梅原 崇TAKASHI UMEHARA

Last Updated :2021/05/10

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
pd7221hiroshima-u.co.jp

基本情報

主な職歴

  • 2018年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, グローバルキャリアデザインセンター, 特別研究員
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 助教
  • 2015年04月01日, 2018年03月31日, 日本学術振興会, 特別研究員(DC1)
  • 2019年09月02日, 2020年09月11日, The University of Adelaide, Robinson Research Institute, Visiting research fellow

学歴

  • 広島大学, 生物生産学部, 2009年04月01日, 2013年03月23日
  • 広島大学, 生物圏科学研究科 博士課程前期, 2013年04月01日, 2015年03月23日
  • 広島大学, 生物圏科学研究科 博士課程後期, 2015年04月01日, 2018年03月23日

学位

  • 修士(農学) (広島大学)
  • 博士(農学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物資源科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物資源科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 応用動植物科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 動物生産科学

研究キーワード

  • 家畜生殖,生殖生理,畜産技術

所属学会

  • 日本生殖内分泌学会
  • 日本卵子学会
  • 日本受精着床学会
  • 日本生殖医学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 1ターム, 生殖生物学
  2. 2021年, 学部専門, 3ターム, 生物生産リサーチフロント
  3. 2021年, 学部専門, 集中, 動物生産学実験I
  4. 2021年, 学部専門, 2ターム, 応用動植物科学外書講読
  5. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 家畜生産機能学Ⅰ
  6. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 家畜生産機能学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The expression and roles of Semaphorin Type 3C in granulosa cells during the luteinization process., Journal of Mammalian Ova Research, 31巻, pp. 31-39, 2014
  2. ★, Targeted disruption of Nrg1 in granulosa cells alters the temporal progression of oocyte maturation., Molecular Endocrinology, 28号, pp. 706-720, 2014
  3. ★, Neuregulin 1 regulates proliferation of Leydig cells to support spermatogenesis and sexual behavior in adult mice., Endocrinology, 157巻, pp. 4899-4913, 2016
  4. ★, The acceleration of reproductive aging in Nrg1flox/flox; Cyp19-Cre female mice., Aging cell, 16号, pp. 1288-1299, 2017
  5. Inductions of granulosa cell luteinization and cumulus expansion are dependent on the fibronectin-integrin pathway during ovulation process in mice., PloS one, 13号, pp. e0192458, 2018
  6. ★, Creatine enhances the duration of sperm capacitation: a novel factor for improving in vitro fertilization with small numbers of sperm., Human Reproduction, 33号, pp. 1117-1129, 2018
  7. The stromal fibrosis in aging ovary., Aging, 10号, pp. 8-10, 2018
  8. 排卵に関する新知見,遺伝子発現を介す/介さない EGF-like factorの機能, 日本生殖内分泌学会雑誌, 2018
  9. Roles of epidermal growth factor (EGF)-like factor in the ovulation process., Reproductive Medicine and Biology, 15号, pp. 201-216, 2016
  10. Gene Expression and Protein Synthesis in Mitochondria Enhance the Duration of High-Speed Linear Motility in Boar Sperm, FRONTIERS IN PHYSIOLOGY, 10巻, 20190312
  11. Activation of Toll-like receptor 7/8 encoded by the X chromosome alters sperm motility and provides a novel simple technology for sexing sperm, PLOS BIOLOGY, 17巻, 8号, 201908
  12. Negative effects of ROS generated during linear sperm motility on gene expression and ATP generation in boar sperm mitochondria, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 141巻, pp. 159-171, 201909
  13. A simple sperm-sexing method that activates TLR7/8 on X sperm for the efficient production of sexed mouse or cattle embryos, NATURE PROTOCOLS, 15巻, 8号, pp. 2645-2667, 202008
  14. Itaconate regulates the glycolysis/pentose phosphate pathway transition to maintain boar sperm linear motility by regulating redox homeostasis, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 159巻, pp. 44-53, 20201101
  15. Cutting the ovarian surface improves the responsiveness to exogenous hormonal treatment in aged mice, REPRODUCTIVE MEDICINE AND BIOLOGY, 19巻, 4号, pp. 415-424, 202010
  16. Methyl-beta cyclodextrin and creatine work synergistically under hypoxic conditions to improve the fertilization ability of boar ejaculated sperm, ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 91巻, 1号, 2020
  17. Adverse effect of superoxide-induced mitochondrial damage in granulosa cells on follicular development in mouse ovaries, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 163巻, pp. 344-355, 20210201

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ミトコンドリアに着眼した加齢や肥満に伴う卵巣線維化メカニズムと代謝改善によるその治療法の構築, 梅原崇, 第23回日本IVF学会, 2020年10月31日, 招待, 日本語, 日本IVF学会, 広島
  2. Targeted disruption of neuregulin 1 in granulosa cells reveals an important role in oocyte maturation in vivo, Masayuki Shimada, Ikko Kawashima, Takashi Umehara, JoAnne S.Richards, SSR 46th Annual Meeting, 2013年07月, 通常, 英語, Montreal, Canada
  3. The abnormal estrus cycle in aged granulosa-cell-specific Nrg1 KO mice, Takashi Umehara, JoAnne S. Richards, Masayuki Shimada, SSR 47th Annual Meeting, 2014年07月, 通常, 英語
  4. LH-induced NRG1 is essential for adult Leydig cell proliferation in the infant testis that determines androgen production and spermatogenesis in adult male mice., Takashi Umehara, Wenxian Zeng, JoAnne S. Richards, Masayuki Shimada, 2016年07月, 通常, 英語, San diego, U.S.A
  5. Creatine enhances sperm capacitation and is associated with successful in vivo and in vitro fertilization in mice., Takashi Umehara, Satoshi Okuda, Tomoko Kawai, JoAnne S. Richards, Masayuki Shimada, 2017年07月, 通常, 英語
  6. ライディッヒ細胞特異的Neuregulin1欠損マウスにおける精子形成不全, 川島 一公,西村 紗希,三原 敏敬,友田 善憲,梅原 崇,田端 慧,島田 昌之, 第30回日本受精着床学会総会・学術講演会, 2012年08月, 通常, 日本語, 大阪
  7. 顆粒膜細胞特異的Neuregulin1(Nrg1)欠損マウスは,卵のMII停止能が低く,妊孕性が低下する, 川島 一公,梅原 崇,JoAnne S. Richards, 島田 昌之, 第17回日本生殖内分泌学会学術集会, 2012年12月, 通常, 日本語, 東京
  8. 排卵期の顆粒膜細胞におけるNRG1依存的Ca2+流入抑制機構とCREBによる遺伝子発現調節機構との関係, 梅原 崇,川島 一公,下中 麻奈美,島田 昌之, 第54回日本卵子学会, 2013年05月, 通常, 日本語, 東京
  9. 加齢に伴う内莢膜細胞由来OSE細胞の蓄積による卵巣機能低下, 梅原 崇,JoAnne S. Richards, 島田 昌之, 第55回日本卵子学会, 2014年05月, 通常, 日本語, 神戸
  10. ライディッヒ細胞におけるNRG1発現が精子形成を促進する, 梅原 崇,川島 一公,田畑 慧,諸橋 憲一郎,吉田 松生,JoAnne S. Richards,島田 昌之, 第107回日本繁殖生物学会大会, 2014年08月, 通常, 日本語, 帯広
  11. 精巣局所におけるコルチゾール産生とそれが精子形成に及ぼす影響, 梅原 崇,磯部 直樹,JoAnne S. Richards,島田 昌之, 第19回日本生殖内分泌学会学術集会, 2015年01月, 通常, 日本語, 大阪
  12. 加齢/他回数卵巣刺激による高E2低FSH個体の低妊孕性メカニズム, 梅原 崇,藤田 陽子,根岸 広明,JoAnne S. Richards,島田 昌之, 第56回日本卵子学会, 2015年05月, 通常, 日本語, 宇都宮
  13. 早期卵巣機能加齢化マウスを用いた卵巣若返り法の開発, 梅原 崇,田中 勝洋,奥田 哲司,JoAnne S. Richards,島田 昌之, 第33回日本受精着床学会総会・学術講演会, 2015年11月, 通常, 日本語, 東京
  14. 排卵過程で産⽣され,卵・卵丘細胞間に蓄積される短分子fibronectinの卵成熟に果たす役割, 北坂 浩也,平松 留衣,梅原 崇,福永 憲隆,浅田 義正,島田 昌之, 第33回日本受精着床学会総会・学術講演会, 2015年11月, 通常, 日本語, 東京
  15. ミトコンドリア遺伝子にコードされるタンパク質の新規合成がブタ精子運動性を担保する, 梅原 崇,曹 文先,岡崎 哲司,星野 由美,島田 昌之, 日本畜産学会 第121回大会, 2016年03月, 通常, 日本語, 東京
  16. 内因性高LH・T4内分泌環境マウス(Nrg1flox/flox;Cyp19a1Cre)による卵胞発育不全とそれへのGnRH-Antagonist連続投与効果, 梅原 崇,奥田 哲司,田中 勝洋,JoAnne S. Richards,島田 昌之, 第21回日本生殖内分泌学会学術集会, 2017年01月, 通常, 日本語, 大阪
  17. 卵管液中クレアチンの精子受精能獲得促進作用とそれを利用した超微少数精子による体外受精法の開発, 梅原 崇,田中 勝洋,北坂 浩也,奥田 哲史,JoAnne S. Richards,島田 昌之, 第35回日本受精着床学会総会・学術講演会, 2017年07月, 通常, 日本語, 米子
  18. 顆粒膜細胞/卵丘細胞特異的Calpain2(CAPN2)欠損マウスにおける卵成熟異常メカニズムの解析, 奥田 哲史,川合 智子,梅原 崇,島田 昌之, 第22回日本生殖内分泌学会学術集会, 2017年09月, 通常, 日本語, 沖縄

受賞

  1. 2020年12月03日, 日本生殖医学会学術奨励賞, 一般社団法人日本生殖医学会理事長, X染色体をもつ精子にのみToll様受容体7/8が発現し,その制御によって簡便な雌雄産み分けが可能になる
  2. 2013年, 学術奨励賞, 日本卵子学会, 排卵期の顆粒膜細胞におけるNRG1 依存的Ca2+ 流入抑制機構とCREB による遺伝子発現調節機構との関係
  3. 2017年, 世界体外受精記念賞, 日本受精着床学会, 卵管液中クレアチンの精子受精能獲得促進作用とそれを利用した超微少数精子による体外受精法の開発
  4. 2018年, THE 2018 AWARDS OF THE DIMITRIS N. CHORAFAS FOUNDATION, THE DIMITRIS N. CHORAFAS FOUNDATION

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 特別研究員奨励費(DC1), 精巣間質におけるNRG1の細胞増殖機構とその精子形成への影響に関する研究, 2015年.4月, 2018年.3月
  2. 海外特別研究員, 卵巣線維化に着眼した繁殖障害の予防法・治療法の開発  , 2019年09月01日, 2020年09月13日