宇都宮 裕人HIROTO UTSUNOMIYA

Last Updated :2024/04/03

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
ホームページ
メールアドレス
hutsuhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 臨床研究棟4階421
TEL:082-257-5540 FAX:082-257-1569
自己紹介
心臓超音波検査を用いた臨床検査,研究に従事しています。主に三次元経食道心エコーを用いた弁膜症の評価と新規治療法の開発に携わっています。

基本情報

主な職歴

  • 2021年10月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教
  • 2016年10月01日, 2021年03月31日, 広島大学, 病院, 助教
  • 2014年02月01日, 2016年09月30日, シーダーズ・サイナイ病院, 循環器内科 博士研究員
  • 2011年04月01日, 2014年01月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2004年05月01日, 2007年03月31日, 国立循環器病研究センター, 医師
  • 2002年05月16日, 2003年03月30日, 広島大学, 病院, 内科研修医

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1996年04月, 2002年03月
  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 展開医科学専攻, 日本, 2007年04月, 2011年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 循環器内科学

研究キーワード

  • 三次元心エコー
  • 構造的心疾患
  • 弁膜症
  • 心不全

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学I
  2. 2024年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  4. 2024年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  5. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 三尖弁について語ろう: 三尖弁の心エコーイメージング―2Dから最先端のイメージングまで., 「心エコー」, 22巻, 5号, pp. 402-412, 202105
  2. 経食道心エコーの新ルール!: 三尖弁形成術を念頭においた精査のルール., 「心エコー」, 22巻, 6号, pp. 558-567, 202106
  3. 岡本論文に対するEditorial Comment., 「心臓」, 53巻, 4号, pp. 393-394, 202105
  4. 三尖弁閉鎖不全症を三次元的に評価する., 「Voice of Customer」, 202112
  5. 機能性三尖弁逆流の3次元エコー測定による右心系形態変化~臨床現場から考える三尖弁輪形成の重要性~., 「Tricuspid Valve Report」, 202007
  6. 必ず役立つ心エコー 研修医のためのFOCUSのトリセツ. 3章-3. 右室サイズと右室収縮能., 「レジデントノート」, 24巻, 9号, pp. 114-122, 202209
  7. A vegetation in a unique location without exposure to regurgitation or a shunt jet, J Cardiol Cases, 25巻, 6号, pp. 343-347, 202206
  8. Successful MitraClip Therapy for Atrial Functional Mitral Regurgitation With Severe Mitral Annular Calcification., JACC Cardiovasc Interv, 14巻, 1号, pp. 101-102, 202101
  9. 心筋障害の経時的な変化をみる―改善,悪化,あるいは不変: 中等度のMRのフォローアップ., 「心エコー」, 21巻, 9号, pp. 862-871, 202009
  10. MR (一次性)., 「もう迷わない!ガイドライン準拠の心エコー」, pp. 210-217, 202004
  11. 第3部 状況別エコー活用法, II章 検査・治療のガイド, D: 経静脈的僧帽弁修復術:MitraClip., 「実践に活きる 臨床心エコー図法」, pp. 531-543, 202003
  12. 温故知新 ドプラ学再考―このドプラ指標の由来と実力を知っていますか?: 今更聞けないPISA法の理屈―ずばり何のこと?, 「心エコー」, 23巻, 202210
  13. これならわかる!難しくない解剖と疾患と治療のはなし~弁膜症編~』 特集4. 三尖弁がわるくなったらどうなる?, 「ハートナーシング」, 33巻, 5号, pp. 44-55, 202005
  14. 心臓腫瘍, 「今日の治療指針 2019年度版」, pp. 430-432, 201911
  15. 心臓腫瘍, 「今日の診断指針 第8版」, pp. 869-874, 202009
  16. 『新人スタッフも説明できる!まるごと心臓病の治療絵本』 特集4. 弁疾患にはどんな治療をするの?, 「ハートナーシング」, 32巻, 5号, pp. 44-55, 201905
  17. 疾患と看護②循環器 2. 循環器の疾患と看護/5. 心不全., 「ナーシング・グラフィカ」, pp. 138-156, 201904
  18. 左室の評価に活かす/GLSによる予後予測―最重要エビデンスのまとめ, 「心エコー」, 20巻, 3号, pp. 282-289, 201903
  19. 検査総論 CT/MRI, 「今日の循環器疾患治療指針」, pp. 112-120, 201208
  20. Results of PRospect trial to Elucidate the utility of EchocarDiography-based Cardiac ouTput in acute heart failure (PREDICT), JOURNAL OF CARDIOLOGY, 80巻, 3号, pp. 218-225, 202209
  21. ★, Predominant Posterior Annular Dilatation Is Associated with Vena Contracta Morphology in Atrial Functional Tricuspid Regurgitation, JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF ECHOCARDIOGRAPHY, 35巻, 6号, pp. 588-599, 202206
  22. Factors Influencing Cardiac Sympathetic Nervous Function in Patients With Severe Aortic Stenosis: Assessment by I-123-Metaiodobenzylguanidine Myocardial Scintigraphy, HEART LUNG AND CIRCULATION, 31巻, 5号, pp. 671-677, 202205
  23. ★, Role of anatomical regurgitant orifice area and right ventricular contractile reserve in severe tricuspid regurgitation, EUROPEAN HEART JOURNAL-CARDIOVASCULAR IMAGING, 23巻, 7号, pp. 989-1000, 202207
  24. A simple method to predict impaired right ventricular performance and disease severity in chronic pulmonary hypertension using strain rate imaging, Int J Cardiol, 147巻, 1号, pp. 88-94, 200902
  25. Characterization of noncalcified coronary plaques and identification of culprit lesions in patients with acute coronary syndrome by 64-slice computed tomography, JACC Cardiovasc Imaging, 2巻, 2号, pp. 153-160, 200902
  26. Value of estimated right ventricular filling pressure in predicting cardiac events in chronic pulmonary arterial hypertension, J Am Soc Echocardiogr, 22巻, 12号, pp. 1368-1374, 200912
  27. Association between visceral adipose tissue area and coronary plaque morphology assessed by CT angiography, JACC Cardiovasc Imaging, 3巻, 9号, pp. 908-917, 201009
  28. Combined presence of aortic valve calcification and mitral annular calcification as a marker of the extent and vulnerable characteristics of coronary artery plaque assessed by 64-multidetector computed tomography, Atherosclerosis, 213巻, 1号, pp. 166-172, 201011
  29. Coronary calcium score as a predictor for coronary artery disease and cardiac events in Japanese high-risk patients, Circ J, 75巻, 10号, pp. 2424-2431, 2011
  30. Underestimation of aortic valve area in calcified aortic valve disease: effects of left ventricular outflow tract ellipticity, Int J Cardiol, 157巻, 3号, pp. 347-353, 201106
  31. Effects of statin therapy on non-calcified coronary plaque assessed by 64-slice computed tomography, Int J Cardiol, 150巻, 2号, pp. 146-159, 201106
  32. Association between epicardial adipose tissue volume and characteristics of non-calcified plaques assessed by coronary computed tomographic angiography, Int J Cardiol, 161巻, 1号, pp. 45-49, 201111
  33. Association between plasma high-molecular-weight adiponectin and coronary plaque characteristics assessed by computed tomography angiography in conditions of visceral adipose accumulation, Circ J, 76巻, 7号, pp. 1687-1696, 2012
  34. Association between aortic valve calcification and myocardial ischemia, especially in asymptomatic patients, J Nucl Med, 53巻, 8号, pp. 1216-1221, 201208
  35. Effects of serum potassium level on left ventricular diastolic function in patients with primary aldosteronism, Int J Cardiol, 160巻, 1号, pp. 68-70, 201209
  36. Impact of aldosterone-producing adenoma on cardiac structures in echocardiography, J Echocardiogr, 11巻, pp. 123-129, 201302
  37. Noncalcified atherosclerotic lesions with vulnerable characteristics detected by coronary CT angiography and future coronary events, J Cardiovasc Comput Tomogr, 7巻, 3号, pp. 192-199, 201303
  38. Association between serum levels of n-3 polyunsaturated fatty acids and coronary plaque detected by coronary computed tomography angiography in patients receiving statin therapy, Circ J, 77巻, 10号, pp. 2578-2585, 201307
  39. Incremental prognostic value of cardiac computed tomography angiography in asymptomatic aortic stenosis: significance of aortic valve calcium score, Int J Cardiol, 168巻, 6号, pp. 5205-5211, 201310
  40. Insulin resistance and subclinical abnormalities of global and regional left ventricular function in patients with aortic valve sclerosis, Cardiovasc Diabetol, 13巻, 1号, pp. 86, 201404
  41. Prognostic value of coronary artery calcium and epicardial adipose tissue assessed by non-contrast cardiac computed tomography, Atherosclerosis, 233巻, 2号, pp. 447-453, 201404
  42. Age- and sex-related differences in coronary plaque high-risk features in patients with acute coronary syndrome assessed by computed tomography angiography, Int J Cardiol, 174巻, 3号, pp. 744-747, 201407
  43. Predictive value of neutrophil to lymphocyte ratio for the presence of coronary artery ectasia in patients with aortic aneurysms, IJC Heart & Vessels, 4巻, pp. 30-34, 201409
  44. Value of Resting Echocardiographic Findings and Dobutamine Stress Echocardiography for Diagnosing Myocardial Ischemia in Patients with Suspected Angina Pectoris, Echocardiography, 32巻, 6号, pp. 993-1002, 201506
  45. Effects of the topographical extent of coronary artery ectasia on coronary blood flow in patients with aortic aneurysms, Heart Vessels, 30巻, 6号, pp. 712-718, 201511
  46. Assessment of Post-Procedural Aortic Regurgitation After TAVR: An Intraprocedural TEE Study., JACC Cardiovasc Imaging, 8巻, 9号, pp. 993-1003, 201509
  47. Identifying Small Coronary Calcification in Non-Contrast 0.5-mm Slice Reconstruction to Diagnose Coronary Artery Disease in Patients with a Conventional Zero Coronary Artery Calcium Score, J Atheroscler Thromb, 23巻, 12号, pp. 1324-1333, 201612
  48. Distant Position of Chordae from Coaptation Causes Mitral Regurgitation in Patients with Atrial Fibrillation., J Heart Val Dis, 25巻, 3号, pp. 323-331, 201603
  49. Significant Reduction in Mitral Regurgitation Volume Is the Main Contributor for Increase in Systolic Forward Flow in Patients with Functional Mitral Regurgitation after Transcatheter Aortic Valve Replacement: Hemodynamic Analysis Using Echocardiography., Echocardiography, 32巻, 11号, pp. 1621-1627, 201511
  50. 当院にて最近経験した深部静脈血栓症・肺塞栓症の臨床的特徴, Therapeutic Research, 30巻, 5号, pp. 640-643, 200905
  51. 腹部内蔵脂肪蓄積と冠動脈プラークとの関係-64列CTによる評価-, メタボリックシンドローム, 6巻, 1号, pp. 26-29, 201006
  52. 安定狭心症における臨床背景とIB-IVUSを用いた組織性状に関する検討, 廣島醫學, 65巻, 6号, pp. 443-447, 201206
  53. 心エコーと心臓CT, 心エコー, 11巻, 2号, pp. 176-187, 201002
  54. 3D心エコーを用いた左室壁運動評価の経験, 廣島醫學, 64巻, 2号, pp. 107, 201102
  55. 大動脈弁石灰化と冠動脈硬化および心室リモデリングとの関連-正常駆出率例での検討-, 超音波医学, 38巻, pp. 340, 201104
  56. スニチニブ投与開始後,左室駆出率低下をきたした3症例, 超音波医学, 38巻, pp. 484, 201104
  57. 19歳大動脈炎症候群に合併した左腎動脈閉鎖、右腎動脈狭窄症例に対する治療, 廣島醫學, 64巻, 4号, pp. 225, 201104
  58. Percutaneous Cardiopulmonary Support(PCPS)管理におけるAir-Way Pressure Release Ventila-tion(APRV)の有効性, 廣島醫學, 64巻, 7号, pp. 343, 201107
  59. 多枝冠動脈攣縮が誘発され血流依存性血管拡張反応・内膜中膜複合体厚測定を行った低左心機能の一例, 超音波医学, 38巻, 6号, pp. 703, 201111
  60. サリドマイド内服後,左室収縮能が改善したPOEMS症候群の一例, 超音波医学, 38巻, 6号, pp. 702, 201111
  61. 右傍胸骨アプローチによる大動脈弁血流速度測定の有用性-心尖部アプローチとの比較-, 廣島醫學, 65巻, 1号, pp. 55, 201201
  62. 陽性リモデリングを呈する冠動脈病変におけるIB-IVUSを用いた組織性状とその臨床背景に関する検討, 廣島醫學, 65巻, 2号, pp. 131, 201202
  63. 19歳大動脈炎症候群に合併した左腎動脈閉塞、右腎動脈狭窄症例に対する治療戦略-One-Kidney,One-Clipの臨床経過-, 廣島醫學, 65巻, 5号, pp. 437, 201205
  64. 64列MDCTを用いた心外膜脂肪と脆弱性プラークの検討, メタボリックシンドローム, 8巻, 1号, pp. 31-33, 201206
  65. 植込み型不整脈デバイスの遠隔モニタリングシステムによる遠隔的心不全増悪予測, 廣島醫學, 66巻, 2号, pp. 150-151, 201302
  66. 労作により誘発される冠攣縮性狭心症を伴った閉塞性肥大型心筋症の1例, 循環器専門医, 21巻, 1号, pp. 119-127, 201303
  67. 当院における肺高血圧症診療実態~慢性血栓塞栓性高血圧症に対するカテーテル治療を含め~, 廣島醫學, 66巻, 3号, pp. 212, 201303
  68. 無症候性大動脈弁狭窄におけるコンピューター制御の心臓断層撮影血管造影法の予後的価値の増加:大動脈弁カルシウムスコアの重要性, Int J Cardiol, 168巻, 6号, pp. 5205-5211, 2013
  69. 血管機能と冠動脈CT/MRI, Heart View, 17巻, 6号, pp. 60-73, 201305
  70. 大動脈弁再建術後患者では運動負荷により有効弁口面積が増加する, 超音波医学, 40巻, 6号, pp. 660-661, 201311
  71. 冠動脈stent内再狭窄に対する冠動脈形成術における術後心筋障害の検討, 廣島醫學, 67巻, 2号, pp. 109, 201402
  72. 長寿社会に求められる弁膜症治療 5.一歩踏み込んだ画像モダリティの活用方法(解説/特集), Heart View, 18巻, 9号, pp. 922-928, 201409
  73. 冠動脈バイパス術18年後に胃十二指腸動脈の狭窄に対してステント留置術を施行した1症例, 廣島醫學, 62巻, 3号, pp. 167, 200903
  74. 卵円孔開存により両側腎梗塞を合併した肺塞栓症の1例, 心臓, 42巻, 7号, pp. 971-973, 201007
  75. ★, Functional Tricuspid Regurgitation Caused by Chronic Atrial Fibrillation: A Real-Time 3-Dimansional Transesophageal Echocardiography Study, Circ Cardiovasc Imaging, 10巻, 1号, pp. e004897, 201701
  76. Geometric Changes in Ventriculoaortic Complex After Transcatheter Aortic Valve Replacement and Its Association With Post-Procedural Prosthesis-Patient Mismatch: An Intraprocedural 3D-TEE Study, Eur Heart J Cardiovasc Imaging, 18巻, 1号, pp. 1-10, 201701
  77. Impact of Mitral Annular Displacement on Left Ventricular Diastolic Function Improvement After Transcatheter Aortic Valve Implantation., Circ J, 81巻, 4号, pp. 558-566, 201704
  78. Evaluation of Vegetation Size and Its Relationship With Septic Pulmonary Embolism in Tricuspid Valve Infective Endocarditis: A Real-Time 3DTEE Study., Echocardiography, 34巻, 4号, pp. 549-556, 201704
  79. ★, Usefulness of 3D Echocardiographic Parameters of Tricuspid Leaflet Morphology to Predict Residual Tricuspid Regurgitation After Tricuspid Annuloplasty, Eur Heart J Cardiovasc Imaging, 2017
  80. Impact of Mitral Annular Displacement on Left Ventricular Diastolic Function Improvement After Transcatheter Aortic Valve Implantation, Circ J, 2017
  81. Evaluation of Vegetation Size and Its Relationship With Septic Pulmonary Embolism in Tricuspid Valve Infective Endocarditis: A Real-Time 3DTEE Study, Echocardiography, 2017
  82. Identifying Small Coronary Calcification in Non-Contrast 0.5-mm Slice Reconstruction to Diagnose Coronary Artery Disease in Patients with a Conventional Zero Coronary Artery Calcium Score, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 23巻, 12号, pp. 1324-1333, 2016
  83. Mitral systolic velocity at peak exercise predicts impaired exercise capacity in patients with heart failure with preserved ejection fraction, ECHOCARDIOGRAPHY-A JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ULTRASOUND AND ALLIED TECHNIQUES, 34巻, 2号, pp. 217-225, 201702
  84. Causes of an increased pressure gradient through the left ventricular outflow tract: a West Coast experience, JOURNAL OF ECHOCARDIOGRAPHY, 16巻, 1号, pp. 34-41, 201801
  85. Different Indicators for Postprocedural Mitral Stenosis Caused by Single- or Multiple-Clip Implantation After Percutaneous Mitral Valve Repair., J Cardiol, 71巻, 4号, pp. 336-345, 201804
  86. Different indicators for postprocedural mitral stenosis caused by single- or multiple-clip implantation after percutaneous mitral valve repair, JOURNAL OF CARDIOLOGY, 71巻, 3-4号, pp. 336-345, 2018
  87. Severe heart failure (NYHA Class IV) is associated with increased left ventricular mass index and short mitral deceleration time in severe aortic valve stenosis, ECHOCARDIOGRAPHY-A JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ULTRASOUND AND ALLIED TECHNIQUES, 35巻, 8号, pp. 1108-1115, 201808
  88. Effect of Percutaneous Edge-to-Edge Repair on Mitral Valve Area and Its Association with Pulmonary Hypertension and Outcomes., Am J Cardiol., 120巻, 4号, pp. 662-669, 201708
  89. Usefulness of 3D Echocardiographic Parameters of Tricuspid Leaflet Morphology to Predict Residual Tricuspid Regurgitation After Tricuspid Annuloplasty., Eur Heart J Cardiovasc Imaging, 18巻, 7号, pp. 809-817, 201707
  90. ★, Coronary plaque characteristics in computed tomography and 2-year outcomes: The PREDICT study., J Cardiovasc Comput Tomogr, 12巻, 5号, pp. 436-443, 201805
  91. Comparison of mitral valve geometrical effect of percutaneous edge-to-edge repair between central and eccentric functional mitral regurgitation: Clinical implications., Eur Heart J Cardiovasc Imaging, 20巻, 4号, pp. 455-466, 201904
  92. ★, Size, Shape, and Orientation of Dilated Annulus in Tricuspid Regurgitation: A Real-Time 3-Dimensional Transesophageal Echocardiography Study., Circ Cardiovasc Imaging., 2018
  93. Impact of the Coronary Artery Calcium Score on Mid- to Long-Term Cardiovascular Mortality and Morbidity Measured With Coronary Computed Tomography Angiography, CIRCULATION JOURNAL, 82巻, 9号, pp. 2342-2349, 201809
  94. ★, Exercise-Stress Echocardiography and Effort Intolerance in Asymptomatic/Minimally Symptomatic Patients With Degenerative Mitral Regurgitation Combined Invasive-Noninvasive Hemodynamic Monitoring, CIRCULATION-CARDIOVASCULAR IMAGING, 11巻, 9号, 201809
  95. Coronary plaque characteristics in computed tomography and 2-year outcomes: The PREDICT study, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR COMPUTED TOMOGRAPHY, 12巻, 5号, pp. 436-443, 2018
  96. Early mitral inflow velocity to left ventricular global strain ratio predicts limited exercise capacity, ECHOCARDIOGRAPHY-A JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ULTRASOUND AND ALLIED TECHNIQUES, 36巻, 3号, pp. 503-511, 201903
  97. ★, Comprehensive Evaluation of Tricuspid Regurgitation Location and Severity Using Vena Contracta Analysis: A Color Doppler Three-Dimensional Transesophageal Echocardiographic Study, JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF ECHOCARDIOGRAPHY, 32巻, 12号, pp. 1526-1537, 201912
  98. H2FPEF Score for the Prediction of Exercise Intolerance and Abnormal Hemodynamics in Japanese - Evaluation by Exercise Stress Echocardiography Combined With Cardiopulmonary Exercise Testing -, CIRCULATION JOURNAL, 83巻, 12号, pp. 2487-2493, 201912
  99. Percutaneous Edge-to-edge Repair for Atrial Functional Mitral Regurgitation: A Real-Time Three-Dimensional Transesophageal Echocardiography Study, JACC Cardiovasc Imaging, 12巻, 9号, pp. 1881-1883, 201909
  100. Successful catheter ablation of persistent atrial fibrillation is associated with improvement in functional tricuspid regurgitation and right heart reverse remodeling, HEART AND VESSELS, 35巻, 6号, pp. 842-851, 202006
  101. Role of Three-Dimensional Echocardiography in the Comprehensive Evaluation of the Tricuspid Valve in Patients With Tricuspid Regurgitation., Circ Rep, 2巻, 1号, pp. 1-9, 202001
  102. Clinical Impact of Size, Shape, and Orientation of the Tricuspid Annulus in Tricuspid Regurgitation as Assessed by 3D Echocardiography., J Am Soc Echocardiogr, 33巻, 2号, pp. 191-200, 202002
  103. Effects of aging on coronary flow reserve in patients with no evidence of myocardial perfusion abnormality, HEART AND VESSELS, 35巻, 12号, pp. 1633-1639, 202012
  104. ★, Tricuspid valve geometry and right heart remodelling: insights into the mechanism of atrial functional tricuspid regurgitation, EUROPEAN HEART JOURNAL-CARDIOVASCULAR IMAGING, 21巻, 10号, pp. 1068-1078, 202010
  105. Impact of Prosthesis-Patient Mismatch After Transcatheter Aortic Valve Replacement on Changes in Cardiac Sympathetic Nervous Function Assessment by 123I-Metaiodobenzylguanidine Myocardial Scintigraphy, INTERNATIONAL HEART JOURNAL, 61巻, 6号, pp. 1188-1195, 202011
  106. Determinants of Exercise-Induced Mitral Regurgitation Using Three-Dimensional Transesophageal Echocardiography Combined With Isometric Handgrip, AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY, 151巻, pp. 78-85, 202107
  107. Impact of Percutaneous Edge-to-Edge Repair in Patients With Atrial Functional Mitral Regurgitation., Circ J, 85巻, 7号, pp. 1001-1010, 202107
  108. Prevalence, distribution, and determinants of pulmonary venous systolic flow reversal in severe mitral regurgitation, EUROPEAN HEART JOURNAL-CARDIOVASCULAR IMAGING, 22巻, 9号, pp. 964-973, 202109
  109. Impact of the distribution of epicardial and visceral adipose tissue on left ventricular diastolic function, HEART AND VESSELS, 37巻, 2号, pp. 250-261, 202202

著書等出版物

  1. 「心エコー」 心房細動・心室頻拍,そのリスクに迫る心エコー, 予後やイベントを推定する指標は何が良いか? ―生命予後と血栓症のリスク評価,そして洞調律化が可能か?, 文光堂, 2023年, 3, 単行本(学術書), 単著, 242-251
  2. 「心臓」 HEART’s Selection:右心系カテーテルインターベンション治療の進歩, カテーテル治療を見据えた三尖弁の心エコー図評価, 日本医学出版, 2023年, 3, 単行本(学術書), 単著, 204-212
  3. 福田記念医療技術振興財団情報, 心房性機能性三尖弁逆流の発症メカニズムに関する3次元的検討 ―経カテーテル的心筋焼灼術による心房性弁膜症治療に関する予備的検討―, 2022年, 単行本(学術書), 単著, 149-158
  4. 「心エコー」 温故知新 ドプラ学再考―このドプラ指標の由来と実力を知っていますか?, 今更聞けないPISA法の理屈―ずばり何のこと?, 文光堂, 2022年, 11, 単行本(学術書), 単著, 1074-1085
  5. 「レジデントノート」 必ず役立つ心エコー 研修医のためのFOCUSのトリセツ, 3章-3. 右室サイズと右室収縮能, 羊土社, 2022年, 9, 単行本(一般書), 単著, 1552-1560
  6. 「レジデントノート」 必ず役立つ心エコー 研修医のためのFOCUSのトリセツ, 2章-1. 心エコー図検査と心臓POCUS, 羊土社, 2022年, 9, 単行本(一般書), 単著, 1512-1517
  7. 2017年02月, エビデンスに基づく 循環器看護ケア関連図, I 症状別看護ケア関連図 Ⅱ 疾患別看護ケア関連図 Ⅲ 病期・治療別看護ケア関連図, 2017年, 02, 単行本(学術書), その他
  8. 2015年04月, 心不全診療Q&A 改訂2版 エキスパート105人からの回答, II.心不全診療Q&A 3.慢性心不全の診断 12.血中BNPレベルと血中NT-proBNPレベル、心不全管理においてどちらがよいでしょうか?, (株)中外医学社, 2015年, 04, 単行本(学術書), 共著, 宇都宮裕人,木原康樹
  9. 2013年01月, 今日の循環器疾患治療指針(第3版), 第3章 検査総論 CT/MRI, (株)医学書院, 2013年, 01, 単行本(学術書), 共著, 宇都宮裕人,木原康樹
  10. 2012年09月, 心不全診療Q&A エキスパート106人からの回答, 3.慢性心不全の診断 12.血中BNPレベルと血中NT-pro BNPレベル、心不全管理においてどちらがよいでしょうか?, (株)中外医学社, 2012年, 09, 単行本(学術書), 共著, 宇都宮裕人,木原康樹
  11. 2012年09月, 心不全診療Q&A エキスパート106人からの回答, 3.慢性心不全の診断 13.血中BNPレベルはどんなタイミングで測定したらよいですか, (株)中外医学社, 2012年, 09, 単行本(学術書), 単著, 宇都宮裕人,木原康樹
  12. 2010年03月, 心血管CTパーフェクトガイド -撮像から画像の解釈まで- 循環器臨床サピア6, 5章血管疾患とMDCT ERにおけるMDCTの活用法, (株)中山書店, 2010年, 03, 単行本(学術書), 共著, 宇都宮裕人,山本秀也,木原康樹
  13. 2010年09月, CT冠動脈造影実践学, 循環器内科診療におけるCT冠動脈造影の活用 大動脈弁評価は可能か, (株)中外医学社, 2010年, 09, 単行本(学術書), 単著, 宇都宮裕人
  14. 2018年, 心臓腫瘍.「今日の治療指針 2019年度版」, 心臓腫瘍.「今日の治療指針 2019年度版」, 医学書院, 2019年, 教科書, 共著, 日本語, 宇都宮裕人,木原康樹
  15. 2018年04月, 『新人スタッフ必見!ひと目で理解&超かんたん 循環器疾患のまるわかりノート』 4. 僧帽弁疾患,感染性心内膜炎. 「ハートナーシング」, 『新人スタッフ必見!ひと目で理解&超かんたん 循環器疾患のまるわかりノート』 4. 僧帽弁疾患,感染性心内膜炎. 「ハートナーシング」, メディカ出版, 2018年, 4, 単行本(学術書), 単著, 宇都宮裕人
  16. 2018年, 心臓腫瘍.「今日の診断指針 2019年度版」, 心臓腫瘍.「今日の診断指針 2019年度版」, 医学書院, 2019年, 教科書, 共著, 宇都宮裕人,木原康樹

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2023年02月24日, 招待, 英語
  2. 経食道心エコー検査によるMR, TR評価の最前線, 日本心臓病学会 第47回教育セミナー 【アドバンス・コース】, 2023年02月12日, 招待, 日本語
  3. 肺高血圧に三尖弁離開・高度三尖弁逆流を伴った場合の病態と心エコー図の特徴, 日本超音波医学会超音波診断講習会(心エコー図)-肺高血圧症の再定義,特殊病態での評価,早期診断のために―, 2023年02月04日, 招待, 日本語
  4. SHD インターベンションにおけるmultimodality imaging 三尖弁インターベンションにおける3D心エコー ―3D Echo-Based Comprehensive TR Assessment―, 第33回日本心血管画像動態学会, 2023年01月14日, 招待, 日本語
  5. 三尖弁の世界 Unforgotten~影なる主役に迫る. 心房性機能性三尖弁閉鎖不全症のメカニズムに関する検討., 第12回日本心臓弁膜症学会学術集会, 2022年12月16日, 招待, 日本語
  6. 解剖学的逆流弁口面積と右室収縮予備能による重症三尖弁逆流のリスク層別化, 第26回日本心不全学術集会, 2022年10月22日, 招待, 日本語
  7. 心不全診療 up-to-date: 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤の可能性, ストラクチャークラブ・ジャパンライブデモンストレーション2022, 2022年09月10日, 招待, 日本語
  8. 『カテーテル治療時代の三尖弁逆流』 解剖・病態・重症度はどう診る, ストラクチャークラブ・ジャパンライブデモンストレーション2022, 2022年09月10日, 招待, 日本語
  9. 三尖弁の経カテーテル治療のエコー, 第30回日本心血管インターベンション治療学会学術集会, 2022年07月22日, 招待, 日本語
  10. ここまでできる:三尖弁の3D評価, 日本心エコー図学会第31回夏季講習会, 2022年07月16日, 招待, 日本語
  11. インターベンションのための三尖弁エコーと解剖, 第12回日本経カテーテル心臓弁治療学会学術集会, 2022年07月01日, 招待, 日本語
  12. 新しい弁膜症治療ガイドラインのポイント, 第120回日本循環器学会中国四国合同地方会, 2022年05月28日, 招待, 日本語
  13. 三尖弁閉鎖不全症の治療戦略 ―病因・病態, 治療介入時期, 新規治療法まで―, 第120回日本循環器学会中国四国合同地方会, 2022年05月28日, 招待, 日本語
  14. 三尖弁評価における3D心エコー図. Comprehensive Evaluation of the Tricuspid Valve Complex in Tricuspid Regurgitation Using 3D Echocardiography., The 95th Annual Scientific Meeting of the Japan Society of Ultrasonics in Medicine, 2022年05月21日, 招待, 日本語
  15. 経皮的治療時代における三尖弁逆流の重症度評価―Grading Scale for TR: Old & New―, 第32回日本心血管画像動態学会学術集会, 2022年05月20日, 招待, 日本語
  16. TRの心エコー評価, 日本心エコー図学会 オンデマンド教育コンテンツ, 2022年04月02日, 招待, 日本語
  17. 経皮的治療を意識した三尖弁閉鎖不全症の評価法 (Comprehensive Evaluation of Tricuspid Regurgitation in an Era of Transcatheter Tricuspid Procedures), The 33rd Annual Scientific Meeting of the Japanese Society of Echocardiography, 2022年04月08日, 招待, 日本語
  18. Clinical Utility of Exercise-stress Echocardiography in Mitral Regurgitation, The 86th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2022年03月12日, 招待, 日本語
  19. 3D Imaging and Anatomical Analysis of Tricuspid Regurgitation for New Transcatheter Tricuspid Devices: The Etiology and Mechanism of TR Revisited., The 86th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2022年03月11日, 招待, 日本語
  20. Assessment of Functional TR by 3D Echocardiography., The 51st Annual Scientific Meeting of the Korean Society of Echocardiography, 2021年11月27日, 招待, 英語
  21. 『弁膜症例の肺高血圧を考える』 弁膜症手術と肺高血圧, 内科の立場から., 第11回日本心臓弁膜症学会学術集会, 2021年11月20日, 招待, 日本語
  22. 三尖弁閉鎖不全症における弁形態と右心リモデリングの関連を3D心エコーで読み解く., 第26回日本Advanced Heart & Vascular Surgery / OPCAB研究会, 2021年07月17日, 招待, 日本語
  23. The Advanced Echo Techniques: 3D Echocardiography-The added value of the third dimension-., ECHO ASIA 2021, 2021年05月29日, 招待, 英語
  24. 新しい弁膜症診療ガイドラインの心エコー図学的解釈, The 94th Annual Scientific Meeting of the Japan Society of Ultrasonics in Medicine, 2021年05月22日, 招待, 日本語
  25. Comprehensive Evaluation of Tricuspid Regurgitation: Its Etiology, Mechanisms, and Severity., The 32nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Society of Echocardiography, 2021年04月23日, 招待, 英語
  26. TEE-based intervention to SHD: Degenerative Mitral Regurgitation., The 85th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2021年03月28日, 招待, 英語
  27. 肺動脈性肺高血圧症での心肺運動負荷試験を併用した運動負荷心エコー図検査で得られる換気、血行動態指標の検討, 東昭史, 土肥由裕,木下未来,板倉希帆,政田賢治,宇都宮裕人,日髙貴之,山本秀也,木原康樹, 日本内科学会 第115回中国地方会, 2016年11月26日, 通常, 日本語, 岡山
  28. The Impaired Response of The Arteriovenous Oxygen Content Difference to Exercise Contributes to The Progression of Heart Failure with Preserved Ejection Fraction, Hidaka T, Masada, K, Kinoshita M, Itakura K, Utsunomiya H, Kihara Y, American Heart Association 2016, 2016年11月14日, 通常, 英語, New Orleans,USA
  29. 慢性心房細動に起因する三尖弁閉鎖不全症の形態学的特徴, 宇都宮裕人, 第4回瀬戸内心臓討論会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 広島
  30. 経皮的僧帽弁修復術 (MitraClip®): 米国での経験およびリアルタイム三次元心エコーを用いた検討, 宇都宮裕人, 広島大学循環器内科海外招待講演会, 2016年09月30日, 通常, 日本語, 広島
  31. 僧帽弁輪部収縮期移動距離(MAD: mitral annular displacement)は, 経カテーテル的大動脈弁留置術後の左室拡張機能改善と関連する, 宇都宮裕人, 板橋裕史,三原裕嗣,小林さゆき,日髙貴之,木原康樹,塩出隆弘, 第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  32. MRにおける運動負荷心エコーと侵襲的血行動態測定, 宇都宮裕人, 第7回Cardiovascular Echo in Hiroshima, 2016年09月17日, 通常, 日本語, 広島
  33. 右心房腫瘤で紹介となったErdheim chester病の1例, 原田侑, 宇都宮裕人,日髙貴之,東昭史,政田賢治,板倉希帆,木下未来,木原康樹, 日本超音波医学会 第52回中国地方会学術集会 第15回中国地方会講習会, 2016年09月03日, 通常, 日本語, 島根
  34. 運動耐容能と運動負荷心エコー図指標の関連についての検討, 政田賢治, 日髙貴之,原田侑,木下未来,板倉希帆,東昭史,宇都宮裕人,木原康樹, 日本超音波医学会 第52回中国地方会学術集会 第15回中国地方会講習会, 2016年09月03日, 通常, 日本語, 島根
  35. 肥大型心筋症としてフォロー中の患者に左室緻密化障害様の心エコー所見を呈した一例, 横山幸枝, 宇都宮裕人,日髙貴之,原田侑,木下未来,板倉希帆,政田賢治,東昭史,横崎典哉,木原康樹, 日本超音波医学会 第52回中国地方会学術集会 第15回中国地方会講習会, 2016年09月03日, 通常, 日本語, 島根
  36. ドブタミン負荷心エコー検査により治療効果が予測できた慢性完全閉塞の症例, 石橋堅, 住元庸二,渡邊紀晶,池永寛樹,宇都宮裕人,土肥由裕,日髙貴之,栗栖智,福田幸弘,山本秀也,木原康樹, 第23回日本心血管インターベンション治療学会中国・四国地方会, 2016年09月03日, 通常, 日本語, 岡山
  37. ハートチームにおける心エコー専門医の役割とTAVIへの期待, 宇都宮裕人, 三次地区医師会学術講演会, 2016年07月27日, 通常, 日本語, 広島
  38. Functional Tricuspid Regurgitation Due to Chronic Atrial Fibrillation: A 3-Dimensional Transesophageal Echocardiography Study, Utsunomiya H, American Society of Echocardiography 27th Annual Scientific Sessions, 2016年06月13日, 招待, 英語, Seattle, WA, USA
  39. 経カテーテル的大動脈弁留置術における人工弁ー患者不適合のリスク評価, 宇都宮裕人, 日本超音波医学会第89回学術集会, 2016年05月29日, 通常, 日本語, 京都
  40. ドブタミン負荷心エコー図と安静時エコー指標を用いた心筋虚血の診断, 宇都宮裕人, 日髙貴之,木原康樹, 日本超音波医学会第89回学術集会, 2016年05月27日, 通常, 日本語, 京都
  41. Geometric Changes in Aortic Annulus and Left Ventricular Outflow Tract and Its Impact on the Incidence of Prosthesis-Patient Mismatch After Transcatheter Aortic Valve Replacement: An Intraprocedural Three-Dimensional Transesophageal Echocardiography Study., Utsunomiya H, Mihara H, Itabashi Y, Arsanjani R, Siegel RJ, Chakravarty T, Jilaihawi H, Makkar RR, Shiota T., The 26th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, 2015年06月14日, 通常, 英語, Boston, USA
  42. Frequency and Echocardiographic Features of Functional Tricuspid Regurgitation in Patients With Isolated Chronic Atrial Fibrillation, Utsunomiya H, Mihara H, Itabashi Y, Shiota T, The 64th Annual Scientific Session of the American College of Cardiology, 2015年03月14日, 通常, 英語, San Diego,USA
  43. Predictors of Improvement of Left Ventricular Diastolic Function After Transcatheter Aortic Valve Replacement in Severe Aortic Stenosis With Preserved Left Ventricular Systolic Function: A Serial Echocardiographic Study, Utsunomiya H, Mihara H, Itabashi Y, Berdejo J, Siegel RJ, Kashif M, Al-Jilaihawi H, Makkar RR, Shiota T, The 87th Scientific Sessions of the American Heart Association 2014, 2014年11月18日, 通常, 英語, Chicago,USA
  44. Global and Regional Left Ventricular Dysfunction Relates to Insulin Resistance in Patients with Aortic Valve Sclerosis, Kihara Y, Utsunomiya H, Hidaka T, Kunita E, Yamamoto H, 第18回日本心不全学会学術集会, 2014年10月11日, 通常, 日本語, 大阪
  45. Influence of Body Mass Index on the Location of the Right Renal Vein in Patients with Venous Thromboembolism, Watanabe N, Kurisu S, Ikenaga H, Shimonaga T, Higaki T, Iwasaki T, Utsunomiya H, Mitsuba N, Ishibashi K, Dohi Y, Kihara Y, 第23回日本心血管インターベンション治療学会学術集会, 2014年07月25日, 通常, 日本語, 愛知
  46. Significance of Epicardial Adipose Volume as an Indicator of Non-calcified Plaques Even in Non-obese Patients with a Zero Coronary Artery Calcium Score, Tsushima H, Yamamoto H, Kitagawa T, Utsunomiya H, Urabe Y, Kihara Y, 9th Annual Scientific Meeting of the Society of Cardiovascular Computed Tomography, 2014年07月, 通常, 日本語, San Diego,USA
  47. 自己心膜大動脈弁再建術では運動により心拍出量増加に伴い有効弁口面積が増加する, 日髙貴之, 宇都宮裕人,光波直也,石橋堅,北川知郎,土肥由裕,中野由紀子,栗栖智,山本秀也,木原康樹, 日本超音波医学会第87回学術集会, 2014年05月10日, 通常, 日本語, 神奈川
  48. Identifying Small Coronary Calcification in Non-contrast 0.5mm-slice-reconstruction to Diagnose Coronary Artery Disease in Patients with Conventional Zero Coronary Calcium Scores, Urabe Y, Yamamoto H, Kitagawa T, Utsunomiya H, Tsushima H, Kihara Y, 第78回日本循環器学会学術集会, 2014年03月23日, 通常, 日本語, 東京
  49. Initial Impact of Epicardial Adipose Tissue on Non-calcified Plaques in Patients with Low-risk Coronary Atherosclerosis, Tsushima H, Yamamoto H, Kitagawa T, Utsunomiya H, Urabe Y, Kihara Y, 第78回日本循環器学会学術集会, 2014年03月22日, 通常, 日本語, 東京
  50. Abnormal Airway Resistance and Reactance Limit Exercise Capacity in Patients with Chronic Heart Failure, Hidaka T, Utsunomiya H, Mitsuba N, Ishibashi K, Kitagawa T, Dohi Y, Kurisu S, Nakano Y, Yamamoto H, Kihara Y, 第17回日本心不全学会学術集会, 2013年11月28日, 通常, 日本語, 埼玉
  51. Calcium Deposits in Heart Valves and Aortic Root, Cardiovascular Risk Factors, Subclinical Coronary Atherosclerosis, and the Risk of Future Cardiovascular Events, Utsunomiya H, Yamamoto H, Tsushima H, Urabe Y, Maruhashi T, Ishibashi K, Mitsuba N, Kitagawa T, Hidaka T, Dohi Y, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, The 86th Scientific Sessions of the American Heart Association 2013, 2013年11月19日, 通常, 英語, Dallas,USA
  52. Significance of Epicardial and Visceral Abdominal Adipose Tissue Evaluation as an Indicator of Non-Calcified Plaques in Patients With a Zero Coronary Artery Calcium Score, Tsushima H, Yamamoto H, Kitagawa T, Utsunomiya H, Urabe Y, Kihara Y, The 86th Scientific Sessions of the American Heart Association 2013, 2013年11月18日, 通常, 日本語, Dallas,USA
  53. 冠動脈stent内再狭窄に対する冠動脈形成術における術後心筋障害の検討, 下永貴司, 渡邊紀晶,檜垣忠直,池永寛樹,岩崎年高,宇都宮裕人,光波直也,石橋堅,土肥由裕,栗栖智,木原康樹, 第66回広島医学会総会, 2013年11月10日, 通常, 日本語, 広島
  54. 食道癌放射線治療の遠隔期に冠動脈障害を来した1例, 山路貴之, 石橋堅,檜垣忠直,宇都宮裕人,光波直也,北川知郎,日髙貴之,土肥由裕,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第103回日本循環器学会中国地方会, 2013年10月26日, 通常, 日本語, 鳥取
  55. 大動脈弁再建術後患者では運動負荷により有効弁口面積が増加する, 宇賀小百合, 日髙貴之,宇都宮裕人,木原康樹,内田直里,末田泰二郎, "日本超音波医学会第49回中国地方会 第12回中国地方会講習会", 2013年09月28日, 通常, 日本語, 鳥取
  56. 広島県内の急性期医療機関における、BNPまたはNT-proBNP高値患者数と入院率、再入院率の実態, 小田登, 池永寛樹,宇都宮裕人,石橋堅,光波直也,土肥由裕,日髙貴之,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,山本秀也,水川真理子,木原康樹, 第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年09月20日, 通常, 日本語, 熊本
  57. LAD stent edgeがLCX ostiumにかかっていたためにLMTへの治療に難渋した1例, 渡邊紀晶, 光波直也,東昭史,下永貴司,檜垣忠直,岩崎年高,宇都宮裕人,石橋堅,土肥由裕,栗栖智,木原康樹, 第20回日本心血管インタ-ベンション治療学会中国・四国地方会, 2013年09月07日, 通常, 日本語, 岡山
  58. 血栓吸引デバイスの使用法について考えさせられた1例, 檜垣忠直, 光波直也,渡邊紀晶,東昭史,下永貴司,岩崎年高,宇都宮裕人,石橋堅,土肥由裕,栗栖智,木原康樹, 第20回日本心血管インターベンション治療学会中国・四国地方会, 2013年09月07日, 通常, 日本語, 岡山
  59. Prognostic Value of Coronary Artery Calcium and Epicardial Adipose Tissue Assessed by Non-contrast Computed Tomography, Yamamoto H, Kunita E, Kitagawa T, Utsunomiya H, Urabe U, Tsushima H, Kihara Y, Budoff MJ, The 8th Scientific Sessions, Society of Cardiovascular Computed Tomography, 2013年07月19日, 通常, 日本語, Montréal,Canada
  60. Is transfemoral coronary intervention clean enough?, Ishibashi K, Kurisu S, Shimonaga T, Iwasaki T, Utsunomiya H, Mitsuba N, Dohi Y, Yamamoto H, Kihara Y, 第22回日本心血管インターベンション治療学会学術集会, 2013年07月, 通常, 日本語, 兵庫
  61. Incremental Value of Rest Echocardiographic Findings over Conventional Stress Echocardiography for Diagnosing Myocardial Ischemia, Utsunomiya H, Hidaka T, Kihara Y, The 24th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, 2013年06月01日, 通常, 英語, Minneapolis,USA
  62. 甲状腺機能低下症により心嚢液貯留と左室収縮低下を来した1例, 石橋堅, 池永寛樹,宇都宮裕人,光波直也,小田登,土肥由裕,日髙貴之,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第102回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2013年05月10日, 通常, 日本語, 香川
  63. 肺蘇生成功直後に施行された心エコーによる左室壁運動と急性冠症候群診断の経験, 日髙貴之, 宇都宮裕人,光波直也,石橋堅,小田登,土肥由裕,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 日本超音波医学会第86回学術集会, 2013年05月, 通常, 日本語, 大阪
  64. Epicardial Adipose Tissue Assessed and Coronary Artery Calcium as Predictors of Future Coronary Events, Yamamoto H, Kunita E, Kitagawa T, Utsunomiya H, Urabe Y, Tsushima H, Kihara Y, 第77回日本循環器学会学術集会, 2013年03月17日, 通常, 日本語, 神奈川
  65. Incremental Value of Rest Echocardiographic Findings over Conventional Stress Echocardiography for Diagnosing Myocardial Ischemia, Utsunomiya H, Hidaka T, Kihara Y, 第77回日本循環器学会学術集会, 2013年03月17日, 通常, 日本語, 神奈川
  66. Coronary Calcium Score and Future Cardiovascular Events in Japanese Patients with Suspected Coronary Artery Disease, Kunita E, Yamamoto H, Utsunomiya H, Kitagawa T, Urabe Y, Tsushima H, Kihara Y, 第77回日本循環器学会学術集会, 2013年03月17日, 通常, 日本語, 神奈川
  67. Non-calcified Plaque Characteristics and Plaque Progression Assessed by Serial Coronary Computed Tomography Angiography, Urabe Y, Yamamoto H, Kitagawa T, Utsunomiya H, Tsushima H, Kihara Y, 第77回日本循環器学会学術集会, 2013年03月17日, 通常, 日本語, 神奈川
  68. Association between Eicosapentaenoic Acid/Arachidonic Acid Ratios and Coronary Plaques as Detected by Computed Tomography Angiography in Patients Receiving Statin Therapy, Urabe Y, Yamamoto H, Kitagawa T, Utsunomiya H, Tsushima H, Kihara Y, 第77回日本循環器学会学術集会, 2013年03月16日, 通常, 日本語, 神奈川
  69. Dose the Baseline Epicardial Adipose Tissue Volume Predict the Future Progression of Coronary Atherosclerotic Lesions on Coronary Computed Tomography Angiography?, Tsushima H, Yamamoto H, Kitagawa T, Utsunomiya H, Urabe Y, Kihara Y, 第77回日本循環器学会学術集会, 2013年03月16日, 通常, 日本語, 神奈川
  70. Differentiations of Transition of the Thoracic Impedance According to the Clinical Scenarios; The Types of Decompensated Heart Failure, Oda N, Nakano Y, Ikenaga H, Watanabe Y, Fujiwara M, Tokuyama T, Kajihara K, Utsunomiya H, Ishibashi K, Mitsuba N, Hidaka T, Dohi Y, Kurisu S, Ishida T, Yamamoto H, Kihara Y, 第77回日本循環器学会学術集会, 2013年03月15日, 通常, 日本語, 神奈川
  71. 当院における肺高血圧症診療実態 ~慢性血栓塞栓性高血圧症に対するカテーテル治療を含め~, 土肥由裕, 木原康樹,栗栖智,石橋堅,光波直也,宇都宮裕人, 第50回広島循環器病研究会, 2012年12月15日, 通常, 日本語, 広島
  72. 右傍胸骨アプローチによる大動脈弁血流速度測定の有用性-心尖部アプローチとの比較-, 日髙貴之, 岩本由美子,藤原舞,三上慎祐,藤村憲崇,槙田裕子,出井尚美,宇都宮裕人,山里亮,木原康樹, 第48回広島循環器病研究会, 2012年12月10日, 通常, 日本語, 広島
  73. 高度左室収縮能低下症例に対するTolvaptan使用の安全性の検討, 小田登, 中野由紀子,木下弘喜,佐田良治,池永寛樹,渡邉義和,藤原舞,川副宏,德山丈仁,梶原賢太,宇都宮裕人,石橋堅,日髙貴之,土肥由裕,栗栖智,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 101回日本循環器学会中国地方会, 2012年12月08日, 通常, 日本語, 島根
  74. 内科的治療により手術可能となった、右心不全を主症状とした高齢者房室弁弁膜症の1例, 池内佳裕, 石橋堅,下永貴司,木下弘喜,川副宏,岩崎年高,池永寛樹,宇都宮裕人,光波直也,小田登,土肥由裕,日髙貴之,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 101回日本循環器学会中国地方会, 2012年12月08日, 通常, 日本語, 島根
  75. 多電極左室リードを用いて設定の最適化を行った心臓再同期療法後の1例, 江藤昌平, 小田登,中野由紀子,佐田良治,池永寛樹,渡邉義和,藤原舞,川副宏,德山丈仁,岩本明倫,梶原賢太,宇都宮裕人,石橋堅,光波直也,日髙貴之,土肥由裕,栗栖智,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 101回日本循環器学会中国地方会, 2012年12月08日, 通常, 日本語, 広島
  76. 植込み型不整脈デバイスの遠隔モニタリングシステムによる遠隔的心不全増悪予測, 小田登, 中野由紀子,佐田良治,池永寛樹,渡邉義和,藤原舞,川副宏,德山丈仁,岩本明倫,梶原賢太,宇都宮裕人,石橋堅,光波直也,日髙貴之,土肥由裕,栗栖智,石田隆史,山本秀也,木原康樹,松崎尚康,宮本聡史,岡原重幸,高橋秀暢, 第65回広島医学会総会, 2012年11月11日, 通常, 日本語, 広島
  77. Echocardiographic Multiple Calcium Deposits in Heart Valves and Aortic Root as a Marker of the Extent and Vulnerable Characteristics of Coronary Artery Plaque, Utsunomiya H, Yamamoto H, Tsushima H, Urabe Y, Kunita E, Kitagawa T, Ishibashi K, Hidaka T, Oda N, Dohi Y, Kurisu S, Ishida T, Kihara Y, The 85th Scientific Sessions of the American Heart Association 2012, 2012年11月06日, 通常, 英語, Los Angeles,USA
  78. Association between Eicosapentaenoic Acid to Arachidonic Acid Ratio and CoronaryPlaques as Detected by Coronary Computed Tomography Angiography in Patients withSuspected Coronary Artery Disease, Urabe Y, Yamamoto H, Kitagawa T, Utsunomiya H, Kunita E, Tsushima H, Kihara Y, The 85th Scientific Sessions of the American Heart Association 2012, 2012年11月06日, 通常, 日本語, Los Angeles,USA
  79. Coronary Plaque Burden and Left Ventricular Mass Assessed by Cardiac ComputedTomography Angiography in Prediction of Cardiovascular Events, Kunita E, Utsunomiya H, Yamamoto H, Urabe Y, Oka T, Kitagawa T, Yamazato R, Tsushima H, Tomohiro Y, Kihara Y, The 85th Scientific Sessions of the American Heart Association 2012, 2012年11月05日, 通常, 日本語, Los Angeles,USA
  80. 植込み型デバイス装着患者における心不全急性増悪時のClinical Scenario 別にみた胸郭抵抗変化の相違, 小田登, 中野由紀子,木下弘喜,佐田良治,池永寛樹,渡邉義和,藤原舞,川副宏,德山丈仁,梶原賢太,木阪智彦,宇都宮裕人,石橋堅,日髙貴之,土肥由裕,栗栖智,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第16回日本心不全学会学術集会, 2012年11月, 通常, 日本語, 宮城
  81. 自己心膜を用いた大動脈弁形成術前後の心エコー評価法についての検討, 川副宏, 日髙貴之,宇都宮裕人,木原康樹,内田直里, 日本超音波医学会第48回中国地方会学術集会, 2012年09月08日, 通常, 日本語, 広島
  82. 集中治療室での携帯型超音波診断装置による弁膜症診断の経験, 日髙貴之, 宇都宮裕人,木原康樹, 日本超音波医学会第48回中国地方会学術集会, 2012年09月08日, 通常, 日本語, 広島
  83. 原発性アルドステロン症患者における左室左房形態の検討, 日髙貴之, 宇都宮裕人,木原康樹, 日本超音波医学会第48回中国地方会学術集会, 2012年09月08日, 通常, 日本語, 広島
  84. 原発性アルドステロン症における血清カリウム値の左室拡張能への影響, 栗栖智, 岩崎年高,光波直也,石橋堅,土肥由裕,宇都宮裕人,日髙貴之,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 日本超音波医学会第48回中国地方会学術集会, 2012年09月08日, 通常, 日本語, 広島
  85. 心エコー検査での経時的フォローが有用であった、アンブリセンタン著効の特発性肺動脈性肺高血圧の1例, 岡野典子, 宇都宮裕人,日髙貴之,乙武昭子,深井祥未,今田幸枝,桑原知恵,吉岡徹典,横崎典哉,木原康樹, 日本超音波医学会第48回中国地方会学術集会, 2012年09月08日, 通常, 日本語, 広島
  86. 中隔側E/e'側壁側E/e'値乖離例についての検討, 深井祥未, 日髙貴之,加納昭子,今田幸枝,岡野典子,桑原知恵,吉岡徹典,宇都宮裕人,横崎典哉,木原康樹, 日本超音波医学会第48回中国地方会学術集会, 2012年09月08日, 通常, 日本語, 広島
  87. 経皮的冠動脈インターベンションに予防的抗生物質投与は必要か?, 石橋堅, 下永貴司,川副宏,岩崎年高,宇都宮裕人,光波直也,土肥由裕,日髙貴之,小田登,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第19回日本心血管インターベンション治療学会中国・四国地方会, 2012年09月01日, 通常, 日本語, 岡山
  88. 経胸壁心エコーから冠動脈硬化および脆弱性プラークの存在を予測できるか-大動脈基部および心臓弁石灰化所見の意義-, 宇都宮裕人, 山本秀也,北川知郎,卜部洋司,對馬浩,石橋堅,光波直也,日髙貴之,土肥由裕,小田登,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,木原康樹, 第60回日本心臓病学会学術集会, 2012年09月, 通常, 日本語, 石川
  89. Adaptive servo ventilationは心臓交感神経活性を抑制して心機能を改善する, 小田登, 中野由紀子,池永寛樹,渡邉義和,藤原舞,德山丈仁,梶原賢太,内村祐子,宇都宮裕人,石橋堅,光波直也,日髙貴之,土肥由裕,栗栖智,山本秀也,木原康樹, 第60回日本心臓病学会学術集会, 2012年09月, 通常, 日本語, 石川
  90. 冠動脈CTで検出した冠動脈プラークとn-3系不飽和脂肪酸との関連, 卜部洋司, 山本秀也,北川知郎,宇都宮裕人,國田英司,對馬浩,木原康樹, 第60回日本心臓病学会学術集会, 2012年09月, 通常, 日本語, 石川
  91. 心臓CTにより主肺動脈瘤による左冠動脈主幹部圧迫を認めた肺高血圧の2例, 對馬浩, 宇都宮裕人,岩崎年高,松本武史,卜部洋司,岡俊治,國田英司,山里亮,光波直也,石橋堅,日髙貴之,小田登,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年06月23日, 通常, 日本語, 広島
  92. 労作性狭心症状を主体とした冠攣縮性狭心症の1例, 石橋堅, 岩崎年高,松本武史,宇都宮裕人,光波直也,小田登,土肥由裕,日髙貴之,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年06月23日, 通常, 日本語, 広島
  93. 巨大瘤化が認められた冠動脈肺動脈瘻の1例, 松本武史, 岩崎年高,光波直也,宇都宮裕人,石橋堅,日髙貴之,小田登,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年06月23日, 通常, 日本語, 広島
  94. 大動脈弁閉鎖不全症の精査にて大動脈4 尖弁が判明した1例, 光波直也, 栗栖智,石橋堅,宇都宮裕人,卜部洋司,日髙貴之,西岡健司,土肥由裕,山本秀也,木原康樹, 第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年06月23日, 通常, 日本語, 広島
  95. 心エコーによる大動脈弁石灰化の心筋虚血検出に対する有用性, 山里亮, 岩崎年高,土肥由裕,宇都宮裕人,石橋堅,日髙貴之,小田登,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年06月22日, 通常, 日本語, 広島
  96. 心移植後患者3例の移植後経過の検討, 小田登, 中野由紀子,池永寛樹,渡邉義和,川副宏,藤原舞,德山丈仁,岩本明倫,梶原賢太,内村祐子,宇都宮裕人,石橋堅,光波直也,日髙貴之,土肥由裕,栗栖智,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年06月22日, 通常, 日本語, 広島
  97. 当院における植込み型除細動器の不適切作動原因の検討, 森田裕一, 小田登,中野由紀子,渡邉義和,藤原舞,元田親章,德山丈仁,梶原賢太,内村祐子,宇都宮裕人,石橋堅,光波直也,日髙貴之,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第100回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2012年06月22日, 通常, 日本語, 広島
  98. 大動脈弁石灰化は左室重量/容積比および左室拡張機能と関連する, 宇都宮裕人, 日髙貴之,國田英司,土肥由裕,小田登,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 日本超音波医学会第85回学術集会, 2012年05月27日, 通常, 日本語, 東京
  99. 携帯超音波装置は集中治療病棟で弁膜症診断に有用である -聴診所見との比較-, 日髙貴之, 對馬浩,三上慎祐,内村祐子,藤村憲崇,出井尚美,宇都宮裕人,西岡健司,中野由紀子,木原康樹, 日本超音波医学会第85回学術集会, 2012年05月25日, 通常, 日本語, 東京
  100. 大動脈弁狭窄症を包括的に評価する:経胸壁心エコー図と64列CTの補完的連携, 宇都宮裕人, 日髙貴之,國田英司,山本秀也,木原康樹, 第23回日本心エコー図学会学術集会, 2012年04月19日, 通常, 日本語, 大阪
  101. 虚血領域の右室への波及と予後, 日髙貴之, 宇都宮裕人,石橋堅,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,木原康樹, 第23回日本心エコー図学会学術集会, 2012年04月19日, 通常, 日本語, 大阪
  102. Relationship between Left Atrial and Central Venous Pressures in Patients with Systolic or Diastolic Dysfunction, Oda N, Nakano Y, Iwasaki T, Watanabe Y, Fujiwara M, Motoda C, Matsumoto T, Tokuyama T, Kajihara K, Makita Y, Suenari K, Utsunomiya H, Hidaka T, Kihara Y, 第76回日本循環器学会学術集会, 2012年03月18日, 通常, 日本語, 福岡
  103. Association of Left Ventricular Mass and Coronary Atherosclerosis in Cardiac Computed Tomography Angiography, Kunita E, Yamamoto H, Utsunomiya H, Oka T, Urabe Y, Tsushima H, Yamazato R, Kihara Y, 第76回日本循環器学会学術集会, 2012年03月18日, 通常, 日本語, 福岡
  104. Association of Aortic Valve Calcification and Vulnerable Coronary Plaques Assessed by Coronary CT Angiography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Oka T, Urabe Y, Tsushima H, Kihara Y, 第76回日本循環器学会学術集会, 2012年03月17日, 通常, 日本語, 福岡
  105. Relationship between Eicosapentaenoic Acid/Arachidonic Acid Ratios and Coronary Plaques as Detected by Computed Tomography Angiography in Patients Receiving Statin Therapy, Urabe Y, Yamamoto H, Utsunomiya H, Kunita E, Oka T, Yamazato R, Tsushima H, Ishibashi K, Hidaka T, Dohi Y, Oda N, Nishioka K, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, 第76回日本循環器学会学術集会, 2012年03月17日, 通常, 日本語, 福岡
  106. Effects of Aliskiren on the Fibrinolytic System in Patients with Coronary Artery Disease Receiving ACE Inhibitors or ARBs, Ishibashi K, Kurisu S, Katoh Y, Utsunomiya H, Mitsuba N, Dohi Y, Hidaka T, Oda N, Nishioka K, Nakano Y, Yamamoto H, Ishida T, Higashi Y, Kihara Y, 第76回日本循環器学会学術集会, 2012年03月16日, 通常, 日本語, 福岡
  107. Impact of Plasma High-molecular-weight Adiponectin on Left Ventricular Mass and Concentricity in Men, Kunita E, Yamamoto H, Utsunomiya H, Oka T, Urabe Y, Yamazato R, Tsushima H, Kihara Y, 第76回日本循環器学会学術集会, 2012年03月16日, 通常, 日本語, 福岡
  108. 9ヶ月前の心臓CTで低リスクと判定されていたにも関わらず、左主幹部に不安定プラークを生じた1症例, 古本健太郎, 石橋堅,下永貴司,川副宏,岩崎年高,池永寛樹,宇都宮裕人,光波直也,小田登,土肥由裕,日髙貴之,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 101回日本循環器学会中国地方会, 2011年02月08日, 通常, 日本語, 島根
  109. Tolvaptanの追加投与によりループ利尿薬維持量の減量が可能となった両心不全の1症例, 橋本悠, 小田登,渡邉義和,岩崎年高,藤原舞,元田親章,德山丈仁,松本武史,梶原賢太,槙田祐子,末成和義,宇都宮裕人,石橋堅,日髙貴之,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第99回日本循環器学会中国地方会, 2011年11月26日, 通常, 日本語, 山口
  110. 植込み型デバイス装着患者における心不全増悪時の、Clinical Scenario 別にみた胸郭抵抗値変化の相違, 小田登, 中野由紀子,渡邉義和,岩崎年高,藤原舞,元田親章,德山丈仁,松本武史,梶原賢太,槙田祐子,末成和義,宇都宮裕人,石橋堅,日髙貴之,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第99回日本循環器学会中国地方会, 2011年11月26日, 通常, 日本語, 山口
  111. 典型的な遅延造影MRI所見を示した心サルコイドーシスの1例, 森田裕一, 宇都宮裕人,石橋堅,光波直也,梶川正人,日髙貴之,土肥由裕,小田登,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第99回日本循環器学会中国地方会, 2011年11月26日, 通常, 日本語, 山口
  112. Diffuse Calcium Deposits in Aortic Valve as a Marker of the Extent and Vulnerable Characteristics of Coronary Artery Plaque Assessed by 64-Multidetector Computed Tomography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Yamazato R, Urabe Y, Tsushima H, Ishibashi K, Hidaka T, Oda N, Dohi Y, Nishioka K, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, The 84th Scientific Sessions of the American Heart Association 2011, 2011年11月13日, 通常, 日本語, Orlando,USA
  113. 冠動脈CTを用いたプラークの経年的変化~脂質低下療法との関連を含めて~, 卜部洋司, 山本秀也,宇都宮裕人,國田英司,岡俊治,對馬浩,木原康樹, "ALCT Symposium in Hiroshima ~Aggressive Lopid Controlling Therapy~", 2011年11月09日, 通常, 日本語, 広島
  114. Incremental Prognostic Value of MDCT Findings for Predicting Symptomatic Deterioration and Major Adverse Cardiac Events in Patients with Aortic Stenosis, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Urabe Y, Tsushima H, Ishibashi K, Hidaka T, Oda N, Dohi Y, Nishioka K, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, The 84th Scientific Sessions of the American Heart Association 2011, 2011年11月, 通常, 英語, Orlando,USA
  115. 低強度の運動療法により運動機能が向上した運動器疾患を有する重症心不全の1症例, 田代尚範, 金井香菜,松本良介,宇都宮裕人,木阪智彦,小田登,木村浩彰,木原康樹, 第15回日本心不全学会学術集会, 2011年10月, 通常, 日本語, 鹿児島
  116. スタチン内服例における血中不飽和脂肪酸量と冠動脈プラークとの関連, 卜部洋司, 山本秀也,宇都宮裕人,國田英司,岡俊治,山里亮,對馬浩,木原康樹, 第5回SCCT(Society of Cardiovascular Computed Tomography)研究会, 2011年09月10日, 通常, 日本語, 東京
  117. サリドマイド内服後、左室収縮能が改善したPOEMS症候群の1例, 本田秀子, 西岡健司,宇都宮裕人,藤村憲崇,出井尚美,槙田祐子,三上慎介,日髙貴之,宇賀小百合,木原康樹, 日本超音波医学会第47回中国地方会学術集会, 2011年09月10日, 通常, 日本語, 岡山
  118. 多枝冠動脈攣縮が誘発され血流依存性血管拡張反応・内膜中膜複合体厚測定を行った低左心機能の1例, 日髙貴之, 丸橋達也,宇都宮裕人,石橋堅,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,野間玄督,東幸仁,木原康樹, 日本超音波医学会第47回中国地方会学術集会, 2011年09月10日, 通常, 日本語, 岡山
  119. 冠動脈石灰化スコア層別と非石灰化プラークとの関係-64列CTによる評価-, 卜部洋司, 山本秀也,宇都宮裕人,國田英司,岡俊治,山里亮,石橋堅,土肥由裕,栗栖智,西岡健司,木原康樹, 第59回日本心臓病学会学術集会, 2011年09月, 通常, 日本語, 兵庫
  120. 冠動脈CTで評価した非石灰化プラーク性状とプラークボリュームの関係について, 國田英司, 山本秀也,宇都宮裕人,岡俊治,卜部洋司,山里亮,對馬浩,石橋堅,小田登,土肥由裕,栗栖智,中野由紀子,木原康樹, 第59回日本心臓病学会学術集会, 2011年09月, 通常, 日本語, 兵庫
  121. 陽性リモデリングを呈する冠動脈病変におけるIB-IVUSを用いた組織性状とその臨床背景に関する検討, 光波直也, 栗栖智,梶川正人,對島浩,石橋堅,宇都宮裕人,日髙貴之,小田登,土肥由裕,西岡健司,河野信吾,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第58回六甲カルディアックセミナー, 2011年08月06日, 通常, 日本語, 兵庫
  122. 陽性リモデリングを呈する冠動脈病変におけるIB-IVUSを用いた組織性状とその臨床背景に関する検討, 光波直也, 栗栖智,梶川正人,對島浩,石橋堅,宇都宮裕人,日髙貴之,小田登,土肥由裕,西岡健司,河野信吾,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第58回六甲カルディアックセミナー, 2011年08月06日, 通常, 日本語, 兵庫
  123. Future Coronary Events and Non-calcified Plaque with Vulnerable Characteristics as Detected by Coronary Computed Tomography Angiography, Yamamoto H, Utsunomiya H, Kunita E, Ohhashi N, Oka T, Yamazato R, Urabe Y, Ishibashi K, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, 第75回日本循環器学会総会・学術集会, 2011年08月04日, 通常, 日本語, 神奈川
  124. Impact of Lower Plasma High-molecular Weight Adiponectin Levels on Coronary Plaque Vulnerability using Coronary Computed Tomography Angiography in Men, Kunita E, Yamamoto H, Utsunomiya H, Oka T, Yamazato R, Urabe Y, Ishibashi K, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, 第75回日本循環器学会総会・学術集会, 2011年08月04日, 通常, 英語, 神奈川
  125. Usefulness of Epicardial Adipose Tissue Thickness as Measured by Echocardiography to Predict the Presence of Potentially Vulnerable Coronary Lesions, Oka T, Yamamoto H, Utsunomiya H, Kunita E, Yamazato R, Urabe Y, Ishibashi K, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, 第75回日本循環器学会総会・学術集会, 2011年08月04日, 通常, 英語, 神奈川
  126. Relationship between Plaque Vulnerability Assessed by Follow-up 64-row Multi-detector Computed Tomography and Serum Lipid Profiles and Hemoglobin-A1c, Urabe Y, Yamamoto H, Utsunomiya H, Kunita E, Oka T, Yamazato R, Urabe Y, Ishibashi K, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, 第75回日本循環器学会総会・学術集会, 2011年08月, 通常, 日本語, 神奈川
  127. Aortic Valve Calcification as a Useful Marker for Detecting of Inducible Myocardial Ischemia in Asymptomatic Patients with Diabetes Mellitus, Yamazato R, Yamamoto H, Utsunomiya H, Kunita E, Oka T, Urabe Y, Ishibashi K, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, 第75回日本循環器学会総会・学術集会, 2011年08月, 通常, 日本語, 神奈川
  128. Association between Vulnerable Non-calcified Coronary Plaque Characteristics and Plaque Volumes using Coronary Computed Tomographic Angiography-Analysis in Untreated Patients-, Kunita E, Yamamoto H, Oka T, Utsunomiya H, Yamazato R, Urabe Y, Ishibashi K, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, 第75回日本循環器学会総会・学術集会, 2011年08月, 通常, 日本語, 神奈川
  129. Serum Lipoprotein(a) Level as a Marker of the Extent and Vulnerable Characteristics of Coronary Plaques Assessed by 64-Multidetector Computed Tomography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Oka T, Yamazato R, Urabe Y, Ishibashi K, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, 第75回日本循環器学会総会・学術集会, 2011年08月, 通常, 日本語, 神奈川
  130. 64列MDCTを用いた心外膜脂肪と脆弱性プラークの検討, 岡俊治, 山本秀也,國田英司,宇都宮裕人,山里亮,卜部洋司,對馬浩,木原康樹, 第7回高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム, 2011年07月30日, 通常, 日本語, 大阪
  131. Future Coronary Events and Non-calcified Plaque with Vulnerable Characteristics as Detected by Coronary Computed Tomography Angiography, Yamamoto H, Utsunomiya H, Kunita E, Yamazato R, Urabe Y, Kihara Y, The 6th Annual Scientific Meeting of the Society of Cardiovascular Computed Tomography, 2011年07月, 通常, 日本語, Denver,USA
  132. Percutaneous Cardiopulmonary Support(PCPS)管理におけるAir-Way Pressure Release Ventila-tion(APRV)の有効性, 西岡健司, 光波直也,宇都宮裕人,石橋堅,日髙貴之,小田登,土肥由裕,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第47回広島循環器病研究会, 2011年06月04日, 通常, 日本語, 広島
  133. 左下肢動脈狭窄に対し経右大腿動脈インターベンションを施行後に右外腸骨動脈解離を生じていた1例, 本田秀子, 石橋堅,卜部洋司,宇都宮裕人,岡俊治,國田英司,山里亮,光波直也,藤井雄一,土肥由裕,日髙貴之,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第98回日本循環器学会中国四国合同地方会, 2011年05月, 通常, 日本語, 徳島
  134. 大動脈弁石灰化と冠動脈硬化および心室リモデリングとの関連 -正常駆出率例での検討-, 宇都宮裕人, 日髙貴之,岩本由美子,國田英司,石橋堅,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,山本秀也,木原康樹, 日本超音波医学会第84回学術集会, 2011年05月, 通常, 日本語, 東京
  135. スニチニブ投与開始後、左室駆出率低下をきたした3症例, 日髙貴之, 宇都宮裕人,出井直美,藤村憲崇,槙田祐子,山里亮,西岡健司,土肥由裕,栗栖智,中野由紀子, 日本超音波医学会第84回学術集会, 2011年05月, 通常, 日本語, 東京
  136. Subclinical LV Dysfunction in Uncomplicated Patients with Impaired Glucose Tolerance and Type 2 Diabetes Mellitus, 宇都宮裕人, 國田英司,岡俊治,日髙貴之,岩本由美子,石橋堅,西岡健司,栗栖智,山本秀也,木原康樹, 第22回日本心エコー図学会学術集会, 2011年04月21日, 通常, 日本語, 鹿児島
  137. 19歳大動脈炎症候群に合併した左腎動脈閉鎖、右腎動脈狭窄症例に対する治療, 西岡健司, 卜部洋司,加藤康子,岡俊治,宇都宮裕人,藤井雄一,光波直也,石橋堅,日髙貴之,小田登,土肥由裕,野間玄督,中野由紀子,栗栖智,山本秀也,石田隆史,東幸仁,木原康樹, 第47回広島高血圧研究会, 2011年03月11日, 通常, 日本語, 広島
  138. 心エコーの基礎知識, 宇都宮裕人, 研修医セミナー, 2011年03月, 通常, 日本語, 広島
  139. 心臓CTによる評価が有用であった3症例, 宇都宮裕人, 卜部洋司,岡俊治,山里亮,光波直也,國田英司,石橋堅,日髙貴之,小田登,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第4回循環器クリニカルカンファレンス, 2011年03月, 通常, 日本語, 広島
  140. 画像診断の現状と今後の展開:心臓CT, 宇都宮裕人, 山本秀也,國田英司,岡俊治,山里亮,卜部洋司,石橋堅,土肥由裕,西岡健司,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,木原康樹, Cardiovascular Imaging Club, 2011年02月05日, 通常, 日本語, 大阪
  141. Elevated Serum Lipoprotein(a) Level as Predictor of Coronary Plaque Vulnerability in Men Using 64-Multidetector Computed Tomography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Oka T, Yamazato R, Urabe Y, Ishibashi K, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, The 83th Scientific Sessions of the American Heart Association 2010, 2010年11月17日, 通常, 日本語, Chicago,USA
  142. Aortic Valve Sclerosis on Echocardiography as a Marker of the Extent and Vulnerability of Coronary Artery Plaque in Patients With Suspected Coronary Artery Disease, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Oka T, Yamazato R, Urabe Y, Ishibashi K, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, The 83th Scientific Sessions of the American Heart Association 2010, 2010年11月16日, 通常, 英語, Chicago,USA
  143. Increased Visceral Fat Area and Lower High-Molecular-Weight Adiponectin Level Predict Non-calcified Coronary Plaque Vulnerability in the Middle-aged Men, Using Computed Tomographic Angiography, Kunita E, Yamamoto H, Utsunomiya H, Oka T, Yamazato R, Urabe Y, Ishibashi K, Okada T, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Kihara Y, The 83th Scientific Sessions of the American Heart Association 2010, 2010年11月16日, 通常, 日本語, Chicago,USA
  144. Subclinical LV Systolic and Diastolic Dysfunction in Uncomplicated Patients With Impaired Glucose Tolerance and Type 2 Diabetes Mellitus: Findings From 2-dimensional Speckle Tracking Echocardiography, Utsunomiya H, Kunita E, Oka T, Yamazato R, Hidaka T, Kisaka T, Iwamoto Y, Ishibashi K, Nishioka K, Shokawa T, Kurisu S, Nakano Y, Ishida T, Yamamoto H, Kihara Y, The 83th Scientific Sessions of the American Heart Association 2010, 2010年11月16日, 通常, 英語, Chicago,USA
  145. High Epicardial Adipose Tissue Volume as a Predictor of Vulnerable Coronary Plaques using 64-slice Computed Tomography, Oka T, Yamamoto H, Kunita E, Utsunomiya H, Yamazato R, Ohashi N, Kitagawa T, Horiguchi J, Kihara Y, The 83th Scientific Sessions of the American Heart Association 2010, 2010年11月15日, 通常, 日本語, Chicago,USA
  146. 3D心エコーを用いた左室壁運動評価の経験, 日髙貴之, 宇都宮裕人,藤井雄一,出井尚美,藤村憲崇,槙田祐子,山里亮,木原康樹, 第63回広島医学会総会, 2010年11月14日, 通常, 日本語, 広島
  147. 妊娠29週で原因不明の敗血症と診断され心タンポナーゼを合併した1例, 桑原知恵, 西岡健司,丸橋達也,木阪智彦,宇都宮裕人,日髙貴之,寺川宏樹,大村祥美,今田幸枝,岡野典子,吉岡徹典,木原康樹, 第11回広島心エコー研究会, 2010年11月12日, 通常, 日本語, 広島
  148. 血清LDLコレステロール値の変化と冠動脈非石灰化プラークの抑制効果について, 卜部洋司, 山本秀也,宇都宮裕,國田英司,岡俊治,山里亮,木原康樹, 第4回SCCT(Society of Cardiovascular Computed Tomography)研究会, 2010年09月04日, 通常, 日本語, 東京
  149. 冠動脈粥状硬化症からみたHbA1c値の有用性, 國田英司, 山本秀也,宇都宮裕人,大橋紀彦,岡俊治,山里亮,岡田武規,荘川知己,栗栖智,中野由紀子,木原康樹, 第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年09月, 通常, 日本語, 東京
  150. 日本人虚血性心疾患患者における長期予後予測因子としての石灰化スコアの重要性, 山本秀也, 宇都宮裕人,國田英司,岡俊治,大橋紀彦,岡田武規,中野由紀子,栗栖智,荘川知己,木原康樹, 第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年09月, 通常, 日本語, 東京
  151. 高Lp(a)血症は非石灰化冠動脈プラークの分布、性状に関係する-64列型MDCTを用いた検討-, 宇都宮裕人, 山本秀也,國田英司,岡俊治,山里亮,卜部洋司,岡田武規,荘川知己,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,木原康樹, 第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年09月, 通常, 日本語, 東京
  152. 左室流出路形態が大動脈弁弁口面積に与える影響: 64列CTを用いた検討, 宇都宮裕人, 山本秀也,國田英司,岡俊治,山里亮,卜部洋司,日髙貴之,西岡健司,荘川知己,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,木原康樹, 第15回せとうち心臓CT勉強会, 2010年07月10日, 通常, 日本語, 岡山
  153. トピックス:アブレーションを支援する心エコー検査, 宇都宮裕人, 超音波診断講習会(心エコー)-病態の理解を通してもっと深く-, 2010年06月27日, 通常, 日本語, 広島
  154. 心タンポナーデをきたしたT細胞性リンパ腫の1例 -Automated Function Imaging(AFI)を用いた壁運動評価-, 桑原知恵, 西岡健司,丸橋達也,木阪智彦,宇都宮裕人,日髙貴之,寺川宏樹,大村祥美,今田幸枝,岡野典子,吉岡徹典,横崎典哉,木原康樹, 第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年04月13日, 通常, 日本語, 北海道
  155. 大動脈弁、僧帽弁石灰化と非石灰化冠動脈プラークの関係, 宇都宮裕人, 山本秀也,大橋紀彦,國田英司,岡俊治,木原康樹, 第107回日本内科学会総会, 2010年04月, 通常, 日本語, 東京
  156. Effect of Intensive Statin Therapy on Quantitative Changes of Plaque Characteristic Using Coronary Computed Tomography Angiography, Yamamoto H, Kitagawa T, Horiguchi J, Ohashi N, Utsunomiya H, Kunita E, Oka T, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  157. Low Calcium Score Presence of Vulnerable Plaque Detected by 64-Slice Computed Tomographic Angiography, Ohashi N, Yamamoto H, Horiguchi J, Utsunomiya H, Kunita E, Oka T, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  158. Noninvasive Assessment of Vulnerable Plaque Characteristic with 64-slice Computed Tomographic Angiography in Type 2 Diabetic Patients, Ohashi N, Yamamoto H, Horiguchi J, Utsunomiya H, Kunita E, Oka T, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  159. Evaluation of Left Ventricular Outflow Tract Eccentricity Using 64-multidetector Computed Tomography:Comparison with Two-Dimensional Echocardiography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Ohashi N, Kitagawa T, Oka T, Yamazato R, Okada T, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Horiguchi J, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  160. Increased Epicardial Adipose Tissue as a Predictor of Coronary Low Density Plaque,Using 64-multidetector Computed Tomography, Oka T, Yamamoto H, Ohashi N, Kunita E, Utsunomiya H, Yamazato R, Okada T, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Horiguchi J, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  161. Coronary Calcium Score as a Predictor for Obstructive Coronary Artery Disease and Composite Cardiovascular Events in Japanese Patients, Ishibashi K, Yamamoto H, Ohashi N, Kunita E, Utsunomiya H, Tadehara F, Teragawa H, Oka T, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Horiguchi J, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  162. Aortic Valve Calcification as a Predictor of Myocardial Perfusion Abnormality,Asswssed Using Echocardiogram and Stress Myocardial Perfusion Imagine, Yamazato R, Tadehara F, Teragawa H, Utsunomiya H, Oka T, Kunita E, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Ishida T, Yamamoto H, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  163. Significance of the Existence of Aortic Valve Calcification for Prediction of Myocardial Ischemia after Coronary Revascularization, Yamazato R, Tadehara F, Teragawa H, Utsunomiya H, Oka T, Kunita E, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Ishida T, Yamamoto H, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  164. Combination of Metabolic Syndrome and Chronic Kidney Disease Accelerates Coronary Artery Atherosclerosis as Assessed by Multi-detector Computed Tomography, Kunita E, Yamamoto H, Utsunomiya H, Ohashi N, Oka T, Yamazato R, Kitagawa T, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Tadehara F, Teragawa H, Ishida T, Horiguchi J, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  165. Impact of Decreased Plasma High Molecular Weight Adiponectin on the Vulnerable Characteristics of Noncalcified Coronary Atherosclerotic Lesion, Kunita E, Yamamoto H, Utsunomiya H, Oka T, Ohashi N, Yamazato R, Kitagawa T, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Tadehara F, Teragawa H, Ishida T, Horiguchi J, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  166. Association of Aortic Valve Calcification and Mitral Annular Calcification to Noncalcified Coronary Atherosclerotic Lesions Assessed by 64-multidetector Computed Tomography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Ohashi N, Oka T, Yamazato R, Okada T, Shokawa T, Tadehara F, Horiguchi J, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  167. Association between Metabolic Syndrome and Noncalcified Atherosclerosis Lesion with Vulnerable Characteristics, Kunita E, Yamamoto H, Utsunomiya H, Oka T, Ohashi N, Yamazato R, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Tadehara F, Teragawa H, Ishida T, Horiguchi J, Kihara Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 日本語, 京都
  168. Association of Aortic Valve Calcification and Mitral Annular Calcification Is Highly Associated With the Extent and Vulnerable Characteristics of Noncalcified Coronary Atherosclerotic Lesions Assessed by 64-multidetector Computed Tomography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Ohashi N, Kitagawa T, Oka T, Yamazato R, Okada T, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Horiguchi J, Kihara Y, The 59th Annual Scientific Session of the American College of Cardiology, 2010年03月, 通常, 日本語, Atlanta,USA
  169. Increased Epicardial Adipose Tissue as a Predictor of Coronary Low Density Plaque, Using 64-multidetector Computed Tomography, Oka T, Yamamoto H, Kunita E, Utsunomiya H, Yamazato R, Ohashi N, Kitagawa T, Okada T, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Horiguchi J, Kihara Y, The 59th Annual Scientific Session of the American College of Cardiology(ACC), 2010年03月, 通常, 日本語, Atlanta,USA
  170. Increased Epicardial Adipose Tissue as a Predictor of Coronary Low Density Plaque, Using 64-multidetector Computed Tomography, Oka T, Yamamoto H, Kunita E, Utsunomiya H, Yamazato R, Ohashi N, Kitagawa T, Okada T, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Horiguchi J, Kihara Y, The 82th Scientific Sessions of the American Heart Association 2009(AHA), 2009年11月17日, 通常, 日本語, Orlando,USA
  171. Evaluation of Left Ventricular Outflow Tract Eccentricity in Patients With Aortic Valve Sclerosis Using 64-Multidetector Computed Tomography: Comparison with Two-Dimensional Echocardiography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Ohashi N, Kitagawa T, Oka T, Yamazato R, Okada T, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Horiguchi J, Kihara Y, The 82th Scientific Sessions of the American Heart Association 2009(AHA), 2009年11月17日, 通常, 英語, Orlando,USA
  172. 心臓超音波検査によるスクリーニングが診断に有用であった、長期間無症状を呈した修正大血管転位の1例, 岡野典子, 宇都宮裕人,大村祥未,今田幸枝,桑原知恵,吉岡徹典,木阪智彦,日髙貴之,木下禎彦,木原康樹, 日本超音波医学会第45回中国地方会学術集会, 2009年09月12日, 通常, 日本語, 広島
  173. 3D心エコーによる左室収縮能の評価:2Dとの比較検討, 木阪智彦, 木原康樹,日髙貴之,宇都宮裕人,吉岡徹典,桑原知恵,岡野典子,今田幸枝,大村祥未, 日本超音波医学会第45回中国地方会学術集会, 2009年09月12日, 通常, 日本語, 広島
  174. 心室中隔欠損(VSD)にバルサルバ洞瘤破裂の合併を疑われた感染性心内膜炎(IE)の1例, 今田幸枝, 日髙貴之,宇都宮裕人,大村祥未,岡野典子,桑原知恵,吉岡徹典,木阪智彦,木原康樹, 日本超音波医学会第45回中国地方会学術集会, 2009年09月12日, 通常, 日本語, 広島
  175. 64-MDCTによる心外膜脂肪総量と冠動脈易破裂性プラーク形成との関連性, 岡俊治, 山本秀也,大橋紀彦,宇都宮裕人,國田英司,山里亮,岡田武規,西岡健司,荘川知己,中野由紀子,寺川宏樹,蓼原太,石田隆史,木原康樹, 第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年09月, 通常, 日本語, 北海道
  176. 血漿高分子アディポネクチン低下と冠動脈プラーク脆弱性との関連性について, 國田英司, 山本秀也,大橋紀彦,宇都宮裕人,岡俊治,山里亮,岡田武規,西岡健司,荘川知己,中野由紀子,寺川宏樹,蓼原太,石田隆史,木原康樹, 第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年09月, 通常, 日本語, 北海道
  177. 大動脈弁石灰化、僧帽弁弁輪部石灰化と冠動脈プラークの存在、程度、性状との関係についての検討-64列型MDCTを用いた検討-, 宇都宮裕人, 山本秀也,大橋紀彦,國田英司,岡俊治,山里亮,岡田武規,西岡健司,荘川知己,中野由紀子,寺川宏樹,蓼原太,石田隆史,木原康樹, 第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年09月, 通常, 日本語, 北海道
  178. 大動脈弁硬化症例における弁石灰化量は、経弁血流速度増大を予測する:多列CTを用いた検討, 宇都宮裕人, 日髙貴之,山本秀也,國田英司,木原康樹, 第7回先進心血管エコー研究会, 2009年08月, 通常, 日本語, 大阪
  179. Usefulness of 64-slice Multidetector-Row Computed Tomography in the Simultaneous Evaluation of Aortic Valve Area and Coronary Artery Disease in Patients with Aortic Valve Sclerosis, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Ohashi N, Kitagawa T, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Kihara Y, 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年03月, 通常, 日本語, 大阪
  180. Nonobstructive Aortic Valve Calcification and Cardiovascular Risk Factors as Predictors of Coronary Artery Atherosclerosis Assessed by 64-slice Multidetector-row Computed Tomography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Ohashi N, Kitagawa T, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Kihara Y, 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年03月, 通常, 日本語, 大阪
  181. Feasibility and Optimization of Aortic Valve Planimetry Using Retrospective ECG-gated 64-slice Multidetector-Row Computed Tomography, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Ohashi N, Kitagawa T, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Kihara Y, 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年03月, 通常, 日本語, 大阪
  182. Lower high molecular weight adiponection level is associated with unstable coronary plaques as detected by multi-detector computed tomography, Kunita E, Yamamoto H, Utsunomiya H, Oka T, Yamazato R, Kitagwa T, Ohhashi N, Okada T, Nishioka K, Nakano Y, Shokawa T, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Kihara Y, 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年03月, 通常, 日本語, 大阪
  183. Evaluation of the effect of valsartan on target lesion revascularization after percutaneous coronary intervention with bare metal stents, Okada T, Yamamoto H, Kunita E, Utsunomiya H, Tadehara F, Otsuka M, Okimoto T, Ueda H, Dohi Y, Tomohiro Y, Fujii T, Shimizu Y, Sumii K, Ishibashi K, Teragawa H, Kihara Y, 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年03月, 通常, 日本語, 大阪
  184. Evaluation of the effect of valsartan on target lesion revascularization after percutaneous coronary intervention with bare metal stents, Okada T, Yamamoto H, Kunita E, Utsunomiya H, Tadehara F, Otsuka M, Okimoto T, Ueda H, Dohi Y, Tomohiro Y, Fujii T, Shimizu Y, Sumii K, Ishibashi K, Teragawa H, Kihara Y, 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年03月, 通常, 日本語, 大阪
  185. 64列CTを用いた心外膜脂肪組織と不安定プラークの関連についての検討, 大橋紀彦, 山本秀也,北川知郎,國田英司,宇都宮裕人,岡俊治,山里亮,木原康樹,堀口純, 第12回せとうち心臓CT勉強会, 2009年02月14日, 通常, 日本語, 愛媛
  186. 胃十二指腸動脈に対してPCIを施行した一症例, 小田望, 岡田武規,宇都宮裕人,岡俊治,山里亮,國田英司,平位有恒,北川知朗,蓼原太,山本秀也,三上慎祐,西岡健司,寺川宏樹,梶原賢太,小田登,荘川知己,中野由紀子,石田隆史,木原康樹, 第42回広島循環器病研究会, 2008年12月, 通常, 日本語, 広島
  187. 当院にて最近経験した深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症の臨床的特徴, 光波直也, 寺川宏樹,三上慎祐,西岡健司,岡田武規,宇都宮裕人,岡俊治,山里亮,國田英司,北川知郎,藤村憲崇,藤井雄一,梶原賢太,小田登,荘川知己,中野由紀子,蓼原太,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第15回 肺塞栓症研究会・学術集会, 2008年11月29日, 通常, 日本語, 東京
  188. 間質性肺炎と肺静脈閉塞症(PVOD)との鑑別診断が困難で治療に難渋した肺高血圧症の1例, 岡俊治, 岡田武規,山本秀也,宇都宮裕人,三玉敦子,西岡健司,荘川知己,中野由紀子,蓼原太,寺川宏樹,石田隆史,木原康樹, 第93回日本循環器学会中国地方会, 2008年11月29日, 通常, 日本語, 広島
  189. 心サルコイドーシスの完全房室ブロックに対してステロイド剤が著効した1症例, 門前まや, 岡田武規,宇都宮裕人,平位有恒,山本秀也,西岡健司,荘川知己,蓼原太,中野由紀子,寺川宏樹,石田隆史,木原康樹,山邉高司, 第93回日本循環器学会中国地方会, 2008年11月29日, 通常, 日本語, 広島
  190. 冠攣縮の関与が考えられた心室内血栓症の1例, 美濃達治, 三上慎祐,岡田武規,宇都宮裕人,山里亮,國田英司,北川知郎,平位有恒,西岡健司,寺川宏樹,梶原賢太,小田登,荘川知己,中野由紀子,蓼原太,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第93回日本循環器学会中国地方会, 2008年11月29日, 通常, 日本語, 広島
  191. 肺線維症と肺静脈閉塞症との鑑別診断が困難で、治療に難渋した肺高血圧症の一剖検例, 岡俊治, 岡田武規,宇都宮裕人,山本秀也,西岡健司,荘川知己,蓼原太,中野由紀子,寺川宏樹,石田隆史,木原康樹,林康彦, 第93回日本循環器学会中国地方会, 2008年11月29日, 通常, 日本語, 広島
  192. 当院における深部静脈血栓症・肺塞栓症の臨床的特徴, 三上慎祐, 寺川宏樹,西岡健司,光波直也,岡田武規,宇都宮裕人,岡俊治,山里亮,國田英司,北川知郎,藤村憲崇,藤井雄一,荘川知己,中野由紀子,蓼原太,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第93回日本循環器学会中国地方会, 2008年11月29日, 通常, 日本語, 広島
  193. 当院にて最近経験した深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症の臨床的特徴, 光波直也, 寺川宏樹,三上慎祐,西岡健司,岡田武規,宇都宮裕人,岡俊治,山里亮,國田英司,北川知郎,藤村憲崇,藤井雄一,梶原賢太,小田登,荘川知己,中野由紀子,蓼原太,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第15回肺塞栓症研究会・学術集会, 2008年11月29日, 通常, 日本語, 東京
  194. Usefulness of 64-slice Multidetector-Row Computed Tomography in the Simultaneous Evaluation of Aortic Valve Area and Coronary Artery Disease in Patients with Aortic Valve Sclerosis, Utsunomiya H, Yamamoto H, Kunita E, Ohashi N, Kitagawa T, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Kihara Y, The 81th Scientific Sessions of the American Heart Association 2008(AHA), 2008年11月10日, 通常, 日本語, New Orleans,USA
  195. Tricuspid E/Ea is a Powerful Predictor of Cardiac Events in Patients with Chronic Pulmonary Hypertension, Utsunomiya H, Nakatani S, Okada T, Kanzaki H, Kyotani S, Yamamoto H, Nakanishi N, Kihara Y, Kitakaze M, The 81th Scientific Sessions of the American Heart Association 2008, 2008年11月10日, 通常, 日本語, New Orleans,USA
  196. Intensive statin therapy decreases lipid-rich coronary plaques as detected by 64-slice computed tomographic angiography, Kitagawa T, Yamamoto H, Ohhashi N, Kunita E, Utsunomiya H, Ishida T, Tadehara F, Teragawa H, Nakano Y, Shokawa T, Kihara Y, The 81th Scientific Sessions of the American Heart Association 2008(AHA), 2008年11月09日, 通常, 日本語, New Orleans,USA
  197. マルチスライスCTによる大動脈弁および冠動脈病変の評価-大動脈弁硬化症における検討-, 宇都宮裕人, 山本秀也,岡俊治,山里亮,國田英司,大橋紀彦,北川知郎,岡田武規,西岡健司,荘川知己,中野由紀子,寺川宏樹,蓼原太,石田隆史,木原康樹, 第12回広島若手循環器医勉強会, 2008年10月17日, 通常, 日本語, 広島
  198. 胃十二指腸動脈に対してPCIを施行した一症例, 渡邊紀晶, 岡田武規,宇都宮裕人,岡俊治,山里亮,國田英司,平位有恒,北川知朗,蓼原太,山本秀也,三上慎祐,西岡健司,寺川宏樹,梶原賢太,小田登,荘川知己,中野由紀子,石田隆史,木原康樹, 第56回中国地区冠動脈造影研究会, 2008年10月, 通常, 日本語, 岡山
  199. Myocardial Bridgeと冠動脈compressionの関連性 —マルチスライスCTによる検討—, 山里亮, 國田英司,宇都宮裕人,岡俊治,大橋紀彦,北川知郎,山本秀也,木原康樹, 第56回日本心臓病学会学術集会, 2008年09月, 通常, 日本語, 東京
  200. Myocardial Bridgeと冠動脈compressionの関連性 -マルチスライスCTによる検討-, 山里亮, 國田英司,宇都宮裕人,岡俊治,大橋紀彦,北川知郎,山本秀也,木原康樹, 第11回せとうち心臓CT勉強会, 2008年07月12日, 通常, 日本語, 香川
  201. Value of Strain and Strain Rate Imaging in Predicting Adverse Outcomes in Patients with Chronic Pulmonary Arterial Hypertension., Utsunomiya H, Nakatani S, Nishihira M, Okada T, Kanzaki H, Kyotani S, Yamamoto H, Nakanishi N, Kihara Y, Kitakaze M, The 19th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, 2008年06月, 通常, 英語, Toronto,Canada
  202. Lower High-Molecular-Weight Adiponectin Level is Associated With Coronary Vulnerable Plaques as Detected by Multidetecter Computed Tomography, Kunita E, Yamamoto H, Kitagawa T, Ohashi N, Utsunomiya H, Oka T, Yamazato R, Okada T, Nishioka K, Shokawa T, Nakano Y, Teragawa H, Tadehara F, Ishida T, Kihara Y, 第72回日本循環器学会総会・学術集会, 2008年03月, 通常, 日本語, 福岡
  203. Assessment of Location and Severity of Tricuspid Regurgitation Using Three-Dimensional Transesophageal Echocardiography: Its Clinical Implication., The 32nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Society of Echocardiography, 2021年04月23日, 招待, 英語
  204. 右心機能の評価とその意義., 日本超音波医学会第20回教育セッション, 2021年05月23日, 招待, 日本語
  205. Assessment of Functional TR by 3D Echocardiography The added value of the third dimension, The 86th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2022年03月10日, 招待, 英語

受賞

  1. 2023年01月14日, 第4回心血管画像診断学賞: Cardiovascular Imaging Award (吉川純一賞), 日本心血管画像動態学会
  2. 2021年06月05日, 第116回/118回日本循環器学会 中国・四国合同地方会 若手研究者奨励賞(YIA), 第116回日本循環器学会中国・四国合同地方会会長 第118回日本循環器学会中国・四国合同地方会会長, 心房細動患者における新たな左心耳血栓リスク予測因子について
  3. 2020年12月23日, 第117回日本循環器学会中国地方会 若手研究者奨励賞(YIA)セッション 優秀賞, 第117回日本循環器学会中国地方会会長, 心房細動が長期間持続することによる右心系及び三尖弁の構造的変化
  4. 2020年08月02日, 日本循環器学会 18th Young Investigator’s Award For International Students Second Place, 日本循環器学会会長
  5. 2020年02月16日, 第8回万有医学奨励賞, 公益財団法人MSD生命科学財団, 経皮的治療時代における心臓弁膜症に対する包括的評価体系の構築 ―負荷法・三次元評価による診断から,術中ガイダンス,予後評価まで―
  6. 2010年, 広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ
  7. 2014年04月08日, 日本心エコー図学会 平成25年度海外学会発表優秀論文賞, 日本心エコー図学会, Incremental Value of Rest Echocardiographic Findings over Conventional Stress Echocardiography for Diagnosing Myocardial Ischemia
  8. 2014年09月06日, 日本超音波医学会第50回中国地方会奨励賞, 日本超音波医学会第50回中国地方会 第13回中国地方会講習会, Association between heart calcification assessed by echocardiography and future cardiovascular disease mortality and morbidity
  9. 2016年06月13日, 2016 ARTHUR E. WEYMAN YOUNG INVESTIGATOR’S AWARD COMPETITION, Arthur Edward Weyman, MD, Professor of Medicine at Massachusetts General Hospital, Functional Tricuspid Regurgitation Due to Chronic Atrial Fibrillation: A 3-Dimensional Transesophageal Echocardiography Study
  10. 2017年04月22日, 一般社団法人日本心エコー図学会第28回学術集会 YOUNG INVESTIGATOR’S AWARD, 一般社団法人日本心エコー図学会理事長・第28回学術集会会長
  11. 2018年06月09日, 日本超音波医学会 第19回奨励賞, 公益財団法人日本超音波医学会 理事長 工藤正俊
  12. 2019年03月30日, 第8回日本循環器学会循環器臨床研究奨励賞(臨床研究部門), 一般社団法人日本循環器学会代表理事・第83回日本循環器学会学術集会会長
  13. 2019年05月11日, 一般社団法人日本心エコー図学会 第30回学術集会 YOUNG INVESTIGATOR’S AWARD 優秀賞, 一般社団法人日本心エコー図学会理事長,第30回学術集会会長, 「心不全患者における運動誘発性僧帽弁逆流の規定因子:ハンドグリップ負荷3次元経食道心エコー図を用いた研究」
  14. 2019年06月25日, 2019 ARTHUR E.WEYMAN YOUNG INVESTIGATOR'S AWARD COMPETITION

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 三次元イメージングを基盤とした心臓弁複合体の診断法確立と新規治療法の開発, 2017年, 2019年
  2. 公益財団法人MSD生命科学財団 研究助成2017 -生活習慣病領域-, 心房細動に起因する機能性心臓弁逆流のメカニズム解明と新規治療法の開発, 2017年, 2018年
  3. 一般財団法人土谷記念医学振興基金 平成29年度研究助成, 経皮的大動脈弁留置術後の人工弁可動制限と血栓形成リスク予測手段の開発―三次元イメージングを基盤とした多角的検討―, 2017年, 2019年
  4. ノバルティスファーマ 2018年度研究助成, 経皮的治療時代を見据えた構造的心疾患の新たな評価法と予後へのインパクト, 2018年, 2019年
  5. 2018年度医学系研究助成(臨床), 経皮的治療時代を見据えた構造的心疾患の新たな評価法と予後へのインパクト, 2018年, 2019年
  6. 医学系研究継続助成(臨床), 経皮的治療時代を見据えた構造的心疾患の新たな評価法と予後へのインパクト, 2020年, 2022年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 世話人・幹事, 2022年, 日本心臓弁膜症学会
  2. 専門医制度委員会 試験問題作成委員, 2022年, 日本心エコー図学会
  3. ガイドライン作成委員会 負荷心エコー図検査実施のための手引き(改訂版)委員, 2022年, 日本心エコー図学会 
  4. Web Consultation Programにおけるアドバイザー, 2023年01月, 2023年06月, アボットメディカルジャパン合同会社

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, Circulation: Cardiovascular Imaging, 編集員
  2. 2022年, JACC Cardiovascular Imaging, その他
  3. Circulation Journal
  4. Journal of Cardiology
  5. International Journal of Cardiology
  6. Journal of Cardiac Computed Tomography