緋田 安希子AKIKO HIDA

Last Updated :2024/07/05

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
akhidahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山1-3-1 先端科学総合研究棟605W
TEL:082-424-6588 FAX:082-424-7047

基本情報

主な職歴

  • 2015年04月01日, 2018年03月31日, 広島大学, 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2018年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院先端物質科学研究科, 助教
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 工学部, 第三類(化学・バイオ・プロセス系), 日本, 2009年04月, 2013年03月
  • 広島大学, 大学院先端物質科学研究科, 分子生命機能科学専攻(博士課程前期), 日本, 2013年04月, 2015年03月
  • 広島大学, 大学院先端物質科学研究科, 分子生命機能科学専攻(博士課程後期), 日本, 2015年04月, 2018年03月

学位

  • 修士(工学) (広島大学)
  • 博士(工学) (広島大学)

所属学会

  • 日本農芸化学会
  • 日本生物工学会
  • 環境バイオテクノロジー学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 4ターム, 技術英語演習
  2. 2024年, 学部専門, 通年, 卒業論文
  3. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  4. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物工学特別演習A
  5. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物工学特別演習A
  6. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物工学特別演習B
  7. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物工学特別演習B
  8. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Fermented botanical fertilizer controls bacterial wilt of tomatoes caused by Ralstonia pseudosolanacearum, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 88巻, 5号, pp. 571-576, 20240422
  2. ★, Identification of the mcpA and mcpM genes, encoding methyl-accepting proteins involved in amino acid and L-malate chemotaxis, and involvement of McpM-mediated chemotaxis in plant infection by Ralstonia pseudosolanacearum (formerly Ralstonia solanacearum phylotypes I and III), Applied and Environmental Microbiology, 81巻, 21号, pp. 7420-7430, 201511
  3. ★, Identification of boric acid as a novel chemoattractant and elucidation of its chemoreceptor in Ralstonia pseudosolanacearum Ps29, Scientific reports, 7巻, pp. 8609, 201708
  4. Identification and characterization of chemosensors for D-malate, unnatural enantiomer of malate, in Ralstonia pseudosolanacearum, Microbiology, 163巻, 2号, pp. 233-242, 201703
  5. Negative chemotaxis of Ralstonia pseudosolanacearum to maleate and identification of the maleate chemosensory protein, Journal of Bioscience and Bioengineering, 124巻, 6号, pp. 647-652, 201712
  6. Involvement of many chemotaxis sensors in negative chemotaxis to ethanol in Ralstonia pseudosolanacearum Ps29, Microbiology, 163巻, 12号, pp. 1880-1889, 201712
  7. High-Affinity Chemotaxis to Histamine Mediated by the TlpQ Chemoreceptor of the Human Pathogen Pseudomonas aeruginosa, MBIO, 9巻, 6号, 2018
  8. Two citrate chemoreceptors involved in chemotaxis to citrate and/or citrate-metal complexes in Ralstonia pseudosolanacearum, Journal of Bioscience and Bioengineering, 127巻, 2号, pp. 169-175, 2019
  9. Accelerating itaconic acid production by increasing membrane permeability of whole-cell biocatalyst based on a psychrophilic bacterium Shewanella livingstonensis Ac10, JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY, 312巻, pp. 56-62, 20200320
  10. Characterization of methyl-accepting chemotaxis proteins (MCPs) for amino acids in plant-growth-promoting rhizobacterium Pseudomonas protegens CHA0 and enhancement of amino acid chemotaxis by MCP genes overexpression, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 202005
  11. Efficient production of 1,3-propanediol by psychrophile-based simple biocatalysts in Shewanella livingstonensis Ac10 and Shewanella frigidimarina DSM 12253, JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY, 323巻, pp. 293-301, 20201110
  12. ★, Chemotactic disruption as a method to control bacterial wilt caused by Ralstonia pseudosolanacearum, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 85巻, 3号, pp. 697-702, 20210224
  13. Psychrophile-based simple biocatalysts for effective coproduction of 3-hydroxypropionic acid and 1,3-propanediol, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 85巻, 3号, pp. 728-738, 20210224
  14. Unexpectedly high thermostability of an NADP-dependent malic enzyme from a psychrophilic bacterium, Shewanella livingstonensis Ac10, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 132巻, 5号, pp. 445-450, 202111

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 植物関連細菌の走化性に関する研究, 緋田安希子, 日本農芸化学会中四国支部第65回講演会(例会), 2023年06月03日, 招待, 日本語
  2. 植物病原細菌におけるホウ酸を標的とした感染機構の解明, 緋田安希子、藤川晃太朗、木浦龍太郎、田島誉久、加藤純一, 日本農芸化学会2023年度大会, 2023年03月16日, 通常, 日本語
  3. 植物醗酵物は青枯病菌の植物体内での増殖を抑制する, 緋田安希子、田所千佳、鳥居英人、竹中航平、藤岡耕太郎、岸田晋輔、田島誉久、加藤純一, 日本農芸化学会2022年度京都大会, 2022年03月16日, 通常, 日本語
  4. 植物病原菌の走化性と宿主探索機構, 緋田安希子, HiHA Young Researchers Workshop, 2021年04月28日, 招待, 日本語
  5. 植物発酵物を活用した青枯病防除とその作用機序の解明, 緋田安希子、田所千佳、鳥居英人、河本亮、藤岡耕太郎、岸田晋輔、田島誉久、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2021大会, 2021年09月02日, 通常, 日本語
  6. 植物発酵物(FBP)の青枯病防除効果, 緋田安希子、鳥居英人、河本亮、藤岡耕太郎、岸田晋輔、田島誉久、加藤純一, 日本農芸化学会2021年度大会, 2021年03月19日, 通常, 日本語
  7. 植物病原菌は何を目印にして宿主を探す?, 緋田安希子、田島誉久、加藤純一, 生物工学会若手研究者の集い夏のセミナー2019, 2019年07月, 通常, 日本語
  8. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の有機酸走化性と植物感染への影響, 緋田安希子, 加藤純一、奥正太、中里憲司、高西寿洋、米田佳那子、田島誉久、中島田豊, 日本農芸化学会2013年度大会, 2013年03月, 通常, 日本語
  9. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum のアミノ酸走化性と植物感染への影響, 緋田安希子, 奥正太、Tunchai Mattana、中里憲司、高西寿洋、米田佳那子、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第65回日本生物工学会大会, 2013年09月, 通常, 日本語
  10. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の植物関連物質走化性と植物感染への影響, 緋田安希子, 奥正太、中里憲司、高西寿洋、米田佳那子、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第29回日本微生物生態学会大会, 2013年11月, 通常, 日本語
  11. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の有機酸走化性と植物感染への影響, 緋田安希子, 奥正太、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第66回日本生物工学会大会, 2014年09月, 通常, 日本語
  12. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の植物感染に重要な走化性物質の探索, 緋田安希子, 奥正太、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 環境微生物系合同大会2014, 2014年10月, 通常, 日本語
  13. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum の走化性機構解析とその応用, 緋田安希子, 奥正太、Tunchai Mattana、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 環境バイオテクノロジー学会2015, 2015年06月, 通常, 日本語
  14. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum のホウ酸走化性, 緋田安希子, 奥正太、Tunchai Mattana、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第67回日本生物工学会大会, 2015年10月, 通常, 日本語
  15. ホウ酸走化性に関わる新規センサータンパク質の解析, 緋田安希子, 田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第68回日本生物工学会大会, 2016年09月, 通常, 日本語
  16. 青枯病菌 Ralstonia solanacearum のクエン酸走化性と植物感染への重要性, 緋田安希子, Tunchai Mattana、田島誉久、中島田豊、加藤純一, 第69回日本生物工学会大会, 2017年09月, 通常, 日本語

受賞

  1. 2023年06月03日, 日本農芸化学会中四国支部 奨励賞, 日本農芸化学会, 植物関連細菌の走化性に関する研究
  2. 2020年07月, 統合生命科学研究科奨励賞
  3. 2019年07月21日, 生物工学若手研究者の集い夏のセミナー2019 ポスター特別賞
  4. 2014年12月09日, 学生賞, 日本生物工学会西日本支部
  5. 2015年10月26日, 生物工学学生優秀賞(飛翔賞), 日本生物工学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 戦略的創造研究推進事業 個人型研究(ACT-X)「環境とバイオテクノロジー」領域, 植物病原菌におけるホウ酸を介した感染機構の解明, 2021年10月01日
  2. 科学研究費助成事業(科研費)若手研究, 細菌挙動の理解に向けた走化性センサータンパク質のリガンド徹底解明, 2020年04月, 2024年03月
  3. 科学研究費助成事業(科研費)研究活動スタート支援, 植物病原菌におけるホウ酸走化性の意義, 2018年04月, 2020年03月
  4. 科学研究費助成事業(科研費)特別研究員奨励費, 青枯病細菌の植物感染最初期段階に関与する走化性分子機構の全貌解明, 2015年04月, 2018年03月