平野 哲男Tetsuo Hirano

Last Updated :2021/03/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
thiranohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 医学博士 (東京大学)
  • 理学修士 (京都大学)

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学

研究キーワード

  • genomic amplification
  • CCDC26
  • extra-chromosomal element

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 1ターム, 化学基礎A
  2. 2020年, 教養教育, 3ターム, 化学実験法・同実験I[2理化]
  3. 2020年, 教養教育, 4ターム, 化学実験法・同実験II[2理化]
  4. 2020年, 学部専門, 2ターム, 生命科学概論
  5. 2020年, 学部専門, 2ターム, 細胞生物学
  6. 2020年, 学部専門, 集中, 生命科学実験C
  7. 2020年, 学部専門, 集中, 生命科学実験法C
  8. 2020年, 学部専門, 集中, 臨海実習・同講義
  9. 2020年, 学部専門, 1ターム, がんの分子生物学 I
  10. 2020年, 学部専門, 2ターム, がんの分子生物学 II
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習Ⅰ
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習基礎
  13. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 総合科学系演習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Genes encoded within 8q24 on the amplicon of a large extrachromosomal element are selectively repressed during the terminal differentiation of HL-60 cells, MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS, 640巻, 1-2号, pp. 97-106, 20080402
  2. An Active C-Terminally Truncated Form of Ca2+/Calmodulin-Dependent Protein Kinase Phosphatase-N (CaMKP-N/PPM1E), BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 2013
  3. Loss of Amplified c-myc Genes in the Spontaneously Differentiated HL-60 Cells, Cancer Research, 54巻, pp. 3561-3567, 19940401
  4. Involvement of Mac-l-Mediated Adherence and Sphingosine-l-Phosphate in Survival of Phorbol Ester-treated U937 cells, 生化的生物物理学的研究報告集, 244巻, pp. 745, 19980401
  5. Survival by Mac-l-Mediated abherence and Anoikis in Phorbal Ester-treated HL-60 cells, The Journal of Biological Chemistry, 273巻, 25号, pp. 15345, 19980401
  6. Involvement of Mac-1-Mediated Adherence and Sphingosine 2-Phosphate in Survival of Phorbol Ester-Treated U937 Cells(共著), Biochemical and Biophysical Rescanch Communications, 244巻, 3号, pp. 745-50, 19980401
  7. Survival by Mac-1-mediated Adherence and Anoikis in Phorbol Ester-treated HL-60 Cells(共著), Journal of Biological Chemistry, 273巻, 25号, pp. 15345-51, 19980401
  8. Co-localization of mitochondrial and double minute DNA in the nuclei of HL-60 cells but not normal cells, MUTATION RESEARCH Fundamental and Molecular Mechanisms of Metagenesis, 425巻, 2号, pp. 195-204, 19990401
  9. Expression profile of active genes in granulocytes(共著), Blood, 92巻, 4号, pp. 1432-41, 19990401
  10. ミトコンドリアから放出されるアポトーシス誘導物質, 化学と生物, 37巻, 5号, pp. 324-5, 19990401
  11. A novel transcriptional regulatory factor that binds to the polyoma virus enhancer in a developmental stage-specific manner, Biochimie, 72巻, 5号, pp. 327-36, 19900401
  12. Loss of amplified c-myc genes in the spontaneously differentiated HL-60 cells(共著), Cancer Research, 54巻, 13号, pp. 3561-7, 19940401
  13. Interplay between differentiation and cell cycle arrest at G1 in phorbol diester-treated human myelocytic leukemia cells(共著), International Journal of Hematology, 58巻, 1-2号, pp. 125-8, 19930401
  14. Determination of transcriptional activities of typical gene promoters in HL-60 cells(共著), Journal of Biochemistry, 111巻, 1号, pp. 103-8, 19920401
  15. Granulocytic differentiation of HL-60 cells, both spontaneous and drug-induced, might require loss of extrachromosomal DNA encoding a gene(s) not c-MYC, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 288巻, 3号, pp. 586-591, 20011102
  16. Evolution of large extrachromosomal elements in HL-60 cells during culture and the associated phenotype alterations, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 288巻, 3号, pp. 592-596, 20011102
  17. Loss of irreversibility of granulocytic differentiation induced by dimethyl sulfoxide in HL-60 sublines with a homogeneously staining region, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 288巻, 5号, pp. 1182-1187, 20011116
  18. Theoretical and experimental dissection of competitive PCR for accurate quantification of DNA, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 303巻, 1号, pp. 57-65, 20020401
  19. ★, Long noncoding RNA, CCDC26, controls myeloid leukemia cell growth through regulation of KIT expression, MOLECULAR CANCER, 14巻, 20150419
  20. An Active C-Terminally Truncated Form of Ca2+/Calmodulin-Dependent Protein Kinase Phosphatase-N (CaMKP-N/PPM1E), BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 2013
  21. ★, The role of the CCDC26 long noncoding RNA as a tumor suppressor., RNA & DISEASE, 3巻, pp. e1022, 2016
  22. Ca2þ/calmodulin-dependent protein kinase phosphatase (CaMKP/PPM1F) interacts with neurofilament L and inhibits its filament association, Biochemical and Biophysical Research Communications, 477巻, pp. 820-825

著書等出版物

  1. 2011年09月, 基礎化学実験(改訂第三版), 大学教育出版, 2011年, 09, 教科書, 共編著, 9784864290784, 135
  2. 2011年11月, Role of CCDC26, A Novel Non-Coding RNA, In Human Acute Myeloid Leukemia: Advances in Genetics Research. Volume 5, K. V. Urbano (Editor), pp.131-140, Nava Science Publishers Inc, 2011年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 9781621007050
  3. 2009年07月, Role of Extrachromosomal Elements in HL-60 Human Leukemia Cells, in The Human Genome: Features, Variations and Genetic Disorders, A. Matsumoto and M. Nakano (Editor), pp.91-100, NOVA Science Publishers= Inc., 2009年, 07, 単行本(学術書), 共著, 9781607416951

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 非コードRNA CCDC26がc-Kitの転写調節を介して骨髄性白血病細胞の増殖を制御している, 平野哲男, 吉川量子, 原田浩徳, 原田結花, 石田敦彦, 山崎岳, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月27日, 通常, 日本語, 発表資料
  2. 急性骨髄性白血病に関係する CCDC26 のマウスホモログ同定と発現解析, 吉川量子, 平野哲男, 原田浩徳, 原田結花, 石田敦彦, 山崎岳, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月27日, 通常, 日本語, 発表資料
  3. 非コードRNA CCDC26の骨髄性白血病細胞の赤芽球様細胞分化における役割 (2P-0684), 鶴田智美、田中祐佳、石田敦彦、山崎岳、平野哲男, 2017 日本分子生物学会・日本生化学会合同年会, 2017年12月07日, 通常, 英語
  4. Interleukin-1αの線維芽細胞における細胞内局在制御機構 (2P-0948), 早弓 恵里香、田内 香帆、林 亜里香、山﨑 岳、石田 敦彦、平野 哲男, 2017日本分子生物学会・日本生化学会合同年会, 2017年12月07日, 通常, 英語, 神戸国際展示場2号館

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第380回生命科学セミナー, 非コードRNA CCDC26による白血病細胞の増殖制御, 広島大学生物圏科学研究科, 2015年/06月/26日, 2015年/06月/26日, 広島大学大学院総合科学研究科J306教室, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者

学術雑誌論文査読歴

  1. 2015年, その他, 1
  2. 2016年, その他, 1
  3. 2013年, その他
  4. 2016年, その他
  5. 2016年, その他
  6. 2016年, その他
  7. 2016年, その他
  8. 2017年, その他
  9. 2017年, その他
  10. 2016年, その他
  11. 2017年, その他
  12. 2017年
  13. 2017年, その他
  14. 2017年, その他
  15. 2017年, その他
  16. 2017年, その他
  17. 2017年, その他
  18. 2018年, その他
  19. 2018年, その他
  20. 2018年, その他
  21. 2018年
  22. 2018年, その他
  23. 2018年, その他
  24. 2018年, その他
  25. 2018年, その他