田邊 和照Kazuaki Tanabe

Last Updated :2024/07/04

所属・職名
大学院医系科学研究科(保) 教授
メールアドレス
ktanabe2hiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1丁目2−3 保健学科棟617
TEL:082-257-5380 FAX:082-257-5384
自己紹介
上部消化管の臨床および研究を担当 周手術期およびクリティカル領域の研究

基本情報

主な職歴

  • 1994年05月16日, 1994年11月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1994年12月01日, 1997年03月31日, 広島市立安佐市民病院, 外科研修医
  • 1997年04月01日, 1999年03月31日, 広島市立広島市民病院, 非常勤嘱託医師
  • 1999年04月01日, 2000年03月31日, 久井国保病院, 医師
  • 2000年04月01日, 2001年03月31日, 大君浜井病院, 外科医師
  • 2001年04月01日, 2003年03月31日, 医療法人蒼生会楠本病院
  • 2003年04月01日, 2003年09月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員
  • 2003年10月01日, 2004年03月30日, 広島大学, 医学部・歯学部附属病院, 医員
  • 2004年04月01日, 2004年07月31日, 広島大学, 病院, 医員
  • 2004年08月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 助手
  • 2007年04月01日, 2008年08月31日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 助教
  • 2008年09月01日, 2009年03月31日, 広島大学, 病院, 講師
  • 2009年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 講師
  • 2012年04月01日, 2015年09月30日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 講師
  • 2015年10月01日, 2019年03月31日, 広島大学 医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門, 准教授

学歴

  • 広島大学, 医学研究科, 日本, 2000年04月, 2003年03月
  • 広島大学, 医学部, 日本, 1988年04月, 1994年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 保健学科 : 看護学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 消化器外科学

研究キーワード

  • Wntシグナル
  • 癌幹細胞

所属学会

  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本胃癌学会
  • 臨床腫瘍学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  2. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 総合実習
  4. 2024年, 学部専門, 2ターム, 臨床薬理学
  5. 2024年, 学部専門, 2ターム, 臨床薬理学
  6. 2024年, 学部専門, 1ターム, 微生物学・免疫学
  7. 2024年, 学部専門, 4ターム, 老年健康障害看護
  8. 2024年, 学部専門, 通年, 卒業研究
  9. 2024年, 学部専門, 集中, 多職種間連携教育
  10. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 解剖生理学II
  11. 2024年, 学部専門, 集中, 成人看護学実習I(急性期・クリティカルケア)
  12. 2024年, 学部専門, 集中, リハビリテーション看護実習
  13. 2024年, 学部専門, 1ターム, 臨床病態学I
  14. 2024年, 学部専門, 2ターム, 臨床薬理学
  15. 2024年, 学部専門, 2ターム, リハビリテーション科学入門
  16. 2024年, 学部専門, 2ターム, リハビリテーション科学入門
  17. 2024年, 学部専門, 集中, 救命救急法及びリスク管理
  18. 2024年, 学部専門, 集中, 救命救急法及びリスク管理
  19. 2024年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  20. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命・医療倫理学A
  21. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命・医療倫理学B
  22. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), ヘルスプロモーション研究法論
  23. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 看護開発科学特別研究
  24. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 看護開発科学特別研究
  25. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 周手術期・クリティカルケア開発学特講
  26. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 周手術期・クリティカルケア開発学特講演習
  27. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 周手術期・クリティカルケア開発学特講演習
  28. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 周手術期・クリティカルケア開発学教育演習
  29. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 周手術期・クリティカルケア開発学臨地教育実習
  30. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 周手術期・クリティカルケア開発学総合臨地教育実習
  31. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 周手術期・クリティカルケア開発学特論
  32. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 周手術期・クリティカルケア開発学特別演習
  33. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 周手術期・クリティカルケア開発学特別演習
  34. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 周手術期・クリティカルケア開発学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 生体肝移植成人レシピエントに携わる看護師の認識と看護実践, 日本看護科学会誌, 42巻, pp. 753-762, 2022
  2. Hand-assisted laparoscopic surgery for an esophageal hiatal hernia with incarcerated transverse colon presenting after laparoscopic gastrectomy: a case report, SURGICAL CASE REPORTS, 9巻, 1号, 20230320
  3. Evaluating the efficacy of post-operative chemotherapy after curative resection of stage IV gastric cancer with synchronous oligo metastasis: a multicenter retrospective study, GASTRIC CANCER, 26巻, 2号, pp. 307-316, 202303
  4. Deep sedation predicts pressure injury in patients admitted to intensive care units, NURSING IN CRITICAL CARE, 27巻, 6号, pp. 877-884, 202211
  5. Massive bleeding from gastric ulcer-induced splenic artery pseudoaneurysm successfully treated with transcatheter arterial embolization and surgery: a case report, SURGICAL CASE REPORTS, 8巻, 1号, 20221011
  6. Identification of Aggravation-Predicting Gene Polymorphisms in Coronavirus Disease 2019 Patients Using a Candidate Gene Approach Associated With Multiple Phase Pathogenesis: A Study in a Japanese City of 1 Million People, Critical Care Explorations, 3巻, 11号, pp. e0576, 2021
  7. Hepatic resection using intraoperative ultrasound and near-infrared imaging with indocyanine green fluorescence detects hepatic metastases from gastric cancer: A case report, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 91巻, 202202
  8. Successful robotic proximal gastrectomy with side overlap esophagogastrostomy following preoperative chemotherapy: A case report, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 94巻, 202204
  9. Assessing optimal Roux-en-Y reconstruction technique after total gastrectomy using the Postgastrectomy Syndrome Assessment Scale-45, WORLD JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 13巻, 5号, pp. 376-387, 20220524
  10. Schlafen 11 predicts response to platinum-based chemotherapy in gastric cancers, BRITISH JOURNAL OF CANCER, 125巻, 1号, pp. 65-77, 20210706
  11. Therapeutic effects of sleeve gastrectomy for non-alcoholic steatohepatitis estimated by paired liver biopsy in morbidly obese Japanese patients, MEDICINE, 100巻, 26号, 20210702
  12. Annexin A10 is involved in the induction of pancreatic duodenal homeobox-1 in gastric cancer tissue, cells and organoids, ONCOLOGY REPORTS, 43巻, 2号, pp. 581-590, 2020
  13. Thoracoscopic double-flap reconstruction for esophagogastric junction cancer: A case report, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 67巻, pp. 102-105, 2020
  14. Genomic Characterization of Non-Invasive Differentiated-Type Gastric Cancer in the Japanese Population, CANCERS, 12巻, 2号, 2020
  15. Uc.63+contributes to gastric cancer progression through regulation of NF-kB signaling, GASTRIC CANCER, 23巻, 5号, pp. 863-873, 2020
  16. Using the preoperative prognostic nutritional index as a predictive factor for non-cancer-related death in post-curative resection gastric cancer patients: a retrospective cohort study, BMC GASTROENTEROLOGY, 20巻, 1号, 20200805
  17. Taste Disorders Effect of education in patients with breast cancer receiving chemotherapy, CLINICAL JOURNAL OF ONCOLOGY NURSING, 24巻, 3号, pp. 265-271, 202006
  18. SPC18 Expression Is an Independent Prognostic Indicator of Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma, PATHOBIOLOGY, 87巻, 4号, pp. 254-261, 202009
  19. Primary results of a randomized two-by-two factorial phase II trial comparing neoadjuvant chemotherapy with two and four courses of cisplatin/S-1 and docetaxel/cisplatin/S-1 as neoadjuvant chemotherapy for advanced gastric cancer, ANNALS OF GASTROENTEROLOGICAL SURGERY, 4巻, 5号, pp. 540-548, 202005
  20. Molecular biological analysis of 5-FU-resistant gastric cancer organoids; KHDRBS3 contributes to the attainment of features of cancer stem cell, ONCOGENE, 39巻, 50号, pp. 7265-7278, 202010
  21. Iatrogenic hepatic granuloma (suspected liver metastatic lesion on imaging) caused by liver retraction during laparoscopic gastrectomy: A case report, CLINICAL CASE REPORTS, 8巻, 12号, pp. 2353-2357, 2020
  22. Liver abscess caused by fish bone perforation of stomach wall treated by laparoscopic surgery: a case report, SURGICAL CASE REPORTS, 5巻, 20190515
  23. Perioperative management of polycythemia vera with advanced gastric cancer: A case report, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 58巻, pp. 224-227, 2019
  24. Adenocarcinoma of the duodenum arising from Brunner's gland resected by partial duodenectomy: a case report, SURGICAL CASE REPORTS, 5巻, 1号, 201912
  25. The gastric carcinosarcoma with severe venous invasion: a case report, SURGICAL CASE REPORTS, 4巻, 20180130
  26. The long-term survival of stage IV gastric cancer patients with conversion therapy, GASTRIC CANCER, 21巻, 2号, pp. 315-323, 201803
  27. Clinicopathological and Prognostic Significance of Epithelial Gremlin1 Expression in Gastric Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 38巻, 3号, pp. 1419-1425, 201803
  28. The clinical impact of Hangeshashinto (TJ-14) in the treatment of chemotherapy-induced oral mucositis in gastric cancer and colorectal cancer: Analyses of pooled data from two phase II randomized clinical trials (HANGESHA-G and HANGESHA-C), JOURNAL OF CANCER, 9巻, 10号, pp. 1725-1730, 2018
  29. A phase II trial of capecitabine plus cisplatin (XP) for patients with advanced gastric cancer with early relapse after S-1 adjuvant therapy: XParTS-I trial, GASTRIC CANCER, 21巻, 5号, pp. 811-818, 201809
  30. Revascularization for cavernous transformation radical lymphadenectomy in the treatment of gastric cancer: A case report., Int J Surg Case Rep, 50巻, pp. 84-87, 2018
  31. Palliative surgery for advanced gastric cancer: Partial gastrectomy using the inverted laparoscopic and endoscopic cooperative surgery method., Int J Surg Case Rep, 50巻, pp. 42-45, 2018
  32. A randomised phase II trial of capecitabine plus cisplatin versus S-1 plus cisplatin as a first-line treatment for advanced gastric cancer: Capecitabine plus cisplatin ascertainment versus S-1 plus cisplatin randomised PII trial (XParTS II)., Eur J Cancer, 101巻, pp. 220-228, 2018
  33. Laparoscopic proximal gastrectomy with hinged double flap method using knotless barbed absorbable sutures: A case series., Int J Surg Case Rep, 51巻, pp. 165-169, 2018
  34. A phase II trial of capecitabine plus cisplatin (XP) for patients with advanced gastric cancer with early relapse after S-1 adjuvant therapy: XParTS-I trial., Gastric Cancer, 21巻, 5号, pp. 811-818, 2018
  35. A randomised phase II trial of capecitabine plus cisplatin versus S-1 plus cisplatin as a first-line treatment for advanced gastric cancer: Capecitabine plus cisplatin ascertainment versus S-1 plus cisplatin randomised PII trial (XParTS II), EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 101巻, pp. 220-228, 201809
  36. Palliative surgery for advanced gastric cancer: Partial gastrectomy using the inverted laparoscopic and endoscopic cooperative surgery method, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 50巻, pp. 42-45, 2018
  37. Revascularization for cavernous transformation radical lymphadenectomy in the treatment of gastric cancer: A case report, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 50巻, pp. 84-87, 2018
  38. Stimulation of natural killer cells with rhCD137 ligand enhances tumor-targeting antibody efficacy in gastric cancer, PLOS ONE, 13巻, 10号, 20181015
  39. Laparoscopic proximal gastrectomy with hinged double flap method using knotless barbed absorbable sutures: A case series, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 51巻, pp. 165-169, 2018
  40. Possible role of soluble fibrin monomer complex after gastroenterological surgery, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 23巻, 12号, pp. 2209-2216, 20170528
  41. ★, Predictive factors for body weight loss and its impact on quality of life following gastrectomy, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 23巻, 26号, pp. 4823-4830, 20170714
  42. ★, Early results of a randomized two-by-two factorial phase II trial comparing neoadjuvant chemotherapy with two and four courses of cisplatin/S-1 and docetaxel/cisplatin/S-1 as neoadjuvant chemotherapy for locally advanced gastric cancer, ANNALS OF ONCOLOGY, 28巻, 8号, pp. 1876-1881, 201708
  43. Overexpression of PCDHB9 promotes peritoneal metastasis and correlates with poor prognosis in patients with gastric cancer, JOURNAL OF PATHOLOGY, 243巻, 1号, pp. 100-110, 201709
  44. A rare case of spontaneous rupture of an aneurysm of the right gastric artery, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 40巻, pp. 27-31, 2017
  45. Overexpression of Transmembrane Protein BST2 is Associated with Poor Survival of Patients with Esophageal, Gastric, or Colorectal Cancer., Ann Surg Oncol, 24巻, 2号, pp. 594-602, 201702
  46. Assessment of postoperative quality of life following pylorus-preserving gastrectomy and Billroth-I distal gastrectomy in gastric cancer patients: results of the nationwide postgastrectomy syndrome assessment study, GASTRIC CANCER, 19巻, 1号, pp. 302-311, 201601
  47. Specific Features of Dumping Syndrome after Various Types of Gastrectomy as Assessed by a Newly Developed Integrated Questionnaire, the PGSAS-45, DIGESTIVE SURGERY, 33巻, 2号, pp. 94-103, 2016
  48. Intraoperative assessment of tissue oxygen saturation of the remnant stomach by near-infrared spectroscopy in two cases of pancreatectomy following gastrectomy, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 22巻, pp. 75-78, 2016
  49. Enhanced recovery program is safe and improves postoperative insulin resistance in gastrectomy, WORLD JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY, 8巻, 5号, pp. 382-388, 20160527
  50. Survival results of a randomised two-by-two factorial phase II trial comparing neoadjuvant chemotherapy with two and four courses of S-1 plus cisplatin (SC) and paclitaxel plus cisplatin (PC) followed by D2 gastrectomy for resectable advanced gastric cancer, EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 62巻, pp. 103-111, 201607
  51. Feasibility and Safety of Transhiatal Approach and D2 Total Gastrectomy after Neoadjuvant Chemotherapy for Adenocarcinoma of the Esophago-Gastric Junction: A Subset Analysis of the COMPASS Trial, DIGESTIVE SURGERY, 33巻, 5号, pp. 424-430, 2016
  52. Intrahepatic cholangiocarcinoma coinciding with a liver metastasis from a rectal carcinoma: a case report, SURGICAL CASE REPORTS, 2巻, 20160909
  53. Overexpression of Transmembrane Protein BST2 is Associated with Poor Survival of Patients with Esophageal, Gastric, or Colorectal Cancer., Ann Surg Oncol, 201602
  54. Laparoscopic extra-abdominal suturing technique for the repair of Larrey's diaphragmatic hernia using the port closure needle (Endo Close(R)): A case report., Int J Surg Case Rep, 2016
  55. ★, Phase II/III study of second-line chemotherapy comparing irinotecan-alone with S-1 plus irinotecan in advanced gastric cancer refractory to first-line treatment with S-1 (JACCRO GC-05)., Ann Oncol, 26巻, pp. 1916-1922, 2015
  56. Initial experiences of robotic versus conventional laparoscopic surgery for colorectal cancer, focusing on short-term outcomes: a matched case-control study, WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY, 13巻, 20150312
  57. Phase II/III study of second-line chemotherapy comparing irinotecan-alone with S-1 plus irinotecan in advanced gastric cancer refractory to first-line treatment with S-1 (JACCRO GC-05), ANNALS OF ONCOLOGY, 26巻, 9号, pp. 1916-1922, 201509
  58. Laparoscopic Repair and Percutaneous Endoscopic Gastrostomy to Treat Giant Esophageal Hiatal Hernia with Gastric Obstruction: A Case Report., Hiroshima J Med Sci, 64巻, 1-2号, pp. 27-30, 2015
  59. Assessment of postoperative quality of life following pylorus-preserving gastrectomy and Billroth-I distal gastrectomy in gastric cancer patients: results of the nationwide postgastrectomy syndrome assessment study., Gastric Cancer, 19巻, 1号, pp. 302-311, 2015
  60. ★, Induction of a Pathological Complete Response by Four Courses of Neoadjuvant Chemotherapy for Gastric Cancer: Early Results of the Randomized Phase II COMPASS Trial, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 21巻, 1号, pp. 213-219, 201401
  61. ★, Addition of docetaxel to S-1 without platinum prolongs survival of patients with advanced gastric cancer: a randomized study (START), JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 140巻, 2号, pp. 319-328, 201402
  62. Risk factors for surgical complications after D2 gastrectomy following neoadjuvant chemotherapy for gastric cancer., J Clin Oncol, 32巻, Suppl 3号, pp. abstr 164, 20140101
  63. ★, Hypoxia-mediated CD24 expression is correlated with gastric cancer aggressiveness by promoting cell migration and invasion., Cancer Science, 105巻, pp. 1411-1420, 20140901
  64. A large esophageal gastrointestinal stromal tumor that was successfully resected after neoadjuvant imatinib treatment: case report, WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY, 12巻, 20140227
  65. ★, Double-blind, placebo-controlled, randomized phase II study of TJ-14 (hangeshashinto) for gastric cancer chemotherapy-induced oral mucositis, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 73巻, 5号, pp. 1047-1054, 201405
  66. ★, Postgastrectomy Syndrome Assessment Scale (PGSAS)-45 and Changes in Body Weight are Useful Tools for Evaluation of Reconstruction Methods Following Distal Gastrectomy, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 21巻, pp. 370-378, 201406
  67. Accuracy of CT Staging of Locally Advanced Gastric Cancer after Neoadjuvant Chemotherapy: Cohort Evaluation within a Randomized Phase II Study, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 21巻, pp. 385-389, 201406
  68. ★, The Usefulness of Preoperative 18FDG Positron-Emission Tomography and Computed Tomography for Predicting the Malignant Potential of Gastrointestinal Stromal Tumors, DIGESTIVE SURGERY, 31巻, 2号, pp. 79-86, 2014
  69. ★, Sequential paclitaxel followed by tegafur and uracil (UFT) or S-1 versus UFT or S-1 monotherapy as adjuvant chemotherapy for T4a/b gastric cancer (SAMIT): a phase 3 factorial randomised controlled trial, LANCET ONCOLOGY, 15巻, 8号, pp. 886-893, 201407
  70. Low Creatinine Clearance is a Risk Factor for D2 Gastrectomy after Neoadjuvant Chemotherapy, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 21巻, 9号, pp. 3015-3022, 201409
  71. ★, Fasting Enhances TRAIL-Mediated Liver Natural Killer Cell Activity via HSP70 Upregulation, PLOS ONE, 9巻, 10号, 20141030
  72. A case of gastric cancer following living donor liver transplantation., Hiroshima J Med Sci, 63巻, pp. 23-26, 2014
  73. 上部消化管内視鏡で治療した胃切除後の魚骨による腹膜炎の1例., 日本臨床外科学会雑誌, 75巻, 9号, pp. 2574-2579, 2014
  74. Preservation of peritoneal fibrinolysis owing to decreased transcription of plasminogen activator inhibitor-1 in peritoneal mesothelial cells suppresses postoperative adhesion formation in laparoscopic surgery, SURGERY, 153巻, 3号, pp. 344-356, 201303
  75. Safety and Efficacy of Laparoscopy-Assisted Gastrectomy after Endoscopic Submucosal Dissection for Early Gastric Cancer: A Retrospective Report., Journal of Cancer Therapy, 4巻, 1号, pp. 54-60, 20130401
  76. 広島県内におけるacts-Gc以降の胃癌術後補助化学療法に関するアンケート調査と今後の課題, 癌と化学療法, 40巻, 13号, pp. 2555-2559, 20131201
  77. 十二指腸に発生したnetに対して幽門側胃切除を施行した2例, 広島医学, 66巻, 11号, pp. 622-627, 20131101
  78. 胃がん・大腸がん医療連携推進特別委員会(平成24年度) 胃がん・大腸がんの医療連携体制の構築に向けて, 広島医学, 66巻, 12号, pp. 840-845, 20131201
  79. A Comparison of Multimodality Treatment: Two and Four Courses of Neoadjuvant Chemotherapy Using S-1/CDDP or S-1/CDDP/Docetaxel Followed by Surgery and S-1 Adjuvant Chemotherapy for Macroscopically Resectable Serosa-positive Gastric Cancer: A Randomized Phase II Trial (COMPASS-D Trial), JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 42巻, 1号, pp. 74-77, 201201
  80. Prognostic criteria in patients with gastrointestinal stromal tumors: a single center experience retrospective analysis, WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY, 10巻, 20120220
  81. Leiomyosarcoma of the sigmoid colon with multiple liver metastases and gastric cancer: a case report, BMC GASTROENTEROLOGY, 12巻, 20120731
  82. Idiopathic granulomatous gastritis resembling a gastrointestinal stromal tumor., Case Rep Gastroenterol, 6巻, 2号, pp. 502-9, 20120701
  83. 骨肉腫術後の経過観察中に胃転移を来した1例, 広島医学, 65巻, pp. 621-624, 20120901
  84. The roles of surgical oncologists in the new era - minimally invasive surgery for early gastric cancer and adjuvant surgery for metastatic gastric cancer, Pathobiology, 78巻, 6号, pp. 343-52, 20111101
  85. The roles of surgical oncologists in the new era - minimally invasive surgery for early gastric cancer and adjuvant surgery for metastatic gastric cancer, Pathobiology, 78巻, 6号, pp. 343-52, 20111101
  86. Triple-Tube-Ostomy: A Novel Technique for the Surgical Treatment of Iatrogenic Duodenal Perforation, Case Reports in Gastroenterology, 5巻, 3号, pp. 672-679, 20111201
  87. 胃癌手術における超音波凝固切開装置を用いた郭清, 手術, 63巻, 3号, pp. 361-367, 20100315
  88. ★, A New Method for Intraluminal Gastrointestinal Stromal Tumor Resection Using Laparoscopic Seromuscular Dissection Technique, Digestive Surgery, 27巻, 6号, pp. 461-465, 20101201
  89. Combination therapy with docetaxel and S-1 as a first-line treatment in patients with advanced or recurrent gastric cancer: a retrospective analysis, World J Surg Oncol, 8巻, pp. 40, 20100501
  90. Thoracoscopic-assisted repair of a Bochdalek hernia in an adult: a case report, J Med Case Reports, 4巻, 1号, pp. 366, 20101101
  91. Preliminary trial of adjuvant surgery for advanced gastric cancer, Oncol Lett, 1巻, pp. 743-747, 20100501
  92. 高度進行胃癌に対するAdjuvant Surgeryの有用性に関する検討, 癌と化学療法, 37巻, 2号, pp. 263-266, 20100201
  93. Preliminary trial of adjuvant surgery for advanced gastric cancer, ONCOLOGY LETTERS, 1巻, 4号, pp. 743-747, 2010
  94. 当院における腹腔鏡補助下幽門側胃切除術の検討, 広島医学, 62巻, 8号, pp. 402-5, 20090801
  95. 胃癌手術における超音波凝固切開装置を用いた郭清, 手術, 63巻, 3号, pp. 361-7, 20090301
  96. Skin tube reconstruction for esophageal defect due to postoperative complication, Ann Thorac Surg, 87巻, 5号, pp. 1605-7, 20090501
  97. 【胃癌 基礎・臨床研究のアップデート】 治療 現状・動向・評価 各論 胃癌治療法 現状・動向・評価 併用療法 Taxane系の療法 S-1+docetaxel(解説/特集), 日本臨床, 66巻, 増刊5号, pp. 409-413, 20080715
  98. 術前化学療法, 消化器外科, 31巻, 5号, pp. 820-6, 20080501
  99. S-1+docetaxel, 日本臨床, 66巻, 増刊5 胃癌号, pp. 409-413, 20081001
  100. 胃全摘における安全な器械吻合のポイント, 臨床外科, 63巻, 2号, pp. 203-7, 20080201
  101. Docetaxelと5-FUを用いた術前化学放射線療法の治療成績, 癌の臨床, 53巻, 1号, pp. 49-55, 20080101
  102. Neutrophil elastase induces cell proliferation and migration by the release of TGF-alpha, PDGF and VEGF in esophageal cell lines, Oncol Rep, 17巻, 1号, pp. 161-7, 20070101
  103. Kidney metastasis of resected early gastric carcinoma: report of a case, Surg Today, 37巻, 3号, pp. 248-50, 20070301
  104. Antisense and nonantisense effects of antisense Bcl-2 on multiple roles of Bcl-2 as a chemosensitizer in cancer therapy, CANCER GENE THERAPY, 14巻, 1号, pp. 1-11, 200701
  105. Cancer immunoediting from immune surveillance to immune escape, IMMUNOLOGY, 121巻, 1号, pp. 1-14, 200705
  106. Potential functional role of plasmacytoid dendritic cells in cancer immunity, IMMUNOLOGY, 121巻, 2号, pp. 149-157, 200706
  107. Role of the unfolded protein response in cell death, APOPTOSIS, 11巻, 1号, pp. 5-13, 200601
  108. Role of mitochondria as the gardens of cell death, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 57巻, 5号, pp. 545-553, 200603
  109. Regulation and interplay of apoptotic and non-apoptotic cell death, JOURNAL OF PATHOLOGY, 208巻, 3号, pp. 319-326, 200602
  110. The role of apoptotic or nonapoptotic cell death in determining cellular response to anticancer treatment, EJSO, 32巻, 3号, pp. 269-277, 200604
  111. Potential role of HER-2 in primary breast tumor with bone metastasis, ONCOLOGY REPORTS, 15巻, 6号, pp. 1477-1484, 200606
  112. Tumor-driven evolution of immunosuppressive networks during malignant progression, CANCER RESEARCH, 66巻, 11号, pp. 5527-5536, 20050601
  113. Synergistic effects of docetaxel and S-1 by modulating the expression of metabolic enzymes of 5-fluorouracil in human gastric cancer cell lines, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 119巻, 4号, pp. 783-791, 20060815
  114. Extranuclear expression of hormone receptors in primary breast cancer, ANNALS OF ONCOLOGY, 17巻, 8号, pp. 1213-1220, 200608
  115. Cancer immunosuppression and autoimmune disease: beyond immunosuppressive networks for tumour immunity, IMMUNOLOGY, 119巻, 2号, pp. 254-264, 200610
  116. Functional roles of immature dendritic cells in impaired immunity of solid tumour and their targeted strategies for provoking tumour immunity, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 146巻, 2号, pp. 189-196, 200611
  117. The expression profiles of orotate phosphoribosyltransferase and dihydropyrimidine dehydrogenase in gastric cancer and their clinical significance, ONCOLOGY REPORTS, 16巻, 6号, pp. 1165-1172, 200612
  118. Immunobiology of the sentinel lymph node and its potential role for antitumour immunity, LANCET ONCOLOGY, 7巻, 12号, pp. 1006-1016, 200612
  119. Rationale for sequential tamoxifen and anticancer drugs in adjuvant setting for patients with node- and receptor-positive breast cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 26巻, 4号, pp. 1025-1031, 200504
  120. Chemosensitization by STI571 targeting the platelet-derived growth factor/platelet-derived growth factor receptor-signaling pathway in the tumor progression and angiogenesis of gastric carcinoma, CANCER, 103巻, 9号, pp. 1800-1809, 20050501
  121. Modulation of tamoxifen sensitivity by antisense Bcl-2 and trastuzumab in breast carcinoma cells, CANCER, 103巻, 10号, pp. 2199-2207, 20050515
  122. Caspase-dependent and -independent cell death pathways after DNA damage (review), ONCOLOGY REPORTS, 14巻, 3号, pp. 595-599, 200509
  123. Targeted therapy against Bcl-2-related proteins in breast cancer cells, BREAST CANCER RESEARCH, 7巻, 6号, pp. R940-R952, 2005
  124. Cancer cell immune escape and tumor progression by exploitation of anti-inflammatory and pro-inflammatory responses, CANCER BIOLOGY & THERAPY, 4巻, 9号, pp. 924-933, 200509
  125. Neoadjuvant chemotherapy for local advanced breast cancer with stageIIIB, Oncology Report, 11巻, pp. 1265-72, 20040301
  126. The role of fas ligand and transforming growth factor beta in tumor progression - Molecular mechanisms of immune privilege via Fas-mediated apoptosis and potential targets for cancer therapy, CANCER, 100巻, 11号, pp. 2281-2291, 20040601
  127. Preclinical evaluation of antisense bcl-2 as a chemosensitizer for patients with gastric carcinoma, CANCER, 101巻, 10号, pp. 2177-2186, 20041115
  128. Therapeutic potential of antisense Bcl-2 as a chemosensitizer for cancer therapy, CANCER, 101巻, 11号, pp. 2491-2502, 20041201
  129. Antisense Bcl-2 and HER-2 oligonucleotide, treatment of breast cancer cells enhances their sensitivity to anticancer drugs, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 22巻, 4号, pp. 875-881, 200304
  130. Inducing cancer cell death by targeting transcription factors, ANTI-CANCER DRUGS, 14巻, 1号, pp. 3-11, 200301
  131. Chemosensitivity testing for gastrointestinal cancer: survival benefit potential and limitations, ANTI-CANCER DRUGS, 14巻, 9号, pp. 715-723, 200310
  132. Current status of the molecular mechanisms of anticancer drug-induced apoptosis - The contribution of molecular-level analysis to cancer chemotherapy, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 50巻, 5号, pp. 343-352, 200211
  133. Branching form of celiac artery to be aware of in laparoscopic surgery: A case report using MDCT angiography., Radiol Case Rep, 16巻, pp. 476-479, 202012
  134. 乳癌の局麻下day surgeryの現況と問題点, 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association, 60巻, 9号, pp. 2283-2290, 19990925
  135. Kidney Metastasis of Resected Early Gastric Carcinoma : Report of a Case, Surgery today : the Japanese journal of surgery, 37巻, 3号, pp. 248-250, 20070301
  136. t_2, t_3胃癌の至適リンパ節郭清の検討, 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association, 60巻, 12号, pp. 3088-3092, 19991225
  137. Establishment of oxaliplatin-resistant gastric cancer organoids: importance of myoferlin in the acquisition of oxaliplatin resistance, GASTRIC CANCER, 24巻, 6号, pp. 1264-1277, 202111
  138. Clinical biomarkers in adjuvant chemotherapy for gastric cancer after D2 dissection by a pooled analysis of individual patient data from large randomized controlled trials, GASTRIC CANCER, 24巻, 6号, pp. 1184-1193, 202111
  139. Distal Gastrectomy for Symptomatic Stage IV Gastric Cancer Contributes to Prognosis with Acceptable Safety Compared to Gastrojejunostomy, CANCERS, 14巻, 2号, 202201

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2024年03月06日, 通常, 英語
  2. 2024年03月06日, 通常, 英語
  3. 2024年03月06日, 通常, 英語
  4. 2024年03月06日, 通常, 英語
  5. 2024年03月06日, 通常, 英語
  6. QOLと安全性を考慮した食道胃接合部癌に対する再建法 噴門側胃切除術観音開き法再建の臨床・機能評価, 田邊 和照 佐伯 吉弘, 太田 浩志, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 井出 隆太, 唐口 望実, 第123回日本外科学会定期学術集会, 2023年04月27日, 通常, 日本語
  7. 高度肥満症患者における腹腔内脂肪NK細胞の炎症誘導機構および減量代謝改善手術成績への影響, 築家 恵美, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 太田 浩志, 井出 隆太, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 田中 友加, 大段 秀樹, 第123回日本外科学会定期学術集会, 2023年04月27日, 通常, 日本語
  8. 80歳以上高齢者胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の短期成績 後ろ向きコホート研究, 山本 悠司(JA広島厚生連尾道総合病院 外科), 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 徳本 憲昭, 藤國 宣明, 鈴木 崇久, 杉山 陽一, 志々田 将幸, 岡野 圭介, 堀田 龍一, 福田 敏勝, 今岡 康博, 西原 雅浩, 池田 昌博, 第123回日本外科学会定期学術集会, 2023年04月27日, 通常, 日本語
  9. 切除不能進行・再発胃癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の治療効果予測における検討, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 太田 浩志, 築家 恵美, 井出 隆太, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 大段 秀樹, 第123回日本外科学会定期学術集会, 2023年04月27日, 通常, 日本語
  10. 減量・代謝改善手術の現状と将来展望 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療効果にみる免疫の評価, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 築家 恵美, 太田 浩志, 井出 隆太, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 村上 英介, 田中 友加, 大段 秀樹, 第78回日本消化器外科学会総会, 2023年07月12日, 通常, 日本語
  11. 【上部】進行食道胃接合部癌に対する集学的治療への取り組み 食道胃接合部癌治療の現状と治療成績, 田邊 和照, 浜井 洋一, 佐伯 吉弘, 恵美 学, 太田 浩志, 吉川 徹, 廣畑 良輔, 大澤 真那人, 大段 秀樹, 第78回日本消化器外科学会, 2023年07月12日, 通常, 日本語
  12. 【上部】長期的視点に立った残胃温存胃癌術式の工夫 3年間の栄養学的変化とQOLからみるStage1胃体上部癌に対する最適術式の検討, 太田 浩志(広島大学 大学院消化器・移植外科学), 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 井出 隆太, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 大段 秀樹, 第78回日本消化器外科学会総会, 2023年07月12日, 通常, 日本語
  13. 85歳以上高齢胃癌症例における術後合併症リスク因子の検討, 竹元 雄紀(広島大学 大学院消化器・移植外科学), 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 太田 浩志, 築家 恵美, 井出 隆太, 唐口 望実, 大段 秀樹, 第78回日本消化器外科学会総会, 2023年07月12日, 通常, 日本語
  14. ニボルマブによる2回目のconversion surgeryを行った切除不能進行胃癌の1例, 松原 一樹, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 太田 浩志, 築家 恵美, 井出 隆太, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 大段 秀樹, 第76回広島医学会総会, 2023年11月26日, 通常, 日本語
  15. 地域に住む後期高齢者における夜間骨折を起因とした救急要請の季節/外気温による影響に関する大規模データベースを用いた検討, 澤渡 浩之, 寺本 千恵, 上野 恵子, 田邊 和照, 第45回日本睡眠学会, 2023年09月15日, 通常, 日本語
  16. Ball valve syndromeにより出血をきたした胃GISTの1例, 佐藤 雅英, 田中 秀典, 竹原 悠大, 森元 晋, 谷野 文昭, 山本 紀子, 上垣内 由季, 高砂 健, 壷井 章克, 山下 賢, 小刀 崇弘, 瀧川 英彦, 弓削 亮, 卜部 祐司, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 岡 志郎, 第131回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2023年11月18日, 通常, 日本語
  17. 軽症の救急搬送症例で現場滞在時間が延長した症例と関連した要因の検討, 上野 恵子, 寺本 千恵, 澤渡 浩之, 田邊 和照, 第51回日本救急医学会, 2023年11月28日, 通常, 日本語
  18. 術後合併症の予測と対策 腹部大動脈石灰化スコアリング(Agatstonスコア)と胃癌術後縫合不全との関連についての検討, 高畑 明寛, 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 太田 浩志, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 大段 秀樹, 第96回日本胃癌学会総会, 2024年02月28日, 通常, 日本語
  19. 実臨床での進行胃癌に対する周術期薬物療法 術後ドセタキセル+S1化学療法の実臨床での現状と実行性, 豊田 和宏, 加納 幹浩, 河毛 利顕, 柳川 泉一郎, 太田 浩志, 田澤 宏文, 池田 昌博, 志々田 将幸, 岡野 圭介, 田邊 和照, 第96回日本胃癌学会総会, 2024年02月28日, 通常, 日本語
  20. 胃切除術後患者における食道内圧検査, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 太田 浩志, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 高畑 明寛, 大段 秀樹, 第96回日本胃癌学会総会, 2024年02月28日, 通常, 日本語
  21. 進行胃癌に対するS-1術後補助化学療法の忍容性に関する予測因子の検討, 築家 恵美, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 太田 浩志, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 高畑 明寛, 大段 秀樹, 第96回日本胃癌学会総会, 2024年02月28日, 通常, 日本語
  22. 早期発見困難な膵臓がん患者が経験した受診・診断までの経過, 二井谷 真由美, 清水 杏夏, 田邊 和照, 第38回日本がん看護学会学術集会, 2024年02月24日, 通常, 日本語
  23. がん連携拠点病院等での女性がん患者の妊孕性温存の相談体制と院内外との連携, 吉原 美香子, 中谷 久恵, 田邊 和照, 寺本 千恵, 第43回日本看護科学学会学術集会, 2023年12月09日, 通常, 日本語
  24. NAFLD合併肥満患者における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療効果, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 太田 浩志, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 高畑 明寛, 大段 秀樹, 第36回日本内視鏡外科学会, 2023年12月07日, 通常, 日本語
  25. 噴門側胃切除術後における観音開き法とmSOFY法における栄養状態・QOLの比較検討, 山口 瑞生, 田邊 和照, 太田 浩志, 佐伯 吉弘, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 高畑 明寛, 大段 秀樹, 第76回広島医学会総会, 2023年11月26日, 通常, 日本語
  26. 高度肥満症患者に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療効果, 唐口 望実, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 太田 浩志, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 高畑 明寛, 大段 秀樹, 第76回広島医学会総会, 2023年11月26日, 通常, 日本語
  27. 当院における減量・代謝改善手術の術後合併症に対するRevision surgeryの検討, 唐口 望実, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 高畑 明寛, 大段 秀樹, 第41回日本肥満症治療学会, 2023年11月25日, 通常, 日本語
  28. 肥満症臓器連関における腹腔内脂肪NK細胞の意義, 築家 恵美, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 太田 浩志, 竹元 雄紀, 唐口 望実, 田中 友加, 大段 秀樹, 第41回日本肥満症治療学会, 2023年11月25日, 通常, 日本語
  29. KIR-HLA compound genotype解析による肥満症の評価, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 唐口 望実, 築家 恵美, 太田 浩志, 竹元 雄紀, 高畑 明寛, 田中 友加, 大段 秀樹, 第41回日本肥満症治療学会, 2023年11月25日, 通常, 日本語
  30. がん関連の認知機能障害に用いる評価ツールと社会背景因子との関連性 健常中高齢者での予備的研究, 齊田 和哉, 金子 史子, 安東 圭彦, 田邊 和照, 岡村 仁, 第57回日本作業療法学会, 2023年11月10日, 通常, 日本語
  31. 広島圏域における胃癌内視鏡外科手術トレーニングの実際, 田邊和照, 第77回国立病院総合医学会, 2023年10月20日, 招待, 日本語
  32. 食道胃接合部癌の安全な再建 噴門側胃切除術後の栄養状態・QOLからみる観音開き法とmSOFY法の再建法の有用性の検討, 太田 浩志, 田邊 和照, 大段 秀樹, 第78回日本消化器外科学会総会, 2023年07月12日, 通常, 日本語
  33. 胃癌患者における術前後の炎症栄養指標の変化と術後補助化学療法の忍容性に与える影響, 竹元 雄紀, 築家 恵美, 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 太田 浩志, 井出 隆太, 唐口 望実, 大段 秀樹, 第78回日本消化器外科学会総会, 2023年07月12日, 通常, 日本語
  34. 当院における消化器癌CGP検査の後方視的検討, 赤羽 慎太郎, 檜井 孝夫, 岡本 渉, 藤井 康智, 佐伯 吉弘, 下村 学, 黒田 慎太郎, 清水 亘, 小林 剛, 田邊 和照, 中原 輝, 大段 秀樹, 第78回日本消化器外科学会総会, 2023年07月12日, 通常, 日本語
  35. 高齢胃癌患者の合併症・予後因子の検討, 田邊 和照, 竹元 雄紀, 佐伯 吉弘, 太田 浩志, 築家 恵美, 井出 隆太, 唐口 望実, 大段 秀樹, 第38回日本臨床栄養代謝学会, 2023年05月09日, 通常, 日本語
  36. 食道癌術後と左下顎歯肉癌再発術後の患者に対してNST介入が治療への意欲向上及び栄養改善に繋がった1例, 南本 裕介 正岡 美由紀, 三好 博実, 真志田 絵美子, 小林 清美, 平山 順子, 長尾 晶子, 天野 加奈子, 田邊 和照, 第38回日本臨床栄養代謝学会, 2023年05月09日, 通常, 日本語
  37. 胃切除術後の膵外分泌機能不全に対する膵酵素補充療法の今後の展望, 佐伯 吉弘, 堀田 龍一, 太田 浩志, 山本 悠司, 豊田 和宏, 藤國 宣明, 杉山 陽一, 鈴木 崇久, 田邊 和照, 大段 秀樹, 第78回日本消化器外科学会総会, 通常, 日本語
  38. 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術前後のNAFLD治療効果にみる免疫状態の評価, 佐伯吉弘、田邊和照、太田浩志、大段秀樹, 第40回日本肥満症治療学会学術集会, 2022年12月02日, 通常, 日本語
  39. 病的肥満症患者におけるNatural killer細胞のNAFLDおよび術後減量への影響, 築家恵美、佐伯吉弘、田邊和照、太田浩志、大段秀樹, 第20回日本消化器外科学会大会, 2022年10月27日, 通常, 日本語
  40. 当科における上部消化管GISTの治療成績と局所進行および切除不能・再発症例に対する集学的治療の経験, 竹元雄紀、田邊和照、佐伯吉弘、太田浩志、大段秀樹, 第77回日本消化器外科学会総会, 2022年07月22日, 通常, 日本語
  41. 肥満症における慢性炎症誘導機構の解明と制御法の開発, 佐伯吉弘、田邊和照、太田浩志、大段秀樹, 第122回日本外科学会定期学術集会, 2022年04月14日, 通常, 日本語
  42. 進行胃癌に対するS-1術後補助化学療法における忍容性の予測因子の検討, 築家恵美、佐伯吉弘、田邊和照、太田浩志、大段秀樹, 第77回日本消化器外科学会総会, 2022年07月20日, 通常, 日本語
  43. 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術のNAFLDに対する治療成績, 佐伯吉弘、田邊和照、太田浩志、大段秀樹, 第39回日本肥満症治療学会学術集会, 2022年03月26日, 通常, 日本語
  44. 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における代謝改善効果の検討, 佐伯吉弘、田邊和照、太田浩志、大段秀樹, 第77回日本消化器外科学会総会, 2022年07月21日, 通常, 日本語
  45. 高齢者胃癌患者における、術前後の栄養状態が与える周術期短期および長期成績への影響, 竹元雄紀、田邊和照、佐伯吉弘、太田浩志、大段秀樹, 第14回日本臨床栄養代謝学会中国四国支部学術集会, 2022年08月27日, 通常, 日本語
  46. 食道胃接合部癌に対する噴門側胃切除術観音開き法再建の評価, 田邊和照、佐伯吉弘、太田浩志、築家恵美、竹元雄紀、井出隆太、唐口望実、大段秀樹, 第77回日本消化器外科学会, 2022年07月20日, 通常, 日本語
  47. オキサリプラチン耐性胃癌オルガノイドにおけるMYOFの機能解析(Potential role of MYOF in L-OHP-resistant gastric cancer organoids), 原田 健司, 坂本 直也, 鵜飼 翔一, 高島 剛志, 丸山 諒太, 谷山 大樹, 田邊 和照, 大段 秀樹, 大上 直秀, 安井 弥, 第110回日本病理学会総会, 2021年04月22日, 通常, 日本語
  48. 5-FU耐性胃癌オルガノイドの作成とその分子生物学的解析(Generation and molecular biological analysis of 5-FU-resistant gastric cancer organoids), 鵜飼 翔一, 坂本 直也, 本間 りりの, ファム・クオックタング , 原田 健司, 谷山 大樹, 仲 一仁, 田邊 和照, 大段 秀樹, 安井 弥, 第110回日本病理学会総会, 2021年04月22日, 通常, 日本語
  49. せん妄発症患者の見守りを看護学生が看護補助者として行うことによる効果の検討, 二井谷 真由美 黒瀬 菜津子, 森本 奈美, 西中 カフミ, 山本 雅子, 田邊 和照, 上野 弘貴, 木下 康之, 第26回日本緩和医療学会学術大会, 2021年06月18日, 通常, 日本語
  50. 肥満状態における慢性炎症誘導因子としての腹腔内脂肪NK細胞の検討, 佐伯 吉弘, 築家 恵美, 田邊 和照, 竹元 雄紀, 井出 隆太, 太田 浩志, 山本 悠司, 田中 友加, 大段 秀樹, 第121回日本外科学会定期学術集会, 2021年04月08日, 通常, 日本語
  51. COVID-19パンデミックを経験し感じ得た外科診療と教育研究体制における新しい将来像, 田原 裕之, 谷峰 直樹, 橋本 昌和, 黒田 慎太郎, 高倉 有二, 大平 真裕, 清水 亘, 井手 健太郎, 田中 友加, 小林 剛, 田邊 和照, 大段 秀樹, 第121回日本外科学会定期学術集会, 2021年04月08日, 通常, 日本語
  52. 高齢者胃癌に対する治療の工夫 当科における高齢者胃癌手術症例の術後早期合併症に関連する因子の検討, 築家 恵美, 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 太田 浩志, 井出 隆太, 竹元 有紀, 大段 秀樹, 第76回日本消化器外科学会総会, 2021年07月07日, 通常, 日本語
  53. 食道接合部癌に対する観音開き再建法の工夫, 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 太田 浩志, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 井出 隆太, 大段 秀樹, 第76回日本消化器外科学会総会, 2021年07月07日, 通常, 日本語
  54. 切除不能進行・再発胃癌に対する免疫チェックポイント阻害剤を用いたConversion surgery, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 竹元 雄紀, 井出 隆太, 築家 恵美, 太田 浩志, 大段 秀樹, 第76回日本消化器外科学会総会, 2021年07月07日, 通常, 日本語
  55. 超高齢食道胃接合部癌に対しLECSを施行した2切除例, 山本 悠司, 濱岡 道則, 三口 真司, 三隅 俊博, 池田 聡, 眞次 康弘, 中原 英樹, 田邊 和照, 大段 秀樹, 板本 敏行, 第76回日本消化器外科学会総会, 2021年07月07日, 通常, 日本語
  56. 残胃癌に対する治療戦略 当科における残胃癌症例の臨床学的特徴と術前・術後の栄養状態変化, 竹元 雄紀, 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 太田 浩志, 真島 宏聡, 築家 恵美, 井出 隆太, 大段 秀樹, 第76回日本消化器外科学会総会, 2021年07月07日, 通常, 日本語
  57. 家庭運営と消化器外科医を両立するリーダーを育てる 医師の働き方改革の実践から見た、仕事も家庭も両立できる消化器外科医の育成, 田原 裕之, 黒田 慎太郎, 大平 真裕, 谷峰 直樹, 高倉 有二, 清水 亘, 井手 健太郎, 小林 剛, 田邊 和照, 大段 秀樹, 第76回日本消化器外科学会総会, 2021年07月07日, 通常, 日本語
  58. 肥満外科手術の次世代への継承 当院での肥満外科手術の現状と教育体制, 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 太田 浩志, 築家 恵美, 竹元 雄紀, 井出 隆太, 大段 秀樹, 第34回日本内視鏡外科学会総会, 2021年12月02日, 通常, 日本語
  59. 食道内圧測定からみる腹腔鏡下噴門側胃切除術の観音開き法再建による下部食道括約筋様機能再現の証明, 太田 浩志, 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 築家 恵美, 井出 隆太, 竹元 雄紀, 大段 秀樹, 第34回日本内視鏡外科学会総会, 2021年12月02日, 通常, 日本語
  60. 表在型非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術の取り組み, 太田 浩志 田邊 和照, 佐伯 吉弘, 築家 恵美, 井出 隆太, 竹元 雄紀, 大段 秀樹, 第74回広島医学会総会, 2021年11月14日, 通常, 日本語
  61. 症候性stageIV胃癌に対する幽門側胃切除vs胃空腸吻合 後ろ向きコホート研究(Distal gastrectomy versus gastrojejunostomy for symptomatic StageIV gastric cancer), 藤國 宣明, 田邊 和照, 服部 稔, 山本 悠司, 田澤 宏文, 豊田 和宏, 徳本 憲昭, 堀田 龍一, 柳川 泉一郎, 佐伯 吉弘, 杉山 陽一, 池田 昌博, 志々田 将幸, 福田 敏勝, 岡野 圭介, 西原 雅浩, 大段 秀樹, 第94回日本胃癌学会総会, 2022年03月04日, 通常, 英語
  62. 切除不能進行再発胃癌における免疫チェックポイント阻害剤の治療効果予測因子, 佐伯 吉弘, 田邊 和照, 竹元 雄紀, 井出 隆太, 築家 恵美, 太田 浩志, 大段 秀樹, 第94回日本胃癌学会総会, 2022年03月04日, 通常, 日本語
  63. 乳頭近傍の表在型非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対するD-LECSの工夫(Ingenuity of D-LECS for superficial non-papillary duodenal epithelial tumor near the nipple)(英語), 太田 浩志, 佐伯 吉弘, 築家 恵美, 井出 隆太, 竹元 雄紀, 田邊 和照, 第94回日本胃癌学会総会, 2022年03月02日, 通常, 英語
  64. 救急要請後に搬送されなかった事例における救急隊の活動種類別の患者の特徴, 寺本 千恵, 松山 亮太, 澤渡 浩之, 恒松 美輪子, 田邊 和照, 日本看護科学学会学術集会, 2021年12月04日, 通常, 日本語
  65. Current status and outcome of Robotic gastrectomy for gastric cancer, K, Tanabe., Y, Saeki., Y, Yamamoto, H, Ohta., R, Saito and H, Ohdan, 第75回日本消化器外科学会, 2020年12月15日, 通常, 英語
  66. Our procedure and postoperative outcome of laparoscopic gastrectomy with hinged double flap method, Tanabe K, Saeki Y, Ohta H, Chikuie E, Ide R, Takemot Y and Ohdan H, 日本胃癌学会, 2021年03月03日, 通常, 英語
  67. 広島大学外科専門研修 プログラムの現状と展望, 田邊和照,小林 剛,上村健一,舛本法夫,高橋信也,岡田守人,大段秀樹, 第94回中国四国外科学会総会, 通常, 日本語, 宇部
  68. Conversion surgery for patients with liver metastasis from gastric cancer, 田邊和照,佐伯吉弘,太田浩志,大段秀樹, 2019年05月10日, 通常, 英語
  69. Robotic proximal gastrectomy with hinged double flap method, 田邊和照,佐伯吉弘,山本悠司,太田浩志,大段秀樹, 第91回日本胃癌学会, 2019年02月27日, 通常, 日本語, 静岡
  70. 高度肥満症患者に対するスリーブ状胃切除術(SG)の 有効性と減量効果維持に関する要因の考察, 長尾晶子、筆保健一 、平松憲、田邊和照、田妻進  , 第34会日本静脈経腸栄養学会, 2019年02月14日, 通常, 日本語, 東京
  71. A randomized phase II trial of capecitabine plus cisplatin (XP) versus S-1 plus cisplatin (SP) as a first-line treatment for advanced gastric cancer: XP ascertainment vs. SP randomized PII trial (XParTS II), Kobayashi M, Tanabe K et al., 2015年01月15日, 通常, 英語
  72. A randomized 2X2 phase II trial comparing two and four courses of S-1/cisplatin (SC) and paclitaxel/cisplatin (PC) as neoadjuvant chemotherapy for locally resectable advanced gastric cancer: Survival results of COMPASS., Yoshikawa T, Tanabe K et al., ASCO-GI, 2015, 2015年01月15日, 通常, 英語
  73. A phase II trial of capecitabine plus cisplatin (XP) for patients with advanced gastric cancer who relapsed after S-1 adjuvant therapy, XP after TS-1 adjuvant failure (XParTS)., Takahashi M, Tanabe K et al., ASCO-GI, 2015, 2015年01月15日, 通常, 英語
  74. 胃癌肝転移に対するconversion surgeryの経験, 徳本憲昭、田邊和照他, 第114回日本外科学会, 2014年04月03日, 通常, 日本語
  75. 術前補助化学療法後のD2胃切除術の危険因子, 吉川貴己、田邊和照他, 第114回日本外科学会, 2014年04月03日, 通常, 日本語
  76. StageIV胃がんに対するconverssion therapyの意義, 吉田和弘、田邊和照他, 第114回日本外科学会, 2015年03月04日, 通常, 日本語
  77. 進行胃癌肝転移に対する手術症例の検討, 田邊和照、大段秀樹他, 第69回日本消化器外科学会, 2014年07月18日, 通常, 日本語
  78. 十二指腸神経内分泌腫瘍の検討, 三隅俊博、田邊和照、大段秀樹他, 第69回日本消化器外科学会, 2014年07月18日, 通常, 日本語
  79. 肉眼的に根治切除可能な少数のPやCY症例を対象とした術前補助化学療法-COMPASS Phase II試験のサブセット解析, 吉川貴己、田邊和照他, 第76回日本臨床外科学会, 通常, 日本語
  80. 高齢者に対する腹腔鏡下胃切除術の周術期管理と治療成績, 田邊和照、大段秀樹他, 第27回日本内視鏡外科学会, 2014年10月02日, 通常, 日本語
  81. 当科で経験した胃切除後内ヘルニア症例の検討と対策, 藤國宣明、田邊和照、大段秀樹他, 第27回日本内視鏡外科学会, 2014年10月02日, 通常, 日本語
  82. 早期胃癌に対する内視鏡治療後の腹腔鏡下胃切除症例の検討, 三隅俊博、田邊和照、大段秀樹他, 第27回日本内視鏡外科学会, 2014年10月02日, 通常, 日本語
  83. CD137 stimulation enhances the antitumor activity of Trastuzumab in HER-2+ gastric cancer., 三隅俊博、田邊和照、大段秀樹他, 第73回日本癌学会, 2014年09月25日, 通常, 日本語
  84. 胃切除後の体重減少の要因、および体重減少が生活状況やQOLに及ぼす影響:患者立脚型アウトカム(PGSAS-45)を用いた解析, 田邊和照、中田浩二他, 第11回日本消化器病学会, 2015年02月13日, 通常, 日本語
  85. 胃切除後のダンピング症状の実際(PGSAS studyの治験から), 谷澤豊、田邊和照、中田浩二他, 第11回日本消化器病学会, 2015年02月13日, 通常, 日本語
  86. linear staplerを用いた腹腔鏡下胃全摘術の再建法の工夫と成績, 田邊和照、大段秀樹他, 第87回日本胃癌学会, 2015年03月04日, 通常, 日本語
  87. Stage IV胃癌に対するconversion surgeryの将来展望, 田邊和照, 第87回日本胃癌学会, 通常, 日本語
  88. PGSAS-45による幽門保存胃切除術と幽門側胃切除術Bil-I法の術後QOLの評価, 藤田淳也、田邊和照、中田浩二他, 第87回日本胃癌学会, 2015年03月04日, 通常, 日本語
  89. 当科での腹腔鏡下噴門側胃切除術・食道座に吻合症例の評価と検討, 三隅俊博、田邊和照、大段秀樹他, 第87回日本胃癌学会, 通常, 日本語
  90. 食道胃接合部近傍の胃粘膜下腫瘍に対する漿膜筋層切開法(LSD)を用いた胃部分切除術, 藤國宣明、田邊和照、大段秀樹他, 第87回日本胃癌学会, 2015年03月04日, 通常, 日本語
  91. 胃癌術後周術期栄養療法におけるサルコペニアの重要性, 第70回日本消化器外科学会総会, 2015年07月15日, 通常, 日本語
  92. 腹腔鏡下噴門側胃切除術におけるBarbed sutureを用いた観音開き法再建, 第28回日本内視鏡外科学会, 2015年12月10日, 通常, 日本語
  93. 術前化学療法の効果予測バイオマーカー探索:COMPASS付随研究, 田邊和照, 54th 日本癌治療学会学術集会, 2016年10月22日, 通常, 日本語, 横浜
  94. 腹腔鏡下噴門速胃切除術の変遷と術後機能評価, 田邊和照, 第88回日本胃癌学会総会, 2016年03月17日, 通常, 日本語
  95. 腹腔鏡下噴門側胃切除における安全な観音開き再建のための工夫, 田邊和照, 第116回日本外科学会総会, 2016年04月14日, 通常, 日本語
  96. Biomarker analysis to predict the pathological response of locally advanced gastric cancer to neoadjuvant chemotherapy: An exploratory study of the randomized phase II COMPASS trial., 田邊和照, ESMO 2016, 2016年10月11日, 通常, 英語
  97. 胃癌術後のサルコペニアの実態と栄養療法介入の重要性, 田淵紘子, 田邊和照, 第32回日本静脈経腸栄養学会, 2016年11月18日, 通常, 日本語
  98. 観音開き法再建の安全な導入と機能評価, 田邊和照, 第46回胃外科・術後障害研究会, 2016年10月27日, 招待, 日本語
  99. 切除不能進行胃癌に対するConversion Surgeryの可能性 -胃癌肝転移に対する肝切除の適応基準の確立を目指して-, 堀田龍一, 田邊和照, 第91回中国四国外科学会総会, 2016年09月01日, 通常, 日本語
  100. 病的肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の導入と安全に実施するためのチーム体制づくりの必要性, 田邊和照, 第29回日本内視鏡外科学会総会, 2016年12月08日, 通常, 日本語
  101. 上部消化管のスペシャリストを目指して, 田邊和照, 第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月24日, 招待, 日本語
  102. 進行胃癌に対する集学的治療戦略, 田邊和照, 第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年06月30日, 招待, 日本語
  103. The transition and postoperative functional assessment of laparoscopic proximal gastrectomy, 田邊和照, 堀田龍一、佐伯吉弘、柳川泉一郎、山本悠司、大段秀樹, 第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年04月27日, 通常, 英語
  104. The future perspective of conversion surgery for gastric cancer with liver metastasis, 田邊和照, 第89回日本胃癌学会総会, 2017年03月09日, 通常, 英語
  105. Aiming of surgical resection of hepatic metastasis from gastric cancer, 田邊和照, 第90回日本胃癌学会総会, 2018年03月08日, 通常, 英語
  106. Clinical experience with Nivolumab in gastric cancer, 田邊和照, 第90回日本胃癌学会総会, 2018年03月08日, 通常, 日本語
  107. Conversion surgery in patients with liver metastasis from gastric cancer, 田邊和照, 第72回日本消化器外科学会総会, 2017年07月21日, 通常, 英語
  108. Aiming to establish the indication of conversion surgery for gastric cancer, K.Tanabe, R. Hotta, Y. Saeki, Y.Yamamoto, K.Ohta, H.Ohdan, 第73回日本消化器外科学会総会, 2018年07月13日, 通常, 英語
  109. 肝転移のみを非治癒因子とする胃癌に対するconversion surgery, 田邊和照, 堀田龍一、佐伯吉弘 柳川泉一郎、太田浩志、大段秀樹, 第118回日本外科学会学術集会, 2018年04月07日, 通常, 日本語
  110. Function analysis of Desmoglein1 in gastric cancer., Y.Yamamoto, N.Oue, Y.Imai, R.Asai, K.Tanabe, H.Ohdan, N,Sakamoto, K.Sentani K.Yoshida, W.Yasui, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2015年11月13日, Phoenix Outstanding Researcher Award, 広島大学
  2. 2015年03月19日, 優秀ポスター賞, 日本胃癌学会

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第15回腹腔鏡内視鏡合同手術研究会, 2016年03月, 2016年03月