柳岡 拓磨TAKUMA YANAOKA

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 准教授
メールアドレス
yanaokahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
研究キーワード:コンディショニング / 球技系チームスポーツ / ハーフタイム / 運動能力 / 体温 / リウォームアップ / 身体冷却 / セルフ・マッサージ

基本情報

学位

  • 修士(教育学) (東京学芸大学)
  • 博士(スポーツ科学) (早稲田大学)

教育担当

  • 【学士課程】 教育学部 : 第四類(生涯活動教育系) : 健康スポーツ教育プログラム
  • 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 教育科学専攻 : 教師教育デザイン学プログラム
  • 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 教育科学専攻 : 教師教育デザイン学プログラム

研究分野

  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究キーワード

  • コンディショニング / 球技系チームスポーツ / ハーフタイム / 運動能力 / 体温 / リウォームアップ / 身体冷却 / マッサージ

所属学会

  • 日本臨床スポーツ医学会
  • European College of Sport Science
  • SPORTS MEDICINE AUSTRALLIA
  • National Strength and Conditioning Association ジャパン
  • 日本体力医学会
  • 日本アスレティックトレーニング学会
  • 日本フットボール学会
  • 日本トレーニング科学会
  • 日本運動生理学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 1ターム, スポーツ演習(サッカーとその審判法)
  2. 2022年, 学部専門, 1ターム, 身体運動科学概論 II
  3. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 救急看護法
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 公衆衛生学
  6. 2022年, 学部専門, 集中, 野外活動演習(アクアスポーツ)(H31以前生用)
  7. 2022年, 学部専門, 集中, 野外活動演習(登山・キャンプ)
  8. 2022年, 学部専門, 集中, 野外活動演習(ウィンタースポーツ)
  9. 2022年, 学部専門, 4ターム, 学校保健
  10. 2022年, 学部専門, 1ターム, スポーツ医学(スポーツ栄養学を含む)
  11. 2022年, 学部専門, 4ターム, 運動技術論演習
  12. 2022年, 学部専門, 1ターム, トレーニングと評価
  13. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 健康スポーツ教育学特別研究A
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 健康スポーツ教育学特別研究A
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人間関係(コミュニケーション)デザイン基礎研究c
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 人間関係(コミュニケーション)デザイン発展研究c
  18. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 特別研究
  19. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Effects of different intermittent pneumatic compression stimuli on ankle dorsiflexion range of motion, Frontiers in Physiology, 2022
  2. ★, Effects of mixed-method cooling between exercise bouts on thermoregulation and cycling time-trial performance in the heat, Journal of Thermal Biology, 109巻, pp. 103329, 2022
  3. 高体温誘発性過換気が発生する運動時のサージカルマスク着用が体温調節及び呼吸指標に与える影響, 体力科学, 71巻, 5号, pp. 389-399, 2022
  4. 暑熱下における休息間の身体冷却が女性の運動パフォーマンスに及ぼす影響, デサントスポーツ科学, 42巻, pp. 146-154, 2022
  5. 暑熱環境下における鼻呼吸が持久性運動時の動脈血二酸化炭素分圧へ与える影響, 体力科学, 71巻, 2号, pp. 193-203, 2022
  6. The effect of foam rollers of varying densities on range of motion recovery, Journal of Bodywork & Movement Therapies, 26巻, pp. 64-71, 2021
  7. ★, A 1-minute re-warm up at high-intensity improves sprint performance during the Loughborough Intermittent Shuttle Test, Frontiers in Physiology, 11巻, pp. 616158, 2021
  8. 効果的なアイシングをねらいとしたグッズ 飲むーアイススラリー, 臨床スポーツ医学, 37巻, 11号, pp. 1330-1333, 2020
  9. 効果的なアイシングをねらいとしたグッズ 着けるークーリングベスト&保冷剤, 臨床スポーツ医学, 37巻, 11号, pp. 1326-1329, 2020
  10. ★, High-intensity cycling re-warm up within a very short time-frame increases the subsequent intermittent sprint performance, European Journal of Sport Science, 20巻, 10号, pp. 1307-1317, 2020
  11. The effect of foot functional training on gait ability in older adults with activities of daily living disability: A randomized controlled trial, International Journal of Gerontology, 14巻, 4号, pp. 320-326, 2020
  12. 暑熱環境下における身体外部・内部冷却併用の有効性の検討~運動間のリカバリーに着目して~, デサントスポーツ科学, 41巻, pp. 60-67, 2020
  13. 暑熱環境下でのハーフタイム時における脚部冷却温度の違いが間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響, 体力科学, 69巻, 4号, pp. 307-316, 2020
  14. The effects of water temperature on gastric motility and energy intake in healthy young men, European Journal of Nutrition, 59巻, 1号, pp. 103-109, 2020
  15. 高濃度茶カテキン継続摂取及びアラニン・プロリン配合ゼリー飲料単回摂取の併用が全身持久力に与える影響, 日本スポーツ栄養研究誌, 12巻, pp. 21-32, 2019
  16. Different Patterns of Walking and Postprandial Triglycerides in Older Women, Medicine and Science in Sports and Exercise, 50巻, 1号, pp. 79-87, 2018
  17. The effects of gum chewing while walking on physical and physiological functions, Journal of Physical Therapy Science, 30巻, 4号, pp. 625-629, 2018
  18. ★, The effect of half-time re-warm up duration on intermittent sprint performance, Journal of Sports Science and Medicine, 17巻, 2号, pp. 269-278, 2018
  19. ★, Very-short-duration, low-intensity half-time re-warm up increases subsequent intermittent sprint performance, Journal of Strength and Conditioning Research, 32巻, 11号, pp. 3258-3266, 2018
  20. ★, Halftime re-warm up with intermittent exercise improves the subsequent exercise performance of soccer referees, Journal of Strength and Conditioning Research, 32巻, 1号, pp. 211-216, 2018
  21. 2週間の高濃度茶カテキン含有飲料継続摂取が3000mタイムトライアル評価値に及ぼす影響, 日本スポーツ栄養研究誌, 11巻, pp. 25-33, 2018
  22. Effect of different methods of active recovery after high-intensity exercise on intermittent exercise performance of soccer referees, The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 6巻, 5号, pp. 335-342, 2017
  23. 日本人小・中学生における体力および肥満度と血中脂質性状との関連性, 体力科学, 66巻, 4号, pp. 271-282, 2017
  24. 2週間の高濃度茶カテキン含有飲料継続摂取が間欠性の運動テストから評価した全身持久力に及ぼす影響:無作為化二重盲検プラセボ対照試験, 日本スポーツ栄養研究誌, 10巻, pp. 17-25, 2017
  25. 日本人中学生における身体活動ガイドライン達成状況に関連する要因の検討, 体力科学, 65巻, 4号, pp. 383-392, 2016
  26. Sex-specific associations of moderate and vigorous physical activity with physical fitness in adolescents., European Journal of Sport Science, 16巻, 8号, pp. 1159-1166, 2016
  27. Interrupting Sitting Time with Regular Walks Attenuates Postprandial Triglycerides., International Journal of Sports Medicine, 37巻, 2号, pp. 97-103, 2016
  28. 日常生活下における身体活動の増加が閉経後女性の食後中性脂肪濃度に及ぼす影響, 体力科学, 64巻, 5号, pp. 485-492, 2015
  29. 一過性のガム咀嚼・高強度運動が食欲関連ホルモン及びエネルギー摂取量に及ぼす影響, 日本咀嚼学会雑誌, 25巻, pp. 8-14, 2015
  30. 異なるアクティブリカバリー方法がサッカー審判員の血中乳酸濃度に及ぼす影響, トレーニング科学, 26巻, pp. 177-184, 2015

著書等出版物

  1. 2021年06月18日, スポーツ現場における暑さ対策, トレーニング再開時の熱中症の発症リスクとその対策, 有限会社 ナップ, 2021年, 2021, 単行本(学術書), 共著, 978-4-905168-67-6, 240, 222-225

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 運動前および休息間における手掌部冷却は暑熱下の間欠的運動能力を改善させるか?, 長谷川博, 相原和歩,黒川泰嗣,柳岡拓磨,熊谷哲, 第77回 日本体力医学会大会, 2022年09月23日, 通常, 日本語
  2. 暑熱下におけるアイススラリー摂取がソフトボールの投手の深部体温に与える影響, 沼田 麗, 柳岡拓磨,長谷川博,黒坂志穂,黒川泰嗣, 第77回 日本体力医学会大会, 2022年09月23日, 通常, 日本語
  3. 異なるハーフタイム戦略が反復性スプリントパフォーマンスに与える影響, 柳岡拓磨, 沼田麗,武藤亮佑,黒坂志穂, 第77回 日本体力医学会大会, 2022年09月21日, 通常, 日本語
  4. バレーボールの試合間における下肢の冷水浸漬がジャンプパフォーマンスに及ぼす影響, 熊谷 哲, 黒川 泰嗣,柳岡 拓磨,長谷川 博, 第77回 日本体力医学会大会, 2022年09月21日, 通常, 日本語
  5. バレーボールの試合間における下肢の冷水浸漬がジャンプパフォーマンスに及ぼす影響, 熊谷 哲, 黒川 泰嗣,柳岡 拓磨,長谷川 博, 第36回運動と体温の研究会, 2022年09月20日, 通常, 日本語
  6. 暑熱環境下におけるアイススラリー摂取がソフトボール投手の深部体温に与える影響, 沼田 麗, 黒坂 志穂,長谷川 博,柳岡 拓磨, 第36回運動と体温の研究会, 2022年09月20日, 通常, 日本語
  7. Can NEO HEALER improve the blood status and mental and physical health of young people?, Kurosaka S, Kanemoto N, Kanemoto S, Fukaya Y, Deguchi T, Tokushige Y, Yanaoka T, International congress of physiological anthropology 2022, 2022年09月15日, 通常, 英語
  8. The effect of university fitness class on the exercise behaviour: A pre-post study, Muto R, Yanaoka T, Kurosaka S, 27th European College of Sport Science Annual Congress, 2022年08月30日, 通常, 英語
  9. 暑熱環境下における持久性運動時のサージカルマスク着用が身体に与える影響, 黒川泰嗣, 岩橋眞南実,柳岡拓磨,長谷川博, NSCAジャパン S&Cカンファレンス2021, 2021年12月11日, 通常, 日本語
  10. Effects of the on-demand SMILE exercise on bone strength and salivary immunoglobulin A, Kurosaka S, Honda K, Okada M, Ikura Y, Ishihara Y, Takaura M, Ueda T, Deguchi T, Wang Y, Yanaoka T, 2021 Sports Medicine Australia Conference, 2021年10月23日, 通常, 英語
  11. A comparison of mixed-method cooling effects between different body surface area-to-body mass ratio groups in the heat, Yanaoka T, Iwahashi M, Kurokawa Y, Hasegawa H, 2021 Sports Medicine Australia Conference, 2021年10月23日, 通常, 英語
  12. Effects of the microcurrent treatment by the Neo healer on the vastus lateralis muscle hardness and hip flexion and extension range of motion., Ueda T, Yanaoka T, Yoda T, Fukuya Y, Kanemoto N, Kanemoto S, Wang Y, Kurosaka S, 2021 Sports Medicine Australia Conference, 2021年10月06日, 通常, 英語
  13. 暑熱下における身体混合冷却の効果は体格によって異なる, 柳岡拓磨, 岩橋眞南実、黒川泰嗣、長谷川博, 第76回 日本体力医学会大会, 2021年09月17日, 通常, 日本語
  14. 鼻呼吸が暑熱環境下における持久性運動時の呼吸指標に与える影響, 黒川泰嗣, 岩橋眞南実、柳岡拓磨、長谷川博, 第76回 日本体力医学会大会, 2021年09月17日, 通常, 日本語
  15. 女性における暑熱環境下でのハーフタイム中の手・前腕冷却の効果, 岩橋眞南実, 黒川泰嗣、柳岡拓磨、長谷川博, 第76回 日本体力医学会大会, 2021年09月17日, 通常, 日本語
  16. 暑熱環境下のハーフタイムにおける身体混合冷却効果は,体格が大きい集団で高い, 柳岡拓磨, 岩橋眞南実、黒川泰嗣、長谷川博, 第35回運動と体温の研究会, 2021年09月16日, 通常, 日本語
  17. The effect of the smile exercise on the bone strength and gait ability in older adults, Wang Y, Kurosaka S, Yanaoka T, Takaura M, Deguchi T, Ueda T, Okihara K, 26th Annual Congress of the European College of Sport Science, 2021年09月11日, 通常, 英語
  18. A comparison of different pressures and patterns of intermittent pneumatic compression on the ankle-dorsiflexion range of motion, Yanaoka T, Kurosaka S, Kawashima H, 26th Annual Congress of the European College of Sport Science, 2021年09月11日, 通常, 英語
  19. 暑熱環境下におけるハーフタイム中の身体内部・外部冷却を用いた混合冷却が高強度運動パフォーマンスに与える影響, 柳岡拓磨, 岩橋眞南実、黒川泰嗣、長谷川博, 第9回日本アスレティックトレーニング学会学術大会, 2020年12月05日, 通常, 日本語
  20. The effect of Hiroshima GENKI Exercise on the hallux valgus angle, Takaura M, Kurosaka S, Yanaoka T, Ayumi T, Yamazaki Y, Imamura I, Handa R, Kadomasu H, Deguchi T, 25th European College of Sport Science Annual Congress, 2020年10月28日, 通常, 英語
  21. The “Building Osteo Neatly Exercise” programme improves gait ability in older adults with activities/instrumental activities of daily living disabilities, Kurosaka S, Yanaoka T, Ueda T, Deguchi T, Mori N, Yuzaki Y, 25th European College of Sport Science Annual Congress, 2020年10月28日, 通常, 英語
  22. One-minute half-time re-warm up at high-intensity maintains sprint performance in the initial and final parts of the second half, Yanaoka T, Iwata R, Yoshimura A, Hirose N, 25th European College of Sport Science Annual Congress, 2020年10月28日, 通常, 英語
  23. 暑熱環境下における運動間の身体冷却が女性の運動パフォーマンスに及ぼす影響, 岩橋眞南実,柳岡拓磨,黒川泰嗣,長谷川博, 第75回日本体力医学会, 2020年09月25日, 通常, 日本語
  24. 暑熱環境下における持久性運動時の鼻呼吸が動脈血二酸化炭素分圧の低下を抑制する, 黒川泰嗣,岩橋眞南実,柳岡拓磨,長谷川博., 第75回日本体力医学会, 2020年09月25日, 通常, 日本語
  25. 体格特性が暑熱下におけるハーフタイム中の身体冷却効果に及ぼす影響, 柳岡拓磨,岩橋眞南実,黒川泰嗣,長谷川博, 第75回日本体力医学会大会, 2020年09月25日, 通常, 日本語
  26. 暑熱下ハーフタイムにおける脚部への適温冷却は熱ストレスを軽減し間欠的運動パフォーマンスを向上させる, 長谷川 博, 中村 励,茶園雄大,岩橋眞南実,柳岡拓磨,篠崎大祐,内海夕香, 日本フットボール学会17th Congress, 2019年12月22日, 通常, 中国語
  27. 運動間の休息中のリカバリー戦略, 柳岡拓磨, ALL HIROSHIMA SPORTS SUMMIT2019, 2019年12月21日, 招待, 日本語
  28. 短時間・高強度のハーフタイム・リウォームアップがその後のスプリントパフォーマンスに与える影響, 柳岡拓磨, 岩田理沙, 吉村茜, 広瀬統一, NSCAジャパン S&Cカンファレンス2019, 2019年12月14日, 通常, 日本語
  29. The compare of the plantar pressure distribution during walking in healthy university students and locomotive syndrome patients, 2019年09月25日, 通常, 英語
  30. 暑熱環境が持久性運動中の脳血流および活動筋の酸素動態に及ぼす影響, 菅根 大幹, 柳岡 拓磨, 長谷川 博, 第27回日本運動生理学会大会, 2019年08月23日, 通常, 日本語
  31. 間欠的運動後に行うフォームローリングが関節可動域に与える影響 -フォームローラーの硬さに着目して-, 柳岡拓磨, 広瀬統一, 第27回日本運動生理学会大会, 2019年08月23日, 通常, 日本語
  32. エネルギー消費量を統一した異なる構成のハーフタイム・リウォームアップがスプリントパフォーマンスに与える影響, 柳岡拓磨, 濱田有香、藤平杏子、山本遼、岩田理沙、宮下政司、広瀬統一, 日本フットボール学会 16th Congress, 2018年12月23日, 通常, 日本語
  33. 異なる強度のハーフタイム・リウォームアップが間欠性スプリントパフォーマンスに与える影響, 柳岡拓磨, 濱田有香、柏原杏子、倉田クラン、山本遼、宮下政司、広瀬統一, 第31回日本トレーニング科学会, 2018年10月27日, 通常, 日本語
  34. Low-intensity halftime re-warm up increases intermittent sprint performance in subsequent 10 min, Yanaoka T, Hamada Y, Kashiwabara K, Kurata K, Yamamoto R, Miyashita M, Hirose N, Forum on Top Global University Project: Formulating an International Academic Network in Health and Exercise Science, 2018年03月02日, 通常, 英語
  35. 異なる時間のHalf-time re-warm upが間欠性スプリントパフォーマンスに与える影響, 柳岡拓磨, 柏原杏子、増田雄太、倉田クラン、高木俊、宮下政司、広瀬統一, 第72回日本体力医学会大会, 2017年09月18日, 通常, 日本語
  36. 高濃度茶カテキン継続摂取及びアラニン・プロリン配合ゼリー飲料単回摂取の併用が全身持久力に与える影響, 柳岡拓磨, 柏原杏子、降籏泰史、小泉友範、井上尚彦、太田宣康、大塚敦子、峯岸慶彦、宮下政司, 日本スポーツ栄養学会 第4回大会, 2017年08月19日, 通常, 日本語
  37. The effect of different durations of the half-time re-warm up on the sprint performance, Yanaoka T, Masuda Y, Yamagami J, Kashiwabara K, Min D.K., Kurata K, Miyashita M, Hirose N, International Symposium “Health Promotion: The Joy of Sports and Exercise, 2017年03月08日, 通常, 英語
  38. Half-time re-warm up with repeated bouts of exercise improves subsequent intermittent exercise performance in football referees, Yanaoka T, Yamagami J, Hasegawa M, Kidokoro T, Kashiwabara K, Min DK, Miyashita M, 21th European College of Sport Science Annual Congress in Vienna, 2016年07月08日, 通常, 英語
  39. The effect of different durations of half-time re-warm up on the subsequence sprint performance, Yanaoka T, Masuda Y, Yamagami J, Kashiwabara K, Kurata K, Kidokoro T, Miyashita M, Hirose N, 22nd European College of Sport Science Annual Congress in MetropolisRuhr, 2016年07月06日, 通常, 英語
  40. ハーフタイムにおける間欠的なre warm-upはサッカー審判員のその後の間欠性持久力を向上させる, 柳岡拓磨, 山上隼平、長谷川雅、城所哲宏、柏原杏子、閔棹謙、宮下政司, 日本フットボール学会13th Congress, 2016年03月13日, 通常, 日本語
  41. A short-duration, low-intensity half-time re-warm up increases intermittent sprint performance over the 10-min following half-time, Yanaoka T, Hamada Y, Kashiwabara K, Kurata K, Yamamoto R, Miyashita M, Hirose N, 23rd European College of Sport Science Annual Congress, 2018年07月, 通常, 英語
  42. 異なるアクティブリカバリー方法がサッカー審判員の間欠性持久力に及ぼす影響, 柳岡拓磨, 宮下政司, 第23回日本運動生理学会大会, 2015年07月, 通常, 日本語
  43. サッカー審判員におけるハーフタイムの血中乳酸値減少方法の検討, 柳岡拓磨, 宮下政司、瀧井敏郎, 第27回日本トレーニング科学学会, 2014年11月, 通常, 日本語

受賞

  1. 2021年09月16日, 第35回運動と体温の研究会 奨励賞, 運動と体温の研究会, 暑熱環境下のハーフタイムにおける身体混合冷却効果は,体格が大きい集団で高い
  2. 2020年10月30日, Young Investigators Award (Poster presentation 4th place), European College of Sport Science, One-minute half-time re-warm up at high-intensity maintains sprint performance in the initial and final parts of the second half
  3. 2018年10月28日, 第31回日本トレーニング科学会 トレーニング科学研究賞奨励賞, 日本トレーニング科学会, 異なる強度のハーフタイム・リウォームアップが間欠性スプリントパフォーマンスに与える影響
  4. 2018年09月08日, 第3回日本体力医学会国際学術交流奨励賞, 日本体力医学会, A short-duration, low-intensity half-time re-warm up increases intermittent sprint performance over the 10-min following half-time
  5. 2017年09月17日, 2016-2017年度日本体力医学会国際学術交流奨励賞, 日本体力医学会, The effect of different durations of half-time re-warm up on the subsequence sprint performance

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 2022年度NSCAジャパン研究助成, 暑熱環境下のソフトボールにおける運動前およびイニング間のアイススラリー摂取がピッチングパフォーマンスに及ぼす影響, 2022年10月, 2023年09月
  2. 令和4年度 学部・附属学校共同研究プロジェクト, 保健体育科教員養成のための大学と附属学校の連携の在り方-教育実習から考える特色あるプログラム開発-(分担), 2022年06月, 2023年03月
  3. 令和4年度教育学部共同研究プロジェクト, 広島県・中国サッカー協会所属サッカー審判員を対象とした体力測定 ~年間の体力変化に関する調査研究~, 2022年06月, 2023年03月
  4. 科学研究費補助金(基盤研究B), 暑熱環境下での運動能力低下の要因と身体冷却の中枢性作用機序の解明(分担), 2022年04月, 2026年03月
  5. 科学研究費補助金(基盤研究C), オンデマンド配信型在宅運動プログラムの在り方と効果検証(分担), 2022年04月, 2025年03月
  6. 公益財団法人 戸部眞紀財団 2021年度研究助成, 暑熱下における身体混合冷却が体温調節および運動パフォーマンスに与える影響 ー体格差による効果比較ー, 2021年10月01日, 2022年09月30日
  7. 令和2年度NSCAジャパン・森永製菓研究助成, 暑熱環境下におけるサージカルマスクの着用が持久性運動時の生理的及び主観的指標に与える影響(共同), 2020年10月, 2021年09月
  8. 令和2年度教育学部共同研究プロジェクト, 個人差を考慮した熱中症予防法の検証:身体内部冷却を用いた身体冷却は,体格の大きい集団に効果的か?, 2020年07月, 2021年03月
  9. 科学研究費補助金(若手研究), 暑熱下における運動間の休息中の暑さ対策の新提案-身体冷却法の組み合わせに着目して, 2020年04月, 2024年03月
  10. 科学研究費補助金(基盤研究C), 性別と階級を考慮した柔道選手に求められる身体能力の探索的研究(分担), 2020年04月, 2023年03月
  11. 第42回(公財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団・自由課題学術研究, 暑熱下における休息間の身体冷却が女性の運動パフォーマンスに及ぼす影響(共同), 2020年04月, 2021年03月
  12. 科学研究費補助金(研究活動スタート支援), 競技間の休息におけるリウォームアップと外部保温器具の併用の効果検証, 2019年09月, 2021年03月
  13. 第41回(公財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団・自由課題学術研究, 暑熱環境下における身体外部および内部冷却の併用の有効性の検討~運動間のリカバリーに着目して~, 2019年04月, 2019年10月
  14. 平成30年度NSCAジャパンストレングス&コンディショニング研究助成, 球技系競技における短時間・高強度のハーフタイム・リウォームアップが後半のスプリントパフォーマンスに与える影響, 2018年10月, 2019年09月
  15. 科学研究費補助金(特別研究員奨励費), 球技系競技のハーフタイムにおける効果的なre-warm up方法の検討, 2017年04月, 2019年03月

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学の若手研究者に聞く:選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目, プレスネット, プレスネット, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  2. ALL HIROSHIMA SPORTS SUMMIT 2019, 講師, セミナー・ワークショップ, 教育関係者

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, Football Science, その他, 1
  2. 2021年, Journal of Human Kinetics, その他, 2
  3. 2021年, Journal of Sports Science and Medicine, その他, 2
  4. 2021年, 日本アスレティックトレーニング学会誌, その他, 1
  5. 2020年, 日本アスレティックトレーニング学会誌, その他, 1
  6. 2020年, Journal of Sports Science and Medicine, その他, 1
  7. 2020年, Journal of Bodywork and Movement Therapies, その他, 1
  8. 2020年, 体力科学, その他, 1
  9. 2020年, 日本教科教育学会誌, その他, 1
  10. 2019年, 体力科学, その他, 1