河崎 陸RIKU KAWASAKI

Last Updated :2022/01/05

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
riku0528hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
超分子化学に立脚した機能性ナノ材料の創製およびその医用応用に関する研究を進めてまいりました。特に疎水化多糖を用いたナノ材料によるドラッグデリバリーシステムの構築に注力してまいりました。

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月, 2017年08月, 京都大学大学院工学研究科, 特定研究員
  • 2017年09月, 2018年08月, カリフォルニア大学サンディエゴ校薬学研究科, 博士研究員
  • 2018年09月, 2019年09月, 理化学研究所, 特別研究員
  • 2019年10月01日, 2020年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 助教

学歴

  • 京都大学大学院, 工学研究科, 高分子化学専攻, 日本, 2014年04月, 2017年03月
  • 大阪市立大学, 工学研究科, 化学生物系専攻, 日本, 2012年04月, 2014年03月
  • 大阪市立大学, 工学部, バイオ工学科, 日本, 2008年04月, 2012年03月

学位

  • 修士(工学) (大阪市立大学)
  • 博士(工学) (京都大学)

研究分野

  • 複合領域 / 人間医工学 / 生体医工学・生体材料学

研究キーワード

  • 超分子化学、自己組織化、ナノ粒子、ヒドロゲル、バイオマテリアル、ドラッグデリバリーシステム、再生医療、有機ー無機ハイブリッド材料、イメージング材料、医用材料、バイオ医薬品、多糖、細胞外ベシクル、エクソソーム

所属学会

  • 日本化学会, 2014年04月
  • 高分子学会, 2013年04月
  • 日本DDS学会, 2013年04月
  • アメリカ化学会, 2018年04月

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 2ターム, 一般化学[2工一]
  2. 2021年, 教養教育, 2ターム, 応用化学・化学工学・生物工学序論
  3. 2021年, 学部専門, 4ターム, 有機化学演習
  4. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 化学実験I
  5. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 応用化学特別演習A
  6. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用化学特別演習A
  7. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 応用化学特別演習B
  8. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用化学特別演習B
  9. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 応用化学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Magnetically guided protein transduction by hybrid nanogel chaperones with iron oxide nanoparticles, Angewandte Chemie International Edition, 128巻, pp. 11377-11381, 2016
  2. ★, Intracellular delivery and passive tumor targeting of a self-assembled nanogel containing clusters for boron neutron capture therapy, Biochemical and Biophysical Research Communications, 483巻, pp. 147-152, 2017
  3. ★, Calcium-deficient hydroxyapatite as a potential sorbent for strontium, Scientific Reports, 7巻, pp. 2064, 2017
  4. ★, Self-assembled nanogels of carborane-bearing polysaccharides for boron neutron capture therapy, Chemistry Letter, 46巻, pp. 513-517, 2017
  5. ★, Magnetically navigated intracellular delivery of extracellular vesicles using amphiphilic nanogels, Bioconjugate Chemistry, 30巻, pp. 2150-2154, 2019
  6. Nanogel hybrid assembly for exosome intracellular delivery: effects on endocytosis and fusion by exosome surface polymer engineering, Biomaterials Science, 2巻, pp. 619-630, 2020
  7. Improved Stability and Photodynamic Activity of Water-Soluble 5,15-Diazaporphyrins Incorporated in Beta-(1,3-1,6)-D-Glucan with On-Off Switch, Chemistry An Asian Journal, 15巻, pp. 365-370, 2020
  8. Improved Stability and Photodynamic Activity of Water-Soluble 5,15-Diazaporphyrins Incorporated in beta-(1,3-1,6)-d-Glucan with On-Off Switch, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 15巻, 3号, pp. 365-370, 20200203
  9. Aggregation-Induced Emission and Retention of Crystal Chiral Information of Tetraphenylethylene Incorporated by Polysaccharides in Water, CHEMPHOTOCHEM, 4巻, 8号, pp. 577-581, 202008
  10. Improved water solubility and photodynamic activity of hydroxy-modified porphyrins by complexation with cyclodextrin, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 18巻, 34号, pp. 6702-6709, 20200914
  11. Hydrogen Sulfide-Responsive Self-Assembled Nanogel, ACS APPLIED POLYMER MATERIALS, 2巻, 9号, pp. 3756-3760, 20200911
  12. Water Solubilization of Phthalocyanine Derivatives via Interactions of Long Alkyl Chains and Cyclodextrins: Potential Complexes for Photodynamic Therapy, ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 9巻, 10号, pp. 1589-1596, 202010
  13. Bacterial elimination via the photodynamic activity of a fullerene/light-harvesting antenna molecule assembled system integrated into liposome membranes, NANOSCALE ADVANCES, 2巻, 10号, pp. 4395-4399, 20201001
  14. Solubilization of Tetrahydroxyphenylchlorin in Water and Improved Photodynamic Activity after Complexation with Cyclic Oligo- and Polysaccharides, ACS APPLIED BIO MATERIALS, 3巻, 5号, pp. 3217-3225, 20200518
  15. Fullerene-porphyrin hybrid nanoparticles that generate activated oxygen by photoirradiation, RSC ADVANCES, 11巻, 3号, pp. 1564-1568, 20210113
  16. Water Solubilization and Thermal Stimuli-Triggered Release of Porphyrin Derivatives Using Thermoresponsive Polysaccharide Hydroxypropyl Cellulose for Mitochondria-Targeted Photodynamic Therapy, ACS OMEGA, 6巻, 4号, pp. 3209-3217, 20210202
  17. Mechanism toward Turn-on of Polysaccharide-Porphyrin Complexes for Fluorescence Probes and Photosensitizers in Photodynamic Therapy in Living Cells, CHEMMEDCHEM, 16巻, 5号, pp. 793-803, 20210303
  18. ★, Tumor-targeting hyaluronic acid/fluorescent carborane complex for boron neutron capture therapy, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 559巻, pp. 210-216, 20210625
  19. ★, Development of Reactive Oxygen Species-Triggered Degradable Nanoparticles Using Oligoproline-containing Peptides, Biomacromolecules, 21巻, pp. 1589-1596
  20. ★, Magnetically navigated protein transduction in vivo using iron-oxide-nanogel chaperone hybrid, Advanced Healthcare Materials, 10巻, pp. 2001988
  21. ★, Nanoscale polyion complex vesicles for delivery of cargo proteins and Cas9 ribonucleoprotein complexes to plant cells, ACS Applied Nano Materials

受賞

  1. 2014年
  2. 2016年, 学生ポスター賞, 高分子学会
  3. 2016年, 優秀ポスター賞, バイオ高分子シンポジウム
  4. 2016年
  5. 2017年, 日本化学会

取得

  1. 特許権, 粒子を形成することが可能なペプチドを含む組成物

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. がん医療研究推進助成金, ホウ素中性子捕捉療法と免疫療法の集学的治療を可能にするホウ素化多糖ナノゲルの創製, 2021年03月01日, 2023年02月28日
  2. 研究奨励助成金, BNCT用ホウ素化多糖ナノゲルの開発と転移がん治療, 2021年02月01日, 2022年04月30日
  3. 研究助成, ホウ素中性子捕捉療法を志向した含ホウ素希土類酸化物ーホウ素化多糖ナノ粒子の創製とその悪性脳腫瘍への応用, 2020年10月01日, 2021年09月30日
  4. 研究推進助成金, ホウ素中性子捕捉療法とがん免疫療法の協奏的治療による革新的がん治療を可能にする抗P D-1抗体搭載型ホウ素化多糖ナノ粒子の創製, 2020年08月01日, 2021年03月31日
  5. サタケ基金研究助成, オートファジーの協奏的制御を可能にする活性酸素種応答性多糖ナノ粒子を用いた革新的変形性関節症治療薬の開発, 2020年04月, 2021年03月
  6. 京都技術科学センター研究開発助成, 近赤外光によるがん治療を可能にするヒドロゲル微粒子の創製とその悪性脳腫瘍治療への応用, 2020年04月, 2021年03月
  7. 科学研究費, 活性酸素種分解性ポリペプチドによるオルガネラ選択的バイオ医薬品デリバリー, 2019年04月, 2022年03月
  8. 長期海外研究助成, 光磁気ナノキャリアによる革新的ナノ医療技術の開発, 2017年09月, 2018年08月