小林 良行YOSHIYUKI KOBAYASHI

Last Updated :2021/03/01

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
yosikobahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2003年05月16日, 2004年03月31日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 2004年04月01日, 2005年03月31日, 広島大学, 病院, 医員(研修医)
  • 2010年08月01日, 2013年03月31日, 広島大学, 病院, クリニカルスタッフ
  • 2013年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2019年04月01日, 広島大学, 病院, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程展開医科学専攻, 日本, 2009年04月, 2013年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1997年04月, 2003年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本小児神経学会
  • 日本てんかん学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Contribution of gene mutations to Silver-Russell syndrome phenotype: multigene sequencing analysis in 92 etiology-unknown patients, CLINICAL EPIGENETICS, 12巻, 1号, 20200616
  2. Successful treatment of intractable life-threatening seizures with perampanel in the first case of early myoclonic encephalopathy with a novel de novo SCN1A mutation, SEIZURE-EUROPEAN JOURNAL OF EPILEPSY, 71巻, pp. 20-23, 201910
  3. High Incidence of Renal Stones in Severely Disabled Children with Epilepsy Treated with Topiramate, NEUROPEDIATRICS, 50巻, 3号, pp. 160-163, 201906
  4. Clinical profiles associated with serum perampanel concentrations in children with refractory epilepsy, EPILEPSY & BEHAVIOR, 94巻, pp. 82-86, 201905
  5. Anti-MOG antibody encephalitis mimicking neurological deterioration in a case of Rett syndrome with MECP2 mutation., BRAIN & DEVELOPMENT, 408巻, 10号, pp. 943-946, 201811
  6. Recurrence of Epileptic Spasms as Reflex Seizures induced by Eating: A Case Report and Literature Review., NEUROPEDIATRICS, 48巻, 2号, pp. 119-122, 201704
  7. Late-onset epileptic spasms in a patient with 22q13.3 deletion syndrome., BRAIN & DEVELOPMENT, 38巻, 1号, pp. 109-112, 201601
  8. Increased interleukin-6 and high-sensitivity C-reactive protein levels in pediatric epilepsy patients with frequent refractory generalized motor seizures., SEIZURE, 25巻, pp. 136-140, 201502
  9. 小児症候性てんかん患者における難治性てんかん性スパ ズムに対するtopiramateの効果, 脳と発達, 47巻, 4号, pp. 310-312, 2015
  10. Compound heterozygosity in GPR56 with bilateral frontoparietal polymicrogyria., BRAIN & DEVELOPMENT, 36巻, 6号, pp. 528-531, 201406
  11. Microarray and FISH-based Genotype-Phenotype Analysis of 22 Japanese Patients with Wolf-Hirschhorn Syndrome., AM J MED GENET PART A, 164A巻, 3号, pp. 597-609, 201403
  12. A case of trisomy 18 with exacerbation of seizures triggered by administration of valproic acid., AM J MED GENET PART A, 164A巻, 1号, pp. 285-286, 201401
  13. Management of advanced-stage neuroblastoma in a patient with 21-hydroxalase deficiency., PEDIATR INT, 55巻, 4号, pp. 96-99, 201308
  14. Paroxysmal periodic dystonic postures in an infant with 18q23 deletion syndrome., NEUROPEDIATRICS, 44巻, 3号, pp. 163-166, 201306
  15. Acute severe encephalopathy related to human herpesvirus-6 infection in a patient with carnitine palmytoyltransferase 2 deficiency carrying thermolabile variants., BRAIN & DEVELOPMENT, 35巻, 5号, pp. 449-453, 201305
  16. ★, Identification of the integrin β3 L718P mutation in a pedigree with autosomal dominant thrombocytopenia with anisocytosis., BR J HAEMATOL, 160巻, 4号, pp. 521-529, 201302
  17. 【先天代謝異常症候群(第2版)(上)-病因・病態研究、診断・治療の進歩-】アミノ酸代謝異常 含硫アミノ酸代謝異常 亜硫酸酸化酵素欠損症(亜硫酸塩尿症), 【日本臨床】別冊先天代謝異常症候群(上), pp. 280-285, 201210
  18. Successful treatment with liposteroid followed by reduced intensity stem cell transplantation in an infant with perforin deficiency presenting with hemophagocytic lymphohistiocytosis., J PEDIATR HEMATOL ONCOL, 29巻, 3号, pp. 178-182, 200703

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 機能獲得型変異が同定されたKCNQ2関連てんかん性脳症の1男児例, 小林良行、石川暢恒、谷博雄、立石裕一、加藤光広、才津浩智、中島光子, 第53回日本てんかん学会学術集会, 2019年10月31日, 通常, 日本語, 日本てんかん学会, 神戸
  2. 悪性リンパ腫に対する同種造血幹細胞移植後に抗アクアポリン抗体陽性視神経炎を発症した1例., 小林良行, 藤井裕士, 石川暢恒,, 第55回日本小児神経学会学術集会, 2013年06月01日, 通常, 日本語
  3. 先天性血小板減少症家系におけるインテグリンβ3遺伝子L718P変異の同定, 小林 良行, 松井 啓隆, 津村 弥来, 金井 昭教, 中村 和洋, 稲葉 俊哉, 小林 正夫, 第117回日本小児科学会学術集会, 2014年04月, 通常, 日本語
  4. 慢性進行性外眼筋麻痺、Kearns-Sayre症候群に対するピルビン酸ナトリウム療法の経験, 小林良行、藤井裕士、石川暢恒, 第56回日本小児神経学会学術集会, 2014年05月, 通常, 日本語
  5. A群β溶連菌感染症に関連したガングリオシド抗体陽性ポリニューロパチーの1例, 小林 良行, 石川 暢恒, 藤井 裕士, 小林 正夫, 第25回日本小児神経学会中国四国地方会, 2014年07月19日, 通常, 日本語
  6. 症候性てんかん患者における難治性てんかん性スパズムに対するTopiramateの効果, 小林良行、藤井裕士、石川暢恒、小林正夫, 第48回日本てんかん学会学術集会, 2014年10月, 通常, 日本語
  7. ステロイド、ビンクリスチンによる加療を行った巨大肝血管腫の1例, 小林 良行, 大野 令央義, 早川 誠一, 平田 修, 坂田 園子, 第59回日本未熟児新生児学会・学術集会, 2014年11月11日, 通常, 日本語
  8. 食事に誘発される発作として再発したてんかん性スパズムを呈する重症心身障害児の1例, 小林 良行, 石川 暢恒, 藤井 裕士, 小林 正夫, 日本てんかん学会中国・四国地方会, 2015年02月07日, 通常, 日本語
  9. 当院で迷走神経刺激療法を行った小児難治性てんかん9症例の検討, 小林 良行, 藤井裕士, 石川 暢恒, 第57回日本小児神経学会学術集会, 2015年05月, 通常, 日本語
  10. 急性期にけいれん発作が遷延したposterior reversible encephalopathy syndrome後にてんかんを発症した1例, 小林良行、石川暢恒、藤井裕士、小林正夫, 加藤竹雄, 第26回日本小児神経学会中国四国地方会, 2015年07月18日, 通常, 日本語
  11. 新規TCF4遺伝子変異が認められたPitt-Hopkins症候群の2例, 小林 良行, 石川 暢恒, 藤井 裕士, 谷 博雄, 小林 正夫, 平木 洋子, 中村 明枝, 岡本 伸彦, 第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年06月, 通常, 日本語
  12. MRA画像で片側病変から両側への進行を確認した類もやもや病が疑われる1例, 小林 良行, 石川 暢恒, 藤井 裕士, 谷 博雄, 小林 正夫, 岡崎 貴仁, 栗栖 薫, 日本小児神経学会中四国地方会, 2016年07月, 通常, 日本語
  13. 徐波睡眠時に持続性棘徐波を示すてんかんからLennox-Gastaut症候群へ変容したと考えられた1例, 小林 良行, 石川 暢恒, 谷 博雄, 藤井裕士, 小林 正夫, 第50回日本てんかん学会学術集会, 2016年10月, 通常, 日本語
  14. 新生児脳梗塞の3例, 小林 良行, 石川 暢恒, 谷 博雄, 小林 正夫, 第59回日本小児神経学会学術集会, 2017年06月, 通常, 日本語
  15. 難治性てんかん性スパズムに対するルフィナミドの使用経験, 小林 良行, 石川 暢恒, 谷 博雄, 小林 正夫, 藤井 裕士, 第51回日本てんかん学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語
  16. 髄鞘化遅延、脳梁低形成を認めFOXG1遺伝子変異が同定された1女児例, 小林 良行, 石川 暢恒, 谷 博雄, 小林 正夫, 兵頭 純夫, 黒澤 健司, 第121回日本小児科学会学術集会, 2018年04月, 通常, 日本語
  17. 当院で経験した小児脳腫瘍に関連した症候性てんかんの臨床像の検討, 小林 良行, 石川 暢恒, 谷 博雄, 唐川 修平, 山崎 文之, 小林 正夫, 第52回日本てんかん学会学術集会, 2018年10月, 通常, 日本語
  18. IRAK4遺伝子異常が認められた抗NMDAR脳炎の乳児例, 小林 良行, 石川 暢恒, 岡田 賢, 谷 博雄, 江口 勇太, 小林 正夫, 第60回日本小児神経学会学術集会, 2018年06月, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究), 若年発症の抗NMDAR脳炎における遺伝素因の検討, 2018年, 2020年
  2. 科学研究費助成事業若手研究(B), 先天性血小板減少症の責任遺伝子同定と病態解析, 2014年, 2015年