小林 勇喜YUUKI KOBAYASHI

Last Updated :2021/10/22

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
ykobahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山1ー7ー1  総合科学部C325
TEL:082-424-6403
自己紹介
受容体は細胞膜に発現するのが当たり前?百年以上忘れ去られた一次繊毛というオルガネラに発現する摂食・情動・睡眠等に関係する受容体に着目し研究を行っています。細胞から個体を通して真の生命現象に迫ります。

基本情報

主な職歴

  • 2014年10月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 助教
  • 2014年04月01日, 2014年09月30日, 広島大学, 大学院総合科学研究科, 特任助教
  • 2008年04月01日, 2011年03月31日, 北里大学, 日本学術振興会特別研究員 (DC1) 
  • 2011年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学, 日本学術振興会特別研究員 (PD)

学歴

  • 北里大学, 水産学部, 日本, 2002年04月, 2006年03月
  • 北里大学, 大学院水産学研究科, 水圏生物化学専攻修士課程, 日本, 2006年04月, 2008年03月
  • 北里大学, 大学院水産学研究科, 水圏生物化学専攻博士後期課程, 日本, 2008年04月, 2011年03月

学位

  • 博士(水産学) (北里大学)
  • 修士(水産学) (北里大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 総合科学科 : 総合科学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命環境総合科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命環境総合科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 生命科学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学

研究キーワード

  • GPCR, 一次繊毛, 内分泌学, 神経科学

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 2ターム, 自然科学基礎実験法・同実験A
  2. 2021年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  3. 2021年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  4. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1理生,1理地,1工三]
  5. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1理生,1理地,1工三]
  6. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1理生,1理地,1工三]
  7. 2021年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  8. 2021年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  9. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  10. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  11. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  12. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  13. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1理生,1理地,1工三]
  14. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1理生,1理地,1工三]
  15. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1理生,1理地,1工三]
  16. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1理生,1理地,1工三]
  17. 2021年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  18. 2021年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  19. 2021年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  20. 2021年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  21. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1教自,1教人]
  22. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1教自,1教人]
  23. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1教自,1教人]
  24. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1教自,1教人]
  25. 2021年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1理生,1理地,1工三]
  26. 2021年, 学部専門, 2ターム, 生命科学概論
  27. 2021年, 学部専門, 1ターム, 基礎細胞生物学
  28. 2021年, 学部専門, 2ターム, 細胞生物学
  29. 2021年, 学部専門, 3ターム, 生命科学実験A
  30. 2021年, 学部専門, 3ターム, 生命科学実験法A
  31. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 自然科学実験
  32. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 自然科学実験法
  33. 2021年, 学部専門, 集中, 臨海実習・同講義
  34. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 生物学基礎実験
  35. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 生物学基礎実験法
  36. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 先端的神経細胞科学
  37. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 総合科学系演習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Regulation of Brain Primary Cilia Length by MCH Signaling: Evidence from Pharmacological, Genetic, Optogenetic and Chemogenic Manipulations, Molecular Neurobiology, 202109
  2. Properties of primary cilia in melanin-concentrating hormone receptor 1-bearing hippocampal neurons in vivo and in vitro, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 142巻, 202101
  3. ★, Ciliary GPCR-based transcriptome as a key regulator of cilia length control, FASEB BioAdvances, DOI: 10.1096/fba.2021-00029巻, 202106
  4. ★, Analysis of ciliary status via G-protein-coupled receptors localized on primary cilia, Microscopy (Oxf) ., 202006
  5. ★, New perspectives on GPCRs: GPCR heterodimer formation (melanocortin receptor) and GPCR on primary cilia (melanin concentrating hormone receptor), General and Comparative Endocrinology, 293巻, 1号, pp. https://doi.org/10.1016/j.ygcen.2020.113474, 202006
  6. Analysis of ciliary status via G-protein-coupled receptors localized on primary cilia, MICROSCOPY, 69巻, 5号, pp. 275-285, 202010
  7. Cyclin-dependent kinase 5 promotes proteasomal degradation of the 5-HT 1A receptor via phosphorylation, Biochemical and Biophysical Research Communications, 510(3)巻, pp. 370-375, 201903
  8. ★, Characterization of Functional Primary Cilia in Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Neurons., Neurochem Res., 44巻, 7号, 201906
  9. Selective signaling pathway via feeding-related ciliary GPCR, melanin-concentrating hormone receptor 1, Nihon Yakurigaku Zasshi, 154巻, 4号, pp. 179-185, 2019
  10. ★, Depression-resistant Phenotype in Mice Overexpressing Regulator of G Protein Signaling 8 (RGS8)., Neuroscience., 15巻, 383号, pp. 160-169, 201806
  11. a-Melanocyte-stimulating hormone directly increases the plasma calcitonin level and involves calcium metabolism in goldfish, Int Aquat Res, 10巻, pp. 283-292, 201809
  12. Modulation of primary cilia length by melanin-concentrating hormone receptor 1, CELLULAR SIGNALLING, 28巻, 6号, pp. 572-584, 201606
  13. ★, Dimerization of melanocortin receptor 1 (MC1R) and MC5R creates a ligand-dependent signal modulation: Potential participation in physiological color change in the flounder, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 230巻, pp. 103-109, 201605
  14. Identification of amino acids that are selectively involved in Gi/o activation by rat melanin-concentrating hormone receptor 1, CELLULAR SIGNALLING, 27巻, 4号, pp. 818-827, 201504
  15. ★, Molecular cloning, expression, and signaling pathway of four melanin-concentrating hormone receptors from Xenopus tropicalis, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 212巻, pp. 114-123, 201504
  16. Involvement of melanin-concentrating hormone 2 in background color adaptation of barfin flounder Verasper moseri, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 214巻, pp. 140-148, 201504
  17. Interrelation between melanocyte-stimulating hormone and melanin-concentrating hormone in physiological body color change: Roles emerging from barfin flounder Verasper moseri, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 181巻, pp. 229-234, 2013
  18. Inhibiting roles of melanin-concentrating hormone for skin pigment dispersion in barfin flounder, Verasper moseri, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 171巻, 1号, pp. 75-81, 2011
  19. Molecular cloning and expression of two melanin-concentrating hormone receptors in goldfish, PEPTIDES, 30巻, 11号, pp. 1990-1996, 2009
  20. ★, Inhibitory effects of beta-endorphin on cortisol release from goldfish (Carassius auratus) head kidney: An in vitro study, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 204巻, pp. 126-134, 2014
  21. The pituitary-interrenal axis of fish: A review focusing on the lamprey and flounder, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 188巻, pp. 54-59, 2013
  22. Food Deprivation Increases the Expression of the Prepro-orexin Gene in the Hypothalamus of the Barfin Flounder, Verasper moseri, ZOOLOGICAL SCIENCE, 29巻, 1号, pp. 43-48, 2012
  23. ★, Further evidence on acetylation-induced inhibition of the pigment-dispersing activity of alpha-melanocyte-stimulating hormone, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 176巻, 1号, pp. 9-17, 2012
  24. ★, Pigment-dispersing activities and cortisol-releasing activities of melanocortins and their receptors in xanthophores and head kidneys of the goldfish Carassius auratus, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 173巻, 3号, pp. 438-446, 2011
  25. ★, Melanocortin receptor subtypes in interrenal cells and corticotropic activity of alpha-melanocyte-stimulating hormones in barfin flounder, Verasper moseri, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 170巻, 3号, pp. 558-568, 2011
  26. ★, Differential expressions of melanocortin receptor subtypes in melanophores and xanthophores of barfin flounder, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 168巻, 1号, pp. 133-142, 2010
  27. Structural and functional diversity of proopiomelanocortin in fish with special reference to barfin flounder, PEPTIDES, 30巻, 7号, pp. 1374-1382, 2009
  28. ★, Possible paracrine function of alpha-melanocyte-stimulating hormone and inhibition of its melanin-dispersing activity by N-terminal acetylation in the skin of the barfin flounder, Verasper moseri, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 161巻, 3号, pp. 419-424, 2009
  29. ★, Transcription elements and functional expression of proopiomelanocortin genes in the pituitary gland of the barfin flounder, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 158巻, 3号, pp. 259-267, 2008
  30. Evaluation of posttranslational processing of proopiomelanocortin in the banded houndshark pituitary by combined cDNA cloning and mass spectrometry, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 157巻, 1号, pp. 41-48, 2008
  31. ★, Food deprivation increases the expression of melanocortin-4 receptor in the liver of barfin flounder, Verasper moseri, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 155巻, 2号, pp. 280-287, 2008
  32. ★, cDNA cloning of proopiomelanocortin (POMC) and mass spectrometric identification of POMC-derived peptides from snake and alligator pituitaries, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 152巻, 1号, pp. 73-81, 2007
  33. The melanin-concentrating hormone receptor 2 (MCH-R2) mediates the effect of MCH to control body color for background adaptation in the barfin flounder, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 151巻, 2号, pp. 210-219, 2007
  34. ★, Cytoskeleton-related regulation of primary cilia shortening mediated by melanin-concentrating hormone receptor 1., Gen Comp Endocrinol., 253:44-52巻, pp. 44, 201711
  35. Melanocortin systems on pigment dispersion in fish chromatophores. 3:9, 2012., Frontiers in Endocrinology (Lausanne), 3:9巻, 2012
  36. Regulated control of melanin-concentrating hormone receptor 1 through posttranslational modifications., Frontiers in Endocrinology (Lausanne), 4:154.巻, 2013
  37. ★, Properties of primary cilia in melanin-concentrating hormone receptor 1-bearing hippocampal neurons in vivo and in vitro, Neurochemistry International, 20201113
  38. 一次繊毛膜局在タンパク質の検出に特化した免疫組織染色法, 比較内分泌学, 46巻, 169号, pp. 24-28, 202003
  39. 一次繊毛局在型GPCRー細胞センサーとしての分子基盤を探る, 日本薬理学雑誌,, 154巻, 4号, pp. 179-185, 20191001
  40. RGS8過剰発現マウスは抗うつ様表現型を示す, 比較内分泌学, 201901
  41. ネッタイツメガエルから同定した4種のMCHRサブタイプの網羅的解析, 比較内分泌学, 201509
  42. キンギョのメラノコルチンおよびその受容体を介した「黄色素胞における色素拡散能」と「頭腎におけるコルチゾル分泌能」, 比較内分泌学, 38巻, 144号, pp. 35-38, 2012
  43. カレイ目マツカワのプロオピオメラノコルチンシステム, 比較内分泌学, 37巻, 143号, pp. 218-225, 2011
  44. ★, 魚類・光・内分泌--体色と食欲の深い仲 (特集 ニッポンの養殖), ビオフィリア, 7巻, 1号, pp. 31-36, 2011
  45. マツカワの黒色素胞および黄色素胞におけるメラノコルチン受容体の異なる発現様式, 比較内分泌学 = Comparative endocrinology, 36巻, 139号, pp. 267-270, 20101201
  46. ★, 光環境と魚類の成長--カレイ目マツカワが教えてくれること, Jasco report, 52巻, 2号, pp. 20-29, 201010
  47. マツカワ皮膚におけるα-MSHの傍分泌作用の可能性とN末端アセチル化による色素拡散作用の抑制, 比較内分泌学 = Comparative endocrinology, 35巻, 134号, pp. 227-230, 20090831
  48. マツカワの脳下垂体におけるPOMC遺伝子の機能的発現と転写因子, 比較内分泌学 = Comparative endocrinology, 35巻, 133号, pp. 131-134, 20090531
  49. 摂食受容体MCHR1におけるインターナリゼーション機構.「顕微鏡」(日本顕微鏡学会誌), 51, 13-22, 2016.(査読あり), 「顕微鏡」(日本顕微鏡学会誌), pp. 13-22, 201604
  50. ★, 日本比較内分泌学会奨励賞を受賞して 脊椎動物における黒色素胞刺激ホルモン(MSH)とメラニン凝集ホルモン(MCH)の研究, 比較内分泌学, 201901

著書等出版物

  1. 2021年, Handbook of Hormones. Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research, second edition, 事典・辞書, 分担執筆
  2. 2017年12月, Encyclopedia of Signaling Molecules, 2nd Edition, 事典・辞書, 共著, English
  3. 2015年09月, Handbook of Hormones: Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research, 単行本(学術書), 共著, English

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 一次繊毛に着目したGタンパク質共役型受容体の機能解析, 小林勇喜, 第4回HiHA Young Researchers Workshop, 2021年01月20日, 招待, 英語
  2. 中枢性摂食を制御する一次繊毛からのNPYシグナル経路の解析, 西村宣哉、小林勇喜、斎藤祐見子, 第63回日本神経化学会大会 web開催, 2020年09月, 通常, 日本語
  3. 一次繊毛解析に適したドーパミン受容体-EGFP発現ベクターの構築および機能解析, 徳永優希、小林勇喜、斎藤祐見子, 第61回生化学会中国四国支部例会, 2020年05月, 通常, 日本語
  4. 摂食に関与する2種類のNPY受容体を介した1次繊毛の動態およびシグナル解析, 西村宣哉、小林勇喜、斎藤祐見子, 第61回日本生化学会 中国四国支部例会, 2020年05月, 通常, 日本語
  5. 摂食に関与する2種類のNPY受容体を介した1次繊毛の動態およびシグナル解析, 西村宣哉、斎藤祐見子、小林勇喜, 日本動物学会 中国・四国支部 広島県例会, 2020年03月, 通常, 日本語
  6. 特異な細胞小器官「1次繊毛」とアルツハイマー病の関連 -次世代型疾患モデルマウスを用いた研究-, 河渕省吾,三木大輔,斉藤貴志,西道隆臣,小林勇喜,斎藤祐見子, 日本動物学会 第90回 大阪大会 2019, 2019年09月, 通常, 日本語
  7. 神経細胞一次繊毛局在型GPCRを介するシグナルは繊毛の長さを調節する, 三木大輔、小林勇喜、河渕省吾、宮本達雄、小金澤紀子、武井延之 、関野祐子、白尾智明、斎藤祐見子, 2019年 第92回 生化学会, 2019年09月, 通常, 日本語
  8. 中枢性Gタンパク質共役型受容体を介する一次繊毛縮退(RNAseqによる調節分子の同定), 斎藤祐見子、友重桜子、宮本達雄、小林勇喜, NEURO2019, 2019年07月, 通常, 英語
  9. 神経細胞が持つGPCR局在型一次繊毛動態とエネルギー代謝の関連, 小林勇喜、岡田智哉、三木大輔、河渕省吾、斎藤祐見子, 2019年07月, 通常, 日本語
  10. 一次繊毛局在型Gタンパク質共役型受容体の解析, 小林勇喜, 武田茉朋, 西村宣哉, 斎藤祐見子, 日本動物学会 第90回 大阪大会 2019, 2019年09月, 通常, 日本語
  11. カレイ目黒色素胞刺激ホルモン(MSH)研究から見出したGPCRヘテロダイマー形成の重要性, 小林勇喜, 第34回 日本下垂体研究会, 2019年08月, 招待, 日本語
  12. 次世代型アルツハイマー病モデルマウスを用いた神経細胞1次繊毛動態の解析, Shogo Koubuchi, Takashi Saito, Takaomi Saido, Yuki Kobayashi, Yumiko Saito, NEURO2019, 2019年07月, 通常, 英語
  13. 1 次繊⽑局在型GPCR を介した繊⽑⻑変化−絶⾷負荷と海⾺スライス培養による解析−, 三⽊⼤輔、岡⽥智哉、河渕省吾、⼩林勇喜、斎藤祐⾒⼦, ⽇本動物学会中国四国⽀部 広島県例会, 2019年03月, 通常, 日本語
  14. 次世代型疾患モデルマウスを⽤いた1 次繊⽑とアルツハイマー病の関連に対する新規知⾒, 河渕省吾、岡⽥智哉、三⽊⼤輔、⻫藤貴志、⻄道隆⾂、⼩林勇喜、斎藤祐⾒⼦, ⽇本動物学会中国四国⽀部 広島県例会, 2019年03月, 通常, 日本語
  15. 新規疾患モデルマウスにおける一次繊毛とアルツハイマー病の関連解析, 河渕省吾,三木大輔,斉藤貴志,西道隆臣,小林勇喜,斎藤祐見子, 2019年度 中国四国地区生物系三学会合同大会, 2019年05月, 通常, 日本語
  16. 一次繊毛に着目したメラニン凝集ホルモンの機能解析, 小林勇喜, 北里大学同窓会総会, 2019年05月, 招待, 日本語
  17. 脊椎動物おける黒色素胞刺激ホルモン(MSH)とメラニン凝集ホルモン(MCH)の研究, 小林勇喜, 第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム 仙台大会, 2018年11月, 招待, 日本語
  18. MCHR1機能を強力に抑制するRGS8の生理機能の解明, 小林勇喜、竹本梨紗、濱本明恵、斎藤祐見子, 第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム 仙台大会, 2018年11月, 通常, 日本語
  19. 次世代型アルツハイマーモデルマウスにおける神経細胞1次繊毛の動態解析, 河渕省吾、岡田智哉、三木大輔、小林勇喜、斎藤祐見子, 中四国動物生理シンポジウム2018, 2018年09月, 通常, 日本語, 広島
  20. 海馬スライス培養を用いたMCHによる1次繊毛長の変化, 三木大輔、岡田智哉、小林勇喜、斎藤祐見子, 中四国動物生理シンポジウム2018, 2021年08月09日, 通常, 日本語, 広島
  21. 摂食関連ホルモンMCHによる1次繊毛長調節機構の解析, 友重桜子、小林勇喜、濱本明恵、斎藤祐見子, 中四国動物生理シンポジウム2018, 2018年09月, 通常, 日本語
  22. 絶食負荷によるMCHR1陽性1次繊毛長の変化, 岡田智哉、三木大輔、小林勇喜、斎藤祐見子, 中四国動物生理シンポジウム2018, 2018年09月, 通常, 日本語
  23. 魚類における体色調節ホルモンの研究, 小林勇喜、高橋明義、斎藤祐見子, 中四国動物生理シンポジウム2018, 2018年09月, 招待, 日本語, 広島
  24. Regulator of G protein signaling 8 (RGS8) modulates depression-like behavior via melanin-concentrating hormone receptor 1 activity, Kobayashi Y, Okada T, Takemoto R, Yamato S, Iijima M, Uematsu Y, Chaki S, Saito Y, International GPCR symposium 2018, 2018年06月, 通常, 英語, Kyoto University
  25. Characterization of orexigenic neuropeptide receptor in neuronal primary cilia in vitro and in vivo., Daisuke Miki, Tomoya Okada, Shogo Kobuchi, Yuki Kobayashi, YumikoSaito, International GPCR symposium 2018, 2018年06月, 通常, 英語, Kyoto University
  26. Feeding-related neuropeptide receptor MCHR1 localizes to neuronal primary cilia on hippocampal slice culture  海馬スライス培養を用いた摂食関連受容体MCHR1陽性1次繊毛の動態解析, 日本神経科学大会2018, 2018年07月, 通常, 英語, 神戸コンベンションセンター
  27. Characterization of primary cilia in human induced pluripotent stem cell-derived cortical neurons ヒトiPSC細胞由来神経細胞における非シナプスマーカー1次繊毛の検出, Daisuke Miki , Yuki Kobayashi , Tatsuo Miyamoto, Noriko Koganezawa, Nobuyuki Takei, Yuko Sekino , Tomoaki Shirao , Yumiko Saito, 第61回日本神経化学会大会・第40回日本生物学的精神医学会, 2018年09月, 通常, 日本語, 神戸国際会議場
  28. Feeding-related neuropeptide receptor MCHR1 localizes to neuronal primary cilia hippocampal slice culture  海馬スライス培養を用いた摂食関連受容体MCHR1陽性1次繊毛長の評価 Miki D, Okada T, Saito Y, Kobayashi Y, 第90回生化学会大会, 2017年12月, 通常, 英語, 神戸
  29. ヒト由来神経細胞の機能評価法へ向かって:培養細胞を用いた多彩なアプローチ環境センサー「 一次繊毛」に焦点を当てた評価アプローチ Neuronal primary cilium as a signaling platform for environmental cue, Yumiko Saito Daisuke Miki Tatsuo Miyamoto Yuko Sekino Tomoaki Shirao Yuki Kobayashi, 第61回日本神経化学会大会・第40回日本生物学的精神医学会, 2018年09月, 招待, 英語, 神戸国際会議場
  30. 中枢性Gタンパク質共役型受容体MCHR1とSSTR3による一次繊毛縮退機構の解析Ciliary G-protein-coupled receptor MCHR1 and SSTR3 affects cilia length control via different mechanisms, Sakura Tomoshige , Kosuke Imakado, Tatsuo Miyamoto,Yuki Kobayashi, Yumiko Saito, 第61回日本神経化学会大会・第40回日本生物学的精神医学会, 2018年09月, 通常, 英語, 神戸国際会議場
  31. エネルギー代謝状態と一次繊毛長:一次繊毛局在型Gタンパク質共役型受容体MCHR1の関与 Primary cilia length in energy balance signaling involved in melanin-concentrating hormone receptor, Tomoya Okada,Daisuke Miki,Shogo Kohbuchi, Yuki Kobayashi,Yumiko Saito, 第61回日本神経化学会大会・第40回日本生物学的精神医学会, 2018年09月, 通常, 英語, 神戸国際会議場
  32. Immunoanalysis of melanin-concentrating hormone receptor 1 located in neuronal primary cilia, Tomoya Okada,Shogo Yamato,Daisuke Miki,Yuki Kobayashi,Yumiko Saito, 第60回日本神経化学大会, 2017年09月, 通常, 英語
  33. Metabolic GPCR-mediated primary cilia shortening through dynamic cytoskeletal reorganization, Sakura Tomoshige , Kousuke Hosoba , Akie Hamamoto , Shogo Yamato , Tatsuo Miyamoto , Yuki Kobayashi , Yumiko Saito, 第60回日本神経化学大会, 2017年09月, 通常, 英語, 仙台
  34. 培養細胞系を用いた1次繊毛縮退シグナルの解析, 友重桜子, 細羽康介, 濱本明恵, 大和翔吾, 宮本達雄, 小林勇喜, 斎藤祐見子, 平成29年度日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2017年03月, 通常, 日本語
  35. 絶食負荷によるMCHR1陽性1次繊毛長の変化, 岡田智哉, 大和翔吾, 濱本明恵 , 小林勇喜, 斎藤祐見子, 平成29年度日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2017年03月, 通常, 日本語, 広島大学
  36. 海馬slice culture及び初代培養を用いた一次繊毛局在型GPCRの検出, 三木大輔, 大和翔吾, 岡田智哉, 小林勇喜, 斎藤祐見子, 平成29年度日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2017年03月, 通常, 日本語, 広島大学
  37. Gタンパク質調節タンパク質8(RGS8)過剰発現マウスは、既存の抗うつ薬経路とは異なる新規経路で抗うつ様表現型を示す, 小林勇喜, 竹本梨紗, 濱本明恵, 斎藤祐見子, 第41回日本比較内分泌学会大会, 2016年12月, 通常, 日本語, 北里大学相模原キャンパス(神奈川)
  38. Shortening of primary cilia length by melanin-concentrating hormone receptor 1-Gi/o mediated signaling., Yumiko Saito, Akie Hamamoto, Sakura Tomoshige, Shogo Yamato, Tatsuo Miyamoto, Kosuke Hosoba, Yuki Kobayashi., The 28th CDB Meeting, Cilia and Centrosomes, 2016年11月, 通常, 英語, CDB(兵庫)
  39. Melanin-concentrating hormone-mediated signaling induces cilium shortening via Gi/o-dependent Akt phosphorylation., Saito Y, Hamamoto A, Yamoto S, Kobayashi Y., Neuroscience 2016, 2016年11月, 通常, 英語, San Diego
  40. メラニン凝集ホルモン受容体1による一次繊毛縮退及びその分子機構, 濱本明恵、大和翔吾、小林勇喜、斎藤祐見子, 第14回GPCR研究会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 日本科学未来館(東京)
  41. 摂食・情動関連受容体MCHR1を介した1次繊毛縮退機構, 濱本明恵、大和翔吾、小林勇喜、児島将康、斎藤祐見子, 第38回日本生物学的精神医学会 第59回日本神経化学会大会, 2016年09月08日, 通常, 日本語
  42. RGS8tgマウスはMCHR1シグナルの抑制を介して抗うつ様表現型を示す, 小林勇喜, 竹本梨紗, 大和翔吾, 濱本明恵, 斎藤祐見子, 第38回日本生物学的精神医学会 第59回日本神経化学会大会, 2016年09月08日, 通常, 日本語, 福岡国際会議場
  43. 摂食ホルモンMCHは細胞のアンテナ1次繊毛の長さを短くする-モデル細胞を用いた解析, 友重桜子, 濱本明恵, 大和翔吾, 小林勇喜, 斎藤祐見子, 2016生物系三学会中国四国支部大会(鳥取大会), 2016年05月14日, 通常, 日本語
  44. 神経細胞における1次繊毛局在型Gタンパク質共役型受容体(GPCR)検出法の確立, 岡田智哉、大和翔吾、濱本明恵、小林勇喜、斎藤祐見子, 2016生物系三学会中国四国支部大会(鳥取大会), 2016年05月14日, 通常, 日本語
  45. ボンベシン様ペプチド受容体BRS-3の活性化機構, 德丸雄一、濱本明恵、小林勇喜、斎藤祐見子, 第12回GPCR研究会, 2015年05月, 通常, 日本語
  46. メラニン凝集ホルモンは1次繊毛縮退を誘発する, 大和翔吾、濱本明恵、小林勇喜、斎藤祐見子, 第12回GPCR研究会, 2015年05月, 通常, 日本語
  47. Melanin-concentrating hormone-mediated signaling induces reduction of the primary cilium length, S. Yamato, A. Hamamoto, Y. Kobayashi, Y. Saito, 第58回日本神経化学会大会, 2015年09月, 通常, 日本語
  48. Functional characterization of the phosphorylationsites of rat melanin-concentrating hormone receptor1, S. Mitsuyama,A. Hamamoto,Y. Kobayashi,Y. Saito, 第58回日本神経化学会大会, 2015年09月, 通常, 日本語
  49. メラニン凝集ホルモン受容体1を介した一次繊毛「縮退」機構の解析, 濱本明恵、大和翔吾、小林勇喜、斎藤祐見子, BMB2015, 2015年12月, 通常, 日本語

受賞

  1. 2020年10月, ポスター優秀賞, 日本神経化学会, 中枢性摂食を制御する一次繊毛からのNPYシグナル経路の解析
  2. 2019年05月, 北里大学同窓会研究奨励賞, 北里大学, 一次繊毛に着目したメラニン凝集ホルモンの機能解析
  3. 2018年11月, 比較内分泌学会奨励賞, 比較内分泌学会, 脊椎動物おける黒色素胞刺激ホルモン(MSH)とメラニン凝集ホルモン(MCH)の研究
  4. 2017年09月, 優秀ポスター賞, 第60回 日本神経化学会, Analyzed of melanin-concentrating hormone receptor 1 localized in neuronal primary cilia.
  5. 2005年04月, 北島賞, 北里大学

社会活動

委員会等委員歴

  1. 庶務幹事, 2020年06月, 2022年03月, 日本動物学会中四国支部
  2. 学会誌「比較内分泌学」編集委員, 2017年04月, 2022年03月, 比較内分泌学会
  3. 委員, 2017年04月, 2022年03月, 比較内分泌学会-若手交流会小委員会 
  4. 理事, 2016年05月, 2022年03月, 広島大学消費生活協同組合

学術会議等の主催

  1. 日本動物学会 第92回 米子大会 2021, 2021年04月, 2021年10月
  2. 日本動物学会 第91回 米子大会 2020, 準備委員, 2018年04月, 2021年03月
  3. 日本生物学オリンピック2019 本選, 2019年03月, 2021年03月
  4. 第44回日本比較内分泌学会大会若手シンポジウムオーガナイザー, 2018年11月, 2019年03月
  5. 第42回日本比較内分泌学会大会若手シンポジウムオーガナイザー, 2016年11月, 2017年12月
  6. 日本生物学オリンピック 2017 本選, 準備委員, 2016年08月, 2017年09月
  7. 日本生物学オリンピック 2015 本選, 準備委員, 2015年04月, 2015年09月
  8. 第40回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第37回大会 合同大会, 庶務・会計, 2014年08月, 2015年12月
  9. 第40回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第37回大会 合同大会 若手シンポジウム, オーガナイザー, 2014年08月, 2015年12月
  10. 第40回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第37回大会 合同大会 市民向け公開講座, オーガナイザー, 2014年08月, 2015年12月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 高大連携公開講座, 「見る脳・わかる脳-広大総科で脳科学を学ぶ」, 2021年, 講師, インターネット, 高校生
  2. Open Lab. , 「細胞のアンテナを見てみよう!」, 2021年, 講師, インターネット, 高校生
  3. 高大連携公開講座, 脳の不思議-高校生のための脳科学講座, 2020年/09月, 講師, 出前授業, 高校生
  4. 広島大学オンラインオープンキャンパス Open Lab. 講師, 「脳科学 食欲や気分」, 2020年/08月, 出演, インターネット, 高校生
  5. 理科教材ワークショップ, 「筋肉の繋がりを残したまま透明化:透明骨格標本(魚類から哺乳類まで)」, 2020年/02月/15日, 東千田キャンパス, 出演, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  6. つくれば工房ものづくりワークショップ 透明骨格標本を作ろう, 2019年/12月/08日, ほたる荘, 講師, セミナー・ワークショップ
  7. 女子高生のための体験科学講座, 2019年/03月, 広島大学総合科学研究科, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  8. 女性研究者活躍促進シンポジウム「研究する人生という選択」, 2014年/03月, サタケメモリアルホール, パネリスト, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般