大村 尚Hisashi Oomura

Last Updated :2023/09/06

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
メールアドレス
homurahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
鱗翅目昆虫チョウを材料に化学生態学を研究している。産卵や交尾など特定の行動を制御する情報化学物質(フェロモンやアレロケミカル)の構造や機能を調べるとともに、その生態学的・進化学的意義を考察する。

基本情報

主な職歴

  • 1995年04月01日, 1997年01月31日, クニミネ工業株式会社, 開発部・営業部
  • 2000年11月01日, 2006年03月31日, 広島大学, 総合科学部, 助手
  • 2006年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2010年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 生物圏科学研究科, 環境計画科学, 日本, 1997年04月, 2000年03月
  • 広島大学, 総合科学部, 総合科学科, 日本, 1989年04月, 1993年03月

学位

  • 博士(学術) (広島大学)
  • 修士(学術) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科 : 分子農学生命科学プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 理工学融合プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 理工学融合プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 分子農学生命科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 境界農学 / 昆虫科学

研究キーワード

  • 化学生態学
  • 有機化学
  • 動物行動学
  • 昆虫生理学
  • 情報物質
  • チョウ

所属学会

  • 西日本応用動物昆虫研究会, 2017年
  • アジアーパシフィック化学生態学会, 2001年
  • 国際化学生態学会, 2002年
  • 日本応用動物昆虫学会, 1994年
  • 日本昆虫学会, 2000年

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 教養教育, 3ターム, 有機化学[1生]
  2. 2023年, 教養教育, 1ターム, 化学実験ベーシック[1生]
  3. 2023年, 学部専門, 4ターム, 食品生命科学リサーチフロント
  4. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  5. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  6. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文III
  7. 2023年, 学部専門, 2ターム, 生物資源利用学
  8. 2023年, 学部専門, 集中, 分子農学生命科学実験I
  9. 2023年, 学部専門, 4ターム, 天然物有機化学
  10. 2023年, 学部専門, 4ターム, 生命物質分析学
  11. 2023年, 学部専門, 3ターム, 分子農学生命科学外書講読
  12. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命科学研究法
  13. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  14. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  15. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  16. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  17. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  18. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生理活性天然物化学Ⅰ
  19. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生理活性天然物化学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Characterization of volatile compounds in males of the skipper butterfly Daimio tethys (Lepidoptera: Hesperiidae), Applied Entomology and Zoology, 58巻, 2号, pp. 171-179, 20230407
  2. Polyhydroxy acids as fabaceous plant components induce oviposition of the common grass yellow butterfly, Eurema mandarina, Journal of Chemical Ecology, 49巻, 1-2号, pp. 67-76, 20230222
  3. Triterpenoid Saponins from the Fruits of Symplocos lucida as beta-Glucuronidase Inhibitors, CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 19巻, 11号, 202211
  4. Isolation of fluorescent benzoxazines with neuroprotective activity from the olive weevil Pimelocerus perforatus, Journal of Natural Products, 85巻, 12号, pp. 2740-2745, 20221224
  5. Acylated secoiridoid glucosides isolated from the fruit extract of Symplocos lucida inhibit β-glucuronidase, Phytochemistry Letters, 51巻, pp. 127-131, 20220823
  6. ★, Sex pheromones from male forewings of the common grass yellow Eurema mandarina, Journal of Chemical Ecology, 48巻, 5/6号, pp. 518-530, 20220712
  7. Electrospray ionization mass spectrometry and nuclear magnetic resonance spectroscopy data for anacardic acid derivatives, Data in Brief, 41巻, pp. 107889, 202204
  8. Chemical identity of cuticular lipid components in the mimetic swallowtail butterfly Papilio polytes, Chemistry and Biodiversity, 19巻, 3号, pp. e202100879, 20220325
  9. Janohigenins: Long-chain anacardic acid derivatives with neuroprotective activity from Ophiopogon japonicus seeds, Phytochemistry, 191巻, 11号, pp. 112904, 20210810
  10. Variation in cuticular lipid profiles of black butterflies of the genus Papilio in Japan, Biochemical Systematics and Ecology, 96巻, 3号, pp. 104265, 20210324
  11. ★, The male swallowtail butterfly, Papilio polytes, uses cuticular hydrocarbons for mate discrimination, Animal Behaviour, 170巻, pp. 133-145, 20201118
  12. Asaroidoxazines from the Roots of Asarum asaroides Induce Apoptosis in Human Neuroblastoma Cells, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 83巻, 10号, pp. 3050-3057, 20201023
  13. Nuclear magnetic resonance spectroscopy and mass spectrometry data for sulfated isoguanine glycosides, DATA IN BRIEF, 28巻, 202002
  14. Floral scent of Osmanthus fragrans discourages foraging behavior of cabbage butterfly, Pieris rapae, Journal of Chemical Ecology, 26巻, 3号, pp. 655-666, 200003
  15. The role of floral scent of the cherry tree, Prunus yedoensis, in the foraging behavior of Luehdorfia japonica (Lepidoptera : Papilionidae), Applied Entomology and Zoology, 34巻, 3号, pp. 309-313, 199908
  16. ★, Chemical and chromatic bases for preferential visiting by the cabbage butterfly, Pieris rapae, to rape flowers, Journal of Chemical Ecology, 25巻, 8号, pp. 1895-1906, 199908
  17. Rare sulfated purine alkaloid glycosides from Bruchidius dorsalis pupal case, Phytochemistry Letters, 35巻, pp. 10-14, 20200201
  18. NMR and ESIMS data for bisabolane-type sesquiterpenoids, DATA IN BRIEF, 27巻, 201912
  19. Norbisabolane and bisabolane sesquiterpenoids from the seeds of Angelica keiskei, PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 33巻, pp. 94-101, 201910
  20. A cyanogenic glucoside of Trifolium repens deters oviposition by the common grass yellow Eurema mandarina, Physiological Entomology, 44巻, 3-4号, pp. 222-229, 20191105
  21. Quantitative assay of targeted proteome in tomato trichome glandular cells using a large-scale selected reaction monitoring strategy, Plant Methods, 15巻, pp. 40, 20190424
  22. The role of N,N,N-trimethylglycine in oviposition of Eurema mandarina on Albizia julibrissin, Journal of Chemical Ecology, 45巻, 4号, pp. 371-377, 20190422
  23. 植物生育促細菌の実用化に向けた試み, 土と微生物, 73巻, 1号, pp. 5-9, 201904
  24. Response of neutrophilic Shewanella violacea to acid stress: growth rate, organic acid production, and gene expression, Extremophiles, 23巻, 3号, pp. 319-326, 20190411
  25. Absence of cuticular alkenes allows lycaenid larvae to avoid predation by Formica japonica ants, Entomological Science, 22巻, 2号, pp. 126-136, 20190411
  26. Oxygenated sesquiterpenoids characteristic of a male lycaenid butterfly Lycaeides argyrognomon praeterinsularis, Biochemical Systematics and Ecology, 81巻, pp. 109-111, 201812
  27. HPLC profiles and spectroscopic data of cassane-type furanoditerpenoids, Data in Brief, 21巻, pp. 1076-1078, 201812
  28. Hydroxylated furanoditerpenoids from pupal cases produced by the bruchid beetle Sulcobruchus sauteri inside the seeds of Caesalpinia decapetala, Phytochemistry, 156巻, pp. 151-158, 201812
  29. Mitochondrial DNA and cuticular hydrocarbon analyses of Lethe diana (Lepidoptera, Nymphalidae, Satyrinae) inhabiting Mikura Island, Japan, Lepidoptera Science, 69巻, 2号, pp. 49-52, 201810
  30. Sulfated purine alkaloid glycosides from the pupal case built by the brucid beetle Bruchidius dorsalis inside the seed of Gleditsia japonica, Chemistry & Biodiversity, 15巻, 8号, pp. e1800154, 201808
  31. 交尾により母となったモンシロチョウの行動変化, アグリバイオ, 2巻, 6号, pp. 561-565, 201806
  32. Effects of mating on host selection by female small white butterflies Pieris rapae (Lepidoptera: Pieridae), JOURNAL OF COMPARATIVE PHYSIOLOGY A-NEUROETHOLOGY SENSORY NEURAL AND BEHAVIORAL PHYSIOLOGY, 204巻, 2号, pp. 245-255, 201802
  33. New prenylated ortho-dihydroxycoumarins from the fruits of Ficus nipponica, Chemistry & Biodiversity, 14巻, 9号, pp. e1700196, 201709
  34. Ficusnotins A-F: Rare diarylbutanoids from the leaves of Ficus nota, Phytochemistry, 141巻, pp. 98-104, 201709
  35. Volatile compounds from a Parnassiinae butterfly, Luehdorfia japonica (Lepidoptera, Papilionidae), Lepidoptera Science, 68巻, 2号, pp. 61-64, 20170831
  36. Multisensory integration in Lepidoptera: Insights into flower-visitor interactions, Bioessays, 39巻, 4号, pp. 1600086, 201704
  37. Production and sex-pheromonal activity of alkaloid-derived androconial compounds in the danaine butterfly, Parantica sita (Lepidoptera: Nymphalidae: Danainae), Biological Journal of the Linnean Society, 119巻, 12号, pp. 1036-1059, 201612
  38. D-Pinitol in Fabaceae: an oviposition stimulant for the common grass yellow butterfly, Eurema mandarina, Journal of Chemical Ecology, 42巻, 11号, pp. 1122-1129, 201611
  39. Volatile terpenoids from male wings lacking scent scales in Anthocharis scolymus (Lepidoptera: Pieridae), Applied Entomology and Zoology, 51巻, 3号, pp. 385-392, 201609
  40. Structure revision of caesalpinistas A and B and isolation of a new furanoditerpenoid from the cotyledons of Caesalpinia decapetala var. japonica, Helvetica Chimica Acta, 99巻, 2号, pp. 133-137, 201602
  41. Cassane diterpenoids from the roots of Caesalpinia decapetala var. japonica and structure revision of caesaljapin, Phytochemistry, 121巻, 1号, pp. 50-57, 201601
  42. New oxygenated himachalenes in male-specific odor of the Chinese windmill butterfly, Byasa alcinous alcinous, Natural Product Research, 30巻, 4号, pp. 406-411, 201601
  43. 情報化学物質を利用したチョウの配偶行動, 昆虫と自然, 50巻, 9号, pp. 4-8, 201508
  44. Morphological study of alar androconia in Celastrina butterflies, Entomological Science, 18巻, 3号, pp. 353-359, 201507
  45. Plant scents modify innate colour preference in foraging swallowtail butterflies, Biology Letters, 11巻, 7号, 201506
  46. Male-specific epicuticular compounds of the sulfur butterfly Colias erate poliographus (Lepidoptera: Pieridae), Applied Entomology and Zoology, 50巻, 2号, pp. 191-199, 201505
  47. Difference in the odors emitted by male adults of two subspecies of the swallowtail butterfly Byasa alcinous (Papilionidae), Lepidoptera Science, 66巻, 1号, pp. 15-18, 201505
  48. Two lactones in the androconial scent of the lycaenid butterfly Celastrina argiolus ladonides, Naturwissenschaften, 100巻, 4号, pp. 373-377, 201304
  49. Allelochemicals in Plant-Insect Interactions, Elsevier Reference Module in Chemistry, Molecular Sciences and Chemical Engineering, 201311
  50. Cuticular hydrocarbon profiles of Lycaeides subsolanus larvae and their attendant ants, Lepidoptera Science, 63巻, 4号, pp. 186-190, 201212
  51. Procurement of exogenous ammonia by the swallowtail butterfly, Papilio polytes, for protein biosynthesis and sperm production, Naturwissenschaften, 99巻, 9号, pp. 695-703, 201209
  52. チョウの食物選択をつかさどる香気成分, 香料, 255巻, pp. 73-82, 201209
  53. Sexual Dimorphism in Scent Substances and Cuticular Lipids of Adult Papilio protenor Butterflies, Zeitschrift fur Naturforschung C, 67巻, 5-6号, pp. 331-341, 201206
  54. D-Pinitol as a key oviposition stimulant for sulfur butterfly, Colias erate: chemical basis for female acceptance of host- and non-host plants, Chemoecology, 22巻, 1号, pp. 55-63, 201203
  55. Synergistic or Antagonistic Modulation of Oviposition Response of Two Swallowtail Butterflies, Papilio maackii and P. protenor, to Phellodendron amurense by Its Constitutive Prenylated Flavonoid, Phellamurin, Journal of Chemical Ecology, 37巻, 6号, pp. 575-581, 201106
  56. Pungent odor of the adult skipper butterfly Erynnis montanus (Lepidoptera: Hesperiidae), Applied Entomology and Zoology, 46巻, 2号, pp. 281-286, 201105
  57. 花香を媒介とした植物と昆虫の多様な関係, 化学と生物, 49巻, 5号, pp. 313-319, 201105
  58. Divergent behavioral and electrophysiological taste responses in the mid-legs of adult butterflies, Vanessa indica and Argyreus hyperbius, Journal of Insect Physiology, 57巻, 1号, pp. 118-126, 201101
  59. Behavioral and electroantennographic responsiveness of adult butterflies of six nymphalid species to food-derived volatiles, Chemoecology, 19巻, 4号, pp. 227-234, 200912
  60. Cuticular hydrocarbons of larva and pupa of Reverdin's blue, Lycaeides argyrognomon (Lycaenidae) and its tending ants, Transactions of the Lepidopterological Society of Japan, 60巻, 3号, pp. 203-210, 200909
  61. Tolerance to fermentation products in sugar reception: gustatory adaptation of adult butterfly proboscis for feeding on rotting foods, Journal of Comparative Physiology A, 194巻, 6号, pp. 545-555, 200805
  62. Fluorescent pupal secretion of the papilionid butterfly, Luehdorfia japonica, Transactions of the Lepidopterological Society of Japan, 59巻, 2号, pp. 165-170, 200803
  63. Appraisal of the acceptability of subtropical rutaceous plants a swallowtail butterfly, Papilio protenor demetrius (Lepidoptera: Papilionidae), Applied Entomology and Zoology, 42巻, 1号, pp. 121-128, 200702
  64. Major components in the hairpencil secretion of a butterfly, Euploea mulciber (Lepidoptera, Danaidae): Their origins and male behavioral responses to pyrrolizidine alkaloids, Journal of Insect Physiology, 52巻, 10号, pp. 1043-1053, 200610
  65. From terpenoids to aliphatic acids: further evidence for late-instar switch in osmeterial defense as a characteristic trait of swallowtail butterflies in the tribe Papilionini, Journal of Chemical Ecology, 32巻, 9号, pp. 1999-2012, 200609
  66. チョウ成虫の採餌行動と嗅覚情報物質, 比較生理生化学, 23巻, 3号, pp. 134-142, 200609
  67. Chemical composition of volatile substances from adults of the swallowtail, Papilio polytes (Lepidoptera : Papilionidae), Applied Entomology and Zoology, 40巻, 3号, pp. 421-427, 200508
  68. Differential utilization of pyrrolizidine alkaloids by males of a danaid butterfly, Parantica sita, for the production of danaidone in the alar scent organ, Journal of Chemical Ecology, 31巻, 4号, pp. 959-964, 200504
  69. Priority of color over scent during flower visitation by adult Vanessa indica butterflies, Oecologia, 142巻, 4号, pp. 588-596, 200502
  70. Conduritols as oviposition stimulants for the danaid butterfly, Parantica sita, identified from a host plant, Marsdenia tomentosa, Journal of Chemical Ecology, 30巻, 11号, pp. 2285-2296, 200411
  71. 腐食性チョウ類の化学感覚-腐敗食物を好むチョウはいかにして餌を見つけるか-, 化学と生物, 42巻, 1号, pp. 10-12, 200401
  72. Feeding responses of adult butterflies, Nymphalis xanthomelas, Kaniska canace and Vanessa indica, to components in tree sap and rotting fruits: synergistic effects of ethanol and acetic acid on sugar responsiveness, Journal of Insect Physiology, 49巻, 11号, pp. 1031-1038, 200311
  73. Oviposition stimulants for the tropical swallowtail butterfly, Papilio polytes, feeding on a rutaceous plant, Toddalia asiatica, Journal of Chemical Ecology, 29巻, 7号, pp. 1621-1634, 200307
  74. 2-Nitroethenylbenzenes as natural products in millipede defense secretions, Naturwissenschaften, 89巻, 7号, pp. 308-310, 200206
  75. 1-Octen-3-ol together with geosmin: new secretion compounds from a polydesmid millipede, Niponia nodulosa, Journal of Chemical Ecology, 28巻, 12号, pp. 2595-2606, 200205
  76. 蝶類成虫の採餌行動を解発する視覚・嗅覚・味覚刺激に関する研究, 環境科学総合研究所年報, 21巻, pp. 39-46, 200204
  77. Species-specific chemical compositions of defense secretions from Parafontaria tonominea Attems and Riukiaria semicircularis semicircularis Takakuwa (Polydesmida: Xystodesmidae), Applied Entomology and Zoology, 37巻, 1号, pp. 73-78, 200202
  78. Is androconial secretion of Pieris napi (Lepidoptera, Pieridae) chemically dimorphic?, Transactions of the Lepidopterological Society of Japan, 52巻, 4号, pp. 309-312, 200109
  79. Identification of odoriferous compounds from adults of a swallowtail butterfly, Papilio machaon (Lepidoptera : Papilionidae), Zeitschrift fur Naturforschung C, 56巻, 43051号, pp. 1126-1134, 2001
  80. Sequestration of phenanthroindolizidine alkaloids by an Asclepiadaceae-feeding danaid butterfly, Ideopsis similis, Phytochemistry, 56巻, 7号, pp. 697-701, 200104
  81. Oviposition-stimulatory activity of phenanthroindolizidine alkaloids of host-plant origin to a danaid butterfly, Ideopsis similis, Physiological Entomology, 26巻, 1号, pp. 6-10, 200101
  82. Chemical nature of volatile compounds from the valvae and wings of male Delias butterflies (Lepidoptera : Pieridae), Entomological Science, 3巻, 3号, pp. 427-432, 200010
  83. Identification of feeding attractants in oak sap for adults of two nymphalid butterflies, Kaniska canace and Vanessa indica, Physiological Entomology, 25巻, 3号, pp. 281-287, 200009
  84. チョウの訪花行動と花の香り, 昆虫と自然, 34巻, 6号, pp. 19-23, 199906
  85. Identification of floral volatiles from Ligustrum japonicum that stimulate flower-visiting by cabbage butterfly, Pieris rapae, Journal of Chemical Ecology, 24巻, 12号, pp. 2167-2180, 199812

著書等出版物

  1. 2022年11月10日, つくると食べるをつなぐサイエンスー最先端の生物生産学図鑑, セント・オブ・バタフライ-チョウの匂いの世界, フェロモン、リリーサー(解放)フェロモン、性フェロモン, 恒星社厚生閣, 2022年, 202211, 単行本(一般書), 共著, J, 三本木至宏監修、浅岡聡ほか著者30名, 978-4-7699-1685-7, 129, 2
  2. 2022年03月25日, 環境ECO選書15 チョウの行動学, アゲハチョウの交尾をつかさどる化学シグナル, 北隆館, 2022年, 2022, 単行本(学術書), 共著, J, 井出純哉(編)、著者21名, 978-4-8326-0765-1, 333, 18
  3. 2021年11月30日, SDGsに向けた生物生産学入門, 作物生産と害虫, 共立出版, 2021年, 11, 単行本(学術書), 共著, J, 三本木至宏 監修、浅岡聡ほか著者55名, 978-4-320-05831-6, 244, 4
  4. 2018年02月, Chemical Ecology of Insects - Applications and Associations with Plants and Microbes (Ed. by Tabata, J), Plant secondary metabolites in host selection of butterfly, CRC Press, 2018年, 2, 単行本(学術書), 共著, E, 大村 尚、他16名, 9781498769402, 296, 24
  5. 2015年09月10日, 基礎の有機化学-生命科学のために 第2版, 三共出版, 2015年, 9, 教科書, 共著, J, 深宮齊彦・本田計一・石田敦彦・太田伸二・大村 尚・根平達夫, 978-4-7827-0733-3, 234
  6. 2014年09月, 基礎化学実験(改訂第4版), 大学教育出版, 2014年, 9, 教科書, 編著, J, 石田敦彦, 石原康宏, 伊藤隆夫, ヴィレヌーヴ真澄美, 太田伸二, 大村 尚, 佐久川 弘, 清水典明, 竹田一彦, 手島圭三, 根平達夫, 早瀬光司, 平野哲男, 山﨑 岳, 978-4-86429-281-8, 134
  7. 2011年11月, 生命・食・環境のサイエンス, 共立出版, 2011年, 11, 教科書, 共著, 日本語, 江坂宗春, 他56名, 978-4-320-0517-3, 220, 83-86
  8. 2011年09月, 基礎化学実験(改訂第三版), 大学教育出版, 2011年, 9, 教科書, 共編著, 日本語, 石田敦彦, 伊藤隆夫, 大村 尚, 近藤宏壮, 佐久川 弘, 清水典明, 竹田一彦, 手島圭三, 根平達夫, 早瀬光司, 平野哲男, 本田計一, 山﨑 岳, 9.78E+12, 135
  9. 2010年04月, Elsevier Science, 2010年, 4, 単行本(学術書), 共編著, English, Honda Keiichi, Omura Hisashi, Hori Masatoshi, Kainoh Yohichi, 9.78E+12, 7388
  10. 2010年11月, 基礎の有機化学-生命科学のために, 三共出版, 2010年, 11, 教科書, 共著, 日本語, 深宮齊彦, 本田計一, 石田敦彦, 大村 尚, 根平達夫, 9.78E+12, 232
  11. 2009年03月, 分子から見た生命の不思議, 広大生物圏出版会, 2009年, 3, 教科書, 共著, 日本語, 深宮齊彦, 古澤修一, 堀内浩幸, 水田啓子, 三本木至宏, 江坂宗春, 清水典明, 大村 尚, 4925221191, 148, 114-131
  12. 2008年10月, 昆虫ミメティックス~昆虫の設計に学ぶ~第3編 第2章 第2節 チョウの訪花行動と花香, エヌ・ティー・エス, 2008年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 下澤楯夫, 針山孝彦, 他153名, 4860431976, 949, 754-761
  13. 2004年08月, 基礎化学実験, 大学教育出版, 2004年, 8, 教科書, 編著, 日本語, 赤堀 興造 早瀬 光司 平野 哲男 文谷 政憲 山崎 岳 上領 達之 功刀 義人 小南 思郎 清水 典明 竹田 一彦 手島 圭三 根平 達夫, 4887305826, 127

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. キタキチョウの産卵を制御するカタバミ植物化学成分の探索, 高塚裕太, 金澤尚希, 太田伸二, 大村尚, 第67回日本応用動物昆虫学会大会, 2023年03月15日, 通常, 日本語
  2. 植物の乾燥ストレス応答がチョウの産卵選択・幼虫発育に与える影響, 植野樹, 兼俵太生, 大村尚, 太田伸二, 第67回日本応用動物昆虫学会大会, 2023年03月15日, 通常, 日本語
  3. アミジグサ科褐藻類に含まれる刺激性成分, 飯田愛実, 加藤亜記, 太田伸二, 大村尚, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 (TEAC), 第66回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会-TEAC2022-, 2022年11月06日, 通常, 日本語
  4. Mate wing substances acting as sex pheromones in the yellow butterfly Eurema mandarina, Kento Yoshimori, Chika Okuda, Shinji Ohta, Hisashi Omura, Joint meeting of the 37th annual meeting of the International Society of Chemical Ecology and the 11th Asia-Pacific Chemical Ecologist Conference, 2022年08月11日, 通常, 英語, Kuala Lumpur, Malaysia (On-Line Hybrid)
  5. マメ科植物の糖酸化合物に対するキタキチョウの産卵反応, 松永千知・金澤尚希・高塚裕太・藤井 毅・太田伸二・大村 尚, 藤井 毅, 第66回 日本応用動物昆虫学会大会, 2022年03月21日, 通常, 日本語
  6. キタキチョウの産卵を誘導する植物糖酸化合物, 松永千知・金澤尚希・高塚裕太・太田伸二・大村 尚, 令和3年度 西日本応用動物昆虫研究会・中国地方昆虫学会合同例会, 2021年10月05日, 通常, 日本語
  7. キタキチョウが非寄主植物に産卵を行う化学的要因, 金澤尚希・松永千知・太田伸二・大村 尚, 第65回 日本応用動物昆虫学会大会, 2021年03月25日, 通常, 日本語
  8. スズメノエンドウ・カラスノエンドウに対するキタキチョウ寄主適合性の検討, 松永千知・金澤尚希・太田伸二・大村 尚, 第65回 日本応用動物昆虫学会大会, 2021年03月25日, 通常, 日本語
  9. チョウの産卵を制御する植物化学成分, 大村 尚, 第61回日本応用動物昆虫学会大会小集会, 2017年03月28日, 招待, 日本語, 小金井市(東京農工大学)
  10. アゲハチョウの性フェロモン:配偶行動における体表炭化水素の役割, 大村 尚, 日本動物学会第86回新潟大会シンポジウム:ショウジョウバエと非モデル昆虫との相違点-化学受容、概日時計、記憶学習をテーマとして-, 2015年09月18日, 招待, 日本語, 尾崎まみこ、仲村厚志, 新潟市
  11. アゲハチョウの配偶行動を制御する情報化学物質, 大村 尚, JT生命誌研究館館内セミナー, 2014年07月, 招待, 日本語
  12. チョウの訪花行動を制御する花香成分, 大村 尚, 第45回 種生物学シンポジウム, 2013年12月, 招待, 日本語
  13. 花の嗅覚情報物質とチョウ成虫の吸蜜行動, 大村 尚, 総合研究大学院大学先導科学研究科セミナー, 2012年03月, 招待, 日本語
  14. 訪樹液性チョウの化学感覚:発酵食物への味覚、嗅覚の適応, 大村 尚, 平成22年度 日本応用動物昆虫学会中国支部・日本昆虫学会中国支部合同例会, 2010年10月, 招待, 日本語
  15. 昆虫の食性進化にともなう行動と化学感覚の適応, 大村 尚, 第37回 COE昆虫科学セミナー(於京都大学農学研究科), 2009年02月, 招待, 日本語
  16. 樹液や腐敗果実を利用するタテハチョウの嗅覚・味覚応答:発酵産物への適応, 大村 尚, 日本動物学会第79回大会ニューロエソロジー談話会主催シンポジウム「モデル動物と非モデル動物の比較神経行動学」, 2008年09月, 招待, 日本語
  17. チョウ成虫の採餌行動を制御する嗅覚・味覚情報物質, 大村 尚, 第247回昆虫学土曜セミナー, 2008年06月, 招待, 日本語
  18. チョウ類成虫の食性と採餌行動の情報科学:視覚・嗅覚・味覚情報の特徴, 大村 尚, 第47回日本応用動物昆虫学会大会 小集会, 2003年03月, 招待, 日本語
  19. 蝶類成虫の採餌行動を解発する嗅覚情報物質, 大村 尚, 第35回味と匂のセミナー, 2001年10月, 招待, 日本語
  20. A cyanogenic glucoside, linamarin, regulates differential oviposition on white clover by coliadine butterflies, Colias erate and Eurema mandarina, Toshiki Ohashi, Shinji Ohta, Hisashi Omura, The 10th Conference of Asia-Pacific Association of Chemical Ecologists, 2019年10月12日, 通常, 英語, Asia-Pacific Association of Chemical Ecologists, Hangzhou, China
  21. Effect of dimethyl disulfide, present in larval frass odors, on host selection by female adults of Pieris rapae, Okumura Yukiko, Tamai, Sota, Fujii Taleshi, Isikawa Yukio, Omura Hisashi, Fujii Taleshi, Isikawa Yukio, the 34th Annual Meeting of the International Society of Chemical Ecology, 2018年08月14日, 通常, 英語, International Society of Chemical Ecology, Budapest, Hungary
  22. Effects of mating on host selection of female small white butterfly Pieris rapae (Lepidoptera: Pieridae), 伊藤優希, 奥村裕紀子, 藤井毅, 石川幸男, 大村尚, The joint meeting of the 33rd annual meeting of the ISCE and the 9th meeting of the APACE, 2017年08月24日, 通常, 英語
  23. D-Pinitol involved in host recognition by common grass yellow, Eurema mandarina, toward leguminous plants, Hisashi Omura, Shin-ya Mukae, Yuika Matsumoto, Toshiki Ohashi, XXV International Congress of Entomology, 2016年09月27日, 通常, 英語, Orlando, Florida, USA
  24. Mating enhances behavioral and antennal responses of female small white butterfly Pieris rapae (Lepidoptera: Pieridae) to host plant volatiles, 大村 尚, 伊藤優希, 藤井 毅, 石川幸男, 藤井 毅, 石川幸男, International Society of Chemical Ecology 2015 Conference, 2015年06月29日, 通常, 英語, ストックホルム(スウェーデン)
  25. Precopulatory behavior of Papilio xuthus males: contact by forelegs, 大村 尚, 野口太郎, International Chemical Ecology Conference 2013, 2013年, 通常, 英語
  26. Possible roles of cuticular lipids in mating behavior of Papilio polytes (Lepidoptera: Papilionidae), 大村 尚, XXIV International Congress of Entomology, 2012年, 通常, 日本語
  27. Chemical diversity in the cuticular lipids of adult papilionid butterflies, 大村 尚, International Society of Chemical Ecology 26th Annual Meeting, 2010年, 通常, 英語
  28. Tarsal gustatory response to rotting food constituents in two nymphalid butterflies, Vanessa indica and Argyreus hyperbius, 大村 尚, International Society of Chemical Ecology 25th Annual Meeting, 2009年, 通常, 日本語
  29. Chemical nature of urine-like odor from adults of hesperiid butterfly Erynnis montanus, 大村 尚, Fifth Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, 2009年, 通常, 英語
  30. Phytochemical-mediated differential oviposition on four Liliales plants by a nymphalid butterfly, Kaniska canace, 大村 尚, Fourth Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, 2007年, 通常, 英語
  31. Taste in the proboscis of adult nymphalid butterflies: adaptation to ethanol and acetic acid for foraging rotting foods, 大村 尚, International Society of Chemical Ecology 21st Annual Meeting, 2005年, 通常, 英語
  32. Priority of color to scent: chromatic and olfactory responsiveness in flower visiting by the Indian red admiral, Vanessa indica, 大村 尚, Joint meeting of International Society of Chemical Ecology and Phytochemical Society of North America, 2004年, 通常, 英語
  33. beta-Nitrostyrene: natural product as defense secretion of millipede, Eucondylodesmus elegans, 大村 尚, Second Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, 2001年, 通常, 英語

社会活動

委員会等委員歴

  1. 副会長・広島県評議員, 2021年, 2021年, 西日本応用動物昆虫研究会
  2. 評議員, 2021年, 2021年, 環太平洋化学生態学会議
  3. 日本応用動物昆虫学会英文誌 編集委員, 2021年, 2021年, 日本応用動物昆虫学会
  4. 評議員, 2020年, 2020年, 環太平洋化学生態学会議
  5. 日本応用動物昆虫学会英文誌 編集責任者, 2020年, 2020年, 日本応用動物昆虫学会
  6. 会長, 2020年, 2020年, 西日本応用動物昆虫研究会
  7. 英文誌編集責任者, 2019年, 日本応用動物昆虫学会
  8. 会長, 2019年, 西日本応用動物昆虫研究会
  9. 評議員, 2019年, アジア環太平洋化学生態学会
  10. 英文誌編集委員, 2018年, 2019年, 日本応用動物昆虫学会
  11. 広島県委員, 2018年, 2019年, 西日本応用動物昆虫研究会
  12. 評議員, 2018年, 2021年, アジア環太平洋化学生態学会
  13. 評議員, 2018年, 2021年, アジア環太平洋化学生態学会
  14. 英文編集委員, 2017年, 2019年, 日本応用動物昆虫学会
  15. 広島県委員, 2017年, 2019年, 西日本応用動物昆虫研究会
  16. 評議員, 2017年, 2021年, アジア環太平洋化学生態学会
  17. 評議員, 2017年, 2021年, アジア環太平洋化学生態学会
  18. 日本応用動物昆虫学会中国支部副支部長, 2015年, 2015年, 日本応用動物昆虫学会中国支部
  19. 日本応用動物昆虫学会中国支部広島県委員, 2013年, 日本応用動物昆虫学会中国支部
  20. 日本応用動物昆虫学会編集委員, 2012年, 2015年, 日本応用動物昆虫学会
  21. 広島大学総合科学部同窓会役員, 2000年, 広島大学総合科学部同窓会

学術会議等の主催

  1. 第65回日本応用動物昆虫学会大会, 会場責任者・座長, 2021年03月, 2021年03月
  2. The joint meeting of the 33rd annual meeting of the ISCE and the 9th meeting of the APACE, 2017年08月, 2017年08月
  3. 第61回日本応用動物昆虫学会大会小集会生物間相互作用の情報科学 その13-植物化学成分がつかさどるチョウの寄主選択, 2017年03月, 2017年03月
  4. 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会小集会 生物間相互作用の情報科学その12 生態系全体から考える植物の被食防衛機構と昆虫の適応機構の作用と進化, 2016年03月, 2016年03月
  5. 平成27年度日本応用動物昆虫学会・日本昆虫学会中国支部合同例会, 2015年10月, 2015年10月
  6. 第59回日本応用動物昆虫学会大会小集会「進化する化学生態学:情報科学物質と害虫防除の過去・現在・未来」, 2015年03月, 2015年03月
  7. 日本昆虫学会第74大会, 2014年09月
  8. 第58回日本応用動物昆虫学会大会小集会生物間相互作用の情報科学 その11-虫を飼育し、観察しよう!-昆虫が環境を知る手がかりとしてのカイロモン-, 2014年03月, 2014年03月
  9. 第57回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その10 捕食-被食系をいかにして生き抜くか?-攻撃と防御の戦略-, 2013年03月
  10. 第56回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その9 昆虫の行動多様性を司る生体内分子機構, 2012年03月
  11. 第55回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その8 昆虫の行動と生体アミン, 2011年03月
  12. 第54回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その7 ガの性フェロモン研究の50年とこれから, 2010年03月
  13. 第53回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その6 昆虫嗅覚研究の最前線:感覚器および生態系における匂い情報の動態と利用, 2009年03月
  14. 第52回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その5 送粉シンドロームを創り出す植物の情報戦略, 2008年03月
  15. 4th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, 2007年09月
  16. 第51回日本応用動物昆虫学会大会, 2007年03月
  17. 第50回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その4 情報伝達物質受容の分子メカニズム, 2006年03月
  18. 日本昆虫学会第65回大会, 2005年09月
  19. 第49回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その3 群集構造から見る植物-植食者間相互作用:一対多、多対一の視点から, 2005年03月
  20. 第48回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その2 アリを巡る最近の話題, 2004年03月
  21. 第47回日本応用動物昆虫学会大会小集会 生物間相互作用の情報科学 その1 プロローグ, 2003年03月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 平成25年度広島大学公開講座 生命を担う分子が拓く未来, 生き物たちが使う化学の言葉, 広島大学, 2013年/08月/09日, 2013年/08月/09日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  2. Course work -- Appiled Microbiology Program, 広島大学, The 2nd International Summer School, Graduate School of Bioshere Science, Hiroshima University, 2009年/07月/31日, 2009年/08月/07日, 講師, セミナー・ワークショップ, 大学院生
  3. 平成20年度広島大学公開講座 分子から見た生命の不思議, チョウはお酒が飲めるのか?~食物の味や匂いと動物の化学感覚, 広島大学, 2008年/09月/12日, 2008年/09月/12日, 講師, 講演会, 社会人・一般