-1586-7 C3045, 240, 7
  17. 2019年12月15日, ゲノム編集実験スタンダード, 家禽でのゲノム編集, ニワトリ 始原生殖細胞, 羊土社, 2019年, 12, 単行本(学術書), 共著, J, 江崎僚, 松崎芽衣, 堀内浩幸, ISBN978-4-7581-2244-3, 386, 364-371
  18. 2017年11月30日, 動物細胞培養・自動化におけるトラブル発生原因と対策, 分離・精製のポイントとトラブル対策, 株式会社 技術情報協会, 2017年, 単行本(学術書), 共著, J, 堀内浩幸, 978-4-86104-674-2, 526, 69-73
  19. 2016年12月, 実験医学増刊号 All About ゲノム編集, ニワトリでのゲノム編集, ニワトリ 胚性幹細胞 始原生殖細胞, 羊土社, 2016年, 12, その他, J, 江崎僚, 堀内浩幸, 978-4-7581-0359-6, 234, 4
  20. 2014年04月, 《最新》動物細胞培養の手法と細胞死・増殖不良・細胞変異を防止する技術, ニワトリの胚性幹細胞研究と培養技術, 技術情報協会, 2014年, 4, 単行本(学術書), 共著, J, 堀内浩幸, 4861045002, 584, 5
  21. 2009年03月, 分子から見た生命の不思議, 広大生物圏出版会, 2009年, 3, 教科書, 共編著, 4925221191, 148
  22. 2003年09月, 遺伝子組み換え技術を活用した有用鶏開発の現状と将来, 養鶏の友, 2003年, 9, 単行本(一般書), 共著, 松田 治男 堀内 浩幸 古澤 修一
  23. 2002年03月, ブレインテクノニュ-ス第90号, ブレインテクノニュ-ス第90号, 2002年, 3, 単行本(学術書), 共著, 堀内 浩幸 古澤 修一 松田 治男, 4
  24. 2001年03月, 海と大地の恵みのサイエンス, 共立出版, 2001年, 3, 教科書, 共著, 4
  25. 1998年01月, 鶏病研究会報 34, 鶏病研究会報, 1998年, 1, 単行本(学術書), 共著, 古澤 修一 堀内 浩幸 松田 治男, 9
  26. 1993年01月, Annual Review 血液 1993, 中外医学社, 1993年, 1, 教科書, 共著, 堀内 浩幸 林 正男 松田 治男, 8

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Wntシグナルの調節がニワトリ多能性幹細胞に与える影響, 梶原 亮太,江崎 僚, 寺田 拓実, 松崎 芽衣, 堀内 浩幸, 第46回日本分子生物学会年会, 2023年12月08日, 通常, 日本語, Molecular Biology Society of Japan, 神戸
  2. ニワトリ細胞において細胞周期制御がゲノム編集効率に与える影響, 池谷 亮, 渡邊 天海, 越智 勇太, 江崎 僚, 寺田 拓実, 松崎 芽衣, 堀内 浩幸, 第46回日本分子生物学会年会, 2023年12月08日, 通常, 日本語, Molecular Biology Society of Japan, 神戸
  3. ニワトリ始原生殖細胞への遺伝子導入とゲノム編集, 渡邊 天海, 池谷 亮, 江崎 僚, 寺田 拓実, 松崎 芽衣, 堀内 浩幸, 第46回日本分子生物学会年会, 2023年12月07日, 通常, 日本語, Molecular Biology Society of Japan, 神戸
  4. 家禽でのデジタル育種の構築に向けて, 堀内浩幸, 第46回日本分子生物学会年会, 2023年12月06日, 招待, 日本語, Molecular Biology Society of Japan, 神戸
  5. Somatic Differentiation of Chicken Primordial Germ Cells Exhibits Partial Epithelial-to-Mesenchymal Transition (EMT)-like Features, Kennosuke Ichikawa, Yuzuha Motoe, Mei Matsuzaki, Ryo Ezaki, Hiroyuki Horiuchi, Mike McGrew, JAACT2023, 2023年12月01日, 通常, 英語, Japanese Association for Animal Cell Technology, Nagoya
  6. TranscriptionActivator-LikeEffectorNuclease-Mediated Deletion Safely Eliminates the Major Egg Allergen Ovomucoid in Chickens, Ryo Ezaki, Tetsushi Sakuma, Daisuke Kodama, Ryou Sasahara, Taichi Shiraogawa, Kennosuke Ichikawa, Mei Matsuzaki, Akihiro Handa, Takashi Yamamoto, Hiroyuki Horiuchi, JAACT2023, 2023年11月30日, 招待, 英語, Japanese Association for Animal Cell Technology, Nagoya
  7. Identification of feminization-related potential factors and processes in chicken primordial germ cells, Kennosuke Ichikawa, Yoshiaki Nakamura, Hidemasa Bono, Ryo Ezaki, Mei Matsuzaki, Mike McGrew, Hiroyuki Horiuchi, 11th Avian Model Systems Meeting, 2023年09月11日, 通常, 英語, Hg3 Conferences Ltd, UK
  8. ゲノム編集により作出したアレルギー低減卵の調理・製菓適性評価, 岩本知子,児玉大介,磯部和弘,須崎健太,山本紘義,江崎 僚,松崎芽衣,堀内浩幸,有満和人, 日本食品科学工学会第70回記念大会, 2023年08月26日, 通常, 日本語, 日本食品科学工学会, 京都
  9. Measuring the efficacy of PCV2 vaccination in the herd pigs under the natural co-infection of PRRSV and PCV2 based on the dynamics of gene, immune resposes, and rate of PCV2 isolation, Ringo Rissar Siringo, Mazimpaka Eugene, Choonnasard Amonrat, Tasuku Hirooka, Taketo Wada, Eigo Sakamoto, Shunichi Honda, Hiroyuki Horiuchi, Tmaki Okabayashi, Asian Pig Veterinary Society Congress 2023, 2023年07月30日, 通常, 英語, Asian Pig Veterinary Society, Tiwan
  10. VULNERABILITY OF REAL-TIME PCR IN EVALUATING PORCINE CIRCOVIRUS TYPE 2 INFECTION AND ESTABLISHMENT OF A NOVEL DETECTION METHOD USING INVERSE PCR COMBINED WITH REAL-TIME PCR, Taketo Wada, Ryo Ezaki, Kennosuke Ichikawa, Mei Matsuzaki, Eigo Sakamoto, Shunichi Honda, Eugene Mazimpaka, Kazuki Takahashi, Tamaki Okabayashi, Hiroyuki Horiuchi, Asian Pig Veterinary Society Congress 2023, 2023年07月30日, 通常, 英語, Asian Pig Veterinary Society, Taipei Taiwan
  11. ゲノム編集により作出した アレルギー低減卵の加工特性評価, 小山翔大・滝沢 陸・植竹友里恵・児玉大介・半田明弘・ 江崎 僚・ 松崎芽衣・堀内浩幸・辻井良政, 日本食品保蔵科学会 第72回(熊本)大会, 2023年06月18日, 通常, 日本語, 日本食品保蔵科学会, 熊本
  12. ニワトリマクロファージ様細胞HD11において強力な抗炎症応答を示す CpGオ リゴ DNA の選抜, 市川健之助、松崎芽衣、江崎僚, 堀内浩幸、山本祥也, 第46回鳥類内分泌研究会, 2022年12月10日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, 東広島
  13. ニワトリ生殖細胞の分化過程に関する研究, 山脇まゆ子、江崎僚、松崎芽衣、堀内浩幸, 第46回鳥類内分泌研究会, 2022年12月10日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, 東広島
  14. 細胞周期阻害剤を用いたニワトリ細胞への遺伝子導入に関する研究, 越智勇太、渡邊天海、池谷亮、江崎僚、松崎芽衣、堀内浩幸, 第46回鳥類内分泌研究会, 2022年12月10日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, 東広島
  15. 分化したニワトリ始原生殖細胞の性状解析 -鳥類始原生殖細胞の新規培養系の確立に向けて-, 市川 健之助, 元榮 柚花, 江崎 僚, 松崎 芽衣, 堀内 浩幸, 第45回日本分子生物学会年会, 2022年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 幕張メッセ(千葉)
  16. ニワトリエピブラスト培養細胞は多能性幹細胞になりえるのか, 梶原 亮太, 市川 健之助, 江崎 僚, 松崎 芽衣, 堀内 浩幸, 第45回日本分子生物学会年会, 2022年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 幕張メッセ(千葉)
  17. Construction of an Evaluation System for Chicken Egg Bioreactor Using Cultured Chicken Cells, Ryota Kajihara, Kenosuke Ishikawa, Ryo Ezaki, Mei Matsuzaki, Hiroyuki Horiuchi, International Seminar 2022:Front-line of genome editing technology, 2022年11月12日, 通常, 英語, Hiroshima University, online
  18. Genetic Engineering in Chicken Primordial Germ Cells, Tenkai Watanabe, Kenosuke Ishikawa, Ryo Ezaki, Mei Matsuzaki, Hiroyuki Horiuchi, 2022年11月12日, 通常, 英語, Hiroshima University, online
  19. ウズラの精子中片部長に関与する量的形質遺伝子座の探索, 小林 聡史,Mohammad, I Haqani,都築 政起,道羅 英夫,堀内 浩幸,笹浪 知宏,松崎 芽衣, 日本動物学会 第93回 早稲田大会, 2022年09月10日, 通常, 日本語, 日本動物学会, 東京
  20. ゲノム編集とデータサイエンスを活用した新たな家禽の利用方法と未来, 堀内浩幸, 松崎芽衣,江崎僚,市川健之助,佐久間哲史,奥原啓輔,坊農秀雅,山本卓, 第130回有機デバイス研究会, 2022年07月22日, 招待, 日本語, 有機デバイス研究会, オンライン
  21. ゲノム編集技術が食料生産を変える!, 堀内浩幸, 松崎芽衣,江崎僚,市川健之助, 広島バイオテクノロジー推進協議会第4回Web講演会, 2022年05月22日, 招待, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島オンライン, 発表資料
  22. Effect of Porcine circovirus 2 (PCV-2) vaccine on PCV-2 viremia in vaccinated piglets under field conditions, Tamaki Okabayashi, Eugene Mazimpaka, Kazuki Takahashi, Taketo Wada, Hiroyuki Horiuchi, Akatsuki Saito, Masafumi Mori, Eigo Sakamoto, IPVS2022, 2022年06月21日, 通常, 英語, International Pig Veterinary Society, Rio de Janeiro (Brazil)
  23. ニワトリ細胞におけるゲノム編集, 渡邊 天海, 越智 勇太, 江崎 僚, 松崎 芽衣, 堀内 浩幸, 日本ゲノム編集学会第7回大会, 2022年06月06日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, オンライン&バーチャル
  24. ニワトリ培養細胞を用いた鶏卵バイオリアクター評価系の構築, 梶原 亮太, 江崎 僚, 松崎 芽衣, 堀内 浩幸, 日本ゲノム編集学会第7回大会, 2022年06月06日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学, オンライオン&バーチャル
  25. ニワトリ始原生殖細胞の体細胞分化に関する研究, 市川健之助・元榮柚花・江崎僚・松崎芽衣・堀内浩幸, 日本家禽学会2022年度春季大会, 2022年03月29日, 通常, 日本語, 日本家禽学会, オンライン
  26. 豚血清中からの豚サーコウイルス 2 型の分離, Eugene Mazimpaka・髙橋和暉・坂本英午・本多俊一・齊藤 暁・和田武士・堀内浩幸・岡林環樹, 第116回日本養豚学会大会, 2022年03月17日, 通常, 日本語, 日本養豚学会, オンライン
  27. 豚サーコウイルス2型(PCV2)の検出法に関する研究, 和田武士 ・江崎 僚 ・松崎芽衣 ・坂本英午 ・本多俊一 ・Eugene Mazimpaka ・高橋和暉 ・岡林環樹 ・堀内浩幸, 第 116 回日本養豚学会大会, 2022年03月17日, 通常, 日本語, 日本養豚学会, オンライン
  28. ニワトリ培養細胞のheparinによる遺伝子導入効率の低下現象に関する研究, 越智勇太, 渡邊天海, 市川健之助, 江崎僚, 松崎芽⾐, 堀内浩幸, 第45回鳥類内分泌研究会, 2021年12月04日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, オンライン
  29. ニワトリPGCsにおける遺伝子工学的な特徴, 渡邊天海,越智勇太,市川健之助,江崎僚,松崎芽衣,堀内浩幸, 第45回鳥類内分泌研究会, 2021年12月04日, 通常, 日本語, , オンライン, オンライン
  30. 鳥類アデノ随伴ウイルスベクターのウズラ胚に対する感染能評価, 山西菜々子,江崎僚,笹浪知宏,松崎芽衣,堀内浩幸, 第45回鳥類内分泌研究会, 2021年12月04日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, オンライン
  31. ニワトリ生殖細胞の分化過程に関する研究, 山脇まゆ子,江崎 僚, 松崎芽衣, 堀内浩幸, 第44回 日本分子生物学会年会, 2021年12月01日, 通常, 英語, 日本分子生物学会年会, 横浜市
  32. ニワトリ培養細胞を用いた鶏卵バイオリアクター評価系の構築, 梶原亮太,江崎僚,松崎芽衣,堀内浩幸, 第44回 日本分子生物学会年会, 2021年12月01日, 通常, 英語, 日本分子生物学会, 横浜市
  33. ゲノム編集の今とこれから, 堀内浩幸, NACS中国支部研修講座, 2021年09月11日, 招待, 日本語, NACS中国支部, 広島
  34. ニワトリ生殖細胞の分化過程に関する研究, 山脇まゆ子,江崎 僚, 松崎芽衣, 堀内浩幸, 日本ゲノム編集学会第6回大会, 2021年06月18日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 福岡
  35. 宿主免疫応答におけるニワトリ MDA5 および LGP2 の機能解析, 市川健之助, 江崎僚, 松崎芽衣, 堀内浩幸, 日本ゲノム編集学会第6回大会, 2021年06月18日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 福岡
  36. ウズラ精子表面の糖鎖が精子貯蔵管への精子侵入へ果たす役割, 松崎 芽衣・水島 秀成・広橋 教貴・堀内 浩幸・笹浪 知宏, 日本家禽学会2021年度春季大会, 2021年03月27日, 通常, 日本語, 日本家禽学会, オンライン, 実験データ
  37. アヒル RIG-I ノックイン DF-1 細胞における, 自然免疫応答の解析, 市川 健之助・元榮 柚花・江崎 僚・松崎 芽衣・堀内 浩幸, 日本家禽学会2021年度春季大会, 2021年03月27日, 通常, 日本語, 日本家禽学会, オンライン
  38. ゲノム編集を用いた家禽の品種改良技術の確立, 堀内浩幸, 江崎僚, COI-NEXTxOPERAx卓越大学院 オンライン合同シンポジウム「TRINITY」, 2021年03月17日, 招待, 日本語, 広島大学, オンライン(東広島市)
  39. 遺伝子発現プロファイルに基づく, ニワトリ始原生殖細胞の性分化機構の予測, 市川健之助、中村隼明、江崎僚、松崎芽衣、堀内浩幸, 第44回鳥類内分泌研究会, 2020年12月12日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, オンライン
  40. 鳥類性決定関連遺伝子の機能解析, 桐山海里、山田智香子、江崎僚、松崎芽衣、堀内浩幸, 第44回鳥類内分泌研究会, 2020年12月12日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, オンライン
  41. ゲノム編集技術を用いたニワトリ性決定機構の解明, 山脇まゆ子、江崎僚、松崎芽衣、堀内浩幸, 第44回鳥類内分泌研究会, 2020年12月12日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, オンライン
  42. ゲノム編集を用いた低コスト組換えタンパク質生産系の構築, 梶原亮太、江崎僚、松崎芽衣、堀内浩幸, 第44回鳥類内分泌研究会, 2020年12月12日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, オンライン
  43. ニワトリ IL-5 と獲得免疫機構の関係, 渡邊天海、江崎僚、松崎芽衣、古澤修一、堀内浩幸, 第44回鳥類内分泌研究会, 2020年12月12日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, オンライン
  44. ニワトリ内在性 Mx1プロモーターによる RIG-I を介した免疫応答機構の解析, 元榮柚花、市川健之助、江崎僚、松崎芽衣、堀内浩幸, 第44回鳥類内分泌研究会, 2020年12月12日, 通常, 日本語, 鳥類内分泌研究会, オンライン
  45. リコンビナントニワトリInterleukin-5の生理活性, 渡邊 天海、岡野 勇佑、堀内 浩幸、古澤 修一, 第162回日本獣医学会学術集会, 2019年09月10日, 通常, 日本語, 日本獣医学会, つくば
  46. ゲノム編集と遺伝子組換えを考える, 堀内浩幸, 食の安全「ゲノム編集技術」に関する学習会, 2019年09月04日, 招待, 日本語, 広島県生活協同組合連合会, 広島市
  47. 家禽を用いた抗体研究からゲノム編集まで, 堀内浩幸, 愛媛大学医学系研究科共同セミナー, 2019年07月12日, 招待, 日本語, 愛媛大学医学系研究科病理学・生化学部門, 愛媛県東温市
  48. ニワトリ生殖細胞の運命決定機構の解析, 松本紘明, 江崎僚, 梶原亮太, 松崎芽衣, 古澤修一, 堀内浩幸, 第4回日本ゲノム編集学会, 2019年06月05日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 東京
  49. ゲノム編集技術を用いたニワトリの性決定機構の解析, 岡座悠輝, 山脇まゆ子, 江崎僚, 松崎芽衣, 古澤修一, 堀内浩幸, 第4回日本ゲノム編集学会, 2019年06月04日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 東京
  50. アレルゲンのない卵をつくる, 堀内 浩幸, 広島大学卓越大学院プログラム×OPERA「ゲノム編集」産学共創コンソーシアム 「キックオフシンポジウム」, 2018年12月10日, 招待, 日本語, 広島大学, 東京
  51. 急速進行性認知症疾患のおける新規バイオマーカーに関する研究, 佐貫友亮, 田中祐美,江崎 僚, 古澤修一, 西田教行, 佐藤克也, 堀内浩幸, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  52. PITChシステムを用いたプロモーター挿入による標的遺伝子の強制発現, 安井幸輔,江崎僚,古澤修一,堀内浩幸, 第41回日本分子生物学会, 2018年11月29日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  53. ニワトリ foxl3 遺伝子の解析による、鳥類―魚類間における生殖細胞の性決定機構の比較, 市川健之助,江崎 僚,古澤修一, 堀内浩幸, 第41回日本分子生物学年会, 2018年11月28日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  54. ニワトリ多能性幹細胞の生殖細胞分化誘導に関する研究, 上畠さち, 平野朝子, 江崎僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月28日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  55. Functional analysis of DAZL in avian primordial germ cells using genome-editing tool, Kennosuke Ichikawa, Haruto Masaki, Ryo Ezaki, Shuichi Furusawa, Hiroyuki Horiuchi, 第3回日本ゲノム編集学会, 2018年06月20日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市
  56. ニワトリにおける性決定関連遺伝子の機能解析, 山田智香子, 中川祐樹, 江崎僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第3回日本ゲノム編集学会, 2018年06月20日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市
  57. ゲノム編集ツールを用いた鳥類始原生殖細胞における DAZL の機能解析, 正木 陽登, 市川 健之助, 江崎僚, 古澤 修一, 堀内 浩幸, 第3回日本ゲノム編集学会, 2018年06月19日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市
  58. ニワトリにおける MMEJ を介した PITCh システムの応用, 江崎僚, 亀山文子, 古澤修一, 堀内浩幸, 第3回日本ゲノム編集学会, 2018年06月19日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市
  59. 鳥類始原生殖細胞におけるDAZLの機能解析, 正木陽登, 江崎 僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸市
  60. ゲノム編集技術を用いた鳥類性決定機構に関する研究, 岡座悠輝,江﨑僚, 古澤修一,堀内浩幸, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸市
  61. Isolation, culture and characterization of chicken amniotic mesenchymal stem cells, Karina Saheki, Ryo Ezaki, Fumiya Hirose, Shuichi Furusawa and Hiroyuki Horiuchi, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月07日, 通常, 英語, 日本分子生物学会, 神戸市
  62. ゲノム編集技術を用いた鳥類性決定機構の解析, 岡座悠輝,中川祐樹, 江﨑僚, 古澤修一,堀内浩幸, 第2回日本ゲノム編集学会, 2017年09月29日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 大阪
  63. Cloning and expression analyses of chicken forkhead box L3, Kennosuke Ichikawa, Ryo Ezaki, Shuichi Furusawa, Hiroyuki Horiuchi, The Fourth World Congress of Reproductive Biology, 2017年09月27日, 通常, 英語, The Society for Reproduction and Development, Okinawa, Jaoan
  64. ゲノム編集を用いた家禽の品種改良技術の開発, 堀内浩幸, JST産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)研究領域 「ゲノム編集による革新的な有用細胞・生物作成技術の創出」キックオフ・シンポジウム, 2017年03月17日, 招待, 日本語, ゲノム編集産学共創コンソーシアム, 広島市
  65. プリオン病診断におけるバイオマーカーに関する研究, 田中祐美,江崎 僚,古澤修一, 松田治男, 西田教行,佐藤克也,堀内浩幸, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月01日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜市,日本
  66. アポトーシス阻害剤を活用したニワトリ始原生殖細胞の新規培養方法, 江崎 僚, 廣瀬文哉, 古澤修一, 堀内浩幸, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月01日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜市,日本
  67. ニワトリエピブラスト幹細胞はナイーブ型かプライム型か?, 平野朝子, 江崎 僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜市,日本
  68. ニワトリFoxL3遺伝子のクローニングおよび発現解析, 市川健之助, 江崎 僚, 古澤修一, 堀内浩幸, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月30日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜市,日本
  69. ニワトリ始原生殖細胞への効果的なゲノム編集, 中川祐樹, 江﨑僚, 廣瀬文哉, 古澤修一,佐久間哲史, 黒岩麻里, 山本卓, 堀内浩幸, 第1回日本ゲノム編集学会, 2016年09月06日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市日本
  70. ニワトリ多能性幹細胞に対するCRISPR/Cas9によるゲノム編集, 亀山文子, 江﨑僚, 古澤修一,堀内浩幸, 第1回日本ゲノム編集学会, 2016年09月06日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島市, 日本
  71. Establishment and preservation of embryonic stem cells from Onagadori, Teruo Maeda, Qian Sun, Ryo Ezaki, Hiroyuki Horiuchi, The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies Animal Science Congress, 2016年08月22日, 通常, 英語, Fukuoka, JAPAN
  72. Stable and simple culture protocol for chicken primordial germ cells using apoptosis inhibitor, Ryo Ezaki, Fumiya Hirose, Shuichi Furusawa, Hiroyuki Horiuchi, The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies Animal Science Congress, 2016年08月22日, 通常, 英語, Fukuoka, JAPAN
  73. Establishment of quail ES-like cells, Mikiharu Nakano, Saki Soeda, Hiroyuki Horiuchi, Yoichi Matsuda, 2016 PSA Annual Meeting, 2016年07月11日, 通常, 英語
  74. Establishment of high-sensitivity detection method of FABP3 in cerebrospinal fluid of CJD patients, Yumi Tanaka, Ryo Ezaki, Shuich Furusawa, Noriyuki Nishida, Haruo Matsuda, Katusya Satoh, Hiroyuki Horiuchi, PRION 2016, 2016年05月10日, 通常, 英語
  75. Establishment of quail ES-like cells, Mikiharu Nakano, Saki Soeda, Hiroyuki Horiuchi, Yoichi Matsuda, Avian Model Systems 9, 2016年03月28日, 通常, 英語, Taipei, TAIWAN
  76. Study on male sex determination gene in the bird using genome editing technology., Yuki Nakagawa, Ryo Ezai, Tetsushi Sakuma, Asato Kuroiwa, Takashi Yamamoto, Hiroyuki Horiuchi., Biochemistry and Molecular Biology 2015, 2015年12月04日, 通常, 日本語, Kobe, JAPAN
  77. 鳥類多能性幹細胞の遺伝子改変技術の現状とこれから, 堀内浩幸, 第2回実験動物科学シンポジウム, 2013年12月, 招待, 日本語, 日本実験動物学会, 名古屋
  78. 鳥類多能性幹細胞を用いた鶏卵の低アレルゲン化, 堀内浩幸, 第1回タマゴシンポジウム, 2013年05月, 招待, 日本語, タマゴ科学研究会, 東京
  79. アレルゲンフリー・遺伝子組換え鶏卵の作出, 堀内浩幸, 平成24年度市民公開シンポジウム, 2012年11月, 招待, 日本語, 日本植物細胞分子生物学会, 東京
  80. 鳥類多能性幹細胞を用いた遺伝子操作技術とその応用, 堀内浩幸, 動物衛生研究所シンポジウム, 2012年10月, 招待, 日本語, 農業・食品産業技術総合研究機構, 東京
  81. 遺伝子改変ニワトリの開発, 200910, 第6回たまご研究会, 2009年10月, 招待, 日本語, たまご研究会, 京都
  82. 遺伝子組換えニワトリを用いた機能性卵・試薬・医薬品の開発, 堀内 浩幸, 平成19年度「動植物工場」研究交流会, 2008年03月, 招待, 日本語
  83. トランスジェニック技術を活用した鶏卵の新規応用展開技術の開発, 堀内 浩幸, 日本生物工学会 平成19年度産業クラスターフォーラム事業/ 特別シンポジウム, 2007年09月, 招待, 日本語
  84. トランスジェニック技術を活用した鶏卵の新規応用展開技術の開発, 堀内 浩幸, 産業クラスター・知的クラスター(中国地域)合同成果発表会&バイオセミナー, 2007年03月, 招待, 日本語
  85. ニワトリのトランスジェニックテクノロジ?, 堀内 浩幸, 日本動物細胞工学会動物細胞工学シンポジウム, 2005年05月, 招待, 日本語
  86. ニワトリサイトカイン探索とその応用, 堀内 浩幸, 家畜栄養生理研究会 平成14年秋季集談会, 2003年11月, 招待, 日本語
  87. 鳥類始原生殖細胞におけるDAZLの機能解析, 通常, 日本語

受賞

  1. 2023年12月01日, JAACT2023 Oral Awardee, Japanese Association for Animal Cell Technology, Somatic Differentiation of Chicken Primordial Germ Cells Exhibits Partial Epithelial-to-Mesenchymal Transition (EMT)-like Features
  2. 2022年03月17日, 若手優秀発表賞, 日本養豚学会, 豚サーコウイルス2型(PCV2)の検出法に 関する研究
  3. 2021年12月04日, 第45回鳥類内分泌研究会, 鳥類内分泌研究会, ニワトリPGCsにおける遺伝子工学的な特徴
  4. 2020年12月12日, 鳥類内分泌研究会 若手研究奨励賞, 鳥類内分泌研究会, 遺伝子発現フ゜ロファイルに基つ゛く, ニワトリ始原生殖細胞の性分化機構の予測
  5. 2021年03月27日, 優秀発表賞, 日本家禽学会, アヒル RIG-I ノックイン DF-1 細胞における, 自然免疫応答の解析
  6. 2016年12月01日, 第39回日本分子生物学会年会 優秀ポスター賞, 日本分子生物学会, ニワトリエピブラスト幹細胞はナイーブ型かプライム型か?
  7. 2015年12月03日, BMB2015 若手優秀発表賞, 日本分子生物学会・日本生化学学会, ゲノム編集技術を用いた鳥類性決定関連遺伝子の解析
  8. 2011年10月26日, 10th Transgenic Technology (TT) meeting,Best Poster Award, Dr. Lluis Montoliu ISTT Executive Committee, President, Florida (USA), October 24-26 (2011)で開催された10th Transgenic Technology (TT) meetingでポスター発表を行い,発表の内容,ポスターのレイアウト等が高く評価

取得

  1. 特許権, 6927496, 2021年08月10日, 鳥類,鳥類の作出方法および鳥類の卵
  2. 特許権, 6754966, 2020年08月27日, 始原生殖細胞の培養方法及び始原生殖細胞の培養用培地添加物
  3. 特許権, EP:2143791, 2014年04月23日, ニワトリ胚性幹細胞およびその評価方法
  4. 2143791, 2014年04月23日, ニワトリ胚性幹細胞およびその評価方法
  5. 特許権, 特許5408618, 2013年11月15日, ニワトリ胚性幹細胞およびその評価方法
  6. 特許権, US:8198082, 2012年06月12日, ニワトリ胚性幹細胞およびその評価方法
  7. 特許権, 特許4892717, 2012年01月06日, ニワトリキメラ抗体およびその利用
  8. 特許権, 特許4830115, 2011年09月30日, ニワトリ型一本鎖可変領域断片(scFv)から組換えニワトリ型二価抗体を製造する方法によって得られた抗体
  9. 特許権, 特許4691650, 2011年03月04日, ニワトリ型モノクローナル抗体の生産方法、および当該生産方法によって生産されるニワトリ型モノクローナル抗体
  10. 特許権, US:7771714, 2010年08月10日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  11. 特許権, US:7691589, 2010年04月06日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  12. 特許権, 特許4452884, 2010年02月12日, 抗体およびその利用
  13. 特許権, US:7619080, 2009年11月17日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  14. 特許権, 特許4304274, 2009年05月15日, ニワトリ-ヒトキメラ抗体発現用ベクターおよびこれを用いたニワトリ-ヒトキメラ抗体生産方法、並びにその利用
  15. 特許権, 特許4273230, 2009年03月13日, 鳥類を標的とする遺伝子置換ベクター、およびその利用
  16. 特許権, 特許4029153, 2007年10月26日, 核酸、当該核酸を含むニワトリ由来モノクローナル抗体及びこれを用いたプリオンタンパク質の検出方法
  17. 特許権, US:7250275, 2007年07月31日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  18. 特許権, EP:1264889, 2006年06月07日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  19. 特許権, US:7029664, 2006年04月18日, ニワトリの白血病因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子
  20. 特許権, 特許3723839, 2005年09月30日, ニワトリの白血病阻止因子(LIF)、及びそれをコードする遺伝子

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. ナショナルバイオリソースプロジェクト, ニワトリ・ウズラリソースの収集・保存・提供, 2022年, 2026年
  2. COI-NEXT本格型, Bio-Digital Transformation (バイオDX)産学共創拠点 研究課題3家禽のデジタル育種とバイオ医薬品製造技術の開発, 2022年, 2031年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 鳥類におけるゲノム編集技術の確立, 2013年, 2016年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ニワトリES細胞株の基礎と応用に関する研究, 2007年, 2009年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ニワトリ胚性幹細胞を用いた遺伝子ノックイン・アウト技術の確立, 2004年, 2005年
  6. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), リコビナントgp130を用いたニワトリIL6とLIFのクローニング, 2000年, 2001年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 胚中心におけるT細胞セレクション機構の解析, 1999年, 2000年
  8. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), ニワトリ栓球由来細胞増殖因子の遺伝子解析, 1996年, 1996年
  9. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), ニワトリ型単クローン抗体を用いた主要組織適合(MHC)遺伝子の解析, 1995年, 1995年
  10. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), ニワトリ型単クローン抗体を用いた主要組織適合(MHC)遺伝子の解析, 1994年, 1994年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ニワトリの雌雄産み分けは可能か?ー鳥類性決定機構の解析を通してー, 2019年, 2022年
  12. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), 鳥類のゲノム編集・自由自在, 2019年, 2021年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 日本ゲノム編集学会第三回大会, 準備委員, 2017年07月, 2018年07月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. ニワトリのデジタル育種について, ニワトリのデジタル育種について, 富田薬品, 2023年/09月/23日, 2023年/09月/23日, 富田薬品本社, 講師, 講演会, 企業
  2. JA講習会養鶏専門コース, 家禽のデジタル育種, 全国農業協同組合連合会, 2023年/10月/13日, 2023年/10月/13日, JAビル(東京大手町), 講師, 講演会, その他
  3. “ゲノム編集” 新人類を生む技術か, NHK, ヒューマニエンス 40億年のたくらみ, 2022年/08月/23日, 2022年/08月/23日, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  4. 広島大学オープンキャンパス2022, ゲノム編集技術が切り拓く世界とは?, 広島大学, 広島大学オープンキャンパス2022, 2022年/08月/18日, 広島大学生物生産学部, 講師, 講演会, 高校生
  5. Food & Material School, 食べるの倫理〜アニマルウェルフェアと最新テクノロジー〜, Life University, 2022年/06月/30日, 2022年/06月/30日, on line, 講師, 講演会, 社会人・一般
  6. Food & Material School, 日本発:「食品アレルギーのない世界」は作れるか? 〜世界最先端、卵アレルギーを無くす、タンパク質イノベーション〜, Life University, Life University,Food & Material School, 2022年/06月/16日, on line, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  7. Human & Being School, 「免疫を知る」から始める体と病気のキホン。 〜アレルギーや感染症,体の反応と検査とは?〜, Life University, Life University,Human & Being School, 2022年/04月/24日, 2022年/04月/24日, on line, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  8. 広島大学COI-NEXT×OPERA×卓越大学院 オンライン合同シンポジウム「TRINITY」, ゲノム編集を用いた家禽の品種改良技術の確立, 広島大学, 2021年/03月/17日, 2021年/03月/17日, 東広島市(オンライン), 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  9. 広島大学タマチラボ”ゲノム編集”で未来社会を拓く, ゲノム編集食品について考える, 広島大学産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム, 2019年/10月/23日, キャンパス・イノベーションセンター東京(東京), 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  10. 夢ナビライブ福岡2016, 金の卵をニワトリに産ませよう!, FROMPAGE, 2016年/10月/21日, 2016年/10月/21日, マリメッセ福岡・福岡市
  11. 新開発バイオテクノロジー応用食品の安全性確保並びに国民受容に関する研究, 厚生労働省, 2014年
  12. 動植物工場によるバイオ産業創出可能性調査, 財団法人 ちゅうごく産業創造センター, 2007年/04月, 2008年/03月, その他, その他, 行政機関
  13. モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究, 厚生労働省, 2006年/04月, 2008年/03月, その他, その他, 行政機関
  14. モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究, 厚生労働省, 2006年/04月, 2008年/03月, その他, その他, 行政機関
  15. 遺伝子操作と動物工場, 広島大学遺伝子実験施設, 生活のなかの遺伝子技術, 2001年/07月, 2001年/07月, 教育関係者